JP4675604B2 - 鉄道車両 - Google Patents

鉄道車両 Download PDF

Info

Publication number
JP4675604B2
JP4675604B2 JP2004301732A JP2004301732A JP4675604B2 JP 4675604 B2 JP4675604 B2 JP 4675604B2 JP 2004301732 A JP2004301732 A JP 2004301732A JP 2004301732 A JP2004301732 A JP 2004301732A JP 4675604 B2 JP4675604 B2 JP 4675604B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
floor
vehicle
railway vehicle
floor member
vehicle according
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2004301732A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2005126062A (ja
Inventor
コルテマイヤー アルフレート
ザイベルト ミヒァエル
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Siemens AG
Original Assignee
Siemens AG
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to DE2003149022 priority Critical patent/DE10349022A1/de
Application filed by Siemens AG filed Critical Siemens AG
Publication of JP2005126062A publication Critical patent/JP2005126062A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4675604B2 publication Critical patent/JP4675604B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B61RAILWAYS
    • B61CLOCOMOTIVES; MOTOR RAILCARS
    • B61C17/00Arrangement or disposition of parts; Details or accessories not otherwise provided for; Use of control gear and control systems
    • B61C17/04Arrangement or disposition of driving cabins, footplates or engine rooms; Ventilation thereof
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B61RAILWAYS
    • B61DBODY DETAILS OR KINDS OF RAILWAY VEHICLES
    • B61D17/00Construction details of vehicle bodies
    • B61D17/04Construction details of vehicle bodies with bodies of metal; with composite, e.g. metal and wood body structures
    • B61D17/10Floors

Description

本発明は、運転室に、車両台枠に結合された床板と、運転席と、スイッチおよび計器を装備した計器盤と、場合によっては例えば機器ロッカや足台のような他の装備部品とを備えた鉄道車両、特に都市鉄道車両に関する。
特許文献1によって公知の都市鉄道車両は、運転室に、運転席と、計器盤と、電子装備品の格納に用いられる機器ロッカとを備えている。このような構造部品は各々完全に平坦に形成された床の上に据え付けられる。この都市鉄道が特に曲線軌道に進入した際の車両の走行挙動は、運転室の下方に配置されたボギー台車により左右される。この台車は車体に対して相対運動を行うので、運転席には相対的に小さな横方向加速度が生ずる。
特許文献2は、例えば5両の車体からなる都市鉄道車両を開示しており、そこでは各々車首を形成する両車体と中間の車体が車台に回転不能に連結されている。この回転不能の連結のため、車台と車体からなるユニットが曲線走行のとき共通の走行運動を行うことになる。この考え方に基づき、特に曲率半径を考慮していない狭小な曲線軌道に進入したとき、先行するボギー台車を備えた都市鉄道車両におけるより大きくて不快に感じられる横加速度が運転手に作用する(特許文献1参照)。
欧州特許第0968111号明細書 独国特許第19543172号明細書
本発明の課題は、特に車台と車体との間を十分回転不能に連結した鉄道車両において、軌道設定から生ずる運転席の横加速度をできるだけ簡単かつ安価に低減し、それにより運転手の快適性を向上させることである。
この課題は本発明によれば、請求項1に記載された構成により解決される。
車両の横方向に弾性を持ち、もって運転手の作業場所の振動を抑制する装置により、狭小な軌道曲線への進入時、運転手への横加速度が大幅に減少し、そのため良好な走行快適性が得られる。運転席と共に計器盤や、例えば足台、更には機器ロッカが床部材に結合されているので、それら構造部品相互間に、運転手に不快感を与える相対運動を生ずることがない。また側方の機器ロッカに対する運転席の相対運動による挟み込みの危険性も確実に回避できる。本発明の解決手段は新規な車両に対しても改修を行う車両に対しても適したものである。
本発明の好ましい実施態様を従属請求項2〜10に示す。
次に図面に原理的に示す2つの実施例を参照し、本発明を詳細に説明する。
両実施例において、車首壁13、両側壁14および背面壁15で囲まれた運転室は、車両台枠1に結合された床板2と、運転席3と、スイッチ4および計器を装備した計器盤5とを備えている。運転室内の他の装備部品は、例えば機器ロッカ6や運転手用の足台7等である。運転席3および計器盤5は他の装備部品6、7と共に、車両台枠1に対して車両の横方向に弾性をもって支持された床部材8の上に組み立てられている。
図1によれば、床部材8を床板2の切欠き部9内に配置している。この切欠き部9は車両横方向に、床部材8より少なくとも所望のばね動作幅(約20〜30mm)の最大値、即ち最大動き幅s分だけ幅広に作られている。床部材8の下面と床板2の上面とは互いに同一平面上にある。
図2と3に示す代替的な実施例では、床部材8を床板2の上方に配置している。床部材8は、車両台枠1又は床板2にばね部材10を介して取り付けている。ばね部材10として、例えば金属−ゴムばね又は板ばねが適する。図3から解るように、床部材8と車両台枠1(又は床板2)との間に、車両の横方向に作用する少なくとも1つの振動ダンパ17がある。図示しないが、対応するばね部材と振動ダンパは図1の構成でも設け得る。
床部材8と車両台枠1又は床板2との間に存在する継ぎ目11は密閉される。継ぎ目11のこの密閉を図1に部分的に示す、弾性材料からなるテープ12により行える。テープ12は、一方が床部材8に固定され、他方が床板2上を滑る。代替的には、継ぎ目11の密閉のために、図3に概略的に示すラビリンスパッキング装置16を使用できる。
図1を基に、本発明の変形実施例では、床板2自体が運転席3、計器盤5および他の装備部品6、7のための床部材8として構成され、車両横方向に弾性的に支持される。勿論その際、床板2はその全体的な外形輪郭に関し、所望の横方向運動が可能なように、即ち運転室の壁、特に側壁14に対し十分自由な間隔を持つように形成せねばならない。
運転室を有する鉄道車両の車首の内部を示す平面図である。 他の運転室の要部を示す側面図である。(実施例1) 代替的な密閉装置を有する図2の実施例に類似する装置を車両の走行方向に直角な断面で見た横断面図である。(実施例2)
符号の説明
1 車両台枠、2 床板、3 運転席、4 スイッチ、5 計器盤、6 機器ロッカ、7 足台、8 床部材、9 切欠き部、10 ばね部材、11 継ぎ目、12 テープ、13 車首壁、14 側壁、15 背面壁、16 パッキング装置、17 振動ダンパ

Claims (9)

  1. 運転室に、車両台枠(1)に結合された床板(2)と、運転席(3)と、スイッチ(4)および計器を装備した計器盤(5)とを備え、その際、前記運転席(3)と計器盤(5)が、前記車両台枠(1)に対して車両の横方向に弾性支持された床部材(8)上に組み立てられた鉄道車両において、
    前記床部材(8)が前記床板(2)の切欠き部(9)の範囲内に配置され、前記切欠き部(9)は前記床部材(8)より、少なくとも所望のばね動作の最大動き幅(s)分だけ車両の横方向に幅広に作られたことを特徴とする鉄道車両。
  2. 前記床部材(8)の上面および前記床板(2)の上面が互いに同一平面上にあることを特徴とする請求項1記載の鉄道車両。
  3. 前記床部材(8)が前記床板(2)の上方に配置されたことを特徴とする請求項記載の鉄道車両。
  4. 前記床部材(8)がばね部材(10)を介して前記車両台枠(1)又は前記床板(2)に取り付けられたことを特徴とする請求項1から3の1つに記載の鉄道車両。
  5. 前記ばね部材として金属−ゴムばね又は板ばねが用いられたことを特徴とする請求項記載の鉄道車両。
  6. 前記床部材(8)と前記車両台枠(1)又は前記床板(2)との間に、車両の横方向に作用する振動ダンパ(17)が配置されたことを特徴とする請求項1から5の1つに記載の鉄道車両。
  7. 前記床部材(8)と前記車両台枠(1)又は前記床板(2)との間に存在する継ぎ目(11)が密閉されたことを特徴とする請求項1から6の1つに記載の鉄道車両。
  8. 前記継ぎ目の密閉が弾性材料からなるテープ(12)によって行われたことを特徴とする請求項1から7の1つに記載の鉄道車両。
  9. 前記継ぎ目の密閉のためにラビリンスパッキング装置(16)が設けられたことを特徴とする請求項記載の鉄道車両。
JP2004301732A 2003-10-22 2004-10-15 鉄道車両 Expired - Fee Related JP4675604B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
DE2003149022 DE10349022A1 (de) 2003-10-22 2003-10-22 Schienenfahrzeug, insbesondere Stadtbahnwagen

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2005126062A JP2005126062A (ja) 2005-05-19
JP4675604B2 true JP4675604B2 (ja) 2011-04-27

Family

ID=34384394

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004301732A Expired - Fee Related JP4675604B2 (ja) 2003-10-22 2004-10-15 鉄道車両

Country Status (6)

Country Link
EP (1) EP1526055B1 (ja)
JP (1) JP4675604B2 (ja)
AT (1) AT393071T (ja)
DE (2) DE10349022A1 (ja)
ES (1) ES2303619T3 (ja)
PT (1) PT1526055E (ja)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE102006005497B4 (de) * 2006-02-07 2019-07-11 Man Truck & Bus Ag Nutzfahrzeug zur Personenbeförderung mit einem Fahrgastraum und einem Fahrerraum
DE102008009926A1 (de) * 2008-02-18 2009-09-03 Siemens Aktiengesellschaft Befestigungseinrichtung zum Befestigen eines Fahrzeugsitzes
JP5485115B2 (ja) * 2010-11-24 2014-05-07 三菱重工業株式会社 覚醒装置及び軌道系車両
PL2666695T3 (pl) * 2012-05-26 2015-07-31 Bombardier Transp Gmbh Pulpit maszynisty zaopatrzony w pochłaniające energię elementy do pojazdu szynowego
CN107901928B (zh) * 2017-11-08 2020-03-06 中车长春轨道客车股份有限公司 一种城市轨道车辆可调节式司机脚踏
CN108454641B (zh) * 2018-05-03 2019-07-02 中车株洲电力机车研究所有限公司 轨道车辆司机室地板及其制造方法

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5459706A (en) * 1977-09-30 1979-05-14 Orenstein & Koppel Ag Movable cab for car of motor train
JPH09150738A (ja) * 1995-11-30 1997-06-10 Nippon Sharyo Seizo Kaisha Ltd 鉄道車両の床構造
JPH10152050A (ja) * 1996-11-26 1998-06-09 Hitachi Ltd 鉄道車両構体の床構造

Family Cites Families (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3182605A (en) * 1963-10-07 1965-05-11 Lawrence J Brasher Vehicle control
DE2425419A1 (de) * 1974-05-25 1975-12-04 Rohdjess Joachim Vorrichtung zur lagerung von bauteilen in einer tragenden konstruktion insbesondere in fahrzeugen
DE8814439U1 (ja) * 1988-11-18 1990-03-22 Jenbacher Werke Ag, Jenbach, Tirol, At
ZA933714B (en) * 1992-06-24 1994-01-03 Alusuisse Lonza Services Ag Sound proofing and vibration dampening elastic connecting element
DE9407694U1 (de) * 1993-05-10 1994-07-28 Jenbacher Transportsysteme Führerstand für ein Fahrzeug, insbesondere eine Verschublokomotive
DE19543172C1 (de) * 1995-11-20 1997-05-15 Duewag Ag Stadtbahnwagen
DE19645632C2 (de) * 1996-11-06 1998-09-24 Waggonfabrik Talbot Gmbh & Co Federung einer Führerkabine auf einem Fahrzeug-Untergestell
DE19711036A1 (de) * 1997-03-17 1998-09-24 Duewag Ag Schienenfahrzeug, insbesondere Niederflur-Stadtbahnwagen
DE19841082A1 (de) * 1998-09-09 2000-03-16 Alstom Lhb Gmbh Fußboden für den Fahrzeugführerraum

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5459706A (en) * 1977-09-30 1979-05-14 Orenstein & Koppel Ag Movable cab for car of motor train
JPH09150738A (ja) * 1995-11-30 1997-06-10 Nippon Sharyo Seizo Kaisha Ltd 鉄道車両の床構造
JPH10152050A (ja) * 1996-11-26 1998-06-09 Hitachi Ltd 鉄道車両構体の床構造

Also Published As

Publication number Publication date
JP2005126062A (ja) 2005-05-19
AT393071T (de) 2008-05-15
EP1526055B1 (de) 2008-04-23
DE10349022A1 (de) 2005-06-02
ES2303619T3 (es) 2008-08-16
DE502004006895D1 (de) 2008-06-05
EP1526055A1 (de) 2005-04-27
PT1526055E (pt) 2008-07-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4675604B2 (ja) 鉄道車両
JP2016223602A (ja) 板バネユニット及び鉄道車両用台車
KR101090846B1 (ko) Y형 모노레일 시스템용 다자유도 철도차량
JP2005132127A (ja) 鉄道車両および鉄道車両用台車
JP2005238858A (ja) 鉄道車両のアンチローリング装置
KR100604380B1 (ko) 3차 현수기능을 갖는 철도차량용 대차
JP2018085847A (ja) 鉄道車両用台車
JP2006151078A (ja) 鉄道車両
RS20070065A (en) Truck for railway vehicles
KR100604379B1 (ko) 3차 현수기능의 철도차량용 대차
KR100614610B1 (ko) 전후방향의 완충기능을 갖는 철도차량용 대차
JP6082709B2 (ja) 移動体の床面支持構造
JP2005205927A (ja) 鉄道車両のレベリングサスペンション装置
KR101252547B1 (ko) 철도차량용 현가장치
JP5937000B2 (ja) 車体左右動ダンパ装置及び鉄道車両
JP2000103334A (ja) 車両横ゆれ制振装置
JP2006044425A (ja) 鉄道車両用アンチローリング装置
JP3346347B2 (ja) リニアモータを用いた鉄道車両用台車
JP3899145B2 (ja) 自動車の衝撃吸収構造
JP4336032B2 (ja) 動吸振器の取付方法及び鉄道車両
JP6654499B2 (ja) 鉄道車両用車体間ダンパー装置
JP3974775B2 (ja) 電気自動車用インバータの取付構造
US3877389A (en) Stabilizing roll control for pneumatic spring railway car
JP6581523B2 (ja) 移動体の床面構造
JPH11171014A (ja) 鉄道車両用軸箱支持装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20071001

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100622

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20100917

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20100917

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20100927

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101007

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20101228

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110126

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140204

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees