JP6109210B2 - 優れた冷却効率およびコンパクトな構造を有する電池モジュールならびに中型もしくは大型の電池パック - Google Patents

優れた冷却効率およびコンパクトな構造を有する電池モジュールならびに中型もしくは大型の電池パック Download PDF

Info

Publication number
JP6109210B2
JP6109210B2 JP2015013251A JP2015013251A JP6109210B2 JP 6109210 B2 JP6109210 B2 JP 6109210B2 JP 2015013251 A JP2015013251 A JP 2015013251A JP 2015013251 A JP2015013251 A JP 2015013251A JP 6109210 B2 JP6109210 B2 JP 6109210B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
battery
cooling
module
battery cells
main
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2015013251A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2015122323A (ja
Inventor
ジンキュ・イ
ヒ・ス・ユン
ブムヒュン・イ
ダル・モ・カン
ミンジュン・キム
Original Assignee
エルジー・ケム・リミテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to KR10-2009-0119925 priority Critical
Priority to KR1020090119925A priority patent/KR101259757B1/ko
Application filed by エルジー・ケム・リミテッド filed Critical エルジー・ケム・リミテッド
Publication of JP2015122323A publication Critical patent/JP2015122323A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6109210B2 publication Critical patent/JP6109210B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01MPROCESSES OR MEANS, e.g. BATTERIES, FOR THE DIRECT CONVERSION OF CHEMICAL ENERGY INTO ELECTRICAL ENERGY
    • H01M10/00Secondary cells; Manufacture thereof
    • H01M10/60Heating or cooling; Temperature control
    • H01M10/62Heating or cooling; Temperature control specially adapted for specific applications
    • H01M10/625Vehicles
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01MPROCESSES OR MEANS, e.g. BATTERIES, FOR THE DIRECT CONVERSION OF CHEMICAL ENERGY INTO ELECTRICAL ENERGY
    • H01M10/00Secondary cells; Manufacture thereof
    • H01M10/60Heating or cooling; Temperature control
    • H01M10/61Types of temperature control
    • H01M10/613Cooling or keeping cold
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01MPROCESSES OR MEANS, e.g. BATTERIES, FOR THE DIRECT CONVERSION OF CHEMICAL ENERGY INTO ELECTRICAL ENERGY
    • H01M10/00Secondary cells; Manufacture thereof
    • H01M10/60Heating or cooling; Temperature control
    • H01M10/65Means for temperature control structurally associated with the cells
    • H01M10/655Solid structures for heat exchange or heat conduction
    • H01M10/6554Rods or plates
    • H01M10/6555Rods or plates arranged between the cells
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E60/00Enabling technologies; Technologies with a potential or indirect contribution to GHG emissions mitigation
    • Y02E60/10Energy storage using batteries

Description

本発明は、優れた冷却効率を有し、コンパクトな構造である電池モジュール、ならびにそれを含む中型もしくは大型の電池パックに関し、より詳細には、積重状態でモジュールケース内に装着される複数の電池セルを含む電池モジュールであって、冷却部材が、電池セル間の境界に装着され、モジュールケースが、モジュールケースの2つの対向側部が開口している構造で構成され、それによって、電池セル積重体の対応する部分が、モジュールケースの2つの開口した対向側部を通して外方向に露出され、冷却部材が、モジュールケースの2つの開口した対向側部を通して外方向に部分的に露出され、クーラントが、冷却部材の外方向に露出された部分と接触しながら、モジュールケースの2つの開口した対向側部に沿って流通する電池モジュールに関する。
近年では、充電および放電され得る二次電池が、ワイヤレスモバイルデバイス用のエネルギー源として広く使用されてきている。さらに、二次電池は、化石燃料を使用する既存のガソリン車両およびディーゼル車両により引き起こされる、大気汚染などの問題を解決するために開発されてきた、電気車両(EV)、ハイブリッド電気車両(HEV)、およびプラグインハイブリッド電気車両(プラグインHEV)用の電源として、かなりの注目を引きつけてきた。
小型のモバイルデバイスは、各デバイス用の1つまたはいくつかの電池セルを使用する。他方で、車両などの中型または大型のデバイスは、高電力および大容量が、中型または大型のデバイス用に必要であるため、相互に電気的に接続される複数の電池セルを有する中型または大型の電池モジュールを使用する。
好ましくは、中型または大型の電池モジュールは、可能な限り小さなサイズおよび重量であるように製造される。この理由から、高い集積度で積重され得るとともに、重量容積比が小さい、角柱型電池またはパウチ型電池が、中型または大型の電池モジュールの電池セル(ユニットセル)として通常使用される。特に、現在は多くの関心が、アルミニウムの積層シートをシース部材として使用するパウチ型電池に集中している、というのは、パウチ型電池は軽量であり、パウチ型電池の製造コストは低く、パウチ型電池の形状を変更するのは容易であるためである。
そのような中型または大型の電池モジュールを構成する電池セルは、充電および放電され得る二次電池である。したがって、大量の熱が、電池の充電および放電の際に、高電力、大容量の二次電池から発生される。特に、電池モジュールで広く使用される各パウチ型電池の積層シートは、その表面上に、低い熱伝導性を呈するポリマー材料が披着され、その結果、電池セルの全体の温度を効果的に低下させることが困難になる。
すなわち、電池モジュールの充電および放電の際に電池モジュールから発生される熱が、電池モジュールから効果的に除去されないならば、熱は電池モジュール内に蓄積し、その結果、電池モジュールの劣化が加速される。状況によっては、電池モジュールは、発火または爆発する可能性がある。この理由から、冷却システムが、電池パック内に装着される電池セルを冷却するために、高電力、大容量の電池パックにおいて必要とされる。
中型または大型の電池パック内に装着される各電池モジュールは、一般に、複数の電池セルを高い集積度で積重することにより製造される。この場合では、電池セルは、電池セルの充電および放電の際に発生される熱が除去されるように、電池セルが所定の間隔で配置される状態で積重される。例えば、電池セルは、追加的な部材を使用せずに、電池セルが所定の間隔で配置される状態で順に積重され得る。あるいは、電池セルの機械的強度が低い場合では、1つまたは複数の電池セルが、電池カートリッジ内に装着され、複数の電池カートリッジが、電池モジュールを構成するように積重される。積重された電池セル間に、または積重された電池モジュール間に蓄積する熱が効果的に除去されるように、クーラントチャネルが、積重された電池セル間に、または積重された電池モジュール間に形成され得る。
しかしながら、この構造では、電池セルの数に対応する複数のクーラントチャネルを設けることが必要であり、その結果、電池モジュールの全体のサイズが増大する。
さらに、複数の電池セルが積重される場合では、クーラントチャネルの間隔は、電池モジュールのサイズを考慮して、相対的に狭められる。その結果、冷却構造の設計が複雑になる。すなわち、クーラント入口ポートより狭い間隔で配置されるクーラントチャネルにより、高い圧力損失が引き起こされ、その結果、クーラント入口ポートおよびクーラント出口ポートの、形状および位置を設計することが困難になる。さらに、そのような圧力損失を防止するために、ファンがさらに設けられる場合があり、したがって、設計が、電力消費、ファンのノイズ、空間等によって制限される場合がある。
したがって、高電力および大容量を提供し、単純かつコンパクトな構造で製造され得るとともに、高い冷却効率に基づく優れた寿命および安全性を呈する電池モジュールに対する高い必要性が存在する。
したがって、本発明は、上記の問題、および、さらに解決しなければならない他の技術的問題を解決するために行われた。
具体的には、本発明の目的は、モジュールケースの2つの主面が開口し、高い熱伝導性が冷却部材の特定の構造により実現され、それによって、冷却効率を最大化し、一方で電池モジュールの全体のサイズを最小限に抑える構造で構成される電池モジュールを提供することである。
本発明の一態様によれば、上記および他の目的は、積重状態でモジュールケース内に装着される複数の電池セルを含む電池モジュールであって、冷却部材が、電池セル間の境界に装着され、モジュールケースが、モジュールケースの2つの対向側部が開口している構造で構成され、それによって、電池セル積重体の対応する部分が、モジュールケースの2つの開口した対向側部を通して外方向に露出され、冷却部材が、モジュールケースの2つの開口した対向側部を通して外方向に部分的に露出され、クーラントが、冷却部材の外方向に露出される部分と接触しながら、モジュールケースの2つの開口した対向側部に沿って流通する電池モジュールの提供により達成され得る。
一般に、電池モジュールは、電池セルが積重され、一方でクーラントチャネルを形成するように所定の間隔で配置される構造で構成され、それによって、空気などのクーラントが、電池セルの過熱を防止するために、それぞれの電池セル間に形成される空間内を流れる。さらに、クーラント入口ポートおよびクーラント出口ポートが、電池モジュールの1つの側部に設けられ、ダクトが、クーラントのスムースな流れを実現するために設けられる。必要に応じて、クーラントを推進するための冷却ファンが、さらに設けられる。
他方で、本発明による電池モジュールでは、冷却部材は、それぞれの電池セル間の境界に配設され、冷却部材は、冷却部材が外方向に部分的に露出されるようにモジュールケース内に装着される。したがって、多数の部材を使用せずに、高い冷却効率を実現することが可能である。
さらに、従来の冷却システムを使用せずに、電池セルから発生される熱を外側に効果的に排出することが可能である。したがって、電池モジュールを非常にコンパクトな構造で構成することが可能である。
好ましくは、電池セルのそれぞれは、電池セルが電池モジュールを構成するために積重される場合に、電池セルの全体のサイズが最小限に抑えられるように、小さな厚さならびに比較的大きな幅および長さを有する板状の構造で構成される。
電池セルのそれぞれは、熱溶着可能である内部樹脂層、絶縁金属層、および優れた耐久性を呈する外部樹脂層を含む積層シートで形成される電池ケース内に装着される電極集合体を含む、軽量のパウチ型電池であり得る。
好適な例では、電池セルのそれぞれの互いに反対側に位置する両側部が、モジュールケースの2つの開口した対向側部の方を向くように電池セルが積重される状態で、電池セルがモジュールケース内に装着され得る。この積重構造では、電池セルのすべての互いに反対側に位置する両側部は、外方向に露出され、冷却部材がそれぞれの電池セル間に配設される場合、冷却部材の外方向に露出される部分が、熱伝導によって電池セルを効果的に冷却する。
モジュールケースは、それぞれの電池セル間に配設される冷却部材が、容易に外方向に部分的に露出されるように、モジュールケースの頂部および底部が開口している構造で構成され得る。したがって、追加的なクーラント入口ポートおよび追加的なクーラント出口ポートを設けずに、モジュールケースの開口している頂部および底部を通して、熱を外側に効果的に排出することが可能である。
冷却部材のそれぞれは、対応する電池セル間の境界に配設される本体部と、接続部であって、積重された電池セルからその接続部が外方向に露出される状態で、本体部の1つの端部もしくは互いに反対側に位置する両端部に連続的に接続される接続部と、接続部の1つの端部から、1つの方向に、もしくは互いに反対の両方向に延在する直角屈曲部と、を含み得る。
すなわち、冷却部材のそれぞれは、本体部、接続部および直角屈曲部を含み、それらのすべては、上記で定義したような特定の構造で構成される。さらに、様々な形式で構成される冷却部材が、冷却効率をさらに向上させるように、それぞれの電池セル間の境界に装着され得る。
冷却部材のそれぞれのための材料は、冷却部材のそれぞれが、熱伝導性材料で形成されさえすれば、特に制限されない。例えば、冷却部材のそれぞれは、高い熱伝導性を呈する金属シートで形成され得る。冷却部材は、電池セル間の境界のすべてに、または電池セル間の境界の一部に配設され得る。例えば、冷却部材が電池セル間の境界のすべてに配設される場合では、それぞれの電池セルが、その互いに反対側に位置する両側部で異なる冷却部材と接触し得る。他方で、冷却部材が電池セル間の境界の一部に配設される場合では、電池セルの一部が、その1つの側部でのみ冷却部材と接触し得る。
それぞれの電池セル間の境界に装着される冷却部材のそれぞれの構造の例として、冷却部材のそれぞれが、接続部が本体部の1つの端部のみに形成され、直角屈曲部が接続部の端部から互いに反対の両方向に延在する構造で構成され得るとともに、冷却部材が、直角屈曲部が電池セル積重体の互いに反対側に位置する両側部に交互に配設されるように、それぞれの電池セル間の境界に装着され得る。
すなわち、冷却部材は、直角屈曲部が電池セルの互いに反対側に位置する両側部を交互に被覆し、一方で直角屈曲部が相互に隔置されるように、それぞれの電池セル間に装着される。したがって、熱伝導によって冷却効率を最大化することが可能である。
別の例として、冷却部材のそれぞれが、接続部が本体部の互いに反対側に位置する両端部に形成され、直角屈曲部が接続部の端部から互いに反対の両方向に延在する構造で構成され得るとともに、冷却部材が、直角屈曲部が電池セル積重体の互いに反対側に位置する両側部で重ならない間隔で、それぞれの電池セル間の境界に装着され得る。すなわち、直角屈曲部が重ならない間隔でそれぞれの電池セル間に配設される冷却部材の数を、互いに反対の両方向に延在する直角屈曲部のそれぞれの幅に基づいて調整することが可能である。
状況によっては、直角屈曲部が接続部の1つの端部から1つの方向に延在する構造でそれぞれが構成される冷却部材が、電池セル積重体の外側での冷却効果を向上させるように、電池セル積重体の外側にさらに装着され得る。
冷却部材の構造および形状は、冷却部材が、冷却効率を向上させるようにそれぞれの電池セル間の境界に装着されさえすれば、特に制限されない。すなわち、冷却部材は、様々な構造または様々な形状で構成され得る。
一方で、冷却部材のそれぞれの冷却効率は、冷却部材のそれぞれの表面積により左右される。ここで、冷却部材のそれぞれの表面積は、本体部、接続部および直角屈曲部の面積の和を意味する。この態様では、それぞれの電池セル間の境界に配設される冷却部材のそれぞれの本体部は、電池セルのそれぞれの1つの主面の面積の70から120%に相当するサイズを有し得る。
本体部のサイズが小さすぎると、電池セルから発生される熱を容易に伝達するのが困難となる。他方で、本体部のサイズが大きすぎると、電池モジュールの全体のサイズが増大し、これは好ましくない。
特に、本発明による電池モジュールでは、直角屈曲部によって、モジュールケースの2つの開口した対向側部を通して、冷却部材のそれぞれの本体部から外方向に露出される接続部が、熱伝達でのボトルネック部分として機能し、したがって、本体部から直角屈曲部への、および外側への熱伝導性は、接続部の構造によって大きく変化しやすい。
特に、冷却部材のそれぞれの接続部は、接続部が電池セルから外方向に露出されるように、所定の長さを有し得る。好ましくは、冷却部材のそれぞれの接続部は、冷却部材のそれぞれの本体部の長さの0.05から0.3倍に相当する長さを有する。
接続部の長さが小さすぎるならば、対応する電池セルおよび接続部に直接接触するクーラントの量が小さく、その結果、効果的な冷却が実現されない。他方で、接続部の長さが大きすぎるならば、電池モジュールのサイズが増大し、これは好ましくない。
接続部は、熱放散部材、および、クーラントが直角屈曲部へ通って流れる経路として機能する。したがって、従来の冷却構造と比較して、高い信頼性で優れた冷却効果を実現することが可能である。
さらに、冷却部材のそれぞれの表面積は、接続部の厚さおよび直角屈曲部の幅により左右される。
特に、接続部の厚さが本体部の厚さより大きい場合では、外側への熱伝達はより容易になる。したがって、冷却部材のそれぞれの接続部は、そのような効果を最大化するように、冷却部材のそれぞれの本体部の厚さの1.2から8.0倍に相当する厚さを有し得る。
様々な構造で、接続部の厚さは、本体部の厚さより大きくなり得る。
例として、冷却部材のそれぞれの接続部は、その本体部側での接続部の厚さがその直角屈曲部側での接続部の厚さと等しく、一方で、冷却部材のそれぞれの接続部が上記で定義した厚さの範囲を有する構造で構成され得る。
別の例として、冷却部材のそれぞれの接続部は、接続部がその本体部側からその直角屈曲部側まで増大する厚さを有する構造で構成され得る。例えば、冷却部材のそれぞれの接続部は、垂直断面において対称的なアーチ構造で構成され得るが、それに限定されない。
一方で、積重状態でモジュールケース内に装着される電池セルは、例えば、フレーム構造で構成される電池カートリッジ内に装着され得る。この構造は、好ましくは、封止部分が熱溶着により電池の縁部に形成される電池に適用される。
上記の構造では、電池カートリッジは、少なくとも1対の板状のフレームであって、電池セルの対応する1つの縁部を、電池セルの対応する1つの少なくとも1つの主面が露出され、それらのフレームがそれらの外側に、冷却部材の対応する1つを、電池セルの対応する1つの露出される主面に、密接に接触する様式で固定するための弾性押圧部材が設けられる状態で固定するための、少なくとも1対の板状のフレームを含む。
したがって、中に電池セルが装着される複数の電池カートリッジが積重され、冷却部材がそれぞれの電池カートリッジ間に配設される場合では、フレームの外側に設けられる弾性押圧部材は、電池カートリッジ積重体の構造安定性を増大し、冷却部材が電池カートリッジ積重体に効果的に固定されることを可能にする。
フレームの外側に装着される弾性押圧部材のための材料は、弾性押圧部材が押圧される場合に弾性押圧部材が高い弾性押圧力を呈しさえすれば、特に制限されない。好ましくは、弾性押圧部材のそれぞれは、弾性ポリマー樹脂で形成される。そのようなポリマー樹脂は、高い弾性力を呈することが可能である材料である場合があり、または、高い弾性力を呈することが可能である構造もしくは形状を有する場合がある。前者の代表的な例はゴムであり得るものであり、後者の代表的な例は発泡ポリマー樹脂であり得る。
弾性押圧部材のそれぞれは、フレームのそれぞれの幅の10%以上に相当する幅を有し得る。弾性押圧部材のそれぞれの幅がフレームのそれぞれの幅と比較して小さすぎるならば、弾性押圧部材をフレームに装着することにより得られる効果が呈されない場合がある。他方で、弾性押圧部材のそれぞれの幅がフレームのそれぞれの幅と比較して大きすぎるならば、弾性押圧部材が押圧される場合に、弾性的に変形される弾性押圧部材が、冷却部材の大きな部分を被覆し、その結果、熱放散効果が低下される場合がある。さらに、弾性押圧部材は、弾性押圧部材が押圧される場合にフレームから突出する場合があり、これは好ましくない。したがって、当然ながら、弾性押圧部材のそれぞれの幅は、上記の問題が引き起こされない限りは、上記で定義した範囲を超えてもよい。
一方で、中型または大型の電池パックは、高電力および大容量を提供するために、複数の電池セルを使用する。そのような電池パックを構成する電池モジュールでは、より高い熱放散効率が、電池パックの安全性を確保するために必要とされる。
したがって、本発明の別の態様によれば、所望の電力および容量に基づいて2つ以上の電池モジュールを組み合わせることにより製造される、中型または大型の電池パックが提供される。
本発明による電池パックは、高電力および大容量を提供するために、複数の電池セルを含む。したがって、本発明による電池パックは、好ましくは、電池セルの充電および放電の際に発生される高温の熱が重大な安全性の関心事である、電気車両、ハイブリッド電気車両、またはプラグインハイブリッド電気車両用の電源として使用される。
特に、電池パックが外側に容易に露出され得る電動自転車および電動スクータに対して、高い冷却性能が、車両の速度に基づいて発生される空気の流れから実現され得る。この態様では、本発明による電池パックは、電動自転車および電動スクータにおいて、より好ましく使用される。
本発明の上記および他の目的、特徴および他の利点が、添付の図面とともに行う以下の詳細な説明から、より明確に理解されよう。
本発明の実施形態による電池モジュールを例示する典型的な図である。 図1の冷却部材が電池セル間の境界に装着される構造を例示する典型的な図である。 別の形式で構成される冷却部材が電池セル間の境界に装着される構造を例示する典型的な図である。 さらなる形式で構成される冷却部材が電池セル間の境界に装着される構造を例示する典型的な図である。 板状の電池セルを例示する典型的な図である。 電池カートリッジを例示する典型的な平面図である。
次に、本発明の好適な実施形態を、添付の図面を参照して詳細に説明する。しかしながら、本発明の範囲は、例示される実施形態により限定されないことに留意されたい。
図1は、本発明の実施形態による電池モジュールを例示する典型的な図であり、図2は、図1の冷却部材が電池セル間の境界に装着される構造を例示する典型的な図である。
これらの図を参照すると、電池モジュール500が、複数の電池セル100が積重状態でモジュールケース300内に装着され、冷却部材400が電池セル100間の境界に装着される構造で構成されている。
モジュールケース300は、モジュールケース300の頂部および底部が開口している構造で構成される。電池セル100は、電池セル100のそれぞれの互いに反対側に位置する両側部が、モジュールケース300の開口している頂部および開口している底部を向くように電池セル100が積重される状態で、モジュールケース300内に装着される。
冷却部材400のそれぞれは、高い熱伝導性を呈する金属シートで形成される。冷却部材400のそれぞれは、対応する電池セル100間の境界に配設される本体部410、積重された電池セル100から接続部420が外方向に露出される状態で、本体部410の1つの端部に連続的に接続される接続部420、および、接続部420の1つの端部から互いに反対の両方向に延在する直角屈曲部430を含む。
冷却部材400は、直角屈曲部430が電池セル積重体の互いに反対側に位置する両側部に交互に配設されるように、それぞれの電池セル100間の境界に装着される。さらに、直角屈曲部430'が接続部420'の1つの端部から1つの方向に(電池セルに向かって)延在する構造でそれぞれが構成される冷却部材400'が、電池セル積重体の外側にさらに装着される。
冷却部材400のそれぞれの接続部420の長さL1は、冷却部材400のそれぞれの本体部410の長さL2の約10%に相当する。本体部410は、電池セル100のそれぞれの1つの主面の面積の約100%に相当するサイズを有する。
冷却部材400の直角屈曲部430は、モジュールケース300の開口している頂部および開口している底部を通して露出されるので、クーラントは、冷却部材400の、外方向に露出される直角屈曲部430と接触しながら、モジュールケース300の開口している頂部および開口している底部に沿って流れる。状況によって、クーラントの一部は、電池セル100から隔置される接続部420と接触しながら流れる場合がある。
したがって、冷却部材から伝達される熱は、従来の複雑な冷却システムを設けずに、頂部および底部が開口しているモジュールケース300を通して外側に容易に排出され、それによって、優れた冷却効率を実現し、一方で電池モジュールはコンパクトな構造で構成される。
図3は、別の形式で構成される冷却部材400aが電池セル間の境界に装着される構造を典型的に例示する正面図である。
図1とともに図3を参照すると、冷却部材400aのそれぞれは、対応する電池セル100間の境界に配設される本体部410a、積重された電池セル100から接続部420aが外方向に露出される状態で、本体部410aの互いに反対側に位置する両端部に連続的に接続される接続部420a、および、接続部420aの端部から互いに反対の両方向に延在する直角屈曲部430aを含む。
直角屈曲部430aのそれぞれの幅W2は、電池セル100のそれぞれの幅W1の約2倍である。当然ながら、直角屈曲部430aのそれぞれの幅W2は、電池セル100のそれぞれの幅W1の2倍より小さい場合がある。したがって、直角屈曲部430aのそれぞれの幅に基づいて、それぞれの電池セル100間に配設される冷却部材400aの数を容易に調整することが可能である。
冷却部材のそれぞれの他の構成要素は、図2に示すものと同一であり、その詳細な説明は与えない。
図4は、さらなる形式で構成される冷却部材400bが電池セル間の境界に装着される構造を典型的に例示する正面図である。
図1とともに図4を参照すると、冷却部材400bのそれぞれの接続部420bの厚さT1は、冷却部材400bのそれぞれの本体部410bの厚さT2より大きい。さらに、電池セル積重体の外側に装着されるそれぞれの冷却部材400'bの接続部の厚さは、冷却部材400'bのそれぞれの本体部の厚さより大きくなり得る。
接続部420bの厚さT1は本体部410bの厚さT2より大きいので、本体部410bから直角屈曲部430bへの熱伝導性がさらに向上する。
上記で説明したように、冷却部材は、最適の冷却効率を呈するように設計され、それによって、電池モジュールの冷却効率を向上させる。冷却部材の形状および配置構成は、様々であり得る。
図5は、本発明による電池モジュールで使用され得る、一例としての板状の電池セルを例示する典型的な図である。
図5を参照すると、板状の電池セル100は、樹脂層および金属層を含む積層シートで形成される電池ケース110内に装着される、カソード/セパレータ/アノード構造の電極集合体(図示せず)を含む。電極集合体に電気的に接続されるカソード端子120およびアノード端子130は、それぞれ、電池ケース110の上側の端部および下側の端部から外方向に突出する。例示を簡単にするため、熱溶着により電池ケース110の縁部に形成される封止部分は図示しない。
電池ケース110は樹脂層を含むので、電池セルからの熱の放散は、金属ケースと比較して容易ではない。特に、複数の積重された電池セル100を含む電池モジュールでは、電池モジュールの性能および安全性が、低い熱放散によって劣化され得る。
図6は、本発明による電池モジュールで使用され得る電池カートリッジを例示する典型的な平面図である。
図1とともに図6を参照すると、電池カートリッジ200は、板状の電池セル100が電池カートリッジ200内に装着され、電池セル100の電極端子120および130が電池カートリッジ200から外方向に突出する構造で構成される。
電池カートリッジ200は、電池セル100の互いに反対側に位置する両側部(例えば封止部分)をその縁部で、電池セル100の互いに反対側に位置する両主面が露出される状態で固定するように構成される、1対の板状のフレーム210および210'を含む。
それぞれのフレーム210および210'は、その外側の左および右の側部に、それぞれのフレーム210および210'の長手方向と平行に延在する、弾性押圧部材211および212が設けられる。
したがって、電池セル100の充電および放電の際に電池セル100から発生される熱は、それぞれの電池カートリッジ200間に配設される冷却部材400の本体部に伝達され、次いで、冷却部材400の直角屈曲部430を通して外側に排出され、それによって、高い冷却効率を実現し、一方で電池モジュールはコンパクトな構造で構成される。
上記の説明から明らかであるように、本発明による電池モジュールは、電池セルの冷却を加速するための冷却部材が電池セル間の境界に配設され、冷却部材の直角屈曲部が外方向に露出されるように、冷却部材がモジュールケース内に装着される構造で構成される。したがって、電池セルから発生される熱を外側に効果的に排出することが可能であり、一方で電池モジュールのサイズの増大を最小限に抑える。
本発明の好適な実施形態を例示目的で開示したが、様々な修正、追加および置換が、添付の特許請求の範囲で開示するような本発明の範囲および趣旨から逸脱することなく可能であることを、当業者は理解するであろう。
100 電池セル
110 電池ケース
120 カソード端子、電極端子
130 アノード端子、電極端子
200 電池カートリッジ
210、210' フレーム
211、212 弾性押圧部材
300 モジュールケース
400、400'、400a、400b、400'b 冷却部材
410、410a、410b 本体部
420、420'、420a、420b 接続部
430、430'、430a、430b 直角屈曲部
500 電池モジュール

Claims (14)

  1. 積重状態でモジュールケース内に装着される複数の電池セルを備える電池モジュールであって、
    前記電池セル間の境界に冷却部材が装着され、
    前記モジュールケースが、前記モジュールケースの2つの対向側部が開口している構造で構成され、それによって、前記電池セルの積重体の対応する部分が、前記モジュールケースの前記2つの開口した対向側部を通して外方向に露出され、
    前記冷却部材が、前記モジュールケースの前記2つの開口した対向側部を通して外方向に部分的に露出され、
    クーラントが、前記冷却部材の外方向に向かって露出された部分と接触しながら、前記モジュールケースの前記2つの開口した対向側部に沿って流通し、
    前記冷却部材のそれぞれが、
    前記電池セル同士の間の境界に配設される本体部と、
    接続部であって、前記積重された電池セルから前記接続部が外方向に露出される状態で、前記本体部の両端部のそれぞれに連続的に接続される接続部と、
    前記電池セルの積重方向において、前記接続部の端部から方向に延在する直角屈曲部と、
    を備え、
    前記直角屈曲部は、前記接続部によって、前記電池セルの外方向に露出される表面から所定の距離をおいて離間されており、
    前記冷却部材の本体部同士の間には、2つの電池セルが、これら2つの電池セルが前記冷却部材の本体部と接触する状態で、配置され、
    前記冷却部材のそれぞれの前記接続部が、前記冷却部材のそれぞれの前記本体部より大きな厚さを有する、電池モジュール。
  2. 前記電池セルのそれぞれが、板状の構造で構成されており、かつ積層シートで形成される電池ケース内に装着される電極集合体を含む、請求項1に記載の電池モジュール。
  3. 前記積層シートが、熱溶着可能である内部樹脂層、絶縁金属層、および耐久性を呈する外部樹脂層を備える、請求項2に記載の電池モジュール。
  4. 前記電池セルのそれぞれの互いに反対側に位置する両側部が、前記モジュールケースの前記2つの開口した対向側部の方を向くように前記電池セルが積重される状態で、前記電池セルが前記モジュールケース内に装着される、請求項1に記載の電池モジュール。
  5. 前記モジュールケースが、前記モジュールケースの頂部および底部が開口している構造で構成される、請求項1に記載の電池モジュール。
  6. 前記冷却部材のそれぞれが、熱伝導性を呈する金属シートで形成される、請求項1に記載の電池モジュール。
  7. 前記冷却部材のそれぞれの前記本体部が、前記電池セルのそれぞれの1つの主面の面積の70から120%に相当するサイズを有する、請求項1に記載の電池モジュール。
  8. 前記冷却部材のそれぞれの前記接続部が、前記冷却部材のそれぞれの前記本体部の長さの0.05から0.3倍に相当する長さを有する、請求項1に記載の電池モジュール。
  9. 前記冷却部材のそれぞれの前記接続部が、その前記本体部側での前記接続部の厚さがその前記直角屈曲部側での前記接続部の前記厚さと等しい構造で構成される、請求項1に記載の電池モジュール。
  10. 前記冷却部材のそれぞれの前記接続部が、前記接続部がその前記本体部側からその前記直角屈曲部側まで増大する厚さを有する構造で構成される、請求項1に記載の電池モジュール。
  11. 前記冷却部材のそれぞれの前記接続部が、垂直断面において対称的なアーチ構造で構成される、請求項1に記載の電池モジュール。
  12. 前記電池セルの少なくとも1つが、フレーム構造で構成される電池カートリッジ内に装着される、請求項1に記載の電池モジュール。
  13. 前記電池カートリッジが、少なくとも1対の板状のフレームを備えており、
    前記少なくとも一対の板状フレームは、複数の前記電池セルのうちの少なくとも1つの電池セルの少なくとも1つの主面が露出される状態で、複数の前記電池セルのうちの少なくとも1つの電池セルの縁部固定し、かつ、
    前記フレームのそれぞれその外側において、前記電池セルのうち少なくとも1つの電池セルの露出される前記主面に、前記冷却部材の1つを、密接に接触する様式で固定するために、弾性押圧部材が設けられている、請求項12に記載の電池モジュール。
  14. 前記冷却部材の前記直角屈曲部の幅W2は、前記電池セルの幅W1の2倍である、請求項1に記載の電池モジュール。
JP2015013251A 2009-12-04 2015-01-27 優れた冷却効率およびコンパクトな構造を有する電池モジュールならびに中型もしくは大型の電池パック Active JP6109210B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
KR10-2009-0119925 2009-12-04
KR1020090119925A KR101259757B1 (ko) 2009-12-04 2009-12-04 우수한 냉각 효율성과 콤팩트한 구조의 전지모듈 및 중대형 전지팩

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012541937 Division 2010-11-23

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2015122323A JP2015122323A (ja) 2015-07-02
JP6109210B2 true JP6109210B2 (ja) 2017-04-05

Family

ID=44115393

Family Applications (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012541937A Active JP5944322B2 (ja) 2009-12-04 2010-11-23 優れた冷却効率およびコンパクトな構造を有する電池モジュールならびに中型もしくは大型の電池パック
JP2015013251A Active JP6109210B2 (ja) 2009-12-04 2015-01-27 優れた冷却効率およびコンパクトな構造を有する電池モジュールならびに中型もしくは大型の電池パック

Family Applications Before (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012541937A Active JP5944322B2 (ja) 2009-12-04 2010-11-23 優れた冷却効率およびコンパクトな構造を有する電池モジュールならびに中型もしくは大型の電池パック

Country Status (6)

Country Link
US (2) US8435666B2 (ja)
EP (1) EP2509150B1 (ja)
JP (2) JP5944322B2 (ja)
KR (1) KR101259757B1 (ja)
CN (1) CN102648549B (ja)
WO (1) WO2011068320A2 (ja)

Families Citing this family (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5540070B2 (ja) * 2009-04-01 2014-07-02 エルジー・ケム・リミテッド 電池モジュール及び電池パック
KR101071537B1 (ko) * 2009-09-17 2011-10-10 주식회사 엘지화학 신규한 구조의 방열부재를 포함하는 전지모듈 및 중대형 전지팩
JP5553163B2 (ja) * 2010-09-09 2014-07-16 ソニー株式会社 バッテリユニット
KR101571774B1 (ko) 2012-06-12 2015-11-25 주식회사 엘지화학 냉각 효율성이 향상된 전지셀
KR101547814B1 (ko) * 2012-07-12 2015-08-27 주식회사 엘지화학 간접 공냉 구조를 포함하는 전지모듈
KR101524007B1 (ko) * 2012-09-25 2015-05-29 주식회사 엘지화학 가압 탄성부재를 포함하는 전지모듈
US9647302B2 (en) * 2012-12-05 2017-05-09 GM Global Technology Operations LLC Battery thermal system with a stacking frame
JP5904113B2 (ja) * 2012-12-10 2016-04-13 株式会社豊田自動織機 電池モジュール及び電池モジュールの製造方法
KR101615928B1 (ko) * 2013-06-04 2016-04-27 주식회사 엘지화학 효율적인 냉각 구조의 중대형 전지팩
KR101544548B1 (ko) 2013-10-24 2015-08-13 엘지전자 주식회사 셀 모듈 어셈블리
EP2983239B1 (en) * 2014-02-24 2018-08-29 LG Chem, Ltd. Vehicle battery pack with improved cooling efficiency
JP2017027796A (ja) * 2015-07-22 2017-02-02 株式会社豊田自動織機 電池モジュール及び電池パック
KR101950031B1 (ko) * 2015-09-21 2019-02-19 주식회사 엘지화학 서로 다른 두께를 가진 쿨링 핀들의 배열을 포함하는 전지 모듈
US9774064B2 (en) * 2015-11-30 2017-09-26 Lg Chem, Ltd. Battery pack
US10396413B2 (en) * 2016-01-22 2019-08-27 Ford Global Technologies, Llc Battery cooling fin
KR20170127273A (ko) * 2016-05-11 2017-11-21 에스케이이노베이션 주식회사 서브모듈 및 서브모듈을 포함하는 전지모듈
KR102051108B1 (ko) * 2016-06-13 2019-12-02 주식회사 엘지화학 배터리 모듈 및 이를 포함하는 배터리 팩, 자동차
KR20180106421A (ko) * 2017-03-20 2018-10-01 현대자동차주식회사 배터리 모듈
US20200227700A1 (en) * 2017-08-18 2020-07-16 Hyliion Inc. Battery Pack Optimization for Thermal Management
JP2020119764A (ja) 2019-01-24 2020-08-06 Tdk株式会社 電池パック

Family Cites Families (28)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE9011893U1 (ja) * 1990-08-16 1990-10-18 Deta-Akkumulatorenwerk Gmbh, 3422 Bad Lauterberg, De
US5162171A (en) * 1991-10-28 1992-11-10 Globe-Union Inc. Metal oxide-hydrogen battery having modules extending longitudinally of the pressure vessel
JP4921629B2 (ja) * 2000-03-31 2012-04-25 トヨタ自動車株式会社 流体冷却式電池パックシステム
JP4214450B2 (ja) * 2002-06-03 2009-01-28 日本電気株式会社 モジュール
JP4000961B2 (ja) * 2002-09-04 2007-10-31 日産自動車株式会社 組電池
JP3963165B2 (ja) * 2003-10-10 2007-08-22 日産自動車株式会社 組電池
KR20060027578A (ko) * 2004-09-23 2006-03-28 삼성에스디아이 주식회사 이차 전지 모듈 온도 제어 시스템
KR101042132B1 (ko) * 2005-03-23 2011-06-16 에스케이이노베이션 주식회사 고출력 리튬 2차 전지용 케이스
KR20060102851A (ko) * 2005-03-25 2006-09-28 삼성에스디아이 주식회사 이차 전지 모듈
KR100880386B1 (ko) * 2005-06-03 2009-01-23 주식회사 엘지화학 신규한 구조의 이차전지 및 이를 포함하는 전지팩
US9017847B2 (en) * 2005-06-17 2015-04-28 Nec Corporation Electric device assembly and film-covered electric device structure
KR100943833B1 (ko) * 2005-12-02 2010-02-24 주식회사 엘지화학 중대형 전지팩용 카트리지
KR101212369B1 (ko) * 2006-01-05 2012-12-13 에스케이이노베이션 주식회사 리튬 2차 전지 시스템의 냉각구조
US8546009B2 (en) * 2006-01-25 2013-10-01 Tulsee Satish Doshi Method and apparatus for thermal energy transfer
JP5019766B2 (ja) * 2006-03-22 2012-09-05 パナソニック株式会社 電動自転車
US20080193830A1 (en) * 2006-10-13 2008-08-14 Enerdel, Inc. Battery assembly with temperature control device
US7531270B2 (en) * 2006-10-13 2009-05-12 Enerdel, Inc. Battery pack with integral cooling and bussing devices
KR101067627B1 (ko) * 2006-11-13 2011-09-26 주식회사 엘지화학 콤팩트한 구조와 우수한 방열 특성의 전지모듈
WO2008122384A1 (de) * 2007-04-05 2008-10-16 Behr Gmbh & Co. Kg Elektrochemische energiespeichereinheit mit kühlvorrichtung
JP5137480B2 (ja) * 2007-06-29 2013-02-06 三洋電機株式会社 車両用の電源装置
KR101026745B1 (ko) * 2007-07-23 2011-04-08 주식회사 엘지화학 중대형 전지팩
JP4508221B2 (ja) * 2007-08-27 2010-07-21 豊田合成株式会社 組電池装置
JP5121395B2 (ja) * 2007-10-31 2013-01-16 三洋電機株式会社 電池パック及び電池パック用セパレータ
JP5183171B2 (ja) * 2007-11-28 2013-04-17 三洋電機株式会社 バッテリシステム
JP2011507159A (ja) * 2007-12-05 2011-03-03 エナーデル、インク 温度制御装置を有する組電池
JP5405858B2 (ja) 2008-04-14 2014-02-05 日産自動車株式会社 組電池、組電池の製造方法および組電池を搭載した車両
JP2011523168A (ja) * 2008-05-10 2011-08-04 エナーデル、インク 電池組立品
DE102009005497A1 (de) * 2009-01-21 2010-07-22 Li-Tec Battery Gmbh Galvanische Zelle mit Umhüllung II

Also Published As

Publication number Publication date
EP2509150A2 (en) 2012-10-10
JP5944322B2 (ja) 2016-07-05
CN102648549A (zh) 2012-08-22
US8679669B2 (en) 2014-03-25
US8435666B2 (en) 2013-05-07
WO2011068320A3 (ko) 2011-11-03
KR101259757B1 (ko) 2013-05-07
JP2015122323A (ja) 2015-07-02
CN102648549B (zh) 2014-11-19
EP2509150A4 (en) 2013-11-27
US20120177965A1 (en) 2012-07-12
US20130224549A1 (en) 2013-08-29
KR20110063007A (ko) 2011-06-10
JP2013513202A (ja) 2013-04-18
WO2011068320A2 (ko) 2011-06-09
EP2509150B1 (en) 2017-06-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9252409B2 (en) Middle or large-sized battery pack of novel air cooling structure
US9768427B2 (en) Battery module assembly of improved reliability and battery pack employed with the same
KR101658594B1 (ko) 이차 전지용 프레임 및 이를 포함하는 배터리 모듈
JP5816323B2 (ja) 改善された溶接信頼性を有するバッテリーモジュールとこれを採用したバッテリーパック
US9774015B2 (en) Battery module having structure for preventing mixing of coolant and vent gas
JP5916500B2 (ja) 組電池
JP5944466B2 (ja) モジュールの設計構造に柔軟性を有するバッテリーモジュール、並びにそのバッテリーモジュールを含む中型および大型のバッテリーパック
EP2416438B1 (en) Battery module having improved safety
US9484592B2 (en) Battery module having structure of improved stability and high cooling efficiency
KR102002350B1 (ko) 전지모듈 어셈블리
JP6134999B2 (ja) 電池アセンブリ
US9093686B2 (en) Battery pack of compact structure
JP4308515B2 (ja) 電池モジュール
US8034476B2 (en) Battery module, and middle or large-sized battery pack containing the same
EP1992026B1 (en) Battery module
KR20160115582A (ko) 배터리 모듈
CN102714337B (zh) 具有改进的冷却效率的中型或大型电池组
KR101990590B1 (ko) 배터리 모듈, 배터리 모듈을 포함하는 배터리 팩 및 배터리 팩을 포함하는 자동차
KR101029838B1 (ko) 냉각 효율이 향상된 중대형 전지팩
EP2212938B1 (en) Battery module of excellent heat dissipation property and heat exchange member
JP5795816B2 (ja) 弾性押圧部材を有するセルカートリッジ、およびセルカートリッジを備えるセルモジュール
EP3163673B1 (en) Battery cell cooling device and battery module including same
JP4079572B2 (ja) 電池パック
US8911896B2 (en) Battery pack
KR101106111B1 (ko) 효율적인 냉각 및 배기 구조의 중대형 전지팩

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20160324

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160425

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160715

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20161024

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170123

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20170206

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20170307

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6109210

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250