JP5280811B2 - 遊技機の照明装置および遊技機 - Google Patents

遊技機の照明装置および遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP5280811B2
JP5280811B2 JP2008296923A JP2008296923A JP5280811B2 JP 5280811 B2 JP5280811 B2 JP 5280811B2 JP 2008296923 A JP2008296923 A JP 2008296923A JP 2008296923 A JP2008296923 A JP 2008296923A JP 5280811 B2 JP5280811 B2 JP 5280811B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
light
cover member
reflecting
transparent
space
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2008296923A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2010119669A (ja
Inventor
正樹 宮崎
勝公 末原
貴之 岡部
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Newgin Co Ltd
Original Assignee
Newgin Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Newgin Co Ltd filed Critical Newgin Co Ltd
Priority to JP2008296923A priority Critical patent/JP5280811B2/ja
Publication of JP2010119669A publication Critical patent/JP2010119669A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5280811B2 publication Critical patent/JP5280811B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

この発明は、遊技機の照明装置および動作により演出を行なう可動演出装置を備える遊技機に関するものである。
代表的な遊技機であるパチンコ機は、機内にセットされる遊技盤の盤面に画成した遊技領域に装飾部材が配設され、該装飾部材に形成した開口部に、機裏側に配設した液晶式やドラム式等の図柄表示装置の表示部を臨ませ、この図柄表示装置で図柄組み合わせゲームやリーチ演出等の主たる遊技演出を行なうようになっている。またパチンコ機では、遊技機のモチーフとなる意匠等を施したカバー部材を、裏側に配設したLED等の発光体で照明する照明装置を前記装飾部材や遊技盤に配設し、前記図柄表示装置の図柄変動ゲームに合わせて発光体を点灯したり点滅等することで、演出効果の向上を図ることが行なわれている。
更には、前記装飾部材に、前記の照明装置を備えて所要の動作を行なう可動体を配設し、該可動体を前記図柄表示装置で行なわれる遊技演出に合わせて動作させると共に、該可動体の動作に合わせて発光体の発光態様を変化させることにより、視覚的な演出効果を向上させ、遊技の興趣を一層増大するようにしたパチンコ機が知られている。
前記発光体として用いられるLEDは、ランプと比べて指向性が強いため、カバー部材とLEDとの間の距離が短いと、LEDからの光がカバー部材上で点光となって見栄えが低下するばかりでなく、カバー部材の全体を照明する場合には多数のLEDが必要となってコストが嵩む問題がある。そこで、特許文献1の照明装置では、カバー部材(装飾カバー)に対して基板(LED基板)を直角に配置し、該基板に実装されたLED(発光ダイオード)からカバー部材に沿う方向に向けて光を照射するよう配設すると共に、該LEDからの光を反射手段によってカバー部材に向けて反射するよう構成することで、少ないLEDでカバー部材の全体を照明するようにしている。
特開2001−286608号公報
特許文献1の照明装置では、LEDが実装されている基板が、カバー部材に対して直角に配置されているため、カバー部材の裏側には基板の前後の幅以上の奥行き寸法が必要となり、照明装置の厚みが大きくなる問題がある。また、反射手段からカバー部材に向けて照射される光の投光角度には限度があるため、カバー部材がLEDの光照射方向に大型である場合は、該カバー部材の全体を照明するために、基板と反射手段とからなる組を複数段で配設する必要があり、部品点数が増加することでコストが嵩む難点が指摘される。
ここで、パチンコ機では、遊技領域における前後寸法に制限があるため、前記可動演出装置の可動体においても前後寸法は規定されている。その反面、可動体の動作による演出のインパクトを増大するため、可動体を大型化する要請がある。このように大型化の要請がある可動体に照明装置を配設する場合、特許文献1の照明装置を採用すれば、比較的少ないLEDでカバー部材の広範囲を照明することはできるものの、前後寸法が大きくなる欠点があり、またLEDからの光を直接カバー部材に照射する構成では薄型化は可能であるが、前述したようにLEDが多数必要になると共に点光となる欠点がある。
すなわち本発明は、従来の技術に係る遊技機の照明装置および遊技機に内在する前記課題に鑑み、これを好適に解決するべく提案されたものであって、カバー部材の全体を少ない発光体で照明し得る薄型の遊技機の照明装置、およびカバー部材の全体を少ない発光体で照明し得る薄型の可動体を備える可動演出装置を配設した遊技機を提供することを目的とする。
前記課題を克服し、所期の目的を達成するため、本願の請求項1に係る発明は、
遊技機に設けられる照明装置であって、
光透過部(57a)が形成されたカバー部材(57)と、
前記カバー部材(57)の裏側に配設され、該カバー部材(57)との間に空間(S)を画成するベース部材(58)と、
前記空間(S)に収容されて、前記光透過部(57a)を覆うようにカバー部材(57)に沿って延在する板状の透明部材(38)と、
前記カバー部材(57)の一端部側において裏側に離間して該カバー部材(57)と平行な姿勢でベース部材(58)に配設されて前記空間(S)に臨み、前記透明部材(38)に向けて光を照射する発光体(37b)が配設された基板(37a)と、
前記カバー部材(57)と基板(37a)との間の空間(S)に収容され、前記発光体(37b)から照射されて前記透明部材(38)に導入された光を、カバー部材(57)の他端部側に向けて反射する第1の反射面(39a)が形成された反射部材(39)と、
前記透明部材(38)における前記第1の反射面(39a)と対向する端面に形成され、該第1の反射面(39a)に沿う傾斜面(38b)と、
前記第1の反射面(39a)で反射して前記傾斜面(38b)から透明部材(38)に導入された光をカバー部材(57)に向けて反射する第2の反射面(38c)とを備え
前記反射部材(39)の第1の反射面(39a)と透明部材(38)の傾斜面(38b)とが当接した状態で、該反射部材(39)および透明部材(38)が前記カバー部材(57)とベース部材(58)とで挟持されて空間(S)内に位置決め保持されることを特徴とする。
請求項1の発明によれば、カバー部材の裏側に基板を平行に配設することにより、カバー部材の裏側に必要とされる基板の配設スペースを小さくすることができ、照明装置の薄型化を図り得る。また、基板の発光体から照射される光を第1の反射面でカバー部材に沿う方向に反射し、該反射光を第2の反射面でカバー部材に反射するようにしたから、少ない発光体によりカバー部材の全体を照明することができる。更に、光透過部を覆う透明部材に第1の反射面で反射した光を導入する構成により、透明部材を透過した光によりカバー部材を好適に照明することができる。
請求項2に係る発明では、前記透明部材(38)は、前記第1の反射面(39a)から光が導入される前記傾斜面(38b)を除く外周面および裏面に、第2の反射面(38c)が形成されることを要旨とする。
請求項2の発明によれば、透明部材に導入された光を、該透明部材に設けた第2の反射面でカバー部材に向けて好適に反射し得る。
請求項3に係る発明では、前記空間(S)を画成する前記ベース部材(58)の側壁(43)に設けられて該空間(S)側に突出する突起(43a)と、
前記反射部材(39)に設けられて前記突起(43a)が嵌挿可能な凹部(45b)が形成された位置決め部(45)とを備え、
前記位置決め部(45)の凹部(45b)に突起(43a)を嵌挿することで、ベース部材(58)に対して反射部材(39)が位置決めされることを要旨とする
前記課題を克服し、所期の目的を達成するため、本願の請求項4に係る発明は、
動作により演出を行なう可動演出装置(33)を備えた遊技機において、
前記可動演出装置(33)は、
駆動手段(36)の駆動により待機位置と作動位置の間を往復移動可能な可動体(35)を備え、
前記可動体(35)は、
光透過部(57a)が形成されたカバー部材(57)と、
前記カバー部材(57)の裏側に配設され、該カバー部材(57)との間に空間(S)を画成するベース部材(58)と、
前記空間(S)に収容されて、前記光透過部(57a)を覆うようにカバー部材(57)に沿って延在する板状の透明部材(38)と、
前記カバー部材(57)の一端部側において裏側に離間して該カバー部材(57)と平行な姿勢でベース部材(58)に配設されて前記空間(S)に臨み、前記透明部材(38)に向けて光を照射する発光体(37b)が配設された基板(37a)と、
前記カバー部材(57)と基板(37a)との間の空間(S)に収容され、前記発光体(37b)から照射されて前記透明部材(38)に導入された光を、カバー部材(57)の他端部側に向けて反射する第1の反射面(39a)が形成された反射部材(39)と、
前記透明部材(38)における前記第1の反射面(39a)と対向する端面に形成され、該第1の反射面(39a)に沿う傾斜面(38b)と、
前記第1の反射面(39a)で反射して前記傾斜面(38b)から透明部材(38)に導入された光をカバー部材(57)に向けて反射する第2の反射面(38c)とを備え
前記反射部材(39)の第1の反射面(39a)と透明部材(38)の傾斜面(38b)とが当接した状態で、該反射部材(39)および透明部材(38)が前記カバー部材(57)とベース部材(58)とで挟持されて空間(S)内に位置決め保持されることを特徴とする。
請求項4の発明によれば、カバー部材の裏側に基板を平行に配設することにより、カバー部材の裏側に必要とされる基板の配設スペースを小さくすることができ、可動体の薄型化を図り得る。また、基板の発光体から照射される光を第1の反射面でカバー部材に沿う方向に反射し、該反射光を第2の反射面でカバー部材に反射するようにしたから、少ない発光体によりカバー部材の全体を照明することができる。更に、光透過部を覆う透明部材に第1の反射面で反射した光を導入する構成により、透明部材を透過した光によりカバー部材を好適に照明することができる。
請求項5に係る発明では、前記透明部材(38)は、前記第1の反射面(39a)から光が導入される前記傾斜面(38b)を除く外周面および裏面に、第2の反射面(38c)が形成されることを要旨とする。
請求項5の発明によれば、透明部材に導入された光を、該透明部材に設けた第2の反射面でカバー部材に向けて好適に反射し得る。
請求項6に係る発明では、前記空間(S)を画成する前記ベース部材(58)の側壁(43)に設けられて該空間(S)側に突出する突起(43a)と、
前記反射部材(39)に設けられて前記突起(43a)が嵌挿可能な凹部(45b)が形成された位置決め部(45)とを備え、
前記位置決め部(45)の凹部(45b)に突起(43a)を嵌挿することで、ベース部材(58)に対して反射部材(39)が位置決めされることを要旨とする。
本発明に係る遊技機の照明装置によれば、薄型化を図ると共にカバー部材の全体を少ない発光体で照明することができる。また本発明に係る遊技機によれば、可動演出装置の可動体の薄型化を図ると共にカバー部材の全体を少ない発光体で照明することができる。
次に、本発明に係る遊技機の照明装置および遊技機につき、好適な実施例を挙げて、添付図面を参照しながら以下詳細に説明する。なお、実施例では、遊技球としてパチンコ球を用いて遊技を行なうパチンコ機を例に挙げて説明する。また、以下の説明において、「前」、「後」、「左」、「右」とは、特に断りのない限り、図1に示すようにパチンコ機を前側(遊技者側)から見た状態で指称する。
(パチンコ機について)
実施例に係るパチンコ機10は、図1に示すように、矩形枠状に形成されて遊技店の図示しない設置枠台に設置される外枠11の開口前面側に、遊技盤12を着脱可能に保持した中枠13が開閉および着脱可能に組付けられて、該遊技盤12の裏側に対して、各種図柄を変動表示可能な図柄表示装置14が着脱し得るよう構成される。また、前記中枠13の前面側には、前記遊技盤12を透視保護するガラス板を備えた前枠15が開閉可能に組付けられると共に、該前枠15の下方にパチンコ球を貯留する下球受け皿16が開閉可能に組付けられる。なお、実施例では、前記前枠15の下部位置に、パチンコ球を貯留する上球受け皿17が一体的に組付けられており、前枠15の開閉に合わせて上球受け皿17も一体的に開閉するよう構成される。
(遊技盤について)
前記遊技盤12は、図2または図3に示すように、略正方形に形成されたアクリルやポリカーボネート等の光透過性の合成樹脂材からなる平板状の透明板18と、該透明板18の裏面に組付けられる裏ユニット19とから構成される。そして、裏ユニット19の裏側に対して、各種図柄を変動表示可能な前記図柄表示装置14が着脱自在に取付けられると共に、裏ユニット19に形成された前後に開口する可視表示部68a(図17参照)を介して図柄表示装置14の表示部を前面側から視認し得るようになっている。
(透明板について)
図2に示すように、前記透明板18の前面には、内レール20と外レール21が半円弧状に配設されて、両レール20,21によりパチンコ球が流下可能な遊技領域12aが透明板前面に画成され、図示しない打球発射装置から発射されたパチンコ球が遊技領域12a内に打ち出されるようになっている。なお、内レール20は、透明板18の左側の上部に開放端を臨ませるよう構成され、打球発射装置から発射されたパチンコ球は、透明板18の下側から左側に両レール20,21で案内され、内レール20の開放端から遊技領域12aの上部に打ち出される。
前記透明板18の前面には、前記図柄表示装置14において主に図柄変動ゲームが展開される領域を囲む枠状に形成された装飾部材22が配設されている。また透明板18の前面には、前記装飾部材22の配設位置より下方位置に、図1および図2に示す如く、前記遊技領域12aを流下するパチンコ球が入賞可能な始動入賞装置23や第1の特別入賞装置24が配設されており、該始動入賞装置23にパチンコ球が入賞することで、前記図柄表示装置14において図柄変動ゲームが展開され、該図柄変動ゲームの結果、図柄表示装置14に所定の図柄組合わせで図柄が停止表示されると、前記第1の特別入賞装置24の開閉板24aが閉状態から開状態に作動して入賞口が開放して所謂大当りが発生し、多数の賞球を獲得し得るよう構成されている。なお、前記始動入賞装置23は、開閉可能な一対の羽根部材23a,23aを備え、該羽根部材23a,23aの開放により始動入賞装置23へパチンコ球が入賞し易くなるようになっている。
前記透明板18の下方位置の前面には、前記第1の特別入賞装置24を挟む左右両側に、普通入賞具25が夫々配設されている。また透明板18の前面には、前記装飾部材22の左側に臨む遊技領域12aに、該遊技領域12aを流下するパチンコ球が通過可能な球通過ゲート26が配設されている。球通過ゲート26には、該ゲート26を通過するパチンコ球を検出した際に、普通図柄表示装置(図示せず)における普通図柄の変動表示の契機となる入球検知信号を出力する普通図柄入球検出手段(図示せず)が配設されている。この普通図柄入球検出手段は図示しない制御手段に電気的に接続され、該制御手段は、球通過ゲート26を通過するパチンコ球を普通図柄入球検出手段が検出したことを条件として、前記始動入賞装置23の羽根部材23a,23aを開放するか否かの抽選(普通図柄表示装置の普通図柄の変動表示)を行なうよう設定されている。
前記透明板18において外レール21の外側の領域には、当該領域を前面から覆う透視不能な合成樹脂材から形成されたコーナー飾り27が夫々設けられている。各コーナー飾り27は、図2に示すように、前記遊技領域12aに臨む内周面が前記外レール21に沿って湾曲形成されている。すなわち、実施例の遊技盤12は、コーナー飾り27が配設されている部分を除く略全ての領域において、前記透明板18を介して裏側が視認し得るよう構成されている。
(裏ユニットについて)
前記裏ユニット19は、図3または図17に示す如く、透視不能な合成樹脂材(例えばABS樹脂)から、外郭形状が前記透明板18と略整合する大きさおよび形状に形成されて前側に開口する箱枠状の枠状本体68を有し、該枠状本体68の略中央位置に前記可視表示部68aが矩形状に開設されている。枠状本体68の上下左右の4辺の前端には、外方に向けて透明板18と平行に延出するフランジ部68bが夫々形成されており、前記透明板18は、枠状本体68の上下および左右のフランジ部68bの前面に裏面を当接した状態で配設されて、該透明板18の裏面と枠状本体68との間に所要の空間を画成するよう構成してある。そして、透明板18と枠状本体68との間の空間に臨むように裏ユニット19に配設した装飾用の各種の部品が、透明板18を介して前側から視認可能に構成されている。
(装飾部材について)
前記装飾部材22は、透明板18に開設した装着孔(図示せず)に前側から挿入したもとでネジ止めされ、略中央位置に開設した開口部22aを介して、前記図柄表示装置14の表示部が遊技盤12の前側から視認可能に構成される。すなわち、装飾部材22の開口部22aが、図柄表示装置14の表示部を前面側から視認可能に臨ませるための遊技盤12の表示部分となっている。装飾部材22の上縁部には、前方に延出する庇部が形成され、前記遊技領域12aに打ち出されたパチンコ球が図柄表示装置14における図柄変動ゲームが展開される領域を横切って流下するのを該庇部で規制するよう構成される。装飾部材22には、遊技盤のモチーフとなるキャラクター等に関連する意匠が施されると共に、各種の装飾品28が配設されている。
前記装飾部材22の前記庇部には、遊技盤12の表示部分となる開口部22aから上方に凹状となる部分が形成され、該凹状となる庇部の下側に画成される収容部22bに、図2に示す如く、後述する可動演出装置33が配設されており、前記図柄表示装置14で行なわれる図柄変動ゲームに合わせて該可動演出装置33で所要の動作演出を行なうことで、遊技の興趣を向上するよう構成してある。また装飾部材22の下縁部には、図1および図2に示す如く、枠内に取込まれたパチンコ球を左右に転動可能な光透過性の合成樹材料で形成されたステージ29が配設されており、該ステージ29から遊技領域12aに排出されたパチンコ球が、前記始動入賞装置23や普通入賞具25等に入賞可能に構成される。この装飾部材22におけるステージ29の左側に位置する左側枠部22cには、遊技領域12aを流下するパチンコ球が通入可能な球誘導部30(所謂ワープ通路)が設けられ、該球誘導部30に通入したパチンコ球は、前記ステージ29の左端側に誘導されるようになっている。なお、ステージ29の右端側に、図柄表示装置14で行なわれる図柄変動ゲームに合わせて回転する回転体31aを備えた回転演出装置31が配設されている。
前記装飾部材22における左側枠部22cの上部に、裏側に配設された図示しない電磁ソレノイド等の駆動手段によって開閉作動される1枚の羽根部材32aを備える第2の特別入賞装置32が配設されている。この第2の特別入賞装置32は、前記始動入賞装置23へのパチンコ球の入賞に基づく前記図柄表示装置14で展開される図柄変動ゲームの結果、図柄表示装置14に所定の図柄組合わせ(第1の特別入賞装置24で開閉板24aが開放する組合わせとは異なる組合わせ)で図柄が停止表示されたときに羽根部材32aが閉状態から開状態に作動して入賞口を開放して所謂大当りが発生し、多数の賞球を獲得し得るよう構成されている。
(可動演出装置について)
前記装飾部材22に配設される可動演出装置33は、装飾部材22に対する取付基体となるケース体34と、該ケース体34の前側に上下方向に揺動可能に配設される可動体35と、該ケース体34の裏側に配設されて可動体35を作動する駆動手段としてのモータ36と、可動体35に配設された第1の照明装置37と、ケース体34に配設された第2の照明装置56とから基本的に構成される。
(可動体について)
前記可動体35は、図4に示す如く、所要形状に形成されたカバー部材57と、該カバー部材57の裏側に組付けられるベース部材58と、両部材57,58の間に内部画成される空間Sに収容される透明部材38および反射部材39と、ベース部材58に配設される第1の照明装置37の第1基板37aとを基本的に備え、該可動体35は、ベース部材58に連結された一対の回動アーム(作動部材)40,41を介して前記ケース体34に揺動自在に配設されている。
前記カバー部材57には、光を透過可能な光透過部57aが所要の領域に形成されると共に、該光透過部57aの裏面には光拡散処理が施されている。また光透過部57aは、全体が前方に突出するよう形成されて、カバー部材57の裏面において光透過部57aに対応する部分が前側に凹状となっている。前記ベース部材58は、図4,図6,図7等に示す如く、板状本体42における外縁の全周に亘って前方に突出す側壁43が形成されて、全体が正面視においてカバー部材57と同一外形に形成されている。そして、カバー部材57の裏面に側壁43の前端を当接した状態でベース部材58を組付けることで、両部材57,58間に空間Sが画成され、該空間Sに前記光透過部57aが臨むように構成される。なお、ベース部材58は、非光透過性であって、前記空間Sに入射された光は、板状本体42の前面および側壁43の内面で反射するよう構成されている。ちなみに、板状本体42の前面および側壁43の内面は、光反射率の高い白色としてある。
前記ベース部材58の板状本体42における下端部側(カバー部材57の一端部側)には、左右方向に長尺な矩形状の開口部42aが開設されると共に、該板状本体42の裏面には、開口部42aの開口縁に沿って後方に突出する取付壁42bが形成されている(図7参照)。前記板状本体42の下側に位置する側壁43には、前記反射部材39を位置決めするための複数の突起43aが、左右方向に離間して突設されている。また板状本体42の前面の複数箇所には、前記透明部材38を位置決めするための位置決めピン42cが突設されている。更に、板状本体42には、後方に突出する一対の支持軸44,44が左右方向に離間して配設されている。
(第1の照明装置について)
前記ベース部材58の裏側には、前記カバー部材57の光透過部57aを照明するための第1の照明装置(照明装置)37を構成する第1基板37aが配設されている。この第1基板37aは、図4および図7に示す如く横長矩形状に形成され、該第1基板37aの前側を向く実装面に、複数の発光体としての第1LED37bが実装されている。そして、第1基板37aの実装面を前記取付壁42bの後端に当接した状態で、該基板37aがベース部材58に対して板状本体42と平行な姿勢でネジ止め固定される。なお、ベース部材58の板状本体42は、前記カバー部材57の裏面および光透過部57aと平行に臨んでおり、従って第1基板37aはカバー部材57と平行に延在している。また第1基板37aは、前記開口部42aを塞ぐ大きさに設定されると共に、取付壁42bに第1基板37aを取付けた状態で、図7に示す如く、開口部42a内に前記第1LED37bが臨むようになっている。この第1LED37bは、第1基板37aと直交する前方に向けて光を照射するよう設定される。なお、第1LED37bとしては、単色またはフルカラーの発光を行ない得るものが採用される。また実施例では、第1基板37a、第1LED37bおよび可動体35を構成するカバー部材57、後述する反射部材39や透明部材38から第1の照明装置37が構成される。
(反射部材について)
前記可動体35の空間Sには、ベース部材58の開口部42aと対応する位置に、前記第1LED37bから前方に向けて照射される光を、ベース部材58の上端部側(カバー部材57の他端部側)に向けて照射する反射部材39が配設されている。この反射部材39は、非光透過性の樹脂材料から開口部42aと略同じ長さ寸法に形成され、図10および図11に示す如く、その下面には、一対の突片45a,45aからなる位置決め部45が、左右方向に所定間隔離間して複数設けられている。そして、ベース部材58の前記側壁43に突設した各突起43aが、対応する位置決め部45における突片45a,45aの間に形成されている凹部45bに嵌挿された状態で、反射部材39はベース部材58に対して位置決めされる(図6参照)。なお、反射部材39の左右端部の下面は、ベース部材58の下側の側壁43の対応する位置の形状に倣う形状に形成されて、反射部材39が側壁43上に安定した載置状態で支持されるようになっている。
前記反射部材39には、図7に示す如く、ベース部材58の開口部42aを指向する面が、開口部42aから離間するにつれて前方に向けて上方傾斜するよう形成されて、この傾斜面が第1の反射面39aとなっている。この第1の反射面39aは、前記第1LED37bの前側に臨んで、該第1LED37bから第1の反射面39aに向けて照射される光は、該第1の反射面39aにおいてベース部材58の上端部側に向けて反射されるよう構成してある。
(透明部材について)
前記可動体35の空間Sに、板状の透明部材38が収容されている。この透明部材38には、図8および図9に示すように、複数の位置決め孔38aが穿設されており、各位置決め孔38aに、前記ベース部材58に突設した位置決めピン42cが嵌挿した状態で、当該透明部材38はベース部材58に対して位置決めされるようになっている。透明部材38の下端には、前記反射部材39の第1の反射面39aと対応する傾斜面38bが形成されており、該傾斜面38bと第1の反射面39aとを当接した状態で、両部材38,39が空間S内に位置決めされる(図7参照)。そして、反射部材39および透明部材38は、前記カバー部材57とベース部材58とを組付けることで、両部材57,58(具体的にはカバー部材57の裏面とベース部材58の板状本体42の前面)で挟持されて位置決め保持されるようになっている。また空間S内に位置決めされた透明部材38の前後の面は、対応するカバー部材57の裏面および板状本体42の前面に平行に当接するのに対し、カバー部材57における光透過部57aの裏面と透明部材38の前面との間には、該光透過部57aに対応する部分が前側に凹状となっている分だけ隙間が画成される。なお、透明部材38が空間S内に収容された状態で、カバー部材57の光透過部57aの全体と透明部材38の前面とが対向するようになっている。
前記透明部材38における裏面および外周面には、光を反射する処理、例えば白色の塗料を塗布する等によって第2の反射面38cが形成されており、透明部材38に導入された光は、第2の反射面38cで反射して、光を反射する処理を施していない前面から前方に射出するよう構成される(図8および図9において第2の反射面38cにはハッチングを付して示す。)。但し、透明部材38における前記第1の反射面39aに当接する傾斜面38bおよび裏面の下端から傾斜面38bの上端と同一レベル位置までの非反射領域38dには光反射処理は施されていない。透明部材38の裏面における非反射領域38d(図7の二点鎖線より下側の領域)は、図7に示す如く、前記第1LED37bの前方に臨んで、該第1LED37bから照射された光の透過を許容するべく機能する。すなわち、第1LED37bから照射された光は、透明部材38の非反射領域38dを透過して反射部材39の第1の反射面39aに至り、該第1の反射面39aで反射した光が、傾斜面38bから透明部材38に導入されるようになっている。なお、第1の反射面39aおよび傾斜面38bは、傾斜面38bから透明部材38に導入された光が、該透明部材38の表面に沿って略平行に上方に進むように設定されている。
(ケース体について)
前記ケース体34は、図5に示す如く、後側に開口する前半体46と、前側に開口する後半体47とを前後の関係で着脱自在に組付けることで、内部に所要の収容室34aを画成するよう構成される。前半体46には、後半体47で覆われない位置に、前後に貫通する固定用通孔46aが複数形成されている。また前記装飾部材22における収容部22bには、各固定用通孔46aに対応する位置に、ネジ孔を形成した固定部(図示せず)が設けられており、各固定部の後側に対応する固定用通孔46aを臨ませた状態で、該通孔46aに挿通したネジを固定部のネジ孔に螺挿することで、当該ケース体34、すなわち可動演出装置33が収容部22bに臨む状態で装飾部材22に位置決め固定される(図1,図2参照)。
前記前半体46は透明に形成されて、前記収容室34aに収容した後述する第2の照明装置56からの光を前側に透過可能に構成される。前半体46の前面は、図5に示す如く、左側の所要の領域が後側に一段後退する段差状に形成され、この後退部48の前面に、光拡散処理が施されると共に有色で光透過性の盤面装飾板49が着脱自在に配設されている。また前半体46における後退部48以外の前側に突出する突出面部50には、光拡散処理が施されている。そして、可動演出装置33を装飾部材22に配設した状態で、前記盤面装飾板49および前半体46の突出面部50が、前記収容部22bの前側に臨んで遊技者から視認可能になっている。すなわち、実施例では盤面装飾板49および前半体46の突出面部50が、盤面装飾部として機能している。
前記前半体46における後退部48には、前記可動体35に連係する各回動アーム40,41に接続する作動軸51が挿通される前後に貫通する2つの軸用通孔48a,48aが左右方向に離間して形成される。また前記盤面装飾板49には、前半体46の各軸用通孔48aと対応する位置の夫々に、前後に貫通する軸用通孔49aが形成されており、回動アーム40,41の作動軸51は、両軸用通孔48a,49aを介して収容室34aに挿入されるようになっている。なお、盤面装飾板49に、一方の軸用通孔49aに連設する配線用通孔49bが形成されると共に、該配線用通孔49bと対応する位置の前半体46に配線用通孔48bが形成されており、前記第1の照明装置37の第1基板37aと第2の照明装置56の後述する第2基板56aとを接続する配線が、両配線用通孔49b,48bに挿通されるよう構成される。
前記盤面装飾板49の前面には、前記可動体35および回動アーム40,41の移動を阻害しない位置に、複数の固定装飾部品52が配設される。この固定装飾部品52は、可動体35が後述する待機位置に臨む状態で、少なくとも一部が可動体35で隠れることなく前側に露出するよう位置決めされ(図2参照)、待機位置に臨む可動体35の周囲を装飾し得るよう構成される。そして、可動体35が待機位置より下方の作動位置に移動した際に、固定装飾部品52の全体が略露出して装飾部材22の収容部22bを装飾し得るようになっている(図16参照)。なお、固定装飾部品52は、装飾部材22に配設した前記装飾品28と同種の形態に形成されて、演出の統一性を図っている。
また、盤面装飾板49の前面には、一方(左側)の軸用通孔49aの下方に臨む位置に、一方の回動アーム40の回動軌跡上において該回動アーム40に当接可能なストッパ53が設けられると共に、前記突出面部50の前面には、他方の軸用通孔49aの下方に臨む位置に、他方の回動アーム41の回動軌跡上において該回動アーム41に当接可能なストッパ53が設けられている。両ストッパ53,53は、後述するように可動体35を上方の待機位置から下方の作動位置に移動させる回動アーム40,41が、可動体35を作動位置を越えて下方に移動させるのを規制するべく機能する。
(回動アームについて)
前記ケース体34の前側には、前記可動体35を上下に揺動させる一対の回動アーム40,41が回動自在に配設されている。両回動アーム40,41に関し、区別する場合は、図4の左側のものを第1の回動アーム40と指称すると共に、右側のものを第2の回動アーム41と指称する。各回動アーム40,41は、図4に示す如く、長手方向の一端に、後方に延出する作動軸51が一体回転自在に配設されており、該作動軸51が、前記盤面装飾板49および前半体46の軸用通孔49a,48aに前側から挿通されて回動自在に支持されている。また各回動アーム40,41の長手方向の他端に軸孔40a,41aが形成されており、該軸孔40a,41aに、前記可動体35に配設した対応する支持軸44が回動自在に挿通されている。そして、可動体35は、前記装飾部材22における開口部22aの上方の待機位置(図1,図2,図12,図14参照)と、前記図柄表示装置14における表示部の前側に一部が臨む下方の作動位置(図13,図15,図16参照)との間を、一対の回動アーム40,41を介して一定の姿勢を維持したまま平行移動するよう構成される。なお、前記支持軸44は、前記ベース部材58に着脱自在に固定される抜止め部材54によって軸孔40a,41aから抜けないよう構成される。また抜止め部材54には、対応する回動アーム40,41の回転軌跡上に臨む係止部54aが形成されており、可動体35が作動位置から待機位置に至ったときに、該抜止め部材54の係止部54aに回動アーム40,41が当接することで、該回動アーム40,41を回動規制して可動体35を待機位置に保持するよう構成されている。
前記両回動アーム40,41は、前記可動体35を待機位置および作動位置に臨ませた何れの状態においても、該可動体35で隠れることなく前側から視認可能に露出する部分が存在するよう構成される。また両回動アーム40,41の前面には、少なくとも前記露出部分を覆う装飾部品55が配設されて、可動体35の待機位置および作動位置の何れの位置に臨む状態でも、図14および図15に示す如く、回動アーム40,41が直に遊技者から視認されないようにしてある。前記装飾部品55は、前記盤面装飾板49に配設した前記固定装飾部品52と同種の形態に形成されており、装飾の統一性が図られている。
前記第1の回動アーム40には、該作動軸51の近傍に前後に貫通する挿通孔40bが形成されると共に、該第1の回動アーム40には前側に開放する収容凹部40cが形成されている。そして、前記第1の照明装置37の第1基板37aから導出する配線が、第1の回動アーム40における軸孔40aが形成される端部側から収容凹部40cに収容されて引回された後に、挿通孔40bを介して後側に引出されて、第2の照明装置56の第2基板56aにコネクタ接続されるよう構成してある。なお、前記収容凹部40cは前記装飾部品55で覆われて、配線が露出して見栄えが低下しないようになっている。また、配線が収容凹部40cから前側に引出されて第1の照明装置37の第1基板37aに接続される部分も、前記可動体35で常に隠れる位置に臨むよう構成してある。
(第2の照明装置について)
前記ケース体34には、前記盤面装飾板49および突出面部50を裏側から照明する第2の照明装置56が収容されている。この第2の照明装置56は、前記収容室34aの全体に亘って延在する第2基板56aと、該第2基板56aの前記前半体46に対向する前側の実装面に実装される第2LED56b,56cとから基本的に構成される。実施例では、種類の異なる2種類の第2LED56b,56cが用いられており、一方の第2LED56bは、前半体46の後退部48に対応する領域において所定パターンで実装されて、該第2LED56bから照射される光によって前記盤面装飾板49を裏側から照明するよう構成されている。また他方の第2LED56cは、前半体46の突出面部50に対応する領域において所定パターンで実装されて、該第2LED56cから照射される光によって突出面部50を裏側から照明するよう構成される。2種類の第2LED56b,56cは、盤面装飾板49と突出面部50との色彩の違い対応して異なる色で発光し得るよう設定されており、多彩な発光演出を行ない得るようにしてある。実施例では、有色の盤面装飾板49に対応する第2LED56bは白色の単色発光タイプが採用され、透明で光拡散処理が施されている突出面部50に対応する第2LED56cはフルカラータイプが採用されている。
(可動体の作動機構について)
前記第2基板56aには、前記前半体46の各軸用通孔48aに対応する位置に貫通孔56dが夫々形成されており、前記回動アーム40,41の各作動軸51が、該貫通孔56dを介して第2基板56aの後方に延出するよう構成される。そして、第2の回動アーム41に配設されている作動軸51が、ケース体34に配設されている作動機構59に連係されて、該作動機構59によって所定角度範囲で揺動するよう構成されている。
前記作動機構59は、図5,図12,図13等に示す如く、前記ケース体34の裏面に配設される駆動手段としてのモータ36と、該モータ36および第2の回動アーム41に連係し、モータ36により回転駆動されて第2の回動アーム41を作動させる伝達手段60とから基本的に構成される。伝達手段60は、図12および図13に示すように、前記モータ36の出力軸に固定されて一体的に回転する駆動ギヤ61と、ケース体34に回動自在に枢支されて駆動ギヤ61に噛合する従動ギヤ62と、前記第2の回動アーム41に配設されている作動軸51の後端に一体的に回転するように配設されて従動ギヤ62に噛合する作動ギヤ63とを基本的に備える。そして、モータ36を正逆回転することで、駆動ギヤ61、従動ギヤ62および作動ギヤ63の噛合作用下に、作動軸51が正逆回転するのに伴って第2の回動アーム41が揺動するよう構成される。
前記作動ギヤ63は、図5に示す如く、略扇状に形成されて、前記従動ギヤ62と噛合する歯部が形成されている部分と作動軸51を挟んで反対側に、径方向外方に延出する延出部63aが形成されている。そして、この延出部63aに一端が係止された弾性部材としての引張りコイルバネ64の他端が、前記ケース体34の収容室34a内における上端部に係止されて、作動軸51を、第2の回動アーム41を介して可動体35を待機位置に向けて移動する方向に回動付勢するよう設定される。また、前記第1の回動アーム40に配設されている作動軸51の第2基板56aより後方に延出する後端に、レバー部材65が一体的に回転するように配設されている。そして、このレバー部材65の作動軸51の支持部より径方向外方に延出する部位に一端が係止された弾性部材としての引張りコイルバネ64の他端が、ケース体34の収容室34a内における上端部に係止されて、作動軸51を、第1の回動アーム40を介して可動体35を待機位置に向けて移動する方向に回動付勢するよう設定される。すなわち、第1の回動アーム40は、作動機構59に連係されておらず、第2の回動アーム41が作動機構59により揺動されるのに伴って同一方向に揺動されて、可動体35を、姿勢を維持しつつ移動するよう構成されている。なお、弾性部材は、引張りコイルバネ64に限定されるものでなく、その他の形状のバネあるいは弾性を有するゴム等であってもよい。
前記第2基板56aの裏面に原位置検出手段66(図12参照)が配設されると共に、該原位置検出手段66で検出可能な検出片67が前記作動ギヤ63に設けられている。実施例では、可動体35が待機位置に臨んだときに、原位置検出手段66で検出片67を検出して前記モータ36を停止制御し、可動体35を待機位置に停止保持するよう構成される。また、前記作動位置は、待機位置を原点としてモータ36の回転数や回転角度、あるいはモータ制御用パルス数等によって設定され、該作動位置でモータ36を停止したり反転する制御を行なうよう構成されている。
〔実施例の作用〕
次に、前述した実施例に係るパチンコ機の作用につき説明する。
前記遊技領域12aに打出されたパチンコ球は、前記装飾部材22の主に左側の遊技領域12aを流下し、該パチンコ球が前記球通過ゲート26を通過すると、前記普通図柄入球検出手段の球検出に基づいて前記普通図柄表示装置による抽選が行なわれる。そして、抽選の結果、当たりとなった場合は、普通図柄表示装置に当たり図柄を表示すると共に、前記始動入賞装置23の羽根部材23a,23aが開放されて、該始動入賞装置23への入賞確率が高まる。また、遊技領域12aを流下するパチンコ球が前記球誘導部30に通入すると、該パチンコ球は前記ステージ29に通出され、該ステージ29を左右に転動した後に遊技領域12aに排出され、このパチンコ球は始動入賞装置23や普通入賞具25に入賞可能となる。
前記始動入賞装置23にパチンコ球が入賞すると、前記制御手段の制御信号に基づいて、前記図柄表示装置14の図柄が変動開始され、所要の図柄組合わせゲームが展開される。そして、前記図柄表示装置14で展開される図柄変動ゲームの結果、図柄表示装置14に所定の図柄組合わせで図柄が停止表示されたときに、前記第1の特別入賞装置24の開閉板24aまたは第2の特別入賞装置32の羽根部材32aが閉状態から開状態に作動することで入賞口を開放して所謂大当りが発生し、多数の賞球の獲得が可能となる。
また、前記図柄表示装置14で展開される図柄変動ゲームの演出に応じて、前記可動演出装置33や回転演出装置31が制御手段により作動制御されて、可動体35や回転体31aが作動されて動的な演出により遊技の興趣が高められる。また可動演出装置33に配設されている両照明装置37,56も、図柄変動ゲームの演出に応じて制御手段により発光制御されて、発光による演出により遊技の興趣が向上される。
前記可動演出装置33においては、前記可動体35が待機位置に臨む状態では、図1および図2に示す如く、前記装飾部材22の開口部22aにおける図柄表示装置14の表示部が臨む部位より上方で、該可動体35が前側から視認可能に臨む。また、可動体35を作動させる一対の回動アーム40,41の前面に配設されている前記装飾部品55,55の一部が、可動体35の外側に露出しており、該装飾部品55,55により可動体35が装飾されている。更に、前記ケース体34の前面に配設されている装飾性を有する盤面装飾板49や突出面部50が、可動体35および回動アーム40,41の後側に臨んでいるから、該可動体35や回動アーム40,41で隠れていない部分の装飾性が低下するものではない。しかも、盤面装飾板49に配設されている固定装飾部品52によっても可動体35の周囲が装飾されると共に、該固定装飾部品52は前記装飾部品55や装飾部材22に配設されている装飾品28と同種の形態とされているから、待機位置に臨む可動体35の周囲の装飾は統一がとれている。しかも、前記第2の照明装置56の第2LED56b,56cを発光させれば、盤面装飾板49や突出面部50が裏側から照明されることで、可動体35の周囲において発光演出が行なわれ、遊技の興趣が向上する。
前記可動演出装置33のモータ36が駆動されて前記伝達手段60が回転し、前記第2の回動アーム41の作動軸51が正方向に回転されると、第2の回動アーム41の揺動に伴って前記可動体35が待機位置から作動位置に向けて移動される。このとき、第1の回動アーム40は、可動体35の移動に追従して第2の回動アーム41と同一方向に揺動し、これによって可動体35は姿勢を維持した状態で作動位置に向けて移動する。
前記可動体35が待機位置から作動位置に移動する際に、図13および図15に示す如く、前記両回動アーム40,41は、該可動体35で隠れない露出部位が大きくなる。しかるに、回動アーム40,41の露出部位は、前記装飾部品55,55で覆われているから、該回動アーム40,41が直に遊技者に視認されることはなく、装飾性が低下することはない。そして、前記作動ギヤ63が所定角度回転し、前記可動体35が作動位置に到来すると、前記モータ36が停止制御され、該可動体35は作動位置に保持される。図15および図16に示すように、可動体35が作動位置に至った状態では、前記装飾部材22における収容部22bに臨む前記盤面装飾板49や突出面部50が大きく露出して大部分が前側から視認可能となる。前述したように盤面装飾板49や突出面部50は装飾性を有しているから、可動板35の移動によって盤面装飾板49や突出面部50が露出部分が大きくなっても装飾性が低下することはない。また、この状態で前記第2の照明装置56の第2LED56b,56cを発光させれば、盤面装飾板49や突出面部50が裏側から照明されることで、今まで可動体35で隠れていた部位で発光演出が行なわれ、遊技の興趣がより向上する。
ここで、検出不良等、何らかの原因によって前記可動体35が作動位置を越えて移動するようモータ36が作動しても、前記ストッパ53,53に回動アーム40,41上方から当接することで、可動体35の必要以上の下降は阻止され得る。すなわち、可動体35が意図しない位置まで下降することで、前記図柄表示装置14の表示部で行なわれている図柄変動ゲームの見せたい部分を隠してしまうのを防ぐことができる。
前記可動体35を作動位置で停止保持している状態で、前記モータ36が逆方向に回転駆動されると、前記第2の回動アーム41が逆方向に揺動し、可動体35は作動位置から待機位置に向けて移動する。この場合も、前記第1の回動アーム40は、可動体35の移動に追従して第2の回動アーム41と同一方向に揺動し、該可動体35は姿勢を維持した状態で移動する。前記作動ギア63に配設した検出片67が原位置検出手段66で検出されると(図12参照)、前記モータ36が停止制御され、このとき前記抜止め部材54,54の係止部54a,54aに回動アーム40,41が当接することで、該回動アーム40,41を回動規制して可動体35は待機位置に保持される。また、前記作動ギヤ63および前記レバー部材65は、引張りコイルバネ64,64によって、可動体35を待機位置に向けて移動する方向に回動アーム40,41を付勢しているから、可動体35は待機位置に確実に保持される。
前述したように、前記引張りコイルバネ64,64によって可動体35を上方の待機位置に向けて付勢する構成を採用することで、該可動体35を下方の作動位置から待機位置に向けて移動させる際にモータ36に掛かる負荷を軽減することができる。すなわち、大型の可動体35であっても小型のモータを採用することができ、コストおよび小スペース化を図り得る。なお、可動体35を待機位置から作動位置に向けて下降させる場合は、モータ36は引張りコイルバネ64,64の弾力に抗して可動体35を移動させることになるが、このときには可動体35の重さ自体が下降する方向に作用するから、モータ36に掛かる負荷が著しく大きくなることはない。
前述したように実施例の可動演出装置33では、前記装飾部材22の収容部22bにおいて前側から視認可能な盤面装飾板49や突出面部50の前側に可動体35および一対の回動アーム40,41を配設しているから、装飾部材22の裏側に回動アーム40,41を収容する空間を確保する必要はなく、図柄表示装置14における表示部の前側に必要となるスペースを小さくして、他の部品の配設位置の自由度を増すことができる。しかも、回動アーム40,41における露出部位を装飾部品55で装飾して、可動体35の待機位置および作動位置の何れの位置においても回動アーム40,41が直に視認されることがないようにしてあるので、回動アーム40,41を隠すための部材を装飾部材22や遊技盤12に配設する必要はない。更に、前記装飾部材22に回動アーム40,41を隠すための部分を確保する必要はないから、開口部22aを大きくして図柄表示装置14の大型化に対応し得る。更にまた、大型の可動体35を採用するのに伴って回動アーム40,41が大型化しても、該回動アーム40,41を隠すための広いスペースを必要とせず、大型の可動体35を装飾性を低下させることなく採用することができる。
前記可動体35の待機位置および作動位置において回動アーム40,41の露出部位を覆う装飾部品55は、前記盤面装飾板49の前側に配設されている固定装飾部品52と同種の形態としてあるから、可動体35の動きによって露出する部分の大きさが変化する装飾部品55と固定装飾部品52との違和感はなく、統一のとれた装飾効果が得られる。
次に、前記可動体35に配設した第1の照明装置37の作用につき説明する。
前記可動体35に配設されている前記第1の照明装置37の第1LED37bを発光させると、図7に示す如く、該光は前記透明部材38の非反射領域38dを透過して反射部材39の第1の反射面39aに至り、該第1の反射面39aで反射した光が、傾斜面38bから透明部材38に導入される。そして、透明部材38に導入された光は、該透明部材38の表面に沿って上方に進み、裏面および外周面に形成されている第2の反射面38cで反射されて、当該透明部材38における光を反射する処理を施していない前面から前方に射出され、前記カバー部材57の光透過部57aを裏側から照明する。
前記第1の照明装置37における第1基板37aは、図7に示す如く、該可動体35を構成するカバー部材57と平行に延在するように配設してあるから、カバー部材57の裏側に必要とされる第1基板37aの配設スペースを小さくすることができ、可動体35の薄型化を図り得る。また、第1の照明装置37では、第1LED37bから照射される光を、第1の反射面39aでカバー部材57と平行に延在する透明部材38に端面側から導入するようにしたから、該透明部材38内で光が全体に広がり、少ない第1LED37bによりカバー部材57の全体を照明することができる。すなわち、可動体35の薄型化を図ったもとで、カバー部材57の全体を少ない第1LED37bにより照明し得る。
前記第1の照明装置37では、光が導入される透明部材38自体に、第2の反射面38cを設けているから、該透明部材38に導入された光が、一旦外部に出てから再び入射した後に前面から射出される場合に比して、光を減衰することなく前面から射出することができ、カバー部材57における光透過部57aの全体を明るく照明することができる。また、第1LED37bの光を透明部材38に導入し、該透明部材38の広い面(前面)から射出しているから、第1LED37bからの光が光透過部57aで点光となって表われることはなく、演出効果が損なわれることはない。
実施例の可動演出装置33では、薄型化が可能な第1の照明装置37を備えた可動体35を採用すると共に、該可動体35を作動させる一対の回動アーム40,41を、装飾性を有する盤面装飾板49や突出面部50の前側に配設して構成したから、可動演出装置33の全体としての薄型化を図ることができる。従って、前記透明板18と前記前枠15のガラス板との間に必要な隙間を確保する必要のあるパチンコ機10において、発光演出を行ない得る可動演出装置33を、スペース効率よく配置することができる。
(変更例)
本願は前述した実施例の構成に限定されるものではなく、その他の構成を適宜に採用することができる。
(1) 実施例では、遊技盤を透明板と裏ユニットとから構成したが、合板からなる不透明な板体を遊技盤とし、該板体に開設した開口部に装飾部材を配設した構成を採用し得る。
(2) 実施例では、可動演出装置を装飾部材の上部側に設けたが、該可動演出装置の配設位置は、装飾部材の下部側あるいは左右の側部に設けてもよい。
(3) 実施例では、一対の回動アームを揺動させる作動機構の伝達手段として歯車機構を用いたが、モータからの動力を回動アームに伝達し得るものであれば、ベルト−プーリやラック−ピニオン等、その他の機構を採用し得る。
(4) 実施例では、一対の回動アームによって可動体を平行移動させる場合で説明したが、一本の回動アームによって可動体を待機位置と作動位置との間を移動させるよう構成することができる。
(5) 実施例では、ケース体の前面に別部材としての盤面装飾板を配設したが、該ケース体の前面の全体に直に盤面装飾部を設けてもよい。この場合に、盤面装飾部において複数の領域で異なる光拡散処理を施したり、異なる色彩を付与する構成を採用し得る。
(6) 実施例では、可動体に第1の照明装置を配設したが、第1の照明装置を透明板自体に配設したり、あるいは前枠や中枠等に配設してもよい。
(7) 実施例では、第1LEDからの光を反射する反射部材と透明部材とを別体としたが、透明部材に傾斜する第1の反射面を形成する構成を採用し得る。または、透明部材を省略して反射部材の第1の反射面で反射した光を、ベース部材の板状本体の前面や側壁の内面に形成した第2の反射面で反射して前方に照射するよう構成してもよい。この場合は、第2の反射面が形成されるベース部材も第1の照明装置を構成するものとなる。
(8) 実施例では、第1の照明装置の発光体としてLEDを採用したが、発光体はランプやその他の光源を使用可能である。
(9) 遊技機としては、パチンコ機に限られるものではなく、アレンジボール機やスロットマシン、あるいはパチンコ球を用いたスロットマシン等、その他各種の遊技機であってもよい。
本発明の好適な実施例に係るパチンコ機を示す正面図である。 実施例に係る遊技盤を示す正面図である。 実施例に係る遊技盤を透明板と裏ユニットとを分解した状態で示す側面図である。 実施例に係る可動演出装置の主に可動体を分解した状態で示す斜視図である。 実施例に係る可動演出装置の主にケース体および作動機構を分解した状態で示す斜視図である。 実施例に係る可動体を、カバー部材を取外した状態で示す正面図である。 実施例に係る可動体を、透明部材および反射部材を断面表示しない状態で示す縦断側面図である。 実施例に係る透明部材を前側から見た斜視図である。 実施例に係る透明部材を裏側から見た斜視図である。 実施例に係る反射部材を前側から見た斜視図である。 実施例に係る反射部材を裏側から見た斜視図である。 実施例に係る可動演出装置を、可動体を待機位置に保持した状態で示す斜視図である。 実施例に係る可動演出装置を、可動体を作動位置に保持した状態で示す斜視図である。 実施例に係る可動演出装置を、可動体を待機位置に保持した状態で示す正面図である。 実施例に係る可動演出装置を、可動体を作動位置に保持した状態で示す正面図である。 実施例に係る遊技盤を、可動演出装置の可動体を作動位置に保持した状態で示す要部正面図である。 実施例に係る裏ユニットの枠状本体を示す斜視図である。
符号の説明
33 可動演出装置
35 可動体
36 モータ(駆動手段)
37a 第1基板(基板)
37b 第1LED(発光体)
38 透明部材
38b 傾斜面
38c 第2の反射面
39 反射部材
39a 第1の反射面
43 側壁
43a 突起
45 位置決め部
45b 凹部
57 カバー部材
57a 光透過部
58 ベース部材
S 空間

Claims (6)

  1. 遊技機に設けられる照明装置であって、
    光透過部が形成されたカバー部材と、
    前記カバー部材の裏側に配設され、該カバー部材との間に空間を画成するベース部材と、
    前記空間に収容されて、前記光透過部を覆うようにカバー部材に沿って延在する板状の透明部材と、
    前記カバー部材の一端部側において裏側に離間して該カバー部材と平行な姿勢でベース部材に配設されて前記空間に臨み、前記透明部材に向けて光を照射する発光体が配設された基板と、
    前記カバー部材と基板との間の空間に収容され、前記発光体から照射されて前記透明部材に導入された光を、カバー部材の他端部側に向けて反射する第1の反射面が形成された反射部材と、
    前記透明部材における前記第1の反射面と対向する端面に形成され、該第1の反射面に沿う傾斜面と、
    前記第1の反射面で反射して前記傾斜面から透明部材に導入された光をカバー部材に向けて反射する第2の反射面とを備え
    前記反射部材の第1の反射面と透明部材の傾斜面とが当接した状態で、該反射部材および透明部材が前記カバー部材とベース部材とで挟持されて空間内に位置決め保持される
    ことを特徴とする遊技機の照明装置。
  2. 前記透明部材は、前記第1の反射面から光が導入される前記傾斜面を除く外周面および裏面に第2の反射面が形成される請求項記載の遊技機の照明装置。
  3. 前記空間を画成する前記ベース部材の側壁に設けられて該空間側に突出する突起と、
    前記反射部材に設けられて前記突起が嵌挿可能な凹部が形成された位置決め部とを備え、
    前記位置決め部の凹部に突起を嵌挿することで、ベース部材に対して反射部材が位置決めされる請求項1または2記載の遊技機の照明装置。
  4. 動作により演出を行なう可動演出装置を備えた遊技機において、
    前記可動演出装置は、
    駆動手段の駆動により待機位置と作動位置の間を往復移動可能な可動体を備え、
    前記可動体は、
    光透過部が形成されたカバー部材と、
    前記カバー部材の裏側に配設され、該カバー部材との間に空間を画成するベース部材と、
    前記空間に収容されて、前記光透過部を覆うようにカバー部材に沿って延在する板状の透明部材と、
    前記カバー部材の一端部側において裏側に離間して該カバー部材と平行な姿勢でベース部材に配設されて前記空間に臨み、前記透明部材に向けて光を照射する発光体が配設された基板と、
    前記カバー部材と基板との間の空間に収容され、前記発光体から照射されて前記透明部材に導入された光を、カバー部材の他端部側に向けて反射する第1の反射面が形成された反射部材と、
    前記透明部材における前記第1の反射面と対向する端面に形成され、該第1の反射面に沿う傾斜面と、
    前記第1の反射面で反射して前記傾斜面から透明部材に導入された光をカバー部材に向けて反射する第2の反射面とを備え
    前記反射部材の第1の反射面と透明部材の傾斜面とが当接した状態で、該反射部材および透明部材が前記カバー部材とベース部材とで挟持されて空間内に位置決め保持される
    ことを特徴とする遊技機。
  5. 前記透明部材は、前記第1の反射面から光が導入される前記傾斜面を除く外周面および裏面に第2の反射面が形成される請求項記載の遊技機。
  6. 前記空間を画成する前記ベース部材の側壁に設けられて該空間側に突出する突起と、
    前記反射部材に設けられて前記突起が嵌挿可能な凹部が形成された位置決め部とを備え、
    前記位置決め部の凹部に突起を嵌挿することで、ベース部材に対して反射部材が位置決めされる請求項4または5記載の遊技機。
JP2008296923A 2008-11-20 2008-11-20 遊技機の照明装置および遊技機 Active JP5280811B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008296923A JP5280811B2 (ja) 2008-11-20 2008-11-20 遊技機の照明装置および遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008296923A JP5280811B2 (ja) 2008-11-20 2008-11-20 遊技機の照明装置および遊技機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010119669A JP2010119669A (ja) 2010-06-03
JP5280811B2 true JP5280811B2 (ja) 2013-09-04

Family

ID=42321535

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008296923A Active JP5280811B2 (ja) 2008-11-20 2008-11-20 遊技機の照明装置および遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5280811B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2018029900A (ja) * 2016-08-26 2018-03-01 株式会社ニューギン 遊技機

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5477324B2 (ja) * 2011-04-04 2014-04-23 奥村遊機株式会社 遊技機の可動役物装置
JP6346683B2 (ja) * 2017-02-07 2018-06-20 株式会社三共 遊技機
JP6346682B2 (ja) * 2017-02-07 2018-06-20 株式会社三共 遊技機
JP6346680B2 (ja) * 2017-02-07 2018-06-20 株式会社三共 遊技機
JP6346681B2 (ja) * 2017-02-07 2018-06-20 株式会社三共 遊技機

Family Cites Families (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS63101990U (ja) * 1986-12-24 1988-07-02
JP2004121810A (ja) * 2002-07-31 2004-04-22 Nitto Island Key Kk パチンコ機の入賞口の発光化粧体
JP2004236699A (ja) * 2003-02-03 2004-08-26 Aruze Corp 弾球遊技機
JP4470200B2 (ja) * 2003-10-06 2010-06-02 株式会社ニューギン 遊技機
JP4702736B2 (ja) * 2005-02-18 2011-06-15 サミー株式会社 遊技機
JP4650165B2 (ja) * 2005-08-26 2011-03-16 オムロン株式会社 装飾装置及び遊技機
JP2007258089A (ja) * 2006-03-24 2007-10-04 Toshiba Lighting & Technology Corp 光源装置及び表示装置
JP2007319261A (ja) * 2006-05-30 2007-12-13 Okumura Yu-Ki Co Ltd 遊技機用発光装置
JP4827059B2 (ja) * 2007-02-19 2011-11-30 サミー株式会社 遊技機
JP5092529B2 (ja) * 2007-05-02 2012-12-05 奥村遊機株式会社 遊技機の補助演出装置

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2018029900A (ja) * 2016-08-26 2018-03-01 株式会社ニューギン 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP2010119669A (ja) 2010-06-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5280810B2 (ja) 遊技機
JP5368065B2 (ja) 遊技機
JP5284056B2 (ja) 遊技機
JP5457752B2 (ja) 遊技機
JP5280811B2 (ja) 遊技機の照明装置および遊技機
JP5266159B2 (ja) 遊技機
JP6099242B2 (ja) 操作ボタンユニット
JP5213480B2 (ja) 遊技機
JP5498764B2 (ja) 遊技機
JP5498763B2 (ja) 遊技機
JP5368066B2 (ja) 遊技機
JP5368064B2 (ja) 遊技機
JP2007222351A (ja) 弾球遊技機
JP5588719B2 (ja) 遊技機
JP5550178B2 (ja) 遊技機
JP5427004B2 (ja) 遊技機
JP5378096B2 (ja) 遊技機
JP5457751B2 (ja) 遊技機
JP5848155B2 (ja) 可動役物装置
JP2017164402A (ja) 遊技機
JP6147526B2 (ja) 遊技機
JP5280809B2 (ja) 遊技機
JP5334811B2 (ja) 遊技機
JP5327627B2 (ja) 遊技機
JP5538595B2 (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20111028

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130122

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130123

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130308

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130507

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130523

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Ref document number: 5280811

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250