JP6849209B2 - 遊技機 - Google Patents

遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP6849209B2
JP6849209B2 JP2016215507A JP2016215507A JP6849209B2 JP 6849209 B2 JP6849209 B2 JP 6849209B2 JP 2016215507 A JP2016215507 A JP 2016215507A JP 2016215507 A JP2016215507 A JP 2016215507A JP 6849209 B2 JP6849209 B2 JP 6849209B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
stop
reel
state
winning
effect
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2016215507A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2018068905A (ja
Inventor
慎也 小野
慎也 小野
恭好 森下
恭好 森下
重之 日▲高▼
重之 日▲高▼
裕史 山下
裕史 山下
吉田 充
充 吉田
秀明 岡崎
秀明 岡崎
尚之 小島
尚之 小島
萩原 雄一
雄一 萩原
Original Assignee
株式会社オリンピア
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社オリンピア filed Critical 株式会社オリンピア
Priority to JP2016215507A priority Critical patent/JP6849209B2/ja
Publication of JP2018068905A publication Critical patent/JP2018068905A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6849209B2 publication Critical patent/JP6849209B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、遊技機に関する。
従来、外周面に図柄が配列された複数のリールを備えた遊技機(回胴式遊技機、スロットマシン)が知られている。この種の遊技機は、メダルやパチンコ玉などの遊技媒体に対して一定の遊技価値を付与し、このような遊技媒体を獲得するための遊技を行うものである。また、この種の遊技機は、遊技者の回転開始操作を契機として、内部抽選を行うとともに複数のリールの回転を開始させ、遊技者の停止操作を契機として、内部抽選の結果に応じた態様で複数のリールを停止させる制御を行っている。そして、遊技の結果は、複数のリールが停止した状態における入賞判定ライン上に表示された図柄組合せによって判定され、遊技の結果に応じてメダル等の払い出しなどが行われる。
ところで、上述した種類の遊技機において、複数のリールの回転が開始された後、所定時間が経過してもリールが回転状態にあると、遊技者に対してリールの停止を促す回転停止警告が実行されるように構成されたものが案出されている(特許文献1参照)。また、この特許文献1記載の遊技機は、ボーナス等の特定の役に当選した際に、上記警告が開始されるまでの所定時間の間、フリーズを実行し、上記リールの停止を促す回転停止警告を実行させて、当該役に当選したことを報知している。
特開2010−42080号公報
ここで、上記特許文献1記載の遊技機のように、演出の一部としてリールの停止を促す回転停止警告を実行する場合、この警告が実行されることによって、遊技者の遊技に対する興趣を向上させることができる。一方で、通常、このような警告が実行されることは、遊技者には好まれず、長時間に亘るフリーズ実行時など、演出の都合によりリールの回転状態が長時間に亘った場合に上記警告がこの演出と重複して、もしくは演出終了後、直ぐに実行されてしまうと、せっかくフリーズの実行で盛り上がった遊技者の遊技に対する興趣が低下してしまう虞があった。
そこで、本発明は、遊技者の遊技に対する興趣が低下してしまうことを防ぐことができる遊技機を提供することを目的としている。
本発明の一態様は、外周面に複数種類の図柄が配列されている複数のリールと、小役及びリプレイを含む複数種類の役のうち少なくとも1つを含む複数種類の当選態様の当否を決定する内部抽選を行う内部抽選手段と、遊技者による開始操作を検出するスタートスイッチと、前記複数のリールに対応して設けられ、各リールを停止させるための停止操作を検出するストップスイッチと、前記スタートスイッチによる前記開始操作の検出に基づいて、前記複数のリールを回転させ、前記ストップスイッチによる前記停止操作の検出及び前記内部抽選手段により決定された前記内部抽選の結果に基づいて、回転中の前記リールを停止させるリール停止制御を行うリール制御手段と、前記複数のリールが停止した状態で、役ごとに予め定められた入賞形態を示す図柄組合せが有効ライン上に表示されたことに基づいて、役が入賞したと判定する入賞判定手段と、遊技に関する演出を制御する演出制御手段と、前記演出制御手段が制御する演出を実行する1又は複数の演出装置と、前記ストップスイッチに対する停止操作が実行されない非停止操作時間を計時する時間記憶手段と、を備え、前記演出制御手段は、回転停止警告及びフリーズ演出実行可能であり、前記回転停止警告は、前記演出装置を用いて前記リールの回転の停止を促す警告であり、前記フリーズ演出は、前記ストップスイッチに対する停止操作が無効化される演出であり、前記演出制御手段は、前記開始操作後に前記非停止操作時間が所定時間経過したタイミングで前記回転停止警告を実行し、前記時間記憶手段による前記非停止操作時間の計時は、前記フリーズ演出中も継続して実行され、前記演出制御手段は、前記フリーズ演出が実行される場合、前記回転停止警告を実行する演出装置の内の少なくとも1つの演出装置について、前記回転停止警告が、前記非停止操作時間が所定時間経過したタイミングにおいて実行されないようにする、ことを特徴とする遊技機である
本発明の一態様は、外周面に複数種類の図柄が配列されている複数のリールと、小役及びリプレイを含む複数種類の役のうち少なくとも1つを含む複数種類の当選態様の当否を決定する内部抽選を行う内部抽選手段と、遊技者による開始操作を検出するスタートスイッチと、前記複数のリールに対応して設けられ、各リールを停止させるための停止操作を検出するストップスイッチと、前記スタートスイッチによる前記開始操作の検出に基づいて、前記複数のリールを回転させ、前記ストップスイッチによる前記停止操作の検出及び前記内部抽選手段により決定された前記内部抽選の結果に基づいて、回転中の前記リールを停止させるリール停止制御を行うリール制御手段と、前記複数のリールが停止した状態で、役ごとに予め定められた入賞形態を示す図柄組合せが有効ライン上に表示されたことに基づいて、役が入賞したと判定する入賞判定手段と、遊技に関する演出を制御する演出制御手段と、前記演出制御手段が制御する演出を実行する1又は複数の演出装置と、を備え、前記演出制御手段は、回転停止警告及びフリーズ演出を実行可能であり、前記回転停止警告は、前記演出装置を用いて前記リールの回転の停止を促す警告であり、前記フリーズ演出は、前記ストップスイッチに対する停止操作が無効化され演出であり、前記演出制御手段は、前記フリーズ演出が実行される場合、前記回転停止警告を実行する演出装置の内の少なくとも1つの前記演出装置について、前記フリーズ演出による前記ストップスイッチに対する停止操作が無効化されなくなった後、前記ストップスイッチが最初に停止操作を検知するまでの期間については、前記回転停止警告が実行されないようにする、ことを特徴とする遊技機である
本発明に係る遊技機によると、所定の演出が実行されることに基づいて、リールの回転の停止を促す警告である回転停止警告の少なくとも一部が、所定のタイミングで実行されることを不実行にすることができる。このため、例えば、演出上の都合によってリールの回転時間が長くなっている場合などに回転停止警告が実行されることを防止することができ、遊技者の遊技に対する興趣が低下してしまうことを防ぐことができる。
本発明の実施形態に係る遊技機の外観構成を示す斜視図である。 本発明の実施形態に係る遊技機の機能ブロックを説明する図である。 本発明の実施形態に係る遊技機の各遊技状態における内部抽選テーブルを示す図である。 (A)は、本発明の実施形態の遊技機において非リプレイタイム状態〜リプレイタイム2状態、ボーナス成立状態で当選可能な小役の当選態様を説明する図、(B)は、第1ボーナス状態、第2ボーナス状態で当選可能な小役の当選態様を説明する図である。 (A)は、本発明の実施形態の遊技機における遊技状態の状態遷移図、(B)は、アシストタイム状態制御手段が制御するアシストタイム状態に関する状態遷移図である。 本発明の実施形態の遊技機の演出制御手段が実行する回転停止警告の実行判定処理を示すフローチャートである。 本発明の実施の形態に係る表示装置を示す模式図であって、(A)は、リールの回転停止を促す画像が表示されている状態を示す図、(B)は、リールの回転停止を促す画像が表示されていない状態を示す図。
以下、本実施形態について説明する。なお、以下に説明する本実施形態は、特許請求の範囲に記載された本発明の内容を不当に限定するものではない。また、本実施形態で説明される構成の全てが、本発明の必須構成要件であるとは限らない。
1.構成
図1は、本発明の実施形態に係るスロットマシン1の外観構成を示す斜視図である。本実施形態のスロットマシン1は、いわゆる回胴式遊技機と呼ばれるもので、メダルを遊技媒体として用いた遊技を行う種類の遊技機である。
本実施形態のスロットマシン1は、収納箱BX、前面上扉UD及び前面下扉DDからなる箱形の筐体内に複数のリールとしての第1リールR1〜第3リールR3からなるリールユニットが収められている。また、筐体内のリールユニットの下部には、メダルの払出装置としてのホッパーユニット320(図2参照)が収められている。また、本実施形態のスロットマシン1の筐体内には、CPU、ROM(情報記憶媒体の一例)、RAM等を搭載し、スロットマシン1の動作を制御する制御基板も収められている。
図1に示す第1リールR1〜第3リールR3は、それぞれ外周面が一定の間隔で20の領域(以下、各領域を「コマ」と記載する)に区画されており、各コマに複数種類の図柄のいずれかが配列されている。また、第1リールR1〜第3リールR3は、リール駆動手段としてのステッピングモータ(図示省略)に軸支されており、それぞれステッピングモータの軸周りに回転駆動され、ステッピングモータの駆動パルスのパルス数やパルス幅などを制御することによって、コマ単位(所定の回転角度単位、所定の回転量単位)で停止可能に設けられている。すなわち、本実施形態のスロットマシン1では、ステッピングモータが制御基板から供給された駆動パルスに応じて第1リールR1〜第3リールR3を回転駆動し、制御基板から駆動パルスの供給が断たれると、ステッピングモータの回転が停止することに伴って第1リールR1〜第3リールR3が停止する。
前面上扉UDと前面下扉DDとは、個別に開閉可能に設けられている。前面上扉UDには、第1リールR1〜第3リールR3の回転状態及び停止状態を観察可能にする表示窓DWが設けられている。第1リールR1〜第3リールR3の停止状態では、第1リールR1〜第3リールR3それぞれの外周面に一定間隔で配列された複数種類の図柄のうち、外周面上に連続して配列されている3つの図柄(上段図柄、中段図柄、下段図柄)をスロットマシン1の正面から表示窓DWを通じて観察できるようになっている。
また、本実施形態のスロットマシン1では、表示窓DWを通じて図柄を観察するための表示位置として、各リールについて上段、中段、下段が設けられており、各リールの表示位置の組合せによって有効ラインが設定されている。なお、本実施形態のスロットマシン1では、1回の遊技に関して必要となるメダルの数、いわゆる規定投入数が、いずれの遊技状態においても3枚に設定されており、各遊技状態に設定された規定投入数に相当するメダルが投入されると第1リールR1〜第3リールR3の中段によって構成される有効ラインL1が有効化される。
そして、遊技結果は、表示窓DW内の有効ラインL1上に停止表示された図柄組合せによって判定され、有効ラインL1上の図柄組合せが予め定められた役に対応した図柄組合せである場合に、その役が入賞したものとしてホッパーユニット320からメダルの払い出し等が行われる。
前面上扉UDには、遊技情報表示部DSが設けられている。遊技情報表示部DSは、LED、ランプ、7セグメント表示器等からなり、メダルのクレジット数、1回の遊技におけるメダルの払出数あるいは獲得数、ボーナス状態でのメダルの払出数の合計あるいは獲得数の合計、今回の遊技で当選した役の情報、メダルの払い出しに関係するストップボタンB1〜ストップボタンB3の押し方を示唆する情報の表示等の各種遊技情報が表示される。
遊技情報表示部DSには、7セグメント表示機から構成される主制御表示装置500が含まれており、規定投入数のメダルが投入されスタートレバーSLが操作された際に、今回の遊技で当選した役の情報である当選情報に基づき作成される制御信号である当選コマンドに対応する表示である報知表示が表示される。また、主制御表示装置500では、報知表示の表示後、第1リールR1〜第3リールR3が停止した際に、報知表示を終了するとともにメダルの払出数あるいは獲得数が表示される。本実施形態のスロットマシン1では、当選コマンドに応じた表示態様で主制御表示装置500の各セグメントが点灯及び消灯することで、内部抽選で当選した役がどの役であるか遊技者が推測できるような報知表示が実行される。
また、前面上扉UDには、演出を行うための表示装置330及びランプ装置350が設けられている。表示装置330は、例えば液晶ディスプレイから構成され、遊技を補助したり、遊技を盛り上げたりするための各種の映像や画像が表示される。ランプ装置350は、複数のランプを備え、遊技を補助したり、遊技を盛り上げたりするためのこれら複数のランプを発光又は消灯させる。また、本実施形態のスロットマシン1では、前面上扉UDや前面下扉DDに対して、演出を行うためのスピーカ(図示省略)が複数設けられている。スピーカからは、遊技を補助したり、遊技を盛り上げたりするための各種の音声が出力される。
前面下扉DDには、各種の操作手段が設けられている。操作手段としては、クレジット(貯留)されたメダルを投入する操作を行うための投入操作手段として、1枚のメダルを投入するシングルベットボタンBT及び規定投入数のメダルを投入するマックスベットボタンMB、第1リールR1〜第3リールR3を回転させて遊技を開始する契機となる開始操作を遊技者に実行させるための遊技開始操作手段としてのスタートレバーSL、ステッピングモータにより回転駆動されている第1リールR1〜第3リールR3のそれぞれを停止させる契機となる停止操作を遊技者に実行させるための停止操作手段としてのストップボタンB1〜ストップボタンB3、クレジットされたメダルを精算するための精算操作手段としての精算ボタンBS、演出装置300で実行される演出のうち遊技者が選択可能な演出を選択させるための選択操作手段としての選択ボタンSB及び遊技者が選択した演出の実行を決定させるための決定操作手段としての決定ボタンDBが設けられている。
本実施形態のスロットマシン1では、遊技者がメダルをメダル投入口MIに投入するか、メダルが規定投入数以上にクレジットされている場合に、規定投入数と同じ回数シングルベットボタンBTを押下するシングルベット操作又はマックスベットボタンMBを押下するマックスベット操作を行うことで、規定投入数のメダルが投入状態に設定され、第1リールR1〜第3リールR3の回転制御を開始することが可能な準備状態にセットされる。そして、遊技者がスタートレバーSLに対して開始操作を実行すると、制御基板において第1リールR1〜第3リールR3をステッピングモータの駆動により回転開始させるとともに、乱数を用いた内部抽選が行われ、第1リールR1〜第3リールR3の回転速度が所定の速度まで上昇し定常回転になったことを条件に、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の押下操作が許可、すなわちストップボタンB1〜ストップボタンB3による停止操作が有効化される。
その後、遊技者が任意のタイミングでストップボタンB1〜ストップボタンB3を押下(以下、「押下タイミング」と記載)していくと、ストップボタンB1〜ストップボタンB3のそれぞれに内蔵されている停止信号出力手段としてのストップスイッチ240がON動作を行い、制御基板へ出力するリール停止信号をOFF状態からON状態へ変化させる。ここで、ストップスイッチ240は、例えば、フォトセンサ、導通センサ、圧力センサ等から構成される。
また、遊技者が任意のタイミングで押下状態にあるストップボタンB1〜ストップボタンB3を解放すると、ストップボタンB1〜ストップボタンB3それぞれに対応するストップスイッチがOFF動作を行い、制御基板へ出力するリール停止信号をON状態からOFF状態に変化させる。そして、制御基板は、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の押下タイミング及び解放タイミングに応じて信号状態が変化するリール停止信号のOFF状態からON状態への変化に基づいて、内部抽選の結果に応じた停止位置で第1リールR1〜第3リールR3を停止させる。
スロットマシン1では、第1リールR1〜第3リールR3が停止し、かつメダルが投入状態に設定されていない状態で、選択ボタンSB又は決定ボタンDBが押下操作された場合に、表示装置330に遊技者が選択可能な複数の演出項目と、複数の演出項目のいずれかが選択されているかを示す表示である選択表示と、が表示され、選択ボタンSBが押下操作されることで、選択表示が現在選択されている演出項目から他の演出項目に移動され、決定ボタンDBが押下操作されることで、表示装置330に表示されている選択表示が示す現在選択されている演出項目の実行が決定される。
また、前面下扉DDの下部には、メダル払出口MOとメダル受け皿MPとが設けられており、遊技の結果に応じた枚数のメダルがメダル払出口MOからメダル受け皿MPへ払い出されるようになっている。また、遊技機内にクレジットされたメダルが記憶されている状態で、精算ボタンBSが押下された場合、精算ボタンBSの押下に伴ってホッパーユニット320からクレジット数(クレジットされたメダルの枚数)に相当する枚数のメダルを払い出す精算処理を実行し、メダル払出口MOからメダル受け皿MPへメダルを払い出す。
図2は、本実施形態のスロットマシン1の機能ブロック図である。本実施形態のスロットマシン1は、制御基板としての遊技制御手段100によって制御される。遊技制御手段100は、遊技者による遊技の進行に係る操作である遊技進行操作を検出する操作検出手段400(入力手段)としてのメダル投入スイッチ210、ベットスイッチ220、スタートスイッチ230及びストップスイッチ240からの入力信号を受けて、遊技を実行するための各種の演算を行い、演算結果に基づいてリールユニット310、ホッパーユニット320、表示装置330、音響装置340、ランプ装置350、主制御表示装置500等の出力手段の動作を制御する。また、遊技制御手段100のうち演出制御手段180は、遊技者による演出に係る操作である演出操作を検出する演出操作検出手段(入力手段)として、演出操作スイッチ250からの入力信号を受けて、演出を実行するための各種の演算を行い、演算結果に基づいて表示装置330、音響装置340等の演出に係る出力手段の動作を制御する。遊技制御手段100の機能は各種のプロセッサ(CPU、DSPなど)、ASIC(ゲートアレイなど)、ROM(情報記憶媒体の一例)、あるいはRAMなどのハードウェアや、ROMなどに予め記憶されている所定のプログラムからなるソフトウェアにより実現される。
また、遊技制御手段100は、投入受付手段105、乱数生成手段110、内部抽選手段120、リール制御手段130、入賞判定手段140、払出制御手段150、リプレイ処理手段160、遊技状態移行制御手段170、演出制御手段180、記憶手段190及びアシストタイム状態制御手段(AT状態制御手段)200を含む。遊技制御手段100を構成する各手段は、各制御処理の実行時に、記憶手段190に予め記憶されている各制御プログラムを読み出して実行する。
投入受付手段105は、第1リールR1〜第3リールR3が停止しており、遊技制御手段100によって遊技に係る制御処理の実行が開始される以前の期間を、メダルの投入を受け付ける期間である投入受付期間として設定し、投入受付期間を開始した場合において、規定投入数に相当するメダルが投入されたことに基づいて、スタートレバーSLに対する遊技開始操作を有効化する処理を行う。具体的には、メダル投入口MIにメダルが投入されると、メダル投入スイッチ210が作動することに伴って、投入受付手段105が、規定投入数を限度として、投入されたメダルを投入状態に設定する。また、投入受付手段105は、メダルがクレジットされた状態でシングルベットボタンBT又はマックスベットボタンMBが押下されるベット操作が実行されると、ベットスイッチ220が作動することに伴って、規定投入数を限度として、クレジットされたメダルを投入状態に設定する。
なお、本実施形態のスロットマシン1では、規定投入数に相当するメダルの投入に基づいて有効化されたスタートレバーSLの最初の押下操作が、第1リールR1〜第3リールR3の回転を開始させる契機となっているとともに、後述する内部抽選手段120が内部抽選を実行する契機となっている。
乱数生成手段110は、抽選用の乱数を発生させる手段である。乱数は、例えば、インクリメントカウンタ(所定のカウント範囲を循環するように数値をカウントするカウンタ)のカウント値に基づいて発生させることができる。なお、本実施形態において、「乱数」には、数学的な意味でランダムに発生する値のみならず、発生自体は規則的であっても、取得タイミング等が不規則であるために実質的に乱数として機能しうる値も含まれる。
内部抽選手段120は、遊技者がスタートレバーSLに対して開始操作を実行し、スタートスイッチ230が開始操作を検出することで出力されるスタート信号に基づいて、役の当否を決定する内部抽選を行う手段であって、抽選テーブル選択処理、乱数判定処理、抽選フラグ設定処理等を行う。
抽選テーブル選択処理では、記憶手段190の内部抽選テーブル記憶手段191に格納されている複数の内部抽選テーブルのうち、いずれの内部抽選テーブルを用いて内部抽選を行うかを現在の遊技状態に基づき選択する。各内部抽選テーブルでは、複数の乱数(例えば、0〜65535の65536個の乱数)のそれぞれに対して、リプレイ、小役及びボーナスなどの各種の役やハズレ(不当選)が対応付けられている。
図3は、遊技状態が非リプレイタイム状態〜リプレイタイム2状態(以下、リプレイタイムを「RT」と記載)である場合に選択される内部抽選テーブルである内部抽選テーブルA〜内部抽選テーブルCと、非RT状態〜RT2状態における内部抽選で第1種特別役物に係る役物連続作動装置である第1ビッグボーナス又は第2ビッグボーナス(以下、ビッグボーナスを「BB」と記載し、第1ビッグボーナスを「BB1」、第2ビッグボーナスを「BB2」と記載)に当選した場合に移行する遊技状態であるボーナス成立状態である場合に選択される内部抽選テーブルである内部抽選テーブルDと、BB1が入賞した場合に移行する遊技状態である第1ボーナス状態と、BB2が入賞した場合に移行する遊技状態である第2ボーナス状態と、のいずれかである場合に選択される内部抽選テーブルである内部抽選テーブルEと、を示す図である。
図3に示すように、遊技状態が非RT状態〜RT2状態である場合に選択される内部抽選テーブルA〜内部抽選テーブルCと、遊技状態がボーナス成立状態である場合に選択される内部抽選テーブルDと、は、いずれも小役を含む当選エリアの当選確率が同一に設定されており、小役を含む当選エリアとして、当選エリア「打順ベル1」〜当選エリア「打順ベル6」と、当選エリア「レア役」と、当選エリア「取りこぼし役」と、にそれぞれ乱数が対応付けられている。一方、遊技状態が第1ボーナス状態又は第2ボーナス状態である場合に選択される内部抽選テーブルEは、小役を含む当選エリアとして、当選エリア「JAC」に乱数が対応付けられている。
また、内部抽選テーブルA〜内部抽選テーブルCでは、本実施形態において用意されているボーナスとして、BB1に当選する当選エリアである当選エリア「BB1」と、BB2に当選する当選エリアである当選エリア「BB2」と、が抽選対象として設定されている。一方、内部抽選テーブルDでは、内部抽選テーブルA〜内部抽選テーブルCにおいてボーナスに対応付けられていた乱数がハズレ(不当選)に対応付けられている。
図4(A)は、非RT状態〜RT2状態、ボーナス成立状態において当選可能な小役を含む当選エリア(当選態様)と、各当選エリアの当選時に実行されるストップボタンB1〜ストップボタンB3の操作態様によって入賞可能となる小役と、を示す図である。図4(A)に示すように、本実施形態のスロットマシン1では、入賞可能な小役(以下、「入賞役」と記載)として、ベル、特殊小役1〜特殊小役6、レア役及び取りこぼし役が用意されており、複数種類の入賞役が重複して当選する小役の当選エリア(当選態様)として、当選エリア「打順ベル1」〜当選エリア「打順ベル6」が設定されている。
ここで、「打順」とは、ストップボタンB1〜ストップボタンB3に対して押下操作を実行する順番を意味し、打順1〜打順6の6通りの打順から構成されている。本実施形態のスロットマシン1では、ストップボタンB1を押下することが第1リールR1を停止させるための操作に対応し、ストップボタンB2を押下することが第2リールR2を停止させるための操作に対応し、ストップボタンB3を押下することが第3リールR3を停止させるための操作に対応する。このため、本実施形態のスロットマシン1では、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の押下順序が変化すると、第1リールR1〜第3リールR3の停止順序が変化する。
打順1は、ストップボタンB1→ストップボタンB2→ストップボタンB3の順に停止操作が実行される、いわゆる順押しと称される打順である。また、打順2は、ストップボタンB1→ストップボタンB3→ストップボタンB2の順に停止操作が実行される、いわゆるハサミ打ちと称される打順である。また、打順3は、ストップボタンB2→ストップボタンB1→ストップボタンB3の順に停止操作が実行される打順である。また、打順4は、ストップボタンB2→ストップボタンB3→ストップボタンB1の順に停止操作が実行される打順である。また、打順5は、ストップボタンB3→ストップボタンB1→ストップボタンB2の順に停止操作が実行される打順である。また、打順6は、ストップボタンB3→ストップボタンB2→ストップボタンB1の順に停止操作が実行される、いわゆる逆押しと称される打順である。
なお、以下の記載において、リール制御手段130によって第1リールR1〜第3リールR3の回転が開始され、遊技者が最初に有効なストップボタンB1〜ストップボタンB3のいずれかを押下操作することを第1停止操作とも記載し、第1リールR1〜第3リールR3のうち、第1停止操作で押下操作されたストップボタンに対応した1つのリールの回転が停止した状態で遊技者が有効なストップボタンB1〜ストップボタンB3のいずれかを押下操作することを第2停止操作とも記載し、第1リールR1〜第3リールR3のうち第1停止操作で押下操作されたストップボタンに対応したリールと第2停止操作で押下操作されたストップボタンに対応したリールとの2つのリールの回転が停止した状態で遊技者が有効なストップボタンB1〜ストップボタンB3のいずれかを押下操作することを第3停止操作とも記載する。
当選エリア「打順ベル1」〜当選エリア「打順ベル6」は、ベルと、特殊小役1〜特殊小役6のうちいずれか1種類と、が重複して当選する当選エリアである。ここで、ベルは、当選エリア「打順ベル1」〜当選エリア「打順ベル6」の当選時に適切な打順でストップボタンB1〜ストップボタンB3が押下操作された場合に、各ストップボタンの押下タイミングによらず入賞する入賞役であり、例えば当選エリア「打順ベル1」の当選時である場合には、打順1でストップボタンB1〜ストップボタンB3が押下操作された場合に入賞する。また、特殊小役1〜特殊小役6は、当選エリア「打順ベル1」〜当選エリア「打順ベル6」の当選時にベルを入賞可能な打順以外の打順でストップボタンB1〜ストップボタンB3が押下操作され、かつ各ストップボタンの押下タイミングが適切であった場合に入賞可能な入賞役であり、例えば当選エリア「打順ベル1」の当選時である場合には、打順2〜打順6のいずれかの打順でストップボタンB1〜ストップボタンB3が押下操作され、かつ各ストップボタンの押下タイミングが適切であった場合に入賞する。
なお、本実施形態のスロットマシン1において、当選エリア「打順ベル1」〜当選エリア「打順ベル6」の当選時にベルを入賞させることができない打順でストップボタンB1〜ストップボタンB3が押下操作され、かつ特殊小役1〜特殊小役6を入賞させることができない押下タイミングで各ストップボタンが押下操作された場合には、いずれの役も入賞しない取りこぼし(非入賞)が発生する。また、以下の記載において、当選エリア「打順ベル1」〜当選エリア「打順ベル6」の当選時にベルを入賞させることができる打順を、正解打順とも記載する。また、当選エリア「打順ベル1」〜当選エリア「打順ベル6」の当選時にベルを入賞させることができない打順を、不正解打順とも記載する。
当選エリア「レア役」は、レア役に当選し、打順及び押下タイミングによらずレア役が入賞可能に構成されており、他の小役を含む当選エリアよりも当選する確率が低くなるように構成されている。当選エリア「取りこぼし役」は、取りこぼし役に当選し、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の押下タイミングが適切な場合に取りこぼし役を入賞可能に構成されており、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の押下タイミングが取りこぼし役を入賞させることができない押下タイミングであった場合には、いずれの役も入賞しない取りこぼし(非入賞)となる。
図4(B)は、第1ボーナス状態、第2ボーナス状態において当選可能な小役の当選エリアを示す図である。図4(B)に示すように、JACは、ベル、特殊小役1〜特殊小役6、レア役及び取りこぼし役の、非RT状態〜RT2状態及びボーナス成立状態において当選可能な小役のすべてに重複して当選する当選エリアである。本実施形態のスロットマシン1は、当選エリア「JAC」に当選した場合、リール制御手段130によるリール停止制御において、入賞時の払出数が最も多いベルが他の役に優先して入賞するように第1リールR1〜第3リールR3を制御する。これにより、当選エリア「JAC」に当選した場合には、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の打順及び押下タイミングによらずベルが入賞する。
次に、リプレイを含む当選エリアについて説明する。図3に示すように、本実施形態のスロットマシン1では、リプレイのみを含む当選エリアとして、当選エリア「通常リプレイ」と、当選エリア「打順リプレイ1」〜当選エリア「打順リプレイ6」と、当選エリア「レアリプレイ」と、が設定されている。
当選エリア「通常リプレイ」は、通常リプレイに当選し、打順及び押下タイミングによらず通常リプレイを入賞可能に構成されている。当選エリア「レアリプレイ」は、レアリプレイに当選し、打順及び押下タイミングによらずレアリプレイを入賞可能に構成されている。また、当選エリア「レアリプレイ」は、各内部抽選テーブルにおいて当選可能なリプレイを含む当選エリアのいずれの当選エリアよりも当選確率が低くなるように設定されている。
当選エリア「打順リプレイ1」〜当選エリア「打順リプレイ6」は、通常リプレイと、RT2移行リプレイと、に重複して当選し、当選エリア「打順リプレイ1」〜当選エリア「打順リプレイ6」のそれぞれに設定された打順でストップボタンB1〜ストップボタンB3が押下操作された場合にはRT2移行リプレイが入賞し、それ以外の打順でストップボタンB1〜ストップボタンB3が押下操作された場合には通常リプレイが入賞する。
また、当選エリア「打順リプレイ1」〜当選エリア「打順リプレイ6」は、重複当選する当選態様がそれぞれ異なるように構成されている。具体的には、当選エリア「打順リプレイ1」は、通常リプレイと、RT2移行リプレイとが重複当選し、当選エリア「打順リプレイ2」は、通常リプレイと、RT2移行リプレイと、他のリプレイとは入賞形態を示す図柄組合せ(以下、「入賞図柄組合せ」とも記載)が異なる特殊リプレイ1と、が重複当選し、当選エリア「打順リプレイ3」は、通常リプレイと、RT2移行リプレイと、他のリプレイとは入賞図柄組合せが異なる特殊リプレイ2と、が重複当選し、当選エリア「打順リプレイ4」は、通常リプレイと、RT2移行リプレイと、他のリプレイとは入賞図柄組合せが異なる特殊リプレイ3と、が重複当選し、当選エリア「打順リプレイ5」は、通常リプレイと、RT2移行リプレイと、他のリプレイとは入賞図柄組合せが異なる特殊リプレイ4と、が重複当選し、当選エリア「打順リプレイ6」は、通常リプレイと、RT2移行リプレイと、他のリプレイとは入賞図柄組合せが異なる特殊リプレイ5と、が重複当選するように構成されている。なお、後述するリール制御手段130は、内部抽選手段120による内部抽選で特殊リプレイ1〜特殊リプレイ5を含む当選エリアに当選した場合に、ストップボタンB1〜ストップボタンB3がいずれの打順及び押下タイミングで押下操作された場合にも、特殊リプレイ1〜特殊リプレイ5の入賞図柄組合せが表示されないようにリール停止制御を実行するように構成されている。
乱数判定処理では、スタートスイッチ230から出力されるスタート信号に基づいて、遊技ごとに乱数生成手段110が生成する乱数(抽選用乱数)を取得し、取得した乱数を抽選テーブル選択処理で選択した内部抽選テーブルと比較して、比較結果に基づき役に当選したか否かを判定する。
抽選フラグ設定処理では、乱数判定処理の結果に基づいて、当選したと判定された役に対応する抽選フラグを非成立状態(第1のフラグ状態、OFF状態)から成立状態(第2のフラグ状態、ON状態)に設定する。本実施形態のスロットマシン1では、2種類以上の役が重複して当選した場合には、重複して当選した2種類以上の役のそれぞれに対応する抽選フラグが成立状態に設定される。なお、抽選フラグの設定情報は、記憶手段190の抽選フラグ記憶手段192に格納される。
ここで、本実施形態のスロットマシン1では、入賞するまで次回以降の遊技に成立状態を持ち越し可能な抽選フラグ(持越可能フラグ)と、入賞の如何に関わらず次回以降の遊技に当選状態を持ち越さずに非成立状態にリセットされる抽選フラグ(持越不可フラグ)とが用意されている。前者の持越可能フラグが対応付けられる役としては、BB1,BB2があり、小役及びリプレイは、後者の持越不可フラグに対応付けられている。すなわち、抽選フラグ設定処理では、内部抽選でBB1,BB2のいずれかを含む当選エリアに当選すると、当選したBB1又はBB2の抽選フラグの成立状態を、BB1又はBB2が入賞するまで持ち越す処理を行う。このとき、内部抽選手段120は、BB1,BB2の抽選フラグの成立状態が持ち越されている遊技でも、小役及びリプレイについての当否を決定する内部抽選を行っている。すなわち、抽選フラグ設定処理では、BB1,BB2の抽選フラグの成立状態が持ち越されている遊技において、小役やリプレイが当選した場合には、既に当選しているBB1又はBB2の抽選フラグと内部抽選で当選した小役やリプレイの抽選フラグとからなる2種類以上の役に対応する抽選フラグを成立状態に設定する。
リール制御手段130は、遊技者がスタートレバーSLへ開始操作を実行することにより作動するスタートスイッチ230から、スタート信号が出力されたことに基づいて、ステッピングモータにより第1リールR1〜第3リールR3の回転駆動を開始する。また、リール制御手段130は、第1リールR1〜第3リールR3の回転状態が、所定速度(例えば、約80rpm)で定常回転する回転状態(以下、定常回転状態ともいう)となった場合に、各リールに対応するストップボタンB1〜ストップボタンB3が押下操作されることでストップスイッチ240によって検出される停止操作を有効化する制御を実行する。そして、リール制御手段130は、停止操作の検出に基づきストップスイッチ240からリール停止信号が出力された場合に、リールユニット310のステッピングモータへの駆動パルス(モータ駆動信号)の供給を停止することにより、第1リールR1〜第3リールR3の各リールを停止させる制御を行う。このとき、リール制御手段130は、ステッピングモータにより回転駆動されている第1リールR1〜第3リールR3を抽選フラグの設定状態、すなわち内部抽選の結果に応じた態様で停止させる制御を行う。つまり、リール制御手段130は、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の各ボタンが押下されるごとに、第1リールR1〜第3リールR3のうち押下されたストップボタンに対応するリールの停止位置を決定して、決定された停止位置でリールを停止させる制御を行っている。
また、本実施形態のスロットマシン1では、第1リールR1〜第3リールR3について、ストップボタンB1〜ストップボタンB3が押下された時点から190ms以内に、押下されたストップボタンに対応する回転中のリールを停止するようになっている。ここで、ストップボタンの押下時点から190ms以内に回転中のリールを停止させる場合、回転している各リールの停止位置は、各リールの直径及び回転速度より、ストップボタンの押下時点からリールが停止するまでに最大で4コマ分回転可能に構成されている。リール制御手段130は、ストップボタンB1〜ストップボタンB3のうち押下操作が行われたストップボタンに対応する回転中のリールの外周面上において、内部抽選で当選した役に対応する図柄が、ストップボタンに対する押下操作が行われた時点で有効ラインL1上の表示位置に対して0コマ〜4コマの範囲内に位置する場合に、抽選フラグが当選状態に設定されている役に対応する図柄を有効ラインL1上の表示位置に表示するように、押下操作が行われたストップボタンに対応する回転中のリールを停止させる制御を行っている。
このため、スロットマシン1では、上述したベルや各リプレイのようなストップボタンB1〜ストップボタンB3の押下タイミングによらず入賞可能な役の入賞図柄組合せを構成する図柄が、第1リールR1〜第3リールR3のそれぞれにおいて、ストップボタンの押下時点からリールが停止するまでに表示可能な範囲内に配列されている。
ここで、リール制御手段130は、スタートスイッチ230が開始操作を検出することで出力されるスタート信号を受信し、第1リールR1〜第3リールR3の回転を開始して1回の遊技を開始した場合に、一般にウェイト(又はウェイト時間)と称される待機時間(約4.1秒)を設定するように構成されている。そして、リール制御手段130は、待機時間の設定から待機時間が経過するまでの期間内にスタート信号をスタートスイッチ230から受信した場合に、待機時間が経過した後に第1リールR1〜第3リールR3の回転を開始するように構成されている。この構成により、リール制御手段130は、1回の遊技の開始から次の遊技の開始までに一定の時間として最小遊技時間(約4.1秒)を経過してから遊技を開始させることができる。
リール制御手段130は、ロジック演算により回転中のリールの停止位置を求めるロジック演算処理と、記憶手段190の停止制御テーブル記憶手段193に記憶されている停止制御テーブルを参照して回転中のリールの停止位置を決定するテーブル参照処理とを行っている。
まず、ロジック演算処理では、役ごとに定められた優先順位データに従ってストップスイッチ240の作動時点、つまりストップボタンの押下操作を検出した時点におけるリールの位置である押下検出位置から0コマ〜4コマの範囲内に存在する5コマ分の停止位置の候補に対して優先度を求める。ここで、リール制御手段130は、リールユニット310に設けられたフォトセンサが各リールに設けられたリール位置検出部を検出した場合に出力されるリールが1回転したことを示す情報であるリールインデックスと、リールインデックスが検出されるリールの基準位置からの回転角度(ステッピングモータに供給した駆動パルスの供給回数から算出)を用いて、ストップスイッチ240からリール停止信号を受信した時点におけるリールの回転状態を取得する。そして、各停止位置の候補の優先度のうち最も優先度の高い停止位置の候補を実際の停止位置として決定する。ただし、ロジック演算処理では、内部抽選の結果や押下検出位置等に応じて複数の停止位置の候補に対して同一の優先度が求まる場合がある。最も優先度の高い停止位置の候補が複数となった場合には、テーブル参照処理によって実際の停止位置を決定する。
ロジック演算処理では、2種類以上の役に関する抽選フラグが当選状態に設定されている場合、各役に対応付けられた優先順位に従って、優先順位の高い役の入賞形態を構成する図柄を含む停止位置の候補を、優先順位が低い役の入賞形態を構成する図柄を含む停止位置の候補よりも優先度が高くなるように優先度を求める。本実施形態のスロットマシン1では、「リプレイ>小役>ボーナス」の順序で優先順位が定められている。
なお、本実施形態のスロットマシン1において、内部抽選で複数種類の小役が当選した場合における停止位置の候補の優先度の求め方は、有効ラインL1上に表示可能な図柄組合せの数に応じて優先度を求める方法と、小役に予め定められている配当に基づくメダルの払出数に応じて優先度を求める方法とが存在する。有効ラインL1上に表示可能な図柄組合せの数に応じて停止位置の候補の優先度を求める場合には、有効ラインL1上に表示可能な入賞図柄組合せの数が多くなる停止位置ほど優先度が高くなるように各停止位置の候補の優先度を求める。また、メダルの払出数に応じて停止位置の候補の優先度を求める場合には、有効ラインL1上の表示位置に表示されている図柄に対応する小役の配当に基づくメダルの払出数が多くなる停止位置、すなわち配当が多い小役を入賞させることができる停止位置ほど優先順位が高くなるように各停止位置の候補の優先度を求める。ただし、メダルの払出数に応じて停止位置の候補の優先度を求める場合に、配当が同一の小役が重複して当選した場合には、それぞれの小役を入賞させることができる停止位置の候補の優先度がそれぞれ同一のものとして扱われる。
また、ロジック演算処理では、いわゆる引き込み処理と蹴飛ばし処理とをリールの停止位置の候補を求める処理として行っている。ここで、引き込み処理とは、抽選フラグが当選状態に設定された役を可能な限り入賞させることができるようにリールの停止位置の候補を求める処理である。一方、蹴飛ばし処理とは、抽選フラグが非当選状態に設定された役を入賞させることができないようにリールの停止位置の候補を求める処理である。このように、リール制御手段130は、抽選フラグが当選状態に設定された役の図柄を入賞の形態で停止可能にし、一方で抽選フラグが非当選状態に設定された役の図柄を入賞の形態で停止しないようにリールの停止位置の候補を求めるロジック演算処理を行っている。
なお、本実施形態のスロットマシン1においては、遊技制御手段100によって遊技の進行に係る制御処理が開始された場合に、第1リールR1〜第3リールR3のそれぞれの内側に配設されているライトであり、照明手段としてのバックライト315が点灯を開始し、後述する演出制御手段180によって消灯がなされるまで、第1リールR1〜第3リールR3の周面に配列されている図柄をバックライト315が照らすことで、遊技者に第1リールR1〜第3リールR3の周面の図柄を視認しやすくしている。
入賞判定手段140は、第1リールR1〜第3リールR3の停止態様に基づいて、役が入賞したか否かを判定する入賞判定処理を行う。具体的には、記憶手段190の入賞判定テーブル記憶手段194に記憶されている入賞判定テーブルを参照しながら、第1リールR1〜第3リールR3の全てが停止した時点で有効ラインL1上に表示されている図柄組合せが、予め定められた役の入賞の形態であるか否かを判定する。そして、各リールが停止した状態における有効ラインL1上に表示された図柄組合せによって、小役、リプレイ、ボーナスの入賞の有無を判定(以下、「入賞判定」と記載)できるように入賞判定テーブルが用意されている。
また、本実施形態のスロットマシン1では、入賞判定処理における入賞判定手段140の判定結果に基づいて各処理が実行される。入賞役の判定結果に基づき実行される各処理としては、例えば、小役が入賞した場合には払出制御手段150にメダルを払い出させる枚数を決定する処理が行われ、リプレイが入賞した場合にはリプレイ処理手段160に次回の遊技においてメダルを消費せずに実行させる処理を行わせ、ボーナスが入賞した場合には遊技状態移行制御手段170に入賞したボーナスを作動させる処理が行われる。
払出制御手段150は、遊技結果に応じたメダルの払い出しに関する払出処理を行う。具体的には、小役が入賞した場合に、役ごとに予め定められている配当に基づいて遊技におけるメダルの払出数を決定し、決定された払出数に相当するメダルを、払出装置としてのホッパーユニット320に払い出させる制御を行う。
本実施形態において、ベルの配当は、規定投入数(3枚)よりも多い9枚に設定され、レア役の配当は、規定投入数と同数の3枚に設定され、特殊小役1〜特殊小役6及び取りこぼし役の配当は、規定投入数よりも少ない1枚に設定されている。
ホッパーユニット320は、払出制御手段150によって指示された払出数のメダルを払い出す動作を行う。ホッパーユニット320には、メダルを1枚払い出すごとに作動する払出メダル検出スイッチ325が備えられている。払出制御手段150は、払出メダル検出スイッチ325からの入力信号に基づいて、ホッパーユニット320から実際に払い出されたメダルの数を管理することができるように構成されている。なお、メダルのクレジットが許可されている場合には、ホッパーユニット320によって実際にメダルの払い出しを行う代わりに、記憶手段190のクレジット記憶領域(図示省略)に記憶されているクレジット数(クレジットされたメダルの数)に対して払出数を加算するクレジット加算処理を行って仮想的にメダルを払い出す処理を行う。
リプレイ処理手段160は、入賞判定手段140により有効ラインL1上に複数種類のリプレイ役のうちいずれかのリプレイの入賞を示す図柄組合せが停止表示されたと判定され、リプレイが入賞した場合に、次回の遊技に関してメダルの投入を要さずに遊技を実行可能にする準備状態に設定するリプレイ処理(再遊技処理)を行う。すなわち、本実施形態のスロットマシン1では、リプレイが入賞した場合、規定投入数分のメダルを遊技者の手持ちのメダル(クレジットメダルを含む)を使わずに自動的に投入する自動投入処理が行われ、前回の遊技と同じ有効ラインL1を設定した状態で、次回のスタートレバーSLに対する開始操作を待機する。
遊技状態移行制御手段170は、非RT状態〜RT2状態の間で遊技状態を移行させ、リプレイの当選態様を変更させるRT状態移行制御処理と、内部抽選手段120による内部抽選でBB1又はBB2が当選した場合に現在の遊技状態からボーナス成立状態に移行させるボーナス成立状態移行制御処理と、リール制御手段130によるリール停止制御によってBB1又はBB2の入賞図柄組合せが有効ラインL1上に表示された場合に、有効ラインL1上に表示されたボーナスを作動させるとともに遊技状態を第1ボーナス状態又は第2ボーナス状態に移行させるボーナス作動制御処理と、の遊技状態移行制御を行う。
図5(A)は、遊技状態移行制御手段170が実行する遊技状態移行制御において、各遊技状態から移行可能な遊技状態を示す状態遷移図である。なお、以下の記載において、非RT状態〜RT2状態をまとめて「非ボーナス状態」とも記載する。また、以下の記載において、第1ボーナス状態、第2ボーナス状態をまとめて「ボーナス状態」とも記載する。
まず、RT状態移行制御処理の詳細について説明する。図5(A)に示すように、非RT状態は、複数種類の遊技状態の中で初期状態に相当する遊技状態で、非RT状態からはRT1状態への移行が可能となっている。具体的には、非RT状態において当選エリア「打順ベル1」〜当選エリア「打順ベル6」のいずれかが当選し、かつストップボタンB1〜ストップボタンB3が押下操作され、リール制御手段130によるリール停止制御により小役、リプレイ及びボーナスのいずれの役の入賞図柄組合せとは異なる図柄組合せが有効ラインL1上に表示された場合にRT1状態へ移行する。また、非RT状態では、リプレイの当選確率が例えば約1/7.3に設定された内部抽選テーブルAを参照した内部抽選が行われる。
RT1状態は、非RT状態と、RT2状態と、から移行可能な通常の状態に相当する遊技状態で、RT1状態からはRT2状態への移行が可能となっている。具体的には、RT1状態において、当選エリア「打順リプレイ1」〜当選エリア「打順リプレイ6」のいずれかに当選し、かつRT2移行リプレイを入賞可能な打順でストップボタンB1〜ストップボタンB3が押下操作され、リール制御手段130によるリール停止制御によりRT2移行リプレイの入賞図柄組合せが有効ラインL1上に表示された場合に、RT2状態に移行する。RT1状態では、リプレイの当選確率が例えば約1/7.3に設定されている内部抽選テーブルBを参照した内部抽選が行われる。
RT2状態は、RT1状態においてリール制御手段130によるリール停止制御によりRT2移行リプレイの入賞図柄組合せが有効ラインL1上に表示されたことを契機として移行する遊技状態である。RT2状態からは、RT1状態への移行が可能となっている。具体的には、当選エリア「打順ベル1」〜当選エリア「打順ベル6」のいずれかが当選し、かつストップボタンB1〜ストップボタンB3が押下操作され、リール制御手段130によるリール停止制御により小役、リプレイ及びボーナスのいずれの役の入賞図柄組合せとは異なる図柄組合せが有効ラインL1上に表示された場合に、RT1状態に移行する。RT2状態では、リプレイの当選確率が例えば約1/1.5に設定されることで、小役、リプレイ又はボーナスのいずれかに当選する確率が極めて高く設定されている内部抽選テーブルCを参照した内部抽選が行われる。
本実施形態のスロットマシン1では、非RT状態〜RT2状態の間で遊技状態を遷移させることで、各遊技状態で異なる遊技性を実現している。具体的には、本実施形態のスロットマシン1においては、当選エリア「打順ベル1」〜当選エリア「打順ベル6」の当選時にベルを入賞させ続ける限り、リプレイの当選確率が約1/7.3と低い確率で維持される非RT状態と、通常の遊技が実行されるRT1状態と、高確率でリプレイに当選することで毎回の遊技において小役、リプレイ又はボーナスのいずれかに極めて高い確率で当選可能なRT2状態と、でそれぞれ異なる遊技性を実現している。
次に、遊技状態移行制御手段170が実行する遊技状態移行制御処理のうちボーナス成立状態移行制御処理について説明する。遊技状態移行制御手段170は、内部抽選でBB1又はBB2を含む当選エリアに当選した場合に、遊技状態を現在の遊技状態からボーナス成立状態へ移行させるボーナス成立状態移行制御処理を実行する。具体的には、遊技状態移行制御手段170は、例えば非RT状態での内部抽選において当選エリア「BB1」や当選エリア「BB2」等のボーナスを含む当選エリアに当選した場合に、遊技状態を非RT状態からボーナス成立状態に移行させる。また、スロットマシン1では、BB1,BB2を含む当選エリアに当選し、かつ当選したBB1又はBB2が入賞しなかった場合に、当選したBB1又はBB2が入賞するまでの以降の遊技においてボーナス成立状態での遊技が実行される。ボーナス成立状態では、図3に示す内部抽選テーブルA〜内部抽選テーブルEのうち、リプレイの当選確率が例えば約1/7.3に設定されている内部抽選テーブルDを参照した内部抽選が行われる。
本実施形態のスロットマシン1では、ボーナス成立状態において、内部抽選で小役、リプレイ又はボーナスのいずれかに当選する確率が極めて高く設定されているRT2状態よりもリプレイの当選確率が低い内部抽選テーブルを用いて内部抽選が実行されるように構成されている。上述した通り、本実施形態のスロットマシン1においては、内部抽選でBB1,BB2を含む当選エリアに当選した場合に、当選したBB1又はBB2が入賞するまで抽選フラグが成立状態で持ち越される。このため、スロットマシン1では、ボーナス成立状態における内部抽選で小役又はリプレイに当選した場合に、小役とボーナス又はリプレイとボーナスが重複して当選した状態となる。また、上述した通り、スロットマシン1では、「リプレイ>小役>ボーナス」の順序で優先順位が定められている。また、スロットマシン1では、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の押下タイミングが適切である場合に入賞する特殊小役1〜特殊小役6、取りこぼし役の当選時において、当選した特殊小役1〜特殊小役6、取りこぼし役を入賞できない押下タイミングでストップボタンB1〜ストップボタンB3が押下操作された場合に、いずれの役も入賞しない取りこぼし(非入賞)となるように構成されている。
このため、本実施形態のスロットマシン1では、ボーナス成立状態のリプレイの当選確率をRT2状態におけるリプレイの当選確率よりも低くなるように設定し、内部抽選でハズレ(不当選)となり得るように構成することで、ボーナスに単独で当選した状態が発生し得るように構成されている。これにより、スロットマシン1では、ボーナス成立状態において、内部抽選でハズレ(不当選)となった際に、抽選フラグが成立状態にセットされ続けているBB1又はBB2を入賞させることができるようになる。
次に、遊技状態移行制御手段170が実行する遊技状態移行制御処理のうちボーナス状態移行制御処理について説明する。遊技状態移行制御手段170は、リール制御手段130によるリール停止制御によりBB1の入賞図柄組合せが有効ラインL1上に表示された場合に、ボーナス状態移行制御処理として、BB1を作動させるとともに遊技状態をボーナス成立状態から第1ボーナス状態へ移行させる処理を実行する。第1ボーナス状態へ移行した場合、遊技状態移行制御手段170は、記憶手段190の有するカウンタであるボーナス終了判定カウンタ(不図示)へ値を加算する処理を開始する。第1ボーナス状態からは、非RT状態への移行が可能となっている。具体的には、第1ボーナス状態において、270枚を超えるメダルの払い出しが実行され、ボーナス終了判定カウンタに記憶されている値が予め定められた所定の払出数に対応する値(本実施形態では値「270」)に到達した場合に、BB1を終了させるとともに遊技状態を非RT状態に移行する。第1ボーナス状態では、図3に示す内部抽選テーブルA〜内部抽選テーブルEのうち、小役の当選エリアとして当選エリア「JAC」が設定され、極めて高い確率で当選エリア「JAC」に当選するように設定された内部抽選テーブルEを参照した内部抽選が行われる。
また、遊技状態移行制御手段170は、リール制御手段130によるリール停止制御によりBB2の入賞図柄組合せが有効ラインL1上に表示された場合に、ボーナス状態移行制御処理として、BB2を作動させるとともに遊技状態をボーナス成立状態から第2ボーナス状態へ移行させる処理を実行する。第2ボーナス状態へ移行した場合、遊技状態移行制御手段170は、ボーナス終了判定カウンタへ値を加算する処理を開始する。第2ボーナス状態からは、非RT状態への移行が可能となっている。具体的には、第2ボーナス状態において、54枚を超えるメダルの払い出しが実行され、ボーナス終了判定カウンタに記憶されている値が予め定められた所定の払出数に対応する値(本実施形態では値「54」)に到達した場合に、BB2を終了させるとともに遊技状態を非RT状態に移行する。第2ボーナス状態では、図3に示す内部抽選テーブルA〜内部抽選テーブルEのうち、小役の当選エリアとして当選エリア「JAC」が設定され、極めて高い確率で当選エリア「JAC」に当選するように設定された内部抽選テーブルEを参照した内部抽選が行われる。
演出制御手段180は、演出データ記憶手段195に記憶されている演出データに基づいて、例えば、表示装置330を用いて行う表示演出や音響装置340を用いて行う音響演出等、遊技に関する演出に係る制御を行う。具体的には、メダルの投入、シングルベットボタンBT、マックスベットボタンMB、スタートレバーSL、ストップボタンB1〜ストップボタンB3に対する操作等への遊技者によるスロットマシン1の各構成の操作時や、遊技状態の変動等の遊技イベントの発生時に、ランプ及びLEDの点灯あるいは点滅、表示装置330の表示内容の変化、スピーカからの音の出力、スタートスイッチ230からスタート信号が出力された状態で第1リールR1〜第3リールR3の回転開始を遅延させる第1リールR1〜第3リールR3を用いた演出等を実行することにより、遊技を盛り上げる演出や、遊技を補助するための演出の実行制御を行う。
また、演出制御手段180は、各演出状態に基づく演出を演出装置300を構成する各構成に実行させる。なお、本実施形態において、演出制御手段180は、乱数を用いる抽選処理ごとに、乱数生成手段110の乱数格納領域から乱数を取得し、演出抽選テーブル記憶手段196に記憶されている複数の演出抽選テーブルのうち、各抽選処理に必要な演出抽選テーブルを用いて各抽選処理を実行する。
本実施形態の演出制御手段180は、第1リールR1〜第3リールR3が停止し、かつメダルが投入状態に設定されていない状態で、選択ボタンSB又は決定ボタンDBが押下操作されたことを演出操作スイッチ250が検出した場合に、演出操作スイッチ250から出力される演出入力信号が入力されることに基づき表示装置330に遊技者が選択可能な複数の演出項目と、複数の演出項目のいずれかが選択されているかを示す表示である選択表示と、を表示する。演出制御手段180は、複数の演出項目を表示装置330に表示している状態で選択ボタンSBが押下操作されたことを演出操作スイッチ250が検出し、演出操作スイッチ250から出力される演出入力信号が入力された場合に、演出入力信号に基づき選択表示を移動させる。また、演出制御手段180は、複数の演出項目を表示装置330に表示している状態で決定ボタンDBが押下操作されたことを演出操作スイッチ250が検出し、演出操作スイッチ250から出力される演出入力信号が入力された場合に、演出入力信号に基づき選択表示が示す現在選択されている演出項目の実行を決定する。
また、演出制御手段180は、投入受付手段105によって投入受付期間が開始された状態で、遊技者によってメダル投入口MIからメダルが投入される遊技者のメダル投入操作をメダル投入スイッチ210が検出した場合及びメダルがクレジットされた状態でシングルベットボタンBT又はマックスベットボタンMBが押下される遊技者のベット操作をベットスイッチ220が検出した場合と、スタートレバーSLへの遊技者の開始操作を有効化されたスタートスイッチ230が検出した場合と、ストップボタンB1〜ストップボタンB3への遊技者の停止操作を有効化されたストップスイッチ240が検出した場合と、に、操作検出手段400によって、遊技者による遊技の進行に係る操作として、メダル投入操作、ベット操作、開始操作、停止操作の遊技進行操作が検出されたと判定する。
更に、演出制御手段180は、第1リールR1〜第3リールR3が回転状態において、ストップスイッチ240がリールの停止操作を検出した場合、記憶手段190の有する時間を記憶するタイマである時間記憶手段198に記憶されている値を初期化するとともに時間記憶手段198を用いた計時を開始する。そして、演出制御手段180は、時間記憶手段198に記憶される時間が所定の時間(本実施形態では1分)となった場合に、表示装置330にリールの回転の停止を促す画像を表示し、かつ、警告音を出力する回転停止警告を実行するか否かを判定する処理である回転停止警告の実行判定処理を実行する。回転停止警告の実行判定処理の詳細については、後述する。なお、上記時間記憶手段198は、第3停止操作が実行され、第1リールR1〜第3リールR3が非回転状態となると、タイマが初期化された状態(記憶値が0にリセットされた状態)で計時を終了する。そして、第1リールR1〜第3リールR3の回転開始時には、初期化された値から計時を開始するようになっている。
AT状態制御手段200は、特定役の入賞を補助する入賞補助制御が実行されるアシストタイム状態(以下、アシストタイムのことを「AT」とも記載)と、入賞補助制御が実行されない非アシストタイム状態(非AT状態)と、の間での移行に係る制御を実行する。本実施形態において、AT状態制御手段200は、AT状態において、打順によって入賞する役が異なる当選エリアに内部抽選で当選した場合に、特定役が入賞する確率を上げるための制御として、内部抽選手段120に当選した当選エリアに応じてそれぞれ異なる当選コマンドを作成させる制御である入賞補助制御を実行し、作成させた当選コマンドを主制御表示装置500に送信させることで、内部抽選で当選した当選エリアがいずれの当選エリアであるかを報知する報知表示が主制御表示装置500に実行される。ここで、入賞補助制御の対象になる当選エリアは、当選エリア「打順ベル1」〜当選エリア「打順ベル6」と、当選エリア「打順リプレイ1」〜当選エリア「打順リプレイ6」と、が含まれる。また、入賞補助制御によって入賞する確率が上がる特定役は、当選エリア「打順ベル1」〜当選エリア「打順ベル6」の当選時のベル、当選エリア「打順リプレイ1」〜当選エリア「打順リプレイ6」の当選時のRT2移行リプレイである。
また、AT状態制御手段200によってAT状態が実行されている場合、演出制御手段180は、内部抽選手段120から送信される当選コマンドに基づき、特定役の入賞を補助する演出である入賞補助演出を実行する。例えば、演出制御手段180は、内部抽選で当選エリア「打順ベル1」に当選したことを示す当選コマンドが内部抽選手段120から送信された場合、ベルを入賞させることができる正解打順を演出装置300によって報知する入賞補助演出を実行する。
AT状態制御手段200は、記憶手段190の状態制御データ記憶手段197に記憶されている各データを用いて非AT状態及びAT状態における制御処理を実行する。具体的には、AT状態制御手段200は、例えばAT状態を実行するか否かを決定する抽選であるAT抽選を実行する場合に、乱数生成手段110から取得した乱数と比較するための抽選テーブルであるAT抽選テーブルを、状態制御データ記憶手段197から取得してAT抽選を実行する。なお、状態制御データ記憶手段197には、AT状態制御手段200が非AT状態及びAT状態における制御処理で実行する際にON状態又はOFF状態にセットする各種フラグも格納されている。
図5(B)は、本実施形態のAT状態制御手段200によって実行される非AT状態とAT状態との詳細を示す図である。図5(B)に示すように、AT状態制御手段200は、非AT状態として、第1非アシストタイム状態としての通常非アシストタイム状態(通常非AT状態)と、第2非アシストタイム状態としてのチャンスゾーン状態(CZ状態)と、を有している。また、AT状態として第1AT状態及び第2AT状態を有している。
通常非AT状態は、入賞補助制御が実行されない非AT状態であり、かつCZ状態でない場合に実行される状態であり、他の状態が開始されるまで継続する状態である。通常非AT状態において、AT状態制御手段200は、予め定められた所定の当選役に当選した場合や予め定められた所定の遊技回数の遊技が実行された場合等の、予め定められた抽選条件が成立した場合に、CZ状態の実行を決定するか否かを抽選により決定するCZ抽選を実行する。本実施形態のAT状態制御手段200においては、予め定められた抽選条件として、内部抽選で当選エリア「レアリプレイ」に当選した場合にCZ抽選を実行する。また、通常非AT状態において、AT状態制御手段200は、所定の当選エリア(本実施形態では当選エリア「レアリプレイ」)とは異なる特定の当選エリア(例えば、内部抽選において他の小役を含む当選エリアよりも当選確率の低い当選エリア「レア役」)に当選した場合に第1AT状態及び第2AT状態の実行を決定するか否かを抽選により決定するAT抽選を実行する。なお、本実施形態において、AT状態制御手段200は、例えば、非AT状態から第1AT状態に移行することなく所定の遊技回数(例えば、1000ゲーム)の遊技が実行された場合に非AT状態から第1AT状態又は第2AT状態に移行するように構成されていてもよい。
AT状態制御手段200によって実行される状態が通常非AT状態である場合、演出制御手段180は、それぞれ演出の内容が異なる複数種類の演出状態のいずれかを実行するように構成されている。本実施形態の演出制御手段180は、複数種類の演出状態として、表示装置330に昼間の映像を表示する第1演出状態と、表示装置330に夕方の映像を表示する第2演出状態と、表示装置330に夜間の映像を表示する第3演出状態と、を有している。
CZ状態は、通常非AT状態においてCZ抽選に当選した場合に実行される状態であり、通常非AT状態よりも第1AT状態の実行が決定される確率が高い状態である。CZ状態において、AT状態制御手段200は、CZ状態の開始時に記憶手段190のCZ終了判定カウンタ(不図示)に所定の遊技回数に対応する値(例えば、10ゲーム)をセットし、10ゲームの遊技が実行されるまでの間、毎ゲームごとに第1AT状態の実行を決定するか否かを抽選するAT抽選を実行するように構成されており、当選確率が低い当選エリア「レア役」に当選した場合にのみAT抽選が実行される通常非AT状態よりも第1AT状態に移行しやすい状態となっている。AT状態制御手段200は、CZ終了判定カウンタの記憶する値が値「0」になるまでにAT抽選によって第1AT状態の実行が決定された場合に、CZ状態を終了して第1AT状態を開始し、CZ終了判定カウンタの記憶する値が値「0」になった時点でAT抽選によって第1AT状態の実行が決定されなかった場合に、CZ状態を終了して通常非AT状態を開始する。
第1AT状態は、通常非AT状態及びCZ状態において実行されるAT抽選において第1AT状態の実行が決定された場合や、非AT状態において、第1AT状態に移行することなく1000ゲームの遊技が実行された場合等、第1AT状態の開始条件が成立した場合に開始される状態である。第1AT状態において、AT状態制御手段200は、第1AT状態の開始時に記憶手段190のAT終了判定カウンタ(不図示)に所定の遊技回数に対応する値(例えば、30ゲーム)をセットし、30ゲームの遊技が実行された場合に、第1AT状態から通常非AT状態に移行しAT状態を終了する。また、第2AT状態は、開始時に記憶手段190のAT終了判定カウンタにセットされるATゲーム数が第1AT状態よりも多く(例えば500ゲーム)セットされるAT状態であり、AT抽選において当選する確率が第1AT状態に当選する確率よりも低く、かつ、享受することができる利益の期待値が第1AT状態よりも高い状態となっている。なお、当選エリア「レア役」は、いずれのRT状態においても抽選されるため、第2AT状態は、どの状態からでも移行することができるようになっている。
AT状態(第1及び第2AT状態)においては、上述した通り、打順によって入賞する役が異なる当選エリアに内部抽選で当選した場合に、AT状態制御手段200によって入賞補助制御が実行されるとともに、演出制御手段180によって入賞補助演出が実行される。具体的には、AT状態制御手段200は、当選エリア「打順ベル1」〜当選エリア「打順ベル6」と、当選エリア「打順リプレイ1」〜当選エリア「打順リプレイ6」と、の当選時に入賞補助制御を実行する。
入賞補助制御が実行されることで、スロットマシン1では、当選エリア「打順ベル1」〜当選エリア「打順ベル6」の当選時においてベルを入賞させることができる正解打順が主制御表示装置500によって報知され、当選エリア「打順リプレイ1」〜当選エリア「打順リプレイ6」の当選時においてRT2移行リプレイを入賞させることができる打順が主制御表示装置500によって報知される。このため、AT状態は、遊技者がメダルを獲得することが容易になるとともに、リプレイの当選確率が高い遊技状態に移行する確率も上がることで、遊技者にとってメダルの払い出しに関して有利な状態となっている。
上述した通り、RT2状態においては、小役、リプレイ又はボーナスに必ず当選し、非RT状態及びRT1状態よりもリプレイの当選確率が高く設定されている。つまり、本実施形態のスロットマシン1においては、AT状態が開始され当選エリア「打順リプレイ1」〜当選エリア「打順リプレイ6」の当選時において、RT2移行リプレイを入賞させることができる打順が報知されることで、遊技状態がRT1状態からRT2状態に移行するとともに、当選エリア「打順ベル1」〜当選エリア「打順ベル6」の当選時において、正解打順が報知されることで、RT2状態が維持されるため、AT状態における遊技が他の遊技状態よりもリプレイに高確率で当選する状態で実行される、いわゆるART遊技となっている。
2.回転停止警告の実行判定処理の詳細
次に、図6及び7を参照して、本実施形態に係るスロットマシン1において、演出制御手段180が実行する演出に係る制御処理のうち、遊技者にリールの回転停止を促す回転停止警告の実行判定処理の詳細について説明する。
図6は、本実施形態のスロットマシン1において、第1リールR1〜第3リールR3の少なくともいずれか1つのリールが回転している状態で、演出制御手段180が回転停止警告を実行するか否かを判定するフローチャートである。第1リールR1〜第3リールR3が停止している状態から遊技者によりスタートレバーSLが操作されて、スタートスイッチ230が回転開始操作を検出すると、リール制御手段130は、第1リールR1〜第3リールR3の回転を開始させる。この時、演出制御手段180は、上記第1リールR1〜第3リールR3が所定速度で回転する定常回転状態に到達したか否かを判定し(S1)、第1リールR1〜第3リールR3が定常回転状態に到達したことに基づいて(S1のYes)、タイマである時間記憶手段198による計時を開始する(S2)。なお、演出制御手段180は、第1リールR1〜第3リールR3が定常回転状態に到達するまでは、上記時間記憶手段198による計時の開始を待機する(S1のNo)。なお、上記定常回転となったか否かは、計測されたリールの回転速度からでも、ストップボタンB1〜B3の停止操作が有効化されたことからでも、スタートスイッチ230がリールの回転開始を検出してからの時間からでも判断することができ、どのような方法によって判定されても良い。
時間記憶手段198による計時が開始されると、演出制御手段180は、上記ストップボタンB1〜ストップボタンB3に対応するストップスイッチ240が、リールの停止操作を検出したか否かを判定し(S3)、停止操作が実行されていない場合(S3のNo)、演出制御手段180は、時間記憶手段198による計時されている時間(非停止操作時間)が1分以上であるか否かを判定する(S4)。即ち、この時、演出制御手段180は、第1リールR1〜第3リールR3が定常回転状態となってから1分以上、回転停止操作のない無操作状態(非回転停止操作状態)が続いているか否かを判定している。
そして、時間記憶手段198に記憶されている計時時間が1分未満の場合(S4のNo)、演出制御手段180は、実行されている演出をそのまま継続し(S5)、ステップS3へと戻り、時間記憶手段198に記憶されている計時時間が1分以上となるまで、上記ステップS3〜S5を繰り返して、リールの停止操作が実行されたか否かを判定する。
一方で、上記無操作状態が1分以上、続く場合(S4のYes)、演出制御手段180は、回転停止警告を実行することが可能か否かを判定する(S6)。即ち、リール制御手段130は、ストップスイッチ240がリールの停止操作を検出するまでは、回転している第1リールR1〜第3リールR3を停止させない。このため、これら第1リールR1〜第3リールR3は、スタートスイッチ230が回転開始操作を検出した後、ストップスイッチ240によってリールの停止操作が検出されないと、所定速度で回転する定常状態が維持されてしまい、この定常状態が長い間、維持されると、第1リールR1〜第3リールR3を回転させるステッピングモータ等に大きな負荷が掛かってしまう。
従って、本実施の形態において、演出制御手段180は、上記無操作状態が1分以上、続き、かつ、遊技者の都合により上記第1リールR1〜第3リールR3が長時間回転している訳ではない場合(S6のYes)、図7(A)に示すように、表示装置330上においてリールの停止を促す画像を表示すると共に、音響装置340から所定の警告音を出力する回転停止警告を実行し(S7)、遊技者にリールの回転停止操作の実行を促すように構成されている。なお、上記表示装置330に表示される画像は、レイヤー管理されており、リールの停止を促す画像は、通常の演出画像よりも上位のレイヤーに表示され、通常演出画像上に重なった形で表示されるようになっている。また、上述した警告音は、通常の演出用音声を出力されているチャンネルとは異なるチャンネルから出力されるように構成されている。即ち、演出音声と警告音声とは、異なるスピーカから出力され、これら演出音声と警告音声とを重ねることが可能となっている。
そして、上記回転停止警告に従って、もしくは、時間記憶手段198に記憶されている計時時間が1分未満の間に、回転しているリールに対応する有効化されているストップボタンB1〜ストップボタンB3が押下され、ストップスイッチ240によってリールの停止操作が検出されると(S3のYes)、演出制御手段180は、時間記憶手段198に記憶されている計時時間をリセットするリセット処理を実行する(S9)。なお、このリセット処理においては、上記回転停止警告が実行されている場合、回転停止警告をキャンセルする処理も同時に実行され、表示装置330上に表示されたリール停止を促す画像が消されると共に、警告音の出力が停止される。
リセット処理が実行されると、演出制御手段180は、第1リールR1〜第3リールR3の全ての回転が停止されているか否かを判定し(S10)、回転しているリールが残っている場合(S10のNo)、ステップS2へと戻って残りの回転しているリールの停止操作の判定を実行する。また、第1リールR1〜第3リールR3の全ての回転が停止されていると判定した場合(S10のYes)、回転停止警告の実行判定処理を終了する。
ここで、例えば、本実施の形態に係るスロットマシン1においては、内部抽選で当選エリア「レア」に当選することに基づいて実行されるAT抽選において第2AT状態の実行が当選すると、ストップボタンの押下操作を無効化して、残りの回転中のリールの回転を継続するフリーズが実行される。より詳しくは、AT抽選において上記第2AT状態に当選し、その後、ストップボタンB1〜ストップボタンB3のいずれかを押下操作する第1停止操作が実行されると、この第1停止操作に基づいて、フリーズが実行される。本実施の形態において、このフリーズは、実行時間の長い(例えば59秒の)ロングフリーズであり、このフリーズが実行されている間、第1リールR1〜第3リールR3の停止操作は無効化されてしまう。なお、本実施の形態において、演出とは、表示装置330、音響装置340及びランプ装置350を用いた遊技の興趣を高めるための動作に限らず、上述したフリーズや、リールを動作させる回動演出も演出の概念に含まれるものである。また、第1停止操作に基づいてフリーズを実行しているため、フリーズと共に回動演出の実行をしていないが、例えば、上記ロングフリーズがリールの回転開始動作(スタートレバーSLに対する遊技開始動作)に基づいて実行される場合、このロングフリーズに回動演出が伴っていても良い。
このため、1分以上、無操作状態が続くことに基づいて自動的に回転停止警告を実行してしまうと、遊技者の都合により上記第1リールR1〜第3リールR3が長時間回転している訳ではないにも係わらず、ロングフリーズが終了した直後(本実施の形態の場合、1秒後)に回転停止警告が実行されてしまい、遊技者の遊技に対する興趣を低下させてしまう虞がある。そこで、本実施の形態において、演出制御手段180は、回転停止警告の不実行条件として、上記ロングフリーズの実行が設定されている。即ち、このロングフリーズが実行されている場合、例えば、時間記憶手段198に記憶されている計時時間が1分以上であっても、ステップS6において回転停止警告を実行することができないと判断され(S6のNo)、回転停止警告は実行されずに、図7(B)に示すように、現在、実行されている演出がそのまま継続されるようになっている(S8)。
上述した通り、本実施形態のスロットマシン1は、第1リールR1〜第3リールR3の回転が長くなり過ぎた場合に、リールの回転時間に基づいて、遊技者にリールの回転の停止を促す警告である回転停止警告を、表示装置330や音響装置340などの演出装置300を用いて実行するように構成されているが、その実行プログラム内に回転停止警告の不実行を判定する不実行判定工程が組み込まれている。
即ち、演出制御手段180は、所定のタイミング(上述の実施の形態では1分以上の無操作状態を検出したタイミング)で回転停止警告が実行されるように構成されているが、例えば、上述したロングフリーズの実行のような所定の演出の実行を不実行条件として有しており、この不実行条件を満たしている場合、上記回転停止警告が所定のタイミングで実行されないようにしている。
このため、長時間の演出の実行など、遊技の進行上の都合により、所定時間の無操作状態が生じてしまった場合では、上記回転停止警告が実行されないように構成されており、殆ど/もしくは全くリールの停止操作を実行するタイミングが遊技者側になかったにも係わらず、回転停止警告が実行されてしまうことを防止することができる。これにより、遊技者に起因しない無操作状に基づいて回転停止警告が実行されて、遊技者に不快感を与えてしまうことを防止することができると共に、この回転停止警告の実行によって遊技者が興ざめして遊技に対する興趣が低下してしまうことを防止することができる。
より具体的には、本実施の形態において、演出制御手段180は、遊技者による開始操作(リールの回転開始)に基づいて計時を開始し、上記所定のタイミングは、開始操作(リールの回転開始)に基づいた計時開始から第1時間のストップスイッチの無操作状態を検出したタイミングを含み、上記所定の演出は演出の実行時間が第2時間以上の演出であり、演出制御手段180は、所定の演出が実行される場合には、前記開始操作に基づいた計時開始から第1時間を経過しても回転停止警告を実行しないようになっている。なお、開始操作に基づいた計時開始は、上述した実施の形態のようにリールの回転が定常回転となってからであっても、リールの回転開始と同時であっても良い。
また、演出制御手段180は、ストップスイッチ240がリールを停止させるための停止操作を検出したことに基づいて計時を開始し、上記所定のタイミングは、停止操作に基づいた計時開始から第1時間のストップスイッチの無操作状態を検出したタイミングを含み、上記所定の演出は演出の実行時間が第2時間以上の演出であり、演出制御手段180は、所定の演出が実行される場合には、停止操作に基づいた計時開始から第1時間を経過しても回転停止警告を実行しないようになっている。
3.変形例
なお、上述した実施の形態においては、演出制御手段180は、ロングフリーズが実行されてから、次のリールの停止操作があるまでは、回転停止警告を実行しないように構成されているが、これに限らず、例えば、通常、回転停止警告が実行されるタイミングとは異なるタイミングで回転停止警告が実行されるように構成しても良い。具体的には、上記無操作状態をロングフリーズ等の所定の演出が終了してから、回転停止演出を実行する所定の無操作時間(非回転停止操作時間)を計時するように構成し、所定の演出が終了後、所定の無操作時間が経過した後に回転停止警告を実行するようにしても良く、また、回転停止警告が実行されるまでの無操作時間の計時時間をフリーズが実行されない通常時よりも長く構成しても良い。なお、回転停止警告が実行されるまでの無操作時間の計時時間を延長する場合(例えば、通常、1分の無操作の検出で回転停止警告を出すところ、2分の無操作の検出で回転停止警告を出す場合)、回転開始操作から第1停止操作までの期間、第1停止操作から第2停止操作までの期間、第2停止操作から第3停止操作までの期間の全ての期間における計時時間を延長しても、ロングフリーズが実行される期間のみ計時時間を延長してもどちらでも良い。即ち、演出制御手段180は、上記所定の演出が実行されることに基づいて、回転停止警告を、上記所定のタイミングよりも後のタイミングにて実行するように構成されても良い。
また、上述した実施の形態においては、第1リールR1〜第3リールR3が定常状態になったことに基づいて、回転停止操作が実行されない無操作時間の計時を開始しているが、スタートスイッチ230がONされたことに基づいて、計時を開始しても良い。更に、回転停止警告は、リールの回転開始からの総時間が所定時間以上となった場合に実行するように構成されても良い。具体的には、例えば、第1及び第2停止操作では、タイマを初期化及び再計時せず、特定のタイミングで警告がでるように構成しても良い。例えば、レバーONから複数のタイミング(例えば、1分、2分、5分のタイミング)で警告が出るようにし、1分及び2分経過のタイミングで出る警告は所定のタイミングで消え、最後の警告(5分)については、第3停止操作が実行されるまでは消えないようにしても良い。なお、この場合においても、ロングフリーズ等の所定の演出が実行された場合は、回転停止警告を実行しないように構成しても、回転停止警告の開始を所定の演出時間分だけ遅延させるように構成しても良い。また、ロングフリーズは、第1停止操作後に限らず、第2停止操作後及び第3停止操作後に実行されるようにしても良いし、スタートスイッチ230によって回転開始操作が検出されたことに基づいて実行されるようにしても良い。
更に、回転停止警告の不実行条件として、上述した実施の形態では、ロングフリーズの実行を設定しているが、必ずしもこれに限られる必要はなく、例えば、回転停止警告の実行が判断される所定の無操作時間よりも実行時間の長い演出や、所定の無操作時間に実行時間が近い演出などを実行する場合を、上記不実行条件として設定しても良い。また、これらの不実行条件として設定される演出は、必ずしもフリーズのように演出実行中にリール停止操作が無効化されるような演出でなくてもよく、例えば、ストップボタンB1〜B3の押下で切り替わったり、終了させたりすることの可能な演出であっても良い。
更に、本実施の形態では、表示装置330上にリール停止を促す画像を表示すると共に、音響装置340から警告音を報知するように構成しているが、例えば、これらに加えてランプ装置350を発光させるように構成しても良く、また、これら表示装置330、音響装置340、ランプ装置350をどのように組み合わせて回転停止警告を構成しても良い。また、表示装置330で回転停止警告を行うが、警告音の報知などの音響装置340による警告や、警告点灯などのランプ装置350による警告を実行しないようにしても良い。なお、この場合、例えば、AT中に表示装置330上での打順表示や音声での打順ナビを行い、各リールの直上にランプ(打順ランプ)を搭載して打順ランプによる打順ナビを行うようにしつつ、表示装置330上の打順ナビと回転停止警告画面が重ならいようにしている。即ち、全てのデバイスで打順ナビを邪魔しないように構成されている。
更に、上述した実施の形態においては、回転停止警告の不実行条件を満たしている場合、回転停止警告の全てを所定のタイミングで実行しないように構成されているが、回転停止警告の少なくとも一部が、所定のタイミングで実行されることが不実行となっていれば良い。例えば、回転停止警告の内、表示装置330に対するリールの回転の停止を促す画像の表示については不実行とするが、ランプ装置350及び/又は音響装置340については、回転停止警告を実行するように構成しても良い。
即ち、演出制御手段180は、回転停止警告を、複数の演出装置を用いて所定のタイミングで報知するように構成され、所定の演出が実行されることに基づいて、複数の演出装置の内の少なくとも1つの演出装置における回転停止警告の実行が、前記所定のタイミングで実行されないように構成されても良い。また、演出制御手段180は、回転停止警告を、1つの演出装置を用いて所定のタイミングで報知するように構成され、所定の演出が実行されることに基づいて、前記演出装置における回転停止警告の実行が、前記所定のタイミングで実行されないように構成されても良い。更に、演出制御手段180は、所定のタイミングでリールの回転の停止を促す画像を表示装置に表示するように構成されていると共に、所定の演出が実行されることに基づいて表示装置に対する画像の表示を行わないように構成されても良い。
また、本実施形態において、スロットマシン1は、制御基板としての遊技制御手段100を有するように構成されているが、これに限らず、例えば制御基板として主制御基板と副制御基板とを有するように構成されていてもよい。このように構成された場合、スロットマシン1は、内部抽選等の遊技の進行に係る抽選処理やリール制御を実行する各制御手段を主制御基板に有し、演出に係る制御処理として、いわゆるATの当否やATに関する抽選を含む制御処理を実行する各制御手段を副制御基板に有するようにしてもよい。また、ATの当否やATに関する抽選を含む制御処理に関しては、主制御基板を構成する制御手段が実行し、演出に関する制御処理に関しては、副制御基板を構成する制御手段が実行するように構成してもよい。
加えて、主制御基板と副制御基板とに制御基板が分かれている構成において、遊技の進行に伴って実行される演出は、副制御基板にて決定・実行されるが、上記回転停止警告を実行する演出制御手段180は、主制御基板と副制御基板とのどちらに設けられていても良い。なお、例えば、演出制御手段180が主制御基板に設けられている場合においても、リールを用いずに演出装置のみによって実行される演出を行う際に上述した回転停止警告の制御を適用することができる。即ち、所定の当選役の当選時や、所定の遊技状態の最初の遊技では必ず長時間の演出が実行されるようにしておき、所定の当選役の当選時や所定の遊技状態の最初の遊技にて回転停止警告の不実施や延長を行うことを主制御基板が判断するようにしても良い。また、演出制御手段180が副制御基板に設けられている場合においても、遊技の進行に伴って実行される演出が決定されてから、その内容が所定時間以上の演出となる場合に、回転停止警告の不実施や延長を行うことを副制御基板が判断するようにしても良い。なお、上記演出は演出の実行途中で当該演出を遊技者により終了(キャンセル)できるものでも、できないものでもどちらでも良い。
1…スロットマシン(遊技機):120…内部抽選手段:130…リール制御手段:140…入賞判定手段:180…演出制御手段:230…スタートスイッチ:240…ストップスイッチ:300…演出装置:L1…有効ライン:R1…第1リール:R2…第2リール:R3…第3リール

Claims (2)

  1. 外周面に複数種類の図柄が配列されている複数のリールと、
    小役及びリプレイを含む複数種類の役のうち少なくとも1つを含む複数種類の当選態様の当否を決定する内部抽選を行う内部抽選手段と、
    遊技者による開始操作を検出するスタートスイッチと、
    前記複数のリールに対応して設けられ、各リールを停止させるための停止操作を検出するストップスイッチと、
    前記スタートスイッチによる前記開始操作の検出に基づいて、前記複数のリールを回転させ、前記ストップスイッチによる前記停止操作の検出及び前記内部抽選手段により決定された前記内部抽選の結果に基づいて、回転中の前記リールを停止させるリール停止制御を行うリール制御手段と、
    前記複数のリールが停止した状態で、役ごとに予め定められた入賞形態を示す図柄組合せが有効ライン上に表示されたことに基づいて、役が入賞したと判定する入賞判定手段と、
    遊技に関する演出を制御する演出制御手段と、
    前記演出制御手段が制御する演出を実行する1又は複数の演出装置と、
    前記ストップスイッチに対する停止操作が実行されない非停止操作時間を計時する時間記憶手段と、を備え、
    前記演出制御手段は、回転停止警告及びフリーズ演出を実行可能であり、
    前記回転停止警告は、前記演出装置を用いて前記リールの回転の停止を促す警告であり、
    前記フリーズ演出は、前記ストップスイッチに対する停止操作が無効化される演出であり、
    前記演出制御手段は、前記開始操作後に前記非停止操作時間が所定時間経過したタイミングで前記回転停止警告を実行し、
    前記時間記憶手段による前記非停止操作時間の計時は、前記フリーズ演出中も継続して実行され、
    前記演出制御手段は、前記フリーズ演出が実行される場合、前記回転停止警告を実行する演出装置の内の少なくとも1つの演出装置について、前記回転停止警告が、前記非停止操作時間が所定時間経過したタイミングにおいて実行されないようにする、

    ことを特徴とする遊技機。
  2. 外周面に複数種類の図柄が配列されている複数のリールと、
    小役及びリプレイを含む複数種類の役のうち少なくとも1つを含む複数種類の当選態様の当否を決定する内部抽選を行う内部抽選手段と、
    遊技者による開始操作を検出するスタートスイッチと、
    前記複数のリールに対応して設けられ、各リールを停止させるための停止操作を検出するストップスイッチと、
    前記スタートスイッチによる前記開始操作の検出に基づいて、前記複数のリールを回転させ、前記ストップスイッチによる前記停止操作の検出及び前記内部抽選手段により決定された前記内部抽選の結果に基づいて、回転中の前記リールを停止させるリール停止制御を行うリール制御手段と、
    前記複数のリールが停止した状態で、役ごとに予め定められた入賞形態を示す図柄組合せが有効ライン上に表示されたことに基づいて、役が入賞したと判定する入賞判定手段と、
    遊技に関する演出を制御する演出制御手段と、
    前記演出制御手段が制御する演出を実行する1又は複数の演出装置と、を備え、
    前記演出制御手段は、回転停止警告及びフリーズ演出を実行可能であり、
    前記回転停止警告は、前記演出装置を用いて前記リールの回転の停止を促す警告であり、
    前記フリーズ演出は、前記ストップスイッチに対する停止操作が無効化される演出であり、
    前記演出制御手段は、前記フリーズ演出が実行される場合、前記回転停止警告を実行する演出装置の内の少なくとも1つの前記演出装置について、前記フリーズ演出による前記ストップスイッチに対する停止操作が無効化されなくなった後、前記ストップスイッチが最初に停止操作を検知するまでの期間については、前記回転停止警告が実行されないようにする、
    ことを特徴とする遊技機。
JP2016215507A 2016-11-02 2016-11-02 遊技機 Active JP6849209B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2016215507A JP6849209B2 (ja) 2016-11-02 2016-11-02 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2016215507A JP6849209B2 (ja) 2016-11-02 2016-11-02 遊技機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2018068905A JP2018068905A (ja) 2018-05-10
JP6849209B2 true JP6849209B2 (ja) 2021-03-24

Family

ID=62112969

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2016215507A Active JP6849209B2 (ja) 2016-11-02 2016-11-02 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6849209B2 (ja)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2020081394A (ja) * 2018-11-26 2020-06-04 サミー株式会社 遊技機
JP2020182594A (ja) * 2019-04-30 2020-11-12 株式会社大一商会 遊技機
JP2020182593A (ja) * 2019-04-30 2020-11-12 株式会社大一商会 遊技機
JP7428407B2 (ja) * 2022-03-14 2024-02-06 株式会社オリンピア 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP2018068905A (ja) 2018-05-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6935068B2 (ja) 遊技機
JP6889898B2 (ja) 遊技機
JP6889635B2 (ja) 遊技機
JP6890812B2 (ja) 遊技機
JP2018008155A (ja) 遊技機
JP6849209B2 (ja) 遊技機
JP2018000575A (ja) 遊技機
JP6786092B2 (ja) 遊技機
JP2018029731A (ja) 遊技機
JP6770936B2 (ja) 遊技機
JP6398046B2 (ja) 遊技機
JP6476376B2 (ja) 遊技機
JP6439095B2 (ja) 遊技機
JP2018079007A (ja) 遊技機
JP6371957B2 (ja) 遊技機
JP6887749B2 (ja) 遊技機
JP6970435B2 (ja) 遊技機
JP6638028B2 (ja) 遊技機
JP6706099B2 (ja) 遊技機
JP6998578B2 (ja) 遊技機
JP6910053B2 (ja) 遊技機
JP7093982B2 (ja) 遊技機
JP6851061B2 (ja) 遊技機
JP2017196182A (ja) 遊技機
JP6842758B2 (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20190819

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20200205

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20200206

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20200714

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20200715

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20200911

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20210224

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20210225

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6849209

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250