JP2550466B2 - 床 材 - Google Patents

床 材

Info

Publication number
JP2550466B2
JP2550466B2 JP4317769A JP31776992A JP2550466B2 JP 2550466 B2 JP2550466 B2 JP 2550466B2 JP 4317769 A JP4317769 A JP 4317769A JP 31776992 A JP31776992 A JP 31776992A JP 2550466 B2 JP2550466 B2 JP 2550466B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
fitting
flooring
groove
floor
projecting edge
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP4317769A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH06146553A (ja
Inventor
井上  稔
英一 青木
Original Assignee
大建工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 大建工業株式会社 filed Critical 大建工業株式会社
Priority to JP4317769A priority Critical patent/JP2550466B2/ja
Publication of JPH06146553A publication Critical patent/JPH06146553A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2550466B2 publication Critical patent/JP2550466B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Classifications

    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04FFINISHING WORK ON BUILDINGS, e.g. STAIRS, FLOORS
    • E04F15/00Flooring
    • E04F15/02Flooring or floor layers composed of a number of similar elements
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04FFINISHING WORK ON BUILDINGS, e.g. STAIRS, FLOORS
    • E04F2201/00Joining sheets or plates or panels
    • E04F2201/01Joining sheets, plates or panels with edges in abutting relationship
    • E04F2201/0153Joining sheets, plates or panels with edges in abutting relationship by rotating the sheets, plates or panels around an axis which is parallel to the abutting edges, possibly combined with a sliding movement
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04FFINISHING WORK ON BUILDINGS, e.g. STAIRS, FLOORS
    • E04F2201/00Joining sheets or plates or panels
    • E04F2201/05Separate connectors or inserts, e.g. pegs, pins, keys or strips
    • E04F2201/0517U- or C-shaped brackets and clamps

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】本発明は簡単且つ精度よく施工し
得る床材の改良に関するものである。

【0002】

【従来の技術】従来から、合板などの床下地パネルやコ
ンクリートスラブ等の床下地材上に施工する床材として
は、長方形状に形成した床板主体の一側端面に雄実部を
突設する一方、他側端面に該雄実部が嵌合可能な雌実部
を形成している構造のものが広く知られており、施工に
際しては隣接する床材の対向側端面の雌雄実部同士を互
いに係合させながら床下地上に順次敷設し、釘着或いは
接着剤によって固定している。

【0003】

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記の
ような床材では、単に床材の対向側端面同士を雌雄実部
によんで本実接合させるように構成しているだけである
から、接合させても床材同士が床下地面に沿って互いに
接離する方向に対しては何等の規制を受けることがな
く、そのため、作業者の技量や施工面の精度のバラツキ
等によって隣接する床材間に目隙や段差が生じ易くで精
度の良い施工が困難となるという問題点があった。本発
明はこのような問題点を全面的に解消し得る床材の提供
を目的とするものである。

【0004】

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に、本発明の床材は、下面に一定厚みの弾性材を貼着し
てなる長方形状の床板主体の一側端縁に上面が床板主体
と面一で且つ床板主体よりも厚みが小なる嵌合突縁部を
設け、この嵌合突縁部の先端面に雌雄いずれか一方の実
部を形成すると共に該嵌合突縁部の基端部下面に適宜深
さの係止溝を設け、一方、床板主体の他側端縁に上記嵌
合突縁部が嵌合可能な断面形状を有する上向き開口の嵌
合溝を設けると共に該嵌合溝の一側壁面に上記雌雄いず
れか一方の実部と係合可能な他方雄実部を形成し、さら
に、この嵌合溝の他側端に前記係止溝が嵌合可能な係止
突起を設けた構造となっている。

【0005】

【作用】上記構造を有する床材を床下地材上に敷設施工
するには、先に床下地材上に貼着した床材の他側端縁に
設けている上向き開口の嵌合溝に対して、次に施工する
床材の一側端縁部を斜め下方に向けた状態にして該一側
端縁に設けている嵌合突縁部を嵌め込み、該嵌合突縁部
を嵌合溝の一側壁面に向かって押し込むようにしながら
床材を徐々に伏動させると、嵌合突縁部の先端実部が嵌
合溝の一側壁面に形成している実部に係合すると共に嵌
合溝の他側端に突設している係止突起に嵌合突起部の基
端部下面に設けている係止溝が嵌合する。

【0006】上記のような手順によって床材を順次施工
すると、隣接する床材同士が雌実部と雄実部との係合
よって上下方向の妄動を互いに阻止しあい、且つ床板主
体の下面に貼着している弾性材の弾力によってこれらの
雌雄実部同士が積極的に接合しあって全ての床材の表面
が面一に連なると共に、係止突起と係溝との嵌合によ
って床材間の幅方向の移動が拘束され、目隙の発生をな
くすることができる。また、床材下面に貼着している一
定厚みの弾性材によって床下地材に生じている微少な凹
凸部が吸収され、上記雌雄実部の係合と相俟って段違い
等の発生をなくし得る。

【0007】

【実施例】次に、本発明の実施例を図面について説明す
ると、図1、図2において、1は一定幅と長さを有する
長方形状の床材主体で、合板、パーティクルボード、M
DF等の材料から形成されてあり、その長辺側である一
側端縁に上面が床板主体1の上面と面一で且つ床板主体
1の厚みよりも薄い嵌合突縁部2を全長に亘って一体に
形成していると共に、他側端縁には該嵌合突縁部2を反
転させた断面形状を有している嵌合突縁部2が嵌合可能
な上向き開口の嵌合溝3を一体に設けてある。

【0008】上記嵌合突縁部2は、その先端面に雌実部
2aを形成していると共に、床板主体1の一側端面側にお
ける基端部には下面から上面近傍部に達する一定幅を有
する係止溝2bを全長に亘って形成してある。一方、嵌合
溝3は深さが嵌合突縁部2の厚みに等しく形成されてい
ると共に、一側壁面嵌合突縁部2の雌実部2aに嵌合可
能な雄実部3aを形成してあり、さらに他側端には上記係
止溝2bが嵌合可能な係止突起3bを設けてある。この係止
突起3bは、その肉厚を係止溝2bよりも僅かに薄く形成さ
れていると共に、該係止突起3bの内側面によって嵌合溝
3の他側壁面を形成しているものである。

【0009】4は床板主体1の下面に一体に貼着した一
定厚みを有するゴム、弾性樹脂シート等よりなる弾性材
で、上記嵌合突縁部2の基端部に設けている係止溝2bの
開口端縁から上記嵌合溝3の下面に亘って全面的に貼着
されているものである。5は床板主体1の上面に貼着し
た化粧単板、樹脂シート等よりなる表面化粧材で、上記
嵌合突縁部2の上面から嵌合溝3の開口内端縁に亘って
全面的に貼着されているものである。

【0010】このように構成した床材を床下地材A上に
施工する手順を述べると、まず、図3に示すように、床
材の貼り始め部に、床板主体1の嵌合突縁部2の下面側
空間を埋めることができる断面形状を有する際根太Bを
固定したのち、この際根太B上に床板主体1の嵌合突縁
部2を上載させながら該床板主体1を床下地材A上に敷
設する。なお、床下地材A上に対する床板主体1の固定
は、該床板主体1の下面を適宜な接着剤によって貼着さ
れるが、嵌合溝3の内底面から床下地材Aに釘を打ち込
むことによって行ってもよい。

【0011】こうして、際根太Bに沿って複数枚の床板
主体1を直列状に施工したのち、該床材列に次の列の床
材を敷設する。この施工手順は、図4に示すように、床
板主体1をその嵌合突縁部2側が下向きに傾斜した状態
にして該嵌合突縁部2を既に敷設した床板主体1の嵌合
溝3内に嵌め込み、次いで、嵌合突縁部2を嵌合溝3の
雄実部3a側に向かって押し進めながら床板主体1を徐々
に水平状態となる方向に伏動させて該床板主体1の嵌合
突縁部2の先端雌実部2aを嵌合溝3の雄実部3aに係合
せると共に嵌合溝3の他側端に突出している係止突起3b
に嵌合突縁部2の基端部下面に設けている係止溝2bを嵌
合させる。

【0012】このようにして先に敷設した床板主体1に
次に敷設すべき床板主体1を連結させると、両床板主体
1、1は、嵌合突縁部2の先端雌実部2aと嵌合溝3の
実部3aとの係合によって上下方向への妄動が規制されて
表面化粧材5、5が面一に連らなると共に、係止溝2b
係止突起3bとの嵌合によって幅方向、即ち、互いに離間
する方向への移動が拘束され、従って、両床板主体1、
1間に目隙が生じることなく精度のよい施工が可能とな
るものである。また、床板主体1の下面に貼着している
弾性材4によって床下地材Aの表面の微少な凹凸部が吸
収される共に雌実部2aに対して雄実部3aを該弾性材4
の弾力によって積極的に上方に押し付けて段違いが生じ
るのを防止し得るものである。

【0013】上記手順によって既に敷設した床材列の床
板主体1に次の列を構成する床板主体1を床下地材A上
に順次貼着施工したのち、図5に示すように、第3列目
の床板主体1を施工し、この作業を繰り返し行って床下
地材A上に多数の床材列からなる床を形成するものであ
る。なお、施工中においては、先に施工した床材列の嵌
合溝3に対して次に施工する床板主体1の嵌合突縁部2
を嵌め込んだ状態で長さ方向に摺動させながら床板主体
1の長さ方向のズレを調整することができる。又、床の
施工後、床周辺部を幅木や釘等で抑えることにより床下
地材A上に完全に固定することができる。

【0014】図6は床板主体1に設けている嵌合溝3の
変形例を示すもので、上記実施例においては、床板主体
1の他端部を適宜な掘削工具によって嵌合溝3に形成し
ているが、この変形例においては床板主体1と同一長さ
を有するコ字型材13によって形成してなるものである。
即ち、コ字型材13は図7に示すように、断面上向きコ字
に形成された弾性を有する合成樹脂成形体、又は弾性
体を裏面に積層した硬質樹脂や金属成形体よりなり、そ
の一側端縁に上方に向かって突設している立ち上がり片
13a を床板主体1の他側端部下面に刻設している細溝1a
内に嵌入して該コ字型材13の他側部を床板主体1の幅方
向に突出させた状態で取付け、このコ字型材13の他側端
縁に上方に向かって突設している立ち上がり片を係止突
起3bに形成していると共に、この係止突起3bと床板主体
1の他側端面に形成している雄実部3a間を嵌合溝3に形
成しているものである。なお、上記コ字型材13はその下
面が弾性材4の下面と面一となるように取付けられてあ
る。また、このコ字型材13の溝底部及び上記係止突起3b
は連続させることなく、図8に示すように、断続的に形
成したものであってもよい。

【0015】なお、上記実施例においては、雌雄実部2
a、3aを嵌合突縁部2の先端面の中央部と嵌合溝3の一
側壁面の中央部とに夫々設けたが、に示すように、
嵌合突縁部2の先端面に雄実部22a を、嵌合溝3の一側
壁面に雌実部23a を形成してもよい。

【0016】また、嵌合溝3を形成する上記コ字型材13
としては、上記図に示すように、横F字型の型材33を
使用し、その水平片部の下面を床板主体1の下面から他
側方に延出させた弾性材4に隣接して貼着、一体化させ
る一方、垂直片部によって嵌合溝3の他側壁面を形成し
た係止突起3bを形成している。この場合、床板主体1に
当接した突起33a に弾性作用を付与しておくと、隣接す
る床板主体1の嵌合突縁部2との当接面で弾性的に連結
され、隙間防止や床鳴り防止、寸法変化の吸収等の効果
があり、好ましい。又、このような弾性部材としては、
10に示すように、図6における嵌合溝3の雄実部3aの
下面側凹所に別体の弾性材13b を設けておいてもよい。

【0017】次に、図11、12は別な実施例を示すもの
で、前述の実施例では長方形の床材であったが、この実
施例においては4周に雌雄実1a、1b、1c、1dを有する短
冊形の床板主体1の長辺側の対向雌雄実を嵌着させて雁
行状に配し、裏面に弾性材4a、4bを貼着していると共
に、両端部の床板主体1の裏面長手方向において、一端
側には係止溝2bを他端側にはコ字型材13の起立端部が嵌
入する細孔1aが設けられ、弾性材4a、4bはその中間に亘
って配されてなるものである。本実施例では嵌合突縁部
が設けられていない床材同士の縦継部が段階状に形成さ
れていて順次実係合されるので、目隙や浮き上がりが生
じにくいという利点がある。

【0018】

【発明の効果】以上のように本発明の床材によれば、床
板主体の一側端縁に先端面に雌雄いずれかの実部を
成し且つ基端部下面に係止溝を設けている嵌合突縁部を
一体に設ける一方、該床板主体の他側端縁に上記嵌合突
縁部が嵌合可能な嵌合溝を設けると共にこの嵌合溝の一
側壁面上記雌雄いずれかの実部が係合可能な他方の実
部を、他側壁面前記係止溝が嵌合可能な係止突起
成しているので、床下地材上に施工する場合、先に貼着
した床材の嵌合溝に次に貼着する床材の嵌合突縁部を嵌
め込むと、嵌合突縁部の先端面に設けている実部と嵌合
溝の一側壁面に形成している実部とが互いに係して床
材の浮き上がりを防止し得る上に、床板主体の下面には
弾性材を貼着しているので、該弾性材によって床下地に
生じている微小な凹凸部を吸収させることができると共
にその弾性力によって上記嵌合突縁部側の実部が嵌合溝
側の実部に積極的に上方に押し付けられ、隣接する床材
同士をその上面が互いに面一となるように精度よく接合
させることができるものである。

【0019】さらに、嵌合突縁部の基端部下面に設けて
いる嵌合溝が先に貼着している床材主体の他側端縁に突
設している係止突起に嵌合、係止して床材同士の幅方向
のズレの発生を確実に防止し、目隙が生じるのをなくす
ることができるものである。このように、先に貼着して
床材の嵌合溝に次に貼着する床材の嵌合突縁部を嵌め込
むという簡単な操作によって、床材の幅方向の移動を係
止溝と係止突起との係合によって拘束することができ、
厚さ方向の段違いの発生は床板主体の下面に貼着してい
る弾性材の弾力による雌雄実部の係合で防止でき、従っ
て、床下地材に多少の不陸や施工技術にバラヅキがあっ
てもそれを吸収して精度のよい床施工が可能となるもの
である。又、本発明によると、釘や接着剤を用いて固定
しなくても、安定した床仕上げ面が形成でき、熟練を要
することなく施工性を向上させることができる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明床材の斜視図、

【図2】その拡大断面図、

【図3】一列目の床材施工状態を示す簡略断面図、

【図4】二列目の床材施工状態を示す簡略断面図、

【図5】三列目の床材施工状態を示す簡略断面図、

【図6】嵌合溝の別な実施例を示す断面図、

【図7】そのコ字型材の一部斜視図、

【図8】そのコ字型材の変形例を示す斜視図、

【図9】コ字型材の変形例を示す断面図、

【図10】弾性体の別な構造を示す断面図、

【図11】本発明床材の別な実施例を示す裏面図、

【図12】そのAーA線断面図。

【符号の説明】

1 床板主体 2 嵌合突縁部 2a 雌実部 2b 係止溝 3 嵌合溝 3a 雄実部 3b 係止突起 4 弾性材

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 下面に一定厚みの弾性材を貼着してなる
    長方形状の床板主体の一側端縁に上面が床板主体と面一
    で且つ床板主体よりも厚みが小なる嵌合突縁部を設け、
    この嵌合突縁部の先端面に雌雄いずれか一方の実部を
    成すると共に該嵌合突縁部の基端部下面に適宜深さの係
    止溝を設け、一方、床板主体の他側端縁に上記嵌合突縁
    部が嵌合可能な断面形状を有する上向き開口の嵌合溝を
    設けると共に該嵌合溝の一側壁面に上記雌雄いずれか一
    方の実部と係合可能な他方の実部を形成し、さらに、こ
    の嵌合溝の他側端に前記係止溝が嵌合可能な係止突起を
    設けていることを特徴とする床材。
JP4317769A 1992-11-02 1992-11-02 床 材 Expired - Fee Related JP2550466B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4317769A JP2550466B2 (ja) 1992-11-02 1992-11-02 床 材

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4317769A JP2550466B2 (ja) 1992-11-02 1992-11-02 床 材

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06146553A JPH06146553A (ja) 1994-05-27
JP2550466B2 true JP2550466B2 (ja) 1996-11-06

Family

ID=18091851

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4317769A Expired - Fee Related JP2550466B2 (ja) 1992-11-02 1992-11-02 床 材

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2550466B2 (ja)

Families Citing this family (45)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7131242B2 (en) 1995-03-07 2006-11-07 Pergo (Europe) Ab Flooring panel or wall panel and use thereof
SE9500810D0 (sv) 1995-03-07 1995-03-07 Perstorp Flooring Ab Golvplatta
BE1010487A6 (nl) 1996-06-11 1998-10-06 Unilin Beheer Bv Vloerbekleding bestaande uit harde vloerpanelen en werkwijze voor het vervaardigen van dergelijke vloerpanelen.
US7992358B2 (en) 1998-02-04 2011-08-09 Pergo AG Guiding means at a joint
SE512313C2 (sv) * 1998-06-03 2000-02-28 Valinge Aluminium Ab Låssystem samt golvskiva
SE518184C2 (sv) 2000-03-31 2002-09-03 Perstorp Flooring Ab Golvbeläggningsmaterial innefattande skivformiga golvelement vilka sammanfogas med hjälp av sammankopplingsorgan
SE0001325L (sv) * 2000-04-10 2001-06-25 Valinge Aluminium Ab Låssystem för hopfogning av golvskivor samt golvskivor försedda med sådana låssystem och golv bildat av sådana golvskivor
BE1013569A3 (nl) 2000-06-20 2002-04-02 Unilin Beheer Bv Vloerbekleding.
US6769218B2 (en) 2001-01-12 2004-08-03 Valinge Aluminium Ab Floorboard and locking system therefor
NZ536142A (en) 2002-04-03 2006-07-28 Valinge Innovation Ab Mechanical locking system for floorboards
US8850769B2 (en) 2002-04-15 2014-10-07 Valinge Innovation Ab Floorboards for floating floors
US7617651B2 (en) 2002-11-12 2009-11-17 Kronotec Ag Floor panel
DE50309830D1 (de) 2002-11-15 2008-06-26 Flooring Technologies Ltd Einrichtung bestehend aus zwei miteinander verbindbaren Bauplatten und einem Einsatz zum Verriegeln dieser Bauplatten
US20050166516A1 (en) 2004-01-13 2005-08-04 Valinge Aluminium Ab Floor covering and locking systems
SE527570C2 (sv) 2004-10-05 2006-04-11 Vaelinge Innovation Ab Anordning och metod för ytbehandling av skivformat ämne samt golvskiva
US7454875B2 (en) 2004-10-22 2008-11-25 Valinge Aluminium Ab Mechanical locking system for floor panels
ES2378330T3 (es) 2004-10-22 2012-04-11 Välinge Innovation AB Un método para proporcionar paneles de suelo con un sistema de bloqueo mecánico
US7841144B2 (en) 2005-03-30 2010-11-30 Valinge Innovation Ab Mechanical locking system for panels and method of installing same
US20130139478A1 (en) 2005-03-31 2013-06-06 Flooring Industries Limited, Sarl Methods for packaging floor panels, as well as packed set of floor panels
US8061104B2 (en) 2005-05-20 2011-11-22 Valinge Innovation Ab Mechanical locking system for floor panels
DE102005063034B4 (de) 2005-12-29 2007-10-31 Flooring Technologies Ltd. Paneel, insbesondere Bodenpaneel
BE1017157A3 (nl) 2006-06-02 2008-03-04 Flooring Ind Ltd Vloerbekleding, vloerelement en werkwijze voor het vervaardigen van vloerelementen.
SE533410C2 (sv) 2006-07-11 2010-09-14 Vaelinge Innovation Ab Golvpaneler med mekaniska låssystem med en flexibel och förskjutbar tunga samt tunga därför
US8689512B2 (en) 2006-11-15 2014-04-08 Valinge Innovation Ab Mechanical locking of floor panels with vertical folding
SE531111C2 (sv) 2006-12-08 2008-12-23 Vaelinge Innovation Ab Mekanisk låsning av golvpaneler
RU2534578C2 (ru) 2009-07-31 2014-11-27 Велинге Инновейшн Аб Способы и системы для обработки кромок строительных панелей
US10279404B2 (en) 2009-07-31 2019-05-07 Valinge Innovation Ab Methods and arrangements relating to edge machining of building panels
JP5629163B2 (ja) * 2009-10-27 2014-11-19 株式会社ノダ 床材の取り外し方法
WO2011087425A1 (en) 2010-01-12 2011-07-21 Välinge Innovation AB Mechanical locking system for floor panels
DE102010004717A1 (de) 2010-01-15 2011-07-21 Pergo (Europe) Ab Set aus Paneelen umfassend Halteprofile mit einem separaten Clip sowie Verfahren zum Einbringen des Clips
US8776473B2 (en) 2010-02-04 2014-07-15 Valinge Innovation Ab Mechanical locking system for floor panels
CN104831904B (zh) 2010-05-10 2017-05-24 佩尔戈(欧洲)股份公司 地板组件
KR102017317B1 (ko) 2011-07-05 2019-09-02 세라록 이노베이션 에이비 접착 설형부를 구비한 바닥 패널들의 기계적 로킹
US9725912B2 (en) 2011-07-11 2017-08-08 Ceraloc Innovation Ab Mechanical locking system for floor panels
US8650826B2 (en) 2011-07-19 2014-02-18 Valinge Flooring Technology Ab Mechanical locking system for floor panels
US8763340B2 (en) 2011-08-15 2014-07-01 Valinge Flooring Technology Ab Mechanical locking system for floor panels
US8857126B2 (en) 2011-08-15 2014-10-14 Valinge Flooring Technology Ab Mechanical locking system for floor panels
EP3238899A1 (en) 2012-06-19 2017-11-01 Välinge Innovation AB Mechanical locking system for floorboards
WO2014081382A1 (en) 2012-11-22 2014-05-30 Välinge Flooring Technology AB Mechanical locking system for floor panels
US10017948B2 (en) 2013-06-27 2018-07-10 Valinge Innovation Ab Building panel with a mechanical locking system
EP3019677A4 (en) 2013-07-09 2017-03-29 Ceraloc Innovation AB Mechanical locking system for floor panels
KR20160075602A (ko) 2013-10-25 2016-06-29 세라록 이노베이션 에이비 플로어 패널을 위한 기계적 잠금 시스템
US10246883B2 (en) 2014-05-14 2019-04-02 Valinge Innovation Ab Building panel with a mechanical locking system
BR112016025214A2 (pt) 2014-05-14 2017-08-15 Vaelinge Innovation Ab painel de construção com um sistema de travamento mecânico
CA2968208A1 (en) 2014-11-27 2016-06-02 Valinge Innovation Ab Mechanical locking system for floor panels

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5688825U (ja) * 1979-12-12 1981-07-16
JP3046645U (ja) * 1997-08-28 1998-03-10 東京サイド株式会社 テーブル面積を可変し得るテーブル

Also Published As

Publication number Publication date
JPH06146553A (ja) 1994-05-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
DE69734406T3 (de) Bodenbelag, bestehend aus harten Bodenplatten
US8341915B2 (en) Mechanical locking of floor panels with a flexible tongue
KR100387661B1 (ko) 건축용 널판재의 연결 시스템
US6584747B2 (en) Floor tile
EP2459818B1 (de) Belag aus mechanisch miteinander verbindbaren paneelen
CA1129167A (en) Panel assembly
EP1931840B1 (en) Modular flooring assemblies
US8429869B2 (en) Locking system and flooring board
RU2549629C2 (ru) Система механической фиксации панелей для пола
US8769905B2 (en) Mechanical locking system for floor panels
US7721503B2 (en) Locking system comprising a combination lock for panels
EP2116666B1 (de) Befestigungssystem für Paneele sowie Paneel mit Befestigungssystem
US10458125B2 (en) Mechanical locking system for floor panels
ES2234333T3 (es) Equipo para construir tarimas flotantes.
CA2287143C (en) Floor paneling
CA2672877C (en) Panel and floor covering
DE69926520T2 (de) Fussbodensystem mit plattenförmigen Fussbodenelementen und separaten Verbindungsprofilen
US6521314B2 (en) Panel, particularly a floor panel
BE1020316A3 (nl) Samengesteld element en hoekverbinding hierbij toegepast.
EP2009195B1 (en) A flooring material comprising sheet-shaped floor elements which are joined by means of joining members
CA2443022C (en) Panel assembly for joining flat, thin members that adjoin each other
ES2659115T3 (es) Sistema de acoplamiento mecánico para paneles de suelo
EP1476615B1 (de) Paneel, insbesondere fussdodenpaneel
EP1415056B1 (de) Paneel sowie Befestigungssystem für Paneele
DE102008003550B4 (de) Einrichtung und Verfahren zum Verriegeln zweier Bodenpaneele

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080822

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110822

Year of fee payment: 15

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120822

Year of fee payment: 16

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees