JP3260473B2 - ダンパーユニットを組み込んだメガストラクチャーブレース架構制振構造 - Google Patents

ダンパーユニットを組み込んだメガストラクチャーブレース架構制振構造

Info

Publication number
JP3260473B2
JP3260473B2 JP09320793A JP9320793A JP3260473B2 JP 3260473 B2 JP3260473 B2 JP 3260473B2 JP 09320793 A JP09320793 A JP 09320793A JP 9320793 A JP9320793 A JP 9320793A JP 3260473 B2 JP3260473 B2 JP 3260473B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
frame
mega
building
megastructure
brace
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP09320793A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH06307117A (ja
Inventor
政美 高木
壮一 河村
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Taisei Corp
Original Assignee
Taisei Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Taisei Corp filed Critical Taisei Corp
Priority to JP09320793A priority Critical patent/JP3260473B2/ja
Publication of JPH06307117A publication Critical patent/JPH06307117A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3260473B2 publication Critical patent/JP3260473B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、地震や風による構造
物の振動をブレースの交差部に組み込まれたダンパーユ
ニットにより低減するメガストラクチャー架構の制振構
造に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、構造物のパッシブ型制振構造とし
て、建築架構の一部、すなわち耐震壁、ブレースに大き
な減衰を付与する方法がある。減衰の付与には、粘弾性
体、摩擦あるいは鋼材等の非線形特性を利用した弾塑性
ダンパーが用いられる。これらのシステムはダンパーが
変形することによりエネルギーを消散して制振効果を得
るものであり、大きな振幅レベルにならないと制振効果
を発揮出来ない。
【0003】一方、近年メガストラクチャー架構の建物
が建設され始めているが、これらに減衰機構を付与して
制振効果を期待できるものはない。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】上記の制振構造は、パ
ッシブタイプであり、構造物が変形し、その変形をダン
パーが受けることによってエネルギーを消散する。従っ
て、微小変形時にはダンパーの効果が得られず、大きな
振幅レベルにならないと制振効果を発揮出来ない。ま
た、各層にシステムを配置しなければならず、設置が大
変である。さらに、ダンパーに変形を与えるために、例
えば、梁の剛性を挙げるなど架構の設計を特別に考慮し
なければならない場合も生じる。
【0005】メガストラクチャー架構の場合には、現在
減衰機構を付与するものはない。しかし、メガストラク
チャー架構に減衰装置を取り付けることが出来れば、架
構が大きいため変形が大きくなり、上記制振装置に比べ
微小レベルから制振効果が期待でき、システムを設置す
る箇所が少なくて済むという利点がある。この発明は、
上記のような問題を解決して、数少ない装置の設置によ
り微小振幅レベルから大振幅レベルまで制振効果を期待
できる制振構造を構築することを目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するた
め、請求項1記載の発明は、柱と梁とから成る適宜の外
部形状をした主として鉛直荷重を支持する内部フレーム
を有する建物と、メガ柱と建物の特定階に位置するメガ
梁とメガブレースとから成って水平荷重を負担するメガ
ストラクチャ架構とから構成され、前記建物と前記メガ
ストラクチャ架構とが接合されたメガストラクチャー架
構制震構造であって、前記メガストラクチャ架構を、前
記建物の内部フレームの外部形状に沿って構築した外周
側ブレース架構とし、当該外周側ブレース架構にダンパ
ーユニットが組み込まれている。また、請求項2記載の
発明は、柱と梁とから成る適宜の外部形状をした主とし
て鉛直荷重を支持する内部フレームを有する建物と、メ
ガ柱と建物の特定階に位置するメガ梁とメガブレースと
から成って水平荷重を負担するメガストラクチャ架構と
から構成され、前記建物と前記メガストラクチャ架構と
が接合されたメガストラクチャー架構制震構造であっ
て、前記メガストラクチャ架構を、前記内部フレームの
平面中央部に形成された適宜の平面形状を有する建物コ
アの内周に沿って構築した内周側ブレース架構とし、当
該外周側ブレース架構にダンパーユニットが組み込まれ
ている。さらに、請求項3記載の発明は、柱と梁とから
成る適宜の外部形状をした主として鉛直荷重を支持する
内部フレームを有する建物と、メガ柱と建物の特定階に
位置するメガ梁とメガブレースとから成って水平荷重を
負担するメガストラクチャ架構とから構成され、前記建
物と前記メガストラクチャ架構とが接合されたメガスト
ラクチャー架構制震構造であって、前記メガストラクチ
ャ架構を、前記建物の内部フレームの外部形状に沿って
構築した外周側ブレース架構と、前記内部フレームの平
面中央部に形成された適宜の平面形状を有する建物コア
の内周に沿って構築した内周側ブレース架構とし、これ
ら外周側ブレース架構及び内周側ブレース架構にダンパ
ーユニットが組み込まれている。
【0007】
【作用】この発明の請求項1記載のメガストラクチャー
架構制震構造によると、メガストラクチャ架構を、建物
の内部フレームの外部形状に沿って構築した水平荷重を
負担する外周側ブレース架構としたので、前記外周側ブ
レース架構のブレースに組み込んだダンパーユニットに
より、地震、風による建物の振動を小振幅から大振幅に
至る広い範囲に亘り、減衰して低減させる。また、ダン
パーユニットをアクティブに制御する場合には、小振幅
時の制振効果を高めることが可能である。また、この発
明の請求項2記載のメガストラクチャー架構制震構造に
よると、メガストラクチャ架構を、建物の内部フレーム
の平面中央部に形成した建物コアの外周に沿って構築し
た水平荷重を負担する内周側ブレース架構としたので、
前記内周側ブレース架構のブレースに組み込んだダンパ
ーユニットにより、地震、風による建物の振動を小振幅
から大振幅に至る広い範囲に亘り、減衰して低減させ
る。また、ダンパーユニットをアクティブに制御する場
合には、小振幅時の制振効果を高めることが可能であ
る。さらに、この発明の請求項3記載のメガストラクチ
ャー架構制震構造によると、メガストラクチャ架構とし
て構築した外周側ブレース架構及び内周側ブレース架構
のダンパーユニットにより、地震、風による建物の振動
を小振幅から大振幅に至る広い範囲に亘り、減衰して低
減させる。また、ダンパーユニットをアクティブに制御
する場合には、小振幅時の制振効果を高めることが可能
である。
【0008】
【実施例】図1は、この発明の制振構造を設けたメガス
トラクチャー構法による建物の実施例であり、同図aは
内部フレーム1、同図bは内部フレーム1の外周側に構
築された外周側ブレース架構2、同図cは内部フレーム
1の内周側に構築された内周側ブレース架構3をそれぞ
れ示している。
【0009】この例では、外周側ブレース架構2を構成
するブレース4の引張材4aと圧縮材4bとの交差部は
ダンパーユニット10を介して結合し、内周側ブレース
架構3を構成するブレース5の引張材5aと圧縮材5b
との交差部も同様にダンパーユニット10を介して結合
し、これらブレース架構2、3は特性階層ごとに内部フ
レーム1とピン接合してある。なお、ブレース架構とし
ては、X字状のもののほか、V字状のものでもよい。
【0010】この建物の外周側ブレース架構2と内周側
ブレース架構3とは水平荷重を負担し、内部フレーム1
は鉛直荷重を支持し、水平荷重の一部を負担するように
なっており、外周側及び内周側ブレース架構2,3に組
み込まれたダンパーユニット10によって水平方向の振
動を低減させるようにしてある。ダンパーユニット10
としては、たとえば摩擦ダンパー,ロータリーダンパー
等を使用することができる。
【0011】図2は摩擦ダンパー10aを用いたブレー
ス架構を示し、1方向の2部材からなるブレース4a,
5aの軸端部と、これに交差する方向の2部材からなる
ブレース4b,5bの軸端部とを、それぞれ摩擦材11
を挟み込んで重ね合わせ、一方のブレース4a,5aの
軸端部と他方のブレース4b,5bの軸端部との間にベ
アリング材,テフロン材等の低摩擦材12を介在させて
密着状態としたものを、両側面にコイルばね13を挿ん
で圧着板14をボルト15により所定の力で締め付けて
ある。各摩擦材11の周辺にはオイルプレッシャーユニ
ット16が設けてあり、この油圧を変化させることによ
り摩擦材11の締め付け力を加減し、摩擦力を適宜の強
さに調節する。これにより同一方向のブレース4a(5
a)又は4b(5b)の各軸端部が、摩擦力を受けた状
態で互いに反対方向に移動できるようにしてある。
【0012】この摩擦ダンパー10aは、建物に生じる
振幅に応じて小振幅時には摩擦力を小さくし、大振幅時
には摩擦力を大きくすることにより、広い範囲の振幅に
対する減衰力を建物に付与することができる。なお、コ
イルばね13を介して摩擦材11を締め付ける代わり
に、油圧ユニットを用いて締め付け力を加減することも
可能であるが、このようにした場合は常時油圧を作用さ
せておく必要がある。
【0013】図3はロータリーダンパー10bを用いた
ブレース架構を示し、1方向の2部材からなるブレース
4a,5aの軸端部と、これに交差する方向の2部材か
らなるブレース4b,5bの軸端部とを、それぞれ回転
盤17の外周縁に回転自在に取り付け、回転盤17の軸
体17aは、床6に設置したACサーボモータ18によ
り駆動される減速装置19に連結した構造になってい
る。ACサーボモータ18は低速でトルクの大きいもの
を選定してある。このロータリーダンパー10bにより
同一方向のブレース4a(5a)の各軸端部の反対方向
への移動が、回転盤17の軸心の周りの回転成分に変換
されるから、小振幅時には回転盤17にACサーボモー
タ18のトルクを減衰装置19を介して伝達して振動を
制御し、大振幅時にはACサーボモータ18が減衰装置
として作動するようにして減衰力を付与する。
【0014】この発明は、メガストラクチャー建物の外
周側と内周側との双方のブレース架構に適用する場合に
限らず、何れか一方のみのブレース架構に適用してもよ
く、たとえば中小程度の水平変位を制御する場合は、外
周側ブレース架構にダンパーユニットを組み込み、大き
な水平変位を制御する場合は内周側ブレース架構にダン
パーユニットを組み込むのが好ましい。
【0015】
【発明の効果】以上説明したように、この発明によれ
ば、メガストラクチャー架構に減衰装置を取り付けたの
で、架構が大きいため変形が大きくなって微小レベル変
位から制振効果を得ることができ、またダンパーユニッ
トを設置する箇所が少なくて済む。さらに、地震や風に
よる建物の水平方向の振動を小振幅から大振幅に至るま
での広い範囲に亘って低減することができるから、居住
性の改善、耐震安全性の向上が図れるだけでなく、建物
の水平荷重を外周側ブレース架構及び内周側ブレース架
構の一方、或いは両者が支持し、内部フレームは鉛直荷
重のみを支持させることも可能である。この場合、柱、
梁の設計上の断面が小さくなり、有効に活用できる空間
を広く確保することが可能となるから、メガストラクチ
ャー構法による高層、超高層の建物に極めて好都合であ
るという効果が併せて得られる。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明の実施例を示す側面図である。
【図2】摩擦ダンパーを用いたブレース架構を示す正面
図a,図aのA−A線断面図b,図bのB−B断面図c
である。
【図3】ロータリーダンパーを用いたブレース架構を示
す正面図a,側面図bである。
【符号の説明】
2 外周側ブレース架構 3 内周側ブレース架構 4,5 ブレース 10 ダンパーユニット
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 特開 平5−302451(JP,A) 特開 平4−176974(JP,A) 特開 平1−318627(JP,A) 特開 平3−187477(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) E04H 9/02

Claims (3)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 柱と梁とから成る適宜の外部形状をした
    主として鉛直荷重を支持する内部フレームを有する建物
    と、メガ柱と建物の特定階に位置するメガ梁とメガブレ
    ースとから成って水平荷重を負担するメガストラクチャ
    架構とから構成され、前記建物と前記メガストラクチャ
    架構とが接合されたメガストラクチャー架構制震構造で
    あって、 前記メガストラクチャ架構を、前記建物の内部フレーム
    の外部形状に沿って構築した外周側ブレース架構とし、
    当該外周側ブレース架構にダンパーユニットが組み込ま
    れてなるメガストラクチャー架構制震構造。
  2. 【請求項2】 柱と梁とから成る適宜の外部形状をした
    主として鉛直荷重を支持する内部フレームを有する建物
    と、メガ柱と建物の特定階に位置するメガ梁とメガブレ
    ースとから成って水平荷重を負担するメガストラクチャ
    架構とから構成され、前記建物と前記メガストラクチャ
    架構とが接合されたメガストラクチャー架構制震構造で
    あって、 前記メガストラクチャ架構を、前記内部フレームの平面
    中央部に形成された適宜の平面形状を有する建物コアの
    内周に沿って構築した内周側ブレース架構とし、当該内
    周側ブレース架構にダンパーユニットが組み込まれてな
    るメガストラクチャー架構制震構造。
  3. 【請求項3】 柱と梁とから成る適宜の外部形状をした
    主として鉛直荷重を支持する内部フレームを有する建物
    と、メガ柱と建物の特定階に位置するメガ梁とメガブレ
    ースとから成って水平荷重を負担するメガストラクチャ
    架構とから構成され、前記建物と前記メガストラクチャ
    架構とが接合されたメガストラクチャー架構制震構造で
    あって、 前記メガストラクチャ架構を、前記建物の内部フレーム
    の外部形状に沿って構築した外周側ブレース架構と、前
    記内部フレームの平面中央部に形成された適宜の平面形
    状を有する建物コアの内周に沿って構築した内周側ブレ
    ース架構とし、これら外周側ブレース架構及び内周側ブ
    レース架構にダンパーユニットが組み込まれてなるメガ
    ストラクチャー架構制震構造。
JP09320793A 1993-04-20 1993-04-20 ダンパーユニットを組み込んだメガストラクチャーブレース架構制振構造 Expired - Fee Related JP3260473B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP09320793A JP3260473B2 (ja) 1993-04-20 1993-04-20 ダンパーユニットを組み込んだメガストラクチャーブレース架構制振構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP09320793A JP3260473B2 (ja) 1993-04-20 1993-04-20 ダンパーユニットを組み込んだメガストラクチャーブレース架構制振構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06307117A JPH06307117A (ja) 1994-11-01
JP3260473B2 true JP3260473B2 (ja) 2002-02-25

Family

ID=14076127

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP09320793A Expired - Fee Related JP3260473B2 (ja) 1993-04-20 1993-04-20 ダンパーユニットを組み込んだメガストラクチャーブレース架構制振構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3260473B2 (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005207111A (ja) * 2004-01-22 2005-08-04 Kajima Corp 制震橋脚
JP2017522502A (ja) * 2015-04-20 2017-08-10 北京工業大学 ロータリーダンパー及びその取り付け方法

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH10236617A (ja) * 1997-02-28 1998-09-08 Kumagai Gumi Co Ltd ラック倉庫の制震構造
CN113699875A (zh) * 2021-09-03 2021-11-26 河海大学 一种近断层铁路超高减震桥墩结构

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005207111A (ja) * 2004-01-22 2005-08-04 Kajima Corp 制震橋脚
JP4631280B2 (ja) * 2004-01-22 2011-02-23 鹿島建設株式会社 制震橋脚
JP2017522502A (ja) * 2015-04-20 2017-08-10 北京工業大学 ロータリーダンパー及びその取り付け方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPH06307117A (ja) 1994-11-01

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101181987B1 (ko) 변위증폭형 제진시스템 및 이의 시공방법
JP3538289B2 (ja) トグル機構を用いた振動制御装置
JP3260473B2 (ja) ダンパーユニットを組み込んだメガストラクチャーブレース架構制振構造
JP2717143B2 (ja) 摩擦による建築物の振動抑制方法
JPH10169249A (ja) 免震構造
JP2001152695A (ja) 三階建て住宅
JP3792395B2 (ja) 建築物の制震装置
JP2002155640A (ja) ケーブル制震構造
JP2006233488A (ja) 制震柱脚構造及びこれを用いた制震構造物
JPH05156839A (ja) 制振骨組構造
JP3957890B2 (ja) 建築物の制震装置
JPH11117569A (ja) 鋼製制震ダンパー
JP3316665B2 (ja) 軽荷重用免震装置
JP3718114B2 (ja) 免震構造物
JP2662621B2 (ja) 摩擦ダンパー
JP3151573B2 (ja) 構造物の制振構造
JP3358512B2 (ja) 高ダンピング特性を有する鋼製構造部材
JP2001090352A (ja) 住宅の耐震改修方法および耐震住宅
JP3248684B2 (ja) 制震構造物
JP2001271514A (ja) 制震ダンパー
JP4240649B2 (ja) 多段滑り複合免震ユニットおよび免震構造物
JP2001090377A (ja) 制震フレーム
JP2001115599A (ja) 鋼製構造部材および骨組部材
JP2022063684A (ja) 構造物の制振構造
JP2001200656A (ja) 建築物の制震構造

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees