JPH0510045A - 立体駐車場 - Google Patents

立体駐車場

Info

Publication number
JPH0510045A
JPH0510045A JP19111791A JP19111791A JPH0510045A JP H0510045 A JPH0510045 A JP H0510045A JP 19111791 A JP19111791 A JP 19111791A JP 19111791 A JP19111791 A JP 19111791A JP H0510045 A JPH0510045 A JP H0510045A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
elevator
floor
parking
spiral
spiral floor
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP19111791A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2939774B2 (ja
Inventor
Kenichi Kaneko
研一 金子
Toshihiko Bessho
俊彦 別所
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Taisei Corp
Original Assignee
Taisei Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Taisei Corp filed Critical Taisei Corp
Priority to JP19111791A priority Critical patent/JP2939774B2/ja
Publication of JPH0510045A publication Critical patent/JPH0510045A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2939774B2 publication Critical patent/JP2939774B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 (修正有) 【目的】 狭い用地に多数の自動車を駐車させることが
できる駐車場を提供することを目的とする。 【構成】 下り勾配の螺旋床2上に、台車3を利用して
自動車を駐車する。出車時にのみ螺旋床2の中央のエレ
ベータ1を利用する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、地下式あるいは地上式
の立体駐車場に関するものである。
【0002】
【従来の技術】都市部における地価の高騰から、駐車場
の不足が大きな問題となっている。そのためにビル全体
の床を駐車場として、運転手自身が駐車のできる場所を
探して駐車する方式と、ゴンドラを回転させて自動車を
吊り上げて駐車させる方式とが広く利用されている。
【0003】
【発明が解決しようとする問題点】しかし前記した従来
の立体駐車場にあっては、次のような問題点がある。 <イ>前者の方法では出入りのための自動車の通路を全
面に分散して配置しなければならず、広い面積を必要と
するものである。さらに運転者自身が空いているスペー
スを探す方式であるから、駐車するまでに長い時間がか
かる。 <ロ>後者のゴンドラ方式では、駐車のたび、出車のた
びに全自動車を搭載したゴンドラを回転させなければな
らず、長い待ち時間を必要とする。しかもそのたびにす
べての自動車を動かさなければならず多大な動力費がか
かる。さらに1台の移動ごとにゴンドラの回転を要する
から、駐車と出車とを同時に行うことができないという
点でも不便である。また大規模なゴンドラを設置して
も、その規模や建設投資額に比較して駐車できる自動車
の数は少ない。
【0004】
【本発明の目的】本発明は上記のような問題を改善する
ためになされたもので次のような立体駐車場を提供する
ことを目的とする。 <イ>自動車の出入りのための通路面積を必要としな
い、用地の利用効率のよい立体駐車場。 <ロ>駐車、出車のためにすべての自動車を移動させる
必要のない経済的な立体駐車場。 <ハ>駐車のたびに運転者が自分で空いたスペースを探
すといった作業を行う必要のない立体駐車場。 <ニ>駐車する自動車と、出車する自動車とが別のルー
トを通ることによって、駐車と出車とを同時に平行して
行うことのできる立体駐車場。
【0005】
【問題点を解決するための手段】すなわち本発明は、自
動車を垂直方向に運搬するエレベータと、このエレベー
タの周囲に設置した床面であって、エレベータを包囲す
る状態で螺旋状に設けた螺旋床と、前後と左右方向への
走行が可能であって、その上部に自動車を搭載する運搬
台車とよりなり、運搬台車はエレベータから螺旋床への
出入りと、螺旋床上を自重によって下方への移動が可能
なように構成した立体駐車場である。
【0006】
【本発明の構成】以下図面を参照しながら本発明につい
て説明する。 <イ>エレベータ 本発明の立体駐車場の中央には、エレベータ1を設置す
る。このエレベータ1は、駐車中の自動車を出車する際
に、1台の自動車を垂直方向に運搬することを目的とす
る。したがってこのエレベータ1の面積は1台の自動車
運搬用の台車程度の小さい規模のものでよい。
【0007】<ロ>螺旋床 このエレベータ1の周囲には、エレベータ1を包囲する
状態で床面を設ける。しかしこの床面は水平に階層を区
切る床ではなく、緩やかな傾斜によって螺旋状に連続し
た螺旋床2として構成する。螺旋床2の中央にはエレベ
ータ1用のホールが開口しているから、後述する台車の
落下防止のために出車の信号によって開閉する落下防止
用のゲートを設けておく。
【0008】<ハ>ガイドレール 螺旋床2にはガイドレール4を付設する。このガイドレ
ール4は螺旋床2が形成する曲線の円心へ向かう方向の
レールと、螺旋床2が形成する螺旋曲線と平行方向のレ
ールとによって構成する。螺旋床2の床面が傾斜してい
るから、エレベータ1の床面も同じ勾配で傾斜したもの
を使用し、ガイドレール4上の台車(後述)が螺旋床2
からエレベータ1へそのまま乗り込めるように構成す
る。
【0009】<ニ>自動車運搬用の台車 台車3はその上に自動車を搭載して運搬するために使用
する。この台車3の下面には車輪を設けるが、この車輪
は前後と左右方向への走行が可能であるように構成す
る。具体的には車輪を台車3の下面から出入り自在でか
つ角度を90度変更可能に構成する。こうした車輪の出
入りや、方向の変更は、車輪を支持する軸に設けたジャ
ッキと、回転状態を検知するセンサーによって行う。
【0010】
【使用方法】次に上記の立体駐車場の使用方法について
説明する。 <イ>駐車する場合 自動車を螺旋床2上の台車3に搭載する。すると台車3
は前記したように下面に車輪があり、螺旋床2にはガイ
ドレール4が付設してあり、さらに螺旋床2には下り勾
配が形成してある。したがって、台車3はその自重によ
って螺旋床2の傾斜に沿って徐々に下降してゆく。この
場合にガイドレール4と車輪との間には制動機構を設け
るか、あるは車輪自体に抵抗を設けておき、下降する速
度が上昇しすぎないように構成する。こうして台車3は
空いている螺旋床2を走行し、前の台車3が停車してい
る最後尾に到着して停止する。この場合に、停車位置を
一定に範囲に固定するためには、例えば螺旋床2の面に
出入り自在のフックを設ける。そして台車3が移動して
くるとフックを突出させ、このフックで台車3を係合さ
せ、移動の際にはフックを床面に引っ込めるといった構
成を採用することもできる。このようにして駐車しよう
とする自動車はその自重によって順次間隔を詰めて順序
よく最後尾へ駐車してゆくことになる。
【0011】<ロ>出車 自動車を出したい場合にはそのエレベータ1と台車3に
出車信号を送る。するとまず自動車を搭載した台車3の
位置にエレベータ1が到着する。次に台車3の前の落下
防止ゲートが開扉し、台車3がエレベータ1内に押し出
される。(図2)台車3を搭載したエレベータ1は出口
まで昇降し、台車3ごと自動車を外部に押し出す。以上
で出車は終了するが、出車した跡には螺旋床2では台車
3の1台分の空間ができる。(図3)するとその空間よ
りも上の台車3が自重によって順番に床面を下降してく
る。(図4)このようにして無駄な空間はすぐに上方の
台車によって埋められ、一切無駄な空間を発生させな
い。
【0012】
【本発明の効果】本発明は以上説明したようになるから
次のような効果を得ることができる。 <イ>自動車の運転手が自分で駐車場所を探す方式に比
較して、自動車の通路がまったく不要であるから用地を
きわめて効率よく利用することができる。 <ロ>新たな駐車場所は常に駐車群の最後部であり、ゴ
ンドラ方式のように空間を探して大規模な装置を移動さ
せる必要がない。したがって駐車の処理の速度がきわめ
て早い。 <ハ>空間は自動的に順次埋めて行く構成であるから、
空間があるのに満車の表示をするといった不経済な現象
が発生しない。 <ニ>駐車する場合は台車の自然な下降を利用するから
特別な動力を必要とせずきわめて経済的である。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の立体駐車場の断面図
【図2】本発明の立体駐車場の平面図
【図3】駐車状態の説明図
【図4】駐車状態の説明図

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 自動車を垂直方向に運搬するエレベータ
    と、 このエレベータの周囲に設置した床面であって、エレベ
    ータを包囲する状態で螺旋状に設けた螺旋床と、 前後と左右方向への走行が可能であって、その上部に自
    動車を搭載する運搬台車とよりなり、 運搬台車はエレベータから螺旋床への出入りと、螺旋床
    上を自重によって下方への移動が可能なように構成し
    た、 立体駐車場
JP19111791A 1991-07-05 1991-07-05 立体駐車場 Expired - Fee Related JP2939774B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19111791A JP2939774B2 (ja) 1991-07-05 1991-07-05 立体駐車場

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19111791A JP2939774B2 (ja) 1991-07-05 1991-07-05 立体駐車場

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0510045A true JPH0510045A (ja) 1993-01-19
JP2939774B2 JP2939774B2 (ja) 1999-08-25

Family

ID=16269153

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP19111791A Expired - Fee Related JP2939774B2 (ja) 1991-07-05 1991-07-05 立体駐車場

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2939774B2 (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102277991A (zh) * 2011-05-12 2011-12-14 李忠礼 智能化螺旋提升塔式立体车库
WO2015012802A1 (en) * 2013-07-23 2015-01-29 Dezer Gil Passenger and vehicle elevator system
US9016999B2 (en) 2012-02-06 2015-04-28 Gil Dezer Passenger and vehicle elevator system
US9765546B2 (en) 2012-02-06 2017-09-19 Gil Dezer Passenger and vehicle elevator system
CN111155811A (zh) * 2019-12-25 2020-05-15 佛山市高明区安承升降装备研究院 一种带电梯的共享汽车存取系统

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104631890A (zh) * 2015-01-16 2015-05-20 东南大学 一种立体车库

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102277991A (zh) * 2011-05-12 2011-12-14 李忠礼 智能化螺旋提升塔式立体车库
US9016999B2 (en) 2012-02-06 2015-04-28 Gil Dezer Passenger and vehicle elevator system
US9255420B2 (en) 2012-02-06 2016-02-09 Gil Dezer Passenger and vehicle elevator system
US9765546B2 (en) 2012-02-06 2017-09-19 Gil Dezer Passenger and vehicle elevator system
WO2015012802A1 (en) * 2013-07-23 2015-01-29 Dezer Gil Passenger and vehicle elevator system
CN105517938A (zh) * 2013-07-23 2016-04-20 G·德泽 乘客和车辆电梯系统
CN111155811A (zh) * 2019-12-25 2020-05-15 佛山市高明区安承升降装备研究院 一种带电梯的共享汽车存取系统

Also Published As

Publication number Publication date
JP2939774B2 (ja) 1999-08-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN102828640B (zh) 一种多停车道多载车板的塔式立体车库
CN1772541B (zh) 一种自主转向悬挂式独轨车
CN207499545U (zh) 智能搬运垂直升降横移类停车设备
CN106088718B (zh) 一种双通道垂直循环式立体车库
CN100532765C (zh) 旋转式载车板一车位停二车装置
CN103362339B (zh) 大容量城市专用塔型停车库
CN205990805U (zh) 一种路边立体停车装置
JPH0510045A (ja) 立体駐車場
CN201217961Y (zh) 立体车库
CN105604368B (zh) 跑道型立体车库及其控制方法
CN107859396A (zh) 一种新型垂直升降车库
CN106193730A (zh) 一种路边立体停车装置
CN107288387A (zh) 一种半地半轨式立体车库横移机构
CN215331780U (zh) 一种椭圆形梳齿式停车设备
CN108149968A (zh) 一种自行车立体停车库
CN203394127U (zh) 一种大容量城市专用塔型停车库
CN207260678U (zh) 一种半地半轨式立体车库横移机构
JP2942944B2 (ja) 駐車塔のターン装置
CN110512923A (zh) 一种泊车平台及使用该泊车平台的停车场
NL2032985B1 (en) Stereo Car-bicycle-hybrid Three-dimensional Parking Garage
CN109057430B (zh) 共享单车摆放装置
RU2241812C2 (ru) Многоярусный гараж для парковки и стоянки легковых автомобилей
JP2533799B2 (ja) 搬送装置
CN207944753U (zh) 位于地下车位上的双层立体车库
CN106401229A (zh) 一种汽车空中停车架

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees