JP2881082B2 - ロータリ耕耘装置の耕深調節連動リアカバー - Google Patents

ロータリ耕耘装置の耕深調節連動リアカバー

Info

Publication number
JP2881082B2
JP2881082B2 JP4295044A JP29504492A JP2881082B2 JP 2881082 B2 JP2881082 B2 JP 2881082B2 JP 4295044 A JP4295044 A JP 4295044A JP 29504492 A JP29504492 A JP 29504492A JP 2881082 B2 JP2881082 B2 JP 2881082B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cover
tilling
tillage
rotary
adjustment
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP4295044A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH06141602A (ja
Inventor
光登志 宮崎
Original Assignee
石川島芝浦機械株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 石川島芝浦機械株式会社 filed Critical 石川島芝浦機械株式会社
Priority to JP4295044A priority Critical patent/JP2881082B2/ja
Publication of JPH06141602A publication Critical patent/JPH06141602A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2881082B2 publication Critical patent/JP2881082B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、農用トラクタの後部に
装着し、耕耘を行うロータリ耕耘装置のリアカバーの耕
深調節連動装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来からロータリ耕耘装置の耕深を調節
するために調節フレームをギアボックスより後方に突出
して、該調節フレームに尾輪を装着し、該尾輪の高さを
変更することにより耕深を調節していたのである。そし
て、耕耘部の上部(耕耘)カバーを二分割し、耕深調節
装置に連結した構成は実開昭61−207101号公報
により公知となっているのである。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】一般に、深耕を行い、
なおかつ、砕土させようとする場合、耕耘部内を持ち回
る土をスムーズに処理することが重要であり、耕耘部後
部上方の空間を大きく取ることが有効である。前述の二
分割カバーの場合、その耕耘部の後方上部の空間を大き
く変化させる効果は小さく、また、耕耘調整と独立して
耕耘部上部空間を調整するものは耕深を変化させる都度
調整し直す煩わしさがある。そこで、本発明は、耕深砕
土作業時に耕耘部前方へ持ち回る土をスムーズに処理
し、消費馬力を軽減すると共に、浅耕時には一般ロータ
リの後部カバー形状を踏襲するように耕深調整装置に後
部二分割カバーの動きを連動させるようにしようとする
ものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明の解決すべき課題
は以上の如くであり、次に該課題を解決する手段を説明
する。ロータリ耕耘装置のギアボックス5の後部に、調
節フレーム9の前端を上下回動可能に枢支し、該調節フ
レーム9の後端に鎮圧輪10を装着し、耕深を調節する
為に前記調節フレーム9を上下に回動自在としたロータ
リ耕耘装置において、ロータリ耕耘装置の耕耘カバー1
6の後部に、前リアカバー17aと後リアカバー17b
に前後に二分割したリアカバー17の、前リアカバー1
7aの前部を枢支し、該前リアカバー17aと後リアカ
バー17bの間を回動自在に連結しかつハンガーロッド
21を介して連結し、前記前リアカバー17aと調節フ
レーム9をリンクを介して連結し、調節フレーム9の耕
深調節の為の上下回動に連動して、リアカバー17の高
さを追従して調節すべく構成したものである。
【0005】
【作用】このような構成において、深耕時には調節フレ
ーム9が上方へ回動されて、該調節フレーム9に連結さ
れた前リアカバー17aも上方に回動され、後リアカバ
ー17bはハンガーロッド21により下方へ付勢され、
リアカバー17と耕耘爪7の回動軌跡との間で形成する
空間を大きくとれ、耕耘カバー内における土の持ち回り
を少なくする。また、浅耕時には、調節フレーム9が下
方に回動されて、前リアカバー17aも下方に回動さ
れ、後リアカバー17bもロータリ耕耘装置が上昇した
分下方へ回動して整地できるようにハンガーロッド21
により下方へ付勢している。このときリアカバー17に
より形成する空間は小さくなるが耕深が浅いので、却っ
て効率良く耕耘できるのである。
【0006】
【実施例】次に本発明の具体的な実施例について説明す
る。図1は農用トラクタに装着したロータリ耕耘装置の
深耕時の側面図、図2は同じく浅耕時の側面図、図3は
第二の実施例を示す要部拡大図、図4は第三の実施例を
示す深耕時の側面図、図5は同じく浅耕時の側面図であ
る。図1、図2において、トラクタT後部の作業機装着
装置のアッパーリンク1の後端に、ロータリ耕耘装置R
のマスト3の上端が枢結され、ロアリンク2・2の後端
にロータリ耕耘装置Rのギアボックス5両側に設けた支
持プレート4・4の前端が枢結している。該ギアボック
ス5よりチェーンケース6に動力が伝えられて、該チェ
ーンケース6の下部に横架した耕耘爪軸に固設した耕耘
爪7・7・・・を駆動可能としているのである。
【0007】前記ギアボックス5の両側に、調節フレー
ム9の前端が上下回動可能に枢支されて、該調節フレー
ム9後端に鎮圧輪10(または尾輪)が装着され、調節
フレーム9の中途部には支持パイプ11が横設され、該
支持パイプ11よりステー12が上方に突設され、一方
前記マスト3よりステー13が突設されて、該ステー1
2・13間にネジロッド14が介装され、該ネジロッド
14はハンドル15を回動することにより伸縮可能とさ
れ、該ハンドル15の回動により調節フレーム9を上下
に回動して前記鎮圧輪10の高さを変更し、耕深を調節
可能としているのである。
【0008】また、前記耕耘爪7の回動軌跡上部には耕
耘カバー16が配設され、該耕耘カバー16の後部にリ
アカバー17が枢支されており、該リアカバー17は前
リアカバー17aと後リアカバー17bに分割されてい
る。該前リアカバー17aの後部に後リアカバー17b
が枢支され、該前リアカバー17a上にブラケット20
が突設され、該ブラケット20の上端と後リアカバー1
7bの間にハンガーロッド21が介装されている。該ハ
ンガーロッド21にスプリング22が外嵌され、ハンガ
ーロッド21の上端と中途部にピン23・23が挿入さ
れてスプリングを係止し、後リアカバー17bを下方に
付勢し整地するようにし、前記ピン23の差し替えによ
り圧力を調整したり、固定したりすることを可能として
いる。
【0009】また、前記前リアカバー17aより後方に
ステー24を突設し、一方前記支持パイプ11よりステ
ー25を上後方へ突出し、該ステー24・25の間にネ
ジロッド26を介装し、該ネジロッド26上にハンドル
27を設けて、該ハンドル27を回動することによりネ
ジロッド26を伸縮し、前リアカバー17aを昇降回動
可能としているのである。
【0010】このような構成において、深耕を行う場合
には、図1に示すように、ネジロッド14のハンドル1
5を回転して所望の耕深位置まで鎮圧輪10を持ち上げ
て、リフトアーム8を下降してロータリ耕耘装置Rを下
げながらトラクタTを前進させ、所定深さになると、ネ
ジロッド26のハンドル27を回転して前リアカバー1
7aを略水平になるように調整し、後リアカバー17b
に適度な整地力を与えるようにスプリング22の圧力を
ピン23を差し替えることにより調整する。この状態で
耕耘作業を行うと、耕耘部後部の耕耘爪7先端の回動軌
跡とリアカバー17との間で形成する空間を大きくとれ
るため、土の持ち回りが少なくなって馬力ロスが減少
し、リアカバー17により整地されて良好な耕耘作業を
行うことができるのである。
【0011】また、浅耕を行う場合には、図2に示すよ
うに、前記ハンドル15を逆方向に回転させて鎮圧輪1
0を下げると、調節フレーム9にステー24・25、ネ
ジロッド26を介して、リアカバー17が最適な姿勢の
まま調節フレーム9の下降と連動して下降されるのであ
る。従って、一度リアカバー17を調整しておけば、深
耕から浅耕まで任意の深さで最適な耕耘作業と土層を形
成することができるのである。そして、耕耘作業時の前
リアカバー17aの微調整はネジロッド26のハンドル
27を回転させることにより可能であり、後リアカバー
17bによる整地圧はピン23の差し替えにより可能な
のである。
【0012】また、前記と同様の作用を行う第二の実施
例として、図3に示すように、ネジロッド26による微
調整機構を省き、リンク30により両者を枢結して組立
時に調整しておき、ユーザーは耕深調整とハンガーロッ
ド21による後リアカバー17bの加圧調整のみ行えば
よいようにしているのである。
【0013】また第三の実施例として、図4、図5に示
すように、図1のネジロッド26の代わりに、ハンガー
ロッド31の下端をステー24に枢支され、上端をステ
ー25に摺動体34を介して枢支され、該ハンガーロッ
ド31にスプリング32を外嵌して、両側をピン33・
33にて係止している。そして、深耕時には図4に示す
ように、ハンガーロッド31と摺動体34とをピン33
・33にて固定し、ハンガーロッド21をブラケット2
0に対して摺動自在として後リアカバー17bのみ回動
自在としているのである。浅耕時にはハンガーロッド2
1とブラケット20を固定し、リアカバー17a・17
bを一体的に構成し、ハンガーロッド31とステー25
の間を摺動自在とすることで、一般形のロータリ耕耘装
置と同じリアカバーの動きを得ることができるのであ
る。
【0014】
【発明の効果】本発明は以上の如く構成したので、次の
ような効果を奏するのである。即ち、浅耕、深耕の調整
は、調節フレームの昇降調整のみでよくなり、調整作業
が容易となり、かつ、深耕砕土作業、浅耕作業に伴い後
部カバーが調節フレームの回動に連動して回動するの
で、理想的なリアカバーによる空間を形成することがで
き、作業効率を向上できたのである。
【図面の簡単な説明】
【図1】農用トラクタに装着したロータリ耕耘装置の深
耕時の側面図である。
【図2】同じく浅耕時の側面図である。
【図3】第二の実施例を示す要部拡大図である。
【図4】第三の実施例を示す深耕時の側面図である。
【図5】同じく浅耕時の側面図である。
【符号の説明】
R ロータリ耕耘装置 9 調節フレーム 16 耕耘カバー 17 リアカバー 17a 前リアカバー 17b 後リアカバー 21 ハンガーロッド 26 ネジロッド

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ロータリ耕耘装置のギアボックス5の後
    部に、調節フレーム9の前端を上下回動可能に枢支し、
    該調節フレーム9の後端に鎮圧輪10を装着し、耕深を
    調節する為に前記調節フレーム9を上下に回動自在とし
    たロータリ耕耘装置において、ロータリ耕耘装置の耕耘
    カバー16の後部に、前リアカバー17aと後リアカバ
    ー17bに前後に二分割したリアカバー17の、前リア
    カバー17aの前部を枢支し、該前リアカバー17aと
    後リアカバー17bの間を回動自在に連結しかつハンガ
    ーロッド21を介して連結し、前記前リアカバー17a
    と調節フレーム9をリンクを介して連結し、調節フレー
    ム9の耕深調節の為の上下回動に連動して、リアカバー
    17の高さを追従して調節すべく構成したことを特徴と
    するロータリ耕耘装置の耕深調節連動リアカバー。
JP4295044A 1992-11-04 1992-11-04 ロータリ耕耘装置の耕深調節連動リアカバー Expired - Lifetime JP2881082B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4295044A JP2881082B2 (ja) 1992-11-04 1992-11-04 ロータリ耕耘装置の耕深調節連動リアカバー

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4295044A JP2881082B2 (ja) 1992-11-04 1992-11-04 ロータリ耕耘装置の耕深調節連動リアカバー

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06141602A JPH06141602A (ja) 1994-05-24
JP2881082B2 true JP2881082B2 (ja) 1999-04-12

Family

ID=17815599

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4295044A Expired - Lifetime JP2881082B2 (ja) 1992-11-04 1992-11-04 ロータリ耕耘装置の耕深調節連動リアカバー

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2881082B2 (ja)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6852384B2 (en) 1998-06-22 2005-02-08 Han H. Nee Metal alloys for the reflective or the semi-reflective layer of an optical storage medium
US6790503B2 (en) 1998-06-22 2004-09-14 Target Technology Company, Llc Metal alloys for the reflective or the semi-reflective layer of an optical storage medium
US7045187B2 (en) 1998-06-22 2006-05-16 Nee Han H Metal alloys for the reflective or the semi-reflective layer of an optical storage medium
US6007889A (en) 1998-06-22 1999-12-28 Target Technology, Llc Metal alloys for the reflective or the semi-reflective layer of an optical storage medium
US6764735B2 (en) 1998-06-22 2004-07-20 Target Technology Company, Llc Metal alloys for the reflective or the semi-reflective layer of an optical storage medium
US6544616B2 (en) 2000-07-21 2003-04-08 Target Technology Company, Llc Metal alloys for the reflective or the semi-reflective layer of an optical storage medium

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0445443Y2 (ja) * 1986-04-30 1992-10-26

Also Published As

Publication number Publication date
JPH06141602A (ja) 1994-05-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4535849A (en) Implement with horizontal linkage depth control
JP2881082B2 (ja) ロータリ耕耘装置の耕深調節連動リアカバー
US4444271A (en) Tillage apparatus with independent depth adjustment
JP2551430B2 (ja) 耕耘機におけるロ−タリ−カバ−装置
JP4057493B2 (ja) ロータリ耕耘装置の耕土均平装置
JP2002034306A (ja) 水田除草機の水平・昇降制御装置
KR200312861Y1 (ko) 하우스용 심경 플라우
JP2541753Y2 (ja) ロータリ装置のロータリカバー構造
JP4905765B2 (ja) 砕土装置
JP3731689B2 (ja) ロータリ耕耘機のカバー構造
KR102270161B1 (ko) 복합 경작장치
KR200199115Y1 (ko) 배토판을 갖는 트랙터용 갓돌림 배토기
JPH0637613Y2 (ja) ロータリ耕耘部の耕深制御機構
JPH1156007A (ja) 畦塗機の連結装置
KR200244202Y1 (ko) 관리기용 스파이크 쟁기
JP4046220B2 (ja) 農作業機
JP3592884B2 (ja) ロータリ作業機の耕深制御構造
JP3769599B2 (ja) 圃場形成方法
JPH0636642Y2 (ja) 農用トラクターのロータリー耕耘装置
KR200302346Y1 (ko) 쟁기의 높낮이 조절구
JP3992098B2 (ja) 農作業機
JPH0649125Y2 (ja) ロータリー耕耘装置のリアカバー
KR970002243B1 (ko) 트랙터용 로타리쟁기
KR200272832Y1 (ko) 컴바인을 이용한 눈 평탄기
JP2004008185A (ja) ロータリ耕耘装置の均平板支持装置

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 19990119