JP6713943B2 - 電子機器、制御装置、制御プログラム及び電子機器の動作方法 - Google Patents

電子機器、制御装置、制御プログラム及び電子機器の動作方法 Download PDF

Info

Publication number
JP6713943B2
JP6713943B2 JP2017058103A JP2017058103A JP6713943B2 JP 6713943 B2 JP6713943 B2 JP 6713943B2 JP 2017058103 A JP2017058103 A JP 2017058103A JP 2017058103 A JP2017058103 A JP 2017058103A JP 6713943 B2 JP6713943 B2 JP 6713943B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
electronic
indoor
unit
identification
determination
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2017058103A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2018093461A (ja
Inventor
上野 泰弘
泰弘 上野
茂輝 田辺
茂輝 田辺
英樹 森田
英樹 森田
功 益池
功 益池
浩太郎 山内
浩太郎 山内
学 佐久間
学 佐久間
健史 島田
健史 島田
Original Assignee
京セラ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2016229120 priority Critical
Priority to JP2016229120 priority
Application filed by 京セラ株式会社 filed Critical 京セラ株式会社
Priority claimed from PCT/JP2017/040518 external-priority patent/WO2018096942A1/ja
Publication of JP2018093461A publication Critical patent/JP2018093461A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6713943B2 publication Critical patent/JP6713943B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01CMEASURING DISTANCES, LEVELS OR BEARINGS; SURVEYING; NAVIGATION; GYROSCOPIC INSTRUMENTS; PHOTOGRAMMETRY OR VIDEOGRAMMETRY
    • G01C21/00Navigation; Navigational instruments not provided for in groups G01C1/00 - G01C19/00
    • G01C21/20Instruments for performing navigational calculations
    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01SRADIO DIRECTION-FINDING; RADIO NAVIGATION; DETERMINING DISTANCE OR VELOCITY BY USE OF RADIO WAVES; LOCATING OR PRESENCE-DETECTING BY USE OF THE REFLECTION OR RERADIATION OF RADIO WAVES; ANALOGOUS ARRANGEMENTS USING OTHER WAVES
    • G01S19/00Satellite radio beacon positioning systems; Determining position, velocity or attitude using signals transmitted by such systems
    • G01S19/01Satellite radio beacon positioning systems transmitting time-stamped messages, e.g. GPS [Global Positioning System], GLONASS [Global Orbiting Navigation Satellite System] or GALILEO
    • G01S19/13Receivers
    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01SRADIO DIRECTION-FINDING; RADIO NAVIGATION; DETERMINING DISTANCE OR VELOCITY BY USE OF RADIO WAVES; LOCATING OR PRESENCE-DETECTING BY USE OF THE REFLECTION OR RERADIATION OF RADIO WAVES; ANALOGOUS ARRANGEMENTS USING OTHER WAVES
    • G01S5/00Position-fixing by co-ordinating two or more direction or position line determinations; Position-fixing by co-ordinating two or more distance determinations
    • G01S5/02Position-fixing by co-ordinating two or more direction or position line determinations; Position-fixing by co-ordinating two or more distance determinations using radio waves
    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01SRADIO DIRECTION-FINDING; RADIO NAVIGATION; DETERMINING DISTANCE OR VELOCITY BY USE OF RADIO WAVES; LOCATING OR PRESENCE-DETECTING BY USE OF THE REFLECTION OR RERADIATION OF RADIO WAVES; ANALOGOUS ARRANGEMENTS USING OTHER WAVES
    • G01S5/00Position-fixing by co-ordinating two or more direction or position line determinations; Position-fixing by co-ordinating two or more distance determinations
    • G01S5/02Position-fixing by co-ordinating two or more direction or position line determinations; Position-fixing by co-ordinating two or more distance determinations using radio waves
    • G01S5/0252Radio frequency fingerprinting
    • GPHYSICS
    • G05CONTROLLING; REGULATING
    • G05BCONTROL OR REGULATING SYSTEMS IN GENERAL; FUNCTIONAL ELEMENTS OF SUCH SYSTEMS; MONITORING OR TESTING ARRANGEMENTS FOR SUCH SYSTEMS OR ELEMENTS
    • G05B19/00Programme-control systems
    • G05B19/02Programme-control systems electric
    • G05B19/04Programme control other than numerical control, i.e. in sequence controllers or logic controllers
    • G05B19/042Programme control other than numerical control, i.e. in sequence controllers or logic controllers using digital processors
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04BTRANSMISSION
    • H04B1/00Details of transmission systems, not covered by a single one of groups H04B3/00 - H04B13/00; Details of transmission systems not characterised by the medium used for transmission
    • H04B1/38Transceivers, i.e. devices in which transmitter and receiver form a structural unit and in which at least one part is used for functions of transmitting and receiving
    • H04B1/3822Transceivers, i.e. devices in which transmitter and receiver form a structural unit and in which at least one part is used for functions of transmitting and receiving specially adapted for use in vehicles
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04MTELEPHONIC COMMUNICATION
    • H04M1/00Substation equipment, e.g. for use by subscribers
    • H04M1/72Mobile telephones; Cordless telephones, i.e. devices for establishing wireless links to base stations without route selection
    • H04M1/724User interfaces specially adapted for cordless or mobile telephones
    • H04M1/72403User interfaces specially adapted for cordless or mobile telephones with means for local support of applications that increase the functionality
    • H04M1/72409User interfaces specially adapted for cordless or mobile telephones with means for local support of applications that increase the functionality by interfacing with external accessories
    • H04M1/72412User interfaces specially adapted for cordless or mobile telephones with means for local support of applications that increase the functionality by interfacing with external accessories using two-way short-range wireless interfaces
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04MTELEPHONIC COMMUNICATION
    • H04M1/00Substation equipment, e.g. for use by subscribers
    • H04M1/72Mobile telephones; Cordless telephones, i.e. devices for establishing wireless links to base stations without route selection
    • H04M1/724User interfaces specially adapted for cordless or mobile telephones
    • H04M1/72448User interfaces specially adapted for cordless or mobile telephones with means for adapting the functionality of the device according to specific conditions
    • H04M1/72454User interfaces specially adapted for cordless or mobile telephones with means for adapting the functionality of the device according to specific conditions according to context-related or environment-related conditions
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W4/00Services specially adapted for wireless communication networks; Facilities therefor
    • H04W4/02Services making use of location information
    • H04W4/025Services making use of location information using location based information parameters
    • H04W4/027Services making use of location information using location based information parameters using movement velocity, acceleration information
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W4/00Services specially adapted for wireless communication networks; Facilities therefor
    • H04W4/30Services specially adapted for particular environments, situations or purposes
    • H04W4/33Services specially adapted for particular environments, situations or purposes for indoor environments, e.g. buildings
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W4/00Services specially adapted for wireless communication networks; Facilities therefor
    • H04W4/30Services specially adapted for particular environments, situations or purposes
    • H04W4/40Services specially adapted for particular environments, situations or purposes for vehicles, e.g. vehicle-to-pedestrians [V2P]
    • H04W4/48Services specially adapted for particular environments, situations or purposes for vehicles, e.g. vehicle-to-pedestrians [V2P] for in-vehicle communication
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W64/00Locating users or terminals or network equipment for network management purposes, e.g. mobility management
    • GPHYSICS
    • G05CONTROLLING; REGULATING
    • G05BCONTROL OR REGULATING SYSTEMS IN GENERAL; FUNCTIONAL ELEMENTS OF SUCH SYSTEMS; MONITORING OR TESTING ARRANGEMENTS FOR SUCH SYSTEMS OR ELEMENTS
    • G05B2219/00Program-control systems
    • G05B2219/30Nc systems
    • G05B2219/37Measurements
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W84/00Network topologies
    • H04W84/02Hierarchically pre-organised networks, e.g. paging networks, cellular networks, WLAN [Wireless Local Area Network] or WLL [Wireless Local Loop]
    • H04W84/10Small scale networks; Flat hierarchical networks
    • H04W84/12WLAN [Wireless Local Area Networks]
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W88/00Devices specially adapted for wireless communication networks, e.g. terminals, base stations or access point devices
    • H04W88/02Terminal devices
    • H04W88/06Terminal devices adapted for operation in multiple networks or having at least two operational modes, e.g. multi-mode terminals

Description

本開示は、電子機器に関する。
特許文献1に記載されているように、電子機器に関して様々な技術が提案されている。
国際公開第2015/064662号
電子機器は、その性能の向上が望まれる。
そこで、本発明は上述の点に鑑みて成されたものであり、電子機器の性能を向上することが可能な技術を提供することを目的とする。
電子機器、制御装置、制御プログラム及び電子機器の動作方法が開示される。一の実施の形態では、電子機器は、共通の第1識別情報が割り当てられた屋内の複数の通信装置と無線通信を行う無線通信を行う通信部と、記憶部と、第1判定部と、屋内特定部とを備える。記憶部は、第1識別情報を登録識別情報として記憶する。第1判定部は、通信部が通信装置から受信する、当該通信装置に割り当てられた識別情報である受信識別情報と、登録識別情報とが一致するか否かを判定する。屋内特定部は、第1判定部での第1判定結果に基づいて、電子機器のユーザが屋内に存在することを特定する屋内特定を行う。
また、一の実施の形態では、制御装置は、共通の識別情報が割り当てられた屋内の複数の通信装置と無線通信を行う電子機器が備える、当該電子機器の動作を制御する制御装置である。制御装置は判定部及び屋内特定部を備える。判定部は、電子機器に登録された共通の識別情報である登録識別情報と、電子機器が無線通信で通信装置から受信する、当該通信装置に割り当てられた識別情報である受信識別情報とが一致するか否かを判定する、屋内特定部は、判定部での判定結果に基づいて、電子機器のユーザが屋内に存在することを特定する屋内特定を行う。
また、一の実施の形態では、制御プログラムは、共通の識別情報が割り当てられた屋内の複数の通信装置と無線通信を行う電子機器を制御するための制御プログラムであって、当該電子機器に第1及び第2工程を実行させるためのものである。第1工程では、電子機器に登録された共通の識別情報である登録識別情報と、電子機器が無線通信で通信装置から受信する、当該通信装置に割り当てられた識別情報である受信識別情報とが一致するか否かが判定される。第2工程では、第1工程での判定結果に基づいて、電子機器のユーザが屋内に存在することを特定する屋内特定が行われる。
また、一の実施の形態では、電子機器の動作方法は、共通の識別情報が割り当てられた屋内の複数の通信装置と無線通信を行う電子機器の動作方法であって、第1及び第2工程を備える。第1工程では、電子機器に登録された共通の識別情報である登録識別情報と、電子機器が無線通信で通信装置から受信する、当該通信装置に割り当てられた識別情報である受信識別情報とが一致するか否かが判定される。第2工程では、第1工程での判定結果に基づいて、電子機器のユーザが屋内に存在することを特定する屋内特定が行われる。
電子機器の性能が向上する。
電子機器が使用されるシステムの一例を示す図である。 電子機器の外観の一例を示す斜視図である。 電子機器の外観の一例を示す背面図である。 電子機器の構成の一例を示すブロック図である。 制御部の構成の一例を示すブロック図である。 電子機器の動作の一例を示すフローチャートである。 電子機器のユーザが屋内に存在する様子の一例を示す図である。 電子機器の動作の一例を示すフローチャートである。 電子機器の動作の一例を示すフローチャートである。 電子機器の動作の一例を示すフローチャートである。 電子機器の動作の一例を示すフローチャートである。 電子機器の動作の一例を示すフローチャートである。 電子機器の動作の一例を示すフローチャートである。 電子機器の動作の一例を示すフローチャートである。 電子機器の動作の一例を示すフローチャートである。 電子機器のユーザが屋外に存在する様子の一例を示す図である。 電子機器の動作の一例を示すフローチャートである。 電子機器の動作の一例を示すフローチャートである。 電子機器の動作の一例を示すフローチャートである。 電子機器の動作の一例を示すフローチャートである。 電子機器の動作の一例を示すフローチャートである。 電子機器の動作の一例を示すフローチャートである。 電子機器の動作の一例を示すフローチャートである。 電子機器の動作の一例を示すフローチャートである。 電子機器の動作の一例を示すフローチャートである。 電子機器の動作の一例を示すフローチャートである。 電子機器の構成の一例を示すブロック図である。 電子機器の動作の一例を示すフローチャートである。 電子機器の構成の一例を示すブロック図である。 電子機器の動作の一例を示すフローチャートである。 電子機器の動作の一例を示すフローチャートである。
図1は、電子機器10が使用されるシステムの一例を示す図である。電子機器10は、例えば、スマートフォン等の携帯電話機である。電子機器10は、例えば、高度道路交通システム(ITS:Intelligent Transport Systems)で使用されることが可能である。具体的には、電子機器10は、ITSの安全運転支援通信システム1で使用されることが可能である。安全運転支援通信システム1は、安全運転支援システムと呼ばれたり、安全運転支援無線システムと呼ばれたりする。
図1に示されるように、安全運転支援通信システム1では、交差点2等に配置されている路側機5と、車道7を走る自動車等の車両6と、歩行者であるユーザ9が持つ電子機器10とが、互いに無線通信を行うことが可能である。これにより、路側機5、車両6及び電子機器10は、互いに情報をやり取りすることが可能である。また、複数の車両6は、互いに無線通信を行うことが可能である。これにより、複数の車両6は、互いに情報をやり取りすることが可能である。路側機5と車両6との間の通信、車両6間の通信、路側機5と歩行者の電子機器10との間の通信、歩行者の電子機器10と車両6の間の通信は、それぞれ、路車間通信、車車間通信、路歩間通信、歩車間通信と呼ばれる。
路側機5は、例えば、信号機4の点灯に関する情報、道路規制に関する情報などを車両6及び電子機器10に通知することが可能である。また、路側機5は、その近くの車両6及び歩行者を検知することが可能である。交差点2に配置された路側機5は、例えば、横断歩道3を渡る歩行者を検知することが可能である。そして、路側機5は、検知した車両6及び歩行者に関する情報を、車両6及び電子機器10に通知することが可能である。また、路側機5は、車両6及び電子機器10から通知される情報を、他の車両6及び電子機器10に通知することが可能である。
車両6は、自身の位置、速度、ウィンカーに関する情報などを、他の車両6、路側機5及び電子機器10に対して通知することが可能である。そして、車両6は、通知される情報に基づいて警告等の各種通知を運転者に行うことによって、運転者の安全運転を支援することが可能である。車両6は、スピーカ及び表示装置等を利用して、運転者に各種通知を行うことが可能である。車両6は、例えば、当該車両6に搭載されているカーナビゲーション装置を利用して、運転者に各種通知を行うことが可能である。
電子機器10は、そのユーザ9の状態を特定することが可能である。電子機器10は、特定したユーザ9の状態に関する情報などを路側機5等に通知することが可能である。電子機器10の動作については後で詳細に説明する。
このように、安全運転支援通信システム1では、路車間通信、車車間通信、路歩間通信及び歩車間通信が行われることによって、車両6の運転者の安全運転が支援される。
なお図1の例では、車両6として、自動車の車両が示されているが、車両6は、自動車以外の車両であってもよい。例えば、車両6は、バスの車両であってもよいし、路面電車の車両であってもよい。
<電子機器の外観>
図2及び3は電子機器10の外観の一例を示す斜視図及び背面図である。図1及び2に示されるように、電子機器10は、平面視で略長方形の板状の機器ケース11を備えている。機器ケース11は電子機器10の外装を構成している。
機器ケース11の前面11aには、文字、記号、図形等の各種情報が表示される表示領域12が位置している。表示領域12の背面側には後述するタッチパネル130が位置している。これにより、ユーザ9は、電子機器10の前面の表示領域12を指等で操作することによって、電子機器10に対して各種情報を入力することができる。なお、ユーザ9は、指以外の操作子、例えば、スタイラスペンなどのタッチパネル用ペンで表示領域12を操作することによっても、電子機器10に対して各種情報を入力することができる。
機器ケース11の前面11aの上端部にはレシーバ穴13が位置している。前面11aの下端部にはスピーカ穴14が位置している。機器ケース11の下側の側面11cにはマイク穴15が位置している。
機器ケース11の前面11aの上端部からは、後述する第1カメラ180が有するレンズ181が視認可能となっている。図3に示されるように、機器ケース11の背面11bの上端部からは、後述する第2カメラ190が有するレンズ191が視認可能となっている。
電子機器10は、複数の操作ボタン22から成る操作ボタン群220(後述の図4参照)を備えている。複数の操作ボタン22のそれぞれはハードウェアボタンである。具体的には、複数の操作ボタン22のそれぞれは押しボタンである。なお、操作ボタン群220に含まれる少なくとも一つの操作ボタン22は、表示領域12に表示されるソフトウェアボタンであってもよい。
操作ボタン群220には、機器ケース11の前面11aの下端部に位置する操作ボタン22a、操作ボタン22b及び操作ボタン22cが含まれる。また、操作ボタン群220には、機器ケース11の表面に位置する図示しない電源ボタン及びボリュームボタンが含まれる。
操作ボタン22aは、例えばバックボタンである。バックボタンは、表示領域12の表示を一つ前の表示に切り替えるための操作ボタンである。ユーザ9が操作ボタン22aを操作することよって、表示領域12の表示が一つ前の表示に切り替わる。操作ボタン22bは、例えばホームボタンである。ホームボタンは、表示領域12にホーム画面を表示させるための操作ボタンである。ユーザ9が操作ボタン22bを操作することよって、表示領域12にホーム画面が表示される。操作ボタン22cは、例えば履歴ボタンである。履歴ボタンは、電子機器10で実行されたアプリケーションの履歴を表示領域12に表示させるための操作ボタンである。ユーザ9が操作ボタン22cを操作することよって、表示領域12には、電子機器10で実行されたアプリケーションの履歴が表示される。
<電子機器の電気的構成>
図4は電子機器10の電気的構成の一例を主に示すブロック図である。図4に示されるように、電子機器10は、制御部100、無線通信部110、表示部120、操作部210及び衛星信号受信部140を備える。さらに電子機器10は、レシーバ150、スピーカ160、マイク170、第1カメラ180、第2カメラ190、加速度センサ200及び電池230を備える。電子機器10が備えるこれらの構成要素は、機器ケース11内に収められている。
制御部100は、電子機器10の他の構成要素を制御することによって、電子機器10の動作を統括的に管理することが可能である。制御部100は制御装置とも言える。制御部100は、以下にさらに詳細に述べられるように、種々の機能を実行するための制御及び処理能力を提供するために、少なくとも1つのプロセッサを含む。
種々の実施形態によれば、少なくとも1つのプロセッサは、単一の集積回路(IC)として、又は複数の通信可能に接続された集積回路IC及び/又はディスクリート回路(discrete circuits)として実行されてもよい。少なくとも1つのプロセッサは、種々の既知の技術に従って実行されることが可能である。
1つの実施形態において、プロセッサは、例えば、関連するメモリに記憶された指示を実行することによって1以上のデータ計算手続又は処理を実行するように構成された1以上の回路又はユニットを含む。他の実施形態において、プロセッサは、1以上のデータ計算手続き又は処理を実行するように構成されたファームウェア(例えば、ディスクリートロジックコンポーネント)であってもよい。
種々の実施形態によれば、プロセッサは、1以上のプロセッサ、コントローラ、マイクロプロセッサ、マイクロコントローラ、特定用途向け集積回路(ASIC)、デジタル信号処理装置、プログラマブルロジックデバイス、フィールドプログラマブルゲートアレイ、又はこれらのデバイス若しくは構成の任意の組み合わせ、又は他の既知のデバイス及び構成の組み合わせを含み、以下に説明される機能を実行してもよい。
本例では、制御部100は、CPU(Central Processing Unit)101、DSP(Digital Signal Processor)102及び記憶部103を備える。記憶部103は、ROM(Read Only Memory)及びRAM(Random Access Memory)などの、CPU101及びDSP102が読み取り可能な非一時的な記録媒体を含む。記憶部103が有するROMは、例えば、不揮発性メモリであるフラッシュROM(フラッシュメモリ)である。記憶部103には、電子機器10を制御するための複数の制御プログラム103a等が記憶されている。制御部100の各種機能は、CPU101及びDSP102が記憶部103内の各種制御プログラム103aを実行することによって実現される。
なお制御部100は、複数のCPU101を備えてもよい。この場合、制御部100は、比較的複雑は処理を行うメインCPUと、比較的簡単な処理を行うサブCPUとを備えてもよい。また制御部100は、DSP102を備えなくてもよいし、複数のDSP102を備えてもよい。また、制御部100の全ての機能あるいは制御部100の一部の機能は、その機能の実現にソフトウェアが不要なハードウェア回路によって実現されてもよい。
記憶部103は、ROM及びRAM以外の、コンピュータが読み取り可能な非一時的な記録媒体を備えていてもよい。記憶部103は、例えば、小型のハードディスクドライブ及びSSD(Solid State Drive)などを備えていてもよい。
記憶部103内の複数の制御プログラム103aには、様々なアプリケーション(アプリケーションプログラム)が含まれている。記憶部103には、例えば、音声通話及びビデオ通話を行うための通話アプリケーション、ウェブサイトを表示するためのブラウザ、電子メールの作成、閲覧及び送受信を行うためのメールアプリケーションが記憶されている。また記憶部103には、第1カメラ180及び第2カメラ190を利用して被写体を撮影するためのカメラアプリケーション、記憶部103に記録されている静止画及び動画を表示するための記録画像表示アプリケーション、記憶部103に記憶されている音楽データの再生制御を行うための音楽再生制御アプリケーションなどが記憶されている。記憶部103内の少なくとも一つのアプリケーションは、記憶部103内にあらかじめ記憶されているものであってよい。また、記憶部103内の少なくとも一つのアプリケーションは、電子機器10が他の装置からダウンロードして記憶部103内に記憶したものであってよい。
無線通信部110は、アンテナ111を有している。無線通信部110は、アンテナ111を用いて、例えば複数種類の通信方式で無線通信することが可能である。無線通信部110の無線通信は、制御部100によって制御される。
無線通信部110は、携帯電話システムの基地局と無線通信することが可能である。無線通信部110は、当該基地局及びインターネット等のネットワークを通じて、電子機器10とは別の携帯電話機及びウェブサーバ等と通信することが可能である。電子機器10は、他の携帯電話機等と、データ通信、音声通話及びビデオ通話等を行うことが可能である。
また無線通信部110は、路側機5及び車両6と無線通信することが可能である。また、無線通信部110は、Wifi等の無線LAN(Local Area Network)を用いて無線通信を行うことが可能である。また無線通信部110は、近距離無線通信を行うことが可能である。例えば、無線通信部110は、Bluetooth(登録商標)に準拠して無線通信することが可能である。無線通信部110は、ZigBee(登録商標)及びNFC(Near Field Communication)の少なくとも一方に準拠して無線通信することが可能であってもよい。
無線通信部110は、アンテナ111で受信した信号に対して増幅処理等の各種処理を行い、処理後の受信信号を制御部100に出力する。制御部100は、入力される受信信号に対して各種処理を行って、当該受信信号に含まれる情報を取得する。また、制御部100は、情報を含む送信信号を無線通信部110に出力する。無線通信部110は、入力される送信信号に対して増幅処理等の各種処理を行って、処理後の送信信号をアンテナ111から無線送信する。
表示部120は、電子機器10の前面に位置する表示領域12と、表示パネル121とを備えている。表示部120は、表示領域12に各種情報を表示することが可能である。表示パネル121は、例えば、液晶表示パネルあるいは有機ELパネルである。表示パネル121は、制御部100によって制御されることによって、文字、記号、図形などの各種情報を表示することが可能である。表示パネル121は、機器ケース11内において、表示領域12と対向している。表示パネル121に表示される情報は表示領域12に表示される。
操作部210は、電子機器10に対するユーザ9の各種操作を受け付けることが可能である。操作部210はタッチパネル130及び操作ボタン群220を備える。
タッチパネル130は、表示領域12に対する指等の操作子による操作を検出することが可能である。タッチパネル130は、例えば、投影型静電容量方式のタッチパネルである。タッチパネル130は、例えば、表示領域12の裏側に位置する。ユーザ9が指等の操作子によって表示領域12に対して操作を行ったとき、その操作に応じた電気信号をタッチパネル130は制御部100に入力することが可能である。制御部100は、タッチパネル130からの電気信号(出力信号)に基づいて、表示領域12に対して行われた操作の内容を特定することが可能である。そして制御部100は、特定した操作内容に応じた処理を行うことが可能である。
操作ボタン群220の各操作ボタン22は、ユーザ9によって操作されると、操作されたことを示す操作信号を制御部100に出力することが可能である。これにより、制御部100は、各操作ボタン22について、当該操作ボタン22が操作されたか否かを判断することができる。操作信号が入力された制御部100が他の構成要素を制御することによって、電子機器10では、操作された操作ボタン22に割り当てられている機能が実行される。
衛星信号受信部140は、測位衛星が送信する衛星信号を受信することが可能である。そして、衛星信号受信部140は、受信した衛星信号に基づいて、電子機器10の位置を示す位置情報を取得することが可能である。衛星信号受信部140が取得する位置情報には、例えば、電子機器10の位置を示す緯度経度が含まれる。制御部100は、衛星信号受信部140を動作させたり、その動作を停止したりすることが可能である。以後、衛星信号受信部140を単に「受信部140」と呼ぶことがある。
受信部140は、例えばGPS受信機であって、GPS(Global Positioning System)の測位衛星からの無線信号を受信することが可能である。受信部140は、受信した無線信号に基づいて電子機器10の現在位置を例えば緯度経度で算出し、算出した緯度経度を含む位置情報を制御部100に出力する。電子機器10の位置情報は、当該電子機器10を持つユーザ9の位置を示す位置情報であるともいえる。
なお受信部140は、GPS以外のGNSS(Global Navigation Satellite System)の測位衛星からの信号に基づいて電子機器10の位置情報を求めてもよい。例えば、受信部140は、GLONASS(Global Navigation Satellite System)、IRNSS(Indian Regional Navigational Satellite System)、COMPASS、Galileoあるいは準天頂衛星システム(QZSS:Quasi-Zenith Satellites System)の測位衛星からの信号に基づいて電子機器10の位置情報を求めてもよい。
マイク170は、電子機器10の外部から入力される音を電気的な音信号に変換して制御部100に出力することが可能である。電子機器10の外部からの音は、マイク穴15から電子機器10の内部に取り込まれてマイク170に入力される。
スピーカ160は、例えばダイナミックスピーカである。スピーカ160は、制御部100からの電気的な音信号を音に変換して出力することが可能である。スピーカ160から出力される音は、スピーカ穴14から外部に出力される。ユーザ9は、スピーカ穴14から出力される音を、電子機器10から離れた場所でも聞こえることが可能である。
レシーバ150は受話音を出力することが可能である。レシーバ150は例えばダイナミックスピーカである。レシーバ150は、制御部100からの電気的な音信号を音に変換して出力することが可能である。レシーバ150から出力される音はレシーバ穴13から外部に出力される。レシーバ穴13から出力される音の音量は、スピーカ穴14から出力される音の音量よりも小さくなっている。ユーザ9は、レシーバ穴13から出力される音を、当該レシーバ穴13に耳を近づけることによって聞くことができる。なお、レシーバ150の代わりに、機器ケース11の前面部分を振動させる、圧電振動素子等の振動素子を設けてもよい。この場合には、音は、当該前面部分の振動によりユーザに伝達される。
第1カメラ180は、レンズ181及びイメージセンサなどを備えている。第2カメラ190は、レンズ191及びイメージセンサなどを備えている。第1カメラ180及び第2カメラ190のそれぞれは、制御部100による制御に基づいて被写体を撮影し、撮影した被写体を示す静止画あるいは動画を生成して制御部100に出力することが可能である。
第1カメラ180のレンズ181は、機器ケース11の前面11aから視認可能となっている。したがって、第1カメラ180は、電子機器10の前面側(表示領域12側)に存在する被写体を撮影することが可能である。第1カメラ180はインカメラと呼ばれる。一方で、第2カメラ190のレンズ191は、機器ケース11の背面11bから視認可能となっている。したがって、第2カメラ190は、電子機器10の背面側に存在する被写体を撮影することが可能である。第2カメラ190はアウトカメラと呼ばれる。
加速度センサ200は、電子機器10の加速度を検出することが可能である。加速度センサ200は例えば3軸加速度センサである。加速度センサ200は、x軸方向、y軸方向及びz軸方向の電子機器10の加速度を検出することが可能である。x軸方向、y軸方向及びz軸方向は、例えば、電子機器10の長手方向、短手方向及び厚み方向にそれぞれ設定される。
電池230は電子機器10の電源を出力することが可能である。電池230は例えば充電式の電池である。電池230から出力される電源は、電子機器10が備える制御部100及び無線通信部110などの各種構成に対して供給される。
なお電子機器10は、加速度センサ200を備えなくてもよい。この場合、電子機器10は、それとは別体の加速度センサと、無線あるいは有線で接続されてよい。
また電子機器10は、加速度センサ200以外のセンサを備えてもよい。例えば、電子機器10は、気圧センサ、地磁気センサ、温度センサ、近接センサ、照度センサ及びジャイロセンサの少なくとも一つを備えてもよい。また電子機器10は、それとは別体の、加速度センサ200以外のセンサと、無線あるいは有線で接続されてもよい。
また電子機器10は、受信部140を備えなくてもよい。この場合、電子機器10は、それとは別体の受信部140と無線あるいは有線で接続されてよい。
<制御部内の機能ブロック>
図5は、CPU101及びDSP102が記憶部103内の制御プログラム103aを実行することによって形成される一部の機能ブロックを示す図である。
図5に示されるように、制御部100は、機能ブロックとして、歩数計測部300、状態特定部400、識別情報判定部500及び通知決定部600を備える。歩数計測部300、状態特定部400、識別情報判定部500及び通知決定部600の少なくとも一つは、その機能の実行にソフトウェアが不要なハードウェア回路で実現されてもよい。
状態特定部400は、ユーザ9についての様々な状態を特定することが可能である。状態特定部400は、例えば、停止移動特定部410、屋内特定部420及び位置判定部430を備えている。停止移動特定部410、屋内特定部420及び位置判定部430の少なくとも一つは、その機能の実行にソフトウェアが不要なハードウェア回路で実現されてもよい。
なお、制御部100がメインCPUとサブCPUを備えている場合には、図5に示される複数の機能ブロックのうち、一部の機能ブロックをサブCPUで実現し、残りの機能ブロックをメインCPUで実現してもよい。例えば、停止移動特定部410をサブCPUで実現し、残りの機能ブロックをメインCPUで実現してもよい。
停止移動特定部410は、ユーザ9の停止及び移動に関する、当該ユーザ9の状態を特定する停止移動特定を行うことが可能である。停止移動特定部410は、停止移動特定において、ユーザ9が停止していることと、ユーザ9が移動していることとを特定することが可能である。言い換えれば、停止移動特定部410は、ユーザ9の状態が、停止している状態であるのか、移動している状態であるかを判定することが可能である。さらに言い換えれば、停止移動特定部410は、ユーザ9が移動しているか否かを判定することが可能である。ユーザ9の停止は電子機器10の停止であると見ることができることから、停止移動特定部410は、電子機器10が停止しているか否かを判定する判定部として機能すると言える。停止移動特定部410は、例えば、受信部140で取得される位置情報及び加速度センサ200で検出される加速度の少なくとも一方に基づいて、ユーザ9が停止していることと、ユーザ9が移動していることを特定することが可能である。
また停止移動特定部410は、停止移動特定において、ユーザ9の停止と、ユーザ9の移動開始とを特定することが可能である。停止移動特定部410は、ユーザ9の状態が、移動している状態から停止している状態に変化すると、ユーザ9が停止したと判断する。また停止移動特定部410は、ユーザ9の状態が、停止している状態から移動している状態に変化すると、ユーザ9が移動開始したと判断する。
ユーザ9の停止は、電子機器10の移動停止と言えることから、停止移動特定部410は、電子機器10の移動停止を特定することができると言える。またユーザ9の移動開始は、電子機器10の移動開始と言えることから、停止移動特定部410は、電子機器10の移動開始を特定することができると言える。
また停止移動特定部410は、停止移動特定において、ユーザ9が移動していると判断する場合にユーザ9の移動手段を特定することが可能である。例えば、停止移動特定部410は、加速度センサ200で検出される加速度に基づいて、ユーザ9が乗り物に乗らずに自力で移動しているのか、ユーザ9が乗り物に乗って移動しているのかを特定することができる。ここで、ユーザ9が自力で移動するとは、ユーザ9が乗り物に乗らずに自らの足で移動することを意味する。ユーザ9が自力で移動することを「自力移動」と呼ぶと、停止移動特定部410はユーザ9の自力移動を特定することが可能であると言える。また、ユーザ9が乗り物に乗って移動することを「乗り物移動」と呼ぶと、停止移動特定部410はユーザ9の乗り物移動を特定することが可能である。
停止移動特定部410が特定することが可能な自力移動には、ユーザ9が歩いて移動することと、ユーザ9が走って移動することとが含まれる。ユーザ9が走って移動することを「走行」と呼ぶと、自力移動には、歩行及び走行が含まれる。また、停止移動特定部410が特定することが可能な乗り物移動には、ユーザ9が自転車で移動することと、ユーザ9が、自動車、電車及びバスなどの、自転車よりも速く移動することが可能な乗り物で移動することとが含まれる。
以後、自転車と、それよりも速く移動することが可能な乗り物とを区別するために、単に「乗り物」と言えば、自転車よりも速く移動することが可能な乗り物を意味する。また、ユーザ9が自力移動する場合の移動手段の名称として「自力」を使用し、ユーザ9が歩いて移動する場合の移動手段の名称として「歩き」を使用し、ユーザ9が走って移動する場合の移動手段の名称として「走り」を使用する。
ここで、電子機器10の加速度が、当該電子機器10を持つユーザ9の移動手段に応じた固有の時間変化のパターンを示すことが知られている。停止移動特定部410は、加速度センサ200で検出される加速度の時間変化のパターンが、「歩き」に応じたパターンを示す場合には、ユーザ9の移動手段が「歩き」であると特定する。また、停止移動特定部410は、加速度センサ200で検出される加速度の時間変化のパターンが、「走り」に応じたパターンを示す場合には、ユーザ9の移動手段が「走り」であると特定する。また、停止移動特定部410は、加速度センサ200で検出される加速度の時間変化のパターンが、「自転車」に応じたパターンを示す場合には、ユーザ9の移動手段が「自転車」であると特定する。そして、停止移動特定部410は、加速度センサ200で検出される加速度の時間変化のパターンが、「乗り物」に応じたパターンを示す場合には、ユーザ9の移動手段が「乗り物」であると特定する。
このようにして、停止移動特定部410は、ユーザ9の移動手段が、歩き、走り、自転車及び乗り物のいずれであるのかを特定することができる。制御部100は、例えば、停止移動特定部410で特定される移動手段と、ユーザ9の移動距離(電子機器10の移動距離)とを、表示部120に表示させることができる。これにより、ユーザ9は、歩行距離、走行距離、自転車での移動距離及び乗り物での移動距離を区別して確認することができる。制御部100は、例えば、受信部140で取得される位置情報に基づいて、ユーザ9の移動距離を求めることができる。
屋内特定部420は、ユーザ9が、家、ビル、お店等の建物の中に存在することを特定することが可能である。つまり、屋内特定部420は、ユーザ9が屋内に存在することを特定する屋内特定を行うことが可能である。以後、ユーザ9が屋内に存在することを単に「屋内」と呼び、ユーザ9が屋内に存在しないことを単に「屋外」と呼ぶことがある。屋内特定について後で詳細に説明する。
位置判定部430は、ユーザ9が所定領域(所定場所)に位置するか否かを判定することが可能である。言い換えれば、位置判定部430は、電子機器10が所定領域(所定場所)に位置するか否かを判定することが可能である。所定領域としては、例えば、歩行者と車両6との事故が発生しやすい場所と、その近傍とを含む領域とが採用される。所定領域には、例えば、交差点2とその近傍を含む交差点領域、T字路とその近傍を含むT字路領域及び子供の通学路とその近傍を含む通学路領域とが含まれる。
位置判定部430は、例えば、受信部140で取得される位置情報と、記憶部103に記憶される地図情報とに基づいて、ユーザ9が所定領域に位置するか否かを判定することが可能である。また位置判定部430は、交差点2等に配置されている路側機5からの信号を無線通信部110が受信できるか否かに基づいて、ユーザ9が所定領域に位置するか否かを判定してもよい。
以上のように、状態特定部400は、ユーザ9についての様々な状態を特定することが可能である。なお、状態特定部400が特定するユーザ9の状態の種類は上記の限りではない。
歩数計測部300は、自力移動しているユーザ9の歩数を計測することが可能である。歩数計測部300は、例えば、加速度センサ200で検出される加速度に基づいて、自力移動しているユーザ9の歩数を計測する。歩数計測部300は、ユーザ9が歩行あるいは走行していると停止移動特定部410が特定しているときに、ユーザ9の歩数を計測する。制御部100は、歩数計測部300で測定される歩数を表示部120に表示させることが可能である。
識別情報判定部500は、記憶部103に記憶されている登録識別情報と、無線通信部110が通信装置から受信する、当該通信装置に割り当てられた識別情報とが一致するか否かを判定する。識別情報判定部500での判定結果は、屋内特定において利用される。識別情報判定部500の動作については後で詳細に説明する。
通知決定部600は、状態特定部400で特定されるユーザ9の状態などに基づいて、電子機器10の外部に電子機器10が通知を行うか否かを決定する決定処理を行うことが可能である。
例えば、ユーザ9が交差点領域に位置すると位置判定部430が判定し、かつユーザ9の移動手段が「走り」であると停止移動特定部410が特定する場合、通知決定部600は、電子機器10の外部に電子機器10が通知を行うことを決定する。また、ユーザ9が交差点領域に位置すると位置判定部430が判定し、かつユーザ9の移動手段が「自転車」であると停止移動特定部410が特定する場合、通知決定部600は、電子機器10の外部に電子機器10が通知を行うことを決定する。通知決定部600が、電子機器10の外部に電子機器10が通知を行うことを決定すると、例えば、交差点領域に位置する車両6に対してユーザ9(歩行者)が近くに存在することを通知するための存在通知情報が無線通信部110から路側機5に通知される。存在通知情報には、停止移動特定部410が特定するユーザ9の移動手段を示す情報が含まれてもよい。路側機5は、受信した存在通知情報を、交差点領域に存在する車両6に送信する。このとき、路側機5は、例えばブロードキャストで存在通知情報を送信する。車両6は、受信した存在通知情報に基づいて、例えば運転者に対して警告を行う。車両6は、例えば、カーナビゲーション装置を利用して、歩行者が近くにいることを運転者に通知する。これにより、交差点領域に存在する車両6の運転手は、当該交差点領域に人が存在することを認識しながら運転を行うことができる。その結果、車両6の運転の安全性が向上する。以後、電子機器10の外部に電子機器10が通知を行うことを「通知実行」と呼ぶことがある。また、電子機器10の外部に電子機器10が通知を行わないことを「通知非実行」と呼ぶことがある。
なお、電子機器10がその外部に通知する情報の内容は上記の例に限られない。また、電子機器10は車両6に対して直接通知を行うことも可能である。
<屋内特定>
次に、本例の屋内特定について詳細に説明する。無線LANを用いて無線通信を行う通信装置の一種であるアクセスポイトに対しては、BSSID(Basic Service Set Identifier)と呼ばれる識別情報が割り当てられている。BSSIDは各アクセスポイントに固有の情報である。アクセスポイントのユーザは、当該アクセスポイントに割り当てられたBSSIDの内容を変更することはできない。BSSIDには、例えばMACアドレスが採用される。MACアドレス以外の情報がBSSIDに採用されてもよい。
またアクセスポイントには、BSSIDとは別に、ESSID(Extended SSID)という識別情報も割り当てられている。ESSIDは、ネットワーク名と呼ばれることがある。アクセスポイントのユーザは、当該アクセスポイントに割り当てられたネットワーク名の内容を変更することが可能である。アクセスポイントは、自身に割り当てられているBSSID及びネットワーク名を、例えば、ブロードキャストで定期的に無線送信することが可能である。電子機器10は、アクセスポイントからのBSSID及びネットワーク名の両方を受信することができる。
ここで、アクセスポイントに割り当てられたネットワーク名は変更可能であることから、一つの建物内に設けられた複数のアクセスポイントのネットワーク名は互いに同じに設定されることがある。つまり、一つの建物内に設けられた複数のアクセスポイントに対して共通のネットワーク名が割り当てられることがある。例えば、ある会社の事業所のビルに複数のアクセスポイントが配置される場合、当該複数のアクセスポイントのネットワーク名として、当該事業所の名称が採用されることがある。複数のアクセスポイントに対して共通に割り当てられたネットワーク名は、当該複数のアクセスポイントが構成するグループのグループ名であるとも言える。
本例では、記憶部103には、あるネットワーク名が登録ネットワーク名として登録される。登録ネットワーク名は登録識別情報であるとも言える。登録ネットワーク名の登録方法は後で説明する。制御部100は、無線通信部110がアクセスポイントから受信するネットワーク名(識別情報)と、記憶部103内の登録ネットワーク名(登録識別情報)とが一致するか否かを判定し、その判定結果に基づいて屋内特定を行う。
図6は、屋内特定に関する処理(以後、「屋内特定関連処理」)を実行する電子機器10の動作の一例を示すフローチャートである。電子機器10は、図6に示される屋内特定関連処理を、定期的にあるいは不定期的に繰り返し実行する。
図6に示されるように、ステップs1において、制御部100は、無線通信部110がネットワーク名を受信したか否かを判定する。言い換えれば、制御部100は、無線通信部110での受信信号からネットワーク名を取得できたか否かを判定する。ステップs1は、無線通信部110がネットワーク名を受信したと判定されるまで実行される。
ステップs1において無線通信部110がネットワーク名を受信したと判定されると、ステップs2において、識別情報判定部500は、無線通信部110がアクセスポイントから受信したネットワーク名(以後、「受信ネットワーク名」と呼ぶことがある)と、記憶部103内の登録ネットワーク名とが一致するか否かを判定する。ステップs2において、受信ネットワーク名と登録ネットワーク名とが一致しないと判定されると、屋内特定関連処理は終了する。一方で、受信ネットワーク名と登録ネットワーク名とが一致すると判定されると、ステップs3において、屋内特定部420は、ユーザ9が屋内に存在すると判断する。ステップs3が実行されると、屋内特定関連処理は終了する。
なお、ステップs1において、複数のネットワーク名が受信されたと判定された場合には、ステップs2では、当該複数のネットワーク名のそれぞれが登録ネットワーク名と一致するか否かが判定される。そして、ステップs3では、当該複数のネットワーク名の少なくとも一つが登録ネットワーク名と一致すると判定されると、「屋内」と判定される。一方で、当該複数のネットワーク名のすべてが登録ネットワーク名と一致しない場合には、屋内特定関連処理が終了する。
また記憶部103には、複数の登録ネットワーク名が登録されてもよい。この場合、受信されたネットワーク名が、複数の登録ネットワーク名のいずれかと一致する場合、「屋内」と判定される。また、ステップs1で複数のネットワーク名が受信されたと判定されると、当該複数のネットワーク名において、複数の登録ネットワーク名のいずれかと一致するネットワーク名が含まれる場合、「屋内」と判定される。
上述のように、ネットワーク名の内容は変更することが可能であることから、同じ建物内の複数のアクセスポイントに対して共通のネットワーク名が割り当てられることがある。同じ建物内の複数のアクセスポイントに対して共通に割り当てられたネットワーク名(以後、「共通ネットワーク名」と呼ぶことがある)が登録ネットワーク名として記憶部103に登録される場合、受信ネットワーク名が登録ネットワーク名と一致するときには、無線通信部110は、屋内のアクセスポイントと通信している可能性が高い。したがって、受信ネットワーク名が登録ネットワーク名と一致する場合には、ユーザ9が屋内に存在する可能性が高い。
そこで、本例では、共通ネットワーク名が登録ネットワーク名として登録される可能性を考慮して、ステップs2において受信ネットワーク名と登録ネットワーク名とが一致すると判定される場合には、屋内特定部420は、ステップs3を実行して「屋内」と判定する。一方で、受信ネットワーク名が登録ネットワーク名と異なる場合には、ユーザ9が屋内に存在するか否かは不明である。したがって、受信ネットワーク名と登録ネットワーク名とが一致しないと判定される場合には、屋内特定部420は「屋内」と判定しない。
このように、屋内特定部420は、受信ネットワーク名と登録ネットワーク名とが一致するか否かの判定結果に基づいて、ユーザ9が屋内に存在することを特定することから、ユーザ9が屋内に存在することをより正しく特定することができる。
図7は、複数のアクセスポイントが設けられた建物700内に、電子機器10を持ったユーザ9が存在する様子の一例を示す図である。図7の例では、建物700の1階部分710には部屋711及び部屋712が存在し、建物700の2階部分720には部屋721及び部屋722が存在する。部屋711、部屋712、部屋721及び部屋722には、複数のアクセスポイント801〜804がそれぞれ設けられている。複数のアクセスポイント801〜804には共通のネットワーク名が割り当てられている。電子機器10の記憶部103には、アクセスポイント801〜804に割り当てられた共通ネットワーク名が登録ネットワーク名として登録されている。
図7に示されるように、例えば、ユーザ9が2階部分720の部屋721に存在する場合には、無線通信部110が受信する受信ネットワーク名と、記憶部103内の登録ネットワーク名とは一致する。したがって、屋内特定部420は、ユーザ9が屋内に存在すると判定する。また、ユーザ9が2階部分720の部屋721から1階部分710の部屋712に移動した場合であっても、無線通信部110が受信する受信ネットワーク名と、記憶部103内の登録ネットワーク名とは一致する。したがって、屋内特定部420は、ユーザ9が屋内に存在すると判定する。ユーザ9が部屋711、部屋712、部屋721及び部屋722のいずれに存在する場合であっても、屋内特定部420は、ユーザ9が屋内に存在することを特定することができる。
また本例では、屋内の複数のアクセスポイントに共通のネットワーク名が登録ネットワーク名として電子機器10に一度登録されると、その後は、ネットワーク名を電子機器10に登録しなくても、当該複数のアクセスポイントのいずれと電子機器10が通信する場合であっても、ユーザ9が屋内に存在することを特定することができる。
これに対して、ネットワーク名の代わりに、アクセスポイントごとに別の内容を示すBSSIDを用いて屋内特定を行う場合には、屋内に設けられた複数のアクセスポイントのBSSIDをすべて電子機器10に登録しないと、ユーザ9が屋内に存在することを適切に特定できない可能性がある。
図7の例において、例えば、アクセスポイント803のBSSIDが登録BSSIDとして記憶部103に登録されている場合を考える。この場合、ユーザ9が部屋721に存在するときには、無線通信部110が受信するBSSIDと登録BSSIDとが一致することから、屋内特定では「屋内」と判定される。一方で、ユーザ9が部屋712に存在する場合には、無線通信部110が受信するBSSIDと登録BSSIDとは一致しない。したがって、ユーザ9が部屋712に存在するにもかかわらず、屋内特定では「屋内」と判定されない。ユーザ9が部屋711、部屋712、部屋721及び部屋722のいずれに存在する場合であっても、屋内特定部420が「屋内」と判定するためには、アクセスポイント801〜804のすべてのBSSIDを登録BSSIDとして記憶部103に登録する必要がある。言い換えれば、電子機器10がアクセスポイント801〜804のいずれと通信する場合であっても、屋内特定部420が「屋内」と判定するためには、アクセスポイント801〜804のすべてのBSSIDを登録BSSIDとして記憶部103に登録する必要がある。
本例では、屋内の複数のアクセスポイントに共通のネットワーク名を登録ネットワーク名として電子機器10に登録するだけで、当該複数のアクセスポイントのいずれと電子機器10が通信する場合であっても、ユーザ9が屋内に存在すると正しく特定することができる。よって、電子機器10の性能がさらに向上する。
<ネットワーク名の登録方法>
次にネットワーク名の登録方法の例について説明する。電子機器10の動作モードには、ネットワーク名を登録する登録モードが含まれている。ユーザ9が例えば表示領域12に対して所定の操作を行うと、電子機器10の動作モードは登録モードに変更される。
図8は、登録モードの電子機器10の動作の一例を示すフローチャートである。電子機器10の動作モードが登録モードになると、図8に示されるように、ステップs11において、制御部100は、無線通信部110が受信するネットワーク名の一覧を表示部120に表示させる。次にステップs12において、表示部120に表示されるネットワーク名を、登録ネットワーク名として電子機器10に登録することを指示するためのユーザ9の登録指示操作を操作部210が受け付ける。次にステップs13において、制御部100は、ステップs12で受け付けられた登録指示操作によって指定されたネットワーク名を記憶部103に登録する。これにより、記憶部103には、登録ネットワーク名が記憶される。その後、例えば表示領域12に対して所定の操作が行われると、登録モードが解除される。
登録指示操作としては、例えば、表示領域12に表示されるネットワーク名に対するタップ操作が考えられる。ユーザ9は、表示領域12に表示されるネットワーク名のうち、共通ネットワーク名をタップ操作することによって、当該共通ネットワーク名を登録対象として指定する。指定された共通ネットワーク名はステップs13において記憶部103に登録される。
例えば、上述の図7に示される部屋721にユーザ9が存在する場合に、電子機器10の動作モードが登録モードに変更されると、表示部120には、アクセスポイント801〜804の共通ネットワーク名が表示される。ユーザ9が、表示領域12に表示される共通ネットワーク名をタップ操作すると、当該共通ネットワーク名が登録ネットワーク名として記憶部103に登録される。これにより、ユーザ9が部屋711、部屋712、部屋721及び部屋722のいずれに存在する場合であっても、電子機器10はユーザ9が屋内に存在することを正しく特定することができる。
なお上記の例では、電子機器10に対するユーザ操作によってネットワーク名が電子機器10に登録されていたが、ネットワーク名は自動的に電子機器10に登録されてもよい。図9はこの場合の電子機器10の動作の一例を示すフローチャートである。電子機器10は図9に示される登録処理を定期的にあるいは不定期的に繰り返し実行する。
図9に示されるように、ステップs21において、制御部100は、無線通信部110がネットワーク名を受信したか否かを判定する。ステップs21は、無線通信部110がネットワーク名を受信したと判定されるまで実行される。
ステップs21において無線通信部110がネットワーク名を受信したと判定されると、ステップs22において、制御部100の停止移動特定部410は、電子機器10が停止しているか否かを判定する。ステップs22において、電子機器10が停止していないと判定されると、登録処理は終了する。一方で、ステップs22において、電子機器10が停止していると判定されると、ステップs23において、制御部100は、ステップs21で受信したネットワーク名を登録ネットワーク名として記憶部103に登録する。ただし、ステップs21で受信したネットワーク名がすでに登録されている場合には、当該ネットワーク名は登録されない。電子機器10が停止している場合には、ユーザ9が屋内に存在する可能性が高い。したがって、電子機器10が停止している場合に無線通信部110がアクセスポイントからネットワーク名を受信する場合には、そのアクセスポイントは屋内に存在する可能性が高い。よって、電子機器10が停止している場合に無線通信部110が受信するネットワーク名を登録ネットワーク名とすることによって、屋内に存在する複数のネットワーク名に割り当てられた共通ネットワーク名が登録ネットワーク名となる可能性が高くなる。例えば図7に示される部屋712内の机等に電子機器10が置かれる場合には、アクセスポイント801〜804に共通のネットワーク名が登録ネットワーク名として記憶部103に登録される。
なお、登録処理においては、図10に示されるように、ステップs22の代りにステップs25が実行されてもよい。ステップs25では、制御部100は、無線通信部110が所定の時間帯でネットワーク名を受信したか否かを判定する。言い換えれば、制御部100は、ステップs21でのネットワーク名の受信時刻が所定の時間帯に含まれているか否かを判定する。所定の時間帯としては、ユーザ9が屋内にいる可能性が高い時間帯、例えば夜中の時間帯が考えられる。夜中の時間帯としては、例えば、午後11時から午前2時までの時間帯が考えられる。また、制御部100が、受信部140で取得される位置情報等に基づいて、ユーザ9が屋内に存在する可能性が高い時間帯を推定する場合には、推定された当該時間帯でネットワーク名が受信されたか否かが判定されてもよい。ステップs25において、制御部100は、無線通信部110が所定の時間帯でネットワーク名を受信したと判定すると、ステップs23を実行して、当該ネットワーク名を登録ネットワーク名として記憶部103に登録する。
また、図11に示されるように、登録処理においては、ステップs22の後にステップs25が実行されてもよい。図11の例では、ステップs22において、電子機器10が停止していると判定されるとステップs25が実行される。ステップs25において、所定の時間帯で無線通信部110がネットワーク名を受信したと判定されると、ステップs23において当該ネットワーク名が登録される。なお、ステップs22とステップs25の実行の順番は入れ替えられてもよい。
図9〜11に示されるように、ネットワーク名が電子機器10に自動的に登録されることによって、電子機器10の利便性が向上する。
<外部に通知が行われるまでの電子機器の一連の動作の例>
図12は、電子機器10がその外部に通知を行うまでの当該電子機器10の動作の一例を示すフローチャートである。電子機器10は、図12に示される一連の処理を、定期的にあるいは不定期的に繰り返し実行する。
図12に示されるように、ステップs31において、位置判定部430は、電子機器10が所定領域に位置するか否かを判定する。ステップs31において、電子機器10が所定領域に位置すると判定されると、ステップs32において、停止移動特定部410は停止移動特定を行う。ステップs31において、電子機器10が所定領域に位置すると判定されない場合には、ステップs31が再度実行される。
ステップs32での停止移動特定において、ユーザ9が移動しており、その移動手段が「乗り物」であると特定されると、ステップs35において、通知決定部600は通知非実行を決定する。ユーザ9の移動手段が、自動車、電車、バス等の乗り物である場合には、ユーザ9は車両6に対して安全である可能性が高いことから、車両6の運転者に対して警告を行う必要性に乏しいと言える。そこで、通知決定部600は、ユーザ9の移動手段が「乗り物」であると特定された場合には、電子機器10が外部に通知を行わないことを決定する。これにより、ユーザ9が車両6に対して安全である場合に、当該車両6の運転者があまり必要でない情報を受け取る可能性を低減することができる。よって、車両6の運転者が、あまり必要でない情報を受け取ることによる煩わしさを感じる可能性を低減することができる。ステップs35が実行されると、電子機器10はステップs31を再度実行して、以後同様に動作する。
ステップs32での停止移動特定において、ユーザ9が移動しており、その移動手段が「走り」であると特定される場合には、ステップs34が実行される。また停止移動特定において、ユーザ9が移動しており、その移動手段が「自転車」であると特定される場合には、ステップs34が実行される。ステップs34では、通知決定部600は通知実行を決定する。ユーザ9の移動手段が「走り」及び「自転車」である場合には、ユーザ9が車両6に対して安全であるとは言い難い。そこで、通知決定部600は、ユーザ9の移動手段が「走り」あるいは「自転車」であると特定された場合には、電子機器10が外部に通知を行うことを決定する。ステップs34が実行されると、電子機器10は再度ステップs31を実行して、以後同様に動作する。
通知決定部600が通知実行を決定すると、例えば、上記のような存在通知情報が無線通信部110から路側機5に通知される。路側機5は受け取った存在通知情報を所定領域に存在する車両6に対して通知する。ステップs31において電子機器10が例えばT字路領域に存在すると判定されると、当該T字路領域に設けられた路側機5は、電子機器10から受け取った存在通知情報を、当該T字路領域に存在する車両6に対して通知する。車両6は、受け取った存在通知情報に基づいて、運転者に対して警告を行う。なお、存在通知情報は、T字路領域に存在する車両6に対して電子機器10から直接通知されてもよい。
ステップs32での停止移動特定において、ユーザ9が停止していることが特定されると、ステップs33において、制御部100は、屋内特定部420での直近の屋内特定において「屋内」と判定されたか否かを確認する。また停止移動特定において、ユーザ9が移動しており、その移動手段が「歩き」であると特定されると、ステップs33において、制御部100は、屋内特定部420での直近の屋内特定において「屋内」と判定されたか否かを確認する。
ステップs33において、直近の屋内特定で「屋内」と判定されたことが確認されると、ステップs35が実行されて通知非実行が決定される。ユーザ9がビル等の建物の中に存在する場合には、ユーザ9が車両6に対して安全である可能性が高い。したがって、直近の屋内特定で「屋内」と判定されている場合には、電子機器10が外部に通知を行わないことが決定される。
一方で、ステップs33において、直近の屋内特定で「屋内」と判定されていないことが確認されると、ステップs34が実行されて通知実行が決定される。ユーザ9が屋内に存在するか否かが不明の場合には、ユーザ9が車両6に対して安全であるとは言い難い。したがって、直近の屋内特定で「屋内」と判定されていない場合には、電子機器10が外部に通知を行うことが決定される。
なおステップs35の代わりに、通知決定部600は通知実行を決定してもよい。この場合には、例えば、近くに存在するユーザ9が車道に飛び出す危険性が低いことを通知するための通知情報が、電子機器10から、路側機5を介してあるいは直接車両6に通知されてもよい。
また図13に示されるように、ステップs32の停止移動特定が実行されなくてもよい。この場合には、ステップs31において電子機器10が所定領域に存在すると判定されると、ステップs33が実行される。
また図14に示されるように、ステップs31が実行されなくてもよい。図14の例では、図13のフローにおいてステップs31が実行されていないが、図12のフローにおいてステップs31が実行されなくてもよい。この場合には、ステップs34が実行されるとステップs32が再度実行され、ステップs35が実行されるとステップs32が再度実行される。
また図15に示されるように、ステップs38の後に、ステップs31が実行されてもよい。ステップs38では、制御部100は、直近の屋内特定の結果を確認する。ステップs31において、電子機器10が所定領域に位置すると判定されると、ステップs39において、通知決定部600は、ステップs38で確認した結果に基づいて、電子機器10が外部に通知を行うか否かを決定する決定処理を行う。ステップs39において、通知決定部600は、直近の屋内特定において「屋内」と判定されている場合には、通知非実行を決定する。また通知決定部600は、直近の屋内特定において「屋内」と判定されていない場合には、通知実行を決定する。
なお図15の例では、停止移動特定が行われていないが、ステップs31の前に停止移動特定が行われてもよい。この場合には、ステップs39において、通知決定部600は、停止移動特定の結果及びステップs38での確認の結果に基づいて、電子機器10が外部に通知を行うか否かを決定する。例えば、通知決定部600は、停止移動特定で移動手段が「乗り物」であると特定された場合と、直近の屋内特定において「屋内」と判定されている場合には、通知非実行を決定する。また通知決定部600は、停止移動特定で移動手段が「走り」であると特定された場合と、停止移動特定で移動手段が「自転車」であると特定された場合には、通知実行を決定する。そして通知決定部600は、停止移動特定で移動手段が「歩き」であると特定され、かつ直近の屋内特定において「屋内」と判定されていない場合と、停止移動特定でユーザ9が停止していることが特定され、かつ直近の屋内特定において「屋内」と判定されていない場合には、通知実行を決定する。
以上のように、通知決定部600は、屋内特定の結果に基づいて、電子機器10が外部に通知を行うか否かを決定するため、電子機器10が外部にあまり必要のない通知を行う可能性を低減することができる。よって、電子機器10の利便性が向上する。
また図12、図13及び図15の例などでは、通知決定部600が、電子機器10が所定領域に位置する場合に決定処理を行い、電子機器10が所定領域に位置しない場合には決定処理を行わないため、電子機器10は必要なときに電子機器10が外部に通知を行うか否かを決定することができる。
また上記の例では、電子機器10がITSで使用されることを前提に電子機器10の動作について説明したが、電子機器10の使用用途はこれに限られない。電子機器10は、ユーザ9が屋内に存在することを特定する必要のある用途であれば、どのような用途にも使用することができる。
<各種変形例>
次に電子機器10の各種変形例について説明する。
<第1変形例>
上述の図7に示される建物700の外側にユーザ9が存在する場合であっても、電子機器10は、建物700内のアクセスポイントからネットワーク名を受信することができる場合がある。したがって、屋内特定において、ユーザ9が屋内に存在しないにもかかわらず「屋内」と判定される可能性がある。図16には、建物700の外側に存在するユーザ9が所持する電子機器10が、建物700内のアクセスポイント801からのネットワーク名を受信することができる様子が示されている。図16の例では、電子機器10がアクセスポイント801から受信するネットワーク名と、登録ネットワーク名とが一致することから、屋内特定では、ユーザ9が屋内に存在すると誤って判定される。
一方で、建物700内にユーザ9が存在する場合には、建物700の外側にユーザ9が存在する場合と比較して、電子機器10がネットワーク名を受信する際の受信強度が大きくなる可能性が高い。
そこで、本例では、屋内特定部420は、識別情報判定部500での判定結果だけではなく、受信ネットワーク名の受信強度に基づいて、屋内特定を行う。図17は本変形例に係る屋内特定関連処理の一例を示すフローチャートである。
図17に示されるように、制御部100は上述のステップs1及びステップs2を実行する。ステップs2において、受信ネットワーク名と登録ネットワーク名とが一致すると判定されると、ステップs41において、屋内特定部420は、ステップs1で受信された受信ネットワーク名の受信強度がしきい値以上であるか否かを判定する。
ここで、無線通信部110は、当該無線通信部110で受信する信号の受信強度を求めることができる。無線通信部110が求める受信強度としては、例えばRSSI(Received Signal Strength Indicator)が挙げられる。屋内特定部420は、無線通信部110で求められる、受信ネットワーク名を含む受信信号の受信強度、つまり、当該受信ネットワーク名の受信強度が、しきい値以上であるか否かを判定する。
ステップs41において、受信ネットワーク名の受信強度がしきい値未満であると判定されると、言い換えれば、受信ネットワーク名の受信強度が小さいと判定されると、屋内特定関連処理が終了する。一方で、受信ネットワーク名の受信強度がしきい値以上であると判定されると、言い換えれば、受信ネットワーク名の受信強度が大きいと判定されると、ステップs3が実行されて、ユーザ9が屋内に存在すると判定される。その後、屋内特定処理が終了する。ある建物内のアクセスポイントからのネットワーク名を、当該ある建物内に存在するユーザ9が所持する電子機器10が受信する場合には、当該ネットワーク名の受信強度が大きくなる可能性が高い。一方で、ある建物内のアクセスポイントからのネットワーク名を、当該ある建物の外側に存在するユーザ9が所持する電子機器10が受信する場合には、当該ネットワーク名の受信強度が小さくなる可能性が高い。したがって、受信ネットワーク名と登録ネットワーク名とが一致、かつ当該受信ネットワーク名の受信強度が大きい場合に、ユーザ9が屋内に存在すると判定することによって、より正しい屋内特定を行うことができる。
なお、ステップs41では、受信ネットワーク名の受信強度がしきい値よりも大きいか否かが判定されてもよい。この場合、受信ネットワーク名の受信強度がしきい値以下である場合、屋内特定関連処理が終了する。そして、受信ネットワーク名の受信強度がしきい値よりも大きい場合、ステップs3において「屋内」と判定される。
また、ステップs41で使用されるしきい値は、電子機器10に登録するネットワーク名を受信する際の当該ネットワーク名の受信強度に基づいて決定してもよいし、他の基準で決定してもよい。
このように、本変形例では、屋内特定部420は、識別情報判定部500での判定結果と、受信ネットワーク名の受信強度とに基づいて、屋内特定を行うことから、ユーザ9が屋内に存在することをより正しく特定することができる。
<第2変形例>
ネットワーク名の内容は変更可能であることから、登録ネットワーク名として登録された、屋内のアクセスポイントのネットワーク名が、屋外のアクセスポイントのネットワーク名と偶然に一致する可能性がある。したがって、ユーザ9が屋外に存在する場合であっても、受信ネットワーク名と登録ネットワーク名とが一致する可能性がある。よって、屋内特定において、ユーザ9が屋内に存在すると誤って判定される可能性がある。
一方で、ある建物内に存在するアクセスポイントの位置は、当該ある建物内に存在する別のアクセスポイントの位置と近く、当該ある建物の外側に位置する別のアクセスポイントの位置とは遠い可能性が高い。したがって、ある建物内に存在するアクセスポイントからのネットワーク名を受信するときの電子機器10の位置は、当該ある建物内に存在する別のアクセスポイントからのネットワーク名を受信するときの電子機器10の位置と近く、当該ある建物の外側に位置する別のアクセスポイントからのネットワーク名を受信するときの電子機器10の位置とは遠い可能性が高い。
そこで、本変形例では、識別情報判定部500での判定結果だけではなく、ネットワーク名を受信するときの電子機器10の位置を示す位置情報も使用されて、ユーザ9が屋内に存在することが特定される。以下に本変形例について詳細に説明する。
本変形例では、電子機器10に登録されるネットワーク名が無線通信部110で受信されるときの電子機器10の位置を示す位置情報が、登録位置情報として記憶部103に登録される。例えば、上述の図8のステップs12において、操作部210が登録指示操作を受け付けたときに受信部140で取得される位置情報が登録位置情報として記憶部103に登録される。また上述の図9〜11に示される登録処理が実行される場合には、例えば、ステップs23が実行される際に受信部140で取得される位置情報が登録位置情報として記憶部103に登録される。例えば、上述の図7に示されるアクセスポイント803からのネットワーク名が記憶部103に登録される場合には、登録位置情報は、部屋721に存在する電子機器10の位置、言い換えれば、部屋721に存在するユーザ9の位置を示す。
本変形例では、記憶部103内の登録位置情報と、無線通信部110でネットワーク名が受信されるときの電子機器10の位置を示す位置情報とが比較され、その比較結果に基づいて、ユーザ9が屋内に存在することが特定される。
図18は本変形例に係る屋内特定関連処理の一例を示すフローチャートである。図18に示されるように、制御部100は上述のステップs1を実行する。ステップs1において、ネットワーク名が受信されたと判定されると、ステップs51において、制御部100は、受信部140から最新の位置情報を取得する。この位置情報は、ステップs1で受信されたネットワーク名が受信されるときの電子機器10の位置を示す位置情報であると言える。
ステップs51の後、制御部100は、ステップs2を実行する。ステップs2において、受信ネットワーク名と登録ネットワーク名とが一致すると判定されると、ステップs52において、位置判定部430は、ステップs51で取得された位置情報が示す位置が、記憶部103内の登録位置情報が示す位置から所定範囲内に存在するか否かを判定する。言い換えれば、位置判定部430は、ステップs51で取得された位置情報が示す位置が、記憶部103内の登録位置情報が示す位置と近いか否かを判定する。ステップs52での所定範囲は、例えば、数m〜10m程度に設定される。
ステップs52において、ステップs51で取得された位置情報が示す位置が、記憶部103内の登録位置情報が示す位置から所定範囲内に存在しないと判定されると、屋内判定関連処理が終了する。一方で、ステップs51で取得された位置情報が示す位置が、記憶部103内の登録位置情報が示す位置から所定範囲内に存在すると判定されると、ステップs3が実行されて、ユーザ9が屋内に存在すると判定される。
このように、本変形例では、受信ネットワーク名と登録ネットワーク名とが一致する場合であっても、当該受信ネットワーク名の受信時の電子機器10の位置が、当該登録ネットワークの受信時の電子機器10の位置から遠い場合には、ユーザ9が屋内に存在すると判定されない。したがって、登録ネットワーク名として登録された、屋内のアクセスポイントのネットワーク名が、当該アクセスポイントとは離れた位置に存在する屋外のアクセスポイントのネットワーク名と偶然に一致する場合であっても、ユーザ9が屋内に存在すると誤って判定される可能性を低減することができる。
なお図19に示されるように、ステップs52の後に上述のステップs41が実行されてもよい。この場合には、ステップs52において、ステップs51で取得された位置情報が示す位置が、記憶部103内の登録位置情報が示す位置から所定範囲内に存在すると判定されると、ステップs41が実行される。そして、ステップs41において、ステップs1で受信された受信ネットワーク名の受信強度がしきい値以上であると判定されると、ステップs3が実行されて「屋内」と判定される。図19に示されるフローチャートにおいて、ステップs52とステップs41の実行順序は入れ替えられてもよい。
このように、受信ネットワーク名と登録ネットワーク名とが一致し、当該受信ネットワーク名の受信時の電子機器10の位置が、当該登録ネットワークの受信時の電子機器10の位置と近く、当該受信ネットワーク名の受信強度が大きい場合に、ユーザ9が屋内に存在すると判定することによって、ユーザ9が屋内に存在することをより正しく特定することができる。
また、登録位置情報は、登録されるネットワーク名を送信するアクセスポイントの位置を示す位置情報であってもよい。この場合には、例えば、上述の図7に示されるアクセスポイント803からのネットワーク名が記憶部103に登録される場合には、登録位置情報はアクセスポイント803の位置を示すことになる。
アクセスポイントと、その位置を示す位置情報とが対応付けられて登録されたデータベースを有するサーバ装置が存在する場合には、電子機器10は、当該サーバ装置から、登録するネットワーク名を送信するアクセスポイントの位置を示す位置情報を取得することができる。例えば、上述の図8のステップs12において、操作部210が登録指示操作を受け付けたときに、電子機器10は、登録指示操作によって指定される、登録するネットワーク名を送信するアクセスポイントの位置を示す位置情報を、サーバ装置から取得する。また、上述の図9〜11に示される登録処理が実行される場合には、電子機器10は、例えは、ステップs23を実行する際に、登録するネットワーク名を送信するアクセスポイントの位置を示す位置情報を、サーバ装置から取得する。
また、アクセスポイントが、ネットワーク名とともに、当該アクセスポイントの位置を示す位置情報を送信する場合には、電子機器10は、登録するネットワーク名を受信するときに、当該ネットワーク名を送信するアクセスポイントの位置を示す位置情報を取得することができる。
また、ステップs51で取得される位置情報は、受信ネットワーク名を送信するアクセスポイントの位置を示す位置情報であってもよい。上記のようなデータベースを有するサーバ装置が存在する場合には、電子機器10は、当該サーバ装置から、受信ネットワーク名を送信するアクセスポイントの位置を示す位置情報を取得することができる。また、アクセスポイントが、ネットワーク名とともに、当該アクセスポイントの位置を示す位置情報を送信する場合には、電子機器10は、受信ネットワーク名を受信するときに、当該受信ネットワーク名を送信するアクセスポイントの位置を示す位置情報を取得することができる。
なお、登録位置情報は、登録されるネットワーク名を送信するアクセスポイントの位置を示す位置情報であって、ステップs51で取得される位置情報は、受信ネットワーク名の受信時の電子機器10の位置を示す位置情報であってもよい。また、登録位置情報は、登録するネットワーク名の受信時の電子機器10の位置を示す位置情報であって、ステップs51で取得される位置情報は、受信ネットワーク名を送信するアクセスポイントの位置を示す位置情報であってもよい。アクセスポイントの位置と、当該アクセスポイントからネットワーク名を受信する電子機器10の位置とは互いに近いことから、登録位置情報の種類と、ステップs51で取得される位置情報の種類とが、このように互いに異なっていてもよい。
<第3変形例>
上述のように、建物の外側にユーザ9が存在する場合であっても、電子機器10は、建物700のアクセスポイントからネットワーク名を受信することができる場合がある。したがって、屋内特定において、ユーザ9が屋内に存在しないにもかかわらず「屋内」と判定される可能性がある。
一方で、ユーザ9は、自宅などの建物の中に存在する場合には、電子機器10を所持せずに机等に置く可能性がある。
そこで、本変形例に係る電子機器10は、当該電子機器10がユーザ9に所持されずに置かれているか否かを判定し、その判定結果と、識別情報判定部500での判定結果とに基いて、屋内特定を行う。以下に本変形例について詳細に説明する。
電子機器10が停止している状態には、電子機器10を所持するユーザが停止していることにより電子機器10が停止している第1の状態と、電子機器10がユーザに所持されずに机等に置かれていることにより停止している第2の状態とが含まれる。以後、第1の状態を「第1停止状態」と呼び、第2の状態を「第2停止状態」と呼ぶ。
ユーザが停止している状態であるとしても、ユーザの動きが完全に止まることはほとんどないことから、第1停止状態の電子機器10の位置及び姿勢は少しは変化する。一方で、電子機器10がユーザによって所持されておらず、机等に置かれている場合には、電子機器10の位置及び姿勢はほとんど変化しない。
上記の例では、停止移動特定部410が、電子機器10が第1停止状態であるのか、第2停止状態であるのかを特に区別せずに、電子機器10が停止しているか否かを判定していた。本変形例では、停止移動特定部410は、電子機器10が第1停止状態であるのか否かと、第2停止状態であるか否かとを区別して判定することができる。
停止特定部410は、例えば、加速度センサ200で検出される加速度の時間変化パターン(以後、加速度パターンと呼ぶことがある)に基づいて、電子機器10が第1停止状態であるのか否かと、第2停止状態であるのか否かとを区別して判定することができる。
ここで、上述のように、電子機器10が第1停止状態である場合と、電子機器10が第2停止状態である場合とでは、電子機器10の位置及び姿勢の変化の態様が互いに異なる。したがって、電子機器10が第1停止状態である場合の加速度パターンと、電子機器1が第2停止状態である場合の加速度パターンとは互いに異なるようになる。
本変形例では、記憶部103には、電子機器10が第1停止状態である場合に加速度センサ200で検出される加速度の時間変化パターンが第1基準パターンとして予め記憶されている。また、記憶部103には、電子機器10が第2停止状態である場合に加速度センサ200で検出される加速度の時間変化パターンが第2基準パターンとして予め記憶されている。停止移動特定部410は、加速度センサ200の検出結果から得られる加速度パターンが第1基準パターンに一致する場合には、電子機器10が第1停止状態であると判定する。一方で、停止移動特定部410は、加速度パターンが第1基準パターンに一致しない場合には、電子機器1が第1停止状態でないと判定する。また、停止移動特定部410は、加速度パターンが第2基準パターンに一致する場合には、電子機器10が第2停止状態であると判定する。一方で、停止移動特定部410は、加速度パターンが第2基準パターンに一致しない場合には、電子機器10が第2停止状態でないと判定する。
図20は本変形例に係る屋内特定関連処理の一例を示すフローチャートである。図20に示されるように、制御部100は上述のステップs1及びステップs2を実行する。ステップs2において、受信ネットワーク名と登録ネットワーク名とが一致すると判定されると、ステップs61において、停止移動特定410は、加速度センサ200から加速度を取得する。そして、ステップs62において、停止移動特定部410は、取得した加速度に基づいて、ステップs1においてネットワーク名が受信されてから所定期間内において電子機器10が第2停止状態になった否かを判定する。停止移動特定部410は、電子機器1が第2停止状態であるか否かを判定する状態判定処理を、ステップs1においてネットワーク名が受信されてから所定期間内において繰り返し実行する。そして、停止移動特定部410は、状態判定処理において、電子機器1が第2停止状態であると判定すると、ステップs1においてネットワーク名が受信されてから所定時間内において電子機器1が第2停止状態になったと判定する。一方で、停止移動特定部410は、繰り返し行う状態判定処理において一度も電子機器1が第2停止状態であると判定しない場合には、ステップs1においてネットワーク名が受信されてから所定時間内において電子機器1が第2停止状態になるということがなかったと判定する。
ステップs62においてNOと判定されると、屋内特定関連処理が終了する。一方で、ステップs62においてYESと判定されると、ステップs3が実行されて、ユーザ9が屋内に存在すると判定される。その後、屋内特定処理が終了する。
このように、本変形例では、屋内特定部420は、識別情報判定部500での判定結果と、電子機器10が第2停止状態であるか否かの判定の結果とに基づいて屋内特定を行うことから、ユーザ9が屋内に存在することをより正しく特定することができる。以後、ステップs61及びステップs62から成る処理を「停止判定処理」と呼ぶことがある。
なお本例のように、停止特定部410が、電子機器10が第1停止状態であるのか否かと、第2停止状態であるか否かとを区別して判定することができる場合には、上述の図9及び図11のステップs22では、電子機器10が第1停止状態であるのか否かが判定されてもよいし、電子機器10が第2停止状態であるのか否かが判定されてもよい。
<第4変形例>
ユーザ9は、電子機器10を充電する場合には、自宅などの建物の中で電子機器10を充電する可能性が高い。
そこで、本変形例に係る電子機器10は、当該電子機器10が充電されているか否かを判定し、その判定結果と、識別情報判定部500での判定結果とに基いて、屋内特定を行う。以下に本変形例について詳細に説明する。
図21は本変形例に係る屋内特定関連処理の一例を示すフローチャートである。図21に示されるように、制御部100は上述のステップs1及びステップs2を実行する。ステップs2において、受信ネットワーク名と登録ネットワーク名とが一致すると判定されると、ステップs71において、制御部100は、電子機器10が充電されているか否かを判定する。つまり、制御部100は、電池230が充電されているか否かを判定する。制御部100は、例えば、電子機器器10が備える、充電器が接続されるコネクタの特定の端子の電圧あるいは電流を監視することによって、電池230が充電されているか否かを判定することができる。
ステップs71において電子機器10が充電されていないと判定されると、屋内特定関連処理が終了する。一方で、ステップs71において電子機器10が充電されていると判定されると、ステップs3が実行されて、ユーザ9が屋内に存在すると判定される。その後、屋内特定処理が終了する。
このように、本変形例では、屋内特定部420は、識別情報判定部500での判定結果と、電子機器10が充電されているか否かの判定の結果とに基づいて屋内特定を行うことから、ユーザ9が屋内に存在することをより正しく特定することができる。以後、ステップs71の処理を「充電判定処理」と呼ぶことがある。
<第5変形例>
ユーザ9の自宅などの建物の中には、Wifi等の無線LANあるいはBluetooth等を用いて無線通信することが可能な家電機器が存在することがある。このような家電機器は、スマート家電機器と呼ばれることがある。スマート家電機器としては、例えば、テレビジョン、冷蔵庫、ゲーム機、炊飯器、DVDレコーダー、掃除機、電子レンジ、オーブントースタ、扇風機、エア・コンディショナー、空気清浄機、加湿器、パーソナルコンピュータ、ファクシミリ、照明器具等が考えられる。
ユーザ9が自宅などの建物の中に存在する場合には、電子機器10は、当該建物の中に存在するスマート家電機器からの情報を受信できる可能性が高い。
そこで、本変形例に係る電子機器10は、識別情報判定部500での判定結果と、スマート家電機器から受信する情報とに基づいて、屋内特定を行う。以下に本変形例について詳細に説明する。
図22は本変形例に係る屋内特定関連処理の一例を示すフローチャートである。図22に示されるように、制御部100は上述のステップs1及びステップs2を実行する。ステップs2においてYESと判定されると、ステップs81において、屋内特定部420は、電子機器10が建物内のスマート家電機器と通信可能か否かを判定する。
ステップs81において、電子機器10がスマート家電機器と通信可能であると判定されると、屋内特定関連処理が終了する。一方で、ステップs81において、電子機器10がスマート家電機器と通信可能ではないと判定されると、ステップs3が実行されて、ユーザ9が屋内に存在すると判定される。その後、屋内特定処理が終了する。
屋内特定部420は、様々な方法で、電子機器10がスマート家電機器と通信可能か否かを判定することができる。例えば、上述の図8と同様にして、建物内のスマート家電機器が送信する、BSSIDあるいはネットワーク名等の識別情報が、登録家電識別情報として電子機器10に登録される。屋内特定部420は、ステップs81において、無線通信部110が識別情報を受信すると、受信された識別情報が登録家電識別情報と一致するか否かを判定する。屋内特定部420は、両者が一致すると判定すると、電子機器1が建物内のスマート家電機器と通信可能であると判定する。一方で、屋内特定部420は、両者が一致しないと判定すると、電子機器1がスマート家電機器と通信可能ではないと判定する。
また、建物内において、自身が家電機器であることを通知する通知情報を送信するスマート家電機器が存在するとする。この場合には、屋内特定部420は、無線通信部110が当該通知情報を受信した場合には、電子機器10がスマート家電機器と通信可能であると判定することができる。
また、電子機器10が、建物内のスマート家電機器と予め通信することによって、当該スマート家電機器と通信接続するために必要な接続情報を記憶しているとする。この場合には、電子機器10が接続情報に基づいてスマート家電機器と通信接続した場合には、屋内特定部420は、電子機器10がスマート家電機器と通信可能であると判定してもよい。
このように、本変形例では、屋内特定部420は、識別情報判定部500での判定結果と、無線通信部110が家電機器から受信する情報とに基づいて、屋内特定を行うことから、ユーザ9が屋内に存在することをより正しく特定することができる。
なお、スマート家電機器から、その電源がオンに設定されたことを示す電源オン情報を電子機器10が受信することができる場合には、屋内特定部420は、ステップs81において、当該電源オン情報を、ステップs1でYESと判定されてから(電子機器10がネットワーク名を受信してから)所定期間内に無線通信部110が受信したか否かを判定してもよい。屋内特定部420は、ステップs81において、無線通信部110が電源オン情報を受信したと判定すると、ステップs3を実行して「屋内」と判定する。一方で、ステップs81において、無線通信部110が電源オン情報を受信しないと判定されると、屋内特定関連処理が終了する。ユーザ9が自宅等の建物の中に入ると、当該建物内に存在する、テレビジョン、ゲーム機、エア・コンディショナー等のスマート家電機器の電源をオンにすることがある。電子機器10が、ステップs2においてYESと判定した後にスマート家電機器からの電源オン情報を受け取ったときに「屋内」と判定することによって、ユーザ9が屋内に存在することをより正しく特定することができる。
また、ドアを備えるスマート家電機器から、当該ドアが開けられたことを示す家電ドア開情報を電子機器10が受信することができる場合には、屋内特定部420は、ステップs81において、当該家電ドア開情報を、ステップs1でYESと判定されてから所定期間内に無線通信部110が受信したか否かを判定してもよい。屋内特定部420は、ステップs81において、無線通信部110が家電ドア開情報を受信したと判定すると、ステップs3を実行して「屋内」と判定する。一方で、ステップs81において、無線通信部110が家電ドア開情報を受信しないと判定されると、屋内特定関連処理が終了する。ユーザ9が自宅等の建物の中に入ると、当該建物内に存在する、冷蔵庫、電子レンジ及びオーブントースタ等の、ドアを有するスマート家電機器のドアを開けることがある。電子機器10が、ステップs2においてYESと判定した後にスマート家電機器からの家電ドア開情報を受け取ったときに「屋内」と判定することによって、ユーザ9が屋内に存在することをより正しく特定することができる。
また、スマート家電機器には、当該スマート家電機器の周囲に存在する人を検出する人感センサを有するスマート家電機器がある。屋内特定部420は、ステップs81において、スマート家電機器から、それが有する人感センサが人を検出したことを示す検出情報を、ステップs1でYESと判定されてから所定期間内に無線通信部110が受信したか否かを判定してもよい。屋内特定部420は、ステップs81において、無線通信部110が検出情報を受信したと判定すると、ステップs3を実行して「屋内」と判定する。一方で、ステップs81において、無線通信部110が検出情報を受信しないと判定されると、屋内特定関連処理が終了する。このように、電子機器10が、ステップs2においてYESと判定した後にスマート家電機器からの検出情報を受け取ったときに「屋内」と判定することによって、ユーザ9が屋内に存在することをより正しく特定することができる。
なお人感センサとして、例えば、可視光線あるいは赤外線等を利用した光学センサ、マイクロ波レーダ、ミリ波レーダ、カメラ用のイメージセンサ、大気中の匂い成分を検出する匂いセンサ、音を検出するマイクロホンなどが採用されてもよい。スマート家電機器は、人感センサが検出した値に基づいて、当該スマート家電機器の周囲に人が存在することを認識することができる。
また、スマート家電機器が照明器具であって、当該照明器具が有する発光部が点灯されたことを示す点灯情報を当該照明器具から電子機器10が受信することができる場合には、屋内特定部420は、ステップs81において、当該点灯情報を、ステップs1でYESと判定されてから所定期間内に無線通信部110が受信したか否かを判定してもよい。屋内特定部420は、ステップs81において、無線通信部110が点灯情報を受信したと判定すると、ステップs3を実行して「屋内」と判定する。一方で、ステップs81において、無線通信部110が点灯情報を受信しないと判定されると、屋内特定関連処理が終了する。ユーザ9が自宅等の建物の中に入ると、当該建物内に存在する照明器具を点灯させる可能性が高い。電子機器10が、ステップs2においてYESと判定した後にスマート家電機器からの点灯情報を受け取ったときに「屋内」と判定することによって、ユーザ9が屋内に存在することをより正しく特定することができる。以後、ステップs81の処理を「家電関連判定処理」と呼ぶことがある。
<第6変形例>
ユーザ9が、自宅などの建物の中に入る場合には、その建物のドアの鍵を開ける可能性が高い。
そこで、本変形例に係る電子機器10は、建物のドアの鍵が開けられた否かを判定し、その判定結果と、識別情報判定部500での判定結果とに基いて、屋内特定を行う。以下に本変形例について詳細に説明する。
図23は本変形例に係る屋内特定関連処理の一例を示すフローチャートである。図23に示されるように、制御部100は上述のステップs1及びステップs2を実行する。ステップs2においてYESと判定されると、制御部100は、ステップs91において、ステップ1でYESと判定されてから所定時間内において建物のドアの鍵が開けられた否かを判定する。
ここで、本変形例では、建物には、そのドアの鍵の開閉を検出する鍵開閉センサが設けられている。この鍵開閉センサは、ドアの鍵が開けられると、それを示す鍵開情報を送信することが可能である。また鍵開閉センサは、ドアの鍵が閉められると、それを示す鍵閉情報を送信することが可能である。
制御部100は、ステップs91において、鍵開情報を、ステップs1でYESと判定されてから所定時間内において無線通信部110が受信すると、ステップs1でYESと判定されてから所定時間内において建物のドアの鍵が開けられたと判定する。一方で、制御部100は、鍵開情報を、ステップs1でYESと判定されてから所定時間内において無線通信部110が受信することがなかった場合、ステップs1でYESと判定されてから所定時間内において建物のドアの鍵が開けられることはなかったと判定する。
ステップs91において建物のドアの鍵が開けられなかったと判定されると、屋内特定関連処理が終了する。一方で、ステップs91において建物のドアの鍵が開けられたと判定されると、ステップs3が実行されて、ユーザ9が屋内に存在すると判定される。その後、屋内特定処理が終了する。
このように、本変形例では、屋内特定部420は、識別情報判定部500での判定結果と、建物のドアの鍵が開けられたか否かの判定の結果とに基づいて屋内特定を行うことから、ユーザ9が屋内に存在することをより正しく特定することができる。以後、ステップs91の処理を「鍵開判定処理」と呼ぶことがある。
なお図24に示されるように、制御部100は、ステップs91の後のステップs92において、ステップs91でYESと判定されてから所定時間内において建物のドアの鍵が閉められたか否かを判定してもよい。ステップs92では、制御部100は、鍵閉情報を、ステップs91でYESと判定されてから所定時間内において無線通信部110が受信すると、ステップs91でYESと判定されてから所定時間内において建物のドアの鍵が閉められたと判定する。一方で、制御部100は、鍵閉情報を、ステップs91でYESと判定されてから所定時間内において無線通信部110が受信することがなかった場合、ステップs91でYESと判定されてから所定時間内において建物のドアの鍵が閉められることはなかったと判定する。
ステップs92において建物のドアの鍵が閉められなかったと判定されると、屋内特定関連処理が終了する。一方で、ステップs92において建物のドアの鍵が閉められたと判定されると、ステップs3が実行されて、ユーザ9が屋内に存在すると判定される。その後、屋内特定処理が終了する。
ユーザ9が、自宅などの建物の中に入る場合には、その建物のドアの鍵を開けた後に、当該鍵を閉める可能性が高い。したがって、ステップs91の後にステップs92が実行されることによって、ユーザ9が屋内に存在することをより正しく特定することができる。以後、ステップs91及びs92から成る処理を「鍵開閉判定処理」と呼ぶことがある。
また、屋内特定部420は、建物のドアの鍵が開けられたか否かの判定の結果の代わりに、建物のドアが開けられたか否かの判定の結果を用いてもよい。図25はこの場合の屋内特定関連処理の一例を示すフローチャートである。
図25に示されるように、ステップs2においてYESと判定されると、制御部100は、ステップs101において、ステップ1でYESと判定されてから所定時間内において建物のドアが開けられた否かを判定する。
ここで、図25の例では、建物には、そのドアの開閉を検出するドア開閉センサが設けられている。このドア開閉センサは、ドアが開けられると、それを示すドア開情報を送信することが可能である。またドア開閉センサは、ドアが閉められると、それを示すドア閉情報を送信することが可能である。
制御部100は、ステップs101において、ドア開情報を、ステップs1でYESと判定されてから所定時間内において無線通信部110が受信すると、ステップs1でYESと判定されてから所定時間内において建物のドアが開けられたと判定する。一方で、制御部100は、ドア開情報を、ステップs1でYESと判定されてから所定時間内において無線通信部110が受信することがなかった場合、ステップs1でYESと判定されてから所定時間内において建物のドアが開けられることはなかったと判定する。
ステップs101において建物のドアが開けられなかったと判定されると、屋内特定関連処理が終了する。一方で、ステップs101において建物のドアが開けられたと判定されると、ステップs3が実行されて、ユーザ9が屋内に存在すると判定される。その後、屋内特定処理が終了する。
このように、屋内特定部420が、識別情報判定部500での判定結果と、建物のドアが開けられたか否かの判定の結果とに基づいて屋内特定を行う場合であっても、ユーザ9が屋内に存在することをより正しく特定することができる。以後、ステップs101の処理を「ドア開判定処理」と呼ぶことがある。
なお図26に示されるように、制御部100は、ステップs101の後のステップs102において、ステップs101でYESと判定されてから所定時間内において建物のドアが閉められたか否かを判定してもよい。ステップs102では、制御部100は、ドア閉情報を、ステップs101でYESと判定されてから所定時間内において無線通信部110が受信すると、ステップs91でYESと判定されてから所定時間内において建物のドアが閉められたと判定する。一方で、制御部100は、ドア閉情報を、ステップs101でYESと判定されてから所定時間内において無線通信部110が受信することがなかった場合、ステップs101でYESと判定されてから所定時間内において建物のドアが閉められることはなかったと判定する。
ステップs102において建物のドアが閉められなかったと判定されると、屋内特定関連処理が終了する。一方で、ステップs102において建物のドアが閉められたと判定されると、ステップs3が実行されて、ユーザ9が屋内に存在すると判定される。その後、屋内特定処理が終了する。
このように、ステップs101の後にステップs102が実行されることによって、ユーザ9が屋内に存在することをより正しく特定することができる。以後、ステップs101及びステップs102から成る処理を「ドア開閉判定処理」と呼ぶことがある。
<第7変形例>
ユーザ9が自宅等の建物の中に存在する場合には、当該建物の中の温度と、電子機器10の温度とが互いに近い値を示す可能性が高い。
そこで、本変形例に係る電子機器10は、電子機器10の温度と、建物内の温度とを比較し、その比較結果と、識別情報判定部500での判定結果とに基いて、屋内特定を行う。以下に本変形例について詳細に説明する。
図27は本変形例に係る電子機器10の構成の一例を示す図である。図27に示されるように、本変形例に係る電子機器10は、上述の図4に示される電子機器10において、温度センサ250をさらに備えるものである。温度センサ250は、例えば機器ケース11内に設けられている。温度センサ250は、電子機器10の温度を検出することが可能である。
本変形例では、自宅等の建物内に、当該建物内の温度を検出することが可能な建物内温度センサが設けられている。建物内温度センサは、自身が検出する建物内の温度を送信することができる。なお、建物内温度センサは、エア・コンディショナー等のスマート家電機器に設けられてもよい。以後、電子機器10の温度センサ250で検出される温度を「第1温度」と呼ぶことがある。また、建物内温度センサで検出される温度を「第2温度」と呼ぶことがある。
図28は本変形例に係る屋内特定関連処理の一例を示すフローチャートである。図28に示されるように、制御部100は上述のステップs1及びステップs2を実行する。ステップs2においてYESと判定されると、制御部100は、ステップs111において、ステップs1でYESと判定されてから所定時間内において第2温度を無線通信部110が受信するか否かを判定する。
ステップs111において第2温度が無線通信部110で受信されないと判定されると、屋内特定関連処理が終了する。一方で、ステップs111において、第2温度が受信されたと判定されると、ステップs112において、制御部100は、温度センサ250で検出される第1温度と、無線通信部110が受信した第2温度とが、互いに近い値であるか否かを判定する。ステップs112では、制御部100は、まず、第1温度から第2温度を差し引いて得られる値の絶対値を求める。そして、制御部100は、求めた絶対値がしきい値以下である場合、第1及び第2温度が互いに近しい値であると判定する。一方で、制御部100は、求めた絶対値がしきい値よりも大きい場合、第1及び第2温度が互いに離れていると判定する。なお、制御部100は、求めた絶対値がしきい値未満である場合、第1及び第2温度が互いに近しい値であると判定し、求めた絶対値がしきい値以上である場合、第1及び第2温度が互いに離れていると判定してもよい。
ステップs112において、第1及び第2温度が互いに離れていると判定されると、屋内特定関連処理が終了する。一方で、第1及び第2温度が互いに近い値であると判定されると、ステップs3が実行されて、ユーザ9が屋内に存在すると判定される。その後、屋内特定処理が終了する。
このように、屋内特定部420が、識別情報判定部500での判定結果と、第1及び第2温度の比較の結果とに基づいて、屋内特定を行うため、ユーザ9が屋内に存在することをより正しく特定することができる。以後、ステップs111及びs112から成る処理を「温度判定処理」と呼ぶことがある。
なお電子機器10は、電子機器10の周囲の湿度と、建物内の湿度とを比較し、その比較結果と、識別情報判定部500での判定結果とに基づいて、屋内特定を行ってもよい。図29は、この場合の電子機器10の構成の一例を示す図である。また図30は、この場合の屋内特定関連処理の一例を示すフローチャートである。図29に示される電子機器10には、電子機器10の周囲の湿度を検出する湿度センサ260が設けられている。
図29及び図30の例では、自宅等の建物内に、当該建物内の湿度を検出することが可能な建物内湿度センサが設けられている。建物内湿度センサは、自身が検出する建物内の湿度を送信することが可能である。なお、建物内湿度センサは、エア・コンディショナーあるいは加湿器等のスマート家電機器に設けられてもよい。以後、電子機器10の湿度センサ260で検出される温度を「第1湿度」と呼ぶことがある。また、建物内湿度センサで検出される温度を「第2湿度」と呼ぶことがある。
図30に示されるように、制御部100は上述のステップs1及びステップs2を実行する。ステップs2においてYESと判定されると、制御部100は、ステップs121において、ステップs1でYESと判定されてから所定時間内において第2湿度を無線通信部110が受信するか否かを判定する。
ステップs121において第2湿度が無線通信部110で受信されないと判定されると、屋内特定関連処理が終了する。一方で、ステップs111において、第2湿度が受信されたと判定されると、ステップs122において、制御部100は、湿度センサ260で検出される第1湿度と、無線通信部110が受信した第2湿度とが、互いに近い値であるか否かを判定する。ステップs122では、制御部100は、まず、第1湿度から第2湿度を差し引いて得られる値の絶対値を求める。そして、制御部100は、求めた絶対値がしきい値以下である場合、第1及び第2湿度が互いに近しい値であると判定する。一方で、制御部100は、求めた絶対値がしきい値よりも大きい場合、第1及び第2湿度が互いに離れていると判定する。なお、制御部100は、求めた絶対値がしきい値未満である場合、第1及び第2湿度が互いに近しい値であると判定し、求めた絶対値がしきい値以上である場合、第1及び第2湿度が互いに離れていると判定してもよい。
ステップs122において、第1及び第2湿度が互いに離れていると判定されると、屋内特定関連処理が終了する。一方で、第1及び第2湿度が互いに近い値であると判定されると、ステップs3が実行されて、ユーザ9が屋内に存在すると判定される。その後、屋内特定処理が終了する。
このように、屋内特定部420が、識別情報判定部500での判定結果と、第1及び第2湿度の比較の結果とに基づいて、屋内特定を行うため、ユーザ9が屋内に存在することをより正しく特定することができる。以後、ステップs121及びステップs122から成る処理を「湿度判定処理」と呼ぶことがある。
<第8変形例>
本変形例と後述の第9変形例では、電子機器10のユーザ9が子供である場合を想定した当該電子機器10の動作について説明する。本変形例と第9変形例では、ユーザ9を「子供9」と呼ぶ。
本変形例では、子供9の自宅内のアクセスポイントが送信するネットワーク名が登録ネットワーク名として電子機器10の記憶部103に登録される。そして、電子機器10は、「屋内」と判定すると、つまり、子供9が自宅内に存在すると判定すると、当該電子機器10に登録された登録機器に対して、子供9が帰宅したことを通知する。電子機器10の記憶部103には、例えば、登録機器に割り当てられたeメールアドレスが記憶されている。電子機器10では、屋内特定部420が「屋内」と判定すると、無線通信部110が、記憶部103内のeメールアドレスを利用して、登録機器に対して、子供9が帰宅したことを通知する通知情報を送信する。登録機器としては、例えば、子供9の両親が有する携帯電話機あるいは子供9の祖父母が有する携帯電話機が挙げられる。また複数の登録機器が電子機器10に登録されてもよい。
このように、電子機器10が、「屋内」と判定すると、当該電子機器10の外部に通知を行うことによって、子供9の親等は、自宅にいない場合であっても、子供9が帰宅したことを知ることができる。よって、電子機器10の利便性が向上する。なお、ユーザ9が子供でない場合であっても、電子機器10は、「屋内」と判定すると、当該電子機器10の外部に通知を行ってもよい。
<第9変形例>
電子機器10の動作モードには、電子機器10が音を出力しないマナーモードが含まれている。子供9が自宅内に存在する場合に、電子機器10の動作モードがマナーモードに設定されていると、子供9は、親等の携帯電話機からの電子機器10宛の連絡に気が付かない可能性がある。
そこで、本変形例では、子供9の自宅内のアクセスポイントが送信するネットワーク名が登録ネットワーク名として電子機器10の記憶部103に登録される。そして、電子機器10の動作モードがマナーモードに設定されている場合に、屋内特定部420が「屋内」と判定すると、電子機器10はマナーモードを解除する。これにより、マナーモードに設定された電子機器10を有する子供9が帰宅したときには、電子機器10ではマナーモードが解除される可能性が高くなる。よって、自宅にいる子供9は、親等の携帯電話機からの電子機器10宛の連絡(音声通話あるいはeメールなどによる連絡)に気が付く可能性が向上する。よって、電子機器10の利便性が向上する。
<その他の変形例>
上記の例では、図6のフローチャートにおいて、ステップs2でYESと判定された後に、停止判定処理(ステップs61及びステップs62)、充電判定処理(ステップs71)、家電関連判定処理(ステップs81)、鍵開判定処理(ステップs91)、鍵開閉判定処理(ステップs91及びステップs92)、ドア開判定処理(ステップs101)、ドア開閉判定処理(ステップs101及びステップs102)、温度判定処理(ステップs111及びステップs112)及び湿度判定処理(ステップs121及びステップs122)のいずれか一つが実行されていた。
しかしながら、図6のフローチャートにおいて、ステップs2でYESと判定された後に、停止判定処理、充電判定処理、家電関連判定処理、温度判定処理及び湿度判定処理の少なくとも2つの判定処理が実行されてもよい。また図6のフローチャートにおいて、停止判定処理、充電判定処理、家電関連判定処理、温度判定処理及び湿度判定処理の少なくとも一つの処理と、鍵開判定処理、鍵開閉判定処理、ドア開判定処理及びドア開閉判定処理のいずれか一つの処理とが実行されてもよい。
また図17のフローチャートにおいて、停止判定処理、充電判定処理、家電関連判定処理、温度判定処理及び湿度判定処理の少なくとも一つの処理が実行されてもよい。この場合には、例えば、ステップs41においてYESと判定された後に当該少なくとも一つの処理が実行される。また図17のフローチャートにおいて、停止判定処理、充電判定処理、家電関連判定処理、温度判定処理及び湿度判定処理の少なくとも一つの処理と、鍵開判定処理、鍵開閉判定処理、ドア開判定処理及びドア開閉判定処理のいずれか一つの処理とが実行されてもよい。この場合には、例えば、ステップs41においてYESと判定された後に、停止判定処理、充電判定処理、家電関連判定処理、温度判定処理及び湿度判定処理の少なくとも一つの処理と、鍵開判定処理、鍵開閉判定処理、ドア開判定処理及びドア開閉判定処理のいずれか一つの処理とが実行される。
また図18のフローチャートにおいて、停止判定処理、充電判定処理、家電関連判定処理、温度判定処理及び湿度判定処理の少なくとも一つの処理が実行されてもよい。この場合には、例えば、ステップs52においてYESと判定された後に当該少なくとも一つの処理が実行される。また図18のフローチャートにおいて、停止判定処理、充電判定処理、家電関連判定処理、温度判定処理及び湿度判定処理の少なくとも一つの処理と、鍵開判定処理、鍵開閉判定処理、ドア開判定処理及びドア開閉判定処理のいずれか一つの処理とが実行されてもよい。この場合には、例えば、ステップs52においてYESと判定された後に、停止判定処理、充電判定処理、家電関連判定処理、温度判定処理及び湿度判定処理の少なくとも一つの処理と、鍵開判定処理、鍵開閉判定処理、ドア開判定処理及びドア開閉判定処理のいずれか一つの処理とが実行される。
また図19のフローチャートにおいて、停止判定処理、充電判定処理、家電関連判定処理、温度判定処理及び湿度判定処理の少なくとも一つの処理が実行されてもよい。この場合には、例えば、ステップs41においてYESと判定された後に当該少なくとも一つの処理が実行される。また図19のフローチャートにおいて、停止判定処理、充電判定処理、家電関連判定処理、温度判定処理及び湿度判定処理の少なくとも一つの処理と、鍵開判定処理、鍵開閉判定処理、ドア開判定処理及びドア開閉判定処理のいずれか一つの処理とが実行されてもよい。この場合には、例えば、ステップs41においてYESと判定された後に、停止判定処理、充電判定処理、家電関連判定処理、温度判定処理及び湿度判定処理の少なくとも一つの処理と、鍵開判定処理、鍵開閉判定処理、ドア開判定処理及びドア開閉判定処理のいずれか一つの処理とが実行される。
図31は、図19のフローチャートにおいて、停止判定処理、充電判定処理、家電関連判定処理、温度判定処理及び湿度判定処理のすべてと、鍵開判定処理とが実行される場合の屋内特定関連処理の一例を示すフローチャートである。図19のステップs1、ステップs51、ステップs2、ステップs52及びステップs41が実行され、ステップs41においてYESと判定されると、ステップs201において、制御部100は停止判定処理(ステップs61及びステップs62)を実行する。停止判定処理のステップs62においてYESと判定されるとステップs3が実行される。ステップs3が実行されると、屋内特定関連処理が終了する。一方で、ステップs62においてNOと判定されると、制御部100はステップs202において鍵開判定処理(ステップs91)を行う。
鍵開判定処理のステップs91においてYESと判定されるとステップs3が実行される。一方で、ステップs91においてNOと判定されると、制御部100はステップs203において温度判定処理(ステップs111及びステップs112)を行う。温度判定処理のステップs111及びステップs112の両方でYESと判定されるとステップs3が実行される。一方で、温度判定処理のステップs111及びステップs112のいずれかでNOと判定されると、制御部100はステップs204において湿度判定処理(ステップs121及びステップs122)を行う。
湿度判定処理のステップs121及びステップs122の両方でYESと判定されるとステップs3が実行される。一方で、湿度判定処理のステップs121及びステップs122のいずれかでNOと判定されると、制御部100はステップs205において充電判定処理(ステップs71)を行う。充電判定処理のステップs71においてYESと判定されるとステップs3が実行される。一方で、ステップs71においてNOと判定されると、制御部100はステップs206において家電関連判定処理(ステップs81)を行う。家電関連判定処理のステップs81においてYESと判定されるとステップs3が実行される。一方で、ステップs81においてNOと判定されると、屋内特定関連処理が終了する。
なお、ステップs201〜s206の実行順序は上記の限りではない。また、ステップs201〜s206の少なくとも一つの処理は実行されなくてもよい。またステップs202において、鍵開閉判定処理が実行されてもよい。この場合には、鍵開閉判定処理のステップs91及びステップs92の両方でYESと判定されるとステップs3が実行される。一方で、ステップs91及びステップs92のいずれかでNOと判定されるとステップs203が実行される。またステップs202において、ドア開判定処理が実行されてもよい。この場合には、ドア開判定処理のステップs101でYESと判定されるとステップs3が実行される。一方で、ステップs101でNOと判定されるとステップs203が実行される。またステップs202において、ドア開判定処理が実行されてもよい。この場合には、ドア開閉判定処理のステップs101及びステップs102の両方でYESと判定されるとステップs3が実行される。一方で、ステップs101及びステップs102のいずれかでNOと判定されるとステップs203が実行される。
また上記の例では、無線LANでのネットワーク名が使用されて屋内特定が行われていたが、ネットワーク名と同様に、無線通信部110が無線通信することが可能な通信装置が、当該通信装置に割り当てられた、その内容を変更することが可能な識別情報を送信する場合には、ネットワーク名の代りに当該識別情報を用いて同様に屋内特定を行うことができる。
また上記の例では、無線LANでのネットワーク名が使用されて屋内特定が行われていたが、ネットワーク名の代りにBSSIDが使用されてもよい。この場合であっても、ユーザ9が屋内に存在することを適切に特定することができる。
また上記の例では、電子機器10は、スマートフォン等の携帯電話機であったが、他の種類の電子機器であってよい。電子機器10は、例えば、タブレット端末、パーソナルコンピュータ、ウェアラブル機器などであってよい。電子機器10として採用されるウェアラブル機器は、リストバンド型あるいは腕時計型などの腕に装着するタイプであってもよいし、ヘッドバンド型あるいはメガネ型などの頭に装着するタイプであってもよいし、服型などの体に装着するタイプであってもよい。
以上のように、電子機器10は詳細に説明されたが、上記した説明は、全ての局面において例示であって、この開示がそれに限定されるものではない。また、上述した各種変形例は、相互に矛盾しない限り組み合わせて適用可能である。そして、例示されていない無数の変形例が、この開示の範囲から外れることなく想定され得るものと解される。
10 電子機器
103 記憶部
100 制御部(制御装置)
110 無線通信部
410 停止移動特定部
420 屋内特定部
430 位置判定部
500 識別情報判定部
600 通知決定部

Claims (23)

  1. 電子機器であって、
    共通の第1識別情報が割り当てられた屋内の複数の通信装置と無線通信を行う通信部と、
    前記第1識別情報を登録識別情報として記憶する記憶部と、
    前記通信部が通信装置から受信する、当該通信装置に割り当てられた識別情報である受信識別情報と、前記登録識別情報とが一致するか否かを判定する第1判定部と、
    前記第1判定部での第1判定結果に基づいて、前記電子機器のユーザが屋内に存在することを特定する屋内特定を行う屋内特定部と
    を備える、電子機器。
  2. 請求項1に記載の電子機器であって、
    前記屋内特定部は、前記第1判定結果と、前記受信識別情報の受信強度とに基づいて、前記屋内特定を行う、電子機器。
  3. 請求項1及び請求項2のいずれか一つに記載の電子機器であって、
    前記記憶部は、前記登録識別情報を送信する通信装置の位置あるいは前記通信部が当該通信装置から当該登録識別情報を受信するときの前記電子機器の位置を示す位置情報を登録位置情報として記憶し、
    前記受信識別情報を送信する通信装置の位置あるいは前記通信部が当該受信識別情報を受信するときの前記電子機器の位置が、前記登録位置情報が示す位置から所定範囲内に存在するか否かを判定する第2判定部をさらに備え、
    前記屋内特定部は、前記第1判定結果と、前記第2判定部での第2判定結果とに基づいて、前記屋内特定を行う、電子機器。
  4. 請求項1乃至請求項3のいずれか一つに記載の電子機器であって、
    前記第1識別情報が割り当てられている通信装置から前記通信部が受信する当該第1識別情報を、前記登録識別情報として前記記憶部に登録することを指示するための前記ユーザの指示操作を受け付ける操作部をさらに備える、電子機器。
  5. 請求項1乃至請求項3のいずれか一つに記載の電子機器であって、
    前記第1識別情報が割り当てられている通信装置から所定の時間帯において前記通信部が当該第1識別情報を受信するか否かが判定され、前記通信部が当該所定の時間帯において当該第1識別情報を受信すると、当該第1識別情報が、前記登録識別情報として前記記憶部に登録される、電子機器。
  6. 請求項1乃至請求項3のいずれか一つに記載の電子機器であって、
    前記電子機器が停止しているか否かを判定する第3判定部をさらに備え、
    前記第3判定部で前記電子機器が停止していると判定されるときに、前記第1識別情報が割り当てられている通信装置から前記通信部が受信する当該識別情報が、前記登録識別情報として前記記憶部に登録される、電子機器。
  7. 請求項1乃至請求項5のいずれか一つに記載の電子機器であって、
    前記電子機器がユーザに所持されずに置かれているか否かを判定する第3判定部をさらに備え、
    前記屋内特定部は、前記第1判定結果と、前記第3判定部での第3判定結果とに基づいて、前記屋内特定を行う、電子機器。
  8. 請求項1乃至請求項7のいずれか一つに記載の電子機器であって、
    前記電子機器が充電中か否かを判定する第4判定部をさらに備え、
    前記屋内特定部は、前記第1判定結果と、前記第4判定部での第4判定結果とに基づいて、前記屋内特定を行う、電子機器。
  9. 請求項1乃至請求項8のいずれか一つに記載の電子機器であって、
    前記屋内特定部は、前記第1判定結果と、前記通信部が家電機器から受信する第1情報とに基づいて、前記屋内特定を行う、電子機器。
  10. 請求項9に記載の電子機器であって、
    前記第1情報には、前記家電機器に割り当てられた第2識別情報、前記家電機器の電源がオンにされたことを示す第2情報、前記家電機器のドアが開かれたことを示す第3情報、前記家電機器が有するセンサが人を検出したことを示す第4情報及び前記家電機器が有する発光部が点灯されたことを示す第5情報のいずれか一つを含む、電子機器。
  11. 請求項1乃至請求項10のいずれか一つに記載の電子機器であって、
    建物のドアの鍵が開けられたか否かを判定する第5判定部をさらに備え、
    前記屋内特定部は、前記第1判定結果と、前記第5判定部での第5判定結果とに基づいて、前記屋内特定を行う、電子機器。
  12. 請求項11に記載の電子機器であって、
    前記鍵が閉められたか否かを判定する第6判定部をさらに備え、
    前記屋内特定部は、前記第1判定結果と、前記第5判定結果と、前記第6判定部での第6判定結果とに基づいて、前記屋内特定を行う、電子機器。
  13. 請求項1乃至請求項10のいずれか一つに記載の電子機器であって、
    建物のドアが開けられたか否かを判定する第5判定部をさらに備え、
    前記屋内特定部は、前記第1判定結果と、前記第5判定部での第5判定結果とに基づいて、前記屋内特定を行う、電子機器。
  14. 請求項13に記載の電子機器であって、
    前記建物の前記ドアが閉められたか否かを判定する第6判定部をさらに備え、
    前記屋内特定部は、前記第1判定結果と、前記第5判定結果と、前記第6判定部での第6判定結果とに基づいて、前記屋内特定を行う、電子機器。
  15. 請求項1乃至請求項14のいずれか一つに記載の電子機器であって、
    前記電子機器の温度である第1温度を検出する温度検出部と、
    前記第1温度と、前記通信部が受信する、建物内の温度である第2温度とを比較する第1比較部と
    を備え、
    前記屋内特定部は、前記第1判定結果と、前記第1比較部での第1比較結果とに基いて、前記屋内特定を行う、電子機器。
  16. 請求項1乃至請求項15のいずれか一つに記載の電子機器であって、
    前記電子機器の周囲の湿度である第1湿度を検出する湿度検出部と、
    前記第1湿度と、前記通信部が受信する、建物内の湿度である第2湿度とを比較する第2比較部と
    を備え、
    前記屋内特定部は、前記第1判定結果と、前記第2比較部での第2比較結果とに基いて、前記屋内特定を行う、電子機器。
  17. 請求項1乃至請求項16のいずれか一つに記載の電子機器であって、
    前記屋内特定の結果に基づいて、前記電子機器の外部に前記電子機器が通知を行うか否かを決定する通知決定部をさらに備える、電子機器。
  18. 請求項1乃至請求項16のいずれか一つに記載の電子機器であって、
    前記ユーザが屋内に存在することを前記屋内特定部が特定すると、前記通信部は前記電子機器の外部に通知を行う、電子機器。
  19. 請求項1乃至請求項17のいずれか一つに記載の電子機器であって、
    前記電子機器の動作モードには、前記電子機器が音を出力しないモードが含まれ、
    前記屋内特定では、前記ユーザが自宅内に存在することが特定され、
    前記動作モードが前記モードである場合に、前記ユーザが前記自宅内に存在することを前記屋内特定部が特定すると、前記モードが解除される、電子機器。
  20. 請求項1乃至請求項19のいずれか一つに記載の電子機器であって、
    前記第1識別情報は、屋内の複数のアクセスポイントに共通に割り当てられたESSID(Extended Service Set Identifier)であって、
    前記記憶部は、前記複数のアクセスポイントに割り当てられた共通のESSIDを前記登録識別情報として記憶し、
    前記第1判定部は、前記通信部がアクセスポイントから受信する、当該アクセスポイントに割り当てられたESSIDである前記受信識別情報と、前記登録識別情報とが一致するか否かを判定する、電子機器。
  21. 共通の識別情報が割り当てられた屋内の複数の通信装置と無線通信を行う電子機器が備える、当該電子機器の動作を制御する制御装置であって、
    前記電子機器に登録された前記共通の識別情報である登録識別情報と、前記電子機器が無線通信で通信装置から受信する、当該通信装置に割り当てられた識別情報である受信識別情報とが一致するか否かを判定する判定部と、
    前記判定部での判定結果に基づいて、前記電子機器のユーザが屋内に存在することを特定する屋内特定を行う屋内特定部と
    を備える、制御装置。
  22. 共通の識別情報が割り当てられた屋内の複数の通信装置と無線通信を行う電子機器を制御するための制御プログラムであって、
    前記電子機器に、
    前記電子機器に登録された前記共通の識別情報である登録識別情報と、前記電子機器が無線通信で通信装置から受信する、当該通信装置に割り当てられた識別情報である受信識別情報とが一致するか否かを判定する第1工程と、
    前記第1工程での判定結果に基づいて、前記電子機器のユーザが屋内に存在することを特定する屋内特定を行う第2工程と
    前記識別情報が割り当てられている通信装置から受信する当該識別情報を、前記登録識別情報として登録することを指示するための前記ユーザの指示操作を受け付けた場合に、当該識別情報を前記登録識別情報として登録する第3工程と
    を実行させるための制御プログラム。
  23. 共通の識別情報が割り当てられた屋内の複数の通信装置と無線通信を行う電子機器の動作方法であって、
    前記電子機器に登録された前記共通の識別情報である登録識別情報と、前記電子機器が無線通信で通信装置から受信する、当該通信装置に割り当てられた識別情報である受信識別情報とが一致するか否かを判定する第1工程と、
    前記第1工程での判定結果に基づいて、前記電子機器のユーザが屋内に存在することを特定する屋内特定を行う第2工程と
    を備える、電子機器の動作方法。
JP2017058103A 2016-11-25 2017-03-23 電子機器、制御装置、制御プログラム及び電子機器の動作方法 Active JP6713943B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2016229120 2016-11-25
JP2016229120 2016-11-25

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
EP17873590.8A EP3528479A4 (en) 2016-11-25 2017-11-10 ELECTRONIC DEVICE, CONTROL DEVICE, CONTROL PROGRAM AND OPERATING METHOD OF AN ELECTRONIC DEVICE
PCT/JP2017/040518 WO2018096942A1 (ja) 2016-11-25 2017-11-10 電子機器、制御装置、制御プログラム及び電子機器の動作方法
CN201780071461.XA CN109964472A (zh) 2016-11-25 2017-11-10 电子设备、控制装置、控制程序及电子设备的动作方法
US16/418,666 US20190271546A1 (en) 2016-11-25 2019-05-21 Electronic apparatus, control device, and operation method of electronic apparatus

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2018093461A JP2018093461A (ja) 2018-06-14
JP6713943B2 true JP6713943B2 (ja) 2020-06-24

Family

ID=62565737

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2017058103A Active JP6713943B2 (ja) 2016-11-25 2017-03-23 電子機器、制御装置、制御プログラム及び電子機器の動作方法

Country Status (4)

Country Link
US (1) US20190271546A1 (ja)
EP (1) EP3528479A4 (ja)
JP (1) JP6713943B2 (ja)
CN (1) CN109964472A (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2020026613A1 (ja) * 2018-07-30 2020-02-06 パナソニックIpマネジメント株式会社 通知システム、通知方法及びプログラム
US10847027B1 (en) * 2018-10-31 2020-11-24 United Services Automobile Association (Usaa) Method and system for detecting use of garage

Family Cites Families (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101515172A (zh) * 2009-03-31 2009-08-26 陕西科技大学 利用安居门监控室内水电开关的控制系统及其实现方法
JP5258865B2 (ja) * 2009-11-05 2013-08-07 サムソン エスディーエス カンパニー リミテッド 無線lanapを利用した無線デバイスの位置追跡システム及び方法
US8588810B2 (en) * 2011-11-30 2013-11-19 International Business Machines Corporation Energy efficient location tracking on smart phones
US9008694B2 (en) * 2012-06-29 2015-04-14 Broadcom Corporation Indoor/outdoor differentiation using radio frequency (RF) transmitters
DE102013013156A1 (de) * 2012-08-10 2014-03-13 Peiker Acustic Gmbh & Co. Kg "Verfahren zur Navigation und Verfahren zur Einbindung wenigstens eines weiteren Senders in ein Navigationssystem"
CN104918323A (zh) * 2014-03-12 2015-09-16 电信科学技术研究院 一种终端定位方法及设备
CN103974196A (zh) * 2014-05-14 2014-08-06 丁晟 一种室内相对位置确定系统、控制方法以及控制装置
JP2016005228A (ja) * 2014-06-19 2016-01-12 三菱電機株式会社 端末装置及び無線装置
CN104457751B (zh) * 2014-11-19 2017-10-10 中国科学院计算技术研究所 室内外场景识别方法及系统
US9407829B1 (en) * 2015-01-13 2016-08-02 Futurewei Technologies, Inc. Method for mobile device to improve camera image quality by detecting whether the mobile device is indoors or outdoors
CN105549717A (zh) * 2015-12-09 2016-05-04 北京金山安全软件有限公司 一种优化应用程序耗电的方法、装置及电子设备
CN105488954B (zh) * 2016-01-14 2017-11-03 广东小天才科技有限公司 一种基于危险级别的信息提醒方法及装置
CN106060779A (zh) * 2016-07-18 2016-10-26 北京方位捷讯科技有限公司 指纹特征匹配方法及装置

Also Published As

Publication number Publication date
US20190271546A1 (en) 2019-09-05
JP2018093461A (ja) 2018-06-14
CN109964472A (zh) 2019-07-02
EP3528479A4 (en) 2019-11-27
EP3528479A1 (en) 2019-08-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Kohne et al. Location-based services with iBeacon technology
US10212545B2 (en) Method and apparatus for device positioning
KR20150140021A (ko) 위치 정보를 제공하기 위한 방법 및 장치
US20190271546A1 (en) Electronic apparatus, control device, and operation method of electronic apparatus
US20190208020A1 (en) Method and device for controlling home device
WO2014155851A1 (ja) 位置推定装置、位置推定方法、対象端末、通信方法、通信端末、記録媒体および位置推定システム
CN106664575B (zh) 一种定向方法、设备及系统
KR20190038034A (ko) 전자 장치 및 그의 지오펜스 관리 방법
KR101880715B1 (ko) 버스 승객 알림 방법 및 이를 이용하는 장치
KR101898101B1 (ko) Iot 상호작용 시스템
JP6655526B2 (ja) 電子機器、制御装置、制御プログラム及び電子機器の動作方法
WO2018096942A1 (ja) 電子機器、制御装置、制御プログラム及び電子機器の動作方法
US10278013B2 (en) Presence activated radio beacon
JP6655527B2 (ja) 電子機器、制御装置、制御プログラム及び電子機器の動作方法
JP2015073188A (ja) 携帯電子機器、状態判定プログラム及び状態判定方法
JP6872352B2 (ja) 電子機器、制御装置、制御プログラム及び電子機器の動作方法
JP2018033030A (ja) 電子機器、制御方法、及び制御プログラム
JPWO2017221301A1 (ja) 制御システム
JP2018004333A (ja) 測位システム、測位方法、測位プログラム
CN107835304B (zh) 控制移动终端的方法、装置、移动终端及存储介质
JP6777743B2 (ja) 電子機器、制御プログラム及び電子機器の動作方法
JP6713895B2 (ja) 電子機器及び制御方法
JP6706406B2 (ja) 携帯機器、システム及びプログラム
JP2020123055A (ja) 情報処理装置及び情報処理方法、プログラム
US20200342336A1 (en) Visiting-facility recommending device and visiting-facility recommending method

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20190410

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20191224

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20200217

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20200317

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20200325

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20200526

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20200604

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6713943

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150