JP3389759B2 - 物品移載装置 - Google Patents

物品移載装置

Info

Publication number
JP3389759B2
JP3389759B2 JP29511595A JP29511595A JP3389759B2 JP 3389759 B2 JP3389759 B2 JP 3389759B2 JP 29511595 A JP29511595 A JP 29511595A JP 29511595 A JP29511595 A JP 29511595A JP 3389759 B2 JP3389759 B2 JP 3389759B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
horizontal moving
moving table
article
horizontal
pallet
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP29511595A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH09136717A (ja
Inventor
行伸 安田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Murata Machinery Ltd
Original Assignee
Murata Machinery Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Murata Machinery Ltd filed Critical Murata Machinery Ltd
Priority to JP29511595A priority Critical patent/JP3389759B2/ja
Publication of JPH09136717A publication Critical patent/JPH09136717A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3389759B2 publication Critical patent/JP3389759B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、物品移載位置に対
して進入・退避自在である水平動台を備えた物品移載装
置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、第1昇降台を有するデパレタイズ
ステーションと、第2昇降台を有するパレタイズステー
ションと、両ステーション間を往復動する水平動台とを
備え、水平動台はデパレタイズステーションにおける物
品受取位置で第1昇降台上の複数の物品を層単位で受け
取った後、水平動してパレタイズステーションの物品移
載位置に進入し、この物品移載位置において、ストッパ
により物品の移動を規制しつつ水平動台が退避すること
により、水平動台上の複数の物品が第2昇降台上に移載
される物品移載装置が知られている。この装置では、水
平動台はローラーコンベアを有しており、水平動台の退
避時、物品は水平動台の退避方向最後端のローラー上か
ら第2昇降台上に落下して移載される。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、このよ
うな従来の装置においては、物品が水平動台のローラー
上から第2昇降台上に落下するので、衝撃で物品が損傷
したり、向きや位置のずれにより整列状態が崩れて第2
昇降台上に移載されてしまうことがあった。
【0004】本発明は上記課題に鑑みてなされたもの
で、その目的は、水平動台の退避時における物品の落差
を小さくして、物品の損傷を防止するとともに、整列状
態を維持して第2昇降台上に物品を移載することができ
る物品移載装置を提供することにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に、請求項1記載の発明は、物品移載位置に対して進入
・退避自在である水平動台を備えた物品移載装置であっ
て、ローラーコンベアを有する水平動台の退避方向後端
部に、上面が外方に向かって下り傾斜したスロープ部材
を備えるとともに、このスロープ部材をローラーコンベ
アにおける水平動台の退避方向最後端のローラー軸回り
に揺動自在とした物品移載装置とする。
【0006】請求項2記載の発明は、前記水平動台の退
避方向に沿って設けられたレール部材と、スロープ部材
の先端部に設けられて水平動台の水平動に伴ってレール
部材上を摺動する回転部材とを備え、レール部材はその
上面高さが異なる部分を有し、レール部材上にある回転
部材の高さ変化に応じてスロープ部材が揺動するものと
する。
【0007】
【0008】本発明は以下のような作用をなすものであ
る。請求項1記載の発明では、水平動台の退避方向後端
部に上面が外方に向かって下り傾斜したスロープ部材を
備えたので、水平動台の退避時、物品はスロープ部材の
上面を滑り落ちて水平動台から払い出される。また、ス
ロープ部材はローラーコンベアにおける水平動台の退避
方向最後端のローラー軸回りに揺動自在であるので、水
平動台の位置等に応じてスロープ部材上面の傾斜角度が
変更される。
【0009】
【実施の形態】以下に本発明の実施の形態を図面を用い
て説明するが、本発明の趣旨を越えない限り、何ら本実
施の形態に限定されるものではない。尚、本明細書にお
いて、前とは図1右側、後とは同図左側をいい、左とは
図1紙面裏側、右とは同図紙面表側をいう。
【0010】図1に示すように、物品移載装置は、デパ
レタイズステーション10と、その前方に並設されたパ
レタイズステーション20と、両ステーションの上部間
を水平動自在な水平動台30と、パレタイズステーショ
ン20の前方に並設された物品搬出コンベア40と、物
品搬出コンベア40の上方に設けられたシート材供給装
置50と、シート材供給装置50の前方に並設されたパ
レット出し入れ装置60とを有している。
【0011】以下に各装置の詳細及び装置間の関連につ
いて説明する。デパレタイズステーション10は、段積
物品が載置されたパレットPを載置する昇降自在な第1
昇降台11と、第1昇降台11上の段積物品の最上層の
物品群Wあるいは第1昇降台11の真上(物品受取位
置)にある水平動台30上の物品群Wの整列状態を矯正
する矯正手段12と、第1昇降台11上の段積物品の最
上層の物品群Wを吸着して持ち上げることが可能な物品
保持装置13とを有している。
【0012】デパレタイズステーション10における矯
正手段12は第1昇降台11の昇降領域の上方に設けら
れ、水平動自在な4つの押圧板を有している。各押圧板
は第1昇降台11上あるいは水平動台30上の物品群W
の前後左右の各側面を押圧することにより、その物品群
Wの整列状態を矯正するものである。尚、左右及び前側
の3つの押圧板は水平動に加えて上下動も可能となって
おり、水平動台30との干渉を回避できるようになって
いる。
【0013】物品保持装置13は昇降自在な複数の吸着
パッド14を有し、この吸着パッド14により物品群W
の上面を吸着して、第1昇降台11上の段積物品の最上
層の物品群Wを一層分まとめて持ち上げることができ
る。
【0014】パレタイズステーション20は、デパレタ
イズステーション10からの一層分の物品群Wを受け取
るパレットPを載置する昇降自在な第2昇降台21と、
第2昇降台21の真上(物品移載位置)にある水平動台
30上の物品群Wの整列状態を矯正する矯正手段22と
を有している。
【0015】パレタイズステーション20における矯正
手段22は第2昇降台21の昇降領域の上方に設けら
れ、水平動自在な4つの押圧板を有している。各押圧板
は物品移載位置にある水平動台30上の物品群Wの前後
左右の各側面を押圧することにより、その物品群Wの整
列状態を矯正するものである。尚、前後2つの押圧板は
水平動に加えて上下動も可能となっており、水平動する
水平動台30上の物品群Wとの干渉を回避できるように
なっている。後側の押圧板はさらに水平動台30が物品
移載位置から後方に退避する際、その水平動台30上の
物品群Wの後方への移動を規制する手段としても作用す
る。
【0016】水平動台30はローラーコンベアを有して
おり、デパレタイズステーション10の上部にある物品
受取位置とパレタイズステーション20の上部にある物
品移載位置との間で水平動自在となっている。尚、ロー
ラーコンベアにおける各ローラー31は水平動台30に
搭載されたモーター(図示略)を駆動源として、各ロー
ラー軸端部に嵌め止められたスプロケット間に渡された
チェーン(図示略)によって連動して駆動するように構
成されている。
【0017】図4に示すように、水平動台30の往復動
領域には、外側から順にそれぞれ左右一対のガイド部材
32,ラック33及びレール部材34が前後方向に沿っ
て設けられている。最も外側にある左右一対のガイド部
材32は水平動台30を正確に前後方向に案内するため
のものであり、水平動台30側にはガイド部材32に係
合する部材(図示略)が設けられている。ガイド部材3
2の内側にある左右一対のラック33は水平動台30を
前後に水平動させるためのものであり、水平動台30側
にはラック33に噛合する左右一対のピニオン35が設
けられている。左右一対のピニオン35は共通の駆動軸
36に取付けられており、水平動台30に搭載されたモ
ーター(図示略)によって連動して回動するように構成
されている。このような構成によって、左右一対のピニ
オン35が回動すると、水平動台30は左右一対のガイ
ド部材32に案内されて前後に水平動する。
【0018】水平動台30は、その前端部(退避方向後
端部)にほぼ左右全幅に渡って、上面が前方に向かって
下り傾斜したスロープ部材37を有している。このスロ
ープ部材37は最前端のローラー31のローラー軸回り
に揺動自在であり、ラック33の内側にある左右一対の
レール部材34は水平動台30の位置に応じてスロープ
部材37を揺動させてその上面の傾斜角度を変えるため
のものである。
【0019】スロープ部材37の揺動機構について説明
すると、レール部材34は位置に応じてその上面高さが
異なっており、スロープ部材37の先端部には水平動台
30の水平動に伴ってレール部材34上を摺動する回転
部材38が設けられていて、水平動台30の水平動に伴
ってレール部材34上の回転部材38の高さ位置が変化
することにより、スロープ部材37がその揺動軸回りに
揺動するようになっている。
【0020】具体的には、レール部材34は前端部に傾
斜部34a及び下段部34bを有しており、水平動台3
0が水平動領域の前端部(物品移載位置)にあるとき、
回転部材38はレール部材34の下段部34b上に位置
することにより、スロープ部材37の上面は急な傾斜角
度となり、物品移載位置にある水平動台30を前方の物
品搬出コンベア40に出来る限り近づけることができる
(図5参照)。
【0021】一方、回転部材38がレール部材34の傾
斜部34a及び下段部34b以外の部分(上段部)上に
位置するときは、その高さ位置は下段部34bにあると
きより高くなって、スロープ部材37の上面は緩やかな
傾斜角度となり、移載時に物品がスロープ部材37上を
滑り落ちて強い衝撃を受けないようにすることができる
(図6参照)。
【0022】パレタイズステーション20の前方に接続
された物品搬出コンベア40は切出し手段(図示略)を
有しており、物品移載位置にある水平動台30から受け
取った一層分の物品群Wを1つずつの物品にばらして後
工程に搬送することができる。
【0023】物品搬出コンベア40の上方に設けられた
シート材供給装置50は、搬送方向を前後方向とするシ
ート材供給コンベア51と、シート材供給コンベア51
の上方において前後に水平動自在且つ昇降自在な複数の
吸着パッド52を有する物品保持装置53とを有してい
る。物品保持装置53は、シート材供給コンベア51上
にあるシート材用パレットPに積み重ねられたシート材
のうち最上部のものを1枚だけ吸着パッド52で吸着し
て持ち上げ、そのままパレタイズステーション20の上
方まで後方に向かって移動し、吸着しているシート材を
第2昇降台21上の物品群Wの上に載置することができ
る。尚、シート材は例えばダンボール等であり、このシ
ート材を第2昇降台21上の物品群Wの層間に介在させ
ることにより、その物品群Wがロの字状のような隙間を
有する整列状態であっても、その隙間上にさらに物品を
段積みすることができる。
【0024】シート材供給装置50の前方に設けられた
パレット出し入れ装置60は、平面視でほぼ正方形状の
頂点位置に立設された4本のマスト61と、このマスト
61によって形成される昇降領域内を昇降自在な昇降台
62と、昇降領域の下部に設けられたパレット取り入れ
ステーション64とを有している。
【0025】昇降台62は上下に2段のパレット載置部
63を有している。各パレット載置部63は搬送方向を
前後方向とするローラーコンベアにより構成されている
とともに、昇降台62にはローラーコンベアの駆動源で
ある2つのモーター(図示略)が搭載されており、各ロ
ーラーコンベアは互いに独立して駆動可能となってい
る。
【0026】パレット取り入れステーション64は搬送
方向を左右方向とするチェーンコンベア65を有してお
り、昇降台62が最下位置に下降する際にチェーンコン
ベア65に干渉しないように構成されている。昇降台6
2が最下位置にあるとき、チェーンコンベア65の搬送
面は昇降台62における上側のローラーコンベアの搬送
面より上方に位置し、昇降台62の最下位置からの上昇
及び最下位置への下降によって昇降台62とチェーンコ
ンベア65との間でパレットPの受け渡しを行うことが
できる。
【0027】以上のように構成される物品移載装置の作
用を以下に説明する。 (1)デパレタイズステーション10の第1昇降台11
に段積物品が載置されたパレットPが載置されるととも
に、パレタイズステーション20の第2昇降台21に物
品が載置されていない空パレットPが載置される。
【0028】(2)段積物品における最上層の物品群W
が矯正手段12の4つの押圧板に囲まれる位置に達する
まで第1昇降台11を上昇させ、矯正手段12によって
最上層の物品群Wの側面を四方から押圧して整列状態を
矯正する。
【0029】(3)物品保持装置13の吸着パッド14
を物品群Wの上面に当たるまで下降させ、吸着しながら
上昇させることにより最上層の物品群Wを持ち上げる。
【0030】(4)パレタイズステーション20側にあ
る水平動台30を後方に向かって移動させ、持ち上げた
物品群Wの真下(物品受取位置)に進入させる。尚、こ
のとき矯正手段12の左右及び前側の押圧板は上昇位置
にあり、水平動台30が干渉しないようになされてい
る。
【0031】(5)吸着状態のまま物品群Wの下面が水
平動台30に当接するまで吸着パッド14を下降させた
後、吸着状態を解除して物品群Wを水平動台30上に移
載し、矯正手段12によって再度物品群Wの整列状態を
矯正する。
【0032】(6)物品群Wを載せた状態で水平動台3
0を前方に移動させ、パレタイズステーション20にお
ける第2昇降台21の真上(物品移載位置)に位置させ
る。尚、このとき矯正手段22の後側の押圧板は上昇位
置にあり、水平動台30及び水平動台30上の物品群W
と干渉しないようになされている。
【0033】(7)矯正手段22によって水平動台30
上の物品群Wの側面を四方から押圧して整列状態を矯正
する。尚、このとき第2昇降台21は空パレットPの上
面高さが水平動台30の下面高さのやや下方にある高さ
にて待機している。
【0034】(8)水平動台30上の物品群Wを第2昇
降台21上に移載する場合、矯正手段22の後側の押圧
板のみ矯正時のまま物品群Wの側面に当接した状態とし
て、ローラー31を搬送方向が前方方向で、且つ、搬送
速度が後述する水平動台30の退避速度とほぼ等しくな
るように駆動しつつ、物品移載位置にある水平動台30
を後方に向かって移動(退避)させる。このようにロー
ラー31を駆動しつつ水平動台30を退避させるので、
退避動作に伴って水平動台30上の物品群Wの整列状態
がほとんど崩れることがなく、水平動台30上の物品群
Wは、退避動作前のほぼ真下位置において整列状態を正
確に維持しつつ第2昇降台21上に移載される。
【0035】(9)整列状態等により必要に応じて、シ
ート材供給装置50によりシート材供給コンベア51上
にあるシート材用パレットPに載置されたシート材を第
2昇降台21に移載された物品群W上に載置し、第2昇
降台21を物品群Wの高さ分だけ下降させる。
【0036】(10)(2)〜(9)とほぼ同様のこと
を所定回数繰り返して、所定段数の物品群Wを第1昇降
台11上から第2昇降台21上に移載する。
【0037】(11)(7)において水平動台30上の
物品群Wの整列状態を矯正した後、その物品群Wを物品
搬出コンベア40に払い出す場合、水平動台30を物品
移載位置に停止させたままローラー31を搬送方向が前
方方向となるように駆動する。物品搬出コンベア40に
払い出された物品群Wは所定の切出し動作によって1つ
ずつの物品にばらされて搬送される。
【0038】(12)シート材供給コンベア51上のシ
ート材用パレットPに積み重ねられたシート材が無くな
ると、パレット出し入れ装置60との間でパレットPの
受け渡しを行って実パレットPとの交換を行う。パレッ
ト出し入れ装置60の昇降台62は、待機状態として、
上側のパレット載置部63に実パレットPを載置した状
態で、下側のパレット載置部63がシート材供給コンベ
ア51と繋がる高さ(パレットPの受け渡しが可能な高
さ)となっており、シート材供給コンベア51から空パ
レットPを下側のパレット載置部63で受け取り、上側
のパレット載置部63がシート材供給コンベア51と繋
がる高さまで下降した後、シート材供給コンベア51に
実パレットPを払い出すことにより、素早くパレット交
換を行うことができる。
【0039】
【発明の効果】本発明は以上のように構成されるので、
以下のような効果を奏する。請求項1記載の発明によれ
ば、水平動台の退避方向後端部に上面が外方に向かって
下り傾斜したスロープ部材を備えたので、水平動台の退
避時、物品はスロープ部材の上面を滑り落ちて水平動台
から払い出される。従って、移載時の落差が小さくな
り、物品の損傷を防止することができるとともに、水平
動台上における整列状態を維持して物品を移載すること
ができる。また、スロープ部材はローラーコンベアにお
ける水平動台の退避方向最後端のローラー軸回りに揺動
自在であるので、水平動台の位置等に応じてスロープ部
材上面の傾斜角度を変更することができる。例えば、水
平動台が物品移載位置にあるとき、スロープ部材の上面
を急な傾斜角度として、水平動台を隣り合うコンベアに
出来る限り近づけることができる。さらに、水平動台の
揺動軸としてローラーコンベアにおけるローラー軸を利
用しているので、水平動台の退避方向後端部にスロープ
部材の揺動軸を特別に設ける必要がなく構成が簡単とな
る。請求項2記載の発明によれば、水平動台の退避方向
に沿って設けられたレール部材と、スロープ部材の先端
部に設けられて水平動台の水平動に伴ってレール部材上
を摺動する回転部材とを備え、レール部材はその上面高
さが異なる部分を有し、レール部材上にある回転部材の
高さ変化に応じてスロープ部材が揺動するので、レール
部材の上面高さを予め調節しておくことで、モーター等
の揺動源を使用することなく、水平動台の水平動に伴っ
てスロープ部材を揺動させることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本実施の形態に係る物品移載装置を示す簡略側
面図である。
【図2】図1の一部省略平面図である。
【図3】パレット出し入れ装置を示す簡略正面図であ
る。
【図4】水平動台の水平動を説明するための説明図であ
る。
【図5】物品移載位置にある水平動台を示す簡略平面図
である。
【図6】退避中の水平動台を示す簡略平面図である。
【符号の説明】
P パレット W 物品群 10 デパレタイズステーション 11 第1昇降台 20 パレタイズステーション 21 第2昇降台 30 水平動台 31 ローラー 32 ガイド部材 33 ラック 34 レール部材 37 スロープ部材 38 回転部材 40 物品搬出コンベア 50 シート材供給装置 51 シート材供給コンベア 60 パレット出し入れ装置 61 昇降台 62 チェーンコンベア

Claims (2)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 物品移載位置に対して進入・退避自在で
    ある水平動台を備えた物品移載装置であって、ローラー
    コンベアを有する水平動台の退避方向後端部に、上面が
    外方に向かって下り傾斜したスロープ部材を備えるとと
    もに、このスロープ部材をローラーコンベアにおける水
    平動台の退避方向最後端のローラー軸回りに揺動自在と
    した物品移載装置。
  2. 【請求項2】 前記水平動台の退避方向に沿って設けら
    れたレール部材と、スロープ部材の先端部に設けられて
    水平動台の水平動に伴ってレール部材上を摺動する回転
    部材とを備え、レール部材はその上面高さが異なる部分
    を有し、レール部材上にある回転部材の高さ変化に応じ
    てスロープ部材が揺動する請求項1記載の物品移載装
    置。
JP29511595A 1995-11-14 1995-11-14 物品移載装置 Expired - Fee Related JP3389759B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP29511595A JP3389759B2 (ja) 1995-11-14 1995-11-14 物品移載装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP29511595A JP3389759B2 (ja) 1995-11-14 1995-11-14 物品移載装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09136717A JPH09136717A (ja) 1997-05-27
JP3389759B2 true JP3389759B2 (ja) 2003-03-24

Family

ID=17816492

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP29511595A Expired - Fee Related JP3389759B2 (ja) 1995-11-14 1995-11-14 物品移載装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3389759B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101725266B1 (ko) * 2015-10-29 2017-04-10 이문희 팔레트 상의 적재 대상물 밀착 장치

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5319164B2 (ja) * 2008-06-03 2013-10-16 オークラ輸送機株式会社 段積み装置
KR102124816B1 (ko) * 2018-12-28 2020-06-19 현대무벡스 주식회사 물품 박스 공급 장치용 메인 공급 유닛
KR102381407B1 (ko) * 2020-03-27 2022-04-01 주식회사 에이텍에이피 물류용 소터
CN113233243B (zh) * 2021-05-25 2024-01-16 河南省诚和印制有限公司 一种数字印刷装置及数字印刷工艺
CN115195285A (zh) * 2022-06-15 2022-10-18 宜昌金宝乐器制造有限公司 钢琴立柱涂装生产线及方法

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101725266B1 (ko) * 2015-10-29 2017-04-10 이문희 팔레트 상의 적재 대상물 밀착 장치

Also Published As

Publication number Publication date
JPH09136717A (ja) 1997-05-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH07437Y2 (ja) 平坦積重ね要素を自動的に積重ねる積重ね装置
GB2189209A (en) Loading cartons on to pallets
EP1740487B1 (en) Apparatus and method for stacking objects
US3986620A (en) Palletizing apparatus for piece goods
US3834298A (en) Brick unloader-stacker apparatus
JP3389759B2 (ja) 物品移載装置
CN110654019A (zh) 超薄电子玻璃离线覆膜生产线及生产方法
EP0999156B1 (en) Apparatus and method for automatic stacking of products on a pallet
JPH06115696A (ja) パレタイザのシート供給装置
JPH09136718A (ja) パレット出し入れ装置
JPH09136713A (ja) 物品移載装置
CN113291810B (zh) 一种玻璃板批量转料机
CN215325578U (zh) 一种全自动玻璃板转料机
CN210880905U (zh) 超薄电子玻璃离线覆膜生产线
US5411363A (en) Case unloading apparatus
JPH06227663A (ja) 物品積込装置
JP7398388B2 (ja) パレットのグループ化ステーション
JPH0422815B2 (ja)
JPH1159903A (ja) 板材の集積方法および装置
GB2162812A (en) Article handling method and apparatus
JPH0638817Y2 (ja) シートパレタイザ
JP3691232B2 (ja) 農産物の移送供給装置
JPH0567545B2 (ja)
JP3864786B2 (ja) 物品移載装置
JPH08198437A (ja) 物品供給装置

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees