JP2014155536A - 筋力トレーニング座椅子 - Google Patents

筋力トレーニング座椅子 Download PDF

Info

Publication number
JP2014155536A
JP2014155536A JP2013026783A JP2013026783A JP2014155536A JP 2014155536 A JP2014155536 A JP 2014155536A JP 2013026783 A JP2013026783 A JP 2013026783A JP 2013026783 A JP2013026783 A JP 2013026783A JP 2014155536 A JP2014155536 A JP 2014155536A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
seat
user
training
strength training
arms
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2013026783A
Other languages
English (en)
Other versions
JP6150160B2 (ja
Inventor
Akito Nagano
昭人 長野
Mie Nagano
美江 長野
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Individual
Original Assignee
Individual
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Individual filed Critical Individual
Priority to JP2013026783A priority Critical patent/JP6150160B2/ja
Publication of JP2014155536A publication Critical patent/JP2014155536A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6150160B2 publication Critical patent/JP6150160B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】高齢者などの筋力の弱い者でも家庭内で安全かつ簡便に筋力トレーニングできる機能を付加した座椅子を提供する。
【解決手段】パイプフレーム製脚部1と、この脚部1上に設けられた座部2と背もたれ部3とからなる座椅子において、背もたれ部3を倒伏自在に設けると共に、一端に足首固定バンド6を備え、他端にパイプフレーム脚部1に止着された下肢用負荷ゴム紐7と、使用者の太腿を座部2に固定する太腿固定用バンド8と、使用者が手で掴み左右方向に回動可能に取り付けられた一対のハンドル5a付のアーム5と、アーム5に連結された上肢用負荷付勢手段とから構成する。
【選択図】図2

Description

本発明は、健常者は勿論のこと高齢者やリハビリ訓練者などの比較的筋力の弱い者でも家庭内で日常的に上肢、下肢、体躯の筋力トレーニングを行うために使用する筋力トレーニング機能を付加した座椅子に関するものである。
現在市販されている筋力トレーニングマシンは、トレーニングジム等で使用されるフィットネス用が中心であり、負荷も数十kgから数百kgと重く、健常者やスポーツ選手が高負荷をかけてトレーニングすることを目的としており、一般家庭内に設置することは対象にされていない。一方、高齢者やリハビリ訓練者など比較的筋力の弱い者の筋力トレーニングは、高い負荷をかける必要はなく、比較的軽い負荷をかけることができる機器で十分である。
このため、一般家庭内においても筋力トレーニングができるように、例えば、座椅子と、この座椅子の下部に設けられ引き出し可能な負荷装置と、この負荷装置に連結される足踏みペダルとを備えたトレーニング装置(特許文献1参照。)、所定の抵抗力を有し、可動自在となる背もたれ部と、該背もたれ部に高さ調節自在に取り付けられるヘッドレストと、器具本体に固定される座椅子部と、所定の抵抗力を有し可動自在となる引き手用バーと、所定の抵抗力を有し可動自在となる押し足用バーが、一体的に装着されるものであって、背もたれ部と引き手用バーと押し足用バーの各部がそれぞれ独立して可動し、横臥した状態で全身の運動を容易に可能とする室内運動器具(特許文献2参照。)、使用者が座ることが可能な座部を含むベース部と、ベース部に傾動可能に取り付けられ、使用者の背部を支持可能な背部支持部と、ベース部に対し傾動可能に設けられ、使用者の脚を支持可能な脚支持部と、ベース部に対し傾動可能かつ伸縮可能に設けられ使用者の太腿を固定可能な太腿固定部と、ベース部に対し傾動可能かつ伸縮可能に取付けられ、使用者の足首を固定可能な足首固定部とを備え、使用者の足首と太腿を固定した状態で腹筋運動を行うことができる座椅子(特許文献3参照。)等、種々提案されている。
実願平1−112867号公報 特開2004−16577号公報 特開2007−202760号公報
しかしながら、高齢者などに適した筋力トレーニングマシンは少なく、家庭にも簡便且つ経済的に設置できるようなものが必要とされていることから、本発明者は、日常的に簡単に無理なく上肢や下肢・体幹の筋力トレーニングを行うことができることを課題として鋭意研究し本発明をするに至った。本発明は上記従来の課題に鑑み、高齢者などの筋力の弱い者でも家庭内で安全かつ簡便に筋力トレーニングできる機能を付加した座椅子を提供することを目的とする。
このため、本発明の筋力トレーニング座椅子は、矩形立体状に組まれたパイプフレーム脚部と、該脚部上に設けられた座部と背もたれ部とからなる座椅子において、前記背もたれ部を倒伏自在に設けると共に、一端に足首固定バンドを備え他端が前記パイプフレーム脚部に固定された下肢負荷用弾性紐と、着座者の太腿を座部に固定する太腿固定用バンドと、使用者が両手で掴み左右方向に回動可能に取り付けられた一対のアームと、該アームに連結される上肢用負荷手段とからなることを第1の特徴とする。また、上肢用負荷手段が、ゴム、バネ、油圧シリンダー、空気シリンダー、バネシリンダー又は滑車式錘であることを第2の特徴とする。
高齢者やリハビリ訓練者が日常的に無理なく筋力トレーニングを行うには、家庭や施設内で食事や休憩など、日常的に使用できる椅子で、その椅子にゴム、バネ、油圧シリンダー、空気シリンダー又は滑車式錘の負荷手段を取り付けて上肢や下肢・体幹の筋力トレーニングを行うことができる椅子とした。
また、本発明の座椅子は、背もたれ部を倒伏自在に設けると共に、太腿固定用バンドを設けたので腹筋運動もできる。
本発明は、以下の優れた効果を奏する。
(1)高齢者などの筋力の弱い者でも家庭内で安全かつ簡便に、日常的に続けて筋力トレーニングを行うことができる。
(2)使用者は座椅子に座った状態で、各トレーニング器具をセッティングすることができるので、高齢者なども楽にトレーニングすることができる。
本発明に係るトレーニング座椅子の一実施例を模式的に示す側面図である。 本発明に係るトレーニング座椅子を使用した(a)は下肢トレーニング、(b)は腹筋トレーニングの状態を模式的に示す側面図である。 本発明に係るトレーニング座椅子を使用した(a)は着座状態で、(b)は仰臥状態での上肢トレーニングの状態を模式的に示す平面図である。 本発明に係るトレーニング座椅子の他の実施例を使用した(a)は上肢トレーニングの状態を模式的に示す(a)は側面図、(b)は正面図である。 本発明に係るトレーニング座椅子の他の実施例を使用した上肢トレーニングの状態を模式的に示す平面図である。
以下、図面に示す実施例に基づいて本発明の実施の形態について説明する。尚、本発明にかかる筋力トレーニング座椅子は、以下の実施例に限定されるものではなく、座部、トレーニングユニットの各構成内容については、使用状況や使用目的によって適宜変更することができる。
図1及び図2に示すように、筋力トレーニング座椅子は、使用者が筋肉を鍛える際にパイプフレーム製の脚部1の上に載置された座部2に座った状態で下肢の引き伸ばし運動(レッグエクステンション運動)を行う際には、下肢用負荷弾性体(ゴム紐)7を脚部1の格納場所から引き出して行う。下肢用負荷弾性体(ゴム紐)7は、一端に足首固定バンド6を備え他端が前記パイプフレーム脚部1に固定されており、足首固定バンド6を使用者の足首に装着して脚を上下に曲げ伸ばしすることで下肢(大腿四頭筋)の筋肉トレーニングができるようにされている。
また、背もたれ部3が倒伏自在に設けられており、背もたれ部3を倒した状態で使用者が仰臥し、太腿を太腿固定用バンド8で固定することにより腹筋運動もできる。
また、図3に示すように、使用者が両手で掴み左右方向に回動可能に取り付けられた一対のアーム5,5と、このアーム5,5に、回転軸5c及び上肢用負荷手段である上肢用負荷付勢手段(スプリング)10を備えたショルダープレス運動ができるようにされている。アーム5の先端部には、使用者が把持するハンドル5aが取り付けられ、背もたれ部3の背面側には、付勢手段支持フレーム9に支持された上肢用負荷付勢手段(スプリング)10が張設され、アーム5,5に負荷をかけることができるようにされている。尚、上肢用負荷付勢手段は、具体的にはゴム、バネ、油圧シリンダー、空気シリンダー又は滑車式錘などが望ましい。例えば、図4及び図5に示すように、一対のアーム5,5とハンドル5aと回転軸5bを一体的に形成し、この回転軸5bを一対のアーム5,5が閉じる方向へ付勢するバネシリンダー11によって軸承するものでもよい。
その際、使用者は座部2に座った状態でも、背もたれ部3を倒し、仰臥した状態でもトレーニングすることができる。すなわち、本発明の座椅子はリクライニング機能を備えたことにより、使用者は仰臥した状態でもくつろぎながら各種トレーニングを行うことができる。
本発明は以上のような構成であるから高齢者やリハビリ訓練者が家庭や施設で無理なく簡単に自分に合った筋力トレーニングを行うことができる。
1 パイプフレーム製脚部
2 座部
3 背もたれ部
4 肘掛
5 アーム
5a ハンドル(把持部)
5b リンク
6 足首固定バンド
7 下肢用負荷弾性体(ゴム紐)
8 太腿固定バンド
9 付勢手段支持フレーム
10 上肢用負荷付勢手段(スプリング)
11 上肢用負荷付勢手段(バネシリンダー)

Claims (2)

  1. パイプフレーム製脚部と、該脚部上に設けられた座部と背もたれ部とからなる座椅子において、前記背もたれ部を倒伏自在に設けると共に、一端に足首固定バンドを備え、他端に前記パイプフレーム脚部に止着された下肢用負荷弾性紐と、使用者の太腿を座部に固定する太腿固定用バンドと、使用者が手で掴み左右方向に回動可能に取り付けられた一対のハンドル付アームと、該ハンドル付アームに連結された上肢用負荷付勢手段とからなることを特徴とする筋力トレーニング座椅子。
  2. 上肢用負荷手段が、ゴム、バネ、油圧シリンダー、空気シリンダー、バネシリンダー又は滑車式錘であることを特徴とする請求項1記載の筋力トレーニング座椅子。
JP2013026783A 2013-02-14 2013-02-14 筋力トレーニング座椅子 Expired - Fee Related JP6150160B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013026783A JP6150160B2 (ja) 2013-02-14 2013-02-14 筋力トレーニング座椅子

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013026783A JP6150160B2 (ja) 2013-02-14 2013-02-14 筋力トレーニング座椅子

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2014155536A true JP2014155536A (ja) 2014-08-28
JP6150160B2 JP6150160B2 (ja) 2017-06-21

Family

ID=51576861

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013026783A Expired - Fee Related JP6150160B2 (ja) 2013-02-14 2013-02-14 筋力トレーニング座椅子

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6150160B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2020065892A (ja) * 2018-10-23 2020-04-30 雅啓 中澤 膝関節生理的固定器具

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH03107961U (ja) * 1990-02-20 1991-11-06
JP2002210040A (ja) * 2001-01-23 2002-07-30 Hideyuki Shinozaki 運動機能回復器具
JP2007130368A (ja) * 2005-11-14 2007-05-31 Wada:Kk 機能回復訓練装置
JP3153277U (ja) * 2009-03-10 2009-09-03 馮 淑蓉 レジャー/スポーツ用多機能イス

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH03107961U (ja) * 1990-02-20 1991-11-06
JP2002210040A (ja) * 2001-01-23 2002-07-30 Hideyuki Shinozaki 運動機能回復器具
JP2007130368A (ja) * 2005-11-14 2007-05-31 Wada:Kk 機能回復訓練装置
JP3153277U (ja) * 2009-03-10 2009-09-03 馮 淑蓉 レジャー/スポーツ用多機能イス

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2020065892A (ja) * 2018-10-23 2020-04-30 雅啓 中澤 膝関節生理的固定器具

Also Published As

Publication number Publication date
JP6150160B2 (ja) 2017-06-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20070129219A1 (en) Exercise device
EP3010604A2 (en) Exercise apparatus and system for stationary users
US20070243982A1 (en) Machine for Training Various Kinds of Abdominal and Lumbar Muscles
JPWO2008129681A1 (ja) 運動装置
ATE442191T1 (de) Gerät zum trainieren der bauchmuskel in sitzender position
CN203710607U (zh) 蹬伸健肌架
CN105664430A (zh) 滑动负重上推练习器
KR20130134802A (ko) 다리운동 겸용 복부 운동기구
CN105080040A (zh) 扩胸健肌器
CN203710603U (zh) 腿力健肌器
JP6150160B2 (ja) 筋力トレーニング座椅子
JP2012192107A (ja) 筋力トレーニング装置
CN105664423A (zh) 腿挂杠铃负重器
CN105107147A (zh) 腿部拉力器
CN105641855A (zh) 高低位负重拉力器
JP5881021B2 (ja) 筋力トレーニング座椅子
JP3211954U (ja) 脚力トレーニング器具
JP6075816B1 (ja) 多目的運動器具
KR20210018741A (ko) 무릎과 발목 관절을 보호하며 다리 상부와 힙을 운동시키는 방법 및 장치
US20130045839A1 (en) Sitting type stepper
CN105080039A (zh) 蹬伸练肌器
GB2511321A (en) An exercise device
RU104077U1 (ru) Кресло-тренажер
CN203829580U (zh) 拉力健肌器
KR200495905Y1 (ko) 다리 상부와 힙을 운동시키는 방법 및 장치

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20151208

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20161124

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20161129

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170120

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20170425

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20170511

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6150160

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees