JP3293286B2 - 一体形空気調和機 - Google Patents

一体形空気調和機

Info

Publication number
JP3293286B2
JP3293286B2 JP30273493A JP30273493A JP3293286B2 JP 3293286 B2 JP3293286 B2 JP 3293286B2 JP 30273493 A JP30273493 A JP 30273493A JP 30273493 A JP30273493 A JP 30273493A JP 3293286 B2 JP3293286 B2 JP 3293286B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
wind
air conditioner
indoor
outdoor
plate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP30273493A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH07158956A (ja
Inventor
幸治 望月
秀樹 松実
Original Assignee
松下電器産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 松下電器産業株式会社 filed Critical 松下電器産業株式会社
Priority to JP30273493A priority Critical patent/JP3293286B2/ja
Publication of JPH07158956A publication Critical patent/JPH07158956A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3293286B2 publication Critical patent/JP3293286B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、一体形空気調和機の整
流装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来のこの種の一体形空気調和機につい
て、図面とともに説明する。
【0003】図10から図12において、台枠101の
内部に室内ユニット102と室外ユニット103に仕切
る仕切り板104を溶接及びねじ止めにより台枠101
に設立させ、仕切り板104に取り付けたファンモータ
ー105により室内側ファン106を駆動させ、台枠1
01及び仕切り板104にねじ止めされた室内側熱交換
器107、室内側風回路を形成する室内側エアガイダー
108により前面グリル109に開口した吸い込み部1
10から吸い込んだ部屋の空気を通過させることにより
吸熱されると伴に除湿された冷風を室内側吹き出し口1
11の前面に取り付けた前面グリル109に開口した吹
き出し部112より吹き出させる。吹き出し口111に
は、風向を左右に偏向する左右風向偏向羽根113が、
下部の連結板114と上部の連結板115により連結さ
れ、下部の連結板114に設けたモーター116により
左右風向偏向羽根113を自動運転させる。
【0004】次に仕切り板104で仕切られた室外ユニ
ット103について説明する。台枠101に溶接及びね
じ止めにより設立した室外側エアガイダー117及び台
枠101にねじ止めされた室外側熱交換器118に仕切
り板104に取り付けたファンモーター105により室
外側ファン119を駆動させ、外箱120に開口した吸
い込み口121より吸い込んだ室外空気を室外側熱交換
器118に吹き付け、圧縮機122にて高温高圧となっ
た冷媒を放熱させる。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら上記従来
の一体形空気調和機は、吹き出し口に設けた左右風向偏
向羽根が、左または、右に偏向した時、前記吹き出し口
の上部の冷風が乱れ、前記吹き出し口の前方に取り付け
る前面グリルの吹き出し部上部に結露が発生しやすいと
いう課題を有していた。
【0006】
【0007】そこで、本発明は、上記従来例の課題を解
決するもので、別部品を必要とせず、吹き出し口上部の
冷風の乱れをなくし、前面グリルの吹き出し部上部に結
露を発生させないことを目的とするものである。
【0008】
【0009】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため
に本発明は、左右風向偏向羽根を連結する連結板に複数
個の凸部または、凹部を一体にしたものである。
【0010】また本発明は、その左右風向変更羽根の上
面に対向する側の面が送風の吹き出し方向に対して、左
右風向変更羽根の上面との距離が狭くなるように傾斜さ
せた形状にしたものである。
【0011】
【0012】
【0013】
【0014】
【0015】
【作用】上記手段による作用は以下の通りである。
【0016】本発明は、左右風向偏向羽根を連結する連
結板に複数個の凸部または、凹部を一体にすることによ
り、別部品を必要とせずに吹き出し口上部の冷風の流れ
を前記左右風向偏向羽根が左または、右に偏向した時も
常に直進に吹き出し、風の乱れや風の廻り込みを低減さ
せ、前記吹き出し口の前方に取り付けた前面グリルの吹
き出し部上部に結露が発生しないようにすることができ
る。
【0017】また本発明は、左右風向偏向羽根を連結す
る連結板を吹き出し方向に絞り込む形状に一体すること
により、別部品を必要とせず前記左右風向偏向羽根の偏
向方向に吹き出し口上部の冷風を導き、風の乱れを低減
することができる。
【0018】
【0019】
【0020】
【0021】
【0022】
【実施例】以下に、本発明の一実施例を図1〜図9を参
考に説明する。
【0023】一体形空気調和機の外箱1に取り付けた前
面グリル2に開口する室内側吸い込み部3から吸い込ま
れた室内空気は、台枠4に設立した仕切り板5にねじ止
めされた室内側熱交換器6を通過する際に、冷却される
とともに除湿され、ファンモータ7に駆動された室内側
ファン8と風回路を形成する室内側エアガイダー9によ
り、室内側吹き出し口10の前方に取り付けられた前記
前面グリル2の室内側吹き出し部11から吹き出され
る。前記外箱1に開口する室外側吸い込み部12より前
記ファンモータ7に駆動された室外側ファン13と風回
路を形成する室外側エアガイダー14より吸い込まれた
室外空気は、室外側熱交換器15に吹き付けられ、圧縮
機16で高温高圧にされた冷媒を放熱する。
【0024】次に前記室内側吹き出し口10について説
明する。風回路を形成する前記室内側エアガイダー9の
通風路出口の前記室内側吹き出し口10には、風向を左
右に偏向する左右風向偏向羽根17が、下部の連結板1
8と上部の連結板19により連結され、前記下部の連結
板18に設けられたモーター20により駆動させる。前
記上部の連結板19には、複数個の凸部21または、凹
部22が一体にされている。
【0025】また前記上部の連結板19には、吹き出し
方向に向けて前記室内側吹き出し口10を絞り込む形状
にテーパー部23が一体にされている。
【0026】また前記上部の連結板19には、前記複数
個の凸部21または、凹部22を一体にし、さらに吹き
出し方向に向けて前記室内側吹き出し口10を絞り込む
形状に前記テーパー部23が一体にされている。
【0027】また前記左右風向偏向羽根17の上部をく
り抜いた形状24または、前記左右風向偏向羽根の上部
を主軸のみの形状25にされている。
【0028】次に前記前面グリル2の室内側吹き出し部
11について説明する。前記室内側吹き出し部11の上
部には、複数個の凸部26または、凹部27が一体にさ
れている。
【0029】また前記室内側吹き出し部11の上部に
は、複数個の凸部または、凹部を一体にし、さらに吹き
出し方向に向けて前記室内側吹き出し部11を絞り込む
形状にテーパー部28が一体にされている。
【0030】
【発明の効果】本発明は、上記実施例から明らかなよう
に、左右風向偏向羽根を連結する連結板に複数個の凸部
または、凹部を一体にすることにより、別部品を必要と
せずに吹き出し口上部の冷風の流れを前記左右風向偏向
羽根が左または、右に偏向した時も常に直進に吹き出
し、風の乱れや風の廻り込みを低減させ、前記吹き出し
口の前方に取り付けた前面グリルの吹き出し部上部に結
露が発生しないようにすることができる。
【0031】また本発明は、左右風向偏向羽根を連結す
る連結板を吹き出し方向に絞り込む形状に一体すること
により、別部品を必要とせず前記左右風向偏向羽根の偏
向方向に吹き出し口上部の冷風を導き、風の乱れを低減
することができる。
【0032】
【0033】
【0034】
【0035】
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例における連結板と左右風向偏
向羽根の分解斜視図
【図2】同一体形空気調和機の外観斜視図
【図3】同一体形空気調和機の内部を示す斜視図
【図4】同一体形空気調和機の連結板の形状をテーパー
状にした左右風向偏向羽根の斜視図
【図5】同要部断面図
【図6】同一体形空気調和機の左右風向偏向羽根の分解
斜視図
【図7】(a)は同一体形空気調和機の前面グリルの吹
き出し部の外観斜視図 (b)は同外観斜視図
【図8】同一体形空気調和機の前面グリルの吹き出し部
の部分斜視図
【図9】同一体形空気調和機の前面グリルの吹き出し部
の部分断面図
【図10】従来からある一体形空気調和機の外観斜視図
【図11】同一体形空気調和機の内部を示す斜視図
【図12】同一体形空気調和機の連結板と左右風向偏向
羽根の斜視図
【符号の説明】
2 前面グリル 10 室内側吹き出し口 11 室内側吹き出し部 17 左右風向偏向羽根 19 上部の連結板 21 凸部 22 凹部 23 テーパー部 24 くり抜いた形状 25 主軸のみの形状 26 凸部 27 凹部 28 テーパー部
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 特開 昭62−297643(JP,A) 特開 平1−244240(JP,A) 実開 昭63−198952(JP,U) 実開 平5−3836(JP,U) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) F24F 13/15 F24F 1/02 411 F24F 13/06

Claims (2)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 箱状に形成された外箱及びこの外箱に取
    り付け可能な前面グルルによって一体形空気調和機本体
    を構成し、前記外箱内に、収納された台枠に室内ユニッ
    トと室外ユニットに仕切る仕切り板を設け、前記室内ユ
    ニットには、室内側熱交換器、室内側ファン、室内側エ
    アガイダーを内蔵し、前記前面グリルに開口する吸い込
    み部と左右風向変更羽根が配設された吹き出し口を有す
    る吹き出し部を具備して室内側風回路を構成し、さらに
    前記室外ユニットには、室外側熱交換器、室外側ファ
    ン、ファンモーター、室外側エアガイダーにより室外側
    風回路を構成して、前記台枠に搭載した圧縮機と接続配
    管により順次環状に連結した冷凍サイクルを有する空気
    調和機において、前記吹き出し口において前記左右風向
    偏向羽根を左右に回動自在なように軸支して連結する連
    結板には複数個の凸部または凹部を一体に設けたことを
    特徴とする一体形空気調和機。
  2. 【請求項2】 連結板は、その左右風向変更羽根の上面
    に対向する側の面が送風の吹き出し方向に対して、前記
    左右風向変更羽根の上面との距離が狭くなるように傾斜
    させた形状にしたことを特徴とする請求項1記載の一体
    形空気調和機。
JP30273493A 1993-12-02 1993-12-02 一体形空気調和機 Expired - Fee Related JP3293286B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP30273493A JP3293286B2 (ja) 1993-12-02 1993-12-02 一体形空気調和機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP30273493A JP3293286B2 (ja) 1993-12-02 1993-12-02 一体形空気調和機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH07158956A JPH07158956A (ja) 1995-06-20
JP3293286B2 true JP3293286B2 (ja) 2002-06-17

Family

ID=17912514

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP30273493A Expired - Fee Related JP3293286B2 (ja) 1993-12-02 1993-12-02 一体形空気調和機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3293286B2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4107334B2 (ja) 2006-04-21 2008-06-25 ダイキン工業株式会社 空気調和装置

Also Published As

Publication number Publication date
JPH07158956A (ja) 1995-06-20

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4013954B2 (ja) 空気調和装置の室内機
JP4945305B2 (ja) 空気調和機
KR20000028591A (ko) 콤팩트형공기조절장치
US6141983A (en) Air conditioner
JPH11287473A (ja) 窓型エアコンのファンケ―シング
JPH09210390A (ja) 空気調和機
JPH07248133A (ja) 空気調和機の室外機
JP3293286B2 (ja) 一体形空気調和機
JPH09243103A (ja) 空気調和機の室内ユニット
JP2002188825A (ja) 空気調和機の室内ユニット
US4793148A (en) Air conditioning apparatus
JP2644837B2 (ja) 天井埋込型空気調和機
JP2615495B2 (ja) 空気調和機の風向偏向装置
JPH0886504A (ja) 空気調和機
KR100409007B1 (ko) 공기조화기의 토출가이드 구조
KR19990070389A (ko) 창문형 에어콘의 팬케이싱
JPH09280644A (ja) セパレート型空気調和機
KR200142344Y1 (ko) 창문형 공기 조화기
KR20180072514A (ko) 공기 조화기
KR100550547B1 (ko) 분리형 공기조화기의 실내기 토출부 구조
JPH09145147A (ja) セパレート型空気調和機の送風回路
JP2002347617A (ja) 鉄道車両
KR19990012995U (ko) 패키지형 에어컨의 토출그릴부
JPH0828901A (ja) 空気調和機の室内機
KR100261478B1 (ko) 분리형 공기조화기의 실내기

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080405

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090405

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100405

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110405

Year of fee payment: 9

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees