JPH05179333A - 造滓材 - Google Patents

造滓材

Info

Publication number
JPH05179333A
JPH05179333A JP35956991A JP35956991A JPH05179333A JP H05179333 A JPH05179333 A JP H05179333A JP 35956991 A JP35956991 A JP 35956991A JP 35956991 A JP35956991 A JP 35956991A JP H05179333 A JPH05179333 A JP H05179333A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
mgo
forming material
waste bricks
slag
slag forming
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP35956991A
Other languages
English (en)
Inventor
Haruo Hojokai
治男 放生会
Tadayuki Kajima
忠幸 鹿嶋
Takayasu Mizutani
隆保 水谷
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Daido Steel Co Ltd
Original Assignee
Daido Steel Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Daido Steel Co Ltd filed Critical Daido Steel Co Ltd
Priority to JP35956991A priority Critical patent/JPH05179333A/ja
Publication of JPH05179333A publication Critical patent/JPH05179333A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】本発明は主として炉外精錬に用いられる造滓材
の価格を低減することを目的とする。 【構成】造滓材中に溶鋼炉耐火物の溶損防止のために添
加されるMgO源として、製鋼用MgO系廃レンガを利
用する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は取鍋による炉外精錬等に
用いられる造滓材に関するものである。
【0002】
【従来の技術】取鍋による炉外精錬においては、溶鋼の
脱〔S〕,脱〔O〕を行なうためにCaO,Al23 ,
Ca F2 等からなる造滓材が用いられている。一方取鍋
耐火物としてはMgO−C系あるいはMgO−Al23
−C系の耐火物が用いられており、該耐火物のスラグラ
インにおける溶損を防止するために、該造滓材にはMg
Oが添加される。
【0003】従来、該造滓材に添加するMgO源として
は軽焼ドロマイトCaO−MgOが用いられてきた。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら軽焼ドロ
マイトは価格が高くしたがって操業費が高くなる。また
一方取鍋耐火物の廃レンガも埋立処理等で無駄に廃棄さ
れていた。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明は上記従来の課題
を解決するための手段として、製鋼用MgO系廃レンガ
をMgO源として混合した造滓材を提供するものであ
る。
【0006】
【作用】溶鉱炉耐火物は上記するようにMgO−C系あ
るいはMgO−Al23 −C系の耐火物であり、したが
って従来の軽焼ドロマイトに代えてそのMgO系廃レン
ガを造滓材のMgO源として利用出来る。
【0007】造滓材はCaO,Al23 , Ca F2 等の
混合物からなるが、Al23 を含むMgO系廃レンガを
添加することによってスラグ溶融物の流動を増大させる
ことが出来、その分Ca F2 の使用量を減らすことが出
来る。
【0008】上記MgO系廃レンガは通常造滓材中に7
〜15重量%程度混合される。
【0009】
【実施例】70tスケールの取鍋においてSCM−41
8の炉外精錬を行なう。脱〔S〕,脱〔O〕用の造滓材
として下記の組成のものを用いる。 *該廃レンガはMgO−Al23 −C系耐火物とMgO
−C系耐火物とを1:1に混合したものを用いた。 上記炉外精錬によって30分後の溶鋼の〔O〕は本発明
品および従来品ともに200〜300ppm から10〜1
5ppm に低下し、取鍋耐火物のスラグラインにおける耐
用回数も本発明品および従来品ともに50回であった。
【0010】
【発明の効果】したがって本発明においては、溶鉱炉耐
火物の溶損を防止するために造滓材に添加するMgO源
として製鋼用MgO系廃レンガを利用するので、MgO
源の価格も大巾に低減され、また該廃レンガの廃棄処理
の手間も省けるし、Al23 を含む廃レンガを使用する
場合には造滓材中のCa F2 量を減らすことも出来る。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】製鋼用MgO系廃レンガをMgO源として
    混合したことを特徴とする造滓材
JP35956991A 1991-12-27 1991-12-27 造滓材 Withdrawn JPH05179333A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP35956991A JPH05179333A (ja) 1991-12-27 1991-12-27 造滓材

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP35956991A JPH05179333A (ja) 1991-12-27 1991-12-27 造滓材

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH05179333A true JPH05179333A (ja) 1993-07-20

Family

ID=18465177

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP35956991A Withdrawn JPH05179333A (ja) 1991-12-27 1991-12-27 造滓材

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH05179333A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001152237A (ja) * 1999-11-24 2001-06-05 Kawasaki Steel Corp 炭素含有耐火物屑を用いる溶鋼の精錬方法
JP2009019249A (ja) * 2007-07-13 2009-01-29 Jfe Steel Kk 取鍋の漏鋼防止方法
JP2013129888A (ja) * 2011-12-22 2013-07-04 Jfe Steel Corp 脱硫剤及びその脱硫剤を用いた溶銑の脱硫処理方法、並びに、耐火物を併用した溶銑の脱硫処理方法

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001152237A (ja) * 1999-11-24 2001-06-05 Kawasaki Steel Corp 炭素含有耐火物屑を用いる溶鋼の精錬方法
JP2009019249A (ja) * 2007-07-13 2009-01-29 Jfe Steel Kk 取鍋の漏鋼防止方法
JP2013129888A (ja) * 2011-12-22 2013-07-04 Jfe Steel Corp 脱硫剤及びその脱硫剤を用いた溶銑の脱硫処理方法、並びに、耐火物を併用した溶銑の脱硫処理方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA1290574C (en) Method of making steel
US4010027A (en) Processes for steel making by oxygen refining of iron
JP4184884B2 (ja) 鋼の脱硫精錬用造滓材
JPH05339615A (ja) 製鋼廃れんがの有効活用方法
JPH05179333A (ja) 造滓材
JP2002053351A (ja) 無害化ステンレススラグとその製造方法
CA1321075C (en) Additive for promoting slag formation in steel refining ladle
JP3668087B2 (ja) ステンレス鋼の高清浄化精錬方法
JP3353550B2 (ja) 転炉耐火物溶損抑制方法
RU2104310C1 (ru) Способ выплавки стали
JPS6286111A (en) Calcia refractory composition for refining and desulfurization method using said composition
JPH06116617A (ja) 溶鋼処理槽へMgO耐火物を使用する方法
JPH04325451A (en) Castable composition
KR810002042B1 (ko) Aod로의 라이닝의 수명을 연장하는 방법
JPH04224147A (en) Manufacture of raw material for ultra high-speed-hardening cement reforming slag
JP3177267B2 (ja) 鉄ークロム合金の製造方法
RU1838030C (ru) Шлакообразующа смесь дл непрерывной разливки стали
RU2215042C1 (ru) Способ обработки шлака, выпускаемого из доменной печи
SU823436A1 (ru) Шлакообразующа смесь дл выплавкиСиНТЕТичЕСКОгО шлАКА
JPH04325450A (en) Castable composition
SU900946A1 (ru) Шлакообразующа порошкообразна смесь
SU145725A1 (ru) Синтетический шлак дл футеровки прибыльных надставок
SU691497A1 (ru) Способ выплавки стали
SU1666268A1 (ru) Шлакообразующа смесь
RU2122587C1 (ru) Способ передела ванадиевых чугунов в сталеплавильных агрегатах

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 19990311