JP2565364B2 - シート分類装置 - Google Patents

シート分類装置

Info

Publication number
JP2565364B2
JP2565364B2 JP63019136A JP1913688A JP2565364B2 JP 2565364 B2 JP2565364 B2 JP 2565364B2 JP 63019136 A JP63019136 A JP 63019136A JP 1913688 A JP1913688 A JP 1913688A JP 2565364 B2 JP2565364 B2 JP 2565364B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sorting
bin
support frame
sheet
rotation
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP63019136A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH01197277A (en
Inventor
和弘 松尾
Original Assignee
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by キヤノン株式会社 filed Critical キヤノン株式会社
Priority to JP63019136A priority Critical patent/JP2565364B2/ja
Publication of JPH01197277A publication Critical patent/JPH01197277A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2565364B2 publication Critical patent/JP2565364B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本発明は複写機,印刷機,ファクシミリ等の画像形成
機から排出される文書等のシートを順次受皿(以下ビン
トレイと称す)に分配収納するシート分類装置に関す
る。
(従来の技術) 従来、例えば複写機から排出される原稿,複写紙(以
下単にシートと称す)を受けて分類、仕分けするための
シート分類装置としては、特公昭62−36948号公報に開
示されたものがある。斯かる従来例において、最上段の
ビントレイが搬送されたシートを受ける位置がノーソー
ト時では、螺旋溝カムの下方に位置したフォロワーを支
持する支持枠が螺旋溝カムの逆転によりビントレイ群と
共にスロット下端まで下降した状態となる。この場合、
螺旋溝カムは一回転し、そのリード幅分一度に降下する
ことになる。
(発明が解決しようとする課題) しかしながら、斯かる従来例にあっては、ノーソート
時に最上段のビントレイがシートを受ける際、支持枠が
螺旋溝カムの一回転分降下するので、通常複写機におい
て100枚の複写紙が積載可能な高さに降下すればよいも
のの、必要以上に降下してしまうことになる。その結
果、支持枠の下降長さが長くなってしまい、装置が大型
化してコスト高になってしまう問題がある。また、螺旋
溝カムを一回転させていたので、それだけ下降に要する
時間も余分にかかってしまうという問題点があった。
そこで、本発明は従来例の上記した問題点を解決する
ためになされたもので、その目的とするころは、ノーソ
ート時に支持手段の下降長さを短くして、支持手段の下
降に要する時間を短縮化したシート分類装置を提供する
ことにある。
(課題を解決するための手段) 上記の目的を達成するために、本発明にあっては、多
段に設けられている複数のビントレイと、該ビントレイ
の各々に設けられているフォロワーと、該フォロワーを
案内するための溝を備え、隣接するビントレイ間の間隔
を拡大するために各々のフォロワーを順に段方向に移動
させる回転手段と、を有し、ノーソート時、通常ソート
時よりも少なくビンが下降するように制御したことによ
り構成されている。
(作用) 上記の構成を有する本発明においては、ノーソート時
に、支持手段をビントレイの始動位置より回転手段の略
半回転分下降するように制御することによって、支持枠
の下降長さを略半分として、下降に要する時間を短縮さ
せた。
(実 施 例) 以下に本発明を図示の実施例に基づいて説明する。第
1図は本発明の一実施例を示すシート分類装置の側断面
図である。複写機1の排紙ローラ対2から連続して排出
されるシートは、排紙ローラ対2に対向して配設された
分類装置本体3の入口ガイド4及びフラッパ5を介して
搬送ローラ対6によってビントレイ10〜19を送り込まれ
て収納される。搬送ローラ対6は駆動モータ(不図示)
によりビントレイが停止しているとき回動される。重ね
られた複数のビントレイ10〜18の後端は最下段のビント
レイ19と兼用された支持フレームによって支承され、各
ビントレイ10〜19の後端は互いに摺動可能に重ねられて
いる。而して、最下段のビントレイ19を支持フレームと
兼用することによって、ビントイレ10〜19を別設の支持
アーム等で支承することがなくなり、部品点数が削減さ
れる共に、小型且つ軽量化が図れる。
分類装置本体3は第1図に示すようにその下部に断面
コ字状のチャンネル7が取付けられ、このチャンネル7
に移動杆8が取付けられている。移動杆8は複写機1を
載置する基台9の上部ガイド9aに対して移動可能に構成
されており、分類装置本体3の複写機1への組付時にお
いて、移動杆8を上部ガイド9aに沿って移動させて、分
類装置本体3のフック20が複写機1の係止部1aの孔と係
合することで、組付けが完了する。また、分類装置本体
3を複写機1から取外す場合には、フック20を係止部1a
の孔から係合状態を解除して、分類装置本体3を水平方
向に引出せばよい。
分類装置本体3はそのシート受入側に支柱21,22が左
右に配設され(第2図)、各々支柱21,22の側壁には第
3図に示すように搬送ローラ対6の近傍まで鉛直方向に
延び、搬送ローラ対6の水平位置で該搬送ローラ対6に
対して離間する方向に折曲されて、さらに鉛直方向に延
びるスロット23が形成されている。このスロット23には
ビントレイ10〜19の先端左右側面に設けられたフォロワ
ー10a,10b〜19a,19bが摺動可能に係合している。そし
て、フォロワー10a,10b〜19a,19bは支持枠24にも係合し
ている。即ち、スロット23を上記のように形成したこと
により、シートの排出口の近傍にフォロワー10a,10b〜1
9a,19bを案内すると共に、所定枚数のシートをビントレ
イが積載し上昇する場合にはシート排出口から離れた位
置に案内するようにしてある。而して、搬送ローラ対6
によって送り込まれるシートはその後端まで確実にビン
トレイに収納されることになる。
また、支柱21,22は第2図に示すように、これらを連
結する連結板25と共にプラスチック等で一体成形されて
構成されており、この場合支柱21,22の側壁に形成され
るスロット23及び上部カバー26も同時に成形される。こ
のようにすることで、組付を極めて容易にすると共に、
組付精度を大幅に向上させることができる。さらに、支
柱21,22の上部カバー26に連設される可動カバー27はヒ
ンジピン27aを中心として第1図に示す矢印方向に開閉
可能に取付けられており、ビンスライダー28と最下段の
ビントレイ19とを固定するためのビンカバー29が可動カ
バー27の下縁近傍まで上昇した場合に、両者の間隔が狭
くなるため、ビンカバー29に物を積載して可動カバー27
との間で挟まった際に時計方向に回動して退逃可能とし
てある。而して、可動カバー27を取付けたことによっ
て、ビンカバー29との間で物が挟まった場合でも可動カ
バー27が下方から押上げられて退逃し、その後図示しな
い上限スイッチが切れることで支柱21,22のカバーを破
損することなく、且つモータや駆動伝達機構に悪影響を
与えることがなくなる。
支持枠24には上記スロット23と同様に長孔30が形成さ
れており、スロット23に沿って上下に摺動可能である。
支持枠24の上部にはガイドフォロワー31a,31bが係合さ
れ、また図示しないビスによってビンカバー29の左右側
面は固着されている。従って、ビンカバー29は支持枠24
に対して回動することなく上下に支持枠24と共に昇降す
る。そして、ビントレイ10〜18のフォロワー10a,10b〜1
8a,18bは支持枠24の長孔30を上下に昇降移動自在に係合
している。この場合、最下段のビントレイ19は支持枠24
に固設されているので、ビントレイ10〜18の後端を支承
した状態で支持枠24と共に上下可能である。
第2図において、左右の支柱21,22には同ピッチで一
条の溝型螺旋カム(リードカム)35が設けられ、垂直回
転軸36,37の上部に嵌合支持される。垂直回転軸36,37の
下部にはギヤ等の駆動力伝達手段38〜40及びチェーン
(不図示)が設けられており、チェーンを介してシフト
モータ41の回転力を伝達し、リードカム35を正逆回転で
きるように構成されている。以下の説明ではリードカム
35のビントレイを上昇させる場合を正転とする。
第4図はリードカム35の展開図であり、同図において
螺旋溝35′から螺旋溝35″の正転の1回転の軌跡であ
り、また停止中の分類装置本体3が複写機からの信号、
或いは操作者による外部からの入力指示によって作動を
始めると、シフトモータ41が逆転して支持枠24がビント
レイ群の先端と共にスロット23に沿って下降する。第4
図において、(ハ)の状態が第2図におけるビントレイ
群の各々のフォロワー位置を表わす。(ハ)の状態がリ
ードカム35の正規の停止位置(ソートポジション)であ
る。
支持枠24の下降はリードカム35の逆転により始まり、
支持枠24を介してガイドフォロワー31a,31bにはビント
レイ10〜19の全ての重量が作用している。従って、リー
ドカム35が逆転して、螺旋溝35′がガイドフォロワー31
bの下に移動すると、フォロワー31bは螺旋溝35′に侵入
し、螺旋溝35′に案内されて下降する。支持枠24の長孔
30にて定められたビン間を保持した状態で、支持枠24は
ビントレイ群と共にリードカム35の半回転分下降する
と、スロット23下端近傍に配設したマイクロスイッチ43
に支持枠24が接触し、第5図に示すブロック図のように
マイクロスイッチ43の信号を制御回路44、モータドライ
バ45を通してシフトモータ41の逆転を停止しリードカム
35の回転を止める。この状態は最上段のビントレイ10が
搬送されたシートを受ける位置にあり、これをノーソー
ト位置という。逆転終了と同時に搬送ローラ対6が回り
始め、排紙ローラ2から送り込まれたシートをビントレ
イ10に送り込む。
ここで、ノーソート時おいて支持枠24はリードカム35
の半回転分下降するように制御されているので、支持枠
24はソートポジションより約10mm下降し、この状態でビ
ントレイ10には約100枚のシートが積載可能である。
尚、リードカム35の1回転分下降するようにした場合に
は、約24mm下降してしまい、ノーソート位置においてシ
ートが100枚程度積載可能であればよいのにも拘らず、
必要以上に下降することとなってしまう。
また、ソート時においては、リードカム35が(ハ)の
状態であり、最上段のビントレイ10が搬送されたシート
を所定枚数、約30枚受け、図示しないマイクロスイッチ
で紙無しが検知されると、搬送ローラ対6の回転が停止
され、同時にシフトモータ41が正転を開始する。この場
合のビントレイの始動位置は第4図(ハ)である。正転
によりリードカム35の螺旋溝35″の下端を形成する鋭角
のすくい上げ部がフォロワー10bの下部円周面に接触し
支持枠24と共に螺旋溝24″に沿って押上げる。そして、
多のビントレイ12〜19は螺旋カム24の螺旋溝24″には案
内されないが支持枠24と同様に引き上げられ、フォロワ
ー10bのみがリードカム35の上部平滑面における正規の
停止位置に至るとソートポジションセンサ46がこれを検
知してシフトモータの正転を停止しリードカム35の回転
を止める。同時に停止していた搬送ローラ対6が回転を
始め、シートをビントレイ11に送り込む。このように、
ソートモードにあっては最上段のビントレイから順々に
シートの排紙信号によりシートを積載しながらビントレ
イが上昇する。次に所定の積載枚数で逆ソート、即ち排
紙信号により順々にシートを積載しながらビントレイが
下降する。
ところで、第1図に示すフラッパ5は複写機1の通常
のコピーモード時にあって搬送ローラ対6にシートを送
り込むための搬送ガイドとしての機能を有するが、複写
機1から一時的にシートを反転して、さらに複写機1で
両面コピー,多重コピーを行なう場合には、フラッパ5
は第6図に示すブロック図のようにソレノイド50に作動
信号を送出することによってプランジャ51を吸収し反時
計方向に回動してガイド溝52にシートを案内するように
してある。
(発明の効果) 本発明は以上の構成及び作用からなるもので、下降に
要する時間も短くなり、ノーソートモードに対しての応
答性を向上させることができるという効果を奏する。ま
た、支持手段の下降長さが短くなり、その分装置の小型
化が図れると共にコストも低減できる。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明の一実施例を示すシート分類装置の側断
面図、第2図は同実施例の横断面図、第3図は同実施例
におけるスロットを示す正面図、第4図はリードカムの
外周展開図、第5図は同実施例の制御系を示すブロック
図、第6図は同実施例におけるフラッパを作動させるた
めのブロック図である。 符号の説明 3……分類装置本体、5……フラッパ 10〜19……ビントレイ 10a,10b〜19a,19b……フォロワー 21,22……支柱、23……スロット 24……支持枠(支持手段) 27……可動カバー 35……リードカム(回転手段) 41……シフトモータ 43……マイクロスイッチ 44……制御回路 46……ホームポジションセンサ

Claims (4)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】多段に設けられている複数のビントレイ
    と、 該ビントレイの各々に設けられているフォロワーと、 該フォロワーを案内するための溝を備え、隣接するビン
    トレイ間の間隔を拡大するために各々のフォロワーを順
    に段方向に移動させる回転手段と、を有し、 ノーソート時、通常ソート時よりも少なくピンが下降す
    るように制御したことを特徴とするシート分類装置。
  2. 【請求項2】ソート時の略半分の回転量である特許請求
    の範囲第1項記載のシート分類装置。
  3. 【請求項3】前記フォロワーのうち前記回転手段の下方
    に位置したフォロワーを支持する支持手段を有する特許
    請求の範囲第1項又は第2項記載のシート分類装置。
  4. 【請求項4】前記支持手段の下降位置をマイクロスイッ
    チで検出することを特徴とする特許請求の範囲第3項記
    載のシート分類装置。
JP63019136A 1988-01-29 1988-01-29 シート分類装置 Expired - Fee Related JP2565364B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP63019136A JP2565364B2 (ja) 1988-01-29 1988-01-29 シート分類装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP63019136A JP2565364B2 (ja) 1988-01-29 1988-01-29 シート分類装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH01197277A JPH01197277A (en) 1989-08-08
JP2565364B2 true JP2565364B2 (ja) 1996-12-18

Family

ID=11991043

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP63019136A Expired - Fee Related JP2565364B2 (ja) 1988-01-29 1988-01-29 シート分類装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2565364B2 (ja)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2901625B2 (ja) * 1988-12-28 1999-06-07 株式会社リコー 感熱記録材料
JP2642804B2 (ja) * 1991-07-06 1997-08-20 キヤノン株式会社 シート分類装置
US6331003B1 (en) 1998-01-27 2001-12-18 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Recording medium discharging apparatus and image forming apparatus provided therewith
US6308952B1 (en) 1998-01-27 2001-10-30 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Paper sheet discharge apparatus
US6443449B1 (en) 1998-01-27 2002-09-03 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Paper sheet discharge apparatus and printing apparatus

Also Published As

Publication number Publication date
JPH01197277A (en) 1989-08-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6991229B2 (en) Paper stacker for use with image forming apparatus
US4957285A (en) Document feeder with sheet edge regulating mechanism
US4843434A (en) Random access sheet receiver
US4913426A (en) Sorter
US4531344A (en) Device for aligning and banding a pile of paper sheets
US5186445A (en) Sheet handling apparatus, with sheet storage bins conveyable in a verticle and a lateral direction
JP2565364B2 (ja) シート分類装置
EP0259542B1 (en) Sorting apparatus
US5158275A (en) Multiple tray rotary paper feed system for an image reproduction machine
JPH0671979B2 (ja) シート分類装置
EP0807537B1 (en) Sheet sorter with stapler
JP3325193B2 (ja) ソータ
US5259605A (en) Sorter with trays having guide plates and return springs
JPH06100184A (ja) 画像形成装置のトレイ装置
JP2774479B2 (ja) 画像形成装置
JPH0711076Y2 (ja) 丁合装置
EP0318766B1 (en) Sorter
JPH09315670A (ja) ソータ
JP2759550B2 (ja) ステップリング機構付きソータ
JP2759549B2 (ja) ステップリング機構付きソータ
JP5644555B2 (ja) シート積載装置
JPH05305786A (ja) 排紙トレイ制御装置
JP2765273B2 (ja) 記録紙の後処理装置
JPH0777934B2 (ja) 転写紙供給装置
JPH0686270B2 (ja) ソ−タ−

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees