JP2992286B2 - 運動装置とその使用方法 - Google Patents

運動装置とその使用方法

Info

Publication number
JP2992286B2
JP2992286B2 JP32350498A JP32350498A JP2992286B2 JP 2992286 B2 JP2992286 B2 JP 2992286B2 JP 32350498 A JP32350498 A JP 32350498A JP 32350498 A JP32350498 A JP 32350498A JP 2992286 B2 JP2992286 B2 JP 2992286B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
seat plate
plate
back
muscles
movement
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP32350498A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH11197270A (ja
Inventor
パイク、スユング−ユン
Original Assignee
パイク、スユング−ユン
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to KR19970060164 priority Critical
Priority to KR1997P72701 priority
Priority to KR1019970072701A priority patent/KR100245627B1/ko
Priority to KR1997P60164 priority
Application filed by パイク、スユング−ユン filed Critical パイク、スユング−ユン
Publication of JPH11197270A publication Critical patent/JPH11197270A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2992286B2 publication Critical patent/JP2992286B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61HPHYSICAL THERAPY APPARATUS, e.g. DEVICES FOR LOCATING OR STIMULATING REFLEX POINTS IN THE BODY; ARTIFICIAL RESPIRATION; MASSAGE; BATHING DEVICES FOR SPECIAL THERAPEUTIC OR HYGIENIC PURPOSES OR SPECIFIC PARTS OF THE BODY
    • A61H1/00Apparatus for passive exercising; Vibrating apparatus ; Chiropractic devices, e.g. body impacting devices, external devices for briefly extending or aligning unbroken bones
    • A61H1/02Stretching or bending or torsioning apparatus for exercising
    • A61H1/0237Stretching or bending or torsioning apparatus for exercising for the lower limbs
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61HPHYSICAL THERAPY APPARATUS, e.g. DEVICES FOR LOCATING OR STIMULATING REFLEX POINTS IN THE BODY; ARTIFICIAL RESPIRATION; MASSAGE; BATHING DEVICES FOR SPECIAL THERAPEUTIC OR HYGIENIC PURPOSES OR SPECIFIC PARTS OF THE BODY
    • A61H2201/00Characteristics of apparatus not provided for in the preceding codes
    • A61H2201/14Special force transmission means, i.e. between the driving means and the interface with the user
    • A61H2201/1418Cam
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61HPHYSICAL THERAPY APPARATUS, e.g. DEVICES FOR LOCATING OR STIMULATING REFLEX POINTS IN THE BODY; ARTIFICIAL RESPIRATION; MASSAGE; BATHING DEVICES FOR SPECIAL THERAPEUTIC OR HYGIENIC PURPOSES OR SPECIFIC PARTS OF THE BODY
    • A61H2201/00Characteristics of apparatus not provided for in the preceding codes
    • A61H2201/16Physical interface with patient
    • A61H2201/1602Physical interface with patient kind of interface, e.g. head rest, knee support or lumbar support
    • A61H2201/1604Head
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61HPHYSICAL THERAPY APPARATUS, e.g. DEVICES FOR LOCATING OR STIMULATING REFLEX POINTS IN THE BODY; ARTIFICIAL RESPIRATION; MASSAGE; BATHING DEVICES FOR SPECIAL THERAPEUTIC OR HYGIENIC PURPOSES OR SPECIFIC PARTS OF THE BODY
    • A61H2201/00Characteristics of apparatus not provided for in the preceding codes
    • A61H2201/16Physical interface with patient
    • A61H2201/1602Physical interface with patient kind of interface, e.g. head rest, knee support or lumbar support
    • A61H2201/1609Neck
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61HPHYSICAL THERAPY APPARATUS, e.g. DEVICES FOR LOCATING OR STIMULATING REFLEX POINTS IN THE BODY; ARTIFICIAL RESPIRATION; MASSAGE; BATHING DEVICES FOR SPECIAL THERAPEUTIC OR HYGIENIC PURPOSES OR SPECIFIC PARTS OF THE BODY
    • A61H2201/00Characteristics of apparatus not provided for in the preceding codes
    • A61H2201/16Physical interface with patient
    • A61H2201/1602Physical interface with patient kind of interface, e.g. head rest, knee support or lumbar support
    • A61H2201/1623Back
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61HPHYSICAL THERAPY APPARATUS, e.g. DEVICES FOR LOCATING OR STIMULATING REFLEX POINTS IN THE BODY; ARTIFICIAL RESPIRATION; MASSAGE; BATHING DEVICES FOR SPECIAL THERAPEUTIC OR HYGIENIC PURPOSES OR SPECIFIC PARTS OF THE BODY
    • A61H2201/00Characteristics of apparatus not provided for in the preceding codes
    • A61H2201/16Physical interface with patient
    • A61H2201/1602Physical interface with patient kind of interface, e.g. head rest, knee support or lumbar support
    • A61H2201/1628Pelvis
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61HPHYSICAL THERAPY APPARATUS, e.g. DEVICES FOR LOCATING OR STIMULATING REFLEX POINTS IN THE BODY; ARTIFICIAL RESPIRATION; MASSAGE; BATHING DEVICES FOR SPECIAL THERAPEUTIC OR HYGIENIC PURPOSES OR SPECIFIC PARTS OF THE BODY
    • A61H2201/00Characteristics of apparatus not provided for in the preceding codes
    • A61H2201/16Physical interface with patient
    • A61H2201/1602Physical interface with patient kind of interface, e.g. head rest, knee support or lumbar support
    • A61H2201/1628Pelvis
    • A61H2201/1633Seat
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61HPHYSICAL THERAPY APPARATUS, e.g. DEVICES FOR LOCATING OR STIMULATING REFLEX POINTS IN THE BODY; ARTIFICIAL RESPIRATION; MASSAGE; BATHING DEVICES FOR SPECIAL THERAPEUTIC OR HYGIENIC PURPOSES OR SPECIFIC PARTS OF THE BODY
    • A61H2201/00Characteristics of apparatus not provided for in the preceding codes
    • A61H2201/16Physical interface with patient
    • A61H2201/1602Physical interface with patient kind of interface, e.g. head rest, knee support or lumbar support
    • A61H2201/1635Hand or arm, e.g. handle
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61HPHYSICAL THERAPY APPARATUS, e.g. DEVICES FOR LOCATING OR STIMULATING REFLEX POINTS IN THE BODY; ARTIFICIAL RESPIRATION; MASSAGE; BATHING DEVICES FOR SPECIAL THERAPEUTIC OR HYGIENIC PURPOSES OR SPECIFIC PARTS OF THE BODY
    • A61H2201/00Characteristics of apparatus not provided for in the preceding codes
    • A61H2201/16Physical interface with patient
    • A61H2201/1602Physical interface with patient kind of interface, e.g. head rest, knee support or lumbar support
    • A61H2201/164Feet or leg, e.g. pedal
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61HPHYSICAL THERAPY APPARATUS, e.g. DEVICES FOR LOCATING OR STIMULATING REFLEX POINTS IN THE BODY; ARTIFICIAL RESPIRATION; MASSAGE; BATHING DEVICES FOR SPECIAL THERAPEUTIC OR HYGIENIC PURPOSES OR SPECIFIC PARTS OF THE BODY
    • A61H2201/00Characteristics of apparatus not provided for in the preceding codes
    • A61H2201/16Physical interface with patient
    • A61H2201/1683Surface of interface
    • A61H2201/1685Surface of interface interchangeable
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61HPHYSICAL THERAPY APPARATUS, e.g. DEVICES FOR LOCATING OR STIMULATING REFLEX POINTS IN THE BODY; ARTIFICIAL RESPIRATION; MASSAGE; BATHING DEVICES FOR SPECIAL THERAPEUTIC OR HYGIENIC PURPOSES OR SPECIFIC PARTS OF THE BODY
    • A61H2201/00Characteristics of apparatus not provided for in the preceding codes
    • A61H2201/16Physical interface with patient
    • A61H2201/1683Surface of interface
    • A61H2201/169Physical characteristics of the surface, e.g. material, relief, texture or indicia
    • A61H2201/1695Enhanced pressure effect, e.g. substantially sharp projections, needles or pyramids
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61HPHYSICAL THERAPY APPARATUS, e.g. DEVICES FOR LOCATING OR STIMULATING REFLEX POINTS IN THE BODY; ARTIFICIAL RESPIRATION; MASSAGE; BATHING DEVICES FOR SPECIAL THERAPEUTIC OR HYGIENIC PURPOSES OR SPECIFIC PARTS OF THE BODY
    • A61H2203/00Additional characteristics concerning the patient
    • A61H2203/04Position of the patient
    • A61H2203/0443Position of the patient substantially horizontal
    • A61H2203/045Position of the patient substantially horizontal with legs in a kneeled 90°/90°-position
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61HPHYSICAL THERAPY APPARATUS, e.g. DEVICES FOR LOCATING OR STIMULATING REFLEX POINTS IN THE BODY; ARTIFICIAL RESPIRATION; MASSAGE; BATHING DEVICES FOR SPECIAL THERAPEUTIC OR HYGIENIC PURPOSES OR SPECIFIC PARTS OF THE BODY
    • A61H2205/00Devices for specific parts of the body
    • A61H2205/04Devices for specific parts of the body neck
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61HPHYSICAL THERAPY APPARATUS, e.g. DEVICES FOR LOCATING OR STIMULATING REFLEX POINTS IN THE BODY; ARTIFICIAL RESPIRATION; MASSAGE; BATHING DEVICES FOR SPECIAL THERAPEUTIC OR HYGIENIC PURPOSES OR SPECIFIC PARTS OF THE BODY
    • A61H2205/00Devices for specific parts of the body
    • A61H2205/08Trunk
    • A61H2205/081Back
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61HPHYSICAL THERAPY APPARATUS, e.g. DEVICES FOR LOCATING OR STIMULATING REFLEX POINTS IN THE BODY; ARTIFICIAL RESPIRATION; MASSAGE; BATHING DEVICES FOR SPECIAL THERAPEUTIC OR HYGIENIC PURPOSES OR SPECIFIC PARTS OF THE BODY
    • A61H2205/00Devices for specific parts of the body
    • A61H2205/08Trunk
    • A61H2205/085Crotch
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61HPHYSICAL THERAPY APPARATUS, e.g. DEVICES FOR LOCATING OR STIMULATING REFLEX POINTS IN THE BODY; ARTIFICIAL RESPIRATION; MASSAGE; BATHING DEVICES FOR SPECIAL THERAPEUTIC OR HYGIENIC PURPOSES OR SPECIFIC PARTS OF THE BODY
    • A61H2205/00Devices for specific parts of the body
    • A61H2205/10Leg
    • A61H2205/106Leg for the lower legs
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61HPHYSICAL THERAPY APPARATUS, e.g. DEVICES FOR LOCATING OR STIMULATING REFLEX POINTS IN THE BODY; ARTIFICIAL RESPIRATION; MASSAGE; BATHING DEVICES FOR SPECIAL THERAPEUTIC OR HYGIENIC PURPOSES OR SPECIFIC PARTS OF THE BODY
    • A61H2205/00Devices for specific parts of the body
    • A61H2205/10Leg
    • A61H2205/108Leg for the upper legs
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61HPHYSICAL THERAPY APPARATUS, e.g. DEVICES FOR LOCATING OR STIMULATING REFLEX POINTS IN THE BODY; ARTIFICIAL RESPIRATION; MASSAGE; BATHING DEVICES FOR SPECIAL THERAPEUTIC OR HYGIENIC PURPOSES OR SPECIFIC PARTS OF THE BODY
    • A61H23/00Percussion or vibration massage, e.g. using supersonic vibration; Suction-vibration massage; Massage with moving diaphragms
    • A61H23/02Percussion or vibration massage, e.g. using supersonic vibration; Suction-vibration massage; Massage with moving diaphragms with electric or magnetic drive
    • A61H23/0254Percussion or vibration massage, e.g. using supersonic vibration; Suction-vibration massage; Massage with moving diaphragms with electric or magnetic drive with rotary motor
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10STECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10S482/00Exercise devices
    • Y10S482/904Removably attached to wheelchair, home furnishing, or home structure

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明が属する技術分野】本発明は一定区間を回動、往
復運動を行なう垂直バーの上部に前方に比べて後方が厚
い翼型補助板が設置された水平バーを固定した運動装置
と、これにより人体のマッサージ効果と全身運動を効果
的に行うようにした前記運動装置の使用方法に関するも
のである。

【0002】

【従来の技術】近来、各種運動器具の開発により身体の
運動が活性化されつつある。このような運動器具は比較
的狭い室内空間でそれなりの運動効果を創出してはいる
ものの、これは制限された位置で適切に運動できるよう
に器具構成を制限された位置に配置したりこれらを変形
したものにすぎなかった。

【0003】したがって、多様な運動をするためにはそ
れだけ多くの構成要素を必要とするので運動器具が極め
て複雑になり、またその運動方法が各種各様であるだけ
でなく、その器具に適当な運動方法が提供されていない
のが実情である。

【0004】従来、T型バーを利用した各種運動装置が
提供されているが、例えば、大韓民国実用新案出願公開
第94-24410号(1994.9.17. 公開) には、T型バーの上部
に踏み台と指圧用踏み台を設置し、その前方にフナ運動
のための揺れ帯を設置した身体健康器具が開示されてい
る。

【0005】このような身体健康器具は、上記踏み台を
内側方向に湾曲せしめるようにして必要に応じて運動す
るようになっているが、その湾曲部により極めて制限さ
れた運動しか行なわれず、またフナ運動のための別の装
置が設置されているため結局フナ運動のための装置を適
当に付加した程度にすぎないので従来の運動装置とあま
り差がなかった。

【0006】また、大韓民国実用新案出願公開第94-275
38号(1994.10.21.公開) には、T型バーの上部に足支え
を設置し、その前方にフナ運動のための揺れ帯を設置し
た全身運動器具が示されている。このような全身運動器
具では、足支えによる運動と上記T型バーにベルトをか
けて使用する各種運動方法について例示されているが、
これを詳しく調べてみると、上記足支えによる踵部分の
運動に限られていることがわかる。なおベルトによる首
運動、腕運動、腰運動などについても例示してはいる
が、これは上記の運動のために別の装置及び道具を利用
することになるので、これも従来と同じく別の装置を付
加することで効果を得ようとすることにすぎなかった。

【0007】

【発明が解決しようとする課題】本発明は上記のような
問題点を考慮してなされたもので、その目的は、一定区
間を回動、往復運動する垂直バーの上端部に、前方に比
べて後方が厚い翼型補助板が設置された水平バーを固定
して、人体の指圧効果と全身運動を効果的に達成し得る
ようにした運動装置とその使用方法を提供することにあ
る。

【0008】

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するた
め、本発明による運動装置は、機体15と、該機体上に
固定されたモーター1と、滑車2とベルト3を介して前
記モーターにより回転駆動される回転軸4と、該回転軸
に固定された偏心カム5と、該偏心カムを施回可能に内
臓した往復運動作動体6と、機体15上に固定されてい
て前記回転軸4を軸受けすると共に前記往復運動作動体
6を軌道運動可能に支持する固定体7と、機体15上に
回転可能に支持された垂直棒9と、一端が前記往復運動
作動体6に他端部が前記垂直棒9に夫々連結された往復
運動バー8と、前記垂直棒9に嵌着されていて頂部に水
平棒12を固定した垂直棒13と、前記水平棒に固定さ
れた一対の踏み台11とを備えていて、前記ベルト3,
滑車2, 回転軸4, 偏心カム5, 往復運動作動体6及び
往復運動バー8を介して前記モーター1の駆動により前
記垂直棒9を所定の角度範囲で往復回動せしめるように
して成る運動装置において、前記垂直棒9と13を高さ
調整可能に連結すると共に前記踏み台11に前方が薄く
後方が厚い翼型クッション板22を所定の傾きを持つよ
うに設置し、機体15の中央部に前方が高く後方が低い
三角形状の座板25を、該座板25の後方に突出顎24
を夫々設置すると共に、前方側中央下部に収容溝26を
形成して、支持用スライド板51と座板52と背中板5
4を有する運動用補助椅子50を、前記支持用スライド
板51を前記収容溝26に挿脱することにより、前記機
体15に着脱し得るようにしたことを特徴とする。

【0009】また、本発明によれば、前記運動用椅子5
0は、前記座板52の両側に安全取っ手53を、前記背
中板54の上部中央に鼓型ヘッド支え55を夫々有して
いる。

【0010】また、本発明によれば、前記翼型クッショ
ン板22の表面に多数の突起60が形成されている。

【0011】また、本発明による運動装置の使用方法
は、床に背中を当てて横たわった状態で足の裏と足の指
間の関節部位を前記翼型クッション板22の前方薄い部
分22−1を加圧した状態で脚を上部に押してやるが、
足の裏と脛を前記翼型クッション板22の前方薄い部分
22−1に密着させた状態で上部に押して足の裏と脛筋
肉を弛緩させることによって、脚筋肉の疲労を減らすよ
うにする。

【0012】また、本発明による運動装置の使用方法
は、前記補助椅子50の座板52上に腰掛けて両手を前
記座板52についた状態で脚脛と高股筋肉を前記翼型ク
ッション板22の上部面に位置させると共に踵を機体1
5に設置された前方が高く後方が低い三角形状の座板2
5に乗せ、次に曲げていた腕を伸ばしながら上体を前記
座板52から起こす運動を繰り返すことにより高股筋肉
を弛緩させて筋肉の疲労を減らすようにする。

【0013】また、本発明による運動装置の使用方法
は、背中の下部を前記翼型クッション板22の後方厚い
部分22−2を圧接した状態に維持させて前方が高く後
方が低い三角形状の座板25上に腰掛け、両手を前記座
板25上について該座板25の低い方に押し出されない
ように前記突出顎24に足指の末端を支持させて上体を
自然に前記座板25の低い部分に向けて滑らせる運動を
繰り返すことにより背中と首筋肉を弛緩して筋肉の疲労
を減らすようにする。

【0014】また、本発明による運動装置の使用方法
は、前記補助椅子50の座板52上に腰掛けて両手を前
記座板52についた状態で脚を集めて前記水平棒12の
下部に位置させ、該水平棒12が人体の一側高股上に接
して位置するように前記垂直棒9に対する前記垂直棒1
3の高さ位置を調節して前記一側の高股の筋肉を弛緩さ
せて疲労を減らすようにする。

【0015】

【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図示
した実施例に基づき具体的に説明する。図1乃至4は、
本発明装置の一実施例を示すもので、図1は要部の分解
斜視図、図2は組立状態の要部斜視図、図3は一部を破
断して示す部分側面図、図4は運動用補助椅子部分の斜
視図である。

【0016】図中、(1)は機体(15)上に設置され
た減速機付きモーター、(2)は回転軸(4)に取り付
けられていてモーター(1)の出力軸に固定された滑車
との間に掛けられたベルト(3)を介してモーター
(1)の駆動力を伝達される滑車、(5)は回転軸
(4)に固定された偏心カム、(6)は偏心カム(5)
と滑合した状態で該偏心カム(5)を内蔵し且つ機体
(15)上に取り付けられていて回転軸(4)の端部を
回転可能に支持する固定体(7)に例えば可撓性のプラ
スチックボルトまたはゴムボルトを用いて軌道運動可能
に取り付けられた往復運動作動体、(8)は一端が自由
継手式に往復運動作動体(6)に連結され他端部が、機
体(15)上に回転可能に軸受けされていて中間部にス
トッパー(14)が設けられている垂直棒(9)にラッ
ク−ピニオン機構を介して連結されて該垂直棒(9)が
所定の角度範囲内で往復回動し得るようにするための往
復運動バーである。

【0017】(11)は垂直棒(9)に嵌合可能な垂直
棒(13)の上端部に取り付けられた水平棒(12)の
左右に固定された一対の踏み台、(20)は垂直棒
(9)に所定の間隔を置いてその直径方向に開けられた
複数の調節孔、(21)は調節孔(20)に対応するよ
うに垂直棒(13)の直径方向に開けられた複数の調整
孔、(22)は踏み台(11)上に一定の傾きを持つよ
うに設置された前方(22−1)が薄く後方(22−
2)が厚い翼型クッション板、(24)は機体(15)
の後方に設置された突出顎、(25)は機体(15)の
中央部に設置された前方が厚く後方が薄い傾斜した三角
形状の座板、(26)は機体(15)の前方下側中間部
に形成された収容溝、(50)は、下部中央部に摺動可
能に装架されていて収容溝(26)に嵌合可能な支持用
スライド板(51)と、座板(52)と、該座板(5
2)の両側に設けられた安全取っ手(53)と、背中板
(54)と、上部中央部に設けられた鼓型のヘッド支え
(55)を有する運動用補助椅子である。

【0018】本発明による運動装置は上記のように構成
されているが、必要に応じて、使用に先立ち、先ずスラ
イド板(51)を収容溝(26)に挿入して機体(1
5)と運動用補助椅子(50)を一体に結合する。次
に、使用者の身長に応じて調節孔(20)と調整孔(2
1)の組合せを選定し、これらの孔にボルトを挿通して
それをナットで止めることにより、垂直棒(9)と(1
3)間の長さを調整し、クッション板(22)の高さ位
置を決定する。

【0019】かくして、使用者は身長の大小に関わら
ず、その使用が可能になる。この状態でスイッチ操作に
よりモーター(1)を作動させると、その回転駆動力が
減速機及びベルト(3)を介して滑車(2)に伝達さ
れ、回転軸(4)を回転させる。

【0020】このような回転軸(4)の回転によりこれ
に固定設置された偏心カム(5)が回転しながらこれを
内蔵している往復運動作動体(6)を軌道運動させる。

【0021】このような往復運動作動体(6)の軌道運
動によりこれに連結された往復運動バー(8)が往復運
動をするようになり、このような往復運動バー(8)の
往復運動によって上記往復運動バー(8)の一端に連結
された垂直棒(9)は一定の角度範囲内で回動する往復
運動をする。この場合の角度範囲は偏心カム(5)の偏
心量によって決定されるが、実際上この偏心量は小さい
ので上記往復回動運動は振動に近い運動となる。

【0022】このような垂直棒(9)の回動往復運動に
よって外側の垂直棒(13)とこれに設置された水平棒
(12)と踏み台(11)に固定された翼型クッション
板(22)もこれに伴って回動、往復運動をする。な
お、往復運動作動体(6)の固定体(7)への取り付け
構造及び往復運動バー(8)の往復運動作動体(6)及
び垂直棒(9)への連結構造は実施例に限定されず、周
知の他の構造を採用し得る。

【0023】次に、上記運動装置による翼型クッション
板(22)を利用して行う本発明による使用方法につい
て詳しく説明する。先ず、図5及び図6を参照して足の
裏と脛の筋肉を弛緩させて筋肉の疲労を軽減させる脚運
動について説明する。これは運動用補助椅子(50)を
機体(15)より取り外し、床に背中を当てて横たわっ
た状態で足の裏と足指間の関節部位を上記翼型クッショ
ン板(22)の前方薄い部分(22−1)に押し付けた
状態で脚を上部に押してやる即ち、足の裏と脛を上記翼
型クッション板(22)の前方薄い部分(22−1)に
加圧密着させた状態で上部に押してやる運動方法を示し
ている。

【0024】この際、上記翼型クッション板(22)
は、垂直棒(9)の回動往復運動によって外側の垂直棒
(13)とこれに設置された水平棒(12)に伴って回
動往復運動を行なうので、微細な振動が足の裏と踵及び
脛を経ながら筋肉を弛緩させる作用をする。

【0025】このような作用によって、足の裏と踵及び
脛の筋肉疲労解消のための運動をすると同時に、使用者
が横たわった状態で足を上記翼型クッション板(22)
の前方薄い部分(22−1)を加圧した状態で上部に押
してやる運動をするので、自然に脚運動を行うことにな
る。

【0026】結局、上記本発明の使用方法は、足の裏と
脛の筋肉弛緩による疲労解消効果と同時に脚運動を自然
に行うことができる効果を創出できることが分かる。

【0027】次に、図7及び図8を参照して高股の筋肉
を弛緩して筋肉の疲労を減らすようにする使用方法につ
いて説明する。

【0028】この際には、運動用補助椅子(50)を利
用する。先ず、上記椅子(50)を機体(15)に接し
てスライド板(51)が収容溝(26)と一致するよう
にし、椅子(50)の裏側から上記スライド板(51)
を進行方向に押して上記スライド板(51)が機体(1
5)の収容溝(26)の内側に位置付るようにすること
によって、上記椅子(50)を機体に固定する。

【0029】このような状態で使用者が椅子(50)の
座板(52)に座って両手を上記座板(52)の両側を
ついて脚脛と高股間の筋肉を上記翼型クッション板(2
2)の上部面に位置させた状態で踵を上記機体(15)
に設置された前方が高く後方が低い三角形状の座板(2
5)上に位置させる。

【0030】この際には、両手首の外側部分が安全取っ
手(53)の内側に支持されて、その支持力が補強され
ながら座板(52)から手が離脱する事故の発生を防止
する状態になり、安全性及び安定感を維持させる。

【0031】このような状態で曲げていた腕を伸ばしな
がら上体を上記椅子(50)から起こす運動を行う。こ
のような運動を行うと、曲げていた腕を伸ばしながら上
体を上記椅子(50)から起こしてやる時、脚脛と高股
間の関節が上記翼型クッション板(22)の上部面に位
置した状態で高股を通過するようになり、踵は上記機体
(15)に設置された前方が高く後方が低い三角形状の
座板(25)から滑りながら突出顎(24)にかかり突
出顎(24)の角で足の裏が加圧される状態となる。

【0032】この際、上記翼型クッション板(22)は
垂直棒(9)の回動往復運動によって外側の垂直棒(1
3)とこれに設置された水平棒(12)に伴って回動往
復運動を行なうことになるので、微細な振動力が脚の脛
と高股を弛緩させる運動をする。

【0033】このような運動により関連筋肉の疲労解消
がなされ、また曲げていた腕を伸ばしながら上体を上記
椅子(50)から起こしてやる時、曲げていた腰がまっ
すぐに伸びる状態を維持するようになるので、腕運動と
腰及び腹筋運動を同時に行うことができる効果を創出で
きることが分かる。

【0034】このような高股の運動方法は、脚脛と高股
間の関節と高股筋肉を弛緩させる運動効果と腕運動と腰
及び腹筋運動を同時に行えるという利点がある。

【0035】このような運動においては、図9及び図1
0に示すように、機体(15)に椅子(50)が固定支
持された状態で使用者が上記椅子(50)の背中板(5
4)の下部を両手で支持し、翼型クッション板(22)
に高股の上部から臀部及び腰部分まで加圧密着させる状
態で上昇移動及びその区間を反復する運動を行うことに
なる。

【0036】この際には、使用者の身長が大きい場合
と、上記のように両手を椅子(50)の座板(52)の
両側に置いて使用する場合は、途中で熟達程度によって
変形使用できるが、これは前述した通常の使用例に比べ
て運動効果が大きく、筋肉の弛緩作用がより速いので疲
労回復及び血液循環の効果が2倍となる利点があり、こ
の際、頭の位置は背中板(54)の上部中央に固定また
は回動可能に構成されたヘッド支え(55)により支持
定着される。

【0037】次に、図11乃至図14を参照して、背中
と首筋肉を弛緩させて筋肉の疲労を減らすようにする使
用方法について説明する。

【0038】この場合には、背中の下部が上記翼型クッ
ション板(22)の後方厚い部分(22−2)を加圧し
た状態を維持し、上記三角形状の座板(25)に座った
状態で両手を上記座板(25)について座板(25)の
低い方に押し出されないように上記突出顎(24)に足
指の末端を支持させる。

【0039】このような状態で上体が自然に三角形状の
座板(25 )の低い方へ向って滑る運動を行なう。

【0040】このような運動を行なうと、背中が上記翼
型クッション板(22)の後方厚い部分(22−2)を
加圧した状態で滑りながら上記翼型クッション板(2
2)の微細な振動が背中を経て襟首にまで及ぶ。

【0041】このような運動により上記翼型クッション
板(22)の微細な振動が上記背中と首を弛緩させて疲
労を解消する効果を得るようになり、このような運動時
には脚の曲げと伸びを反復すると同時に上体の滑りと上
向運動を反復するようになるので、結局脚運動と腹筋運
動を併せ行うことになることが分かる。

【0042】このような運動により関連筋肉の疲労解消
がなされ、またこの運動では脚の曲げと伸びを反復する
と同時に上体の滑りと上向運動を反復することになるの
で、結局脚運動と腹筋運動を併せ行うことができる効果
を創出できることが分かる。

【0043】このような背中と首筋肉の運動方法は、背
中と首を弛緩させる運動効果と脚運動と腹筋運動を同時
に行うことが分かる。

【0044】次に、図15及び図16を参照して、高股
の筋肉を弛緩して筋肉の疲労を減らすようにする使用方
法について説明する。

【0045】この際にも着脱自在に構成された本発明装
置の運動用補助椅子(50)を利用する。

【0046】先ず、椅子(50)に座った状態で両手を
椅子(50)の座板(52)の両側でついて安全取っ手
(53)により安定な状態を維持させた状態で脚を集め
て水平棒(12)の下部に位置させ、水平棒(12)が
人体の一側高股上に接して位置するように調節孔(2
0)に調整孔(21)を位置させて長さを調節する。

【0047】このような状態になると、上記垂直棒
(9)の回動往復運動によって外側の垂直棒(13)と
これに設置された水平棒(12)が同様に回動往復運動
を行なうので、微細な振動力が一側の高股筋肉を弛緩さ
せることになる。

【0048】このような運動によって一側の高股筋肉の
弛緩運動を終えた状態で他側の高股筋肉の弛緩運動を行
うために水平棒(12)の他側下部に上記のような方法
を取る。

【0049】このような運動によって他側の高股筋肉の
弛緩運動を行なう高股運動方法によって高股の疲労を解
消する効果を得る。

【0050】このような本発明の装置を利用した各種の
使用方法において、図17乃至図21に示すように、前
方が薄く後方が厚い翼型クッション板(22)の表面に
多数の突起(60)を形成したり、棒状クッション板
(22′)の外面に少なくとも一つ以上の指圧突起部
(60′)を形成したりすれば、局所の指圧効果を大き
く向上させる効果を得ることができる。

【0051】また、図に示さなかったが翼型クッション
板(22)を固定しているT型バー、すなわち外側の垂
直棒(13)の上部に固定された水平棒(12)の両端
に形成された球形体を利用して腹部または下腹部の強化
運動( 腸運動) を行うことができる。

【0052】この場合には、機体(15)の一側に設置
されたオン(ON)、オフ(OFF) スイッチを操作して振動装
置を作動させた状態で使用者が上記機体(15)の一側
に位置し、座った姿勢のまま両手で椅子(50)の座板
(52)と機体(15)の一側を各々把持した後、T型
バーから伝えられて来る振動を自ら加減調節しながら座
ったり立ち上がったりする動作と左、右に揺動する動作
を反復的に行なうことによって、上記振動を腹部の上、
下または左、右に伝達することにより目的を達成するこ
とができる。

【0053】このような腹部強化運動は、腸内の流れを
円滑にして消化作用及び食滞を直す作用など下腹部を強
化させる有用な付随的効果を提供する。

【0054】

【発明の効果】以上、説明したように本発明にかかる運
動装置とこれを利用する使用方法によれば、比較的簡単
な方法によって効果的に身体の指圧及び各種筋肉の弛緩
運動を行うことができる。特に関節炎患者の場合には体
重が関節におよぶためにジョギングによる運動は身体に
悪影響を及ぼすおそれがあるが、本発明の運動装置によ
れば、上記あらゆる運動が体重が自分の体に及ばないよ
うな形で行なわれ得るので、関節炎患者でも使用するこ
とができて関節炎、神経痛、リューマチなどの疾病治療
に治療補助の役割を果たすことができる。また、本発明
の運動装置によれば、身体を鍛える運動ができ、1日3
0〜60分間運動をすると少なくとも4〜8kmのジョ
ギング運動効果を同時に得ることができるという非常に
有用な効果を創出することができる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明に係る運動装置の一実施例の要部分解斜
視図である。

【図2】図1に示す実施例の組立状態の斜視図である。

【図3】図1に示す実施例の一部を破断して示す部分側
面図である。

【図4】本発明に係る運動用補助椅子部分の斜視図であ
る。

【図5】本発明装置の使用例を示す説明図である。

【図6】本発明装置の使用例を示す説明図である。

【図7】本発明装置の使用例を示す説明図である。

【図8】本発明装置の使用例を示す説明図である。

【図9】本発明装置の使用例を示す説明図である。

【図10】本発明装置の使用例を示す説明図である。

【図11】本発明装置の使用例を示す説明図である。

【図12】本発明装置の使用例を示す説明図である。

【図13】本発明装置の使用例を示す説明図である。

【図14】本発明装置の使用例を示す説明図である。

【図15】本発明装置の使用例を示す説明図である。

【図16】本発明装置の使用例を示す説明図である。

【図17】本発明の他の実施例を示す部分斜視図であ
る。

【図18】本発明の更に他の実施例を示す部分斜視図で
ある。

【図19】本発明の更に他の実施例を示す部分斜視図で
ある。

【図20】本発明の更に他の実施例を示す部分斜視図で
ある。

【図21】本発明の更に他の実施例を示す部分斜視図で
ある。 〔符号の説明〕 1 モーター 2 滑車 3 ベルト 4 回転軸 5 偏心カム 6 往復運動作動体 7 固定体 8 往復運動バー 9,13 垂直棒 11 踏み台 12 水平棒 14 ストッパー 15 機体 20 調節孔 21 調整孔 22,22′ 翼型クッション板 22−1 薄い部分 22−2 厚い部分 24 突出顎 25,52 座板 26 収容溝 50 運動用補助椅子 53 安全取っ手 54 背中板 55 ヘッド支え 60,60′ 突起

Claims (7)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 機体15と、該機体上に固定されたモー
    ター1と、滑車2とベルト3を介して前記モーターによ
    り回転駆動される回転軸4と、該回転軸に固定された偏
    心カム5と、該偏心カムを施回可能に内臓した往復運動
    作動体6と、機体15上に固定されていて前記回転軸4
    を軸受けすると共に前記往復運動作動体6を軌道運動可
    能に支持する固定体7と、機体15上に回転可能に支持
    された垂直棒9と、一端が前記往復運動作動体6に他端
    部が前記垂直棒9に夫々連結された往復運動バー8と、
    前記垂直棒9に嵌着されていて頂部に水平棒12を固定
    した垂直棒13と、前記水平棒に固定された一対の踏み
    台11とを備えていて、前記ベルト3,滑車2, 回転軸
    4, 偏心カム5, 往復運動作動体6及び往復運動バー8
    を介して前記モーター1の駆動により前記垂直棒9を所
    定の角度範囲で往復回動せしめるようにして成る運動装
    置において、前記垂直棒9と13を高さ調整可能に連結
    すると共に前記踏み台11に前方が薄く後方が厚い翼型
    クッション板22を所定の傾きを持つように設置し、機
    体15の中央部に前方が高く後方が低い三角形状の座板
    25を、該座板25の後方に突出顎24を夫々設置する
    と共に、前方側中央下部に収容溝26を形成して、支持
    用スライド板51と座板52と背中板54を有する運動
    用補助椅子50を、前記支持用スライド板51を前記収
    容溝26に挿脱することにより、前記機体15に着脱し
    得るようにしたことを特徴とする運動装置。
  2. 【請求項2】 前記運動用椅子50は、前記座板52の
    両側に安全取っ手53を、前記背中板54の上部中央に
    鼓型ヘッド支え55を夫々有している請求項に記載の
    運動装置。
  3. 【請求項3】 前記翼型クッション板22の表面に多数
    の突起60が形成されている請求項1または2に記載の
    運動装置。
  4. 【請求項4】 床に背中を当てて横たわった状態で足の
    裏と足の指間の関節部位を前記翼型クッション板22の
    前方薄い部分22−1を加圧した状態で脚を上部に押し
    てやるが、足の裏と脛を前記翼型クッション板22の前
    方薄い部分22−1に密着させた状態で上部に押して足
    の裏と脛筋肉を弛緩させることによって、脚筋肉の疲労
    を減らすようにする、請求項1乃至3の何れかに記載の
    運動装置の使用方法。
  5. 【請求項5】 前記補助椅子50の座板52上に腰掛け
    て両手を前記座板52についた状態で脚脛と高股筋肉を
    前記翼型クッション板22の上部面に位置させると共に
    踵を機体15に設置された前方が高く後方が低い三角形
    状の座板25に乗せ、次に曲げていた腕を伸ばしながら
    上体を前記座板52から起こす運動を繰り返すことによ
    り高股筋肉を弛緩させて筋肉の疲労を減らすようにす
    る、請求項1乃至3の何れかに記載の運動装置の使用方
    法。
  6. 【請求項6】 背中の下部を前記翼型クッション板22
    の後方厚い部分22−2を圧接した状態に維持させて前
    方が高く後方が低い三角形状の座板25上に腰掛け、両
    手を前記座板25上について該座板25の低い方に押し
    出されないように前記突出顎24に足指の末端を支持さ
    せて上体を自然に前記座板25の低い部分に向けて滑ら
    せる運動を繰り返すことにより背中と首筋肉を弛緩して
    筋肉の疲労を減らすようにする、請求項1乃至3の何れ
    かに記載の運動装置の使用方法。
  7. 【請求項7】 前記補助椅子50の座板52上に腰掛け
    て両手を前記座板52についた状態で脚を集めて前記水
    平棒12の下部に位置させ、該水平棒12が人体の一側
    高股上に接して位置するように前記垂直棒9に対する前
    記垂直棒13の高さ位置を調節して前記一側の高股の筋
    肉を弛緩させて疲労を減らすようにする、請求項1乃至
    3の何れかに記載の運動装置の使用方法。
JP32350498A 1997-11-14 1998-11-13 運動装置とその使用方法 Expired - Fee Related JP2992286B2 (ja)

Priority Applications (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
KR19970060164 1997-11-14
KR1997P72701 1997-12-23
KR1019970072701A KR100245627B1 (ko) 1997-11-14 1997-12-23 운동용 보조의자를 이용한 운동장치
KR1997P60164 1997-12-23

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH11197270A JPH11197270A (ja) 1999-07-27
JP2992286B2 true JP2992286B2 (ja) 1999-12-20

Family

ID=26633175

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP32350498A Expired - Fee Related JP2992286B2 (ja) 1997-11-14 1998-11-13 運動装置とその使用方法

Country Status (6)

Country Link
US (1) US6030352A (ja)
JP (1) JP2992286B2 (ja)
KR (1) KR100245627B1 (ja)
CN (1) CN1154460C (ja)
CA (1) CA2254012C (ja)
FR (1) FR2771014B1 (ja)

Families Citing this family (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6443916B1 (en) * 2000-01-10 2002-09-03 B. To B. Ltd. Device for preventing or relieving pain in the lower back
US20030060339A1 (en) * 2001-09-18 2003-03-27 Sundaram Ravikumar Soleus pump
US6695796B1 (en) * 2002-03-05 2004-02-24 David Solmor Chiropractic massage device
US6984197B2 (en) * 2002-07-08 2006-01-10 Skylite Corporation Exercise apparatus
JP5016203B2 (ja) * 2005-05-26 2012-09-05 パナソニック株式会社 運動補助装置
JP2007029193A (ja) * 2005-07-22 2007-02-08 Kyushu Hitachi Maxell Ltd 運動装置
JP2008264249A (ja) * 2007-04-20 2008-11-06 Season Tech:Kk トレーニング板及びそのトレーニング板を備えたトレーニング器具
JP2008068123A (ja) * 2007-11-16 2008-03-27 Kyushu Hitachi Maxell Ltd 運動装置
US8092347B2 (en) * 2007-11-16 2012-01-10 Mls Lanny Gmbh Device for training and/or analyzing a user's musculoskeletal system
KR200451663Y1 (ko) * 2008-09-12 2011-01-05 김정욱 다리마사지장치
US20110230803A1 (en) * 2010-03-17 2011-09-22 Morris Aboody Triangular Handle Support Vibration Machine
CN101862257B (zh) * 2010-06-04 2013-04-17 刘苏宁 可自我全身按摩的装置
CN102319163A (zh) * 2011-09-03 2012-01-18 马合生 多功能远红外线倒起仿跑步治疗机
JP2016515850A (ja) 2013-03-11 2016-06-02 バックリーフ・リミテッドBacklife Ltd. 腰痛を軽減または解消するためのデバイス
ITFE20130002A1 (it) * 2013-04-04 2014-10-05 Emiliano Schiavini Macchina per addominali con una e/o due pedane vibranti
CN104783549A (zh) * 2014-01-18 2015-07-22 黑龙江慧田知识产权服务有限公司 一种健身按摩双人沙发的内部结构
CA2942370A1 (en) * 2014-03-10 2015-09-17 Xeras Medical Technologies, Llc Method and apparatus for knee joint flexibility rehabilitation
US10123736B2 (en) * 2017-03-27 2018-11-13 Xeras Medical Technologies, Inc. Method and apparatus for monitoring compliance with physical therapy regimes
CN106964115A (zh) * 2017-05-08 2017-07-21 惠安县鑫泰信息科技有限公司 一种膝关节康复训练椅
KR101995481B1 (ko) * 2017-10-31 2019-07-02 주식회사 나우메디 저주파 발생패드가 구비된 운동기구

Family Cites Families (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2273088A (en) * 1940-01-03 1942-02-17 Byers George Massaging table
US2433548A (en) * 1945-08-31 1947-12-30 Ecks John Exerciser
US2645219A (en) * 1951-09-10 1953-07-14 Bertholin Paul Vibrating machine for treating humans
US2915055A (en) * 1957-03-13 1959-12-01 Edwin Braverman Exercising chair
FR1292358A (fr) * 1961-03-23 1962-05-04 Appareil pour le traitement thérapeutique des membres inférieurs et du bassin
FR2390179A1 (fr) * 1977-05-13 1978-12-08 Dreiser Renee Appareil de reeducation a manivelles
US4860733A (en) * 1988-02-04 1989-08-29 Parker Jr Alonzo E Oscillating reclining chair
US5107822A (en) * 1990-06-27 1992-04-28 Skylite Industry Co., Ltd. Apparatus for giving motions to the abdomen
GB2273658A (en) * 1992-12-22 1994-06-29 Skylite Ind Electric foot massager
AU6575894A (en) * 1993-07-02 1995-01-24 John Chun Kuen Sham Body massager
US5468215A (en) * 1994-07-26 1995-11-21 Mi-Ran Ahn Exercise unit for whole body

Also Published As

Publication number Publication date
CN1222339A (zh) 1999-07-14
CA2254012A1 (en) 1999-05-14
FR2771014B1 (fr) 2001-05-04
CN1154460C (zh) 2004-06-23
CA2254012C (en) 2003-12-30
US6030352A (en) 2000-02-29
KR100245627B1 (ko) 2000-04-01
KR19990043962A (ko) 1999-06-25
FR2771014A1 (fr) 1999-05-21
JPH11197270A (ja) 1999-07-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9642763B2 (en) Training apparatus for the disabled
AU2005307902B2 (en) Training apparatus
US5964682A (en) Reciprocating aerobic exercise machine
CN100382775C (zh) 按摩组合件及具有该组合件的椅式按摩机
US6840892B1 (en) Recuperating machine
US7166067B2 (en) Exercise equipment utilizing mechanical vibrational apparatus
CN101663071B (zh) 在治疗和锻炼器械上使用的振动装置以及为所述器械提供能够控制的振动的方法
JP3988642B2 (ja) バランス訓練装置
CA1305980C (en) Apparatus for performing coordinated walking motions with the spine in an unloaded state
CN202505695U (zh) 肢体被动锻炼器
US3824994A (en) Reciprocating walker
US4842265A (en) Multi-mode CPM physiotherapy foot manipulating device
US4672697A (en) Tilting exercise bed actuated by a linear electromechanical device
CN1802139B (zh) 座椅式按摩器
JP5394020B2 (ja) 椅子型マッサージ機
JP4683927B2 (ja) 機能訓練装置
KR100436899B1 (ko) 스트레치치료기
JP3088296U (ja) マッサージ装置
TWI401103B (zh) Sports device
KR101138660B1 (ko) 운동 보조 장치
US20100198120A1 (en) Chair-type massage machine
US20080214971A1 (en) Excercise device utilizing loading apparatus
KR100518154B1 (ko) 인체의 밸런스를 회복시키기 위한 장치
US5284131A (en) Therapeutic exercise device for legs
CN2815337Y (zh) 坐式上肢康复训练机

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees