JP2008175056A - 耐モーメント構造物と、支持部材と、建築方法 - Google Patents

耐モーメント構造物と、支持部材と、建築方法 Download PDF

Info

Publication number
JP2008175056A
JP2008175056A JP2008039942A JP2008039942A JP2008175056A JP 2008175056 A JP2008175056 A JP 2008175056A JP 2008039942 A JP2008039942 A JP 2008039942A JP 2008039942 A JP2008039942 A JP 2008039942A JP 2008175056 A JP2008175056 A JP 2008175056A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
support
web
void
strength
maximum allowable
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2008039942A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4261607B2 (ja
Inventor
Mark Amos Aschheim
アシュハイム・マーク・アモス
Original Assignee
Mark Amos Aschheim
アシュハイム・マーク・アモス
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US08/927,574 priority Critical patent/US6012256A/en
Application filed by Mark Amos Aschheim, アシュハイム・マーク・アモス filed Critical Mark Amos Aschheim
Publication of JP2008175056A publication Critical patent/JP2008175056A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4261607B2 publication Critical patent/JP4261607B2/ja
Expired - Lifetime legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04CSTRUCTURAL ELEMENTS; BUILDING MATERIALS
    • E04C3/00Structural elongated elements designed for load-supporting
    • E04C3/02Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces
    • E04C3/04Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal
    • E04C3/08Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal with apertured web, e.g. with a web consisting of bar-like components; Honeycomb girders
    • E04C3/083Honeycomb girders; Girders with apertured solid web
    • E04C3/086Honeycomb girders; Girders with apertured solid web of the castellated type
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04BGENERAL BUILDING CONSTRUCTIONS; WALLS, e.g. PARTITIONS; ROOFS; FLOORS; CEILINGS; INSULATION OR OTHER PROTECTION OF BUILDINGS
    • E04B1/00Constructions in general; Structures which are not restricted either to walls, e.g. partitions, or floors or ceilings or roofs
    • E04B1/18Structures comprising elongated load-supporting parts, e.g. columns, girders, skeletons
    • E04B1/24Structures comprising elongated load-supporting parts, e.g. columns, girders, skeletons the supporting parts consisting of metal
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04BGENERAL BUILDING CONSTRUCTIONS; WALLS, e.g. PARTITIONS; ROOFS; FLOORS; CEILINGS; INSULATION OR OTHER PROTECTION OF BUILDINGS
    • E04B1/00Constructions in general; Structures which are not restricted either to walls, e.g. partitions, or floors or ceilings or roofs
    • E04B1/18Structures comprising elongated load-supporting parts, e.g. columns, girders, skeletons
    • E04B1/24Structures comprising elongated load-supporting parts, e.g. columns, girders, skeletons the supporting parts consisting of metal
    • E04B1/2403Connection details of the elongated load-supporting parts
    • E04B2001/2415Brackets, gussets, joining plates
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04BGENERAL BUILDING CONSTRUCTIONS; WALLS, e.g. PARTITIONS; ROOFS; FLOORS; CEILINGS; INSULATION OR OTHER PROTECTION OF BUILDINGS
    • E04B1/00Constructions in general; Structures which are not restricted either to walls, e.g. partitions, or floors or ceilings or roofs
    • E04B1/18Structures comprising elongated load-supporting parts, e.g. columns, girders, skeletons
    • E04B1/24Structures comprising elongated load-supporting parts, e.g. columns, girders, skeletons the supporting parts consisting of metal
    • E04B1/2403Connection details of the elongated load-supporting parts
    • E04B2001/2448Connections between open section profiles
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04BGENERAL BUILDING CONSTRUCTIONS; WALLS, e.g. PARTITIONS; ROOFS; FLOORS; CEILINGS; INSULATION OR OTHER PROTECTION OF BUILDINGS
    • E04B1/00Constructions in general; Structures which are not restricted either to walls, e.g. partitions, or floors or ceilings or roofs
    • E04B1/18Structures comprising elongated load-supporting parts, e.g. columns, girders, skeletons
    • E04B1/24Structures comprising elongated load-supporting parts, e.g. columns, girders, skeletons the supporting parts consisting of metal
    • E04B2001/2487Portico type structures
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04CSTRUCTURAL ELEMENTS; BUILDING MATERIALS
    • E04C3/00Structural elongated elements designed for load-supporting
    • E04C3/02Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces
    • E04C3/04Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal
    • E04C2003/0404Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal beams, girders, or joists characterised by cross-sectional aspects
    • E04C2003/0408Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal beams, girders, or joists characterised by cross-sectional aspects characterised by assembly or the cross-section
    • E04C2003/0413Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal beams, girders, or joists characterised by cross-sectional aspects characterised by assembly or the cross-section being built up from several parts
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04CSTRUCTURAL ELEMENTS; BUILDING MATERIALS
    • E04C3/00Structural elongated elements designed for load-supporting
    • E04C3/02Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces
    • E04C3/04Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal
    • E04C2003/0404Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal beams, girders, or joists characterised by cross-sectional aspects
    • E04C2003/0408Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal beams, girders, or joists characterised by cross-sectional aspects characterised by assembly or the cross-section
    • E04C2003/0413Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal beams, girders, or joists characterised by cross-sectional aspects characterised by assembly or the cross-section being built up from several parts
    • E04C2003/0417Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal beams, girders, or joists characterised by cross-sectional aspects characterised by assembly or the cross-section being built up from several parts demountable
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04CSTRUCTURAL ELEMENTS; BUILDING MATERIALS
    • E04C3/00Structural elongated elements designed for load-supporting
    • E04C3/02Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces
    • E04C3/04Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal
    • E04C2003/0404Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal beams, girders, or joists characterised by cross-sectional aspects
    • E04C2003/0408Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal beams, girders, or joists characterised by cross-sectional aspects characterised by assembly or the cross-section
    • E04C2003/0421Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal beams, girders, or joists characterised by cross-sectional aspects characterised by assembly or the cross-section comprising one single unitary part
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04CSTRUCTURAL ELEMENTS; BUILDING MATERIALS
    • E04C3/00Structural elongated elements designed for load-supporting
    • E04C3/02Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces
    • E04C3/04Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal
    • E04C2003/0404Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal beams, girders, or joists characterised by cross-sectional aspects
    • E04C2003/0426Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal beams, girders, or joists characterised by cross-sectional aspects characterised by material distribution in cross section
    • E04C2003/0434Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal beams, girders, or joists characterised by cross-sectional aspects characterised by material distribution in cross section the open cross-section free of enclosed cavities
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04CSTRUCTURAL ELEMENTS; BUILDING MATERIALS
    • E04C3/00Structural elongated elements designed for load-supporting
    • E04C3/02Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces
    • E04C3/04Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal
    • E04C2003/0404Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal beams, girders, or joists characterised by cross-sectional aspects
    • E04C2003/0443Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal beams, girders, or joists characterised by cross-sectional aspects characterised by substantial shape of the cross-section
    • E04C2003/0452H- or I-shaped
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04CSTRUCTURAL ELEMENTS; BUILDING MATERIALS
    • E04C3/00Structural elongated elements designed for load-supporting
    • E04C3/02Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces
    • E04C3/04Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal
    • E04C2003/0404Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal beams, girders, or joists characterised by cross-sectional aspects
    • E04C2003/0443Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal beams, girders, or joists characterised by cross-sectional aspects characterised by substantial shape of the cross-section
    • E04C2003/0465Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal beams, girders, or joists characterised by cross-sectional aspects characterised by substantial shape of the cross-section square- or rectangular-shaped

Abstract

【課題】本発明の目的は、地震や衝撃や他の激しい一時的な原因等の一時的な荷重に変形可能に抵抗するための、経済的かつ信頼性のある構造システムを提供することである。
【解決手段】支持部材3のウェブ4内に配置される1つ以上の空所6a−6fによって決定される多数の分散型領域の使用によって変形能力が高められる。空所は、臨界応力に達した時、分散型領域が非弾性的に変形することを保証するサイズと形状と構成のものであり、それによって構造的なヒューズの作用を発展させ、溶接接合部または隣接する熱影響部の破壊を生じさせるのに充分な応力及びひずみ必要量の発生を防止する。支持部材は構造物の残りの部分に取り外し自在に接続されてよく、非弾性変形の後の交換を容易にする。機械設備と電線等が空所を通り抜けることができる。
【選択図】図2

Description

本発明は耐モーメント構造物と、支持部材(Sustainer)と、特に高強度の一時的な荷重に変形可能に抵抗するための建築方法に関する。一時的な荷重とは地震や衝撃または他の激しい一時的な原因のために生じるものであってよい。構造物及び支持部材は建物や橋、または他の公共事業・陸上車両・船舶・航空機・宇宙船・機械類・その他の構造システムあるいは装置内に含むことができる。支持部材は断面方向の荷重に抵抗し、根太や桁・梁・柱等の構造の他の成分、あるいは断面方向の荷重に抵抗する他の部材を支持または維持する剛体の部材である。構造物または支持部材は鋼・鉄・アルミニウム・銅・青銅等の金属、あるいは木材または木材製品、あるいはコンクリートやプラスチック・他の重合体・ガラス繊維または炭素繊維複合材料・セラミックス、あるいは他の材料またはこれらの材料や他の材料を含む組み合わせで構成することができる。
鋼構造物は、大部分が研究室や現地調査において観察される鋼部材の実質的な変形能力のために、構造技術者や建築家によって一般に地震活動に対する優れた抵抗を提供するものとみなされている。しかしながら、1994年のノースリッジ(Northridge)の地震は、ロサンジェルス(Los Angeles)地域において鋼製の耐モーメント性枠組構造物に予期されなかった過酷な広範囲の損傷を生じさせた。鋼製の耐モーメント性枠組に対する損傷の多くが、鋼製の梁と柱との溶接接合部付近で発生した。一部の建物では、溶接接合部において、または溶接部に隣接した梁または柱材料において、80%以上の接合部に脆性破壊があったことが見い出された。重要なことは、破壊の原因を決定し、新しい鋼構造物の設計のために、また既存の鋼構造物の復元のために適用できる解決策を決定するために、多数の実験的研究調査及び分析的研究調査が開始されたことであった。
日本人も鋼構造物が地震に対する優れた抵抗力を有していると考えていたが、神戸を襲った1995年の地震後、ロサンジェルスにおいて観察されたものと同様に接合部付近に脆性破壊が見つかった。サンフランシスコ湾岸地域(San Francisco Bay Area)の鋼建築物の最近の検査でも、破壊された桁‐柱の接合部が観察され、それはおそらく1989年のロマ・プリエタ(Loma Prieta)地震によって生じたものであろう。
これらの破壊の原因は以下のあり得る原因に起因すると考えられる:溶接手順と溶接条件、及び裏当金とエンドタブの使用・梁と柱材料の特性・溶接部付近で三軸拘束を発展させる構成。破壊は下部フランジ溶接部付近でより頻繁に発生し、これは下部フランジへの物理的なアクセスが妨げられることにより、また梁の上の床が上部フランジを保護し、下部フランジがより大きな力と変形要求を経験するように強いることにより、許容できる溶接部を達成することが困難であることから生じると考えられる。材料特性に関しては、材料の破壊靱性及び溶接材料の溶着速度・柱フランジの材料特性における厚み方向の変化に注意が向けられる。これらの潜在的な原因に加えて、応力やひずみの集中は当然梁と柱間の接合部等の接合点において発生する。上述の可変要因のために、梁と柱間の接合部の強度を確実に予測することができず、概算することしかできないことが解る。
破壊の原因とそれに対するあり得る解決策の研究が進行中である。実物大の試験休による研究室試験は小さな変形で破壊し、現場で見られる現象を再生した。破壊された接合部の修復のための、既存の、未損傷の接合部の復元のための、また新しい構造物の設計のための、各技術が試験されている。これらのうちの最善のものでさえ、変形能力に限度があり、高価であり、信頼できないかもしれない。
現在までに調査されたアプローチ及び解決策は、(1)溶接材料及び溶接手順の制御を通して、材料の変形特性の改善を達成すること、(2)梁及び/または柱材の一部分を取り除くことによって、溶接部付近の部分を「軟化」することにより、三軸拘束状態を解除すること、(3)梁内ではなく接合部内で非弾性変形が発生することを念頭に設計された、靱性接合部のための新たな詳細を提供すること、(4)梁と柱間の接合部から離れた領域で梁の非弾性的な曲げ変形が発生するように、特定の位置で梁フランジを弱めること、(5)非弾性的な曲げ要求を柱面から離して梁に移すために接合部を補強すること、及び(6)前述の事項の組み合わせに関係する。これらのアプローチの一部((3)、(4)、(5))に対しては、低い荷重で変形するか、または可塑化(plastify)する弱い部材を提供することによって、接合部が非弾性から保護される。
耐地震構造設計における基本教義は、構造物が靱性のある非弾性的な様式で応答するように設計され、詳細が決められた場合、構造物の重量及び費用の節約を達成することができることである。耐地震構造設計における第2の基本教義は、靱性のある非弾性的な応答が、柱ではなく、桁や梁の枠材に位置する可塑性継手(plastic hinge)領域で発生するのが好ましい。この第2の教義の理由は、それが可塑性継手を発生させた場合、柱の完全性が割引きされ、これはその上で支えられているかもしれない多数の床の安定性を危険にさらし得ることに関するものである。既存の設計のプラクティスでは柱に隣接して、桁や梁内に可塑性継手領域を形成しており、これらの教義と一致している。
市場の力のために、またこの構造システムが豊富な変形能力を有しているという誤った信念のために、地震が発生しやすい地域で鋼モーメント枠が頻繁に使用された。おそらくこの信念のために、この構造システムに固有の不都合が見落とされたか、あるいは黙許された。
次のことに留意すべきである。
・地震による荷重を被った枠体は、その最も脆弱な場所‐溶接接合部と熱影響部がある梁と柱間の接合部で最大の応力・ひずみ量を経験する。
・建築用に提供された鋼は設計において仮定された強度とは異なる強度を有するかもしれない。梁の強度が比較的高い場所では、可塑性継手が柱において発生するという兆候が増大する結果として生じる。
・下にある梁によって支えられる床スラブの存在が、スラブ−梁複合体の曲げ強度を増大させ得る。この予期されない強度は可塑性継手が柱内で発生させられるという望ましくない影響を有するかもしれない。
・比較的小さな場所(可塑性継手)への非弾性の集中で、材料が非常に大きなひずみ量を局部的に経験することが必要になる。非弾性量をそれより大きな体積の材料に分散させることで局部的な量を減少させ、構造物の変位能力を高めるであろう。
・穴の開けられていない桁や梁を使用する従来の慣行では、天井と構造的な枠組み間に供給電線などのための付加的な空間の提供を必要とする。
・従来の慣行は地震後の構造物の修復の備えをしていない。建物の取り替え保証や厄介な修復に関して、修理は高くつくものであるかもしれない。
破壊問題に対処しようとする試みは、上述の不都合にも関わらず、曲げ降伏パラダイムに一貫して取り組んできた。
溶接部と基礎材料の品質の改善、または可塑性継手が接合部を離れて梁内に発展するのを助長するのに適するように、接合部強度を増大させることは費用がかかる。
三軸拘束を解除するのに必要な細部も高価なものである。実験による証拠は、これらの技術が中間レベルの靭性能力しか提供しないこと、梁・柱接合部においてピーク応力が続いて発生すること、及び接合部の靭性能力にとって溶接品質が格別に重要であることを示している。
梁または柱においてではなく、接合部本体において降伏を促進することによって接合部を過剰応力から保護するために、接合部についての細部が他に提案されている。これらの接合部は現場で実施するには高くつき、建物の剛性に影響し、それは次に必要な横方向の設計強度とその変位応答と変形能力要求に影響する。しばしば桁や梁枠組みを柱の様々な側面に対して同時に支えるためにこれらの接合部を構成することができない。
柱との接合部からずれた位置に可塑性継手を生じさせるように、フランジの断面を減少させることによって梁を意図的に弱めてもよく、それは非弾性作用を脆性破壊が始まるかもしれない溶接された梁・柱接合部から離れるように引き寄せようとするやりがいのある試みを表している。しかしこのアプローチは次のような不都合を有する:(1)フランジを梁の各々の端の4ヵ所で切断するのは比較的費用のかかることであること;(2)既存の建物の復元に際して床スラブが存在するかもしれない上部フランジを切断するのは実用的ではないこと;(3)可塑性継手領域が柱から挿入されるので、それらは構造物の同じ変位を達成するためにより大きな変形に曝されること;(4)減少したモーメント容量を有する断面がシステムに適切な強度を提供するために、重くて高価な梁を使用しなければならないこと;(5)フランジ材料の除去が梁の安定性を低下させること;及び(6)フランジの切断が不正確に実行されたことを認識させる、フランジ材料の非対称的な切除が不安定さを誘発し、更に変形能力を制限すること。
前述のアプローチは鋼製耐モーメント枠組を改善するための最近の提案に関係する一方、その他の耐震設計に対する取り組みも議論する価値があり、本発明に関係する。
偏心した斜め材の入った鋼製枠組が1970年代と1980年代にPopovによって開発された。このシステムでは、筋違と梁‐柱の作業点間で偏心を発生させるために、斜めの筋違が梁と柱間の接合部からずれている。これは梁の短い部分に高い剪断力を誘発し、強い横方向の運動下に、その部分を主として剪断力において降伏させる。この連結梁の剪断降伏は意図された領域と非弾性応答モードにおいてだけである。連結梁が耐えることができる大きな剪断ひずみが、システムの非弾性変形能力を提供する。偏心した斜め材の入った枠組が多数の構造物に使用されており、その一部はノースリッジ地震に揺さぶられたが、非常にうまく機能したと報告されている。その高い費用と、床スペースの利用を妨げる斜め筋違の存在によって、このシステムを広範囲に適用することが制限されている。溶接部の品質に関するさらなる制御を提供するためにこのシステムが必要になってくるにつれて、このシステムの費用は増大傾向にある。曲げ降伏システムについては、非弾性度域の数が比較的少なく、寸法が小さいので、偏心した斜め材の入った枠組では比較的高い局部的な要求ひずみが求められる。
耐震構造に対する別のアプローチも開発されている。補足的な制動装置の使用について特に関心が持たれている。このような装置の1つであるADAS部材は、曲げ降伏が部材の端付近の離れた領域ではなく、材料の体積に亙って非弾性応答を発生させるように、漏刻形に構成される。別の装置は鋼板が剪断により降伏するようにさせる。中島は、多数の荷重サイクルに亙って大きなひずみに対する安定した延性のあるヒステリシス応答を含む、地震に対する応答を制御する目的のために、このように使用された鋼に対する非常に望ましい特性を報告している。この装置は振動する構造物と剛体枠組の間に位置付けられるであろう。別のアプローチは、付加的な剛性と制動をもたらすために、基礎隔離軸受の中心に鉛プラグを組み込む。これら3つの方法は全て研究室では優れた性能を示したが、これらの装置を使用するために支持システムが必要な場合には、かなりの費用と建築学的な調節を必要とする。更にこれらの方法は実施するために専門的な知識と分析を必要とする。これらの見地によって、主流の建築においてこれらの方法が使用されるのが妨げられている。
損害が生じた地震の後では、それが将来の地震に耐えられるかどうか、あるいは修理またはより大規模な復元が必要であるかどうかを決定するために、構造システムの完全性の評価が通常必要である。既存の基準は範囲が充分広くはなく、能力の損失があったとして、それを正確に決定することは不可能であるので、技術者の判断に頼ることになる。従来の構造システムは損傷を受けた部材の交換のために設計されていないので、選択の余地は限られている。一般に代替構造システムにおいて補足的制動装置を交換することは容易であるが、他の見地からそれらの幅広い受け入れを妨げている。
本発明の目的は、新規の構造物ならびに既存の構造物の復元の両者に利用できる、地震や衝撃や他の激しい一時的な原因等の一時的な荷重に変形可能に抵抗するための、経済的かつ信頼性のある構造システムを提供することである。本発明は空所と協動する分散型領域を決定して変形可能な抵抗を作り出すために、支持体の長手方向に沿った剪断力の実質的に均一な分布を利用するものである。
本発明の付加的な目的及び利点は以下の通りである:
(a)かなりの量の歪曲振動エネルギーを吸収するまたは分散させることができる分散型領域を提供すること;
(b)梁ウェブの全長に亙って分布した大きな変形要求に耐えることができる分散型領域を提供すること;
(c)主に二軸または平面応力状態に曝され、それによって材料の延性とひずみ能力を制限する従来の梁・柱接合部において発生する三軸拘束状態を防止する分散型領域を提供すること;
(d)多数の分散型領域への非弾性度の普及を生じさせるために、材料のひずみ硬化特性を好都合に使用し、材料や技量や荷重変動による理想的な状態からの逸脱のためにひずみ集中が発展する傾向をずらし、それによって変形能力を有するための頑丈なシステムを得ること;
(e)部材の全長に亙って位置する多数の分散型領域に変形要求が分布するので、構造材料の効率的な使用を行なって、変形要求が局部的な領域に集中することとこれらの領域における材料の消耗の可能性とを避けること;
(f)ウェブの降伏によって、梁・柱接合部において抵抗される力と曲げモーメントを調整し、それによって過度であれば、つまり梁・柱接合部の強度能力を超える場合、溶接部または隣接する梁または柱材料の脆性破壊をおそらく生じさせるであろう応力・ひずみ要求から梁・柱接合部を保護する、構造的なヒューズを提供すること;
(g)変形する分散型領域と関連する減少した力や曲げモーメントに対して、溶接部または隣接する梁または柱材料の破壊を防止し、それによって現行作業での要求と費用を避けるために、溶接部だけが充分な品質のものであるという要件;
(h)現行作業において必要な費用なしに、梁・柱接合部において抵抗される力と曲げモーメントを調整することによって、非弾性要求が接合部から離れて梁において発生するように強いるのに充分な強度の接合部を達成すること;
(i)梁・柱接合部において抵抗される力と曲げモーメントを調整することによって、比較的厚い柱フランジの悪い材質のために、過度であれば、柱フランジの脆性破壊を生じさせたかもしれない応力・ひずみ要求を制限すること;
(j)梁・柱接合部において抵抗される力と曲げモーメントを調整することによって、梁の強度が柱の強度を超えるかもしれない可能性を減少させ、それによって可塑性継手が柱内で発生するのを防止する助けをすること;
(k)梁によって支えられるかもしれない剪断力が調整されるので、梁の曲げ強度に対する床スラブの寄与によって柱内で非弾性度を発生させるかもしれない可能性を減少させること;
(l)全体に同じ材料で構成された梁を利用し、材料強度の可変性が非弾性応答モードまたは位置の不確実性に導く可能性を減少させ、それによって梁の剪断力を接合部の曲げ強度に比例して変化させること;
(m)桁と梁の強度を調整することによって、三次元構造と、桁、梁、柱の相互作用とから生じる複雑さを減少させること;
(n)斜め部材の使用を必要としないことで、床スペースの使用における融通性を達成すること;
(o)梁ウェブ内に穴を設け、その穴を通して機械設備や電線等を通し、それによって階の高さを減少させ、建物の高さに対する建築規制のある地域において、より多くの階を有する建物を建築することができるようにすることにより、材料要件及び費用を減少させること;
(p)損害を与えた地震の後、梁の交換を準備することによって、構造物の横方向の力に抵抗する特質を迅速かつ経済的に復元させること;
(q)あるいは構造システムの変位能力を改善するためにフランジを切断するか、他の手段を提供するために必要な費用に比べて、経済的にウェブ開口部を制作することができること;
(r)他の改装部品技術を実施するために必要な努力と費用に比べて、経済的に既存の構造物にウェブ開口部を導入することができること;
(s)他の構造システムに比べて、設計上の力と変位とを決定する目的のために、構造システムを容易にモデル化することができること;
(t)1つ以上の空所が構造システムの剛性にわずかな、または無視できる影響しか及ぼさないので、他のシステムに比べて構造システムを容易に設計することができること;及び
(u)非弾性応答が発展する場所と非弾性応答モードを確実に特定し、それによって構造物の変位能力と応答特性を制御する能力を技術者に与えられるように、構造技術者に与えられる自由度。
これらの目的は、1つ以上の空所が非弾性的に変形することができる分散型領域を規定する支持部材を含む構造物を提供することによって、本発明により達成される。支持部材のウェブは、弾性的なままであることが望まれる構造システムの他の部材や接合部が実質的に弾性的であるように、1つ以上の空所を有する支持部材の強度を充分低下させるために、充分な大きさと形状と構成の1つ以上の空所を有する。このように空所を有する支持部材の強度が他の構造部材や接合部に与えるかもしれない力や応力を調整し、従って構造上のヒューズとして作用する。従って、1つ以上の空所を有するこれら複数の支持部材を有することで、どこかで、そうでなければ脆性挙動や破壊や他の望ましくない挙動を生じさせるかもしれない強度に応力が達するのを防止する。
従って、1つ以上の空所を有する支持部材を永久的に取り付けることができ、あるいは一時的な荷重の結果としてかなりの非弾性的ひずみを被った支持部材を交換することによって構造システムの完全性を復元させることができるように、支持部材の交換を容易にするように取り付けることができる。
図1は従来の建物用構造システム1の立面図を示す。図1に認められるのは、柱2と梁3等の支持部材である。現在の慣行及び建築規則は、設計者に対し、設計すべき構造システム1の一部分または全部を選択する権限を、詳細には、特に地震や衝撃または他の激しい一時的な原因のために生じる荷重に対する抵抗力を構造物に付与することを認めている。
以下の実施例における支持部材は、激しい一時的な荷重に対する変形可能な抵抗力が望まれる、建物や橋、または他の公共事業・陸上車両・船舶・航空機・宇宙船・機械類・その他の構造システム及び装置において使用することができる。
好適実施形態
図2は梁のどちらかの端において柱2に剛的接続される梁3等の支持部材を示している。梁3はウェブ4とフランジプレート5、5’より成る。ウェブ4は、円形断面を有する空所6a等の多数の空所によって貫通されている。好適実施形態は一列の均一な空所を使用し、各々の空所は実質的に円形断面を有し、空所はフランジ間の実質的に中央に置かれ、梁の長さに沿って分布している。
隣接する柱にその両端が剛的に固定された鋼の広幅フランジ梁が、中間に湾曲点を有する柱によってのみ付与された荷重と変形に曝されることを考えてみよう。柱との接合部においてフランジ内で発展するピーク垂直応力は、最大許容可能な要求としても知られる、名目目標値fsに制限されることが望ましく、それは鋼材料の降伏強さより小さくてよい。普通の寸法の梁はfsを充分超える応力を発生させるのに充分な剪断強度を有するので、梁ウェブが降伏するように開口部が設けられ、それによってフランジ内の応力が名目目標値fsを超えるのを防止する。名目目標値fsは、もちろん、接合部の予測強度より小さい。名目目標値が予測強度より大きければ、大きな一時的荷重に曝された場合、梁ウェブの変形前に接合部に対する損傷が発生し得る。
円形断面を有し、フランジ間の中間に一列に配置された整数の均一な空所のサイズと間隔は、以下の2つの基準を使用して決定することができる。
第1の基準は、空所の位置で梁に対して横断方向に作用する梁部分の剪断強度を考慮する。第2の基準は梁の長手方向の空所の位置におけるウェブの剪断強度を考慮する。これらの基準による降伏の変形特性が異なり、また空所の寸法や形状、構成の選択を通して、空所を含む断面の相対的強度を調整することによって、1つの基準または他の基準に従って変形する傾向を変化させることができると考えられる。
受け入れられている慣行によれば、低下させていない梁の剪断強度はfvwdによって近似することができ、fvは剪断における鋼材料の降伏応力であり、twはウェブの厚みであり、dは梁の幅である。同様に、応力fsの発展に対応するモーメントMはfsSで与えられ、Sは梁の断面係数である。梁が柱の面において逆屈曲のモーメントを発生するためには、梁が2M/Lに等しい剪断力Vを有することが必要で、Lは対向する柱の直近の面間の明らかな距離である。空所の位置で梁に対して横断方向に作用する梁の剪断強度(第1の基準)は、各々の空所の直径がd’の場合、fvw(d−d’)によって近似することができる。このように、目標応力fsの発展に名目上対応する荷重で梁を降伏させるために、空所の直径d’はd−V/(fvw)に設定すべきである。Vを置換すると、空所の直径d’はd−(2fsS)/(fvwL)と設定することができる。
受け入れられている慣行によると、曲げ抵抗Mを提供し、また梁のウェブによって均衡化される張力及び圧縮力は、ほぼM/dまたはfsS/dに等しい。逆曲げ状態に対しては、空所が2fsS/dを伝達しなければならない。空所が直径d’を有するとすれば、空所の位置におけるウェブの強度は略fvw(L−nd’)によって与えられ、nは円形空所の数である。このように、第2の基準は開口部nd’の総幅がL−(2fsS)/(fvwd)であるべきであることを暗示している。直径d’を有する空所に対しては、上記の式はL/dを近接に近似するために整数の空所を必要とするものである。
次に、これら1つ以上の空所を支持部材のウェブに導入する。空所の導入方法は、ぎざぎざの付いた切断・さく孔・鋸引き・ガウジング、または鋳込み、または圧延もしくは他の手段、或いはぎざぎざの付いた梁を加工するのに用いられる手段によるものであってよい。研削によって、溶接材料の溶着によって、あるいはおそらく溶接部を含む付加的な材料で補強することによって、1つ以上の空所の周囲を変化させるか滑らかにしてもよい。1つ以上の空所を有する支持部材を作製する他の変形も存在し、それらは当業者には自明であろう。
建設方法
本発明の建設方法は、地震や衝撃または他の激しい一時的な原因のために生じる荷重に対する変形可能な抵抗力を提供する構造物を達成するために、ウェブ内に1つ以上の空所を有する支持部材を、空所を有していても有していなくてもよい、隣接する支持部材に固定することである。支持部材は現場で構造物を建設する時に、おおむね最終的な望ましい構成に接続されてよい。あるいは、建設前に構造物の部分またはその全体が接続されていてもよく、残りの接合部は現場でおおむね最終的な望ましい構成に作られる。
本発明の第2の建設方法は、建物等の既存の構造物の支持部材内に1つ以上の空所を導入し、それによって地震や衝撃または他の激しい一時的な原因のために生じる荷重に対する変形可能な抵抗力を提供することができる構造物を達成することである。1つ以上の空所が非弾性的に変形することができる分散型領域の場所を決定する。
代替建設方法は、既存の構造物において非弾性変形を経験した支持部材を1つ以上の空所を有する支持部材と交換することである。
本発明の精神及び範囲内でのこれらの架設方法の変形、及び特定の環境への適応は当業者には自明であろう。
代替実施形態
支持部材のウェブ内の1つ以上の空所は、発明の目的を達成するどのような寸法・形状・構成を有していてもよい。提供した特殊な実施例は発明をより完全に立証するためのものであって、発明の精神及び範囲内で多数の変形が当業者に自明であるので、その範囲を制限するものではない。
例えば、1つ以上の空所は、図3に示すような六角形断面を有する空所6b等の多角形断面を有していてよい。1つ以上の空所は、図4に示すような楕円形の空所6c等、曲線断面を有していてよい。1つ以上の空所は、図5に示す空所6d等の三角形断面を有していてよい。1つの支持部材は、図6に示すような様々な形状の空所を組み合わせていてもよく、この場合空所6dは三角形断面を有し、空所6eは菱形断面を有している。
一時的な荷重に対する抵抗力を改善するために、既存の耐モーメント性枠組構造に空所が導入されてよい。また空所は新しい建物において使用するため製作中の支持部材に導入されてもよいし、あるいはぎざぎざのある梁の製作またはプレートガーダの製作に際して導入されてもよい。図7aと図7bは各々空所の導入前後の梁3等の支持部材を示す。空所6a等の空所を導入するために使用される前述の方法のいずれかによって、空所をウェブ4内へと導入することができる。導入手段及び適用手段の変形も発明の精神及び範囲内であり、当業者には自明であろう。
図8は多数の円形空所6aが貫通しているぎざぎざのある梁3’を示す。図9は六角形の空所6b等の多数の多角形の空所が貫通しているぎざぎざのある梁3’を示す。図8と図9において、ウェブ4は別々の部分で構成され、これらの部分が空所間に、また空所を超えて伸びる溶接部7によって共に接合されている。
空所は支持部材に沿ってその分布に亙って寸法が変化してもよい。例えば、図10は梁3の長さに沿って異なる直径を有する円形空所6aを示している。開口部の寸法を変化させることに対する1つの動機づけは、梁の長さに亙ってひずみを適切に分布させ、剪断とモーメントの相互作用を差引勘定することである。
それに加えて、空所の形状も支持部材の全長に亙って異なっていてもよい。例えば、図11は実質的に円形の空所6aと実質的に方形の空所6fを有する梁3を示している。開口部の形状を変化させることに対する1つの動機づけは、電気などの供給手段(service utilities)を通すことである。
空所は支持部材の全長に亙って不均一に分布していてもよい。例えば、図12は柱2との接合部に隣接する各々の端で実質的に円形の空所6aを有する梁3を示している。
前の図では、空所の存在が断面を減少させる部分を除いて、支持部材の断面は支持部材の全長に亙って一様であった。支持部材の全長に亙って減少していない断面の寸法が変化してもよい。断面の変形の一例を図13に示すが、この図は梁3の各々の端にある迫腰10の存在を示している。
構造物の建設に際して、構造物の部分を予備成形し、これらの部分を組み立て、それから組み立てた部分に支持部材を取付けることが望ましいかもしれない。1つの従来の慣行は、柱と短い長さの支持部材を備える接合部付柱体(column trees)を予備成形することであった。短い支持部材の長さの減少していない断面の寸法は不変でもよく、あるいはその長さに沿って変化しても良い。例えば、図14は柱2とプリズム形の梁の接続用短部材11とより成る予備成形部分を示す。梁部材12は、梁の接続用短部材11の端において、フランジ接合板20、ウェブ接合板21、ボルト22等の接続手段によって、予備成形された部分に取付けられる。接続手段は別々の接合板を備えている必要はなく、例えば、梁の接続用短部材11の端と梁部材12を交互に準備して、ボルト締め、溶接あるいはその他の手段によって互いに直接取付けられるようにすることもできる。
支持部材が一時的な荷重によってゆがめられた場合、構造物の抵抗力の完全さを復元できるように、支持部材をその取り外しと交換を容易にするような方法で取付けることができる。これは図15に示す接合部のように、支持部材の取り外しと交換を容易にするような、支持部材を構造物の前記の以外の部分に取付けるための接続手段を提供することによって達成することができる。図15の接続手段のように、梁フランジと柱フランジとの接合板23と、交換可能な梁3を柱2に固定する剪断タブ24とより成る。図14の梁部材12も構造システムの残りに取り外し自在に接続されることができる。図16は梁の接続用短部材11等の隣接する構造成分に取り外し自在に接続されている梁部材12を示している。梁の接続用短部材11は枠組の組み立て前に柱2に取付ける必要はない。様々な組み立て・装着ハードウエアの提供により、ゆがめられた支持部材の取り外しと交換が更に容易になる。
図17は発明と連繋して使用することができる従来の接続手段と他の詳細を示している。連続板15は、隣接する梁3等の支持部材のフランジ間にフランジまたは柱2を支えるために使用される。従来の詳細は柱のパネル領域に溶接された重ね板17を含む。空所が設けられた梁3等の支持部材の安定性と変形可能性は、ウェブ5とフランジプレート5、5’を斜め材で強化することができる補強材14等の補強手段の提供により改善することができる。柱2の側部へと組付けする梁3の安定した接合部の提供については連続板15が必要であるかもしれない。図17の断面図を図18に示している。図18は1つ以上の空所の位置における支持部材の断面の一例と共に、補強手段、特に補強部材14の一例を示している。この例では、広幅フランジ形状25が示されている。
支持部材の長手方向の軸を見下ろした場合の支持部材の種々の断面と共に、発明を利用することができ、その幾つかの例の断面を図19〜25に示している。例えば図19は、空所の位置におけるI形梁材26の断面を示している。図20は空所の位置における広幅フランジ材25の断面を示している。図21は空所の位置におけるT形材27の断面を示している。図22はT形材27と、床スラブ18と、床スラブ18とT形材27間の接合部を強化するために置かれた剪断スタンド19とを備える複合断面28を示している。図23は広幅フランジ材25とフランジ5、5’に固定されたプレート32、32’とを備える複合断面28を示している。図24は複合であってもなくてもよい箱材31の断面を示す。その他の断面の例は加工部材とプレートガーダの断面を含む。
変形能力を高めるために、研削等によって空所の周囲を滑らかにするか、あるいは溶接金属の溶着や場合によっては付加的な材料の取り付け等の補強手段を適用することが望ましいかもしれない。この例が図25に示されており、この図は支持部材に対して横方向で且つ空所内の中央に置かれた管状部材29の添加により、円形空所6aの補強を行なうことを図示している。
異なる配列やおそらく異なる支持部材組織を必要とする建物、橋、または他の公共事業・陸上車両・船舶・航空機・宇宙船・機械類・その他の構造システム或いは装置がしばしば存在するので、構造物は水平や垂直の支持部材に制限される必要はない。図26は1つのこのような例を図示しており、構造システム1が、一部の部材が円形の空所6aを含む垂直または水平に整列していない支持部材を備えている。
ある状況下では、単独の空所が設けられた支持部材が、一時的な荷重に変形可能に抵抗する構造システム1の部分を構成してもよい。一部の応用では、長径間かつ低層の建築物、橋、その他の構造物にとって望ましいかもしれないように、垂直部材に空所を設ることもできる。図27は垂直支持部材と水平支持部材を備える構造システムを示しており、この場合、垂直支持部材が円形空所6aを有している。
本発明を好適・代替形態と方法、及びある特殊度を有する様々な実施例で説明してきたが、好適・代替形態と方法の本開示において、本発明の精神及び範囲内で様々な実施例を細部や建設方法において変更することができることが理解される。幾多の修正や変形が当業者に自明であると思われるので、特定の例は、発明の範囲に制限を課すことなく、本発明をより完全に立証するため示されたものである。発明の範囲は与えられた特定の例によってではなく、添付クレームによって決定されるべきものである。
発明の幾つかの実施形態を示す添付図面を参照した以下の説明から発明は容易に自明となるであろう。図1〜17において、支持部材は略水平で、梁によって代表されている。これらの図は発明の範囲を制限するものではなく、発明は根太や桁・梁・柱等の横断方向の荷重に抵抗するどのような剛体の支持部材をも含む。 先行技術の建物の構造システムの梁と柱を示す立面図である。 図2〜17は側面立面図である。梁が円形の断面を有する空所を含む構造システムの一部を示す。 図3〜図6は使用できる多くの可能性のある空所の構成の一部を示している。六角形の断面を有する空所を示す。 楕円形の断面を有する空所を示す。 三角形断面を有する空所を示す。 三角形と菱形の組み合わせ断面を有する空所を示す。 図7aは空所を形成するための材料の除去前の梁を示す。図7bは円形断面の空所を形成するための材料を除去した後の梁を示す。 円形断面の空所を有するぎざぎざのある(castellated)梁を示す。 六角形断面の空所を有するぎざぎざのある梁を示す。 梁の全長に沿って空所のサイズが変化する梁を示す。 様々な形状の空所が使用された梁を示す。 空所が柱付近の梁に置かれた構造システムの一部を示す。 梁の幅がその全長に沿って変化する構造システムの一部を示す。 隣接する梁接続用短部材(stubs)をしっかりと接続された柱を備える接合部付きの柱体 (column trees)に中央の梁部材が固定された構造システムの一部を示す。中央の梁部材の接合部は梁部材の交換を容易にするように作ることができる。 梁が取り外し自在に柱に固定された構造システムの一部を示す。 取り外せる梁部材と接続手段が虚線で示されている構造システムの一部を示す。 連続プレートと、重ね板プレートと、補強材が存在する構造システムの一部を示す。 図18〜25は支持部材(sustainer)の長手方向の軸を見下ろす断面図である。 ウェブの補剛を示す図17の支持部材の断面を示す。 空所の存在によって減少した支持部材の断面、特にI字形を示す。 空所の存在によって減少した支持部材の断面、特に広幅フランジ形状を示す。 空所の存在によって減少した支持部材の断面、特にT字形を示す。 空所の存在によって減少した支持部材の断面、特にT字形と床スラブとを備える複合形を示す。 支持部材の断面、特に広幅フランジ形状とフランジに取付けられたプレートとを備える複合形を示す。 支持部材の断面、特に箱形のものを示す。 支持部材の断面、特に管状部材によって空所が補剛された断面を有する空所の存在によって減少した広幅フランジ形状を示す。 部材の配列が垂直・水平方向で一致しない構造システムの側面立面図を示す。 柱が空所を有する構造システムの側面図を示す。

Claims (20)

  1. 地震あるいは他の一時的な荷重からの重大な損傷に対して抵抗力のある枠組を有する構造物を製造する方法であって、前記枠組は支持部材とそれらの間に耐モーメント接合部を備えた部材で形成され、前記方法は:
    (a)前記耐モーメント接合部の強度能力を見積もりし、;
    (b)前記構造物において許容される最大の許容可能要求を決定し、その最大の許容可能要求は前記耐モーメント接合部の前記強度能力より小さくし、;また
    (c)前記構造物内に1つ以上の前記支持部材を設け、両端、ウェブ、及びフランジを有するウェブ変形可能な支持部材の、各々の支持部材は前記ウェブ内に1つ以上の空所を有し;
    前記支持部材の強度がこのような空所を有していないこと以外は全く同じである支持部材の強度より小さく、また前記構造物が前記最大の許容可能要求を発生させる一時的な荷重を受けた場合、前記ウェブが非弾性的に変形するように、前記空所が充分な寸法と形状と数のものであり、
    これによって前記構造物が地震やその他の前記最大の許容可能要求を発生させる一時的な荷重を受けた場合、前記ウェブ変形可能な支持部材の前記ウェブの変形が、前記耐モーメント接合部における前記要求がそれらの強度能力を超えるのを防止し、
    前記ウェブ変形可能な支持部材は、全体に同じ材料で構成されていることを特徴とする方法。
  2. 前記ウェブ変形可能な支持部材は、断面が箱形である請求項1に記載の方法。
  3. 前記ウェブ変形可能な支持部材は、2つのウェブを有する請求項1に記載の方法。
  4. 前記空所の直径は、d−(2fsS)/(fvtwL)により設定され、
    dは、前記支持部材の自由端方向に関する該支持部材の幅とし、
    fsは、前記最大の許容可能要求とし、
    Sは、前記支持部材の断面係数とし、
    fvは、せん断における前記支持部材の降伏応力とし、
    twは、前記ウェブの厚みとし、
    Lは、前記部材間の距離とする請求項1に記載の方法。
  5. 前記支持部材の接合端方向に関する前記空所の開口幅は、L−(2fsS)/(fvtwd)により設定され、
    Lは、前記部材間の距離とし、
    fsは、前記最大の許容可能要求とし、
    Sは、前記支持部材の断面係数とし、
    fvは、せん断における前記支持部材の降伏応力とし、
    twは、前記ウェブの厚みとし、
    dは、前記支持部材の自由端方向に関する該支持部材の幅とする請求項1又4に記載の方法。
  6. 前記ウェブ変形可能な支持部材は、垂直支持部材である請求項1乃至5のいずれかに記載の方法。
  7. 前記ウェブの前記空所は、楕円形の断面を有する請求項1乃至6のいずれかに記載の方法。
  8. 前記ウェブの前記空所は、三角形の断面を有する請求項1乃至6のいずれかに記載の方法。
  9. 前記ウェブの前記空所は、方形の断面を有する請求項1乃至6のいずれかに記載の方法。
  10. 前記空所の周囲は、滑らかにされている請求項1乃至9のいずれかに記載の方法。
  11. 地震あるいは他の一時的な荷重による重大な損傷に対して抵抗力のある枠組を有する構造物であって、前記枠組は支持部材とそれらの間に耐モーメント接合部を備えた部材で形成され、前記耐モーメント接合部は最大許容可能な要求と強度能力を有し、最大許容可能な要求は前記強度能力より小さく、前記構造は両端、ウェブ、及びフランジを有する1つ以上のウェブ変形可能な支持部材を備え、各々のウェブ変形可能な支持部材は前記ウェブ内に1つ以上の空所を有し、前記支持部材の強度がこのような空所を有していないこと以外は全く同じである支持部材の強度より小さく、また前記構造物が前記最大の許容可能要求を発生させる一時的な荷重を受けた場合、前記ウェブが非弾性的に変形するように、前記空所が充分な寸法と形状と数のものであり、
    これによって前記構造物が地震やその他の前記最大の許容可能要求を発生させる一時的な荷重を受けた場合、前記ウェブ変形可能な支持部材の前記ウェブの変形が、前記耐モーメント接合部における前記要求がそれらの強度能力を超えるのを防止し、
    前記ウェブ変形可能な支持部材は、全体に同じ材料で構成されていることを特徴とする構造物。
  12. 前記ウェブ変形可能な支持部材は、断面が箱形である請求項11に記載の構造物。
  13. 前記ウェブ変形可能な支持部材は、2つのウェブを有する請求項12に記載の構造物。
  14. 前記空所の直径は、d−(2fsS)/(fvtwL)により設定され、
    dは、前記支持部材の自由端方向に関する該支持部材の幅とし、
    fsは、前記最大の許容可能要求とし、
    Sは、前記支持部材の断面係数とし、
    fvは、せん断における前記支持部材の降伏応力とし、
    twは、前記ウェブの厚みとし、
    Lは、前記部材間の距離とする請求項11に記載の構造物。
  15. 前記支持部材の接合端方向に関する前記空所の開口幅は、L−(2fsS)/(fvtwd)により設定され、
    Lは、前記部材間の距離とし、
    fsは、前記最大の許容可能要求とし、
    Sは、前記支持部材の断面係数とし、
    fvは、せん断における前記支持部材の降伏応力とし、
    twは、前記ウェブの厚みとし、
    dは、前記支持部材の自由端方向に関する該支持部材の幅とする請求項11又は14に記載の構造物。
  16. 前記ウェブ変形可能な支持部材は、垂直支持部材である請求項11乃至15のいずれかに記載の構造物。
  17. 前記ウェブの前記空所は、楕円形の断面を有する請求項11乃至16のいずれかに記載の構造物。
  18. 前記ウェブの前記空所は、三角形の断面を有する請求項11乃至16のいずれかに記載の構造物。
  19. 前記ウェブの前記空所は、方形の断面を有する請求項11乃至16のいずれかに記載の方法。
  20. 前記空所の周囲は、滑らかにされている請求項11乃至19のいずれかに記載の方法。
JP2008039942A 1996-09-11 2008-02-21 耐モーメント構造物と、支持部材と、建築方法 Expired - Lifetime JP4261607B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US08/927,574 US6012256A (en) 1996-09-11 1997-09-06 Moment-resistant structure, sustainer and method of resisting episodic loads

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000510947A Division JP2001515978A (ja) 1996-09-11 1998-02-03 耐モーメント構造物と、支持部材と、建築方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008175056A true JP2008175056A (ja) 2008-07-31
JP4261607B2 JP4261607B2 (ja) 2009-04-30

Family

ID=25454923

Family Applications (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000510947A Pending JP2001515978A (ja) 1996-09-11 1998-02-03 耐モーメント構造物と、支持部材と、建築方法
JP2008039942A Expired - Lifetime JP4261607B2 (ja) 1996-09-11 2008-02-21 耐モーメント構造物と、支持部材と、建築方法

Family Applications Before (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000510947A Pending JP2001515978A (ja) 1996-09-11 1998-02-03 耐モーメント構造物と、支持部材と、建築方法

Country Status (6)

Country Link
US (1) US6012256A (ja)
JP (2) JP2001515978A (ja)
AU (1) AU730806C (ja)
CA (1) CA2301059C (ja)
NZ (1) NZ502885A (ja)
WO (1) WO1999013177A1 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2018151297A1 (ja) 2017-02-17 2018-08-23 新日鐵住金株式会社 圧延h形鋼の設計方法、圧延h形鋼、および圧延h形鋼の製造方法

Families Citing this family (68)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7047695B2 (en) * 1995-04-11 2006-05-23 Seismic Structural Design Associates, Inc. Steel frame stress reduction connection
US6550200B1 (en) 1999-06-16 2003-04-22 Lee W. Mueller Anchor interconnect device
AUPQ357999A0 (en) * 1999-10-22 1999-11-11 Design Steel Pty Ltd A wall frame
US6442908B1 (en) * 2000-04-26 2002-09-03 Peter A. Naccarato Open web dissymmetric beam construction
US20070062135A1 (en) * 2000-06-30 2007-03-22 Mueller Lee W Corrugated shear panel and anchor interconnect system
US6694690B2 (en) 2000-07-10 2004-02-24 The Regents Of The University Of Michigan Concrete constructions employing the use of a ductile strip
WO2002004765A1 (en) * 2000-07-10 2002-01-17 The Regents Of The University Of Michigan Collapse-resistant frame system for structures
AU7329701A (en) 2000-07-10 2002-01-21 Univ Michigan Self-compacting engineered cementitious composite
US6761001B2 (en) 2000-08-18 2004-07-13 Lee W. Mueller Frame shear assembly for walls
US6560940B2 (en) 2000-08-18 2003-05-13 Lee W. Mueller Two-piece clinched plate tension/compression bracket
US6722097B2 (en) * 2001-07-12 2004-04-20 Aztec Concrete Accessories, Inc. Plastic slab bolster upper
US7150128B2 (en) * 2001-10-30 2006-12-19 Schuman Thomas L Boards comprising an array of marks to facilitate attachment
US7908812B2 (en) * 2002-01-03 2011-03-22 Eberle Harry W Iii Decking system and anchoring device
TW593850B (en) * 2002-10-04 2004-06-21 Lo Mao Bending moment resistant structure with supporting member and method for the same
US8100292B2 (en) * 2002-10-04 2012-01-24 Crane Merchandising Systems, Inc. Integrated column wall for a vending machine
US7578105B2 (en) * 2003-03-20 2009-08-25 Blue Heron Enterprises, Llc Expansion-compensating deck fastener
DE10320100B4 (de) * 2003-05-05 2005-06-16 Framatome Anp Gmbh Technische Anlage mit einer Anzahl von jeweils von einer Anzahl von Trägern abgestützten Systemkomponenten und mit einer Anzahl von druckführenden Leitungen, insbesondere zur Verwendung in einer Kernkraftanlage
US7610724B2 (en) * 2003-06-23 2009-11-03 Rubbermaid Incorporated Shed roof truss adapted for storing long handle tools
US20050086898A1 (en) * 2003-10-24 2005-04-28 Glen Robak Castellated wood beam and method of its manufacture
JP3996931B2 (ja) * 2004-03-22 2007-10-24 株式会社 イシハラ 鉄骨梁の開口補強工法
US20050279032A1 (en) * 2004-06-17 2005-12-22 Buchanan John J Prefabricated multi-module storefront system
US7721496B2 (en) * 2004-08-02 2010-05-25 Tac Technologies, Llc Composite decking material and methods associated with the same
US7213379B2 (en) * 2004-08-02 2007-05-08 Tac Technologies, Llc Engineered structural members and methods for constructing same
US7930866B2 (en) * 2004-08-02 2011-04-26 Tac Technologies, Llc Engineered structural members and methods for constructing same
US8266856B2 (en) 2004-08-02 2012-09-18 Tac Technologies, Llc Reinforced structural member and frame structures
JP2006097394A (ja) * 2004-09-30 2006-04-13 Daiwa House Ind Co Ltd 鋼製柱梁架構構造及びh型の鋼材
EP1853774B2 (en) 2005-02-08 2017-09-20 William George Hunter A construction element
US8656685B2 (en) * 2005-03-08 2014-02-25 City University Of Hong Kong Structural members with improved ductility
GB0510975D0 (en) * 2005-05-31 2005-07-06 Westok Ltd Floor construction method and system
WO2008070709A2 (en) * 2006-12-06 2008-06-12 Georgia-Pacific Wood Products Llc I-beam joist having openings formed therein for mechanical access
GB2448297A (en) * 2007-04-10 2008-10-15 Farzad Neysari A structural beam comprising opposed chords and a lattice web
US8065848B2 (en) 2007-09-18 2011-11-29 Tac Technologies, Llc Structural member
US20100274741A1 (en) * 2008-10-21 2010-10-28 Michael Robert Thomas Metals Mass Production and Small Run Reduced Weight Products and Methods of Producing the Same with Automatic and Numerically Controlled (NC) Hydraulic Punching and Flame Cutting Machinery including a 5 Axis NC Machine with Two Bi-Directional Angling Pivot Joints and Two Telescoping Axis Arms and One Main Carriage for Products involved in Building Construction, Bridges, Automobiles, Airplanes, and Mill Stocks including I-Beams, Channel, Angle, Flat Stocks, and Square Tubing
NO333025B1 (no) * 2009-09-02 2013-02-18 Oglaend System As Anordning ved langstrakt profil
US9003624B2 (en) 2009-11-25 2015-04-14 Simpson Strong-Tie Company, Inc. Method for making a gangable composite clip for attaching decking
US9637934B2 (en) 2009-11-25 2017-05-02 Simpson Strong-Tie Company Inc. Gangable composite deck clip
CA2802038C (en) * 2010-06-07 2019-01-15 Jeffrey A. Anderson Jointed metal member
NL2005115C2 (en) * 2010-07-20 2012-01-23 Conexx Holding Nederland B V Supporting construction of a building comprising standards and rafters, a rafter and a method of manufacturing a rafter.
US9052251B2 (en) * 2011-02-22 2015-06-09 King Saud University System and method for determining longitudinal moments in one-way joist floors
NL1038775C2 (nl) * 2011-04-26 2012-10-29 Anne Pieter Driesum Composietvloer en ligger daarvoor.
CN102345398A (zh) * 2011-07-13 2012-02-08 湖南大学 一种垂直升降型高层立体车库承重结构
KR101404509B1 (ko) * 2011-11-09 2014-06-13 동국대학교 산학협력단 연성 파괴할 수 있는 내진 보강 구조물 및 이를 이용한 내진 보강 방법
US9027309B2 (en) * 2012-01-09 2015-05-12 Consolidated Metal Products, Inc. Welded hot-rolled high-strength steel structural members and methods
JP5933388B2 (ja) * 2012-08-03 2016-06-08 新日鉄住金エンジニアリング株式会社 軸降伏型弾塑性履歴ブレース及び制振鉄骨構造物
CN103132649A (zh) * 2013-03-13 2013-06-05 广西大学 一种配蜂窝钢腹板的钢箱梁
CN103321349A (zh) * 2013-06-19 2013-09-25 金天德 连孔钢梁
US9758963B2 (en) * 2013-09-09 2017-09-12 Nippon Steel & Sumitomo Metal Corporation Bearing wall and wall surface member for bearing wall
US9441360B2 (en) 2014-01-28 2016-09-13 Thor Matteson Yield link for providing increased ductility, redundancy, and hysteretic damping in structural bracing systems
US9896837B2 (en) 2014-01-28 2018-02-20 Thor Matteson Fail-soft, graceful degradation, structural fuse apparatus and method
CN104088467B (zh) * 2014-07-17 2016-05-25 成都市第四建筑工程公司 一种大悬臂钢桁架结构高空施工变形监测方法
CN104358310B (zh) * 2014-10-28 2017-01-11 四川华铁钢结构有限公司 一种h型钢结构架高强度房屋单元
CN104358350A (zh) * 2014-10-28 2015-02-18 四川华铁钢结构有限公司 一种高强度轻质h型钢结构梁
CN104358313A (zh) * 2014-10-28 2015-02-18 四川华铁钢结构有限公司 一种房屋的钢结构框架
CN104358316A (zh) * 2014-10-28 2015-02-18 四川华铁钢结构有限公司 一种建筑钢结构房屋的组合框架
CN104358351A (zh) * 2014-10-28 2015-02-18 四川华铁钢结构有限公司 一种便于安装的高强度钢梁
CN104358462B (zh) * 2014-10-28 2016-11-30 四川华铁钢结构有限公司 一种聚酯乙烯墙板阻燃复合房屋结构
CN104358353A (zh) * 2014-10-28 2015-02-18 四川华铁钢结构有限公司 一种轻质耐腐蚀复合钢结构梁
CA2918756C (en) 2015-01-23 2020-07-21 Zeke Carlyon Insulated panel assembly
US9464427B2 (en) * 2015-01-23 2016-10-11 Columbia Insurance Company Light gauge steel beam-to-column joint with yielding panel zone
JP6836830B2 (ja) * 2015-09-25 2021-03-03 株式会社竹中工務店 片側拡幅鉄骨梁の補強構造
USD796305S1 (en) 2016-06-20 2017-09-05 Simpson Strong-Tie Company Inc. Deck board fastener
USD796306S1 (en) 2016-06-20 2017-09-05 Simpson Strong-Tie Company Inc. Deck board fastener
USD795049S1 (en) 2016-06-20 2017-08-22 Simpson Strong-Tie Company Inc. Deck board fastener
USD792757S1 (en) 2016-06-20 2017-07-25 Simpson Strong-Tie Company Inc. Deck board fastener
US10113306B2 (en) 2016-06-20 2018-10-30 Simpson Strong-Tie Company Inc. Deck board fasteners
CN106403858B (zh) * 2016-08-30 2018-09-04 中建八局第三建设有限公司 一种超高空大悬挑钢平台端部挠度监测方法
US10533338B2 (en) 2017-05-11 2020-01-14 Katerra, Inc. Connector for use in inter-panel connection between shear wall elements
USD880007S1 (en) * 2018-08-23 2020-03-31 Kyle Aasness Header beam

Family Cites Families (38)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US1682202A (en) * 1928-08-28 vaughn
US22905A (en) * 1859-02-08 Improvement in revolving fire-arms
US669639A (en) * 1900-12-24 1901-03-12 Curt Hessel Beam-joist.
US1656810A (en) * 1923-08-11 1928-01-17 Zeppelin Luftschiffbau Hollow girder for light structures
US1644940A (en) * 1926-09-21 1927-10-11 Fredellia H Moyer Method of joining serrated steel structural units
US1725439A (en) * 1927-03-05 1929-08-20 Carns Edmund Burke Metal strut
US1818418A (en) * 1928-02-04 1931-08-11 Mcclintic Marshall Corp Steel frame house construction
US2085472A (en) * 1935-06-19 1937-06-29 Samuel E Roush Metallic frame construction
US2098676A (en) * 1936-05-16 1937-11-09 Rafter Machine Company Beam and the like for building construction
US2616529A (en) * 1945-10-05 1952-11-04 Angus Snead Macdonald Corp Building structure
US2941635A (en) * 1952-09-06 1960-06-21 Charles L Harris Hollow rectangular sectional metal structural member
US3050831A (en) * 1959-05-29 1962-08-28 Diamond Harry Methods of making structural beams
US3141531A (en) * 1960-01-21 1964-07-21 Charles H Montgomery Roof construction
US3283464A (en) * 1960-05-10 1966-11-08 Litzka Franz Honeycomb girders and method for making same
BE645908A (ja) * 1964-03-31 1964-07-16
US3323263A (en) * 1964-04-27 1967-06-06 Robert K Adams Long-span prestressed beam structure
US3716959A (en) * 1970-09-15 1973-02-20 J Bernardi Beam end construction for semi-rigid connection to a column
US4091594A (en) * 1976-10-04 1978-05-30 Yujiro Yamashita Structure for convecting paralled spaced vertical supports
US4260293A (en) * 1980-04-15 1981-04-07 Peterson John A Floating dock structure and method for fabricating the same
JPS6351223B2 (ja) * 1982-12-15 1988-10-13 Kajima Corp
US4697393A (en) * 1983-05-23 1987-10-06 Madray Herbert R Metal building construction
SU1278420A1 (ru) * 1984-12-20 1986-12-23 Государственный проектный институт "Сибпроектстальконструкция" Многопролетна неразрезна ферма
DE3880469T2 (de) * 1988-01-12 1993-12-09 Wescol Structures Ltd Lochwandstegträger.
US4959934A (en) * 1988-01-27 1990-10-02 Kajima Corporation Elasto-plastic damper for use in structure
LU87194A1 (fr) * 1988-04-11 1989-11-14 Arbed Poutre mixte reconstituee
LU87320A1 (fr) * 1988-08-24 1990-03-13 Arbed Charpente metallique antisismique
JP2671904B2 (ja) * 1989-08-04 1997-11-05 鹿島建設株式会社 ボルト型弾塑性ダンパーおよび建物の部材接合部
US5491938A (en) * 1990-10-19 1996-02-20 Kajima Corporation High damping structure
JP2511319B2 (ja) * 1990-11-02 1996-06-26 株式会社フジタ 免震、制振用鋼棒ダンパ―装置
JPH07122351B2 (ja) * 1991-12-04 1995-12-25 三菱重工業株式会社 振り子式制振装置
US5349794A (en) * 1992-03-27 1994-09-27 Shimizu Construction Co., Ltd. Wall for damping vibration
CA2077429C (en) * 1992-09-02 1999-03-30 Ernest R. Bodnar Roll formed metal member
JPH06264499A (ja) * 1993-03-15 1994-09-20 Sekisui House Ltd 梁の接合装置
JPH06288005A (ja) * 1993-03-31 1994-10-11 Asahi Chem Ind Co Ltd 鉄骨軸組の仕口部構造
JPH06313334A (ja) * 1993-04-30 1994-11-08 Kajima Corp 鉄骨柱と梁の仕口構造
US5590506A (en) * 1993-05-03 1997-01-07 Cunningham; John Earthquake-resistant architectural system
US5595040A (en) * 1994-07-20 1997-01-21 National Science Council Beam-to-column connection
US5680738A (en) * 1995-04-11 1997-10-28 Seismic Structural Design Associates, Inc. Steel frame stress reduction connection

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2018151297A1 (ja) 2017-02-17 2018-08-23 新日鐵住金株式会社 圧延h形鋼の設計方法、圧延h形鋼、および圧延h形鋼の製造方法
KR20190099082A (ko) 2017-02-17 2019-08-23 닛폰세이테츠 가부시키가이샤 압연 h형강의 설계 방법, 압연 h형강, 및 압연 h형강의 제조 방법

Also Published As

Publication number Publication date
JP2001515978A (ja) 2001-09-25
AU6270898A (en) 1999-03-29
WO1999013177A1 (en) 1999-03-18
JP4261607B2 (ja) 2009-04-30
AU730806C (en) 2002-02-07
CA2301059C (en) 2002-06-25
AU730806B2 (en) 2001-03-15
NZ502885A (en) 2001-08-31
CA2301059A1 (en) 1999-03-18
US6012256A (en) 2000-01-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4261607B2 (ja) 耐モーメント構造物と、支持部材と、建築方法
AU714579B2 (en) Steel frame stress reduction connection
US6591573B2 (en) Gusset plates connection of beam to column
US6237303B1 (en) Steel frame stress reduction connection
El-Dakhakhni et al. Hazard mitigation and strengthening of unreinforced masonry walls using composites
US20030208985A1 (en) Steel frame stress reduction connection
US10400468B2 (en) Staggered truss system with controlled force slip joints
CN103328736A (zh) 用于阻尼建筑结构中的振动的联接构件
KR101462843B1 (ko) 철골기둥과 철골보, 철골기둥과 철골기둥·철골보의 접합구조
Lee et al. Cyclic seismic testing of steel moment connections reinforced with welded straight haunch
Garoosi et al. Experimental evaluation of rigid connection with reduced section and replaceable fuse
Astaneh-Asl et al. Behavior and design of single plate shear connections
Zhao et al. Experimental and analytical studies of a steel plate shear wall system
Qian et al. Development of a high-performance steel plate shear wall system
GB2497635A (en) Building framework jointing with shear plates
Zhao et al. Cyclic behavior of an innovative steel shear wall system
JPH10331437A (ja) 既存柱梁の耐震補強構造
JPH10292486A (ja) 通しダイアフラム体及びこれを用いた鉄骨構造物の接合構造
JP6856284B2 (ja) 鋼製筋違内蔵型の交換可能な高エネルギー散逸プレハブ式プレストレスト耐震壁
JP2019100040A (ja) 免震建物、免震構造の構築方法
JP5033387B2 (ja) 制振補強構造
Chen et al. Static flange moment connections
JP2018044417A (ja) 鉄骨造建物及びその施工方法
Mirghaderi et al. Reducing beam section by corrugated webs for developing a connection of specially moment resisting frame
Liu et al. Cyclic Behavior of Steel Shear Connections Including Floor Slab

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20081007

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20081218

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20090127

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20090205

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120220

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120220

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150220

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term