JPH0636871B2 - 竪型粉砕機 - Google Patents

竪型粉砕機

Info

Publication number
JPH0636871B2
JPH0636871B2 JP6958988A JP6958988A JPH0636871B2 JP H0636871 B2 JPH0636871 B2 JP H0636871B2 JP 6958988 A JP6958988 A JP 6958988A JP 6958988 A JP6958988 A JP 6958988A JP H0636871 B2 JPH0636871 B2 JP H0636871B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
separator
rotary
classification
particles
crusher
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP6958988A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH01242157A (ja
Inventor
茂樹 近藤
幸二 古谷
充 池田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Ube Corp
Original Assignee
Ube Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ube Industries Ltd filed Critical Ube Industries Ltd
Priority to JP6958988A priority Critical patent/JPH0636871B2/ja
Publication of JPH01242157A publication Critical patent/JPH01242157A/ja
Publication of JPH0636871B2 publication Critical patent/JPH0636871B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Combined Means For Separation Of Solids (AREA)
  • Crushing And Grinding (AREA)
  • Disintegrating Or Milling (AREA)

Description

【発明の詳細な説明】 [産業上の利用分野] 本発明は回転テーブルと粉砕ローラとの協働により、セ
グメント原料や石炭,化学品などを粉砕する堅型粉砕機
に関するものである。
[従来の技術] セメント原料や石炭,化学品などの流体を細かく粉砕し
粉体とする粉砕機の一種として回転テーブルと粉砕ロー
ラとを備えた堅型粉砕機が広く用いられている。この種
の粉砕機は、円筒状ケーシングの下部において減速機付
きモータで駆動されて低速回転する円盤状の回転テーブ
ルと、その上面外周部を円周方向へ等分する箇所に油圧
などで圧接されて従動回転する複数個のローラとを備え
ている。
例えば、従来の堅型粉砕機を示す第6図において、全体
を符号1で示す粉砕機は外観上一つの塔体として形成さ
れ、その基部には電動機(モータ)2および減速機17
によって回転される回転テーブル3が配置されている。
そして、この回転テーブル3に摺接して回転するように
複数個の円錐状の粉砕ローラ4が配置されており、この
粉砕ローラ4は支持アーム5に回転自在に軸承されてい
る。支持アーム5は粉砕機側に回転自在に軸承された支
持軸6に固定されている。この支持軸6にはさらに回動
アーム7の一端が固定され、この回動アーム7は回転テ
ーブル3を囲んでいるケーシング8の側方を通って下方
に延び、粉砕機の下部に臨んでいる。そして、この回動
アーム7の下端は粉砕機1のベースにその下端を回動自
在に軸承された圧力シリンダ9のロッド10の先端に回
転自在に軸承されている。
そして、回転テーブル3の中心部へ供給管(図示せず)
で供給された原料としての流体は、テーブルの回転によ
り従動するローラ4と回転テーブル3との間へ噛込まれ
粉砕される。一方、ケーシング8内にはダクト(図示せ
ず)によって熱風が導かれており、この熱風が回転テー
ブル3の外周面とケーシング8の内周面との環状空間部
14から吹き上がることにより、微粉体は乾燥されなが
ら粉砕機1内を上昇し、熱風との混合体として排出管1
6から排出され、次の工程へ送られる。
なお、粒度の粗い粒子も、一部は粉砕機1内を上昇する
が、上方のセパレータの回転羽根15にて分級され、回
転テーブル3上へ戻される。
そして、このセパレータの構造として広く使用されるタ
イプにひとつは、回転式セパレータであり、分級部に回
転軸13を設け、回転羽根15を、複数個、等ピッチで
回転軸13に固定し、軸とともに任意の回転数にて回転
されている。
第7図は回転式セパレータの羽根15の概略的な配列構
成を示す水平断面図であって、羽根15は略L字断面形
状を有し、L字折曲部がセパレータ内側となるように、
円環状かつ放射状に配設されている。
この羽根15が回転軸13と共に回転することにより、
各羽根15間を通過してセパレータ内に流れ込む気流か
ら微粒子が分離されるのであるが、この分級の原理につ
いて第8図を参照して概説する。
第8図において、回転羽根が右回りに一定の回転数(回
転速度V)で回転しているとき、回転羽根の外径端が形
成する円弧CDの任意の一点Pより流入する粒子は、流
入する気流による抵抗力(内向流)と遠心力(外向力)
と回転する隣り合う回転羽根間の空気層の影響などの合
成された力を受け、粒子径に応じて任意の軌跡を描きな
がらセパレータ内部へ向う。すなわち、粒子径の小さい
細粉は軌跡aを描きA〜E間を通過し、中粒はA〜B
間の軌跡a、粗粒はB〜C間の軌跡aを描いて、回
転羽根15の内壁に到達する。
B〜C間に当接した粒子は運動エネルギを失ない、その
後、遠心力の作用によりB〜C間に沿って半径方向外方
へ放出される。
一方、A〜B間に到達した中粒のうち、遠心力を受けて
外方へ移動する粒子は上記B〜C間に当接した粒子と同
じようにBC壁に沿ってセパレータ外方へ逃げるが、A
〜B間で気流による内向力が遠心力とバランスするか、
もしくは内向力の方が遠心力を上回る粒子の場合はA〜
B間に沿って落下し、セパレータ下方に戻される。
[発明が解決しようとする課題] 上記のように構成された、回転子機セパレータでは、回
転羽根と回転羽根の間を通過してくる含塵気流の流入風
量、流入速度、粒径分布、セパレータの回転数が一定で
変化がなくても、第4図に示されるように分級性能特性
曲線の分級点の勾配が緩やかであり、分級精度、換言す
れば分級のするどがさほどではない。すなわち、細粉中
に混入する粗粒が多く、戻粉中へ混じる細粉も少なくな
いことを示している。
しかして、従来の堅型粉砕機においては、第9図(a)
および(b)に示す如く回転式セパレータの回転羽根
は、一般的に回転羽根の軸芯が該回転軸を含む鉛直断面
上(垂直羽根)になるように取付けられていた。第7図
に示す如く、堅型粉砕機の回転テーブル側から回転セパ
レータの回転羽根側をみた時の、いわゆる回転羽根投影
面積が小さく、気流によって搬送された粒子群のうちで
粒子群が回転羽根に衝突する割合が全体的に小さくなる
結果、セパレータ全体としてみると、分級点が広い範囲
にまたがって分布するようになり、分級が鈍いものとな
らざるを得なかった。
この結果、精粉の品質が低く、また分級精度の不良から
粉砕機の粉砕能力の低下やランニングコストの増大を惹
起するなどの悪影響を及ぼす。
なお、第4図および後述の第5図も横軸は粒子径であ
り、縦軸は配分率(部分分級効率)Zで、ある粒径D
についての戻粉と入粉の量比を示す。
[課題を解決するための手段] 本発明は、回転式セパレータをケーシング内の上部に備
えた堅型粉砕機において、該回転式セパレータの回転羽
根の軸芯が該回転軸を含む鉛直断面と交差(傾斜羽根)
するように構成したものである。
[作用] 本発明では、回転羽根の取付状態については、傾斜羽根
を呈した形にしたので、第3図に示す如く堅型粉砕機の
回転テーブル側から回転セパレータの回転羽根側をみた
時の、いわゆる回転羽根投影面積が増え、このため気流
によって搬送された粒子群が回転羽根に衝突する割合が
高くなった。この結果、細粉と粗粒の分離、とりわけ部
分分級効率に大きな影響を及ぼす中粒の分級効率が改善
され、セパレート全体としてみると、分級点が狭い範囲
にまたがって分布するようになり、著しく鋭い分級をな
すことが可能とされる。
[実施例] 以下、図面を参照して実施例について説明する。
第1図と第2図は本発明の実施例に係るセパレータに用
いられる回転式セパレータの概略構成を示す側面図であ
る。また、第3図は回転羽根の投影面積(斜線部分)を
示すための図であり、堅型粉砕機の回転テーブル側から
回転セパレータの回転羽根側をみたセパレータ本体の底
面図である。
前述した如く、本発明において、回転式セパレータは全
体的に粒子群を小径側へシフトするように回転羽根が傾
斜羽根を有した構成となっている。なお、かかるセパレ
ートを組み込んだ堅型粉砕機の全体構成は前記第6図と
同様であるので、その説明は省略する。
回転式セパレータには、上下で略等径の構成をとってい
る円筒型と、セパレータの形状が上方に拡径する截頭円
錐形を通すものが考えられるが、ここでは円筒型のもの
で該セパレータの周囲に円環状に配置された回転羽根が
傾斜羽根を有したものの作用について説明する。
本発明において、分級点を小径化させる因子としての分
級作用が、後述する一次分級作用と二次分級作用とのこ
れら2つの分級作用の併用による相乗効果によって、セ
パレータ全体として鋭い分級が行なわれるようになる。
まず、一次的な分級メカニズムについて説明する。
堅型粉砕機の回転テーブル3と従動するローラ4との間
へ噛込まれて粉砕されたこれら粒子群が、回転テーブル
3の外周面とケーシング8との内周面との間の環状空間
部14から吹き上がる熱風気流によって粉砕機内部を上
昇する。上昇した細粉から粗粒までの粒子群は、粉砕機
上部に配設された回転式セパレータに到達するが、粒子
のもつ上向きの慣性力と回転式セパレータの回転羽根と
の衝突において、衝突後では粗粒ほど粒子のもつ運動エ
ネルギ損失が大きく、この結果失速してセパレータの下
部に設置された粉砕機の回転テーブル上に戻ることにな
る。逆に細粉では衝突後の粒子群の運動エネルギ損失が
小さく、気流に同伴された形で捕集されやすくなる。ま
た中粒のものは粒径が粗粒近傍のものから細粉近傍のも
のまで広がっており、回転羽根に衝突して運動エネルギ
を失った後、落下する途中で再度気流搬送されて回転羽
根に再衝突するか、または気流に同伴されるか、あるい
は落下して粉砕機側へ戻ることになる。
以上のような分級作用によって一時的な分級が行なわれ
るが、パーセント全体としては、中粒の分級の良否が第
4図に示す分級特性において、分級点近傍の勾配を鋭く
するかどうかに大きな影響を及ぼすことになる。これら
の一時的な分級を終えた後、さらに後述する如く、セパ
レータの回転羽根の羽根間への粒子の飛込み入射位置で
分級点を論ずる二次的な分級作用によって、分級点が細
粉側にシフトすることになる。
次に、二次的な分級作用の原理について第8図を参照し
て概説する。
セパレータの回転羽根15と回転羽根15の間に所定の
速度で流入した粒子Pが、内向きの気流による内向力と
回転羽根間で挟まれた気体が回転するために生じる遠心
力と回転羽根が回るために生じる円周方向で回転逆向き
の見掛けの力を受ける。そして、第8図において、点P
を通過した任意の粒径の粒子は、その粒径に応じて
,a,a,a,aのような軌跡を描く。す
なわち、細粉aはセパレータを通過し、中粒や粗粒は
〜aのように回転羽根に当った後、L字断面形状
の回転羽根のB〜C間等に沿って自重により下方へ摺動
あるいは自由落下し、回転テーブルに戻される。
以上のような現象において、分級効果に大きな影響をも
つ中粒と粗粒について詳述する。
第8図において、中粒はA〜B間の軌跡aを描いて、
粗粒はB〜C間の軌跡aを描いて、回転羽根15の内
壁に到達する。B〜C間に当接した粒子は運動エネルギ
を失ない、その後、遠心力の作用によりB〜C間に沿っ
て半径方向外方へ放出される。一方A〜B間に到達した
中粒のうち、遠心力を受けて外方へ移動する粒子は上記
B〜C間に当接した粒子と同じようにBC壁に沿ってセ
パレータ外方へ逃げるが、A〜B間で気流による内向力
が遠心力とバランスするか、もしくは内向力の方が遠心
力を上回る粒子の場合はA〜B間に沿って落下しセパレ
ータ下方へ戻される。
ちなみに、第9図(a)および(b)に示した従来の、
堅型粉砕機で回転式セパレータの回転羽根の軸が鉛直内
に含まれるタイプのセパレータのものは、A〜B間に沿
って落下する粒子群が絶えず内側へ向う気流に晒されて
おり、再飛散し易い。
また、BC間からセパレータ外方へ戻された粒子も、再
度気流搬送されてセパレータ内に流入し得る。
以上のような現象によって、本来、粗粒側に分級される
べき粒子が精粉側に混じるため、第4図に示す分級特性
を示し、分級点近傍の勾配は緩やかで分級精度が悪くな
る。
ところが、本発明では、第1図および第2図に示す如く
セパレータが傾斜した回転羽根を有したものは、粒子群
を含んだ気流がセパレータの羽根間に流入するために進
行方向を変更する際に、該回転羽根に対して気流がほぼ
直角に作用する結果、気流に含まれた中粒および粗粒は
気流から分離し、羽根B〜C面に当接したまま回転羽根
が回るために生じる円周方向で回転逆向きの見掛けの力
を受けた状態下で傾斜羽根下部面に向かって摺動し、羽
根の下端にて気流中に放出される。以上のように、粒子
のB〜C面の摺動中における再飛散も無く、さらに鋭い
分級効果を得ることができる。
しかも、第1図および第2図に示す実施例では、両者と
も構成が簡単であり、実施が極めて容易である。
また、従来実施されていたようなセパレータ入口の回転
羽根間の入射位置の差異による分粒粒子径の変動に対す
る対策としては、羽根枚数を多くして、円周1ピッチの
円弧長さを小さくすることも考え得るが、本発明では羽
根の枚数を増加させることなく、傾斜羽根を採用するこ
とで優れた分級効果を得ることができる。
以上のような断面構造を持つ回転羽根を備えたセパレー
タは、第1図に示す概略側面図の如く上下方向に略等径
を設けても良く、第2図の如く上方に向かって拡径させ
ても良い。
また、本発明においては、回転羽根の取付け角度(θ)
を望ましくは50゜から80゜まで傾斜しても良い。
[発明の効果] 以上述べた通り、本発明によれば、回転式セパレータの
分級精度が向上し、精粉中への粗粒の混入が極力押えら
れ、分級のシャープな粒度構成を持つ製品が得られるた
め、製品の品質が向上する。また、セパレータでの分級
後の粗粒が速やかに粉砕機の粉砕部へ還元されるため、
粉砕能力が増加し、ランニングコストも低減することが
できる。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明に係るセパレータ形状が円筒状の概略側
面図、第2図は本発明に係るセパレータ形状が上方に拡
径する截頭円錐形の概略側面図、第3図は竪型粉砕機の
回転テーブル側から回転セパレータの回転羽根側をみた
セパレータ本体の底面図である。第4図および第5図は
それぞれ従来および本発明における精粉の分級特性を示
す線図である。第6図ないし第9図の各図は従来に係
り、第6図は概略縦断面図、第7図はセパレータの水平
断面図、第8図は第7図の部分拡大図を示す。第9図は
従来型の回転羽根を示す側面図であり、(a)はセパレ
ータ形状が円筒状のもの、(b)はセパレータ形状が上
方に拡径する截頭円錐形のものを示す。 3……回転テーブル、4……粉砕ローラ、 11……セパレータ本体、 15……セパレータ回転羽根、 15a,15c……ポケット、 16……排出管、P……粒子の入射位置、 a,a,a,a,a……粒子の軌跡。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】ケーシングの頂部に精粉の気流搬出用の開
    口を備え、このケーシング内の上部にはセパレータが設
    置されており、このセパレータは、鉛直方向に設置され
    た回転軸と、該回転軸に支持されており、該回転軸の周
    囲に円環状かつ放射状に配置された略L字形の水平断面
    形状の回転羽根とを備えた回転式セパレータである竪型
    粉砕機において、該回転式セパレータの回転羽根の軸芯
    が該回転軸を含む鉛直断面と交差することを特徴とする
    竪型粉砕機。
JP6958988A 1988-03-25 1988-03-25 竪型粉砕機 Expired - Lifetime JPH0636871B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6958988A JPH0636871B2 (ja) 1988-03-25 1988-03-25 竪型粉砕機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6958988A JPH0636871B2 (ja) 1988-03-25 1988-03-25 竪型粉砕機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH01242157A JPH01242157A (ja) 1989-09-27
JPH0636871B2 true JPH0636871B2 (ja) 1994-05-18

Family

ID=13407165

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6958988A Expired - Lifetime JPH0636871B2 (ja) 1988-03-25 1988-03-25 竪型粉砕機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0636871B2 (ja)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2617623B2 (ja) * 1991-01-21 1997-06-04 三菱重工業株式会社 ローラミル
JP3600412B2 (ja) * 1997-08-25 2004-12-15 三菱重工業株式会社 回転式分級機
CN102600931A (zh) * 2011-01-18 2012-07-25 王燕 立式齿辊风选磨
CN102389852B (zh) * 2011-11-22 2013-10-02 江苏羚羊水泥工程技术有限公司 多次分选式高效水泥立磨
CN105903676A (zh) * 2016-06-21 2016-08-31 江苏密友粉体新装备制造有限公司 一种分级轮

Also Published As

Publication number Publication date
JPH01242157A (ja) 1989-09-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2792576B2 (ja) 竪型粉砕機
JPH0636871B2 (ja) 竪型粉砕機
JP2002119920A (ja) 気流式分級機
JPH0212145B2 (ja)
JPH0535025B2 (ja)
JPH0326103B2 (ja)
JP2681839B2 (ja) 竪型粉砕機
JPH0212146B2 (ja)
JPH0788389A (ja) 粉砕設備
JP2839117B2 (ja) 竪型粉砕機
JPH0212147B2 (ja)
JP3388610B2 (ja) 粉体分級機
JP3147143B2 (ja) 竪型粉砕機
JP2617832B2 (ja) 竪型粉砕機
JPH07155698A (ja) 渦流式空気分級機
JPH067829Y2 (ja) 空気分級機
JPH0751182Y2 (ja) 回転式分級機
JP2654993B2 (ja) 竪型粉砕機
US2914172A (en) Pneumatic classifier system
JPH058075B2 (ja)
JPH09131541A (ja) 竪型粉砕機
JPH05146697A (ja) 乾式チユーブミル
JPH01270982A (ja) エアセパレータ
JPH038455A (ja) 粉砕分級装置
JPH0454868Y2 (ja)