JP2544274Y2 - 電子部品自動装着装置 - Google Patents

電子部品自動装着装置

Info

Publication number
JP2544274Y2
JP2544274Y2 JP1991071798U JP7179891U JP2544274Y2 JP 2544274 Y2 JP2544274 Y2 JP 2544274Y2 JP 1991071798 U JP1991071798 U JP 1991071798U JP 7179891 U JP7179891 U JP 7179891U JP 2544274 Y2 JP2544274 Y2 JP 2544274Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
component
nozzle
suction
center
component supply
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP1991071798U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0523597U (ja
Inventor
隆裕 永田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sanyo Electric Co Ltd
Original Assignee
Sanyo Electric Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sanyo Electric Co Ltd filed Critical Sanyo Electric Co Ltd
Priority to JP1991071798U priority Critical patent/JP2544274Y2/ja
Publication of JPH0523597U publication Critical patent/JPH0523597U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2544274Y2 publication Critical patent/JP2544274Y2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本考案は、部品供給装置により供
給されるチップ状電子部品をプリント基板へ装着してい
く電子部品自動装着装置に関する。
【0002】
【従来の技術】此種、電子部品自動装着装置では特開平
2−103998号公報に開示されたものがある。これ
は、記憶装置に記憶されるテープの収納孔内の電子部品
の遊び量データを基に部品供給台の移動停止位置を調整
することにより、吸着ノズルでの吸着ミスを防止するも
のである。
【0003】しかし、前記遊び量データは収納孔内の部
品供給台の水平移動方向と平行方向のみの遊び量であ
り、垂直方向の遊び量を考慮していないため、扱う電子
部品によっては吸着ミスが発生すると考えられる。
【0004】
【考案が解決しようとする課題】そこで、本考案は部品
供給装置からの電子部品を吸着する際、垂直方向の遊び
量も補正して吸着ノズルのセンターと部品のセンターと
を一致させ、確実に吸着出来るようにすることを目的と
する。
【0005】
【課題を解決するための手段】このため本考案は、部品
供給装置により供給されるチップ状電子部品をプリント
基板へ装着していく電子部品自動装着装置において、前
記部品供給装置を多数載置してX方向に移動可能な部品
供給台と、該部品供給台上の所望の部品供給装置から前
記部品を吸着して取出すものであってその回転センター
と吸着部のセンターとが偏芯している吸着ノズルと、該
吸着ノズルを複数本有し部品吸着に使用する吸着ノズル
を選択するために回転可能であると共に前記部品供給台
上からプリント基板上まで移動する吸着ヘッド部と、前
記吸着ノズルの偏芯量を記憶する第1の記憶装置と、前
記部品供給装置毎に該供給装置より供給される前記部品
のセンターと前記吸着部のセンターとのY方向のズレ量
を記憶する第2の記憶装置と、前記部品の吸着時に該第
2の記憶装置に記憶されたズレ量に基づいて前記吸着ノ
ズルを回転させて前記部品供給装置からの前記部品のY
方向におけるセンターと前記吸着部のセンターとを一致
させるように制御する制御装置とを設けたものである。
【0006】
【作用】以上の構成から、制御装置は、電子部品の吸着
時に第2の記憶装置に記憶された部品供給装置毎に該供
給装置より供給される電子部品のセンターと吸着ノズル
の吸着部のセンターとのズレ量を補正する際、第1の記
憶装置に記憶された吸着ノズルの偏芯量を考慮して該ノ
ズルを回転させて前記部品供給装置からの電子部品のY
方向におけるセンターと前記吸着部のセンターとを一致
させる。
【0007】
【実施例】以下、本考案の実施例について図面に基づき
詳述する。
【0008】(1)はX軸サーボモータ(2)及びY軸
サーボモータ(3)の駆動によりX方向及びY方向に移
動されるXYテーブルで、チップ状電子部品(4)(以
下チップ部品(4)という。)が装着されるプリント基
板(5)が載置される。
【0009】(6)は部品供給装置(7)が多数並設さ
れる部品供給台で、部品供給部サーボモータ(8)の駆
動によるボールネジ(8A)の回動により、ガイド棒
(9)に案内されてX方向(図2左右方向)に移動され
る。
【0010】(10)は下面に前記チップ部品(4)を
前記部品供給装置(7)より取り出し搬送する吸着ノズ
ル(11)が複数個設けられた吸着ヘッド部(12)が
多数設置される回転盤で、回転盤サーボモータ(13)
の回動により間欠回転される。尚、該吸着ノズル(1
1)は図9に示すようにノズル取付け部(85)の中心
であるノズル回転中心(一点鎖線で示す。)とノズル先
端部(86)の中心(二点鎖線で示す。)との間では偏
芯量Lだけ偏芯されている。
【0011】また、前記吸着ノズル(11)の上部には
後述するノズル回転用嵌合部(30)が嵌合される被嵌
合溝(11A)が設けられている。
【0012】(100)は全ての吸着ノズル(11)に
掛け渡って取り付けられたアクリル製の拡散板である。
【0013】()はチップ部品(4)を部品供給装置
(7)より取り出す吸着ステーションである。
【0014】()は部品有無検知装置(18)により
チップ部品(4)が吸着ノズル(11)に吸着保持され
ているか否か検知する部品有無検知ステーションであ
る。
【0015】()は吸着ノズル(11)に吸着されて
いるチップ部品(4)の状態を認識装置(14)により
認識する認識ステーションである。
【0016】()は認識装置(14)による認識結果
を基にノズル回転位置決め装置(22)によりチップ部
品(4)の回転補正を行なうノズル回転補正ステーショ
ンである。
【0017】()は前記ノズル回転補正ステーション
()での作業終了後のチップ部品(4)をプリント基
板(5)上へ装着する装着ステーションである。
【0018】()は前記認識装置(14)で認識した
結果、例えば吸着されているチップ部品(4)が違う等
の装着してはいけないチップ部品(4)を排出する排出
ステーションである。
【0019】()は前記吸着ステーション()で吸
着するチップ部品(4)に対応する吸着ノズル(11)
を選択するノズル選択ステーションで、吸着ヘッド部
(12)外径部に設けられているギア(図示せず)に図
示しない駆動系により移動されて来て前記ギアに噛合し
た後回動される駆動ギアサーボモータ(15)(図1参
照)の回動によるノズル選択手段としての駆動ギア(1
6)の回動により所望の吸着ノズル(11)が選択され
る。
【0020】()はノズル回転位置決め装置(23)
により吸着ノズル(11)を原点位置に位置合わせする
ノズル原点位置合わせステーションである。(91)は
該ノズル原点位置合わせステーション()で吸着ノズ
ル(11)が正しく原点位置合わせされたか否か検知す
る原点位置検知装置で、図10に示すように反射型セン
サ(92)から発光された光が吸着ノズル(11)上部
に貼付された銀箔等の反射面(93)で反射されて戻っ
て来た場合「原点位置に有」で、受光されない場合「原
点位置に無」(180〔度〕ズレている。)である。
【0021】以下、前記回転盤(10)について図3に
基づき説明する。
【0022】(50)は回転盤(10)の上部に形成さ
れた円筒部(51)の上部を囲うようにインデックスユ
ニット(52)の取付台(52A)に吊下げ固定された
中空円筒状の回転盤案内用の円筒カム部材である。該カ
ム部材(50)の下端周側部には、略全周に亘ってカム
(53)が形成され、該カム(53)の上面にスプリン
グ(54)により各吸着ヘッド部(12)の上端に設け
られた摺動部としてのローラ(55)が押しつけられな
がら回転し、前記カム(53)の形状通りに各吸着ヘッ
ド部(12)は上下しながら回転盤(10)と共に回転
する。即ち、各吸着ヘッド部(12)には、一対のガイ
ド棒(56)が回転盤(10)を上下動可能に貫通して
立設され、該棒(56)の上端にはローラ(55)が回
動可能に設けられる取付部材(57)が固定される。従
って、各吸着ヘッド部(12)は回転盤(10)に上下
動可能に支持される。尚、前述した吸着ヘッド部(1
2)の下動により吸着ステーション()ではチップ部
品(4)を吸着し、装着ステーション()ではチップ
部品(4)をプリント基板(5)に装着する際には、複
数個設けられた所望の吸着ノズル(11)以外は下降さ
れないように電子部品自動装着装置の本体ベース(8
0)に設けられた下動ストッパ(81)にて規制され
る。
【0023】(58)は図示しない真空ポンプに連通す
る連結体としてのホースである。各ホース(58)の他
端は前記回転盤(10)を貫通して埋設される連結ホー
ス(59)に接続され、該連結ホース(59)は切換弁
(60)、横長吸気路(61)、中央吸気路(62)を
介して前記真空ポンプに連通している。
【0024】(63)は必要な場合はときに吸着ステー
ション()での吸着ヘッド部(12)の下降を規制し
て吸着作業を中止させる吸引型吸着クラッチソレノイド
で、カム機構(64)の駆動により吸着ヘッド部上下動
レバー(65)が下降されないように該レバー(65)
に当接する当接レバー(66)を有している。即ち、該
クラッチソレノイド(63)が消磁していると当接レバ
ー(66)が前記上下動レバー(65)に当接されて、
該上下動レバー(65)が下降されないようになる。
尚、同構造のものが装着ステーション()にも設けら
れている。
【0025】次に、部品有無検知ステーション()に
設けられる部品有無検知装置(18)について、図4を
基に説明する。
【0026】部品有無検知装置(18)は、発光素子
(19)から発光された光が受光素子(20)に受光さ
れるか否かで検知する。即ち、発光素子(19)から発
光された光がチップ部品(4)で遮られて受光素子(2
0)に受光されなければ「部品有」で、受光されれば
「部品無」である。
【0027】次に、認識ステーション()に設けられ
た認識装置(14)について、図5を基に説明する。
【0028】(71)はチップ部品(4)が吸着ノズル
(11)に吸着された状態を認識するCCDカメラで、
認識装置(14)上方まで搬送されて来るチップ部品
(4)の下方に待機されたボックス(72)内に取り付
けられた2枚の鏡(73),(74)の反射を利用して
得られた像がレンズ(75)を通して認識される。即
ち、図示しない光源からの光が拡散板(100)を介し
てチップ部品(4)に照射され、シルエット像をCCD
カメラ(71)が撮像し、認識装置(14)が認識す
る。
【0029】次に、ノズル回転補正ステーション()
及びノズル原点位置合わせステーション()のノズル
回転位置決め装置(22),(23)について説明す
る。尚、同装置(22),(23)は同構造であるた
め、図6及び図7を基に装置(22)について説明す
る。
【0030】(22A)は吸着ノズル(11)をθ回転
させる駆動源としてのノズル回転用モータで、出力シャ
フト(25)にカップリング(26)を介してベアリン
グ体(27)に嵌め込まれたノズル回転体(28)に対
し後述するノズル回転棒(29)が上下動可能に取り付
けられている。
【0031】前記(29)は前記ノズル回転体(28)
に嵌め込まれ下端部にノズル回転用嵌合部(30)を有
したノズル回転棒で、ノズル回転体(28)に設けられ
た縦長穴(31)より外方に突設するピン(32)が設
けられている。尚、前記ノズル回転用嵌合部(30)は
前記被嵌合溝(11A)と嵌合するように下端に向かっ
て幅狭となるように形成されている。また、前記ノズル
回転棒(29)にはノズル回転体(28)底面との間で
クッション手段としてのスプリング(33)を係止する
係止部(34)が設けられ、該係止部(34)には図示
しない駆動源としてのカムにより上下動される上下動レ
バー(35)にロッドエンド(36)を介して取り付け
られた揺動レバー(37)が係止されており、上下動レ
バー(35)の上下動に従って揺動レバー(37)が上
下に揺動されることによりノズル回転棒(29)がスプ
リング(33)に付勢されながら上下動される。
【0032】図1の(38)はインターフェースで、前
記XYテーブル(1)、部品供給台(6)、回転盤(1
0)、駆動ギア(16)及びノズル回転位置決め装置
(22),(23)が接続されている一方、これらの各
々の制御要素は制御装置としてのCPU(39)でプロ
グラム制御されるようになっている。
【0033】(40)は記憶装置としてのRAMで、前
記各吸着ノズル(11)の回転センター位置データ、前
記認識装置(14)によるチップ部品(4)の認識位置
データ及び図8に示すような各チップ部品(4)のプリ
ント基板(5)上の装着位置等を示すNCデータ(X方
向、Y方向、θ方向)等を各所定エリアに記憶する。ま
た、(41)は記憶装置としてのROMで、動作プログ
ラムを記憶する。
【0034】また、前記CPU(39)には駆動回路
(42)が接続され、該駆動回路(42)には前記X軸
サーボモータ(2)、Y軸サーボモータ(3)、部品供
給部サーボモータ(8)、回転盤サーボモータ(1
3)、駆動ギアサーボモータ(15)、及びノズル回転
用モータ(22A),(23A)が接続されている。
【0035】以下、動作について説明する。
【0036】先ず、装着動作を行なう前に認識装置(1
4)で各吸着ノズル(11)の回転センター位置(前記
CCDカメラ(71)の画像センター等の基準点を基準
とする)を認識し、その回転センター位置データをRA
M(40)に記憶しておく。即ち、基準位置である図1
1で表わされるカメラが撮像した画像のセンター(以下
カメラセンターという)とノズル(11)を回転させる
駆動系の回転中心であるノズル(11)の回転中心との
間には無視できないズレがあり、このズレを補正する必
要がある。
【0037】ノズル(11)の回転中心の位置は、ノズ
ル回転中心データとして基準位置である図11のカメラ
センターの位置Oを原点(0,0)とする座標で表わさ
れRAM(40)に記憶される。ノズル回転中心データ
は、ノズル(11)の回転中心とカメラセンターのズレ
を表わすことになり、このデータに基づきチップ部品
(4)を装着する際に前記ズレの補正が行なわれる。
【0038】尚、カメラセンターを基準位置としない場
合もあるが、その場合は基準位置とした位置を原点とす
る。
【0039】RAM(40)にはさらにノズル回転中心
データをCPU(39)が算出するためノズル(11)
を回転させる角度を示すノズル回転角データが記憶され
る。
【0040】ノズル回転中心データは図12のフローチ
ャートに従い、以下のようにして求められる。
【0041】先ず、ノズル原点位置合わせステーション
()でノズル回転位置決め装置(23)により吸着ノ
ズル(11)を所定回転させる。例えば、A点を該ノズ
ル(11)の原点位置とすると、ノズル回転位置決め装
置(23)の嵌合部(30)がノズル回転用モータ(2
3A)により回動されながら下降されて来て、被嵌合溝
(11A)に負荷なく嵌合されて吸着ノズル(11)が
原点位置に位置合わせされる。そして、ノズル(11)
が原点位置にあることは、反射型センサ(92)より発
光された光がノズル(11)の原点位置を示す面に貼付
された反射面(93)により反射されて該センサ(9
2)に受光されることにより検知される。この状態で、
回転盤(10)が回転されて認識ステーション()の
CCDカメラ(71)の上に前記ノズル(11)が位置
されて、該カメラ(71)にこの第1の位置にあるノズ
ル(11)の下面を撮像させる。これにより、図示しな
いモニターテレビの画面上にてA点に円形状の像を結
ぶ。
【0042】次に、回転盤(10)の回転により再度ノ
ズル原点位置合わせステーション()へ到達したら、
ノズル(11)を原点位置に回転させた後、更にRAM
(40)に格納されているノズル回転角データに基づき
この回転角度分回転され前記ノズル(11)は第2の位
置に位置される。そして、前述と同様にCPU(39)
はカメラ(71)を介して図11のB点である第2の位
置を認識する。
【0043】また、更に同様にしてノズル(11)はノ
ズル回転角度分回転され図11のC点である第3の位置
に位置され、CPU(39)は前記と同様にノズル(1
1)を認識する。
【0044】中心O1(dx,dy)は、以下の計算式
によって算出される。
【0045】前記A,B,Cの各点のノズル(11)の
位置をA:(x1,y1)、B:(x2,y2)、C:(x
3,y3)とすると、
【0046】
【数1】
【0047】
【数2】
【0048】
【数3】
【0049】の関係より
【0050】
【数4】
【0051】
【数5】
【0052】が導き出される。Lは吸着ノズル(11)
が原点位置(A点)にあるときのノズル回転中心からノ
ズル先端部(86)の中心までの距離(偏芯量)を表わ
す。
【0053】算出した位置データ(dx,dy)は基準
点からのズレとしてのノズル回転中心データとして自動
的にRAM(40)に格納される。
【0054】以下、図8に示す装着ステップのNCデー
タに基づいて装着動作が行なわれる。先ず、ステップ番
号「1」に基づき吸着ステーション()に部品供給部
サーボモータ(8)の駆動により部品供給台(6)が移
動され、部品取出し位置に部品データ「R1」のチップ
部品(4)が収納された部品供給装置(7)が待機され
る。そして、吸着ノズル(11)は待機中の前記部品供
給装置(7)に収納されたチップ部品(4)上方に移動
されて来て図5及び図6に示すようにチップ部品(4)
を吸着ノズル(11)下端で吸着保持する。該ステーシ
ョン()では、吸着ヘッド部(12)の吸着ノズル
(11)の下端が前記部品供給装置(7)に収納された
チップ部品(4)位置まで下がらねばならず、それはカ
ム部材(50)のカム(53)の途切れた部分において
配設される上下動可能な上下レール(図示せず)上に該
ヘッド部(12)上端のローラ(55)が載置され該上
下レールが下降することにより行なわれる。
【0055】次に、部品有無検知ステーション()で
のチップ部品(4)の有無検知動作について説明する。
【0056】回転盤(10)の回動によりチップ部品
(4)を吸着した吸着ノズル(11)は、部品有無検知
装置(18)の発光素子(19)と受光素子(20)の
間を通る。このとき、チップ部品(4)が吸着ノズル
(11)に吸着されていれば、発光素子(19)から発
光された光は該チップ部品(4)により遮られて受光素
子(20)に受光されず、従って該装置(18)は「部
品有」という信号をCPU(39)に送り、吸着されて
いなければ発光素子(19)から発光された光は受光素
子(20)に受光され、従って該装置(18)は「部品
無」という信号をCPU(39)に送る。
【0057】ここで、「部品有」の場合の以降の動作に
ついて説明する。
【0058】尚、このとき吸着ステーション()では
部品データ「R2」のチップ部品(4)の吸着動作が行
なわれている。
【0059】次の認識ステーション()でのチップ部
品(4)の姿勢の認識動作について説明する。
【0060】ここで、認識装置(14)で吸着ノズル
(11)に吸着された状態のCCDカメラ(71)の画
像センターを通る互いに垂直となる二線を基にチップ部
品(4)の位置を認識し、その認識データ(X1,Y
1,θ1)をRAM(40)に記憶する。
【0061】尚、このとき吸着ステーション()では
部品データ「R3」のチップ部品(4)の吸着動作が行
なわれている。
【0062】次のノズル回転補正ステーション()で
のチップ部品(4)のθ方向の回転補正動作について説
明する。
【0063】尚、前記認識角度データ(θ1)は例えば
前記画像センターを通る二線の一方とチップ部品(4)
のある基準とした端面とを延長してできる交線のなす角
である。
【0064】前記RAM(40)に記憶されている装着
位置等を示すNCデータの装着角度データ(θ1)と前
記認識角度データ(θ1)とを図示しない比較装置で比
較し、ズレ量があった場合には図示しない計算装置で該
ズレ量(Δθ)を計算してRAM(40)に記憶すると
共に回転補正を行なう。即ち、前記カムの駆動により上
下動レバー(35)が下降され、揺動レバー(37)が
下方に揺動され、ノズル回転用嵌合部(30)がスプリ
ング(33)に付勢されながら吸着ヘッド部(12)の
上部に設けられた被嵌合溝(11A)のテーパ部に当接
した後ノズル回転用モータ(22A)がズレ量(Δθ)
だけ回転されることにより、吸着ノズル(11)が回転
されてチップ部品(4)の位置合わせが行なわれる。
【0065】尚、このとき吸着ステーション()では
部品データ「R4」のチップ部品(4)の吸着動作が行
なわれている。
【0066】そして、装着ステーション()にてXY
テーブル(1)によりプリント基板(5)がXY移動さ
れて、チップ部品(4)は所定位置に装着される。
【0067】尚、このとき吸着ステーション()では
部品データ「R5」のチップ部品(4)の吸着動作が行
なわれている。
【0068】また、前記認識装置(14)で装着しては
いけないと判断されたチップ部品(4)は回転盤(1
0)の回転が続けられ排出ステーション()まで移動
されたら、ここで排出される。例えば、吸着されている
チップ部品(4)が違う等の場合に装着ステーション
()で装着作業が行なわれずに排出されるものであ
る。
【0069】次のノズル選択ステーション()で次に
使用される吸着ノズル(11)が、前記駆動ギア(1
6)が吸着ヘッド部(12)に設けられたギアに噛合し
た後回動されるに伴って前記吸着ヘッド部(12)を回
動させることにより選択される。
【0070】以下、同様にして順次装着作業が行なわ
れ、各部品供給装置(7)毎にズレ量がRAM(40)
に記憶される。そして、CPU(39)内の図示しない
認識回数カウンタにより同一部品供給装置(7)から供
給された部品(4)をN回認識したら、そのN個のズレ
量の平均を計算装置により計算し、RAM(40)に記
憶する。その平均ズレ量を基に以降の吸着動作時にX方
向及びY方向の成分のズレ量の補正を行なう。即ち、次
に前述したN回認識された部品供給装置(7)より部品
供給される際、吸着ノズル(11)のセンターとチップ
部品(4)センターとが一致するようにチップ部品
(4)の供給位置をX方向及びY方向に調整する。この
とき、X方向の平均ズレ量の補正移動は、部品供給部サ
ーボモータ(8)の駆動による部品供給台(6)の移動
により行なう。また、Y方向の平均ズレ量の補正移動
は、ノズル(11)の回転時の偏芯を利用する。即ち、
ノズル回転中心でノズル(11)を回転させた場合、ノ
ズル(11)の回転中心とノズル(11)の下端吸着部
は偏芯されているため、ノズル(11)が180〔度〕
回転されるまでにY方向の所定位置を通過することにな
る。当然のことながらY補正したことにより発生するX
方向のズレは、部品供給台(6)の移動により補正され
る。この新たなX方向の補正移動は、前述のX方向の補
正移動時に加味させても良い。これにより、吸着ノズル
(11)は図9に示すように最大補正距離2Lの範囲で
Y補正可能となる。
【0071】また、吸着ヘッド部(12)に吸着ノズル
(11)が複数個設けられる場合には、何れのノズル
(11)を使用してもノズル(11)のセンターとチッ
プ部品(4)のセンターとを一致させるようにしなけれ
ばならないが、この場合各ノズル(11)の各部品
(4)に対するズレ量を記憶することにより行なうこと
ができる。
【0072】尚、本実施例のようにX方向及びY方向の
補正は、前述の最初に認識したN回の平均ズレ量を基に
以降の吸着動作時に行なうだけでなく、例えば初めにN
回のズレ量をRAM(40)に記憶し、そのズレ量を基
に計算装置で、その平均ズレ量を求め、前記RAM(4
0)に記憶させ、N+1回目から2N回目までのチップ
部品(4)の供給位置は、前記平均ズレ量分だけ補正さ
れた位置となる。そして、補正動作が伴ったN回分のチ
ップ部品(4)の供給が終了したら再び次のN回分のズ
レ量を求め、その平均を算出し、それ以降のチップ部品
(4)の供給には、その新しい平均ズレ量を使用するよ
うにしても良い。
【0073】また、本実施例では装着動作を行ないなが
らN回の認識動作を行ない、平均ズレ量を求め、以降の
吸着動作時にその平均ズレ量を補正しているが、実際の
装着動作前に予め部品供給装置(7)毎にN回部品認識
を行ない、そのチップ部品(4)はプリント基板(5)
に装着しないでズレ量のみRAM(40)に記憶させる
ようにして、部品装着動作の最初から平均ズレ量を利用
しても良い。
【0074】また、N回の平均を取らずに1回のデータ
を基にXY補正を行なわせても良い。
【0075】
【考案の効果】以上のように、本考案によれば従来行っ
ていなかったY方向のズレ補正が偏芯させた吸着ノズル
を回転させることにより行うことが出来、電子部品のセ
ンターと吸着ノズルのセンターとを一致させることが出
来、吸着ミスが防止される。しかも、吸着ノズルは複数
本吸着ヘッドに設けられて選択され、吸着ノズル毎に偏
芯量が記憶されることから、吸着ノズル毎に偏芯量を変
えることが可能となり、ズレ量が小さくこれを補正する
ための偏芯量が小さくてもよい部品供給装置からの部品
を吸着する吸着ノズルについては偏芯量を小さくするこ
とが出来る。このように偏芯量を小さくした吸着ノズル
については吸着した部品の角度補正時のXY位置ズレ補
正量も小さくて済み、偏芯量を大きくしなければならな
い吸着ノズルの本数を少なくできる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本考案の電子部品自動装着装置の構成回路図で
ある。
【図2】同じく装着装置の平面図である。
【図3】回転盤の要部側断面図である。
【図4】部品有無検知装置である。
【図5】認識装置の側面図である。
【図6】ノズル回転補正ステーションを示す図である。
【図7】ノズル回転位置決め装置の斜視図である。
【図8】部品装着に関するNCデータを示す図である。
【図9】吸着ノズルの拡大図である。
【図10】原点位置検知装置を示す図である。
【図11】モニターテレビの画面を示す図である。
【図12】本考案の動作フローチャートを示す図であ
る。
【符号の説明】
(6) 部品供給台 (7) 部品供給装置 (11) 吸着ノズル (14) 認識装置 (39) CPU(制御装置) (40) RAM(記憶装置)

Claims (1)

    (57)【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 部品供給装置により供給されるチップ状
    電子部品をプリント基板へ装着していく電子部品自動装
    着装置において、前記部品供給装置を多数載置してX方
    向に移動可能な部品供給台と、該部品供給台上の所望の
    部品供給装置から前記部品を吸着して取出すものであっ
    てその回転センターと吸着部のセンターとが偏芯してい
    る吸着ノズルと、該吸着ノズルを複数本有し部品吸着に
    使用する吸着ノズルを選択するために回転可能であると
    共に前記部品供給台上からプリント基板上まで移動する
    吸着ヘッド部と、前記吸着ノズルの偏芯量を記憶する第
    1の記憶装置と、前記部品供給装置毎に該供給装置より
    供給される前記部品のセンターと前記吸着部のセンター
    とのY方向のズレ量を記憶する第2の記憶装置と、前記
    部品の吸着時に該第2の記憶装置に記憶されたズレ量に
    基づいて前記吸着ノズルを回転させて前記部品供給装置
    からの前記部品のY方向におけるセンターと前記吸着部
    のセンターとを一致させるように制御する制御装置とを
    設けたことを特徴とする電子部品自動装着装置。
JP1991071798U 1991-09-06 1991-09-06 電子部品自動装着装置 Expired - Lifetime JP2544274Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1991071798U JP2544274Y2 (ja) 1991-09-06 1991-09-06 電子部品自動装着装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1991071798U JP2544274Y2 (ja) 1991-09-06 1991-09-06 電子部品自動装着装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0523597U JPH0523597U (ja) 1993-03-26
JP2544274Y2 true JP2544274Y2 (ja) 1997-08-13

Family

ID=13470944

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1991071798U Expired - Lifetime JP2544274Y2 (ja) 1991-09-06 1991-09-06 電子部品自動装着装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2544274Y2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4503969B2 (ja) * 2003-09-30 2010-07-14 株式会社日立ハイテクインスツルメンツ 移載装置

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH03165099A (en) * 1989-11-22 1991-07-17 Matsushita Electric Ind Co Ltd Packaging of electronic component

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0523597U (ja) 1993-03-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2554431B2 (ja) 実装機の部品吸着状態検出装置
JP2001230595A (ja) 部品実装装置及び部品実装方法
JP2544274Y2 (ja) 電子部品自動装着装置
JP3537510B2 (ja) 電子部品自動装着装置及び電子部品の装着方法
JP4715009B2 (ja) ワークの基準マーク認識方法
JP2854162B2 (ja) 電子部品自動装着装置
JP3234021B2 (ja) 電子部品ピックアップ装置
JP2009164277A (ja) 部品実装装置におけるヘッド移動位置補正方法及び同装置
JPH06310899A (ja) 部品認識装置の基準点調整装置
JP2752174B2 (ja) 電子部品自動装着装置
JP4056572B2 (ja) データ作成装置及び方法並びに電子部品装着装置
JP2999866B2 (ja) 部品装着装置
JP3223009B2 (ja) 電子部品自動装着装置
JPH08162799A (ja) 電子部品装着機
JP2003243899A (ja) 実装機、実装方法
JPH0533600U (ja) 電子部品自動装着装置
JP3238966B2 (ja) 電子部品自動装着装置
JP3048708B2 (ja) 部品装着装置
JPH09326591A (ja) 電子部品実装装置および電子部品実装方法
JP3847070B2 (ja) 電子部品装着装置及び電子部品装着方法
JPH08274500A (ja) 実装機の部品吸着状態検出装置
JP2840426B2 (ja) 部品装着装置
JPH08255996A (ja) チップマウンタ
JPH053399A (ja) 電子部品自動装着装置
JP3128409B2 (ja) 電子部品自動装着装置及び電子部品の装着方法

Legal Events

Date Code Title Description
EXPY Cancellation because of completion of term