JP2691464B2 - 法面緑化用ネット - Google Patents

法面緑化用ネット

Info

Publication number
JP2691464B2
JP2691464B2 JP2050386A JP5038690A JP2691464B2 JP 2691464 B2 JP2691464 B2 JP 2691464B2 JP 2050386 A JP2050386 A JP 2050386A JP 5038690 A JP5038690 A JP 5038690A JP 2691464 B2 JP2691464 B2 JP 2691464B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
net
woven
vegetation
dense
fibers
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP2050386A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH03250120A (en
Inventor
三千兵 坂手
要 堀
正 柴田
Original Assignee
日本植生 株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 日本植生 株式会社 filed Critical 日本植生 株式会社
Priority to JP2050386A priority Critical patent/JP2691464B2/ja
Publication of JPH03250120A publication Critical patent/JPH03250120A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2691464B2 publication Critical patent/JP2691464B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02ATECHNOLOGIES FOR ADAPTATION TO CLIMATE CHANGE
    • Y02A40/00Adaptation technologies in agriculture, forestry, livestock or agroalimentary production
    • Y02A40/10Adaptation technologies in agriculture, forestry, livestock or agroalimentary production in agriculture
    • Y02A40/22Improving land use; Improving water use or availability; Controlling erosion
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02PCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN THE PRODUCTION OR PROCESSING OF GOODS
    • Y02P60/00Technologies relating to agriculture, livestock or agroalimentary industries
    • Y02P60/40Afforestation or reforestation

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本発明は、法面の保護及び緑化を行なうと共に、花等
の特定の植物を法面へ導入する為の緑化用ネットに関す
る。
(従来の技術及びその問題点) 従来、道路建設、土地造成等に伴って形成される山腹
法面の保護及び緑化工事においては、法面の土質、勾配
等の条件あるいは美観上要求される条件等により種々の
工法が開発されてきた。
例えば、比較的緑化に適した土質、勾配の法面につい
ては種子吹付け工法が、岩盤法面や急勾配法面について
は厚層客土吹付け工法や格子枠との組み合わせが行なわ
れている。
この他にも多くの法面保護緑化資材及び工法が開発さ
れてきたが近年特に普及が著しいものとして植生用ネッ
トがある。
植生用ネットの素材としては、近年主流となっている
のはポリプロピレン等の化学合成繊維の耐腐蝕性繊維で
形成されたものであるが、更に以前はワラゴモや植物性
繊維の腐蝕性のネットであった。
これらの各々の特徴として腐蝕性繊維で形成されてい
るものは、全体が完全に腐食して残留物が無いが、ネッ
トの形状を保持するものが全く無くなる為、法面表面の
土砂の流出や落石を防止する効果が著しく低下する点が
問題であった。
一方耐腐蝕性繊維で形成されたものは、前記の欠点を
補うものであり、ネットによって土砂の流出、崩落を長
期間防止し、法面保護を行なうと共に、植生の導入を図
ることを目的としている。
しかしながらネットが腐食せず、目合いが疎で均一で
ある為、牧草等で急速緑化を行なうには都合がよかった
が、法面に特定の植物たとえば花や樹木などの、牧草に
比較して成長が遅く、他の植物による被圧を受け易い植
物を導入することは困難であり、強いて行なう場合には
法面表面に生育している牧草を刈り取ったり、表面土壌
ごと削り取ったり、あるいは表面に残ったネットを切断
したりといった作業の後に植栽を行なわなければなら
ず、大きな労力を必要としていた。
そこで本発明者等は植生用ネットの目合いと腐蝕性に
つき種々検討を行ない、腐蝕性繊維で部分的に植物の種
子などが定着し難く、生育不能な程度に密に編織された
ネットに植生シートなどの植生基体を貼着した緑化用ネ
ットを使用することで上記の問題点を解決できるとの知
見を得て本発明を完成した。
(問題点を解決する為の手段) 即ち本発明は、縦方向適宜間隔毎に疎密を繰り返す植
生用ネットにおいて、密部を構成する横糸が腐蝕性繊維
のフラットヤーンで構成され、且つ密部が植物の生育を
抑制する程度の密度で編織されており、疎部を構成する
横糸が耐腐蝕性繊維で構成され、該ネットの全面もしく
は一部に、種子と肥料、土壌改良材、保水材の一種以上
を直接または薄綿を介して貼着するか、植生シートを貼
着してなる法面緑化用ネットである。
(実施例) 本発明の実施例につき、図面を参照しながら詳細に説
明する。第1図は本発明の法面緑化用ネット(1)の正
面図である。
本発明のネットに使用する腐蝕性繊維としては、動物
性、植物性、化学性等種々のものが使用でき、動物性、
植物性繊維としては皮や毛、綿や麻、パルプといった天
然繊維が代表的であり、化学性繊維としては薬品で易腐
蝕化したポリオレフィン系の繊維や微生物分解性プラス
チックのフラットヤーンが使用できる。
工業生産上利用が適しているものとしては、化学性の
易腐蝕性ポリオレフィンがあげられる。またその他には
一般的に再生繊維と呼ばれるもののフラットヤーンがあ
げられ、特にビスコースレーヨンのフラットヤーンは、
ネットを機械製造する際に従来の耐腐蝕性繊維のネット
と同様に製造できると共に、吸水性に優れた素材であ
り、植生にとって有効である。
これらを単独で用いるか、あるいはデニール数の異な
るものや異なる繊維を混織して腐蝕時期を調整すること
も出来るが、強度面からは1,000〜3,000デニール、好ま
しくは2,000デニール前後が望ましい。
耐腐蝕性繊維としてはポリプロピレンやポリエチレン
と言った化学性繊維が適している。
これらを編織してネットを構成する方法につき説明す
ると、横方向等間隔に配列された縦糸への横糸の打ち込
み本数を変えて、縦方向適宜間隔毎に疎密を繰り返すよ
う編織してある。
疎密のピッチとしては最も一般的には疎部50cm〜1m、
密部20〜50cm程度の間隔で任意に選択する。
ネットは通常幅1.5〜2m、長さは短いもので5m程度か
ら長いものでは数十mであり、両端部と中央部に補強ロ
ープ(4)を配置するようにし、荷姿はロール巻きとす
る。
本実施例では縦糸として耐腐蝕性繊維を用い、横糸と
しては疎部(2)に耐腐蝕性、密部(3)に腐蝕性繊維
のフラットヤーンを用いて編織してある。
この時、疎部(2)では縦横糸ともにそれぞれの糸間
隔は植物が生育可能であれば特に限定する必要はない。
それに対し密部(3)では植物が生育できない程度に
密に横糸を打ち込む必要があり、横糸の糸幅により打ち
込み本数が変化させるが、概ね3,000デニール程度の太
い糸の場合5本/インチ程度とし、1,500デニール程度
の糸の場合10〜20本/インチの打ち込みが必要である。
更に植生基材の吹付け等を行なわずして法面に張設す
るのみで緑化を可能とするため、ネットに、種子と肥
料、土壌改良材、保水材の一種以上の植生材料を直接、
または薄綿を介して、ポリビニールアルコールなどの水
溶性糊剤により貼着したり、あるいは紙布片に前記植生
材料を挾着した植生シート(7)あるいは前記植生材料
を落綿に挾持させた直性シート(7)を前記と同様のポ
リビニールアルコール等の水溶性糊剤で貼着して、本発
明の法面緑化用ネット(1)を完成する。
(作用) 本発明の法面緑化用ネットを法面(8)に施工する
と、施工当初にはネット疎部(2)に生育した牧草
(5)により法面のエロージョンを防止する。
ネット密部(3)に貼着された牧草種子は、ネットの
横糸のフラットヤーンが密に、ほとんど閉塞状態となっ
ているために、発芽した幼芽はネットを突破して、生育
できず、疎部(2)にのみ牧草(5)が生育して法面に
等高線状に植生のない部分が形成される。しかし時間の
経過に伴なってネットの腐蝕性繊維部分即ち密部(3)
が腐食して植物が生育可能となる。
そこでこの部分に花(6)や樹木等の牧草(5)に比
較して成長が遅く、他の植物による被圧を受け易い植物
を播種または植栽する。
(発明の効果) 本発明は縦方向適宜間隔毎に疎密を繰り返す植生用ネ
ットにおいて、少なくとも密部が腐蝕性繊維のフラット
ヤーンで構成され、且つ密部が植物の生育を抑制する程
度の密度で編織されており、該ネットの少なくとも一部
に、種子と肥料、土壌改良材、保水材の一種以上を直接
または薄綿を介して貼着するか、植生シートを貼着して
なる法面緑化用ネットであるから、以下のような効果を
有する。
即ち、植生シート等により、種子等が装着された法面
緑化用ネットを法面へ張設するという簡易な作業のみ
で、ネットの密部によって牧草等の旺盛な成長を示す植
物を抑制して、花や樹木といった牧草等に比較して成長
が遅く他の植物による被圧を受け易い植物を播種または
植栽する為のスペースを確保することができ、しかも経
時的変化によって密部も腐食してしまう為、牧草類の刈
取り、土壌の削り取り、ネットの切断といった特別な作
業を要することなく容易に播種または植栽することが可
能となり、大幅な労務の省力化が可能となった。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明の法面緑化用ネットの正面図。 第2図は本発明のネットの張設状況を示す部分断面図。 第3図は本発明のネットを使用した法面の緑化状況を示
す部分断面図である。 図中(1)はネット、(2)は疎部、(3)は密部、
(4)は補強ロープ、(5)は牧草、(6)は花、
(7)は植生シート、(8)は法面である。
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 特開 平2−35116(JP,A) 実開 昭60−182711(JP,U)

Claims (7)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】縦方向適宜間隔毎に疎密を繰り返す植生用
    ネットにおいて、密部を構成する横糸が腐蝕性繊維のフ
    ラットヤーンで構成され、且つ密部が植物の生育を抑制
    する程度の密度に編織されており、疎部を構成する横糸
    が耐腐蝕性繊維で構成され、該ネットの全面もしくは一
    部に、種子と肥料、土壌改良材、保水材の一種以上を水
    溶性糊剤で貼着してなる法面緑化用ネット。
  2. 【請求項2】縦方向適宜間隔毎に疎密を繰り返す植生用
    ネットにおいて、密部を構成する横糸が腐蝕性繊維のフ
    ラットヤーンで構成され、且つ密部が植物の生育を抑制
    する程度の密度で編織されており、疎部を構成する横糸
    が耐腐蝕性繊維で構成され、該ネットの全面もしくは一
    部に薄綿を重合し、該薄綿上に種子と肥料、土壌改良
    材、保水材の一種以上を水溶性糊剤で貼着してなる法面
    緑化用ネット。
  3. 【請求項3】縦方向適宜間隔毎に疎密を繰り返す植生用
    ネットにおいて、密部を構成する横糸が腐蝕性繊維のフ
    ラットヤーンで構成され、且つ密部が植物の生育を抑制
    する程度の密度で編織されており、疎部を構成する横糸
    が耐腐蝕性繊維で構成され、該ネットの全面もしくは一
    部に、種子と肥料、土壌改良材、保水材の一種以上を水
    溶性の紙布片で挾着した植生シートを貼着してなる法面
    緑化用ネット。
  4. 【請求項4】縦方向適宜間隔毎に疎密を繰り返す植生用
    ネットにおいて、密部を構成する横糸が腐蝕性繊維のフ
    ラットヤーンで構成され、且つ密部が植物の生育を抑制
    する程度の密度で編織されており、疎部を構成する横糸
    が耐腐蝕性繊維で構成され、該ネットの全面もしくは一
    部に、種子と肥料、土壌改良材、保水材の一種以上が挾
    持された落綿による植生シートを貼着してなる法面緑化
    用ネット。
  5. 【請求項5】前記フラットヤーンが再生繊維からなる特
    許請求の範囲第1項〜第4項のいずれか1項に記載され
    た法面緑化用ネット。
  6. 【請求項6】前記フラットヤーンがビスコースレーヨン
    からなる特許請求の範囲第1項〜第4項のいずれか1項
    に記載された法面緑化用ネット。
  7. 【請求項7】前記フラットヤーンのデニール数が1,000
    〜3,000である特許請求の範囲第1項〜第6項のいずれ
    か1項に記載された法面緑化用ネット。
JP2050386A 1990-02-28 1990-02-28 法面緑化用ネット Expired - Lifetime JP2691464B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2050386A JP2691464B2 (ja) 1990-02-28 1990-02-28 法面緑化用ネット

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2050386A JP2691464B2 (ja) 1990-02-28 1990-02-28 法面緑化用ネット

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14459597A Division JP3285792B2 (ja) 1997-05-20 1997-05-20 法面緑化工法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH03250120A JPH03250120A (en) 1991-11-07
JP2691464B2 true JP2691464B2 (ja) 1997-12-17

Family

ID=12857430

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2050386A Expired - Lifetime JP2691464B2 (ja) 1990-02-28 1990-02-28 法面緑化用ネット

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2691464B2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2696693B2 (ja) * 1992-12-19 1998-01-14 日本植生株式会社 法面緑化用植生基体および法面緑化工法
US5417010A (en) * 1993-08-09 1995-05-23 Ecer; Gunes M. Light weight seeding sheet

Also Published As

Publication number Publication date
JPH03250120A (en) 1991-11-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3848359A (en) Devices, systems and methods employing knitting fabric mulch
GB2332353A (en) A biodegradable mat
JP2691464B2 (ja) 法面緑化用ネット
US3888197A (en) Devices, systems and methods employing knitted fabric mulch
JP3317484B2 (ja) 植生用ネット及び該ネットを使用した緑化工法
JP2691463B2 (ja) 植生用ネット及び該ネットを使用した緑化工法
JP2003061460A (ja) 遅速型緑化を可能とする植生用マット
JP3285792B2 (ja) 法面緑化工法
JP2599097B2 (ja) 植生用袋体
JP2000064249A (ja) 緑化護岸材
JP3685850B2 (ja) マルチング材およびマルチング材を用いた種苗植栽方法
JPH05148840A (ja) 緑化用植生袋
JP3452300B2 (ja) 樹木種子袋付き植生マット
JP2000073369A (ja) 裸地法面の緑化用植生基体
JPH06257158A (ja) 緑化用植生基体
JP3352886B2 (ja) 緑化用植生体
JP3105794B2 (ja) 緑化用植生体
JP2576377Y2 (ja) 植生用被覆網
JP3029232B2 (ja) 水際緑化用植生マット及び該マットを使用した植生工法
JPH07113216B2 (ja) 植生袋
JP2649027B2 (ja) 植生マット
JP3000995U (ja) 植生用袋体
JP2829502B2 (ja) 緑化用植生基体
JPH07113219B2 (ja) 緑化用植生袋
JP2649028B2 (ja) 植生マット

Legal Events

Date Code Title Description
EXPY Cancellation because of completion of term