JP3079051B2 - 廃棄物のガス化処理方法 - Google Patents

廃棄物のガス化処理方法

Info

Publication number
JP3079051B2
JP3079051B2 JP08331435A JP33143596A JP3079051B2 JP 3079051 B2 JP3079051 B2 JP 3079051B2 JP 08331435 A JP08331435 A JP 08331435A JP 33143596 A JP33143596 A JP 33143596A JP 3079051 B2 JP3079051 B2 JP 3079051B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
waste
gas
gasification
fluidized
fluidized bed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP08331435A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH10128288A (ja
Inventor
宏幸 藤村
晶作 藤並
和夫 高野
正昭 入江
哲久 廣勢
孝裕 大下
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Ebara Corp
Original Assignee
Ebara Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ebara Corp filed Critical Ebara Corp
Priority to JP08331435A priority Critical patent/JP3079051B2/ja
Publication of JPH10128288A publication Critical patent/JPH10128288A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3079051B2 publication Critical patent/JP3079051B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E20/00Combustion technologies with mitigation potential
    • Y02E20/12Heat utilisation in combustion or incineration of waste
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E20/00Combustion technologies with mitigation potential
    • Y02E20/34Indirect CO2mitigation, i.e. by acting on non CO2directly related matters of the process, e.g. pre-heating or heat recovery
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E50/00Technologies for the production of fuel of non-fossil origin
    • Y02E50/30Fuel from waste, e.g. synthetic alcohol or diesel

Landscapes

  • Incineration Of Waste (AREA)
  • Processing Of Solid Wastes (AREA)
  • Coke Industry (AREA)
  • Air Supply (AREA)
  • Treatment Of Sludge (AREA)
  • Gasification And Melting Of Waste (AREA)

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、廃棄物のガス化処
理に係り、特に、廃棄物を低温次いで高温でガス化し、
エネルギー並びに金属等の有用物及び化学工業原料又は
燃料となるガスを回収して利用する廃棄物のガス化処理
法に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、都市ごみ、廃タイヤ、下水汚泥、
産業スラッジの相当割合が専用の焼却設備により、ま
た、し尿や高濃度廃棄物が専用の廃水処理設備により処
理されていたが、一方で多くの産業廃棄物が未処理のま
ま投棄されており、環境を汚染してきた。従来の焼却法
に代わる新たな環境保全型の廃棄物処理技術として、現
在、ガス化と高温燃焼を組み合わせた「ガス化燃焼シス
テム」の開発が各社により競われ、既に実用域に達して
いるものもある。現在、「ガス化燃焼システム」におい
て開発が先行しているものに、ガス化炉に竪型シャフト
炉を用いた方式(以下、S方式)とロータリーキルン炉
を用いた方式(以下、R方式)がある。
【0003】前者のS方式では、ガス化炉内に乾燥・予
熱ゾーン(200〜300℃)、熱分解ゾーン(300
〜1000℃)、燃焼・溶融ゾーン(1500℃以上)
が上から順に層状に形成され、炉上部より投入された廃
棄物とコークスは、より下方のゾーンで発生したガスと
熱交換しながら炉内を下降する。炉内を上昇した生成ガ
スは、後段の燃焼炉にて約900℃で燃焼される。熱分
解ゾーンで生成した炭化物は、装入されたコークスとと
もに溶融・燃焼ゾーンに下降し、羽口から供給される酸
素富活空気により高温燃焼し、灰分と無機物の全量を溶
融する。後者のR方式では、廃棄物は破砕後、高温空気
により外熱されたドラム型の回転炉に供給され、約45
0℃でゆっくりと時間をかけて熱分解ガス化される。こ
の時生成する炭化物は炉から排出され、発火しない温度
まで冷却される。次いで、微粉砕された炭化物は、後段
の旋回式溶融炉に供給され、ガス化炉からの生成ガスと
ともに1300℃で高温燃焼し、灰分を溶融スラグ化す
る。
【0004】これら2方式の課題について述べる。S方
式のシャフト炉は、1700〜1800℃に達する溶融
ゾーンがガス化炉底部に存在するため、コークス等副資
材や酸素富活空気の使用が避けられず、このため運転費
が上昇する。また、コークス等を使用するために、二酸
化炭素の排出量が増加するという問題もある。さらに、
廃棄物中の金属のほぼ全量が溶融してしまうため、金属
の種類毎に地金としてリサイクル利用することが出来な
い。本方式のガス化炉は固定床炉というタイプに属する
が、形状が様々な廃棄物を層状に積み上げ、しかも最下
部に燃焼・溶融ゾーンを有するため、安定した運転が困
難である。何故なら、固定床炉ではガスを層内に均一に
流すこと、すなわち通気性の確保が極めて重要である
が、廃棄物の形状の多様性からこれが難しく、ガスの吹
き抜けや偏流が起きやすいからである。コークスの添加
は、補助燃料としての他にこうした通気性の確保の目的
もあるが、十分とは言えず、ガス流量や炉内圧の変動は
抑え難い。また、発生ガスの全てが1000℃を越える
高温部分を通過するわけではないので、ダイオキシン類
やフラン類の生成を完全に抑えることは不可能である。
【0005】一方、R方式のガス化炉は、高温空気を用
いた外熱式の回転炉のため、伝熱が良くなく、従って炉
の著しい大型化が避けられなかった。また、熱分解によ
り生じたタールや未分解物が伝熱面を覆うために、伝熱
が悪化するといった問題があった。600℃にも達する
高温空気を排ガスとの熱交換により得ることは、熱交換
器の材料上にも無理がある。一方、生成する炭化物は、
回転炉から排出後に微粉砕してから燃焼炉に供給し、回
転炉から直接供給されるガスに合流させて高温燃焼させ
る。このため、排出、冷却、粉砕、貯留、供給といった
炭化物用のハンドリング設備が必要である。こうしたハ
ンドリング中に炭化物の保有する熱が冷却や放熱により
失われることも、エネルギー利用上望ましくない。な
お、炭化物を冷却しないまま外部に排出すると、空気と
接触した際に発火する恐れがある。
【0006】このように、廃棄物の焼却処理の新たな技
術として、廃棄物をガス化した後に高温燃焼してダイオ
キシンを分解するとともに灰分を溶融スラグ化する方法
が各種提案されている。しかしながら、ケミカルリサイ
クルの観点から、ガス化により可燃性ガスを回収する技
術は、今だ実用化されていない。一方で代表的な化学工
業原料であるNH3 (アンモニア)は硝酸、各種肥料
(硝安、硫安、尿素)、アクリロニトリル、カプロラク
タム等の原料として、大量生産されている化学工業上の
基礎原料である。NH3 はN2 とH2 から高圧下で触媒
を用いて合成されるが、H2 は天然ガス、ナフサなどの
スチームリフォーミングか、石油、石炭、石油コークス
などの部分燃焼、いわゆるガス化により得られてきた。
【0007】H2 は前記のアンモニア以外に、メタノー
ルの合成、水素化脱硫、水素化分解、油脂の水素化、溶
接に用いられているが、これらH2 原料の多くは海外か
ら輸入されるため、二度にわたる石油ショック以降、H
2 を用いる化学工業製品、特にアンモニア工業製品は国
際競争力を失うに至った。このため、安価でしかも自国
内で調達可能なH2 原料が待望久しかった。一方、CO
(一酸化炭素)はガソリン、アルコール、有機酸、エス
テルなどの合成に用いられているが、COは石炭やコー
クス等のガス化により得られ、H2原料と同様にこれら
の原料の多くは海外に依存しているため、安価でしかも
自国内で調達可能なものが久しく待望されてきた。
【0008】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、上記従来技
術に鑑み、運転操作が容易で安全性に優れ、しかも熱効
率が高く、発電あるいは工業用燃料ガス及び化学工業原
料として用いる、低カロリー又は中カロリーガスを得る
ための廃棄物のガス化処理方法を提供することを課題と
する。
【0009】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため
に、本発明の1態様では、廃棄物を流動層ガス化炉でガ
ス化し、得られるガス状物質とチャーをそのまま溶融炉
に導入してガス化するとともに溶融スラグを形成し、低
カロリーガス又は中カロリーガスを得ることを特徴とす
る廃棄物のガス化処理方法としたものである。本発明の
他の態様では、廃棄物を流動層ガス化炉に投入し、該流
動層ガス化炉に供給したガス化剤と接触させて450℃
から800℃の温度でガス化し、ガスと炭化物を生成
し、該炭化物は砂またはアルミナを流動媒体として用い
た流動層の中で粉砕してチャーとし、前記流動層ガス化
炉で生成した該ガスをチャーとともに直接溶融炉に導入
して送入ガスと接触させて1300℃以上の温度で燃焼
して低カロリーガス又は中カロリーガスを得るととも
に、該チャーに含まれる灰分は溶融させてスラグとして
回収することを特徴とする廃棄物のガス化処理方法であ
る。本発明の他の態様では、廃棄物を流動層ガス化炉で
ガス化し、得られるガスとチャーを溶融炉に導入してガ
ス化する廃棄物のガス化処理方法であって、該流動層ガ
ス化炉では、流動媒体を用いた流動層に酸素とスチーム
の混合ガスを供給し、450℃から800℃の温度で該
廃棄物をガス化し、該廃棄物中の金属は該流動層ガス化
炉から排出して回収し、また、該流動層ガス化炉で生成
したガスをチャーとともに該流動層ガス化炉から排出
し、該流動層ガス化炉から排出された該ガスとチャーは
直接溶融炉に導入し、該溶融炉は旋回溶融炉であって、
かつ炉内の温度は1300℃以上であり、ここで該流動
層ガス化炉より導入された該ガスとチャーをガス化して
低カロリーガス又は中カロリーガスを得るとともに、該
チャーに含まれる灰分は溶融スラグとなし、該溶融スラ
グは冷却されたスラグとして回収することを特徴とする
廃棄物のガス化処理方法である。本発明の他の態様で
は、廃棄物を流動層ガス化炉でガス化し、得られるガス
とチャーを溶融炉に導入してガス化する廃棄物のガス化
処理方法であって、該流動層ガス化炉は、内部循環式流
動層ガス化炉であり、該流動層ガス化炉では流動媒体を
用いた流動層にガス化剤を供給し、450℃から650
℃の温度の該流動層で廃棄物をガス化してガスとチャー
を生成し、該廃棄物中の金属は該流動層ガス化炉から排
出して回収し、また、該流動層ガス化炉で生成した該ガ
スをチャーとともに該流動層ガス化炉から排出し、該流
動層ガス化炉から排出された該ガスとチャーは直接溶融
炉に導入し、該溶融炉は旋回溶融炉であり、該旋回溶融
炉は1300℃以上の温度で、該流動層ガス化炉より導
入された該ガスとチャーをガス化して低カロリーガス又
は中カロリーガスを得るとともに、該チャーに含まれる
灰分は溶融スラグとすることを特徴とする廃棄物のガス
化処理方法である。本発明の他の態様では、廃棄物に石
炭を加えて、流動層ガス化炉に投入し、該流動層ガス化
炉に供給したガス化剤と接触させてガス化し、該流動層
ガス化炉で生成したガスをチャーとともに溶融炉に導入
して送入ガスと接触させて燃焼し、低カロリーガス又は
中カロリーガスを得るとともに、該チャーに含まれる灰
分は溶融させてスラグとして回収することを特徴とする
廃棄物のガス化処理方法である。本発明の他の態様で
は、廃棄物を流動層ガス化炉に投入し、該流動層ガス化
炉に供給したガス化剤と接触させて450℃から800
℃の温度でガス化し、該流動層ガス化炉で生成したガス
をチャーとともに溶融炉に導入して送入ガスと接触させ
て1300℃以上の温度で燃焼して低カロリーガス又は
中カロリーガスを得るとともに、チャーに含まれる灰分
は溶融させてスラグとして回収することを特徴とする廃
棄物のガス化処理方法である。本発明の他の態様では、
カロリー廃棄物と低カロリー廃棄物を混合す
るとともにこの混合割合を調整して流動層ガス化炉に
投入し、該流動層ガス化炉に供給したガス化剤と接触さ
せて450℃から800℃の温度でガス化し、該流動層
ガス化炉で生成したガスをチャーとともに溶融炉に導入
して送入ガスと接触させて1300℃以上の温度で燃焼
して低カロリーガス又は中カロリーガスを得るととも
に、該チャーに含まれる灰分は溶融させてスラグとして
回収することを特徴とする廃棄物のガス化処理方法であ
る。本発明の他の態様では、廃棄物を流動層ガス化炉で
ガス化し、得られるガスとチャーを溶融炉に導入してガ
ス化する廃棄物のガス化処理方法であって、該流動層ガ
ス化炉に供給する該廃棄物は、高カロリー廃棄物と
カロリー廃棄物を混合したものであり、この混合
割合を調整し、該流動層ガス化炉では、流動媒体を用い
た流動層に酸素とスチームの混合ガスを供給し、450
℃から800℃の温度で該廃棄物をガス化し、また、該
流動層ガス化炉で生成したガスをチャーとともに該流動
層ガス化炉から排出し、該流動層ガス化炉から排出され
た該ガスとチャーは直接溶融炉に導入し、該溶融炉は酸
素富活空気または酸素が供給され、かつ炉内の温度は1
300℃以上であり、ここで該流動層ガス化炉より導入
された該ガスとチャーをガス化して低カロリーガス又は
中カロリーガスを得るとともに、該チャーに含まれる灰
分は溶融させてスラグとして回収することを特徴とする
廃棄物のガス化処理方法である。本発明の他の態様で
は、廃棄物を流動層ガス化炉でガス化し、導入するガス
化剤は酸素とスチームの混合ガスであり、該ガス化で発
生するガスとチャーを溶融炉でガス化するとともに、溶
融スラグを得たのち、冷却されたスラグおよび冷却され
低カロリーガス又は中カロリーガスを得ることを特徴
とする廃棄物のガス化処理方法である。上記方法におい
て、流動層ガス化炉は、内部循環式流動層ガス化炉を用
いるのが良く、また溶融炉は旋回溶融炉を用いるのが良
く、両者を併用して用いるのが最適であり、そして、流
動層ガス化炉の内部温度は450〜800℃で、流動層
の温度は450〜650℃とし、溶融炉の内部温度は1
300℃以上とするのが良い。
【0010】また、前記流動層ガス化炉は、ガス化のた
めの送入ガスを空気、空気とスチーム、酸素富活空気、
酸素富活空気とスチーム、酸素とスチームの混合物の中
から選択するのが良く、溶融炉は、ガス化のための送入
ガスを酸素富活空気又は酸素の中から選択するのが良
く、これらのガス化のための流動層ガス化及び溶融炉へ
の送入ガスは、トータルとして含有する全酸素量が廃棄
物を完全燃焼させるために必要な理論燃焼酸素量の0.
1〜0.6の範囲とし、このうち流動層ガス化炉に供給
される酸素量は、理論燃焼酸素量の0.1〜0.3の範
囲であるのが好ましい。前記溶融炉は、灰分を溶融スラ
グとして回収し、ダイオキシン類及びその前駆体をほぼ
完全に分解することができる。
【0011】本発明の方法で取得した低カロリー又は中
カロリーガスは、常圧又は高圧であり、発電あるいは工
業用燃料ガス又は化学工業原料として用いることがで
き、また、流動層ガス化炉は、流動層部が還元雰囲気で
あり、廃棄物中の金属を未酸化状態で回収することがで
きる。前記の本発明で用いる流動層ガス化炉は、流動層
部の温度等を検知して、低カロリー廃棄物と高カロリー
廃棄物の混合割合を調整する制御方法を採ることがで
き、また、用いる廃棄物が低質の場合は、補助的に石炭
を加えてカロリー調整することも可能である。さらに、
本発明では、廃棄物を低温でガス化する流動層ガス化炉
と、得られるガス状物質とチャーをそのまま導入し高温
でガス化し、低カロリーガス又は中カロリーガスを得る
溶融炉とを有する廃棄物のガス化処理装置としたもので
ある。
【0012】本発明で用いる流動層ガス化炉としては、
流動層部とフリーボード部を有し、流動層部の温度を4
50〜650℃とし、フリーボード部の温度を600〜
800℃として用いることができ、また、用いる旋回溶
融炉は、燃焼室とスラグ分離室からなり、燃焼室でガス
状物質とチャーが送入ガスと共に旋回流を形成して高温
ガス化し、灰分が溶融してスラグ分離室で分離される。
また、本発明で用いる内部循環式流動層ガス化炉とは、
同一反応槽内の流動層中に流動媒体の強力な循環流を形
成させるもので、該循環流は、流動層中に吹込まれる流
動化ガスの部分的な強弱部位を設定することにより生じ
させるものである。従って、単なるバブリング式流動層
と異なり廃棄物の分散、破砕機能に優れ、単なる循環
(外部循環)式流動層のように複雑で大型化することも
なく、またこれよりも分散、破砕機能も優れており、加
圧型として用いるに容易な形態・構成を取り易いのであ
る。また、内部循環式流動層ガス化炉は円筒型のものが
特に好ましい。
【0013】
【発明の実施の形態】以下、本発明を詳細に説明する。
本発明で用いる廃棄物としては、都市ごみ、固形化燃料
(RDF)、スラリー化燃料(SWM)、バイオマス廃
物、プラスチック廃棄物(含FRP)、自動車廃棄物
(シュレッダーダスト、廃タイヤ)、家電廃棄物、特殊
廃棄物(医療廃棄物等)、下水汚泥、し尿、高濃度廃
液、産業スラッジといった発熱量、水分率、形状が大き
く異なる廃棄物と低品位石炭を用いることができるが、
これらを適当に組合せることも可能である。ここで、固
形化燃料、RDF(Refuse-derived Fuel)は、都市ごみ
を破砕選別後生石灰を添加し圧縮成形したものであり、
スラリー化燃料、SWM(Solid Water Mixture)は、都
市ごみを破砕後水スラリー化し、高圧下で水熱分解によ
り油化したものである。また、FRPは、繊維強化プラ
スチックのことであり、低品位石炭は、石炭化度の低い
褐炭、亜炭、泥炭、もしくは選炭時に出るボタのような
ものである。
【0014】これらの廃棄物は、初めに流動層ガス化炉
に供給されて熱分解ガス化されるが、特にこのガス化炉
に内部循環式流動層炉を採用することにより、廃棄物は
細破砕程度の前処理で供給することが可能となる。その
理由は、流動媒体の強力な旋回流動により、投入廃棄物
への伝熱が良好となり、また、大きなサイズの不燃物も
排出可能となるためである。こうした流動媒体の旋回流
動の効果については後述する。このため、廃棄物のう
ち、都市ごみ、バイオマス廃棄物、プラスチック廃棄
物、自動車廃棄物等は30cm程度に粗粉砕する。水分
率の高い下水汚泥とし尿は、専用の処理場にて遠心分離
機等を用いて脱水ケーキとした後に、本プラントサイト
まで輸送する。固形化燃料、スラリー化燃料、高濃度廃
液等はこのままの形で使用する。カロリー調整用に加え
る石炭は、40mm以下に破砕されていればこのまま使
用可能である。
【0015】上記廃棄物は、廃棄物自身の持つカロリー
とその水分の高低により高カロリー廃棄物と低カロリー
廃棄物に大別される。一般的には、都市ごみ、固形化燃
料、スラリー化燃料、プラスチック廃棄物、自動車廃棄
物、家電廃棄物は前者であり、バイオマス廃棄物、特殊
廃棄物(医療廃棄物等)、下水汚泥/し尿の脱水ケー
キ、高濃度廃液は後者に属する。これらを、高カロリー
廃棄物用ピット、低カロリー廃棄物用ピット、タンクに
受け入れ、各々のピットや中継タンクにて十分攪拌・混
合し、適宜ガス化炉に供給する。廃棄物中に混入した金
属はガス化炉内に入っても、融点が流動層温度より高け
れば未酸化状態で回収される。従って、回収された金属
は種類毎に地金として利用が可能である。
【0016】また、投入廃棄物の質が一定であれば、投
入廃棄物とガス化のために送入するガスの量比は一定で
あるが、投入廃棄物に占める低カロリー廃棄物の割合が
増えたり、全体の水分率が高くなったりすると、流動層
温度は所定値から下降する。こうした時には、投入廃棄
物中の低カロリー廃棄物と高カロリー廃棄物の量比を調
整することにより、投入廃棄物の発熱量を一定に保つこ
とが、後段のガス利用設備の上から望ましい。あるい
は、別法として発熱量の高い石炭等の補助燃料を添加し
て投入廃棄物のカロリー調整をすることもできる。
【0017】次に、本発明における低温でガス化するた
めに用いる流動層ガス化炉について説明する。この流動
層ガス化炉を低温でのガス化に用いる点が、本発明の特
徴点の一つとなっている。流動層炉自体は、燃焼炉又は
ガス化炉として既に公知であるが、可燃性ガスを得るた
めに流動層ガス化炉と溶融炉の組合せを用いる点は従来
技術とは異なる新規な技術である。高温ガス化炉に石炭
を微粉炭としてあるいは水スラリー化して供給する技術
は既に公知のものとなっているが、廃棄物の場合は微粉
砕することが石炭ほど容易でない。特に金属、ガレキ、
石のような不燃物を含有する場合は、ほとんど不可能と
いえる。ところが、流動層ガス化炉を用いれば、廃棄物
をバルクのまま熱分解ガス化することにより、可燃性の
ガス状物質と細かなチャーにできる。これは、このまま
後段の溶融炉に送って高温ガス化できる。流動層ガス化
炉は、廃棄物を緩慢な熱分解ガス化反応により可燃性の
ガス状物質とチャーに変えればよいので、流動層を比較
的低温とすることが出来る。
【0018】本発明で使用できる流動層ガス化炉として
は、公知の常圧型又は加圧型の流動層炉、例えばバブリ
ング型流動層炉等が、用いる廃棄物の性状等を勘案して
使用することが考えられるが、特に、本発明者によって
開発された内部循環式流動層ガス化炉を用いるのが好適
である。内部循環式流動層ガス化炉は、炉の水平断面が
円形のものが良く、炉底中央部に比較的緩慢な流動層、
炉底周辺部に比較的活発な流動層を形成し、流動層の表
面近傍の内壁沿いに内側に傾斜した傾斜壁を設け、流動
媒体の流れを周辺部から中央部へ転向することにより、
炉底中央部の緩慢流動層中を流動媒体が流動化しつつ下
降し、炉底周辺部の活発流動層中を流動媒体が流動化し
つつ上昇し、流動層下部にて流動媒体が中央部から周辺
部へ、流動層上部にて流動媒体が周辺部から中央部へ流
動化しつつ移動するような流動媒体の活発な旋回運動を
生ぜしめる流動層部を有している。
【0019】こうした特殊な流動層をガス化に用いた時
の特長を以下に示す。 生成するチャーが流動層上に堆積せず、流動層内に
良好・均一に分散されるため、特に活発流動層における
チャーの酸化が効率良く行われる。チャーの酸化により
発生する熱は、流動媒体に伝えられ、中央部における熱
分解ガス化の熱源として有効に利用される。 流動層表面では、傾斜壁によって上方向への運動を
転向された流動媒体が、中央部で激しく衝突するため、
チャーが微粉砕される。流動媒体に硬い珪砂を用いれ
ば、微粉砕はさらに促進される。 緩慢流動層での流動媒体の下降運動に伴う呑み込み
作用により、固形廃棄物は細破砕程度でガス化炉に供給
することが出来る。このため、破砕設備を省略すること
が出来、破砕用の電力を大幅に低減出来る。
【0020】 流動媒体の旋回流動により、細破砕に
よる投入の結果生ずる粗大な不燃物でも、容易に排出出
来る。 流動層内全域における流動媒体の旋回流動により、
発生する熱が拡散されるため、焼結物やクリンカーによ
るトラブルを回避出来る。通常用いられるバブリング型
流動層の場合、流動媒体は流動層内を均一に流動化され
るものの、横方向の分散はあまり良くない。従って、上
述の〜の点において、本発明の内部循環式流動層の
方が通常用いられるバブリング流動層より優ると考えら
れる。
【0021】本発明で用いる流動層ガス化炉は、流動層
温度を450〜650℃としている。450℃以下で
は、熱分解ガス化の反応が極端に遅くなるために流動層
内に未分解物が堆積するといった問題を生じる。又、燃
焼速度の遅いチャーの生成量も多くなる。逆に、ガス化
温度を高くすると、熱分解ガス化反応が速くなるために
流動層内に未分解物が堆積する問題は解消されるもの
の、廃棄物の供給量の変動がガス発生量の変動を招くよ
うになる。これは後段の旋回溶融炉の運転に支障を来た
す。何故なら、旋回溶融炉への送入ガス量をガス化炉で
の発生ガス量に合わせて細かく調節することは不可能だ
からである。このために熱分解ガス化の反応がある程度
緩慢な650℃を上限としている。流動層上方の径の広
い部分を通常フリーボードと称するが、ここに酸素ある
いは酸素富活空気といった含酸素ガスを供給することに
より、後段の溶融炉の負荷を下げると共に、生成ガス中
のタール分やチャーのガス化を促進することが出来る。
【0022】また、本発明の流動層ガス化炉では、流動
層部にて450〜650℃で一次燃焼し、次いでフリー
ボート部にて600〜800℃、好ましくは650〜7
50℃で二次燃焼する。流動層ガス化炉の流動層へのガ
ス化のための送入ガス(ガス化剤)は、空気、空気とス
チーム、酸素富活空気、酸素富活空気とスチーム、酸素
とスチーム、の混合物の中から選択し、また、流動媒体
としては砂(硅砂、オリビン砂など)、アルミナ、鉄
粉、石灰石、ドロマイト等を使用する。フリーボードに
おける送入ガスには、これらのガスの他に、更に酸素を
その選択肢に含ませることもかまわない。流動層ガス化
炉で発生するガスには、多量のタールや炭化物が含まれ
るが、炭化物は流動層中で粉砕されて微粉状のチャーと
なり、ガスと共にそのまま溶融炉に導入される。一方、
流動層部は還元雰囲気であるため、廃棄物中の金属を地
金として有用な未酸化の状態で取出せる。
【0023】回収出来る金属は、その融点がガス化温度
以下のものに限られる。従って、アルミニウム(融点6
60℃)を回収するためには流動層温度を650℃以下
とする必要がある。このように、廃棄物の低温ガス化に
流動層ガス化炉を用いたことにより、多様な廃棄物、例
えば、数mmサイズから数十mmのものの処理が可能
で、しかも処理能力が高く、スケールアップが容易とな
る。また、機械的な駆動部が無く、温度等の調整操作が
容易で、熱媒体との間の伝熱が良く層内温度を均一に保
ち易い。さらに、流動層ガス化炉として内部循環式流動
層ガス化炉を用いると、廃棄物の無破砕処理が可能とな
り、流動層内で炭化物が効率良く粉砕されてチャーとな
り、流動層内でのチャーの分散が良いため、処理能力が
高く、層内温度が均一に保たれ、ガス化効率が高い等の
作用がある。
【0024】次で、溶融炉について説明する。該溶融炉
は、流動層ガス化炉から導入されるガス状物質とチャー
を送入ガスと接触させることにより、1300℃以上で
高温ガス化し、タールやチャーを完全にガス化して、含
有する灰分を溶融スラグとして炉底より排出するもので
ある。使用できる溶融炉としては、テキサコ炉のように
上部から吹き込むだけのタイプも使用できるが、好まし
くは、旋回溶融炉、即ち、ガス状物質とチャーがガス化
のための送入ガスと共に燃焼室中に旋回流を形成しなが
ら高温ガス化して、灰分を溶融し、溶融した灰分を分離
排出する形式の溶融炉を用いるのが良い。旋回溶融炉を
用いることにより、高負荷・高速燃焼が可能となり、ガ
スの滞留時間分布が狭くなり、旋回流による遠心力の作
用により、カーボン転換率、スラグミスト捕集率が高
く、しかも溶融炉本体のコンパクト化が図れる。
【0025】溶融炉へのガス化のための送入ガスは、酸
素富活空気、酸素の中から選択することができる。送入
ガス中の酸素量は、前記流動層ガス化炉へのガス化のた
めの送入ガスを合せて、全酸素量が廃棄物を完全燃焼さ
せるために必要な理論酸素量の0.1〜0.6の範囲と
するのがよい。こうして、溶融炉から、低カロリー(1
000〜1500kcal/Nm3 (dry))もしく
は中カロリー(2500〜4500kcal/Nm
3 (dry))の燃料ガスを得ることができる。これら
のガス中には、CO、H2 といった有用ガス成分が多く
含まれている。廃棄物からCO、H2 主体のガスを得、
工業用燃料ガスあるいは化学工業の原料とすることは本
発明の特に優れた特徴といえる。後段の溶融炉で流動層
ガス化炉から導出されるチャー中の灰分をスラグ化する
ことにより、有害な重金属はスラグ中に封じ込められ、
溶出しなくなる。また、1300℃以上という高温燃焼
により、ダイオキシン類及びその前駆体並びにPCB等
がほぼ完全に分解されてしまう。
【0026】次に図1を参照して、得られたガスをその
性状に応じた目的に利用する方法を述べる。その利用方
法はエネルギーを利用するサーマルリサイクルと化学工
業原料に供するケミカルリサイクルとがある。ガスが常
圧、高温の燃焼排ガスの場合、蒸気ボイラで回収したス
チームをスチームタービンに供給して、電力として回収
する。ガスが常圧の燃料ガスの場合は、ガスエンジンも
しくはディーゼルエンジンを用いて発電するか、あるい
は工業用燃料ガスとして利用する。この工業用燃料ガス
は、例えば製鉄や製鋼の工程で用いることが出来る。一
方、ガスが高圧(20〜40atm)の燃料ガスの場合
には、ガスタービンを用いた複合発電とするか、あるい
は工業用燃料ガスとして利用する。ガスがN2 を含まな
い高圧で中カロリーの燃料ガスの場合は、水素、メタン
(SNG)、メタノール等アルコール類、ガソリン製造
用の合成ガスとする。
【0027】水素は、生成ガスをCO転化後、脱CO2
により得られる。メタンは、CO転化によりCO/H2
比を調整後、メタン化反応により得られる。メタノール
は、CO転化後メタノール合成反応により得られる。メ
タノールとエタノール以上の高級アルコールの混合物
は、アルコール合成反応により得られる。ガソリンは、
南アフリカ連邦のサゾールで実施されているように、フ
ィッシャートロプシュ反応により合成される。このよう
に、対象とする廃棄物の質と量、並びに建設地の条件、
目的生成物などを考慮して最適なプロセスを選定するこ
とが必要である。次に、スラグの利用について言及す
る。廃棄物を原料とすると、スラグ中には大なり小なり
塩素が含まれるため、エコセメントの原料とするのが有
力である。エコセメントは、焼却灰:下水汚泥:添加物
=4:3:3から作られる新種のセメントで、無筋コン
クリート製品や固化材としての用途がある。回収される
スラグには、水砕スラグと徐冷スラグがあるが、路盤
材、骨材、透水材等の土木建築用資材、あるいは園芸用
資材としても利用出来る。
【0028】
【実施例】以下、本発明を図面を用いて具体的に説明す
る。 実施例1 図2に、本発明のガス化処理方法に用いる装置の一例の
概略構成図を示す。図2は、高圧(20〜40atm)
の合成ガスを製造する実施例であり、図2において、1
はロックホッパシステム、2はホッパー、3はスクリュ
ーフィーダ、4は流動層ガス化炉、5は流動層部、6は
旋回溶融炉で、7は一次燃焼室、8は二次燃焼室、9は
スラグ分離室、10は廃熱ボイラ、11はスクラバー、
aは廃棄物、bは酸素、cはスチーム、dは不燃物、e
は低温ガス化ガス、e′は高温ガス化ガス、fはスラ
グ、f′は灰、gは生成ガスを示す。
【0029】廃棄物aは、均一に混合され、ロックホッ
パーシステム1を経て、ホッパー2に投入される。次い
で、スクリューフィーダ3により流動層ガス化炉4に定
量供給される。該ガス化炉4の炉底には流動化ガスとし
て酸素bとスチームcの混合ガスが供給される。ガス化
炉4の流動層部5に落下した原料は、450〜650℃
に保持された流動層内でガス化のための酸素とスチーム
からなる送入ガスと接触し、速やかに熱分解ガス化され
る。これにより、ガス、タール、炭化物、H2Oが生成
するが、炭化物は流動層の攪乱運動により粉砕されチャ
ーとなる。これらは一括して後段の旋回溶融炉6の一次
燃焼室7に供給され、同じくガス化のために供給された
酸素bと旋回流中で混合しながら、1300℃以上の高
温で高速酸化される。このため、チャーに含まれる灰分
はスラグミストとなり、旋回流の遠心力により炉壁上の
スラグ相に捕捉され、炉壁を流れ下って二次燃焼室8に
入り、スラグfとしてスラグ分離室9の炉底から排出さ
れる。高温ガス化の酸化反応は二次燃焼室8で完結し、
2 、CO、CO2 とH2 Oから成る中カロリーガス
(2500〜4500kcal/Nm3 )となる。
【0030】ガス化炉4の流動層部5は還元雰囲気のた
め、原料中の金属のうち融点が流動層温度より高いもの
は、未酸化でクリーンな状態でガレキ、石、ガラス等と
ともに不燃物dとして炉底から排出される。このため、
金属地金として再利用が可能となる。溶融炉6を出たガ
スは、廃熱ボイラ10でスチームcを回収後、NaOH
水溶液を用いたスクラバー11で冷却・洗浄され、ダス
トやCO転化触媒を被毒するガス中のHCl等が除かれ
る。こうして、精製された生成ガスgが得られる。本ガ
スは工業用燃料ガスに用いることが出来るが、この場合
CO転化の必要は無いので、スクラバー11は簡略なも
ので済む。得られたH2 、CO、CO2 とH2Oから成
るガスは化学工業原料用の合成ガスとして使用される。
【0031】実施例2 次に、低カロリーガスを得る常圧の内部循環式流動層ガ
ス化炉を用いるガス化について、図3を用いて説明す
る。図3において、図2と同じ符号は同じ名称を表し、
12はフリーボード、13はバーナ、14はトロンメ
ル、15はバケットコンベア、16はバーナである。予
め破砕された廃棄物aと石炭jは、ホッパー2に供給さ
れた後に、スクリュー式の定量供給装置3を用いて流動
層ガス化炉4に供給される。ガス化炉4の下方からは予
熱された空気b″が流動化ガスとして挿入され、分散板
上に硅砂の流動層5が形成される。廃棄物aと石炭jは
流動層5の上方に投入され、450〜650℃に保持さ
れた流動層5内で空気中のO2 と接触し、速やかに熱分
解ガス化される。ガス化炉4の炉底からは流動媒体の硅
砂が不燃物とともに排出され、トロンメル14により粗
大不燃物dが系外に排出される。
【0032】分離された硅砂hはバケットコンベア15
により上方へ搬送された後、ガス化炉4に戻される。不
燃物d中には金属が含まれるが、実用的には流動層温度
を500〜600℃とすることにより、鉄、銅、アルミ
ニウムをリサイクル可能な状態で回収できる。流動層5
での低温ガス化反応によりガス、タール、炭化物が生成
する。ガスとタールは、気化して炉内を上昇する。炭化
物は流動層5の攪乱運動により微粉砕されてチャーとな
る。チャーは多孔質で軽いため、生成ガスの上向きの流
れに同伴される。流動媒体に固い硅砂hを用いること
で、炭化物の粉砕は促進される。フリーボード12には
空気b′が吹き込まれ、600〜800℃の再度ガス化
が行われる。こうして、ガス成分の低分子化と、ター
ル、チャーのガス化が進む。
【0033】ガス化炉を出た生成ガスeは、旋回溶融炉
6の一次燃焼室7に供給され、予熱された酸素富活空気
b′と旋回流中で混合しながら、1300℃以上で高温
ガス化する。燃焼は二次燃焼室8で完結し、燃焼排ガス
e′はスラグ分離室9から排出される。チャーに含まれ
る灰分は高温のためにスラグミストとなり、旋回流の遠
心力により一次燃焼室7の炉壁上の溶融スラグ相に捕捉
され、炉壁を流れ下って二次燃焼室8に入り、スラグ分
離部9の底部より流下する。なお、旋回溶融炉6の一次
燃焼室7と二次燃焼室8には、昇温バーナ16が1台ず
つ設置されている。こうして、低カロリー(1000〜
1500kcal/Nm3 )の可燃性ガスを得ることが
できる。
【0034】実施例3 図4は、旋回溶融炉に別の形式を用いた10〜40at
mの合成ガスを得るための別の実施例である。図4にお
いて、ガス化炉は内部循環式流動層ガス化炉4を用いて
おり、供給された廃棄物aの炭化物が、流動層上に堆積
せず流動層内に均一に分散され、炭化物の微粉化・ガス
化が促進される。本タイプの流動層炉では、原料廃棄物
は供給時の破砕粒度を大きくでき、サイズの大きい不燃
物でも排出が可能である。また、発生熱の拡散に秀れて
いるためクリンカートラブルが少ない等の特長を有す
る。ガス化炉4を出た生成ガスeは、旋回式溶融炉6の
燃焼室7に供給され、予熱された酸素bと旋回流中で混
合しながら、1300℃以上でガス化する。
【0035】実施例4 図5は、別の形式の旋回溶融炉を用いた別の実施例であ
る。旋回溶融炉6のスラグ分離室9には、内部に輻射ボ
イラ19を設置し、その下部に水槽20を設け、一旦水
面近くまで下降したガスが水面近くで水管の裏側に廻り
込めるようになっている。輻射ボイラ19内では、ガス
の流れ方向と重力の方向が一致するため、壁に付着した
スラグは、大きく成長することなく落下する。また、流
れ落ちるスラグ自身の熱も、輻射ボイラ19が回収する
ため、熱回収の効率が高くなる。さらに、水面近くでガ
スの流れ方向が急激に変化するため、ガス中に含まれる
スラグミストは、その慣性力により、多くが水に回収さ
れる。溶融炉6を出たガスe′は、対流ボイラ21に供
給され、熱回収される。なお上記二次燃焼室8は省くこ
とも可能である。本実施例は、発電を目的としたプロセ
スに最も適している。
【0036】実施例5 ここで図3の構成図における、代表的なテストデータを
示す。表1は、ガス化に用いた原料廃棄物の性状であ
る。これは、通常の都市ごみに石炭を添加してカロリー
調整を施したものである。この原料廃棄物を、流動層ガ
ス化炉にて500〜600℃で低温ガス化し、次いで旋
回式溶融炉にて1350℃で高温ガス化した時の結果
を、表2〜表4に示す。表2はガス化全体の、すなわち
ガス化炉に溶融炉を加えたガス化の物質収支であり、原
料廃棄物を100とした時のものである。ガス化するた
めのガス化剤としては酸素46とスチーム36が消費さ
れる。この結果、生成ガスは112と原料廃棄物より増
えているが、これは主にガス化剤の酸素が加わったため
である。表3も同様に両炉の熱収支である。これも原料
廃棄物の燃焼熱を基準の100としているが、生成ガス
の燃焼熱が60であることから、冷ガス効率は60%で
ある。
【0037】この冷ガス効率はエネルギー回収率とほぼ
同一の意味を有するもので、時間当りの生成ガスの燃焼
熱(高位ベース)の原料廃棄物の燃焼熱(高位ベース)
に対する割合である。以上より、可燃性ガス回収を目的
とする場合、原料廃棄物の低位発熱量は、ここで設定し
た3500kcal/kgをほぼ下限とすることが判
る。低位発熱量が3500kcal/kgを上回るほ
ど、冷ガス効率は60%より大きくなる。炉壁からの熱
損失は5.9であるが、これを縮小できれば、冷ガス効
率はさらに増すことが期待される。表4は生成ガスの乾
ガス組成であり、ガス中の水分はカウントしていない。
可燃成分であるH2 とCOで77%を占めている。従っ
て、この77%に相当する容積が、CO転化後のH2
なる。
【0038】
【表1】
【0039】
【表2】
【0040】
【表3】 注) 本熱収支は高位発熱量基準である。 Q:燃焼熱、 H:エンタルピー
【0041】
【表4】
【0042】実施例6 図6に本発明に用いる他の装置の一例の全体構成図を示
す。図6では、高圧(20atm程度)で低カロリーの
燃料ガスを製造後、ガスタービンを用いて複合発電を行
なうケースを示す。図6において、32はセラミックフ
ィルター、33はガスタービン、34はスチームタービ
ン、kは電力、mは排ガス、これ以外は図2と同じであ
る。ガス化炉4に空気b″、溶融炉6に酸素富活空気
b′が供給されるため、溶融炉6からの生成ガスは
2 、CO、CO2 、N2 と水蒸気から成る低カロリー
ガス(1000〜1500kcal/Nm3 (dr
y))となる。ガス化炉、溶融炉の温度条件は実施例1
と同じである。
【0043】この後、廃熱ボイラ10でスチームcを回
収し、セラミックフィルター32で灰f′を分離後、ガ
スタービン33に供給され、電力kを発生後、廃熱ボイ
ラ10でスチームcを回収し、大気放出される。回収さ
れたスチームcは、スチームタービン34に供給され電
力kを発生する。ここでは、生成ガスを高温のまま脱塵
後、ガスタービンに供給する方法を示したが、無論図2
と同じように生成ガスを常温で精製したからガスタービ
ン33に供給することも可能である。ただし、この方法
では発電効率は若干低下する。
【0044】実施例7 図7に、本発明に用いるの他の装置の一例の全体構成図
を示す。図7では、常圧下で低カロリーの燃料ガスを製
造後、ガスエンジンを用いて複合発電するケースを示
す。図7において、35はガスエンジンである。このケ
ースでは、廃棄物aと石炭jをホッパー2への供給する
際、ロックホッパーは不要である。ガス化炉4に空気
b″、溶融炉6に酸素富活空気b′が供給されるため、
生成ガスの構成はN2 、H2 、CO、CO2 、H2 Oか
ら成る低カロリーガス(1000〜1500kcal/
Nm3 (dry))となる。ガス化炉、溶融炉の温度条
件は実施例1と同じである。この後、廃熱ボイラ10で
スチームcを回収し、スクラバー11で生成ガスを冷却
・洗浄する。得られた常温の生成ガスは、ガスエンジン
35に供給され電力kを発生後、再び廃熱ボイラ10で
スチームcを回収し、大気放出される。回収されたスチ
ームの全量は、スチームタービン34に供給され、電力
kを発生する。コスト削減のため、ガスエンジン35の
後の廃熱ボイラ10は省略することも可能であるが、発
電効率は低下する。
【0045】
【発明の効果】本発明は廃棄物を燃料ガスあるいは化学
工業原料に変換する資源化方法を提供し、環境保全を維
持しつつ資源有価物の回収技術を提供するもので、サー
マルリサイクル、マテリアルリサイクル、ケミカルリサ
イクルを通じて廃棄物を新たな資源として活用を計るも
のである。具体的には、以下の効果を得ることができ
る。 低温ガス化と高温ガス化を組合せたガス化処理によ
り廃棄物を中カロリーの合成ガスに変換し、次いでアン
モニア、メタノール等の化学工業原料にするというケミ
カルリサイクルが可能となる。
【0046】 合成ガス生成の過程で灰分をスラグ化
して無害化することができる。生成スラグは土木建築材
としてマテリアルリサイクルできる。 廃棄物中に含まれる鉄、銅、アルミニウム等の有価
金属を未酸化状態で回収できるためマテリアルリサイク
ルが可能となる。 低カロリーの可燃性ガスを回収することにより、ガ
スタービン等の燃料あるいは工業用燃料ガスとしてサー
マルリサイクルすることも可能である。 1300℃以上という高温度域を経るため、有害な
ダイオキシン類をほぼ完全に分解できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の処理方法によるガス化利用の全体概念
図。
【図2】本発明の処理方法に用いる装置の一例を示す概
念構成図。
【図3】本発明の処理方法に用いる装置の別の一例を示
す概略構成図。
【図4】本発明の処理方法に用いる装置の別の一例を示
す概略構成図。
【図5】本発明の処理方法に用いる装置の別の一例を示
す概略構成図。
【図6】本発明の処理方法に用いる装置の別の一例を示
す概略構成図。
【図7】本発明の処理方法に用いる装置の別の一例を示
す概略構成図。
【符号の説明】
1:ロックホッパシステム、2:ホッパー、3:スクリ
ューフィーダ、4:流動層ガス化炉、5:流動層部、
6:旋回溶融炉で、7:一次燃焼室、8:二次燃焼室、
9:スラグ分離室、10:廃熱ボイラ、11:スクラバ
ー、12:フリーボード、13:バーナ、14、1
4′:スクリーン(トロンメル)、15:流動媒体循環
路(バケットコンベア)、16:バーナ、17、1
7′:ロックホッパー、18:傾斜壁、19:輻射ボイ
ラ、20:水槽、21:対流ボイラ、22、22′:貯
留槽、32:セラミックフィルター、33:ガスタービ
ン、34:スチームタービン、35:ガスエンジン a:廃棄物、b:酸素、b′:酸素富化空気、b″:空
気、c:水蒸気(スチーム)、d:不燃物、e:低温ガ
ス化生成ガス、e′:高温ガス化生成ガス、f:溶融ス
ラグ、g:合成ガス、h:流動媒体、i:水、j:石
灰、k:電力、m:排ガス
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI F23G 5/027 ZAB F23G 5/32 ZAB 5/16 ZAB F23L 7/00 A 5/32 ZAB B F23L 7/00 C C10G 1/00 B 1/10 // C10G 1/00 B09B 3/00 ZAB 1/10 303L (72)発明者 入江 正昭 東京都大田区羽田旭町11番1号 株式会 社荏原製作所内 (72)発明者 廣勢 哲久 東京都大田区羽田旭町11番1号 株式会 社荏原製作所内 (72)発明者 大下 孝裕 東京都大田区羽田旭町11番1号 株式会 社荏原製作所内 (56)参考文献 特開 平8−261425(JP,A) 特開 平6−307614(JP,A) 特開 平9−79534(JP,A) 特開 昭56−138611(JP,A) 特開 平9−112863(JP,A) 特開 平9−137927(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) B09B 3/00 C10B 53/00 F23G 5/027

Claims (24)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 廃棄物を流動層ガス化炉でガス化し、得
    られるガス状物質とチャーを溶融炉に導入してガス化
    るとともに溶融スラグを形成し、低カロリーガス又は中
    カロリーガスを得ることを特徴とする廃棄物のガス化処
    理方法。
  2. 【請求項2】 廃棄物を流動層ガス化炉に投入し、該流
    動層ガス化炉に供給したガス化剤と接触させて450℃
    から800℃の温度でガス化し、ガスと炭化物を生成
    し、該炭化物は砂またはアルミナを流動媒体として用い
    た流動層の中で粉砕してチャーとし、前記流動層ガス化
    炉で生成した該ガスをチャーとともに直接溶融炉に導入
    して送入ガスと接触させて1300℃以上の温度で燃焼
    して低カロリーガス又は中カロリーガスを得るととも
    に、該チャーに含まれる灰分は溶融させてスラグとして
    回収することを特徴とする廃棄物のガス化処理方法。
  3. 【請求項3】 廃棄物を流動層ガス化炉でガス化し、得
    られるガスとチャーを溶融炉に導入してガス化する廃棄
    物のガス化処理方法であって、 該流動層ガス化炉では、流動媒体を用いた流動層に酸素
    とスチームの混合ガスを供給し、450℃から800℃
    の温度で該廃棄物をガス化し、該廃棄物中の金属は該流
    動層ガス化炉から排出して回収し、また、該流動層ガス
    化炉で生成したガスをチャーとともに該流動層ガス化炉
    から排出し、該流動層ガス化炉から排出された該ガスと
    チャーは直接溶融炉に導入し、該溶融炉は旋回溶融炉で
    あって、かつ炉内の温度は1300℃以上であり、ここ
    で該流動層ガス化炉より導入された該ガスとチャーをガ
    ス化して低カロリーガス又は中カロリーガスを得るとと
    もに、該チャーに含まれる灰分は溶融スラグとなし、該
    溶融スラグは冷却されたスラグとして回収することを特
    徴とする廃棄物のガス化処理方法。
  4. 【請求項4】 廃棄物を流動層ガス化炉でガス化し、得
    られるガスとチャーを溶融炉に導入してガス化する廃棄
    物のガス化処理方法であって、 該流動層ガス化炉は、内部循環式流動層ガス化炉であ
    り、該流動層ガス化炉では流動媒体を用いた流動層にガ
    ス化剤を供給し、450℃から650℃の温度の該流動
    層で廃棄物をガス化してガスとチャーを生成し、該廃棄
    物中の金属は該流動層ガス化炉から排出して回収し、ま
    た、該流動層ガス化炉で生成した該ガスをチャーととも
    に該流動層ガス化炉から排出し、該流動層ガス化炉から
    排出された該ガスとチャーは直接溶融炉に導入し、該溶
    融炉は旋回溶融炉であり、該旋回溶融炉は1300℃以
    上の温度で、該流動層ガス化炉より導入された該ガスと
    チャーをガス化して低カロリーガス又は中カロリーガス
    を得るとともに、該チャーに含まれる灰分は溶融スラグ
    とすることを特徴とする廃棄物のガス化処理方法。
  5. 【請求項5】 廃棄物に石炭を加えて、流動層ガス化炉
    に投入し、該流動層ガス化炉に供給したガス化剤と接触
    させてガス化し、該流動層ガス化炉で生成したガスをチ
    ャーとともに溶融炉に導入して送入ガスと接触させて燃
    焼し、低カロリーガス又は中カロリーガスを得るととも
    に、該チャーに含まれる灰分は溶融させてスラグとして
    回収することを特徴とする廃棄物のガス化処理方法。
  6. 【請求項6】 廃棄物を流動層ガス化炉に投入し、該流
    動層ガス化炉に供給したガス化剤と接触させて450℃
    から800℃の温度でガス化し、該流動層ガス化炉で生
    成したガスをチャーとともに溶融炉に導入して送入ガス
    と接触させて1300℃以上の温度で燃焼して低カロリ
    ーガス又は中カロリーガスを得るとともに、チャーに含
    まれる灰分は溶融させてスラグとして回収することを特
    徴とする廃棄物のガス化処理方法。
  7. 【請求項7】 高カロリー廃棄物と低カロリー
    廃棄物を混合するとともにこの混合割合を調整して流
    動層ガス化炉に投入し、該流動層ガス化炉に供給したガ
    ス化剤と接触させて450℃から800℃の温度でガス
    化し、該流動層ガス化炉で生成したガスをチャーととも
    に溶融炉に導入して送入ガスと接触させて1300℃以
    上の温度で燃焼して低カロリーガス又は中カロリーガス
    を得るとともに、該チャーに含まれる灰分は溶融させて
    スラグとして回収することを特徴とする廃棄物のガス化
    処理方法。
  8. 【請求項8】 廃棄物を流動層ガス化炉でガス化し、得
    られるガスとチャーを溶融炉に導入してガス化する廃棄
    物のガス化処理方法であって、 該流動層ガス化炉に供給する該廃棄物は、高カロリー
    廃棄物と低カロリー廃棄物を混合したものであ
    り、この混合割合を調整し、該流動層ガス化炉では、流
    動媒体を用いた流動層に酸素とスチームの混合ガスを供
    給し、450℃から800℃の温度で該廃棄物をガス化
    し、また、該流動層ガス化炉で生成したガスをチャーと
    ともに該流動層ガス化炉から排出し、該流動層ガス化炉
    から排出された該ガスとチャーは直接溶融炉に導入し、
    該溶融炉は酸素富活空気または酸素が供給され、かつ炉
    内の温度は1300℃以上であり、ここで該流動層ガス
    化炉より導入された該ガスとチャーをガス化して低カロ
    リーガス又は中カロリーガスを得るとともに、該チャー
    に含まれる灰分は溶融させてスラグとして回収すること
    を特徴とする廃棄物のガス化処理方法。
  9. 【請求項9】 廃棄物を流動層ガス化炉でガス化し、導
    入するガス化剤は酸素とスチームの混合ガスであり、
    ス化で発生するガスとチャーを溶融炉でガス化すると
    ともに、溶融スラグを得たのち、冷却されたスラグおよ
    び冷却された低カロリーガス又は中カロリーガスを得る
    ことを特徴とする廃棄物のガス化処理方法。
  10. 【請求項10】 前記廃棄物は、都市ゴミ、固形化燃
    料、スラリー化燃料、バイオマス廃棄物、プラスチック
    廃棄物、自動車廃棄物、家電廃棄物、下水汚泥、し尿、
    高濃度廃液、産業スラッジ、または低品位石炭からなる
    ことを特徴とする請求項1乃至9のいずれか1項に記載
    の廃棄物のガス化処理方法。
  11. 【請求項11】 前記流動層ガス化炉では、廃棄物に含
    まれる金属を回収することを特徴とする請求項1及び2
    及び5乃至9のいずれか1項に記載の廃棄物のガス化処
    理方法。
  12. 【請求項12】 前記溶融炉は旋回溶融炉であることを
    特徴とする請求項1及び2及び5乃至9のいずれか1項
    に記載の廃棄物のガス化処理方法。
  13. 【請求項13】 前記ガス化剤は酸素とスチームの混合
    ガスであることを特徴とする請求項1及び2及び4乃至
    7のいずれか1項に記載の廃棄物のガス化処理方法。
  14. 【請求項14】 前記流動層ガス化炉は流動層部の温度
    を検知して、低カロリー廃棄物と高カロリー
    棄物の混合割合を調整することを特徴とする請求項1乃
    至9のいずれか1項に記載の廃棄物のガス化処理方法。
  15. 【請求項15】 補助燃料として石炭を用いることを特
    徴とする請求項1乃至9のいずれか1項に記載の廃棄物
    のガス化処理方法。
  16. 【請求項16】 前記溶融炉への送入ガスは酸素富活空
    気または酸素であることを特徴とする請求項1乃至7及
    び9のいずれか1項に記載の廃棄物のガス化処理方法。
  17. 【請求項17】 前記高カロリー廃棄物は、都市ゴ
    ミ、固形化燃料、プラスチック廃棄物、自動車廃棄物、
    または家電廃棄物であることを特徴とする請求項7又は
    8又は14に記載の廃棄物のガス化処理方法。
  18. 【請求項18】 前記低カロリー廃棄物は、バイオ
    マス廃棄物、下水汚泥やし尿の脱水ケーキ、または高濃
    度廃液であることを特徴とする請求項7又は8又は14
    に記載の廃棄物のガス化処理方法。
  19. 【請求項19】 前記流動層ガス化炉は、炉底部に比較
    的緩慢な流動層と比較的活発な流動層を形成し、緩慢流
    動層中を流動媒体が流動化しつつ下降し、活発流動層中
    を流動媒体が流動化しつつ上昇し、流動層下部にて流動
    媒体が緩慢流動層から活発流動層へ、流動層上部にて流
    動媒体が活発流動層から緩慢流動層へ流動化しつつ移動
    するような流動媒体の運動を生ぜしめる内部循環式流動
    層ガス化炉であることを特徴とする請求項1乃至9のい
    ずれか1項に記載の廃棄物のガス化処理方法。
  20. 【請求項20】 前記流動層ガス化炉は、流動層内に吹
    込まれる流動化ガスの部分的な強弱部位を設定すること
    により流動層中に流動媒体の循環流を形成する内部循環
    式流動層ガス化炉であることを特徴とする請求項1乃至
    9のいずれか1項に記載の廃棄物のガス化処理方法。
  21. 【請求項21】 前記流動層ガス化炉は、加圧型である
    ことを特徴とする請求項1乃至9のいずれか1項に記載
    の廃棄物のガス化処理方法。
  22. 【請求項22】 前記流動層ガス化炉は、内部温度が4
    50〜800℃であることを特徴とする請求項1又は4
    又は5又は9に記載の廃棄物のガス化処理方法。
  23. 【請求項23】 前記溶融炉は、内部温度が1300℃
    以上であることを特徴とする請求項1又は5又は棄物の
    ガス化処理方法。
  24. 【請求項24】 前記流動層ガス化炉で得られるガス状
    物質は、チャーを同伴し直接溶融炉に導入することを特
    徴とする請求項1又は5又は6又は7又は9に記載の廃
    棄物のガス化処理方法。
JP08331435A 1995-11-28 1996-11-28 廃棄物のガス化処理方法 Expired - Lifetime JP3079051B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP08331435A JP3079051B2 (ja) 1995-11-28 1996-11-28 廃棄物のガス化処理方法

Applications Claiming Priority (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7-331185 1995-11-28
JP33118595 1995-11-28
JP8-252234 1996-09-04
JP25223496 1996-09-04
JP08331435A JP3079051B2 (ja) 1995-11-28 1996-11-28 廃棄物のガス化処理方法

Related Child Applications (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11305993A Division JP2000140800A (ja) 1995-11-28 1999-10-27 廃棄物のガス化処理装置
JP2000099371A Division JP2000351979A (ja) 1995-11-28 2000-03-31 廃棄物のガス化処理方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH10128288A JPH10128288A (ja) 1998-05-19
JP3079051B2 true JP3079051B2 (ja) 2000-08-21

Family

ID=27334105

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP08331435A Expired - Lifetime JP3079051B2 (ja) 1995-11-28 1996-11-28 廃棄物のガス化処理方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3079051B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014166876A (ja) * 2013-02-28 2014-09-11 Oji Holdings Corp 袋体

Families Citing this family (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6161490A (en) * 1996-09-04 2000-12-19 Ebara Corporation Swirling-type melting furnace and method for gasifying wastes by the swirling-type melting furnace
JP4660874B2 (ja) * 1999-03-11 2011-03-30 宇部興産株式会社 廃棄物の二段ガス化システムの運転制御方法
JP2002233854A (ja) * 2001-02-07 2002-08-20 Ishikawajima Harima Heavy Ind Co Ltd 廃棄物処理方法及び設備
KR200314296Y1 (ko) * 2003-03-07 2003-05-23 주식회사 이앤이 감염성 폐기물 소각/ 용융 일체형 처리 시스템
JP2005270716A (ja) * 2004-03-23 2005-10-06 Ishikawajima Harima Heavy Ind Co Ltd 下水汚泥ガス化方法及び装置
US7722690B2 (en) * 2006-09-29 2010-05-25 Kellogg Brown & Root Llc Methods for producing synthesis gas
WO2009018543A1 (en) * 2007-08-01 2009-02-05 Virginia Tech Intellectual Properties, Inc. Thermochemical method for conversion of poultry litter
US8624069B2 (en) * 2008-08-08 2014-01-07 Afognak Native Corporation Conversion of biomass feedstocks into hydrocarbon liquid transportation fuels
CN102125926B (zh) * 2011-04-02 2012-12-12 江苏亿尔等离子体科技有限公司 高温高压医疗固体废物就地处置装置
CN113195685A (zh) * 2018-10-10 2021-07-30 西亚塔控股私人有限公司 处理含碳材料的工艺和用于其的设备

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014166876A (ja) * 2013-02-28 2014-09-11 Oji Holdings Corp 袋体

Also Published As

Publication number Publication date
JPH10128288A (ja) 1998-05-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0776962B1 (en) Method and apparatus for treating wastes by gasification
US5922090A (en) Method and apparatus for treating wastes by gasification
EP0803562B1 (en) Method and apparatus for treating wastes by gasification
JP3916179B2 (ja) 廃棄物の高温ガス化方法及び装置
US5980858A (en) Method for treating wastes by gasification
US6032467A (en) Method and apparatus for recovering energy from wastes
EP0926441B1 (en) Rotary fusing furnace and method for gasifying wastes using the rotating fusing furnace
Bosmans et al. Energy from waste: review of thermochemical technologies for refuse derived fuel (RDF) treatment
WO1994003760A1 (en) Processes and means for waste resources utilization
US6286443B1 (en) Method for treating combustibles by slagging combustion
JP3415748B2 (ja) 有機性廃棄物の二段ガス化方法及び装置
JP3079051B2 (ja) 廃棄物のガス化処理方法
US6902711B1 (en) Apparatus for treating wastes by gasification
EP0979262B1 (en) Method and apparatus for treating wastes by gasification
CN113025388B (zh) 一种城市固废和二氧化碳共资源化利用的方法
JP4222645B2 (ja) 有機性廃棄物の資源化方法及び資源化装置
JP3707754B2 (ja) 廃棄物処理システムと方法及びそれにより製造されたセメント
JP4155507B2 (ja) バイオマスのガス化方法およびガス化装置
JP3938981B2 (ja) 廃棄物ガス化処理におけるガスリサイクル方法
JPH1081885A (ja) 有機性廃棄物の資源化方法及び資源化装置
JP2002371307A (ja) 有機系又は炭化水素系廃棄物のリサイクル方法及びリサイクルに適した高炉設備
JPH10132234A (ja) ガスタービン複合発電方法
WO1998023898A1 (fr) Procede et equipement de gazeification et d'incineration de dechets solides

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090616

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100616

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100616

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110616

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120616

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120616

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130616

Year of fee payment: 13

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term