JP4331406B2 - バーナの運転方法およびバーナ装置 - Google Patents

バーナの運転方法およびバーナ装置 Download PDF

Info

Publication number
JP4331406B2
JP4331406B2 JP2000569162A JP2000569162A JP4331406B2 JP 4331406 B2 JP4331406 B2 JP 4331406B2 JP 2000569162 A JP2000569162 A JP 2000569162A JP 2000569162 A JP2000569162 A JP 2000569162A JP 4331406 B2 JP4331406 B2 JP 4331406B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
fuel
burner
valve
opening degree
output
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2000569162A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2002524715A (ja
Inventor
ドイカー、エバーハルト
ブラウン、ギルベルト
Original Assignee
シーメンス アクチエンゲゼルシヤフトSiemens Aktiengesellschaft
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to DE19841424 priority Critical
Priority to DE19841424.2 priority
Application filed by シーメンス アクチエンゲゼルシヤフトSiemens Aktiengesellschaft filed Critical シーメンス アクチエンゲゼルシヤフトSiemens Aktiengesellschaft
Priority to PCT/DE1999/002713 priority patent/WO2000014451A1/de
Publication of JP2002524715A publication Critical patent/JP2002524715A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4331406B2 publication Critical patent/JP4331406B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23DBURNERS
    • F23D11/00Burners using a direct spraying action of liquid droplets or vaporised liquid into the combustion space
    • F23D11/10Burners using a direct spraying action of liquid droplets or vaporised liquid into the combustion space the spraying being induced by a gaseous medium, e.g. water vapour
    • F23D11/16Burners using a direct spraying action of liquid droplets or vaporised liquid into the combustion space the spraying being induced by a gaseous medium, e.g. water vapour in which an emulsion of water and fuel is sprayed
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23DBURNERS
    • F23D17/00Burners for combustion conjointly or alternatively of gaseous or liquid or pulverulent fuel
    • F23D17/002Burners for combustion conjointly or alternatively of gaseous or liquid or pulverulent fuel gaseous or liquid fuel
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23KFEEDING FUEL TO COMBUSTION APPARATUS
    • F23K5/00Feeding or distributing other fuel to combustion apparatus
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23NREGULATING OR CONTROLLING COMBUSTION
    • F23N1/00Regulating fuel supply
    • F23N1/002Regulating fuel supply using electronic means
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23NREGULATING OR CONTROLLING COMBUSTION
    • F23N1/00Regulating fuel supply
    • F23N1/02Regulating fuel supply conjointly with air supply
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23NREGULATING OR CONTROLLING COMBUSTION
    • F23N2221/00Pretreatment or prehandling
    • F23N2221/10Analysing fuel properties, e.g. density, calorific
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23NREGULATING OR CONTROLLING COMBUSTION
    • F23N2225/00Measuring
    • F23N2225/04Measuring pressure
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23NREGULATING OR CONTROLLING COMBUSTION
    • F23N2235/00Valves, nozzles or pumps
    • F23N2235/12Fuel valves
    • F23N2235/16Fuel valves variable flow or proportional valves
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23NREGULATING OR CONTROLLING COMBUSTION
    • F23N2237/00Controlling
    • F23N2237/08Controlling two or more different types of fuel simultaneously
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23NREGULATING OR CONTROLLING COMBUSTION
    • F23N2237/00Controlling
    • F23N2237/22Controlling water injection

Description

【0001】
本発明は、燃料を燃料供給管を介して供給し、その燃料の供給量をバーナの予め選定された出力に関係して弁(操作部)の開度を介して調整するバーナの運転方法に関する。また本発明は、そのようなバーナ装置に関する。
【0002】
1960年、スプリンガ社出版、ウィーン、J.クルシク氏著の書籍「Die Gasturbinen」、第2版、第354頁以降に、ガスタービンの燃焼器に対する種々の調整装置が記載されている。ガスタービンの採用領域に応じて、その調整装置は全く異なって形成される。しかしそれらの調整装置において、ガスタービンの予め選定された出力に応じて、バーナへの燃料の供給が調整される点では共通している。これは、回転数に依存して遠心力振り子によって、燃料供給管における弁を調整することによって行われる。上述の書籍の第356頁に掲載の図359に示された実施例において、バーナに供給される燃料の量は、ガスタービンの圧縮機によって発生される空気圧に関係して調整される。また第358頁の図361に示された実施例においては、燃焼すべき燃料の量は送り/戻りノズルで調整される。第356頁に説明されているように、航空機用タービンの燃料供給調整装置は、ここでは外気の大きな温度変化および圧力変化に従わねばならないので、特に要求が多い。
【0003】
1990年、スプリンガ社出版、W.バルツ氏、K.H.クートナー氏共著の書籍「Dubbel、Taschenbuch fuer den Maschinenbau」、第17版、X15 6.4章に、媒体の質量流量を調整するための弁が、媒体の密度および速度に関係して圧力降下をひき起こすことが記載されている。非圧縮性媒体について、VDI/VDE基準2173に従って、各装置に対して実験で決定されたkV値(弁の特性量)が、5〜30℃の温度および0.98バールの圧力降下ΔpVOにおける水(密度ρO)の体積流を表している。任意の圧力降下ΔpVおよび別の密度ρにより次式で示す体積流が生ずる。
【数1】
V=kV×(ΔpVρO/(ΔpVOρ))1/2
【0004】
V値と操作量との関連性が弁特性である。kVは弁全開状態における最大値kVSに関係している。その最大値kVSは次式で表される。
【数2】
VS=VO×(ΔpVOρ/(ΔpVρO))1/2
ここで最大流量VOは例えば弁の製造者によって与えられる。
【0005】
本発明の課題は、予め選定された出力に関係した燃料の供給量でバーナを運転する方法を提供することにある。また本発明の課題はそのようなバーナ装置を提供することにある。
【0006】
この方法に向けられた課題は、本発明に基づいて、燃料を燃料供給管を介して供給し、その燃料の供給量をバーナの選定された出力に関係して弁の開度を介して調整するバーナの運転方法において、弁の開度を、バーナの出力を基にして計算し、直接調整することによって解決される。
【0007】
本発明は、予め選定された出力に関係する燃料供給量の通常実施される反復調整(制御)が、瞬間的に変動する運転周辺条件に対して緩慢である、という認識に基づいている。そのような反復調整の場合、予め選定された出力が生ずるように、開度がステップ的に調整される。他の調整装置において、要求される出力が例えば一般に非常に複雑な機械装置によって直接操作量に変換され、この操作量によって、開度が決定される。そのような装置の場合、一般に、予め選定された出力の開度への変換が、予調整され固定された機構だけで行われるので、変化した周辺条件への反応について、非常に狭い可変性しか生じない。
【0008】
バーナとして、特にガスタービン用のバーナが問題となるが、本発明は、車両用の内燃機関に対しても適用される。バーナの燃料は、例えば石油、天然ガス、ディーゼル燃料、ベンジンあるいは灯油である。
【0009】
従って本発明において、弁の開度はまずバーナの出力を基にして計算され、そして直接調整される。これによって、反復調整を実施する必要がないという利点が生ずる。従って、明らかに迅速な装置反応が生ずる。即ち、その装置は例えばポンプ切換のような外乱に非常に迅速に反応する。更に、弁の開度がその都度の運転条件に合わせて計算されるので、実際の運転条件を良好に且つ可変的に適えられるという利点が生ずる。例えば燃料の温度、密度あるいは種類の変化あるいは燃焼場所において変化する圧力は、燃料供給量の調整に対して簡単に関与できる。即ち、予め選定された出力を開度に直接機械的に変換する調整装置に比べて、変化した周辺条件について、かなり高い柔軟性が生ずる。
【0010】
燃料の発熱量を求め、弁の開度の計算に参照すると有利である。また、燃料として少なくとも2つの物質から成る混合物を利用するのが好ましい。燃料の発熱量が燃焼による出力の発生量を決定するので、燃料の発熱量を必要な燃料量を得るために参照する。そのような発熱量の決定にとって、組成がもしかして時間的に変化しても燃料混合物を利用するのが特に有利である。好適には、燃料として油・水混合物を利用し、燃焼中に水を蒸発するためのエネルギ消費量を求め、弁の開度の計算に参照する。そのような油・水乳濁液あるいは分散物は、窒素酸化物の発生を減少するために利用される。水の混入によって、平均燃焼温度が低下する。水の蒸発によって、燃料のエネルギの一部が消費され、これによって、所望出力に貢献しない。
【0011】
燃料の密度を求め、弁の開度の計算に参照するのが有利である。燃料の密度を介して、燃料供給管を通る燃料の質量流量が決定される。正に燃料混合物を利用することが、燃料の密度の決定にとって有利である。
【0012】
燃料供給管における圧力損失を求め、弁の開度の計算に参照することが有利である。そのような圧力損失によって、燃料供給管を通る燃料の質量流量を求め、これによってその圧力損失を、開度を計算する際に参照するのがよい。
【0013】
バーナを内圧のかかった燃焼器に開口させ、燃焼器の内圧を測定し、弁の開度の計算に参照するのが有利である。燃焼器の内圧は、燃焼器に流入する燃料の量に影響を及ぼす。特にガスタービンの場合、圧縮機から燃焼器に燃焼空気が供給されるので、燃焼器内に周囲圧力に比べてかなり高い圧力がかかっている。
【0014】
弁に対して、かかっている圧力状態のもとでバーナの選定された出力をもたらす、弁を通る燃料質量流量を明らかにする流量比較値を求め、弁の開度を、流量比較値と開度との周知の関係によって決定すると有利である。そのような流量比較値は、上述の機械工学ハンドブックに記載のkV値である。
【0015】
バーナを、少なくとも二種類の燃料で選択的に運転すべく設計すると有利である。好適には、バーナを拡散バーナ並びに予混合バーナとして運転する。好適には、バーナをガスタービン、特に定置ガスタービンにおける運転に対して設計する。そのようなバーナは、例えば石油あるいは天然ガスで運転される。このバーナは好適には、拡散バーナとして作動する中央パイロットバーナを備える。即ちこれは、燃焼空気と燃料との予混合を行わない。中央パイロットバーナは、予混合バーナとして作動する主バーナによって包囲されている。即ち、主バーナの場合、燃焼空気と燃料がまず混合され、続いて燃焼部に供給される。拡散バーナは好適には、送り/戻りノズルを有し、燃料、特に石油が送り通路を通してノズルに流入し、部分的にノズル開口から流出する。残存燃料部分は戻り管を通して再び燃料タンクに戻される。その場合、燃料供給量および燃料帰還量は、それぞれ固有の弁で調整される。燃料供給量の調整は、この種装置にとって非常に複雑である。ここでは、各々の運転条件に関し、柔軟な開度調整が特に有利である。
【0016】
バーナ装置に向けられた課題は、本発明に基づいて、燃料が燃料供給管を介して供給され、その燃料の供給量がバーナの選定された出力に関係して弁の開度を介して調整されるバーナ装置において、弁に制御装置が接続され、この制御装置において弁の開度が、バーナの出力、燃料の種類および燃料供給管における圧力損失に関係して決定され、この弁開度が形成されるように、それに応じた信号が弁に伝達されることによって解決される。
【0017】
この本発明に基づくバーナ装置の利点は、上述のバーナの運転方法の利点についての説明に応じて生ずる。
【0018】
以下図に示した実施例を参照して本発明を詳細に説明する。図1は、ガスタービン2に配置されているバーナ1を概略的に示す。
【0019】
ガスタービン2は、直列接続された圧縮機4、燃焼器6およびタービン8を有する。バーナ1は中央拡散バーナ3とこの拡散バーナ3を環状に包囲する予混合バーナ5とを備える。拡散バーナ3は燃料の送り通路7と戻り管9を備える。拡散バーナ3はノズル開口11で燃焼器6に開口している。圧縮機4から流れ経路13を介して圧縮空気が予混合バーナ5に供給される。圧縮空気はまた拡散バーナ3にも供給される(図示せず)。予混合バーナ5に燃料供給管15Aが通じている。拡散バーナ3に燃料供給管15Bが通じている。戻り管9には、燃料戻り管17が続く。燃料供給管15Aに弁(操作部)19Aが、燃料供給管15Bに弁19Bが組み入れられている。それらの弁19A、19Bのそれぞれの開度Oをピストン20A、20Bで具体的に表している。燃料戻り管17に弁21が組み入れられている。この弁21の開度Oもピストン22で具体的に表す。弁19Aは配線23Aを、弁19Bは配線23Bをそして弁21は配線25を介して、それぞれ制御装置27に接続されている。この制御装置27にガスタービン2に対する所望の出力Lを与える配線28も通じている。更にこの制御装置27は、燃焼器6に配置された圧力センサ31に配線29を介して接続されている。燃料供給管15A、15Bはポンプ39に接続され。ポンプ39の上流には混合器37が接続されている。混合器37は水タンク35および油タンク33に接続されている。油タンク33に燃料戻り管17が開口している。
【0020】
ガスタービン2の運転中、油Bがポンプ39を介して油タンク33から混合器37に搬送される。更に水Hが水タンク35から混合器37に供給される。油Bおよび水Hは燃料BHの形に混合される。燃料BHは燃料供給管15A、15Bを介して予混合バーナ5および拡散バーナ3に供給される。そして燃料BHは燃焼器6内で燃焼する。そこで発生した高温燃焼ガスでタービン8を駆動する。タービン8における所望の出力に応じて、多量あるいは少量の燃料BHが供給される。また燃料BH内の含水量を変化させることがしばしば望まれる。その可変含水量に応じ、燃料BHの発熱量並びに水Hを蒸発するためのエネルギ消費量が変化する。また燃料BHの密度も変化する。この可変量は、燃焼中の発生出力に影響を及ぼすので、燃料BHの供給量は、所望の出力Lを得るために相応して調整せねばならない。更に例えば瞬間的な圧力低下は、燃料供給量の非常に迅速な調整を要求する。図示したバーナ装置はこの要求を、所望の出力Lを制御装置27に与え、そこで物理的周辺条件から弁19A、19Bのそれぞれの開度Oを直接計算することにより適える。即ち、燃料供給量のゆるやかな反復追加調整は行わない。開度Oの計算に燃料BHの種類および組成を参照するので、燃料BHの組成変化の要求を適える。詳しくは、例えば次のように開度Oの計算を行う。
【0021】
まず燃料BHの発熱量HWBHを、水Hの質量流量mHと発熱量HWHならびに燃料油Bの質量流量mBと発熱量HWBを基にして、次式で求める。
【数3】
HWBH=(mH×HWH+mB×HWB)/(mH+mB
【0022】
この場合、水Hに対する負の発熱量HWHを考慮して、水Hの蒸発に対するエネルギ消費量を計算に入れる。
【0023】
第2段階において、燃料の密度DBHを、油の密度DBおよび水の密度DHを基にして次式で求める。
【数4】
BH=((mH+mB)×DB×DH )/(mH×DB+mB×DH
【0024】
更に、拡散バーナ3の圧力損失ΔpDを、流入質量流量mVLと帰還質量流量mRLとに関係した、拡散バーナ3にとって特有の特性値Kから次式で求める。
【数5】
ΔpD=K(mVL/mRL)×mVL 2×(1/DBH
【0025】
燃料供給管15a、15bにおける配管圧力損失ΔpRを、この配管特有のkV値kVRを基にして次式で求める。
【数6】
ΔpR=mVL 2×(1/DBH)×(1/kVR 2
【0026】
燃焼器6内における内圧pBによって、弁19A、19Bの下流に設定すべき圧力pSを決定する。
【数7】
pS=pB+ΔpD+ΔpR
【0027】
弁19A、19BのkV値は、いまやポンプ39の下流における圧力pPで生ずる。
【数8】
V=mVL/(DBH×(pP−pS))1/2
【0028】
最終的に、kV値と開度Oとの周知の関係から、所望の開度Oを決定する。信号SA、SBに基づき、弁19A、19Bにおけるその都度の開度Oを調整する。戻り管17内の弁21に対する信号SCは、信号SA、SBの計算と全く同じ意味に従って行う。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明に基づくバーナ装置の概略配管系統図。
【符号の説明】
1 バーナ
2 ガスタービン
3 拡散バーナ
5 予混合バーナ
6 燃焼器
15 燃料供給管
19 弁(操作部)
O 弁の開度
L バーナの出力

Claims (10)

  1. 燃料(BH)を燃料供給管(15)を介して供給し、その燃料(BH)の供給量をバーナ(1)の選定された出力(L)に関係して弁(19)の開度(O)を介して調整するバーナの運転方法において、
    燃料(BH)の発熱量を求め、
    弁(19)の開度(O)を、バーナ(1)の選定された出力(L)および燃料(BH)の発熱量に基づき計算し、直接調整し、そしてこの際
    燃料(BH)として油・水混合物を利用し、燃焼中に水(W)を蒸発するためのエネルギ消費量を求め、弁(19)の開度(O)の計算に参照することを特徴とするバーナの運転方法。
  2. 燃料(BH)として少なくとも2つの物質(B、H)から成る混合物を利用することを特徴とする請求項1記載の方法。
  3. 燃料(BH)の密度を求め、弁(19)の開度(O)の計算に参照することを特徴とする請求項1又は2記載の方法。
  4. 燃料供給管(15)における圧力損失(Δp)を求め、弁(19)の開度(O)の計算に参照することを特徴とする請求項1ないし3の1つに記載の方法。
  5. バーナ(1)を内圧(pB)がかかっている燃焼器(6)に開口させ、その燃焼器(6)の内圧(pB)を測定し、弁(19)の開度(O)の計算に参照することを特徴とする請求項1ないし4の1つに記載の方法。
  6. 弁(19)に対し、かかっている圧力状態のもとでバーナ(1)の選定された出力(L)をもたらす弁(19)を通る燃料質量流量を明らかにする流量比較値(k V )を求め、この流量比較値(k V )を弁(19)の開度(O)の計算に参照することを特徴とする請求項1ないし5の1つに記載の方法。
  7. バーナ(1)を、少なくとも二種類の燃料(BH、G)で選択的に運転すべく設計することを特徴とする請求項1ないし6の1つに記載の方法。
  8. バーナ(1)を拡散バーナ(3)並びに予混合バーナ(5)として運転することを特徴とする請求項記載の方法。
  9. バーナ(1)をガスタービン(2)、特に定置ガスタービン(2)における運転に対して設計することを特徴とする請求項1ないし8の1つに記載の方法。
  10. 燃料(BH)が燃料供給管(15)を介して供給され、その燃料(BH)の供給量がバーナ(1)の選定された出力(L)に関係して弁(19)の開度(O)を介して調整されるバーナ装置において、
    弁(19)に制御装置(27)が接続され、この制御装置(27)において、弁(19)の開度(O)の計算が、選定された出力(L)と燃料(BH)の発熱量に関係して実行され、
    弁(19)の開度(O)を調整するための信号(S)が制御装置(27)から弁(19)に伝達され、この結果弁(19)の開度(O)が選定された出力および燃料(BH)の発熱量に基づき直接調整され、
    燃料(BH)として油・水混合物が利用され、燃焼中に水(W)を蒸発するためのエネルギ消費量が求められ、弁(19)の開度(O)の計算に参照されることを特徴とするバーナ装置
JP2000569162A 1998-09-10 1999-08-31 バーナの運転方法およびバーナ装置 Expired - Fee Related JP4331406B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
DE19841424 1998-09-10
DE19841424.2 1998-09-10
PCT/DE1999/002713 WO2000014451A1 (de) 1998-09-10 1999-08-31 Verfahren zum betrieb eines brenners und brenneranordnung

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002524715A JP2002524715A (ja) 2002-08-06
JP4331406B2 true JP4331406B2 (ja) 2009-09-16

Family

ID=7880526

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000569162A Expired - Fee Related JP4331406B2 (ja) 1998-09-10 1999-08-31 バーナの運転方法およびバーナ装置

Country Status (5)

Country Link
US (1) US6490867B2 (ja)
EP (1) EP1112461B1 (ja)
JP (1) JP4331406B2 (ja)
DE (1) DE59909192D1 (ja)
WO (1) WO2000014451A1 (ja)

Families Citing this family (25)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE10049205A1 (de) * 2000-10-05 2002-05-23 Alstom Switzerland Ltd Verfahren und Vorrichtung zur Brennstoffversorgung eines Vormischbrenners
DE50112904D1 (de) 2000-12-16 2007-10-04 Alstom Technology Ltd Verfahren zum Betrieb eines Vormischbrenners
US6637184B2 (en) * 2002-01-24 2003-10-28 Siemens Westinghouse Power Corporation Flow control system for liquid fuel engine having stage-specific control of fuel flow to several groups of nozzles in the engine
JP4495971B2 (ja) * 2002-01-25 2010-07-07 アルストム テクノロジー リミテッドALSTOM Technology Ltd ガスタービン群を運転するための方法
DE10345566A1 (de) * 2003-09-29 2005-04-28 Alstom Technology Ltd Baden Verfahren zum Betrieb einer Gasturbine sowie Gasturbinenanlage zur Durchführung des Verfahrens
EP1524423A1 (de) * 2003-10-13 2005-04-20 Siemens Aktiengesellschaft Verfahren und Vorrichung zum Ausgleichen von Schwankungen der Brennstoffzusammensetzung in einer Gasturbinenanlage
AU2005201746B2 (en) * 2004-10-12 2010-09-30 Lg Electronics Inc. Gas burner and method for controlling the same
US7640725B2 (en) * 2006-01-12 2010-01-05 Siemens Energy, Inc. Pilot fuel flow tuning for gas turbine combustors
US8001761B2 (en) * 2006-05-23 2011-08-23 General Electric Company Method and apparatus for actively controlling fuel flow to a mixer assembly of a gas turbine engine combustor
US7854110B2 (en) * 2006-11-16 2010-12-21 Siemens Energy, Inc. Integrated fuel gas characterization system
US7950216B2 (en) * 2007-01-30 2011-05-31 Pratt & Whitney Canada Corp. Gas turbine engine fuel control system
US20090025396A1 (en) * 2007-07-24 2009-01-29 General Electric Company Parallel turbine fuel control valves
US7628062B2 (en) * 2007-09-06 2009-12-08 General Electric Company Method and system to determine composition of fuel entering combustor
US7966802B2 (en) * 2008-02-05 2011-06-28 General Electric Company Methods and apparatus for operating gas turbine engine systems
JP4979615B2 (ja) * 2008-03-05 2012-07-18 株式会社日立製作所 燃焼器及び燃焼器の燃料供給方法
ITMI20090153A1 (it) * 2009-02-06 2010-08-07 Ansaldo Energia Spa Dispositivo e metodo per regolare l'alimentazione di gas ad una camera di combustione e impianto a turbina a gas comprendente tale dispositivo
DE102009010611A1 (de) * 2009-02-25 2010-08-26 Siemens Aktiengesellschaft Vorrichtung und Verfahren zur Steuerung einer mit mehreren Brennern ausgestatteten Turbine für flüssige oder gasförmige Brennstoffe
US8356484B2 (en) * 2009-05-01 2013-01-22 General Electric Company Hybrid Wobbe control during rapid response startup
DE102009026881A1 (de) 2009-06-10 2010-12-16 Air-Lng Gmbh Antrieb für eine Turbine nebst Antriebsverfahren
EP2547961B1 (de) * 2010-03-19 2020-02-19 Technische Universität Berlin Verfahren und system zum regeln oder steuern des betriebsverhaltens einer gasturbinenverbrennungsanlage
EP2434221A1 (en) * 2010-09-22 2012-03-28 Siemens Aktiengesellschaft Method and arrangement for injecting an emulsion into a flame
CH705965A1 (de) * 2012-01-09 2013-07-15 Alstom Technology Ltd Method for operating a gas turbine.
EP2738374A1 (en) 2012-12-03 2014-06-04 Siemens Aktiengesellschaft Method and arrangement for controlling fuel supply for a gas turbine
RU2518759C1 (ru) * 2013-01-23 2014-06-10 Общество с ограниченной ответственностью "Энерго Эстейт" Газомазутная горелка
US10371048B2 (en) * 2016-02-22 2019-08-06 Mitsubishi Hitachi Power Systems, Ltd. Combustor and gas turbine

Family Cites Families (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP0055852B1 (en) * 1980-12-27 1987-05-27 Hitachi, Ltd. Method and apparatus for controlling combustion of gasified fuel
JPH0574697B2 (ja) * 1985-04-17 1993-10-19 Hitachi Ltd
US4761948A (en) * 1987-04-09 1988-08-09 Solar Turbines Incorporated Wide range gaseous fuel combustion system for gas turbine engines
EP0498809B2 (en) * 1989-10-30 1997-10-29 Honeywell Inc. combustion control
AU627952B2 (en) * 1989-12-11 1992-09-03 Westinghouse Electric Corporation Gas turbine control system having maximum instantaneous load pickup limiter
JP3039947B2 (ja) * 1990-03-19 2000-05-08 株式会社日立製作所 ガスタービンの燃料制御装置
JP2961913B2 (ja) * 1991-02-26 1999-10-12 株式会社日立製作所 燃焼装置及びその制御方法
JP2954401B2 (ja) * 1991-08-23 1999-09-27 株式会社日立製作所 ガスタービン設備およびその運転方法
US5357741A (en) * 1992-05-01 1994-10-25 Dresser-Rand Company NOx and CO control for gas turbine
DE19627857C2 (de) * 1996-07-11 1998-07-09 Stiebel Eltron Gmbh & Co Kg Verfahren zum Betrieb eines Gasgebläsebrenners
US6199366B1 (en) * 1997-11-04 2001-03-13 Hitachi, Ltd. Gas turbine

Also Published As

Publication number Publication date
US6490867B2 (en) 2002-12-10
US20010023578A1 (en) 2001-09-27
DE59909192D1 (de) 2004-05-19
EP1112461A1 (de) 2001-07-04
WO2000014451A1 (de) 2000-03-16
JP2002524715A (ja) 2002-08-06
EP1112461B1 (de) 2004-04-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10544739B2 (en) Method and apparatus for optimizing the operation of a turbine system under flexible loads
EP1756475B1 (en) Gaseous fuel burner
US2219994A (en) Gas turbine plant and regulating system therefor
US6813875B2 (en) Control system for gas-turbine engine
RU2390643C2 (ru) Модуляция количества топлива в двигателях с зажиганием от вспомогательного топлива
JP3143924B2 (ja) ガスタービン用燃料スプリッタ弁アセンブリ
US7841186B2 (en) Inlet bleed heat and power augmentation for a gas turbine engine
US5540045A (en) Steam injection system for a combustion turbine gas generator
US5743079A (en) Turbine engine control system
KR101295975B1 (ko) 엔진의 연소기를 제어하는 방법
JP3330601B2 (ja) タービン機関制御システム
US2371889A (en) Gas turbine motor plant
US6332313B1 (en) Combustion chamber with separate, valved air mixing passages for separate combustion zones
CN101737169B (zh) 用于燃气涡轮的燃料控制系统和前馈控制方法
US7617687B2 (en) Methods and systems of variable extraction for gas turbine control
CN1932264B (zh) 燃气轮机的燃烧控制装置
US8490379B2 (en) Gas turbine control device
US6364602B1 (en) Method of air-flow measurement and active operating limit line management for compressor surge avoidance
US7188465B2 (en) Method and apparatus for actuating fuel trim valves in a gas turbine
AU2008252060B2 (en) Method for controlling a gas turbine in a power plant and power plant for carrying out the method
US7980082B2 (en) Wobbe control and enhanced operability through in-line fuel reforming
JP4624647B2 (ja) Dlnガスタービンの性能が強化された制御
US4462376A (en) Method and apparatus for determining and controlling the exhaust gas recirculation rate in internal combustion engines
US7603840B2 (en) LNG power plant
RU2550292C2 (ru) Регулятор газотурбинной установки и способ ее регулирования

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060801

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20081211

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20090311

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20090318

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090403

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20090519

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20090618

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Ref document number: 4331406

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120626

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130626

Year of fee payment: 4

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees