JP4954708B2 - エンジン - Google Patents

エンジン Download PDF

Info

Publication number
JP4954708B2
JP4954708B2 JP2006542966A JP2006542966A JP4954708B2 JP 4954708 B2 JP4954708 B2 JP 4954708B2 JP 2006542966 A JP2006542966 A JP 2006542966A JP 2006542966 A JP2006542966 A JP 2006542966A JP 4954708 B2 JP4954708 B2 JP 4954708B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cylinder
exhaust
stroke
intake
valve
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2006542966A
Other languages
English (en)
Other versions
JPWO2006043502A1 (ja
Inventor
耕一 畑村
Original Assignee
耕一 畑村
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2004305224 priority Critical
Priority to JP2004305224 priority
Priority to JP2005122228 priority
Priority to JP2005122228 priority
Application filed by 耕一 畑村 filed Critical 耕一 畑村
Priority to JP2006542966A priority patent/JP4954708B2/ja
Priority to PCT/JP2005/019026 priority patent/WO2006043502A1/ja
Publication of JPWO2006043502A1 publication Critical patent/JPWO2006043502A1/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4954708B2 publication Critical patent/JP4954708B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F02COMBUSTION ENGINES; HOT-GAS OR COMBUSTION-PRODUCT ENGINE PLANTS
    • F02DCONTROLLING COMBUSTION ENGINES
    • F02D13/00Controlling the engine output power by varying inlet or exhaust valve operating characteristics, e.g. timing
    • F02D13/02Controlling the engine output power by varying inlet or exhaust valve operating characteristics, e.g. timing during engine operation
    • F02D13/0261Controlling the valve overlap
    • F02D13/0265Negative valve overlap for temporarily storing residual gas in the cylinder
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F01MACHINES OR ENGINES IN GENERAL; ENGINE PLANTS IN GENERAL; STEAM ENGINES
    • F01NGAS-FLOW SILENCERS OR EXHAUST APPARATUS FOR MACHINES OR ENGINES IN GENERAL; GAS-FLOW SILENCERS OR EXHAUST APPARATUS FOR INTERNAL COMBUSTION ENGINES
    • F01N13/00Exhaust or silencing apparatus characterised by constructional features ; Exhaust or silencing apparatus, or parts thereof, having pertinent characteristics not provided for in, or of interest apart from, groups F01N1/00 - F01N5/00, F01N9/00, F01N11/00
    • F01N13/009Exhaust or silencing apparatus characterised by constructional features ; Exhaust or silencing apparatus, or parts thereof, having pertinent characteristics not provided for in, or of interest apart from, groups F01N1/00 - F01N5/00, F01N9/00, F01N11/00 having two or more separate purifying devices arranged in series
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F01MACHINES OR ENGINES IN GENERAL; ENGINE PLANTS IN GENERAL; STEAM ENGINES
    • F01NGAS-FLOW SILENCERS OR EXHAUST APPARATUS FOR MACHINES OR ENGINES IN GENERAL; GAS-FLOW SILENCERS OR EXHAUST APPARATUS FOR INTERNAL COMBUSTION ENGINES
    • F01N13/00Exhaust or silencing apparatus characterised by constructional features ; Exhaust or silencing apparatus, or parts thereof, having pertinent characteristics not provided for in, or of interest apart from, groups F01N1/00 - F01N5/00, F01N9/00, F01N11/00
    • F01N13/011Exhaust or silencing apparatus characterised by constructional features ; Exhaust or silencing apparatus, or parts thereof, having pertinent characteristics not provided for in, or of interest apart from, groups F01N1/00 - F01N5/00, F01N9/00, F01N11/00 having two or more purifying devices arranged in parallel
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F01MACHINES OR ENGINES IN GENERAL; ENGINE PLANTS IN GENERAL; STEAM ENGINES
    • F01NGAS-FLOW SILENCERS OR EXHAUST APPARATUS FOR MACHINES OR ENGINES IN GENERAL; GAS-FLOW SILENCERS OR EXHAUST APPARATUS FOR INTERNAL COMBUSTION ENGINES
    • F01N13/00Exhaust or silencing apparatus characterised by constructional features ; Exhaust or silencing apparatus, or parts thereof, having pertinent characteristics not provided for in, or of interest apart from, groups F01N1/00 - F01N5/00, F01N9/00, F01N11/00
    • F01N13/08Other arrangements or adaptations of exhaust conduits
    • F01N13/10Other arrangements or adaptations of exhaust conduits of exhaust manifolds
    • F01N13/107More than one exhaust manifold or exhaust collector
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F02COMBUSTION ENGINES; HOT-GAS OR COMBUSTION-PRODUCT ENGINE PLANTS
    • F02DCONTROLLING COMBUSTION ENGINES
    • F02D13/00Controlling the engine output power by varying inlet or exhaust valve operating characteristics, e.g. timing
    • F02D13/02Controlling the engine output power by varying inlet or exhaust valve operating characteristics, e.g. timing during engine operation
    • F02D13/0276Actuation of an additional valve for a special application, e.g. for decompression, exhaust gas recirculation or cylinder scavenging
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F02COMBUSTION ENGINES; HOT-GAS OR COMBUSTION-PRODUCT ENGINE PLANTS
    • F02DCONTROLLING COMBUSTION ENGINES
    • F02D21/00Controlling engines characterised by their being supplied with non-airborne oxygen or other non-fuel gas
    • F02D21/06Controlling engines characterised by their being supplied with non-airborne oxygen or other non-fuel gas peculiar to engines having other non-fuel gas added to combustion air
    • F02D21/08Controlling engines characterised by their being supplied with non-airborne oxygen or other non-fuel gas peculiar to engines having other non-fuel gas added to combustion air the other gas being the exhaust gas of engine
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F02COMBUSTION ENGINES; HOT-GAS OR COMBUSTION-PRODUCT ENGINE PLANTS
    • F02MSUPPLYING COMBUSTION ENGINES IN GENERAL WITH COMBUSTIBLE MIXTURES OR CONSTITUENTS THEREOF
    • F02M26/00Engine-pertinent apparatus for adding exhaust gases to combustion-air, main fuel or fuel-air mixture, e.g. by exhaust gas recirculation [EGR] systems
    • F02M26/01Internal exhaust gas recirculation, i.e. wherein the residual exhaust gases are trapped in the cylinder or pushed back from the intake or the exhaust manifold into the combustion chamber without the use of additional passages
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F02COMBUSTION ENGINES; HOT-GAS OR COMBUSTION-PRODUCT ENGINE PLANTS
    • F02MSUPPLYING COMBUSTION ENGINES IN GENERAL WITH COMBUSTIBLE MIXTURES OR CONSTITUENTS THEREOF
    • F02M26/00Engine-pertinent apparatus for adding exhaust gases to combustion-air, main fuel or fuel-air mixture, e.g. by exhaust gas recirculation [EGR] systems
    • F02M26/13Arrangement or layout of EGR passages, e.g. in relation to specific engine parts or for incorporation of accessories
    • F02M26/37Arrangement or layout of EGR passages, e.g. in relation to specific engine parts or for incorporation of accessories with temporary storage of recirculated exhaust gas
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F02COMBUSTION ENGINES; HOT-GAS OR COMBUSTION-PRODUCT ENGINE PLANTS
    • F02MSUPPLYING COMBUSTION ENGINES IN GENERAL WITH COMBUSTIBLE MIXTURES OR CONSTITUENTS THEREOF
    • F02M26/00Engine-pertinent apparatus for adding exhaust gases to combustion-air, main fuel or fuel-air mixture, e.g. by exhaust gas recirculation [EGR] systems
    • F02M26/13Arrangement or layout of EGR passages, e.g. in relation to specific engine parts or for incorporation of accessories
    • F02M26/42Arrangement or layout of EGR passages, e.g. in relation to specific engine parts or for incorporation of accessories having two or more EGR passages; EGR systems specially adapted for engines having two or more cylinders
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F01MACHINES OR ENGINES IN GENERAL; ENGINE PLANTS IN GENERAL; STEAM ENGINES
    • F01NGAS-FLOW SILENCERS OR EXHAUST APPARATUS FOR MACHINES OR ENGINES IN GENERAL; GAS-FLOW SILENCERS OR EXHAUST APPARATUS FOR INTERNAL COMBUSTION ENGINES
    • F01N2260/00Exhaust treating devices having provisions not otherwise provided for
    • F01N2260/14Exhaust treating devices having provisions not otherwise provided for for modifying or adapting flow area or back-pressure
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F01MACHINES OR ENGINES IN GENERAL; ENGINE PLANTS IN GENERAL; STEAM ENGINES
    • F01NGAS-FLOW SILENCERS OR EXHAUST APPARATUS FOR MACHINES OR ENGINES IN GENERAL; GAS-FLOW SILENCERS OR EXHAUST APPARATUS FOR INTERNAL COMBUSTION ENGINES
    • F01N2430/00Influencing exhaust purification, e.g. starting of catalytic reaction, filter regeneration, or the like, by controlling engine operating characteristics
    • F01N2430/10Influencing exhaust purification, e.g. starting of catalytic reaction, filter regeneration, or the like, by controlling engine operating characteristics by modifying inlet or exhaust valve timing
    • Y02T10/18

Description

【技術分野】
【0001】
本発明は、気筒内に新気及びEGRガスを導入するようにしたエンジンに関し、詳細には、簡単な構成により新気導入量の減少を防止しつつEGRガスの導入量を増加できるようにしたEGRガス導入方法の改善に関する。本発明は、予混合圧縮自己着火式エンジン(HCCIエンジン)に好適であるので、以下、主としてこのHCCIエンジンを例にとって説明する。
【背景技術】
【0002】
予混合圧縮自己着火式エンジンは、通常のディーゼルエンジンが圧縮上死点付近で燃料を噴射供給するのに対し、燃焼室内に燃料を早期噴射し、あるいは吸気ポート内で燃料と空気とを混合し、圧縮温度による燃焼反応によって圧縮上死点付近で予混合気を自己着火させる方式のエンジンである。
【0003】
この種の予混合圧縮自己着火式エンジンでは、NOx 排出量が少ないという特徴を確保しつつ必要な出力を得るためには、燃料の発熱量と混合気の熱容量で決まる燃焼温度をNOx 発生温度以下に抑えることが必要となる。換言すると、混合気質量(新気+EGRガス)と燃料質量の比であるG/Fを25〜30以上のリーンに保つ必要がある。即ち、混合気質量が増加しない場合には燃料供給量の増加に限界があり、その結果、負荷が従来エンジン(G/F=15)の半分程度にしか高められない。
【0004】
また、混合気質量一定の条件下で燃料噴射量を増加すると、急激な温度上昇による圧力増加率が起因して大きな燃焼騒音が発生する。このこともG/Fの制約となって負荷が高められない原因となる。
【0005】
その結果、混合気質量が高められない自然給気(NA)エンジンでは、高効率かつ超低NOx のHCCI運転範囲の上限が従来エンジンの半分程度の負荷に限定される。
【0006】
EGR率を高めるとの観点から、吸気弁の開と同時に排気弁を少し開き、該排気弁開口に他の気筒の排気ガスパルスを作用させ、もって気筒内に導入されるEGRガス量を増加するようにしたものがある(例えば非特許文献1参照)。
【非特許文献1】
JSAE20045094
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
上記従来技術では、吸気弁の最大リフト時と排気弁のEGR導入用最大リフト時とが略一致するように排気弁が開閉制御される。そのため、吸気行程の最中にEGRガスが気筒内に導入されることとなる。そしてこのEGRガスは、新気を吸気ポート側に押し戻し、あるいは新気が導入されるのを阻害し、これにより空いた部分に導入されるため、混合気質量を増加できない。即ち、上記従来技術ではEGRガスは排気ガスパルスにより一旦気筒内に押し込まれるものの、気筒内圧力は下死点では吸気管圧力に戻ってしまう。従って圧縮開始時の気筒内圧力は吸気管圧力に等しく、結局、上記従来技術では、排気ガスの圧力による過給効果は得られない。
【0008】
本発明は、新気導入量を減少させることなくEGRガスの導入量を増加できるようにしたエンジンを提供することを課題としている。
【課題を解決するための手段】
【0009】
請求項1の発明は、燃焼タイミングの異なる第1の気筒及び第2の気筒を備え、該第1の気筒の膨張行程の一部における燃焼室内圧力を利用して、上記第2の気筒の少なくとも圧縮行程初期においてEGRガスを上記第2の気筒内に導入し、もって該第2の気筒の圧縮行程初期における燃焼室圧力を吸気ポートの圧力より高くする自然給気式予混合圧縮着火エンジンにおいて、上記第1,第2の気筒は、クランク角度で360度の位相差を有し、該第1,第2の気筒の排気弁は、排気行程において開弁されるとともに、圧縮行程の初期においても所定角度だけ開弁されるよう構成されており、上記第1の気筒の排気弁を膨張行程の後半に開くことにより該第1の気筒のブローダウンガスによる圧力波を発生させ、上記第2の気筒の排気弁を、吸気行程の下死点の前に開き始め、該第2の気筒の吸気弁の閉時付近で最大リフトとし、該第2の気筒の吸気弁が閉じた後でかつ圧縮行程の初期に閉じるとともに、運転状態が予混合圧縮自己着火による運転(以下、HCCI運転、と記す)領域における特定回転状態にあるとき、上記第1の気筒のブローダウンガスによる圧力波が、上記第2の気筒の排気ポートに、該第2の気筒の圧縮行程初期でかつ該第2の気筒の吸気弁が閉じた後に到達するように上記第1の気筒から第2の気筒までの排気管長を設定したことを特徴としている。
【0012】
請求項の発明は、請求項において、上記排気通路は、点火時期がクランク角度で360度の位相差を有する第1,第2の気筒によって構成される複数の気筒群毎に独立して設けられていることを特徴としている。
【0013】
請求項の発明は、請求項1又は2において、低負荷運転域においては、上記第2の気筒の吸気弁が吸気行程の中程で、かつ中高負荷運転域における吸気弁よりも早く閉じるとともに、該第2の気筒の排気弁が吸気行程の後半部から圧縮行程の初期にかけて、かつ中高負荷運転域における排気弁よりも早く開くことにより大量のEGRガスが該第2の気筒内に再吸入されることを特徴としている。
【0014】
請求項の発明は、請求項1又は2において、上記第1の気筒のブローダウンガスによる圧力波が該第1の気筒の膨張行程の下死点より前に発生し、該圧力波が上記第2の気筒の排気ポートに、該第2の気筒の圧縮行程の下死点より後に到達することを特徴としている。
【0015】
本発明において、各行程における初期とは、上死点又は下死点から遅角側に概ね30°の範囲を、また前半部とは上死点又は下死点から遅角側に概ね90°の範囲を意味する。同様に各行程における終期とは、上死点又は下死点から進角側に概ね30°の範囲を、また後半部とは、上死点又は下死点から進角側に概ね90°の範囲を意味する。
【0016】
また本発明は、ガソリンHCCIエンジンに加えて、HCCI運転がなされるディーゼルエンジン、ターボ過給エンジン、定置式HCCIガスエンジン、船用HCCIエンジン等に適用可能である。
【0017】
請求項1の発明によれば、膨張行程の一部、例えば膨張行程終期から排気行程初期、望ましくは排気弁開直前の燃焼室内圧力を利用して少なくとも圧縮行程初期にEGRガスを気筒内に導入するようにしたので、EGRガスが高圧の燃焼室内圧力を利用して気筒内に導入され、従って圧縮行程開始時の燃焼室内圧力は吸気ポート圧力より高くなる。即ち、過給効果が得られる。また、同時に圧縮圧力が高くなることからHCCI燃焼に必要な圧縮温度が低下するため、過給効果がないエンジンに比べると必要となるEGR ガス量も低下する。
【0018】
また、膨張行程の一部の焼室内圧力を利用してEGRガスを気筒内に導入するようにしたので、吸気は通常通り吸気弁から導入され、吸気量を減少させることなくEGRガス導入量を増加でき、燃焼室内圧力を吸気ポート圧力より高くでき、過給効果が得られる。なお、燃焼速度を緩慢にするために冷却した外部EGRガスを導入する場合があるが、このような場合には、新気と外部EGRガスが混合したものを通常通り吸気弁から導入した上で、同様の効果が得られることは言うまでもない。
【0019】
ここで本発明では、圧縮行程初期又は前半部にEGRガスを導入するのであるが、吸気行程終期においてEGRガスの導入を開始しても良い。このようにすればEGRガス導入用バルブが全開になるまでに時間を要する場合でもEGRガス量を確保できる。なおEGRガスを導入する運転域は比較的負荷が低く、従って上記吸気行程でEGR導入を開始したことにより吸気量が少し減少しても問題にならない。
【0020】
また、第1の気筒のブローダウンガスによる圧力波が、第2の気筒にかつ該第2の気筒の圧縮行程初期に導入されるように構成したので、第1の気筒のブローダウンガスの圧力波を利用して第2 の気筒に多量のEGRガスを導入でき、上述の過給効果を簡単な構造によって実現できる。
【0021】
より詳細には、第1の気筒の膨張行程終期、望ましくは排気弁が開く直前の燃焼室内圧力によるブローダウンガスの圧力波が、第2の気筒内にかつ該第2の気筒の少なくもと圧縮行程初期、望ましくは吸気弁閉直後に導入される。この場合、新気については、通常の吸気弁から導入され、従って従来エンジン並の新気質量が導入され、吸気弁が閉じた後に、高圧のブローダウンガスの圧力波によりEGRガスが気筒内に導入されることとなる。従って、新気がEGRガスによって押し出されることはなく、それだけ混合気質量が増大し、圧縮開始時の燃焼室内圧力が吸気ポート圧力よりも高められる。またHCCIエンジンの場合には、高温のブローダウンガスにより、HCCI燃焼に必要な高温の圧縮温度を容易確実に確保できる。
【0022】
さらにまた、上記第1の気筒のブローダウンガスの圧力波が、上記第2の気筒の排気ポートにかつ該第2の気筒の圧縮行程初期又は前半部に、望ましくは吸気弁閉直後に導入されるよう該第1の気筒の排気タイミングと該第1の気筒から上記第2の気筒までの排気管長が設定されており、また上記第2の気筒の排気弁が該第2の気筒の少なくとも圧縮行程初期に開弁されるので、上記第1の気筒のブローダウンガスの圧力波を利用して第2の気筒の混合気質量を増大できる。
【0023】
また、位相差360度の第1,第2の気筒を備え、一方の気筒のブローダウンガスによる圧力波が他方の気筒の排気ポートに、かつ該他方の気筒の排気弁が開かれる圧縮行程初期に到達するように構成したので、極めて簡単な構成により一方の気筒のブローダウンガスの圧力波を利用して他方の気筒のEGRガス量を増大できる。またこれとともに、圧縮行程開始時の燃焼室内圧力を吸気ポート圧力より高くすることができる。
【0024】
請求項の発明によれば、排気通路を、点火時期がクランク角度で360°の位相差を有する2つの気筒で構成された気筒群毎に設けたので、ブローダウン圧力波過給モードでブローダウンガスの圧力波が減衰するのを防止でき、また上記火花点火モードでの排気干渉を防止できる。
【0025】
請求項の発明によれば、吸気弁が吸気行程の中程で早閉じされ、排気弁が吸気行程の後半部から圧縮行程の初期にかけて開かれるようにしたので、大量のEGRガスを気筒内に再吸入させることができる。その結果、構造の複雑化を招くことなく大量のEGRを導入して容易確実に圧縮着火に必要な高い温度を得ることができる。
【図面の簡単な説明】
【0026】
【図1】本発明の第1実施形態によるエンジンの模式構成図である。
【図2】上記第1実施形態エンジンのバルブタイミングを示す図である。
【図3】上記第1実施形態エンジンのバルブタイミングとブローダウン圧力との関係を示す特性図である。
【図4】上記第1実施形態エンジンのPV線図である。
【図5】本発明の第実施形態によるエンジンの模式構成図である。
【図6】上記第実施形態エンジンの低負荷運転域での「排気再吸入+ブローダウン圧力波過給」/HCCIモードにおけるバルブタイミングを示す図である。
【図7】上記第実施形態エンジンの中負荷運転域での「フルブローダウン圧力波過給」/HCCIモードにおけるバルブタイミングを示す図である。
【図8】上記第実施形態エンジンの中高負荷運転域での「抑制ブローダウン圧力波過給」/HCCIモードにおけるバルブタイミングを示す図である。
【符号の説明】
【0027】
1 エンジン
2a,2d排気通路
♯1 第1の気筒
♯4 第2の気筒
IN1,2 吸気弁
EX1,2 排気弁
【発明を実施するための最良の形態】
【0028】
以下本発明の実施形態を添付図面に基づいて説明する。
【0029】
図1〜図4は本発明の第1実施形態によるブローダウン圧力波過給のエンジンを説明するための図であり、図1は全体構成図、図2はバルブタイミング図、図3はバルブタイミングとブローダウンガス圧力及びシリンダ内圧力との特性図、図4はPV線図である。
【0030】
図において、1は4気筒HCCIエンジンであり、これは第1気筒♯1〜第4気筒♯4を備え、点火順序は第1−3−4−2気筒となっている。従って♯1気筒と♯4気筒、及び♯2気筒と♯3気筒は、点火時期において、クランク角度で360度の位相差を有する。
【0031】
2は排気装置であり、これは、上記第1〜第4気筒のそれぞれに接続された第1〜第4排気枝管2a〜2dと、合流管2e,2fと、本管2gとを備えている。また本管2gには排気通路面積を可変制御する排気絞り弁3が介在されている。
【0032】
ここで上記エンジン1は、上記4つの気筒のうちの何れか1つの気筒(第1の気筒)のブローダウンガスによる圧力波が、何れか他の1つの気筒(第2の気筒)の排気ポートに、かつ該第2の気筒の吸気行程後期から圧縮行程初期において導入されるように、上記第1の気筒の排気タイミングと該第1の気筒から上記第2の気筒までの排気管長が設定され、該第2の気筒の排気弁が該第2の気筒の吸気行程後期から圧縮行程初期に開弁されるようになっている。
【0033】
具体的には、例えば♯1気筒( 第2の気筒) のピストンが吸気行程下死点付近に下降してくると該♯1気筒の排気弁を少し開いてEGRガスが該♯1気筒内に導入される。この場合、上記♯1気筒の排気弁が少し開いている時期に、♯4気筒(第1の気筒)のブローダウンガスによる圧力波が上記♯1気筒の排気ポートに到達するように、上記♯1 気筒及び♯4気筒の排気弁の開時期と圧力伝達経路の長さ、つまり枝管2a+合流管2e,2f、+枝管2dの長さが設定されている。なお、この具体例の場合、本願の特許請求の範囲における「第1の気筒」「第2の気筒」はそれぞれ上記♯4気筒,♯1気筒に対応している。
【0034】
図3において、C1,C2はそれぞれ♯1気筒の排気弁リフトカーブ、吸気弁リフトカーブを示しており、またC3は上記排気弁のEGR時のリフトカーブを示している。図2,図3に示すように、排気弁は通常の排気行程においては、下死点前約45°付近から上死点後約30°付近まで開き、吸気弁は上死点後約5°付近から下死点後約5°付近まで開く。ここで排気弁閉及び吸気弁開を上死点後に設定しているのは、よりEGR率を高めるためである。
【0035】
そして上記排気弁は、EGR時においては、吸気行程後期から開き始め、吸気弁閉時付近で最大リフトとなり、圧縮行程開始後40°付近で閉じる。
【0036】
また図3においてP1は、♯1気筒の排気ポートに作用する排気ガス圧力を示しており、上記点火順序に従って、♯1,♯3,♯4,及び♯2気筒からのブローダウンガスによる圧力波(排気パルス)が♯1気筒の排気ポートに作用する。
【0037】
そしてP2は、♯1気筒内の燃焼室圧力を示している。該♯1気筒内の燃焼室圧力は、排気弁の開に伴って急激に低下し、排気行程の終わり付近で♯3気筒からのブローダウン圧力により一旦上昇する。そして吸気行程の終わり付近で、上記排気弁が少し開くとともに♯4気筒からのブローダウンガスによる圧力波が作用することにより、EGRガスが♯1気筒内に押し込まれ、その結果、♯1気筒内の圧力は圧縮行程の開始時には吸気ポート圧力より高くなっている。即ち、図4 に示すように、過給効果が得られていることが判る。
【0038】
このように本実施形態では、♯4気筒のブローダウンガスによる圧力波が、♯1気筒内にかつ該第1気筒の吸気弁閉後に導入される。この場合、新気については、通常通り吸気弁から導入され、従って従来エンジン並の新気質量が導入され、吸気弁が閉じた後に、高圧のブローダウンガスの圧力によりEGRガスが気筒内に導入されることとなる。従ってそれだけ混合気質量が増大し、圧縮開始時の気筒内圧力は図3,図4の過給効果の分だけ高められる。また高温のブローダウンガスにより、HCCI燃焼に必要な高温の圧縮温度を容易確実に確保できる。
【0039】
なお、上記♯3気筒へのEGRガスの過給については、♯2気筒のブローダウンガスによる圧力波が利用され、同様に、♯4気筒,♯2気筒へのEGRガスの過給については♯1気筒,♯3気筒のブローダウンガスによる圧力波が利用される。即ち、本発明では、1つの気筒のブローダウンガスによる圧力波が他の気筒のEGRガスの過給に利用される。
【0040】
〜図は、本発明の第実施形態に係るブローダウン圧力波過給エンジンを説明するための図であり、図中、図1図4と同一符号は同一または相当部分を示す。
【0041】
は4気筒ブローダウン圧力波過給システムを示す。このエンジン1は、♯1〜♯4気筒を備え、かつ各気筒毎に2つの吸気弁IN1,IN2及び2つの排気弁EX1,EX2を備えた並列4気筒4バルブHCCIエンジンである。またこのエンジン1の点火タイミングは、♯1,♯3,♯4,♯2気筒の順序になっている。各気筒間の点火間隔はクランク角度で180度となっており、従って♯1,♯4気筒間、♯3,♯2気筒間の点火間隔は360度となっている。
【0042】
上記2つの吸気弁IN1,IN2、及び2つの排気弁EX1,EX2は、共に位相,開度を自由に変化できる機械式又は油圧式,あるいは電磁式の可変動弁系となっている。なお、上記2つの排気弁のうち第1の排気弁EX1については位相,開度を一定(固定)とし、残りの第2の排気弁EX2のみ、油圧式又は電磁式でサイクル毎に位相,開度が制御可能の可変動弁系としても良い。この場合はEGRガスの導入は第2の排気弁EX2のみで行なわれる。
【0043】
また上記エンジン1の排気装置は、点火間隔360度の♯1,♯4気筒を連結して排気する第1の排気系20と、同じく点火間隔360度の♯3,♯2気筒を連結して排気する第2の排気系50とを備えた、いわゆる4−2−1排気系となっており、高負荷SIモードにおいて排気干渉を避けられるので出力向上に適している。
【0044】
上記第1の排気系20は、♯1気筒,♯4気筒の排気ポートに接続された第1,第4枝管2a,2dと、該両枝管2a,2dを合流させる第1合流管2eとを有する。上記第2の排気系50は、♯2気筒,♯3気筒の排気ポートに接続された第2,第3枝管2b,2cと、該両枝管2b,2cを合流させる第2合流管2fとを有する。該第2,第1合流管2f,2eはメイン管2gにより1本に合流されている。また上記第1,第2合流管2e,2fには第1触媒20a,20aが介設され、上記メイン管2gには第2触媒20bが介設されている。
【0045】
上記第1の排気系20の第1,第4枝管2a,2dの合計長さ、及び第2の排気系50の第2,第3枝管2b,2cの合計長さは、それぞれ一方の気筒のブローダウンガスによる圧力波が他方の気筒の排気ポートにかつ該気筒の圧縮行程の初期又は前半部に到達するように設定されている。なお、上記ブローダウンガスによる圧力波の到達をより確実にする観点に立てば、無駄な容積として作用する上記第1触媒20a,20aを設けない方が望ましい。その理由は、上記排気系に触媒20aが接続されていると、ブローダウンガスによる圧力波がこの接続部に到達した際に該触媒の容積が圧力波を吸収して圧力波を弱めるおそれがあるからである。
【0046】
本実施形態のエンジン1は、低負荷運転域では、「排気再吸入(ExhaustRebreathing)+ブローダウン過給)」/HCCIモード( 図参照) で運転され、中負荷運転域では、ブローダウン過給効果の大きい「フルブローダウン圧力波過給」/HCCIモード(図参照)で運転され、中高負荷運転域では、「ブローダウン過給効果を抑制したブローダウン過給」/HCCIモード( 図参照) で運転される。なお、それ以上の高負荷領域では通常エンジンと同じSIモードで運転される。
【0047】
ここで本実施形態におけるブローダウン圧力波過給では、例えば♯1気筒では排気弁EX1,2が膨張行程の終期から排気行程にかけて開弁され(図〜図の(a)参照)、♯4気筒では排気弁EX1,2が吸気行程の終期から圧縮行程の初期にかけて所定開度だけ開弁される(図〜図の(b)参照)。これにより♯1気筒のブローダウンガスの圧力波が♯4気筒の排気ポートにかつ該気筒の排気弁開時に到達し、該♯4気筒の圧縮行程開始時における燃焼室圧力が吸気ポート圧力より高くなる。即ち、EGRガスの過給が行なわれる。なお、♯2,♯3気筒についても同様の動作が行なわれる。以下、♯4気筒のブローダウンガスの圧力波により♯1気筒にEGRガスが過給される場合の動作を各運転域毎に詳細に説明する。
【0048】
上記中負荷運転域での「フルブローダウン圧力波過給」/HCCIモード(図)では、♯1気筒では、排気弁EX1,2が膨張行程の終期から排気行程にかけて開弁され(同図(a)参照)、また♯4気筒では吸気弁IN1,2が吸気行程の下死点を少し越えた時点で閉じられるとともに、排気弁EX1,2が吸気行程の下死点の少し前から圧縮行程の初期にかけて開弁される(同図(b)参照)。この場合、♯1気筒の排気弁EX1,2が開弁された時に発生したブローダウンガスの圧力波が♯4気筒の排気ポートに到達した時点で該♯4気筒の排気弁EX1,2が開弁されることとなる。その結果、大量のEGRガスが♯4気筒の排気ポートから当該気筒内に押し込まれ、該♯4気筒内の混合気圧力と温度が高められ、ブローダウン圧力波過給が実現される。
【0049】
また上記中高負荷運転域での「ブローダウン過給効果を抑制したブローダウン過給」/HCCIモード(図)では、♯1気筒では、排気弁EX1,2が膨張行程の終期から排気行程にかけて開弁され(同図(a)参照)、また♯4気筒では、中負荷運転域と同様に、吸気弁IN1,2が吸気行程の下死点を少し越えた時点で閉じられる。また排気弁EX1,2は吸気行程の終期から圧縮行程の初期にかけて、中負荷運転域より狭い角度範囲で開弁される(同図(b)参照)。そして上記中負荷運転域の場合と略同様に、♯1気筒の排気弁が開弁されたときに発生したブローダウンガスの圧力波が♯4気筒の排気ポートに到達した時点で該♯4気筒の排気弁が開弁されることとなる。その結果、大量のEGRガスが♯4気筒の排気ポートから当該気筒内に押し込まれ、該気筒内の混合気圧力と温度が高められ、ブローダウン圧力波過給が実現される。ただし、♯4気筒における排気弁の開度範囲が中負荷運転域での開度範囲より狭い分だけ過給効果は抑制されている。
【0050】
さらにまた上記低負荷運転域での「排気再吸入+ ブローダウン過給」/HCCIモード(図)においては、♯1気筒では排気弁EX1,2が膨張行程の終期から排気行程にかけて開弁され(同図(a)参照)、♯4気筒では吸気弁IN1,2が吸気行程の後半部で閉じられるとともに排気弁EX1,2が吸気行程の後半部から圧縮行程の初期にかけて開弁される(同図(b)参照)。これにより大量のEGRガスが♯1気筒内に逆流し、再吸入され、混合気温度が高められる。また、♯1気筒の排気弁が開弁されたときに発生したブローダウンガスの圧力波が♯4気筒の排気ポートに到達した時点で該♯4気筒の排気弁が開弁されていることとなる。そのためさらに大量のEGRガスが♯4気筒の排気ポートから当該気筒内に押し込まれ、該気筒内の混合気圧力と温度が高められ、ブローダウン圧力波過給も同時に実現される。
【0051】
このように本実施形態では、点火タイミングにおいてクランク角度で360度の位相差を有する一方の気筒の排気行程における排気弁開タイミングと他方の気筒の吸入・圧縮行程における排気弁開タイミングとを、一方の気筒のブローダウンガスの圧力波が他方の気筒の排気ポートにかつ排気弁開時に到達するように構成したので、ブローダウンガスによる圧力波によりEGRガス量を増加できる。
【0052】
また中負荷,高負荷運転域では、吸気弁を下死点まで開弁するとともに、EGRガスを圧縮行程の初期においても導入するようにしたので、新気の吸入量の減少を回避でき、また圧縮行程初期における燃焼室内圧力を吸気ポート内圧力より高くでき、高い過給効果を得ることができる。

Claims (4)

  1. 燃焼タイミングの異なる第1の気筒及び第2の気筒を備え、該第1の気筒の膨張行程の一部における燃焼室内圧力を利用して、上記第2の気筒の少なくとも圧縮行程初期においてEGRガスを上記第2の気筒内に導入し、もって該第2の気筒の圧縮行程初期における燃焼室圧力を吸気ポートの圧力より高くする自然給気式予混合圧縮着火エンジンにおいて、
    上記第1,第2の気筒は、クランク角度で360度の位相差を有し、該第1,第2の気筒の排気弁は、排気行程において開弁されるとともに、圧縮行程の初期においても所定角度だけ開弁されるよう構成されており、
    上記第1の気筒の排気弁を膨張行程の後半に開くことにより該第1の気筒のブローダウンガスによる圧力波を発生させ、
    上記第2の気筒の排気弁を、吸気行程の下死点の前に開き始め、該第2の気筒の吸気弁の閉時付近で最大リフトとし、該第2の気筒の吸気弁が閉じた後でかつ圧縮行程の初期に閉じるとともに、
    運転状態が予混合圧縮自己着火による運転領域における特定回転状態にあるとき、上記第1の気筒のブローダウンガスによる圧力波が、上記第2の気筒の排気ポートに、該第2の気筒の圧縮行程初期でかつ該第2の気筒の吸気弁が閉じた後に到達するように上記第1の気筒から第2の気筒までの排気管長を設定した
    ことを特徴とする自然給気式予混合圧縮着火エンジン。
  2. 請求項1において、排気通路は、点火時期がクランク角度で360度の位相差を有する第1,第2の気筒によって構成される複数の気筒群毎に独立して設けられていることを特徴とする自然給気式予混合圧縮着火エンジン。
  3. 請求項1又は2において、低負荷運転域においては、上記第2の気筒の吸気弁が吸気行程の中程で、かつ中高負荷運転域における吸気弁よりも早く閉じるとともに、該第2の気筒の排気弁が吸気行程の後半部から圧縮行程の初期にかけて、かつ中高負荷運転域における排気弁よりも早く開くことにより大量のEGRガスが該第2の気筒内に再吸入されることを特徴とする自然給気式予混合圧縮着火エンジン。
  4. 請求項1又は2において、上記第1の気筒のブローダウンガスによる圧力波が該第1の気筒の膨張行程の下死点より前に発生し、該圧力波が上記第2の気筒の排気ポートに、該第2の気筒の圧縮行程の下死点より後に到達することを特徴とする自然給気式予混合圧縮着火エンジン。
JP2006542966A 2004-10-20 2005-10-17 エンジン Expired - Fee Related JP4954708B2 (ja)

Priority Applications (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004305224 2004-10-20
JP2004305224 2004-10-20
JP2005122228 2005-04-20
JP2005122228 2005-04-20
PCT/JP2005/019026 WO2006043502A1 (ja) 2004-10-20 2005-10-17 エンジン
JP2006542966A JP4954708B2 (ja) 2004-10-20 2005-10-17 エンジン

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006542966A JP4954708B2 (ja) 2004-10-20 2005-10-17 エンジン

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPWO2006043502A1 JPWO2006043502A1 (ja) 2008-05-22
JP4954708B2 true JP4954708B2 (ja) 2012-06-20

Family

ID=36202918

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006542966A Expired - Fee Related JP4954708B2 (ja) 2004-10-20 2005-10-17 エンジン

Country Status (4)

Country Link
US (1) US7753037B2 (ja)
EP (1) EP1811154B1 (ja)
JP (1) JP4954708B2 (ja)
WO (1) WO2006043502A1 (ja)

Families Citing this family (28)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7568633B2 (en) * 2005-01-13 2009-08-04 Sturman Digital Systems, Llc Digital fuel injector, injection and hydraulic valve actuation module and engine and high pressure pump methods and apparatus
DE102006032719A1 (de) * 2006-07-14 2008-01-17 Daimler Ag Verfahren zum Betrieb eines Otto-Motors
EP2116705B1 (en) * 2007-02-09 2012-09-12 Koichi Hatamura Four-cycle engine
CN102278248B (zh) * 2007-05-09 2013-08-28 斯德曼数字系统公司 具有主动针控制器的多级增强型喷射器的喷射方法
WO2008143227A1 (ja) 2007-05-21 2008-11-27 Cd-Adapco Japan Co., Ltd. 4サイクルエンジン
US20090173062A1 (en) * 2008-01-04 2009-07-09 Caterpillar Inc. Engine system having valve actuated filter regeneration
US8495992B2 (en) 2008-02-22 2013-07-30 Borgwarner Inc. Controlling exhaust gas flow divided between turbocharging and exhaust gas recirculating
US20100012745A1 (en) 2008-07-15 2010-01-21 Sturman Digital Systems, Llc Fuel Injectors with Intensified Fuel Storage and Methods of Operating an Engine Therewith
WO2010042692A2 (en) * 2008-10-08 2010-04-15 Pratt & Whitney Rocketdyne, Inc. Rotary engine with exhaust gas supplemental compounding
US20110174261A1 (en) * 2008-10-08 2011-07-21 Havskjold Glenn L Rotary engine with aligned rotor
FR2938880A1 (fr) * 2008-11-21 2010-05-28 Peugeot Citroen Automobiles Sa Moteur a recirculation de gaz d'echappement et vehicule comprenant le moteur
EP2526274A4 (en) 2010-01-22 2017-05-17 BorgWarner Inc. Directly communicated turbocharger
WO2011125208A1 (ja) * 2010-04-08 2011-10-13 トヨタ自動車株式会社 内燃機関の燃焼制御装置
US8069663B2 (en) 2010-09-09 2011-12-06 Ford Global Technologies, Llc Method and system for turbocharging an engine
JP5814008B2 (ja) * 2011-06-23 2015-11-17 日野自動車株式会社 蓄圧式egrシステム
US20130220287A1 (en) * 2012-02-28 2013-08-29 Teoman Uzkan Exhaust system having dedicated egr cylinder connection
US8943822B2 (en) * 2012-02-28 2015-02-03 Electro-Motive Diesel, Inc. Engine system having dedicated auxiliary connection to cylinder
US9528429B2 (en) * 2012-05-17 2016-12-27 Ford Global Technologies, Llc Boost reservoir EGR control
US9551288B2 (en) * 2012-06-29 2017-01-24 Ford Global Technologies, Llc Method and system for pre-ignition control
US20140014078A1 (en) * 2012-07-11 2014-01-16 GM Global Technology Operations LLC Engine including internal egr
US10012153B2 (en) 2012-08-15 2018-07-03 General Electric Company System and method for engine control
US9157363B2 (en) 2012-08-21 2015-10-13 Ford Global Technologies, Llc Twin independent boosted I4 engine
DE112013004282B4 (de) * 2012-08-29 2018-12-27 Mazda Motor Corporation Fremdgezündeter Direkteinspritzmotor
US9181890B2 (en) 2012-11-19 2015-11-10 Sturman Digital Systems, Llc Methods of operation of fuel injectors with intensified fuel storage
US10221798B2 (en) 2015-12-01 2019-03-05 Ge Global Sourcing Llc Method and systems for airflow control
JP6601371B2 (ja) * 2016-11-22 2019-11-06 マツダ株式会社 圧縮自己着火式エンジンの制御装置
US10221779B2 (en) 2016-12-16 2019-03-05 Ford Global Technologies, Llc System and method for providing EGR to an engine
DE102017200739A1 (de) 2017-01-18 2018-07-19 Ford Global Technologies, Llc Aufgeladene Brennkraftmaschine mit Abgasnachbehandlung und Verfahren zum Betreiben einer derartigen Brennkraftmaschine

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6463628A (en) * 1987-09-02 1989-03-09 Honda Motor Co Ltd Internal combustion engine
JPH05187326A (ja) * 1992-01-08 1993-07-27 Honda Motor Co Ltd 内燃機関の排気還流装置
JP2001020766A (ja) * 1999-07-06 2001-01-23 Toyota Motor Corp 内燃機関の弁駆動装置
JP2003074416A (ja) * 2001-09-04 2003-03-12 Toyota Motor Corp 多気筒内燃機関の気筒間egr運転方法
JP2004060546A (ja) * 2002-07-30 2004-02-26 Toyota Motor Corp 内燃機関

Family Cites Families (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FR2078819A5 (ja) 1970-02-19 1971-11-05 British Leyland Motor Corp
JPS5134526B2 (ja) 1971-11-22 1976-09-27
JPS4939696Y1 (ja) 1973-04-25 1974-10-31
US3906907A (en) * 1974-09-03 1975-09-23 Gen Motors Corp Internal combustion rotary engine with internal exhaust gas recirculation
JPS6211178B2 (ja) 1978-12-12 1987-03-11 Nissan Motor
AT402432B (de) 1988-02-25 1997-05-26 Avl Verbrennungskraft Messtech Brennkraftmaschine
JPH0291449A (en) * 1988-09-27 1990-03-30 Mazda Motor Corp Fuel control device for engine
JPH0333410A (en) 1989-06-29 1991-02-13 Mitsubishi Motors Corp Exhaust device of internal combustion engine
JPH0586992A (ja) 1991-09-30 1993-04-06 Mazda Motor Corp 筒内燃料噴射式エンジンのegr制御装置
JP2754978B2 (ja) * 1991-10-15 1998-05-20 トヨタ自動車株式会社 6気筒内燃機関の制御装置
FR2768178B1 (fr) * 1997-09-11 1999-11-19 Daniel Drecq Moteur a combustion interne comportant des moyens de recirculation des gaz d'echappement et de suralimentation
FR2777947B1 (fr) * 1998-04-27 2000-11-17 Inst Francais Du Petrole Procede de combustion par auto-allumage controle et moteur 4 temps associe avec conduit de transfert entre cylindres et soupape dediee
WO2002084088A1 (fr) * 2001-04-09 2002-10-24 Daihatsu Motor Co.,Ltd. Moteur a combustion interne a cylindres multiples

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6463628A (en) * 1987-09-02 1989-03-09 Honda Motor Co Ltd Internal combustion engine
JPH05187326A (ja) * 1992-01-08 1993-07-27 Honda Motor Co Ltd 内燃機関の排気還流装置
JP2001020766A (ja) * 1999-07-06 2001-01-23 Toyota Motor Corp 内燃機関の弁駆動装置
JP2003074416A (ja) * 2001-09-04 2003-03-12 Toyota Motor Corp 多気筒内燃機関の気筒間egr運転方法
JP2004060546A (ja) * 2002-07-30 2004-02-26 Toyota Motor Corp 内燃機関

Also Published As

Publication number Publication date
JPWO2006043502A1 (ja) 2008-05-22
US20080127952A1 (en) 2008-06-05
WO2006043502A1 (ja) 2006-04-27
EP1811154B1 (en) 2013-12-11
EP1811154A4 (en) 2008-03-19
US7753037B2 (en) 2010-07-13
EP1811154A1 (en) 2007-07-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8770174B2 (en) Method and device for controlling diesel engine
JPWO2014034087A1 (ja) 火花点火式直噴エンジン
EP1234960B1 (en) Combustion control apparatus for engine
US6209516B1 (en) Control system and control method for diesel engine
JP3963144B2 (ja) 火花点火式エンジンの制御装置
EP1366279B1 (en) Control device for spark-ignition engine
US7128062B2 (en) Method for mid load operation of auto-ignition combustion
US6390054B1 (en) Engine control strategy for a hybrid HCCI engine
US5224460A (en) Method of operating an automotive type internal combustion engine
Zhao et al. Performance and analysis of a 4-stroke multi-cylinder gasoline engine with CAI combustion
JP6011161B2 (ja) 火花点火式エンジン
EP1792070B1 (en) A combustion chamber deactivation system
JP5392293B2 (ja) 自動車搭載用ディーゼルエンジン及びディーゼルエンジンの制御方法
DE112005001363B4 (de) Verfahren für den Mittellastbetrieb einer Selbstzündungsverbrennung
US5950582A (en) Internal combustion engine with variable camshaft timing and intake valve masking
US6443108B1 (en) Multiple-stroke, spark-ignited engine
Borgqvist et al. Comparison of negative valve overlap (NVO) and rebreathing valve strategies on a gasoline PPC engine at low load and idle operating conditions
US5862790A (en) Method of generating turbulence with intra-cycle cooling for spark ignition engines
DE69915093T2 (de) Brennkraftmaschine
CN101495729B (zh) 用于直喷式内燃机的hcci和si燃烧的控制方法
EP0659984B1 (en) Control system and method for engine valves
US6125801A (en) Lean-burn variable compression ratio engine
EP1856393B1 (en) Engine
US4732117A (en) Two-cycle internal combustion engine
Johansson et al. HCCI operating range in a turbo-charged multi cylinder engine with VVT and spray-guided DI

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20081002

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100713

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100713

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100713

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100713

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100902

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100902

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100902

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110118

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110317

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110607

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110802

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20110927

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20110927

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20111227

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20111227

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20111227

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20111227

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20120110

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20120110

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20120110

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120306

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120306

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120314

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150323

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees