JP5023772B2 - センサ付き車輪支持用軸受ユニット - Google Patents

センサ付き車輪支持用軸受ユニット Download PDF

Info

Publication number
JP5023772B2
JP5023772B2 JP2007098515A JP2007098515A JP5023772B2 JP 5023772 B2 JP5023772 B2 JP 5023772B2 JP 2007098515 A JP2007098515 A JP 2007098515A JP 2007098515 A JP2007098515 A JP 2007098515A JP 5023772 B2 JP5023772 B2 JP 5023772B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sensor
wheel
raceway
peripheral surface
case
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2007098515A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2008256079A (ja
Inventor
久之 林
剛康 金子
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
NSK Ltd
Original Assignee
NSK Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by NSK Ltd filed Critical NSK Ltd
Priority to JP2007098515A priority Critical patent/JP5023772B2/ja
Publication of JP2008256079A publication Critical patent/JP2008256079A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5023772B2 publication Critical patent/JP5023772B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C41/00Other accessories, e.g. devices integrated in the bearing not relating to the bearing function as such
    • F16C41/007Encoders, e.g. parts with a plurality of alternating magnetic poles
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C33/00Parts of bearings; Special methods for making bearings or parts thereof
    • F16C33/72Sealings
    • F16C33/76Sealings of ball or roller bearings
    • F16C33/78Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members
    • F16C33/7896Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members with two or more discrete sealings arranged in series
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C33/00Parts of bearings; Special methods for making bearings or parts thereof
    • F16C33/72Sealings
    • F16C33/76Sealings of ball or roller bearings
    • F16C33/80Labyrinth sealings
    • F16C33/805Labyrinth sealings in addition to other sealings, e.g. dirt guards to protect sealings with sealing lips
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C19/00Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement
    • F16C19/02Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows
    • F16C19/14Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load
    • F16C19/18Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls
    • F16C19/181Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact
    • F16C19/183Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact with two rows at opposite angles
    • F16C19/184Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact with two rows at opposite angles in O-arrangement
    • F16C19/186Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact with two rows at opposite angles in O-arrangement with three raceways provided integrally on parts other than race rings, e.g. third generation hubs
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C2326/00Articles relating to transporting
    • F16C2326/01Parts of vehicles in general
    • F16C2326/02Wheel hubs or castors
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C33/00Parts of bearings; Special methods for making bearings or parts thereof
    • F16C33/72Sealings
    • F16C33/76Sealings of ball or roller bearings
    • F16C33/78Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members
    • F16C33/7869Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members mounted with a cylindrical portion to the inner surface of the outer race and having a radial portion extending inward
    • F16C33/7879Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members mounted with a cylindrical portion to the inner surface of the outer race and having a radial portion extending inward with a further sealing ring
    • F16C33/7883Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members mounted with a cylindrical portion to the inner surface of the outer race and having a radial portion extending inward with a further sealing ring mounted to the inner race and of generally L-shape, the two sealing rings defining a sealing with box-shaped cross-section

Description

本発明は、センサ付き車輪支持用軸受ユニットに関し、特に、自動車等の車輪を懸架装置に対して回転自在に支持するための車輪支持用軸受ユニットにおいて、車輪の回転速度を検出するセンサを備えたセンサ付き車輪支持用軸受ユニットに関する。
近年、自動車の安全性を向上する技術として、制動時に車輪がロックしないように制御するアンチロックブレーキシステム(ABS)や発進時に車輪がスリップしないように制御するトラクションコントロールシステムが採用されている。これらのシステムでは、車輪のロックあるいはスリップを制御するために、車輪の回転速度を正確に計測する回転センサが設けられている。駆動輪を支持する車輪支持用軸受ユニットに回転センサを取り付ける構造としては、従来、種々のものが考案されている(例えば、特許文献1及び2参照。)。
また、特許文献1に記載の車輪支持用軸受ユニット100では、図4に示すように、シール部材111とスリンガ112とを組み合わせたシール装置110が、外方部材101のインボード側端部(自動車への組み付け状態で車幅方向内側の端部)に圧入固定された支持環体103と、外方部材101よりさらに軸方向外方に延びる内方部材102との間に装着され、回転センサ120は、軸方向において外方部材101と密封装置110との間に配置される。回転センサ120は、内方部材102の外周面に直接取り付けられるエンコーダ121と、支持環体103に取り付けられるセンサ122と、を備えている。支持環体103には、センサポケット104及び係合孔105が形成され、センサ122は、センサポケット104内に挿入され、センサ122に設けられた凸部123を係合孔105に係合させることで固定される。
特許文献2に記載の車輪支持用軸受ユニット100aでは、図5に示すように、シール装置110が外方部材101と内方部材102との間のインボード側端部に装着され、回転センサ120は密封装置110の軸方向外方に配置される。回転センサ120のエンコーダ121は、スリンガ112の側面に取り付けられ、センサ122は、外方部材101に圧入固定される支持環体103のセンサポケット104内に挿入され、センサ122に設けられた凸部123を係合孔105に係合させることで支持環体103に固定されている。また、支持環体103の内径側の鍔部106には、回転軸130の外周面と接触するゴムリップ124が接着されており、センサ本体部125とエンコーダ121が収容される空間をシールしている。
特開2000−225931号公報(第3図) 特開2000−221202号公報(第12図)
ところで、上述した様に、回転センサは、駆動輪を支持する軸受ユニットのインボード側端部に取り付けられているので、等速ジョイントによって巻き上げられる泥水に晒され、泥水や塵埃による損傷を受けやすい。特に、センサ表面とセンサロータまたはエンコーダの間に小石等が挟まった場合には、センサ表面を傷付け摩耗させ、センサを破壊したり、エンコーダの表面を摩耗させ、磁束信号を弱めたりする。
特許文献1及び2に記載の車輪支持用軸受ユニット100,100aでは、センサ122を密封空間内に配置する工夫が考案されているが、構造が複雑であると共に、センサ122とセンサポケット104との間の防水が新たに必要になる等の問題がある。また、センサ122が配置された密封空間内に泥水が浸入した場合には、密封空間内が水溜りとなってしまい、センサ122の検出精度に悪影響を及ぼす可能性がある。
本発明はこのような不都合を解消するためになされたものであり、その目的は、比較的構造が簡単で、防水、防塵性に優れた駆動輪を支持するセンサ付き車輪支持用軸受ユニットを提供することにある。
本発明の上記目的は、下記構成によって達成される。
(1) 内周面に第1及び第2外側軌道面を有する外方部材と、
軸方向一端寄り部分に車輪を支持する為の車輪取付フランジを有し、外周面に第1内側軌道面を有するハブ輪と、該ハブ輪に形成された小径段部に外嵌され、外周面に第2内側軌道面を有する内輪と、を備え、前記内輪から突出する前記ハブ輪の端部が加締められて前記内輪が前記ハブ輪に結合固定される内方部材と、
前記第1外側軌道輪と前記第1内側軌道輪との間、及び前記第2外側軌道輪と前記第2内側軌道面との間に転動自在に複列配置される複数の転動体と、
前記複数の転動体が配置される、前記内方部材及び前記外方部材との間の環状空間を密封するシール装置と、
該シール装置に対して前記環状空間の軸方向外側に配置され、前記内方部材の回転を検出するセンサと、
を備える駆動輪用のセンサ付き車輪支持用軸受ユニットであって、
前記センサは、
前記外方部材の端部外周面に装着される筒状部と、該筒状部から径方向内方に延出する内向きフランジ部とを有する金属製のケースと、
前記筒状部の径方向内側及び前記内向きフランジ部の軸方向内側で該ケースに取り付けられ、検出部が埋設される樹脂製の保持部と、
前記内輪の外周面に外嵌され、前記検出部と所定のエアギャップを介して径方向に対向配置される円環部と、該円環部から径方向外方に延出する外向きフランジ部とを有する断面L字形のエンコーダと、
を備え、
前記ケースの内向きフランジ部と前記エンコーダの外向きフランジ部は、前記エアギャップより狭い隙間のラビリンスを形成し、
前記ケースの筒状部、及び前記保持部の前記外方部材との突合せ面には、最大寸法が前記エアギャップ以下の水抜き通路が形成されることを特徴とするセンサ付き車輪支持用軸受ユニット。
(2) 内周面に第1及び第2外側軌道面を有する外方部材と、
軸方向一端寄り部分に車輪を支持する為の車輪取付フランジを有し、外周面に第1内側軌道面を有するハブ輪と、該ハブ輪に形成された小径段部に外嵌され、外周面に第2内側軌道面を有する内輪と、を備える内方部材と、
前記第1外側軌道輪と前記第1内側軌道輪との間、及び前記第2外側軌道輪と前記第2内側軌道面との間に転動自在に複列配置される複数の転動体と、
前記複数の転動体が配置される、前記内方部材及び前記外方部材との間の環状空間を密封するシール装置と、
該シール装置に対して前記環状空間の軸方向外側に配置され、前記内方部材の回転を検出するセンサと、
を備えるセンサ付き車輪支持用軸受ユニットであって、
前記センサは、
前記外方部材の端部外周面に装着される筒状部と、該筒状部から径方向内方に延出する内向きフランジ部とを有する金属製のケースと、
前記筒状部の径方向内側及び前記内向きフランジ部の軸方向内側で該ケースに取り付けられ、検出部が埋設される樹脂製の保持部と、
前記内方部材と共に回転し、前記検出部と所定のエアギャップを介して対向配置されるエンコーダと、
を備え、
前記保持部には、前記ケースの内向きフランジ部よりも径方向内向きに延出する環状のシールド板が一体成形され、
前記シールド板の内周面は、前記内方部材と摺接、又は、前記内方部材と前記エアギャップより狭い隙間のラビリンスを形成し、
前記ケースの筒状部、及び前記保持部の前記外方部材との突合せ面には、最大寸法が前記エアギャップ以下の水抜き通路が形成されることを特徴とするセンサ付き車輪支持用軸受ユニット。
本発明のセンサ付き車輪支持用軸受ユニットによれば、センサは、金属製のケースと、樹脂製の保持部と、断面L字形のエンコーダと、を備え、保持部は、筒状部の径方向内側及び内向きフランジ部の軸方向内側でケースに取り付けられるので、従来構造のようなセンサを取り付ける際の新たな防水構造も必要なく、比較的簡単な構造となる。また、ケースの内向きフランジ部とエンコーダの外向きフランジ部が、エアギャップより狭い隙間のラビリンスを形成することで、シール装置に対して環状空間の軸方向外側に配置されるセンサの防水、防塵性を向上することができる。さらに、ケースの筒状部、及び保持部の外方部材との突合せ面には、最大寸法がエアギャップ以下の水抜き通路が形成されるので、水抜き通路からの水の浸入を極力避けつつ、センサが配置される空間内に溜まった水の排出を可能とし、防水性を強化することができる。従って、車輪支持用軸受ユニットの耐久性及び信頼性を向上することができる。
また、本発明の他のセンサ付き車輪支持用軸受ユニットによれば、センサは、金属製のケースと、樹脂製の保持部と、エンコーダと、を備え、保持部は、筒状部の径方向内側及び内向きフランジ部の軸方向内側でケースに取り付けられるので、同様に、従来構造のようなセンサを取り付ける際の新たな防水構造も必要なく、比較的簡単な構造となる。また、保持部には、ケースの内向きフランジ部よりも径方向内向きに延出する環状のシールド板が一体成形され、シールド板の内周面は、内方部材と摺接、又は、内方部材とエアギャップより狭い隙間のラビリンスを形成するので、シール装置に対して環状空間の軸方向外側に配置されるセンサの防水、防塵性を向上することができる。さらに、ケースの筒状部、及び保持部の外方部材との突合せ面には、最大寸法がエアギャップ以下の水抜き通路が形成されるので、水抜き通路からの水の浸入を極力避けつつ、センサが配置される空間内に溜まった水の排出を可能とし、防水性を強化することができる。従って、車輪支持用軸受ユニットの耐久性及び信頼性を向上することができる。
以下、本発明の各実施形態に係るセンサ付き車輪支持用軸受ユニットについて図面を参照して詳細に説明する。
(第1実施形態)
本実施形態のセンサ付き車輪支持用軸受ユニット10は駆動輪用とされており、図1に示すように、内方部材であるハブ11及び外方部材である外輪12と、複数の転動体である玉13とを備えている。ハブ11は、中空状のハブ輪15を備えており、ハブ輪15は、その外周面の軸方向一端寄り部分であるアウトボード側端部(自動車への組み付け状態で車幅方向外側の端部:図1の左端部)に径方向外方に延びる車輪取り付けフランジ16を有している。車輪取り付けフランジ16には、そのアウトボード側側面に車輪を構成する図示しないホイール及びブレーキロータ等を取り付けるためのスタッド17が周方向に略等間隔で複数植設されている。さらに、ハブ輪15の内周面には、図示しない等速ジョイントのスプライン軸が係合するスプライン溝18が形成されている。
ハブ輪15のインボード側の軸方向端部には小径段部19が形成されており、該小径段部19には内輪20が外嵌されている。そして、小径段部19の内輪20の内端面から突出した部分を直径方向外方に加締め広げる事で、内輪20をハブ輪15に結合固定している。なお、内輪20は、等速ジョイントをハブ輪15に固定すると同時に、ハブ輪15に固定されてもよい。また、ハブ輪15の軸方向の中間部外周面には第1内輪軌道面21が形成され、内輪20の外周面には第2内輪軌道面22が形成されている。
外輪12の内周面には、ハブ輪15の第1内輪軌道面21に対応する第1外輪軌道面23及び内輪20の第2内輪軌道面22に対応する第2外輪軌道面24が形成されている。また、車輪取り付けフランジ16から離間する側の外輪12の端部には、径方向外方に延びる懸架装置取り付けフランジ25が設けられており、このフランジ25を介して懸架装置26に固定されている。
そして、複列の第1及び第2内輪軌道面21,22と複列の第1及び第2外輪軌道面23,24との間にそれぞれ複数の玉13が保持器14を介して周方向に転動可能に配設されている。尚、図示の例では、転動体として玉13を使用しているが、重量の嵩む車輪支持用軸受ユニットの場合には、転動体としてテーパころを使用する場合もある。
また、外輪12の両端部内周面とこの内周面と対向するハブ輪15及び内輪20との外周面との間には、複数の玉13が配置される、外輪12とハブ輪15及び内輪20との間の環状空間を密封するシール装置27,28が配置されており、内部に充填されたグリースの漏洩と外部からの水や異物の浸入を防止する。
インボード側のシール装置27は、外輪12に内嵌される芯金29に固定されたシール部材30を、内輪20に外嵌されるスリンガ31に摺接させることで構成され、また、アウトボード側のシール装置28は、外輪12に内嵌される芯金32に固定されたシール部材33をハブ輪15の外周面に摺接させることで構成されている。
上述の様な車輪支持用軸受ユニット10を自動車に組み付けるには、外輪12の懸架装置取り付けフランジ25を懸架装置26に固定し、回転輪側のハブ輪15の車輪取り付けフランジ16にスタッド17やナット(図示せず)等を介してブレーキロータ及びホイールを固定する。これにより、車輪を懸架装置26に対して回転自在に支持することができる。
さらに、車輪支持用軸受ユニット10は、インボード側のシール装置27に対して環状空間の軸方向外側、即ち、シール装置27のインボード側に、ハブ11の回転を検出するセンサ40を備える。
センサ40は、金属製のケース41、樹脂製の保持部42、保持部42に埋設される検出部43、断面L字形のエンコーダ44と、を備える。ケース41は、外輪12のインボード側端部外周面に装着される筒状部45と、筒状部45から径方向内方に延出する内向きフランジ部46とを有する。保持部42は、ケース41にインサート成形、或は、ケース41の筒状部45と嵌合させることで、筒状部45の径方向内側及び内向きフランジ部46の軸方向内側でケース41に取り付けられる。検出部43は、ホール素子や磁気抵抗素子(MR素子)等、磁束の流れ方向に応じて特性を変化させる磁気検出素子並びにこの磁気検出素子の出力波形を整える為の波形整形回路を組み込んだICとからなる。
また、断面L字形のエンコーダ44は、外輪12よりもインボード寄りに延出した内輪20の外周面に外嵌される円環部47と、円環部47から径方向外方に延出する外向きフランジ部48とを有する。円環部47は、検出部43と所定のエアギャップgを介して径方向に対向配置され、磁気特性を円周方向に関して交互に且つ等間隔で変化させている。エンコーダ44は、軟鋼板等の磁性金属板により造られ、円環部47の軸方向中間部にはそれぞれが軸方向に長いスリット状の透孔49を多数、円周方向に亙り等間隔に形成して、円周方向に亙る磁気特性を交互に且つ等間隔に形成している。
なお、このようなスリット45を設ける代わりに、例えば、内周面にS極とN極とを交互に且つ等間隔で配置した円筒状の永久磁石、或は、内周面に内歯車状の凹凸を形成した磁性金属部材をエンコーダ44の筒状部分に外嵌して円環部47を構成してもよい。また、永久磁石を有するエンコーダ44を使用する場合には、検出部43に永久磁石を組み込む必要はないが、単なる磁性材製のエンコーダ44を使用する場合には、センサ側に、磁束の発生源となる永久磁石を組み込む必要がある。さらに、センサ40は、エンコーダ44と、ホール素子等の磁気検出素子からなる検出部43とからなるアクティブタイプのものに限らず、エンコーダと、磁石と巻回された環状のコイル等からなるパッシブタイプであってもよい。
ケース41の内向きフランジ部46とエンコーダ44の外向きフランジ部48は、エアギャップgより狭い隙間s1のラビリンスを形成しており、センサ40の検出部43が配置される空間Sをシールして、防水性、防塵性を向上させている。
また、保持部42が取り付けられたケース41は、保持部42の軸方向内側面50を外輪12のインボード側端部側面51に突き合わせた状態で、外輪12の外周面に外嵌される。ここで、保持部42の軸方向内側面50には、円周方向の複数箇所に径方向溝52が形成されており、また、ケース41の筒状部45には、保持部42の径方向溝52と対応する位置に、貫通孔53が複数形成されている。これにより、ケース41の筒状部45、及び保持部42と外輪12との突合せ面50,51は、径方向に貫通する水抜き通路54を複数構成する。この水抜き通路54は、最大寸法s2がエアギャップg以下に形成されており、水抜き通路54からの水の浸入を極力避けつつ、センサ40の検出部43が配置される空間S内に溜まった水を排出する。なお、水抜き通路54は、懸架装置26のハウジング孔55で防がれるような位置に配置されることが好ましい。
従って、本実施形態の車輪支持用軸受ユニット10によれば、センサ40は、外輪12の端部外周面に装着される筒状部45と、筒状部45から径方向内方に延出する内向きフランジ部42bとを有する金属製のケース41と、筒状部45の径方向内側及び内向きフランジ部46の軸方向内側でケース41に取り付けられ、検出部43が埋設される樹脂製の保持部42と、内輪20の外周面に外嵌され、検出部43と所定のエアギャップgを介して対向配置される円環部47と、円環部47から径方向外方に延出する外向きフランジ部48とを有する断面L字形のエンコーダ44と、を備えるので、従来構造のようなセンサ40を取り付ける際の新たな防水構造も必要なく、比較的簡単な構造となる。
また、ケース41の内向きフランジ部46とエンコーダ44の外向きフランジ部48が、エアギャップgより狭い隙間s1のラビリンスを形成することで、シール装置27に対して環状空間の軸方向外側に配置されるセンサ40の防水、防塵性を向上することができる。さらに、ケース41の筒状部45、及び保持部42の外輪12との突合せ面42bには、径方向に貫通する最大寸法がエアギャップg以下の水抜き通路54が形成されるので、水抜き通路54からの水の浸入を極力避けつつ、センサ40が配置される空間S内に溜まった水の排出を可能とし、防水性を強化することができる。従って、車輪支持用軸受ユニット10の耐久性及び信頼性を向上することができる。
(第2実施形態)
次に、本発明の第2実施形態に係るセンサ付き車輪支持用軸受ユニットについて図3を参照して詳細に説明する。なお、本実施形態は、センサの構造において第1実施形態と異なるもので、第1実施形態と同等部分については同一符号を付して説明を省略或は簡略化する。
センサ40aは、金属製のケース41、樹脂製の保持部42a、保持部42aに埋設される検出部43a、エンコーダ44aと、を備える。ケース41は、第1実施形態と同様に、外輪12のインボード側端部外周面に装着される筒状部45と、筒状部45から径方向内方に延出する内向きフランジ部46とを有する。保持部42aは、ケース41にインサート成形、或は、ケース41の筒状部45と嵌合させることで、筒状部45の径方向内側及び内向きフランジ部46の軸方向内側でケース41に取り付けられる。
また、エンコーダ44aは、円環状に形成され、シール装置27のスリンガ31のフランジ面60にインサート成形や接着等によって取り付けられて、内輪20と共に回転する。エンコーダ44aは、検出部43aと所定のエアギャップgを介して軸方向に対向配置され、磁気特性を円周方向に関して交互に且つ等間隔で変化させている。なお、検出部43a及びエンコーダ44aの構成は、第1実施形態と同様に、センサの検出方法に応じて種々変更可能である。
また、保持部42aには、ケース41の内向きフランジ部46よりも径方向内向きに延出する環状のシールド板61が一体成形されている。このシールド板61の内周面は、内輪20の外周面と摺接しており、センサ40aの検出部43aが配置される空間Sをシールして、防水性、防塵性を向上させている。内輪20は、焼入れ鋼製であるので、樹脂製のシールド板61と少々接触していても問題なく、シールド板61の摩耗により、接触は暫く後に解消され、ほぼ隙間ゼロのラビリンスとなる。なお、シールド板61は、内輪20の外周面と摺接する代わりに、予め内輪20とエアギャップgより狭い隙間のラビリンスを形成して、空間Sをシールしてもよい。
また、ケース41の筒状部45、及び保持部42aと外輪12との突合せ面50,51には、第1実施形態と同様に、径方向に貫通する最大寸法がエアギャップg以下の水抜き通路54が形成されており、水抜き通路54からの水の浸入を極力避けつつ、センサ40の検出部43が配置される空間S内に溜まった水を排出する。
従って、本実施形態の車輪支持用軸受ユニット10によれば、センサ40aは、外輪12の端部外周面に装着される筒状部45と、筒状部45から径方向内方に延出する内向きフランジ部46とを有する金属製のケース41と、筒状部45の径方向内側及び内向きフランジ部46の軸方向内側でケース41に取り付けられ、検出部43が埋設される樹脂製の保持部42aと、内輪20と共に回転し、検出部43aと所定のエアギャップgを介して対向配置されるエンコーダ44aと、を備えるので、従来構造のようなセンサを取り付ける際の新たな防水構造も必要なく、比較的簡単な構造となる。
また、保持部42aには、ケース41の内向きフランジ部46よりも径方向内向きに延出する環状のシールド板61が一体成形され、シールド板61の内周面は、内輪20と摺接、又は、内輪20とエアギャップgより狭い隙間のラビリンスを形成するので、シール装置27に対して環状空間の軸方向外側に配置されるセンサ40aの防水、防塵性を向上することができる。さらに、ケース41の筒状部45、及び保持部42aの外輪12との突合せ面42bには、径方向に貫通する最大寸法がエアギャップg以下の水抜き通路54が形成されるので、水抜き通路54からの水の浸入を極力避けつつ、センサ40aが配置される空間S内に溜まった水の排出を可能とし、防水性を強化することができる。従って、車輪支持用軸受ユニット10の耐久性及び信頼性を向上することができる。
なお、本発明は上記実施形態に限定されるものでなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲において適宜変更可能である。
本発明の第1実施形態に係る車輪支持用軸受ユニットを説明するための断面図である。 図1のセンサ付近の拡大断面図である。 本発明の第2実施形態に係る車輪支持用軸受ユニットのセンサ付近の拡大断面図である。 従来の車輪支持用軸受ユニットのセンサ構造を説明するための断面図である。 従来の他の車輪支持用軸受ユニットのセンサ構造を説明するための断面図である。
符号の説明
10 車輪支持用軸受ユニット
11 ハブ
12 外輪
13 玉(転動体)
15 ハブ輪
19 小径段部
20 内輪
21 第1内輪軌道面
22 第2内輪軌道面
23 第1外輪軌道面
24 第2外輪軌道面
27,28 シール装置
40,40a センサ
41 ケース
42,42a 保持部
43,43a 検出部
44,44a エンコーダ
45 筒状部
46 内向きフランジ部
47 円環部
48 外向きフランジ部
54 水抜き通路
61 シールド板
g エアギャップ

Claims (2)

  1. 内周面に第1及び第2外側軌道面を有する外方部材と、
    軸方向一端寄り部分に車輪を支持する為の車輪取付フランジを有し、外周面に第1内側軌道面を有するハブ輪と、該ハブ輪に形成された小径段部に外嵌され、外周面に第2内側軌道面を有する内輪と、を備え、前記内輪から突出する前記ハブ輪の端部が加締められて前記内輪が前記ハブ輪に結合固定される内方部材と、
    前記第1外側軌道輪と前記第1内側軌道輪との間、及び前記第2外側軌道輪と前記第2内側軌道面との間に転動自在に複列配置される複数の転動体と、
    前記複数の転動体が配置される、前記内方部材及び前記外方部材との間の環状空間を密封するシール装置と、
    該シール装置に対して前記環状空間の軸方向外側に配置され、前記内方部材の回転を検出するセンサと、
    を備える駆動輪用のセンサ付き車輪支持用軸受ユニットであって、
    前記センサは、
    前記外方部材の端部外周面に装着される筒状部と、該筒状部から径方向内方に延出する内向きフランジ部とを有する金属製のケースと、
    前記筒状部の径方向内側及び前記内向きフランジ部の軸方向内側で該ケースに取り付けられ、検出部が埋設される樹脂製の保持部と、
    前記内輪の外周面に外嵌され、前記検出部と所定のエアギャップを介して径方向に対向配置される円環部と、該円環部から径方向外方に延出する外向きフランジ部とを有する断面L字形のエンコーダと、
    を備え、
    前記ケースの内向きフランジ部と前記エンコーダの外向きフランジ部は、前記エアギャップより狭い隙間のラビリンスを形成し、
    前記ケースの筒状部、及び前記保持部の前記外方部材との突合せ面には、最大寸法が前記エアギャップ以下の水抜き通路が形成されることを特徴とするセンサ付き車輪支持用軸受ユニット。
  2. 内周面に第1及び第2外側軌道面を有する外方部材と、
    軸方向一端寄り部分に車輪を支持する為の車輪取付フランジを有し、外周面に第1内側軌道面を有するハブ輪と、該ハブ輪に形成された小径段部に外嵌され、外周面に第2内側軌道面を有する内輪と、を備える内方部材と、
    前記第1外側軌道輪と前記第1内側軌道輪との間、及び前記第2外側軌道輪と前記第2内側軌道面との間に転動自在に複列配置される複数の転動体と、
    前記複数の転動体が配置される、前記内方部材及び前記外方部材との間の環状空間を密封するシール装置と、
    該シール装置に対して前記環状空間の軸方向外側に配置され、前記内方部材の回転を検出するセンサと、
    を備えるセンサ付き車輪支持用軸受ユニットであって、
    前記センサは、
    前記外方部材の端部外周面に装着される筒状部と、該筒状部から径方向内方に延出する内向きフランジ部とを有する金属製のケースと、
    前記筒状部の径方向内側及び前記内向きフランジ部の軸方向内側で該ケースに取り付けられ、検出部が埋設される樹脂製の保持部と、
    前記内方部材と共に回転し、前記検出部と所定のエアギャップを介して対向配置されるエンコーダと、
    を備え、
    前記保持部には、前記ケースの内向きフランジ部よりも径方向内向きに延出する環状のシールド板が一体成形され、
    前記シールド板の内周面は、前記内方部材と摺接、又は、前記内方部材と前記エアギャップより狭い隙間のラビリンスを形成し、
    前記ケースの筒状部、及び前記保持部の前記外方部材との突合せ面には、最大寸法が前記エアギャップ以下の水抜き通路が形成されることを特徴とするセンサ付き車輪支持用軸受ユニット。
JP2007098515A 2007-04-04 2007-04-04 センサ付き車輪支持用軸受ユニット Expired - Fee Related JP5023772B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007098515A JP5023772B2 (ja) 2007-04-04 2007-04-04 センサ付き車輪支持用軸受ユニット

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007098515A JP5023772B2 (ja) 2007-04-04 2007-04-04 センサ付き車輪支持用軸受ユニット

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008256079A JP2008256079A (ja) 2008-10-23
JP5023772B2 true JP5023772B2 (ja) 2012-09-12

Family

ID=39979841

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007098515A Expired - Fee Related JP5023772B2 (ja) 2007-04-04 2007-04-04 センサ付き車輪支持用軸受ユニット

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5023772B2 (ja)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101551893B1 (ko) * 2014-02-14 2015-09-09 주식회사 일진글로벌 Abs 센서 구조
CN104283361B (zh) * 2014-10-28 2017-02-08 上海德驱驰电气有限公司 防水磨头电机
WO2019065717A1 (ja) * 2017-09-27 2019-04-04 Ntn株式会社 磁気式回転センサ、回転センサ付き軸受、アクチュエータ及び磁気式回転センサの取付け方法

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0730987Y2 (ja) * 1985-10-18 1995-07-19 エヌティエヌ株式会社 軸受のシ−ル装置
JP4106893B2 (ja) * 2001-10-10 2008-06-25 株式会社ジェイテクト センサー付き転がり軸受ユニット
JP4311091B2 (ja) * 2003-06-17 2009-08-12 日本精工株式会社 回転速度検出装置付車輪支持用転がり軸受ユニット
JP2005227000A (ja) * 2004-02-10 2005-08-25 Ntn Corp 光学式回転センサおよびこれを用いた回転センサ付き軸受
JP4609928B2 (ja) * 2004-11-22 2011-01-12 Ntn株式会社 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP2006284402A (ja) * 2005-04-01 2006-10-19 Ntn Corp 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP2007010318A (ja) * 2005-06-28 2007-01-18 Nsk Ltd 荷重測定装置付転がり軸受ユニット

Also Published As

Publication number Publication date
JP2008256079A (ja) 2008-10-23

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5040469B2 (ja) 車輪支持装置の密封構造
JP5167710B2 (ja) ハブユニット軸受
JP2009024732A5 (ja)
JP4375790B2 (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP2009108876A (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP2005098387A (ja) センサ付きシール装置およびそれを用いた転がり軸受装置
JP5023772B2 (ja) センサ付き車輪支持用軸受ユニット
JP2008151727A (ja) 回転速度検出装置及び回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP2005299764A (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
WO2008075456A1 (ja) センサホルダおよびこれを内蔵した回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP2006308396A (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP4953362B2 (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP4952035B2 (ja) エンコーダ付シールリングの製造方法とエンコーダ付転がり軸受ユニット
JP2006105185A (ja) 回転速度検出装置付車輪用軸受装置
JP2008180544A (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP2008286267A (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP5121429B2 (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP2009002385A (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP4628395B2 (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP2007232150A (ja) エンコーダ付きシール及び軸受ユニット
JP5166796B2 (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP2009030756A (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP2005299739A (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP2008286269A (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP2009138781A (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20091020

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20110427

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20111025

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120522

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120604

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150629

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5023772

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees