JP3461569B2 - 床 材 - Google Patents

床 材

Info

Publication number
JP3461569B2
JP3461569B2 JP11602494A JP11602494A JP3461569B2 JP 3461569 B2 JP3461569 B2 JP 3461569B2 JP 11602494 A JP11602494 A JP 11602494A JP 11602494 A JP11602494 A JP 11602494A JP 3461569 B2 JP3461569 B2 JP 3461569B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
portion
formed
flooring
locking
engaging
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP11602494A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH07300979A (ja
Inventor
俊行 小西
晋司 林
英一 青木
Original Assignee
大建工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 大建工業株式会社 filed Critical 大建工業株式会社
Priority to JP11602494A priority Critical patent/JP3461569B2/ja
Publication of JPH07300979A publication Critical patent/JPH07300979A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3461569B2 publication Critical patent/JP3461569B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Lifetime legal-status Critical

Links

Classifications

    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04FFINISHING WORK ON BUILDINGS, e.g. STAIRS, FLOORS
    • E04F15/00Flooring
    • E04F15/02Flooring or floor layers composed of a number of similar elements
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04FFINISHING WORK ON BUILDINGS, e.g. STAIRS, FLOORS
    • E04F15/00Flooring
    • E04F15/02Flooring or floor layers composed of a number of similar elements
    • E04F15/04Flooring or floor layers composed of a number of similar elements only of wood or with a top layer of wood, e.g. with wooden or metal connecting members
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04FFINISHING WORK ON BUILDINGS, e.g. STAIRS, FLOORS
    • E04F2201/00Joining sheets or plates or panels
    • E04F2201/01Joining sheets, plates or panels with edges in abutting relationship
    • E04F2201/0138Joining sheets, plates or panels with edges in abutting relationship by moving the sheets, plates or panels perpendicular to the main plane
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04FFINISHING WORK ON BUILDINGS, e.g. STAIRS, FLOORS
    • E04F2201/00Joining sheets or plates or panels
    • E04F2201/01Joining sheets, plates or panels with edges in abutting relationship
    • E04F2201/0153Joining sheets, plates or panels with edges in abutting relationship by rotating the sheets, plates or panels around an axis which is parallel to the abutting edges, possibly combined with a sliding movement

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【産業上の利用分野】本発明は釘や接着剤を使用するこ
となく床面に敷設する置敷床材に関するものである。 【0002】 【従来の技術】従来から、合板などの床下地パネルやコ
ンクリートスラブ等の床下地材の床面上に施工する床材
としては、長方形状に形成した床材主体の一側端面に雄
実部を突設する一方、他側端面に該雄実部が嵌合可能な
雌実部を形成している構造のものが広く知られている
が、このような床材では、単に床材の対向側端面同士を
雌雄実部によって本実接合させるように構成しているだ
けであるから、接合させても床材同士が床下地面に沿っ
て互いに接離する方向に対しては何等の規制も受けてい
ないために、作業者の技量や施工面の精度のバラツキ等
によって隣接する床材間に目隙や段差が生じ易くて精度
の良い施工が困難であった。 【0003】このため本願出願人等は、特願平4ー31
7769号に記載しているような床材を開発した。即ち
この床材は、床材主体の互いに平行する両側端部におい
て、一方の側端部の先端面と基端下面とに、水平方向に
開口する溝と垂直下方に開口する溝とをそれぞれ設けて
なる雄実部を形成すると共に、他方の側端部の先端下部
と基端面とに、上記垂直下方に開口する溝に係合可能な
上向き突条と上記水平方向に開口する溝に嵌合可能な水
平突条とをそれぞれ設けてなる雌実部を形成してなる構
造を有し、施工時に床材同士の雌雄実部を互いに接合さ
せた際に、水平方向に開口する溝と水平突条との係合に
より上下方向にずれが生じるのを規制すると共に、垂直
下方に開口する溝と上向き突条との嵌合により水平方向
にずれが生じるのを規制している。 【0004】 【発明が解決しようとする課題】しかしながらこのよう
な構造では、床下地面上に床材を釘着、或いは接着する
ことなく敷設した際には、一方の互いに平行な両側端部
同士のずれを拘束することができても他方の互いに平行
な端面同士は何等の拘束を受けることなく突き合わせら
れるだけであるから、歩行時や地震発生等による水平方
向の外力によって床下地面と床板との間で滑りが生じた
り、吸放湿等による床板自体の伸縮によって突き合わせ
端面間に目隙が生じ、精度のよい床が得られないという
問題点があった。 【0005】このような問題点は、床材の突き合わせ端
部側にも上記のような構造を有する雌雄実部を設けてお
けば解消し得るものと思われるが、そうすると、既に敷
設した床材列の入隅部分に露出している直角に隣接した
実部に次の床材の直角に隣接した実部の嵌め込みができ
ないものである。即ち、床材列の入隅部分に露出してい
る直角に隣接した実部における一方の実部に対して、床
材を斜めに傾斜させた状態でその下傾端側の実部を嵌合
させたのち、この床材を床下地材上に倒しながら直角に
隣接する他方の実部同士を嵌め込もうとしても、一方の
実部の水平突条に他方の実部が当接してそれ以上の傾動
を阻止し、実質的に施工が行えないのである。特に、平
面長尺四角形状に形成した床板ピースを複数枚、その側
辺同士を当接して雁行状に一体化してなる床材において
は、階段状の端面部の嵌め込みは困難であった。 【0006】本発明は上記のような問題点に鑑みてなさ
れたもので、その目的とするところは、床下地材上に対
して前後左右いずれの方向に対してもずれを生じさせな
い構造を有し、その上、簡単且つ精度よく施工し得る床
材を提供するにある。 【0007】 【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に本発明の床材は、前後端面および左右端面が夫々互い
に平行に形成されている平面四角形状の床材主体におい
て、一方の互いに平行な両端面には、下面に係合突条部
を突設してなる雄実部と、上面に上記係合突条部と嵌合
可能な形状に形成された嵌合溝部を有する雌実部とがそ
れぞれ設けられてあり、他方の互いに平行な両端面に
は、上面側が断面L字状に切欠きされた切欠段部の先端
部に係止突条部を設けてなる上向き係止フックと、下面
側が断面逆L字状に切欠きされた切欠部の基端部に上記
係止突条部と嵌合可能な形状に形成された係止溝部を設
けてなる下向き係止フックとがそれぞれ設けられている
構造を有する。 【0008】又、請求項2に記載の発明は、平面長尺四
角形状に形成した床板ピースを複数枚、その側辺同士を
当接して雁行状に一体化してなる床材主体の一方の少な
くとも最外側の互いに平行な両端面には、下面に係合突
条部を突設してなる雄実部と、上面に上記係合突条部と
嵌合可能な形状に形成された嵌合溝部を有する雌実部と
がそれぞれ設けられてあり、他方の階段状に形成された
互いに平行な両端面には、上面側が断面L字状に切欠き
された切欠段部の先端部に係止突条部を設けてなる上向
き係止フックと、下面側が断面逆L字状に切欠きされた
切欠部の基端部に上記係止突条部と嵌合可能な形状に形
成された係止溝部を設けてなる下向き係止フックとがそ
れぞれ設けられていることを特徴とする床材である。 【0009】更に、上記構造の床材において、請求項3
に記載した発明は、床材主体が木質材の下面に可撓性基
材を一体に積層してなる構造を有し、該可撓性基材に上
記雄実部の係合突条部と雌実部の嵌合溝部、及び上向き
係止フックと下向き係止フックの係止溝部とを形成して
いることを特徴とするものである。 【0010】 【作用】上記構造を有する床材を床下地材上に釘や接着
剤を使用することなく敷設する際に、既に敷設した床材
列の入隅部分に露出している直角に隣接した実部とフッ
ク、即ち前列側の床材の後端面と敷設中の後列側の床材
の一側端面とに夫々設けている雌実部と上向き係止フッ
クとに次に敷設すべき床材の直角に隣接した雄実部と下
向き係止フックを嵌合させるには、敷設すべき床材の雄
実部を斜め下方に向けた状態にして該雄実部を前列側の
床材の後端面に設けている雌実部に嵌め込み、この状態
から該床材を徐々に寝かしていくと、雌実部に形成して
いる嵌合溝部に雄実部に設けている係合突条部が徐々に
嵌合しながら、且つ前列側の既設床材の一側端面に設け
ている上向き係止フックに該床材の対向側端面に設けて
いる下向き係止フックが徐々に嵌合しながら施工され
る。 【0011】また、請求項2に記載した発明によれば、
階段状に形成された一側端面において、既設床材の複数
の入隅部分に設けた上向き係止フックに、続いて敷設さ
れる床材の下向き係止フックが嵌合しながら施工され
る。 【0012】施工後には、互いに嵌合した雌雄実部によ
って床材に浮き上がり等の上下方向のずれが生じるのを
拘束すると共に、これらの雌雄実部の互いに係合した溝
部と突条部とによって前後方向の妄動が拘束され、さら
に、上向き係止フックと下向き係止フックとの係合によ
って左右方向にずれが生じるのを互いに拘束し合い、隙
間の生じる虞れがない。また、請求項3に記載した発明
によれば、雌雄実部の互いに係合する溝部と突条部、及
び上向き係止フックと下向き係止フックとが可撓性を有
しているので、容易に変形して円滑に係合し合い、施工
性が向上する。 【0013】 【実施例】本発明の実施例を図面について説明すると、
1は一定幅と長さを有する長方形状の床材主体で、一定
厚みを有する合板、パーティクルボード、MDF等の木
質材料から形成されてあり、互いに平行な長辺側の両端
面を前後端面として前端面には雌実部2を、後端面には
雄実部3を設けている一方、互いに平行な短辺側の両端
面を左右側端面として一方の側端面には上向き係止フッ
ク4を、他方の側端面には該上向き係止フック4と係合
可能な形状を有する下向き係止フック5を夫々設けてい
る。 【0014】上記雌雄実部2、3及び上向き係止フック
4と下向き係止フック5の構造を具体的に説明すると、
雌実部2は図2に示すように、床材主体1の前端面にお
ける中央の一定厚さ部分を前端面から内方に向かって一
定深さ刻設することにより形成された前方に向かって開
口している溝2aからなり、この溝2aの奥底から前方に向
かって突出している上下水平突条部2b、2cにおいて、上
側の突条部2bの前端部を所定幅、切除して該突条部2bの
突出長を短く形成していると共に下側の突条部2cの上面
中央部には上側の突条部2bの突出端面の前方側に向かっ
て上方に開口した嵌合溝部2dを形成してなるものであ
る。 【0015】雄実部3は床材主体1の後端面中央部に上
記雌実部2の上側突条部2bと略同一突出長さか又はやゝ
短い突出長さでもって後方に向かって水平に突設してな
る突条3aからなり、この突条3aの厚みは上記雌実部2の
水平溝2aに嵌入可能な厚みに形成されていると共に該突
条3aの下面側は上記雌実部2の下側突条部2cの突出幅と
略等しい幅でもって断面逆L字状に切欠してあり、この
切欠部3bによって形成された突条3aの下面中間部に上記
雌実部2の嵌合溝部2dに嵌合可能な係合突条部3cを下方
に向けて突設してなるものである。 【0016】また、床材主体1の互いに平行な短辺側に
おいて、一方の側端面に設けている上向き係止フック4
は、図3に示すように、床材主体1の一側端部の上半部
を一定長さ部分だけ全幅に亘って断面L字状に切欠くこ
とによって切欠段部4aを形成し、この切欠段部4aの基端
部に上面から適宜深さに達する溝4bを刻設することによ
って先端部に係止突条部4cを形成してなるものであり、
他方の側端部に設けている下向き係止フック5は、床材
主体1の他側端部の下半部を上記切欠段部4aの切欠寸法
と略同一長さ部分、全幅に亘って断面逆L字状に切欠く
ことによって下向段部5aを形成し、この段部5aの基端部
に下面から上方に向かった適宜深さに達する係止溝部5b
を刻設すると共に先端部に係止突条部5cを形成してなる
ものである。 【0017】このように構成した床材を床下地材A上に
施工する手順を述べると、図4、図5に示すように、床
材主体1、1同士は対向する上向き係止フック4と下向
き係止フック5との係合によって長さ方向に順次連結し
た状態で敷設され、幅方向には図6に示すように、前後
の対向する床材主体1、1がその長辺端部に形成してい
る雌雄実部2、3同士を係合させることによって順次連
結した状態で敷設される。 【0018】この際、長さ方向に床材主体1を直列状態
に敷設したのち、次の列に床材主体1を敷設していくも
のであり、従って、既に敷設された前列の床材主体1に
おける露出している後端長辺側端部の雌実部2と、この
雌実部2に直角に連なる次列に敷設した床材主体1の一
側端側に露出している上向き係止フック4とに次の床材
主体1の前端長辺側端部の雄実部3と他側端側の下向き
係止フック5とを夫々係合させることにより該床材主体
1を敷設するものである。このように、既に敷設した前
列側の床材主体1の雌実部2と次列側の床材主体1の上
向き係止フック4とによって直角入隅部を形成しなが
ら、順次、床材主体1を釘着や接着剤を用いることなく
敷設していくものである。 【0019】その敷設作業は、まず、図4〜図6に示す
ように、敷設すべき床材主体1を雄実部3側が下傾端と
なるように幅方向に斜め下方に傾斜させた状態で該雄実
部3の突条3aを前列側の床材主体1における雌実部2の
溝2aの開口端に合致させると共に該溝2aに沿って長さ方
向に移動させることにより雄実部3と直角に連設した短
辺側の下向き係止フック5を先に敷設した床材主体1の
上向き係止フック4上に対向させる。 【0020】この状態から敷設すべき床材主体1を水平
方向に倒しながら雄実部3の突条3aを既設の床材主体1
の雌実部2の溝2aに押し込んでいくと、下向き係止フッ
ク5の先端係止突条部5cが先に敷設した床材主体1の上
向き係止フック4の溝4bに前端側から後端側に向かって
徐々に嵌合していくと共に雄実部3の下面に突設したい
る係合突条部3cが雌実部2の嵌合溝部2dに嵌まり込み、
この状態で床材主体1床下地材A上に敷設される。 【0021】上記敷設作業を繰り返し行って床下地材A
上に多数の床材列からなる床を施工するものであり、施
工後においては、前後列の床材主体1、1間は図7に示
すように、互いに嵌合した雌雄実部2、3によって浮き
上がり等の上下方向のずれを拘束されると共にこれらの
雌雄実部2、3の互いに係合した溝部2dと突条部3cとに
よって前後方向の妄動が拘束され、さらに、図8に示す
ように、上向き係止フック4と下向き係止フック5との
係合によって左右方向(列の長さ方向)にずれるのを阻
止するものである。 【0022】なお、以上の実施例における床材主体1に
は、その下面に適宜厚みのゴム層等の弾性層を設けてお
いてもよく、さらに、上面に適宜な化粧層を施しておい
てもよい。 【0023】次に、請求項2に記載した発明の実施例を
図9、図10に基づいて説明する。床材主体1は平面長尺
四角形状に形成した床板ピース1a、1b、1aを複数枚、そ
の長い側辺同士を当接し、長さ方向にずらして雁行状に
一体化してなるもので、実施例においては合板、パーテ
ィクルボート、樹脂板、紙、布、不織布、ゴム、発泡樹
脂シート等の裏打材1cで連接、一体化してある。なお、
一体化に際しては、床板ピース1a、1bの側面同士を接着
剤にて固着したり、中央部に位置する床板ピース1bの側
面に雌雄実加工を施して、同様に実加工した最外側の床
板ピース1a、1aと嵌合してもよい。 【0024】そして、少なくとも最外側の床板ピース1
a、1aの平行な両端面2、3に請求項1に記載した上記
発明における実施例と同様に、それぞれ係合突条部3cを
有する雄実部3と嵌合溝部2dを有する雌実部2を設けて
ある。他方の階段状に形成された互いに平行な両端面4
a、5aには、上向き係止フック4と下向き係止フック5
が同じく請求項1に記載した上記発明における実施例と
同様に設けられてある。なお、階段状端面4a、5aと直交
する端面4b、5bは、本実施例では平坦に形成されている
が、前述の変形例で示した床板ピース1a、1bを雌雄実加
工で嵌合、接合する場合、その実が端面4b、5bに露出す
る。本実施例によると、突きつけ端面が階段状であるた
め、継手や目すきがより目立ちにくい。 【0025】次に、図11〜図15は本発明のさらに別な実
施例を示すもので、上記床材主体1は木質材で形成して
いるが、この実施例における床材主体1Aは、その上半部
1aを木質材で、下半部1bを可撓性シートで形成し、両者
を一体に積層、接着してなるものである。床材主体1Aの
四方端面に形成している雌雄実部2、3や上向き係止フ
ック4、下向き係止フック5の形状については上記実施
例に示した床材主体1と同一であるので詳細な説明は省
略するが、図12、図13に示すように、雌実部2の下側の
水平突条部2cと嵌合溝部2d、および雄実部3の切欠部3b
の下層部とこの下層部から下方に向けて突出した係合突
条部3cとを可撓性シートによって形成し、さらに、短辺
側に設けた上向き係止フック4全体を可撓性シートによ
り形成すると共に下向き係止フック5の係止溝部5bの対
向内面と先端係止突条部5cとを可撓性シートにより形成
しているものである。なお、可撓性シートとしては、ゴ
ムや弾性樹脂シート等の可撓性と共に弾性変形が可能な
シート材が使用される。 【0026】この床材主体1Aの施工方法は上記実施例と
同様であるが、雌実部2の下側水平突条部2cを可撓性シ
ートで形成しているので、この雌実部2に敷設すべき床
材主体1Aの雄実部3を嵌合させる際に、水平突条部2cが
雄実部3の押圧力に応じて圧縮変形しながら該雄実部3
の係合突条部3cを嵌合溝部2dに円滑に嵌め込ませること
ができると共に水平突条部2cの弾性力により雌実部2の
溝2aに嵌合した雄実部3を上方に押圧してその上面を雌
実部2の上側突条部2bの下面に圧接させ、床材主体1A、
1A間の上面を面一状態に敷設することができる。 【0027】同様に、下向き係止フック5も上向き係止
フック4の押し付けに応じて圧縮変形させながら両フッ
ク4、5を円滑に係合させることができるものである。
なお、上記各実施例においては、床材主体1、1Aの長辺
側に雌雄実部2、3を、短辺側に係止フック4、5を設
けているが、長辺側に係止フック4、5を短辺側に雌雄
実部2、3を形成しておいてもよく、また、床材主体
1、1Aを正方形に形成しておいてもよい。 【0028】 【発明の効果】以上のように本発明の床材によれば、前
後端面および左右端面が夫々互いに平行に形成されてい
る平面四角形状の床材主体において、一方の互いに平行
な両端面には、下面に係合突条部を突設してなる雄実部
と、上面に上記係合突条部と嵌合可能な形状に形成され
た嵌合溝部を有する雌実部とがそれぞれ設けられてあ
り、他方の互いに平行な両端面には、上面側が断面L字
状に切欠きされた切欠段部の先端部に係止突条部を設け
てなる上向き係止フックと、下面側が断面逆L字状に切
欠きされた切欠部の基端部に上記係止突条部と嵌合可能
な形状に形成された係止溝部を設けてなる下向き係止フ
ックとがそれぞれ設けられているので、既に敷設した前
列の床材主体の雌実部に次に敷設すべき床材主体の雄実
部を嵌合させると共に雌実部に直角に連なる次列に敷設
した床材主体の上向き係止フックに下向き係止フックを
係合させながら床材主体を順次簡単且つ正確に敷設する
ことができる。 【0029】さらに、隣接する床材同士は、互いに嵌合
した雌雄実部によって浮き上がり等による上下方向のず
れや段差の発生をなくし得ると共に、これらの雌雄実部
の互いに係合した上向き開口の溝部と下向き突条部とに
よって前後方向の妄動を確実に拘束しておくことがで
き、その上、雌雄実部に直角に連なる上向きフック部と
下向きフック部との係合によって左右方向にずれが生じ
るのを拘束し得るものであり、従って、地震等によって
も隣接する床材間には目隙を生じさせることなく常に精
度のよい施工状態を長期間に亘って維持し得るものであ
る。 【0030】また、請求項2に記載している発明によれ
ば、床材主体を平面長尺四角形状の床板ピースをその側
面同士を当接し、雁行状に一体化してなるものであるか
ら、床材主体の突き付け部が階段状の上向き係止フック
と下向き係止フックにて係合させながら連設され、目す
きや継目部が目立たない床施工が可能となる。 【0031】更に、雌雄実部の互いに係合する溝部と突
条部、及び上向きフック部と下向きフック部とを可撓性
材料で形成しておけば、施工時に変形させながら互いに
嵌合、係合させることができ、施工性が一段と向上する
と共に可撓性と共に弾性を付与しておくことによって床
材に適度なクッション性を付与することができ、その
上、雌雄実部およびとフック部同士の弾性係合によって
床下地材に多少の不陸や施工技術にバラツキがあっても
それを吸収して上面が面一の精度のよい床施工が可能と
なるものである。このように本発明の床材は釘や接着剤
を使用することなく床下地材に置敷きする床材として、
熟練を要することなく正確且つ容易に施工し得るもので
ある。

【図面の簡単な説明】 【図1】本発明床材の平面図、 【図2】そのYーY線拡大断面図、 【図3】そのXーX線拡大断面図、 【図4】施工状態を示す簡略斜視図、 【図5】雌雄実部同士の係合状態を説明するための一部
を断面した斜視図、 【図6】フック同士の係合状態を説明するための一部を
断面した斜視図、 【図7】隣接する床材主体の雌雄実部同士が係合した敷
設状態の一部断面図、 【図8】隣接する床材主体のフック同士が係合した敷設
状態の一部断面図、 【図9】本発明の別な実施例を示す簡略平面図、 【図10】そのYーY線拡大断面図、 【図11】本発明のさらに別な実施例を示す簡略平面
図、 【図12】そのYーY線拡大断面図、 【図13】そのXーX線拡大断面図、 【図14】隣接する床材主体の雌雄実部同士が係合した
敷設状態の一部断面図、 【図15】隣接する床材主体のフック同士が係合した敷
設状態の一部断面図。 【符号の説明】 1 床材主体 2 雌実部 2d 嵌合溝部 3 雄実部 3c 係合突条部 4 上向き係止フック 4c 係止突条部 5 下向き係止フック 5b 係止溝部

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 特開 平4−231547(JP,A) 実開 平3−46645(JP,U) 実開 平5−92331(JP,U) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) E04F 15/02 E04F 15/04

Claims (1)

  1. (57)【特許請求の範囲】 【請求項1】 平面四角形状に形成した床材主体の一方
    の互いに平行な両端面には、下面に係合突条部を突設し
    てなる雄実部と、上面に上記係合突条部と嵌合可能な形
    状に形成された嵌合溝部を有する雌実部とがそれぞれ設
    けられてあり、他方の互いに平行な両端面には、上面側
    が断面L字状に切欠きされた切欠段部の先端部に係止突
    条部を設けてなる上向き係止フックと、下面側が断面逆
    L字状に切欠きされた切欠部の基端部に上記係止突条部
    と嵌合可能な形状に形成された係止溝部を設けてなる下
    向き係止フックとがそれぞれ設けられていることを特徴
    とする床材。 【請求項2】 平面長尺四角形状に形成した床板ピース
    を複数枚、その側辺同士を当接して雁行状に一体化して
    なる床材主体の一方の少なくとも最外側の互いに平行な
    両端面には、下面に係合突条部を突設してなる雄実部
    と、上面に上記係合突条部と嵌合可能な形状に形成され
    た嵌合溝部を有する雌実部とがそれぞれ設けられてあ
    り、他方の階段状に形成された互いに平行な両端面に
    は、上面側が断面L字状に切欠きされた切欠段部の先端
    部に係止突条部を設けてなる上向き係止フックと、下面
    側が断面逆L字状に切欠きされた切欠部の基端部に上記
    係止突条部と嵌合可能な形状に形成された係止溝部を設
    けてなる下向き係止フックとがそれぞれ設けられている
    ことを特徴とする床材。 【請求項3】 床材主体が木質材の下面に可撓性基材を
    一体に積層してなる構造を有し、可撓性基材に雄実部
    係合突条部と雌実部の嵌合溝部、及び上向き係止フック
    と下向き係止フックの係止溝部とを形成していることを
    特徴とする請求項1または請求項2に記載の床材。
JP11602494A 1994-05-02 1994-05-02 床 材 Expired - Lifetime JP3461569B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11602494A JP3461569B2 (ja) 1994-05-02 1994-05-02 床 材

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11602494A JP3461569B2 (ja) 1994-05-02 1994-05-02 床 材

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH07300979A JPH07300979A (ja) 1995-11-14
JP3461569B2 true JP3461569B2 (ja) 2003-10-27

Family

ID=14676895

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11602494A Expired - Lifetime JP3461569B2 (ja) 1994-05-02 1994-05-02 床 材

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3461569B2 (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8806832B2 (en) 2011-03-18 2014-08-19 Inotec Global Limited Vertical joint system and associated surface covering system
US9677285B2 (en) 2000-03-31 2017-06-13 Pergo (Europe) Ab Building panels

Families Citing this family (72)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7086205B2 (en) * 1993-05-10 2006-08-08 Valinge Aluminium Ab System for joining building panels
SE9301595L (sv) 1993-05-10 1994-10-17 Tony Pervan Fog för tunna flytande hårda golv
BE1010487A6 (nl) * 1996-06-11 1998-10-06 Unilin Beheer Bv Vloerbekleding bestaande uit harde vloerpanelen en werkwijze voor het vervaardigen van dergelijke vloerpanelen.
SE512313C2 (sv) * 1998-06-03 2000-02-28 Valinge Aluminium Ab Låssystem samt golvskiva
SE512290C2 (sv) 1998-06-03 2000-02-28 Valinge Aluminium Ab Låssystem för mekanisk hopfogning av golvskivor samt golvskiva försedd med låssystemet
SE517478C2 (sv) 1999-04-30 2002-06-11 Valinge Aluminium Ab Låssystem för mekanisk hofogning av golvskivor, golvskiva försedd med låssystemet samt metod för framställning av mekaniskt hopfogningsbara golvskivor
US6863768B2 (en) 1999-11-08 2005-03-08 Premark Rwp Holdings Inc. Water resistant edge of laminate flooring
DE10001076C1 (de) 2000-01-13 2001-10-04 Huelsta Werke Huels Kg Paneelelement
SE515210C2 (sv) 2000-04-10 2001-06-25 Valinge Aluminium Ab Låssystem för hopfogning av golvskivor samt golvskivor försedda med sådana låssystem och golv bildat av sådana golvskivor
BE1013569A3 (nl) 2000-06-20 2002-04-02 Unilin Beheer Bv Vloerbekleding.
DE50007685D1 (de) * 2000-06-30 2004-10-14 Kronotec Ag Verfahren zum Verlegen von Bodenpaneelen
US6769218B2 (en) 2001-01-12 2004-08-03 Valinge Aluminium Ab Floorboard and locking system therefor
SE525558C2 (sv) * 2001-09-20 2005-03-08 Vaelinge Innovation Ab System för bildande av en golvbeläggning, sats av golvskivor samt förfarande för tillverkning av två olika typer av golvskivor
SI2281978T1 (sl) 2002-04-03 2017-02-28 Vaelinge Innovation Ab Postopek za pritrditev traku na talno ploščo
US8850769B2 (en) 2002-04-15 2014-10-07 Valinge Innovation Ab Floorboards for floating floors
US7739849B2 (en) 2002-04-22 2010-06-22 Valinge Innovation Ab Floorboards, flooring systems and methods for manufacturing and installation thereof
EP1710368A3 (en) * 2002-04-22 2009-01-21 Välinge Innovation AB Flooring with mechanically lockable rectangular floorboards
US7617651B2 (en) 2002-11-12 2009-11-17 Kronotec Ag Floor panel
ES2307840T3 (es) 2002-11-15 2008-12-01 Flooring Technologies Ltd. Equipo compuesto por dos placas de construccion que pueden unirse entre si y una pieza insertada para enclavar estas placas de construccion.
US8375673B2 (en) * 2002-08-26 2013-02-19 John M. Evjen Method and apparatus for interconnecting paneling
DE10349790A1 (de) * 2003-10-24 2005-05-25 Petec S.A. Bauelement zur Herstellung von Boden- oder Wandverkleidungen
US7886497B2 (en) 2003-12-02 2011-02-15 Valinge Innovation Ab Floorboard, system and method for forming a flooring, and a flooring formed thereof
US20050166516A1 (en) 2004-01-13 2005-08-04 Valinge Aluminium Ab Floor covering and locking systems
SE527570C2 (sv) 2004-10-05 2006-04-11 Vaelinge Innovation Ab Anordning och metod för ytbehandling av skivformat ämne samt golvskiva
US7454875B2 (en) 2004-10-22 2008-11-25 Valinge Aluminium Ab Mechanical locking system for floor panels
PT1650375E (pt) 2004-10-22 2008-03-17 Vaelinge Innovation Ab Conjunto de painéis de piso
RU2379198C2 (ru) 2004-12-16 2010-01-20 Флоринг Индастриз Лтд. Панель для настилки пола и способ ее изготовления
US7841144B2 (en) 2005-03-30 2010-11-30 Valinge Innovation Ab Mechanical locking system for panels and method of installing same
US8061104B2 (en) 2005-05-20 2011-11-22 Valinge Innovation Ab Mechanical locking system for floor panels
DE102005063034B4 (de) 2005-12-29 2007-10-31 Flooring Technologies Ltd. Paneel, insbesondere Bodenpaneel
US8464489B2 (en) 2006-01-12 2013-06-18 Valinge Innovation Ab Laminate floor panels
US7854100B2 (en) 2006-01-12 2010-12-21 Valinge Innovation Ab Laminate floor panels
DE102006007976B4 (de) 2006-02-21 2007-11-08 Flooring Technologies Ltd. Verfahren zur Veredelung einer Bauplatte
SE533410C2 (sv) 2006-07-11 2010-09-14 Vaelinge Innovation Ab Golvpaneler med mekaniska låssystem med en flexibel och förskjutbar tunga samt tunga därför
US8689512B2 (en) 2006-11-15 2014-04-08 Valinge Innovation Ab Mechanical locking of floor panels with vertical folding
SE531111C2 (sv) 2006-12-08 2008-12-23 Vaelinge Innovation Ab Mekanisk låsning av golvpaneler
BE1017403A5 (nl) 2006-12-21 2008-08-05 Flooring Ind Ltd Vloerelement, vergrendelingsysteem voor vloerelementen, vloerbekleding en werkwijze voor het samenstellen van dergelijke vloerelementen tot een vloerbekleding.
DE102007019786B4 (de) * 2006-12-22 2013-05-08 Hamberger Industriewerke Gmbh Verbindung für plattenförmige Bauelemente
DE102007020271A1 (de) 2007-02-01 2008-08-07 August Hipper Verbindung für Fußbodenelemente
DE202007019282U1 (de) 2007-02-21 2011-09-28 Hamberger Industriewerke Gmbh Verbindung für plattenförmige Bauelemente
US8353140B2 (en) 2007-11-07 2013-01-15 Valinge Innovation Ab Mechanical locking of floor panels with vertical snap folding
BE1018600A5 (nl) 2007-11-23 2011-04-05 Flooring Ind Ltd Sarl Vloerpaneel.
CN102943555B (zh) 2008-01-31 2014-12-31 瓦林格创新股份有限公司 与地板镶板的机械锁定和拆装相关的方法、设备和产品
CN102066674B (zh) 2008-05-15 2015-06-03 瓦林格创新股份有限公司 具有通过磁场启动的机械锁定系统的地板镶板及安装镶板的方法
BE1018627A5 (nl) 2009-01-16 2011-05-03 Flooring Ind Ltd Sarl Vloerpaneel.
NL2003019C2 (nl) 2009-06-12 2010-12-15 4Sight Innovation Bv Vloerpaneel en vloerbedekking bestaande uit meerdere van dergelijke vloerpanelen.
US8365499B2 (en) 2009-09-04 2013-02-05 Valinge Innovation Ab Resilient floor
CN102695838B (zh) 2010-01-12 2016-01-20 瓦林格创新股份有限公司 地板镶板的机械锁定系统
EP2531667A4 (en) 2010-02-04 2017-06-14 Välinge Innovation AB Mechanical locking system for floor panels and a tongue therefore
CN105041806B (zh) 2011-05-06 2018-01-02 瓦林格创新股份有限公司 建筑面板的机械锁定系统
EP3477015A1 (en) 2011-07-05 2019-05-01 Ceraloc Innovation AB Mechanical locking of floor panels with a glued tongue
US9725912B2 (en) 2011-07-11 2017-08-08 Ceraloc Innovation Ab Mechanical locking system for floor panels
US8650826B2 (en) 2011-07-19 2014-02-18 Valinge Flooring Technology Ab Mechanical locking system for floor panels
US8857126B2 (en) 2011-08-15 2014-10-14 Valinge Flooring Technology Ab Mechanical locking system for floor panels
BE1020433A3 (nl) 2012-01-05 2013-10-01 Flooring Ind Ltd Sarl Paneel.
WO2013102804A2 (en) 2012-01-05 2013-07-11 Flooring Industries Limited, Sarl Panel
US9216541B2 (en) 2012-04-04 2015-12-22 Valinge Innovation Ab Method for producing a mechanical locking system for building panels
WO2014033628A1 (en) 2012-08-27 2014-03-06 Pergo (Europe) Ab Panel
BR112015011235A2 (pt) 2012-11-22 2017-07-11 Vaelinge Flooring Tech Ab sistema de travamento mecânico para painéis de piso
DE102013101756A1 (de) 2012-11-30 2014-06-05 Hamberger Industriewerke Gmbh Verbindung und Verriegelungselement
DE202014011061U1 (de) 2013-03-25 2017-08-03 Välinge Innovation AB Bodenplatten mit mechanischem Verriegelungssystem
WO2014191861A1 (en) 2013-05-30 2014-12-04 Flooring Industries Limited, Sarl Panel
EA032211B1 (ru) 2013-06-27 2019-04-30 Велинге Инновейшн Аб Комплект строительных панелей с механической запирающей системой
DE102013108538A1 (de) 2013-08-07 2015-02-12 Hamberger Industriewerke Gmbh Verbindung und Verriegelungselement
DE102013108539A1 (de) 2013-08-07 2015-02-12 Hamberger Industriewerke Gmbh Verbindung und Verriegelungselement
KR20160146670A (ko) 2014-02-26 2016-12-21 이노베이션스 포 플로어링 홀딩 엔. 뷔. 커버링을 형성하기 위하여 유사한 패널과 상호 연결 가능한 패널
US10246883B2 (en) 2014-05-14 2019-04-02 Valinge Innovation Ab Building panel with a mechanical locking system
CN106460394B (zh) 2014-05-14 2019-09-17 瓦林格创新股份有限公司 具有机械锁定系统的建筑面板
DE102015106035A1 (de) 2014-07-31 2016-02-04 Hamberger Industriewerke Gmbh Verbindung für plattenförmige Bauelemente und Feder
CA2996422A1 (en) 2014-08-29 2016-03-03 Inotec Global Ltd Vertical joint system for a surface covering panel
JP2017535700A (ja) 2014-11-27 2017-11-30 ベーリンゲ、イノベイション、アクチボラグVaelinge Innovation Ab フロアパネル用機械式係止システム
BR112019005906A2 (pt) 2016-09-30 2019-06-11 Vaelinge Innovation Ab conjunto de painéis montados por deslocamento vertical e travados na direção vertical e horizontal

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9677285B2 (en) 2000-03-31 2017-06-13 Pergo (Europe) Ab Building panels
US10156078B2 (en) 2000-03-31 2018-12-18 Pergo (Europe) Ab Building panels
US10233653B2 (en) 2000-03-31 2019-03-19 Pergo (Europe) Ab Flooring material
US8806832B2 (en) 2011-03-18 2014-08-19 Inotec Global Limited Vertical joint system and associated surface covering system
US9103126B2 (en) 2011-03-18 2015-08-11 Inotec Global Limited Vertical joint system and associated surface covering system
US10000935B2 (en) 2011-03-18 2018-06-19 Inotec Global Limited Vertical joint system and associated surface covering system

Also Published As

Publication number Publication date
JPH07300979A (ja) 1995-11-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1626136B2 (en) Flooring system comprising floor panels with a short edge locking system
EP1882069B1 (en) Flooring system and method for laying a floor covering
KR101347762B1 (ko) 방습 마루판 세트 및 마루
CN1333143C (zh) 包括互锁咬接形状的嵌镶板
JP3663163B2 (ja) 複数パネルフロア装置のシールを備えたコネクタ
EP2415947B1 (en) Floorboard, system and method for forming a flooring, and a flooring formed thereof
CN100351480C (zh) 包括连接元件的多构件的装置以及用于制造可相互连接的构件的方法
US7340865B2 (en) Interlocking tile
JP5415937B2 (ja) フロアパネルとフローリングシステムおよびフローリングシステムの敷設方法
US7121059B2 (en) System for joining building panels
CN100453759C (zh) 地板块
US7823359B2 (en) Floor panel with a tongue, groove and a strip
US6584747B2 (en) Floor tile
CN102725464B (zh) 用于地板镶板的机械锁定系统及其榫舌
RU39624U1 (ru) Панель со стыковочным профилем
CA2213757C (en) Flooring panel or wall panel and use thereof
RU2277159C2 (ru) Половица и ее система фиксации
CN1109173C (zh) 垂直连接地板块的地板材料
US20020069611A1 (en) Method of laying panels
CA2526698C (en) Panels comprising interlocking snap-in profiles
CN100523404C (zh) 屋面盖板
US8615953B2 (en) Panel, more particularly floor panel
US5182891A (en) Raised insulated and water resistant composite flooring material
CN1117201C (zh) 可拆卸式互连的及垂直和水平式互连的铺地板系统
CN100378280C (zh) 板状部件和用于板状部件的连接系统

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120815

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140815

Year of fee payment: 11

EXPY Cancellation because of completion of term