JP3685850B2 - マルチング材およびマルチング材を用いた種苗植栽方法 - Google Patents

マルチング材およびマルチング材を用いた種苗植栽方法 Download PDF

Info

Publication number
JP3685850B2
JP3685850B2 JP28185795A JP28185795A JP3685850B2 JP 3685850 B2 JP3685850 B2 JP 3685850B2 JP 28185795 A JP28185795 A JP 28185795A JP 28185795 A JP28185795 A JP 28185795A JP 3685850 B2 JP3685850 B2 JP 3685850B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
mulching
web
seed storage
storage container
seed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP28185795A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH09121621A (ja
Inventor
幸男 田中
Original Assignee
小泉製麻株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 小泉製麻株式会社 filed Critical 小泉製麻株式会社
Priority to JP28185795A priority Critical patent/JP3685850B2/ja
Publication of JPH09121621A publication Critical patent/JPH09121621A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3685850B2 publication Critical patent/JP3685850B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、種苗植栽用のマルチング材、およびこのマルチング材を用いた種苗植栽方法に関するものであり、特に、造成された法面での緑化工事に有効に適用し得るものである。
【0002】
【従来の技術】
従来、土を積み上げたり、削ったりして形成された造成地においては、法面に土壌が露出した状態になり、景観が好ましくないばかりか、地盤が軟弱になっているという不具合があるため、法面を押し固めたのちコンクリート施工することが多かったが、近年、自然環境保全の意味から、コンクリート施工の代わりに植物(特に樹木)を植栽することが行われるようになってきた。法面に植物を植栽すれば、土壌の中に縦横に根が張り、これによって地盤が強化されるとともに、自然にマッチした景観が得られる。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】
ところで、従来の造成地における法面の植栽工事においては、通常、工事現場とは離れた場所に設けられている苗床への播種作業を行い、ついで種子が発芽するまでは保温や散水等の育種作業を行い、種子が発芽してからは苗がある程度成長するまで散水や施肥、さらには除草等の育苗作業を行わなければならない。そして、苗が移植に耐え得る程度に成長すると、それを引き抜き、必要ならば根巻き等の根を保護する処理を施し、ついで工事現場まで苗を運搬しなければならない。さらに工事現場では、土を掘り返して定植作業を行わなければならず、非常に多くの人手と時間がかかるという問題点を有していた。
【0004】
本発明は、上記のような問題点を解決するためになされたものであり、緑化工事の施工を容易に、かつ、低コストで行い得るマルチング材およびマルチング材を用いた種苗植栽方法を提供することを目的としている。
【0005】
【課題を解決するための手段】
本発明の請求項1記載のマルチング材は、生分解性を有する材料からなるウェブと、このウェブに所定間隔で取り付けられた生分解性を有する材料からなる複数の種子収納容器とを備え、上記種子収納容器には植物の種子と、保水性を有する粒状物とが装填され、上記ウェブは、発芽によって上記種子収納容器に装填された種子から伸びる芽を外部に誘導する開口を有し、上記種子収納容器の端部に隙間が形成され、上記種子収納容器の端部の該隙間が形成された部分が該開口の周縁部に沿うように、上記種子収納容器が上記ウェブの裏面に取り付けられている。
【0006】
このマルチング材によれば、種子収納容器を地面に接触させるようにしてウェブを敷設することにより、複数の種子収納容器がウェブに被覆された状態で地面に配置された状態になる。種子収納容器内には、種子と、保水性を有する粒状物が装填されているため、予め粒状物に水分を含ませておくことにより、種子収納容器内は種子の発芽に適した環境になり、特に発芽のための育種作業を行わなくても自然環境中で発芽する。そして、上記ウェブおよび種子収納容器は、生分解性を有する材料によって形成されているため、これらは自然環境中で微生物の作用によって分解し、発芽して形成した苗が成長するための肥料になる。従って、特に育苗のための施肥を行わなくても苗は確実に成長する。
【0007】
さらに、種子はウェブによって被覆されているため良好な保温効果が得られ、発芽が促進される。また、種子の周りはウェブによって日陰になっているため、雑草の繁茂が抑制され、除草作業が軽減される。
【0009】
さらに、発芽し成長する芽は、上記ウェブに設けられた開口に誘導されて外部に伸び、順調に成長する。
【0010】
本発明の請求項2記載のマルチング材は、請求項1記載のマルチング材において、上記ウェブは、天然繊維を織製して得られた織製品、または天然繊維を原料にして得られた不織布が用いられていることを特徴とするものである。
【0011】
このマルチング材によれば、ウェブが天然繊維を織製して得られた織製品、または天然繊維を原料にして得られた不織布であるため、ウェブを敷設した当初は大きな引張り強度を有しており、複数の杭等を縁部に打ち込むことによってウェブを確実に地面に固定することが可能になるとともに、植栽した種子が発芽し成長して根が張った時点では織製品が分解して植物の肥料になる。
【0012】
本発明の請求項3記載のマルチング材は、請求項1または2記載のマルチング材において、上記種子収納容器は、天然素材を原料にした紙またはレーヨン繊維を原料にした不織布が用いられていることを特徴とするものである。
【0013】
このマルチング材によれば、種子収納容器は雨水等によって容易に破損し、発芽した種子が容易に成長し得る状態になる。しかも、破損した容器は分解して肥料になるため、苗の成長を助ける。
【0014】
本発明の請求項4記載のマルチング材を用いた種苗植栽方法は、請求項1乃至3のいずれかに記載のマルチング材を、上記種子収納容器が上記ウェブで被覆される状態で地面に敷設することを特徴とするものである。
【0015】
このマルチング材を用いた種苗植栽方法によれば、マルチング材で地面を被覆することのみによって地面の緑化工事が完了する。
【0016】
本発明の請求項5記載のマルチング材を用いた種苗植栽方法は、請求項4記載のマルチング材を用いた種苗植栽方法において、上記地面が傾斜した法面であることを特徴とするものである。
【0017】
このマルチング材を用いた種苗植栽方法によれば、従来施工が困難であった造成地の法面の緑化工事が容易に行い得るようになる。
【0018】
【発明の実施の形態】
図1は、本発明に係るマルチング材の一実施形態を示す一部切欠き斜視図である。この図に示すように、マルチング材1は、帯状のウェブ2と、このウェブ2の底面に貼設された複数の種子収納容器3とを備えている。上記ウェブ2および種子収納容器3は、生分解性を有する材料で形成され、野外に所定期間放置すると微生物によって分解されるようになっている。本実施形態においては、ウェブ2は、黄麻を原料にして平織りで織製した織製品が用いられている。具体的には、経糸および緯糸の双方に黄麻を用いて織製し、1枚のウェブ2の寸法を、幅1m×長さ15mのものにしている。
【0019】
そして、上記ウェブ2には、幅方向の中央部に、長手方向に亘って等ピッチで複数の発芽孔21が設けられている。本実施形態においては、1mピッチで合計14個の発芽孔21が設けられている。このようなウェブ2の裏面であって、発芽孔21が設けられている部分に種子収納容器3が貼着されている。
【0020】
図2は、種子収納容器の第1実施形態を示す一部切欠き斜視図である。この図に示すように、種子収納容器3は、紙製の円筒体を押し潰し、両側部の縁を互いに対向する方向に折り曲げることによって形成されている。本実施形態では、種子収納容器3は、縦60mm×横30mm×高さ20mmに寸法設定されている。この種子収納容器3の内部には、水を吸収させた保水性能の良好な粒状物31と、植物の種子32とを混合した混合物が装填されている。
【0021】
本実施形態においては、上記粒状物31としてバーミクライトが用いられている。バーミクライトは、層構造を有する雲母を800〜1000℃に加熱することによって得られるものである。上記加熱による脱水で雲母は層方向に直交する方向に膨張して多孔質になり、これによって保水性能が向上し、園芸用に適したバーミクライトになる。このようなバーミクライトに水を充分吸収させたものが種子収納容器3内に装填されているのである。
【0022】
また、本実施形態においては、上記種子32として、木の種子が採用され、その数粒が粒状物31に混入されて種子収納容器3内に封入されている。木の種類としては、ウバメガシ、シラカシ、コナラ、クヌギ、シャリンバイ、ネズミモチ等が挙げられる。
【0023】
粒状物31および種子32の充填された種子収納容器3は、接着剤によってウェブ2の裏面に貼着されている。接着剤は、水溶性でかつ生分解性を備えたポリビニルアルコール系のものやアクリル樹脂系のものが採用されている。このような接着剤の塗布された種子収納容器3が、ウェブ2の裏面の発芽孔21の近傍に貼着される。この貼着に際し、図2に示すように、種子収納容器3の端部の円弧形状の部分を発芽孔21の周縁部に沿わせるようにすれば、種子収納容器3内で発芽し、種子収納容器3の端部の隙間を通った苗がこの発芽孔21を通って外部に出易くなる。
【0024】
図3は、マルチング材を巻き取ることによって形成されたロールを示す斜視図である。この図に示すように、マルチング材1は、種子収納容器3が取り付けられた面が外側になるように巻き取られてロール1aが形成され、このロール1aの状態で商品として流通される。
【0025】
図4は、種子収納容器の第2実施形態を示す斜視図である。この実施形態においては、種子収納容器3aとして通常の封筒型の紙袋が採用されている。このような紙袋の場合、種子収納容器3aは、接着剤を用いる代わりにステーブルによってウェブ2に取り付けるようにしている。なお、図3に示すウェブ2には、発芽孔21の代わりに十字切れ目21aが設けられ、この十字切れ目21aの下部に種子収納容器3aが取り付けられている。
【0026】
図5は、マルチング材の施工方法を説明するための説明図であり、(イ)は、造成地の傾斜面にマルチング材を敷設する直前の状態、(ロ)は、造成地の傾斜面にマルチング材を敷設した状態をそれぞれ示している。
【0027】
マルチング材1を傾斜面Sに敷設するに際しては、まず、図5の(イ)に示すように、ロール1aを傾斜面Sの頂部に運び上げ、ウェブ2の種子収納容器3を取り付けている側の面を傾斜面Sに接触させた状態でロール1aを傾斜面S側に位置させる。ついでロール1aから引き出したウェブ2の引き出し端部に鉄製のアンカーピン4を打ち込み、ウェブ2の端部を傾斜面Sの頂部に固定する。
【0028】
この状態でロール1aを傾斜面Sに沿って転がすことによりロール1aは解放され、図5の(ロ)に示すように、マルチング材1が傾斜面S上に敷設された状態になる。そして、マルチング材1が傾斜面Sに敷設された状態で、その縁部に所定本数のアンカーピン4を打ち込むことにより、マルチング材1の風による吹き飛びが防止される。
【0029】
図6は、マルチング材の敷設された傾斜面で発芽した苗が成長した状態を示す斜視図である。この図に示すように、傾斜面Sの土壌中に根付いた植物の苗は、マルチング材1の発芽孔21から外方に延び、安定して定植された状態になっている。
【0030】
本発明のマルチング材1は、以上詳述したように、生分解性を有する材料からなるウェブ2と、このウェブ2に所定間隔で取り付けられた生分解性を有する材料からなる複数の種子収納容器3とからなるものであるため、種子収納容器3を傾斜面Sに接触させるようにしてウェブ2を傾斜面Sに敷設することにより、複数の種子収納容器3がウェブ2に被覆されて傾斜面Sに配置され、播種が行われた状態になる。そして、種子収納容器3内には、水を含ませた保水性を有する粒状物31と種子収納容器3とが装填されているため、特に発芽や育苗のための植栽管理を行わなくても、種子は上記粒状物31の発芽促進作用によって発芽し成育する。
【0031】
また、上記ウェブ2および種子収納容器3は、自然環境中で微生物の作用によって分解し、苗が成長するための肥料になるため、特に育苗のための施肥を行わなくても植物は確実に成長し、さらにウェブ2によって被覆された地面は日陰になるため、雑草の繁茂が抑制される等、緑化工事および以後の育苗管理の低コスト化を図る上で極めて有効である。
【0032】
本発明は、以上の実施形態の他に以下の実施形態の適用可能である。
(1)上記の実施形態においては、ウェブ2として黄麻の織布が使用されているが、黄麻の織布の代わりに、黄麻を原料にした不織布や、ポリビニルアルコールおよびレーヨン繊維からなる不織布や、パルプ屑をシート状に成形したウェブや、椰子繊維を原料にした織布あるいは不織布なども好適に使用し得る。
【0033】
(2)上記の実施形態においては、種子収納容器3として通常の紙が用いられているが、紙の代わりには、ポリビニルアルコールおよびレーヨン繊維からなる不織布や、その他の生分解性合成樹脂製のフィルムを用いてもよい。
【0034】
(3)上記の実施形態においては、ウェブ2に発芽孔21や十字切れ目21aが設けられているが、発芽用の孔はこれら円形の発芽孔21や十字切れ目21aに限定されるものではなく、単なる一文字の切れ目でもよいし、コ字形状の切れ目や、半円形の切れ目でもよい。
【0035】
(4)上記の実施形態においては、アンカーピン4として鉄製のものが用いられているが、鉄製の代わりに木製の杭にしてもよいし、生分解性を有する合成樹脂製のものを用いてもよい。
【0036】
(5)上記の実施形態においては、粒状物31としてバーミクライトが用いられているが、バーミクライトの代わりに、通常の植栽用の土壌や、パーライトや、活性炭、あるいは粒状の吸水性樹脂等を用いてもよい。
【0037】
【発明の効果】
上記請求項1記載のマルチング材は、生分解性を有する材料からなるウェブと、このウェブに所定間隔で取り付けられた生分解性を有する材料からなる複数の種子収納容器とを備え、上記種子収納容器には植物の種子と、保水性を有する粒状物とが装填され、上記ウェブは、発芽によって上記種子収納容器に装填された種子から伸びる芽を外部に誘導する開口を有し、上記種子収納容器の端部に隙間が形成され、上記種子収納容器の端部の該隙間が形成された部分が該開口の周縁部に沿うように、上記種子収納容器が上記ウェブの裏面に取り付けられており、上記請求項4記載のマルチング材を用いた種苗植栽方法は、上記マルチング材を種子収納容器がウェブで被覆される状態で地面に敷設するものであるため、これら請求項1および4記載の発明によれば、ただ単に種子収納容器を地面に接触させるようにしてウェブを敷設することにより、複数の種子収納容器がウェブに被覆されて地面に配置され、播種が行われた状態になる。
【0038】
そして、種子収納容器内には、種子と、保水性を有する粒状物が装填されているため、予め粒状物に水分を含ませておくことにより、種子収納容器内は種子の発芽に適した環境になり、特に発芽のための育種作業を行わなくても自然環境中で発芽する。
【0039】
また、上記ウェブおよび種子収納容器は、自然環境中で微生物の作用によって分解し、発芽して形成した苗が成長するための肥料になるため、特に育苗のための施肥を行わなくても苗は確実に成長する。
【0040】
さらに、従来、造成地等の緑化工事において、播種作業や育苗作業を工事現場とは離れた場所で行い、得られた苗を工事現場まで運搬し、工事現場で土を掘り返して定植作業を行なわなければならなかったが、請求項1記載のマルチング材を使用すれば、このような面倒な作業を行う必要がなくなり、緑化工事の低コスト化を図る上で極めて有効である。さらに、ウェブによって被覆された地面は日陰になるため、雑草の繁茂が抑制され、除草作業軽減の面での効果も大きい。
【0041】
さらに、ウェブは種子収納容器が取り付けられた部分に種子の発芽によって伸びる芽を外部に誘導する開口を有しているため、発芽し成長する芽は、上記ウェブに設けられた開口に誘導されて外部に伸び、芽を順調に成長させる上で好都合である。
【0042】
上記請求項2記載のマルチング材によれば、ウェブは天然繊維を織製して得られた織製品、または天然繊維を原料にして得られた不織布が用いられているため、ウェブを施工した当初は大きな引張り強度を有しており、複数の杭等を縁部に打ち込むことによってウェブを確実に地面に固定することが可能になるとともに、植栽した種子が発芽し成長して根が張った時点では織製品が分解して植物の肥料になり、ウェブの施工上および植栽メンテナンス上有効である。
【0043】
上記請求項3記載のマルチング材によれば、種子収納容器は天然素材を原料にした紙またはレーヨン繊維を原料にした不織布が用いられているため、種子収納容器は雨水等によって容易に破損し、発芽した種子が容易に成長し得る状態にすることができ、しかも、破損した容器は分解して肥料になり、苗の成長を助ける上で好都合である。
【0044】
上記請求項5記載のマルチング材を用いた種苗植栽方法によれば、地面が傾斜した法面にマルチング材が敷設されるため、造成地の法面の緑化工事が容易に行い得るようになる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係るマルチング材の一実施形態を示す一部切欠き斜視図である。
【図2】種子収納容器の第1実施形態を示す一部切欠き斜視図である。
【図3】マルチング材を巻き取ることによって形成されたロールを示す斜視図である。
【図4】種子収納容器の第2実施形態を示す斜視図である。
【図5】マルチング材の施工方法を説明するための説明図であり、(イ)は、造成地の傾斜面にマルチング材を敷設する直前の状態、(ロ)は、造成地の傾斜面にマルチング材を敷設した状態をそれぞれ示している。
【図6】マルチング材の敷設された傾斜面で発芽した苗が成長した状態を示す斜視図である。
【符号の説明】
1 マルチング材
1a ロール
2 ウェブ
21 発芽孔
21a 十字切れ目
3 種子収納容器
31 粒状物
32 種子
4 アンカーピン
S 傾斜面

Claims (5)

  1. 生分解性を有する材料からなるウェブと、このウェブに所定間隔で取り付けられた生分解性を有する材料からなる複数の種子収納容器とを備え、
    上記種子収納容器には植物の種子と、保水性を有する粒状物とが装填され
    上記ウェブは、発芽によって上記種子収納容器に装填された種子から伸びる芽を外部に誘導する開口を有し、
    上記種子収納容器の端部に隙間が形成され、
    上記種子収納容器の端部の該隙間が形成された部分が該開口の周縁部に沿うように、上記種子収納容器が上記ウェブの裏面に取り付けられたマルチング材。
  2. 上記ウェブは、天然繊維を織製して得られた織製品、または天然繊維を原料にして得られた不織布が用いられていることを特徴とする請求項1記載のマルチング材。
  3. 上記種子収納容器は、天然素材を原料にした紙またはレーヨン繊維を原料にした不織布が用いられていることを特徴とする請求項1または2記載のマルチング材。
  4. 請求項1乃至3のいずれかに記載のマルチング材を、上記種子収納容器が上記ウェブで被覆される状態で地面に敷設することを特徴とするマルチング材を用いた種苗植栽方法。
  5. 上記地面が傾斜した法面であることを特徴とする請求項4記載のマルチング材を用いた種苗植栽方法。
JP28185795A 1995-10-30 1995-10-30 マルチング材およびマルチング材を用いた種苗植栽方法 Expired - Fee Related JP3685850B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP28185795A JP3685850B2 (ja) 1995-10-30 1995-10-30 マルチング材およびマルチング材を用いた種苗植栽方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP28185795A JP3685850B2 (ja) 1995-10-30 1995-10-30 マルチング材およびマルチング材を用いた種苗植栽方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09121621A JPH09121621A (ja) 1997-05-13
JP3685850B2 true JP3685850B2 (ja) 2005-08-24

Family

ID=17644969

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP28185795A Expired - Fee Related JP3685850B2 (ja) 1995-10-30 1995-10-30 マルチング材およびマルチング材を用いた種苗植栽方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3685850B2 (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009065855A (ja) * 2007-09-11 2009-04-02 Central Nippon Expressway Co Ltd 播種構造及びその構造に使用する植栽パック
CN103118528A (zh) * 2010-05-24 2013-05-22 株式会社百奥艾特 水稻点播生物降解覆膜制造装置和利用了它的制造方法以及水稻点播生物降解覆膜和利用了它的水稻种植方法

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002250036A (ja) * 2001-02-23 2002-09-06 Shimizu Corp 法 枠
JP4698478B2 (ja) * 2006-05-16 2011-06-08 石川県 緑化資材

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009065855A (ja) * 2007-09-11 2009-04-02 Central Nippon Expressway Co Ltd 播種構造及びその構造に使用する植栽パック
CN103118528A (zh) * 2010-05-24 2013-05-22 株式会社百奥艾特 水稻点播生物降解覆膜制造装置和利用了它的制造方法以及水稻点播生物降解覆膜和利用了它的水稻种植方法
CN103118528B (zh) * 2010-05-24 2015-03-11 株式会社百奥艾特 水稻点播生物降解覆膜制造装置和利用了它的制造方法以及水稻点播生物降解覆膜和利用了它的水稻种植方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPH09121621A (ja) 1997-05-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4364197A (en) Pre-grown turf and manufacturing of pre-grown turf
US5346514A (en) Versatile plant sod mat and method for propagation
GB2332353A (en) A biodegradable mat
JP3685850B2 (ja) マルチング材およびマルチング材を用いた種苗植栽方法
KR100719078B1 (ko) 법면 녹화용 줄 네트
JP3477410B2 (ja) 法面緑化用の植生基盤材と法面の緑化工法
JP2007175040A (ja) 特定の天然植物の栽培方法およびその栽培に使用する育生保持体
KR101416116B1 (ko) 조경용 씨줄 로프
JPH10178818A (ja) 植物種子の播種方法及びその播種用資材
JP2784757B2 (ja) 植生用マット
JP2002253007A (ja) 植生マット
JPH0978586A (ja) 法面保護緑化用マット
JP2662199B2 (ja) 種子付の繊維製苗床及びその製作方法並びに水性植物の栽培方法
KR20080097539A (ko) 녹화용 상토 씨줄네트 및 그 제조방법
CN214628688U (zh) 一种草坪种植基质卷
JP2717368B2 (ja) 法面植栽工法
JP2932157B2 (ja) 法面緑化工法
JPH09201127A (ja) 植物育成用基材
JP6828210B1 (ja) 植生工法
JP2802899B2 (ja) 法面緑化工法
JP3040956B2 (ja) 木が植生されたのり面
JP3285792B2 (ja) 法面緑化工法
JP3484098B2 (ja) 緑化用野草マット及び緑化方法
JPH07236350A (ja) 苗木の植生方法
JPH07116711B2 (ja) 緑化用植生基体

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20041129

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20041207

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20050119

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050128

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20050524

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20050601

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080610

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090610

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100610

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110610

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120610

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130610

Year of fee payment: 8

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees