JPH05287767A - 地下水による構造物の浮き上がり防止方法 - Google Patents

地下水による構造物の浮き上がり防止方法

Info

Publication number
JPH05287767A
JPH05287767A JP4087291A JP8729192A JPH05287767A JP H05287767 A JPH05287767 A JP H05287767A JP 4087291 A JP4087291 A JP 4087291A JP 8729192 A JP8729192 A JP 8729192A JP H05287767 A JPH05287767 A JP H05287767A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ground
buried
buoyancy
water blocking
preventing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP4087291A
Other languages
English (en)
Inventor
Noriji Miyake
紀治 三宅
Toshio Watanabe
俊雄 渡辺
Original Assignee
Shimizu Corp
清水建設株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Shimizu Corp, 清水建設株式会社 filed Critical Shimizu Corp
Priority to JP4087291A priority Critical patent/JPH05287767A/ja
Publication of JPH05287767A publication Critical patent/JPH05287767A/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 (修正有) 【目的】 低層構造物若しくは地下構造物の浮き上がり
防止方法として好適であり、さらには、低コスト、工期
短縮を図ることが可能な地下水による構造物の浮き上が
り防止方法を提供することを目的としている。 【構成】 地盤中に少なくとも一部が埋設された構造物
の底部に地下水の浮力が加わり、それにより前記構造物
が浮き上がるのを防止する方法である。先ず、構造物B
の埋設部3の側面周囲全体を止水壁7で囲む。そして、
埋設部の底部全体を底部直下の地盤1をも含んで前記止
水壁の下端部7aから連続して設けた止水壁7若しくは
止水膜で囲繞する。この場合、前記止水膜若しくは止水
膜で囲繞された底部直下の地盤と構造物Bとの総重量
を、埋設部の底部に加わる地下水の想定される最大の浮
力以上とする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、地盤中に少なくとも一
部が埋設された構造物の底部に地下水の浮力が加わり、
それにより前記構造物が浮き上がるのを防止する方法で
ある。
【0002】
【従来の技術】近年、埋立地盤や、ウォーターフロント
(水際)領域での構造物の構築の開発が活発になるにつ
れて、地盤内部の地下水が構造物へ及ぼす影響、すなわ
ち地盤中に埋設された構造物の埋設部の底部に地下水の
浮力が加わり、それにより構造物が浮き上がってしまう
という問題が多く発生してきた。この地下水による構造
物の浮き上がり防止対策として、例えば、図3及び図4
に示す方法が一般に採用されている。
【0003】図3に示す浮き上がり防止方法は、地盤1
中の地下水が地表面近くの地下水位2まで達した場合
に、地盤1中に埋設されている埋設部3の底部3aにか
かる地下水の浮力A(想定される最大の浮力)に対し、
この浮力A以上の総重量となるように地上階部分4を設
けた構造物Bとすることである。これにより、埋設部3
の底部3aに地下水による浮力Aが加わっても、浮力A
に対抗し得る総重量を有している構造物Bは浮き上がり
を防止することができる。
【0004】また、図4に示す方法は、構造物Bの底部
3aに地盤深く打ち込まれた永久アンカー5…の一端が
連結された構造とされており、想定される最大の浮力A
が構造物3の底部3aにかかったとしても、永久アンカ
ー5…により構造物Bの浮き上がりを確実に防止するこ
とができる。
【0005】なお、図中符号6は止水壁であり、この止
水壁6が構造物Bの側壁3bに沿って地盤1中の鉛直方
向に設けられていることにより、止水壁6の剛性で構造
物Bの周囲の地盤1の液状化が防止されるようになって
いる。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上述し
た構造物の浮き上がり防止方法において、図3に示した
方法は、高層化構造物を構築する場合には実現化が可能
であるが、地上景観などの面から低層化構造物若しくは
地下構造物として構築する場合には、構造物Bは浮力A
に対抗し得る総重量を得ることができないので採用する
ことができない。
【0007】また、図4に示した方法は、永久アンカー
5…を地盤1深くに打ち込まなければならないので施工
コストの面で問題があり、また、軟弱地盤などにおいて
は確実に永久アンカー5を打ち込むことが容易ではない
ため施工条件により施工コストが異なる。さらには、図
4に示す方法では、施工期間が長期化してしまうという
問題があった。
【0008】本発明は上記の事情に鑑みてなされたもの
で、低層構造物若しくは地下構造物の浮き上がり防止方
法として好適であり、さらには、低コスト、工期短縮を
図ることが可能な地下水による構造物の浮き上がり防止
方法を提供することを目的としている。
【0009】
【課題を解決するための手段】本発明の地下水による構
造物の浮き上がり防止方法は、地盤中に少なくとも一部
が埋設された構造物の底部に地下水の浮力が加わり、そ
れにより構造物が浮き上がるのを防止する方法であっ
て、構造物の埋設部の側面周囲全体を止水壁で囲むとと
もに、埋設部の底部全体をその底部直下の地盤をも含ん
で止水壁の下端部から連続して設けた止水壁若しくは止
水膜で囲繞し、しかも止水膜若しくは止水膜で囲繞され
た底部直下の地盤と構造物との総重量を、埋設部の底部
に加わる地下水の想定される最大の浮力以上とすること
を特徴とするものである。
【0010】
【作用】本発明の構造物の地下水による浮き上がり防止
方法によれば、構造物に対して平面的に鉛直上向きの想
定される最大の浮力が加わった場合、浮力以上された構
造物と地盤との総重量が鉛直下向きに加わるので、構造
物の被害を確実に防止することができる。
【0011】それにより、景観上の面で低層構造物若し
くは地下だけの構造物としなければならない場合であっ
ても、有効に浮き上がり防止対策を施した構造物を提供
することができる。
【0012】
【実施例】以下、本発明の一実施例を第1図および第2
図を参照して説明する。なお、図3及び図4に示した構
成と同一部分には、同一符号を付してその説明を省略す
る。図1において符号7は、埋設部Bの側壁3bに沿っ
て周囲全体を囲みながら地盤1内の鉛直下向きに設けら
れた止水壁7である。この止水壁7は、たとえば鉄筋コ
ンクリート造で剛性を高くして形成され、かつ地下水が
浸透しない液密構造とされている。そして、この止水壁
7の下端部7aは、構造物Bの低部3aからさらに所定
の深さH1まで達している。
【0013】また、止水壁7の下端部7aには、止水壁
7の下端部と連続して地盤1内を水平方向に延在する可
撓性を有した止水膜8が設けられている。そして、止水
壁7と止水膜8との接合部は、液密構造とされている。
なお、止水膜8の具体的材料としては、例えば芯材入り
ゴム・プラスチックシートが使用されており、芯材に
は、ナイロンクロスなどや、アルミニウム、鉄などの金
属メッシュが使用されている。
【0014】このように地盤1中に止水壁6及び止水膜
7が設けられることにより、それらに構造物Bの埋設部
3と、埋設部3の底部3a直下の地盤Kとが囲繞される
が、前記埋設部3の底部3a直下の地盤Kは、構造物B
の浮き上がり防止対策として極めて優れた効果を発揮す
る。
【0015】すなわち、地盤Kは、構造物3の重量との
総重量Gが、平面的に構造物3かかる地下水の浮力A
(想定される最大の浮力)以上となるように、所定量の
地盤容積が、止水壁7と地盤中に水平に延在した止水膜
8との内部に囲繞されているのである。これにより、構
造物Bに対して平面的(止水膜8)に鉛直上向きの浮力
Aが加わった場合、浮力A以上されている構造物Bと地
盤Kとの総重量Gが鉛直下向きに止水膜8に加わるの
で、構造物Bの浮き上がりは確実に防止される。
【0016】以上、説明したことから容易に理解できる
ように、本実施例においては、構造物Bに対して平面的
(止水膜8)に鉛直上向きの浮力Aが加わっても、浮力
A以上された構造物Bと地盤Kとの総重量Gが鉛直下向
きに加わるので、構造物Bの被害を確実に防止すること
ができ、それにより、景観上の面で低層構造物若しくは
地下だけの構造物Bとしなければならない場合であって
も、有効に浮き上がり防止対策を施した構造物を提供す
ることができる。
【0017】また、自然地盤Kの重量を利用するだけで
地下水による浮力を防止することができるので、施工コ
ストを大幅に削減することができ、また施工期間の短縮
化も図ることができる。
【0018】図2に示すものは、本発明の他の実施例を
示すものである。この実施例においては、止水壁7が、
埋設部3の側壁3bとの間に地盤K1を介在させながら
側壁3b周囲全体を囲んで配設されている。そして、止
水壁7の下端部7aは、埋設部3の低部3aと略同一の
深さまで達しており、この下端部7aから連続して設け
られた止水膜10は、下端部から離間するに従い地中深
くまで延在するように深さH2まで設けられている。
【0019】上記構成とされた浮き上がり防止方法は、
図1に示したものと同様の作用効果を得ることができる
とともに、構造物を構築した後に、構造物周囲の地盤K
1を残して止水壁および止水膜を配設することができる
ので、既存建屋に好適な方法である。また、予め、図2
に示した止水壁7、止水膜10を地盤中1に設けること
により、止水壁7、止水膜10で囲繞されている地盤1
内は、完全に地下水の進入が防止される。
【0020】なお、図1および図2においては、埋設部
3の底部3a側に止水膜8、10を設けた構造としてい
るが、止水壁を使用しても同様の作用効果を得ることが
できる。
【0021】
【発明の効果】以上で詳細に説明したように、本発明の
地下水による構造物の浮き上がり防止方法によれば、構
造物の埋設部の側面周囲全体を止水壁で囲むとともに、
埋設部の底部全体をその底部直下の地盤をも含んで止水
壁の下端部から連続して設けた止水壁若しくは止水膜で
囲繞し、しかも止水膜若しくは止水膜で囲繞された底部
直下の地盤と構造物との総重量を、埋設部の底部に加わ
る地下水の想定される最大の浮力以上としたため、構造
物に対して平面的に鉛直上向きの想定される最大の浮力
が加わっても、浮力以上された構造物と地盤との総重量
が鉛直下向きに加わり構造物の被害を確実に防止するこ
とができ、それにより、景観上の面で低層構造物若しく
は地下だけの構造物としなければならない場合であって
も、有効に浮き上がり防止対策を施した構造物を提供す
ることができる。
【0022】また、自然地盤Kの重量を利用するだけで
地下水による浮力を防止することができるので、施工コ
ストを大幅に削減することができ、また施工期間の短縮
化も図ることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の第1の実施例を示す断面図である。
【図2】本発明の第2の実施例を示す断面図である。
【図3】高層建築物に好適な従来の例を示す断面図であ
る。
【図4】永久アンカーが使用された従来の例を示す断面
図である。
【符号の説明】
1 地盤 2 地下水位 3 構造物の埋設部 3a 埋設部の側壁 3b 埋設部の底部 7 止水壁 7a 止水壁の下端部 8、10 止水膜 A 想定される地下水の最大浮力 B 構造物 G 構造物と底部直下の地盤との総重量 K 底部直下の地盤

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 地盤中に少なくとも一部が埋設された構
    造物の底部に地下水の浮力が加わり、それにより前記構
    造物が浮き上がるのを防止する方法であって、 前記構造物の埋設部の側面周囲全体を止水壁で囲むとと
    もに、前記埋設部の底部全体をその底部直下の地盤をも
    含んで前記止水壁の下端部から連続して設けた止水壁若
    しくは止水膜で囲繞し、 しかも前記止水膜若しくは止水膜で囲繞された底部直下
    の地盤と構造物との総重量を、埋設部の底部に加わる地
    下水の想定される最大の浮力以上とすることを特徴とす
    る地下水による構造物の浮き上がり防止方法。
JP4087291A 1992-04-08 1992-04-08 地下水による構造物の浮き上がり防止方法 Granted JPH05287767A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4087291A JPH05287767A (ja) 1992-04-08 1992-04-08 地下水による構造物の浮き上がり防止方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4087291A JPH05287767A (ja) 1992-04-08 1992-04-08 地下水による構造物の浮き上がり防止方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH05287767A true JPH05287767A (ja) 1993-11-02

Family

ID=13910708

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4087291A Granted JPH05287767A (ja) 1992-04-08 1992-04-08 地下水による構造物の浮き上がり防止方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH05287767A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105544622A (zh) * 2015-06-05 2016-05-04 龚展宇 一种地下建筑物的抗浮装置及其隔渗装置、排水通路查验装置

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105544622A (zh) * 2015-06-05 2016-05-04 龚展宇 一种地下建筑物的抗浮装置及其隔渗装置、排水通路查验装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0379383B1 (en) Method of constucting underwater buildings
US20070266658A1 (en) Building Structure and a Method of Forming a Building Structure
US4467587A (en) Component to be employed in the constructiion of walls poured in the ground, wall incorporating such a component, and method of constructing such a wall
JP4210312B2 (ja) 建築物
US3991530A (en) Swimming pool construction
JPH05287767A (ja) 地下水による構造物の浮き上がり防止方法
US4848050A (en) Foundation for wooden buildings and construction method thereof
CN210127485U (zh) 一种混凝土吸力式沉箱基础与薄壁墩柱连接结构
US20080098678A1 (en) Structural floating foundation
US4056942A (en) Method for moving built structures by flotation
JP2612763B2 (ja) 構造物の基礎構造
JP2000054409A (ja) 地下掘削空間外周部における逆打支柱の施工方法
US3720064A (en) Tie rods system for swimming pools with hopper bottoms
JP2013245545A (ja) 建物
JP3154156B2 (ja) 地中構造物の浮上防止方法
JP3242747B2 (ja) 建築物の施工方法
JP4129663B2 (ja) 地盤改良体を用いた建物
JP3236719B2 (ja) 基礎の凍上防止構造
SU1756464A1 (ru) Многоэтажное подземное сооружение
JPH0630230U (ja) 基礎構造
JPH07286452A (ja) 建物の耐震支持構造
JP2948778B2 (ja) 水中構造物の構築方法
JPH06173278A (ja) 建築構造物の基礎構造
JP3401282B2 (ja) ユニット式建物における土間の施工方法
JP2000230238A (ja) 水中基礎構造物用ケーソン躯体および同躯体を用いる水中基礎構造物の構築工法

Legal Events

Date Code Title Description
A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20000411