JP6357280B2 - 循環流動床による焼結煙道ガス向け半乾式同時脱硫・脱硝装置を用いた多汚染物除去方法 - Google Patents

循環流動床による焼結煙道ガス向け半乾式同時脱硫・脱硝装置を用いた多汚染物除去方法 Download PDF

Info

Publication number
JP6357280B2
JP6357280B2 JP2017524075A JP2017524075A JP6357280B2 JP 6357280 B2 JP6357280 B2 JP 6357280B2 JP 2017524075 A JP2017524075 A JP 2017524075A JP 2017524075 A JP2017524075 A JP 2017524075A JP 6357280 B2 JP6357280 B2 JP 6357280B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
fluidized bed
circulating fluidized
flue gas
ozone
flue
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2017524075A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2017522186A (ja
Inventor
廷▲ユ▼ 朱
廷▲ユ▼ 朱
文青 徐
文青 徐
瑞壮 ▲趙▼
瑞壮 ▲趙▼
猛 叶
猛 叶
▲ジン▼ 熊
▲ジン▼ 熊
Original Assignee
中国科学院過程工程研究所
北京正▲実▼同▲創▼▲環▼境工程科技有限公司Beijing Zstc Environmental Engineering Co., Ltd.
北京正▲実▼同▲創▼▲環▼境工程科技有限公司Beijing Zstc Environmental Engineering Co., Ltd.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to CN201410347174.5 priority Critical
Priority to CN201410347174.5A priority patent/CN104107626B/zh
Application filed by 中国科学院過程工程研究所, 北京正▲実▼同▲創▼▲環▼境工程科技有限公司Beijing Zstc Environmental Engineering Co., Ltd., 北京正▲実▼同▲創▼▲環▼境工程科技有限公司Beijing Zstc Environmental Engineering Co., Ltd. filed Critical 中国科学院過程工程研究所
Priority to PCT/CN2014/084110 priority patent/WO2016011681A1/zh
Publication of JP2017522186A publication Critical patent/JP2017522186A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6357280B2 publication Critical patent/JP6357280B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D53/00Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols
    • B01D53/34Chemical or biological purification of waste gases
    • B01D53/46Removing components of defined structure
    • B01D53/60Simultaneously removing sulfur oxides and nitrogen oxides
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D45/00Separating dispersed particles from gases or vapours by gravity, inertia, or centrifugal forces
    • B01D45/12Separating dispersed particles from gases or vapours by gravity, inertia, or centrifugal forces by centrifugal forces
    • B01D45/16Separating dispersed particles from gases or vapours by gravity, inertia, or centrifugal forces by centrifugal forces generated by the winding course of the gas stream, the centrifugal forces being generated solely or partly by mechanical means, e.g. fixed swirl vanes
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D53/00Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols
    • B01D53/14Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols by absorption
    • B01D53/1425Regeneration of liquid absorbents
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D53/00Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols
    • B01D53/14Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols by absorption
    • B01D53/1431Pretreatment by other processes
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D53/00Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols
    • B01D53/14Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols by absorption
    • B01D53/1456Removing acid components
    • B01D53/1481Removing sulfur dioxide or sulfur trioxide
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D53/00Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols
    • B01D53/34Chemical or biological purification of waste gases
    • B01D53/346Controlling the process
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D53/00Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols
    • B01D53/34Chemical or biological purification of waste gases
    • B01D53/74General processes for purification of waste gases; Apparatus or devices specially adapted therefor
    • B01D53/75Multi-step processes
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D53/00Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols
    • B01D53/34Chemical or biological purification of waste gases
    • B01D53/74General processes for purification of waste gases; Apparatus or devices specially adapted therefor
    • B01D53/80Semi-solid phase processes, i.e. by using slurries
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D53/00Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols
    • B01D53/34Chemical or biological purification of waste gases
    • B01D53/74General processes for purification of waste gases; Apparatus or devices specially adapted therefor
    • B01D53/81Solid phase processes
    • B01D53/83Solid phase processes with moving reactants
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2251/00Reactants
    • B01D2251/10Oxidants
    • B01D2251/104Ozone
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2251/00Reactants
    • B01D2251/40Alkaline earth metal or magnesium compounds
    • B01D2251/404Alkaline earth metal or magnesium compounds of calcium
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2257/00Components to be removed
    • B01D2257/30Sulfur compounds
    • B01D2257/302Sulfur oxides
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2257/00Components to be removed
    • B01D2257/40Nitrogen compounds
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2257/00Components to be removed
    • B01D2257/40Nitrogen compounds
    • B01D2257/404Nitrogen oxides other than dinitrogen oxide
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2258/00Sources of waste gases
    • B01D2258/02Other waste gases
    • B01D2258/025Other waste gases from metallurgy plants
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2258/00Sources of waste gases
    • B01D2258/02Other waste gases
    • B01D2258/0283Flue gases
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02ATECHNOLOGIES FOR ADAPTATION TO CLIMATE CHANGE
    • Y02A50/00TECHNOLOGIES FOR ADAPTATION TO CLIMATE CHANGE in human health protection, e.g. against extreme weather
    • Y02A50/20Air quality improvement or preservation, e.g. vehicle emission control or emission reduction by using catalytic converters

Description

本発明は、煙道ガス浄化の分野に属し、具体的には、鉄鋼産業に用いる、循環流動床による焼結煙道ガス向け半乾式同時脱硫・脱硝装置及び方法に関する。

中国では、様々な産業のうち、鉄鋼産業において二酸化硫黄や窒素酸化物等の汚染物の排出量が最も多いが、鉄鋼産業のSO及びNO排出量のうち、50%以上が焼結工程で発生する。2012年に公布された『鉄鉱石焼結・造粒工業大気汚染物質排出基準』では、SOとNOの排出に対してより厳しい規制が定められている。

経済的利益及び応用の見込みによれば、浄化技術では、SOとNOを同時除去さえすれば現実的なやり甲斐がある。企業調査及び文献報告によれば、乾式浄化技術は、同時除去の目的を達成でき、たとえば、活性コークスによる脱硫・脱硝技術は、二次汚染を発生させることがなく技術的優位性が顕著であるため、近年では重視されてきた。しかしながら、原料の特性や高コストによって、乾式浄化方法の普及が制約されていた。また、煙道ガスにおけるNOを、高原子価のNOに酸化させた後、アルカリ性吸収剤と反応させるような浄化脱硫・脱硝技術も多数公開された。煙道ガスと酸化剤の接触過程において、SOの一部が不可避的に酸化されてSOになるが、湿式除去プロセスによればSOを効果的に除去することができなく、二酸化硫黄汚染物の形態変化が招かれ、徹底的な除去が実現されない。

該分野の専門家や学者から、半乾式同時除去プロセスが提案されていた。技術的な観点から言えば、循環流動床による半乾式煙道ガス脱硫技術は高度に進んでおり、これを基づいて技術を改良し、脱硫・脱硝技術を開発することは国内外問わず発展の傾向となっている。

従来の半乾式同時除去技術の技術開発の欠陥に鑑み、本発明は、循環流動床による半乾式同時脱硫・脱硝装置を提供することを、第1の目的とする。本発明に係る装置は、システムがシンプルで、占有面積が小さく、設備投資やランニングコストが低い。

上記の目的を達成するために、本発明は、下記の手段を採用する。

循環流動床による焼結煙道ガス向け半乾式同時脱硫・脱硝装置であって、
前記装置は、オゾン発生器2、希釈ファン1、混合緩衝タンク3、オゾン分配器4及び循環流動床反応塔9を含み、
前記オゾン発生器2及び希釈ファン1は、混合緩衝タンク3の入口に接続され、
前記オゾン分配器4は、煙道4’内に取り付けられ、煙道4’の外部に、混合緩衝タンク3の出口に接続される接続口が設置され、
前記循環流動床反応塔9の煙道ガス入口5は、オゾン分配器4が設けられた煙道4’に接続されている、循環流動床による焼結煙道ガス向け半乾式同時脱硫・脱硝装置。
オゾン分配器4は、オゾン発生器2が発生したオゾンを煙道4’内に均一に分配させ、酸化効率を最大限に向上させ、オゾン損失を減少させることができる。上記のオゾン分配器は、従来技術、例えば中国特許出願第201410059167.5号明細書又は第201410066906.3号明細書の発明で開示された技術で製造されたものであってもよい。

ここで、循環流動床反応塔は、CFB反応塔と略称してもよい。

好ましくは、オゾン分配器4が設けられる箇所から循環流動床反応塔9の煙道ガス入口5までの煙道4’距離が15〜30メートルである。

焼結煙道ガスは、オゾン分配器4が設けられた煙道4’に入った後、オゾン発生器2が発生したオゾンガスで酸化され、煙道ガスにおける一部又は全部のNOが酸化されて高原子価NOになり、同時に、一部のSOもSOに酸化され、酸化された煙道ガスが循環流動床反応塔の煙道ガス入口5から循環流動床反応塔9内に入り、霧化水の作用下で煙道ガスにおけるSO、SO及び高原子価NOをCa系吸収剤と反応させて除去する。

本発明の装置では、前記循環流動床反応塔9の上部の出口10がサイクロン分離機11に接続され、サイクロン分離機11の分離ホッパー12が循環流動床反応塔9の戻し口15に接続される。

サイクロン分離機11の役割は、反応後のCa系吸収剤を煙道ガスから分離して循環流動床反応塔9の戻し口15を介して循環流動床反応塔9内に戻し、再び反応に用いることである。

好ましくは、前記循環流動床反応塔9の上部の出口10は、サイクロン分離機11に接線方向に沿って接続されている。

好ましくは、前記サイクロン分離機11の分離ホッパー12の出口は、空気輸送用傾斜シュート13を介して循環流動床反応塔9の戻し口15に接続されている。

本発明の装置では、前記循環流動床反応塔9の底部がベンチュリ構造であり、ベンチュリ拡張部16にフィード口6、戻し口15及び噴水用噴射ガン14が設置され、噴射ガン14のノズルが煙道ガスの流れ方向に沿って取り付けられている。

本発明の装置では、前記サイクロン分離機11がバッグ型集塵機17に接続され、バッグ型集塵機17のホッパーが粉塵室18に接続され、粉塵室18に、2つの出口が設置されている。第1出口19は、空気輸送用配管を介して循環流動床反応塔9の戻し口15に接続され、除塵機17の材料戻しは、流動床の圧力を安定させることと、吸収剤をさらに循環させることを目的とするものである。第2出口20は、粉塵チャンバー21に接続され、外部への排出を実現する。

好ましくは、脱硫・脱硝が行われた煙道ガスを排出するために、前記バッグ型集塵機17の後部に煙突22が設けられている。前記煙道ガスは、バッグ型集塵機17による更なる除塵が行われた後に、煙突22から大気へ排出される。

本発明は、上記循環流動床による半乾式同時脱硫・脱硝装置を用いた多汚染物除去方法を提供することを第2の目的とする。前記方法は、
オゾン分配器4が設けられた煙道4’内にオゾンを噴射してオゾンと煙道ガスを反応させ、煙道ガスにおけるSOの一部をSOに酸化させてNOの一部又は全部を高原子価NOに酸化させるステップ1と、
酸化された煙道ガスを循環流動床反応塔9に送入し、煙道ガスにおけるSO、SO、及びNOを反応塔9において霧化水の作用下でCa系吸収剤と反応させて除去するステップ2と、を備える。

本発明の方法では、ステップ1において、オゾン発生器2が発生したオゾンを希釈ファン1の作用下で混合緩衝タンク3において均一に混合させた後、オゾン分配器4を介して煙道4’内に噴射し、煙道4’内に噴射されたオゾンと煙道ガスを十分に接触させて反応させる。

好ましくは、噴射したオゾンと煙道ガスにおけるNOのモル比が0.25〜1.2であり、たとえば、0.26〜1.49、0.45〜1.15、0.55〜1.05等とすることができ、反応時間が0.5〜5sであり、たとえば、0.6〜4.9s、1.0〜3.5s、1.5〜2.5s、2s等とすることができる。好ましくは、ステップ2において、前記Ca系吸収剤が、Ca/(S+N)のモル比を1.1〜2.0にし、たとえば、1.11〜1.96、1.3〜1.8、1.42〜1.67、1.53等にし、好ましくは1.2〜1.5にするような比率で添加される。Ca系吸収剤の添加量を調整することによって、処理後の煙道ガスにおける硫酸化物と窒素酸化物の濃度を調節することができる。

本発明の方法では、ステップ2で反応したCa系吸収剤は、サイクロン分離機11で分離された後に空気輸送用傾斜シュート13を介して循環流動床反応塔9に戻されて複数回循環し、煙道ガスは、バッグ型集塵機17でさらに粉塵を除去された後に大気へ排出され、流動床の圧力を安定させることと、吸収剤をさらに循環させることが実現されるように、除塵機17で収集された粉塵の一部は、空気輸送によって循環流動床反応塔9に戻される。

好ましくは、噴水用噴射ガン14の噴水量を調整することで、循環流動床反応塔(9)内の煙道ガスの温度を酸露点以上、一般的に75〜80℃、たとえば、76℃、77℃、79℃等に調節し、また、空気輸送用傾斜シュート13の循環材料戻し量を調整することによって、循環流動床反応塔9の出入口間の圧力差を制御する。更に、塔内の粒子濃度を、上記Ca/(S+N)モル比の条件を満たすように制御する。

本発明は、循環流動床反応塔9の出口10での煙道ガス温度に応じて噴水量を調整し、循環流動床反応塔内の温度を煙道ガスの露点以上に維持する。

本発明の前記方法の好適な一実施形態では、オゾンとNOのモル比が1.0であり、反応時間が1sであり、Ca/(S+N)モル比が1.2である場合、脱硫効率と脱硝効率を90%以上にすることができる。

従来技術に比べて、本発明は以下の利点を有する。

(1)システムがシンプルで、占有面積が小さく、設備投資やランニングコストが低い。
(2)オゾンの酸化作用によって、吸収剤に吸収されにくいNOは煙道において高原子価NOに酸化され、SO(SO、SOを含む)とともに後続の循環流動床半乾式除去過程において反応することが可能となるため、別個に脱硝装置を設置する必要がなく、また、SOを除去できないという問題がない。
(3)サイクロン分離機とバッグ型集塵機が収集した材料を吸収塔に戻すことで、吸収剤の塔外循環が実現され、吸収剤の利用効率が向上する。
(4)SOとNOの両方に対する高除去効率を有する。操作条件が好適である場合に、循環流動床による煙道ガス向け半乾式脱硫技術の脱硫効率を90%以上にすることができ、Oによって煙道ガスにおけるNOが酸化される速度が高く、脱硝効率を90%以上にすることができる。

本発明のフローチャートである。

以下、本発明を更に詳細に説明する。下記の実例は、本発明の簡単な例に過ぎず、本発明の特許請求の範囲を代表又は制限するものではなく、本発明の保護範囲は特許請求の範囲に準じる。

本発明を把握するために、以下、本発明の実施形態を挙げる。前記実施形態は本発明の理解を容易にするものに過ぎず、本発明を具体的な制限するものではないことを当業者ならば理解するであろう。

実施例1
循環流動床による焼結煙道ガス向け半乾式同時脱硫・脱硝装置は、オゾン発生器2、混合緩衝タンク3、オゾン分配器4及び循環流動床反応塔9を含み、前記オゾン発生器2及び希釈ファン1は、混合緩衝タンク3の入口に接続され、前記CFB反応塔の底部における入口5は、オゾン分配器4が設けられた煙道4’に接続され、前記オゾン分配器4は、煙道4’内に取り付けられ、煙道4’の外部に、混合緩衝タンク3の出口に接続される接続口が設置される。

上記循環流動床による半乾式同時脱硫・脱硝装置を用いた多汚染物除去方法は、
煙道にオゾンを噴射して、煙道ガスにおけるSOの一部をSOに酸化し、NOの一部又は全部を高原子価NOに酸化するステップ1と、
酸化された煙道ガスを循環流動床反応塔9に送入し、煙道ガスにおけるSO、SO、及びNOを反応塔において霧化水の作用下でCa系吸収剤と反応させて除去するステップ2と、を含む。

ステップ1では、噴射されたオゾンと煙道ガスにおけるNOとのモル比が0.25であり、反応時間が0.5sであるように制御する。

ステップ2では、前記Ca系吸収剤は、Ca/(S+N)モル比を1.2にするような比率で添加される。

本発明によれば、Ca系吸収剤の添加量を調整することによって、処理後の煙道ガスにおける硫酸化物と窒素酸化物の濃度を制御することができ、また、循環流動床反応塔9の出口10での煙道ガスの温度に応じて噴水量を調整することによって、塔内温度を煙道ガスの露点以上に維持し、好ましくは最低温度を75〜80℃に制御することができ、さらに、循環材料戻し量を調整することによって、循環流動床反応塔9内の固体粒子の濃度を制御することができる。装置の脱硫効率を90%以上、脱硝効率を20%以上にすることができる。

実施例2
循環流動床による焼結煙道ガス向け半乾式同時脱硫・脱硝装置は、順に接続された煙道4’、循環流動床反応塔9、サイクロン分離機11及びバッグ型集塵機17を含み、前記煙道4’はオゾン混合緩衝タンク3に接続され、オゾン発生器2と希釈ファン1はオゾン緩衝タンク3に接続され、前記オゾン分配器4は、煙道4’内に取り付けられ、煙道4’の外部に、混合緩衝タンク3の出口に接続される接続口が設置されている。

前記循環流動床反応塔の上部の出口10は、サイクロン分離機11に接線方向に沿って接続され、サイクロン分離機の分離ホッパー12の出口は、空気輸送用傾斜シュート13を介して循環流動床反応塔の戻し口15に接続されている。

前記サイクロン分離機11がバッグ型集塵機17に接続され、バッグ型集塵機17のホッパーが粉塵室18に接続され、粉塵室18に、2つの出口が設置され、第1出口19が空気輸送用配管を介してCFBの戻し口15に接続され、第2出口20が外部への排出を実現する。前記煙道ガスは、バッグ型集塵機17でさらに除塵された後に煙突22に送入される。

前記循環流動床反応塔9の底部がベンチュリ構造であり、ベンチュリ拡張部16にフィード口6、戻し口15及び噴水用噴射ガン14が設置され、噴射ガン14のノズルは煙道ガスの流れ方向に沿って取り付けられている。

上記の循環流動床による半乾式同時脱硫・脱硝装置を用いた多汚染物除去方法は、
煙道にオゾンを噴射し、煙道ガスにおけるSOの一部をSOに酸化し、NOの一部又は全部を高原子価NOに酸化するステップ1と、
酸化された煙道ガスを循環流動床反応塔9に送入し、煙道ガスにおけるSO、SO、及びNOを反応塔において霧化水の作用下でCa系吸収剤と反応させて除去するステップ2と、を含む。

ステップ1では、噴射されたオゾンと煙道ガスにおけるNOとのモル比が0.5であり、反応時間が1.0sであるように制御する。

ステップ2では、前記Ca系吸収剤は、Ca/(S+N)モル比を1.3にするような比率で添加される。

本発明によれば、Ca系吸収剤の添加量を調整することによって、処理後の煙道ガスにおける硫酸化物と窒素酸化物の濃度を制御することができ、また、循環流動床反応塔9の出口10での煙道ガスの温度に応じて噴水量を調整することによって、塔内温度を煙道ガスの露点以上、好ましくは最低温度を75〜80℃に制御することができ、さらに、循環材料戻し量を調整することによって、循環流動床反応塔9内の固体粒子の濃度を制御することができる。装置の脱硫効率を90%以上、脱硝効率を40%以上にすることができる。

実施例3
循環流動床による焼結煙道ガス向け半乾式同時脱硫・脱硝装置は、順に接続された煙道4’、循環流動床反応塔9、サイクロン分離機11及びバッグ型集塵機17を含み、前記煙道4’がオゾン混合緩衝タンク3に接続され、オゾン発生器2及び希釈ファン1がオゾン緩衝タンク3に接続され、前記オゾン分配器4は、煙道4’内に取り付けられるとともに、煙道4’の外部に、混合緩衝タンク3の出口に接続される接続口が設置されている。

オゾン分配器4が設けられた箇所から循環流動床反応塔の煙道ガス入口5までの煙道距離が15メートルである。

前記循環流動床反応塔の上部の出口10は、サイクロン分離機11に接線方向に沿って接続され、サイクロン分離機の分離ホッパー12の出口は、空気輸送用傾斜シュート13を介して循環流動床反応塔の戻し口15に接続されている。

前記サイクロン分離機11がバッグ型集塵機17に接続され、バッグ型集塵機17のホッパーが粉塵室18に接続され、粉塵室18に2つの出口が設置され、第1出口19が空気輸送用配管を介してCFBの戻し口15に接続され、第2出口20が外部への排出を実現する。前記煙道ガスは、バッグ型集塵機17でさらに除塵された後に煙突22に送入される。

上記循環流動床による半乾式同時脱硫・脱硝装置を用いた多汚染物除去方法は、
煙道にオゾンを噴射し、煙道ガスにおけるSOの一部をSOに酸化し、NOの一部又は全部を高原子価NOに酸化するステップ1と、
酸化された煙道ガスを循環流動床反応塔9に送入し、煙道ガスにおけるSO、SO、及びNOを反応塔において霧化水の作用下でCa系吸収剤と反応させて除去するステップ2と、を含む。

ステップ1では、噴射されたオゾンと煙道ガスにおけるNOとのモル比が1.0であり、反応時間が5.0sであるように制御する。

ステップ2では、前記Ca系吸収剤は、Ca/(S+N)モル比を1.5にするような比率で添加される。

本発明によれば、Ca系吸収剤の添加量を調整することによって、処理後の煙道ガスにおける硫酸化物と窒素酸化物の濃度を制御することができ、また、循環流動床反応塔9の出口10での煙道ガスの温度に応じて噴水量を調整することによって、塔内温度を煙道ガスの露点以上、好ましくは最低温度を75〜80℃に制御することができ、さらに、循環材料戻し量を調整することによって、循環流動床反応塔9内の固体粒子の濃度を制御することができる。装置の脱硫効率を90%以上、脱硝効率を90%以上にすることができる。

実施例4
循環流動床による焼結煙道ガス向け半乾式同時脱硫・脱硝装置は、順に接続された煙道4’、循環流動床反応塔9、サイクロン分離機11及びバッグ型集塵機17を含み、前記煙道4’がオゾン混合緩衝タンク3に接続され、オゾン発生器2及び希釈ファン1がオゾン緩衝タンク3に接続され、前記オゾン分配器4は、煙道4’内に取り付けられるとともに、煙道4’の外部に、混合緩衝タンク3の出口に接続される接続口が設置されている。

オゾン分配器4が設けられた箇所から循環流動床反応塔の煙道ガス入口5までの煙道距離が30メートルである。

前記サイクロン分離機11がバッグ型集塵機17に接続され、バッグ型集塵機17のホッパーが粉塵室18に接続され、粉塵室18に2つの出口が設置され、第1出口19が空気輸送用配管を介してCFBの戻し口15に接続され、第2出口20が外部への排出を実現する。前記煙道ガスはバッグ型集塵機17でさらに除塵された後に煙突(22)に送入される。

上記の循環流動床による半乾式同時脱硫・脱硝装置を用いた多汚染物除去方法は、
煙道にオゾンを噴射し、煙道ガスにおけるSOの一部をSOに酸化し、NOの一部又は全部を高原子価NOに酸化するステップ1と、
酸化された煙道ガスを循環流動床反応塔9に送入し、煙道ガスにおけるSO、SO、及びNOを反応塔において霧化水の作用下でCa系吸収剤と反応させて除去するステップ2と、を含む。

ステップ1では、噴射されたオゾンと煙道ガスにおけるNOとのモル比が1.2であり、反応時間が3.5sであるように制御する。

ステップ2では、前記Ca系吸収剤は、Ca/(S+N)モル比を2.0にするような比率で添加される。

本発明によれば、Ca系吸収剤の添加量を調整することによって、処理した煙道ガスにおける硫酸化物と窒素酸化物の濃度を制御することができ、また、循環流動床反応塔9の出口10での煙道ガスの温度に応じて噴水量を調整することによって、塔内温度を煙道ガスの露点以上、好ましくは最低温度を75〜80℃に制御することができ、さらに、循環材料戻し量を調整することによって、循環流動床反応塔9内の固体粒子の濃度を制御することができる。装置の脱硫効率を90%以上、脱硝効率を90%にすることができる。

上記実施例によって本発明の具体的な構造特徴及び汚染物の除去方法を説明したが、上記具体的な構造特徴及び汚染物除去方法に限定されず、すなわち、本発明は、上記具体的な構造特徴及び汚染物除去方法によって実施しなければならないものではないことを、出願者が声明する。本発明に対するいかなる改良、本発明において使用される部材の同等置換及び補助部材の増設、具体的な形態の選択等は、いずれも本発明の保護範囲及び開示範囲に属することを当業者は理解するであろう。

以上、本発明の好ましい実施形態を詳細に説明したが、本発明は、上記実施形態の具体的な内容に限定されず、本発明の要旨を脱逸しない範囲で、本発明の技術的構想について様々な簡単な変形を行うことができ、これら簡単な変形は、いずれも本発明の保護範囲に属する。

なお、上記具体的な実施形態で説明した各具体的な技術的特徴は、矛盾しない限り、任意の方式で組み合わせることができ、無用な反復を避けるため、本発明では、これら可能な組合せの説明を省略する。

また、本発明の各実施形態も任意に組み合せることができ、本発明の主旨を脱逸しない限り、本発明の開示内容とみなすべきである。

1 希釈ファン
2 オゾン発生器
3 混合緩衝タンク
4 オゾン分配器
4’ 煙道
5 循環流動床反応塔の底部の入口
6 フィード口
7 螺旋コンベア
8 吸収剤室
9 循環流動床反応塔
10 循環流動床反応塔の上部の出口
11 サイクロン分離機
12 サイクロン分離機のホッパー
13 空気輸送用傾斜シュート
14 噴水用噴射ガン
15 戻し口
16 ベンチュリ拡張部
17 バッグ型集塵機
18 粉塵室
19 第1出口
20 第2出口
21 粉塵チャンバー
22 煙突

Claims (9)

  1. 循環流動床による焼結煙道ガス向け半乾式同時脱硫・脱硝装置を用いた多汚染物除去方法であって、
    前記装置は、
    オゾン発生器(2)、希釈ファン(1)、混合緩衝タンク(3)、オゾン分配器(4)及び循環流動床反応塔(9)を含み、
    前記オゾン発生器(2)及び希釈ファン(1)は、混合緩衝タンク(3)の入口に接続され、
    前記オゾン分配器(4)は、煙道(4’)内に取り付けられ、煙道(4’)の外部に、混合緩衝タンク(3)の出口に接続される接続口が設置され、
    前記循環流動床反応塔(9)の煙道ガス入口(5)は、オゾン分配器(4)が設けられた煙道(4’)に接続され
    前記循環流動床反応塔(9)の上部の出口(10)がサイクロン分離機(11)に接続され、サイクロン分離機(11)の分離ホッパー(12)が循環流動床反応塔(9)の戻し口(15)に接続され、
    前記サイクロン分離機(11)がバッグ型集塵機(17)に接続され、バッグ型集塵機(17)のホッパーが粉塵室(18)に接続され、粉塵室(18)に2つの出口が設置され、第1出口(19)が空気輸送用配管を介して循環流動床反応塔(9)の戻し口(15)に接続され、第2出口(20)が粉塵チャンバー(21)に接続され、バッグ型集塵機(17)による材料戻しは、流動床の圧力を安定化させて吸収剤をさらに循環させるためであり、
    前記方法は、
    オゾン分配器(4)が設けられた煙道(4’)内にオゾンを噴射し、オゾンと煙道ガスを反応させるステップ1と、
    酸化された煙道ガスを循環流動床反応塔(9)に送入し、煙道ガスにおけるSO2、SO3、及びNOxを反応塔(9)において霧化水の作用下でCa系吸収剤と反応させて除去するステップ2と、を含み、
    噴射したオゾンと煙道ガスにおけるNOとのモル比が1.0であり、反応時間が1sであり、
    ステップ2では、前記Ca系吸収剤は、Ca/(S+N)モル比を1.2にするような比率で添加されることを特徴とする方法
  2. オゾン分配器(4)が設けられた箇所から循環流動床反応塔(9)の煙道ガス入口(5)までの煙道(4’)距離が15〜30メートルであることを特徴とする請求項1に記載の方法
  3. 記循環流動床反応塔(9)の上部の出口(10)がサイクロン分離機(11)に接線方向に沿って接続されていることを特徴とする請求項に記載の方法
  4. 前記サイクロン分離機(11)の分離ホッパー(12)の出口が空気輸送用傾斜シュート(13)を介して循環流動床反応塔(9)の戻し口(15)に接続されていることを特徴とする請求項1に記載の方法。
  5. 前記循環流動床反応塔(9)の底部がベンチュリ構造であり、ベンチュリ拡張部(16)にフィード口(6)、戻し口(15)及び噴水用噴射ガン(14)が設置され、噴射ガン(14)のノズルが煙道ガスの流れ方向に沿って取り付けられていることを特徴とする請求項に記載の方法
  6. 記バッグ型集塵機(17)の後部に煙突(22)が設けられることを特徴とする請求項に記載の方法
  7. ステップ1では、オゾン発生器(2)が発生したオゾンを希釈ファン(1)の作用下で混合緩衝タンク(3)において均一に混合させた後、オゾン分配器(4)を介して煙道(4’)内に噴射し、煙道(4’)内に噴射されたオゾンと煙道ガスを十分に接触させて反応させることを特徴とする請求項に記載の方法。
  8. ステップ2で反応したCa系吸収剤は、サイクロン分離機(11)で分離された後に空気輸送用傾斜シュート(13)を介して循環流動床反応塔(9)に戻されて複数回循環し、煙道ガスは、バッグ型集塵機(17)で更に粉塵を除去された後に大気へ排出され、バッグ型集塵機(17)で収集した粉塵の一部は、空気輸送によって循環流動床反応塔(9)に戻されることを特徴とする請求項1に記載の方法。
  9. 噴水用噴射ガン(14)の噴水量を調整することによって、循環流動床反応塔(9)内の煙道ガスの温度を酸露点以上に調節し、
    空気輸送用傾斜シュート(13)の循環戻し量を調整することによって、循環流動床反応塔(9)の出入口間の圧力差を制御し、更に、塔内の粒子濃度を、Ca/(S+N)モル比に対する要求を満たすように制御することを特徴とする請求項に記載の方法。
JP2017524075A 2014-07-21 2014-08-11 循環流動床による焼結煙道ガス向け半乾式同時脱硫・脱硝装置を用いた多汚染物除去方法 Active JP6357280B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CN201410347174.5 2014-07-21
CN201410347174.5A CN104107626B (zh) 2014-07-21 2014-07-21 一种烧结烟气循环流化床半干法联合脱硫脱硝装置及方法
PCT/CN2014/084110 WO2016011681A1 (zh) 2014-07-21 2014-08-11 一种烧结烟气循环流化床半干法联合脱硫脱硝装置及方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2017522186A JP2017522186A (ja) 2017-08-10
JP6357280B2 true JP6357280B2 (ja) 2018-07-11

Family

ID=51704733

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2017524075A Active JP6357280B2 (ja) 2014-07-21 2014-08-11 循環流動床による焼結煙道ガス向け半乾式同時脱硫・脱硝装置を用いた多汚染物除去方法

Country Status (4)

Country Link
US (1) US10137408B2 (ja)
JP (1) JP6357280B2 (ja)
CN (1) CN104107626B (ja)
WO (1) WO2016011681A1 (ja)

Families Citing this family (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
ITBS20130143A1 (it) * 2013-10-11 2015-04-12 Turboden Srl Separatore di olio da un fluido di lavoro per impianto orc
CN104107627A (zh) * 2014-07-21 2014-10-22 中国科学院过程工程研究所 一种烧结烟气循环流化床半干法联合脱硫脱硝脱汞脱二恶英装置及方法
CN104307325A (zh) * 2014-10-23 2015-01-28 中国科学院过程工程研究所 一种烧结烟气集成式氧化脱硝装置及其用途
CN104748572B (zh) * 2015-04-13 2016-10-26 清华大学 一种烧结机烟气的氧化-吸收湿式脱硝系统及方法
CN105126540B (zh) * 2015-09-25 2017-11-24 山东默锐环境产业股份有限公司 一种燃煤烟气粉体吸附剂喷射脱汞装置
CN105833689B (zh) * 2016-05-11 2018-02-23 华能国际电力股份有限公司 一种高温下粉尘与NOx超低排放的系统及方法
CN106110851B (zh) * 2016-08-23 2018-10-30 大峘集团有限公司 一种烧结、球团烟气脱硝装置及方法
CN107998856A (zh) * 2016-11-02 2018-05-08 煤科院节能技术有限公司 一种基于高活性固体吸收剂的烟气污染物联合脱除方法
CN206660852U (zh) * 2017-03-18 2017-11-24 湖北金汉江精制棉有限公司 精制棉开棉收尘装置
CN107899408A (zh) * 2017-11-30 2018-04-13 南京师范大学 一种湿法与干法联合烟气脱硫系统及脱硫方法
CN208389744U (zh) * 2018-05-31 2019-01-18 郑州市天之蓝环保科技有限公司 工业烟气处理系统
CN208389745U (zh) * 2018-05-31 2019-01-18 郑州市天之蓝环保科技有限公司 一种工业烟气处理系统
CN109482047A (zh) * 2018-11-27 2019-03-19 杭州宁骏科技有限公司 一种半干法脱硫系统
CN109925879A (zh) * 2019-04-24 2019-06-25 东北大学 一种烧结烟气循环富集与aps协同脱硫脱硝的装置

Family Cites Families (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4208381A (en) * 1970-12-04 1980-06-17 Hitachi, Ltd. Method and apparatus for cleaning waste flue gases
JPS551849A (en) 1978-06-20 1980-01-09 Mitsubishi Electric Corp Stack gas purification apparatus
JPS5898124A (en) 1981-12-03 1983-06-10 Mitsubishi Electric Corp Ozone treating apparatus
JPH06170165A (ja) 1992-12-09 1994-06-21 Jgc Corp 同時脱硫脱硝方法
JPH06262038A (ja) 1993-03-12 1994-09-20 Sumitomo Heavy Ind Ltd 排ガスの処理方法
FR2814533B1 (fr) * 2000-09-27 2002-11-01 Alstom Power Nv METHOD FOR SIMULTANEOUSLY REDUCING SO2 CO2 EMISSIONS IN A COMBUSTION PLANT
SE529103C2 (sv) 2005-09-21 2007-05-02 Metso Power Ab Procedure for the purification of flue gases and treatment of ash from waste incineration
CN102228784A (zh) 2011-06-01 2011-11-02 浙江大学 一种流化床半干法烟气净化装置
CN102228788B (zh) * 2011-06-24 2013-07-31 中国科学院过程工程研究所 一种烧结烟气脱除二氧化硫和二噁英的装置及方法
CN102614747B (zh) 2012-03-30 2014-05-14 蓝天环保设备工程股份有限公司 循环流化床半干法烟气净化方法及装置
CN103041693B (zh) * 2012-12-24 2015-10-14 攀钢集团攀枝花钢钒有限公司 一种快速建立稳定循环流化床的脱硫工艺及装置
CN203447967U (zh) * 2013-08-05 2014-02-26 河北环科力创环境工程有限公司 一种工业锅炉烟气联合脱硫脱硝脱汞装置
CN103566725B (zh) * 2013-10-15 2016-03-02 中国科学院过程工程研究所 一种循环流化床半干法联合脱硫脱硝脱汞装置及方法
CN103816784A (zh) * 2014-02-21 2014-05-28 中国科学院过程工程研究所 一种烟道臭氧分布器、其布置方式及应用

Also Published As

Publication number Publication date
WO2016011681A1 (zh) 2016-01-28
CN104107626B (zh) 2017-02-15
US10137408B2 (en) 2018-11-27
JP2017522186A (ja) 2017-08-10
CN104107626A (zh) 2014-10-22
US20170203253A1 (en) 2017-07-20

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9849420B2 (en) Systems and methods for post combustion mercury control using sorbent injection and wet scrubbing
CN100496675C (zh) 同时脱硫脱硝的湿式氨法烟气洁净工艺及其系统
CN1239235C (zh) 同时脱硫脱硝的干法烟气洁净工艺及其系统
CN102228788B (zh) 一种烧结烟气脱除二氧化硫和二噁英的装置及方法
TW201519946A (zh) Method for removing contaminants from exhaust gases
CN101422691B (zh) 燃煤烟气多污染物脱除工艺及其设备
CN100496676C (zh) 同时脱除多种污染物的湿式氨法烟气洁净工艺及其系统
CN103566725B (zh) 一种循环流化床半干法联合脱硫脱硝脱汞装置及方法
US8277545B2 (en) Method of reducing an amount of mercury in a flue gas
CN102974185B (zh) 一种模块化集成脱除多种污染物的烟气净化系统及方法
CN102512927B (zh) 脱硫脱硝一体化烟气净化系统及其净化工艺
CN102489129B (zh) 工业烟气净化脱硫脱硝一体化装置及其工作方法
CN103785290A (zh) 烧结球团烟气脱硫脱硝协同治理系统及工艺
CN101716463B (zh) 电催化氧化联合石灰-石膏法的多种污染物同时脱除装置及方法
CN104801178B (zh) 自由基预氧化结合湿法吸收的同时脱硫脱硝脱汞方法
EP2489423B1 (en) Exhaust gas treating apparatus and treating method for carbon dioxide capture process
CN105056749A (zh) 一种同时脱除烟气中氮氧化物和硫氧化物的系统及方法
CN104826489B (zh) 一种基于活性炭和低温催化剂的联合脱硫脱硝流化床装置
CN103239985B (zh) 高效燃煤烟气脱硫脱汞方法及其装置
CN102974181A (zh) 一种烟气除尘脱硫脱硝工艺及其专用设备
CN102179146B (zh) 介质阻挡放电结合碱液吸收的烟气脱硫脱硝系统及工艺
CN101306311B (zh) 烧结烟气干法脱除方法及装置
CN104906937A (zh) 燃煤锅炉烟气脱硫脱硝装置及方法
CN103480272A (zh) 一种玻璃窑炉烟气除尘脱硝脱硫工艺及装置
CN102350214A (zh) 燃煤电厂煤粉制备活性焦烟气综合净化系统及工艺

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20170123

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20171206

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20171212

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20180312

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20180605

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20180615

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6357280

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150