JP2010158557A - 遊技機 - Google Patents

遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP2010158557A
JP2010158557A JP2010095642A JP2010095642A JP2010158557A JP 2010158557 A JP2010158557 A JP 2010158557A JP 2010095642 A JP2010095642 A JP 2010095642A JP 2010095642 A JP2010095642 A JP 2010095642A JP 2010158557 A JP2010158557 A JP 2010158557A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
symbol
game
special
displayed
display
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2010095642A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4568890B2 (ja
Inventor
Tomoya Hirokawa
智也 廣川
Akinori Kato
明紀 加藤
Minoru Sakamoto
実 坂本
Koji Fujimori
幸治 藤盛
Original Assignee
Taiyo Elec Co Ltd
タイヨーエレック株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2005141833 priority Critical
Application filed by Taiyo Elec Co Ltd, タイヨーエレック株式会社 filed Critical Taiyo Elec Co Ltd
Priority to JP2010095642A priority patent/JP4568890B2/ja
Publication of JP2010158557A publication Critical patent/JP2010158557A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4568890B2 publication Critical patent/JP4568890B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】遊技に対する遊技者の興味を確実に引き付けておくことの可能な遊技機を提供する。
【解決手段】通常当り、確変当りに加えて、新たに特定当りを設定し、特定当り図柄は外れ図柄と紛らわしい図柄に設定しておく。また、特定当りが発生しても、特別遊技状態は極短時間で終了させてしまい、大当りの発生確率は高くするものの、普通電動役物の開口時間の延長や図柄変動時間の短縮は行わない。こうすれば、遊技者に気付かれることなく、遊技状態を大当りの発生し易い状態とすることができるので、たとえば大当りの発生を予感させる演出を行った場合でも、単なる見せかけに終わらせず実際に大当りを発生させ易くすることも可能となる。この結果、演出が飽きられることが無く、たとえ長い時間、大当りが発生しなくても、遊技に対する遊技者の興味を確実に引き付けておくことが可能となる。
【選択図】 図9

Description

本発明は、パチンコ機やアレンジボール機など、遊技盤面上に向けて遊技球を発射して遊技を行う遊技機に関する。
遊技盤面上に向けて遊技球を発射することにより遊技を行う遊技機としては、各種の遊技機が知られている。これら遊技機の中で、いわゆるパチンコ機と呼ばれる遊技機は、遊技盤面上に複数の入賞口が設けられており、何れかの入賞口に遊技球が入球すると、賞球として遊技球の払い出しを受けられるようになっている。また、これら入賞口の中の「大入賞口」と呼ばれる入賞口は、通常の遊技状態では閉じた状態となっているが、所定の条件が成立すると大きく開口して遊技球が容易に入球するようになり、多くの賞球を獲得することができるようになっている。
上述したパチンコ機のうち、いわゆるデジパチタイプと呼ばれるパチンコ機では、大入賞口を開口させるためには、「始動口」と呼ばれる特定の入賞口に遊技球を入球させて、複数の図柄を表示可能な図柄表示装置で図柄の変動表示を開始させた後、所定の当り図柄で停止表示させることが条件となる。このため遊技者は、始動口に遊技球を入賞させて図柄表示装置で図柄の変動表示を開始させ、当り図柄が停止表示されて、その結果として大入賞口が開口することを強く期待しながら遊技を行うことが通常である。尚、図柄表示装置で当り図柄が停止表示された状態は、「大当り」と呼ばれる。
とは言え、図柄表示装置で図柄の変動が開始されても、大当りが発生する確率はそれほど高くはないため、大入賞口が開口状態とならないまま遊技を続けなければならない状況も発生し得る。こうした状況がしばしば発生すると遊技者が遊技に対する興味を失ってしまいかねないので、大当りの発生を予感させるような種々の演出を行うことにより、遊技に対する遊技者の興味を引きつけておく技術が提案されている(例えば、特許文献1、特許文献2など)。
特開2000−300750号公報 特開2002−143457号公報
しかし、提案されている技術は、いずれも実際には大当りの発生確率が増加しているわけではなく、単に「大当りが発生するのではないか」と遊技者に思わせる演出を行っているに過ぎない。このため、やがては単なる演出に過ぎないことを遊技者に悟られてしまうおそれがあり、遊技に対する興味を長く引き付けておくことは困難であるという問題があった。
本発明は、従来の技術における上述した課題を解決するためになされたものであり、長い間、大当りが発生しない場合でも、遊技に対する遊技者の興味を確実に引き付けておくことが可能な遊技機の提供を目的とする。
上述した課題の少なくとも一部を解決するために、本発明の遊技機は次の構成を採用した。すなわち、
遊技盤面に向かって遊技球を発射することにより遊技を行う遊技機において、
遊技球の入球可能性が低い通常状態と、該通常状態よりも遊技球の入球可能性が高い開口状態とに切り換え可能な始動口と、
遊技球が入球不可能な閉鎖状態と入球可能な開放状態とに切り換え可能な大入賞口と、
前記始動口に遊技球が入球したことを契機として図柄を変動表示した後、何れかの図柄で停止表示する図柄表示手段と、
前記図柄表示手段での前記図柄の変動表示および停止表示に合わせて演出用図柄による演出表示を行う演出表示手段と、
前記図柄表示手段で所定の当り図柄が停止表示されると、前記閉鎖状態にある前記大入賞口を前記開放状態とする特別遊技を実行する特別遊技実行手段と、
前記特別遊技の終了後、前記図柄表示手段で前記当り図柄が停止表示される確率を通常よりも高い確率とする確率変動手段と、
前記特別遊技の終了後、前記始動口を開口状態とする時間を延長させる開口時間延長手段と、
前記図柄表示手段で停止表示された前記当り図柄に応じて、前記特別遊技の終了後における前記確率変動手段および前記開口時間延長手段の作動制御を行う当り後遊技制御手段と、を備え、
前記特別遊技実行手段は、
前記図柄表示手段で前記当り図柄として通常当り図柄または確変当り図柄が停止表示されると、前記大入賞口を第1の開放時間にわたって開放させることで、前記大入賞口への遊技球の入球が容易となる第1の特別遊技を実行する第1の特別遊技実行手段と、
前記図柄表示手段で前記当り図柄として特定当り図柄が停止表示されると、前記大入賞口を前記第1の開放時間よりも短い第2の開放時間だけ開放させることで、前記大入賞口への遊技球の入球が前記第1の特別遊技に比べて困難となる第2の特別遊技を実行する第2の特別遊技実行手段と、を含んで構成され、
前記当り後遊技制御手段は、
前記図柄表示手段で前記通常当り図柄が停止表示されたことを契機に実行される前記第1の特別遊技が終了すると、前記確率変動手段を作動させずに前記開口時間延長手段を作動させる遊技を実行する通常当り後遊技実行手段と、
前記図柄表示手段で前記確変当り図柄が停止表示されたことを契機に実行される前記第1の特別遊技が終了すると、前記確率変動手段および前記開口時間延長手段を作動させる遊技を実行する確変当り後遊技実行手段と、
前記図柄表示手段で前記特定当り図柄が停止表示されたことを契機に実行される前記第2の特別遊技が終了すると、該第2の特別遊技の実行契機となった前記特定当り図柄が停止表示されたときの前記開口時間延長手段の作動状態が作動中であった場合には、前記開口時間延長手段および前記確率変動手段を作動させる遊技を実行し、該第2の特別遊技の実行契機となった前記特定当り図柄が停止表示されたときの前記開口時間延長手段の作動状態が作動中でなかった場合には、前記開口時間延長手段を作動させずに前記確率変動手段のみを作動させる遊技を実行する特定当り後遊技実行手段と、を含んで構成され、
前記演出表示手段は、
前記図柄表示手段で前記特定当り図柄が停止表示される場合と、前記図柄表示手段で前記通常当り図柄、前記確変当り図柄および前記特定当り図柄の何れかが停止表示されることとは別の所定の演出条件が成立した場合とに、前記確率変動手段が作動しているかもしれないという印象を遊技者に与える特定演出表示を開始する
ことを特徴とする。
かかる本発明の遊技機では、図柄表示手段で表示可能な当り図柄として、「通常当り図柄」、および「確変当り図柄」に加えて、「特定当り図柄」が設定されている。そして、始動口に遊技球が入球すると、図柄表示手段が図柄の変動表示を開始した後、何れかの図柄で停止表示する。このとき、「通常当り図柄」あるいは「確変当り図柄」の何れかで停止表示された場合は、大入賞口を第1の開放時間にわたって開放させることで大入賞口への遊技球の入球が容易となる第1の特別遊技が実行され、「特定当り図柄」で停止表示した場合には、大入賞口を第1の開放時間よりも短い第2の開放時間だけ開放させることで大入賞口への遊技球の入球が第1の特別遊技に比べて困難となる第2の特別遊技が実行される。当然ながら、第1の特別遊技は、第2の特別遊技よりも短い時間で終了してしまう。また、「通常当り図柄」あるいは「確変当り図柄」の何れかで停止表示した場合は、少なくとも始動口が開口状態となる時間(開口時間)については延長されるのに対して、「特定当り図柄」で停止表示した場合は、始動口の開口時間は、停止表示される前の状態が維持されたままとなっている。つまり、第2の特別遊技の実行契機となった特定当り図柄が停止表示されたときの開口時間延長手段の作動状態が作動中であった場合には、第2の特別遊技の終了後に、当り図柄の停止確率が通常よりも高い確率に変更されるとともに、始動口の開口時間が延長される遊技が開始され、第2の特別遊技の実行契機となった特定当り図柄が停止表示されたときの開口時間延長手段の作動状態が作動中でなかった場合には、第2の特別遊技の終了後に、当り図柄の停止確率が通常よりも高い確率に変更されるものの、始動口の開口時間は延長されない遊技が開始される。このため、「特定当り図柄」が停止表示された場合は、このことに遊技者が気付かないまま、当り図柄の停止確率が通常よりも高い確率に変更されることになる。
このように、本発明の遊技機では、変動表示された図柄が当り図柄で停止される確率を、遊技者に気付かれないまま高い確率に切り換えることができる。このため、たとえば大当りの発生を予感させる演出を行う場合でも、遊技者に気付かれないまま高確率状態に切り換えることで、演出を単なる演出に終わらせないことも可能となり、演出が遊技者に飽きられてしまうおそれがない。その結果、たとえ当り図柄で停止しない状態が長い間続いたとしても、遊技に対する遊技者の興味を引き付けておくことが可能となる。
また、図柄の変動表示および停止表示に合わせて演出用図柄による演出表示を行う演出表示手段は、図柄表示手段で特定当り図柄が停止表示される場合と、図柄表示手段で通常当り図柄、確変当り図柄および特定当り図柄の何れかが停止表示されることとは別の所定の演出条件が成立した場合とに、確率変動手段が作動しているかもしれないという印象を遊技者に与える特定演出表示を開始するが、遊技者にとっては、その特定演出表示が何れの場合に開始されたものかを区別することが困難である。このため、当り図柄の停止確率が通常の状態であっても、遊技者は、間もなく当り図柄で停止表示されるのではないかと期待しながら遊技を行うことになり、遊技に対する興趣を大きく高めることができる。加えて、特定演出表示が、特定当り図柄が停止表示されたことによって開始された場合には、当り図柄の停止確率が高確率状態となっているので、演出が遊技者に飽きられてしまうおそれもない。ここで、所定の演出条件とは、たとえば変動表示された図柄が外れの図柄で停止表示された回数や、その他、種々の条件を設定しておくことができる。
また、上述した演出表示手段は、特定演出表示の実行中に図柄表示手段で特定当り図柄が停止表示される場合に、確率変動手段が作動することを遊技者に報知するための確変昇格演出を実行することとしてもよい。これにより、遊技者は、「当りが発生するかもしれない」という期待感から「当りが間もなく発生する」という確信を得ることができる。
また、上述した課題の少なくとも一部を解決するために、本明細書において参考的に開示する第1の参考発明(以下、「参考発明1」という。)の遊技機は、次の構成を採用している。すなわち、
遊技盤面に向かって遊技球を発射することにより遊技を行う遊技機において、
遊技球が入球可能な開口状態と、該開口状態よりも入球の困難な通常状態とに切り換え可能な始動口と、
前記始動口とは別体に構成され、前記開口状態と前記通常状態とに切り換え可能な大入賞口と、
前記始動口に遊技球が入球したことを契機として図柄を変動表示させた後、何れかの図柄で停止表示させる図柄表示手段と、
前記図柄表示手段で所定の当り図柄が停止表示されると、前記大入賞口を所定の動作状態で開口させる大入賞口開口手段と、
前記大入賞口開口手段の動作の終了後、前記図柄表示手段で前記当り図柄が停止表示される確率を通常よりも高い確率とする確率変動手段と、
前記大入賞口開口手段の動作の終了後、前記始動口を開口状態とする時間を延長させる開口時間延長手段と、
前記図柄表示手段で停止表示された前記当り図柄に応じて、前記大入賞口開口手段、前記確率変動手段、前記開口時間延長手段を作動させることにより、遊技の状態を制御する遊技状態制御手段と
を備え、
前記図柄表示手段には、前記当り図柄として、所定の通常当り図柄、所定の確変当り図柄、および所定の特定当り図柄が設けられており、
前記大入賞口開口手段には、前記大入賞口の動作状態として、
所定の態様で開口させる動作を所定の複数回繰り返す第1の動作状態と、
前記所定の態様よりも遊技球が入球し難い態様で且つ前記所定の態様よりも短い期間だけ開口させる動作を、前記所定の複数回よりも少ない回数だけ繰り返す第2の動作状態と、が設けられており、
前記遊技状態制御手段には、
前記図柄表示手段で前記通常当り図柄が停止表示された場合に、前記大入賞口開口手段を前記第1の動作状態で作動させ、該作動の終了後、前記開口時間延長手段を作動させる第1の通常当り後遊技開始手段と、
前記図柄表示手段で前記確変当り図柄が停止表示された場合に、前記大入賞口開口手段を前記第1の動作状態で作動させ、該作動の終了後、前記確率変動手段および前記開口時間延長手段を作動させる確変当り後遊技開始手段と、
前記図柄表示手段で前記特定当り図柄が停止表示された場合に、前記大入賞口開口手段を前記第2の動作状態で作動させ、該作動の終了後、該特定当り図柄が停止表示されたときの前記開口時間延長手段の作動状態を維持したまま前記確率変動手段を作動させる第1の特定当り後遊技開始手段と
が設けられていることを特徴とする。
かかる参考発明1の遊技機では、図柄表示手段で表示可能な当り図柄として、「通常当り図柄」、および「確変当り図柄」に加えて、「特定当り図柄」が設定されている。そして、始動口に遊技球が入球すると、図柄表示手段が図柄の変動表示を開始した後、何れかの図柄で停止表示する。このとき、「通常当り図柄」あるいは「確変当り図柄」の何れかで停止表示された場合は、大入賞口が第1の動作状態で作動するが、「特定当り図柄」で停止表示した場合には、大入賞口が第2の動作状態で作動する。ここで、第1の動作状態とは、大入賞口を所定の態様で開口させる動作を所定の複数回繰り返す動作状態である。また、第2の動作状態とは、第1の動作状態中で行われる所定の態様よりも遊技球が入球し難い態様で、しかも、所定の態様よりも短い期間だけ大入賞口を開口させる動作を、第1の動作状態中で繰り返される回数よりも少ない回数だけ繰り返す動作状態である。当然ながら、大入賞口が第2の動作状態で作動した場合は、第1の動作状態で作動した場合よりも短い時間で動作を終了してしまう。また、「通常当り図柄」あるいは「確変当り図柄」の何れかで停止表示した場合は、少なくとも始動口が開口状態となる時間(開口時間)については延長されるのに対して、「特定当り図柄」で停止表示した場合は、始動口の開口時間は、停止表示される前の状態が維持されたままとなっている。このため、「特定当り図柄」が停止表示された場合は、このことに遊技者が気付かないまま、当り図柄の停止確率が通常よりも高い確率に変更されることになる。
このように、参考発明1の遊技機では、変動表示された図柄が当り図柄で停止される確率を、遊技者に気付かれないまま高い確率に切り換えることができる。このため、たとえば大当りの発生を予感させる演出を行う場合でも、遊技者に気付かれないまま高確率状態に切り換えることで、演出を単なる演出に終わらせないことも可能となり、演出が遊技者に飽きられてしまうおそれがない。その結果、たとえ当り図柄で停止しない状態が長い間続いたとしても、遊技に対する遊技者の興味を引き付けておくことが可能となる。
また、上述した課題の少なくとも一部を解決するために、本明細書において参考的に開示する第2の参考発明(以下、「参考発明2」という。)の遊技機は、次の構成を採用している。すなわち、
遊技盤面に向かって遊技球を発射することにより遊技を行う遊技機において、
遊技球が入球可能な開口状態と、該開口状態よりも入球の困難な通常状態とに切り換え可能な始動口と、
前記始動口とは別体に構成され、前記開口状態と前記通常状態とに切り換え可能な大入賞口と、
前記始動口に遊技球が入球したことを契機として図柄を変動表示させた後、何れかの図柄で停止表示させる図柄表示手段と、
前記図柄表示手段で所定の当り図柄が停止表示されると、前記大入賞口を所定の動作状態で開口させる大入賞口開口手段と、
前記大入賞口開口手段の動作の終了後、前記図柄表示手段で前記当り図柄が停止表示される確率を通常よりも高い確率とする確率変動手段と、
前記大入賞口開口手段の動作の終了後、前記始動口を開口状態とする時間を延長させる開口時間延長手段と、
前記図柄表示手段で停止表示された前記当り図柄に応じて、前記大入賞口開口手段、前記確率変動手段、前記開口時間延長手段を作動させることにより、遊技の状態を制御する遊技状態制御手段と
を備え、
前記図柄表示手段には、前記当り図柄として、所定の通常当り図柄、所定の確変当り図柄、および所定の特定当り図柄が設けられており、
前記大入賞口開口手段には、前記大入賞口の動作状態として、
所定の態様で開口させる動作を所定の複数回繰り返す第1の動作状態と、
前記所定の態様よりも遊技球が入球し難い態様で且つ前記所定の態様よりも短い期間だけ開口させる動作を、前記所定の複数回よりも少ない回数だけ繰り返す第2の動作状態と、が設けられており、
前記遊技状態制御手段には、
前記図柄表示手段で前記通常当り図柄が停止表示された場合に、前記大入賞口開口手段を前記第1の動作状態で作動させ、該作動の終了後は、何れかの前記当り図柄が停止表示されるまで前記開口時間延長手段を非作動とする第2の通常当り後遊技開始手段と、
前記図柄表示手段で前記確変当り図柄が停止表示された場合に、前記大入賞口開口手段を前記第1の動作状態で作動させ、該作動の終了後は、何れかの前記当り図柄が停止表示されるまで前記確率変動手段および前記開口時間延長手段を作動させる確変当り後遊技開始手段と、
前記図柄表示手段で前記特定当り図柄が停止表示された場合に、前記大入賞口開口手段を前記第2の動作状態で作動させ、該作動の終了後は、前記確率変動手段を作動させるとともに、前記開口時間延長手段の作動状態については、該特定当り図柄の直前の前記当り図柄に応じて定められた作動状態とする第2の特定当り後遊技開始手段と
が設けられていることを特徴とする。
かかる参考発明2の遊技機においても、前述した参考発明1の遊技機と同様に、図柄表示手段で停止表示される当り図柄には、「通常当り図柄」、「確変当り図柄」、「特定当り図柄」が設けられている。そして、図柄表示手段が「通常当り図柄」あるいは「確変当り図柄」で停止表示した場合には、大入賞口が第1の動作状態で作動するが、「特定当り図柄」で停止表示した場合には、大入賞口が第2の動作状態で作動する。また、第2の遊技機においては、「通常当り図柄」が停止表示された場合は、次の当り図柄が停止表示されるまで、始動口の開口時間は延長されない状態となり、一方、「確変当り図柄」が停止表示された場合は、次の当り図柄が停止表示されるまで、始動口の開口時間が延長された状態となる。そして、「特定当り図柄」が停止表示された場合は、その直前に停止表示した当り図柄に応じて定まる態様で、始動口の開口時間が設定される。
前述したように、大入賞口が第2の動作状態で作動しても、第1の動作状態で作動した場合とは異なり、短時間で作動を終了してしまう。このため、図柄表示手段で「特定当り図柄」が停止表示されて大入賞口が作動しても、遊技者はそのことに気付き難くなっている。しかも、始動口の開口時間については、「通常当り図柄」が停止表示された場合には、次の何れかの当り図柄が停止表示されるまで開口時間が延長されない状態となり、一方、「確変当り図柄」が停止表示された場合には、次の何れかの当り図柄が停止表示されるまで開口時間が延長された状態となる。そして、「特定当り図柄」が停止表示された場合は、直前に表示された当り図柄に応じて定められる態様に応じて、始動口が開口する。ここで「直前に表示された当り図柄に応じて定められる態様」とは、例えば「特定当り図柄」の直前の当り図柄が「確変当り図柄」であれば、確率変動手段および開口時間延長手段が作動している態様であり、直前の当り図柄が「通常当り図柄」であれば、確率変動手段および開口時間延長手段が非作動となっている態様であり、更に「特定当り図柄」の直前に停止表示された図柄も「特定当り図柄」であった場合は、確率変動手段が作動している態様である。このように、「特定当り図柄」が停止表示された後の開口時間延長手段の作動状態が、直前に表示された当り図柄に応じて定められた作動状態となっているので、遊技中に「特定当り図柄」が停止表示されても、遊技者は、大入賞口が第2の動作状態で作動したことには気が付き難く、また、始動口の開口時間の変化から、「特定当り図柄」が停止表示されたことに気付くこともない。このため第2の遊技機においても、「特定当り図柄」を停止表示させることで、遊技者が気付かないまま、当り図柄の停止確率を通常よりも高い確率に変更することが可能となる。その結果、例えば、当りの発生を予感させる演出を行った場合でも、単なる演出に終わらせないことも可能となり、演出が遊技者に飽きられてしまうおそれがない。そして、たとえ当り図柄で停止しない状態が長い間続いたとしても、遊技に対する遊技者の興味を引き付けておくことが可能となる。
また、これら参考発明1または参考発明2の遊技機においては、図柄の変動停止表示だけではなく、所定の特別演出用の図柄を表示した演出を可能に構成しておき、次のような条件が成立すると、特別演出用図柄を用いた演出を行うこととしても良い。すなわち、特定当り図柄が停止表示される場合か、あるいは確率変動手段および開口時間延長手段が何れも作動していない状態で、所定の演出条件が成立した場合に、特別演出用図柄を用いた演出を行うこととしても良い。ここで、所定の演出条件とは、たとえば変動表示された図柄が外れの図柄で停止表示された回数や、その他、種々の条件を設定しておくことができる。こうすれば、特定当り図柄が停止表示される場合(その結果、当り図柄の停止確率が高くなる状態)と、所定の演出条件が成立した場合(当り図柄の停止確率は通常の状態)とに、同じ特別演出用図柄を用いた演出が開始されることになる。しかし、遊技者にとっては、特別演出用図柄が何れの場合に開始されたものかを区別することが困難である。このため、当り図柄の停止確率が通常の状態であっても、遊技者は、間もなく当り図柄で停止表示されるのではないかと期待しながら遊技を行うことになり、遊技に対する興趣を大きく高めることができる。加えて、特別演出用図柄による演出が、特定当り図柄が停止表示されたことによって開始された場合には、当り図柄の停止確率が高確率状態となっているので、演出が遊技者に飽きられてしまうおそれもない。
また、上述した各種の遊技機においては、少なくとも確率変動手段の作動有無、および開口時間延長手段の作動有無を含んだ遊技の状態を、遊技状態情報として記憶することとしてもよい。そして、始動口に遊技球が入球すると、記憶しておいた遊技状態情報を、図柄の変動表示を開始させるための信号とともに、図柄表示手段に出力することとしてもよい。こうすれば、たとえ遊技中に、停電などの理由で電力の供給が突然止まった場合でも、遊技が再開されて図柄が変動表示される段階で遊技状態情報が出力されることになる。このため遊技再開後の比較的早い段階で、図柄表示手段の表示内容を、確率変動手段や開口時間延長手段などの動作状態に合致させることが可能となるので好ましい。
本実施例の遊技機の正面図である。 遊技盤の盤面構成を示す説明図である。 本実施例の遊技機に搭載された図柄表示装置の構成を示す説明図である。 本実施例の遊技機に搭載された演出表示装置の画面構成を示す説明図である。 本実施例の遊技機における制御回路の構成を示したブロック図である。 普通図柄が変動表示している様子を概念的に示した説明図である。 特別図柄が変動表示している様子を概念的に示した説明図である。 演出表示装置で行われる演出の一態様を例示した説明図である。 主制御基板を中心として遊技の制御が行われる様子を機能に着目して表したブロック図である。 主制御基板が遊技の進行を制御するために行う遊技制御処理の大まかな流れを示したフローチャートである。 普通電動役物停止処理の流れを示すフローチャートである。 特別図柄遊技処理の一部を示すフローチャートである。 特別図柄遊技処理の残りの部分を示したフローチャートである。 特別図柄の当否判定を行うために参照される当否判定テーブルを概念的に示した説明図である。 特別図柄変動パターン設定処理の流れを示すフローチャートである。 特別電動役物遊技処理の一部を示すフローチャートである。 特別電動役物遊技処理の残りの部分を示すフローチャートである。 当り図柄の種類や図柄停止時の遊技状態によって遊技状態が切り換わる様子をまとめて示した説明図である。 遊技を演出するためにサブ制御基板が行う演出制御処理の流れを示すフローチャートである。 特定演出モードを開始するか否かを判断する処理(特定演出モード突入判断処理)の流れを示すフローチャートである。 特定演出モードを終了するか否かを判断する処理(特定演出モード終了判断処理)の流れを示すフローチャートである。 特定演出モードが開始されてから終了するまでに行われる遊技の内容を概念的に示した説明図である。 特定演出モード中に演出表示装置に表示される画面を例示した説明図である。 第1の変形例における特別図柄遊技処理の前半部分を示したフローチャートである。 第1の変形例における特別図柄遊技処理の後半部分を示したフローチャートである。 第1の変形例における特別図柄変動パターン設定処理の流れを示すフローチャートである。 第1の変形例における特別電動役物遊技処理の前半部分を示したフローチャートである。 第1の変形例における特別電動役物遊技処理の後半部分を示したフローチャートである。 演出表示装置の画面上にレベルゲージが表示されている様子を例示した説明図である。
以下では、上述した本願発明の内容を明確にするために、次のような順序に従って実施例を説明する。
A.パチンコ機の装置構成:
A−1.装置前面側の構成:
A−2.遊技盤の構成:
A−3.制御回路の構成:
B.遊技の概要:
C.遊技機の制御内容:
C−1.遊技制御処理:
C−1−1.特別図柄遊技処理:
C−1−2.特別電動役物遊技処理:
C−2.演出制御処理:
C−2−1.演出制御処理の概要:
C−2−2.特定演出モード突入判断処理:
C−2−3.特定演出モード終了判断処理:
D.変形例:
D−1.第1の変形例:
D−1−1.第1の変形例における特別図柄遊技処理:
D−1−2.第1の変形例における特別電動役物遊技処理:
D−2.第2の変形例:
D−3.第3の変形例:
A.パチンコ機の装置構成 :
A−1.装置前面側の構成 :
図1は、本実施例の遊技機1の正面図である。図1に示すように、遊技機1の前面部は、大きくは、前面枠4、上皿部5、下皿部6、遊技盤10などから構成されている。なお、図1では遊技盤10の詳細な図示を省略している。前面枠4は、図示しない中枠3に取り付けられており、中枠3は図示しない本体枠2に取り付けられている。中枠3はプラスチック材料で成形されており、本体枠2の内側に取り付けられている。本体枠2は、木製の板状部材を組み立てて構成された略長方形の枠体であり、遊技機1の外枠を形成している。前面枠4の一端は、中枠3に対して回動可能に軸支されており、中枠3の一端は本体枠2に対して回動可能に軸支されている。遊技盤10は、中枠3の前面側に着脱可能に取り付けられており、その前面側が前面枠4で覆われている。
前面枠4は、プラスチック材料で成形されており、略中央部には、円形状の開口部4aが形成されている。この開口部4aにはガラス板等の透明板がはめ込まれており、奥側に配置される遊技盤10の盤面が視認可能となっている。また、前面枠4には、遊技効果を高めるための各種ランプ類4b〜4fが設けられている。
前面枠4の下方には、上皿部5が設けられており、上皿部5の下方には下皿部6が設けられている。また、前面枠4の右側には施錠装置9が設けられており、前面枠4の左側にはプリペイドカード式の球貸装置13(CRユニット)が設けられている。
上皿部5には、皿状の凹部と、凹部を取り巻くように形成された皿外縁部5aとが設けられている。遊技球は、上皿部5に形成された凹部に投入されて、発射装置ユニット12(図5参照)に供給される。また、皿外縁部5aには、遊技球の球貸スイッチ5b、返却スイッチ5c、投入した遊技球を排出するための排出ボタンなど、各種のボタン類が設けられている。さらに、上皿部5の略中央部には複数の長孔とその上部に多数の小穴が形成された第1スピーカ5yが設けられている。
下皿部6には、遊技機1の内部から遊技球を排出するための排出口6aが設けられており、排出された遊技球は下皿部6内に貯留される。また、下皿部6の下面の左右には、第2スピーカ6cが設けられている。
下皿部6の右端には発射ハンドル8が設けられている。発射ハンドル8には、遊技者がハンドルに触れていることを検出するタッチスイッチ8aが設けられている。発射ハンドル8の回転軸は、下皿部6の奥側に搭載された図示しない発射装置ユニット12に接続されており、遊技者が発射ハンドル8を回転させると、その動きが発射装置ユニット12に伝達され、ユニットに内蔵された図示しない発射モータが回転して、回転角度に応じた強さで遊技球が発射される。発射ハンドル8の左側面には、遊技者が操作して遊技球の発射を一時的に停止する発射停止スイッチ8bが配置されている。
A−2.遊技盤の構成 :
図2は、遊技盤10の盤面構成を示す説明図である。前述したように、遊技盤10は中枠3の前面側に着脱可能に取り付けられている。図2に示すように、遊技盤10の中央には、外レール14と内レール15とによって囲まれた略円形状の遊技領域11が形成されている。
遊技領域11の略中央には中央装置26が設けられており、また、遊技領域11の下方部分には変動入賞装置18が設けられ、そして、中央装置26と変動入賞装置18との間には始動口(普通電動役物)17が設けられている。始動口(普通電動役物)17は、左右に一対の翼片部が開閉可能に構成されたいわゆるチューリップ式の始動口である。始動口17の内部には、遊技球の通過を検出する始動口(普通電動役物)スイッチ17s(図5参照)と、翼片部を作動させるための普通電動役物(始動口)ソレノイド17m(図5参照)とが備えられている。一対の翼片部が左右に開くと、遊技球の入球可能性が大きくなる開口状態となり、一対の翼片部が直立して、遊技球の入球可能性が小さくなる通常状態となる。
中央装置26のほぼ中央には、演出表示装置27が設けられている。演出表示装置27は、液晶画面を搭載しており、キャラクタ図柄や背景図柄などの種々の演出用図柄を変動停止表示することが可能となっている。演出表示装置27の画面上で表示される各種図柄については後述する。
中央装置26の左下には、図柄表示装置28が設けられている。詳細な構成については後述するが、図柄表示装置28では普通図柄や特別図柄などを変動停止表示することが可能となっている。
遊技領域11の左端には、普通図柄作動ゲート36が設けられており、このゲートの内部には、遊技球の通過を検出するゲートスイッチ36sが設けられている。更に、普通図柄作動ゲート36と中央装置26との間には、ランプ風車24が設けられている。これら各遊技装置の間および周辺には、多数の障害釘23が設けられている。
中央装置26の下方に設けられた変動入賞装置18には、ほぼ中央に大入賞装置31が設けられている。この大入賞装置31は、略長方形状に大きく開口する大入賞口31dと、大入賞口31dを開閉するための大入賞口ソレノイド31m(図5参照)などから構成されている。大入賞口31dは、後述する所定の条件が成立すると開口状態となり、この結果、遊技球が高い確率で大入賞口31dに入球することとなって、遊技者にとって有利な遊技状態である特別遊技状態が開始される。尚、大入賞口31dの内部には、大入賞口スイッチ31sが設けられており、大入賞口31dに入賞した遊技球を検出することが可能となっている。
遊技盤10の下方にはアウト口48が設けられ、そのアウト口48の下部にはバック球防止部材58が設けられている。バック球防止部材58は、遊技領域11に到達せず戻ってきた遊技球が再び発射位置に戻ることを防止する機能を有している。
図3は、本実施例の遊技機1に搭載された図柄表示装置28の構成を示す説明図である。本実施例の図柄表示装置28は、大きくは、普通図柄表示部29と、特別図柄表示部30とから構成されている。普通図柄表示部29は、左普通図柄表示部29aと右普通図柄表示部29bとから構成されており、特別図柄表示部30は、左特別図柄表示部30aと右特別図柄表示部30bとから構成されている。2つの普通図柄表示部29a,29bは、発光ダイオード(LED)を用いて構成されており、左普通図柄表示部29aは赤色の光を点灯し、右普通図柄表示部29bは緑色の光を点灯することが可能となっている。また、特別図柄表示部30には、いわゆる7セグメントLEDが用いられており、このうちの7セグメント部分が左特別図柄表示部30aを構成し、コンマ部分が右特別図柄表示部30bを構成している。この7セグメント部分およびコンマ部分は、赤色、橙色、緑色のいずれかの光を点灯可能となっている。また、図柄表示装置28には、普通図柄保留表示部29c、および特別図柄保留表示部30cも設けられている。これらは、それぞれ4つのLEDで構成されている。このような構成を有する図柄表示装置28の表示内容については後述する。
図4は、本実施例の遊技機1に搭載された演出表示装置27の画面構成を示す説明図である。前述したように、演出表示装置27は、主に液晶表示画面を用いて構成されており、液晶画面上には、3つのキャラクタ図柄27a,27b,27cと、その背景の背景図柄27dが表示されている。このうち、3つのキャラクタ図柄27a,27b,27cは、図3に示した特別図柄30の表示に合わせて種々の態様で変動表示され、遊技を演出することが可能となっている。更に、演出表示装置27では、これらキャラクタ図柄27a,27b,27cや背景図柄27dの他に、予め定められた特別演出を行うための特別演出用図柄を表示させることも可能となっている。演出表示装置27で行われる各種演出の詳細な内容については後述する。
A−3.制御回路の構成 :
次に、本実施例の遊技機1の制御回路の構成について説明する。図5は、本実施例の遊技機1における制御回路の構成を示したブロック図である。図示されているように遊技機1の制御回路は、多くの制御基板や、各種基板、中継端子板などから構成されているが、その機能に着目すると、遊技の基本的な進行や賞球に関わる当否についての制御を司る主制御基板200と、図柄やランプや効果音を用いた遊技の演出の制御を司るサブ制御基板220と、サブ制御基板220の制御の下で演出表示装置27の具体的な制御を行う演出制御基板230と、貸球や賞球を払い出す動作の制御を司る払出制御基板240と、遊技球の発射に関する制御を司る発射制御基板260などから構成されている。これら制御基板は、各種論理演算および算出演算を実行するCPUや、CPUで実行される各種プログラムやデータが記憶されているROM、プログラムの実行に際してCPUが一時的なデータを記憶するRAM、周辺機器とのデータのやり取りを行うための周辺機器インターフェース(PIO)、CPUが演算を行うためのクロックを出力する発振器、CPUの暴走を監視するウォッチドッグタイマ、定期的に割り込み信号を発生させるCTC(カウンター・タイマ・サーキット)など、種々の周辺LSIがバスで相互に接続されて構成されている。また、図5中に示した矢印の向きは、データあるいは信号を入出力する方向を表している。尚、図5では、主制御基板200に搭載されたCPU201やRAM202のみが図示されており、主制御基板200に搭載されているROMやPIO、サブ制御基板220などのその他の制御基板に搭載されているCPUや、RAM,ROMなどについては図示が省略されている。
図示されているように主制御基板200は、始動口スイッチ17sや、大入賞口スイッチ31s、ゲートスイッチ36sなどから遊技球の検出信号を受け取って、遊技の基本的な進行や賞球に関わる当否を決定した後、サブ制御基板220や、払出制御基板240、発射制御基板260などに向かって、各種の動作を指令するコマンドを出力する。また、主制御基板200には、始動口17に設けられた一対の翼片部を開閉させるための普通電動役物ソレノイド17mや、大入賞口31dを開閉させるための大入賞口ソレノイド31m、更には、普通図柄や特別図柄の変動停止表示を行う図柄表示装置28などが中継端子板を介して接続されており、これら各種ソレノイド17m,31m、および図柄表示装置28に向かって信号を出力することにより、動作の制御も行っている。
サブ制御基板220は、主制御基板200からの各種コマンドを受け取ると、コマンドの内容を解析して、その結果に応じた遊技の演出を行う。すなわち、前述した演出表示装置27の表示制御を行う演出制御基板230に対して表示内容を指定するコマンドを出力したり、各種のスピーカ5y、6cを駆動するアンプ基板224、装飾用の各種LEDやランプを駆動する装飾駆動基板226に駆動信号を出力することにより、遊技の演出を行う。
払出制御基板240は、いわゆる貸球や賞球の払い出しに関する各種の制御を司っている。例えば、遊技者が前述した上皿部5に設けられた球貸スイッチ5bや返却スイッチ5cを操作すると、この信号は、球貸表示基板242から中継端子板を介して、球貸装置13に伝達される。球貸装置13は、払出制御基板240とデータをやり取りしながら、貸球の払出を行う。また、主制御基板200が賞球の払出コマンドを出力すると、このコマンドを払出制御基板240が受け取って、払出モータ109mに駆動信号を出力することによって賞球の払い出しが行われる。
B.遊技の概要 :
次に、上述した構成を有する本実施例の遊技機1で行われる遊技の概要について簡単に説明しておく。
本実施例の遊技機1では、次のようにして遊技が行われる。先ず、遊技者が上皿部5の凹部に遊技球を投入して発射ハンドル8を回転させると、上皿部5に投入された遊技球が、1球ずつ発射装置ユニット12に供給されて、図2を用いて前述した遊技領域11に発射される。遊技球を打ち出す強さは、発射ハンドル8の回転角度によって調整することが可能となっており、遊技者は発射ハンドル8の回転角度を変化させることによって、遊技球の狙いを付けることができる。
発射した遊技球が、遊技領域11の左側に設けられた普通図柄作動ゲート36を通過すると、図柄表示装置28において普通図柄の変動表示が開始される。図3を用いて前述したように、図柄表示装置28には左普通図柄表示部28aと、右普通図柄表示部28bとが設けられている。左普通図柄表示部28aは赤色の光を点灯可能に構成されており、右普通図柄表示部28bは緑色の光を点灯可能に構成されている。普通図柄の変動表示が開始されると、左右の普通図柄表示部28a,28bが点滅表示を行う。
図6は、普通図柄が変動表示している様子を概念的に示した説明図である。変動表示中の普通図柄は、図示されている4つの状態を取ることができる。先ず、図6(a)に示した状態は、左普通図柄表示部29aが点灯して、右普通図柄表示部29bが消灯している状態を表している。図6(b)は、左普通図柄表示部29aおよび右普通図柄表示部29bがいずれも点灯した状態を表している。図6(c)は、左普通図柄表示部29aが消灯し、右普通図柄表示部29bが点灯した状態を表しており、図6(d)は、左普通図柄表示部29aおよび右普通図柄表示部29bがいずれも消灯した状態を表している。普通図柄の変動表示中は、これら4つの表示状態が速い速度で次々と切り換わる態様で表示され、そして、所定時間が経過すると、4つの表示状態のいずれかの状態で停止表示される。このとき、所定の表示状態で停止表示されると、いわゆる普通図柄の当りとなって、始動口17が所定時間(例えば0.5秒間)だけ開口状態となる。本実施例では、図6(c)に示した表示状態、すなわち、左普通図柄表示部29aが消灯して右普通図柄表示部29bが点灯している状態が、普通図柄の当りに設定されている。
尚、普通図柄の変動表示中に遊技球が普通図柄作動ゲート36を通過した場合は、この遊技球の通過が保留数として蓄えられて、現在の普通図柄の変動表示が終了後に、変動表示が行われる。普通図柄の保留は最大4個まで蓄えることが可能となっており、蓄えられている普通図柄の保留数は、普通図柄保留表示部29c(図3参照)に表示される。
次いで、開口状態となった始動口17に遊技球が入球すると、今度は、特別図柄の変動表示が開始される。特別図柄は、図3を用いて説明したように特別図柄表示部30によって表示される。尚、前述したように、本実施例の特別図柄表示部30は、7セグメントLEDからなる左特別図柄表示部30aと、コンマ部分の右特別図柄表示部30bから構成されており、これら左右の特別図柄表示部30a,30bは、赤色、橙色、緑色のいずれかで点灯可能となっている。
図7は、特別図柄が変動表示している様子を概念的に示した説明図である。特別図柄の変動表示中は、左特別図柄表示部30aでは、「A」、または「Y」のいずれかの図柄が表示され、右特別図柄表示部30bではコンマ「.」が表示される。また、左特別図柄表示部30aの「A」および「Y」、右特別図柄表示部30bのコンマ「.」は、赤色、橙色、緑色の3つの状態を取ることができる。本実施例の特別図柄表示部30では、これらの表示状態が組み合わされて、図7に示す12種類の状態を表示することが可能となっている。図中で7セグメントLEDあるいはコンマ部分に細かいハッチングが付されているのは、赤色の状態で点灯されていることを表している。また、少し粗いハッチングが付されているのは橙色の状態で点灯表示されていることを表しており、粗いハッチングが付されているのは緑色の状態で点灯表示されていることを表している。特別図柄の変動表示が開始されると、これら12種類の表示状態が速い速度で次々と切り換わる態様で表示され、所定時間が経過すると、いずれかの状態で停止表示される。
図7に示した12種類の表示態様の中で、赤色の「Y」と赤色の「コンマ」との組合せ(以下では、この組合せを「赤Y−赤点」と表すものとする)、および、橙色の「Y」と赤色の「コンマ」との組合せ(すなわち、「橙Y−赤点」)は、外れ図柄であり、残りの10種類の図柄の組合せが当り図柄となっている。図柄表示装置28で特別図柄が変動表示された後、停止表示された図柄が当り図柄であった場合には、いわゆる特別遊技状態が開始され、大入賞口31dが所定態様で開口する遊技状態(ラウンド)が、所定回数だけ繰り返されるようになっている。
尚、特別図柄の変動表示中に遊技球が始動口17に入球した場合は、この遊技球の入球が特別図柄の保留数として蓄えられて、現在の特別図柄の変動表示が終了後に、変動表示が行われる。特別図柄の保留も最大4個まで蓄えることが可能となっており、蓄えられている特別図柄の保留数は、特別図柄保留表示部30c(図3参照)に表示される。
また、本実施例の遊技機では、当り図柄として「通常当り図柄」および「確変当り図柄」に加えて「特定当り図柄」が設けられている。図7では、「通常当り図柄」を破線で囲って表しており、「確変当り図柄」を実線で囲って表し、「特定当り図柄」を一点鎖線で囲って表している。図柄表示装置28の特別図柄が、「通常当り図柄」あるいは「確変当り図柄」で停止表示された場合は、特別遊技状態が開始されて、大入賞口31dが所定の態様で開口するラウンドが15ラウンドまで繰り返される。前述したように、大入賞口31dが開口状態になると遊技球が入球し易くなるため、遊技者は15ラウンドを終了するまでの間に多数の賞球を獲得することが可能となる。このような遊技の状態が、いわゆる「大当り」と呼ばれる状態である。更に、特別遊技状態の終了後も、しばらくの期間は、始動口17の開口時間が延長され、遊技球が始動口17に入球し易い状態となる。加えて、当り図柄が「確変当り図柄」であった場合は、再び当り図柄が停止表示される確率が高い値に設定される。尚、当り図柄で停止表示される確率が高くなっている遊技状態は、確率変動状態(若しくは、確変状態)と呼ばれる。このように「通常当り図柄」あるいは「確変当り図柄」が停止表示されると、遊技者はたいへん有利に遊技を進めることができるので、これらの当り図柄が停止表示されることを強く願いながら遊技を行うことが通常である。
一方、本実施例の遊技機1では、図柄表示装置28の特別図柄が「特定当り図柄」で停止表示された場合には、2ラウンドだけ特別遊技状態が行われる。尚、「特定当り図柄」で停止表示されたときのラウンド回数は、「通常当り図柄」あるいは「確変当り図柄」で停止表示されたときのラウンド回数(本実施例では15回)よりも少ない複数回であれば、2ラウンドではなく、3ラウンド、4ラウンド等とすることも可能である。また、「特定当り図柄」で停止表示されたときに行われるラウンドでは、大入賞口31dが、ごく短い時間(例えば、0.2秒)だけしか開口しない。このため「特定当り図柄」が停止表示されても、特に賞球を獲得することなく特別遊技状態が終了してしまう。そして、特別遊技状態の終了後は、当り図柄が停止表示される確率を高確率状態に設定する他は、遊技者を特に有利にするような大きな制御が行われることはない。すなわち、始動口17の開口時間についても、特定当り図柄で停止表示されたときの状態が維持されるだけである。また、図柄の変動時間が特に短縮されることもない。結局、図柄表示装置28で「特定当り図柄」が停止表示されると、特別遊技状態になったことに遊技者が気付かないまま遊技が継続されて、特別図柄の当り確率だけが高確率に切り換わった状態となる。
このように図柄表示装置28で変動表示された特別図柄が、何れの図柄で停止表示されるかは、遊技状態を大きく左右するものとなっている。もっとも、図7に示される12種類の特別図柄が、「通常当り図柄」、「確変当り図柄」、「特定当り図柄」、あるいは「外れ図柄」の何れに該当するかは、判別が必ずしも容易ではない。そこで、上述した特別図柄の変動停止表示に合わせて、演出表示装置27においてもキャラクタ図柄27a、27b、27cを変動停止表示させる演出を行う。
図8は、演出表示装置27で行われる演出の一態様を例示した説明図である。図4を用いて前述したように、演出表示装置27を構成する液晶表示画面には、3つのキャラクタ図柄27a,27b,27cが表示されている。前述した図柄表示装置28で特別図柄の変動表示が開始されると、演出表示装置27においても、これら3つのキャラクタ図柄27a,27b,27cが一斉に変動表示を開始する。本実施例では、キャラクタ図柄として「1」〜「9」までの9つの数字を意匠化した図柄が用意されている。
図8(a)には、3つのキャラクタ図柄27a,27b,27cが一斉に変動表示している様子が概念的に示されている。変動表示が開始された後、所定時間が経過すると、初めに左キャラクタ図柄27aが「1」〜「9」のいずれかの図柄で停止表示され、次いで、右キャラクタ図柄27cが停止表示され、最後に中キャラクタ図柄27bが停止表示される。
これら演出表示装置27で停止表示される3つのキャラクタ図柄27a,27b,27cの組合せは、前述した図柄表示装置28で停止表示される特別図柄の組合せと連動するように構成されている。たとえば、図柄表示装置28の特別図柄が「通常当り図柄」で停止する場合は、演出表示装置27の3つのキャラクタ図柄27a,27b,27cが、偶数を表す同じ図柄で停止表示され、「確変当り図柄」で停止する場合は、奇数を表す同じ図柄で停止表示される。一方、図柄表示装置28の特別図柄が「特定当り図柄」で停止する場合は、3つのキャラクタ図柄27a,27b,27cは同じ図柄で揃わない所定の組合せで停止表示され、「外れ図柄」で停止する場合は、3つの図柄が同じ図柄で揃わない任意の組合せで停止表示される。
このように、図柄表示装置28で表示される特別図柄と、演出表示装置27で表示される3つのキャラクタ図柄27a,27b,27cとは、表示内容が互いに対応しており、それぞれの表示図柄が確定するタイミングも同じに設定されている。しかも、図2に示すように、図柄表示装置28よりも演出表示装置27の方が目に付き易い位置に設けられており、表示画面も大きく、表示内容も分かり易いので、遊技者は演出表示装置27の画面を見ながら遊技を行うことが通常である。従って、演出表示装置27の表示画面上で初めに停止表示される左キャラクタ図柄27aと、続いて停止表示される右キャラクタ図柄27cとが同じ図柄であった場合には、最後に停止表示される中キャラクタ図柄27bも同じ図柄で停止して、いわゆる大当り状態になるのではないかと、遊技者は図柄の変動を注視することになる。このように、2つのキャラクタ図柄を同じ図柄で停止した状態で、最後の図柄を変動表示させる演出は、リーチ演出と呼ばれており、リーチ演出を行うことで遊技者の興趣を高めることが可能となっている。
また、本実施例の遊技機1では、演出表示装置27において、3つのキャラクタ図柄27a,27b,27cが同じ図柄で揃わなかった場合でも単なる「外れ」とは限らず、図柄表示装置28において「特定当り図柄」で停止表示されたため、遊技の状態が確変状態に切り換わっている可能性がある。もっとも、図柄表示装置28の特別図柄は何れの図柄もよく似た図柄に設定されているので「特定当り図柄」と「外れ図柄」との判別は難しく、また、演出表示装置27に停止表示されるキャラクタ図柄も、3つの図柄が揃わない点では全く同じであって判別は難しい。しかも、「特定当り」に続いて行われる特別遊技状態は、特に賞球も得られないまま極めて短い時間で終了し、更に、始動口17の開口時間の設定が維持される点では、単なる「外れ」状態と全く同じである。このことから、結局、遊技者が「特定当り」となったことに気が付かないまま、大当りの発生確率だけが高確率に切り換えられた状態で、遊技が継続されることになる。このように、遊技者に気付かれずに、大当りの発生確率を高確率状態に切り換えることができれば、例えば大当りの発生を予感させるような演出を行った後、実際に高い確率で大当りを発生させることが可能となり、延いては、たとえ大当り状態の発生しない状態が長い間、続いたとしても、遊技者の興味を遊技に引き付けておくことが可能となる。
尚、以上の説明では、演出表示装置27に表示される3つのキャラクタ図柄27a,27b,27cは、図柄表示装置28に表示される特別図柄に対応した図柄が表示されるものとして説明した。しかし、演出表示装置27に表示される3つのキャラクタ図柄27a,27b,27cは、必ずしも図柄表示装置28に表示される特別図柄に対応した図柄である必要はなく、例えば、同じ特別図柄に対して異なる組合せのキャラクタ図柄を表示することとしても良い。
図9は、主制御基板200を初めとする各種の制御基板や図柄表示装置などが上述した制御を実現する様子を、機能に着目して表したブロック図である。図示されているように、主制御基板200には、遊技機1の遊技状態を制御する「遊技状態制御部」や、大当りの発生確率を高確率状態とする「確率変動部」、始動口17の開口時間を延長させる「開口時間延長部」、大入賞口31dを開口させる「大入賞口開口部」などが設けられている。これらは、主制御基板200に搭載されたCPU201を初めとする各種装置によって実現されている機能を表している。また、遊技状態制御部の中には、通常当り遊技を開始する「通常当り後遊技開始部」や、確変当り遊技を開始する「確変当り後遊技開始部」、特定当り遊技を開始する「特定当り後遊技開始部」も設けられている。更に、大入賞口開口部は、「第1の動作状態」および「第2の動作状態」の二つの動作状態で大入賞口31dを開口させることが可能となっている。ここで「第1の動作状態」とは、大入賞口31dを所定の態様で開口させる動作を15ラウンドまで繰り返す動作状態であり、「第2の動作状態」とは、大入賞口31dをごく短い時間だけ開口させる動作を2ラウンドだけ繰り返す動作状態である。
尚、図9に示されているように、主制御基板200内に設けられた「遊技状態制御部」、「通常当り後遊技開始部」、「確変当り後遊技開始部」、「特定当り後遊技開始部」、「確率変動部」、「開口時間延長部」、「大入賞口開口部」は、それぞれ本願発明における「遊技状態制御手段」、「通常当り後遊技開始手段」、「確変当り後遊技開始手段」、「特定当り後遊技開始手段」、「確率変動手段」、「開口時間延長手段」、「大入賞口開口手段」の一態様を構成するものである。また、通常当り図柄、確変当り図柄、特定当り図柄、外れ図柄の変動停止表示を行う図柄表示装置28(および、演出表示装置27が図柄表示装置28と連動した表示を行う場合には演出表示装置27)は、本願発明における「図柄表示手段」の一態様を構成している。
図柄表示装置28および演出表示装置27で「通常当り図柄」が停止表示されると、「遊技状態制御部」の中に設けられた「通常当り後遊技開始部」が作動を開始する。この「通常当り後遊技開始部」は、「大入賞口開口部」を第1の動作状態で作動させ、その作動終了後に、「開口時間延長部」を作動させる機能を有している。その結果、大入賞口31dが15ラウンドまで開口動作を行った後、始動口17の開口時間が延長された遊技状態となる。尚、詳細には後述するが、「通常当り後遊技開始部」の動作態様としては、「大入賞口開口部」を第1の動作状態で作動させた後、何れかの当り図柄が停止表示されるまで「開口時間延長部」を非作動とする変形例の態様とすることも可能である。そこで以下では、単に「通常当り後遊技開始部」と言う場合には、「通常当り」後に開口時間が延長される態様で動作するものを指すものとし、一方、「通常当り」後に開口時間が延長されない態様で動作するものは「変形例の通常当り後遊技開始部」と呼んで区別するものとする。従って、以下の明細書中では、「通常当り後遊技開始部」が本発明の「通常当り後遊技実行手段」および参考発明1の「第1の通常当り後遊技開始手段」に対応し、また、「変形例の通常当り後遊技開始部」が参考発明2の「第2の通常当り後遊技開始手段」に対応する。
また、図柄表示装置28および演出表示装置27で「確変当り図柄」が停止表示されると、「遊技状態制御部」の中に設けられた「確変当り後遊技開始部」が作動して、「大入賞口開口部」を第1の動作状態で作動させ、その作動終了後に、「開口時間延長部」および「確率変動部」を作動させる。その結果、大入賞口31dが15ラウンドまで開口動作を行った後、始動口17の開口時間が延長され、更に、大当りの発生し易い遊技状態(高確率状態)となる。尚、本実施例では、このような遊技状態を「確変当り後遊技状態」と称することがある。また、以下の明細書中の「確変当り後遊技開始部」が、本発明の「確変当り後遊技実行手段」および参考発明1の「確変当り後遊技開始手段」に対応する。
更に、図柄表示装置28および演出表示装置27で「特定当り図柄」が停止表示されると、「遊技状態制御部」の中に設けられた「特定当り後遊技開始部」が作動を開始する。「特定当り後遊技開始部」は、「大入賞口開口部」を第2の動作状態で作動させ、その作動終了後に「確率変動部」を作動させる。その結果、大入賞口31dが、ごく短時間(例えば0.2秒)だけ開口する動作を2ラウンドだけ行われた後、大当りの発生し易い遊技状態(高確率状態)となる。また、始動口17の開口時間については、特定当り図柄が停止表示されたときの状態がそのまま維持されている。尚、始動口17の開口時間を設定する態様としては、上述のように、特定当り図柄が停止表示されたときの開口時間と同じ時間に設定する態様の他に、変形例の態様としては、その特定当り図柄の直前に何れの当り図柄が停止表示されたかに応じて設定する態様とすることも可能である。そこで以下では、単に「特定当り後遊技開始部」と言う場合には、始動口17の開口時間が、その特定当り図柄が停止表示されたときの開口時間と同じ時間に設定されるものを指すものとし、一方、その特定当り図柄の直前に停止表示された当り図柄に応じて開口時間が設定されるものは「変形例の特定当り後遊技開始部」と呼んで区別するものとする。従って、以下の明細書中では、「特定当り後遊技開始部」が本発明の「特定当り後遊技実行手段」および参考発明1の「第1の特定当り後遊技開始手段」に対応し、また、「変形例の特定当り後遊技開始部」が本発明の「第2の特定当り後遊技開始手段」に対応する。
一方、図柄表示装置28および演出表示装置27で「外れ図柄」が停止表示された場合には、「遊技状態制御部」では何れの当り後遊技開始部も作動することなく、そのままの状態で遊技が継続される。本実施例では、このような遊技状態を「通常遊技状態」と称することがある。
このように、図柄表示装置28(演出表示装置27の表示が図柄表示装置28に対応する場合は、図柄表示装置28および演出表示装置27)が「通常当り図柄」あるいは「確変当り図柄」で停止表示されて、遊技状態が「通常当り後遊技状態」あるいは「確変当り後遊技状態」となる場合には、大入賞口開口部が第1の動作状態で作動して、15ラウンドの特別遊技状態が行われ、多くの賞球を獲得することができる。更に特別遊技状態の終了後は、開口時間延長部の機能によって始動口17の開口時間が延長される。加えて、特別遊技状態の開始前には、演出表示装置27に表示されるキャラクタ図柄27a,27b,27cも、リーチ状態を経て同じ図柄で揃って停止表示される。このため、遊技状態が「通常当り後遊技状態」あるいは「確変当り後遊技状態」となったことを、遊技者は確実に認識することができる。尚、図柄表示装置28が「通常当り図柄」で停止表示された後に、開口時間延長機能や時短機能が作動しない場合については、変形例として後ほど詳しく説明する。
これに対して、図柄表示装置28(演出表示装置27の表示が図柄表示装置28に対応する場合は、図柄表示装置28および演出表示装置27)が「特定当り図柄」で停止表示されて、遊技状態が「特定当り後遊技状態」となる場合には、大入賞口開口部が第2の動作状態で作動して、ごく短時間で特別遊技状態が終了してしまう。更に、特別遊技状態の終了後は、始動口17の開口時間は、特定当り図柄が停止表示されたときと同じ状態に保たれており、唯一、大当りの発生確率が高確率状態に切り換えられている。もちろん、大当りの発生確率が高確率状態に切り換わったとしても、直ちに遊技者がこれに気付くわけではない。加えて、特別遊技状態の開始前には、演出表示装置27に表示されるキャラクタ図柄27a,27b,27cは、同じ図柄で揃って停止表示されるわけではないので、結局、遊技者は、特定当りが発生して大当り確率が高確率状態に切り換わったことに気付かないまま、遊技を継続することになる。尚、図柄表示装置28が「特定当り図柄」で停止表示された後の遊技状態が、「特定当り図柄」が停止表示される前の当り図柄に依存して決まる場合については、変形例として後ほど詳しく説明する。
このように、「特定当り後遊技」という遊技状態は、「通常遊技状態」から、遊技者に気付かれることなく移行して、大当りの発生確率を高確率状態とすることが可能な遊技状態となっている。従って、特定当りを発生させた後に、例えば大当りの発生を予感させるような演出を行えば、その後に、実際に高い確率で大当りを発生させることが可能となる。また、通常遊技状態の時に大当りの発生を予感させる演出を行った場合でも、遊技者は、現在の遊技状態が「特定当り後遊技状態」か「通常遊技状態」かを区別することができないので、実際に大当りが発生するのではないかと期待することとなり、遊技者の興味を遊技に引き付けておくことが可能となるのである。
以下では、こうした演出を実現するために、主制御基板200およびサブ制御基板220を中心として実行される制御内容について詳しく説明する。
C.遊技機の制御内容 :
遊技機1で行われる遊技の進行は、主制御基板200によって制御されている。また、遊技の進行に伴って行われる各種の演出は、主制御基板200の制御の下で、サブ制御基板220によって制御されている。以下では、先ず初めに、遊技を進行させるために主制御基板200で行われる遊技制御処理について説明し、次いで、遊技の進行に合わせて演出を行うためにサブ制御基板220で行われる演出制御処理について説明する。
C−1.遊技制御処理 :
図10は、主制御基板200に搭載されたCPU201が、遊技の進行を制御するために行う遊技制御処理の大まかな流れを示したフローチャートである。図示されるように、遊技制御処理では、賞球関連処理、普通図柄遊技処理、普通電動役物遊技処理、特別図柄遊技処理、特別電動役物遊技処理などの各処理が繰り返し実行されている。一周の処理に要する時間は、ほぼ4msecとなっており、従って、これら各種の処理は約4msec毎に繰り返し実行されることになる。そして、これら各処理中で、サブ制御基板220を初めとする各種制御基板に向けて各種コマンドを送信する。こうすることにより、遊技機1全体の遊技が進行することになる。以下、フローチャートに従って、主制御基板200に搭載されたCPU201が行う遊技制御処理について説明する。
主制御基板200に搭載されたCPU201は、遊技制御処理を開始すると、遊技球を賞球として払い出すための処理(賞球関連処理)を行う(S50)。かかる処理では、主制御基板200に接続された各種スイッチの中で、遊技球の入賞に関わるスイッチ(始動口スイッチ17sや大入賞口スイッチ31sなど)に遊技球が入球したか否かを検出する。そして、遊技球の入球が検出された場合には、払い出すべき賞球数を算出した後、払出制御基板240に向かって賞球数指定コマンドを出力する処理を行う。
こうして主制御基板200から出力された賞球数指定コマンドを付け取ると、払出制御基板240はコマンドの内容を解釈する。そして、その結果に従って、払出装置109に搭載された払出モータ109mに駆動信号を出力して、実際に賞球を払い出す処理を行う。
主制御基板200のCPU201は、賞球数指定コマンドを出力すると(S50)、今度は、普通図柄遊技処理を行うか否か、すなわち普通図柄の変動停止表示を行うか否かを判断する(S100)。かかる判断は、遊技球が普通図柄作動ゲート36を通過したか否か、あるいは普通図柄の保留数(図3参照)が設定されているか否かを検出することによって行う。そして、遊技球が普通図柄作動ゲート36を通過したか、あるいは普通図柄の保留数が設定されていれば普通図柄遊技処理を行うものと判断し(S100:yes)、何れでもなければ普通図柄遊技処理は行わないものと判断する(S100:no)。また、普通図柄の変動表示中に遊技球が普通図柄作動ゲート36を通過した場合に、普通図柄の保留数が上限値「4」に達するまで加算する操作も、この判断とともに行われる。
そして、普通図柄遊技処理を行うと判断された場合は(S100:yes)、以下に説明する普通図柄遊技処理を行う(S150)。一方、普通図柄遊技処理を行わないと判断された場合は(S100:no)、普通図柄遊技処理(S150)はスキップする。
普通図柄遊技処理(S150)では、次のような処理を行う。先ず、普通図柄の当否判定を行って、普通図柄を当り図柄(図6(c)参照)で停止表示させるか、それ以外の何れの外れ図柄で停止表示させるかを決定する。次いで、普通図柄の変動表示時間を設定した後、普通図柄の変動表示を開始する。そして、変動表示時間が経過すると、決定しておいた図柄で普通図柄を停止表示させ、このときに、普通図柄の当り図柄が停止表示された場合には、普通電動役物の作動を開始させる。普通図柄遊技処理では、以上のようにして、普通図柄の変動停止表示を行い、普通図柄が当り図柄で停止表示された場合には、普通電動役物を作動させる処理を行う。普通電動役物が作動すると、始動口17に設けられた一対の翼片部が外側に向かって回動し、始動口17が開口状態となる。
以上のようにして普通図柄遊技処理を終了したら、普通電動役物が作動中か否かを判断する(S190)。そして、作動中である場合は(S190:yes)、普通電動役物の作動を停止させるための処理(普通電動役物停止処理)を行う(S200)。一方、普通電動役物が作動していない場合は(S190:no)、普通電動役物停止処理を行う必要はないのでスキップする。
図11は、普通電動役物停止処理の流れを示すフローチャートである。以下、フローチャートに従って説明する。普通電動役物停止処理では、先ず初めに、普通電動役物の所定の作動時間が経過したか否かを判断する(S202)。前述したように、普通電動役物が作動すると始動口17が開口状態となるが、所定時間が経過すると、再び一対の翼片部が直立した通常の状態に復帰する。そこで、S202では、普通電動役物が予め設定しておいた作動時間に達したか否かを判断するのである。そして、作動時間に達したと判断された場合は(S202:yes)、普通電動役物の作動を停止した後(S206)、普通電動役物遊技処理を終了して図10に示した遊技制御処理に復帰する。尚、普通電動役物作動時間(すなわち、始動口17の開口時間)は、通常の遊技状態では約0.5秒間に設定されているが、後述する開口時間延長機能が作動すると約1.5秒間に延長される。
一方、始動口17は開口中に規定数の遊技球が入球すると、開口時間が設定時間に達していない場合でも、通常状態に復帰してしまう。このことと対応して、普通電動役物の作動時間が所定時間に達していない場合は(S202:no)、普通電動役物に規定数の遊技球が入球したか否かを判断し(S204)、規定数の遊技球が入球したと判断された場合は(S204:yes)、普通電動役物の作動を停止して、図11に示した普通電動役物遊技処理を終了する。逆に、規定数の入球がないと判断された場合は(S204:no)、普通電動役物を作動させたまま、図11に示した普通電動役物遊技処理を終了して、図10に示した遊技制御処理に復帰する。
図10に示すように、遊技制御処理では、普通電動役物停止処理から復帰すると、特別図柄遊技処理を開始するか否かを判断する(S300)。かかる判断は、遊技球が始動口17に入球したか否か、あるいは特別図柄の保留数(図3参照)が設定されているか否か、更には、条件装置が作動しているか否かを検出することによって行う。ここで条件装置とは、役物連続作動装置が作動するための条件となる装置であり、特別図柄が図7に示した「通常当り図柄」、「確変当り図柄」、「特定当り図柄」の何れか停止表示されると作動を開始する装置である。条件装置は役物連続作動装置を作動させ、これによって、大入賞口31dが連続して開放する遊技(いわゆる特別遊技)が開始される。そして、遊技球が始動口17に入球したか、あるいは特別図柄の保留数が設定されており、且つ、条件装置が作動中でなければ特別図柄遊技処理を行うものと判断し(S300:yes)、それ以外の場合は、特別図柄遊技処理は行わないものと判断する(S300:no)。尚、特別図柄の変動表示中に遊技球が始動口17に入球した場合に、特別図柄の保留数が上限値「4」に達するまで加算する操作も、この判断とともに行われる。
以上のような判断の結果、特別図柄遊技処理を行うと判断された場合は(S300:yes)、以下に説明する特別図柄遊技処理を行う(S320)。一方、特別図柄遊技処理を行わないと判断された場合は(S300:no)、特別図柄遊技処理(S320)はスキップする。
C−1−1.特別図柄遊技処理 :
図12および図13は、特別図柄遊技処理の流れを示したフローチャートである。特別図柄遊技処理を開始すると、先ず初めに、特別図柄が変動中か否かを判断する(S322)。図3を用いて前述したように、本実施例の遊技機1では図柄表示装置28に特別図柄表示部30が設けられており、特別図柄を変動表示可能となっている。
特別図柄表示部30の特別図柄が変動中でない場合は(S322:no)、特別図柄の停止図柄を表示させる表示時間中であるか否かを判断する(S324)。すなわち、特別図柄の変動表示が終了してしばらくの期間は、遊技者が停止図柄を確認するための表示時間が設けられているので、この表示時間中か否かを判断するのである。そして、特別図柄が変動表示されておらず且つ特別図柄の停止図柄を表示している表示時間も経過していることが確認された場合は(S324:no)、特別図柄の保留数が「0」であるか否かを判断する(S326)。そして特別図柄保留数が「0」でない場合、換言すれば、特別図柄の保留が残っている場合は(S326:no)、特別図柄の当否判定を開始する。
本実施例の遊技機1では、特別図柄の当否判定に先立って、大当りの発生確率が高確率状態(確変状態)となっているか否かを判断する(S328)。確変状態は、特別図柄表示部30に表示される特別図柄が、図7に示した「確変当り図柄」または「特定当り図柄」のいずれかで停止した場合に、特別遊技が終了してから次の特別遊技が開始されるまで継続される。このことから、S328では、現在の遊技状態が確変状態であるか否かを判断して、確変中であれば(S328:yes)、大当りの確率が高めに設定された状態で特別図柄の当否判定を行う(S330)。逆に、確変中でなければ(S328:no)、大当りの確率が通常の値に設定された状態で特別図柄の当否判定を行う(S332)。
特別図柄の当否判定は、次のような当否判定テーブルを参照することによって行う。図14は、本実施例の特別図柄遊技処理において特別図柄の当否判定を行うために参照する当否判定テーブルを概念的に示した説明図である。図示されているように、当否判定テーブルには、図14(b)に示す確変用のテーブルと図14(a)に示す非確変用のテーブルとが用意されており、それぞれのテーブルには、特別図柄当否判定用乱数に対して、「通常当り」、「確変当り」、「特定当り」、「外れ」の何れかの当否判定結果が対応付けて記憶されている。また、図14(a)と図14(b)とを比較すれば明らかなように、確変用の当否判定テーブルは、非確変用の当否判定テーブルよりも当りの確率が高くなっている。ここで特別図柄当否判定用乱数とは、遊技球が始動口17に入球したときに取得されて、主制御基板200上のRAM202に記憶される乱数である。図12に示した特別図柄遊技処理のS328〜S332では、特別図柄の当否判定に先立って確変中か否かを判断し、確変中であれば、図14(b)に示した当否判定テーブルを参照して特別図柄の当否判定を行い、確変中でなければ、図14(a)の当否判定テーブルを参照して特別図柄の当否判定を行うのである。以上のようにして、特別図柄の当否を判断したら、今度は、特別図柄の変動パターンを設定する処理を行う(S338)。
図15は、特別図柄遊技処理の中で特別図柄の変動パターンを設定する処理(特別図柄変動パターン設定処理)の流れを示すフローチャートである。特別図柄変動パターン設定処理を開始すると、先ず初めに、当否判定の結果が確変当りであったか否かを判断する(S3381)。そして、確変当りであった場合には(S3381:yes)、確変当り用の停止図柄と特別図柄の変動パターンを決定する(S3383)。図7に示したように、確変当り図柄としては4通りの図柄が設定されているから、抽選を行って何れか1つの図柄を決定し、また、複数種類設定されている変動パターンの中から抽選によって1つの変動パターンを決定する。次いで、後述する特別電動役物遊技処理において大入賞口を開口させる準備として、大入賞口の開口時間(大入賞口開口時間)、および役物連続作動装置の連続作動回数をそれぞれ標準の値に設定する(S3385)。
一方、当否判定の結果が確変当りでなかった場合には(S3381:no)、通常当りであったか否かを判断する(S3387)。そして、通常当りであったと判断された場合には(S3387:yes)、抽選を行うことにより、図7に示した5通りの通常当り図柄の中から何れか1つの停止図柄と、特別図柄変動パターンとを決定した後(S3389)、大入賞口の開口時間(大入賞口開口時間)、および役物連続作動装置の連続作動回数を、それぞれ標準の値に設定する(S3385)。
なお、本実施例では、上述した標準の値、すなわち、確変当り時もしくは通常当り時に設定される大入賞口開口時間および役物連続作動装置の連続作動回数を、それぞれ30秒、15回としている。
また、当否判定の結果が通常当りでもなかった場合には(S3387:no)、今度は、特定当りであったか否かを判断する(S3391)。そして、特定当りであったと判断された場合には(S3391:yes)、特定当り図柄と特別図柄変動パターンとを決定する(S3393)。図7に示したように、特定当り図柄は1つだけしか設定されていないから、当否判定結果が特定当りであった場合には、抽選を行うことなく停止図柄を決定することができる。また、特別図柄変動パターンも特定当り用には1種類しか設定されていないから、抽選を行うことなく決定することができる。
こうして、特定当り用の停止図柄および特別図柄変動パターンを決定したら、大入賞口の開口時間(大入賞口開口時間)、および役物連続作動装置の連続作動回数を、特定当り用の値に設定する(S3395)。本実施例では、特定当り時の大入賞口開口時間は約0.2秒間、連続作動回数は2回に設定される。
一方、当否判定の結果が特定当りでもないと判断された場合は(S3391:no)、「確変当り」、「通常当り」、「特定当り」の何れでもないから、当否の判定結果が「外れ」であったものと考えられるので、外れ用の停止図柄と変動パターンとを決定すればよい。もっとも、「外れ」の場合には、リーチ演出の後に外れとなる場合と、リーチ演出とならずに外れる場合とが存在する。そこで、停止図柄および変動パターンを決定する前に、先ず、抽選を行って、リーチ演出を行うか否かを決定する(S3397)。そして、リーチ演出の有無に応じて、停止図柄と特別図柄の変動パターンとを、それぞれ抽選によって決定する(S3399)。
以上のような処理を行うことにより、当否判定結果に応じて、特別図柄の停止図柄と変動パターンとを決定したら、図15に示した特別図柄変動パターン設定処理を終了して、図12の特別図柄遊技処理に復帰する。
主制御基板200のCPU201は、特別図柄変動パターン設定処理から復帰すると、図柄表示装置28における特別図柄の変動表示を開始した後(S340)、特別図柄保留数から1を減算する処理を行う(S342)。前述したように、本実施例の図柄表示装置28は、図7に示した12種類の特別図柄を表示可能であり、これら図柄の表示を次々と切り換えることによって変動表示を行う。また、特別図柄の変動表示が開始されると特別図柄の保留数が1つ消化されるので、主制御基板200上のRAMに記憶されている特別図柄保留数のデータから1を減算しておくのである。
主制御基板200のCPU201は、特別図柄保留数から1を減算すると、サブ制御基板220に向かって変動パターンの指定コマンドを出力した後(S344)、特別図柄停止情報指定コマンドを出力する(S346)。ここで出力する変動パターン指定コマンドは、図15に示した特別図柄変動パターン設定処理中で決定しておいた特別図柄変動パターンを指定するコマンドである。また、特別図柄停止情報指定コマンドは、変動パターンとともに決定された特別図柄の停止図柄を指定するコマンドである。
変動パターン指定コマンドおよび特別図柄停止情報指定コマンドは、サブ制御基板220に向かって出力される。サブ制御基板220側のCPU221は、これらのコマンドを受け取って、特別図柄変動パターンおよび特別図柄の停止図柄を取得すると、これらの情報に基づいて、演出表示装置27での演出態様を決定した後、種々の演出を行う。サブ制御基板220で行われる処理(演出制御処理)については後述する。
主制御基板200のCPU201は、以上のようにして、特別図柄の変動パターンと特別図柄の停止図柄とを決定し、これらに対応する変動パターン指定コマンドと特別図柄停止情報指定コマンドとをサブ制御基板220に向けて出力したら、図12に示した特別図柄遊技処理を終了して、図10に示す遊技制御処理に復帰する。
一方、特別図柄遊技処理を開始した直後のS322の処理で、特別図柄表示部30の特別図柄が変動中であると判断された場合は(S322:yes)、既に、特別図柄の変動パターンと停止図柄とが決定されて、特別図柄の変動が開始されているものと考えられる。そこで、特別図柄変動時間が経過したか否かを判断する(S348)。すなわち、特別図柄の変動時間は変動パターンに応じて予め定められているので、特別図柄の変動を開始すると同時にタイマをセットすることにより、所定の変動時間が経過したかを判断するのである。そして、未だ変動時間が経過していない場合は(S348:no)、そのまま特別図柄遊技処理を終了して、図10に示す遊技制御処理に復帰する。一方、変動時間が経過したと判断された場合は(S348:yes)、サブ制御基板220に向かって演出表示装置27で変動表示されているキャラクタ図柄の図柄停止コマンドを出力する(S350)とともに、図柄表示装置28の特別図柄表示部30において変動表示されている特別図柄を停止表示させる(S352)。そして、図柄表示装置28上で停止表示された特別図柄がそのままの状態で表示される表示時間(停止表示時間)を設定した後(S354)、設定した表示時間が経過したか否かを判断する(S356)。表示時間が経過していなければ(S356:no)、そのまま特別図柄遊技処理を終了して図10に示す遊技制御処理に復帰する。
一方、特別図柄の停止表示時間が経過した場合は(S356:yes)、停止表示された特別図柄が条件装置を作動させることとなる図柄であるか否かを判断する(図13のS358)。ここで、条件装置を作動させることとなる図柄とは、図7に示した通常当り図柄、確変当り図柄、特定当り図柄の何れかの図柄(すなわち、当り図柄)である。図13のS358では、図柄表示装置28の特別図柄表示部30に停止表示された図柄が、これら当り図柄であるか否かを判断する。
停止表示された図柄が、条件装置を作動させることとなる図柄であった場合は(S358:yes)、条件装置および役物連続作動装置を作動させる(S360)。ここで条件装置とは、後述する役物連続作動装置が作動するための条件となる装置であり、特別図柄が前述した確変当り図柄、通常当り図柄、または特定当り図柄で停止表示されると作動を開始して大入賞口31dを開口状態とする装置である。また、役物連続作動装置とは、一旦閉鎖された大入賞口31dを再び開放させる装置である。詳細には別図を用いて説明するが、こうして条件装置および役物連続作動装置を作動させることにより、特別図柄遊技処理を抜けて図10の遊技制御処理に復帰すると特別電動役物遊技処理が開始され、特別遊技が開始されることになる。
また、本実施例の遊技機1では、条件装置および役物連続作動装置の作動時は、確変機能や時短機能は働かないこととしている。尚、時短機能とは、図柄表示装置28および演出表示装置27で図柄が変動表示される時間を短縮する機能である。そこで、図13のS360において条件装置および役物連続作動装置を作動させたら、現在の遊技状態が確変中か否かを判断する(S362)。確変中であれば(S362:yes)、確変機能および時短機能が作動しているので、これら機能を停止させる(S364)。一方、現在の遊技状態が確変中ではなかった場合は(S362:no)、時短中か否かを確認し(S368)、時短中であった場合は(S368:yes)、時短機能を停止させる(S370)。また、本実施例の遊技機1では、時短機能が作動している場合は、普通電動役物の開口時間を延長する機能も働いているので、S364あるいはS370において時短機能を停止したら、普通電動役物開口時間の延長機能も停止させた後(S366)、図12および図13に示した特別図柄遊技処理を抜けて、図10の遊技制御処理に復帰する。一方、S360で条件装置および役物連続作動装置を作動させたときの遊技状態が確変中でも時短中でもなかった場合は(S368:no)、そのまま特別図柄遊技処理を抜けて、遊技制御処理に復帰する。
以上、図柄表示装置28で停止表示された特別図柄が、条件装置を作動させることとなる図柄であった場合(S358:yes)の処理について説明したが、停止表示された特別図柄が条件装置を作動させる図柄でなかった場合は(S358:no)、次のような処理を行う。
先ず、現在の遊技状態が確変中か否かを判断する(S372)。前述したように本実施例の遊技機1では、確変状態は、次の特別遊技状態が発生するまでは継続する設定となっている。そこで、現在の遊技状態が確変状態であると判断された場合は(S372:yes)、確変状態を維持したまま、図12および図13に示した特別図柄遊技処理を抜けて、図10の遊技制御処理に復帰する。
また、S372において現在の遊技状態が確変中ではないと判断された場合は(S372:no)、時短中か否かを判断する(S374)。そして、時短中と判断された場合は(S374:yes)、時短中の特別図柄の変動回数を計数した後(S376)、変動回数が所定回数に達したか否かを判断する(S378)。本実施例の遊技機1では、時短状態は、次の特別遊技状態が発生するか、もしくは特別図柄が所定回数(ここでは100回)回転するまでは継続する設定となっている。そこで、現在の遊技状態が時短中であった場合は(S374:yes)、特別図柄の変動回数が所定回数に達したか否かを判断するのである(S378)。そして、所定回数に達していれば(S378:yes)、時短機能を停止させ(S380)、続いて、普通電動役物開口時間の延長機能も停止させた後(S366)、図12および図13に示した特別図柄遊技処理を抜けて、図10の遊技制御処理に復帰する。一方、特別図柄の変動回数が、未だ所定回数に達していなければ(S378:no)、時短状態を維持したまま、特別図柄遊技処理を抜けて、図10の遊技制御処理に復帰する。
C−1−2.特別電動役物遊技処理 :
図10に示すように、遊技制御処理では、特別図柄遊技処理から復帰すると、条件装置が作動中か否かを判断する(S390)。前述したように条件装置は、役物連続作動装置を作動させることにより、いわゆる特別遊技を開始させる装置である。そこで、主制御基板200に搭載されたCPU201は、条件装置が作動中であれば、以下に説明する特別電動役物遊技処理を開始する(S400)。一方、条件装置が作動中でなければ(S390:no)、特別電動役物遊技処理(S400)はスキップする。
図16は、特別電動役物遊技処理の一部を示すフローチャートである。また、図17は、特別電動役物遊技処理の残りの部分を示すフローチャートである。このような特別電動役物遊技処理が実行されることによって、いわゆる特別遊技状態が発生する。以下、図16および図17を参照しながら特別電動役物遊技処理について説明するが、その準備として、いわゆる特別遊技状態と呼ばれる遊技の内容について簡単に説明しておく。
図2を用いて前述したように、遊技盤の下方には大入賞口31dが設けられており、この大入賞口31dは通常の遊技状態では閉鎖されている。しかし、特別遊技が開始されると、大入賞口31dが開放される。本明細書中で言う「特別電動役物」とは、大入賞口31dを開放させる装置である。大入賞口31dは他の入賞口に比べて大きく開口するため、大入賞口31dが開放されると、遊技球が高い確率で入球することになる。開放された大入賞口31dは、所定の開放時間が経過するか、あるいは所定数の遊技球が入球すると一旦閉鎖されるが、所定の閉鎖時間が経過すると再び開放状態となる。本明細書中で言う「役物連続作動装置」とは、大入賞口31dを再び開放状態とする装置である。また、大入賞口31dが開放してから閉鎖するまでの遊技は、「ラウンド」と呼ばれる。こうしたラウンドを繰り返して、所定回数のラウンドを消化したら特別遊技が終了する。こうした遊技状態は、主制御基板200に搭載されたCPU201が、図16に示す特別電動役物遊技処理を行うことで実現されている。以下、図16を参照しながら、詳細な処理内容について説明する。
CPU201は、特別電動役物遊技処理を開始すると先ず初めに、大入賞口31dが開放中か否かを判断する(S402)。大入賞口31dは、通常の遊技状態では閉鎖されており、従って、特別遊技の開始直後は、大入賞口31dは閉鎖状態となっている。そこで、大入賞口は開放中ではないと判断して(S402:no)、特別電動役物の連続作動回数が所定回数に達したか否かを判断する(S404)。特別電動役物の連続作動回数は、図15を用いて前述した特別図柄変動パターン設定処理において、「確変当り」または「通常当り」時には15回、「特定当り」時には2回に設定されている。また、特別電動役物とは、大入賞口31dを開放させる装置であり、特別遊技状態が発生すると特別電動役物が所定回数だけ作動して、所定回数のラウンドが繰り返されることになっている。このことに対応して、大入賞口31dが閉鎖されている場合は(S402:no)、特別電動役物の作動回数が所定回数に達したか否か、換言すれば、所定回数のラウンドが終了したか否かを判断するのである(S404)。
当然のことながら、特別遊技が開始された直後は、特別電動役物の作動回数が所定回数に達していないから(S404:no)、大入賞口の閉鎖時間が経過したか否かを判断する(S406)。大入賞口の閉鎖時間とは、ラウンドとラウンドとの間で大入賞口31dが閉鎖状態となっている時間である。特別遊技が開始された直後は、大入賞口31dは閉鎖状態となっているから、当然、大入賞口の閉鎖時間が経過していると判断され(S406:yes)、大入賞口31dを開放させた後(S408)、図16に示した特別電動役物遊技処理を一旦終了して、図10の遊技制御処理に復帰する。
主制御基板200のCPU201は遊技制御処理に復帰すると、図10に示したように、賞球関連処理(S50)以降の一連の各種処理を行った後、再び特別電動役物遊技処理(S400)を開始する。前述したように、図10に示した遊技制御処理を、主制御基板200のCPU201が一回、実行するために要する時間は、約4msecとなっている。従って、図16および図17に示した特別電動役物遊技処理も、約4msec毎に実行されることになる。そして、特別遊技が開始されて、図16および図17の特別電動役物遊技処理が初めて実行された場合には、前述したようにS406において大入賞口31dを開放して、そのまま処理を終了するが、約4msec後に2周目の処理を行う場合には、S402にて、大入賞口31dが開放中と判断されることになる。
次いで、大入賞口31dの開口時間が所定時間に達したか否かを判断する(S410)。前述したように、特別遊技では、大入賞口31dが開口状態となるが、開口時間が所定時間に達するか、または大入賞口31dに所定数の遊技球が入球すると閉鎖される。このことに対応して、S410では大入賞口31dの開口時間が所定時間に達したか否かを判断するのである。そして、開口時間が所定時間に達していれば(S410:yes)、大入賞口31dを閉鎖した後(S414)、図16および図17に示した特別電動役物遊技処理を抜けて、図10の遊技制御処理に復帰する。一方、開口時間が所定時間に達していない場合は(S410:no)、大入賞口31dに入球した遊技球が規定数に達しているか否かを判断する(S412)。そして、遊技球が規定数に達した場合は(S412:yes)、大入賞口31dを閉鎖する(S414)。これに対して、規定数に達していない場合は(S412:no)、大入賞口31dの開口時間が未だ所定時間に達しておらず、しかも大入賞口31dに入球した遊技球も規定数に達していないと考えられるので、大入賞口31dを開口させたまま、図16および図17に示した特別電動役物遊技処理を抜けて、図10の遊技制御処理に復帰する。
図10の遊技制御処理を何回も繰り返し実行しているうちに、大入賞口31dの開口時間が所定時間に達するか(図16のS410:yes)、もしくは大入賞口31dに所定数の遊技球が入球して(S412:yes)、大入賞口31dが閉鎖される(S414)。こうして、1ラウンドの遊技が終了する。そして、次に特別電動役物遊技処理が実行された時には、S402において大入賞口31dが閉鎖中と判断され(S402:no)、所定回数のラウンドが終了したか否かが判断され(S404)、全てのラウンドが終了していなければ(S404:no)、大入賞口の閉鎖時間が所定時間に達したことを確認した後(S406:yes)、再び大入賞口31dを開放状態として新たなラウンドを開始する(S408)。
一方、S404において、所定回数のラウンドが終了したと判断された場合は(S404:yes)、特別遊技を終了させるべく、条件装置および役物連続作動装置の作動を停止させる(S416)。
尚、図15を用いて前述した特別図柄変動パターン設定処理では、「特定当り」時の大入賞口開口時間は、約0.2秒と極めて短い時間に設定されており、加えて、役物連続作動装置の連続作動回数(すなわちラウンド数)は2回と極めて少ない回数に設定されている。このため、特別図柄が特定当り図柄で停止表示されたことによって条件装置が作動しても、大入賞口31dが瞬間的に開口する動作を2回繰り返すだけで、特別遊技が終了してしまうことになる。更に、前述したように「特定当り」の発生時は、演出表示装置27で3つのキャラクタ図柄が揃って停止表示されることはなく、従って「外れ」時の停止図柄と見分けが付き難くなっている。こうした理由から、遊技者は「特定当り」が発生して特別遊技が行われたことに気付かないまま、遊技を継続することになる。
以上のようにして特別遊技が終了したら、特別遊技を開始させることとなった停止図柄に応じて、確変機能、普通電動役物の開口時間延長機能、時短機能の中から適切な機能を選択して作動させる処理を行う。すなわち、停止図柄が「確変当り図柄」であった場合は、確変機能、開口時間延長機能、および時短機能の全ての機能を作動させる。停止図柄が「通常当り図柄」であった場合は、開口時間延長機能および時短機能を作動させ、停止図柄が「特定当り図柄」であった場合は、確変機能のみを作動させる処理を行う。以下、図17を参照しながら詳しく説明する。
先ず初めに、条件装置を作動させることとなった特別図柄の停止図柄(すなわち、特別遊技を開始させることとなった停止図柄)が、「確変当り図柄」または「特定当り図柄」であったか否かを判断する(S418)。何れでもない場合は(S418:no)、「通常当り図柄」によって条件装置が作動したものと考えられるので、普通電動役物の開口時間延長機能の作動を開始するとともに(S428)、時短機能の作動を開始して(S430)、図16および図17に示した特別電動役物遊技処理を終了した後、図10の遊技制御処理に復帰する。
これに対して、条件装置を作動させた停止図柄が「確変当り図柄」または「特定当り図柄」の何れかであった場合は(S418:yes)、確変機能の作動を開始した後(S420)、更に、その停止図柄が「特定当り図柄」であったか否かを判断する(S422)。そして、特定当り図柄でなかった場合は(S422:no)、確変当り図柄によって特別遊技が開始されたことになるので、普通電動役物の開口時間延長機能および時短機能の作動を開始した後(S428、S430)、図16および図17に示した特別電動役物遊技処理を終了して、図10の遊技制御処理に復帰する。
一方、特別遊技が「特定当り図柄」によって開始されていた場合には(S422:yes)、その「特定当り図柄」が停止表示された時に確変機能または開口時間延長機能が作動していた場合に限り、開口時間延長機能および時短機能を作動させた状態で特別電動役物遊技処理を終了させる。このことに対応して、特別遊技が「特定当り図柄」によって開始されていた場合には(S422:yes)、条件装置の作動開始時に確変機能が作動していたか否かを判断して(S424)、確変機能が作動中であった場合には(S424:yes)、開口時間延長機能および時短機能を作動させた後(S428,S430)、図16および図17に示す特別電動役物遊技処理を終了する。
これに対して、確変機能が作動中でなかった場合には(S424:no)、条件装置の作動開始時に開口時間延長機能が作動していたか否かを判断する(S426)。そして、開口時間延長機能が作動中であった場合には(S426:yes)、開口時間延長機能および時短機能を作動させた後(S428,S430)、図16および図17に示す特別電動役物遊技処理を終了する。一方、開口時間延長機能が作動中でなかった場合には(S426:no)、開口時間延長機能も時短機能も作動させることなく、図16および図17に示す特別電動役物遊技処理を終了して、図10の遊技制御処理に復帰する。
図18は、条件装置を作動させることとなった当り図柄の種類や、その当り図柄が停止表示されたときの遊技状態(すなわち、確変機能や開口時間延長機能が作動していたか否か)によって、遊技状態が切り換わる様子をまとめて示した説明図である。確変機能の作動有無、および普通電動役物の開口時間延長機能の作動有無に着目すると、本実施例の遊技機1における遊技状態は、図18に示されるように4つの遊技状態に分類することができる。すなわち、確率変動機能も開口時間延長機能も何れも作動していない「通常遊技状態」と、確変機能は作動していないが開口時間延長機能は作動している「通常当り後遊技状態」と、確変機能は作動しているが開口時間延長機能は作動していない「特定当り後遊技状態」と、確率変動機能も開口時間延長機能も何れも作動している「確変当り後遊技状態」との4つの遊技状態である。尚、説明が煩雑となることを避けるために、以下では、「通常遊技状態」を第1モードと称し、「通常当り後遊技状態」を第2モードと称し、「特定当り後遊技状態」を第3モードと称し、「確変当り後遊技状態」を第4モードと称することがある。
そして、遊技状態が通常遊技状態の時に「通常当り図柄」が停止表示されると、図17に示したフローチャートのS418において「no」と判断されて、開口時間延長機能(および時短機能)が作動を開始するので(S428、S430)、遊技状態が通常当り後遊技状態(第2モード)に切り換わる。また、「確変当り図柄」が停止表示された場合は、S418において「yes」、S422においては「no」と判断されて、確変機能と開口時間延長機能(および時短機能)が作動を開始するので(S420、S428、S430)、遊技状態は確変当り後遊技状態(第4モード)に切り換わる。更に、通常遊技状態の時に「特定当り図柄」が停止表示された場合は、S418において「yes」、S424において「no」、S426においては「no」と判断され、確変機能のみが作動を開始するので(S420)、遊技状態は特定当り後遊技状態(第3モード)に切り換わる。図18の左上隅の欄には、このように、遊技状態が通常遊技状態(第1モード)で、停止表示される当り図柄の種類に応じて、遊技状態が切り換わる様子がまとめて示されている。
また、図18の右上隅の欄には、遊技状態が通常当り後遊技状態(第2モード)の場合に、停止表示される当り図柄の種類に応じて遊技状態が切り換わる様子が示されている。停止図柄が「通常当り図柄」あるいは「確変当り図柄」であった場合は、上述した通常遊技状態(第1モード)と同様に、「通常当り図柄」であれば通常当り後遊技状態(第2モード)に、「確変当り図柄」であれば確変当り後遊技状態(第4モード)に切り換わる。これに対して、第2モード中に「特定当り図柄」で停止表示した場合は、図17に示したフローチャートのS418において「yes」、S426においては「yes」と判断されるので、確変機能、開口時間延長機能(および時短機能)が作動して、遊技状態が確変当り後遊技状態(第4モード)に切り換わる。
以下、図18の左下隅に示した特定当り後遊技状態(第3モード)、右下隅に示した確変当り後遊技状態(第4モード)についても同様に、「通常当り図柄」であれば通常当り後遊技状態(第2モード)に、「確変当り図柄」であれば確変当り後遊技状態(第4モード)に切り換わる。また、「特定当り図柄」で停止表示した場合は、図17のフローチャートのS424において「yes」と判断されるので、確変機能、開口時間延長機能(および時短機能)が作動状態となり、確変当り後遊技状態(第4モード)に切り換わる。
このように、本実施例の特別電動役物遊技処理では、単に停止表示された当り図柄の種類だけでなく、その当り図柄が停止表示されたときの遊技状態(すなわち、確変機能や開口時間延長機能などが作動していたか否か)に応じて、確変機能、開口時間延長機能、および時短機能の中から選択した機能を作動させることにより、遊技状態を、第1モードから第4モードまでの4つの状態に切り換えながら遊技が行われることになる。
尚、以上の説明では、遊技の状態を、確変機能の作動有無、および開口時間延長機能の作動有無に着目して4つの遊技状態に分類するものとした。しかし、開口時間延長機能を作動させると時短機能も作動させることが一般的である。従って、確変機能の作動有無、および時短機能の作動有無に着目して、遊技状態を分類することとしてもよい。この場合は、図17のフローチャートのS426における判断を、「条件装置作動時に開口時間延長機能が作動していたか否か」ではなく、「条件装置作動時に時短機能が作動していたか否か」によって行うこととすればよい。
主制御基板200に搭載されたCPU201は、以上のような遊技制御処理を繰り返し行うことによって、遊技機1の遊技を進行させることが可能となっている。そして、遊技が進行する中で、特別図柄の変動パターン指定コマンドや、停止情報指定コマンド、図柄停止コマンドなどの各種コマンドをサブ制御基板220に向かって出力する。サブ制御基板220では、こうして出力されたコマンドに基づいて演出を行う。こうすれば、主制御基板200において、前述した4つの遊技状態に切り換わりながら進行する遊技と同期して、サブ制御基板220で効果的な演出を行い、たとえ大当り状態が長い間発生しない場合でも、遊技者の遊技に対する興味を確実に引き付けておくことが可能となる。以下では、主制御基板200から出力された各種のコマンドを受け取って、サブ制御基板220が遊技の演出を行う処理(演出制御処理)について説明する。
C−2.演出制御処理 :
C−2−1.演出制御処理の概要 :
図19は、遊技を演出するためにサブ制御基板220が行う演出制御処理の流れを示すフローチャートである。かかる処理は、サブ制御基板220に電源が供給されると、所定の初期動作の終了後、サブ制御基板220に搭載されたCPU221によって自動的に開始される処理である。以下、フローチャートに従って説明する。
演出制御処理では、先ず初めに、主制御基板200から特別図柄の変動パターン指定コマンドを受信したか否かを判断する(S1002)。ここで特別図柄の変動パターン指定コマンドとは、図15を用いて前述した特別図柄変動パターン設定処理において設定され変動パターンを指定するコマンドであり、図12の特別図柄遊技処理の中で特別図柄の当否判定が行われると、主制御基板200からサブ制御基板220に向けて出力されるコマンドである。
変動パターン指定コマンドを受け取っていないと判断された場合は(S1002:no)、コマンドを受け取るまで、そのまま待機する。一方、変動パターン指定コマンドを受け取った場合は(S1002:yes)、今度は、特別図柄停止情報指定コマンドを受信したか否かを判断する(S1004)。ここで特別図柄停止情報指定コマンドとは、図15を用いて前述した特別図柄変動パターン設定処理において設定された特別図柄の停止図柄を指定するコマンドであり、主制御基板200から変動パターン指定コマンドに続けて出力されるコマンドである。そして、特別図柄停止情報指定コマンドを受け取っていないと判断された場合は(S1004:no)、コマンドを受け取るまで、かかる判断を繰り返しながら待機する。
特別図柄停止情報指定コマンドを受け取ったら(S1004:yes)、変動パターン指定コマンドに応じた態様で、演出表示装置27のキャラクタ図柄の変動表示を開始するとともに、各種の効果音を出力するなどの演出を開始する(S1006)。尚、変動パターン指定コマンドを受け取ると、サブ制御基板220において抽選を行うことにより、より具体的な演出の内容を決定することとしてもよい。
次いでサブ制御基板220のCPU221は、変動中のキャラクタ図柄を何れの図柄で停止表示させるかを、特別図柄停止情報指定コマンドに基づいて決定する(S1008)。すなわち、特別図柄停止情報指定コマンドには、図柄表示装置28の特別図柄が、「通常当り図柄」、「確変当り図柄」、「特定当り図柄」、「外れ図柄」の何れで停止表示されるかに関する情報が記述されているから、サブ制御基板220では、かかる情報に基づいて、図柄表示装置28で停止表示される特別図柄と整合させながらキャラクタ図柄の停止図柄を決定する処理を行うのである。尚、ここでは、キャラクタ図柄は、図柄表示装置28で停止表示される特別図柄と整合する図柄に決定されるものとしたが、必ずしも図柄表示装置28の特別図柄と整合させる必要はなく、特別図柄とは別個に決定することとしても良い。
こうして、キャラクタ図柄の変動を開始するとともに、停止図柄を決定したら、現在の演出状態が、「特定演出モード」中であるか否かを判断する(S1010)。ここで「特定演出モード」とは、特別図柄が「特定当り図柄」で停止表示される場合に開始される特別な演出状態である。また、後述するように、特別図柄が「外れ図柄」で停止表示される場合にも、「特定演出モード」が開始されることがある。したがって、「特定演出モード」中は、遊技状態が高確率状態であるかもしれないという印象を遊技者に与えることとなり、遊技者の大当りに対する期待感を高めることができる。「特定演出モード」は、サブ制御基板220のCPU221によって開始される演出状態であるため、現在の演出状態が「特定演出モード」であるか否かは、容易に判断することができる。
そして、特定演出モード中ではないと判断された場合は(S1010:no)、特定演出モードを開始するか否かを判断する処理(特定演出モード突入判断処理)を開始する(S1100)。一方、特定演出モード中と判断された場合は(S1010:yes)、特定演出モードを終了させるか否かを判断する処理(特定演出モード終了判断処理)を行う(S1200)。特定演出モード突入判断処理および特定演出モード終了判断処理の詳細については後述する。
続いてサブ制御基板220のCPU221は、図柄停止コマンドを受信したか否かを判断する(S1012)。図柄停止コマンドを受け取っていない場合は(S1012:no)、そのままコマンドを受け取るまで待機し、図柄停止コマンドを受け取ったら(S1012:yes)、演出表示装置27で変動表示中のキャラクタ図柄を停止表示させる。
サブ制御基板220のCPU221は、以上のような演出制御処理を繰り返し実行しており、主制御基板200から特別図柄の変動パターン指定コマンド、特別図柄停止情報指定コマンド、図柄停止コマンドなどの各種コマンドを受け取ると、コマンドに基づいて、具体的な演出内容を決定し、演出を開始し、演出を終了する制御を行う。このため主制御基板200では、前述した遊技制御処理を行って遊技の内容を決定し、サブ制御基板220に向かって各種コマンドを出力するだけで、遊技の進行に応じた演出を行うことが可能となっている。以下では、特定演出モードを開始するか否かを判断する特定演出モード突入判断処理(S1100)、および特定演出モードを終了するか否かを判断する特定演出モード終了判断処理(S1200)の処理内容について説明した後、こうした制御を行うことで、たとえ大当りの発生しない状態(通常遊技状態)が長い間続いた場合でも、遊技に対する遊技者の興味を引き付けておくことが可能な理由について説明する。
C−2−2.特定演出モード突入判断処理 :
図20は、特定演出モードを開始するか否かを判断する処理(特定演出モード突入判断処理)の流れを示すフローチャートである。特定演出モードを開始するか否かの判断に際しては、先ず初めに、主制御基板200で行われた特別図柄の当否判定結果が「特定当り」であったか否かを判断する(S1102)。図19を用いて前述したように、特定演出モード突入判断処理は、主制御基板200から変動パターン指定コマンドおよび特別図柄停止情報指定コマンドを受け取った後に実施されるので、これらコマンドを解釈することにより、当否判定結果が特定当りであったか否かは容易に判断することができる。
尚、前述したように、「特定当り図柄」に対応するキャラクタ図柄は、他の当り図柄とは異なり、3つの図柄が揃わない所定のキャラクタ図柄の組合せ(例えば、「1」「2」「4」の組合せ、「1」「3」「5」の組合せなど)に設定されている。
そして、特別図柄の当否判定結果が「特定当り」であると判断された場合は(S1102:yes)、特定演出モードを開始した後(S1110)、図20に示した特定演出モード突入判断処理を終了して、図19の演出制御処理に復帰する。尚、特定演出モードで行われる演出内容については後述する。
一方、特別図柄の当否判定結果が「特定当り」ではないと判断された場合は(S1102:no)、今度は、当否判定の結果が「外れ」か否かを判断する(S1104)。そして、「外れ」ではない場合は(S1104:no)、特定演出モードを開始することなく、図19の演出制御処理に復帰する。これに対して、当否判定結果が「外れ」であった場合は(S1104:yes)、特定演出モードを開始するか否かの抽選を行う(S1106)。そして、抽選が当りであれば(S1108:yes)、特定演出モードを開始して(S1110)、図19の演出制御処理に復帰する。逆に、抽選が外れであれば(S1108:no)、特定演出モードを開始することなく図19の演出制御処理に復帰する。
このように「特定演出モード」は、主制御基板200で行われる特別図柄の当否判定結果が「特定当り」である場合に開始される演出であるが、当否判定結果が「外れ」の場合にも、ある確率で発生し得る演出となっている。ここで、特定当り時に停止表示されるキャラクタ図柄は、外れ時に停止表示されるキャラクタ図柄と紛らわしい図柄に設定されているために、「特定演出モード」が開始されると、遊技者は、その演出が「特定当り」によるものか否かを区別することができない。このため、たとえ大当たり状態が長い間発生しなかった場合(通常遊技状態が長い間続いた場合)でも、遊技者の遊技に対する興味を引き付けておくことが可能となっている。この点については、別図を用いて詳しく説明する。
C−2−3.特定演出モード終了判断処理 :
図21は、特定演出モードを終了するか否かを判断する処理(特定演出モード終了判断処理)の流れを示すフローチャートである。かかる処理は、図19を用いて前述した演出制御処理の中で、サブ制御基板220のCPU221によって実行される処理である。
特定演出モード終了判断処理を開始すると、先ず初めに、先に決定しておいたキャラクタ図柄の停止図柄が、「確変当り図柄」に対応する図柄であるか否かを判断する(S1202)。すなわち、図19を用いて前述したように、特定演出モード終了判断処理は、特定演出モードの実行中に、特別図柄停止情報指定コマンドに基づいて停止図柄が決定された後に実行される処理であるから、この決定したキャラクタ図柄が「確変当り図柄」に対応する図柄であるか否かを判断するのである。
停止表示させるキャラクタ図柄が「確変当り図柄」に対応する図柄ではないと判断された場合は(S1202:no)、今度は「通常当り図柄」に対応する図柄であるか否かを判断する(S1204)。そして、停止表示させる図柄が「確変当り図柄」または「通常当り図柄」の何れかであると判断された場合は(S1202:yes、またはS1204:yes)、特定演出モードを終了させた後(S1206)、図21に示す特定演出モード終了判断処理を終了する。
一方、停止表示させる図柄が「通常当り図柄」に対応する図柄ではないと判断された場合は(S1204:no)、「特定当り図柄」に対応する図柄であるか否かを判断する(S1210)。そして、停止表示させる図柄が「特定当り図柄」であると判断された場合、すなわち特定演出モード中に特定当りが発生した場合は(S1210:yes)、現在の遊技状態が第2モードもしくは第3モード(通常当り後遊技状態もしくは特定当り後遊技状態。図18参照。)であるか否かを判断する(S1212)。この判断は、主制御基板200から送信される特別図柄停止情報指定コマンドや、特別遊技終了後の遊技状態(確変状態、時短状態など)を遊技者に報知するための画面を演出表示装置27に表示するために主制御基板200から送信される画面指定コマンド等に基づいて、現在の遊技状態を常にサブ制御基板220側で把握しておくことにより可能となる。この判断の結果、第2モードもしくは第3モードであると判断された場合は(S1212:yes)、特定演出モードを終了し(S1213)、「確変昇格演出」を実行した後(S1214)、図21に示す特定演出モード終了判断処理を終了する。このS1214における確変昇格演出は、遊技状態が確変状態になったことを遊技者に報知するための演出である。これにより、遊技者は、特定演出モード中の「大当りが発生するかもしれない」という期待感から、「大当りが間もなく発生する」という確信を得ることができる。
一方、第2モードもしくは第3モードでないと判断された場合は(S1212:no)、現在の遊技状態が第1モードもしくは第4モード(通常遊技状態もしくは確変当り後遊技状態。図18参照。)であることとなる。この場合は、「特定演出モード」が継続して行われる旨の報知(「継続」の文字を表示するなど)を行った後(S1215)、図21に示す特定演出モード終了判断処理を終了する。このように、「特定演出モード」が継続して行われる旨の報知を行うことにより、遊技者は、現在の遊技状態が第1モードであれば「大当りが発生するかもしれない」という期待感を持続して遊技を継続することが可能となり、現在の遊技状態が第4モードであれば「大当りが間もなく発生する」という期待感を持続して確変中の遊技を継続することが可能となる。
これに対して、停止表示させる図柄が「特定当り図柄」に対応する図柄ではないと判断された場合は(S1210:no)、何れの当り図柄にも該当しないから、決定されているキャラクタ図柄は「外れ図柄」に対応する図柄と考えられる。そこで、この場合は、特定モード演出が開始されてからの図柄変動回数(すなわち当否判定回数)が、所定の上限値(例えば25回)に達したか否かを判断する(S1216)。そして、図柄変動回数が上限値に達していた場合は(S1216)、特定演出モード中でありながら当否判定結果が外れ続けていることになるので、特定演出モードを終了させる(S1218)。一方、図柄変動回数が未だ上限値に達していなければ(S1216:no)、特定演出モードを継続したまま、図21に示す特定演出モード終了判断処理を終了して、図19の演出制御処理に復帰する。
以上に説明したように、本実施例の遊技機1で行われる特定演出モードは、主制御基板200で行われる特別図柄の当否判定結果が「特定当り」であった場合に(すなわち図20のS1102:yes)開始されるが、当否判定結果が「外れ」であった場合にも、抽選に当選すれば(すなわち図20のS1108:yes)開始される。そして一旦、特定演出モードが開始されると、特別図柄の当否判定結果が「確変当り」、「通常当り」、「特定当り」(「特定当り」は遊技状態が第2モードまたは第3モードのときに限る)の何れかの当り態様に当選するか、あるいは特別図柄の変動回数が上限値に達するまで、特定演出モードが維持されるようになっている。本実施例の遊技機1では、このような特定演出モードを行っているために、たとえ「大当り」状態が長い間発生しない場合でも、遊技者の遊技に対する興味を引き付けておくことが可能である。以下では、この点について説明する。
図22は、特定演出モードが開始されてから終了するまでに行われる遊技の内容を概念的に示した説明図である。図22(a)には、特別図柄が「特定当り」と判定される(すなわち、遊技状態が図9、図18に示した特定当り後遊技状態となる)ことに伴って、特定演出モードが開始された場合について示されている。特別図柄が「特定当り図柄」で停止表示されると、図15を用いて前述したように主制御基板200では、大入賞口31dの開口時間がきわめて短い時間(例えば、約0.2秒間)に設定され、役物連続作動装置の作動回数(いわゆるラウンド数)も2回に設定され(図15のS3395)、その結果、続いて行われる特別遊技状態は極めて短い時間で終了してしまう。一方、サブ制御基板220では、図19および図20を用いて前述したように、図柄の変動開始とほぼ同時に特定演出モードが開始され(S1110)、演出表示装置27には次のような演出画面が表示される。
図23は、特定演出モード中に演出表示装置27に表示される画面を例示した説明図である。図示されているように特定演出モード中は、演出表示装置27の液晶画面に、敵のキャラクタが出現し、味方のキャラクタと戦闘を開始するような演出画面が表示される。また、3つのキャラクタ図柄27a、27b、27cは、画面の右下隅に小さく表示されている。尚、これら敵キャラクタおよび味方キャラクタは、本願発明の「特別演出用図柄」の一態様を構成している。また、これらの特別演出用図柄は、サブ制御基板220によって表示されており、従って、サブ制御基板220は、本願発明の「演出表示手段」の一態様を構成している。
このように、特定演出モードが開始されると演出表示装置27の画面上に敵と味方のキャラクタが出現する演出が行われ、その一方で、液晶画面の右下隅ではキャラクタ図柄27a、27b、27cが変動表示された後、停止表示される。図柄の停止表示に続いて大入賞口31dが開口する特別遊技が開始されるが、前述したように特定当り発生時の特別遊技は極めて短い時間で終了してしまう。加えて、「特定当り」の発生時は、停止表示される3つのキャラクタ図柄27a、27b、27cが、外れ時に停止表示される図柄と紛らわしい図柄に設定されているので、遊技者は、特別遊技状態が発生したことに気が付くことはない。
また、特別図柄が「特定当り図柄」で停止表示されると、主制御基板200は、前述した特別電動役物遊技処理で確変機能を作動させ(図17のS420)、遊技者が気付かないまま、「大当り」の発生し易い状態(すなわち高確率状態)に切り換わって遊技が進行する。このため、「特定当り」によって特定演出モードが開始された場合には、遊技球が始動口17に入球して特別図柄の変動表示が開始されると高い確率で「大当り」が発生することになる。尚、図17を用いて前述したように、「特定当り」の発生後も、始動口17の開口時間や図柄の変動時間は「特定当り」発生前の状態に保たれたままなので、高確率状態になっているにも拘わらず、「特定当り」が発生していたことに遊技者が気付くこともない。つまり、特別図柄が「特定当り図柄」で停止表示されたときの遊技状態が通常遊技状態(第1モード)であった場合には、始動口17の開口時間や図柄の変動時間は「特定当り」発生前の状態、すなわち、開口時間延長機能や時短機能が作動しない状態がそのまま維持されるので、始動口17や特別図柄の変動時間は、高確率状態であるにもかかわらず、通常遊技状態と同じ状態に保たれる。このため、遊技者は、「特定当り」が発生したことはもちろんのこと、遊技状態が通常遊技状態(第1モード)から特定当り後遊技状態(第3モード)に移行したことにも気付かないこととなる。
そして、特別図柄の当否判定結果が外れであった場合は、特定演出モードを維持したまま遊技が継続されるが、当否判定確率が高確率に設定されているので、やがて当りが発生することになる。図23(a)に示した例では、特定演出モードの開始後、初回の特定当りを含めると、4回目の図柄変動で「大当り」(「通常当り」または「確変当り」)が発生している。そして、「大当り」が発生した場合には、図23に示した敵キャラクタが倒れる演出を行って特定演出モードを終了した後(図21のS1206、またはS1212)、3つのキャラクタ図柄27a、27b、27cを当り態様で停止表示させる(S1208、またはS1214)。
一方、図20を用いて前述したように、特定演出モードは特別図柄の当否判定結果が「外れ」の場合にも開始されることがある。図22(b)には、特別図柄が「外れ」と判定されたことに伴って、特定演出モードが開始された場合が示されている。この場合も、図23に示すような敵と味方のキャラクタが登場して特定演出モードが開始されるが、特別図柄の当否判定結果は「外れ」なので、図22(a)に例示した状態とは異なり、大入賞口31dが開口状態となることはない。また、この場合は、当否判定の確率が高確率状態に設定されることもなく、単に、図23に示すような敵キャラクタと味方キャラクタとが戦闘している演出が行われる。
特定演出モードが「外れ」判定によって開始された場合は、特別図柄の当否判定確率は通常確率に設定されたままなので、当否判定結果が当りになる場合もあれば、当りにならないまま図柄変動回数が上限値に達してしまうこともある。そして、当りにならないまま上限値に達した場合は(図21のS1216:yes)、図23に示した味方のキャラクタが倒れる演出を行って特定演出モードを終了させた後(S1218)、3つのキャラクタ図柄27a、27b、27cを外れ態様で停止表示させる(S1220)。もちろん、当選確率が通常確率でも当りになる場合もあるので、この場合は、敵キャラクタが倒れる演出を行って特定演出モードを終了した後(図21のS1206、またはS1212)、3つのキャラクタ図柄27a、27b、27cを当り態様で停止表示させればよい(S1208、またはS1214)。図22(c)には、このように「外れ」判定によって開始された特定演出モードが、「大当り」(「通常当り」または「確変当り」)の発生によって終了する場合が例示されている。
以上に説明したように、図23に例示された特定演出モードは、特別図柄の当否判定が「特定当り」または「外れ」の何れかであった場合に開始される。ここで、特定当り図柄は外れ図柄と紛らわしい図柄に設定されているので、遊技者にとっては、特定演出モードが何れの当否判定によって開始されたのかを判別することは困難である。もちろん、大入賞口31dの動きを注視していれば、「特定当り」によって開始された場合には、一瞬とはいえ大入賞口31dが開口状態となるので、特定演出モードが何れの図柄で開始されたかを判別することが可能であるが、図23に示すように演出表示装置27では、大入賞口31dが開口状態となる前(特別遊技の開始前)から敵キャラクタと味方キャラクタとが登場する演出が行われているので、遊技者は演出表示装置27の表示内容を注視することとなり、大入賞口31dが一瞬だけ開口状態となったことに気付くことはない。そして、通常遊技状態(第1モード)において「特定当り」が発生して特定演出モードが開始された場合には、当選確率が高確率状態に設定される(特定当り後遊技状態(第3モード)に移行する)ので、特別図柄を変動表示させることができれば高い確率で「大当り」が発生することになる。
ところが、通常遊技状態(第1モード)において「特定当り」となった場合、開口時間延長機能や時短機能は作動しないので、遊技者は、特定演出モードが開始された後の遊技状態が通常遊技状態(第1モード)か特定当り後遊技状態(第3モード)なのかを、遊技機の外観(始動口17の動作態様や図柄の変動態様)で判別することができない。このため、特定演出モードが開始されると、遊技者は特別図柄を変動表示させれば高い確率で「大当り」が発生するのではないかと期待し、遊技球を始動口17に入球させることに熱中することになる。その結果、たとえ「大当り」が長い間、発生していなくても(通常遊技状態が長い間継続していても)、遊技に対する遊技者の興味を確実に引き付けておくことが可能となる。
D.変形例 :
上述した本実施例の遊技機1には、種々の変形例が存在している。以下では、これら変形例について簡単に説明する。
D−1.第1の変形例 :
始動口17の開口時間を延長する開口時間延長機能の作動状態に着目すると、上述した実施例では次のようになっている。先ず、特別図柄が「通常当り図柄」あるいは「確変当り図柄」で停止表示された場合は、開口時間延長機能が作動状態となる。また、特別図柄が「特定当り図柄」で停止表示された場合は、その特定当り図柄が停止表示されたときの開口時間延長機能の作動状態をそのまま引き継ぐようになっている。すなわち、開口時間延長機能の作動中に「特定当り図柄」が停止表示された場合には、開口時間延長機能が作動状態となり、逆に、開口時間延長機能の非作動中に「特定当り図柄」が停止表示された場合には、開口時間延長機能が非作動状態となっている。
これに対して、特別図柄が「通常当り図柄」で停止表示された場合には開口時間延長機能を非作動状態とするとともに、「特定当り図柄」で停止表示された場合には、その直前に何れの当り図柄が停止表示されたかに応じて、開口時間延長機能の作動状態を決定することとしてもよい。このようにした場合でも、上述した実施例と同様に、特定当りの発生に遊技者が気付き難くすることができるので、遊技者の遊技に対する興味を長時間引き付けておくことが可能である。以下では、このような第1の変形例について説明する。
D−1−1.第1の変形例における特別図柄遊技処理 :
図24は、第1の変形例の遊技機1で行われる特別図柄遊技処理の前半部分を示したフローチャートである。また、図25は、第1の変形例の遊技機1で行われる特別図柄遊技処理の後半部分を示したフローチャートである。かかる第1の変形例で行われる特別図柄遊技処理は、図10を用いて前述した遊技制御処理の中の特別図柄遊技処理(S320)に替えて行われる処理である。また、その処理内容は、図12および図13を用いて前述した特別図柄遊技処理(S320)に対して、特別図柄の変動パターンを設定するために行われる処理(特別図柄変動パターン設定処理)の内容が異なっている点と、いわゆる通常当り後に時短機能や開口時間延長機能が作動しない点とが大きく異なっているが、その他の点については同様である。以下では、これら相違点を中心として、第1の変形例で行われる特別図柄遊技処理(S500)について簡単に説明する。
図24に示されているように、第1の変形例の特別図柄遊技処理を開始すると、特別図柄が変動中か否かを判断し(S502)、変動中でなければ(S502:no)、停止図柄の表示時間中か否か(S504)、および特別図柄の保留数が残っているか否か(S506)について判断する。そして、停止図柄の表示時間が過ぎており(S504:no)、特別図柄の保留数が残っている場合は(S506:yes)、現在の遊技状態が確変中か否かを判断し(S508)、確変中または非確変中のそれぞれの状態に応じた当選確率で特別図柄の当否判定を行う(S508、S510、S512)。次いで、得られた当否判定の結果を受けて、特別図柄変動パターン設定処理を開始する(S514)。
図26は、第1の変形例で行われる特別図柄変動パターン設定処理の流れを示すフローチャートである。かかる第1の変形例の特別図柄変動パターン設定処理は、図15を用いて前述した特別図柄変動パターン設定処理に対して、大入賞口についての開口時間および連続作動回数を設定していない点が異なっているが、その他の点については同様である。また、かかる処理は特別図柄遊技処理の前半部分で行われる処理であるが、図24に示す変形例の特別図柄遊技処理の前半部分の処理は、図12を用いて前述した特別図柄遊技処理の前半部分の処理に対して、この特別図柄変動パターン設定処理の内容だけが異なったものとなっている。以下、図26のフローチャートを参照しながら、特別図柄の変動パターンを設定する処理の内容について簡単に説明する。
第1の変形例の特別図柄変動パターン設定処理を開始すると、先ず初めに、特別図柄の当否判定結果(すなわち、図26に示す特別図柄変動パターン設定処理を行う直前で行われた当否判定結果)が、確変当りであったか否かを判断する(S5140)。確変当りでなかった場合は(S5140:no)、通常当りか否かを判断する(S5144)。そして通常当りでもなかった場合は(S5144:no)、今度は、特定当りか否かについて判断する(S5148)。こうして、特別図柄の当否判定結果が、確変当り、通常当り、または特定当りの何れかであった場合は、それぞれの当り態様に応じて、特別図柄の停止図柄および変動パターンを決定した後(S5142、S5146、S5150)、図26に示す変形例の特別図柄変動パターン設定処理を終了して、図24の特別図柄遊技処理に復帰する。
一方、当否判定結果が何れの当り態様でもなかった場合は(S5148:no)、リーチの有無を決定した後(S5152)、リーチの有無に応じて、外れの停止図柄と変動パターンとを決定した後、図26に示す変形例の特別図柄変動パターン設定処理を終了して、図24の特別図柄遊技処理に復帰する。
以上のようにして、特別図柄の停止図柄と変動パターンとを決定したら、特別図柄の変動を開始して(S516)、特別図柄の保留数を1つ減算した後(S518)、サブ制御基板220に向かって変動パターン指定コマンドおよび特別図柄停止情報指定コマンドを出力する(S520、S522)。
一方、変形例の特別図柄遊技処理を開始した直後に行われた特別図柄が変動中か否かについての判断(図24のS502)で、特別図柄が変動中であると判断された場合は(S502:yes)、特別図柄変動時間が経過したか否かを判断する(S524)。そして、特別図柄変動時間が経過したことが確認されたら(S524:yes)、サブ制御基板220に向かって図柄停止コマンドを出力するとともに、特別図柄を停止表示させ、停止図柄の表示時間を設定する(S526、S528、530)。その後、設定した表示時間が経過したことを確認したら(S532:yes)、図25に示した変形例の特別図柄遊技処理の後半部分の処理を開始する。
変形例の特別図柄遊技処理の後半部分の処理を開始すると、先ず、停止表示された特別図柄が条件装置を作動させる図柄(すなわち、確変当り図柄、通常当り図柄、または特定当り図柄の何れか)であるか否かを判断する(S534)。そして、条件装置の作動図柄でなかった場合は(S534:no)、変形例の特別図柄遊技処理では、そのまま処理を終了して、図10に示す遊技制御処理に復帰する。
一方、停止表示された特別図柄が条件装置の作動図柄であった場合は(S534:yes)、その図柄が特定当り図柄か否かを判断する(S536)。そして、特定当り図柄でなかった場合、すなわち確変当り図柄または通常当り図柄であった場合は(S536:no)、役物連続作動装置の作動回数(連続作動回数)を標準の回数(本実施例では15回)に設定し(S540)、逆に、特定当り図柄であった場合は(S536:yes)、連続作動回数を特定当り用の回数(本実施例では2回)に設定した後(S538)、条件装置および役物連続作動装置の作動を開始する(S542)。その結果、大入賞口が開口状態となって特別遊技状態が開始される。
また、変形例の遊技機1においても、特別遊技中は、確変機能や時短機能、普通電動役物の開口時間延長機能を作動させないこととしている。そこで、条件装置および役物連続作動装置を作動させて特別遊技を開始したら(S542)、続いて、現在の遊技状態が確変中であるか否かを判断する(S544)。そして、確変中であった場合は(S544:yes)、確変機能および時短機能、普通電動役物の開口時間延長機能の作動を停止させた後(S546、S548)、変形例の特別図柄遊技処理を終了して、図10の遊技制御処理に復帰する。一方、現在の遊技状態が確変中ではなかった場合は(S544:no)、確変機能および時短機能、普通電動役物の開口時間延長機能は作動していないので、そのまま変形例の特別図柄遊技処理を終了して、図10の遊技制御処理に復帰すればよい。
図10に示されているように、遊技制御処理では特別図柄遊技処理から復帰すると、続いて特別電動役物遊技処理が開始される。図16および図17を用いて前述したように、特別電動役物遊技処理では、特別図柄遊技処理の中で設定した大入賞口の開口時間、および特別電動役物の連続作動回数に従って特別遊技(いわゆる大当り状態)が開始される。もっとも、第1の変形例の遊技機1では、通常当りによって開始された特別遊技の終了後は、時短機能や開口時間延長機能が作動しない点で、前述した特別電動役物遊技処理とは異なっている。また、特定当りによる特別遊技の終了後の開口時間延長機能の作動状態についても、前述した特別電動役物遊技処理とは異なるものとなっている。以下では、第1の変形例の遊技機1で行われる特別電動役物遊技処理の内容について説明する。
D−1−2.第1の変形例における特別電動役物遊技処理 :
図27は、第1の変形例における特別電動役物遊技処理の前半部分を示したフローチャートである。また、図28は、第1の変形例における特別電動役物遊技処理の前半部分を示したフローチャートである。かかる第1の変形例で行われる特別電動役物遊技処理は、図10を用いて前述した遊技制御処理の中の特別電動役物遊技処理(S400)に替えて行われる処理である。以下、図27および図28のフローチャートを参照しながら説明する。
図27に示した前半部分の処理は、図16を用いて前述した特別電動役物遊技処理の前半部分の処理と全く同様である。以下、概要のみ説明すると、先ず大入賞口31dが開口中か否かを判断する(S602)。そして、開口中であれば(S602:yes)、大入賞口開口時間が経過したか、あるいは規定数の遊技球が大入賞口に入球したことを確認して大入賞口を閉鎖する(S610、S612、S614)。次いで、特別電動役物を予め定めた連続作動回数だけ作動させたか否かを判断し(S604)、作動させていない場合は(S604:no)、再び大入賞口を開口させ(S608)、所定の開口時間が経過するか、規定数の遊技球が入球したら、大入賞口を閉鎖して、連続作動回数に達したか否かを判断する(S610、S612、S614、S604)。こうした操作を繰り返すうちに、連続作動回数に達したと判断されたら(S604:yes)、条件装置および役物連続作動装置の作動を停止させた後(S616)、図28に示す変形例の特別電動役物遊技処理の後半部分の処理を開始する。
後半部分の処理では、条件装置を作動させた図柄が、確変当り図柄、通常当り図柄、特定当り図柄の何れであったかに応じて、確変機能、時短機能、開口時間延長機能の中から適切な機能を選択して作動させる処理を行う。以下、図28を参照しながら説明する。
図28に示されるように、後半部分の処理を開始すると、先ず初めに条件装置を作動させた図柄が確変当り図柄または特定当り図柄であったか否かを判断する(S618)。そして、変形例の特別電動役物遊技処理では、条件装置の作動図柄が確変当り図柄または特定当り図柄の何れでもない(すなわち通常当り図柄であった)と判断された場合は(S618:no)、確変機能、時短機能、開口時間延長機能の何れも作動させることなく、そのまま特別電動役物遊技処理を終了して、図10の遊技制御処理に復帰してしまう。この結果、変形例の遊技機1では、通常当り図柄が停止表示されて特別遊技が行われた後は、少なくとも次に当り図柄が停止表示されるまでは、確変機能、時短機能、開口時間延長機能の何れも作動することなく遊技が行われることになる。
一方、条件装置の作動図柄が確変当り図柄または特定当り図柄であったか場合は(S618:yes)、確変機能の作動を開始した後(S620)、その作動図柄が特定当り図柄であったか否かを判断する(S622)。そして、特定当り図柄ではない(すなわち確変当り図柄である)と判断された場合は(S622:no)、開口時間延長機能および時短機能の作動を開始する(S628、S630)。これに対して、特定当り図柄であったと判断された場合は(S622:yes)、その特定当り図柄の直前に停止表示された当り図柄が存在するか否かを判断する(S624)。そして、特定当り図柄の直前に停止表示された当り図柄が存在しない場合(S624:no)、すなわち、その特定当りが、遊技機1の電源投入後に初めて停止表示された当り図柄であった場合は、開口時間延長機能および時短機能を作動させることなく、図27および図28に示した変形例の特別電動役物遊技処理を終了する。
一方、特定当り図柄の直前に停止表示された当り図柄が存在している場合は(S624:yes)、今度は、その当り図柄が「通常当り図柄」か否かを判断する(S626)。その結果、特定当り図柄の直前に停止表示された当り図柄が通常当り図柄であった場合は、時短機能や開口時間延長機能を作動させることなく、そのまま変形例の特別電動役物遊技処理を終了する。
これに対して、「特定当り図柄」の直前に停止表示された当り図柄が、「通常当り図柄」ではないと判断された場合は(S626:yes)、開口時間延長機能の作動を開始し(S628)、時短機能の作動を開始した後(S630)、図27および図28に示す変形例の特別電動役物遊技処理を終了する。すなわち、「特定当り図柄」の直前の当り図柄が「通常当り図柄」でないということは、「確変当り図柄」または「特定当り図柄」の何れかである。そして、「確変当り図柄」であった場合は、「特定当り図柄」が停止表示された時点では、確変機能および開口時間延長機能、時短機能が作動していたから、特定当りに伴う特別遊技状態の終了後も、確変機能および開口時間延長機能、時短機能を作動させる。また、前に停止表示された当り図柄も「特定当り図柄」であった場合は、後の方の「特定当り図柄」が停止表示された時点では、確変機能が作動していたから、その特定当りに伴う特別遊技状態の終了後は、確変機能および開口時間延長機能、時短機能を作動させるのである。変形例の特別電動役物遊技処理では、特定当り図柄が停止表示されると、その直前に停止表示された当り図柄を参照して、その当り図柄に応じて、開口時間延長機能および時短機能を作動させた後、処理を終了して、前述した遊技制御処理に復帰する。
以上に説明した第1の変形例の遊技機1では、特別図柄が通常当り図柄で停止表示された場合は、特別遊技状態の終了後、確変機能や、開口時間延長機能、時短機能が作動していない状態で、遊技が継続される。これに対して、特別図柄が確変当り図柄で停止表示された場合は、特別遊技状態の終了後、確変機能、開口時間延長機能、時短機能が作動した状態で、遊技が継続される。更に、特別図柄が特定当り図柄で停止表示された場合は、特別遊技状態の終了後、その前に停止表示された当り図柄に準じて、開口時間延長機能、時短機能の作動状態が決定される。すなわち、その特定当り図柄の前に停止表示された当り図柄が通常当り図柄であった場合は、通常当り図柄に準じて、開口時間延長機能、時短機能が作動せず、確変機能のみが作動した状態に設定される。また、その特定当り図柄の前に停止表示された当り図柄が確変当り図柄であった場合は、確変当り図柄に準じて、確変機能、開口時間延長機能、時短機能が何れも作動した状態に設定される。従って、特定当りが発生しても、その前後で、開口時間延長機能および時短機能の作動状態が変化しないので、遊技者は特定当りの発生に気付くことがなく、遊技者の知らない間に、当りの発生確率を高確率状態に切り換えることができる。その結果、例えば、当りの発生を予感させる演出を行った場合でも、単なる演出に終わらせないことも可能となり、演出が遊技者に飽きられてしまうおそれがない。そして、たとえ当り図柄で停止しない状態が長い間続いたとしても、遊技に対する遊技者の興味を引き付けておくことが可能となる。
D−2.第2の変形例 :
上述した実施例では、特定演出モードは、特別図柄の当否判定が「特定当り」あるいは「外れ」の何れかに決定され、これに伴う図柄変動と前後して開始されるものとして説明した。しかし、特定演出モードを開始するタイミングは、こうしたタイミングに限らず、所定の条件が成立したタイミングで開始することとしても良い。
例えば、演出表示装置27の表示画面の一部にレベルゲージを設けておき、レベルゲージの値が所定値に達すると特定演出モードを開始することとしても良い。図29は、演出表示装置27の画面上にレベルゲージ27gが表示されている様子を例示した説明図である。図示された例では、画面の左上隅に棒グラフの形態でゲージの値が表示されている。ゲージの値は、例えば遊技球が始動口17に入球するたびに一定量ずつ増加していき、ゲージの値が「FULL」に達すると(あるいは所定値を越えると)、特定演出モードが開始されるようにしてもよい。
こうすれば、特定演出モードが開始されそうか否かを、レベルゲージ27gの表示から判断することが可能となる。すなわち、特定演出モードが開始されると、いわゆる大当り発生に対する遊技者の期待感を大きく高めることができるが、前述した実施例では、当否判定結果が特定当りとなるか、抽選に当選した場合(あるいは特別図柄の変動回数が所定値に達した場合など)に特定演出モードが開始されることとしているので、遊技者にとっては、特定演出モードが開始されそうか否かを判断することは難しい。これに対して、レベルゲージ27gに表示されたゲージの値が所定値に達すると特定演出モードが開始されることとしておけば、もうしばらく遊技を続けることで、特定演出モードが開始されそうか否かを容易に判断することができる。その結果、レベルゲージ27gがある程度の値に達していれば、遊技者は、もう少しで特定演出モードが開始されるのではないかと考えることになり、実際に特定演出モードを開始する前の段階から、遊技者の興趣を大きく高めることが可能となる。
尚、こうしたレベルゲージ27gを表示する場合、特定当りが発生すれば、ゲージの値が所定値(例えばFULL)に達していなくても特定演出モードを開始することも可能であるが、次のようにしても良い。すなわち、通常遊技状態(第1モード)における特定当りの発生時にゲージの値が所定値に達していなければ、特定当りが発生したとしても特定演出モードを開始することなく、演出表示装置27の表示態様を通常遊技状態(第1モード)と同じ状態としておき、その後、大当りが発生することなくレベルゲージ27gの値が所定値に達した時点で、遊技状態が第3モードに移行している可能性があることを示唆する特定演出モードを開始することとしても良い。こうすれば、レベルゲージ27gの値が低いのに特定演出モードが開始されることがないので、特定演出モードに対するレベルゲージ27gの信頼度を高めることができる。その結果、レベルゲージ27gの表示がある程度の値に達していれば、遊技者の興味を、より一層強く遊技に向かわせることが可能となり、レベルゲージ27gの値が所定値に達して特定演出モードが開始されれば、上述した実施例と同様に、大当り発生に対する遊技者の期待感を大きく高めることができる。
D−3.第3の変形例 :
また、上述した実施例では、特別図柄の変動表示が行われる度に、主制御基板200からは特別図柄の変動パターン指定コマンドと、特別図柄停止情報指定コマンド、図柄停止コマンドが出力されるものとして説明した。しかし、上述したように、本実施例の遊技機1では、図9を用いて前述したように、確変機能、普通電動役物の開口時間延長機能、および時短機能が何れも作動した状態(図18に示した第4モードの遊技状態)と、普通電動役物の開口時間延長機能、および時短機能が作動した状態(図18の第2モードの遊技状態)、確変機能のみが作動した状態(図18の第3モードの遊技状態)、何れの機能も作動していない状態(図18の第1モードの遊技状態)の4つの遊技状態を取り得る。
また、前述した第1の変形例の遊技機1では、通常当り後に開口時間延長機能および時短機能が作動しないから、図18に示す第1モード、第3モード、第4モードに対応する3つの遊技状態を取り得る。
そこで、現在の遊技状態が何れであるかを、主制御基板200に搭載されたRAM202に記憶しておき、特別図柄の変動表示が行われる度に、現在の遊技状態を示すコマンドを、主制御基板200から出力することとしても良い。尚、主制御基板200に搭載されたRAM202は、本願発明の「遊技状態情報記憶手段」の一態様を構成している。
このように特別図柄の変動表示時に遊技状態を示すコマンドを出力することとしておけば、たとえ遊技中に停電などで電源供給が突然止まった場合でも、遊技が再開されて特別図柄が変動表示された時点で、このコマンドが出力されるので、遊技再開後の比較的早い段階で、遊技状態を電源断発生時の状態に復帰させることが可能となる。
以上、本発明について各種の実施の形態を説明したが、本発明はこれに限定されるものではなく、各請求項に記載した範囲を逸脱しない限り、各請求項の記載文言に限定されず、当業者がそれらから容易に置き換えられる範囲にも及び、かつ、当業者が通常有する知識に基づく改良を適宜付加することができる。
例えば、上述した実施例では、特別図柄の当否判定によって「確変当り」と「特定当り」とを振り分けるものとして説明した。これに換えて、特別図柄の当否判定の結果が「確変当り」となった場合、その「確変当り」に対応する特別図柄の停止図柄を抽選により決定する際に、「確変当り図柄」と「特定当り図柄」の何れかに決定するようにして、「確変当り」と「特定当り」とを振り分けるようにしてもよい。つまり、上述した実施例では特別図柄当否判定用乱数によって「確変当り」と「特定当り」とを振り分けるものとしていたが、当否判定の結果に対応する特別図柄の停止図柄を決定する特別図柄決定乱数によって、「確変当り」と「特定当り」とを振り分けるようにしてもよい。
また、上述した実施例では、当り時における大入賞口開口時間と連続作動回数の設定を、図15に示した特別図柄変動パターン処理の中で行うものとして説明した。これに換えて、大入賞口開口時間と連続作動回数の設定を特別図柄遊技処理(図12、図13参照)の中で行ってもよい。この場合、図13のS358の処理の後に、条件装置の作動図柄が「確変当り図柄」、「通常当り図柄」、「特定当り図柄」の何れかであるかを判断するものとして、その判断結果に基づいて大入賞口開口時間と連続作動回数の設定をすることとすればよい。
1 …パチンコ機、
27 …演出表示装置(図柄表示手段)、
28 …図柄表示装置(図柄表示手段)、
200 …主制御基板(遊技状態制御手段、大入賞口開口手段、確率変動手段、開口時間延長手段、通常当り後遊技実行手段、確変当り後遊技実行手段、特定当り後遊技実行手段)
202 …RAM(遊技状態情報記憶手段)、
220 …サブ制御基板(演出表示手段)。

Claims (2)

  1. 遊技盤面に向かって遊技球を発射することにより遊技を行う遊技機において、
    遊技球の入球可能性が低い通常状態と、該通常状態よりも遊技球の入球可能性が高い開口状態とに切り換え可能な始動口と、
    遊技球が入球不可能な閉鎖状態と入球可能な開放状態とに切り換え可能な大入賞口と、
    前記始動口に遊技球が入球したことを契機として図柄を変動表示した後、何れかの図柄で停止表示する図柄表示手段と、
    前記図柄表示手段での前記図柄の変動表示および停止表示に合わせて演出用図柄による演出表示を行う演出表示手段と、
    前記図柄表示手段で所定の当り図柄が停止表示されると、前記閉鎖状態にある前記大入賞口を前記開放状態とする特別遊技を実行する特別遊技実行手段と、
    前記特別遊技の終了後、前記図柄表示手段で前記当り図柄が停止表示される確率を通常よりも高い確率とする確率変動手段と、
    前記特別遊技の終了後、前記始動口を開口状態とする時間を延長させる開口時間延長手段と、
    前記図柄表示手段で停止表示された前記当り図柄に応じて、前記特別遊技の終了後における前記確率変動手段および前記開口時間延長手段の作動制御を行う当り後遊技制御手段と、を備え、
    前記特別遊技実行手段は、
    前記図柄表示手段で前記当り図柄として通常当り図柄または確変当り図柄が停止表示されると、前記大入賞口を第1の開放時間にわたって開放させることで、前記大入賞口への遊技球の入球が容易となる第1の特別遊技を実行する第1の特別遊技実行手段と、
    前記図柄表示手段で前記当り図柄として特定当り図柄が停止表示されると、前記大入賞口を前記第1の開放時間よりも短い第2の開放時間だけ開放させることで、前記大入賞口への遊技球の入球が前記第1の特別遊技に比べて困難となる第2の特別遊技を実行する第2の特別遊技実行手段と、を含んで構成され、
    前記当り後遊技制御手段は、
    前記図柄表示手段で前記通常当り図柄が停止表示されたことを契機に実行される前記第1の特別遊技が終了すると、前記確率変動手段を作動させずに前記開口時間延長手段を作動させる遊技を実行する通常当り後遊技実行手段と、
    前記図柄表示手段で前記確変当り図柄が停止表示されたことを契機に実行される前記第1の特別遊技が終了すると、前記確率変動手段および前記開口時間延長手段を作動させる遊技を実行する確変当り後遊技実行手段と、
    前記図柄表示手段で前記特定当り図柄が停止表示されたことを契機に実行される前記第2の特別遊技が終了すると、該第2の特別遊技の実行契機となった前記特定当り図柄が停止表示されたときの前記開口時間延長手段の作動状態が作動中であった場合には、前記開口時間延長手段および前記確率変動手段を作動させる遊技を実行し、該第2の特別遊技の実行契機となった前記特定当り図柄が停止表示されたときの前記開口時間延長手段の作動状態が作動中でなかった場合には、前記開口時間延長手段を作動させずに前記確率変動手段のみを作動させる遊技を実行する特定当り後遊技実行手段と、を含んで構成され、
    前記演出表示手段は、
    前記図柄表示手段で前記特定当り図柄が停止表示される場合と、前記図柄表示手段で前記通常当り図柄、前記確変当り図柄および前記特定当り図柄の何れかが停止表示されることとは別の所定の演出条件が成立した場合とに、前記確率変動手段が作動しているかもしれないという印象を遊技者に与える特定演出表示を開始する
    ことを特徴とする遊技機。
  2. 請求項1に記載の遊技機において、
    前記演出表示手段は、
    前記特定演出表示の実行中に前記図柄表示手段で前記特定当り図柄が停止表示される場合に、前記確率変動手段が作動することを遊技者に報知するための確変昇格演出を実行する
    ことを特徴とする遊技機。
JP2010095642A 2005-05-13 2010-04-19 遊技機 Active JP4568890B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005141833 2005-05-13
JP2010095642A JP4568890B2 (ja) 2005-05-13 2010-04-19 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010095642A JP4568890B2 (ja) 2005-05-13 2010-04-19 遊技機

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005310010A Division JP4543239B2 (ja) 2005-05-13 2005-10-25 遊技機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010158557A true JP2010158557A (ja) 2010-07-22
JP4568890B2 JP4568890B2 (ja) 2010-10-27

Family

ID=42576143

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010095642A Active JP4568890B2 (ja) 2005-05-13 2010-04-19 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4568890B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016052438A (ja) * 2014-09-04 2016-04-14 株式会社三共 遊技機
JP2016052439A (ja) * 2014-09-04 2016-04-14 株式会社三共 遊技機
JP2016052440A (ja) * 2014-09-04 2016-04-14 株式会社三共 遊技機

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004121375A (ja) * 2002-09-30 2004-04-22 Okumura Yu-Ki Co Ltd 遊技機
JP2004154486A (ja) * 2002-11-08 2004-06-03 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2004229955A (ja) * 2003-01-31 2004-08-19 Heiwa Corp 遊技機
JP2004275407A (ja) * 2003-03-14 2004-10-07 Okumura Yu-Ki Co Ltd 遊技機
JP2004344646A (ja) * 2003-04-30 2004-12-09 Taiyo Elec Co Ltd 遊技機
JP2005160738A (ja) * 2003-12-02 2005-06-23 Heiwa Corp 遊技機およびその遊技システム

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004121375A (ja) * 2002-09-30 2004-04-22 Okumura Yu-Ki Co Ltd 遊技機
JP2004154486A (ja) * 2002-11-08 2004-06-03 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2004229955A (ja) * 2003-01-31 2004-08-19 Heiwa Corp 遊技機
JP2004275407A (ja) * 2003-03-14 2004-10-07 Okumura Yu-Ki Co Ltd 遊技機
JP2004344646A (ja) * 2003-04-30 2004-12-09 Taiyo Elec Co Ltd 遊技機
JP2005160738A (ja) * 2003-12-02 2005-06-23 Heiwa Corp 遊技機およびその遊技システム

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016052438A (ja) * 2014-09-04 2016-04-14 株式会社三共 遊技機
JP2016052439A (ja) * 2014-09-04 2016-04-14 株式会社三共 遊技機
JP2016052440A (ja) * 2014-09-04 2016-04-14 株式会社三共 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP4568890B2 (ja) 2010-10-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4710093B2 (ja) 弾球遊技機
JP2007021046A (ja) 弾球遊技機
JP2007037803A (ja) 弾球遊技機
JP3120088U (ja) 弾球遊技機
JP4848077B2 (ja) 弾球遊技機
JP4543159B2 (ja) 遊技機
JP2008029551A (ja) 弾球遊技機
JP4543239B2 (ja) 遊技機
JP4590605B2 (ja) 弾球遊技機
JP2007319406A (ja) 弾球遊技機
JP4568890B2 (ja) 遊技機
JP2006304870A (ja) 遊技機
JP4848082B2 (ja) 弾球遊技機
JP4736061B2 (ja) 弾球遊技機
JP4415119B2 (ja) 遊技機
JP5104988B2 (ja) 弾球遊技機
JP4710094B2 (ja) 弾球遊技機
JP5003647B2 (ja) 弾球遊技機
JP2007167582A (ja) 弾球遊技機
JP4946563B2 (ja) 遊技機
JP5370464B2 (ja) 弾球遊技機
JP2010046513A (ja) 弾球遊技機
JP5648708B2 (ja) 遊技機
JP5573871B2 (ja) 遊技機
JP4914911B2 (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100510

A871 Explanation of circumstances concerning accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A871

Effective date: 20100514

TRDD Decision of grant or rejection written
A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20100621

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100623

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100721

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Ref document number: 4568890

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130820

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130820

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130820

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250