JPH03257237A - 積層ゴム免震装置 - Google Patents

積層ゴム免震装置

Info

Publication number
JPH03257237A
JPH03257237A JP5416990A JP5416990A JPH03257237A JP H03257237 A JPH03257237 A JP H03257237A JP 5416990 A JP5416990 A JP 5416990A JP 5416990 A JP5416990 A JP 5416990A JP H03257237 A JPH03257237 A JP H03257237A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
rubber
laminated rubber
force
generated
prestress
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP5416990A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0833082B2 (ja
Inventor
Kazuo Sasagawa
笹川 和郎
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kajima Corp
Original Assignee
Kajima Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kajima Corp filed Critical Kajima Corp
Priority to JP2054169A priority Critical patent/JPH0833082B2/ja
Publication of JPH03257237A publication Critical patent/JPH03257237A/ja
Publication of JPH0833082B2 publication Critical patent/JPH0833082B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 本発明は建物の柱底部などに設置される積層ゴムの免震
装置に関するものである。
〔従来の技術〕
いわゆる免震構造においては、積層ゴムなどの免震支承
により、建物の固有周期を伸長し、地震動の卓越周期と
固有周期との一致による共振現象を避け、建物に作用す
る地震力を低減するとともに、弾塑性ダンパーなどの減
衰装置により振動エネ几ギーを吸収して地震入力の低減
および応答変位の抑制を図っている。
このような積層ゴム免震装置を用いる場合、免震装置の
下に下部基礎梁を施工してから、積層ゴム免震装置をセ
ットし、上部基礎梁およびその上の柱と上部構造の施工
を行っている。
〔発明が解決しようとする課題〕
上述のようにして免震装置とその上部構造を施工する場
合、以下の点に注意する必要がある。
■ 上部構造の荷重による積層ゴムの軸変形がなるべく
均一になるようにして、柱の不同沈下を防ぐ必要がある
■ 積層ゴムの終局耐力はゴムの受ける軸力、特に引張
応力の影響があり、引張応力が大きくなればゴムの終局
耐力が低下するため、この点を設計に考慮する必要があ
る。
■ さらに、積層ゴムの耐力以上の力が万−生じても建
屋全体が崩壊しないように、予備の支持構造であるフェ
ールセーフ機構が要求される。
■ 免震装置には積層ゴム以外に、地震エネルギーを吸
収するためのダンパーが必要となる。
なお、■の問題点を解決するものとしては、特開平1−
66334号公報記載の免震装置があり、積層ゴム支承
の内側または外側に1本ないし複数本のワイヤーストラ
ンドを取付けて引張力に抵抗するようにした構造が開示
されている。
本発明は上述のような問題点に対し、容易に対処可能な
積層ゴム免震装置を提供することを目的としたものであ
る。
〔課題を解決するための手段〕
本発明の積層ゴム免震装置は両端に据付は用のプレート
を有する積層ゴムの両プレート間に、これらを連結する
棒状の緊張材を複数本配置し、この緊張材にプレストレ
スを導入して積層ゴムに初期圧力を加えたものである。
〔作 用〕
本発明によれば、積層ゴムの軸力による変形が減少し、
予想外の大地震を受けても積層ゴムに弓張力が生じない
ため、免震装置の終局耐力が増加し、さらにこの装置が
フェールセーフ機構となる。
〔実施例〕
以下、図示した実施例について説明する。
第1図および第2図は本発明の一実施例を示したもので
、通常使用される積層ゴム1の周辺に鋼棒2を複数本(
通常は6〜12本〉配置し、この鋼棒2にプレストレス
力である引張力を導入しておく。このプレストレス力に
よって、積層ゴム1には初期圧縮力が導入される。図中
、7は上部基礎梁、8は下部基礎梁、9は建物の柱であ
る。
この機構により、積層ゴムl単体の場合と比較して、積
層ゴム1に加わる柱軸力によるゴム変形を小さくするこ
とが可能となる。従って、柱9相互の不同沈下の絶対値
を小さくすることができる。
予想外の大地震が発生して、建物全体の転倒モーメント
によって積層ゴム1に引張力が発生する場合には、鋼棒
2のアンカ一部分の上ナツト3とプレート4によって、
鋼棒2が引張力を分担するため、積層ゴム1には引張力
が生じない。
積層ゴム1のゴムが破損するような異常事態のフェール
セーフ機構としては、プレート4の下側に所定の間隔を
おいて下ナツト5などのストッパーを設けておくことに
より、ゴム破損時に柱軸力が下ナツト5から鋼棒2に伝
達される。鋼棒2の水平剛性は鋼棒2下部の固定部分6
による。(ただし、ゴムの大変形に追従し、かつフェー
ルセーフとして軸力を支持する構造は必ずしも簡単では
なく、通常のフェールセーフ機構を別に設けるほうが合
理的な場合もあり得る)。
鋼棒2は同時にダンパーとして用いることもできる。す
なわち、地震時に積層ゴム1と連動して水平変形する時
の鋼棒2の曲げ抵抗で地震エネルギーを吸収することが
可能である。
〔発明の効果〕
以上述べたように本発明の積層ゴム免震装置は、積層ゴ
ムの周辺に鋼棒などの棒状の緊張材を配置して、それに
プレストレス力を導入したものであり、これによってゴ
ム変形による建物の不同沈下を減少させ、地震時の転倒
モーメントにより積層ゴムに生じる引張応力によるゴム
の終局耐力低下を防止し、同時にこの緊張材をダンパー
やフェールセーフ機構として用いることが可能となり、
免震機構の合理化が達成される。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明の免震装置の据付は状態の一例を示す鉛
直断面図、第2図はその平面図である。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. (1)積層ゴムの両端に据付け用のプレートを有する積
    層ゴム免震装置において、前記プレート間を複数本の棒
    状の緊張材で連結し、該緊張材にプレストレスを導入し
    たことを特徴とする積層ゴム免震装置。
JP2054169A 1990-03-06 1990-03-06 積層ゴム免震装置 Expired - Lifetime JPH0833082B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2054169A JPH0833082B2 (ja) 1990-03-06 1990-03-06 積層ゴム免震装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2054169A JPH0833082B2 (ja) 1990-03-06 1990-03-06 積層ゴム免震装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH03257237A true JPH03257237A (ja) 1991-11-15
JPH0833082B2 JPH0833082B2 (ja) 1996-03-29

Family

ID=12963042

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2054169A Expired - Lifetime JPH0833082B2 (ja) 1990-03-06 1990-03-06 積層ゴム免震装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0833082B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04125359U (ja) * 1991-04-30 1992-11-16 株式会社竹中工務店 弾性支持免震構造物の転倒防止装置
US5655756A (en) * 1992-12-04 1997-08-12 Damping Systems Limited Energy absorbers and methods of manufacture
EP0871827A1 (en) * 1996-01-12 1998-10-21 Penguin Engineering Ltd. Energy absorber

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04125359U (ja) * 1991-04-30 1992-11-16 株式会社竹中工務店 弾性支持免震構造物の転倒防止装置
US5655756A (en) * 1992-12-04 1997-08-12 Damping Systems Limited Energy absorbers and methods of manufacture
EP0871827A1 (en) * 1996-01-12 1998-10-21 Penguin Engineering Ltd. Energy absorber
EP0871827A4 (en) * 1996-01-12 2001-10-31 Robinson Seismic Ltd ENERGY ABSORBER

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0833082B2 (ja) 1996-03-29

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Mulla et al. A study on outrigger system in a tall RC structure with steel bracing
JP6920049B2 (ja) 免震建物
JP3811320B2 (ja) 耐力壁
JPH03257237A (ja) 積層ゴム免震装置
JP2991030B2 (ja) 風荷重対応型耐震架構および風荷重対応型耐震建物
JPS62211469A (ja) 建造物の振動制御装置
JP3804904B2 (ja) 三階建て住宅における耐力壁のブレース構造
JP2001040616A (ja) 橋梁の落橋防止装置
JP5379285B1 (ja) 制震pc柱を用いる建物
JP3050758B2 (ja) 塔又は柱の支持構造及びこれに用いるダンパー
JPH09158490A (ja) 既設建物の補強構造
JP3306226B2 (ja) 連層耐震壁の付帯柱脚部構造
JP7449143B2 (ja) 建物の架構構造
JP3116824B2 (ja) 梁ダンパ構造
JPH09125412A (ja) 橋脚基礎の免震構造
JP2749391B2 (ja) 建築物の架構
JP3777533B2 (ja) 耐震補強建物
JPH0617556A (ja) コンクリート柱
Jestalt Srisanth et al. Seismic Response Control Strategies for Buildings
JPH0978533A (ja) 高架交通構造物における耐震補強方法
SU1719604A1 (ru) Сейсмостойкое высотное здание
Sidwell Eccentrically braced frames
JPS5824576B2 (ja) 構造物の構格
JP3028033B2 (ja) 制振構造物
JP2001295498A (ja) 免震構造物