JPH0363873A - 現金自動取引機 - Google Patents

現金自動取引機

Info

Publication number
JPH0363873A
JPH0363873A JP1201706A JP20170689A JPH0363873A JP H0363873 A JPH0363873 A JP H0363873A JP 1201706 A JP1201706 A JP 1201706A JP 20170689 A JP20170689 A JP 20170689A JP H0363873 A JPH0363873 A JP H0363873A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
deposit
customer
display panel
picture
switch
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP1201706A
Other languages
English (en)
Inventor
Hiroyuki Takane
弘行 高根
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
NEC Engineering Ltd
Original Assignee
NEC Engineering Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by NEC Engineering Ltd filed Critical NEC Engineering Ltd
Priority to JP1201706A priority Critical patent/JPH0363873A/ja
Publication of JPH0363873A publication Critical patent/JPH0363873A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 本発明は金融機関用端末装置に関し、特に現金自動取引
機に関する。
〔従来の技術〕
従来、第2図の現金自動取引機7において取扱科目表示
パネル8は、単に顧客が取扱い可能な取扱科目部を表示
させるという機能を持っているだけであった。なお、4
は預入キーを含む顧客操作案内キー 5は顧客操作案内
画面である。第4図に示すように、この従来例は、預入
キー6と、コンピュータ制御部10と、預入表示部9と
を具備する。
第2図の現金自動取引機7は、顧客操作案内キー4の預
入キー6を押下することにより、顧客操作案内画面5が
預入操作画面に変わる。
第4図の現金自動取引機では、預入キー6から入力する
ことしかできない。この時、取扱科目表示パネル8の預
入表示部9は点灯状態である。コンピュータ制御部10
で預入処理を行ない、預入完了11に至る。
〔発明が解決しようとする課題〕
上述した従来の現金自動取引機において取扱科目表示パ
ネルは、単に顧客が取扱い可能な取扱科目部を表示させ
るという機能しが持っていないにもかかわらず、大きな
文字で顧客の目に付きやすい位置に取付けであるために
、この現金自動取引機を初めて操作する顧客や、操作に
慣れていない顧客は、スイッチと感違いをして取扱科目
表示パネルを押下してしまうといった誤操作を引き起こ
し、顧客自身は困惑してしまうといった欠点がある。
〔課題を解決するための手段〕
本発明の現金自動取引機は、取扱科目表示パネルが入力
スイッチ機能を有している。
〔実施例〕
次に、本発明の現金自動取引機について図面を参照して
説明する。預入操作を例にして説明を行うものとする。
第1図は本発明の現金自動取引機の一実施例の斜視図、
第3図は同実施例の構成図である。
1は現金自動取引機、2は入力スイッチ付取扱科目表示
パネル、3は預入表示スイッチ、4は顧客操作案内キー
、5は顧客操作案内画面、6は預入キー、8は取扱科目
表示パネル、9は預入表示部、10はコンピュータ制御
部、11は預入完了である。
第1図において、現金自動取引機1は、顧客操作案内キ
ー4の預入キー6を押下するが、又は入力スイッチ付取
扱科目表示パネル2の預入表示スイッチ3を押下するこ
とにより、顧客操作案内画面5が預入操作画面に変わる
。そして、預入操作が可能状態となる。その際、預入表
示スイッチ3は預入操作可能状態であることが視覚上わ
かる様にバックライトの色が変わる0次に、預入操作が
総て終了し初期画面に戻ると同時に、預入表示スイッチ
3のバックライトが初期状態の色に戻る。
第3図において、預入操作可能状態にする場合、預入キ
ー6から入力する方法と預入表示スイチ3から入力する
方法の2通りが可能な構成になっている。預入操作可能
状態後、コンピュータ制御部10で預入処理を行ない、
預入完了11に至る。
以上の説明より言えることは、従来の現金自動取引機に
対し、第1図の現金自動取引機の方が顧客の困惑を無く
すと共にサービスの充実を計ることができるということ
である。
〔発明の効果〕
以上説明したように本発明は、現金自動取引機において
取扱表示パネルに入力スイッチ機能を有することにより
、顧客の困惑を無くすと共にサービスの充実を計ること
ができるという効果がある。
【図面の簡単な説明】
第1図、第3図は本発明の一実施例の斜線図。 構成図、第2図、第4図は従来例の斜視図、構成図であ
る。 1・・・現金自動取引機、2・・・入力スイッチ付取扱
科目表示パネル、3・・・預入表示スイッチ、4・・・
顧客操作案内キー、5・・・顧客操作案内画面、6・・
・預入キー、9・・・預入表示部、10・・・コンピュ
ータ制御部、11・・・預入完了。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 現金自動取引機において、取引科目表示パネルに入力ス
    イッチ機能を持たせることを特徴とする現金自動取引機
JP1201706A 1989-08-02 1989-08-02 現金自動取引機 Pending JPH0363873A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1201706A JPH0363873A (ja) 1989-08-02 1989-08-02 現金自動取引機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1201706A JPH0363873A (ja) 1989-08-02 1989-08-02 現金自動取引機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0363873A true JPH0363873A (ja) 1991-03-19

Family

ID=16445575

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1201706A Pending JPH0363873A (ja) 1989-08-02 1989-08-02 現金自動取引機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0363873A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP0680001A3 (en) * 1994-04-22 1996-06-12 Fujitsu Ltd Automated transaction device.

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP0680001A3 (en) * 1994-04-22 1996-06-12 Fujitsu Ltd Automated transaction device.

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPS5937647U (ja) 利用者が段階的に取引業務処理を行なうための端末装置
US6411286B2 (en) Dynamic key terminal including choice-driven interface
JPH11154046A (ja) セルフ・サービス・ターミナル
JPH0363873A (ja) 現金自動取引機
JP3455831B2 (ja) 自動取引装置における振込取引時の画面表示方法
JPH09212716A (ja) 端末装置
JPH0962448A (ja) 画面入力装置
JPH01102625A (ja) 情報入出力装置
JPH0376364A (ja) Icカード携帯電話機
JPH06161692A (ja) 使用言語選択方式
JPH04142693A (ja) 現金自動取引機
JPS62137618A (ja) 操作ガイダンス方式
JPH07262291A (ja) 現金等を取引する自動取引処理方法および装置
JPH02250172A (ja) 自動取引機の取引科目選択方式
JPH02186474A (ja) 現金自動支払機の取引選択装置
JPH0253179A (ja) レストランオーダーシステム
JPS6413671A (en) Handling operating input system for automatic teller machine
JP3001729U (ja) 自動販売機の価格設定及び表示装置
JPH0193860A (ja) 自動取引装置
JPH09237368A (ja) 自動取引装置の取引選択方法
JPH08235438A (ja) タッチパネル式小型pos端末装置
JP2000137862A (ja) 自動販売機
JPH04142663A (ja) 窓口装置
JPH04297948A (ja) 電卓の表示装置
JPH03253962A (ja) 電子機器