JP2008029551A - 弾球遊技機 - Google Patents

弾球遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP2008029551A
JP2008029551A JP2006205572A JP2006205572A JP2008029551A JP 2008029551 A JP2008029551 A JP 2008029551A JP 2006205572 A JP2006205572 A JP 2006205572A JP 2006205572 A JP2006205572 A JP 2006205572A JP 2008029551 A JP2008029551 A JP 2008029551A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
game
time
symbol
opening
special symbol
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2006205572A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4736053B2 (ja
Inventor
Hideaki Akao
秀明 赤尾
Kenichi Itakura
賢一 板倉
Original Assignee
Taiyo Elec Co Ltd
タイヨーエレック株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Taiyo Elec Co Ltd, タイヨーエレック株式会社 filed Critical Taiyo Elec Co Ltd
Priority to JP2006205572A priority Critical patent/JP4736053B2/ja
Publication of JP2008029551A publication Critical patent/JP2008029551A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4736053B2 publication Critical patent/JP4736053B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】デジパチ機および羽根物の遊技性を併せ持ちながら、遊技を複雑化させずに遊技者の興趣を高めることが可能な遊技機を提供する。
【解決手段】図柄表示装置で第1の当り図柄が停止表示されると特別遊技が開始され、特別遊技の終了後は始動口の開口時間が延長状態となる。また、第2の当り図柄が停止表示された場合には特定入球口が開口し、開口した特定入球口から入球した遊技球が特定領域を通過すると特別遊技が開始される。更に、第3の当り図柄が停止表示された場合には、短時間だけ大入賞口が開口する特定遊技が開始され、特定遊技の終了後も始動口の開口時間が延長状態となる。こうすれば、第3の当り図柄が停止表示されると、遊技者にとっては、突然、始動口に遊技球が入球し易い有利な遊技状態が開始されたように感じられるようになるので、遊技者の興趣を効果的に盛り上げることが可能となる。
【選択図】図30

Description

本発明は、複数の入球口が設けられた遊技盤面上に向かって遊技球を発射することにより遊技を行うパチンコ機などの弾球遊技機に関する。
遊技盤面上に向かって遊技球を発射することにより遊技を行う弾球遊技機には、種々のタイプの遊技機が知られている。例えば、いわゆるデジパチ機と呼ばれるタイプの弾球遊技機では、遊技盤面上に、始動口と呼ばれる入賞口と、図柄を変動表示させた後に何れかの図柄を停止表示させる図柄表示装置とが設けられており、始動口に遊技球が入球すると図柄の変動表示を開始して、所定の当り図柄が停止表示されると、大当りと呼ばれる特別遊技が開始されるようになっている。
また、いわゆる羽根物と呼ばれるタイプの弾球遊技機では、始動口とセンター役物(中央装置と呼ばれることもある)とが遊技盤面上に設けられており、始動口に遊技球が入球すると、センター役物に設けられた羽根が開放状態となり、そこからセンター役物内に遊技球が入球可能な状態となる。そして、センター役物内には遊技球が通過可能な特定領域が設けられており、センター役物内に入球した遊技球が特定領域を通過すると、大当り遊技と呼ばれる特別遊技が開始されるようになっている。
更に今日では、デジパチ機の遊技性と、羽根物の遊技性とを併せ持った弾球遊技機も提案されている(特許文献1、特許文献2)。
特開2000−33141号公報 特開2005−6858号公報
しかし、提案されている弾球遊技機では、全く遊技性の異なる2つのタイプの特徴を併せ持つ関係上、遊技が複雑となり、遊技者にとっては、遊技の仕方が分かり難くなってしまうという問題があった。また、デジパチ機と羽根物との特徴を併せ持つために、遊技機の構造および制御が複雑となる割には、遊技者の興趣を効果的に高めることが難しいという問題があった。
この発明は、従来の技術における上述した課題を解決するためになされたものであり、デジパチ機の遊技性と、羽根物の遊技性とを併せ持つにも関わらず、遊技が複雑化することがなく、遊技者の興趣を効果的に高めることが可能な弾球遊技機を提供することを目的とする。
上述した課題の少なくとも一部を解決するために、本発明の弾球遊技機は次の構成を採用した。すなわち、
遊技球の入球可能な複数の入球口が設けられた遊技盤に向かって、遊技球を発射することにより遊技を行う弾球遊技機において、
遊技球の入球し得る通常状態と、該通常状態よりも入球の容易な開口状態とに切り換え可能な所定の入球口である始動口と、
遊技球の入球し得ない閉鎖状態と、遊技球の入球し得る開口状態とに切り換え可能な所定の入球口である大入賞口と、
前記閉鎖状態と開口状態とに切り換え可能に構成され、遊技球の通過可能な特定領域が内部に設けられた所定の入球口である特定入球口と、
前記始動口に遊技球が入球すると、遊技の進行に関わる抽選を行う抽選手段と、
前記始動口に遊技球が入球したことを契機として図柄の変動表示を行い、前記抽選の結果に応じた図柄で停止表示する図柄表示装置と、
前記図柄表示装置で第1の当り図柄が停止表示された場合には、前記大入賞口を所定の第1の態様で開口させることによって、遊技者に有利な遊技状態である特別遊技を開始する第1の特別遊技開始手段と、
前記図柄表示装置で第2の当り図柄が停止表示された場合には、前記特定入球口を開口状態とし、該特定入球口に入球した遊技球が前記特定領域を通過すると、前記大入賞口または特定入球口を開口させることによって、前記特別遊技を開始する第2の特別遊技開始手段と、
遊技中に所定の条件が成立すると、所定時間だけ前記始動口を開口状態とする始動口開口手段と、
前記特別遊技の終了後、前記図柄表示装置で図柄が停止表示される回数が所定回数に達するまで、前記始動口の開口時間を延長状態とする開口時間延長手段と
を備え、
前記第1の特別遊技開始手段は、前記図柄表示装置で第3の当り図柄が停止表示された場合には、前記大入賞口の開口時間が前記第1の態様よりも短い所定の第2の態様で、該大入賞口を開口させることにより特定遊技を開始し、
前記開口時間延長手段は、前記特定遊技の終了後も、前記図柄表示装置で図柄が停止表示される回数が所定回数に達するまで、前記始動口の開口時間を延長状態とすることを特徴とする。
かかる本発明の弾球遊技機においては、図柄表示装置で第1の当り図柄が停止表示されて特別遊技が開始されると、特別遊技の終了後は、始動口の開口時間が延長状態となる。また、図柄表示装置で第2の当り図柄が停止表示された場合には、特定入球口が開口状態となり、開口した特定入球口から入球した遊技球が特定領域を通過すると特別遊技が開始される。更に、図柄表示装置で第3の当り図柄が停止表示された場合には、第1の当り図柄が停止表示された場合に行われる特別遊技よりも、短時間だけ大入賞口が開口する特定遊技が開始され、そして特定遊技の終了後も、特別遊技の終了後と同様に、始動口の開口時間が延長状態となる。
第3の当り図柄が停止表示された場合に行われる特定遊技は、第1の当り図柄が停止表示された場合に行われる特別遊技よりも、大入賞口の開口時間が短く設定されているので、特定遊技は特別遊技とは異なり、遊技者に気付かれないまま短時間で終了してしまう。そして、特定遊技の終了後は始動口の開口時間が延長されるので、始動口に遊技球が入球し易くなり、遊技者にとっては有利な遊技状態となる。結局、図柄表示装置で第3の当り図柄が停止表示されると、遊技者にとっては、突然、始動口に遊技球が入球し易い有利な遊技状態が開始されたように感じられるようになるので、遊技者の興趣を効果的に盛り上げることが可能となる。
また、本発明の弾球遊技機においては、始動口の開口時間が延長状態とされている間は、図柄表示装置で図柄が変動表示される時間も延長されるようにしてもよい。
特定入球口は、図柄表示装置での図柄の変動表示が停止表示されてから開口状態となるので、図柄の変動表示時間が延長されれば、その分だけ、始動口に遊技球が入球してから、特定入球口が開口するまでの時間が長くなる。このため遊技者は、始動口に遊技球が入球した段階で、次のような判断を行うことが可能となる。すなわち、始動口へ遊技球が入球したことで、仮に特定入球口が開口した場合、開口した特定入球口に遊技球を入球させて特別遊技状態を開始することを狙うか、あるいはその特定入球口には遊技球を入球させず、もう一度、始動口に遊技球を入球させて第1の当り図柄を停止させることにより特別遊技状態を開始することを狙うかを、遊技状態に応じて判断することが可能となる。その結果、遊技者は、特定入球口に遊技球を入球させるか否かを判断しながら遊技を進めることができるので、より能動的に遊技に参加することが可能となり、遊技の興趣を大きく盛り上げることが可能となる。
加えて、始動口に遊技球が入球してから、特定入球口が開口するまでの時間が長くなることから、始動口に遊技球が入球した場合には、特定入球口が開口する時期を狙って遊技球を発射することも可能となる。従って、単に遊技球を発射し続けるのとは異なり、タイミングを計って遊技球を発射することも可能となるため、その意味でも遊技者が、遊技により能動的に参加することができるので、遊技に対する興趣を盛り上げることが可能となる。
また、上述した本発明の弾球遊技機においては、開口時間延長手段の作動が開始されたことを遊技者に報知する演出を行うこととしてもよい。そして、かかる報知の演出を行うに際しては、次のように、開口時間延長手段の作動が開始された状況に応じて、適切な態様で報知の演出を行うこととしても良い。すなわち、開口時間延長手段が未作動の状態で行われていた遊技中に、特定遊技が行われた後、開口時間延長手段の作動が開始された場合には、所定の第1の態様で報知する演出を行う。これに対して、開口時間延長手段が作動した状態で行われていた遊技中に、特定遊技が行われた後、開口時間延長手段の作動が開始された場合には、所定の第2の態様で報知する演出を行うこととしてもよい。
前者の場合、すなわち、開口時間延長手段の作動していない状態で特定遊技が開始され、特定遊技の終了後に開口時間延長手段が作動を開始した場合は、遊技者は、開口時間延長手段が突然に作動を開始したように感じられる。これに対して後者の場合、すなわち、開口時間延長手段の作動中に特定遊技が開始され、その特定遊技の終了後に開口時間延長手段が作動を開始した場合には、遊技者は、開口時間延長手段の作動する期間が伸びたように感じられる。このように、開口時間延長手段の作動が開始される点では同じでも、作動が開始される状況によって、遊技者に与える印象が異なっている。そこで、開口時間延長手段の作動が開始されたことを、それぞれの状態に応じて適した態様で報知する演出を行うことで、始動口に遊技球が入球し易い有利な遊技状態が開始されたことをより一層強く遊技者に印象付けることが可能となり、その結果、遊技者の興趣をより一層効果的に盛り上げることが可能となる。
また、こうした本発明の弾球遊技機において、図柄表示装置で図柄が停止表示される回数が所定回数に達する前に、特定遊技が開始された場合には、次のようにしても良い。すなわち、特定遊技が開始された時点で未消化のまま残っていた停止表示回数と、新たに開始された特定遊技に伴う所定回数とを加えた停止表示回数を算出し、特定遊技の終了は、図柄表示装置で図柄が停止表示される回数が、算出された停止表示回数に達するまで、始動口の開口時間を延長状態としても良い。
始動口の開口時間が延長されている状態で特定遊技が開始された場合、始動口に遊技球が入球し易くなる期間を、図柄表示装置で図柄が停止表示される回数がその特定遊技に伴う所定回数に達するまでとしただけでも、多くの場合は、始動口に遊技球が入球し易い期間が延長されるので、遊技者の興趣を高めることができるが、このように、未消化のまま残っていた停止表示回数に、新たに開始された特定遊技に伴う所定回数を上乗せしてやれば、遊技者に有利な期間が更に延長されることになるので、遊技者の興趣をより一層盛り上げることが可能となる。
以下では、上述した本願発明の内容を明確にするために、次のような順序に従って実施例を説明する。
A.パチンコ機の装置構成:
A−1.装置前面側の構成:
A−2.遊技盤の構成:
A−3.制御回路の構成:
B.遊技の概要:
C.遊技制御の概要:
C−1.普通図柄関連の処理:
C−2.普通電動役物関連の処理:
C−3.特別図柄関連の処理:
C−4.小当り遊技関連の処理:
C−5.大当り遊技関連の処理:
D.遊技状態の演出態様:
E.変形例:
A.パチンコ機の装置構成 :
A−1.装置前面側の構成 :
図1は、本実施例の遊技機1の正面図である。図1に示すように、遊技機1の前面部は、大きくは、前面枠4、上皿部5、下皿部6、遊技盤10などから構成されている。なお、図1では遊技盤10の詳細な図示を省略している。前面枠4は、図示しない中枠3に取り付けられており、中枠3は図示しない本体枠2に取り付けられている。中枠3はプラスチック材料で成形されており、本体枠2の内側に取り付けられている。本体枠2は、木製の板状部材を組み立てて構成された略長方形の枠体であり、遊技機1の外枠を形成している。前面枠4の一端は、中枠3に対して回動可能に軸支されており、中枠3の一端は本体枠2に対して回動可能に軸支されている。遊技盤10は、中枠3の前面側に着脱可能に取り付けられており、その前面側が前面枠4で覆われている。
前面枠4は、プラスチック材料で成形されており、略中央部には、円形状の開口部4aが形成されている。この開口部4aにはガラス板等の透明板がはめ込まれており、奥側に配置される遊技盤10の盤面が視認可能となっている。また、前面枠4には、遊技効果を高めるための各種ランプ類4b〜4fが設けられている。
前面枠4の下方には、上皿部5が設けられており、上皿部5の下方には下皿部6が設けられている。また、前面枠4の右側には施錠装置9が設けられており、前面枠4の左側にはプリペイドカード式の球貸装置13(CRユニット)が設けられている。
上皿部5には、皿状の凹部と、凹部を取り巻くように形成された皿外縁部5aとが設けられている。遊技球は、上皿部5に形成された凹部に投入されて、発射装置ユニット12(図5参照)に供給される。また、皿外縁部5aには、遊技球の球貸スイッチ5b、返却スイッチ5c、投入した遊技球を排出するための排出ボタンなど、各種のボタン類が設けられている。さらに、上皿部5の略中央部には複数の長孔とその上部に多数の小穴が形成された第1スピーカ5yが設けられている。更に、上皿部5の手前側(遊技者側)には、2つの操作スイッチSW1,SW2が設けられている。遊技者は、このスイッチを押すことによって、遊技中に遊技条件を変更するなど、遊技の進行に介入することが可能となっている。
下皿部6には、遊技機1の内部から遊技球を排出するための排出口6aが設けられており、排出された遊技球は下皿部6内に貯留される。また、下皿部6の下面の左右には、第2スピーカ6cが設けられている。
下皿部6の右端には発射ハンドル8が設けられている。発射ハンドル8には、遊技者がハンドルに触れていることを検出するタッチスイッチ8aが設けられている。発射ハンドル8の回転軸は、下皿部6の奥側に搭載された図示しない発射装置ユニット12に接続されており、遊技者が発射ハンドル8を回転させると、その動きが発射装置ユニット12に伝達され、ユニットに内蔵された図示しない発射モータが回転して、回転角度に応じた強さで遊技球が発射される。発射ハンドル8の左側面には、遊技者が操作して遊技球の発射を一時的に停止する発射停止スイッチ8bが配置されている。
A−2.遊技盤の構成 :
図2は、遊技盤10の盤面構成を示す説明図である。前述したように、遊技盤10は中枠3の前面側に着脱可能に取り付けられている。図2に示すように、遊技盤10の中央には、外レール14と内レール15とによって囲まれた略円形状の遊技領域11が形成されており、遊技領域11の中央には、中央装置100が搭載されている。詳細には後述するが、本実施例の中央装置100には、1組の可変入球口と、演出表示装置と、振り分け装置と、特定領域と、非特定領域などが設けられている。
また、中央装置100の下方には、3つの始動口17,18,19が設けられており、これら始動口の内部には、遊技球の入球を検出するための始動口スイッチ17s,18s,19sが設けられている。これら3つの始動口17,18,19のうち、中央に位置する始動口17は、左右に開閉可能な一対の翼片部と、翼片部を作動させるための普通電動役物(始動口)ソレノイド17m(図5参照)とを備えたいわゆるチューリップ式の始動口となっている。一対の翼片部が左右に開くと、遊技球の入球可能性が大きくなる開口状態となり、一対の翼片部が直立して、遊技球の入球可能性が小さくなる通常状態となる。
更に、このチューリップ式の始動口17の下方には、大入賞口31dが設けられている。大入賞口31dは、後述する所定の条件が成立すると、大入賞口ソレノイド31m(図5参照)によって駆動されて開口状態となる。この結果、遊技球が高い確率で大入賞口31dに入球することとなり、遊技者にとって有利な遊技状態である大当り遊技状態が開始される。また、大入賞口31dの内部には、大入賞口スイッチ31sが設けられており、大入賞口31dに入賞した遊技球を検出することが可能となっている。
中央装置100の左下には、変動表示装置28が設けられている。詳細な構成については後述するが、変動表示装置28では普通図柄や特別図柄などを変動停止表示することが可能となっている。
遊技領域11の左側には、左入賞口16aと普通図柄作動左ゲート36aとが設けられており、左入賞口16aの内部には遊技球の入球を検出する入賞口スイッチ16sが設けられ、普通図柄作動左ゲート36aの内部には、遊技球の通過を検出するゲートスイッチ36sが設けられている。同様に、遊技領域11の右側には、右入賞口16bと普通図柄作動右ゲート36bとが設けられており、右入賞口16bの内部には遊技球の入球を検出する入賞口スイッチ16tが設けられ、普通図柄作動右ゲート36bの内部には、遊技球の通過を検出するゲートスイッチ36tが設けられている。更に、普通図柄作動左ゲート36aの上方には、左ランプ風車24aが設けられ、普通図柄作動右ゲート36bの上方には、右ランプ風車24bが設けられ、これら各種の装置の間および周辺には、図示しない多数の障害釘が設けられている。
遊技盤10の下方にはアウト口48が設けられ、そのアウト口48の下部にはバック球防止部材58が設けられている。バック球防止部材58は、遊技領域11に到達せず戻ってきた遊技球が再び発射位置に戻ることを防止する機能を有している。
図3は、本実施例の中央装置100の構成を概念的に示す説明図である。図示されているように、中央装置100の上部両側面には、一対の羽根部材102a,102bが開閉可能に搭載されている。この羽根部材102a,102bは図示しないリンク機構を介して羽根ソレノイド102m(図5参照)に接続されており、羽根ソレノイド102mを駆動することによって開閉可能に構成されている。そして、羽根部材102a,102bによって構成される可変入球口102の開口中は、遊技盤10上を流下する遊技球を中央装置100の内部に取り込むことが可能となっている。
中央装置100の内部に取り込まれた遊技球は、中央装置100のほぼ中央に設けられた振り分け装置としてのクルーン136に導かれる。クルーン136は、円形で中央が凹んだ皿状に形成されており、クルーン136に導かれた遊技球は、この凹んだ形状の上面を旋回するようになっている。また、クルーン136の凹んだ形状の上面には、遊技球の入球可能なクルーン穴が3つ設けられており、それぞれのクルーン穴は、クルーン136の下面に設けられた排出口137a、137b、137cに、それぞれ内部で接続されている。そして、中央装置100の内部に取り込まれた遊技球は、クルーン136の上面を旋回して、何れかのクルーン穴に捕捉され、内部で接続されている対応した排出口137a,137b,137cから排出される。
また、図3に示すように、排出口137a,137b,137cの下方には、誘導通路111a,111bが設けられており、排出口137aから排出された遊技球は、誘導通路111aによって特定領域141aに導かれた後、特定領域141aの下流に設けられた特定領域通過センサ141cによって遊技球の通過が検出される。これに対して、排出口137bまたは排出口137cの何れかから排出された遊技球は、誘導通路111bによって非特定領域141bに導かれた後、非特定領域141bの下流に設けられた非特定領域通過センサ141dによって遊技球の通過が検出されるようになっている。
更に、クルーン136の上方には、ドットマトリックス画面あるいは液晶画面によって構成された演出表示装置127が設けられている。詳細に後述するが、演出表示装置127では、遊技の進行に伴って、種々の表示を行うことにより遊技を演出することが可能となっている。
図4は、本実施例の遊技機1に搭載された変動表示装置28の構成を示す説明図である。本実施例の変動表示装置28は、大きくは、普通図柄表示部29と、特別図柄表示部30とから構成されている。普通図柄表示部29は、左普通図柄表示部29aと右普通図柄表示部29bとから構成されており、特別図柄表示部30は、左特別図柄表示部30aと右特別図柄表示部30bとから構成されている。2つの普通図柄表示部29a,29bは、発光ダイオード(LED)を用いて構成されており、左普通図柄表示部29aは赤色の光を点灯し、右普通図柄表示部29bは緑色の光を点灯することが可能となっている。また、特別図柄表示部30には、いわゆる7セグメントLEDが用いられており、このうちの7セグメント部分が左特別図柄表示部30aを構成し、コンマ部分が右特別図柄表示部30bを構成している。この7セグメント部分およびコンマ部分は、赤色、橙色、緑色のいずれかの光を点灯可能となっている。また、変動表示装置28には、普通図柄保留表示部29c、および特別図柄保留表示部30cも設けられている。これらは、それぞれ4つのLEDで構成されている。このような構成を有する変動表示装置28の表示内容については後述する。
A−3.制御回路の構成 :
次に、本実施例の遊技機1における制御回路の構成について説明する。図5は、本実施例の遊技機1における制御回路の構成を示したブロック図である。図示されているように遊技機1の制御回路は、多くの制御基板や、各種基板、中継端子板などから構成されているが、その機能に着目すると、遊技の基本的な進行や賞球に関わる当否についての制御を司る主制御基板200と、演出表示装置127やランプ、スピーカを用いた遊技の演出の制御を司るサブ制御基板220と、貸球や賞球を払い出す動作の制御を司る払出制御基板240と、遊技球の発射に関する制御を司る発射制御基板260などから構成されている。これら制御基板は、各種論理演算および算出演算を実行するCPUや、CPUで実行される各種プログラムやデータが記憶されているROM、プログラムの実行に際してCPUが一時的なデータを記憶するRAM、周辺機器とのデータのやり取りを行うための周辺機器インターフェース(PIO)、CPUが演算を行うためのクロックを出力する発振器、CPUの暴走を監視するウォッチドッグタイマ、定期的に割り込み信号を発生させるCTC(カウンター・タイマ・サーキット)など、種々の周辺LSIがバスで相互に接続されて構成されている。また、図6中に示した矢印の向きは、データあるいは信号を入出力する方向を表している。
図示されているように主制御基板200は、始動口スイッチ17s,18s,19sや、大入賞口スイッチ31s、入賞口スイッチ16s,16t、ゲートスイッチ36s,36t、特定領域通過センサ141cや、非特定領域通過センサ141dなどから遊技球の検出信号を受け取って、遊技の基本的な進行や賞球に関わる当否を決定した後、サブ制御基板220や、払出制御基板240、発射制御基板260などに向かって、各種の動作を指令するコマンドを出力する。また、主制御基板200には、始動口17に設けられた一対の翼片部を開閉させるための普通電動役物ソレノイド17mや、大入賞口31dを開閉させるための大入賞口ソレノイド31m、中央装置100に設けられた一対の羽根部材102a,102bを開閉するための羽根ソレノイド102m、更には、普通図柄や特別図柄の変動停止表示を行う変動表示装置28などが中継端子板を介して接続されており、これら各種ソレノイド17m,31m、102m、変動表示装置28に向かって信号を出力することにより、動作の制御も行っている。
サブ制御基板220は、主制御基板200からのコマンドを受け取ると、コマンドの内容を解析して、演出の内容を決定する。そして、その結果に応じて、演出表示装置127に図柄を表示したり、各種のスピーカ5y、6cを駆動するアンプ基板224、装飾用の各種LEDやランプを駆動する装飾駆動基板226に駆動信号を出力することによって、遊技の演出を行う。
払出制御基板240は、いわゆる貸球や賞球の払い出しに関する各種の制御を司っている。例えば、遊技者が前述した上皿部5に設けられた球貸スイッチ5bや返却スイッチ5cを操作すると、この信号は、球貸表示基板242から中継端子板を介して、球貸装置13に伝達される。球貸装置13は、払出制御基板240とデータをやり取りしながら、貸球の払出を行う。また、主制御基板200が賞球の払出コマンドを出力すると、このコマンドを払出制御基板240が受け取って、払出モータ109mに駆動信号を出力することによって賞球の払い出しが行われる。
B.遊技の概要 :
次に、上述した構成を有する本実施例の遊技機1で行われる遊技の概要について簡単に説明しておく。
本実施例の遊技機1では、次のようにして遊技が行われる。先ず、遊技者が上皿部5の凹部に遊技球を投入して発射ハンドル8を回転させると、上皿部5に投入された遊技球が、1球ずつ発射装置ユニット12に供給されて、図2を用いて前述した遊技領域11に発射される。遊技球を打ち出す強さは、発射ハンドル8の回転角度によって調整することが可能となっており、遊技者は発射ハンドル8の回転角度を変化させることによって、遊技球の狙いを付けることができる。
発射した遊技球が、遊技領域11の左右に設けられた普通図柄作動左ゲート36a、または普通図柄作動右ゲート36bの何れかを通過すると、変動表示装置28において普通図柄の変動表示が開始される。図4を用いて前述したように、変動表示装置28には左普通図柄表示部29aと、右普通図柄表示部29bとが設けられている。左普通図柄表示部29aは赤色の光を点灯可能に構成されており、右普通図柄表示部29bは緑色の光を点灯可能に構成されている。普通図柄の変動表示が開始されると、左右の普通図柄表示部29a,29bが点滅表示を行う。
図6は、普通図柄が変動表示している様子を概念的に示した説明図である。変動表示中の普通図柄は、図示されている4つの状態を取ることができる。先ず、図6(a)に示した状態は、左普通図柄表示部29aが点灯して、右普通図柄表示部29bが消灯している状態を表している。図6(b)は、左普通図柄表示部29aおよび右普通図柄表示部29bがいずれも点灯した状態を表している。図6(c)は、左普通図柄表示部29aが消灯し、右普通図柄表示部29bが点灯した状態を表しており、図6(d)は、左普通図柄表示部29aおよび右普通図柄表示部29bがいずれも消灯した状態を表している。普通図柄の変動表示中は、これら4つの表示状態が速い速度で次々と切り換わる態様で表示され、そして、所定時間が経過すると、4つの表示状態のいずれかの状態で停止表示される。このとき、所定の表示状態で停止表示されると、いわゆる普通図柄の当りとなって、3つ設けられた始動口17,18,19の中の真ん中の始動口17が、所定時間(例えば0.5秒間)だけ開口状態となる。本実施例では、図6(c)に示した表示状態、すなわち、左普通図柄表示部29aが消灯して右普通図柄表示部29bが点灯している状態が、普通図柄の当りに設定されている。
尚、普通図柄の変動表示中に遊技球が普通図柄作動左ゲート36aまたは普通図柄作動右ゲート36bを通過した場合は、この遊技球の通過が保留数として蓄えられて、現在の普通図柄の変動表示が終了後に、変動表示が行われる。普通図柄の保留は最大4個まで蓄えることが可能となっており、蓄えられている普通図柄の保留数は、普通図柄保留表示部29c(図4参照)に表示される。
次いで、3つの始動口17,18,19の何れかに遊技球が入球すると、今度は、特別図柄の変動表示が開始される。尚、3つの始動口17,18,19の何れかに遊技球が入球した場合でも特別図柄の変動表示が開始されるが、中央の始動口17は、普通図柄が当り図柄で停止表示されると所定時間だけ開口され、開口中は左右の始動口18,19よりも遊技球が入球し易くなる。特別図柄は、図4を用いて説明したように特別図柄表示部30によって表示される。尚、前述したように、本実施例の特別図柄表示部30は、7セグメントLEDからなる左特別図柄表示部30aと、コンマ部分の右特別図柄表示部30bから構成されており、これら左右の特別図柄表示部30a,30bは、赤色、橙色、緑色のいずれかで点灯可能となっている。
図7は、特別図柄が変動表示している様子を概念的に示した説明図である。特別図柄の変動表示中は、左特別図柄表示部30aでは、「A」または「Y」のいずれかの図柄が表示され、右特別図柄表示部30bではコンマ「.」が表示される。また、左特別図柄表示部30aの「A」および「Y」、右特別図柄表示部30bのコンマ「.」は、赤色、橙色、緑色の3つの状態を取ることができる。本実施例の特別図柄表示部30では、これらの表示状態が組み合わされて、図7に示す12種類の状態を表示することが可能となっている。図中で7セグメントLEDあるいはコンマ部分に細かいハッチングが付されているのは、赤色の状態で点灯されていることを表している。また、少し粗いハッチングが付されているのは橙色の状態で点灯表示されていることを表しており、粗いハッチングが付されているのは緑色の状態で点灯表示されていることを表している。特別図柄の変動表示が開始されると、これら12種類の表示状態が速い速度で次々と切り換わる態様で表示され、所定時間が経過すると、いずれかの状態で停止表示される。
停止表示された図柄が「−」である場合は、特別図柄は外れとなるが、それ以外の図柄の組合せが停止表示された場合は特別図柄の当りとなる。すなわち、特別図柄が当りとなる図柄の組合せとしては、図7に示した12種類の図柄から、「−」を除いた10種類の組合せが存在することになる。
尚、特別図柄の変動表示中に遊技球が始動口17,18,19の何れかに入球した場合は、この遊技球の入球が特別図柄の保留数として蓄えられて、現在の特別図柄の変動表示が終了後に、変動表示が行われる。特別図柄の保留も最大4個まで蓄えることが可能となっており、蓄えられている特別図柄の保留数は、特別図柄保留表示部30c(図4参照)に表示される。
また、図7に示した特別図柄が当りとなる10種類の組合せのうち、実線で囲った2種類の組合せは、「通常大当り図柄」と呼ばれる組合せであり、変動表示された特別図柄が、この通常大当り図柄で停止すると、大入賞口31dが所定回数(本実施例では15回)だけ開口状態となる大当り遊技が開始される。大入賞口31dが開口状態となる大当り遊技では、遊技球が高い確率で入球するので、遊技者にとっては大変に有利な遊技状態と言うことができる。
図7中に一点鎖線で囲った組合せは「突然時短大当り図柄」と呼ばれる組合せであり、特別図柄がこの図柄で停止した場合にも、大入賞口31dが開口状態となる大当り遊技が開始される。もっとも、「通常大当り図柄」で停止した場合とは異なり、「突然時短大当り図柄」で停止した場合には、大入賞口31dがごく短時間だけ開口状態となる動作を、通常大当り図柄の場合よりも少ない回数(本実施例では2回)繰り返す態様で、大当り遊技が開始される。このような態様で行われた大当り遊技は、遊技球がほとんど入球しないので、大当り遊技を行っても遊技球の払い出しが行われず、しかも短時間で終了してしまうので、遊技者は、大当り遊技が行われたことに気が付かないまま終了してしまう。
これに対して、特別図柄が当りとなる10種類の組合せのうち、破線で囲った7種類の組合せは、「小当り図柄」と呼ばれる組合せであり、変動表示された特別図柄が、これら小当り図柄の組合せのいずれかで停止すると小当り遊技が開始される。小当り遊技では、図3に示した中央装置100に設けられた一対の羽根部材102a,102bが外側に開くことによって可変入球口102が開口状態となり、中央装置100の内部に遊技球を取り込み可能な状態となる。また、前述したように中央装置100の内部には、クルーン136が搭載されており、中央装置100の内部に取り込まれた遊技球は、クルーン136によって、特定領域141aまたは非特定領域141bの何れかに振り分けられる。そして、遊技球が特定領域141aを通過した場合には、大当り遊技が開始され、非特定領域141bを通過した場合には外れとなる。
尚、上述したように、変動表示装置28に設けられた特別図柄表示部30では、3つ設けられた始動口17,18,19の何れかに遊技球が入球すると特別図柄の変動表示が開始されることから、本実施例の変動表示装置28は、本発明における「図柄表示装置」の一態様を構成している。また、遊技者にとって有利な遊技状態である「大当り遊技」は、本発明の「特別遊技」に対応しており、大当り遊技が直ちに開始される当り図柄である「通常大当り図柄」は、本発明の「第1の当り図柄」に対応している。更に、小当り遊技が開始される当り図柄である「小当り図柄」は、本発明の「第2の当り図柄」に対応しており、小当り遊技が開始されると開口状態となる可変入球口102は、本発明の「特定入球口」に対応する。加えて、本実施例の「突然時短大当り図柄」は、本発明の「第3の当り図柄」の対応しており、特別図柄が「突然時短大当り図柄」で停止表示されると開始され短時間で終了する大当り遊技は、本発明の「特定遊技」に対応している。また、本実施例では、3つの始動口17,18,19が設けられているが、このうちのチューリップ式の始動口17が、本発明の「始動口」に対応している。
図8には、本実施例の遊技機1で行われる遊技の大まかな流れが示されている。図示されているように、始動口に遊技球が入球すると特別図柄の変動表示が開始され、特別図柄が大当り図柄(通常大当り図柄または突然時短大当り図柄)で停止表示された場合には、大入賞口31dが開口状態となって大当り遊技(または短時間で終了する大当り遊技)が開始される。このような遊技の流れは、いわゆる「デジパチ機」と呼ばれる遊技機と同様である。一方、始動口に遊技球が入球して特別図柄の変動表示が開始され、小当り図柄が停止表示された場合には、中央装置100に設けられた可変入球口102が開口状態となる。そして、開口状態となった可変入球口102から中央装置100の内部に取り込まれた遊技球が、中央装置100内の特定領域141aを通過した場合には大当り遊技が開始される。こうした遊技の流れは、いわゆる「羽根物」と呼ばれる遊技機と同じ流れとなっている。また、特別図柄が外れ図柄で停止表示された場合には、大当り遊技が開始されることなく、そのまま遊技が継続される。こうした遊技の流れは、「デジパチ機」と呼ばれる遊技機と同様である。更に、大当り遊技(短時間で終了する大当り遊技を含む)が終了すると、普通図柄の変動時間が短縮されるとともに、チューリップ式の始動口17の開口時間が延長状態となる「時短遊技」が開始される。
このように、本実施例の遊技機1は、始動口の遊技球が入球したことを受けて特別図柄の変動表示を行い、停止表示された図柄に応じて大当り遊技を行うという遊技の全体的な制御については、「デジパチ機」における制御とほぼ同様の制御になっている。その一方で、特別図柄が小当り図柄で停止表示された場合について見れば、「羽根物」における遊技とほぼ同様の遊技となっている。従って、本実施例では、デジパチ機の制御をベースとしながらも、一部の制御内容を変更することで、従来の羽根物と同様な遊技性を有する弾球遊技機を、比較的容易に遊技者に提供することが可能となっている。
C.遊技機の制御内容 :
以下では、上述した遊技を実現するために、本実施例の遊技機1が行っている制御内容について詳しく説明する。
C−1.遊技制御処理 :
図9は、主制御基板200に搭載されたCPU201が、遊技の進行を制御するために行う遊技制御処理の大まかな流れを示したフローチャートである。図示されているように、遊技制御処理では、賞球関連処理や、普通図柄に関連する処理、普通電動役物に関連する処理、特別図柄に関連する処理、小当り遊技に関連する処理、大当り遊技に関連する処理などの各処理が繰り返し実行されている。一周の処理に要する時間は、ほぼ4msecとなっており、従って、これら各種の処理は約4msec毎に繰り返し実行されることになる。以下、フローチャートに従って、主制御基板200に搭載されたCPU201が行う遊技制御処理について説明する。
主制御基板200に搭載されたCPU201は、遊技制御処理を開始すると、遊技球を賞球として払い出すための処理(賞球関連処理)を行う(S50)。かかる処理では、主制御基板200に接続された各種スイッチの中で、遊技球の入賞に関わるスイッチ(始動口スイッチ17s,18s,19sや、入賞口スイッチ16s,16t、大入賞口スイッチ31s、特定領域通過センサ141c、非特定領域通過センサ141dなど)について、遊技球が入球したか否かを検出する。そして、遊技球の入球が検出された場合には、払い出すべき賞球数を算出した後、払出制御基板240に向かって賞球数指定コマンドを出力する処理を行う。
払出制御基板240は、主制御基板200から出力された賞球数指定コマンドを受け取るとコマンドの内容を解釈し、その結果に従って、払出装置109に搭載された払出モータ109mに駆動信号を出力することにより、実際に賞球を払い出す処理を行う。
C−1.普通図柄関連の処理 :
主制御基板200のCPU201は、賞球関連処理(S50)に続いて、普通図柄遊技処理を行うか否か、すなわち普通図柄の変動停止表示を行うか否かを判断する処理を行う(S100)。図10は、普通図柄遊技処理を開始するか否かを判断するために行う処理(普通図柄遊技開始判断処理)の流れを示すフローチャートである。普通図柄遊技処理を開始するか否かの判断に当たっては、先ず初めに、普通図柄作動左ゲート36a、または普通図柄作動右ゲート36bの何れかを遊技球が通過したか否かを判断する(S102)。
遊技球が、左右いずれかの普通図柄作動ゲートを通過すると、ゲートに組み込まれたゲートスイッチ36s,36tによって通過を検知することができる。遊技球が何れかのゲートを通過している場合は(S102:yes)、普通図柄の保留数が4以上か否かを判断する(S104)。そして、保留数が4に達していなければ(S104:no)、普通図柄当否判定乱数を記憶して、普通図柄の保留数に1つを加算する(S106)。後述するように、普通図柄についての当否の判定は、こうして記憶された普通図柄当否判定乱数に基づいて行われる。一方、普通図柄の保留数が4に達している場合は(S104:no)、普通図柄の当否判定用乱数の取得は行わない。このことから、普通図柄当否判定乱数は、最大4つまで記憶することが可能となっている。
以上のようにして普通図柄の保留に関わる処理を終了したら、普通電動役物が作動中か否かを判断する(S108)。本実施例の遊技機1では、3つ設けられた始動口17,18,19の中の中央に設けられたチューリップ式の始動口17が普通電動役物に対応しており、普通電動役物が作動するとチューリップ式の始動口17が開口状態となる。普通電動役物は、普通図柄遊技を行った結果として作動する役物である。従って、普通電動役物が作動中であれば(S108:yes)、重ねて普通図柄遊技を開始する必要はないので、普通図柄遊技は開始しないと判断する(すなわち、S100:no)。一方、普通電動役物が作動中でない場合は(S108:no)、普通図柄遊技を開始すると判断する(S108:yes)。
図9に示した遊技制御処理のステップS100では、以上のようにして、普通図柄遊技を開始するか否かを判断する。そして、普通図柄遊技を開始すると判断した場合は(S100:yes)、以下に説明する普通図柄遊技処理を開始する(S150)。一方、普通図柄遊技を開始しないと判断した場合は(S100:no)、普通図柄遊技処理はスキップする。
図11は、遊技制御処理の中で行われる普通図柄遊技処理の前半部分の流れを示すフローチャートである。また、図12は、遊技制御処理の中で行われる普通図柄遊技処理の後半部分の流れを示すフローチャートである。普通図柄遊技処理を開始すると、先ず初めに、普通図柄が変動中か否かを判断する(S152)。普通図柄は、変動表示装置28に設けられた普通図柄表示部29において、図6に示した態様で変動表示される。普通図柄表示部29の変動表示は、主制御基板200に搭載されたCPU201の制御の下で行われており、従ってCPU201は、普通図柄が変動中か否かを容易に判断することができる。
普通図柄が変動中でないと判断された場合は(S152:no)、普通図柄が未だ変動していないか、若しくは変動表示後に停止図柄で停止表示されているかの何れかである。そこで、普通図柄の停止表示時間中であるか否かを判断する(S154)。そして、普通図柄の停止表示時間中では無いと判断された場合(S154:no)、すなわち、普通図柄が変動表示されておらず且つ普通図柄の停止図柄を表示中でもない場合は、普通図柄の保留数が「0」であるか否かを判断する(S156)。保留数が「0」でない場合、すなわち普通図柄の保留が残っている場合は(S156:no)、普通図柄の当否判定を行う(S158)。普通図柄の当否判定は、普通図柄の保留時に記憶しておいた普通図柄当否判定乱数(図10のS106参照)が、予め定めておいた当り値と一致するか否かを判断することによって行う。そして、記憶しておいた普通図柄当否判定乱数が当り値と一致していれば、普通図柄の当りと判断し、一致していなければ普通図柄の外れと判断する。
こうして普通図柄の当否判定を行ったら、主制御基板200のCPU201は、普通図柄の変動時間を設定する処理を開始する(S160)。普通図柄の変動時間は、通常の遊技状態では約30秒間に設定されるが、後述する変動時間短縮機能が作動すると、約2秒間に短縮される。そこで、S160では、変動時間短縮機能が作動しているか否かを確認し、その結果に応じて普通図柄の変動時間を設定する処理を行う。次いで、普通図柄の変動表示を開始するとともに(S162)、普通図柄保留数から1を減算した後(S164)、図9に示す遊技制御処理に復帰する。
これに対して、普通図柄保留数が0と判断された場合は(S156:yes)、普通図柄当否判定処理(S158)や、普通図柄変動時間設定処理(S160)、普通図柄の変動表示などを行うことなく、そのまま普通図柄遊技処理を終了して、図9に示す遊技制御処理に復帰する。
一方、普通図柄が変動中であると判断された場合は(S152:yes)、その普通図柄の変動表示を開始するに先立って、S160で設定した普通図柄の変動時間が経過したか否かを判断する(S166)。そして、未だ変動時間が経過していない場合は(S166:no)、そのまま普通図柄遊技処理を終了して、図9に示す遊技制御処理に復帰する。一方、変動時間が経過したと判断された場合は(S166:yes)、普通図柄を停止表示させた後(S168)、停止表示された普通図柄を遊技者が確認することができるように、普通図柄の停止表示時間を設定する(S170)。そして、普通図柄の停止表示時間が経過したか否かを判断し(S172)、停止表示時間が経過していない場合は(S172:no)、そのまま普通図柄遊技処理を終了して図9に示す遊技制御処理に復帰する。こうして遊技制御処理に一旦戻った場合には、再び図11の普通図柄遊技処理が行われる際に、普通図柄が停止表示中であると判断されて(S152:no、S154:yes)、普通図柄の停止表示時間が経過したか否かの判断が行われる(S172)。こうした判断を繰り返しているうちに、普通図柄の停止表示時間が経過したと判断された場合は(S172:yes)、今度は、停止表示された普通図柄が「当り図柄」か否かを判断する(図12のS174)。
そして、停止表示された普通図柄が当り図柄ではなかった場合、すなわち図6(a)、図6(b)、図6(d)の何れかに示した外れ図柄であった場合は(S174:no)、そのまま普通図柄遊技処理を終了して図9に示す遊技制御処理に復帰する。一方、停止表示された普通図柄が図6(c)に示した当り図柄であった場合は(S174:yes)、前述したように始動口17が所定時間だけ開口状態となるが、始動口17を開口させる前に、普通電動役物の開口時間延長機能が作動中か否かを判断する(S176)。ここで、前述したように普通電動役物とは、本実施例ではチューリップ式の始動口17のことであり、普通電動役物が作動すると所定時間だけ始動口17が開口状態となる。そして、普通電動役物の開口時間延長機能が作動すると、始動口17の開口時間が所定時間に延長される。また、この開口時間延長機能は、後述するように、大当り遊技が終了すると作動するようになっている。このことと対応して、普通図柄が当り図柄で停止表示された場合には、始動口(普通電動役物)17の作動時間を設定するべく、開口時間延長機能が作動中か否かを判断するのである。
そして、開口時間延長機能が作動中であると判断された場合には(S176:yes)、普通電動役物の作動時間を、開口時間延長機能が作動中である場合の延長された作動時間に設定し(S178)、一方、開口時間延長機能が作動中でなかった場合には(S176:no)、開口時間延長機能が作動中でない場合の通常の作動時間に設定する(S180)。そして、普通電動役物の作動を開始した後(S182)、図11および図12に示した普通図柄遊技処理を終了して、図9に示す遊技制御処理に復帰する。本実施例の遊技機1では、開口時間延長機能が作動中ではない通常状態の普通電動役物作動時間(すなわち、始動口17の開口時間)は約0.5秒間に設定されている。また、開口時間延長機能が作動すると、この作動時間が約4.5秒間に延長される。ここで、始動口17の開口回数(作動回数)は、設定される作動時間(開口時間)を超えなければ、1回であっても複数回であってもどちらでもよい。例えば、開口時間延長機能作動時の始動口17の作動時間(開口時間)が4.5秒であれば、始動口17の1回の開口動作における開口時間が4.5秒の形態であっても、1回の開口時間が1.5秒で開口動作を3回行う形態であってもよい。尚、普通電動役物を作動させて始動口17を開口状態とする処理は、主制御基板200が図11および図12に示した普通図柄遊技処理を実行する中で行われている。従って、本実施例の主制御基板200は、本発明における「始動口開口手段」に対応するものとなっている。
C−2.普通電動役物関連の処理 :
上述したように、普通図柄遊技処理では、普通図柄の変動表示が行われ、その結果、当り図柄で停止表示された場合には、普通電動役物の作動が開始される。そこで、図9に示した遊技制御処理では、普通図柄遊技処理から復帰すると、普通図柄遊技処理中で作動された普通電動役物の作動を停止するために行われる一連の処理(普通電動役物に関連する処理)を開始する。
普通電動役物に関連する処理では、先ず初めに、普通電動役物が作動中か否かを判断する(S190)。そして、普通電動役物が作動中でなかった場合には(S190:no)、停止している普通電動役物の作動を重ねて停止する処理は不要であるため、後述する普通電動役物停止処理(S200)はスキップする。一方、普通電動役物が作動中であった場合は(S190:yes)、以下に示すような普通電動役物停止処理を開始する(S200)。
図13は、普通電動役物停止処理の流れを示すフローチャートである。普通電動役物停止処理を開始すると、先ず初めに、普通電動役物作動時間が経過したか否かを判断する(S202)。前述したように、普通電動役物が作動すると、始動口17が所定時間だけ開口状態となるが、普通電動役物の作動時間(始動口17の開口時間)は、普通電動役物の作動を開始するに先立って、普通図柄遊技処理の中で予め設定されている(図12のS178,S180参照)。そこで、普通電動役物停止処理が開始されると、先ず初めに、普通電動役物の作動開始時に設定された普通電動役物作動時間が経過したか否かを判断するのである。そして、作動時間に達したと判断された場合は(S202:yes)、普通電動役物の作動を停止した後(S206)、普通電動役物遊技処理を終了して、図9の遊技制御処理に復帰する。
一方、普通電動役物の作動時間が経過していない場合は(S202:no)、普通電動役物に規定数の遊技球が入球したか否かを判断する(S204)。そして、規定数の入球があったと判断された場合にも(S204:yes)、普通電動役物の作動を停止して、図13に示した普通電動役物遊技処理を終了した後、図9の遊技制御処理に復帰する。すなわち、普通電動役物は、予め設定しておいた普通電動役物作動時間が経過するか(S202:yes)、若しくは普通電動役物に規定数の遊技球が入球したと判断された場合には(S204:yes)、作動を停止するようになっている(S206)。こうして普通電動役物が作動を停止すると、始動口17の開口状態は通常状態に戻る。
これに対して、普通電動役物の作動時間が所定時間に達しておらず(S202:no)、普通電動役物に入球した遊技球が規定数にも達していない場合は(S204:no)、普通電動役物を作動させたまま、図13に示した普通電動役物遊技処理を終了して、図9の遊技制御処理に復帰する。
C−3.特別図柄関連の処理 :
遊技制御処理では、普通電動役物停止処理から復帰すると、特別図柄に関連する処理を開始する。かかる処理では、後述する特別図柄遊技処理を行うための所定の条件を満足しているか否かを判断した後、所定の条件を満足していた場合には、特別図柄遊技処理を開始する。
図14は、特別図柄遊技処理を開始するか否かを判断するために行う処理(特別図柄遊技開始判断処理)の流れを示すフローチャートである。特別図柄遊技処理を開始するか否かの判断に当たっては、先ず初めに、3つの始動口17,18,19の何れかに遊技球が入球したか否かを判断する(S302)。前述したように、それぞれの始動口17,18,19の内部には、遊技球の入球を検出する始動口スイッチ17s,18s,19sが設けられており、遊技球が入球したことを検出することができる。
遊技球が何れかの始動口スイッチ17s,18s,19sを通過していれば(S302:yes)、特別図柄の保留数が4以上か否かを判断する(S304)。そして、保留数が4に達していなければ(S304:no)、特別図柄当否判定乱数を記憶して、特別図柄の保留数に1つを加算する(S306)。後述するように、特別図柄についての当否の判定は、こうして記憶された特別図柄当否判定乱数に基づいて行われ、特別図柄当否乱数が取得されると、その時点で、特別図柄の当否判定が決まってしまう。従って、特別図柄当否判定乱数を取得する処理は、特別図柄の当否判定を抽選によって決定していることと同等である。このことから、本実施例の遊技機1において特別図柄当否判定乱数を取得する処理を主制御基板200は、本発明の「抽選手段」に対応するものとなっている。一方、特別図柄の保留数が4に達している場合は(S304:no)、特別図柄の当否判定用乱数の取得は行わない。その結果、特別図柄当否判定乱数も、前述した普通図柄当否判定乱数と同様に、最大4つまで記憶することが可能となっている。
以上のようにして特別図柄の保留に関わる処理を終了したら、大当り遊技中(短時間で終了してしまう大当り遊技も含む)または小当り遊技中か否かを判断する(S308)。後述する特別遊技処理は、特別図柄を変動表示させ、所定の当り図柄で停止表示された場合には、当り図柄に応じて、大当り遊技あるいは小当り遊技を開始する処理である。そして、現在、大当り遊技あるいは小当り遊技を行っているのであれば、重ねて大当り遊技あるいは小当り遊技を開始する必要はない。そこで、特別図柄の保留に関わる処理を終了したら、大当り遊技中または小当り遊技中か否かを判断し(S308)、大当り遊技中でも小当り遊技中でも無かった場合は(S308:no)、後述する特別図柄遊技処理を開始すると判断する(すなわち、S300:yes)。一方、現在、既に大当り遊技中あるいは小当り遊技中であった場合は(S308:yes)、特別図柄遊技処理は開始しないと判断する(すなわち、S300:no)。
図15および図16は、特別図柄遊技処理の流れを示したフローチャートである。特別図柄遊技処理を開始すると、先ず初めに、特別図柄が変動中か否かを判断する(S322)。図4を用いて前述したように、本実施例の遊技機1では変動表示装置28に特別図柄表示部30が設けられており、特別図柄を変動表示可能となっている。
特別図柄表示部30の特別図柄が変動中でない場合は(S322:no)、特別図柄の停止図柄を表示させる停止表示時間中であるか否かを判断する(S324)。すなわち、特別図柄の変動表示が終了してしばらくの期間は、特別図柄が何れの図柄で停止表示されたかを遊技者が確認するために停止表示させる時間が設けられているので、この停止表示時間中か否かを判断するのである。特別図柄が変動表示されておらず且つ特別図柄の停止図柄を表示している停止表示時間も経過していることが確認された場合は(S324:no)、特別図柄の保留数が「0」であるか否かを判断する(S326)。前述したように特別図柄保留数は、遊技球が始動口17,18,19の何れかに入球した場合に設定され、上限値「4」に達するまで設定可能となっている。そして、特別図柄保留数が「0」である場合には(S326:yes)、そのまま特別図柄遊技処理を終了して図9に示す遊技制御処理に復帰する。一方、特別図柄保留数が「0」でない場合、換言すれば、特別図柄の保留が残っている場合は(S326:no)、特別図柄の当否判定を開始する(S330)。
図17は、特別図柄当否判定処理の前半部分の流れを示したフローチャートである。また、図18は、特別図柄当否判定処理の後半部分の流れを示したフローチャートである。図示するように、特別図柄当否判定処理を開始すると、先ず初めに、特別図柄当否判定乱数を読み出す処理を行う(S3300)。特別図柄当否判定乱数とは、図14を用いて前述した特別図柄遊技開始判断処理の中で、遊技球が始動口17,18,19の何れかに入球したと判断されると、特別図柄の保留数が4個に達するまで、4つを限度として取得される乱数である。図17に示した特別図柄当否判定処理では、先ず初めに、予め記憶しておいた特別図柄当否判定乱数を1つ読み出す処理を行う。
そして、読み出した特別図柄当否判定乱数に基づいて、大当りか否かを判断する(S3302)。主制御基板200に搭載されたROMの中には、特別図柄当否判定乱数の値と、当否判定結果とを対応付けた当否判定テーブルが記憶されており、特別図柄当否判定乱数から当否判定テーブルを参照することにより、大当りか否かを判断することができる。
図19は、特別図柄当否判定乱数と当否判定結果とを対応付けた当否判定テーブルを概念的に示した説明図である。図示した例では、特別図柄判定乱数は「0」〜「1023」までの範囲を採り得るものとして、読み出した特別図柄判定乱数「0」〜「2」の範囲に対しては当否判定結果として「大当り」が設定されており、特別図柄判定乱数「3」〜「1015」の範囲に対しては「小当り」が設定されており、その他の乱数範囲(すなわち「1016」〜「1023」)に対しては「外れ」の当否判定結果が設定されている。図17の特別図柄当否判定処理のS3302では、読み出した当否判定用乱数が「0」〜「2」の範囲にあるか否かを判断して、この範囲にあれば当否判定結果は「大当り」であると判断し(S3302:yes)、この範囲になかった場合は「大当り」ではないと判断する(S3302:no)。
そして、当否判定結果が大当りであったと判断された場合は(S3302:yes)、特別図柄表示部30に停止表示させる大当り図柄や、大当り遊技の態様などを決定するべく、大当り図柄決定乱数を取得する(S3304)。尚、本実施例では、大当り図柄決定乱数は「0」〜「255」の範囲を取り得る1バイトの乱数となっている。
次いで、取得した大当り図柄決定乱数に基づいて、大当り図柄や、大当り遊技のラウンド数、大当り遊技終了後に行われる時短遊技の遊技回数を決定する処理を行う(S3306)。図20は、大当り図柄決定乱数に基づいて、大当り図柄や、大入賞口31dの開口時間、大当り遊技のラウンド数、大当り遊技終了後の時短遊技回数などを決定するために参照される大当り遊技態様決定テーブルを概念的に示した説明図である。図示されているように、大当り遊技態様決定テーブルには、大当り図柄決定乱数に対応付けて、大当り図柄、大入賞口開口時間、大当り遊技ラウンド数、および時短遊技回数が設定されている。すなわち、大当り図柄決定乱数の取り得る範囲のうち、「0」〜「114」の範囲の乱数に対しては、赤色の「A」に赤色のコンマ「.」を組み合わせた図柄(以下では、赤「A」−赤「.」と略記する)が大当り図柄に設定されており、また、大入賞口31dの開口時間は25秒間、大当り遊技ラウンド数は15ラウンド、大当り遊技終了後に行われる時短遊技回数は100回が設定されている。また、「115」〜「229」の範囲にある大当り図柄決定乱数に対しては、大当り図柄は緑「Y」−緑「.」に設定されており、大入賞口31dの開口時間は25秒間、大当り遊技ラウンド数は15ラウンド、大当り遊技終了後に行われる時短遊技回数は50回に設定されている。
更に、「230」〜「255」の範囲にある大当り図柄決定乱数に対しては、大当り図柄は緑「Y」−赤「.」に設定されており、大入賞口31dの開口時間は0.2秒間、大当り遊技ラウンド数は2ラウンド、大当り遊技終了後に行われる時短遊技回数は100回に設定されている。つまり、S3304の処理で取得される大当り図柄決定乱数が「0」〜「229」までの値である場合、多量の賞球の払い出しを伴う大当り遊技を行った後に所定回数の時短遊技が行われる「大当り」となり、特別図柄表示部30に停止表示される赤「A」−赤「.」および緑「A」−緑「.」が「通常大当り図柄」となる。また、S3304の処理で取得される大当り図柄決定乱数が「230」〜「255」までの値である場合には、賞球の払い出しを殆ど伴わない(実質的にゼロ)短時間の大当り遊技を行った後に所定回数の時短遊技が行われる「突然時短大当り」となり、特別図柄表示部30に停止表示される緑「Y」−赤「.」が「突然時短大当り図柄」となる。
図17に示した特別図柄当否判定処理のS3306では、特別図柄の当否判定結果が大当りであると判断された場合に(S3302:yes)、以上のようにして大当り遊技態様決定テーブルを参照することにより、これら大当り遊技態様や、大当り遊技終了後に行われる時短遊技回数を決定する処理を行う。なお、時短遊技回数とは、大当り遊技が終了してからの特別図柄の変動回数(特別図柄の当否判定実行回数)に相当する。
以上では、当否判定結果が「大当り」であると判断された場合(S3302:yes)に行われる処理について説明した。これに対して、特別図柄の当否判定結果が「大当り」ではないと判断された場合は(S3302:no)、図19に示した当否判定テーブルに基づいて「小当り」か否かを判断する(S3312)。そして、当否判定結果が小当りであると判断された場合は(S3312:yes)、今度は、小当り図柄決定乱数を取得する(S3314)。尚、本実施例では、小当り図柄決定乱数も、前述した大当り図柄決定乱数と同様に「0」〜「255」の範囲を取り得る1バイトの乱数となっている。
そして、取得した小当り図柄決定乱数に基づいて、小当り図柄や、小当り遊技時の開口時間および開口時間を決定する処理を行う(S3316)。すなわち、図7を用いて前述したように、本実施例の遊技機1では7種類の小当り図柄が設けられているので、後述する小当り遊技を開始するにあたっては、この中の何れの小当り図柄で特別図柄を停止表示させるかを決定しておく必要がある。また、小当り遊技は、一対の羽根部材102a,102bを外側に開いて可変入球口102を開口させることによって行われるが、小当り遊技中に可変入球口102を開口させる回数、あるいは毎回の開口時間は幾段階かに変更可能となっているため、これらについても予め決定しておく必要がある。そこで、特別図柄の当否判定結果が小当りであると判断された場合には(S3312:yes)、これらについて決定するべく、小当り図柄決定乱数を取得するのである(S3314)。
次いで、こうして取得した小当り図柄決定乱数に基づいて、小当り図柄、小当り遊技時の開口時間および開口回数を決定する処理を行う(S3316)。これらは、小当り図柄決定乱数から、小当り遊技態様決定テーブルを参照することによって決定することができる。
図21は、小当り図柄決定乱数に基づいて、小当り図柄や、小当り遊技での可変入球口102の開口時間および開口回数を決定するために参照される小当り遊技態様決定テーブルを概念的に示した説明図である。図示されているように、小当り遊技態様決定テーブルには、小当り図柄決定乱数に対応付けて、小当り図柄や、小当り遊技時の開口時間、開口回数などが設定されている。例えば、「0」〜「31」の範囲の小当り図柄決定乱数に対しては、赤「A」−橙「.」の小当り図柄が設定されており、小当り遊技時の開口時間は0.4秒、開口回数は1回が設定されている。同様に、「32」〜「63」の範囲の小当り図柄決定乱数に対しては、小当り図柄は橙「A」−赤「.」の図柄が、小当り遊技時の開口時間は0.4秒、開口回数は1回が設定されている。このようにして、図21に示した小当り遊技態様決定テーブルを参照することにより、小当り図柄決定乱数から、小当り図柄、小当り遊技時の開口時間および開口回数を決定することができる。図17のS3316では、こうして小当り図柄や、小当り遊技での可変入球口102の開口時間および開口回数を決定する処理を行う。
図8を用いて前述したように、本実施例の遊技機1では、小当り遊技中に遊技球が特定領域を通過した場合には、小当り遊技の終了後、続いて大当り遊技が開始される。そこで、図17および図18に示した特別図柄当否判定処理では、小当り遊技の態様を決定すると、続いて、その小当り遊技から大当り遊技が開始された場合に備えて、大当り遊技の態様も決定しておく(S3318)。
本実施例の特別図柄当否判定処理では、小当り遊技後に行われる大当り遊技の態様は、小当り図柄決定乱数に基づいて決定される。すなわち、図21を用いて前述した小当り遊技態様決定テーブルには、小当り図柄決定乱数に対応付けて、大当り遊技態様についても設定されており、小当り図柄決定乱数からかかるテーブルを参照することで、直ちに大当り遊技態様を決定することができる。
尚、こうして決定される大当り態様は、図20に示した大当り遊技態様決定テーブルを用いて決定される大当り態様(すなわち、開口時間、ラウンド数および時短遊技回数)に加えて、大当り遊技時に開口させる入賞口(開口入賞口)についての設定が追加されている。これは次のような理由によるものである。特別図柄が大当り図柄で停止表示された場合に開始される大当り遊技は、大入賞口31dが開口することによって行われる。これに対して、小当り遊技を経由して開始される大当り遊技の態様には、大入賞口31dが開口することによって行われる大当り遊技態様と、一対の羽根部材102a,102bが外側に開いて可変入球口102が開口することによって行われる大当り遊技態様とが存在している。そこで、特別図柄の当否判定結果が小当りであった場合には、その小当り遊技を経て大当り遊技が開始された場合に備えて、その大当り遊技を何れの態様で実施するかを予め決定しておくのである。結局、図17および図18に示した特別図柄当否判定処理のS3318では、小当り遊技経由で大当り遊技が開始された場合に備えて、大入賞口31dまたは可変入球口102の何れを開口させる態様で大当り遊技を行うか、開口させる入賞口の開口時間、大当り遊技時のラウンド数、大当り遊技終了後に開始される時短遊技回数などを、小当り図柄決定乱数に基づいて決定する処理を行う。
なお、本実施例では、大入賞口31dを用いる大当り遊技であって、その大当り遊技が通常大当り図柄の停止表示によるもの、または小当り遊技経由によるものであれば、1ラウンドでの大入賞口31dの開口時間は30秒に設定され、その開口時間が経過するか、もしくは、その開口時間経過前に規定数(本実施例では9個)の遊技球が大入賞口31dに入球した場合に、1ラウンドが終了するものとなっている。また、大入賞口31dを用いる大当り遊技であって、その大当り遊技が突然時短大当り図柄の停止表示によるものであれば、1ラウンドでの大入賞口31dの開口時間は0.2秒に設定され、その開口時間が経過するか、もしくは、その開口時間経過前に規定数(本実施例では9個)の遊技球が大入賞口31dに入球した場合に、1ラウンドが終了するものとなっている。更に、可変入球口102を用いる大当り遊技では、一対の羽根部材102a,102bが可変入球口102を0.8秒開口させる動作を18回繰り返し行うことで1ラウンドを行うものとしており、その繰り返し動作が終了するか、もしくは、その繰り返し動作終了前に規定数(本実施例では9個)の遊技球が可変入球口102に入球した場合に、1ラウンドが終了するものとなっている。
以上のようにして、特別図柄の当否判定結果が大当りであった場合は(S3302:yes)、大当り図柄、大当り遊技態様などについて決定し(S3306)、当否判定結果が小当りであった場合は(S3312:yes)、小当り図柄、小当り遊技態様、小当り遊技経由で行われる大当り遊技態様などを決定した後(S3316,S3318)、図17および図18に示す特別図柄当否判定処理を終了して、図15の特別図柄遊技処理に復帰する。また、特別図柄の当否判定結果が小当りでもなかった場合は(S3312:no)、当否判定結果は外れと判断される。そこで、外れ図柄決定乱数を取得して外れ図柄を決定した後(S3320)、図17および図18に示した特別図柄当否判定処理を終了して、図15の特別図柄遊技処理に復帰する。なお、本実施例では、図19の当否判定テーブルからも明らかな通り、特別図柄の当否判定では「小当り」となる確率が非常に高く設定されている。このため、本実施例の遊技機1では、「羽根物」の遊技性をベースとして遊技が進行されることとなる。
図15に示されているように、特別図柄遊技処理では、特別図柄当否判定処理(S330)から復帰すると、特別図柄変動パターン設定処理を開始する(S336)。特別図柄変動パターンとは、特別図柄をどのような態様で変動させるかについてのパターンであり、本実施例では、特別図柄変動パターンとして、特別図柄を変動表示させる時間(特別図柄変動表示時間)が設定されている。
図22は、本実施例の遊技機1で行われる特別図柄変動パターン設定処理の流れを示すフローチャートである。特別図柄変動パターン設定処理では、先ず初めに、特別図柄の当否判定結果が小当りか否かを判断する(S3360)。図15に示されているように特別図柄遊技処理中では、特別図柄変動パターン設定処理に先立って特別図柄当否判定処理が行われており、特別図柄の当否態様が、「大当り」、「突然時短大当り」、「小当り」、「外れ」の何れかに決定されている。特別図柄変動パターン設定処理のS3360では、この結果を受けて、特別図柄の当否判定結果が小当りか否かを判断するのである。
そして、小当りではないと判断された場合は(S3360:no)、特別図柄の変動時間が20秒に設定されている特別図柄変動パターンを選択し(S3362)、次いで、特別図柄の当否判定結果が大当りか否かを判断する(S3364)。その結果、大当りであると判断された場合は(S3364:yes)、その大当りが「通常大当り」であるか否かを判断し(S3365)、「通常大当り」であると判断された場合は(S3365:yes)、中央装置100に設けられた演出表示装置127で行われる表示態様として、大当り用の変動表示態様を選択する(S3366)。
図23は、中央装置100に設けられた演出表示装置127で、当否判定の結果に応じて行われる表示態様を例示した説明図である。本実施例の演出表示装置127では、「ハート」、「○」、「×」の3種類の図柄を表示することが可能であり、特別図柄の当否判定結果が大当りであった場合には、これら3つの図柄を特別図柄の変動時間だけ変動表示させた後、「ハート」の図柄で停止表示させる変動表示態様が選択される。
これに対して、S3364の処理で大当りでない(外れである)と判断された場合(S3364:no)、またはS3365の処理で通常大当りでない(突然時短大当りである)と判断された場合(S3365:no)は、演出表示装置127で行われる表示態様として、外れ用の変動表示態様を選択する(S3368)。本実施例の遊技機1では、当否判定結果が突然時短大当りあるいは外れの何れであるかに関わらず、演出表示装置127の変動表示態様として、外れ用の変動表示態様を選択するのである。このように、突然時短大当りの場合でも外れの場合と同じ変動表示態様を選択しておくことで、遊技者の興趣を大きく高めることが可能となる。この点については、後ほど詳しく説明する。尚、図23に示されているように、外れ用(および突然時短大当り用)の変動表示態様としては、「ハート」、「○」、「×」の図柄を変動表示した後、「×」の図柄で停止表示する表示態様が設定されている。
これに対して、特別図柄の当否判定結果が小当りであると判断された場合は(S3360:yes)、特別図柄の変動時間が1秒に設定された特別図柄変動パターンを選択した後(S3370)、演出表示装置127で行われる表示態様として、小当り用の表示態様を選択する(S3372)。図23に示されているように、当否判定結果が小当りの場合の表示態様としては、「ハート」、「○」、「×」の3つの図柄を、特別図柄が変動表示する時間(本実施例では1秒間)だけ変動表示させた後、「○」の図柄で停止表示させる表示態様が設定されている。
以上のようにして、特別図柄の当否判定結果に応じて、変動時間の異なる特別図柄変動パターンと、演出表示装置127での変動表示態様とを決定したら、図22に示す特別図柄変動パターン設定処理を終了して、図15の特別図柄遊技処理に復帰する。
図15に示すように特別図柄遊技処理では、特別図柄の変動パターン設定処理(S336)から復帰すると、変動パターン設定処理中で設定しておいた、演出表示装置127の表示態様を指定するコマンド(表示態様指定コマンド)を、サブ制御基板220に向かって送信する(S338)。そして、特別図柄の変動表示を開始するとともに(S340)、特別図柄保留数から1を減算した後(S342)、図9に示す遊技制御処理に復帰する。
以上、特別図柄が変動表示していない場合(すなわち、図15のS322:noの場合)に、特別図柄遊技処理で行われる詳細な処理について説明した。一方、特別図柄が変動中に、図15および図16に示す特別図柄遊技処理が開始された場合は、最初に行うS322の判断で、特別図柄が変動中であると判断される(S322:yes)。この場合は、既に、特別図柄の当否判定が行われ(S330)、特別図柄変動パターン(すなわち、特別図柄変動時間)が設定されて(S336)、特別図柄の変動が開始されている場合に該当する。そこで、特別図柄変動時間が経過したか否かを判断する(S344)そして、特別図柄変動時間が未だ経過していない場合は(S344:no)、そのまま図15および図16に示す特別図柄遊技処理を終了して、図9の遊技制御処理に復帰する。
これに対して、特別図柄変動時間が経過したと判断された場合は(S344:yes)、変動表示装置28の特別図柄表示部30で変動表示している特別図柄を停止表示させる(S346)。このとき停止表示される特別図柄は、図17および図18を用いて前述した特別図柄当否判定処理中で、大当り図柄決定乱数、小当り図柄決定乱数、または外れ図柄決定乱数を用いて決定しておいた特別図柄である。次いで、特別図柄を停止表示させる時間(停止表示時間)を設定して(S346)、設定した停止表示時間が経過したか否かを判断する(S350)。そして、停止表示時間が経過していなければ(S350:no)、そのまま特別図柄遊技処理を終了して図9に示す遊技制御処理に復帰する。
一方、特別図柄の停止表示時間が経過した場合は(S350:yes)、停止表示された特別図柄が大当り図柄(通常大当り図柄または突然時短大当り図柄)か否かを判断する(図16のS352)。そして、大当り図柄であると判断された場合は(S352:yes)、図17および図18を用いて前述した特別図柄当否判定処理中で予め決定しておいた大当り遊技態様(開口時間、および大当り遊技時のラウンド数)を設定した後(S354)、条件装置および役物連続作動装置を作動させることによって、いわゆる大当り遊技を開始する(S356)。ここで条件装置とは、後述する役物連続作動装置が作動するための条件となる装置であり、条件装置が作動すると、大入賞口31dが開口状態となる。また、役物連続作動装置とは、一旦閉鎖された大入賞口31dを再び開口させる装置である。こうして条件装置および役物連続作動装置を作動させることにより、後述する大当り遊技が開始される。尚、上述したように、特別図柄が大当り図柄で停止表示された場合に大当り遊技(短時間で終了する大当り遊技、即ち、突然時短大当り遊技を含む)を開始する処理は、主制御基板200が上述した特別図柄遊技処理を実行することによって行われている。従って、特別図柄遊技処理を実行している本実施例の主制御基板200は、本発明の「第1の特別遊技開始手段」の一態様を構成している。
また、本実施例の遊技機1では、大当り遊技中は、時短機能や普通電動役物の開口時間延長機能は働かないこととしている。ここで、時短機能とは、変動表示装置28の普通図柄表示部29で普通図柄が変動表示される時間を短縮する機能である。また、開口時間延長機能とは、普通電動役物(始動口17)の開口時間を延長する機能であり、時短機能が作動すると、普通電動役物の開口時間延長機能も作動するようになっている。そこで、図16のS356において、大当り遊技を開始して条件装置および役物連続作動装置を作動させたら、現在の遊技状態が時短中か否かを判断する(S358)。そして、時短中であれば(S358:yes)、時短機能および普通電動役物の開口時間延長機能の作動を停止させた後(S360,S362)、時短遊技中に行われる演出の停止を指示するコマンド(時短遊技演出停止コマンド)を、サブ制御基板220に向かって送信する(S364)。
図24は、時短遊技中に演出表示装置127によって行われている時短遊技演出の様子を例示した説明図である。図示されているように、本実施例の遊技機1では、時短遊技中は演出表示装置127の画面上に「チャンスタイム」という文字が表示されるようになっている。前述したように、時短遊技中は変動時間短縮機能に加えて、普通電動役物の開口時間延長機能が作動して始動口17の開口時間が延長される。このため、始動口17に遊技球が入球し易くなり、その分だけ大当りや小当りが発生し易くなっているので、遊技者にとっては有利な遊技状態になっていると言うことができる。そこで、演出表示装置127に「チャンスタイム」という文字を表示することにより、このことを遊技者に報知することとしている。尚、時短遊技演出では、図24(b)に例示したように、「チャンスタイム」という表示の横に、時短遊技の残り回数を表示するようにしても良い。また、演出表示装置127で行われるこうした演出は、サブ制御基板220によって制御されている。そこで、図16および図17に示した特別図柄遊技処理では、時短遊技を終了するために変動時間短縮機能および開口時間延長機能の作動を停止したら(S360、S362)、時短遊技演出の停止を指示する旨のコマンドをサブ制御基板220に向かって送信して(S364)、演出表示装置127で行われている時短遊技演出を終了させるのである。
一方、現在の遊技状態が時短中ではなかった場合は(S358:no)、時短機能も普通電動役物の開口時間延長機能も作動していないと判断できるので、これら機能の作動を停止する処理は行わずに、そのまま、図15および図16に示した特別図柄遊技処理を抜けて、図9の遊技制御処理に復帰する。
以上、変動表示装置28で停止表示された特別図柄が、大当り図柄であった場合(S352:yes)の処理について説明したが、停止表示された特別図柄が大当り図柄でなかった場合は(S352:no)、小当り図柄か否かを判断する(S366)。そして、小当り図柄であった場合は(S366:yes)、図17および図18を用いて前述した特別図柄当否判定処理中で予め決定しておいた小当り遊技態様(可変入球口102の開口時間および開口回数)を設定した後(S368)、特別電動役物を作動させることによって、いわゆる小当り遊技を開始する(S370)。ここで、特別電動役物とは、中央装置100に設けられた一対の羽根部材102a,102bを駆動して、可変入球口102を所定の態様で開口させる装置である。一方、変動表示装置28で停止表示された特別図柄が小当り図柄でもなかった場合は(S366:no)、小当り遊技態様を設定して小当り遊技を開始する処理(S368,S370)はスキップする。
次いで、現在の遊技状態が時短中か否かを判断し(S372)、時短中ではないと判断された場合は(S372:no)、そのまま、図15および図16に示した特別図柄遊技処理を抜けて、図9の遊技制御処理に復帰する。これに対して、時短中と判断された場合は(S372:yes)、時短中の特別図柄の変動回数を計数した後(S374)、変動回数が所定回数に達したか否かを判断する(S376)。後述するように、時短遊技(時短機能が作動した状態で行われる遊技)は大当り遊技の終了後に開始され、その大当り遊技毎に予め設定された回数(特別図柄の変動回数)だけ継続される(図20および図21参照)。そこで、変動表示装置28で停止表示された特別図柄が大当り図柄でなかった場合は(S352:no)、現在の遊技状態が時短中であるか否かを判断して(S372)、時短中であれば(S372:yes)、時短遊技の継続回数として予め定められた回数(時短遊技回数)に達したか否かを判断するのである。そして、所定の時短遊技回数に達したと判断された場合は(S376:yes)、時短機能の作動を停止させ(S360)、普通電動役物の開口時間延長機能の作動も停止させ(S362)、続いて、時短演出停止コマンドをサブ制御基板220に送信した後(S364)、図15および図16に示した特別図柄遊技処理を抜けて、図9の遊技制御処理に復帰する。一方、特別図柄の変動回数が、未だ所定の時短遊技回数に達していなければ(S376:no)、時短状態を維持したまま、特別図柄遊技処理を抜けて、図9の遊技制御処理に復帰する。
C−4.小当り遊技関連の処理 :
図9に示すように、遊技制御処理では特別図柄遊技処理から復帰すると、小当り遊技に関連する処理を開始する。すなわち、先に行われた特別図柄遊技処理の中で小当り遊技が開始されたか否かを判断し(S390)、現在、小当り遊技中であると判断された場合には(S390:yes)、以下に説明する小当り遊技処理を開始する(S400)。これに対して、特別図柄遊技処理の中で小当り遊技が開始されていないと判断された場合は(S390:no)、小当り遊技処理は不要であるのでスキップする。
図25は、本実施例の遊技機1が小当り遊技を行うために実行する小当り遊技処理の流れを示すフローチャートである。かかる処理は、図9に示した遊技制御処理の中で主制御基板200によって実行される処理である。
小当り遊技処理を開始すると、先ず初めに、小当り遊技用の入賞口が、開口中か否かを判断する(S402)。前述したように、本実施例の遊技機1における小当り遊技は、中央装置100に設けられた一対の羽根部材102a,102bが外側に開いて、可変入球口102が開口することによって行われることから、可変入球口102が小当り遊技用の入賞口となっている。従って、S402では、可変入球口102が開口状態となっているか否かを判断する。上述した特別図柄遊技処理によって小当り遊技が開始された直後は、未だ可変入球口102が開口しているわけではないから、S402では「no」と判断されて、小当り遊技の終了条件が成立したか否かが判断される(S408)。ここで、小当り遊技の終了条件としては、可変入球口102が所定回数だけ開口する旨が設定されており、この所定の開口回数は、小当り遊技の開始に先立って行われる特別図柄当否判定処理(図18参照)の中で、小当り遊技態様として開口時間とともに予め決定されている。
当然ながら、小当り遊技を開始した直後は、小当り遊技の終了条件は成立していないと判断されるから(S408:no)、続いて、小当り遊技用入賞口(ここでは可変入球口102)の閉鎖時間が経過したか否かを判断する(S410)。小当り遊技を開始した直後では、それまでの間は小当り遊技用入賞口は閉鎖されていたことから、閉鎖時間が経過しているものと判断されて(S410:yes)、小当り遊技用の入賞口(ここでは可変入球口102)を開口させた後(S412)、図25に示す小当り遊技処理を終了して、図9の遊技制御処理に復帰する。
こうして可変入球口102を開口させた後、次回に小当り遊技処理(S400)を開始すると、最初の判断で、小当り遊技用入賞口(可変入球口102)が開口中であると判断される(S402:yes)。そこで、今度は、小当り遊技用入賞口の開口時間が経過したか否かを判断する(S404)。この小当り遊技用入賞口の開口時間は、小当り遊技の開始に先立って行われる特別図柄当否判定処理(図18参照)の中で、小当り遊技態様として開口回数とともに予め決定されている。小当り遊技用入賞口(可変入球口102)を開口した直後であれば、開口時間が経過していないと判断されるから(S404:no)、そのまま図25の小当り遊技処理を終了して、図9の遊技制御処理に復帰する。そして再び小当り遊技処理が開始されると、小当り遊技用入賞口の開口時間が経過したか否かを判断し(S404)、経過していなければ(S404:no)、小当り遊技処理を終了して遊技制御処理に復帰する。こうした処理を繰り返しているうちに、やがて、小当り遊技処理用の入賞口の開口時間が経過する。そこで、経過時間が経過したことが確認されたら(S404:yes)、小当り遊技用の入賞口を閉鎖する(S406)。
次いで、小当り遊技の終了条件が成立したか否かを判断する(S408)。そして、小当り遊技用入賞口の開口回数が、所定回数に達していない場合は(S408:no)、小当り遊技用入賞口の閉鎖時間が経過したことを確認した後(S410:yes)、小当り遊技用入賞口を開口させて(S412)、図25の小当り遊技処理を終了し、図9の遊技制御処理に復帰する。こうして処理を繰り返すうちに、やがて小当り遊技用入賞口(可変入球口102)の開口回数が所定回数に達した(すなわち、小当り遊技の終了条件が成立した)と判断されるので(S408:yes)、小当り遊技を終了する(S414)。
このように小当り遊技では、図17および図18の特別図柄当否判定処理において決定された小当り遊技の態様に応じて、小当り遊技用入賞口(可変入球口102)を所定時間だけ開口させる動作が、所定回数だけ繰り返される。そして、図3を用いて前述したように、可変入球口102が開口状態となると、ここから中央装置100の内部に遊技球が入球可能となる。中央装置100の内部に遊技球が入球すると、その遊技球は、クルーン136に導かれ、クルーン136上を旋回することによって、特定領域141aまたは非特定領域141bの何れかに振り分けられるようになっている。
このことと対応して、図25に示した小当り遊技処理では、小当り遊技を終了すると(S414)、小当り遊技中に、中央装置100内に設けられた特定領域141aを遊技球が通過したか否かを判断する(S416)。図3に示したように、特定領域141aの下流側には特定領域通過センサ141cが設けられており、特定領域141aを遊技球が通過すれば、特定領域通過センサ141cを用いて検出することができる。小当り遊技の終了後、その小当り遊技中に遊技球が特定領域141aを通過していたと判断された場合は(S416:yes)、大当り遊技態様を設定する(S418)。ここで設定する大当り態様は、図17および図18を用いて前述した特別図柄当否判定処理の中で、小当り遊技態様とともに決定された大当り遊技態様であり、大入賞口31dまたは可変入球口102の何れを開口させて大当り遊技を行うか、あるいは開口時間、大当り遊技のラウンド数、更には、大当り遊技終了後の時短遊技回数などが設定される。
こうして大当り遊技態様を設定したら、設定された大当り遊技態様に従って大当り遊技を開始した後(S420)、図25の小当り遊技処理を終了する。これに対して、小当り遊技中に遊技球が特定領域141aを通過していないと判断された場合は(S416:no)、大当り遊技は行われないので、大当り態様の設定や大当り遊技を開始することなく、図25の小当り遊技処理を終了して、図9の遊技制御処理に復帰する。尚、上述したように小当り遊技を経由して大当り遊技を開始する動作は、主制御基板200が上述した小当り遊技処理を実行することによって行われている。従って、小当り遊技処理を実行している本実施例の主制御基板200は、本発明の「第2の特別遊技開始手段」の一態様を構成している。
C−5.大当り遊技関連の処理 :
図9に示すように、遊技制御処理では小当り遊技処理から復帰すると、大当り遊技に関連する処理を開始する。すなわち、大当り遊技は、先に説明した特別図柄遊技処理の中で開始される場合と、上述した小当り遊技処理の中で開始される場合とが存在する。そこで、特別図柄遊技処理(S320)および小当り遊技処理(S400)が終了した後、大当り遊技が開始されているか否かを判断する(S430)。そして、特別図柄遊技処理または小当り遊技処理の何れかで大当り遊技が開始されたと判断された場合には(S430:yes)、以下に説明する大当り遊技処理を開始する(S400)。これに対して、特別図柄遊技処理または小当り遊技処理の何れにおいても大当り遊技が開始されていないと判断された場合には(S430:no)、大当り遊技処理は不要であるのでスキップする。
図26および図27は、本実施例の遊技機1が大当り遊技を行うために実行する大当り遊技処理の流れを示すフローチャートである。かかる処理は、図9に示した遊技制御処理の中で主制御基板200によって実行される処理である。
大当り遊技処理を開始すると、先ず初めに、大当り遊技用の入賞口が、開口中か否かを判断する(S452)。前述した小当り遊技処理では、小当り遊技用の入賞口は可変入球口102のみであったが、大当り遊技処理では、図17および図18に示した特別図柄当否判定処理において決定された大当り遊技態様に応じて、大入賞口31dが開口する場合と、可変入球口102が開口する場合とが存在している。このことと対応して、S452では、大当り遊技時に開口するものとして定められた方の入賞口が開口中か否かを判断する。当然ながら、大当り遊技を開始した直後は、未だ大当り遊技用入賞口は開口していないから(S452:no)、大当り遊技の終了条件が成立したか否かを判断する(S458)。この大当り遊技の終了条件も、前述した小当り遊技の場合と同様に、前述した特別図柄当否判定処理(図17参照)の中で、大当り遊技時に行うラウンド数として予め決定されている。大当り遊技を開始した直後は、大当り遊技の終了条件は成立していない(S458:no)。そこで、大当り遊技用入賞口の閉鎖時間が経過したことを確認して(S460:yes)、大当り遊技用入賞口を開口させた後(S462)、図26に示す大当り遊技処理を終了して、図9の遊技制御処理に復帰する。
こうして大当り遊技用入賞口を開口させた結果、次に大当り遊技処理(S450)を開始した時には、大当り遊技用入賞口が開口中と判断される(S452:yes)。そこで、今度は、大当り遊技用入賞口の開口時間が経過したか否か(1ラウンドの終了条件が成立したか否か)を判断し(S454)、開口時間が経過したこと(1ラウンドの終了条件が成立したこと)が確認されたら(S454:yes)、大当り遊技用入賞口を閉鎖する(S456)。
次いで、大当り遊技の終了条件が成立したか否か(すなわち、規定のラウンド数を消化したか否か)を判断する(S458)。そして、大当り遊技の終了条件が成立していない場合は(S458:no)、大当り遊技用入賞口の閉鎖時間が経過したことを確認した後(S460:yes)、再び大当り遊技用入賞口を開口させて(S462)、図26の大当り遊技処理を終了し、図9の遊技制御処理に復帰する。こうして処理を繰り返すうちに、やがて大当り遊技の終了条件が成立したと判断されるので(S458:yes)、大当り遊技を終了する(S464)。
大当り遊技が大入賞口31dを開口することによって行われた場合には、大当り遊技中に大入賞口31dから入球した遊技球は、大入賞口31dの内部に設けられた大入賞口スイッチ31sによって検出される。そして、図9に示した遊技制御処理の賞球関連処理(S50)が開始されるたびに、入球した遊技球の個数に応じた個数の遊技球が賞球として払い出される。また、大当り遊技が可変入球口102を開口することによって行われた場合には、大当り遊技中に可変入球口102から入球した遊技球は、可変入球口102の近傍(可変入球口102とクルーン136との間の遊技球流下経路上)に設けられる図示しない入球検出センサによって検出され、そして、図9に示した遊技制御処理の賞球関連処理(S50)が開始されるたびに、入球した遊技球の個数に応じた遊技球が、賞球として払い出されることになる。
尚、図17に示した特別図柄当否判定処理の結果、大当りの態様が突然時短大当りであった場合には、大入賞口31dの開口時間はごく短い時間(本実施例では0.2秒間)に設定されており、ラウンド数も少ないラウンド数(本実施例では2ラウンド)に設定されているので、極めて短時間で大当り遊技が終了してしまう。また、大入賞口31dはごく短い時間しか開口しないので、遊技球が入球することはほとんど皆無に近く、従って遊技球が賞球として払い出されることもない。加えて、演出表示装置127の変動表示態様も、外れの場合と同じ変動態様に設定されている。このために、突然時短大当りによって大当り遊技が行われた場合には、そのことに遊技者が気付かないまま、大当り遊技が終了するようになっている。このように遊技者に気付かれないまま終了する大当り遊技を、以下では「2ラウンド大当り遊技(あるいは単に、2R大当り遊技)」と称することがあるものとする。
大当り遊技処理では、こうして大当り遊技を終了すると(S464)、時短遊技を開始するか否かを判断する(図27のS466)。前述したように時短遊技とは、普通図柄の変動時間短縮機能を作動させた状態で行われる遊技である。図17および図18を用いて前述した特別図柄当否判定処理では、大当り遊技態様を決定する際に、時短遊技回数も決定している。そして、図20および図21に示したように、大当り遊技態様によっては、大当り遊技の終了後に時短遊技を行わない場合(すなわち、時短遊技回数が0回の場合)も存在している。そこで、図26および図27に示した大当り遊技処理では、大当り遊技を終了すると(S464)、時短遊技を開始するか否かを判断するのである(図27のS466)。
時短遊技を行うと判断した場合は(S466:yes)、その時短遊技を開始させることとなった大当り遊技が、突然時短大当りによる大当り遊技(2R大当り遊技)であったか否かを判断する(S468)。その結果、大当り遊技が、2R大当り遊技ではなかった場合には(S468:no)、時短突入演出コマンドをサブ制御基板220に向かって送信する(S470)。時短突入演出コマンドとは、時短遊技の開始を遊技者に報知するための演出を行うよう指示するコマンドである。図25に示したように、本実施例では、時短遊技中は演出表示装置127に「チャンスタイム」と表示する演出を行っているから、時短突入演出コマンドによって行われる演出は、チャンスタイムが開始されることを遊技者に報知する演出となる。
図28は、時短遊技が開始される旨を遊技者に報知するために、演出表示装置127に表示される演出用画面を例示した説明図である。図28(a)に示されているように、時短遊技の開始時には、チャンスタイムに突入したことを遊技者に報知する内容の画面が表示される。また、図28(b)に示すように、このときチャンスタイムに突入した旨の表示とともに、時短回数を表示することとしても良い。
これに対して、時短遊技を開始させる大当り遊技が突然時短大当りによる2R大当り遊技であったと判断された場合は(S468:yes)、今度は、その突然時短大当りが時短遊技中に発生したものか否かを判断する(S472)。そして、突然時短大当りが時短遊技中に発生したものではないと判断した場合は(S472:no)、時短突入演出コマンドをサブ制御基板220に向かって送信する(S470)。前述したように、突然時短大当りによる大当り遊技は、大入賞口31dが短時間だけ開口する動作を2回繰り返すだけで終了してしまうので、遊技者は大当り遊技が行われたことに気が付かず、従って、通常の状態で遊技を行っていると、演出表示装置127に、突然、図28に示すような画面が表示されて、チャンスタイム(すなわち、時短遊技)が開始されたように感じられることになる。
一方、突然時短大当りが時短遊技中に発生したものであると判断した場合は(S472:yes)、時短延長演出コマンドをサブ制御基板220に向かって送信する(S474)。ここで時短延長演出コマンドとは、時短遊技の期間が延長された旨の演出を行うよう指示するコマンドである。すなわち、時短遊技(チャンスタイム)の遊技回数は、図20および図21に例示したように、大当り遊技を開始する前に予め定められており、大当り遊技後に時短遊技が開始されても、予め定められた時短回数を消化すると時短遊技は終了してしまう。しかし、時短遊技中に突然時短大当りが発生すると、それに伴う大当り遊技は直ぐに終了し、更に、突然時短大当りの発生に伴い付与される時短遊技の回数が100回に設定されているので、遊技者は、消化していた時短遊技の回数が突然増加したかのように、すなわち時短遊技の期間が延長されたかのように感じられることになる。そこで、このことをより強く印象付けて遊技者の興趣を盛り上げるために、演出表示装置127の画面上に、時短遊技の期間が延長された旨を表示する演出を行うのである。
図29は、演出表示装置127の画面上で、時短遊技の期間が延長された旨の演出が行われる様子を例示した説明図である。図示した例では、先ず初めに「チャンスタイム延長」という文字が表示され、次いで、現時点でのチャンスタイムの残り遊技回数が表示され、そして、表示された残り回数が、突然時短大当りによって発生した新たな残り回数に変更される演出が行われる。図27のS474では、図29に例示したような時短遊技の期間が延長された旨の演出を行うよう指示するコマンドを、サブ制御基板220に送信する処理を行う。
以上のようにして、時短突入演出コマンドあるいは時短延長演出コマンドの何れかを送信したら(S470またはS474)、今度は、時短遊技演出コマンドをサブ制御基板220に向かって送信する(S476)。時短遊技演出コマンドとは、図24に例示したように、現在の遊技状態が時短遊技であることを、遊技者に報知する演出を行うよう指示するコマンドである。この結果、サブ制御基板220は、時短突入演出コマンドまたは時短延長演出コマンドの何れかに続けて時短遊技演出コマンドを受け取ることになり、時短突入演出コマンドに続けて時短遊技演出コマンドを受け取った場合には、演出表示装置127の画面上で、図28に示すような表示を行った後に図24のような表示を行い、これに対して、時短延長演出コマンドに続けて時短遊技演出コマンドを受け取った場合には、図29に示すような表示を行った後に図24のような表示を行う。
次いで、普通図柄の変動時間短縮機能を作動させるとともに(S478)、普通電動役物の開口時間延長機能の作動を開始した後(S480)、図26および図27に示す大当り遊技処理を終了して、図9の遊技制御処理に復帰する。その結果、特別図柄が変動停止表示される回数が時短遊技回数に達するまでは、時短遊技が行われ、また時短遊技中は演出表示装置127には図24に示す画面が表示されることになる。
以上、大当り遊技後に時短遊技を開始すると判断した場合(図27のS466:yes)に行われる処理について説明した。これに対して、時短遊技を行わないと判断された場合(すなわち、大当り遊技態様で決定された時短回数が0回であった場合)には(S466:no)、時短遊技を行うことに伴う各種のコマンドをサブ制御基板220に向かって送信する処理(S470、S474、S476)や、普通図柄の変動時間短縮機能を作動させる処理(S478)、普通電動役物の開口時間延長機能を作動させる処理(S480)を行うことなく、そのまま大当り遊技処理を終了して図9の遊技制御処理に復帰する。
尚、大当り遊技の終了後、予め定められた時短遊技回数を消化するまで、始動口17の開口時間を延長する処理は、主制御基板200が図26および図27に示した大当り遊技処理を行うことにより、普通電動役物の開口時間延長機能を作動させ、その後、前述した特別図柄遊技処理(図15、図16参照)の中で、時短遊技回数を消化したことを確認して、時短機能および開口時間延長機能の作動を停止することによって実現されている。従って、本実施例の主制御基板200は、本発明における「開口時間延長手段」の一態様を構成している。また、時短遊技が開始されることを遊技者に報知する演出は、主制御基板200およびサブ制御基板220の制御の下で、演出表示装置127によって行われている。従って、本実施例の演出表示装置127は、本発明における「報知演出手段」の一態様を構成するものとなっている。
本実施例の遊技機1では、以上に説明した遊技制御処理を繰り返し実行している。その結果、図8に示したように、始動口17,18,19の何れかに遊技球が入球すると、変動表示装置28で特別図柄の変動表示が開始され、通常大当り図柄、突然時短大当り図柄、小当り図柄、外れ図柄の何れかで停止表示される。大当り図柄(通常大当り図柄または突然時短大当り図柄)が停止表示された場合は、大入賞口31dが開口状態となる大当り遊技が開始され、大当り遊技後は所定回数の時短遊技が行われる。このような遊技性は、従来の「デジパチ機」と呼ばれる弾球遊技機の遊技性と同様である。
もっとも、図19を用いて前述したように多くの場合は小当り図柄が停止表示され、小当り図柄が停止表示されると、可変入球口102が開口し、中央装置100内の特定領域141aを遊技球が通過すると、大当り遊技が開始される。こうした遊技性は、従来の「羽根物」と呼ばれる弾球遊技機とほぼ同様の遊技性となっている。そして、このような遊技性を有する弾球遊技機では、中央装置100内の特定領域141aを遊技球が通過しなければ大当り遊技が開始されないので、その前提として、先ず始動口17,18,19の何れかに遊技球を入球させて、可変入球口102を開口させなければならない。逆に言えば、何れかの始動口17,18,19に遊技球を入球させることができなければ、特定領域141aに遊技球を通過させることはおろか、可変入球口102を開口させることすらできないので、遊技が単調になってしまう傾向がある。このように、従来の「羽根物」に近い遊技性を有する弾球遊技機においては、始動口への遊技球の入球の難易が、このように遊技に大きな比重を占めているということができる。
本実施例の遊技機1では、「デジパチ機」と呼ばれる弾球遊技機と同様に、大当り遊技の終了後は、始動口に遊技球が入球し易くなる時短遊技を開始可能なことに着目して、遊技中に、遊技球が始動口に突然入球し易くなるようにすることで、遊技者の遊技に対する興趣を効果的に高めることが可能となっている。すなわち、特別図柄が突然時短大当りで停止表示された場合には、大入賞口31dをごく短時間だけ2回開口する態様で、遊技者に気付かれないまま大当り遊技(2R大当り遊技)を終了した後、時短遊技を開始する。こうすれば遊技者は、突然に時短遊技が開始されて、遊技球が始動口に入球し易くなったように感じさせることができ、その結果、遊技者の効果的に興趣を高めることが可能となる。
また、本実施例の遊技機1では、時短遊技中には時短遊技中であることを表す演出を行うとともに、時短遊技の開始時には、「時短突入演出コマンド」あるいは「時短延長演出コマンド」をサブ制御基板220に送信することにより、遊技球が始動口17に入球し易い有利な遊技状態が開始されたことを、遊技者に強く印象づけることが可能となっている。以下、この点について詳しく説明する。
D.遊技状態の演出態様 :
図30は、本実施例の遊技機1において遊技状態が切り換わる様子を概念的に示した説明図である。図30(a)は、通常大当り図柄が停止表示されることによって大当り遊技が開始される場合に、遊技状態が切り換わりながら遊技が進行する様子を表している。通常大当り図柄が停止表示されたことによって大当り遊技が行われる場合は、図示されているように、大当り遊技が終了すると、図29に例示したような時短突入演出が行われ、その後、時短遊技が開始される。この時短遊技中は、図24に例示したような時短遊技演出が行われ、所定の時短遊技回数を消化すると、時短遊技を終了して通常の遊技状態に復帰する。
図30(b)は、小当り遊技を経由して大当り遊技が開始された場合を示している。小当り遊技から大当り遊技が開始された場合でも、通常大当り図柄の停止によって大当り遊技が開始された場合と同様に、大当り遊技が終了すると、図29および図25に示すような時短突入演出および時短遊技演出が行われ、所定の時短遊技回数を消化すると、時短遊技を終了する。
これに対して、突然時短大当り図柄が停止表示された場合には、次のように遊技状態が切り換わりながら遊技が進行していく。図30(c)は、通常遊技状態中に突然時短大当りが停止表示された場合を示している。特別図柄が突然時短大当りで停止表示されると、2R大当り遊技が行われるが、前述したように2R大当り遊技は、大入賞口31dがごく短時間、2回だけ開口するだけで、遊技球がほとんど払い出されることがなく直ぐに終了してしまう。しかも、特別図柄が突然時短大当り図柄で停止表示される時に、演出表示装置127で行われる演出は、外れ図柄が停止表示される場合と同じ演出が行われる。このため遊技者は、2R大当り遊技が行われたことに気が付かず、あたかも大当り遊技を経由することなく突然に時短遊技が開始されたかのように感じることになる。そこで、図29に示すような時短突入演出を、2R大当り遊技の終了時にも行うことで、突然に時短遊技が開始されたことを強く印象付けることが可能となり、遊技者の興趣を盛り上げることが可能となる。
また、時短遊技は所定の遊技回数を消化すると終了してしまうが、2R大当り遊技は遊技者に気付かれないまま終了して新たな時短遊技を開始することができることを利用すると、次のような遊技性を付加することが可能となる。例えば、時短遊技回数が100回であるものとして、50回の遊技を消化した時点で、突然時短大当り図柄が停止表示されたものとする。この場合、突然時短大当りによって開始される2R大当り遊技は、遊技者に気付かれないまま終了してしまい、新たに100回分の時短遊技を行うことが可能となるので、遊技者にとっては、残り回数が50回まで消化しつつあった時短回数が、突然、残り100回まで延長された様に感じられる。そこで、このような場合には、2R大当り遊技の終了後、時短延長演出を行った後、時短遊技演出を行うことで、時短遊技の期間が突然、延長されたことを遊技者に強く印象付けて、これにより遊技者の興趣を高めることが可能となる。図30(d)は、このように時短遊技状態中に突然時短大当りが停止表示された場合に、時短延長演出を行って、新たな時短遊技を開始する様子を表している。
以上に説明したように、本実施例の遊技機1では、従来の「羽根物」のような遊技を行いながらも、従来の「デジパチ機」のように大当り遊技の終了後は時短遊技を行うことが可能なことを利用して、羽根物主体の遊技を行っている最中に有利な遊技状態(時短遊技状態)に突然切り換わるような、新たな遊技性を発揮させることが可能となっている。加えて、時短遊技状態が開始される際には、その旨を遊技者に報知する演出を行うとともに、通常の遊技状態から時短遊技が開始される場合と、時短遊技状態から新たな時短遊技が開始される場合とで、時短遊技開始時に行う演出を異ならせて、それぞれに適した演出を行うことで、時短遊技が突然開始されたことをより一層強く遊技者に印象付けている。その結果、遊技者の遊技に対する興趣をより一層効果的に高めることが可能となっている。
E.変形例 :
E−1.第1の変形例 :
以上に説明した実施例では、時短遊技の消化中に2R大当り遊技が行われた場合には、単に、2R大当り遊技に応じて定められた遊技回数の時短遊技を行うものとして説明した。このような場合でも、何某かの時短遊技回数を消化した後に、新たな時短遊技を行うことになるので、時短遊技の期間は延長されている。しかし、時短遊技の消化中に2R大当り遊技を行った場合には、未消化のまま残っていた時短遊技回数に、新たな時短遊技の分を加えた遊技回数だけ、時短遊技を継続可能としてもよい。
図31は、第1の変形例の遊技機1において、時短遊技中に2R大当り遊技に伴う新たな時短遊技が開始された場合に行われる時短延長演出の様子を例示した説明図である。図示されるように、第1の変形例の遊技機1では、時短遊技の消化中に2R大当り遊技に伴う新たな時短遊技が開始される場合には、まず2R大当り遊技の発生時に未消化で残っていた時短遊技回数が表示され、続いて、その遊技回数に、新たな時短遊技回数を上乗せする旨が表示され、そして最後に、上乗せされた遊技回数の時短遊技を開始する旨が表示される演出を行う。このような演出を行うことにより、時短遊技の期間が突然延長されたことを遊技者により一層強く印象付けることができるので、それだけ遊技者の興趣をより効果的に盛り上げることが可能となる。
E−2.第2の変形例 :
更には、上述したように、いわゆるデジパチ機としての遊技性と、いわゆる羽根物としての遊技性とを兼ね備えた本実施例の遊技機1では、時短遊技中は特別図柄の変動表示時間を長くすることで、遊技者がより能動的に遊技に参加することが可能となり、より一層、遊技に対する興趣を高めることができる。以下では、このような第2の変形例の遊技機1について説明する。
図32は、第2の変形例の遊技機1で行われる特別図柄変動パターン設定処理の流れを示すフローチャートである。かかる処理も図22を用いて前述した特別図柄変動パターン設定処理と同様に、図15および図16を用いて前述した特別図柄遊技処理の中で、主制御基板200によって実行される処理である。
第2の変形例においても、特別図柄変動パターン設定処理を開始すると、特別図柄の当否判定結果が小当りか否かを判断する(S3380)。そして、小当りではないと判断された場合は(S3380:no)、特別図柄の変動時間が20秒に設定されている特別図柄変動パターンを選択し(S3382)、次いで、特別図柄の当否判定結果が大当りか否かを判断する(S3384)。当否判定結果が、大当りであると判断された場合は(S3384:yes)、更に、大当り態様が通常大当りか否かを判断し(S3385)、通常大当りであれば(S3385:yes)、中央装置100に設けられた演出表示装置127で行われる表示態様として、大当り用の変動表示態様を選択する(S3386)。ここで、大当り用の変動表示態様としては、図23に示したように、「ハート」、「○」、「×」の3種類の図柄を変動表示した後、「ハート」の図柄を停止表示するような表示態様が設定される。一方、大当り態様が通常大当りではない(すなわち突然時短大当りである)と判断された場合(S3385:no)、あるいは当否判定結果が大当りではないと判断された場合は(S3384:no)、外れ用の変動表示態様を選択する(S3388)。ここで、外れ(あるいは突然時短大当り)用の変動表示態様としては、図23に示したように、「ハート」、「○」、「×」の3種類の図柄を変動表示した後、「×」の図柄を停止表示するような表示態様が設定される。こうして、当否判定結果が当りの場合、若しくは外れの場合について、演出表示装置127の表示態様を決定したら、図32に示した第2の変形例の特別図柄変動パターン設定処理を終了する。
一方、当否判定結果が小当りであった場合は(S3380:yes)、今度は、普通図柄の変動時間短縮機能が作動中か否かを判断する(S3390)。前述したように、大当り遊技が終了すると、大当り遊技開始前に定められていた時短遊技回数を終了するまで、普通図柄の変動時間短縮機能が作動し、時短遊技回数を消化したら、変動時間短縮機能の作動が停止するようになっている。そこで、特別図柄の当否判定結果が小当りであった場合には(S3380:yes)、その小当りが、大当り遊技が終了して時短遊技中に発生した小当りか、あるいは、時短遊技が終了した後に発生した小当りかを判断するのである。そして、時短遊技が終了した後に発生した小当りであると判断された場合は(S3390:no)、特別図柄の変動時間が1秒に設定された特別図柄変動パターンを選択した後(S3396)、演出表示装置127で行われる表示態様として、小当り用の表示態様を選択して(S3378)、図32に示した第2の変形例の特別図柄変動パターン設定処理を終了する。ここで、小当り用の表示態様としては、図23に示したように、「ハート」、「○」、「×」の3種類の図柄を変動表示した後、「○」の図柄を停止表示するような表示態様が設定される
これに対して、小当りが、時短遊技中に発生したと判断された場合は(S3390:yes)、特別図柄の変動時間が5秒に設定された特別図柄変動パターンを選択する(S3392)。すなわち、時短遊技が開始されると、普通図柄の変動時間は短縮されるのに対して、特別図柄の変動時間は逆に、時短遊技中ではない場合の1秒間から5秒間に延長されることになる。そして、変動時間が延長された特別図柄変動パターンを選択した後(S3392)、演出表示装置127で行われる表示態様として、大当り遊技発生時の遊技条件を表す表示態様を選択した後(S3394)、図32に示した第2の変形例の特別図柄変動パターン設定処理を終了する。
図33は、時短遊技中に特別図柄の小当りが発生した場合に、演出表示装置127によって表示される表示態様を例示した説明図である。図示されているように、時短遊技中に特別図柄の小当りが発生した場合には、演出表示装置127には、その小当り遊技が大当り遊技に発展したときに行われる大当り遊技態様が表示される。例えば、図33(a)では、その小当り遊技から大当り遊技が開始された場合には、アタッカー(大入賞口31d)が開口する態様で、15ラウンドの大当り遊技が行われ、大当り遊技の終了後には、100回の時短遊技が行われる旨が表示されている。また、図33(b)では、その小当り遊技から大当り遊技が開始された場合には、羽根(中央装置100に設けられた可変入球口102)が開口する態様で、7ラウンドの大当り遊技が行われ、大当り遊技の終了後の時短遊技は行われない旨が表示されている。
図17および図18を用いて前述したように、特別図柄当否判定処理では、当否判定結果が小当りであった場合には(図18のS3312:yes)、小当り遊技の態様を決定するだけでなく(S3316)、その小当り遊技から大当り遊技が開始された場合に備えて、大当り遊技態様も決定している(S3318)。そして、このときに決定される大当り遊技の態様としては、図21に示されているように、大入賞口31dあるいは可変入球口102の何れを開口させて大当り遊技を行うか、あるいは大当り遊技時のラウンド数、更には、大当り遊技終了後の時短遊技回数などが決定されている。そこで、図32のS3394では、こうして決定された大当り遊技態様に対応する表示を選択するのである。尚、参考として図33(c)には、時短遊技の終了後に小当りが発生した場合に、演出表示装置127に表示される図柄も示されている。
図32に示した第2の変形例の特別図柄変動パターン設定処理では、以上のようにして、特別図柄の当否判定結果に応じて、また、当否判定結果が小当りであった場合には、その小当りが発生したときに普通図柄の変動時間短縮機能が作動していたか否かに応じて、特別図柄変動パターンを選択するとともに、中央装置100の演出表示装置127に表示される表示態様を決定した後、図15および図16に示した特別図柄遊技処理に復帰する。
図15を用いて前述したように、特別図柄遊技処理では特別図柄変動パターン設定処理から復帰すると、特別図柄変動パターン設定処理の中で決定しておいた演出表示装置127での表示態様を指定するコマンドを、サブ制御基板220に向かって送信する。図5に示されるように、サブ制御基板220には演出表示装置127が接続されており、主制御基板200からの表示態様指定コマンドを受け取ると、コマンドに指定された態様で、演出表示装置127に図形あるいは文字などを表示する。例えば、特別図柄の当否判定結果が大当りであった場合には、図23に示されるように、「ハート」、「○」、「×」の図柄を変動表示した後、特別図柄の停止表示に合わせて「ハート」の図柄で停止表示される。特別図柄の当否判定結果が外れであった場合は、「ハート」、「○」、「×」の図柄を変動表示した後、「×」の図柄で停止表示される。また、特別図柄の当否判定結果が小当りであり、その小当りが時短遊技中ではないときに発生したのであれば、演出表示装置127には「○」の図柄が停止表示される。これに対して、時短遊技中に小当りが発生したのであれば、小当り遊技から大当り遊技が開始された場合の大当り遊技態様に関する内容が表示されることになる。
以上に説明したように、第2の変形例の遊技機1では、時短遊技中に小当りが発生すると、普通図柄の変動表示時間は短縮されているにも拘わらず、特別図柄の変動時間が延長されるようになっている。加えて、特別図柄の変動表示時間が延長されている場合は、その小当り遊技を経由して大当り遊技が開始された場合の遊技態様に関する表示が、演出表示装置127に表示されるようになっている。このようにすることで、遊技者の興趣を効果的に高めることが可能となっている。以下、この点について詳しく説明する。
まず、第2の変形例の遊技機1では、3つの始動口17,18,19の何れかに遊技球が入球すると、特別図柄の当否判定が行われ、大当りが発生すると大当り遊技が開始され、大当り遊技の終了後は、定められた回数の時短遊技が行われる。こうした遊技性は、従来の「デジパチ機」と呼ばれる弾球遊技機と同じ遊技性となっている。また、小当りが発生した場合には、直ちに特別図柄が停止表示されて、中央装置100に設けられた一対の羽根部材102a,102bが開口状態となり小当り遊技が開始される。この小当り遊技は、中央装置100内に取り込まれた遊技球が内部で振り分けられて、特定領域141aを通過した場合には大当り遊技が開始されるものであり、従来の「羽根物」と呼ばれる弾球遊技機と同様の遊技性となっている。「羽根物」と呼ばれる弾球遊技機では、始動口に遊技球が入球すると直ちに羽根が開口することから、この「羽根物」の遊技性を損なわないようにするため、小当りが発生した場合の特別図柄の変動時間は短時間(ここでは1秒間)に設定されており、特別図柄が停止表示されると、直ちに可変入球口102(すなわち、一対の羽根部材102a,102b)を開口させている。
これに対して時短遊技中に小当りが発生した場合には、特別図柄の変動表示時間が延長されるようになっている。換言すれば、特別図柄の変動表示を直ちに停止して可変入球口102を開口させるのではなく、しばらくの間、特別図柄を変動表示させてから、可変入球口102を開口させるようになっている。この結果、始動口に遊技球が入球してから可変入球口102が開口するまでに、ある程度の時間が確保されるようになり、この時間を利用して、遊技者は可変入球口102に遊技球を入球させるか否かを判断したり、入球させる場合には可変入球口102を狙って遊技球を発射することが可能となる。
例えば、大入賞口31dが開口する大当り遊技が終了した直後では、暫くの間は時短遊技を行うことが可能である。そして時短遊技中は始動口17の開口時間が延長されるため、遊技球が入球し易くなっており、特別図柄の当否判定で大当りが出ることを狙い易い状態となっている。しかも、始動口17に遊技球が入球するたびに、賞球として所定数の遊技球が払い出されることから、この期間は、遊技球をほとんど減らすことなく遊技を行うことが可能である。従って、特別図柄の当否判定で小当りが出て、可変入球口102が開口したからといって、必ずしも可変入球口102に遊技球を入球させれば良いとは限らない。すなわち、大当り遊技の終了直後で、まだ多数の時短遊技回数が残っているのであれば、開口した可変入球口102に遊技球を入球させず小当り遊技を終了させ、時短遊技を継続しながら、特別図柄の当否判定で大当りが出ることを狙った方が有利であると考えられる。何故なら、小当り遊技から大当り遊技を開始したものの、時短回数が却って減少してしまう場合も起こり得るからである。特に、時短遊技中は始動口17に遊技球が入球し易くなっているので、特別図柄の当否判定は比較的頻繁に行われ、当否判定結果で大当りが得られる可能性は決して低いものではない。これに対して、時短遊技回数が残り少なくなってきた場合には、このような問題は生じないので、小当りが発生して可変入球口102が開口したら、小当り遊技から大当り遊技に移行することを狙って、可変入球口102に遊技球を入球させればよい。
このように、時短遊技中は、可変入球口102が開口したからといって遊技球を入球させれば良いと限られたわけではなく、遊技の状況に応じて、可変入球口102を狙った方が有利な場合と、可変入球口102を狙わずに小当り遊技を終了させた方が有利な場合とが存在する。従って、遊技者がこうした状況を判断しながら、有利なように遊技を進めることができれば、遊技者が遊技に能動的に参加することが可能となり、遊技者の興趣を大きく高めることが可能である。こうした観点からすると、通常の遊技状態での特別図柄の変動時間(ここでは1秒間)は短すぎると言うことができる。すなわち、通常の遊技状態での特別図柄の変動時間は、「羽根物」の遊技性を損なわないようにとの配慮から短い時間に設定されているのであるが、始動口の遊技球が入球すると、短時間で特別図柄の変動表示が終了して可変入球口102が開いてしまうので、開口した可変入球口102に遊技球を入球させるべきか否かを判断している時間がなく、また、たとえ瞬時に判断したとしても、遊技球を発射してから、その遊技球が可変入球口102に届くまでの間に可変入球口102が閉じてしまうので、結局は、絶えず遊技球を発射し続ける以外にないからである。
これに対して、第2の変形例の遊技機1では、時短遊技中に小当りが発生した場合には、特別図柄の変動時間が延長されるので、その分だけ、可変入球口102が開口するタイミングが遅くなり、遊技状況に基づいて可変入球口102に遊技球を入球させるか否かを判断する時間が確保され、判断結果を受けて発射した遊技球が可変入球口102に届くまでの間に、可変入球口102が閉じてしまうことも回避することができる。更に加えて、可変入球口102を狙うか否かの判断を瞬時に行った場合には、可変入球口102が開口する時期を狙って適切なタイミングで遊技球を発射することも可能となる。
以上に説明したように、第2の変形例の遊技機1では、時短遊技中は、普通図柄の変動時間が短縮されるのにも拘わらず、特別図柄の変動時間は逆に延長するという特異な構成を採用しており、その結果として、開口した可変入球口102に遊技球を入球させるべきか否かを遊技者に判断させることで、遊技者が能動的に遊技に参加させることを可能として、遊技者の興趣を大きく高めることが可能となっている。加えて、中央装置100の内部に演出表示装置127が設けられており、時短遊技中に小当りが発生した場合には、その小当り遊技から大当り遊技に移行した場合の遊技態様を、遊技者に報知することが可能となっている。このような演出表示装置127の表示を参照すれば、遊技者は、開口した可変入球口102に遊技球を入球させるべきか否かを、より適切に判断することが可能となり、より一層、遊技者の興趣を盛り上げることが可能となる。
以上、本発明について各種の実施の形態を説明したが、本発明はこれに限定されるものではなく、各請求項に記載した範囲を逸脱しない限り、各請求項の記載文言に限定されず、当業者がそれらから容易に置き換えられる範囲にも及び、かつ、当業者が通常有する知識に基づく改良を適宜付加することができる。
例えば、上述した実施例では、小当りが発生した場合には、中央装置100に設けられた可変入球口102が開口し、中央装置100の内部に設けられた特定領域141aを遊技球が通過した場合には、大当り遊技が開始されるものとして説明した。しかし、大入賞口31dの内部に特定領域141aを設けておけば、必ずしも中央装置100や可変入球口102を搭載していない遊技機でも、同様の遊技性を実現することが可能である。すなわち、特別図柄の小当りが発生した場合には、大入賞口31dを開口して小当り遊技を開始し、小当り遊技中に大入賞口31dから入球した遊技球が、内部に設けられた特定領域141aを通過した場合には、大当り遊技を開始するようにしても良い。あるいは逆に、大入賞口31dを搭載しない遊技機においても、大入賞口31dの代わりに可変入球口102を開口することとすれば、上述した遊技機1と同様の遊技性を実現することが可能である。
また、上述した実施例では、羽根物と呼ばれる弾球遊技機に倣って、3つの始動口17,18,19が設けられているものとして説明した。しかし、始動口の個数は3つに限られるものではなく、例えば、デジパチ機と呼ばれる弾球遊技機に倣って、チューリップ式の始動口17のみを設けることとしても良い。
更に、上述した実施例では、突然時短大当り遊技(2R大当り遊技)における大入賞口31dの1ラウンド当りの開口時間として0.2秒としていた。しかし、その開口時間は、賞球の払い出しを実質的に伴わない大当り遊技とすることができるのであれば、特に限定されるものではなく、遊技者が普通に遊技している状態(遊技球を普通に発射している状態)で、遊技球が大入賞口31dに入球する可能性が極めて低くなる時間であればよい。なお、賞球の払い出しを実質的に伴わない大当り遊技とするための、大入賞口31dの1ラウンド当りの開口時間としては、約0.1秒〜0.5秒の間で適宜選択するのが望ましい。
加えて、上述した実施例では、演出表示装置127を用いて時短遊技に係る報知を視覚的に行う例を説明したが、時短遊技に係る報知は視覚的な報知に限定されるものではない。例えば、演出表示装置127を設けずに、スピーカー5y,6cから発せられる音の種類によって時短遊技に係る報知を行ったり、あるいは、上述した実施例の視覚的報知と音による報知(聴覚的報知)とを組み合せて時短遊技に係る報知を行ったりしても良い。
更に加えて、上述した実施例では、中央装置100内に振り分け装置としてクルーン136が設けられた例を説明した。しかし、振り分け装置の形態は、クルーン136のように固定的な装置である必要性はなく、モーター等の電気的駆動源によって周期的に作動する可動部材の作用により遊技球を特定領域または非特定領域に振り分ける、可動式の振り分け装置であっても良い。
本実施例の遊技機の正面図である。 本実施例の遊技機に搭載された遊技盤の盤面構成を示す説明図である。 本実施例の中央装置の構成を概念的に示す説明図である。 本実施例の遊技機に搭載された変動表示装置の構成を示す説明図である。 本実施例の遊技機における制御回路の構成を示したブロック図である。 普通図柄が変動表示している様子を概念的に示した説明図である。 特別図柄が変動表示している様子を概念的に示した説明図である。 本実施例の遊技機で行われる遊技の大まかな流れを示したブロック図である。 主制御基板が遊技の進行を制御するために行う遊技制御処理の流れを示したフローチャートである。 普通図柄遊技処理を開始するか否かを判断するために行う処理の流れを示すフローチャートである。 普通図柄遊技処理の前半部分の流れを示すフローチャートである。 普通図柄遊技処理の後半部分の流れを示すフローチャートである。 普通電動役物停止処理の流れを示すフローチャートである。 特別図柄遊技処理を開始するか否かを判断するために行う処理の流れを示すフローチャートである。 特別図柄遊技処理の前半部分を示したフローチャートである。 特別図柄遊技処理の後半部分を示したフローチャートである。 特別図柄当否判定処理の前半部分を示したフローチャートである。 特別図柄当否判定処理の後半部分を示したフローチャートである。 特別図柄当否判定乱数と当否判定結果とを対応付けた当否判定テーブルを概念的に示した説明図である。 特別図柄当否判定処理の中で大当り図柄や大当り遊技の態様など決定するために参照される大当り遊技態様決定テーブルを概念的に示した説明図である。 特別図柄当否判定処理の中で小当り図柄や小当り遊技の態様を決定するために参照される小当り遊技態様決定テーブルを概念的に示した説明図である。 本実施例の遊技機で行われる特別図柄変動パターン設定処理の流れを示すフローチャートである。 中央装置に設けられた演出表示装置で、当否判定の結果に応じて行われる表示態様を例示した説明図である。 時短遊技中に演出表示装置によって行われている時短遊技演出の様子を例示した説明図である。 本実施例の遊技機が小当り遊技を行うために実行する小当り遊技処理の流れを示すフローチャートである。 本実施例の遊技機が大当り遊技を行うために実行する大当り遊技処理の前半部分の流れを示すフローチャートである。 本実施例の遊技機が大当り遊技を行うために実行する大当り遊技処理の後半部分の流れを示すフローチャートである。 時短遊技が開始される旨を遊技者に報知するために、演出表示装置に表示される演出用画面を例示した説明図である。 演出表示装置の画面上で、時短遊技の期間が延長された旨の演出が行われる様子を例示した説明図である。 本実施例の遊技機において遊技状態が切り換わる様子を概念的に示した説明図である。 第1の変形例の遊技機において、時短遊技中に突然時短大当り図柄が停止表示されて新たな時短遊技が開始された場合に行われる時短延長演出の様子を例示した説明図である。 第2の変形例の遊技機で行われる特別図柄変動パターン設定処理の流れを示すフローチャートである。 第2の変形例の遊技機で時短遊技中に特別図柄の小当りが発生した場合に、演出表示装置上に表示される表示態様を例示した説明図である。
符号の説明
1…パチンコ機、 17,18,19…始動口、
28…変動表示装置(図柄表示装置)、 100…中央装置、
102…可変入球口(特定入球口)、
127…演出表示装置(報知演出手段)、
200…主制御基板(抽選手段、第1の特別遊技開始手段、第2の特別遊技開始手段、始動口開口手段、開口時間延長手段)、 220…サブ制御基板

Claims (4)

  1. 遊技球の入球可能な複数の入球口が設けられた遊技盤に向かって、遊技球を発射することにより遊技を行う弾球遊技機において、
    遊技球の入球し得る通常状態と、該通常状態よりも入球の容易な開口状態とに切り換え可能な所定の入球口である始動口と、
    遊技球の入球し得ない閉鎖状態と、遊技球の入球し得る開口状態とに切り換え可能な所定の入球口である大入賞口と、
    前記閉鎖状態と開口状態とに切り換え可能に構成され、遊技球の通過可能な特定領域が内部に設けられた所定の入球口である特定入球口と、
    前記始動口に遊技球が入球すると、遊技の進行に関わる抽選を行う抽選手段と、
    前記始動口に遊技球が入球したことを契機として図柄の変動表示を行い、前記抽選の結果に応じた図柄で停止表示する図柄表示装置と、
    前記図柄表示装置で第1の当り図柄が停止表示された場合には、前記大入賞口を所定の第1の態様で開口させることによって、遊技者に有利な遊技状態である特別遊技を開始する第1の特別遊技開始手段と、
    前記図柄表示装置で第2の当り図柄が停止表示された場合には、前記特定入球口を開口状態とし、該特定入球口に入球した遊技球が前記特定領域を通過すると、前記大入賞口または特定入球口を開口させることによって、前記特別遊技を開始する第2の特別遊技開始手段と、
    遊技中に所定の条件が成立すると、所定時間だけ前記始動口を開口状態とする始動口開口手段と、
    前記特別遊技の終了後、前記図柄表示装置で図柄が停止表示される回数が所定回数に達するまで、前記始動口の開口時間を延長状態とする開口時間延長手段と
    を備え、
    前記第1の特別遊技開始手段は、前記図柄表示装置で第3の当り図柄が停止表示された場合には、前記大入賞口の開口時間が前記第1の態様よりも短い所定の第2の態様で、該大入賞口を開口させることにより特定遊技を開始し、
    前記開口時間延長手段は、前記特定遊技の終了後も、前記図柄表示装置で図柄が停止表示される回数が所定回数に達するまで、前記始動口の開口時間を延長状態とすることを特徴とする弾球遊技機。
  2. 請求項1に記載の弾球遊技機において、
    前記始動口の開口時間が延長状態とされている間は、前記図柄表示装置で図柄が変動表示される時間を延長状態とする図柄変動表示時間延長手段を備えることを特徴とする弾球遊技機。
  3. 請求項1または請求項2に記載の弾球遊技機において、
    前記開口時間延長手段の作動が開始されたことを遊技者に報知する演出を行う報知演出手段を備え、
    前記報知演出手段は、
    前記開口時間延長手段が未作動の状態で行われる遊技中に前記特定遊技が行われた後、前記開口時間延長手段の作動が開始された場合には、所定の第1の態様で報知する演出を行い、
    前記開口時間延長手段が作動した状態で行われる遊技中に前記特定遊技が行われた後、前記開口時間延長手段の作動が開始された場合には、所定の第2の態様で報知する演出を行うことを特徴とする弾球遊技機。
  4. 請求項1ないし請求項3の何れかに記載の弾球遊技機において、
    前記開口時間延長手段は、前記図柄表示装置で図柄が停止表示される回数が前記所定回数に達する前に前記特定遊技が開始された場合には、未消化の停止表示の回数と、該特定遊技に伴う前記所定回数とを加えた停止表示の回数に達するまで、該始動口の開口時間を延長状態とすることを特徴とする弾球遊技機。
JP2006205572A 2006-07-28 2006-07-28 弾球遊技機 Expired - Fee Related JP4736053B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006205572A JP4736053B2 (ja) 2006-07-28 2006-07-28 弾球遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006205572A JP4736053B2 (ja) 2006-07-28 2006-07-28 弾球遊技機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008029551A true JP2008029551A (ja) 2008-02-14
JP4736053B2 JP4736053B2 (ja) 2011-07-27

Family

ID=39119574

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006205572A Expired - Fee Related JP4736053B2 (ja) 2006-07-28 2006-07-28 弾球遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4736053B2 (ja)

Cited By (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009072384A (ja) * 2007-09-20 2009-04-09 Taiyo Elec Co Ltd 弾球遊技機
JP2009119071A (ja) * 2007-11-15 2009-06-04 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2009297194A (ja) * 2008-06-12 2009-12-24 Sammy Corp 弾球遊技機
JP2011045539A (ja) * 2009-08-27 2011-03-10 Daikoku Denki Co Ltd パチンコ遊技機
JP2011177572A (ja) * 2011-05-20 2011-09-15 Sophia Co Ltd 遊技機
JP2011189051A (ja) * 2010-03-16 2011-09-29 Takao Co Ltd 弾球遊技機
JP2011217840A (ja) * 2010-04-06 2011-11-04 Kyoraku Sangyo Kk パチンコ遊技機
JP2011235150A (ja) * 2011-07-25 2011-11-24 Taiyo Elec Co Ltd 弾球遊技機
JP2011235149A (ja) * 2011-07-25 2011-11-24 Taiyo Elec Co Ltd 弾球遊技機
JP4883820B1 (ja) * 2011-05-27 2012-02-22 豊丸産業株式会社 遊技機
JP2012245348A (ja) * 2012-01-16 2012-12-13 Toyomaru Industry Co Ltd 遊技機
JP2013226338A (ja) * 2012-04-27 2013-11-07 Daikoku Denki Co Ltd パチンコ遊技機
JP2014087609A (ja) * 2013-09-27 2014-05-15 Toyomaru Industry Co Ltd 遊技機
JP2014128613A (ja) * 2013-11-26 2014-07-10 Sophia Co Ltd 遊技機
JP2014168662A (ja) * 2014-01-09 2014-09-18 Sophia Co Ltd 遊技機

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6507630B2 (ja) * 2014-12-25 2019-05-08 サミー株式会社 ぱちんこ遊技機

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003126410A (ja) * 2001-10-23 2003-05-07 Aruze Corp 弾球遊技機
JP2003340005A (ja) * 2002-05-23 2003-12-02 Sankyo Kk 遊技機
JP2004154486A (ja) * 2002-11-08 2004-06-03 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2004229955A (ja) * 2003-01-31 2004-08-19 Heiwa Corp 遊技機
JP2005124949A (ja) * 2003-10-24 2005-05-19 Sankyo Kk 遊技機
JP2005177137A (ja) * 2003-12-19 2005-07-07 Daikoku Denki Co Ltd パチンコ遊技機

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003126410A (ja) * 2001-10-23 2003-05-07 Aruze Corp 弾球遊技機
JP2003340005A (ja) * 2002-05-23 2003-12-02 Sankyo Kk 遊技機
JP2004154486A (ja) * 2002-11-08 2004-06-03 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2004229955A (ja) * 2003-01-31 2004-08-19 Heiwa Corp 遊技機
JP2005124949A (ja) * 2003-10-24 2005-05-19 Sankyo Kk 遊技機
JP2005177137A (ja) * 2003-12-19 2005-07-07 Daikoku Denki Co Ltd パチンコ遊技機

Cited By (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009072384A (ja) * 2007-09-20 2009-04-09 Taiyo Elec Co Ltd 弾球遊技機
JP2009119071A (ja) * 2007-11-15 2009-06-04 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2009297194A (ja) * 2008-06-12 2009-12-24 Sammy Corp 弾球遊技機
JP2011045539A (ja) * 2009-08-27 2011-03-10 Daikoku Denki Co Ltd パチンコ遊技機
JP2011189051A (ja) * 2010-03-16 2011-09-29 Takao Co Ltd 弾球遊技機
JP2011217840A (ja) * 2010-04-06 2011-11-04 Kyoraku Sangyo Kk パチンコ遊技機
JP2011177572A (ja) * 2011-05-20 2011-09-15 Sophia Co Ltd 遊技機
JP4883820B1 (ja) * 2011-05-27 2012-02-22 豊丸産業株式会社 遊技機
JP2011235149A (ja) * 2011-07-25 2011-11-24 Taiyo Elec Co Ltd 弾球遊技機
JP2011235150A (ja) * 2011-07-25 2011-11-24 Taiyo Elec Co Ltd 弾球遊技機
JP2012245348A (ja) * 2012-01-16 2012-12-13 Toyomaru Industry Co Ltd 遊技機
JP2013226338A (ja) * 2012-04-27 2013-11-07 Daikoku Denki Co Ltd パチンコ遊技機
JP2014087609A (ja) * 2013-09-27 2014-05-15 Toyomaru Industry Co Ltd 遊技機
JP2014128613A (ja) * 2013-11-26 2014-07-10 Sophia Co Ltd 遊技機
JP2014168662A (ja) * 2014-01-09 2014-09-18 Sophia Co Ltd 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP4736053B2 (ja) 2011-07-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4736053B2 (ja) 弾球遊技機
JP4635171B2 (ja) 弾球遊技機
JP4403225B2 (ja) 弾球遊技機
JP4710093B2 (ja) 弾球遊技機
JP4848077B2 (ja) 弾球遊技機
JP5018677B2 (ja) 弾球遊技機
JP2009066275A (ja) 弾球遊技機
JP5067200B2 (ja) 弾球遊技機
JP2007021046A (ja) 弾球遊技機
JP4590605B2 (ja) 弾球遊技機
JP5223530B2 (ja) 弾球遊技機
JP4840714B2 (ja) 弾球遊技機
JP2007181741A (ja) 遊技機
JP2008067800A (ja) 弾球遊技機
JP4736061B2 (ja) 弾球遊技機
JP2006341064A (ja) 遊技機
JP4810709B2 (ja) 弾球遊技機
JP2009028365A (ja) 弾球遊技機および異常発生報知方法
JP2008149035A (ja) 弾球遊技機
JP5240329B2 (ja) 弾球遊技機
JP5240330B2 (ja) 弾球遊技機
JP2008142510A (ja) 弾球遊技機、および弾球遊技機の制御用数値設定方法
JP5585612B2 (ja) 弾球遊技機
JP5195976B2 (ja) 弾球遊技機
JP5573871B2 (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20071213

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20101118

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20101130

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110125

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110315

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110414

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140513

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140513

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees