JP5281937B2 - スロットマシン - Google Patents

スロットマシン Download PDF

Info

Publication number
JP5281937B2
JP5281937B2 JP2009067607A JP2009067607A JP5281937B2 JP 5281937 B2 JP5281937 B2 JP 5281937B2 JP 2009067607 A JP2009067607 A JP 2009067607A JP 2009067607 A JP2009067607 A JP 2009067607A JP 5281937 B2 JP5281937 B2 JP 5281937B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
variable display
stop
reel
sub
winning combination
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2009067607A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2010214050A (ja
JP2010214050A5 (ja
Inventor
真人 坂井
正和 藤原
崇夫 今井
洋一 小野
学 和田
友和 大澤
賢一 竹内
直幸 佐藤
清志 西田
Original Assignee
株式会社オリンピア
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社オリンピア filed Critical 株式会社オリンピア
Priority to JP2009067607A priority Critical patent/JP5281937B2/ja
Publication of JP2010214050A publication Critical patent/JP2010214050A/ja
Publication of JP2010214050A5 publication Critical patent/JP2010214050A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5281937B2 publication Critical patent/JP5281937B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、パチンコ店などの遊技場で用いられるスロットマシンに関するものである。
スロットマシンは、外周に複数種類の図柄が配列されたリール(可変表示部)、当選役抽選を行って複数種類の当選役のいずれかまたはハズレを決定する当選役決定部、遊技を開始する際に操作されるスタートレバー、リールを停止させるためのストップボタンなどを備えており、メダル投入口にメダルを投入したりベットボタンを操作することによってメダルをベットした後、スタートレバーを押下することで遊技を開始できる。
遊技が開始されると、リールの回転(可変表示)が開始されるとともに当選役抽選が実行される。そして、リールが停止されたときに、当選役抽選に当選した当選役に対応する図柄が表示されてこの当選役が入賞となると、入賞した当選役に対応付けされた処理が実行されて、1回の遊技が終了する。また、リールが停止されたときにいずれの当選役にも入賞していない場合は、リールの停止により1回の遊技が終了する。
一般に、スロットマシンは、液晶ディスプレイやスピーカなどの演出装置を備え、演出装置を制御(液晶ディスプレイに各種演出画像を表示したりスピーカから各種演出音を出力)して遊技を演出している。また、スロットマシンのなかには、上述したリール(以下、メインリール(第1可変表示部))の他に、演出用のサブリール(第2可変表示部)を備え、このサブリールにより遊技を演出するものもある(下記特許文献1参照)。
しかし、演出が終了する前に次回の遊技が開始されてしまうと、実行中の演出が中断されてしまうといった問題があった。この問題を防止するため、スロットマシンのなかには、演出の実行中はメインリールの停止操作を無効化し、演出が終了した際に前記無効化を解除するものもある(下記特許文献2参照)。
特開2007−125051 特開2006−130017
しかしながら、従来のスロットマシンでは、メインリールの停止操作が無効化されている間、遊技者は演出を観察するだけで退屈してしまうといった問題があった。
本発明は上記背景を鑑みてなされたものであり、メインリールの停止操作を無効化しても遊技者が退屈することのないスロットマシンを提供することを目的としている。
上記目的を達成するために、本発明のスロットマシンは、当選役抽選を行って複数種類の当選役のいずれかまたはハズレを決定する当選役決定手段と、図柄の可変表示を行い、停止表示する図柄によって当選役抽選の結果を報知する第1可変表示部と、当選役抽選の結果に基づいて図柄の可変表示を行うことによって遊技を演出する第2可変表示部とを備え、開始操作に伴って当選役抽選を行うとともに、第1可変表示部と第2可変表示部との可変表示を開始させるスロットマシンにおいて、停止操作に応答して前記第1可変表示部の可変表示を停止させる停止操作有効モードと、前記停止操作に応答しない停止操作無効モードとで前記第1可変表示部を制御する第1制御手段と、前記停止操作に応答して前記第2可変表示部の可変表示を停止させる第2制御手段と、前記当選役抽選の結果に基づいて、前記第1制御手段を前記停止操作無効モードへと移行させる停止操作無効化手段と、前記停止操作無効モード中に前記停止操作されて前記第2制御手段によって前記第2可変表示部の可変表示が停止された状態で前記開始操作された際に、前記第2可変表示部の可変表示を再開させる可変表示再開手段と、前記開始操作に伴って前記第2可変表示部の可変表示を再開させるか否かを決定する演出決定手段と、前記演出決定手段により前記第2可変表示部の可変表示を再開させることが決定され、前記第2可変表示部の可変表示再開が少なくとも1回行われた際に、前記第1制御手段を前記停止操作有効モードへと移行させる無効化解除手段とを備えたことを特徴としている。
本発明は、メインリールの停止操作が無効化されているときにストップボタンが操作されるとサブリールが停止し、さらにこの後スタートレバーを操作することでサブリールが回転を再開し、このサブリールの回転停止と回転再開とが所定回数繰り返された場合にメインリールの停止操作の無効化が解除されるようにした。このように、本発明によれば、メインリールの停止操作が無効化された状態でも、メインリールで遊技を行うときと同様の操作を行うことで、メインリールの代わりにサブリールが停止したり回転を再開したりするので、遊技者は1回の遊技中(メインリールの回転開始から回転停止まで)であるにも関わらずあたかも複数回の遊技が実行されたように感じる。このため、メインリールの停止操作を無効化しても遊技者が退屈することがない。
スロットマシンの外観斜視図である。 スロットマシンの電気的な構成の概略を示すブロック図である。 スロットマシンでの遊技の流れを示すフローチャートである。
図1に示すように、スロットマシン10は、収納箱12と、前面扉14とを備えている。収納箱12にはリールユニットやホッパー装置などが収納されている。前面扉14は上扉14aと下扉14bとに上下に2分割されており、これら上扉14a及び下扉14bはそれぞれ収納箱12に軸着され、開閉自在に支持されている。
上扉14aには、第1表示窓16、第2表示窓18が設けられており、第1表示窓16の奥には、当選役抽選の結果を報知するためのメインリール(第1可変表示部)20が配置されている。また、第2表示窓18の奥には、演出用のサブリール(第2可変表示部)22が配置されている。
メインリール20は、第1メインリール20a、第2メインリール20b、第3メインリール20cとから構成される。第1〜第3メインリール20a〜20cの外周面には、複数種類の図柄が配置されており、第1〜第3メインリール20a〜20cが停止した状態では第1表示窓16に1リール当たり3個の図柄が表示される。
サブリール22は、第1サブリール22a、第2サブリール22b、第3サブリール22cとから構成される。第1〜第3サブリール22a〜22cの外周面には複数種類の図柄が配列されており、第1〜第3サブリール22a〜22cが停止した状態では第2表示窓18に1リール当たり3個の図柄が表示される。
スロットマシン10では、メインリール20よりもサブリール22を大型に形成し、また、メインリール20よりもサブリール22を遊技者から見て目立つ位置に配置し、さらに、メインリール20よりもサブリール22に遊技者にとって識別し易い図柄を識別しやすい配列で配置している。こうすることで、サブリール22の回転や停止に基づいて遊技が進行しているかのように、すなわち、サブリールがあたかもメインリールであるかのように遊技者にみせている。
下扉14bには、メダルを投入するメダル投入口24、クレジットされたメダルをベットするためのベットボタン25、遊技を開始する際に操作されるスタートレバー26、第1メインリール20a及び第1サブリール22aを停止させるための第1ストップボタン30a、第2メインリール20b及び第2サブリール22bを停止させるための第2ストップボタン30b、第3メインリール20c及び第3サブリール22cを停止させるための第3ストップボタン30c、メダルが払い出されるメダル受け皿32などが設けられている。
スロットマシン10は、3枚のメダルをベットすることで1回の遊技を行えるようになっており、メダル投入口24に3枚のメダルを投入するとこの3枚のメダルがベットされる。また、スロットマシン10はメダルのクレジット機能を備え、メダル投入口24に1度に4枚以上のメダルを投入すると4枚目以降のメダルがクレジットされる。そして、3枚以上のメダルがクレジットされている状態でベットボタン25を押下すると、クレジット数が3減算されて3枚のメダルがベットされる。
3枚のメダルがベットされると、スタートレバー26が有効化される。そして、有効化されたスタートレバー26の押下に伴って遊技が開始される。遊技が開始されると、当選役抽選が行われて複数種類の当選役のいずれか又はハズレが決定されるとともに、全てのメインリール20及び全てのサブリール22が一斉に回転を開始する。
スロットマシン10では、上述のように遊技開始に伴って回転を開始したメインリール20の全てが停止することで1回の遊技が終了する。他方、遊技開始に伴ってメインリール20とともに回転を開始したサブリール22は、最終的にはメインリール20の回転停止とともに回転を停止するが、この最終的な停止までの間は、通常態様と連続回転態様との2つの回転態様でその回転が制御される。
通常態様は、メインリール20の回転開始及び回転停止に完全に同期して、サブリール22が回転開始及び回転停止する態様、すなわち、1回の遊技につき1回だけサブリール22が回転する態様である。他方、連続回転態様は、メインリール20の回転開始から回転停止までの1回の遊技中に、サブリール22が複数回回転した後に(サブリール22が回転停止と回転再開とを複数回繰り返した後に)、メインリール20の回転停止と同期してサブリール22が回転停止する態様、すなわち、1回の遊技中に複数回サブリール22が回転する態様である。
このように、連続回転態様では、1回の遊技中にサブリール22が複数回回転するので、1回の遊技であるにもかかわらずあたかも複数回の遊技が実行されたかのようにみせることができる。なお、本実施形態では、連続回転態様において、1回の遊技中に4回サブリール22が回転する例、すなわち、遊技開始に伴い1回目の回転を開始し、この後3回の回転停止及び回転再開を経た後、メインリール20の停止に伴い最終的に停止される例で説明を行う。
全てのメインリール20が停止して、1回の遊技が終了すると、第1表示窓16に表示された図柄の組み合わせが判定される。そして、第1表示窓16に表示された図柄の組み合わせが当選役抽選で決定された(当選役抽選に当選した)当選役に対応するものであった場合、この当選役が入賞となる。そして、入賞した当選役に対応付けされた処理が行われる。
スロットマシン10では、当選役として、「リプレイ」、「小役」、「BB(ビックビーナス)」が設けられている。そして、リプレイが入賞すると、メダルの投入なしに次回の遊技が可能となる。小役は、例えば、「ベル」、「スイカ」など複数種類が設定されており、小役が入賞すると、この小役の種類に応じた枚数のメダルがメダル受け皿32に払い出される。また、BBが入賞すると、通常モードよりもペイアウト率(ベットしたメダルに対して払い出されるメダルの割合)が高いBBモードへと移行される。BBモードは、予め設定された終了条件(上限枚数のメダル獲得や、所定回数の遊技実行など)を満すと終了する。
図2に示すように、スロットマシン10の内部には、スロットマシン10を統括的に制御する制御部(停止操作無効化手段、無効化解除手段)50が設けられている。制御部50には、前述した当選役抽選を行う当選役決定部(当選役決定手段)51の他、メモリ52、メダルセンサ54、スタート信号センサ56、ストップ信号センサ58、表示図柄決定部60、演出決定部62、メインリール制御部(第1制御手段)64、サブリール制御部(第2制御手段可変表示再開手段)66が接続されている。
メモリ52には、遊技の実行プログラム、実行データなどの各種設定情報が格納されている。また、メモリ52は、毎回の遊技ごとに利用される当選フラグ(当選役抽選で当選した当選役の種類を示すフラグ)などのデータの一時的な保管や書き換えなどに用いられる。制御部50は、メモリ52に記憶された情報に基づいてスロットマシン10の各部を駆動制御する。
メダルセンサ54は、メダル投入口24から投入された適正なメダルを検知し、メダル検知信号を出力する。スタート信号センサ56は、スタートレバー26が押下されたことを検知し、遊技スタート信号を出力する。ストップ信号センサ56は各ストップボタン30a〜30cが押下されたことを検知し、リール停止信号を出力する。
表示図柄決定部60は、サブリール22が停止されたときに第2表示窓18に表示する図柄の組み合わせを決定する。表示図柄決定部60は、遊技の終了時にサブリール22がメインリール20に同期して停止される場合、すなわち、通常回転態様においてサブリール22が停止される場合や、連続回転態様において4回目にサブリール22が停止される場合、第1表示窓16に表示される図柄組み合わせに対応するように、第2表示窓18に表示する図柄の組み合わせを決定する。
具体的には、メインリール20が停止したときにBBが入賞となる場合、第2表示窓18に図柄「7」を3つ並べる旨の決定がなされる。また、メインリール20の停止によりスイカが入賞となる場合、第2表示窓18に図柄「スイカ」を3つ並べる旨の決定がなされる。同様に、ベルが入賞となる場合は、図柄「ベル」を3つ並べる旨の決定がなされ、リプレイが入賞となる場合は、図柄「リプレイ」を3つ並べる旨の決定がなされ、ハズレとなる場合は、いずれの図柄も揃えない旨の決定がなされる。
また、表示図柄決定部60は、1回の遊技の途中でサブリール22が停止される場合、すなわち、連続回転態様において1回目、2回目、及び3回目にサブリール22が停止される場合、当選役抽選でBBが当選したことへの期待感を高めるように、予め設定された特定の図柄組み合わせ(いわゆるチャンス目やリーチ目など)を表示する旨の決定を行う。
演出決定部(演出決定手段)62は、演出抽選を行って、サブリール22を連続回転態様で回転させる連続回転演出を行うか否かを決定する。演出決定部62には、連続回転演出を行うと決定される確率が高く設定された第1抽選テーブルと、連続回転演出を行うと決定される確率が低く設定された第2抽選テーブルとが記憶されている。そして、演出決定部62は、当選役抽選でBBが決定されたときは第1抽選テーブルを用いて連続回転演出を行うか否かを決定し、当選役抽選でBBが決定されなかったときは第2抽選テーブルを用いて連続回転演出を行うか否かを決定する。
メインリール制御部64は、メインリール20の回転を制御するために設けられている。メインリール制御部64には、スタート信号センサ56から出力された遊技スタート信号が、制御部50を介して入力される。メインリール制御部64は、3枚のメダルがベットされており、かつ、全てのメインリール20が停止されている状態(遊技開始可能な状態)でスタート信号が入力された場合、このスタート信号の入力に応答して全てのメインリール20の回転を一斉に開始させる。
また、メインリール制御部64には、ストップ信号センサ58から出力されたリール停止信号が、制御部50を介して入力される。メインリール制御部64は、停止操作無効モードと停止操作有効モードとの2つのモードで駆動される。停止操作有効モードにおいて、メインリール制御部64は、リール停止信号の入力に応答し、操作されたストップボタンに対応するメインリールの停止制御を行う。このとき、メインリール制御部64は、周知の引き込み制御を行い、当選役抽選に当選した当選役が入賞となる図柄の組み合わせが第1表示窓16に表示されるように、メインリールを停止させる。他方、停止操作無効モードにおいて、メインリール制御部64は、リール停止信号が入力されてもメインリール20の停止制御を行わず、メインリール20の回転を継続させる(メインリールの停止操作を無効化する)。
制御部50は、通常はメインリール制御部64を停止操作有効モードで駆動し、前述した演出決定抽選で連続回転演出を実行することが決定されると停止操作無効モードへと移行させる。また、制御部50は、停止操作無効モード中にサブリール22の回転停止及び回転再開が3回繰り返されると(サブリール22が4回目の回転を開始すると)、メインリール制御部64を停止操作有効モードへと移行させる)。
サブリール制御部66は、サブリール22の回転を制御するために設けられている。サブリール制御部66には、スタート信号センサ56から出力されたスタート信号が、制御部50を介して入力される。サブリール制御部66は、スタート信号が入力されると、このスタート信号が、遊技開始可能な状態で入力されたもの、または、メインリール制御部64が停止操作無効モード中であるときに入力されたもののいずれかに該当するか否かを調べる。そして、これらのいずれかに該当し、かつ、全てのサブリール22が停止している状態であった場合、スタート信号の入力に応答して全てのサブリール22の回転を一斉に開始させる。
また、サブリール制御部66には、ストップ信号センサ58から出力されたリール停止信号が、制御部50を介して入力される。サブリール制御部66は、リール停止信号の入力に応答して操作されたストップボタンに対応するサブリールの停止制御を行う。サブリール制御部66は、前述した表示図柄決定部60により決定された図柄の組み合わせが第2表示窓18に表示されるように、サブリールを停止させる。
以下、上記構成による本発明の作用について、図3に示すフローチャートをもとに説明する。スロットマシン10では、メダル投入口24に3枚のメダルを投入するか、3枚以上のメダルがクレジットされた状態でベットボタンを押下すると、3枚のメダルがベットされて遊技開始可能な状態となる。そして、この状態でスタートレバー26が操作されると遊技が開始される。
遊技が開始されると、全てのメインリール20及び全てのサブリール22が一斉に回転を開始する。また、遊技が開始されると、当選役抽選が行われ複数種類の当選役のいずれかまたはハズレが決定された後、演出抽選が行われ、連続回転演出を行うか否かが決定される。
演出抽選により連続回転演出を行わないと決定されると、ストップボタンの操作により対応するメインリール及びサブリールの回転が停止され、全てのメインリール20及び全てのサブリール22の回転が停止すると1回の遊技が終了する。そして、第1表示窓16や第2表示窓18に、当選役抽選に当選した当選役に対応する図柄の組み合わせが表示されると、この当選役に対応付けされた処理が実行される。
一方、演出抽選により連続回転演出を行うと決定されると、メインリール制御部64が停止操作無効モードへと移行される。これにより、ストップボタンが操作されると、操作されたストップボタンに対応するサブリールのみの回転が停止され、メインリール20の回転は継続される。そして、全てのサブリール22の回転が停止すると、当選役抽選でBBが決定されたことへの期待感を高めるチャンス目またはリーチ目が第2表示窓18に表示される。
さらに、この後、スタートレバー26を操作すると、全てのサブリール22が一斉に回転を再開し、ストップボタンが操作されると、対応するサブリールのみの回転が停止され、全てのサブリール22の回転が停止すると、第2表示窓18にチャンス目またはリーチ目が表示される。このように、ストップボタンを操作して全てのサブリールを停止させた後、スタートレバー26を操作してサブリールの回転を再開させるといった一連の動作が繰り返され、サブリール22が4回目の回転を開始すると、メインリール制御部64が停止操作有効モードへと移行される。
この状態でストップボタンが操作されると、対応するメインリール及びサブリールの回転が停止され、全てのメインリール20及び全てのサブリール22の回転が停止すると1回の遊技が終了する。そして、第1表示窓16や第2表示窓18に、当選役抽選に当選した当選役に対応する図柄の組み合わせが表示されると、この当選役に対応付けされた処理が実行される。
このように、スロットマシン10では、連続回転演出が実行されると、スタートレバーを操作してリールを回転させストップボタンを操作してリールを停止させるという、通常は1回の遊技で1回行われる操作を、複数回繰り返すことで1回の遊技が終了するといった新たな遊技性を提供できる。また、連続回転演出中にサブリールが停止されたときにチャンス目やリーチ目が表示されるので、BBが当選したことへの期待感を高めることができる。
なお、本発明は、1回の遊技であるにもかかわらず、あたかも複数回の遊技が実行されたかのようにみせるために、1回の遊技中にサブリールを複数回回転させればよいので、細部の構成は上記実施形態に限定されず適宜変更できる。
例えば、上記実施形態では、BBが当選したときに連続回転演出が行われる確率が高くなる例で説明をしたが、この他の当選役が当選したときに連続回転演出が行われる確率が高くなるように設定してもよい。また、当選した当選役の種類毎に、連続演出が行われる確率が変化するように設定してもよい。
さらに、サブリールは演出用のリールであるので、連続回転演出の態様は適宜変更できる。例えば、連続回転演出中にサブリールが停止したときに表示する図柄の組み合わせとして、所定の当選役の当たりの期待度が低いハズレ目と、期待度が中程度のチャンス目と、期待度が高いリーチ目とを設け、サブリールが1回目、2回目に停止した際にはハズレ目を表示し、3回目に停止した際にはチャンス目またはリーチ目を表示したり、1回目にハズレ目、2回目にリーチ目、3回目にチャンス目を表示してもよい。また、当たりの期待度が異なる複数種類のチャンス目を設け、回を重ねるにつれて当たりの期待度の高いチャンス目を表示してもよい。
また、上記実施形態では、連続回転演出においてサブリールが4回回転する例で説明をしたが、連続回転演出におけるサブリールの回転回数は3回以下であってもよいし、5回以上であってもよい。さらに、連続回転演出毎に、この連続回転演出におけるサブリールの回転回数を決定してもよい。この場合、所定の当選役に当選している期待度が高くなるほどサブリールの回転回数が多くなるように、当選役抽選の結果に基づいて連続回転演出毎のサブリールの回転回数を決定することが好ましい。
さらに、上記実施形態では、停止操作無効モード中、全てのサブリールが停止した状態でスタートレバーが押下されたときに、サブリールの回転を再開する例で説明をしたが、本発明はこれに限定されるものではない。例えば、停止操作無効モード中、全てのサブリールが停止した状態でベットボタンが押下され、さらにこの後にスタートレバーが押下されたときに、サブリールの回転を再開してもよい。
また、上記実施形態では、メインリール制御部とサブリール制御部とが1つの制御部により制御される例で説明をしたが、本発明はこれに限定されるものではない。遊技の実行及び進行を制御するメイン制御部と、演出を制御するサブ制御部との2つの制御部を設け、メイン制御部がメインリール制御部を制御し、サブ制御部がサブリール制御部を制御するように構成してもよい。
なお、上記実施形態では、メインリール及びサブリールが機械的に回転するリールである例で説明をしたが、本発明はこれに限定されるものではない。メインリールやサブリールがディスプレイの表示上で回転するリールであってもよい。また、上記実施形態や上述した各種態様で説明した構成を組み合わせて用いてもよい。
10スロットマシン
20 メインリール(第1可変表示部)
22 サブリール(第2可変表示部)
25 ベットボタン
26 スタートレバー
30a、30b、30c ストップボタン
50 制御部(停止操作無効化手段、無効化解除手段)
51 当選役決定部(当選役決定手段)
62 演出決定部(演出決定手段)
64 メインリール制御部(第1制御手段
66 サブリール制御部(第2制御手段可変表示再開手段

Claims (1)

  1. 当選役抽選を行って複数種類の当選役のいずれかまたはハズレを決定する当選役決定手段と、図柄の可変表示を行い、停止表示する図柄によって当選役抽選の結果を報知する第1可変表示部と、当選役抽選の結果に基づいて図柄の可変表示を行うことによって遊技を演出する第2可変表示部とを備え、開始操作に伴って当選役抽選を行うとともに、第1可変表示部と第2可変表示部との可変表示を開始させるスロットマシンにおいて、
    停止操作に応答して前記第1可変表示部の可変表示を停止させる停止操作有効モードと、前記停止操作に応答しない停止操作無効モードとで前記第1可変表示部を制御する第1制御手段と、
    前記停止操作に応答して前記第2可変表示部の可変表示を停止させる第2制御手段と、
    前記当選役抽選の結果に基づいて、前記第1制御手段を前記停止操作無効モードへと移行させる停止操作無効化手段と、
    前記停止操作無効モード中に前記停止操作されて前記第2制御手段によって前記第2可変表示部の可変表示が停止された状態で前記開始操作された際に、前記第2可変表示部の可変表示を再開させる可変表示再開手段と、
    前記開始操作に伴って前記第2可変表示部の可変表示を再開させるか否かを決定する演出決定手段と、
    前記演出決定手段により前記第2可変表示部の可変表示を再開させることが決定され、前記第2可変表示部の可変表示再開が少なくとも1回行われた際に、前記第1制御手段を前記停止操作有効モードへと移行させる無効化解除手段とを備えたことを特徴とするスロットマシン。
JP2009067607A 2009-03-19 2009-03-19 スロットマシン Active JP5281937B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009067607A JP5281937B2 (ja) 2009-03-19 2009-03-19 スロットマシン

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009067607A JP5281937B2 (ja) 2009-03-19 2009-03-19 スロットマシン

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2010214050A JP2010214050A (ja) 2010-09-30
JP2010214050A5 JP2010214050A5 (ja) 2012-08-02
JP5281937B2 true JP5281937B2 (ja) 2013-09-04

Family

ID=42973533

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009067607A Active JP5281937B2 (ja) 2009-03-19 2009-03-19 スロットマシン

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5281937B2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5753995B2 (ja) * 2013-07-16 2015-07-22 株式会社大都技研 遊技台
JP6160962B2 (ja) * 2014-07-30 2017-07-12 株式会社大都技研 遊技台

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005218764A (ja) * 2004-02-09 2005-08-18 Takao:Kk 回胴式遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP2010214050A (ja) 2010-09-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2006212213A (ja) 遊技機、プログラム及び記録媒体
JP2006230807A (ja) 遊技機、プログラム及び記録媒体
JP4498989B2 (ja) 遊技機
JP2009291497A (ja) ストロットマシン
JP4906876B2 (ja) スロットマシン
JP2007125077A (ja) 遊技機、プログラム及び記録媒体
JP5281937B2 (ja) スロットマシン
JP6887749B2 (ja) 遊技機
JP2017144056A (ja) 遊技機
JP2014233377A (ja) 遊技機
JP2021079006A (ja) 遊技機
JP2021115264A (ja) 遊技機
JP6910053B2 (ja) 遊技機
JP2020195706A (ja) 遊技機
JP2021049078A (ja) 遊技機
JP2021037146A (ja) 遊技機
JP6780850B2 (ja) 遊技機
JP6894184B2 (ja) 遊技機
JP2020189144A (ja) 遊技機
JP6851061B2 (ja) 遊技機
JP6638028B2 (ja) 遊技機
JP6783485B2 (ja) 遊技機
JP6844793B2 (ja) 遊技機
JP6872791B2 (ja) 遊技機
JP6889635B2 (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20111216

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120619

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130306

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130306

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130423

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130515

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130527

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Ref document number: 5281937

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250