JP2010234020A - 遊技機 - Google Patents

遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP2010234020A
JP2010234020A JP2009088452A JP2009088452A JP2010234020A JP 2010234020 A JP2010234020 A JP 2010234020A JP 2009088452 A JP2009088452 A JP 2009088452A JP 2009088452 A JP2009088452 A JP 2009088452A JP 2010234020 A JP2010234020 A JP 2010234020A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
game
closing
shaped opening
opening
heart
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2009088452A
Other languages
English (en)
Inventor
Kuniaki Izumi
邦秋 泉
Original Assignee
Kyoraku Sangyo Kk
京楽産業.株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kyoraku Sangyo Kk, 京楽産業.株式会社 filed Critical Kyoraku Sangyo Kk
Priority to JP2009088452A priority Critical patent/JP2010234020A/ja
Publication of JP2010234020A publication Critical patent/JP2010234020A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】可動部材の電飾基板のコネクタメス部に対するフレキシブルフラットケーブルのコネクタ接続部の差込み不良の確認を容易にする。
【解決手段】フレキシブルフラットケーブル191L側の薄板199Lは、コネクタメス部181Lにコネクタ接続部194Lが完全に差し込まれた状態に限ってコネクタメス部181Lの内側に隠れる位置に設けられているので、可動部材であるハート形開閉部材30Lの電飾基板163Lのコネクタメス部181Lに対するフレキシブルフラットケーブルのコネクタ接続部194Lの差込み不良の確認を容易にすることができ、遊技機1の組立作業及びメンテナンスに対するコストを低減できる。
【選択図】 図12

Description

本発明は、遊技板の前面に直線移動可能な状態で設けられた可動部材に電飾基板を設けた遊技機に関する。

従来、パチンコ機と呼ばれる遊技機は、遊技球が図示しない球送り装置によって1球ずつ発射レール上に送り出され、送り出された遊技球が打球発射装置に打ち出されて遊技盤の案内レールの外レールに沿って遊技領域に導かれ、この遊技領域に導かれた遊技球が入賞口に入賞することで所定数の賞球を払い出すようになっている。

近年実用化された一般的なパチンコ機では、液晶等のディスプレー(以下、画像表示手段と呼ぶ)上で、興趣を凝らした様々な態様で識別情報と称される図柄を所定時間変動表示させた後に当該図柄を停止させ、当該停止図柄が所定態様(例えば「777」)である場合に、遊技者にとって有利な特別遊技状態に移行するようになっている。ここで、このようなタイプのパチンコ遊技機は、始動入賞口と称される入賞口に遊技球が流入したことに基づき、内部的に乱数抽選を行い、当該抽選に当選した場合に特別遊技状態に移行させるという仕組みを採用している。当該仕組みはこの種のタイプのパチンコ遊技機で共通しているので、他種との差別化を図るためには、前記図柄の変動態様に対し、いかに工夫を凝らし高い興趣性を付与するかということに注力されている。

このことに対応し、近年では、例えば特許文献1に記載のように、画像表示手段(図柄表示装置)の前面側に左右方向に移動可能な横開きの開閉部材を配設し、遊技機(パチンコ機)の演出に伴い前記開閉部材をシャッター作動手段により左右方向に移動させることで演出効果を更に高める遊技機のシャッター装置が実用化されている。

さらに近年では、開閉部材等の可動部材に発光ダイオードを実装した電飾基板を搭載し、当該可動部材の前面に発光ダイオードからの光を透過させる光透過部を設け、当該開閉動作と連動して発光ダイオードを発光させることで、さらに演出効果を高めたパチンコ機が実用化されている。このような従来のパチンコ機では、当該可動部材の電飾基板と遊技機本体側との接続は、フレキシブルフラットケーブル(FFC)によって行われている。従来のフレキシブルフラットケーブルは、特許文献2に記載のように絶縁体層間に複数の導体を有し末端部に導体が露出するコネクタ接続部を有する構造になっている。可動部材の電飾基板のコネクタメス部には、フレキシブルフラットケーブルのコネクタ接続部が接続される。

特開2007−98027号公報(段落0016、図1、図3)

特開2007−317581公報(段落0002)

上記のように従来の可動部材の電飾基板のコネクタメス部と接続するフレキシブルフラットケーブルは、可動部材内で配置を容易にすることと不用意に引っ張られて脱落するのを防止する目的から前記電飾基板のコネクタメス部に差込まれる側が折り曲げられ、一方、可動部材は、コネクタメス部の周りが狭くなっている場合が多く、このため、遊技機の組立工程において可動部材の電飾基板のコネクタメス部に対するフレキシブルフラットケーブルのコネクタ接続部の差込み不良が発生する場合が多々あり、この場合の差込み不良の確認に時間を要していた。

本発明は、上記の問題に鑑み、可動部材の電飾基板のコネクタメス部に対するフレキシブルフラットケーブルのコネクタ接続部の差込み不良の確認を容易にすることができる遊技機を提供することを目的とする。

請求項1に記載の遊技機は、板状に形成された遊技板と、当該遊技板の前面に直線移動可能な状態で設けられた可動部材と、当該可動部材に固定して設けられ、コネクタメス部を有する電飾基板と、一端側に前記コネクタメス部に差し込まれて電気的に接続するコネクタ接続部を有し、他端側が遊技機本体側と接続するフレキシブルフラットケーブルとを備える遊技機であって、前記フレキシブルフラットケーブルには、前記コネクタ接続部が前記コネクタメス部に完全に差し込まれた状態で前記可動部材の特定の位置に対応するフレキシブルフラットケーブル側目印が設けられていることを特徴とする。

前記フレキシブルフラットケーブル側目印は、前記コネクタ接続部が前記コネクタメス部に完全に差し込まれた状態に限って前記コネクタメス部の内側に隠れる位置に設けられていることを特徴とする(請求項2)。

前記フレキシブルフラットケーブル側目印は、前記コネクタ接続部が前記コネクタメス部に完全に差し込まれた状態で前記電飾基板の一辺に対応する位置に形成されていることを特徴とする(請求項3)。

前記遊技板には、前記コネクタ接続部が前記コネクタメス部に完全に差し込まれた状態で前記フレキシブルフラットケーブル側目印に対応する可動部材側目印が形成されていることを特徴とする(請求項4)。
前記遊技板には、画面に画像の表示を行う画像表示手段が設けられ、前記可動部材は、前記画面の手前に直線移動可能な状態で設けられ、当該画面の手前で開閉動作を行う開閉部材であることを特徴とする(請求項5)。

いずれの場合にも、前記フレキシブルフラットケーブルには、前記コネクタ接続部が前記コネクタメス部に完全に差し込まれた状態で前記可動部材の特定の位置に対応するフレキシブルフラットケーブル側目印を設けている。

前記フレキシブルフラットケーブル側目印は、セロハン、合成樹脂(例えばポリカーボネート)のフィルム等を切断して作成した薄板を前記フレキシブルフラットケーブルに貼り付けたものでもよいし、前記フレキシブルフラットケーブルに印刷された一本の線でもよいし、前記フレキシブルフラットケーブルの長手方向の一方の側と他方の側で塗り分けられた色の境界線でもよい。

前記可動部材側目印は、前記可動部材に形成したリブ、肉盛り、カット、シボ、印刷等、各種適用が可能である。

従来の可動部材に発光ダイオードを実装した遊技機では、当該可動部材の電飾基板と遊技機本体側との接続は、フレキシブルフラットケーブルによって行っているので、遊技機の組立工程においてコネクタメス部に対する差込み不良が発生する場合が多々あり、この場合の差込み不良の確認に時間を要していた。

これに対し、本発明では、フレキシブルフラットケーブルのコネクタ接続部が電飾基板のコネクタメス部に完全に差し込まれた状態で可動部材の特定の位置に対応するフレキシブルフラットケーブル側目印を前記フレキシブルフラットケーブルに形成しているので、可動部材の電飾基板のコネクタメス部に対するフレキシブルフラットケーブルのコネクタ接続部の差込み不良の確認を容易にすることができる。

本発明によれば、可動部材の電飾基板のコネクタメス部に対するフレキシブルフラットケーブルのコネクタ接続部の差込み不良の確認を容易にすることができるので、遊技機の組立作業及びメンテナンスに対するコストを低減できる。

本発明に係る第1の実施形態の遊技機の構成例を示した正面図である。 本発明に係る第1の実施形態の制御手段のブロック図である。 本発明に係る第1の実施形態の遊技盤を示す正面図である。 本発明に係る第1の実施形態の中央役物の前側ユニットのリング形開閉部材が閉じハート形開閉部材が開いた状態を示す正面図である。 本発明に係る第1の実施形態の中央役物の前側ユニットのリング形開閉部材が閉じハート形開閉部材が開いた状態を示す背面図である。 本発明に係る第1の実施形態の中央役物の前側ユニットのリング形開閉部材及びハート形開閉部材が閉じた状態を示す正面図である。 本発明に係る第1の実施形態の中央役物の前側ユニットのリング形開閉部材及びハート形開閉部材が閉じた状態を示す背面図である。 本発明に係る第1の実施形態の左右のリング形開閉部材及びその周辺部の左右のリング形開閉部材が開いた状態を示す正面図である。 本発明に係る第1の実施形態の左右のリング形開閉部材及びその周辺部の左右のリング形開閉部材が閉じた状態を示す正面図である。 本発明に係る第1の実施形態の左右のハート形開閉部材及びその周辺部の左右のハート形開閉部材が開いた状態を示す正面図である。 本発明に係る第1の実施形態の左右のハート形開閉部材及びその周辺部の左右のハート形開閉部材が閉じた状態を示す正面図である。 本発明に係る第1の実施形態の左のハート形開閉部材及びフレキシブルフラットケーブルの右上後方から見た分解斜視図である。 本発明に係る第1の実施形態の左のハート形開閉部材及びフレキシブルフラットケーブルの組み立てた状態の右上後方から見た斜視図である。 本発明に係る第1の実施形態のハート形開閉部材の下側延出部とフレキシブルフラットケーブルの接続部の右上後方から見た分解斜視図である。 本発明に係る第1の実施形態のハート形開閉部材の下側延出部とフレキシブルフラットケーブルの接続部の右上後方から見た斜視図である。 本発明に係る第1の実施形態のハート形開閉部材の下側延出部とフレキシブルフラットケーブルの接続部の右上前方から見た斜視図である。 本発明に係る第1の実施形態の電飾基板のコネクタメス部周辺部及びフレキシブルフラットケーブルの斜視図である。 本発明に係る第1の実施形態の電飾基板のコネクに対するフレキシブルフラットケーブルの接続状態を説明する説明図である。 本発明に係る第1の実施形態の主制御基板と副制御基板における詳細なブロック図である。 本発明に係る第1の実施形態の始動口に遊技球が入球した際に取得する乱数と、この乱数を判定する判定テーブルの一例を示した図である。 本発明に係る第1の実施形態の当たり時の可動部材の変動パターン、変動パターン乱数の一例を示した図である。 本発明に係る第1の実施形態のハズレ時の可動部材の変動パターン、変動パターン乱数の一例を示した図である。 本発明に係る第1の実施形態の左右のリング形開閉部材の動作を示す説明図である。 本発明に係る第1の実施形態の第1特別図柄保留記憶手段及び第2特別図柄保留記憶手段の概念図である。 本発明に係る第1の実施形態の保留の消化順を説明する図である。 本発明に係る第1の実施形態の始動口に保留球が入球した際の主制御基板における処理を示すフローチャートである。 本発明に係る第1の実施形態の主制御基板における特別図柄の変動開始処理を示すフローチャートである。 本発明に係る第1の実施形態の長当たり遊技を実行する際の主制御基板における処理を示すフローチャートである。 本発明に係る第1の実施形態の短当たり遊技を実行する際の主制御基板における処理を示すフローチャートである。 本発明に係る第1の実施形態の小当たり遊技を実行する際の主制御基板における処理を示すフローチャートである。 本発明に係る第1の実施形態の副制御基板における演出処理を示すフローチャートである。 本発明に係る第2の実施形態のハート形開閉部材の下側延出部とフレキシブルフラットケーブルの下側蓋部材を外した状態の背面図である。

(第1の実施形態)
以下、本発明の第1の実施形態について図面を参照しながら具体的に説明する。

図1は遊技機の構成例を示した正面図である。

初めに遊技機全体の説明をする。図1において、遊技機1の遊技盤101の下方位置には、発射部292(図2参照)を備える操作ハンドル113が配置され、発射部292の駆動によって発射された遊技球がレール102a、102b間を上昇して遊技盤101の上部位置に達した後、遊技領域103内を落下する。遊技領域103には、遊技球を不特定の方向に向けて落下させるための図示しない複数の釘に加え、遊技球の落下方向を変化させる風車や入球口が配置されている。

遊技領域103の中央部分には中央役物2が配置されている。中央役物2には、例えば液晶表示器(LCD)を用いた図柄表示部104が配置されている。
図柄表示部104の画面の手前には、左右のリング形開閉部材20L、20R及び左右のハート形開閉部材30L、30Rが左右に移動可能な状態で設けられている。
図柄表示部104の下方には遊技球を受入れ可能な第1始動口105が配置され、第1始動口105の下方には一対の可動片120a(図3参照)を有する第2始動口120が配置されている。第2始動口120は一対の可動片120a(図3参照)が閉状態のときに遊技球の受入れを困難にし、開状態のときに第1始動口105よりも遊技球の受入れを容易にする。

図柄表示部104の左側には、遊技球の通過を検出し、第2始動口120を一定時間だけ開放させる普通図柄の抽選を行うための入賞ゲート106が配置されている。入賞ゲート106の下方位置等には、遊技球が入球したときに所定数(例えば10個)の賞球払い出しの権利を獲得する普通入賞口107a、107b、107cが配置されている。遊技領域103の最下部にはどの入球口にも入球しなかった遊技球を回収する回収口108が配置されている。

図柄表示部104の右下には、遊技球が入球したときに所定数(例えば10個)の賞球払い出しの権利を獲得する普通入賞口107dが配置されている。
さらに、普通入賞口107dの下には、主制御基板201(図2参照)に設けられた第1特別図柄抽選手段による抽選結果を表示する第1特別図柄表示器82(図3参照)、及び主制御基板201(図2参照)に設けられた第2特別図柄抽選手段による抽選結果を表示する第2特別図柄表示器83(図3参照)が配置されている。これら両表示器82、83には特別図柄が変動表示されていると共に、所定時間経過後に所定の図柄が停止表示され、始動口への遊技球の入球を契機とする抽選の結果が表示されている。両表示器82、83には複数のLEDが使用され、特別図柄の変動表示の開始に伴ってLEDが点滅することで、現在抽選中であるかのような印象を遊技者に与える。所定時間経過後には、抽選結果に応じて予め設定されたLEDが点灯表示し、遊技者に抽選結果が報知されている。

特別図柄の変動表示中に第1始動口105、あるいは第2始動口120に遊技球が入球すると、当該入球によって得られる特別図柄の変動表示の権利(以下「保留球」という)が留保されている。この留保された保留球の数は第1特別図柄保留表示器84(図3参照)及び第2特別図柄保留表示器85(図3参照)に表示されている。

特別図柄の変動表示中に入賞ゲート106に遊技球が入球すると、普通図柄抽選手段による抽選が行われるが、この抽選結果を表示する普通図柄表示器81(図3参照)が上記両表示器82、83の付近に配置されている。普通図柄の変動表示中に入賞ゲート106に遊技球が入球することによって得られる普通図柄の変動表示の権利、すなわち保留球の数が普通図柄保留表示器86(図3参照)に表示されている。

図柄表示部104は第1始動口105、または第2始動口120に遊技球が入球したときに複数の装飾図柄の変動表示を開始し、所定時間経過後に当該装飾図柄の変動を停止させる。停止時に特定図柄(例えば「777」)が揃えば、大当たり遊技(長当たり遊技)を実行する権利を獲得したこととなり、その後、大当たり遊技(長当たり遊技)が開始される。大当たり遊技(長当たり遊技)が開始されると、遊技領域103の下方に位置する大入賞口ユニット9における開閉扉91が一定時間、開放する動作を所定回数(例えば15回)繰り返し、入球した遊技球に対応する賞球が払い出されている。

大入賞口ユニット9は遊技盤101に設けられた大入賞口93を開閉する開閉扉91を開閉自在に支持し、開閉扉91が大入賞口93の前面(表面)側に位置した状態で、遊技盤101の背面に設置されている。開閉扉91は通常時には閉鎖して大入賞口93を閉塞しており、大入賞口93に遊技球が入球することを阻止している。大当たり遊技が開始されたときには、大入賞口開閉ソレノイドへの通電により開閉扉91が開放して大入賞口93を開放させる。大入賞口93の開放時には、開閉扉91が遊技球を大入賞口93内に導くための受け皿として機能するため、大入賞口93に遊技球が入球可能となる。

遊技盤101の外周部分には遊技領域103の周囲を囲む形状で、遊技盤101から遊技者側に突出する形状の枠部材110が配置され、枠部材110の上側と下側には複数のライト112を備えた演出ライト111(ランプユニット)が設置されている。

枠部材110の下側には、図示しない貸し玉装置から貸し出されている遊技球が供給されている受け皿ユニット119が設置されている他、前述の操作ハンドル113が配置されている。操作ハンドル113は遊技盤101から遊技者側へ突出し、上記発射部の駆動によって遊技球を発射させる際に遊技者によって操作されている。

操作ハンドル113は上記発射部を駆動させて遊技球を発射させる発射指示部材114を備えている。発射指示部材114は操作ハンドル113の外周部に、遊技者から見て右回りに回転可能に設けられ、遊技者によって直接操作されているときに発射部に遊技球発射の指示を与える。操作ハンドル113には遊技者が発射指示部材114を直接操作していることを検出するセンサ等が内蔵されている。

中央役物2における図柄表示部104の上側及び側方(図1においては紙面右側)には、演出用の役物(以下、「演出役物」という)115、116が配置されている。演出役物115、116は例えばモータによって駆動されるようになっている。

枠部材110の下側には、遊技者による操作を受け付けるチャンスボタン117が配置されている。チャンスボタン117の操作は例えば遊技中における特定のリーチ演出に際し、チャンスボタン117の操作を促すガイダンスが表示されている間有効となる。

枠部材110には、演出効果音、または不正を知らしめる音声を出力するスピーカ277(図2参照)が組み込まれている。スピーカ277は高音・中音・低音の領域を出力できる機能を有し、通常演出時は高音・中音・低音をバランス良く出力するが、後述する特別演出時、または不正等があった場合には周りに良く聞こえるように高音領域を高く出力するように制御されている。
(制御手段の内部構成)
図2に遊技機1の制御手段の内部構成を示すが、ここに示すように制御手段200は主に主制御基板201、副制御基板202、賞球制御基板203、及びランプ制御基板206の複数の制御基板から構成されている。

主制御基板201は遊技機1の遊技に関する基本動作を制御し、ROM201bに記憶されたプログラムに基づき、遊技内容の進行に伴う基本処理を実行するCPU201aと、CPU201aの演算処理時におけるデータのワークエリアとして機能するRAM201c等を備える。主制御基板201は第1始動口105、もしくは第2始動口120への遊技球の入球を契機として、大当たり抽選を行うと共に、その抽選結果に基づいてROM201bに記憶されている演出に係わるコマンドの選択を行う。

主制御基板201の入力側には、第1始動口105に遊技球が入球したことを検出する第1始動口検出部221と、第2始動口120に遊技球が入球したことを検出する第2始動口検出部225と、入賞ゲート106を遊技球が通過したことを検出するゲート検出部222と、普通入賞口107a、107b、107cに入球した遊技球を検出する普通入賞口検出部223と、大入賞口ユニット9に入球した遊技球を検出する大入賞口検出部224とが接続されている。

主制御基板201の出力側には役物作動装置231が接続されている。第1の実施形態においては上記役物作動装置231を、開閉扉91を開閉させる大入賞口開閉ソレノイド97(図19参照)と、第2始動口120を開閉させる第2始動口開閉ソレノイド120b(図19参照)とによって構成している。

役物作動装置231は主制御基板201によって制御され、大当たり遊技(長当たり遊技、短当たり遊技)時に大入賞口開閉ソレノイド97に通電して開閉扉91を開放させ、また上記普通図柄の当選によって第2始動口開閉ソレノイドに通電して第2始動口120を開閉する。

副制御基板202の入力側には上記のチャンスボタン117が操作されたことを検出するチャンスボタン検出部220が接続されている。この副制御基板202は主に遊技中における演出を制御し、主制御基板201より送信されているコマンドに基づいて演出の抽選及び演出処理を実行するCPU202aと、プログラム及び過去の演出パターンを記憶するROM202bと、CPU202aの演算処理時におけるデータのワークエリアとして機能するRAM202c等を備えている。

副制御基板202は主制御基板201より送信されている演出に係るコマンドを受信すると、このコマンドに基づいて抽選を行い、演出背景パターン、リーチ演出パターン、登場キャラクター等の演出を確定すると共に、当該確定した演出の制御を行う。副制御基板202の出力側には図柄表示部104が接続され、抽選によって決定された内容の通りに図柄表示部104において装飾図柄演出を展開する。副制御基板202には図柄表示部104に表示させる画像データを書き込むVRAM202dも備えられている。

通常時には、CPU202aがROM202bに記憶されたプログラムを読み込んで、背景画像表示処理、図柄画像表示及び変動処理、キャラクター画像表示処理など各種画像処理を実行し、必要な画像データをROM202bから読み出してVRAM202dに書き込む。背景画像、図柄画像、キャラクター画像は表示画面上において図柄表示部104に重畳表示されている。すなわち、図柄画像やキャラクター画像は背景画像よりも手前に見えるように表示されている。このとき、同一位置に背景画像と図柄画像が重なる場合、Zバッファ法等、周知の陰面消去法により各画像データのZバッファのZ値を参照することで、図柄画像を優先してVRAM202dに記憶させる。

副制御基板202の出力側にはスピーカ277が接続され、副制御基板202において確定した通りに音声を出力する。副制御基板202の出力側にはまた、ランプ262、演出ライト111、及び演出役物作動装置254を制御するランプ制御基板206が接続されている。演出役物作動装置254は、左右のリング形開閉部材20L、20R及び左右のハート形開閉部材30L、30R、演出役物115,116等の、演出用の役物を作動させるモータ等によって構成されている。ランプ制御基板206は副制御基板202より送信されたコマンドに基づき、プログラムを作動させて演出処理を実行するCPU206aと、各種演出パターンデータを記憶するROM206bと、CPU206aの演算処理時におけるデータのワークエリアとして機能するRAM206c等を備えている。

また、ランプ制御基板206は遊技盤101や台枠等に設けられている後述の発光ダイオード542等の各種ランプ262に対する点灯制御等を行う他、演出ライト111における複数のライト112に対する点灯制御等を行い、各ライト112からの光の照射方向を変更するためにモータに対する駆動制御等を行う。ランプ制御基板206はまた、副制御基板202より送信されたコマンドに基づき、演出役物115、116を動作させる各種モータに対する駆動制御や後述のモータ45の駆動制御等を行う。

主制御基板201には賞球制御基板203が双方向に送信可能に接続されている。賞球制御基板203はROM203bに記憶されたプログラムを作動させて賞球制御の処理を実行するCPU203aと、CPU203aの演算処理時におけるデータのワークエリアとして機能するRAM203c等を備え、ROM203bに記憶されたプログラムに基づき、賞球制御を行う。

賞球制御基板203は接続されている払出部291に対して入球時の賞球数を払い出す制御を行う。また発射部292に対する遊技球の発射の操作を検出し、遊技球の発射を制御する。払出部291は遊技球の貯留部から所定数を払い出すためのモータ等からなる。

賞球制御基板203はこの払出部291に対して、各入球口(第1始動口105、第2始動口120、普通入賞口107a、107b、107c、107d、大入賞口93)に入球した遊技球に対応した賞球数を払い出す制御を行う。発射部292は遊技者による遊技操作を検出するセンサ(図示しない)と、遊技球を発射させる図示しないソレノイド等を備え、遊技のための遊技球を発射する。賞球制御基板203は発射部292のセンサにより遊技操作を検出すると、検出された遊技操作に対応してソレノイド等を駆動させて遊技球を間欠的に発射させ、遊技盤101の遊技領域103に遊技球を送り出す。

図3は遊技盤101を示す正面図である。
図3において、遊技盤101は、合板の前面に樹脂シートを貼り付けた構造の遊技板300に中央役物2等の各種所物や遊技釘303を配置したものである。遊技盤101の遊技領域103の中央には、中央役物2が設けられている。中央役物2には、例えば液晶表示器(LCD)を用いた図柄表示部104が配置されている。

中央役物2は、前記遊技領域103の中央に設けられ、窓部22が形成された枠部材21を主要構成とする前側ユニット3を有し、当該窓部22に図柄表示部104が配置されている。

図柄表示部104の画面の手前には、図1に示した左右のリング形開閉部材20L、20R及び左右のハート形開閉部材30L、30Rが移動可能な状態で設けられている。左のハート形開閉部材30Lはハートの左半分の形状に形成されている。右のハート形開閉部材30Rはハートの右半分に形状で形成されている。

図3において、中央役物2の枠部材21の上側中央の若干左寄りには、曲面部23が設けられており、遊技領域103は、この曲面部23から左右に分岐して左打ち用の遊技領域301と勢いが付きすぎた遊技球を減速させて回収口108に導く線路302に分けられている。

左打ち用の遊技領域301には、多数本の遊技釘303とともに、入賞ゲート106、普通入賞口107a、107b、107c、風車109、第1始動口105、第2始動口120、大入賞口ユニット9等が配置されている。

一方、枠部材21の左側壁31には、左打ち用の遊技領域301を落下する遊技球が付近の遊技釘303の誘導により比較的低い確率で突入するワープ経路32が設けられている。

枠部材21の下壁33の正面側の上面には、ワープ経路32を通過した遊技球が転がるステージ面34が形成されている。ステージ面34の中央には遊技球を第1始動口105に誘導する誘導孔35の入り口35aが設けられている。誘導孔35の出口35bは、第1始動口105の上方に位置する。

枠部材21の左側壁31、下壁33、右側壁36、上壁37により囲まれる領域は、上述の窓部22となっている。

窓部22の背面側には、図柄表示部104が配置されており、図柄表示部104の窓部22から露出する部分が画面400となっている。

遊技球は、通常の遊技状態で、曲面部23よりも左下側に落下して左打ち用の遊技領域301に導かれ、遊技釘303や風車109に衝突しながら、あるものは、ワープ経路32、ステージ面34及び誘導孔35を通過し第1始動口105に落下し、また、あるものは、ワープ経路32を介さずにステージ面34及び誘導孔35を通過し第1始動口105に落下し、また、あるものは、ワープ経路32を介さず直接下方に落下し、普通入賞口107a、107b、107c、107dまたは第1始動口105に入賞し、また、あるものは、アウト球として回収口108に集合し、アウト球通路孔を通って遊技盤3の裏面側に排出される。

図4乃至図7は中央役物2の前側ユニット3を示し、図4及び図5は左右のリング形開閉部材20L、20Rが閉じ、左右のハート形開閉部材30L、30Rが開いた状態の正面図及び背面図である。図6及び図7は左右のリング形開閉部材20L、20R及び左右のハート形開閉部材30L、30Rが閉じた状態の正面図及び背面図である。

図4及び図5に示す前側ユニット3において、左右のリング形開閉部材20L、20Rは、図4に示す前側の枠部材21の後側に設けられる。図3に示した図柄表示部104は、図5に示す後側の枠部材24の背面に取り付ける。

図6及び図7に示す前側ユニット3において、左右のハート形開閉部材30L、30Rは、図6に示す左右のリング形開閉部材20L、20Rと図5に示す後側の枠部材24の間に挟まれた状態で設けられる。図3に示した図柄表示部104は、後側の枠部材24の背面に取り付ける。

図7において、前側ユニット3の上部には、ランプ制御基板206が設けられている。

図6において、前側ユニット3のフレーム11の左右上側部には、それぞれ左右上側のフレキシブルフラットケーブル95L、95R(図8及び図9参照)を介してそれぞれ左右のリング形開閉部材20L、20Rに接続する中継基板25L、25Rが設けられている。中継基板25L、25Rは、ハーネスを介して御基板206に接続する。

前側ユニット3のフレーム11の左右下側部には、それぞれ左右下側のフレキシブルフラットケーブル191L、191R(図10及び図11参照)を介してそれぞれ左右のハート形開閉部材30L、30Rに接続する中継基板26L、26Rが設けられている。中継基板26L、26Rは、ハーネスを介してランプ制御基板206に接続する。ランプ制御基板206は、ハーネスを介して図2に示した副制御基板202に接続する。このような接続により、副制御基板202は、図7に示すリング形開閉部材20L、20R及びハート形開閉部材30L、30Rの後述の電飾基板63L、63R、163L、163Rに実装した発光ダイオードの発光制御を行えるようになっている。

また、図6及び図7に示すように、前側ユニット3の下部には、左右のリング形開閉部材20L、20Rを駆動する駆動モータ45と、左右のハート形開閉部材30L、30Rを駆動する駆動モータ145が設けられている。駆動モータ45、145は、図2に示した演出役物作動装置254に含まれる。

図8及び図9は左右のリング形開閉部材20L、20R及びその周辺部を示す正面図であり、図8は左右のリング形開閉部材20L、20Rが開いた状態を示し、図9は左右のリング形開閉部材20L、20Rが閉じた状態を示している。

図8において、左のリング形開閉部材20Lはリングの左半分の形状に形成されている。右のリング形開閉部材20Rはリングの右半分に形状で形成されている。
左右のリング形開閉部材20L、20Rは、上下の金属棒によるレール41、42によって左右にスライド可能な状態で設けられている。左右のリング形開閉部材20L、20Rの下側延出部517L、517Rには、左右方向に伸びる直線ギア43、44がそれぞれ嵌合固定されている。直線ギア43は下側に歯43aを有する。直線ギア44は、下側に歯44aを有し、上側に歯44bを有する。

駆動モータ45は、前側ユニット3の下部に設けられているものであり、その回転軸46に平歯車47が取り付け固定されている。

回転軸48は、前側ユニット3に回転可能な状態で設けられているものであり、後側及び前側の平歯車49、50が取り付け固定されている。平歯車49歯は、平歯車47の歯と咬み合っている。平歯車50は平歯車49より大径になっている。平歯車50の歯は、直線ギア44は下側の歯44aと咬み合っている。

回転軸51は、前側ユニット3に回転可能な状態で設けられているものであり、平歯車52が取り付け固定されている。平歯車52の下側は、直線ギア44の上側の歯44bと咬み合っている。平歯車52の上側は、直線ギア43の下側の歯43aと咬み合っている。

これにより、駆動モータ45が回転軸46を前方から見て右回りに回転駆動すると、直線ギア44は左方向に移動し、直線ギア43は右方向に移動し、左右のリング形開閉部材20L、20Rは近づく方向に移動する。

駆動モータ45が回転軸46を前方から見て左回りに回転駆動すると、直線ギア44は右方向に移動し、直線ギア43は左方向に移動し、左右のリング形開閉部材20L、20Rは離れる方向に移動する。

検出スイッチ54は、前側ユニット3に設けられているものであり、図8に示す左右のリング形開閉部材20L、20Rが最も離れた状態で直線ギア44の右端を検出している。

検出スイッチ53は、前側ユニット3に設けられているものであり、図9に示す左右のリング形開閉部材20L、20Rが接触した状態で直線ギア44の左端を検出している。

検出スイッチ53、54の検出結果は、図2に示すランプ制御基板206を介して副制御基板202に送信される。副制御基板202は、主制御基板201より送信されている演出に係るコマンドを受信すると、このコマンドに基づいて抽選を行い、左右のリング形開閉部材20L、20Rによる演出を確定すると共に、駆動モータ45に対して検出スイッチ53、54の検出結果に基づき当該確定した演出の制御を行う。

図8に示す左のリング形開閉部材20Lは、外装部材61Lと透明部材62Lを備え、背面側に図7に示す電飾基板63Lが取り付けられるようになっている。

図8において、外装部材61Lの右側の壁部には、透明部材62Lの光拡散部521Lが挿入される切り欠き509Lが形成されている。外装部材61Lは、表面を構成する平面部500Lに4つの貫通部を有し、この貫通部には、透明部材62Lの光拡散部531L、532L、533L、534Lが設けられている。

光拡散部531L、532L、533L、534Lは、表面が多面体形状のカットにより宝石状に形成され、裏面が多面体形状のカットにより光を拡散するレンズ面になっている。

図8に示す右のリング形開閉部材20Rは、直線ギア44をネジ止めするネジ止め部517Rが左のリング形開閉部材20Lのネジ止め部517Lより長く形成されているだけで、それ以外の外装部材61Rの部分は、左のリング形開閉部材20Lの外装部材61Lの部分と左右対称の構造になっている。図5に示す右のリング形開閉部材20Rの透明部材62R及び右側の電飾基板63Rは、左のリング形開閉部材20Lの透明部材62L及び電飾基板63Lと左右対称の構造になっている。即ち、図4乃至図9において、右の外装部材61Rの切り欠き509R及び平面部500R、透明部材62Rの光拡散部521R、531R、532R、533R、534R、電飾基板63Rは、左の外装部材61Lの切り欠き509L及び平面部500L、透明部材62Lの光拡散部521L、531L、532L、533L、534L、電飾基板63Lと左右対称の構造になっている。

左右上側のフレキシブルフラットケーブル95L、95Rの一端側のコネクタ接続部は、左右のリング形開閉部材20L、20Rの外装部材61L、61Rの上辺に形成されたスリットに挿入され、電飾基板63L、63R(図7参照)のコネクタメス部に接続される。
左上側の中継基板25Lは、左のリング形開閉部材20Lが最も左側に移動した状態で左のリング形開閉部材20Lの左上側に配置している。右上側の中継基板25Rは、右のリング形開閉部材20Rが最も右側に移動した状態で右のリング形開閉部材20Rの右上側に配置している。左右上側の中継基板25L、25Rのコネクタメス部94L、94Rには、フレキシブルフラットケーブル95L、95Rの他端側のコネクタ接続部が接続される。
このような構造により左右上側の中継基板25L、25Rは、それぞれ左右上側のフレキシブルフラットケーブル95L、95Rを介してそれぞれ左右のリング形開閉部材20L、20Rの電飾基板63L、63R(図7参照)に電気的に接続する。
左の電飾基板63Lには、光拡散部531L、532L、533L、534Lに向けて照明光を照射する複数の発光ダイオードが設けられている。左の電飾基板63Lの複数の発光ダイオードからの照明光は、拡散部531L、532L、533L、534Lにより拡散され、外部に向けて照射される。

右の電飾基板63Rには、光拡散部531R、532R、533R、534Rに向けて照明光を照射する複数の発光ダイオードが設けられている。右の電飾基板63Rの複数の発光ダイオードからの照明光は、拡散部531R、532R、533R、534Rにより拡散され、外部に向けて照射される。

尚、遊技機1は、通常の状態で図8は左右のリング形開閉部材20L、20Rが開いた状態に制御し、図3に示すように枠部材21の後ろ側に左右のリング形開閉部材20L、20Rを隠し、抽選において大当たり遊技を実行する権利を獲得した状態では高い確率でリング形開閉部材20L、20Rを図9に示すように閉じるように制御し、図1に示すように、リング形開閉部材20L、20Rを枠部材21の窓部22から露出させ図柄表示部104の画面400の手前に移動させる。抽選において大当たり遊技を実行する権利を獲得しなかった状態では低い確率でリング形開閉部材20L、20Rを図9に示す左右のリング形開閉部材20L、20Rを閉じるように制御する。遊技機1は、左右のリング形開閉部材20L、20Rを閉じた場合に、左右の電飾基板63L、63Rに電力を供給して左右の電飾基板63L、63Rの複数の発光ダイオードを発光させて、拡散部531L、532L、533L、534L、531R、532R、533R、534Rを輝かせる。

図10及び図11は左右のハート形開閉部材30L、30R及びその周辺部を示す正面図であり、図10は左右のハート形開閉部材30L、30Rが開いた状態を示し、図11は左右のハート形開閉部材30L、30Rが閉じた状態を示している。

図10において、左のハート形開閉部材30Lはハートの左半分の形状に形成されている。右のハート形開閉部材30Rはハートの右半分に形状で形成されている。

左右のハート形開閉部材30L、30Rは、上下の金属棒によるレール141、142によって左右にスライド可能な状態で設けられている。左右のハート形開閉部材30L、30Rの下側延出部174L、174Rには、左右方向に伸びる直線ギア143、144がそれぞれ嵌合固定されている。直線ギア143は下側に歯143aを有する。直線ギア144は、下側に歯144aを有し、上側に歯144bを有する。

駆動モータ145は、前側ユニット3の下部に設けられているものであり、その回転軸146に平歯車147が取り付け固定されている。

回転軸148は、前側ユニット3に回転可能な状態で設けられているものであり、後側及び前側の平歯車149、150が取り付け固定されている。平歯車149歯は、平歯車147の歯と咬み合っている。平歯車150は平歯車149より大径になっている。平歯車150の歯は、直線ギア144は下側の歯144aと咬み合っている。

回転軸151は、前側ユニット3に回転可能な状態で設けられているものであり、平歯車152が取り付け固定されている。平歯車152の下側は、直線ギア144の上側の歯144bと咬み合っている。平歯車152の上側は、直線ギア143の下側の歯143aと咬み合っている。

これにより、駆動モータ145が回転軸146を前方から見て右回りに回転駆動すると、直線ギア144は左方向に移動し、直線ギア143は右方向に移動し、左右のハート形開閉部材30L、30Rは近づく方向に移動する。

駆動モータ145が回転軸146を前方から見て左回りに回転駆動すると、直線ギア144は右方向に移動し、直線ギア143は左方向に移動し、左右のハート形開閉部材30L、30Rは離れる方向に移動する。

検出スイッチ154は、前側ユニット3に設けられているものであり、図10に示す左右のハート形開閉部材30L、30Rが最も離れた状態で直線ギア144の右端を検出している。

検出スイッチ153は、前側ユニット3に設けられているものであり、図11に示す左右のハート形開閉部材30L、30Rが接触した状態で直線ギア144の左端を検出している。

検出スイッチ153、154の検出結果は、図2に示すランプ制御基板206を介して副制御基板202に送信される。副制御基板202は、主制御基板201より送信されている演出に係るコマンドを受信すると、このコマンドに基づいて抽選を行い、左右のハート形開閉部材30L、30Rによる演出を確定すると共に、駆動モータ145に対して検出スイッチ153、154の検出結果に基づき当該確定した演出の制御を行う。

図10に示す左のハート形開閉部材30Lは、外装部材161Lと透明部材162Lを備え、背面側に図7に示す電飾基板163Lが取り付けられるようになっている。

図10において、外装部材161Lは、表面を構成する前面部600Lに9個の貫通部601Lを有し、これら貫通部601Lには、透明部材162Lの9個の光拡散部631Lが設けられている。

図10に示す右のハート形開閉部材30Rは、直線ギア144をネジ止めするネジ止め部617Rが左のハート形開閉部材30Lのネジ止め部617Lより長く形成されているだけで、それ以外の外装部材161Rの部分は、左のハート形開閉部材30Lの外装部材161Lの部分と左右対称の構造になっている。図7に示す右のハート形開閉部材30Rの電飾基板163Rは、左のハート形開閉部材30Lの電飾基板163Lと左右対称の構造になっている。即ち、図6乃至図11において、右の外装部材161Rの前面部600R及び貫通部601R、透明部材162Rの光拡散部631R、電飾基板163Rは、左の外装部材161Lの前面部600L及び貫通部601L、透明部材162Lの光拡散部631L、電飾基板163Lと左右対称の構造になっている。

左右下側のフレキシブルフラットケーブル195L、195Rの一端側のコネクタ接続部は、左右のハート形開閉部材30L、30Rの外装部材61L、61Rの下側延出部174L、174Rから内部に挿入して電飾基板163L、163R(図7参照)のコネクタメス部に接続される。

左下側の中継基板26Lは、左のハート形開閉部材30Lが最も左側に移動した状態で左のハート形開閉部材30Lの右下側に配置している。右下側の中継基板26Rは、右のハート形開閉部材30Rが最も右側に移動した状態で右のハート形開閉部材30Rの左下側に配置している。左右下側の中継基板26L、26Rのコネクタメス部96L、96Rには、フレキシブルフラットケーブル195L、195Rの他端側のコネクタ接続部が接続される。フレキシブルフラットケーブル195L、195Rの中継基板26L、26R側は、折り曲げられ前側ユニット3(図6参照)のフレーム11(図6参照)に形成されたスリット27L、27Rに挿入され、スリット27L、27Rに保持されている。スリット27L、27Rは、左右のハート形開閉部材30L、30Rが左右にスライドの中央の位置にある状態で、下側延出部174L、174Rの真下に位置する。

このような構造により、左右下側の中継基板26L、26Rは、それぞれ左右下側のフレキシブルフラットケーブル195L、195Rを介してそれぞれ左右のハート形開閉部材30L、30Rの電飾基板163L、163R(図7参照)に電気的に接続する。

フレキシブルフラットケーブル195Lは、図10に示す左右のハート形開閉部材30L、30Rが最も開いた状態で最も左側に伸ばされた状態になり、図11に示す左右のハート形開閉部材30L、30Rが閉じた状態で最も右側に伸ばされた状態になり、左右のハート形開閉部材30L、30Rが図10と図11に示す位置の中間の位置で最も湾曲して弛む。

フレキシブルフラットケーブル195Rは、図10に示す左右のハート形開閉部材30L、30Rが最も開いた状態で最も右側に伸ばされた状態になり、図11に示す左右のハート形開閉部材30L、30Rが閉じた状態で最も左側に伸ばされた状態になり、左右のハート形開閉部材30L、30Rが図10と図11に示す位置の中間の位置で最も湾曲して弛む。

左の電飾基板163Lには、光拡散部631Lに向けて照明光を照射する後述の複数の発光ダイオードが設けられている。左の電飾基板163Lの複数の発光ダイオードからの照明光は、拡散部631Lにより拡散され、外部に向けて照射される。

右の電飾基板163Rには、光拡散部631Rに向けて照明光を照射する複数の発光ダイオードが設けられている。右の電飾基板163Rの複数の発光ダイオードからの照明光は、拡散部631Rにより拡散され、外部に向けて照射される。

尚、遊技機1は、通常の状態で図10は左右のハート形開閉部材30L、30Rが開いた状態に制御し、図3に示すように枠部材21の後ろ側に左右のハート形開閉部材30L、30Rを隠し、抽選において大当たり遊技を実行する権利を獲得した状態では高い確率でハート形開閉部材30L、30Rを図11に示すように閉じるように制御し、図1に示すように、ハート形開閉部材30L、30Rを枠部材21の窓部22から露出させ図柄表示部104の画面400の手前に移動させる。抽選において大当たり遊技を実行する権利を獲得しなかった状態では低い確率でハート形開閉部材30L、30Rを図11に示す左右のハート形開閉部材30L、30Rを閉じるように制御する。遊技機1は、左右のハート形開閉部材30L、30Rを閉じた場合に、左右の電飾基板163L、163Rに電力を供給して左右の電飾基板163L、163Rの複数の発光ダイオードを発光させて、拡散部631L、631Rを輝かせる。

以下、左のハート形開閉部材30L及びこれに接続する接続するフレキシブルフラットケーブル191Lについて説明する。

図12は左のハート形開閉部材30L及びフレキシブルフラットケーブル191Lの右上後方から見た分解斜視図、図13は左のハート形開閉部材30L及びフレキシブルフラットケーブル191Lの組み立てた状態の右上後方から見た斜視図、図14はハート形開閉部材30Lの下側延出部174Lとフレキシブルフラットケーブル191Lの接続部の右上後方から見た分解斜視図、図15はハート形開閉部材30Lの下側延出部174Lとフレキシブルフラットケーブル191Lの接続部の右上後方から見た斜視図、図16はハート形開閉部材30Lの下側延出部174Lとフレキシブルフラットケーブル191Lの接続部の右上前方から見た斜視図、図17は電飾基板163Lのコネクタメス部周辺部及びフレキシブルフラットケーブル191Lの斜視図、図18は電飾基板163Lのコネクに対するフレキシブルフラットケーブル191Lの接続状態を説明する説明図である。

図12において、ハート形開閉部材30Lは、外装部材161Lと、透明部材162Lと、電飾基板163Lと、レールランナー部164Lと、ローラ165L、166Lと、下側蓋部材167Lと、複数のネジ168、169、170によって構成されている。

外装部材161Lは、合成樹脂を素材とし、主要構成となる外側ハート形状部171Lと、外側ハート形状部171Lの内側に隙間を介して設けられた内側ハート形状部172Lと、上側延出部173Lと、下側延出部174Lとを金型で一体形成したものである。

外側ハート形状部171Lは、表面を構成するハート左半分形状の前面部600Lを有している。外側ハート形状部171Lは、前面部600Lのハート左半分形状の外周側及び内周側の縁部から後方に延出する壁部602L、603Lが設けられている。前面部600Lの右側の上下の端部には、壁部604L、605Lが設けられている。

前面部600Lの後面の壁部604L近傍には、ネジ止め部606Lが上下二箇所に形成されている。ネジ止め部606Lには、ネジ168のネジ部が螺入されるネジ孔が形成されている。

上側延出部173Lは、逆L字状の平面部610Lの左右に、後方に延出する壁部611L、612Lを設けたものである。壁部611Lは、壁部602に連続して形成されている。壁部612は、壁部604Lに連続して形成されている。

レールランナー部164Lは、透明の合成樹脂を素材とし、下側から順に縦長形状のネジ止め部621Lと、上方に延出する垂直延出部622Lと、垂直延出部622の上側から水平方向左側に延出する水平延出部623Lと、水平延出部623の上辺左側に設けられ図8に示した上側レール141が挿入され係合するU字状部624Lとを金型により一体したものである。

ネジ止め部621Lには、ネジ168、168のネジ部が挿通される上下二つのネジ挿通孔625Lが形成されている。ネジ挿通孔625Lの周りには筒状の壁部626Lが形成されている。

ネジ168、168は、ネジ部がレールランナー部164Lのネジ挿通孔625L、625Lに挿通し、外装部材161Lのネジ止め部606L、606Lに螺入して締め付けられることで、図13に示すように、レールランナー部164Lを外装部材161Lの後面の上部にネジ止めする。このようなネジ止めが行われた状態で、レールランナー部164Lの垂直延出部622及び水平延出部623は、逆L字状の平面部610L及び壁部611L、612Lに囲まれ、レールランナー部164LのU字状部625は、逆L字状の平面部610L及び壁部611L、612Lの上端から上方へ突出する。

図12において、前面部600Lには、9個の貫通部601Lが略等間隔でハート左半分形状に沿って並べて形成されている。前面部600Lの後面の上中下3箇所には、ネジ止め部607Lが形成されている。ネジ止め部607Lには、ネジ169のネジ部が螺入されるネジ挿入孔が形成されている。

透明部材162Lは、透明の合成樹脂を素材とし、金型により一体形成されたものであり、前面部600Lより若干外径が小さいハート左半分形状に形成されている。透明部材162Lは、前面部600Lの9個の貫通部601Lに挿入する9個の光拡散部631Lが前方に膨出して形成されている。光拡散部631Lは、表面が多面体形状のカットにより宝石状に形成され、裏面が多面体形状のカットにより光を拡散するレンズ面になっている。光拡散部631Lは、多面体形状のカットによって電飾基板163Lの発光ダイオード636Lからの照明光を拡散して外部に向けて照射させる。透明部材162Lの後ろ面には、電飾基板163Lの貫通孔637Lに挿入する電飾基板位置決め用の突起部632Lが二箇所に形成されている。透明部材162Lは、前面部600Lの3箇所のネジ止め部607Lが挿入される3箇所の切欠き633Lが形成されている。透明部材162Lは、前面部600Lの9個の貫通部601Lに挿入する9個の光拡散部631Lを挿入した状態で前面部600Lの後面に接着固定される。

電飾基板163Lは、基板原板をハート左半分形状に形成したハート形状部634Lの下側に延出部635Lを設けたものである。電飾基板163Lのハート形状部634Lの前面における9個の光拡散部631Lに対応する位置には、9個の発光ダイオード636が設けられている。延出部635Lの前面には、フレキシブルフラットケーブル191Lの一端側のコネクタ接続部194Lが差し込まれるコネクタメス部181Lが設けられている。9個の発光ダイオード636Lは、コネクタメス部181Lと電気的に接続している。ハート形状部634Lには、透明部材162Lの二箇所の突起部632Lが挿入される二箇所の貫通孔637Lと、ネジ169のネジ部が挿入されるネジ挿通孔638Lが形成されている。

電飾基板163Lは、外装部材161Lの後側にネジ止めされる際に、二箇所の貫通孔637Lに透明部材162Lの二箇所の突起部632Lが挿入されて位置決めが行われる。ネジ169は、ネジ部が電飾基板163Lの後面側からネジ挿通孔638Lに挿通し、ネジ止め部607Lのネジ孔に螺入されて締め付けられることで、図13に示すように、電飾基板163Lを外装部材161Lにネジ止めする。

図12において、下側延出部174Lは、コネクタメス部181Lから延出するフレキシブルフラットケーブル191Lの折り曲げ部及びローラ165L、166Lを収納し状態で、後側が下側蓋部材167Lによって閉塞される。下側蓋部材167Lは、図13に示すように二本のネジ170によって下側延出部174Lにネジ止め固定される。

以下、下側延出部174L及び下側蓋部材167Lについて詳細に説明する。

図14において、下側延出部174Lは、L字状の平面部640Lの左右及び下側に、後方に延出する壁部641L、642L、643Lを設けたものである。壁部641L、642Lは、図12に示した壁部602L、605Lに連続して形成されている。

図14において、L字状の平面部640Lは、外側ハート形状部171L(図12参照)の前面部600L(図12参照)から下方に延出する垂直延出部651Lと、垂直延出部651Lの下側から水平方向左側に延出する水平延出部652Lとを有している。

図14において、壁部641Lと壁部643Lの間には、図10に示したレール142を通す切り欠き644Lが設けられている。

図14において、壁部642Lと壁部643Lの間には、図10に示したレール142を通す切り欠き645Lが設けられている。

図14において、壁部641Lは、上から順に垂直壁部653L、傾斜壁部654L、水平壁部655L、垂直壁部656Lを有している。

垂直壁部653Lは、L字状の平面部640Lの垂直延出部651Lの左辺から後方に延出して配置される。傾斜壁部654Lは、垂直壁部653Lの下辺から左斜め下方向に延出して配置される。水平壁部655Lは、傾斜壁部654Lの下辺から左方向に延出して水平延出部652Lの上側に配置する。垂直壁部656Lは、水平壁部655Lの左辺から下方向に延出して水平延出部652Lの左側に配置する。垂直壁部656Lの下側は、切り欠き645Lになっている。

また、L字状の平面部640Lの垂直延出部651の後面には、壁部643Lの上下の中間部に近接して突起状のネジ止め部661Lが設けられている。ネジ止め部661Lには、ネジ170のネジ部が螺入されるネジ孔が形成されている。壁部643Lの内側面の後側のネジ止め部661Lの周囲には溝部662Lが形成されている。垂直延出部651の後面のネジ止め部661Lより下側には、間仕切り壁部663Lが後方に突出して形成されている。間仕切り壁部663Lは、壁部643Lの内側面から左側へ水平方向に配置する水平面部664Lと水平面部664Lの左側から下方に向けて湾曲して配置する湾曲面部665Lを有している。垂直延出部651の後面の水平面部664Lと壁部643Lの間には、リング状に形成され後述の回転軸691Lの先端が嵌入される回転軸嵌入部666Lが形成されている。

L字状の平面部640Lの水平延出部652Lの上側には、ネジ止め部667Lが形成されている。ネジ止め部667Lには、ネジ170のネジ部が螺入されるネジ孔が形成されている。水平壁部655Lの後側のネジ止め部667Lの周囲には切欠き668Lが形成されている。水平延出部652Lのネジ止め部667Lの下側には、間仕切り壁部669Lが水平延出部652Lの後面から突出して垂直方向に形成されている。水平延出部652Lの後面の間仕切り壁部669Lと垂直壁部656Lの間には、リング状に形成され後述の回転軸692Lの先端が嵌入される回転軸嵌入部670Lが形成されている。

下側の壁部643Lの後辺中央には、フレキシブルフラットケーブル191Lが挿入される切欠き671Lが形成されている。下側の壁部643Lの切欠き671Lの下側には、切欠き671Lを保持して誘導するフレキシブルフラットケーブル保持部672Lが設けられている。

ローラ165L、166Lは、それぞれハート形開閉部材30Lの閉塞側及び開放側に配置してレール142の上に乗るものであり、それぞれの中心に後述の回転軸691L、692Lがそれぞれ挿入される貫通孔175L、176Lが形成され、それぞれの外周にレール142が挿入されて係合する溝177L、178Lが形成されている。

下側蓋部材167Lは、透明の合成樹脂を素材とし金型で一体形成したものであり、L字状の平面部681Lの下側に、前方に延出する壁部682Lを設けたものである。

L字状の平面部681Lは、垂直延出部683Lと、垂直延出部683Lの下側から水平方向左側に延出する水平延出部684Lとを有している。

垂直延出部683Lの右辺近傍の前記ネジ止め部661Lに対応する位置には、ネジ挿通孔685Lが形成されている。前記溝部662Lに対応する垂直延出部683Lの右辺の位置には、ネジ挿通孔685Lの周りの強度を維持するための凸部686Lが右側方に突出して形成されている。

水平延出部684Lの上辺近傍の前記ネジ止め部667Lに対応する位置には、ネジ挿通孔687Lが形成されている。切欠き668Lに対応する垂直延水平延出部684Lの上辺の位置には、ネジ挿通孔687Lの周りの強度を維持するための凸部688Lが上方に突出して形成されている。

垂直延出部683Lの前面の上辺近傍には、フレキシブルフラットケーブル191Lの位置を規制する板状の位置規制部689Lが前方に突出して形成されている。位置規制部689Lは水平方向に形成される。位置規制部689Lの前辺には、フレキシブルフラットケーブル191Lが挿入される切欠き690Lが形成されている。

垂直延出部683Lの前面の回転軸嵌入部666Lに対向する位置には、回転軸691Lが前方に突出して形成されている。回転軸691Lは、ローラ165Lの貫通孔175Lに挿通した状態で先端側が回転軸嵌入部666Lに嵌入する。水平延出部684Lの前面の回転軸嵌入部667Lに対向する位置には、回転軸692Lが前方に突出して形成されている。回転軸692Lは、ローラ166Lの貫通孔176Lに挿通した状態で先端側が回転軸嵌入部670Lに嵌入する。

垂直延出部683Lの前面の左下寄りには、フレキシブルフラットケーブル191Lを押さえる板状の突起部693Lが前方に突出して形成されている。垂直延出部683Lの前面の下側縁部には、フレキシブルフラットケーブル191Lを押さえる板状の突起部694Lが形成されている。突起部694Lの前端から所定間隔を置いた下側は、壁部682Lと連続して形成されている。

ネジ170は、ネジ部が下側蓋部材167Lの後側からネジ挿通孔685L、687Lに挿通し、下側延出部174Lのネジ止め部661L、667Lのネジ孔に螺入して締め付けられることで、図15に示すように下側蓋部材167Lを下側延出部174Lにネジ止め固定する。図15に示すように下側蓋部材167Lを下側延出部174Lにネジ止め固定した状態では、下側蓋部材167Lの壁部682Lは、下側延出部174Lの壁部643Lの上側に係止する。

下側蓋部材167Lの平面部681L及び壁部682Lと切り欠き644Lによって形成される開口は、レール142を通すレール挿通部696Lになっている。下側蓋部材167Lの平面部681L及び壁部682Lと切り欠き645Lによって形成される開口は、レール142を通すレール挿通部697Lになっている。

図14において、フレキシブルフラットケーブル保持部672Lは、左壁部673Lと、後側壁部674Lと、図16に示すフレキシブルフラットケーブル挿入部675Lと、曲面部676L及び水平平面部677Lとを有している。

図14において、フレキシブルフラットケーブル保持部672Lの左壁部673Lは、下側の壁部643Lの切欠き671Lの左脇から下方に延出する。後側壁部674Lは、左壁部673Lの後辺に連続して右方向に設けられ、板面が平面部640Lと平行になっている。

図16において、フレキシブルフラットケーブル挿入部675Lは、上側後方が平面部640Lの下辺中央と連続して形成され、下側後方が後側壁部674Lと連続して形成され、左側が左壁部673Lと連続して形成されている。また、フレキシブルフラットケーブル挿入部675Lは、フレキシブルフラットケーブル191Lが挿入される水平方向の溝部678Lが形成されている。後側壁部674Lの後ろ面には、フレキシブルフラットケーブル191Lを誘導する曲面部676L及び水平平面部677Lが形成されている。左壁部673Lと水平平面部677Lの間には、フレキシブルフラットケーブル191Lを挿通させる隙間679Lが形成されている。

図17において、フレキシブルフラットケーブル191Lは、テープ本体192Lの絶縁体層間に複数の導体193Lを有し末端部に導体193Lが露出するコネクタ接続部194Lを有する構造になっている。

フレキシブルフラットケーブル191Lは、コネクタメス部181Lに接続するコネクタ接続部194L側から順に折曲部195L、196L、197L、198Lが形成されている。フレキシブルフラットケーブル191Lのテープ本体192Lの前面は白色になっている。フレキシブルフラットケーブル191Lのコネクタ接続部194Lの一方のテープ面側には、コネクタメス部181Lと電気的に接続するため導体193Lが露出している。フレキシブルフラットケーブル191Lのコネクタ接続部194Lの他方のテープ面側には、前記コネクタメス部181Lにコネクタ接続部194Lが完全に差し込まれた状態で前記コネクタの内側に隠れる位置を他の位置と区別するため図18(a)に示す青色の薄板199Lを貼り付けている。尚、薄板199Lは、比較的硬い樹脂で形成され、コネクタ接続部194Lを補強して前記コネクタメス部181Lにコネクタ接続部194Lを差込み易くする機能も有している。

図17において、フレキシブルフラットケーブル191Lの第1の折曲部195Lは、前記一方のテープ面側から見てフレキシブルフラットケーブル191Lの長手方向に対して45°右回りに傾いた折曲線において180°の山折りで折り曲げられたものである。第2の折曲部196Lは、前記一方のテープ面側から見てフレキシブルフラットケーブル191Lの長手方向に対して45°右回りに傾いた折曲線において180°の谷折りで折り曲げられたものである。第3の折曲部197Lは、前記一方のテープ面側から見てフレキシブルフラットケーブル191Lの長手方向に対して直交する折曲線において90°の谷折りで折り曲げられたものである。第4の折曲部198Lは、前記一方のテープ面側から見てフレキシブルフラットケーブル191Lの長手方向に対して135°右回りに傾いた折曲線において180°の山折りで折り曲げられたものである。

ここで、中継基板26L、26Rは、図6において、前側ユニット3のフレーム11に固定され、左右のハート形開閉部材30L、30Rは、比較的長い距離を左右方向にスライドするとともに、左右に連続してガタガタ揺れるように動く場合もあり、左右のハート形開閉部材30L、30Rと中継基板26L、26Rの電気的接続に用いる配線には高い湾曲強度が必要になる。また、左右のハート形開閉部材30L、30Rの電飾基板163L、163Rには、複数のフルカラー発光ダイオード(電飾基板163Lの場合、フルカラー発光ダイオード)を実装するとともに、複雑な点灯パターンで発光制御を行うようになっている。このため、多数本の導体による多系統の配線が必要になる。このような理由から、左右のハート形開閉部材30L、30Rの電飾基板163L、163Rと中継基板26L、26Rの接続には、ワイヤーハーネスではなく、フレキシブルフラットケーブル191L、191R(図10及び図11参照)を用いている。

図18(a)において、第1の折曲部195Lで折り曲げられたフレキシブルフラットケーブル191Lは、薄板199L側からの長手方向が第1の折曲部195Lにより90°方向転換する。

図18(b)において、折曲部195L、196L、197L、198Lで折り曲げられたフレキシブルフラットケーブル191Lは、コネクタメス部181Lから下方向に延出し、第1及び第2の折曲部195L、196Lにより間仕切り壁部663Lの水平面部664Lを迂回して、間仕切り壁部663Lの湾曲面部665Lと間仕切り壁部669Lの間を通り、切欠き671Lに挿入される。フレキシブルフラットケーブル191Lの切欠き671Lより下側は、第3及び第4の折曲部197L、198Lにより折り曲げられてフラットケーブル挿入部675Lの溝部678Lに挿入される。溝部678Lから右方向に延出するフレキシブルフラットケーブル191Lは、下方向に180°湾曲され、フラットケーブル挿入部675Lの下面と水平平面部677L(図16参照)の間を挿通し、隙間679L(図16参照)を挿通してフレキシブルフラットケーブル保持部672Lの左方向の外側に延出する。

ここで、図18(a)に示したフレキシブルフラットケーブル191Lの一方のテープ面のコネクタ接続部194Lの青色の薄板199Lを貼り付けられた部分は、図18(b)に示すコネクタメス部181Lにフレキシブルフラットケーブル191Lが完全に差し込まれた状態で前記コネクタメス部181Lの内側に隠れることになる。

製造時の不手際や遊技機1のメンテナンスの際にフレキシブルフラットケーブル191Lを不用意に引っ張り、フレキシブルフラットケーブル191Lとコネクタメス部181Lの接続が不完全になった場合には、図18(c)において、コネクタメス部181Lからフレキシブルフラットケーブル191Lに張られた薄板199Lが露出することになる。尚、本実施形態では、図15に示す下側蓋部材167Lは透明の合成樹脂で形成されているで、外装部材161Lの下側蓋部材167Lが取り付けられた状態でも、下側延出部174Lの内部確認は容易に行える。電飾基板163Lのコネクタメス部181Lの下端は、電飾基板163Lの下端よりも若干上側に設けられているが、外装部材161Lの後方斜め下側から見れば、コネクタメス部181Lとフレキシブルフラットケーブル191Lの接続部の確認は容易である。

尚、リング形開閉部材20L、20R及びハート形開閉部材30R及びこれに接続するフレキシブルフラットケーブル95L、95R(図8及び図9参照)、191R(図8及び図9参照)、についても、ハート形開閉部材30Lと同様のコネクタとフレキシブルフラットケーブルの接続構造を採用している。

このような構造により、遊技機1は、板状に形成された遊技板300と、当該遊技板300の前面に直線移動可能な状態で設けられた可動部材であるリング形開閉部材20L、20R及びハート形開閉部材30L、30Rと、当該リング形開閉部材20L、20R及びハート形開閉部材30L、30Rに設けられ、コネクタメス部181L(ハート形開閉部材30Lのもののみ図示したがリング形開閉部材20L、20R及びハート形開閉部材30Rのコネクタメス部も同様)を有する電飾基板63L、63R、163L、163Rと、一端側に前記が前記コネクタメス部181Lに差し込まれて電気的に接続するコネクタ接続部194Lを有し、他端側が遊技機本体側と接続するフレキシブルフラットケーブル191L(ハート形開閉部材30Lのもののみ図示したがリング形開閉部材20L、20R及びハート形開閉部材30Rのフレキシブルフラットケーブルも同様)とを備える。

前記フレキシブルフラットケーブル191Lには、当該コネクタメス部181Lに前記コネクタ接続部194Lが完全に差し込まれた状態で前記ハート形開閉部材30Lの特定の位置に対応するフレキシブルフラットケーブル側目印として青色の薄板199Lを設けている。
フレキシブルフラットケーブル191L側の薄板199Lは、前記コネクタメス部181Lに前記コネクタ接続部194Lが完全に差し込まれた状態に限って前記コネクタメス部181Lの内側に隠れる位置に設けられている。
前記遊技板300には、画面400に画像の表示を行う画像表示手段であるところの図柄表示部104が設けられ、前記ハート形開閉部材30L、30Rは、前記画面400の手前に直線移動可能な状態で設けられ、当該画面の手前で開閉動作を行う。

(主制御基板及び副制御基板の機能)
図19に遊技の進行を制御する制御手段200の機能的な構成を概略的に示す。ここに示すように、主制御基板201のROM201bは主に第1始動口105への遊技球の入球を契機として機能する手段として、第1特別図柄抽選手段700、第1特別図柄表示制御手段701、第1特別図柄変動制御手段702、第1乱数判定手段703を備えている。

ROM201bは第2始動口120への遊技球の入球を契機として機能する手段として第2特別図柄抽選手段720、第2特別図柄表示制御手段721、第2特別図柄変動制御手段722、第2乱数判定手段723を備えている。またROM201bは遊技を進行制御する手段として長当たり遊技制御手段740、短当たり遊技制御手段741、高確率遊技制御手段742、時短遊技制御手段743、通常遊技制御手段744、小当たり遊技制御手段745、演出実行コマンド送信手段733を備えている。更にROM201bは入賞ゲート106への遊技球の入球を契機として機能する手段として普通図柄抽選手段760、普通図柄表示制御手段761、普通図柄変動制御手段762、普通図柄抽選結果判定手段763を備えている。

主制御基板201のRAM201cは第1特別図柄保留記憶手段801、第2特別図柄保留記憶手段802、普通図柄保留記憶手段803、遊技状態記憶手段804、ラウンド数記憶手段805を備えている。

副制御基板202のROM202bは演出抽選手段901、演出制御手段902、確変示唆フラグ制御手段903を備えている。副制御基板202のRAM202cは遊技状態記憶手段910、確変示唆フラグ記憶手段911を備えている。

長当たり遊技制御手段740、短当たり遊技制御手段741、高確率遊技制御手段742、時短遊技制御手段743は大当たりに当選した際の遊技の進行を制御するプログラムである。第1の実施形態においては、大当たりの種類を複数設けており、大当たりに当選した場合には、更に大当たりの種類が決定され、この決定に基づいてCPU201aが各プログラムを作動させて各遊技状態のもとで遊技の進行を制御する。一方、通常遊技制御手段744は大当たりに当選していない通常の遊技状態、すなわち遊技を開始するときの初期状態と同様の状態にて遊技の進行を制御するプログラムである。

長当たり遊技制御手段740は第1始動口105もしくは第2始動口120に遊技球が入球したことを契機とする大当たり抽選の結果、長当たり遊技の実行の権利を獲得した際に、長当たり遊技の進行を制御する。第1の実施形態における「長当たり遊技」は大当たり遊技の一種で、開閉扉91が開閉するラウンド遊技が計15回行われる遊技のことである。

開閉扉91の開閉動作は大入賞口開閉ソレノイド97によってなされる。具体的にはCPU201aが長当たり遊技制御手段740を作動させて長当たり遊技を制御する際、まず大入賞口開閉ソレノイド97に通電し、開閉扉91を開状態とすることによりラウンド遊技が開始される。大入賞口検出部224が大入賞口93に所定個数(9個)の遊技球が入球したことを検出すると、CPU201aが長当たり遊技制御手段740を作動させて大入賞口開閉ソレノイド97への通電を停止し、ラウンド遊技が終了する。

大入賞口93に所定個数の遊技球が入球していなくても、開閉扉91が開いてから、所定時間(30秒)が経過すると、大入賞口開閉ソレノイド97への通電を停止する。これら2つの条件のいずれかが満たされることによって大入賞口開閉ソレノイド97への通電が停止されてラウンド遊技が終了となり、開閉扉91が閉状態となる。

開閉扉91が閉状態となった後、所定時間(2秒)が経過すると、CPU201aは長当たり遊技制御手段740を作動させて再度、大入賞口開閉ソレノイド97に通電し、開閉扉91を開く。これにより2回目のラウンド遊技が開始される。この要領で開閉扉91の開閉動作が15ラウンド繰り返して行われ、大入賞口93に遊技球が入球すると、当該入球に応じた賞球が払出部291によって払い出される。このように長当たり遊技では遊技者は多量の賞球を獲得することが可能となる。

短当たり遊技制御手段741は第1始動口105、もしくは第2始動口120に遊技球が入球したことを契機とする大当たり抽選の結果、短当たり遊技の実行の権利を獲得した際に、短当たり遊技の進行を制御する。第1の実施形態における「短当たり遊技」は大当たり遊技の一種で、開閉扉91が上記「長当たり遊技」と同様に15回開閉動作し、ラウンド遊技が15回実行される遊技のことである。但し、「短当たり遊技」では開閉扉91の最大開放時間が「長当たり遊技」よりも短く設定されている。

「短当たり遊技」状態での開閉動作は、大入賞口開閉ソレノイド97によって開閉扉91に対してなされる。具体的にはCPU201aが短当たり遊技制御手段741を作動させて短当たり遊技を制御する際、まず大入賞口開閉ソレノイド97に通電して開閉扉91を開状態とすることによりラウンド遊技が開始される。但し、「短当たり遊技」状態では、大入賞口開閉ソレノイド97への通電を一瞬(0.1秒)、停止させた後、再度、通電する制御を所定の間隔をもって15回繰り返すようにしている。従って開閉扉91が開状態にある時間は、長当たり遊技に比べて極めて短く、遊技球が大入賞口93に入球する可能性は長当たり遊技に比べて極めて低い。

「短当たり遊技」では開閉扉91が短時間で閉状態に戻るため、大入賞口93に多数の遊技球が入球することは困難となる。このように「短当たり遊技」は遊技者に賞球を払い出すことよりも、遊技性を向上させて興趣を高めることを目的としている。但し、「短当たり遊技」においても、大入賞口93に遊技球が入球した場合には、当該入球に応じた賞球が払い出される。

高確率遊技制御手段742は通常遊技状態よりも大当たり(長当たり及び短当たりを含む)の当選確率が高い状態で遊技が進行される高確率遊技状態に遊技を制御する。高確率遊技状態は長当たり遊技、または短当たり遊技が終了した後に実行される。

具体的には第1始動口105、もしくは第2始動口120に遊技球が入球すると、第1特別図柄抽選手段700、もしくは第2特別図柄抽選手段720が当たり乱数を取得する。すると、第1乱数判定手段703、もしくは第2乱数判定手段723が、取得した当たり乱数を所定のテーブルに基づいて判定する。このとき、通常遊技状態(高確率遊技状態ではない時短遊技状態を含む。以下、低確率遊技状態という)においては、特別図柄通常時当たり判定用テーブルに基づいた当たり乱数の判定が行われ、高確率遊技状態においては、特別図柄高確率時当たり判定用テーブルに基づいた当たり乱数の判定が行われる。特別図柄高確率時当たり判定用テーブルは大当たりと判定する当たり乱数の数(種類)が、特別図柄通常時当たり判定用テーブルよりも多く設定されている。大当たりの判定や種類は後で詳細に説明する。

時短遊技制御手段743は時短遊技を制御するプログラムであるが、第1の実施形態における時短遊技は普通図柄変動制御手段762による普通図柄の変動時間が短く、且つ普通図柄における当たりの当選確率が高い状態での遊技をいう。具体的には以下の通りである。

遊技球が入賞ゲート106を通過すると、普通図柄の抽選が行われる。普通図柄の抽選は、入賞ゲート106を遊技球が通過することを契機として、CPU201aが普通図柄抽選手段760を作動させて、乱数を無作為に抽出することによってなされる。このようにして取得された乱数は、通常遊技状態(時短遊技状態ではない高確率遊技状態を含む)にあっては、普通図柄通常時当たり判定用テーブルに基づいて判定され、時短遊技状態にあっては、普通図柄時短時当たり判定用テーブルに基づいて判定される。

このとき、普通図柄時短時当たり判定用テーブルは普通図柄通常時当たり判定用テーブルよりも、当たりと判定する乱数が多く設定されている。このように時短遊技状態における普通図柄の当選確率は例えば90%と高くなるが、普通図柄が当たりに当選すると、第2始動口120の一対の可動片120aが所定時間開状態となり、遊技球が第2始動口120に入球し易くなる。

また時短遊技状態においては、通常遊技状態よりも普通図柄の変動時間が短縮される。すなわち、入賞ゲート106を遊技球が通過すると、乱数の取得及び取得した乱数の判定が行われるが、このとき、最終的に普通図柄の抽選の結果が当たりであったか、ハズレであったかを遊技者に報知するまでには所定の時間を要する。普通図柄の抽選の結果が遊技者に報知されるまでに要する時間は通常遊技状態よりも時短遊技状態の方が短く設定されており、時短遊技状態においては、次々と普通図柄の抽選結果が遊技者に報知されると共に、第2始動口120が頻繁に開放する。このように時短遊技状態は第2始動口120に遊技球を入球し易くすることで、遊技球をあまり費消せずに、大当たり抽選の権利を獲得することが可能な状態で進行する遊技状態のことである。

通常遊技制御手段744は大当たり遊技(長当たり遊技、短当たり遊技)、及び特別遊技状態(高確率遊技状態、時短遊技状態)のいずれにも該当しない通常遊技を進行制御する。上記のようにCPU201aは長当たり遊技制御手段740、短当たり遊技制御手段741、高確率遊技制御手段742、時短遊技制御手段743、及び通常遊技制御手段744のいずれかを作動させて遊技を進行制御することとなるが、これら各制御手段740〜744によって制御されている現在の遊技状態はRAM201cの遊技状態記憶手段804に書き込まれる。

小当たり遊技制御手段745は第1始動口105、もしくは第2始動口120に遊技球が入球したことを契機とする大当たり抽選の結果、小当たり遊技の実行の権利を獲得した際に、小当たり遊技の進行を制御する。この小当たり遊技は短当たり遊技と同様に、大入賞口開閉ソレノイド97による開閉扉91の一瞬の開閉動作が15ラウンド行われる。小当たり遊技では、開閉扉91の開放回数、開放時間、開放タイミングが「短当たり遊技」と全く同一である。

上記いずれかの遊技状態を前提として、普通図柄に係る遊技、及び特別図柄に係る遊技が進行するが、これらの各遊技状態を以下、詳細に説明する。まず遊技球が入賞ゲート106を通過することによって制御を開始する普通図柄抽選手段760、普通図柄表示制御手段761、普通図柄変動制御手段762、普通図柄抽選結果判定手段763、及び普通図柄保留記憶手段803を説明する。

普通図柄抽選手段760はゲート検出部222が、遊技球が入賞ゲート106を通過したことを検出すると、予め用意された乱数(例えば、0〜250)から1の乱数を取得する。普通図柄抽選手段760によって乱数が取得されると、普通図柄抽選結果判定手段763がROM201bに記憶されたテーブルに基づいて当たりか否かの判定を行う。このとき、通常遊技状態であれば普通図柄通常時当たり判定用テーブルに基づいて当たりが判定され、時短遊技状態時であれば普通図柄時短時当たり判定用テーブルに基づいて当たりが判定される。

普通図柄抽選結果判定手段763による判定の結果、当たりである場合には、第2始動口開閉ソレノイド120bを作動させて可動片120aを開放して開状態に維持し、ハズレであった場合には第2始動口開閉ソレノイド120bを作動させることなく閉状態に維持したまま制御を終了する。普通図柄抽選結果判定手段763による判定の結果は普通図柄表示制御手段761によって普通図柄表示器81に表示される。

入賞ゲート106を遊技球が通過すると、普通図柄表示器81には、あたかも現在抽選が行われているかのようにランプが点灯した、あるいは点滅した表示がされ、この点灯や点滅が所定時間継続した後に、最終的に抽選結果が表示される。これが普通図柄の変動表示であるが、この変動表示の時間は遊技状態毎に予め設定されている。

具体的には時短遊技状態においては、普通図柄の変動時間が例えば1.5秒と短く設定されており、当たりに当選する確率も90%と高確率に設定されている。従って時短遊技状態にあっては、入賞ゲート106を遊技球が通過する限りにおいて、次々と普通図柄の抽選及び変動表示がされ、第2始動口120が開状態に維持される時間が長くなる。これに対して、時短遊技状態以外の遊技状態においては、普通図柄の変動時間が例えば10秒と長く設定され、当たりに当選する確率も10%と低確率に設定されている。

また第2始動口120は時短遊技状態において普通図柄が当たりに当選すると、1.2秒間の開動作が4回行われるのに対し、時短遊技状態以外の遊技状態において普通図柄が当たりに当選しても、0.2秒の開動作が1回行われるに過ぎない。このように時短遊技状態においては、第2始動口120が開状態にある時間が通常遊技状態に比べて遙かに長く、第2始動口120に遊技球が入球する可能性も遙かに高くなる。

普通図柄の変動表示中に、更に遊技球が入賞ゲート106を通過した場合には、普通図柄抽選手段760による抽選の権利、すなわち普通図柄の変動表示の権利が普通図柄保留記憶手段803に留保される。この抽選の権利の留保は最大4つであり、普通図柄表示制御手段761によって普通図柄保留表示器86に表示される。

次に遊技球が第1始動口105、または第2始動口120に入球した際の制御を説明する。例えば第1始動口105に遊技球が入球したことを第1始動口検出部221が検出すると、検出信号が主制御基板201に送信される。

検出信号を受信すると、第1特別図柄抽選手段700が予め用意された乱数(例えば、0〜299)の中からいずれかの乱数(本発明の遊技データ)を抽出する。ここで抽出した乱数には当たり乱数、図柄乱数、リーチ乱数、変動パターン乱数が含まれている。当たり乱数とは、大当たりか否か、すなわち大当たり遊技を実行する権利獲得の有無を決定するための乱数である。図柄乱数とは、大当たりの種類(長当たり、短当たり、高確率遊技状態への移行の有無、時短遊技状態への移行の有無)、すなわち大当たりに当選した場合に、どのような遊技価値が付与されるのかを決定するための乱数である。リーチ乱数とは、リーチ演出をするか否かを決定するための乱数である。変動パターン乱数とは、大当たりに当選した際に演出用の可動物(左右のリング形開閉部材20L、20R及び左右のハート形開閉部材30L、30R等)の変動パターンを決定するための乱数である。尚、小当たりの際には、当たり乱数により演出用の可動物の変動パターンを決定し、ハズレの場合はリーチ乱数を用いて演出用の可動物の演出パターンを決定する。

主制御基板201のRAM201cには現在の遊技状態が記憶されている遊技状態記憶手段804が設けられている。第1特別図柄抽選手段700、もしくは第2特別図柄抽選手段720が乱数を取得した際には、遊技状態記憶手段804に記憶された遊技状態に基づいて第1乱数判定手段703、もしくは第2乱数判定手段723が上記乱数を判定する。

具体的には低確率遊技状態であれば、取得した乱数が特別図柄通常時当たり判定用テーブルに基づいて判定され、高確率遊技状態であれば、取得した乱数が特別図柄高確率時当たり判定用テーブルに基づいて判定される。なお、第1の実施形態においては、第1始動口105に遊技球が入球した場合と、第2始動口120に遊技球が入球した場合とで、同じ判定テーブルが用いられることとしているが、遊技球が入球した始動口に応じて異なる判定テーブルを用いてもよい。

第1特別図柄抽選手段700、もしくは第2特別図柄抽選手段720によって取得される各乱数、及び取得された乱数を判定する際に用いられる判定テーブルは図20乃至図22に示す通りである。図20(a)は大当たりの当選確率、及び当たり乱数の一例を示し、図20(b)は大当たりに当選した場合に付与される遊技価値の種類とその当選確率、及び図柄乱数の一例を示し、図20(c)はリーチ演出の有無とその出現確率、可動部材作動(この場合の可動部材は左右のリング形開閉部材20L、20R及び左右のハート形開閉部材30L、30R)の有無、及びリーチ乱数の一例を示す。
図21(a)は通常大当たり時の可動部材の変動パターン、変動パターン乱数の一例を示し、図21(b)は確変大当たり時の可動部材の変動パターン、変動パターン乱数を示し、図21(c)は小当たり時の可動部材の変動パターン、対応する当たり乱数の一例を示す。図22はハズレ時の可動部材の変動パターン、リーチ乱数の一例を示す。図23は左右のリング形開閉部材20L、20Rの動作を示す説明図である。

図20(a)に示す通り、当たり乱数は0〜299までの300個の乱数から一つ取得される。通常遊技状態(低確率遊技状態)においては特別図柄通常時当たり判定用テーブルに基づいて当たり乱数の判定が行われるが、この特別図柄通常時当たり判定用テーブルによれば、3の乱数が大当たりと判定される。一方、確変遊技状態(高確率遊技状態)においては特別図柄高確率時当たり判定用テーブルに基づいて当たり乱数の判定が行われる。この特別図柄高確率時当たり判定用テーブルによれば、3,7,37,67,97,127,157,187,217,247の10個の乱数が大当たりと判定される。

例えば第1始動口105に遊技球が入球すると、CPU201aが第1特別図柄抽選手段700を作動させて上記当たり乱数を取得する。このとき、通常遊技状態においては、CPU201aが第1乱数判定手段703を作動させて、特別図柄通常時当たり判定用テーブルに基づいて、当該当たり乱数の当たり、もしくはハズレを判定する。つまり、第1始動口105への遊技球の入球によって取得された当たり乱数が、3である場合には当たりと判定し、その他の乱数であった場合にはハズレと判定する。また高確率遊技状態においては、特別図柄高確率時当たり判定用テーブルに基づいて当たりであるか否かを判定する。

なお、第1の実施形態においては、上記した「大当たり」とは別に「小当たり」が設けられており、この「小当たり」の当選についても、当たり乱数によって決定されるようにしている。第1の実施形態における「小当たり」とは、上記短当たり遊技と同様に、開閉扉91の一瞬の開放動作が15ラウンド行われる「小当たり遊技」を実行する権利を獲得するものである。従って図20(a)に示すように、遊技状態とは関わりなく、当たり乱数が0、50、100、150、200、250であった場合には、開閉扉91が15ラウンド開放される小当たり遊技が実行されることとなる。なお、この小当たり遊技はCPU201aが小当たり遊技制御手段745を作動することによって制御される。また、詳しくは後述するが、この小当たり遊技は、賞球の払い出しを目的とするものではなく、後で説明するように、遊技状態が高確率遊技状態に移行したことを、遊技者に認識困難とすることを目的として設けられている。

上記当たり乱数の判定の結果、当該当たり乱数が、大当たり遊技を実行する権利を獲得する乱数であると判定された場合には、CPU201aが第1乱数判定手段703を作動させ、図20(b)に基づいて大当たりの種類(大当たり図柄)を判定(決定)する。ここで決定される大当たりの種類は「通常時短付き長当たり」の通常図柄、「高確率時短付き長当たり」の確変図柄A、「高確率時短無し短当たり」の確変図柄Bの3種類である。
大当たり図柄乱数は図20(b)に示す0〜9までの10個の乱数から一つ取得される。この大当たり図柄判定用テーブルによれば、0,1,2,3の4個の乱数が通常図柄と判定され、4,5,6,7の4個の乱数が確変図柄Aと判定され、8,9の4個の乱数が確変図柄Bと判定される。

「高確率時短付き長当たり」は3つの遊技価値が付与される遊技である。この「高確率時短付き長当たり」に当選すると、1つ目の遊技価値として、開閉扉91が15ラウンドにわたって開閉制御され、且つ1ラウンドが終了する条件を、遊技球が所定個数(9個)入球するか、もしくは所定時間(30秒)経過することとする長当たり遊技が実行される。これにより遊技者は多量の賞球を獲得することが可能となる。この長当たり遊技が終了すると、2つ目の遊技価値として、高確率遊技状態にて遊技が進行すると共に、3つ目の遊技価値として、時短遊技状態にて遊技が進行する。これにより遊技者は多量の賞球を獲得した上に、当該賞球の獲得後、遊技球の費消を低減しながら、再度大当たりの当選を早期に実現することができる。ここで付与される3つ目の遊技価値である時短遊技状態は大当たりに当選するまで継続する。

「通常時短付き長当たり」は2つの遊技価値が付与される遊技である。この「通常時短付き長当たり」は、長当たり遊技の終了後に、大当たりの当選確率が低確率遊技状態となる点で上記「高確率時短付き長当たり」と相異する。また、「通常時短付き長当たり」においては、長当たり遊技終了後の時短遊技状態が、予め設定された回数(例えば100回)の特別図柄の変動表示が行われた時点で終了する。

このように、第1の実施形態においては、多量の賞球を獲得することが可能な長当たり遊技の終了後に、大当たりの当選確率が高い高確率遊技状態にて遊技が進行する長当たりと、大当たりの当選確率が低確率である低確率遊技状態にて遊技が進行する長当たりとが設けられている。

「高確率時短無し短当たり」は、開閉扉91が一瞬開放する動作を15ラウンド繰り返した後、大当たりの当選確率が高確率となる高確率遊技状態(いわゆる潜伏確変状態)へ移行する遊技である。この「高確率時短無し短当たり」に当選した場合にも、開閉扉91の開放による多量の賞球を即座に獲得することはできない。しかも、以後、時短遊技状態にもならないため、遊技球の費消が多くなる。但し、以後の遊技状態が高確率遊技状態となるため、以後の遊技において、長当たりに当選することによる多量の賞球獲得の可能性は高い。

第1の実施形態においては、「高確率時短無し短当たり」当選によって、大当たりの当選確率が高確率となっていることについて、遊技者に疑念を抱かせるために、「小当たり」が設けられている。但し、この「小当たり」は大当たりの一種ではないため、図柄乱数ではなく、当たり乱数(0、50、100、150、200、250)を取得したことを契機として、小当たり遊技が開始される。この「小当たり遊技」も、上記「高確率時短無し短当たり」に当選した場合と同様に、開閉扉91が一瞬開放する動作を15ラウンド繰り返す。しかしながら、この「小当たり」は、開閉扉91の開閉動作後に、遊技状態が一切変わらない点で、上記「高確率時短無し短当たり」と相異する。つまり、低確率率遊技状態において「小当たり」に当選した場合、以後、低確率率遊技状態が継続し、高確率遊技状態において「小当たり」に当選した場合、以後、高確率遊技状態が継続する。

第1始動口105に遊技球が入球した際には、CPU201aが第1特別図柄抽選手段700を作動させて、上記当たり乱数、図柄乱数とともにリーチ乱数、変動パターン乱数を取得する。リーチ乱数は、0〜249の乱数の中から無作為に1つ取得されるが、このリーチ乱数の判定は次のようにしてなされる。すなわち、CPU201aが第1乱数判定手段703を作動させて、上記当たり乱数をハズレであると判定した場合には、図20(c)に示すハズレ時のリーチ乱数判定テーブルに基づいてリーチ乱数の判定を行う。

図20(c)及び図22に示すハズレ時のリーチ乱数判定テーブルは、0〜21の乱数がリーチ演出と判定され、その他の乱数がリーチ無し演出と判定される。

CPU201aが第1乱数判定手段703を作動させて、上記当たり乱数を通常大当たり(通常図柄)と判定した場合には、無条件でリーチ有りの判定を行い、CPU201aが第1乱数判定手段703を作動させて、図21(a)に示す通常大当たりの変動パターン参照テーブルに基づいて大当たり変動パターン乱数の判定を行い、上記当たり乱数を確変大当たり(確変図柄A、確変図柄B)と判定した場合には、CPU201aが第1乱数判定手段703を作動させて、無条件でリーチ有りの判定を行い、図21(b)に示す確変大当たりの変動パターン参照テーブルに基づいて大当たり変動パターン乱数の判定を行う。

図21(a)及び図21(b)において、大当たりの変動パターン乱数は、0〜9の乱数の中から無作為に1つ取得され、変動パターンA、B、Cのうち、取得され乱数の下側の縦軸の○印に対応する変動パターンが選択される。

CPU201aが第1乱数判定手段703を作動させて、上記当たり乱数を小当たりと判定した場合には、無条件でリーチ有りの判定を行い、CPU201aが第1乱数判定手段703を作動させて、図21(c)に示す通常小当たりの変動パターン参照テーブルに基づいて当たり乱数(当たり判定用乱数)の判定を行う。

小当たり時の当たり乱数は、図20(a)に示すように(0、50、100、150、200、250)の6種類となっており、図21(c)において、変動パターンA、B、Cのうち、取得された当たり乱数の下側の縦軸の○印に対応する変動パターンが選択される。

変動パターンAでは、リーチ時に、図3に示す状態から、左右のリング形開閉部材20L、20Rが完全に開いた状態と閉じた状態の中間位置に移動し、図23に示すように、左右のリング形開閉部材20L、20Rが画面400(図1参照)の手前で左右に連続してガタガタ揺れるように動くと同時に、副制御基板202は、図7に示すリング形開閉部材20L、20Rの電飾基板63L、63Rに実装した発光ダイオードの点滅発光制御を行い、リング形開閉部材20L、20Rを点滅発光させる。この後、図4及び図5に示すように、左右のリング形開閉部材20L、20Rが閉じた状態となり、左右のリング形開閉部材20L、20Rのリング形状が合体した状態になる。この状態で、副制御基板202は、図7に示すリング形開閉部材20L、20Rの電飾基板63L、63Rに実装した発光ダイオードの発光制御を行い、リング形開閉部材20L、20Rを発光させる。また、変動パターンAでは、図1に示した左右のハート形開閉部材30L、30Rは、枠部材21の後ろ側に隠れた状態を維持する。

変動パターンBでは、リーチ時に、図3に示す状態から、左右のリング形開閉部材20L、20Rが画面400(図1参照)の中央方向に移動し、図4及び図5に示すように、左右のリング形開閉部材20L、20Rが閉じた状態となり、左右のリング形開閉部材20L、20Rのリング形状が合体した状態になる。この状態で、副制御基板202は、図7に示すリング形開閉部材20L、20Rの電飾基板63L、63Rに実装した発光ダイオードの発光制御を行い、リング形開閉部材20L、20Rを発光させる。この後、左右のハート形開閉部材30L、30Rが画面400(図1参照)の中央方向に移動し、図6及び図7に示すように、左右のハート形開閉部材30L、30Rが閉じた状態となり、左右のハート形開閉部材30L、30Rのハート形状が合体した状態になる。この状態で、副制御基板202は、図7に示すリング形開閉部材20L、20R及びハート形開閉部材30L、30Rの後述の電飾基板63L、63R、163L、163Rに実装した発光ダイオードの発光制御を行い、リング形開閉部材20L、20Rの発光を維持し、ハート形開閉部材30L、30Rを発光させる。

変動パターンCでは、左右のリング形開閉部材20L、20R及び左右のハート形開閉部材30L、30Rは、枠部材21の後ろ側に隠れて作動しない状態を維持する。

図21(a)に示すように、通常大当たりでは、変動パターンAが発生する確率が60%、変動パターンBが発生する確率が20%、変動パターンCが発生する確率が20%となる。

図21(b)に示すように、確変大当たりでは、変動パターンAが発生する確率が30%、変動パターンBが発生する確率が70%、変動パターンCが発生する確率が0%となる。

図21(c)に示すように、小当たりでは、変動パターンAが発生する確率が50%、変動パターンBが発生する確率が約16.7%、変動パターンCが発生する確率が約33.3%となる。

大当たりの期待度の高い演出は、左右のリング形開閉部材20L、20R及び左右のハート形開閉部材30L、30Rの両方が動作する変動パターンB、左右のリング形開閉部材20L、20Rのみが動作する変動パターンA、動作が無い変動パターンCの順となる。

また、変動パターンAより変動パターンBの方が確変大当たりの期待度が高くなる。

以下、ハズレの場合の演出態様について説明する。
図22において、上記当たり乱数をハズレであると判定した場合には、ハズレ時のリーチ乱数判定テーブルに基づいてリーチ乱数の判定を行ことになる。
基具体的には、リーチ乱数値が0〜3の場合、リーチ有りで可動物作動となり、左右のリング形開閉部材20L、20Rが完全に開いた状態と閉じた状態の中間位置に移動し、図23に示すように、左右のリング形開閉部材20L、20Rが画面400(図1参照)の手前で左右に連続してガタガタ揺れるように動くと同時に、副制御基板202は、図7に示すリング形開閉部材20L、20Rの電飾基板63L、63Rに実装した発光ダイオードの点滅発光制御を行い、リング形開閉部材20L、20Rを点滅発光させる。この後、図3に示すように、左右のリング形開閉部材20L、20Rが完全に開いた状態となり枠部材21の後に隠れ、左右のリング形開閉部材20L、20Rのリング形状が合体することなく分裂した状態になる。また、リーチ乱数値が0〜3では、図1に示した左右のハート形開閉部材30L、30Rは、枠部材21の後ろ側に隠れた状態を維持する。

リーチ乱数値が4の場合、リーチ有りで可動物作動となり、左右のリング形開閉部材20L、20R及び左右のハート形開閉部材30L、30Rが完全に開いた状態と閉じた状態の中間位置に移動し、左右のリング形開閉部材20L、20R及び左右のハート形開閉部材30L、30Rが画面400(図1参照)の手前で左右に連続してガタガタ揺れるように動くと同時に、副制御基板202は、図7に示すハート形開閉部材30L、30Rの電飾基板163L、163Rに実装した発光ダイオードの点滅発光制御を行い、ハート形開閉部材30L、30Rを点滅発光させる。この後、図3に示すように、左右のリング形開閉部材20L、20R及び左右のハート形開閉部材30L、30Rが完全に開いた状態となり枠部材21の後に隠れ、左右のリング形開閉部材20L、20Rのリング形状及び左右のハート形開閉部材30L、30Rのハート形状が合体することなく分裂した状態になる。

リーチ乱数値が5〜21の場合、リーチ有りで可動物未作動となり、左右のリング形開閉部材20L、20R及び左右のハート形開閉部材30L、30Rは、枠部材21の後ろ側に隠れて作動しない状態を維持する。
リーチ乱数値が22の場合、リーチ無しで可動物作動となり、左右のリング形開閉部材20L、20R及び左右のハート形開閉部材30L、30Rは、リーチ乱数値が4の場合と同様の動作を行う。

リーチ乱数値が23〜26の場合、リーチ無しで可動物作動となり、左右のリング形開閉部材20L、20R及び左右のハート形開閉部材30L、30Rは、リーチ乱数値が0〜3の場合と同様の動作を行う。

リーチ乱数値が27〜249の場合、リーチ無しで可動物未作動となり、左右のリング形開閉部材20L、20R及び左右のハート形開閉部材30L、30Rは、リーチ乱数値が5〜21の場合と同様に枠部材21の後ろ側に隠れて作動しない状態を維持する。

第2始動口120に遊技球が入球した場合にも、上記と同様の制御が第2特別図柄抽選手段720及び第2乱数判定手段723によってなされる。

一方、第1始動口105もしくは第2始動口120に遊技球が入球した際に、それ以前の遊技球の入球に基づいて特別図柄の変動表示が行われていた場合には、取得された乱数(遊技データ)が、RAM201cの第1特別図柄保留記憶手段801もしくは第2特別図柄保留記憶手段802に記憶される。この第1特別図柄保留記憶手段801及び第2特別図柄保留記憶手段802は、図24に示すように構成されている。

図24は保留球に拘わる記憶領域の一例を示す図であるが、この図からも明らかなように、第1特別図柄保留記憶手段801は、遊技球が第1始動口検出部221に検出されたことに基づいて取得した乱数(当たり乱数、図柄乱数、リーチ乱数、変動パターン乱数)を、遊技球が検出された順番と対応付けて保留球として記憶する。言い換えれば、第1始動口105に遊技球が入球すると、特別図柄の変動表示の権利が、第1特別図柄保留記憶手段801に、いわゆる保留球として記憶される。そして、当該記憶手段801に留保された保留球は、当該記憶手段801内で、記憶された順に消化、処理がなされる。

具体的には、第1特別図柄保留記憶手段801は、第1記憶領域801aから第4記憶領域801dまで4つの記憶領域を備えており、第1始動口105に遊技球が入球するたびに、第1記憶領域801aから順番に上記保留球が留保されていく。つまり、第1記憶領域801aに保留球が留保された状態で、さらに第1始動口105に遊技球が入球すると、今度は第2記憶領域801bに保留球が留保される。このようにして、第1特別図柄保留記憶手段801には、最大4つまで保留球が留保される。

一方、第1記憶領域801aから第4記憶領域801dまでの全てに保留球が留保された状態で、さらに第1始動口105に遊技球が入球した場合には、当該入球による特別図柄の変動表示の権利は留保されない。言い換えれば、第1特別図柄保留記憶手段801の上限保留個数まで保留球が留保されている場合には、第1始動口105に遊技球が入球したとしても、当該入球による大当たり抽選は行われない。但し、この場合でも、第1始動口105への遊技球の入球に対する賞球は所定数払い出される。

また第1特別図柄保留記憶手段801に留保された保留球は、第1特別図柄変動制御手段702によって、常に第1記憶領域801aから消化(処理)される。第1記憶領域801aに記憶された保留球が消化されると、第2記憶領域801bから第4記憶領域801dまでに留保された保留球が当該記憶領域から一つ前の領域に移行する。つまり、第1記憶領域801aに留保された保留球が消化されると、第2記憶領域801bに留保された保留球は第1記憶領域801aに移行する。同様に、第3記憶領域801cに留保された保留球は第2記憶領域801bに移行し、第4記憶領域801dに留保された保留球は第3記憶領域801cに移行する。従って、第4記憶領域801dは、再び保留球の受け入れ、すなわち留保が可能となる。

一方、第2始動口120に遊技球が入球した際に、それ以前の遊技球の入球に基づく変動表示中であった場合には、第2特別図柄保留記憶手段802は、遊技球が第2始動口検出部225に検出されたことに基づいて取得した乱数(当たり乱数、図柄乱数、リーチ乱数、変動パターン乱数)を、遊技球が検出された順番と対応付けて保留球として記憶する。すなわち、第2始動口120に遊技球が入球すると、特別図柄の変動表示の権利、すなわち大当たり抽選の権利が、第2特別図柄保留記憶手段802に保留球として記憶される。そして、当該記憶領域802に留保された特別図柄の変動表示の権利は、当該記憶領域802内で、第2特別図柄変動制御手段722によって、記憶された順に消化、処理がなされる。

具体的には、第2特別図柄保留記憶手段802は、第5記憶領域802aから第8記憶領域802dまで4つの記憶領域を備えており、第2始動口120に遊技球が入球するたびに、第5記憶領域802aから順番に上記保留球が留保されていく。つまり、第5記憶領域802aに留保された状態で、さらに第2始動口120に遊技球が入球すると、今度は第6記憶領域802bに保留球が留保される。このようにして、第2特別図柄保留記憶手段802には、最大4つまで保留球が留保される。一方、第5記憶領域802aから第8記憶領域802dまでの全てに保留球が留保された状態で、さらに第2始動口120に遊技球が入球した場合には、上記特別図柄の変動表示の権利は留保されない。言い換えれば、第2特別図柄保留記憶手段802の上限保留個数まで保留球が留保されている場合には、第2始動口120に遊技球が入球したとしても、当該入球による大当たり抽選は行われない。但し、この場合でも第2始動口120への遊技球の入球に対する賞球は所定数払い出される。

また第2特別図柄保留記憶手段802に複数の保留球が留保された場合には、第5記憶領域802aから消化されることとなるが、第5記憶領域802aに記憶された保留球が消化されると、第6記憶領域802bから第8記憶領域802dまで留保された保留球が、当該記憶領域から一つ前の領域に移行する。つまり、第5記憶領域802aに留保された保留球が消化されると、第6記憶領域802bに留保された保留球は第5記憶領域802aに移行する。同様に、第7記憶領域802cに留保された保留球は第6記憶領域802bに移行し、第8記憶領域802dに留保された保留球は第7記憶領域802cに移行する。従って、第8記憶領域802dは、再び保留球の受け入れ、すなわち留保が可能となる。

このように第1の実施形態においては、遊技球が入球した始動口ごとに記憶領域を分けて保留球が留保されるので、これら保留球に係る乱数と、遊技球が入球した始動口とが対応付けて記憶されることとなる。但し、上記したように、2つの記憶手段801,802において別々に保留球を記憶せずに、他の方法によって保留球を記憶しても構わない。例えば、遊技球が始動口に入球した順に、保留球を1つの記憶手段に留保していく。このとき、遊技球がいずれの始動口に入球したのかを保留球に対応付けて記憶し、予め設定された始動口に対応付けられた保留球を優先処理するようにしてもよい。

なお、上記第1記憶領域801aから第8記憶領域802dまでの8つの各記憶領域は、図24(c)に示すように、いずれも、当たり乱数記憶領域、図柄乱数記憶領域、リーチ乱数記憶領域、変動パターン乱数記憶領域を有している。当たり乱数記憶領域には上記当たり乱数が記憶され、図柄乱数記憶領域には上記図柄乱数が記憶され、リーチ乱数記憶領域には上記リーチ乱数が記憶され、変動パターン記憶領域には上記変動パターンが記憶される。上記したように、第1特別図柄保留記憶手段801に保留球が留保されると、CPU201aが第1特別図柄表示制御手段701を作動させて、留保されている保留球の数を第1特別図柄保留表示器84に表示する。

なお、第2始動口120に遊技球が入球し、第2始動口検出部225による遊技球の検出があった場合にも、第2特別図柄抽選手段720、第2特別図柄表示制御手段721、第2特別図柄変動制御手段722、第2乱数判定手段723によって、上記と同様の処理がなされる。但し、抽出された乱数は、第5記憶領域802a〜第8記憶領域802dのいずれかに記憶される。

上記特別図柄保留記憶手段801,802に保留球が複数留保された場合には、次のような順番で保留球を消化するようにしている。すなわち、第1特別図柄保留記憶手段801と、第2特別図柄保留記憶手段802との双方に保留球が留保された場合には、第2特別図柄保留記憶手段802に留保された保留球が優先的に消化される。例えば、図25(a)に示すように、第1特別図柄保留記憶手段801の第1記憶領域801a〜第3記憶領域801cに保留球が留保され、第2特別図柄保留記憶手段802の第5記憶領域802a及び第6記憶領域802bに保留球が留保されているとする。

第1始動口105及び第2始動口120に対して、遊技球が入球した順番は、図示の通り、第1始動口105→第2始動口120→第1始動口105→第2始動口120→第1始動口105であったとする。第1の実施形態においては、第2始動口120が優先始動口であるため、この場合には、第5記憶領域802aの保留球が優先して処理され、図25(b)に示す矢印の順に保留球が消化されていく。

例えば図25(c)に示すように、非優先処理がなされる第1特別図柄保留記憶手段801に3つの保留球が留保されていたとする。この場合、第1特別図柄保留記憶手段801に留保されている3つの保留球が、図の点線で示す順に連続して消化される。しかし、1つ目の保留球を消化しているとき、言い換えれば、1回目の特別図柄の変動表示が行われている際に、優先処理がなされる第2特別図柄保留記憶手段802に保留球が留保されると(第2始動口120に入球すると)、当該保留球が割り込んで、図の実線に示す順に保留球が消化される。

このことからも明らかなように、両記憶手段801,802において、非優先処理がなされる第1記憶領域801aに複数の保留球が留保された場合には、優先処理がなされる第5記憶領域802aに保留球が留保されることによって、割り込み処理がなされる可能性が高い。一方、優先始動口である第2始動口120に遊技球が入球して、複数の保留球が留保された場合には、割り込み処理がなされることがなく、これら複数の保留球は必ず連続して消化される。

上記のようにして保留球は順次消化されていくが、この保留球の消化を制御しているのが、CPU201aであり、ROM201bの第1特別図柄変動制御手段702及び第2特別図柄変動制御手段722である。これら両変動制御手段702,722は、第1記憶領域801aもしくは第5記憶領域802aを監視して、いずれの保留球を処理するのかを決定している。

次に始動口に遊技球が入球した際の制御について、図26を用いて具体的に説明する。図26に示す通り、まず第1始動口105もしくは第2始動口120に遊技球が入球したことを第1始動口検出部221、もしくは第2始動口検出部225が検出する。

(ステップS301)
すると、主制御基板201のCPU201aが、図示しない変動判定プログラムを作動させて、特別図柄が変動表示中であるか否かが判定される。このとき、特別図柄は変動表示中ではないと判定された場合には、当該入球に基づく特別図柄の変動表示が即座になされるので、後述する図27の変動開始処理がなされる。

(ステップS302)
一方、上記ステップS301において、変動中と判定された場合には、第1特別図柄保留記憶手段801もしくは第2特別図柄保留記憶手段802が、第4記憶領域801dもしくは第8記憶領域802dに乱数が記憶されているかを判定する。具体的には、第1始動口検出部221から入球信号を受信した場合には、第1特別図柄保留記憶手段801における保留球の留保個数が4未満であるかを判断し、第2始動口検出部225から入球信号を受信した場合には、第2特別図柄保留記憶手段802における保留球の留保個数が4未満であるかを判断する。

上記ステップS302において、保留球が4つあると判断された場合には、当該遊技球の入球によっては、特別図柄の変動表示すなわち大当たり抽選が行われることはないため、所定数の賞球を払い出して主制御基板201における制御を終了する。

(ステップS303)
一方、上記ステップS302において、保留球の留保個数が4未満すなわち保留球を留保すると判断された場合には、第1記憶領域801a〜第4記憶領域801dもしくは第5記憶領域802a〜第8記憶領域802dに遊技データ(当たり乱数、図柄乱数、リーチ乱数、変動パターン乱数)が記憶され、保留球が留保される。
なお、このとき、CPU201aが所定のプログラムを作動させて、特別図柄保留表示器84,85に保留球の留保個数が点灯表示される。これにより、主制御基板201における制御が終了となる。

(変動開始処理)
次に遊技データに基づいて行われる特別図柄の変動表示に係る制御、及び特別図柄の変動表示後になされる特別遊技(長当たり遊技、短当たり遊技、小当たり遊技)に係る制御について、図27〜図31を用いて説明する。

(ステップS401)
まず、特別図柄の変動表示を開始するにあたって、主制御基板201におけるRAM201cの所定の処理領域に、遊技データ(当たり乱数、図柄乱数、リーチ乱数、変動パターン乱数)を記憶する。ここで、特別図柄の変動表示が行われていないときに遊技球が始動口に入球した場合には、CPU201aが第1特別図柄抽選手段700もしくは第2特別図柄抽選手段720を作動させて遊技データを取得し、この遊技データを上記処理領域に記憶する。一方、第1特別図柄保留記憶手段801もしくは第2特別図柄保留記憶手段802に遊技データが記憶されている場合には、CPU201aが所定のプログラムを作動させて、第1記憶領域801aもしくは第5記憶領域802aに記憶されている遊技データを処理領域に記憶させる。

(ステップS402)
そして、さらに第1特別図柄保留記憶手段801もしくは第2特別図柄保留記憶手段802に遊技データが記憶されている場合には、各遊技データを1つ前の記憶領域にシフト処理する。具体的には、上記ステップS401において、第2特別図柄保留記憶手段802の第5記憶領域802aに記憶された遊技データが処理領域に記憶された場合には、第6記憶領域802b〜第8記憶領域802dに記憶された遊技データを、1つ前の記憶領域にシフトする。一方、上記ステップS401において、第1特別図柄保留記憶手段801の第1記憶領域801aに記憶された遊技データが処理領域に記憶された場合には、第2記憶領域801b〜第4記憶領域801dに記憶された遊技データを、1つ前の記憶領域にシフトする。但し、第1特別図柄保留記憶手段801もしくは第2特別図柄保留記憶手段802に遊技データが記憶されていない場合には、当該ステップS402における処理は行われない。

(ステップS403)
上記ステップS401において、処理領域に遊技データが記憶されたら、CPU201aが所定のプログラムを作動させて、遊技状態記憶手段804に記憶された遊技状態が高確率遊技状態か否かを判定する。但し、ここでは、長当たり遊技終了後の高確率遊技状態と、短当たり遊技終了後の高確率遊技状態との区別はしない。

(ステップS404)(ステップS405)
上記ステップS403において、高確率遊技状態ではない(低確率遊技状態)と判定された場合には、特別図柄通常時判定用テーブルが選択される。一方、上記ステップS403において、高確率遊技状態(時短遊技状態の有無は問わず)であると判定された場合には、特別図柄高確率時判定用テーブルが選択される。なお、ここで選択されるテーブルは、当たり乱数を判定する当たり判定用テーブル、図柄乱数を判定する図柄判定用テーブル、リーチ乱数を判定するリーチ乱数判定用テーブル、変動パターン乱数を判定する変動パターン乱数判定用テーブルの4つである。

(ステップS406)
そしてCPU201aが第1乱数判定手段703もしくは第2乱数判定手段723を作動させて、上記ステップS404もしくはステップS405において選択されたテーブルに基づく各乱数の判定を行う。これにより、大当たりの当選の可否、大当たりに当選した場合の大当たりの種類、及び、特別図柄の変動表示中になされる演出の態様が決定される。なお、各乱数の判定処理については上記した通りなので、ここでは説明を省略する。

(ステップS407)
ステップS407では、リーチ乱数の判定の結果、演出の態様がリーチ有り演出であるのか、リーチ無し演出であるのかを判定する。

(ステップS408)
演出の態様が、リーチ有り演出であると判定された場合には、CPU201aがさらに第1特別図柄抽選手段700もしくは第2特別図柄抽選手段720を作動させて、演出乱数を取得する。この演出乱数は特別図柄の変動表示の時間すなわちリーチ演出の時間(尺)を決定するものであり、例えば0〜250の演出乱数の中から無作為に1つの乱数が取得される。

(ステップS409)
演出乱数を取得したら、当該演出乱数をROM201bに格納されている演出乱数判定テーブルに基づいて判定する。この演出乱数判定テーブルは例えば0〜50の演出乱数であった場合には、リーチ演出の時間を20秒と判定し、51〜150の演出乱数であった場合には、リーチ演出の時間を30秒と判定し、151〜250の演出乱数であった場合には、リーチ演出の時間を60秒と判定するように構成されている。従って、このステップS409において、特別図柄の変動表示の時間、すなわちリーチ演出の時間が決定されることとなる。

(ステップS410)
一方、上記ステップS407において、リーチ有り演出ではない(リーチ無し演出)と判定された場合には、CPU201aが所定のプログラムを作動させて、第1特別図柄保留記憶手段801及び第2特別図柄保留記憶手段802の保留球の合計留保個数を判定する。

(ステップS411)
そしてCPU201aは、図示しない変動時間決定プログラムを作動させて、保留球の合計留保個数に基づいて、特別図柄の変動時間(演出時間)を決定する。例えば、当該変動開始処理の際に、保留球の合計留保個数が0もしくは1であった場合には、上記変動時間を12秒に決定する。また、保留球の合計留保個数が2であった場合には、8秒に、3以上であった場合には4秒に変動時間を決定する。

なお、第1特別図柄保留記憶手段801に留保された保留球に係る特別図柄の変動表示を開始する場合には、第1特別図柄保留記憶手段801内の保留球の留保個数に応じて変動時間を決定し、第2特別図柄保留記憶手段802に留保された保留球に係る特別図柄の変動表示を開始する場合には、第2特別図柄保留記憶手段802内の保留球の留保個数に応じて変動時間を決定するようにしてもよい。

(ステップS412)
上記のようにして特別図柄の変動表示の時間(リーチ演出の時間、リーチ無し演出の時間)が決定したら、CPU201aが演出実行コマンド送信手段733を作動させて、演出実行コマンドを副制御基板202に送信する。この演出実行コマンドには、当該遊技データに基づく各情報が付されている。具体的には、大当たりの当選の有無(小当たりを含む)、大当たりに当選している場合にはその種類(長当たり、短当たり、)、演出の態様(リーチ有り演出であるのかリーチ無し演出であるのか、可動物の変動パターン)、特別図柄の変動表示の時間に関する情報、及び遊技状態記憶手段804に記憶されている現在の遊技状態に関する情報が付されている。

(ステップS413)
上記のようにして、演出実行コマンドが送信されたら、CPU201aが第1特別図柄表示制御手段701を作動させて、特別図柄表示器82,83に、特別図柄の変動表示を開始する。なお、特別図柄の変動表示の時間は、上記ステップS409もしくはステップS411において決定された時間だけなされ、当該時間の経過後に、上記特別図柄表示器82,83には、大当たりの種類に応じた図柄が最終的に停止表示する。

(ステップS414)
また当該遊技データが、「大当たり(長当たり、短当たり)」に当選している場合には、特別図柄の変動表示が終了した後に大当たり遊技を開始するため、この大当たり遊技を開始するために必要な処理が行われる。従って、ここでは「大当たり」に当選する遊技データであるか否かが判定される。

(ステップS415)
上記ステップS414において、「大当たり」に当選していないと判定された場合には、さらに、「小当たり」に当選しているか否かが判定される。そして、「小当たり」に当選している場合には、特別図柄の変動表示が終了した後に小当たり遊技を開始するための処理が行われる。一方、「大当たり」にも「小当たり」にも当選していない場合には、主制御基板201における処理が終了となる。
なお、上記ステップS412において、演出実行コマンドが副制御基板202に送信されると、副制御基板202において、特別図柄の変動表示中に、図柄表示部104における装飾図柄演出、右のリング形開閉部材20L、20R及び左右のハート形開閉部材30L、30R、演出役物115,116による役物演出、その他、音声演出やランプ演出が制御されるが、この制御については後で詳細に説明する。

上記のようにして制御される特別図柄の変動開始処理において、大当たりに当選している場合には、大当たりの特別図柄が停止表示された後に、「長当たり遊技」もしくは「短当たり遊技」が開始される。上記ステップS414で大当たりに当選していると判定されると、RAM201cに長当たりに当選したのか、短当たりに当選したのかが識別可能に記憶される。長当たりに当選した場合には、図28に示す通りに「長当たり遊技」の制御が行われる。

(ステップS501)
まず、長当たり遊技の制御開始にあたって、CPU201aが長当たり遊技制御手段740を作動させて、長当たり演出開始信号を副制御基板202に送信する。副制御基板202においては、当該長当たり演出開始信号を受信することによって、長当たり遊技中の演出が開始される。なお、第1の実施形態においては、長当たり遊技中に図柄表示部104にムービーが表示されるとともに、当該ムービーに対応して演出ライト111が点灯し、また、スピーカ277から音楽が出力される。こうした演出は、長当たり遊技の開始から終了まで一貫して行われるが、副制御基板202のCPU202aが演出制御手段902を作動することによって制御されている。

(ステップS502)
上記のように長当たり遊技専用の演出が開始すると、CPU201aが長当たり遊技制御手段740を作動させて、大入賞口開閉ソレノイド97への通電を開始し、開閉扉91を開放させる。これにより、大入賞口93に遊技球が入球可能となる。

大入賞口開閉ソレノイド97に通電すると同時に、主制御基板201から副制御基板202にラウンド開始信号が送信される。副制御基板202がラウンド開始信号を受信すると、CPU202aが演出制御手段902を作動させて、ラウンドごとの演出を制御する。例えば、図柄表示部104においては、すでに長当たり遊技専用のムービーが表示されているが、このムービーとともに、「1ラウンド開始」といったメッセージが合わせて表示される。

(ステップS503)(ステップS504)(ステップS505)
上記ステップS502において、開閉扉91が開放すると、主制御基板201に設けたタイムカウンタが時間の計測を開始する。そして、所定時間(30秒)が経過すると、CPU201aが長当たり遊技制御手段740を作動させて、大入賞口開閉ソレノイド97の通電を停止し(ステップS505)、開閉扉91を閉じる。また、大入賞口検出部224が所定個数(9個)の遊技球の入球を検知した場合にも同様に、大入賞口開閉ソレノイド97の通電が停止される。従って、開閉扉91が開放してから所定時間内であって、かつ、大入賞口検出部224の遊技球の検知個数が所定個数未満である間は、ステップS503及びステップS504の制御が繰り返し行われ、開閉扉91が開状態に維持されることとなる。

(ステップS506)
そして、上記ステップS505において、所定時間を経過するか、もしくは所定個数の遊技球を大入賞口検出部224が検知するかして、大入賞口開閉ソレノイド97の通電が停止すると、CPU201aが長当たり遊技制御手段740を作動させて、ラウンド数記憶手段805に「1」をカウントして記憶する。このラウンド数記憶手段805に記憶されたカウント値は、長当たり遊技が何ラウンド行われたかを判別するためのものである。

(ステップS507)
さらに、CPU201aは長当たり遊技制御手段740を作動させて、上記ラウンド数記憶手段805に記憶されたカウント値を判別する。そして、このカウント値が15でなければ、上記ステップS502〜ステップS506の処理が繰り返して行われることとなる。

(ステップS508)
一方、上記ステップS502〜ステップS507の処理が繰り返された結果、ラウンド数が15に到達した場合には、ラウンド数記憶手段805に記憶されたカウント値がクリアされる。

(ステップS509)
また、開閉扉91の開閉動作が所定回数(15ラウンド)行われると、長当たり遊技が終了となり、CPU201aが長当たり遊技制御手段740を作動させて、副制御基板202に長当たり遊技終了信号を送信する。そして、副制御基板202が長当たり遊技終了信号を受信すると、CPU202bが演出制御手段902を作動させて、いわゆる長当たり遊技終了に係るエンディングの演出が行われる。

(ステップS510)
また、CPU201aが長当たり遊技制御手段740を作動させて、遊技状態記憶手段804に以後の遊技状態が記憶される。第1の実施形態においては、長当たり遊技の終了後、遊技状態が時短遊技状態となるため、遊技状態記憶手段804には、時短遊技状態であることを示すフラグが記憶される。さらに、「高確率時短付き長当たり」の当選に係る長当たり遊技が終了した場合には、遊技状態記憶手段804に高確率遊技状態であることを示すフラグが記憶され、「通常時短付き長当たり」の当選に係る長当たり遊技が終了した場合には、低確率遊技状態であることを示すフラグが記憶される。

このようにして、以後の遊技を進行するための処理が行われたら、主制御基板201における長当たり遊技の制御が終了となる。

一方、短当たりに当選した場合には、図29に示す通りに「短当たり遊技」の制御が行われる。

(ステップS601)
まず、短当たり遊技の制御開始にあたって、CPU201aが短当たり遊技制御手段741を作動させて、短当たり演出開始信号を副制御基板202に送信する。副制御基板202においては、当該短当たり演出開始信号を受信することによって、短当たり遊技中の演出が開始される(ステップS601a)。なお、第1の実施形態においては、短当たり遊技中に図柄表示部104にムービーが表示されるとともに、当該ムービーに対応して演出ライト111が点灯し、また、スピーカ277から音楽が出力される。こうした演出は、短当たり遊技の開始から終了まで一貫して行われるが、副制御基板202のCPU202aが演出制御手段902を作動することによって制御されている。

なお、短当たり遊技は、その開始から終了までの時間が予め設定されており、短当たり遊技専用の演出は、短当たり遊技の開始から終了までの時間に設定されている。短当たり遊技専用の演出としては、例えば、後述する「確変示唆演出モード」を開始する際のオープニングに係る演出が好適である。

また、副制御基板202においては、短当たり演出開始信号を受信すると、CPU202aが確変示唆フラグ制御手段903を作動させて、確変示唆フラグ記憶手段911に確変示唆フラグを記憶させる(ステップS601b)。この確変示唆フラグは、短当たり遊技が終了してから、以後の特別図柄の変動表示中の演出を、後述する確変示唆演出モードにて行うためのものである。

(ステップS602)
上記のように短当たり遊技専用の演出が開始すると、CPU201aが短当たり遊技制御手段741を作動させて大入賞口開閉ソレノイド97に通電し(ステップS602)、開閉扉91を開放する。但し、この短当たり遊技においては、大入賞口開閉ソレノイド97への通電時間が0.1秒と短く設定されているため、開閉扉91は一瞬開放した後にすぐに閉状態に復帰する。但し、開閉扉91の自重が作用する関係で、開閉扉91が開放してから完全に閉じきるまでの時間は、0.1秒よりも長くなる。

(ステップS603)
上記ステップS602において、大入賞口開閉ソレノイド97に通電すると、主制御基板201に設けたタイムカウンタが時間の計測を開始する。

(ステップS604)
そして、上記ステップS603において、所定時間(1.5秒)を経過すると、CPU201aが短当たり遊技制御手段741を作動させて、ラウンド数記憶手段805に「1」をカウントして記憶する。これにより、短当たり遊技が何ラウンド行われたかが判別される。

(ステップS605)
さらに、CPU201aは短当たり遊技制御手段741を作動させて、上記ラウンド数記憶手段805に記憶されたカウント値を判別する。そして、このカウント値が15でなければ、上記ステップS602〜ステップS604の処理が繰り返して行われることとなる。なお、上記ステップS602の処理が繰り返して行われるまでの時間は、上記の所定時間(1.5秒)である。つまり、短当たり遊技においては、開閉扉91が開放する間の時間が1.5秒に設定されている。

(ステップS606)
一方、上記ステップS602〜ステップS604の処理が15回行われた場合には、ラウンド数記憶手段805に記憶されたカウント値がクリアされる。

(ステップS607)
また、CPU201aが短当たり遊技制御手段741を作動させて、遊技状態記憶手段804に以後の遊技状態が記憶される。具体的には、短当たり遊技の終了後に、遊技状態が時短遊技状態となる場合には、遊技状態記憶手段804に時短遊技状態であることを示すフラグが記憶される。また、「高確率時短付き短当たり」もしくは「高確率時短無し短当たり」の当選に係る短当たり遊技が終了した場合には、遊技状態記憶手段804に高確率遊技状態であることを示すフラグが記憶される。一方、「通常時短付き短当たり」もしくは「通常時短無し短当たり」の当選に係る短当たり遊技が終了した場合には、低確率遊技状態であることを示すフラグが記憶される。
このようにして、以後の遊技を進行するための処理が行われたら、主制御基板201における短当たり遊技の制御が終了となる。

一方、上記のようにして制御される特別図柄の変動開始処理において、小当たりに当選している場合には、小当たりの特別図柄が停止表示された後に、「小当たり遊技」が開始される。小当たりに当選した場合には、図30に示す通りに「小当たり遊技」の制御が行われる。

(ステップS701)
まず、小当たり遊技の制御開始にあたって、CPU201aが小当たり遊技制御手段745を作動させて、小当たり演出開始信号を副制御基板202に送信する。副制御基板202においては、当該小当たり演出開始信号を受信することによって、小当たり遊技中の演出が開始される(ステップS701a)。なお、第1の実施形態においては、小当たり遊技中(この場合、開閉扉91が開放するまえの予告も含む)に、図21(c)に示す小当たり時の可動部材の変動パターンが実行され、図柄表示部104にムービーが表示されるとともに、当該ムービーに対応して演出ライト111が点灯し、また、スピーカ277から音楽が出力される。こうした演出は、小当たり遊技の開始から終了まで一貫して行われるが、副制御基板202のCPU202aが演出制御手段902を作動することによって制御されている。

なお、小当たり遊技は、その開始から終了までの時間が予め設定されており、小当たり遊技専用の演出は、小当たり遊技の開始から終了までの時間に設定されている。また、小当たり遊技専用の演出は、上記短当たり遊技専用の演出と同一の内容に設定されている。このように、演出を見ただけでは、小当たり遊技が実行されているのか、短当たり遊技が実行されているのかが遊技者にわからないようにしている。

また副制御基板202においては、小当たり演出開始信号を受信すると、CPU202aが確変示唆フラグ制御手段903を作動させて、上記確変示唆フラグ記憶手段911に確変示唆フラグを記憶させる(ステップS701b)。

(ステップS702)
上記のように小当たり遊技専用の演出が開始するのと同時に、CPU201aが小当たり遊技制御手段745を作動させ大入賞口開閉ソレノイド97への通電を間欠的に行う。つまり、小当たり遊技制御手段745は、大入賞口開閉ソレノイド97に対する0.1秒の通電を、1.5秒の間隔をあけて15回行うようにプログラムされている。従って、CPU201aが小当たり遊技制御手段745を作動すると、開閉扉91の開閉動作が連続して15回行われることとなる。

なお、この小当たり遊技の制御方法は、上記短当たり遊技の制御方法と異なるものであるが、開閉扉91の開閉動作は、短当たり遊技と小当たり遊技とで同一態様に設定されている。従って、上記のように演出のみならず、開閉扉91の開閉動作を見たとしても、小当たり遊技が実行されているのか、それとも短当たり遊技が実行されているのかの区別を遊技者がつけることはできない。

次に特別図柄の変動表示中に行われる演出の制御について、図31を用いて説明する。上記した通り、特別図柄の変動開始処理が行われると、主制御基板201から副制御基板202に演出実行コマンドが送信される(図27のステップS412)。第1の実施形態においては、副制御基板202が演出実行コマンドを受信すると、「通常演出モード」、「確変示唆演出モード」のいずれかに係る演出が実行される。

ここで、「通常演出モード」は主に通常遊技状態において行われる演出態様である。また、「確変示唆演出モード」は、上記「小当たり遊技」及び「短当たり遊技」の終了後において行われる演出態様である。この「確変示唆演出モード」は、例えば、図柄表示部104において、上記「通常演出モード」では出現しないキャラクターが登場したり、異なる背景画像が表示されたりする。また、音声演出も「通常演出モード」とは異なる音楽が出力されるなど、「通常演出モード」とは明らかに異なる演出が展開されるものである。いずれにしても、この「確変示唆演出モード」は、「通常演出モード」と一見して異なる演出態様であれば、その内容は特に問わない。このように「通常演出モード」と異なる演出態様にすることで、遊技者に、遊技状態が高確率遊技状態であるかもしれないという期待を抱かせるようにしている。

副制御基板202のROM202bには、「通常演出モードテーブル」、「確変示唆演出モードテーブル」、の2つのテーブルが格納されている。両テーブルには、それぞれのモードに対応する内容の演出コマンドが複数記憶されており、例えば、「通常演出モード」においては、「通常演出モードテーブル」から1の演出コマンドが選択されることとなる。以下に、両テーブルから演出コマンドが選択され、当該演出コマンドに基づいて演出が制御されるまでのフローを説明する。

(ステップS801)
副制御基板202が演出実行コマンドを受信すると、CPU202aが所定のプログラムを作動させて、確変示唆フラグ制御手段903に確変示唆フラグが記憶されているか否かを判定する。ここで、確変示唆フラグが記憶されている場合というのは、当該特別図柄の変動開始処理以前に「短当たり遊技」もしくは「小当たり遊技」のいずれかが行われた場合である(図29のステップS601b、図30のステップS701b)。

(ステップS802)
上記ステップS801において、確変示唆フラグが記憶されていないと判定された場合には、「通常演出モードテーブル」が選択される。

(ステップS803)
一方、上記ステップS801において、確変示唆フラグ記憶手段911に確変示唆フラグが記憶されていると判定された場合、「確変示唆演出モードテーブル」が選択される。つまり、「短当たり遊技」もしくは「小当たり遊技」が終了して以降は、特別図柄の変動表示中に「確変示唆演出モード」に係る演出がなされることとなる。

(ステップS804)
上記のようにして、「通常演出モードテーブル」及び「確変示唆演出モードテーブル」のいずれかが選択されたら、CPU202aが演出抽選手段901を作動させて、演出の抽選を行う。

なお、上記両テーブルには、「長当たり」に当選した際のテーブルと、「短当たり」に当選した際のテーブルと、「小当たり」に当選した際のテーブルと、「ハズレ」の際のテーブルとがそれぞれ設けられている。しかも、各テーブルには、リーチ演出用のテーブルと、リーチ無し演出用のテーブルとがさらに設けられ、演出態様ごとに実行されうる演出時間に対応したテーブルがさらに設けられている。そして、受信した演出実行コマンドが有する演出時間情報や、演出態様(リーチ有り演出、リーチ無し演出)に関する情報に基づいて対応するテーブルが選択される。これら各テーブルには、図柄表示部104における装飾図柄演出態様や演出役物115,116、における役物演出態様、演出用の可動物(左右のリング形開閉部材20L、20R及び左右のハート形開閉部材30L、30R等)における役物演出態様、あるいは音声演出態様やランプ演出態様がそれぞれ組み合わされたコマンドが複数記憶されており、これら複数のコマンドの中から1のコマンドが決定される。

(ステップS805)
上記ステップS804において1のコマンドが決定されたら、受信した演出実行コマンドが、「長当たり」に係る演出実行コマンドであるか否かが判定される。その結果、受信した演出実行コマンドが「長当たり」に係るものではないと判定された場合には、後述するステップS808において、確定したコマンドに基づいて演出が制御される。

(ステップS806)
これに対して、上記ステップS805において、受信した演出実行コマンドが「長当たり」に係るものであると判定された場合には、確変示唆フラグ記憶手段911に記憶されている確変示唆フラグをOFFする。これにより、「短当たり遊技」もしくは「小当たり遊技」の終了後に実行される「確変示唆演出モード」による演出が終了となり、大当たり遊技の終了後には、「通常演出モード」にて演出が制御されることとなる。

(ステップS807)
上記の通り各制御がなされたら、CPU202aが演出制御手段902を作動させて、上記確定したコマンドに基づいて、図柄表示部104や演出役物115,116、左右のリング形開閉部材20L、20R及び左右のハート形開閉部材30L、30R、スピーカ277、演出ライト111の制御を開始する。これにより、特別図柄の変動表示中には、さまざまな演出が行われることとなり、こうした演出によって遊技者の期待感が高まることとなる。

以上に示した本発明の第1の実施形態によれば、フレキシブルフラットケーブル191Lの薄板199Lは、前記コネクタメス部181Lに前記コネクタ接続部194Lが完全に差し込まれた状態に限って前記コネクタメス部181Lの内側に隠れる位置に設けられているので、ハート形開閉部材30Lの電飾基板163Lのコネクタメス部181Lに対するフレキシブルフラットケーブルのコネクタ接続部194Lの差込み不良の確認を容易にすることができ、遊技機1の組立作業及びメンテナンスに対するコストを低減できる。また、リング形開閉部材20L、20R及びハート形開閉部材30R及びこれに接続するフレキシブルフラットケーブルについても、ハート形開閉部材30Lと同様のコネクタメス部とフレキシブルフラットケーブルの接続構造を採用しており、リング形開閉部材20L、20R及びハート形開閉部材30Rについても、ハート形開閉部材30Lと同様の効果が得られる。

尚、第1の実施形態では、フレキシブルフラットケーブル側目印の薄板199Lは、前記コネクタメス部181Lに前記コネクタ接続部194Lが完全に差し込まれた状態に限って前記コネクタメス部181Lの内側に隠れる位置に形成したが、薄板199Lは、前記コネクタメス部181Lに前記前記フレキシブルフラットケーブル191Lが完全に差し込まれた状態で前記電飾基板163Lの一辺に対応する位置に端部(薄板199Lとフレキシブルフラットケーブル本体192Lの境界線)が来るように形成してもよい。薄板199Lは、セロハン、合成樹脂(例えばポリカーボネート)のフィルム等を切断して作成することが可能である。

また、前記フレキシブルフラットケーブル側目印は、フレキシブルフラットケーブルの印刷された一本の線でもよいし、フレキシブルフラットケーブルの長手方向の一方の側と他方の側で塗り分けられた色の境界線でもよい。また、薄板199Lを長く形成し、薄板199Lの上に前記フレキシブルフラットケーブル側目印として線や塗り分けを印刷してもよい。

(第2の実施形態)
以下、本発明の第2の実施形態について図面を参照しながら具体的に説明する。

図32は本発明の第2の実施形態におけるハート形開閉部材930Lの下側延出部931Lとフレキシブルフラットケーブル991Lの下側蓋部材を外した状態の背面図である。図32において、図1乃至図31に示した第1の実施形態と同じ構成要素には同じ符号を付して説明を省略している。

図32において、フレキシブルフラットケーブル991Lの後面には、一端側のコネクタ接続部994Lがコネクタメス部181Lに完全に差し込まれた状態で、電飾基板163Lの延出部635Lの下辺から所定距離(例えば2mm)離れる位置に目印線992Lが印刷により形成されている。目印線992Lは、フレキシブルフラットケーブル991Lの幅方向に引かれている。

一方、ハート形開閉部材930Lの下側延出部931Lのネジ止め部661Lと電飾基板163Lの間の位置には、板状部932Lが開閉部材側目印として形成されている。フレキシブルフラットケーブル991Lの前記コネクタ接続部994Lがコネクタメス部181Lに完全に差し込まれた状態で板状部932Lと目印線992Lは高さが一致する。

ここで、製造時の不手際や遊技機1のメンテナンスの際にフレキシブルフラットケーブル991Lを不用意に引っ張り、フレキシブルフラットケーブル991Lとコネクタメス部181Lの接続が不完全になった場合には、目印線992Lは板状部932Lと高さより低い側にずれる。

このような構造により、ハート形開閉部材930Lには、前記コネクタメス部181Lに前記コネクタ接続部194Lが完全に差し込まれた状態で前記フレキシブルフラットケーブル側目印(目印線992L)に対応する開閉部材側目印(板状部932L)が形成されている。

このような第2の実施形態においても第1の実施形態と同様の効果が得られる。

尚、前記開閉部材側目印(板状部932L)は、前記開閉部材に形成したリブ、肉盛り、カット、シボ、印刷等、各種適用が可能である。

1……遊技機、2……中央役物、20L、20R……リング形開閉部材、
30L、30R……ハート形開閉部材、
61L、61R、161L、161R……外装部材、
62L、62R、162L、162R……透明部材、
63L、63R、163L、163R……電飾基板、
104……図柄表示部、181L……コネクタメス部、
191L……フレキシブルフラットケーブル、
194L……コネクタ接続部、199L……薄板、
400……画面、991L……フレキシブルフラットケーブル、
994L……コネクタ接続部、992L……目印線、
930L……ハート形開閉部材、931L……下側延出部、
932L……板状部

Claims (5)

  1. 板状に形成された遊技板と、当該遊技板の前面に直線移動可能な状態で設けられた可動部材と、当該可動部材に固定して設けられ、コネクタメス部を有する電飾基板と、一端側に前記コネクタメス部に差し込まれて電気的に接続するコネクタ接続部を有し、他端側が遊技機本体側と接続するフレキシブルフラットケーブルとを備える遊技機であって、
    前記フレキシブルフラットケーブルには、前記コネクタ接続部が前記コネクタメス部に完全に差し込まれた状態で前記可動部材の特定の位置に対応するフレキシブルフラットケーブル側目印が設けられていることを特徴とする遊技機。
  2. 前記フレキシブルフラットケーブル側目印は、前記コネクタ接続部が前記コネクタメス部に完全に差し込まれた状態に限って前記コネクタメス部の内側に隠れる位置に設けられていることを特徴とする請求項1に記載の遊技機。
  3. 前記フレキシブルフラットケーブル側目印は、前記コネクタ接続部が前記コネクタメス部に完全に差し込まれた状態で前記電飾基板の一辺に対応する位置に形成されていることを特徴とする請求項1に記載の遊技機。
  4. 前記可動部材には、前記コネクタ接続部が前記コネクタメス部に完全に差し込まれた状態で前記フレキシブルフラットケーブル側目印に対応する可動部材側目印が形成されていることを特徴とする請求項1に記載の遊技機。
  5. 前記遊技板には、画面に画像の表示を行う画像表示手段が設けられ、前記可動部材は、前記画面の手前に直線移動可能な状態で設けられ、当該画面の手前で開閉動作を行う開閉部材であることを特徴とする請求項1乃至図4のいずれかに記載の遊技機。
JP2009088452A 2009-03-31 2009-03-31 遊技機 Pending JP2010234020A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009088452A JP2010234020A (ja) 2009-03-31 2009-03-31 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009088452A JP2010234020A (ja) 2009-03-31 2009-03-31 遊技機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2010234020A true JP2010234020A (ja) 2010-10-21

Family

ID=43088928

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009088452A Pending JP2010234020A (ja) 2009-03-31 2009-03-31 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2010234020A (ja)

Cited By (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012105771A (ja) * 2010-11-16 2012-06-07 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013180144A (ja) * 2012-03-02 2013-09-12 Newgin Co Ltd 遊技機
JP2013180141A (ja) * 2012-03-02 2013-09-12 Newgin Co Ltd 遊技機
JP2013180143A (ja) * 2012-03-02 2013-09-12 Newgin Co Ltd 遊技機
JP2013180140A (ja) * 2012-03-02 2013-09-12 Newgin Co Ltd 遊技機
JP2013183949A (ja) * 2012-03-08 2013-09-19 Okumura Yu-Ki Co Ltd パチンコ遊技機
JP2013215428A (ja) * 2012-04-10 2013-10-24 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013233344A (ja) * 2012-05-10 2013-11-21 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013248051A (ja) * 2012-05-30 2013-12-12 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013248046A (ja) * 2012-05-30 2013-12-12 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013248045A (ja) * 2012-05-30 2013-12-12 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013248044A (ja) * 2012-05-30 2013-12-12 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013248047A (ja) * 2012-05-30 2013-12-12 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013248041A (ja) * 2012-05-30 2013-12-12 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013248043A (ja) * 2012-05-30 2013-12-12 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013248049A (ja) * 2012-05-30 2013-12-12 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013248048A (ja) * 2012-05-30 2013-12-12 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013248042A (ja) * 2012-05-30 2013-12-12 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2014033789A (ja) * 2012-08-08 2014-02-24 Heiwa Corp 遊技機
JP2016007407A (ja) * 2014-06-25 2016-01-18 株式会社サンセイアールアンドディ 遊技機
JP2016028727A (ja) * 2015-10-05 2016-03-03 株式会社三共 遊技機

Citations (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6360280U (ja) * 1986-10-09 1988-04-21
JP2002163941A (ja) * 2000-11-28 2002-06-07 Nec Corp ケーブル
JP2005058257A (ja) * 2003-08-11 2005-03-10 Ace Denken:Kk 遊技機
JP3649102B2 (ja) * 2000-08-11 2005-05-18 住友電装株式会社 折曲フラットハーネス
JP2005295778A (ja) * 2004-04-06 2005-10-20 Furukawa Electric Co Ltd:The フラット配線体のプロテクト配索構造体
JP2005328903A (ja) * 2004-05-18 2005-12-02 Okumura Yu-Ki Co Ltd 遊技機
JP2005334494A (ja) * 2004-05-28 2005-12-08 Okumura Yu-Ki Co Ltd パチンコ機
JP2007098027A (ja) * 2005-10-07 2007-04-19 Moriso:Kk 遊技機のシャッター装置
JP2007260461A (ja) * 2007-07-20 2007-10-11 Heiwa Corp 遊技機用プリント配線基板
JP2007287825A (ja) * 2006-04-14 2007-11-01 Murata Mach Ltd 回路基板の接続構造
JP2008036171A (ja) * 2006-08-07 2008-02-21 Newgin Corp 遊技機

Patent Citations (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6360280U (ja) * 1986-10-09 1988-04-21
JP3649102B2 (ja) * 2000-08-11 2005-05-18 住友電装株式会社 折曲フラットハーネス
JP2002163941A (ja) * 2000-11-28 2002-06-07 Nec Corp ケーブル
JP2005058257A (ja) * 2003-08-11 2005-03-10 Ace Denken:Kk 遊技機
JP2005295778A (ja) * 2004-04-06 2005-10-20 Furukawa Electric Co Ltd:The フラット配線体のプロテクト配索構造体
JP2005328903A (ja) * 2004-05-18 2005-12-02 Okumura Yu-Ki Co Ltd 遊技機
JP2005334494A (ja) * 2004-05-28 2005-12-08 Okumura Yu-Ki Co Ltd パチンコ機
JP2007098027A (ja) * 2005-10-07 2007-04-19 Moriso:Kk 遊技機のシャッター装置
JP2007287825A (ja) * 2006-04-14 2007-11-01 Murata Mach Ltd 回路基板の接続構造
JP2008036171A (ja) * 2006-08-07 2008-02-21 Newgin Corp 遊技機
JP2007260461A (ja) * 2007-07-20 2007-10-11 Heiwa Corp 遊技機用プリント配線基板

Cited By (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012105771A (ja) * 2010-11-16 2012-06-07 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013180144A (ja) * 2012-03-02 2013-09-12 Newgin Co Ltd 遊技機
JP2013180141A (ja) * 2012-03-02 2013-09-12 Newgin Co Ltd 遊技機
JP2013180143A (ja) * 2012-03-02 2013-09-12 Newgin Co Ltd 遊技機
JP2013180140A (ja) * 2012-03-02 2013-09-12 Newgin Co Ltd 遊技機
JP2013183949A (ja) * 2012-03-08 2013-09-19 Okumura Yu-Ki Co Ltd パチンコ遊技機
JP2013215428A (ja) * 2012-04-10 2013-10-24 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013233344A (ja) * 2012-05-10 2013-11-21 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013248045A (ja) * 2012-05-30 2013-12-12 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013248046A (ja) * 2012-05-30 2013-12-12 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013248051A (ja) * 2012-05-30 2013-12-12 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013248044A (ja) * 2012-05-30 2013-12-12 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013248047A (ja) * 2012-05-30 2013-12-12 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013248041A (ja) * 2012-05-30 2013-12-12 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013248043A (ja) * 2012-05-30 2013-12-12 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013248049A (ja) * 2012-05-30 2013-12-12 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013248048A (ja) * 2012-05-30 2013-12-12 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013248042A (ja) * 2012-05-30 2013-12-12 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2014033789A (ja) * 2012-08-08 2014-02-24 Heiwa Corp 遊技機
JP2016007407A (ja) * 2014-06-25 2016-01-18 株式会社サンセイアールアンドディ 遊技機
JP2016028727A (ja) * 2015-10-05 2016-03-03 株式会社三共 遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4110091B2 (ja) 弾球遊技機
JP4866806B2 (ja) 遊技機
JP5234572B2 (ja) 遊技機
JP5200275B2 (ja) 遊技台
JP5102457B2 (ja) 遊技機
JP5023341B2 (ja) 遊技機
JP2011212064A (ja) 遊技機
JP5083722B2 (ja) 遊技機
JP4966389B2 (ja) ぱちんこ遊技機
JP2011092577A (ja) 遊技機
JP2008194327A (ja) 遊技台
JP4891965B2 (ja) 遊技機
JP2007185256A (ja) 遊技機
JP2008136500A (ja) 遊技機
JP5023342B2 (ja) 遊技機
JP2005013446A (ja) 遊技機
EP0924661A2 (en) Gaming machine
JP2008161457A (ja) 遊技機
JP5884310B2 (ja) 遊技機
JP2006288699A (ja) 遊技機
JP2010075618A (ja) 遊技台
US6471387B1 (en) Illuminated display for a gaming device
JP2009219597A (ja) 遊技機
JP5330614B1 (ja) パチンコ遊技機および遊技機枠の透明板ユニット
JP4975297B2 (ja) スロットマシン

Legal Events

Date Code Title Description
RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20101229

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20120213

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130430

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130617

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130716

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20131119