JPH0642007A - 泥土圧送船 - Google Patents

泥土圧送船

Info

Publication number
JPH0642007A
JPH0642007A JP23877292A JP23877292A JPH0642007A JP H0642007 A JPH0642007 A JP H0642007A JP 23877292 A JP23877292 A JP 23877292A JP 23877292 A JP23877292 A JP 23877292A JP H0642007 A JPH0642007 A JP H0642007A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
mud
hopper
paddle
pneumatic conveyance
conveyance
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP23877292A
Other languages
English (en)
Inventor
Kiyoshi Kuioka
潔 杭岡
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Ube Corp
Original Assignee
Ube Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ube Industries Ltd filed Critical Ube Industries Ltd
Priority to JP23877292A priority Critical patent/JPH0642007A/ja
Publication of JPH0642007A publication Critical patent/JPH0642007A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 大容量のグラブバケットで採取した泥土を受
入れ可能で,かつ,泥土に含まれる異物を排除し,連続
的に遠隔の目的地へ空気搬送できる泥土圧送船を提供す
る。 【構成】 泥土を受入れるホッパ300と,ホッパ30
0下部の出口に連接され前記泥土を移送する斜路400
と,斜路400の下端部に隣接して設けた泥土槽600
と,泥土槽600の泥土を圧送するスクリュ式圧送装置
700と,斜路400内の泥土を解砕するとともに異物
を除去する掻き寄せパドル800とを備えた泥土圧送船
100であって,スクリュ式圧送装置700は竪型スク
リュコンベヤと圧送ポンプと圧気封入用のエアノズルを
有する排送管を備えた構成とした。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は,例えば,発電所の取水
口や海底,湖沼,河川,港湾などに堆積したヘドロなど
の軟泥や泥土を浚渫した後,これらを受入れて異物を除
去したうえ排送管による空気搬送を行なう泥土圧送船に
関するものである。
【0002】
【従来の技術】海底や河川に堆積したヘドロ等の軟泥や
泥土(以下,泥土という)の浚渫は,従来は水中ポンプ
を泥土層中へ突っ込んで吸い上げたり,あるいはグラブ
バケットにより泥土を海底よりすくい上げたりすること
によって行なっていた。このうち,グラブバケットによ
る方法は,例えば,図6に示すように,グラブバケット
を装備したグラブ船で採取した泥土を土運船に移し,タ
グボートで土運船を岸壁まで曳航し岸壁に常設のクロー
ラ型クラムシェルで小ホッパへ移送し,小ホッパに貯溜
された泥土をスクリュ式圧送装置により遠隔地までパイ
プ輸送していた。また,これに代る方法として,図7に
示すように,岸壁に横付けされた土運船にクローラ上に
積載されたスクリュ式圧送装置を直接突っ込んで空気搬
送する方法も使用されていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】上述のグラブ船および
土運船を使用した浚渫および移送方法では,いずれの場
合においても浚渫個所と岸壁との間を土運船をタグボー
トで曳航し往復させる必要があり,かつ,岸壁での揚泥
作業に時間をとり作業能率が悪く,輪送コストも高いと
いう難点があった。そこで,これらの点を改善するため
に,例えば,図8に示すように,グラブ船にホッパおよ
びスクリュ式圧送装置を装備してグラブバケットで採取
した泥土をホッパへ投入し,これらをスクリュ式圧送装
置により排送管を経由して岸壁もしくは目的地まで輪送
するという方法が使用された。しかしながら,この場合
の処理量はグラブバケットの容量が2〜3mであるよ
うに小規模のものであり,1回のグラブバケットによる
ホッパへの投入量が,たとえば,10〜20m程度の
大容量である場合には,振動グリズリ,振動篩などの異
物選別機の使用が不可能であるため,大量処理に限界が
あり,このような泥土の直送システムを採用することが
不可能であった。
【0004】
【課題を解決するための手段】上に述べた課題を解決す
るために,本発明の泥土圧送船においては,グラブバケ
ット等で浚渫採取された泥土を受入れるホッパと,該ホ
ッパ下部の出口に連接され前記泥土を移送する斜路と,
該斜路の下端部に隣接して設けた泥土の貯蔵用の泥土槽
と,該泥土を圧送するスクリュ式圧送装置とを備えた泥
土圧送船であって,旋回ならびに俯仰自在なアームの先
端に水平軸回りに回転自在なパドル車を装備した掻き寄
せパドルを前記斜路内に配設し,かつ,前記スクリュ式
圧送装置は竪型スクリュコンベヤと圧送ポンプと圧気封
入用のエアノズルを有する排送管とを備えた。
【0005】
【作用】本発明の泥土圧送船では,グラブ船または備え
付けのグラブバケットで採取した大量の泥土をホッパで
受入れ,ホッパ底部の斜面ならびにこれに接続する斜路
を泥土が流動し斜路に隣接して設けられた泥土槽へ貯溜
される。流下中の泥土が高粘性で流下し難いときや泥土
中にパイプ輸送に不適な異物が混入しているときには,
先端にパドル車を取り付けた備え付けの掻き寄せパドル
で泥土槽に向けて掻き寄せたり,掻き寄せパドルのアー
ムを跳ね上げて異物を掬い上げて除去する。一方,泥土
槽に貯溜された泥土はスクリュ式圧送装置により移送さ
れ排送管を経由して空気搬送によって岸壁以降の遠隔地
へ送られる。
【0006】
【実施例】以下図面に基づいて本発明の実施例について
詳細に説明する。図1〜図5は本発明の実施例に係り,
図1は泥土圧送船の全体側断面図,図2は泥土圧送船の
正面図,図3は他の実施例を示す泥土圧送船の全体側断
面図,図4は他の実施例を示す泥土圧送船の正面図,図
5はスクリュ式圧送装置の全体縦断面図である。
【0007】図において,100は泥土圧送船,200
はグラブバケット,300はホッパ,400は斜路,5
00は固定バースクリーン(または回転バースクリー
ン),600は泥土槽,700はスクリュ式圧送装置,
800は掻き寄せパドルである。図1の実施例では,ホ
ッパ300の底面は片流れの傾斜面(傾斜角度約30
°)となっており,これに傾斜角度15°〜20°程度
の斜路が接続され,斜路の終端部に竪方向平行に等ピッ
チで林立した固定バースクリーン(または回転バースク
リーン)500が固設される。さらに,固定バースクリ
ーン(または回転バースクリーン)500の前方には泥
土槽600が接続される。ホッパ300は,たとえば,
13m,16m,20mの容量をもつ大型のグラ
ブバケットを有するグラブ浚渫船による泥土を直接受入
れられるように大型に設計される。さらに,泥土槽60
0も,図2に示すように,200〜500mの容量程
度の大型のものにしておく。したがって,泥土槽600
に装入して泥土を吸い上げるスクリュ式圧送装置700
は,点検整備のため約90°反転できるようウインチ装
置で巻上げできるようになっているとともに,走行車輪
などで図1の紙面に直交方向に往復動できるよう構成さ
れる。掻き寄せパドル800は固定設備で旋回および俯
仰自在なタイプとし,先端に回転自在に取り付けたパド
ル車810によりデッキから斜路400の泥土を掻き寄
せたり,アーム820をスイングして異物を除去するた
めに使用する。
【0008】図3,図4は,本発明の他の実施例を示す
もので,図1,図2のものと異なる点はホッパ300の
傾斜面と斜路400とが同一であり,固定バースクリー
ン(または回転バースクリーン)500が垂直でなくや
や傾斜して取り付けた点である。また,泥土槽600が
大きい場合には泥土槽600内にも水平軸回りに旋回し
泥土をスクリュ式圧送装置に掻き寄せるための掻き寄せ
パドル610を配設している点である。
【0009】次にスクリュ式圧送装置700の詳細につ
いて説明する。図5はスクリュ式圧送装置700の実施
例を示し,図において,2は竪型スクリュコンベヤ,2
Aはケーシング,2aは排出口,3はスクリュ羽根,3
aは回転軸,3bはスクリュ駆動用の電動機,4はイン
レット装置のケーシング,5はインレット装置,5aは
インレット筒,5bはインレット・カッタ,6は軸受,
7はガースギア,8はピニオンギア,9は電動機,10
は保護カバーである。
【0010】図に示すように,竪型スクリュコンベヤ2
は,円筒状のケーシング2Aとこのケーシング2A内に
収納配置され,頂部の電動機3bによって回転駆動され
るスクリュ回転軸3a,スクリュ羽根3とを備えた構成
となっており,スクリュ羽根3によって泥土を揚泥して
上部排出口2aより排出されるようになっている。
【0011】一方,竪型スクリュコンベヤ2のケーシン
グ2Aの下方には,ケーシング2Aと同芯同径にて回転
するインレット装置5のケーシング4が軸受6を介して
懸架されており,電動機9,ピニオンギア8,ガースギ
ア7を介して回転駆動できるようになっている。そし
て,ケーシング4の下端部では,平面図が巴形形状のイ
ンレット・カッタ5bが側面に大きな開口を有するイン
レット筒5aに複数段取り付けられている。インレット
・カッタ5bは回転によって外周に位置する泥土層を剪
断するように丸鋸形状を有する巴形に形成される。イン
レット・カッタ5bはバースクリーンで排除できなかっ
た異物を竪型スクリュコンベヤ2内へ入らないように排
除する役目をも果す。
【0012】竪型スクリュコンベヤ2の排出口2aには
直管20,エルボ管21,電磁流量計22,直管23,
逆止弁24,圧送ポンプ25,排送管26が連結され,
排送管26の圧送ポンプ25寄りの位置にエア配管27
aによって供給される圧縮エアの注入用のエアノズル2
7が配設される。図5に示すように,圧送ポンプ25は
排出口2aより低い位置に設け,エアノズル27は圧送
ポンプ25の吐出口に出来るだけ近接して設けるのが好
ましい。したがって,逆止弁24は圧送ポンプ25の吐
出側でなく吸入側に配設する。電磁流量計22は流量計
にかけられた磁界を横切る輸送物の速度を検知して流量
を計測するものである。
【0013】以上のように構成された本発明の泥土圧送
船100の作動について説明する。大容量のグラブバケ
ットを有するグラブ船または本発明の泥土圧送船100
に装備のグラブバケット200で採取した泥土はホッパ
300へ供給され,ホッパ300の底斜面および斜路4
00を下方へ流下する。自然流下し難い固い泥土や粘着
性の高い泥土の場合には,掻き寄せパドル800を稼動
して移動を促進する。泥土中の異物はアーム820をス
イングして斜路400からこれらの異物を掬い上げ除去
する。固定バースクリーン(または回転バースクリー
ン)500を通過した泥土は泥土槽600へ貯溜された
あと,スクリュ式圧送装置700の駆動により,泥土圧
送船100と岸壁間および遠隔の目的地まで布設した排
送管(泥土管)を経由して空気搬送される。
【0014】本発明の泥土圧送船100は,10〜20
程度の大容量のグラブバケットで浚渫された泥土を
直接受入れて圧送できるので,輸送コストが低減され
る。すなわち,従来の土運船による輸送方式に比較し
て,土運船の輸送コストが排除できるばかりでなく,岸
壁における土運船からの揚泥作業が不要となる。
【0015】
【発明の効果】以上述べたように,本発明の泥土圧送船
は,大型グラブ浚渫船における直接輸送が可能となると
ともに,岩石,金物等空気搬送の障害となる異物を取り
除いた泥土を安全確実に連続操業によって遠隔地の目的
地まで低廉な輸送コストで搬送することができる。ま
た,連続処理が可能となるために浚渫効率が大幅に向上
する。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施例に係る泥土圧送船の全体側断面
図である。
【図2】本発明の実施例に係る泥土圧送船の正面図であ
る。
【図3】本発明の他の実施例に係る泥土圧送船の全体側
断面図である。
【図4】本発明の他の実施例に係る泥土圧送船の正面図
である。
【図5】本発明の実施例に係るスクリュ式圧送装置の全
体縦断面図である。
【図6】従来の浚渫・輸送システムの概略説明図であ
る。
【図7】従来の他の浚渫・輪送システムの概略説明図で
ある。
【図8】従来の他の浚渫・輸送システムの概略説明図で
ある。
【符号の説明】
2 竪型スクリュコンベヤ 2A ケーシング 2a 排出口 3 スクリュ羽根 3a 回転軸 3b 電動機 4 ケーシング 5 インレット装置 5a インレット筒 5b インレット・カッタ 6 軸受 7 ガースギア 8 ピニオンギア 9 電動機 10 保護カバー 22 電磁流量計 24 逆止弁 25 圧送ポンプ 26 排送管 27 エアノズル 27a エア配管 100 泥土圧送船 200 グラブバケット 300 ホッパ 400 斜路 500 固定バースクリーン 600 泥土槽 610 掻き寄せパドル 700 スクリュ式圧送装置 800 掻き寄せパドル 810 パドル車

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 グラブバケット等で浚渫採取された泥土
    を受入れるホッパと,該ホッパ下部の出口に連接され前
    記泥土を移送する斜路と,該斜路の下端部に隣接して設
    けた泥土の貯蔵用の泥土槽と,該泥土を圧送するスクリ
    ュ式圧送装置とを備えた泥土圧送船であって,旋回なら
    びに俯仰自在なアームの先端に水平軸回りに回転自在な
    パドル車を装備した掻き寄せパドルを前記斜路内に配設
    し,かつ,前記スクリュ式圧送装置は竪型スクリュコン
    ベヤと圧送ポンプと圧気封入用のエアノズルを有する排
    送管とを備えた泥土圧送船。
JP23877292A 1992-07-24 1992-07-24 泥土圧送船 Pending JPH0642007A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP23877292A JPH0642007A (ja) 1992-07-24 1992-07-24 泥土圧送船

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP23877292A JPH0642007A (ja) 1992-07-24 1992-07-24 泥土圧送船

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0642007A true JPH0642007A (ja) 1994-02-15

Family

ID=17035048

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP23877292A Pending JPH0642007A (ja) 1992-07-24 1992-07-24 泥土圧送船

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0642007A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014148790A (ja) * 2013-01-31 2014-08-21 Hazama Ando Corp 河川内の土砂等堆積防止方法及びこれに用いる土砂等排出システム

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014148790A (ja) * 2013-01-31 2014-08-21 Hazama Ando Corp 河川内の土砂等堆積防止方法及びこれに用いる土砂等排出システム

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR930008637B1 (ko) 준설장치
US5846440A (en) Apparatus and method for handling waste
CN102124164B (zh) 用于将大量水下土壤传送至填筑区的方法
JPH09242113A (ja) 浚渫排送装置
JPH0642007A (ja) 泥土圧送船
JPH04228730A (ja) 固形しゅんせつ物処理方法及びしゅんせつ方法
JPH0642011A (ja) 泥土圧送船
JPH02243830A (ja) 高濃度浚渫排送装置
JPH0642009A (ja) 泥土圧送船
JP5968845B2 (ja) 浚渫物の分級移送装置
JPH0642010A (ja) 泥土圧送船
JPH09264036A (ja) 浚渫排送装置
JPH09235751A (ja) 浚渫排送装置
JPH0642008A (ja) 泥土圧送船
JP2006097343A (ja) 浚渫搬送装置
US4903419A (en) Method of and apparatus for dredging sludge in high density
JP2895595B2 (ja) 埋立作業船
JPH04146333A (ja) 浚渫装置
JPH09302713A (ja) 水中作業機用堆積物取込み装置
JPH03227796A (ja) バケットホイール式浚渫船
JPS6073922A (ja) 沈澱泥土浚渫工法
JPH02296932A (ja) 土砂浚渫排送装置
JPH0374289B2 (ja)
JP3053179B2 (ja) 浚渫等の土砂の固化移送処理方法
JPH10147286A (ja) 軟泥固化処理圧送船