JPH0325120A - 孔壁拡幅型ロックアンカ工法 - Google Patents

孔壁拡幅型ロックアンカ工法

Info

Publication number
JPH0325120A
JPH0325120A JP15827789A JP15827789A JPH0325120A JP H0325120 A JPH0325120 A JP H0325120A JP 15827789 A JP15827789 A JP 15827789A JP 15827789 A JP15827789 A JP 15827789A JP H0325120 A JPH0325120 A JP H0325120A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
borehole
adhesive
rock
resistance
reinforcing bars
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP15827789A
Other languages
English (en)
Inventor
Yoshinao Hori
堀 義直
Yoshihiro Kitahara
北原 義浩
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Central Research Institute of Electric Power Industry
Original Assignee
Central Research Institute of Electric Power Industry
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Central Research Institute of Electric Power Industry filed Critical Central Research Institute of Electric Power Industry
Priority to JP15827789A priority Critical patent/JPH0325120A/ja
Publication of JPH0325120A publication Critical patent/JPH0325120A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Piles And Underground Anchors (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本発明は従来の工法より高い引張り抵抗力を得ることが
できる孔壁拡幅型口ツタアンカエ法に関するものである
(従来技術とその解決すべき課題) 送電線の断線による引張り力、風による引張り力など、
第1図中矢印Aのような横方向の引張りにより基礎が矢
印Bの引上げ力を受ける送電用鉄塔(1)にあっては、
予想される引張り力に十分対抗しうる抵抗力を鉄塔の基
礎にもたせて転倒を防止する配慮が重要である。
そこで従来からロックアンカ工法、即ち岩盤中に斜め方
向にボーリング孔を掘削し、その孔内に固定したアンカ
用鉄筋により送電鉄塔の基礎を押さえて、孔周辺の硬く
て強い岩盤の抵抗力を利用して支持するロックアンカ工
法が種々提案され実施されている。
■例えば第2図(a)のようにボーリング孔(2)とこ
の中に入れた異形鉄筋(3)との間に接着剤例えばセメ
ント(4)を注入して鉄筋(3)を岩盤(5)に固定し
て、接着剤の接着力により鉄筋(3)を抜けにくくする
方法、■第2図中》のように予め鉄筋(3)の先端部に
切り込み部(6)を設け、予めボーリング孔(2)の底
部に差込んでおいた楔状の金属(7)に差込むことによ
りこれを押し拡げて岩盤(5)に固定する方法。■鉄筋
(3)の先端に取付けたねじ部を回すことにより鉄筋の
先端部を膨らませて岩盤に固定する方法、■上記■と■
或いは■と■などの複合方弐が提案されている。
これらの方法のうち接着剤を用いる■の方法は他の方法
に比べて鉄筋の加工や楔状金属などを必要としないこと
から最も簡単であって低コストで施工できる利点があり
、多数の建設を必要とする送電用鉄塔の基礎工法として
有利である。しかし鉄筋として前記のような異形鉄筋を
用いて鉄筋への接着抵抗力を大とし、しかも接着剤その
ものの引張り抵抗力を大としても、究極的な引張り抵抗
力はボーリング孔壁面と接着剤の接着力によって定まり
、孔壁の岩盤と接着剤との接合面を入念に施工しても引
張り抵抗力の向上はさほど効果的ではない。
従って■の方法では前記■■のように一般に地表面から
の深さが深くなるに伴い硬く強くなるボーリング孔の最
低部付近の岩盤を支持点とする方法の引張り抵抗力を上
廻ることが難しい。
(発明の目的) 本発明は前記基礎となる鉄筋を接着剤を用いて岩盤に固
定する方法における引張り抵抗力を、飛躍的に大としう
る接着剤利用のロツクアンカ工法を提供し、低コストで
強固,な送電鉄塔その他の構造物の基礎を作りうるちの
である。
(課題を解決するための本発明の手段)本発明の特徴と
するところは第3図に示す実施例図のように、ボーリン
グ孔(2)の先端部に近い部分を含む複数箇所に適宜間
隔をおいて拡径部(8)を設け、ボーリング孔(2)内
に差し込まれた鉄筋とボーリング孔(2)の壁面との間
に設けた空隙部(9)内に、各拡径部(8)内に行き渡
るように接着剤例えばセメント(4)を注入充填したの
ち固化させる点にある。
このように拡径部を設けてここに接着剤を充填して固化
すれば、鉄筋に加えられる引上げ力に対しては接着剤の
せん断抵抗力が対抗する。接着剤としてよく用いられる
セメントのせん断抵抗強さは、セメントと岩盤の摩擦抵
抗強さより数倍大きい。従って拡径部の抵抗力は、拡径
がなくセメントと岩盤とが真直ぐに接着している部分の
抵抗力より大きくなり、しかもこの拡径部は周辺の岩盤
に喰い込んでいるので拡径のない場合に比べて岩盤の抵
抗力もよく多く加算される。このため拡径部の設置位置
とその大きさ設置箇所、および接着剤のせん断抵抗強さ
などの選定により、周辺岩盤と鉄筋との結合力を大きく
増強し、ロックアン力としての抵抗力を飛躍的に高める
ことができ、その上ボーリング孔の深さも従来より浅く
することができるので経済的である。
またこれに加えて最近のボーリング技術は例えば所要径
の通常の孔を或る長さに亘って掘削したのち、切削刃を
遠隔操作により外側に拡げて孔を拡径し、再び切削刃を
元に戻して通常の孔の掘削を継続することも容易であり
、掘削コストは拡径のない場合と殆ど変わらない。従っ
て従来とほぼ変わらないコストで接着剤と鉄筋とを用い
る工法によるロックアンカの抵抗力をM IIJ的に増
大できる。
以上本発明につい”で説明したが、本発明を前記■の工
法即ち鉄筋に設けた切込み部と楔状金属による方法や■
の方法即ち鉄筋の先端にねじ部を設けて膨張させる方法
などとの併用も可能である。
また以上では孔を垂直に掘削した場合について説明した
が、構造物の性質に応じて、孔を斜め或いは水平に掘削
した場合にも適用できることは云うまでもない。
(発明の効果) 以上から明らかなように本発明によれば接着剤によりア
ンカ用鉄筋を岩盤に固定する工法を用いて、経済的にア
ンカ用鉄筋に従来の数倍の抵抗力をもたせうるちので、
送電用鉄塔などの基礎工法として用いればその効果は大
きい。
【図面の簡単な説明】
第1図は送電用鉄塔における引張り力の説明図、第2図
は従来工法の説明図、第3図は本発明工法の説明図であ
る. (1)・・・送電用鉄塔、 (2)・・・ボーリング孔
、 (3)・・・巽形鉄筋、 (4)・・・接着剤、 
(5)・・・岩盤、 (6)・・・切込み部、 (7)
・・・楔状金属、 (8)・・・ボーリング孔の拡径部
、 (9)・・・空隙部。 第1図 第2図 (b) 第3図

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. (1)岩盤に掘削したボーリング孔に一乃至複数個の拡
    径部を設け、この拡径部を有する前記ボーリング孔とそ
    の中に差込まれたアンカ用鉄筋との間の空隙内に接着剤
    を注入充填して固化することを特徴とする孔壁拡幅型ロ
    ックアンカ工法。
JP15827789A 1989-06-22 1989-06-22 孔壁拡幅型ロックアンカ工法 Pending JPH0325120A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP15827789A JPH0325120A (ja) 1989-06-22 1989-06-22 孔壁拡幅型ロックアンカ工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP15827789A JPH0325120A (ja) 1989-06-22 1989-06-22 孔壁拡幅型ロックアンカ工法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0325120A true JPH0325120A (ja) 1991-02-01

Family

ID=15668089

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP15827789A Pending JPH0325120A (ja) 1989-06-22 1989-06-22 孔壁拡幅型ロックアンカ工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0325120A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006348669A (ja) * 2005-06-17 2006-12-28 Yoshida Kouzou Design:Kk アンカーの構造及びアンカーの構築方法
ES2281271A1 (es) * 2005-12-15 2007-09-16 Universidade Da Coruña Sistema de fijacion de barras en madera mediante bulbo adhesivo.
ES2422010A1 (es) * 2012-03-01 2013-09-06 Univ Coruna Sistema de anclaje de barras encoladas en elementos de madera mediante taladros con ensanchamientos múltiples
KR102407964B1 (ko) * 2021-05-28 2022-06-10 박서진 암반에 전단키를 구축하여 지지력을 향상시킨 현장타설 콘크리트말뚝의 시공방법

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS4931109A (ja) * 1972-07-19 1974-03-20
JPS5049809A (ja) * 1973-09-04 1975-05-02
JPS5733617A (en) * 1980-08-05 1982-02-23 Nitsusaku:Kk Earth anchor installation method employing blast boring process

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS4931109A (ja) * 1972-07-19 1974-03-20
JPS5049809A (ja) * 1973-09-04 1975-05-02
JPS5733617A (en) * 1980-08-05 1982-02-23 Nitsusaku:Kk Earth anchor installation method employing blast boring process

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006348669A (ja) * 2005-06-17 2006-12-28 Yoshida Kouzou Design:Kk アンカーの構造及びアンカーの構築方法
ES2281271A1 (es) * 2005-12-15 2007-09-16 Universidade Da Coruña Sistema de fijacion de barras en madera mediante bulbo adhesivo.
ES2422010A1 (es) * 2012-03-01 2013-09-06 Univ Coruna Sistema de anclaje de barras encoladas en elementos de madera mediante taladros con ensanchamientos múltiples
KR102407964B1 (ko) * 2021-05-28 2022-06-10 박서진 암반에 전단키를 구축하여 지지력을 향상시킨 현장타설 콘크리트말뚝의 시공방법

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5320452A (en) Cast-in-place concrete pile and method of constructing the same in the ground
KR100963682B1 (ko) 앵커 조립체, 이를 이용한 경사면 보강공법
JPH0325120A (ja) 孔壁拡幅型ロックアンカ工法
JP4181192B2 (ja) グラウンドアンカーおよびグラウンドアンカー工法
KR100696309B1 (ko) 사면보강공사용 네일앵커
KR100566068B1 (ko) 스크류 말뚝 및 이를 이용한 말뚝공법
CN204252132U (zh) 一种锚杆导向定位器
JP3584323B2 (ja) 斜面安定工法
JPH04194227A (ja) 管状補強材による補強土工法
KR100830927B1 (ko) 사면보강방법 및 사면보강재
JP2008208597A (ja) 後施工アンカー工法
JP6351116B2 (ja) アンカー構造及びアンカーの施工方法
JP2001348873A (ja) 山留め壁の支持構造及び工法
JP2627540B2 (ja) コンクリート躯体の増設構造
JP7341579B1 (ja) 擁壁の補強工法
JP2918370B2 (ja) 構造体連結構造及び建屋据付構造
JPS649413B2 (ja)
KR200405354Y1 (ko) 쏘일네일의 전면 지압판의 구조
JP2008280760A (ja) せん断補強方法および充填材の充填方法
JP2563162B2 (ja) ア−スアンカ−
JPS6138015A (ja) 土留工法
JP2003268785A (ja) 杭基礎
JP4641369B2 (ja) 部分築造ソイルセメント合成杭
JP2001303677A (ja) 後施工アンカーの施工法
JPH0612036Y2 (ja) アースアンカー用定着材