JP2007225427A - 停電検出回路及び無停電電源装置 - Google Patents

停電検出回路及び無停電電源装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2007225427A
JP2007225427A JP2006046610A JP2006046610A JP2007225427A JP 2007225427 A JP2007225427 A JP 2007225427A JP 2006046610 A JP2006046610 A JP 2006046610A JP 2006046610 A JP2006046610 A JP 2006046610A JP 2007225427 A JP2007225427 A JP 2007225427A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
power
power supply
power failure
voltage
axis component
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2006046610A
Other languages
English (en)
Inventor
Hisashi Kourin
久詩 幸林
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Fuji Electric Co Ltd
Original Assignee
Fuji Electric Systems Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fuji Electric Systems Co Ltd filed Critical Fuji Electric Systems Co Ltd
Priority to JP2006046610A priority Critical patent/JP2007225427A/ja
Publication of JP2007225427A publication Critical patent/JP2007225427A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】停電を連続的かつ瞬時に検出して負荷や電源系統への悪影響を解消可能とした停電検出回路、及び、停電検出時に交流電源から速やかに電力変換器に切り替えて、負荷に安定した電圧を継続的に供給可能とした無停電電源装置を提供する。
【解決手段】交流電源電圧の瞬時値を複素ベクトルの実軸成分とし、この実軸成分から複素ベクトルの虚軸成分を検出するヒルベルト変換器12と、前記実軸成分及び虚軸成分を直交二相座標系から交流電源電圧に同期して回転する回転座標系の各成分に変換するd−q変換器14と、この変換器14から出力される回転座標系の各成分を用いて停電検出用交流電圧成分を生成するための二乗演算器16,17、加算器18等と、前記停電検出用交流電圧成分が停電判定レベルを超えた時に停電検出信号aを出力するコンパレータ19と、を備える。
【選択図】図1

Description

本発明は、商用電源等の交流電圧をこれと同期して回転する回転座標系の各成分に変換し、これらの各成分を用いて電源の停電を検出するようにした停電検出回路、及び、この停電検出回路を備えた無停電電源装置に関するものである。
商用電源の瞬時停電を検出し、負荷への供給電力を商用電源からバックアップ用のインバータに切り替えるようにした常時商用電源給電方式の無停電電源装置が、例えば特許文献1に記載されている。
この無停電電源装置では、商用電源電圧を全波整流した電源電圧信号と、商用電源電圧と同一周期であってその一周期ごとのゼロクロス点を起点として順次読み出される絶対値化された基準信号との比較結果に基づいて瞬時停電等の電源電圧の異常を検出し、リレーを切り替えてバッテリ及びインバータにより負荷に給電するように構成されている。
特開2002−10522号公報(段落[0013]〜[0019]、図1,図2等)
特許文献1記載の従来技術では、瞬時停電を検出するために電源電圧のゼロクロス点を検出することが前提となっているため、連続的かつ瞬時に停電を検出することは困難である。このため、停電発生から停電検出までの遅れ期間内に、負荷に不安定な電圧を出力してしまうという問題があった。
また、商用電源の交流電力をコンバータにより直流電力に変換して負荷に供給する電力変換装置において、特許文献1に記載されているような停電検出方法を採る場合、停電検出の遅れによって電源電圧が不確定なままコンバータの運転が継続されることにより、高調波を発生して電源系統側に悪影響を与える等の問題を生じていた。
そこで、本発明の解決課題は、停電を連続的かつ瞬時に検出して負荷や電源系統への悪影響を解消可能とした停電検出回路を提供し、更に、この停電検出回路による停電検出時には、交流電源から速やかにバックアップ用の電力変換器による給電に切り替えることで、負荷に安定した電圧を継続的に供給可能とした無停電電源装置を提供することにある。
上記課題を解決するため、請求項1に係る停電検出回路は、交流電源電圧の瞬時値を複素ベクトルの実軸成分とし、この実軸成分から複素ベクトルの虚軸成分を検出するヒルベルト変換手段と、
前記実軸成分及び虚軸成分を直交二相座標系から交流電源電圧に同期して回転する回転座標系の各成分に変換する座標変換手段と、
この座標変換手段から出力される回転座標系の各成分を用いて停電検出用交流電圧成分を生成する手段と、
この手段から出力された前記停電検出用交流電圧成分が停電判定レベルを超えた時に交流電源の停電検出信号を出力する比較手段と、を備えたものである。
請求項2に係る無停電電源装置は、交流電源の健全時には交流電源から交流スイッチを介して負荷に給電し、交流電源の停電時には交流スイッチをオフにすると共に電力変換器を運転して前記負荷に給電するようにした無停電電源装置において、
請求項1に記載した停電検出回路が交流電源の停電を検出した際に、前記停電検出信号を用いて交流スイッチをオフにし、かつ、電力変換器の運転を開始するものである。
請求項3に係る無停電電源装置は、請求項2において、
交流電源の健全時には、前記交流スイッチを介して前記負荷に給電しながら前記電力変換器としてのインバータによりバッテリを充電し、交流電源の停電時には、前記停電検出信号により前記交流スイッチをオフにすると共に前記バッテリの直流電力を前記インバータにより交流電力に変換して前記負荷に供給するものである。
本発明の停電検出回路によれば、交流電圧のゼロクロス点を検出することなく、交流電源電圧の瞬時値から回転座標系の各成分(d軸成分,q軸成分)を検出し、これらを用いて生成した交流電圧成分と停電判定レベルとを比較して停電を判定するため、連続的かつ瞬時に交流電源の停電を検出することができる。
従って、例えば商用電源の交流電圧をコンバータにより直流電圧に変換する電力変換装置においては、停電検出時に直ちにコンバータの運転を停止することができ、停電検出の遅れに起因して電源電圧が不確定な状態でコンバータの運転が継続されることによる高調波の発生や電源系統への悪影響を解消することが可能である。
また、本発明の無停電電源装置によれば、上記停電検出回路によって交流電源の停電を検出した際に、直ちに交流スイッチをオフにしてバックアップ用の電力変換器による運転に切り替えることにより、停電発生時にも負荷に安定した電圧を継続的に供給することができる。
以下、図に沿って本発明の実施形態を説明する。
図1は、この実施形態に係る瞬時停電検出回路の構成を示すブロック図である。図1において、11は商用電源等の単相交流電圧の瞬時値(複素ベクトルeの実軸成分e)を後述するように所定位相だけ遅延させる遅延回路、12は同じく単相交流電圧の瞬時値から複素ベクトルeの虚軸成分eを検出するヒルベルト変換器、13は互いに90°位相が異なる二つの正弦波sinθ,cosθ(ここでθ=ωt)を生成する正弦波発生器、14は前記e,e及び正弦波sinθ,cosθが入力され、後述するようにα−β座標(直交二相座標)系から単相交流電圧に同期して回転するd−q座標(回転座標)系への変換(d−q変換)を行ってd軸成分e、q軸成分eを出力するd−q変換器、15は基準値(=1)とd軸成分eとの差を求める加算器,16は加算器15の出力を二乗する二乗演算器、17はq軸成分eを二乗する二乗演算器、18は二乗演算器16,17の出力を加算する加算器、19は加算器18の出力である停電検出用交流電圧成分を停電判定レベルと比較して前者が後者より大きい場合に停電検出信号aを出力するコンパレータである。
次に、この実施形態の動作を説明する。
まず、単相交流電圧の瞬時値eを、片側フーリエ係数列で表された複素ベクトル(複素数列)eの実軸成分として、数式1のように定義する。
ここで、複素ベクトルeは歪み波形で表されると仮定し、数式2により定義する。数式2において、Eは振幅、δは位相、nは次数、ωtは単相交流電圧の基本波成分の位相角であり、これらのE,δ,ωtは瞬時値(時間関数)とする。
更に、複素ベクトルeの虚軸成分eを数式3により定義する。
因果数列で表される複素ベクトルeは解析関数(正則関数)であり、その実部と虚部とは90°の位相差をもち、実部が与えられれば対応する複素ベクトルが一義的に規定される性質をもつ。
従って、複素ベクトルeは、その実部である単相交流電圧の瞬時値eによって一義的に規定されることになり、数式4のように表される。
数式4において、H[ ]はヒルベルト変換器であり、正負全ての周波数成分を90°遅らせるフィルタ(FIR(Finite Impulse Response)フィルタ)であって、その伝達関数は数式5により表される。
上記のように、ヒルベルト変換を用いれば、複素座標上を回転する複素ベクトルeの瞬時値eが一義的に規定されるので、複素平面の実軸をα軸、虚軸をβ軸と定義することでα−β座標(直交二相座標)系からd−q座標(回転座標)系への変換(d−q変換)を実現することができる。
すなわち、単相交流電圧の瞬時値eから、有効電圧成分としてのd軸成分e及び無効電圧成分としてのq軸成分eを検出することができ、eをd軸停電判定レベルと比較してこの停電判定レベルより小さいか、eをq軸停電判定レベルと比較してこの停電判定レベルより大きいかの何れかが成立した場合に、単相交流電圧の停電と判定することができる。なお、上記のように停電判定レベルを二つ(コンパレータを二つ)設けずに、図1に示すごとく二乗演算器16,17の出力を加算して得た停電検出用交流電圧成分をコンパレータ19により単一の停電判定レベルと比較するようにすれば、停電判定を行うための回路構成も簡単になる。
図1において、ヒルベルト変換器12は単相交流電圧の瞬時値eから虚軸成分eを検出する。なお、ヒルベルト変換器の構成及び動作については、例えば、特開2003−143860号公報(発明の名称:半導体電力変換装置の制御回路)に詳述されている。
ここで、上記公報にも記載されているように、ヒルベルト変換器から出力される虚軸成分は、FIRフィルタの次数に応じた群遅延により遅れて発生するので、虚部に対する実部の位相(両者の直交関係)が保たれなくなる。このため、実軸成分についても虚軸成分の遅延分に応じて遅延させる必要があるので、図1の遅延回路11はその目的で設けられている。
図1のd−q変換器14は、下記の数式6によりd−q変換を行ない、単相交流電圧と同期して基本波角周波数で回転する回転座標系のd軸成分e及びq軸成分eを出力する。
また、加算器15及び二乗演算器16,17により、基準値(=1)からd軸成分eを減算した結果の二乗値とq軸成分eの二乗値とを求め、これらを加算器18により加算してスカラー化した停電検出用交流電圧成分を算出すると共に、この交流電圧成分をコンパレータ19にて単一の停電判定レベルと比較することで、停電判定回路を一回路で実現している。
このようにして、上記停電検出用交流電圧成分が停電判定レベルより大きくなった時に商用電源等の単相交流電圧の停電を検出し、停電検出信号aを出力するものである。
この実施形態によれば、従来技術のように交流電圧のゼロクロス点を検出することなく、交流電圧の瞬時値から回転座標系のd軸成分e及びq軸成分eを検出し、これらを用いて停電を判定するようにしたため、連続的に瞬時レベルで商用電源等の停電を検出することができる。
従って、例えば商用電源の交流電圧をコンバータにより直流電圧に変換する電力変換装置においては、商用電源の停電検出時に直ちにコンバータの運転を停止することにより、停電検出の遅れに起因して電源電圧が不確定な状態でコンバータの運転が継続されることによる高調波の発生や商用電源への悪影響を防止することが可能である。
次に、図2は上記停電検出回路を備えた無停電電源装置の実施形態を示す構成図である。
図2において、10は図1のように構成された停電検出回路であり、この停電検出回路10から出力される前記停電検出信号aは変換器制御回路10Aに入力されている。
また、21は商用電源、22は2個の半導体素子を逆並列接続した交流スイッチ、23は交流電力が供給される負荷、24はバッテリ、25,29はコンタクタ、26は電力変換器としてのインバータ、27,28はインバータ26の交流電圧平滑用のLCフィルタを構成するリアクトル及びコンデンサである。なお、交流−交流変換器22及びインバータ26は、前記変換器制御回路10Aからの制御信号b、cによりそれぞれ運転が制御されるように構成されている。
その動作を述べると、商用電源21の健全時には、交流スイッチ22をオンして商用電源21から負荷23に交流電力を供給する。このとき、コンタクタ25,29がオンの状態でインバータ26は順変換動作し、交流−直流変換を行ってバッテリ24を充電している。
また、前述した停電検出回路10の動作により商用電源21の停電を検出すると、停電検出信号aが変換器制御回路10Aに送られ、この制御回路10Aでは、制御信号bを出力して交流スイッチ22をオフさせると共に、制御信号cを出力してインバータ26を逆変換動作させ、バッテリ24の直流電力を交流電力に変換して負荷23に供給する。
本実施形態においては、停電検出回路10が商用電源21の停電を検出すると瞬時に交流スイッチ22をオフさせ、バックアップ用のインバータ26による給電動作に切り替えることにより、停電発生時にも負荷23に安定した電圧を継続的に供給することが可能である。
本発明の停電検出回路の実施形態を示すブロック図である。 本発明の無停電電源装置の実施形態を示す構成図である。
符号の説明
10:停電検出回路
10A:変換器制御回路
11:遅延回路
12:ヒルベルト変換器
13:正弦波発生器
14:d−q変換器
15,18:加算器
16,17:二乗演算器
19:コンパレータ
21:商用電源
22:交流スイッチ
23:負荷
24:バッテリ
25,29:コンタクタ
26:インバータ(電力変換器)
27:リアクトル
28:コンデンサ

Claims (3)

  1. 交流電源電圧の瞬時値を複素ベクトルの実軸成分とし、この実軸成分から複素ベクトルの虚軸成分を検出するヒルベルト変換手段と、
    前記実軸成分及び虚軸成分を直交二相座標系から交流電源電圧に同期して回転する回転座標系の各成分に変換する座標変換手段と、
    この座標変換手段から出力される回転座標系の各成分を用いて停電検出用交流電圧成分を生成する手段と、
    この手段から出力された前記停電検出用交流電圧成分が停電判定レベルを超えた時に交流電源の停電検出信号を出力する比較手段と、
    を備えたことを特徴とする停電検出回路。
  2. 交流電源の健全時には交流電源から交流スイッチを介して負荷に給電し、交流電源の停電時には交流スイッチをオフにすると共に電力変換器を運転して前記負荷に給電するようにした無停電電源装置において、
    請求項1に記載した停電検出回路が交流電源の停電を検出した際に、前記停電検出信号を用いて交流スイッチをオフにし、かつ、電力変換器の運転を開始することを特徴とする無停電電源装置。
  3. 請求項2に記載した無停電電源装置において、
    交流電源の健全時には、前記交流スイッチを介して前記負荷に給電しながら前記電力変換器としてのインバータによりバッテリを充電し、交流電源の停電時には、前記停電検出信号により前記交流スイッチをオフにすると共に前記バッテリの直流電力を前記インバータにより交流電力に変換して前記負荷に供給することを特徴とする無停電電源装置。
JP2006046610A 2006-02-23 2006-02-23 停電検出回路及び無停電電源装置 Pending JP2007225427A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006046610A JP2007225427A (ja) 2006-02-23 2006-02-23 停電検出回路及び無停電電源装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006046610A JP2007225427A (ja) 2006-02-23 2006-02-23 停電検出回路及び無停電電源装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2007225427A true JP2007225427A (ja) 2007-09-06

Family

ID=38547385

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006046610A Pending JP2007225427A (ja) 2006-02-23 2006-02-23 停電検出回路及び無停電電源装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2007225427A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP2750262A1 (en) 2012-12-27 2014-07-02 FDK Corporation Uninterruptible power supply
CN110208593A (zh) * 2019-06-10 2019-09-06 北京利达英杰联合技术有限公司 一种用于电气防火限流式保护器的检测电流的方法

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH05232157A (ja) * 1992-02-19 1993-09-07 Shikoku Electric Power Co Inc 電圧低下検出装置
JP2002010522A (ja) * 2000-06-21 2002-01-11 Toshiba Corp 無停電電源装置
JP2003143860A (ja) * 2001-11-05 2003-05-16 Toshihisa Shimizu 半導体電力変換装置の制御回路
JP2004156986A (ja) * 2002-11-06 2004-06-03 Fuji Electric Fa Components & Systems Co Ltd 停電検出装置
JP2006014546A (ja) * 2004-06-29 2006-01-12 Fuji Electric Holdings Co Ltd 電源異常検出装置

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH05232157A (ja) * 1992-02-19 1993-09-07 Shikoku Electric Power Co Inc 電圧低下検出装置
JP2002010522A (ja) * 2000-06-21 2002-01-11 Toshiba Corp 無停電電源装置
JP2003143860A (ja) * 2001-11-05 2003-05-16 Toshihisa Shimizu 半導体電力変換装置の制御回路
JP2004156986A (ja) * 2002-11-06 2004-06-03 Fuji Electric Fa Components & Systems Co Ltd 停電検出装置
JP2006014546A (ja) * 2004-06-29 2006-01-12 Fuji Electric Holdings Co Ltd 電源異常検出装置

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP2750262A1 (en) 2012-12-27 2014-07-02 FDK Corporation Uninterruptible power supply
US9490661B2 (en) 2012-12-27 2016-11-08 Fdk Corporation Uninterruptible power supply
CN110208593A (zh) * 2019-06-10 2019-09-06 北京利达英杰联合技术有限公司 一种用于电气防火限流式保护器的检测电流的方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6147363B2 (ja) 電力変換装置
Zeng et al. A novel hysteresis current control for active power filter with constant frequency
JP2004153957A (ja) 電力変換装置
AU2012317885A1 (en) Power converter control method
KR101380380B1 (ko) 전력계통의 상태에 따른 적응형 위상추종 방법 및 시스템
JP6269295B2 (ja) 残電圧演算回路、停電判定回路、および系統連系装置
TWI604697B (zh) Phase-locked loop method for a utility parallel system
JP6492031B2 (ja) 電圧補償装置
JP4935166B2 (ja) 電力変換装置の位相同期制御装置
JP2007225427A (ja) 停電検出回路及び無停電電源装置
JP5767721B2 (ja) インバータ制御回路、および、このインバータ制御回路を備えた系統連系インバータシステム
JP2009050091A (ja) 位相検出装置
JP5637310B2 (ja) インバータ装置
Sillapawicharn A fast single-phase voltage sag detection for voltage sag compensation system
US10063242B2 (en) Phase-locked loop method for use in utility electricity parallel-connection system
JP5078144B2 (ja) 電力変換方法および電力変換装置
WO2014050759A1 (ja) 単相電圧型交直変換装置
JP6263990B2 (ja) 交直変換装置の同期制御回路
JP4191582B2 (ja) 交流電圧低下検出装置
JP5464704B2 (ja) 交流信号の位相検出方法
WO2021070295A1 (ja) 電力変換装置
JP2006187082A (ja) Ac/dc双方向コンバータ
JP4764993B2 (ja) 電力融通装置
JP6419565B2 (ja) 三相交流を入力とする検出装置、電力変換装置、三相交流を入力とした検出方法、電力変換装置の制御方法。
JP2019058062A (ja) インバータ回路を制御する制御回路、当該制御回路を備えたインバータ装置、当該インバータ装置を備えた電力システム、および、制御方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20090115

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20101012

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A712

Effective date: 20110422

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110531

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20111006