JPH04131447A - ビルの建設方法及び建設用搬送装置 - Google Patents

ビルの建設方法及び建設用搬送装置

Info

Publication number
JPH04131447A
JPH04131447A JP25028990A JP25028990A JPH04131447A JP H04131447 A JPH04131447 A JP H04131447A JP 25028990 A JP25028990 A JP 25028990A JP 25028990 A JP25028990 A JP 25028990A JP H04131447 A JPH04131447 A JP H04131447A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
building
crane
roof floor
core
floor
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP25028990A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2703102B2 (ja
Inventor
Takeji Matsumoto
松本 竹二
Hiroki Muramoto
村本 廣毅
Yoshinori Mukoya
向谷 美徳
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mitsubishi Heavy Industries Ltd
Original Assignee
Mitsubishi Heavy Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Heavy Industries Ltd filed Critical Mitsubishi Heavy Industries Ltd
Priority to JP25028990A priority Critical patent/JP2703102B2/ja
Publication of JPH04131447A publication Critical patent/JPH04131447A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2703102B2 publication Critical patent/JP2703102B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Conveying And Assembling Of Building Elements In Situ (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本発明は、高層ビルの建設に好適なビルの建設方法、及
び同ビル建設製体部材の搬送装置に係るものである。
(従来の技術) 一般に高層ビルの建設は、クライミングクレーンを使用
して柱、梁、床等のビル製体部材を地上から吊上げ下層
階から上層階へ順次積上げ建付ける方法で行なわれてい
る。また、この種ビルの建設作業を天候に左右されずに
行なえるようにするため、建設されるビルの屋根付き最
上階を一階高さ以上のストロークの下向きシリンダを仮
設柱として本設柱上に取付け、一部の同下向きシリンダ
の一部を縮めて本設柱部材を挿入接続し、全シリンダの
下に本設柱を挿入接続し終えたのち、全シリンダを一斉
に伸長して屋根組をジヤツキアップする工程を繰返す工
法が特開平2−70844において提案されている。
(発明が解決しようとする課I) 上記従来の方法、特に後者の場合はN根と囲いとが設け
られることによって、風雨時、夜間時にも作業ができる
ようになり、工期を短縮する効果があるが、1つの垂直
搬送装置で一部材ずつ部材を運び上げ、一部材ずつ順々
に積上げ建造していくから、作業時間全体の時間短縮は
あまり期待できないという問題がある。
本発明はこのような実情に鑑みて提案されたもので、そ
の目的とする処は、作業性が向上され、作業の安全性が
確保されるビルの建設方法及びビル建設用の搬送装置を
提供する点にある。
(課題を解決するための手段) 前記の目的を達成するため、本発明に係るビル建設方法
によれば、建設すべきビルのコア部を除く屋上階を予め
地上で組立てるとともに、同屋上階上にコア部建付用の
屋上クレーンを設置し、かつ同屋上階梁下にビルのコア
部以外の一般部分建付用の搬送装置を設置し、上記屋上
階上の屋上クレンによって建設すべきビルのコア部を先
行して基礎上に建付け、同基礎上に建付けられた前記コ
ア部を支点として前記屋上階をジヤツキアップし、同屋
上階上の屋上クレーン及び屋上階梁下の搬送装置によっ
てビルのコア部及び一般部を積上げ建造し、次いで屋上
階をジヤツキアップし、以下前記の工程を反覆するもの
である。
また本発明に係るビル建設用搬送装置は、建設すべきビ
ルのコア部を支点としてジヤツキアップされるビル屋上
階から外側へ片持状に張出した仮設部分と同屋上階の各
梁下に亘って敷設された軌条に沿って走行し、かつ自走
型横行巻上トロリを搭載した天井走行クレーンと、同天
井走行クレーンのトロリか横行乗入れ可能なように上記
天井走行クレーンと平行に走行するよう同天井走行クレ
ーンと隣接して上記屋上階梁下に配置された天井クレー
ン走行機体と構成されている。
(作用) 本発明では予め所定の建材位置で建設すべきビルのコア
部を除く屋上階が組立てられ、この屋上階上にはビルの
コア部建付用クレーンとして地上から屋上階へ部材搬送
が可能な屋上クレーンを、また屋上階の梁下にコア部以
外のビルの一般部分建付用の搬送装置を装備する。屋上
階上に取付けた屋上クレーンを用いてビルのコア部を所
定の建材位置の基礎上に先行して所要階高さ分建込け、
このコア部を支点としジヤツキアップ装置を介し屋上階
を所要階高さ分上昇させる。この高さ装置で屋上階に設
置された上記屋上クレーンでコア部を地上から吊上げ、
既設のコア部上に建付け、同時に屋上階梁下に設置した
搬送装置で、地上からコア部以外のビルの一般部の部材
を吊上げ搬送してコア部に隣接させて建付け、再び屋上
階をジヤツキアップさせ、以上の工程を反覆してビルを
特徴する 請求項2の発明によれば、上記屋上階及び同屋上階から
外側に片持状に張出した仮設部分の各梁下に敷設された
軌条部に沿って走行する天井走行クレーン機体上の巻上
トロリにより、地上から部材を梁下高さへ吊上げ、天井
クレーンを走行させて水平に搬送して天井クレーン自身
の走行エリヤ内の建付けを行ない、同天井クレーンに並
行して隣接する天井クレーン走行機体のエリヤ内の部材
は、前記天井クレーンをその隣りの天井クレーン走行機
体と位置合わせして停止し、同走行機体に前記天井クレ
ーンの巻上トロリを移乗させ、同走行機体の走行で建付
けを行ない、屋上階梁下の全域に亘って建付けを行なう
ものである。
(実施例) 以下本発明を図示の実施例について説明する。
第1図乃至第3図は本発明の第1の実施例を示す。図に
おいて(1)は建設されるビル、(2)はビル(1)の
4隅に配置されたコア部、(3)はコア部(2)に隣接
するビルのコア部以外の一般部分、(4)はビルの本設
柱、(5)は本設梁、(6)はコア部における本設柱梁
間に配設されたコア部補強用プレース、(7)は予め地
上で組立てられたのち4隅のコア部(2)に後述のジヤ
ツキアップ装置(8)を係合させて昇降可能に支持した
ビルの屋上階、(9)は屋上階(7)の屋上中央に設置
したコア部速行用のジグクレーンよりなる屋上クレーン
、(10)は屋上階の梁下に設けた後述のピル一般部分
速行用の搬送装置である。
第4図及び第5図は前記ジヤツキアップ装置(8)を示
しコア部(2)の本設梁(5)に支持させて取付けた一
階高さ単位のビン孔(11)付き断面コ字状のガイド柱
(12)と、屋上階(7)の対応する個所に上記ガイド
柱(12)内に間隙を保って嵌合するよう突出させたジ
ヤツキ取付部(13)に上端を固定して取付けた昇降ジ
ヤツキ(14)とから構成されている。昇降ジヤツキ(
14)は昇降シリンダ(15)の上下にガイド柱(12
)上のビン孔(11)と係脱する水平ピンシリンダ(1
6) (17)を接続して構成され、ビルの建付けの進
行とともに下側のガイド柱(12)を上部側へ移し替え
て、4個所のコア部(2)に配置した8台の昇降ジヤツ
キ(14)を−斉に上昇動作させることにより屋上階(
力部のジヤツキアップを行なう。なおジャ・ンキアップ
装置(8)はこの形式に限らず、例えば鉛直方向のステ
ップロッドと昇降シリンダの噛み合わせ方式のものなど
別形式のものが使用されてもよい。
コア部速行用の屋上クレーン(9)は第1図中に破線で
示すように地上で組立てられたコア部の2階高さ分のブ
ロックをビル側部の地上から吊上げ、コア部(2)上に
建付けできるアウトリーチを備えている。
ピル−股部分(3)速行用の搬送装置(10)は屋上階
(7)の左右中央により片持状に突設した仮設張出部(
7a) (7b)の梁下と、屋上階(7)の梁下とに亘
って配置した一対の水平軌条(1B) (18)に係合
して自走する2台の天井クレーン(19) (20)と
、各天井クレーン(19) (20)上にそれぞれ2台
ずつ自走横行可能に搭載した巻上トロリ(21) (2
1)と、上記天井クレーン(19) (20)と隣接し
て屋上階乗下部に軌条(18) (1B)と平行に敷設
した水平軌条(22) (22)を案内として自走し、
上記天井クレーン(19) (20)上の巻上トロリ(
21) (21)が横行乗入れ可能なように配置された
天井クレーン走行機体(23) (24)とから構成さ
れている。(第6図乃至第8図参照) 天井クレーン(19)と巻上トロリ(21)はそれぞれ
複数のハンガーローラー状の車輪(25) (26)で
軌条(1B) (21a)に走行自在に懸吊され、モー
タ(27) (28)の駆動で自走する。巻上トロリ(
21)にはそれぞれ例えば25トン吊りフックを2ケ、
1台のトロリ(21)で50)ンの荷重を地上からビル
屋上階へ吊上げ可能な巻上機(29)を備えることがで
きる。上記各天井クレーン走行機体(23) (24)
は上記天井クレーン(19)と同様に構成し巻上トロリ
(21)の乗入れ用横行レール(22)のみを備えてい
る。
屋上階(7)内には、機械室、動力室、配線路、制御室
、作業者のための水平移動路等が設けられ、ここから上
記各クレーン(9) (19) (20> (23) 
(24)へ電力を供給する。
第1図及び第3図において梁下天井クレーン(I9)(
20)は屋上階張出部(7a) (7b)位置で予め地
上で組立てたビルの一般部分(3)の平面または立体ブ
ロックを吊上げ、天井クレーン(19) (20)が自
身の走行エリヤ内へ水平搬送して建付けを行ない、また
隣接する天井クレーン走行機体(23) (24)の走
行エリヤ内部材の搬送、建付けは隣接する天井クレーン
走行機体(23)または(24)と位置合わせして停止
し、天井クレーン(19) (20)上から巻上トロリ
(21) (21)を上記各天井クレーン走行機体(2
3) (24)上へ乗り移らせ、同走行機体(23)ま
たは(24)の走行で、同走行の機体の走行エリヤ内の
位置へ部材を搬送し建付けを行なう。
図示の実施例によれば第1図に示したビルの屋上階(7
)を地上の架台上で地上クレーンを用いて組立て屋上階
(7)上にコア部組立用のジブクレーンよりなる屋上ク
レーン(9)を設置し、同時に同屋上階(7)の梁下に
ビルのコア部以外の一触部分速行用の搬送装置(10)
を設置し、上記屋上クレーン(9)によりビルのコア部
(2)を数階高さ分先行して建付ける。
この建付けには地上クレーンも併用できる。次いで建付
けられたコア部(2)上にはガイド柱(12)を設置し
、また屋上階(7)側には昇降ジヤツキ(14)を装着
し、前記ガイド柱(12)と結合させ、昇鋒ジヤツキ(
14)による押上げ駆動で屋上階(7)をジヤツキアッ
プし、屋上クレーン(9)と搬送装置(10)によりコ
ア部(2)と一般部分を積上げ建造し、再び屋上1fi
(7)をジヤツキアップし、以下前記の工程を反覆して
ビルの建設を進める。このとき、ビルのコア部(2)と
一般部分(3)は屋上クレーン(9)、搬送装置(10
)により別個に並行作業で同時に建付けを行なうことが
でき、また上記一般部分(3)の建付けでは前述した搬
送装置(10)によって巻上トロリ(21) (21)
が大重量ブロック単位で部材を地上から垂直搬送できる
ようになり、かつ建造階では複数の天井走行クレーン機
体間で巻上トロリ(21) (21)を移乗させ機体走
行搬送させることによって、ブロック単位の水平搬送が
非常に確実容易にできるようになり、作業時間全体を実
質的に短縮できる。
第9図乃至第11図には本発明の第2の実施例を示す。
本実施例は、ビルのコア部(2)が中央に他の−a部分
(3)が周囲に配置された形式のビルに本発明を適用し
た場合を示している。従ってコア部(2)が屋上階(7
)の中央部を貫通して建付けられ、屋上クレーン(9)
はコア部(2)を挟んで対称位置に2台設置し、天井走
行クレーン(19) (20)はコア部(2)の反対側
で夫々独立した軌条(18) (1B)上を走るように
構成されている。ジヤツキアップ装置(8)としてはコ
ア部(2)の隅角部近くに2個所宛計8個所に第4図、
第5図と同形式のものを使用している。天井クレーン(
19) (20)天井クレーン走行機体(23) (2
4)及び巻上トロリ(21)も第6図乃至第8図と同様
である。この場合には側部の隣接軌条(22)の走行エ
リヤが大きいからこの軌条(22> (22)上の天井
クレーン走行機体(23) (24)を更に1台ずつ追
加設置してもよい。
建設工程搬送装置の構成及び作用効果は前述した第1実
施例とほぼ同様である。ビルの形状とコア部の配置の違
いに応して屋上クレーンの配置台数、搬送装置(10)
の軌条配置と天井クレーン機体の配置数は適宜に選定さ
れる。
(発明の効果) 本発明に係るビルの建設方法によれば前記したように、
建設すべきビルのコア部を除く屋上階を地上で組立て、
屋上階の上にコア部速行用屋上クレーン、梁下にコア部
以外のビルの一触部分速行用の搬送装置を設置し、コア
部を先行して組立てたのち屋上階をジヤツキアップし、
コア部及び−般部分を上記屋上クレーン、搬送装置で並
行して建付け、屋上階のジヤツキアップを繰返していく
ようにしたので、コア部速行けと一般部分の建付けが従
来の直列工程から並列工程に変り、ビル建設の作業時間
が従来より著しく短かくなる。
また本発明によれば前記したように、予めビル屋上階を
地上で紐んで上昇させていくから屋根及び建造階周囲の
風雨に対する遮蔽を地上で取付けて上昇させることがで
き風雨時、夜間時の作業も行ない易くなる。
更にまたビル屋上階内を機械室、動力室、配線スペース
、制御室、作業者用通路用等にまとめて使用できるので
工事の施工管理、運営が容易になり、高所作業を安全に
行なうことができる。
請求項2の発明は、前記したようにビルのコア部を支点
としてジヤツキアップされる屋上階から外側へ片持状に
張出した仮設部分と同屋上階の各梁下に亘って敷設され
た軌条に沿って走行し、かつ自走型巻上トロリを搭載し
た天井走行クレーンと、同天井走行クレーンのトロリか
横行乗入れ可能なように上記天井走行クレーンと平行に
走行するよう、同天井走行クレーンと隣接して上記屋上
階梁下に配置された天井クレーン走行機体とによって、
コア以外の速行用搬送装置を構成したことによって、屋
上階梁下の巻上トロリの巻上装置で直接地上から高い建
造階まで、地組された大重量のビルブロックを扛上する
ことができ、啓上機が吊上げた状態のまま天井クレーン
走行機体の走行、またはその走行機体から他の走行機体
上へ屋上トロリを乗入れ、他の走行機体の走行で横搬送
を行なうことによって大ブロックのビル建造階上での横
搬送が非常に容易に、かつ安全になり、搬送及び速行作
業時間を短縮し、大幅な工期短縮が可能になる。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明に係るビルの建設方法の第1の実施例の
実施状況を示す側面図、第2図はその平面図、第3図は
その屋上階乗下部を示す平面図、第4図及び第5図は夫
々ジヤツキアップ装置の斜視図並に側面図、第6図及び
第7図は夫々天井走行クレーンの横断面図並にその部分
正面図、第8図は第6図の概略平面図、第9図は本発明
の第2の実施例の実施状況を示す側面図、第1O図はそ
の平面図、第11図はその屋上階乗下部を示す平面図で
ある。 (1)・・・建設を澁jビル、 (2)・・・ビルのコ
ア部、(3)・・・ビルの一般部分、 (4)−・・本
設柱、(5)・・・本設梁、     (7)・・・屋
上階、(7a) (7b)・・・屋上階張出部、(8)
・・・ジヤツキアップ装置、 (9)・・・屋上クレーン、  (10)・・・搬送装
置、(11)・・・ビン孔、    (12)−・・ガ
イド柱、(14)・・・昇陳ジヤツキ、 (18)・・・天井クレーン用軌条、 (19) (20)・・・天井クレーン、(21)・・
・巻上トロリ、  (22)・・・軌条、(23) (
24)・・・天井クレーン走行機体。

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. (1)建設すべきビルのコア部を除く屋上階を予め地上
    で組立てるとともに、同屋上階上にコア部建付用の屋上
    クレーンを設置し、かつ同屋上階梁下にビルのコア部以
    外の一般部分建付用の搬送装置を設置し、上記屋上階上
    の屋上クレンによって建設すべきビルのコア部を先行し
    て基礎上に建付け、同基礎上に建付けられた前記コア部
    を支点として前記屋上階をジャッキアップし、同屋上階
    上の屋上クレーン及び屋上階梁下の搬送装置によってビ
    ルのコア部及び一般部を積上げ建造し、次いで屋上階を
    ジャッキアップし、以下前記の工程を反覆することを特
    徴とするビルの建設方法。
  2. (2)建設すべきビルのコア部を支点としてジャッキア
    ップされるビル屋上階から外側へ片持状に張出した仮設
    部分と同屋上階の各梁下に亘って敷設された軌条に沿っ
    て走行し、かつ自走型横行巻上トロリを搭載した天井走
    行クレーンと、同天井走行クレーンのトロリが横行乗入
    れ可能なように上記天井走行クレーンと平行に走行する
    よう同天井走行クレーンと隣接して上記屋上階梁下に配
    置された天井クレーン走行機体とよりなることを特徴と
    するビル建設用搬送装置。
JP25028990A 1990-09-21 1990-09-21 ビルの建設方法及び建設用搬送装置 Expired - Fee Related JP2703102B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25028990A JP2703102B2 (ja) 1990-09-21 1990-09-21 ビルの建設方法及び建設用搬送装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25028990A JP2703102B2 (ja) 1990-09-21 1990-09-21 ビルの建設方法及び建設用搬送装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH04131447A true JPH04131447A (ja) 1992-05-06
JP2703102B2 JP2703102B2 (ja) 1998-01-26

Family

ID=17205695

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP25028990A Expired - Fee Related JP2703102B2 (ja) 1990-09-21 1990-09-21 ビルの建設方法及び建設用搬送装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2703102B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0693732A (ja) * 1992-09-11 1994-04-05 Kajima Corp 多機能クレーンを使った建築工事の運搬、組立て方法

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN109403459B (zh) * 2018-11-28 2020-07-24 东南大学 一种可实现折叠展开快速施工的装配式竖筒悬挂结构体系

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0693732A (ja) * 1992-09-11 1994-04-05 Kajima Corp 多機能クレーンを使った建築工事の運搬、組立て方法
JP2659112B2 (ja) * 1992-09-11 1997-09-30 鹿島建設株式会社 建築工事用多機能クレーン

Also Published As

Publication number Publication date
JP2703102B2 (ja) 1998-01-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5881504A (en) Temporary frame system for construction
CN217378620U (zh) 一种智能架桥系统
CN111604444B (zh) 一种用于节段梁预制的钢筋绑扎生产线
CN214217958U (zh) 地铁车站抽屉式轨排吊运结构
JPH04131447A (ja) ビルの建設方法及び建設用搬送装置
CN111439673B (zh) 一种建筑吊运系统
JPH0483060A (ja) 建築物構造
JP2023074170A (ja) 床版取替方法及びこれに用いる施工機械
CN113135502A (zh) 采用液压顶升组件进行高层建筑施工的方法及装置
JPH08333898A (ja) 建物ブロック等の垂直、水平運搬用架台
KR200200364Y1 (ko) 고층 건축물 시공장치
CN216336227U (zh) 一种采用液压顶升组件进行高层建筑施工的装置
JP2942054B2 (ja) 建築物の構築方法
CN205531262U (zh) 一种可自动升降钢结构施工平台
CN210239174U (zh) 一种建筑材料转运系统
CN214217959U (zh) 地铁车站斜坡式轨排吊运结构
CN210561772U (zh) 一种拼宽梁架桥机
JP7158304B2 (ja) 搬送システムおよび設置方法
JPH10245994A (ja) 仮設養生体
JPH062434A (ja) 鉄骨屋根の建方方法
JPH08326323A (ja) 高層建築物の建設装置
JP2778842B2 (ja) ビルの建設方法
JP2796449B2 (ja) ビルの建設方法と同建設方法に使用する昇降装置
JPH07315740A (ja) エスカレータトラスの搬出方法
JPH05113026A (ja) 仮設足場構造体

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees