JPH05133678A - 断熱箱 - Google Patents

断熱箱

Info

Publication number
JPH05133678A
JPH05133678A JP29947291A JP29947291A JPH05133678A JP H05133678 A JPH05133678 A JP H05133678A JP 29947291 A JP29947291 A JP 29947291A JP 29947291 A JP29947291 A JP 29947291A JP H05133678 A JPH05133678 A JP H05133678A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
frame
box
heat insulating
corner
heat
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP29947291A
Other languages
English (en)
Inventor
Atsushi Hasegawa
Koichi Kasai
Naochika Kokubo
Hiroshi Komachi
尚躬 小久保
洋 小町
弘一 笠井
敦 長谷川
Original Assignee
Nippondenso Co Ltd
日本電装株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippondenso Co Ltd, 日本電装株式会社 filed Critical Nippondenso Co Ltd
Priority to JP29947291A priority Critical patent/JPH05133678A/ja
Publication of JPH05133678A publication Critical patent/JPH05133678A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 移動用として使用するような場合でも十分な
強度を確保することができ、且つ汎用性にも優れた断熱
箱を提供すること。 【構成】 断熱箱1は、各角部に配置されるコーナ部材
2と、断熱箱1の骨組を構成するフレーム3とによって
ラーメン構造を成し、フレーム3によって形成される各
枠内には、断熱パネル4が気密に組込まれている。断熱
箱1の背面に配される断熱パネル4aには、冷凍機ユニ
ットの室外機8および室内機が組み付けられ、断熱箱1
の前面に配される断熱パネル4bは、冷蔵庫のドアを成
すものである。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、冷凍庫、冷蔵庫等の箱
体を構成する断熱箱に関する。
【0002】
【従来の技術】従来より、断熱箱の製造方法としては、
鋼板やアルミ板等で箱体の枠組をつくり、その枠内に断
熱材(ウレタン)を一体発泡させて製造する方法と、必
要な寸法に切断された断熱パネル材を組み合わせて製造
する方法とがある。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところが、断熱材を一
体発泡させて製造する場合には、断熱箱の構造が複雑で
あることから製造工程が増大する。また、箱体の大きさ
が多岐に渡る場合には、汎用性に乏しいことからコスト
高になる等の課題を有している。一方、切断された断熱
パネル材を組み合わせて製造する場合には、断熱パネル
をただ単に結合しているだけであるため、箱体としての
強度が低く、例えば、移動用冷蔵庫として使用する場合
等には不適合である。本発明は、上記事情に基づいて成
されたもので、その目的は、移動用として使用するよう
な場合でも十分な強度を確保することができ、且つ汎用
性にも優れた断熱箱を提供することにある。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明は、上記目的を達
成するために、箱体の角部に配置されるコーナ部材と、
対向する前記コーナ部材に接合されて前記箱体の骨組を
構成する中空状のフレームと、このフレームで形成され
る各枠内に気密に組み込まれて、前記箱体の各面を構成
する断熱パネルとから成ることを技術的手段とする。ま
た、前記箱体の一面を構成する前記断熱パネルには冷凍
機ユニットが取り付けられ、前記箱体の他の一面を構成
する前記断熱パネルは、前記箱体を開閉可能に組付けら
れたことを技術的手段とする。
【0005】
【作用】上記構成より成る本発明は、箱体の角部に配置
されたコーナ部材と、箱体の骨組を構成するフレームと
によってラーメン構造体が形成され、そのラーメン構造
体の各枠内には、断熱パネルが気密に組み込まれて断熱
箱が形成される。この断熱箱は、ラーメン構造体を成す
ことで、移動用としても十分な強度を得ることができる
とともに、各フレームが中空状に形成されていることか
ら、軽量化を図ることができる。また、この断熱箱を冷
蔵庫あるいは冷凍庫として使用するために、箱体の一面
(例えば背面)を構成する断熱パネルには冷凍機ユニッ
トが取り付けられ、箱体の他の一面(例えば前面)を構
成する断熱パネルは、ドアとして箱体を開閉可能に組付
けられている。
【0006】
【実施例】次に、本発明の断熱箱の一実施例を図1ない
し図6を基に説明する。図1は断熱箱の分解斜視図であ
る。本実施例の断熱箱1は、移動用冷蔵庫を形成するも
ので、直方体を成す断熱箱1の各角部に配置されるコー
ナ部材2と、断熱箱1の骨組を構成するフレーム3とに
よって、ラーメン構造(図2参照・ラーメン構造体の斜
視図)を成し、フレーム3によって形成される各枠内に
は、断熱箱1の各面を構成する断熱パネル4が気密に嵌
め合わされている。
【0007】コーナ部材2は、樹脂製で、図3(コーナ
部材2の斜視図)に示すように、3方向にフレーム3と
の接合用嵌合部2aが形成されている。この嵌合部2a
は、各方向にそれぞれ2か所ずつ形成されている。フレ
ーム3は、図2に示すように、断熱箱1の柱を成す4本
の長いフレーム3aと、断熱箱1の天井枠および床枠を
形成する8本の短いフレーム3bより成る。各フレーム
3は、樹脂製で、図4(コーナ部材2に接合された状態
を示すフレーム3の斜視図)に示すように、断面形状が
中空状の角8の字形を呈し、その両端部がコーナ部材2
の嵌合部2aに嵌め合わされて、コーナ部材2と接着に
より接合されている。
【0008】断熱パネル4は、フレーム3で形成される
各枠内の段差部に組み込まれて、断熱箱1の天井面と床
面、背面、前面、および両側面を構成するもので、それ
ぞれ必要な大きさに切断されている。断熱パネル4の各
端面には、図5(フレーム3と断熱パネル4との組付け
状態を示す断面図)に示すように、断面コの字形を呈す
る枠材5が嵌め合わされてリベット(図示しない)によ
り固定されている。そして、断熱箱1の前面以外に配さ
れる断熱パネル4の各枠材5には、適宜な箇所にナット
6が埋め込まれている。断熱箱1の前面以外に配される
断熱パネル4は、フレーム3によって形成される各枠内
に嵌め込まれた後、各枠材5に埋め込まれたナット6に
ボルト7を締め付けて固定されている。
【0009】断熱箱1の背面に配される断熱パネル4a
には、図6(冷凍機ユニットおよびドアの組付け状態を
示す断面図)に示すように、その外壁面(図6下側面)
に冷凍機ユニットの室外機8が組付けられ、内壁面(図
6上側面)に冷凍機ユニットの室内機9が組付けられて
いる。この室外機8および室内機9は、それぞれフラン
ジ部8a、9aを備え、室外機8に設けられたフランジ
部8aを金属製ブラケット10で押さえながら、ボルト
11の締め付けにより固定されている。断熱箱1の前面
に配される断熱パネル4bは、冷蔵庫のドアを成すもの
で、ヒンジ金具12を介して、柱を成す1本のフレーム
3aに、ボルト13によって締め付け固定されている。
【0010】この断熱箱1は、骨組を成すフレーム3の
各接点が、コーナ部材2によって剛に接合されたラーメ
ン構造体であることから、本実施例のように移動用冷蔵
庫として使用する場合でも十分な強度を確保することが
できる。また、コーナ部材2とフレーム3とでラーメン
構造体を形成した後に、フレーム3で形成される各枠内
に断熱パネル4を固定する構造であることから、メンテ
ナンスを容易に行なうことができる。さらには、フレー
ム3の長さを変えることで、ラーメン構造体の大きさを
自由に変更することができるため、数種類のフレーム3
と断熱パネル4との組み合わせを用意しておくことで、
各種サイズの断熱箱1に対応することができ、汎用性が
向上する。
【0011】本実施例では、フレーム3の断面形状を中
空状の角8の字形としたことにより、フレーム3で形成
された各枠内の段差部に嵌め込まれた各断熱パネル4
は、枠材5の背面側および室内側の2面でフレーム3と
接触することになりシール性が向上する。その結果、空
気洩れ、およびヒートブリッジが低減することから、断
熱性能の向上を実現することができる。また、コーナ部
材2およびフレーム3を共に樹脂製とし、且つフレーム
3を中空状としたことにより、従来の移動用冷蔵庫と比
較して軽量化を図ることができる。
【0012】次に、本発明の第2実施例を説明する。図
7はフレーム3と断熱パネル4との組付け状態を示す断
面図である。本実施例の断熱箱1は、断熱パネル4とフ
レーム3とを固定するボルト7を、フレーム3内に埋め
込むことで、ボルト7の頭部がフレーム3より飛び出す
のを防止したものである。これにより、断熱箱1の積み
重ねが容易になる。
【0013】次に、本発明の第3実施例を説明する。図
8はフレーム3と断熱パネル4との組付け状態を示す断
面図である。本実施例の断熱箱1は、フレーム3の断面
形状が、図8に示すように、角部を面取りした多角形状
とされ、且つ外壁面がテーパ仕上げとされている。断熱
パネル4は、第1実施例で示した枠材5が省略されてお
り、フレーム3で形成される枠内に嵌め込んだ後、断熱
箱1のコーナ部に配されるコーナフレーム14によって
フレーム3との間に挟み込まれ、ボルト15によって締
め付け固定される。なお、フレーム3の角壁には、ボル
ト15が螺着される雌ねじが形成されている。このよう
に、本実施例では、フレーム3と断熱パネル4とを直接
固定するためのボルト(第1実施例で示すボルト7)が
不要であるため、当然にボルト頭部の飛び出しがなく、
上記第2実施例と同様に断熱箱1の積み重ねが容易にな
る。
【0014】次に、本発明の第4実施例を説明する。図
9は断熱箱1のコーナ部を示す斜視図である。本実施例
の断熱箱1は、コーナ部材2として、図9に示すよう
な、金属製のコーナパイプ2bが使用され、フレーム3
には、中空円筒部16が形成されて、その中空円筒部1
6に補強材としての金属パイプ17が挿入されている。
そして、フレーム3の端部より突出する金属パイプ17
の端部をコーナパイプ2bに差し込み、両者(コーナパ
イプ2b、金属パイプ17)を溶接により接合すること
でフレーム3とコーナパイプ2bとの組付けが行なわれ
る。断熱パネル4の固定は、第1実施例と同様に、ボル
ト7により固定する(図10参照・図9に示すコーナ部
の断面図)。なお、コーナ部の隙間は、断熱材(図示し
ない)を埋め込んだ後、図9に示すようなコーナ金物1
8にてカバーする。
【0015】
【発明の効果】本発明の断熱箱は、骨組を成すフレーム
の各節点が、コーナ部材によって剛に接合されたラーメ
ン構造体であることから、断熱箱を移動用冷蔵庫として
使用するような場合でも、十分な強度を確保することが
できる。また、コーナ部材を共通として、必要なフレー
ムの長さを変えることで、ラーメン構造体の大きさを変
更することができる。従って、数種類のフレームと断熱
パネルとの組み合わせを用意しておくことで、各種サイ
ズの断熱箱に対応することができ、汎用性が向上する。
【図面の簡単な説明】
【図1】断熱箱の分解斜視図である。
【図2】ラーメン構造体の斜視図である。
【図3】コーナ部材の斜視図である。
【図4】コーナ部材に接合された状態を示すフレームの
斜視図である。
【図5】フレームと断熱パネルとの組付け状態を示す断
面図である。
【図6】冷凍機ユニットおよびドアの組付け状態を示す
断面図である。
【図7】本発明の第2実施例を示すフレームと断熱パネ
ルの組付け状態を示す断面図である。
【図8】本発明の第3実施例を示すフレームと断熱パネ
ルの組付け状態を示す断面図である。
【図9】本発明の第4実施例を示す断熱箱のコーナ部の
斜視図である。
【図10】図9に示すコーナ部の断面図である。
【符号の説明】
1 断熱箱 2 コーナ部材 3 フレーム 4 断熱パネル 8 室外機(冷凍機ユニット) 9 室内機(冷凍機ユニット)
フロントページの続き (72)発明者 笠井 弘一 愛知県刈谷市昭和町1丁目1番地 日本電 装株式会社内

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】a)箱体の角部に配置されるコーナ部材
    と、 b)対向する前記コーナ部材に接合されて前記箱体の骨
    組を構成する中空状のフレームと、 c)このフレームで形成される各枠内に気密に組み込ま
    れて、前記箱体の各面を構成する断熱パネルと から成る断熱箱。
  2. 【請求項2】前記箱体の一面を構成する前記断熱パネル
    には冷凍機ユニットが取り付けられ、前記箱体の他の一
    面を構成する前記断熱パネルは、前記箱体を開閉可能に
    組付けられたことを特徴とする請求項1記載の断熱箱。
JP29947291A 1991-11-15 1991-11-15 断熱箱 Pending JPH05133678A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP29947291A JPH05133678A (ja) 1991-11-15 1991-11-15 断熱箱

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP29947291A JPH05133678A (ja) 1991-11-15 1991-11-15 断熱箱

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH05133678A true JPH05133678A (ja) 1993-05-28

Family

ID=17873021

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP29947291A Pending JPH05133678A (ja) 1991-11-15 1991-11-15 断熱箱

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH05133678A (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2006011112A1 (en) * 2004-07-21 2006-02-02 Arcelik Anonim Sirketi An insulated unit
JP2011247535A (ja) * 2010-05-28 2011-12-08 Toshiba Consumer Electronics Holdings Corp 冷蔵庫の断熱箱体
JP2012504741A (ja) * 2008-09-30 2012-02-23 サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック・(アシュヴィル)・エルエルシー 超低温フリーザーのためのモジュール式キャビネット
JP2012255629A (ja) * 2011-06-10 2012-12-27 Toshiba Corp 冷蔵庫
JP2013002679A (ja) * 2011-06-14 2013-01-07 Toshiba Corp 冷蔵庫
EP2789945A4 (en) * 2011-12-07 2015-07-15 Toshiba Kk INSULATION CABINET
KR101595803B1 (ko) * 2014-11-19 2016-02-19 (주)명진금속 공기조화기 케이스용 모서리 연결장치 및 이를 갖는 공기조화기 케이스

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2006011112A1 (en) * 2004-07-21 2006-02-02 Arcelik Anonim Sirketi An insulated unit
JP2012504741A (ja) * 2008-09-30 2012-02-23 サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック・(アシュヴィル)・エルエルシー 超低温フリーザーのためのモジュール式キャビネット
US8931300B2 (en) 2008-09-30 2015-01-13 Thermo Fisher Scientific (Asheville) Llc Modular cabinet for ultra-low temperature freezer
JP2011247535A (ja) * 2010-05-28 2011-12-08 Toshiba Consumer Electronics Holdings Corp 冷蔵庫の断熱箱体
JP2012255629A (ja) * 2011-06-10 2012-12-27 Toshiba Corp 冷蔵庫
JP2013002679A (ja) * 2011-06-14 2013-01-07 Toshiba Corp 冷蔵庫
EP2789945A4 (en) * 2011-12-07 2015-07-15 Toshiba Kk INSULATION CABINET
KR101595803B1 (ko) * 2014-11-19 2016-02-19 (주)명진금속 공기조화기 케이스용 모서리 연결장치 및 이를 갖는 공기조화기 케이스

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA1310461C (en) Prefabricated panel having a joint thereon
US8615942B2 (en) Metal header frame for a building wall
US8602251B2 (en) Wall structure of large-sized refrigerated storage and construction method thereof
US4910932A (en) Modular building system
US5349800A (en) Ceiling frame joint structure
US6988344B1 (en) Modular wall structural elements, and methods of using same
FI70284C (fi) Skarvanordning foer vaeggar luckor och liknande
US4074489A (en) Wall panel assembly
US5765330A (en) Pre-insulated prefab wall panel
US4922676A (en) Closure and seal for prefabricated building panels
US5848508A (en) Core for a patio enclosure wall and method of forming thereof
US3323819A (en) Structural joints
US6523322B1 (en) Method for building construction
US4558797A (en) Storage unit module
US6854228B2 (en) Prefabricated sealed composite insulating panel and method of utilizing same to insulate a building
US3640039A (en) Building structure
US20020020120A1 (en) Modular exhibit panel and locking system
US20020139079A1 (en) Clip framing system
US7621589B1 (en) Panels for a walled enclosure
US7155874B2 (en) Tubular structure and modular building assembly using the same
US5218803A (en) Method and means for reinforcing a steel stud wall
US6481172B1 (en) Structural wall panels
US6205738B1 (en) Frame for forming a housing of a group of air-handling units
US5435110A (en) Method of joining of hollow framework and associated frame assembly
US5204149A (en) Method and apparatus for making double wall containers