JP5149448B1 - ドレーンパイプの埋設工法 - Google Patents

ドレーンパイプの埋設工法 Download PDF

Info

Publication number
JP5149448B1
JP5149448B1 JP2012095571A JP2012095571A JP5149448B1 JP 5149448 B1 JP5149448 B1 JP 5149448B1 JP 2012095571 A JP2012095571 A JP 2012095571A JP 2012095571 A JP2012095571 A JP 2012095571A JP 5149448 B1 JP5149448 B1 JP 5149448B1
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ground
casing
drain pipe
rod
cone
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2012095571A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2013221378A (ja
Inventor
正明 中野
弘昌 高橋
Original Assignee
機動建設工業株式会社
弘昌 高橋
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 機動建設工業株式会社, 弘昌 高橋 filed Critical 機動建設工業株式会社
Priority to JP2012095571A priority Critical patent/JP5149448B1/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5149448B1 publication Critical patent/JP5149448B1/ja
Publication of JP2013221378A publication Critical patent/JP2013221378A/ja
Active legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】ドレーンパイプの埋設工法について、埋設作業時にドレーンパイプが地盤に直接接触しないようにする。
【解決手段】管状のケーシング2の内部にロッド3を挿通させ、先端に地盤圧入用のコーン4を配置してなる地盤埋設機を準備する。コーン4を地盤に接触させつつロッド3に強制振動を与え、振動をケーシング2等を介して地盤に伝えることで、周囲の地盤を流動化させる。ロッド3に衝撃力を繰り返し与え、流動化した地盤をコーン4が押し広げることで地盤内に進入させてゆき、ケーシング2を地盤に埋設する。ケーシング2の内部に注水をおこない、ロッド3等を引き抜く。ケーシング2の内部にドレーンパイプ6を挿通させ、ケーシング2をドレーンパイプ6を地盤内に残して地盤の外へ引き抜く。ケーシング2が介在することで、ドレーンパイプ6と地盤とが直接接触しないため、ドレーンパイプ6の土砂による目詰まり等が防止される。
【選択図】図2

Description

本発明は、地震等により地盤内に発生する水(過剰間隙水圧)を地盤外に排出するためのドレーンパイプを、その地盤に埋設するための工法に関する。
地盤にドレーンパイプを埋設するための工法として、特許文献1に記載の工法が知られているが、この工法は次のような工程を経る。
あらかじめ、ドレーンパイプ内に管状の穿孔装置を挿通し、ドレーンパイプおよび穿孔装置の先端にビットを配置しておく。
つぎに、そのビットを地盤に接触させた状態で穿孔装置を付属する振動機構により強制振動させ、その振動をビットやドレーンパイプを介して地盤に伝えて、地盤を流動化させる。
同時に、穿孔装置に付属する打撃機構により先端へと向う衝撃力を繰り返し与えることで、ドレーンパイプおよび穿孔装置をビットを先頭にして地盤内に進入(貫入)させる。
これにより、ドレーンパイプは地盤内に埋設される。埋設されたドレーンパイプの中から、穿孔装置およびビットを地盤の外に引き抜いて作業は完了する。
特許文献1の工法は、簡単な装置でドレーンパイプを地盤に埋設できる利点を有する一方で、次のような欠点を有する。
まずドレーンパイプの周面(フィルタ)は、合成樹脂発泡体、合成樹脂不織布などの多孔質材料から形成されており、その孔等を通じて地盤内の水(過剰間隙水圧)を内部に導入し、地盤外に排出するものであるが、上記のように埋設工程において地盤とドレーンパイプの周面が直接接触していると、土砂がドレーンパイプの孔に入り込んで目詰まりが発生しやすい問題がある。
このようにドレーンパイプに目詰まりが発生すると、地盤内の水の排出性能が不充分となってしまう。
また、ドレーンパイプの周面の材質上、摩擦抵抗が大きいため、これが地盤と直接接触した状態で地盤内に進入させてゆくには大きな力を要し、その埋設の深さに自ずと限界が生じる問題がある。
ドレーンパイプの埋設深さが浅いと、地盤内の比較的深い位置に発生した水をスムーズに排出することはできない。
また摩擦抵抗が大きいものを無理に埋設させる場合には、使用する機械の消費電力等が大きくなってコストも嵩む。
以上の欠点はいずれも、ドレーンパイプの埋設作業を、地盤と直接接触しないようにすることができれば、解消するものである。
特許第3940764号公報
そこで本発明の解決すべき課題は、ドレーンパイプの埋設工法について、埋設作業時にドレーンパイプが地盤に直接接触しないようにすることである。
上記した課題を解決するため、本発明のドレーンパイプの埋設工法を以下の工程を含むものとして構成したのである。
すなわち、まず管状のケーシングの内部にロッドを挿通させてなる地盤埋設機を準備する。
つぎに、地盤埋設機を地盤に接触させつつそのロッドに強制振動を与え、その振動をケーシングを介して地盤へと伝えることで、前記ケーシング周囲の地盤を流動化させる。
同時に、地盤埋設機のロッドに先端へと向う衝撃力を繰り返し与えることで、流動化した地盤内に地盤埋設機を進入させてゆき、ケーシングを地盤に埋設する。
さらに、地盤に埋設されたケーシングの中から、前記ロッドを地盤の外へと引き抜く。
そして、ロッドが引き抜かれた前記ケーシングの内部にドレーンパイプを挿通させる。
最後に、内部に前記ドレーンパイプが挿通されたケーシングを、そのドレーンパイプを地盤内に残して地盤の外へと引き抜く。
あるいは、まず管状のケーシングの内部にロッドを挿通させ、ケーシングおよびロッドの先端に地盤圧入用のコーンを配置してなる地盤埋設機を準備する。
なおここでいうコーンとは、ほぼ圧入機能のみを有するものであって、ビットのような掘削機能を有するものは含まれない。
つぎに、地盤埋設機のコーンを地盤に接触させつつそのロッドに強制振動を与え、その振動をケーシングおよびコーンを介して地盤へと伝えることで、ケーシングおよびコーンの周囲の地盤を流動化させる。
同時に、地盤埋設機のロッドに先端へと向う衝撃力を繰り返し与え、流動化した地盤をコーンが押し広げることで地盤埋設機を地盤内に進入させてゆき、ケーシングを地盤に埋設する。
さらに、地盤に埋設されたケーシングの中から、ロッドおよびロッドの先端に配置されたコーンを地盤の外へと引き抜く。
そして、ロッドおよびロッドの先端に配置されていたコーンが引き抜かれたケーシングの内部に、ドレーンパイプを挿通させる。
最後に、内部にドレーンパイプが挿通されたケーシングを、そのドレーンパイプを地盤内に残して地盤の外へと引き抜く。
本発明のドレーンパイプの埋設方法では、ケーシングを地盤に埋設する工程と、ロッドを地盤の外へと引き抜く工程の間に、地盤に埋設されたケーシングの内部に注水をおこなう工程をさらに含むのが好ましい。
本発明のドレーンパイプの埋設工法では、ケーシングの内部に前記ドレーンパイプを挿通させる工程において、ドレーンパイプの先端にビットが配置されているのが好ましい。
また本発明のドレーンパイプの埋設工法では、ケーシングおよびロッドは、それぞれ複数のケーシング単体およびロッド単体へと軸方向に分割されており、地盤埋設機を流動化した地盤内に進入させる工程において、ケーシングおよびロッドの全長が地盤への進入深さに対応するように、ケーシング単体およびロッド単体を随時連結させながらおこなわれるのが好ましい。
本発明のドレーンパイプの埋設工法を以上のように構成したので、ドレーンパイプの埋設時にドレーンパイプと地盤の間にケーシングが介在することで、ドレーンパイプと地盤とが直接接触することが防止される。
したがって、埋設作業時にドレーンパイプの周面に土砂が詰まったり、ドレーンパイプの摩擦抵抗により埋設深さが制限されたりするようなことがない。
ケーシングの埋設作業の際に、内部にロッドが挿通されているため、ケーシングの底部(先端)から土砂等が流入することが防止されている。
ロッドおよびケーシングの先端にコーンを配置した場合には、流動化した地盤をそのコーンが押し広げて地盤埋設機を地盤内に進入させてゆくため、ビット等を用いる場合と異なり、排土がほとんど発生せず、またその排土がケーシング内に入り込むこともない。
ケーシング内に水が満たされることにより、ケーシングを引き抜いた場合でも、ドレーンパイプと地盤の間に水の層が形成されてこれらが直接接触しないようになっているため、ドレーンパイプの土砂による目詰まりが一層防止されている。
ケーシング内に水が満たされるため、ケーシングの底部から被圧水や土砂が流入することが一層防止されている。
ドレーンパイプの先端にビットが配置されていると、ケーシング内にわずかに土砂等が流入している場合においてもこれを排除できるため、ドレーンパイプの挿通作業を一層スムーズにおこなうことができる。
ケーシングおよびロッドが、それぞれ複数のケーシング単体およびロッド単体へと軸方向に分割されていると、ケーシングおよびロッドの地盤への進入深さに応じてケーシング単体およびロッド単体を随時連結してゆくことで、ケーシングの埋設作業をスムーズにおこなうことができる。
(a)は地盤にドレーンパイプを埋設した状態を示す概略図、(b)は地盤にドレーンパイプを埋設していない状態を示す概略図 実施形態のドレーンパイプの埋設工法の概略図 (a)は地盤埋設機の要部拡大部分縦断面図、(b)はドレーンパイプの要部拡大部分縦断面図
以下、図面を参照しつつ本発明の実施形態について説明する。
実施形態の工法は、図1(a)のように、地震等により発生する水(過剰間隙水圧)を消散帯1に排出させるためのドレーンパイプ6を地盤に埋設する工法である。
図1(b)のように、地盤にドレーンパイプ6を埋設していない場合には、地盤が地震等により発生した水で液状化し、マンホールMの浮き上がり、自動車Cが通行する道路Rの路面の陥没、家屋Hの沈下などを招いてしまうため、実施形態の工法が必要となる。
図2(a)〜(j)のように、実施形態の埋設方法は複数の工程を経る。
まず図2(a)のように、地盤内の地表近くに、地震等により発生した水(過剰間隙水圧)を消散させるための消散帯1を設置する。
この消散帯1は、従来と同様に砕石を敷き詰める等の方法により作製される。
ついで図2(b)のように、地盤内に、消散帯1を貫通するようにして管状のケーシング単体2aと、ケーシング単体2a内に挿入されるロッド単体3aを進入させる。
またケーシング単体2aおよびロッド単体3aの先端には、図3(a)のように、コーン4が取り付けられている。
このコーン4は、地盤に圧入することが可能なものであるが、ビットのように掘進することはできないものである。
ロッド単体3aには、図示省略の振動機構が付属しており、強制振動を付与することが可能となっている。
またロッド単体3aには、図示省略の打撃機構も付属しており、後端から先端へと向う軸方向への衝撃力を付与することが可能となっている。
ケーシング単体2aおよびロッド単体3aは、それぞれ鋼等の比較的強度の高い素材からなり、その長さ寸法がほぼ等しく形成されている。
ケーシング単体2aおよびロッド単体3aは、他のケーシング単体2aおよびロッド単体3aと軸方向に連結したり、その連結した状態から取り外したりすることが、公知の機構により自在にできるようになっている。
図3(a)では、そのような機構の一例として、ロッド単体3aの端部に形成されたねじ部3bによるねじ結合を示している。
このようにして、ケーシング単体2aおよびロッド単体3aが軸方向に順次連結されたものが、それぞれケーシング2およびロッド3を構成する。
また、ケーシング2、ロッド3、ロッド3に付属する振動機構および打撃機構、ならびにコーン4が地盤埋設機を構成する。
ケーシング単体2aおよびロッド単体3aを地盤内に進入させる際には、まずコーン4を地盤に接触させた状態でロッド単体3aを振動機構により強制振動させる。
この振動は、コーン4やケーシング単体2aを介して地盤に伝達し、コーン4やケーシング単体2aの周囲の地盤はその振動により強度を失って流動化する。
これと同時に、ロッド単体3aに打撃機構により先端へと向う衝撃力を繰り返し与える。これにより流動化された地盤をコーン4が押し広げてゆき、コーン4に後続するロッド単体3aおよびケーシング単体2aも随伴して地盤内に進入してゆく。
ここでコーン4は単に地盤を押し広げるに過ぎず、地盤を掘削等するものではないため、この進入作業時に排土はほとんど生じないようになっている。
また、ケーシング単体2aの内部にはロッド単体3aが挿入されているため、ケーシング単体2a内に土砂等はほとんど流入しないようになっている。
ケーシング単体2aおよびロッド単体3aがほぼその長さ分だけ地盤に侵入すると、その後部に別のケーシング単体2aおよびロッド単体3aをそれぞれ連結する。
そして先ほどと同様に、振動と衝撃力を随時付与することでコーン4が地盤のさらに深い箇所を押し広げて、後続の連結されたケーシング単体2aおよび連結されたロッド単体3aが地盤内へと進入してゆく。
図2(c)のように、地盤内への進入深さに応じて、ケーシング単体2aおよびロッド単体3aを順次連結してゆき、振動と衝撃力の付与を繰り返すことで、ケーシング2およびロッド3の地盤内への進入にともなう埋設作業が完了する。
図2(d)のように、ケーシング2およびロッド3の地盤内への進入作業が完了すると、つぎにケーシング2の内部に、ホース5等の公知の手段を適宜用いて水を投入する。
この注水作業は、ケーシング2内の空間が、地表近くまで水で満たされるようにおこなわれる。
こうしてケーシング2内の空間全体を水で満たすことにより、ケーシング2の底部(先端)から被圧水や土砂が流入することが防止されるようになっている。
注水作業が完了すると、つぎに図2(e)のように、ケーシング2内からロッド3を引き抜いて地盤の外へと取り出す。ロッド3の先端に取り付けられたコーン4も、ロッド3に随伴して同時に取り出される。
この引き抜き作業の際には、ロッド3全体から地表に現れたロッド単体3aを順次取り外してゆくことで、作業の円滑化が図られる。
ロッド3の引き抜き作業が完了すると、つぎに図2(f)のように、水が満たされたケーシング2内の空間にドレーンパイプ6を挿入してゆく。
ここで、ドレーンパイプ6としては、その周面(フィルタ)が合成樹脂発泡体や不織布などで構成されている公知のものが用いられており、その後端は図示省略のキャップが取り付けられて栓がなされている。
またドレーンパイプ6の先端には、図3(b)のように、掘進可能なビット7が取り付けられている。
そのため、ケーシング2内に土砂等がわずかに流入している場合でも、ビット7の掘進によりドレーンパイプ6の挿入がスムーズにおこなわれるようになっている。
このドレーンパイプ6の挿入作業時には、ドレーンパイプ6の周面と地盤との間がケーシング2により隔てられていることになる。
そのため、ドレーンパイプ6の周面に土砂が付着して目詰まりを起こしたり、その周面が地盤に接触することで、摩擦抵抗により埋設深さが制限されたり、また同じく摩擦抵抗により作業に大きな力を要したりすることが防止されている。
図2(g)のように、ドレーンパイプ6の挿入作業が完了すると、ビット7が取り付けられたその先端がケーシング2の先端と合致し、キャップが取り付けられたその後端が消散帯1の内部に位置することになる。
つぎに図2(h)および(i)のように、ドレーンパイプ6を残してケーシング2のみを地盤から引き抜く。
この引き抜き作業の際には、図2(i)のように、ケーシング2全体から地表に現れたケーシング単体2aを順次取り外してゆくことで、作業の円滑化が図られる。
ケーシング2を引き抜いてゆくと、ドレーンパイプ6が地盤内において露出するが、ドレーンパイプ6と地盤は直接接触することはない。その間に、ケーシング2内に満たされていた水により形成される水の層が介在しているからである。
したがって、ケーシング2を引き抜いた場合でも、ドレーンパイプ6の周面に土砂が入り込むなどして目詰まりが発生することが防止される。
ケーシング2をすべて地盤から引き抜くことで作業が終了し、図2(j)のようにドレーンパイプ6が地盤に埋設される。同図のように、消散帯1より上方にケーシング2等の進入時に微少な孔が形成されている場合には、その孔を埋め戻しておく。
ドレーンパイプ6は以上のようにして地盤に埋設され、地震等により地盤内に水(過剰間隙水圧)が発生した場合には、その水はドレーンパイプ6を通じて地表近くの消散帯1にまで導かれ、消散されるため、地盤の液状化が防止される。
今回開示された実施形態はすべての点で例示であって制限的なものではないと考慮されるべきである。
本発明の範囲は特許請求の範囲によって示され、特許請求の範囲と均等の意味および範囲内でのすべての修正と変形を含むものであることが意図される。
1 消散帯
2 ケーシング
2a ケーシング単体
3 ロッド
3a ロッド単体
3b ねじ部
4 コーン
5 ホース
6 ドレーンパイプ
7 ビット
M マンホール
C 自動車
R 道路
H 家屋

Claims (4)

  1. 地盤内に発生する水(過剰間隙水圧)を排出するためのドレーンパイプを、その地盤に埋設するための工法であって、
    管状のケーシングの内部にロッドを挿通させ、前記ケーシングおよびロッドの先端に地盤圧入用のコーンを配置してなる地盤埋設機を準備する工程と、
    前記地盤埋設機のコーンを地盤に接触させつつそのロッドに強制振動を与え、その振動をケーシングおよびコーンを介して地盤へと伝えることで、前記ケーシングおよびコーンの周囲の地盤を流動化させる工程と、
    同時に前記地盤埋設機のロッドに先端へと向う衝撃力を繰り返し与え、前記流動化した地盤を前記コーンが押し広げることで前記地盤埋設機を地盤内に進入させてゆき、前記ケーシングを地盤に埋設する工程と、
    前記地盤に埋設されたケーシングの中から、前記ロッドおよび前記ロッドの先端に配置されたコーンを地盤の外へと引き抜く工程と、
    前記ロッドおよび前記ロッドの先端に配置されていたコーンが引き抜かれた前記ケーシングの内部にドレーンパイプを挿通させる工程と、
    内部に前記ドレーンパイプが挿通された前記ケーシングを、前記ドレーンパイプを地盤内に残して地盤の外へと引き抜く工程と、を含むドレーンパイプの埋設工法。
  2. 前記ケーシングを地盤に埋設する工程と、前記ロッドを地盤の外へと引き抜く工程の間に、
    地盤に埋設された前記ケーシングの内部に注水をおこなう工程をさらに含む請求項1に記載のドレーンパイプの埋設工法。
  3. 前記ケーシングの内部にドレーンパイプを挿通させる工程において、ドレーンパイプの先端にビットが配置されている請求項1または2に記載のドレーンパイプの埋設工法。
  4. 前記ケーシングおよびロッドは、それぞれ複数のケーシング単体およびロッド単体へと軸方向に分割されており、
    前記地盤埋設機を流動化した前記地盤内に進入させる工程は、前記ケーシングおよびロッドの全長が地盤への進入深さに対応するように、ケーシング単体およびロッド単体を随時連結させながらおこなわれる請求項1から3のいずれかに記載のドレーンパイプの埋設工法。
JP2012095571A 2012-04-19 2012-04-19 ドレーンパイプの埋設工法 Active JP5149448B1 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012095571A JP5149448B1 (ja) 2012-04-19 2012-04-19 ドレーンパイプの埋設工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012095571A JP5149448B1 (ja) 2012-04-19 2012-04-19 ドレーンパイプの埋設工法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP5149448B1 true JP5149448B1 (ja) 2013-02-20
JP2013221378A JP2013221378A (ja) 2013-10-28

Family

ID=47890574

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012095571A Active JP5149448B1 (ja) 2012-04-19 2012-04-19 ドレーンパイプの埋設工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5149448B1 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014114616A (ja) * 2012-12-11 2014-06-26 Kidoh Construction Co Ltd ドレーンパイプ埋設用ケーシングの圧入装置及びこの装置を使用したドレーンパイプの施工方法

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH07166785A (ja) * 1993-10-08 1995-06-27 Mitsubishi Materials Corp 穿孔工法
JP2004052335A (ja) * 2002-07-19 2004-02-19 Nishimatsu Constr Co Ltd ドレーン打設工法
JP2006214241A (ja) * 2005-02-07 2006-08-17 弘昌 ▲たか▼橋 ドレーンパイプ埋設工法及び建築物等の傾斜,沈下又は浮上防止構造

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH07166785A (ja) * 1993-10-08 1995-06-27 Mitsubishi Materials Corp 穿孔工法
JP2004052335A (ja) * 2002-07-19 2004-02-19 Nishimatsu Constr Co Ltd ドレーン打設工法
JP2006214241A (ja) * 2005-02-07 2006-08-17 弘昌 ▲たか▼橋 ドレーンパイプ埋設工法及び建築物等の傾斜,沈下又は浮上防止構造

Also Published As

Publication number Publication date
JP2013221378A (ja) 2013-10-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN101163848A (zh) 地热回路安装方法
KR100543727B1 (ko) 암반 이중굴착을 통한 지반천공 공법
JP2004522019A (ja) 孔を開けてその孔に支持体を固定する方法および装置
KR100880690B1 (ko) 그라운드 앵커 및 이를 이용한 앵커공법
KR101051965B1 (ko) 지하연속벽 시공용 패널 조인트 및 이를 이용한 지하연속벽 시공방법
CN107060774B (zh) 一种防隧道洞口围岩坍塌装置及施工方法
US2288210A (en) Core taking projectile
JP2010236323A (ja) 現場造成による基礎杭構造及び基礎杭の構築方法
JP3201413B2 (ja) 注入管と地盤アンカーを設置する方法
KR100514303B1 (ko) 터널 굴착 공법
KR100576053B1 (ko) 패커식 쏘일 네일체 및 시공방법
CN106168027A (zh) 振动锤设备和采用该振动锤设备的振压式桩体施工方法
US9188368B2 (en) Geothermal flexible conduit loop single pass installation system for dense soils and rock
KR100557010B1 (ko) 이중 주입관이 구비된 어스앙카체 및 이를 이용한어스앙카체 시공방법
JP4097671B2 (ja) 地盤注入工法
JP4696556B2 (ja) 地山補強土工法及び地山補強土構造
KR20060054711A (ko) 인너튜브와 콘크리트 오름방지장치를 사용한 현장타설콘크리트말뚝 및 이의 시공방법
CN106437798B (zh) 一种穿过盾构掘进断面的锚索群的预处理方法
JP2014031914A (ja) 地中熱の熱交換パイプの埋設方法、埋設用の推進具
JP2018193686A (ja) 支持杭の施工方法
JP6093453B2 (ja) 地盤改良工法
KR20110041391A (ko) 기초 공사용 지지력 보강 파일 구조체 형성 방법 및 이에 사용되는 파일 구조체
KR100718942B1 (ko) 연약지반 강관 압입용 터널굴착기 및 굴착시공 방법
JP4282022B2 (ja) ドレーンパイプ埋設工法及び建築物等の傾斜,沈下又は浮上防止構造
JP4036303B2 (ja) 地盤注入工法

Legal Events

Date Code Title Description
TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20121113

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20121129

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5149448

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20151207

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250