JP2007144755A - 射出成形金型のスライドコア開閉構造 - Google Patents

射出成形金型のスライドコア開閉構造 Download PDF

Info

Publication number
JP2007144755A
JP2007144755A JP2005341466A JP2005341466A JP2007144755A JP 2007144755 A JP2007144755 A JP 2007144755A JP 2005341466 A JP2005341466 A JP 2005341466A JP 2005341466 A JP2005341466 A JP 2005341466A JP 2007144755 A JP2007144755 A JP 2007144755A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
mold
slide core
fixed
slide
angular pin
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2005341466A
Other languages
English (en)
Inventor
Koji Shimura
孝司 志村
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Citizen Electronics Co Ltd
Original Assignee
Citizen Electronics Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Citizen Electronics Co Ltd filed Critical Citizen Electronics Co Ltd
Priority to JP2005341466A priority Critical patent/JP2007144755A/ja
Publication of JP2007144755A publication Critical patent/JP2007144755A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】 スライドコアを有する射出成形金型の金型スペースの確保。
【解決手段】 射出成形金型1は固定側金型2と可動側金型3とから成り、固定側型板5に形成された段付き穴5aにアンギュラピン6が摺動可能に配設されている。段付き穴5aを固定側受板4側へ延長して形成された穴4aにはアンギュラピン6を押し出す方向に付勢して圧縮コイルバネ7が配設されている。可動側金型3に配設されたキャビスペーサA8の上に傾斜穴11cを有するスライドコア11が摺動可能に配設されている。アンギュラピン6は傾斜穴11cに係合して金型開閉方向と垂直な方向にスライドコア11を移動させる。キャビスペーサA8にはアンギュラピン6の先端部を受け入れる逃がし穴8aが形成されている。
【選択図】 図1

Description

本発明は、射出成形金型に関し、更に詳しくはスライドコアを有する射出成形金型のスライドコア開閉構造に関する。
近年、各種工業製品において材料特性の改善、部品製造の容易化、組立の容易化、軽量化、低価格化等を目的としてプラスチック成形品が多用され、射出成形機を用いて量産されている。このようなプラスチック成形品の中には、例えばビデオカメラ、デジタルカメラなどの鏡筒部品のように、内部にアンダーカット部を有しており、この部品の成形をするためには、射出成形金型にスライドコアを必要とするものがある(例えば、特許文献1参照。)。
このようなプラスチック成形品を成形する射出成形金型の一例を図面により説明する。図4は従来のスライドコアを有する射出成形金型の要部断面図であり、中心線CLより右側の部分であるスライドコアを駆動するアンギュラピン周りの構造を示している。図4において、52は射出成形金型を構成する固定側金型の固定側型板を示しており、53は固定側型板52に固定された傾斜ピンであるアンギュラピンを示している。54は可動側金型のキャビスペーサを示している。55は可動側金型の可動側受板を示している。ハッチングで示す56はアンギュラピン53を逃がすためにキャビスペーサ54及び可動側受板55に形成された逃がし穴を示している。57はキャビスペーサ54上を摺動するスライドコアを示している。
58はスライドコア57に形成された分割形のキャビティの右側半分である。以上説明した金型の構成は中心線CLに対して対称に左側にも設けられている。射出成形金型のその他の構成については本発明との関係が薄いので煩雑になるのを避けるために説明を省略する。この金型の動作は、樹脂射出後に可動側金型が下降して型開きとなり、スライドコア57の斜面57aが固定側型板52から離れる。同時に、アンギュラピン53とスライドコア57の傾斜穴57cとの相互作用によってスライドコア57が右側に移動する。これに伴い分割型のキャビティ58が左右に開き、成形品のアンダーカット部とキャビティ58との重なりが外れる。その後、図示しないエジェクターピンが作動して成形品を突き上げ離型させる。
特開平11−192647号公報(図10、段落番号0002、0003)
しかしながら、従来の金型構造ではアンギュラピン53の逃がし穴56を可動側受板55にわたって大きく形成していたので、その部分には他の金型構成要素を配置することができなかった。例えば温調を通すスペースが確保できず、他の場所に設置する必要があった。その結果、金型サイズが大きくなってしまうという問題があった。
上記発明は、このような従来の問題を解決するためになされたものであり、その目的は、スライドコアを有する射出成形金型の金型スペースの確保が可能となる射出成形金型のスライドコア開閉構造を提供することである。
前記課題を解決するための本発明の手段は、固定側金型と可動側金型とから成りアンダーカット付樹脂成形品を成形する射出成形金型であって、金型開閉方向と垂直な方向に摺動可能に前記可動側金型に配設された一対のスライドコアに、2分割されたキャビティの各々を形成してあり、型開閉時には前記固定側金型に配設され且つ前記スライドコアの傾斜穴を貫通する一対の傾斜ピンにより、前記スライドコアを移動させて前記キャビティを開閉するように構成した射出成形金型のスライドコア開閉構造において、前記傾斜ピンは後端部をコイルバネにより前記固定側金型から突出するように付勢されて前記固定側金型内に摺動可能に配設されていることを特徴とする。
以上説明したように、本発明によれば、固定側金型と可動側金型とから成りアンダーカット付樹脂成形品を成形する射出成形金型であって、金型開閉方向と垂直な方向に摺動可能に前記可動側金型に配設された一対のスライドコアに、2分割されたキャビティの各々を形成してあり、型開閉時には前記固定側金型に配設され且つ前記スライドコアの傾斜穴を貫通する一対の傾斜ピンにより、前記スライドコアを移動させて前記キャビティを開閉するように構成した射出成形金型のスライドコア開閉構造において、前記傾斜ピンは後端部をコイルバネにより前記固定側金型から突出するように付勢されて前記固定側金型内に摺動可能に配設したので、金型スペースを十分確保できて、金型の小型化に寄与することができるようになった。
以下、本発明の実施の形態を図面に基づいて詳細に説明する。図1は本発明の実施の形態である型閉じ状態の射出成形金型の要部断面図、図2、図3は図1の金型の動作を順に示す型開き状態の射出成形金型の要部断面である。
まず、図1により、本発明の実施の形態である射出成形金型の構成について説明する。図1において、1は射出成形金型を示している。2は射出成形金型1を構成する固定側金型を示しており、3は同じく可動側金型を示している。4は固定側受板を示しており、5は固定側型板を示している。6は固定側型板5に形成された段付き穴5aに摺動可能に配設された頭付傾斜ピンであるアンギュラピンを示している。7は段付き穴5aを固定側受板4側へ延長して形成された穴4aにアンギュラピン6を押し出す方向に付勢するように配設された圧縮コイルバネを示している。
8は可動側金型3に配設されたキャビスペーサAを示しており、9は同じくキャビスペーサBを示している。キャビスペーサA8にはアンギュラピン6の先端部を受け入れる逃がし穴8aが形成されている。10は可動側受板を示している。11はキャビスペーサA8の上に摺動可能に配設されたスライドコアを示している。12はキャビスペーサA8に形成された2分割開閉型キャビティの右半分を示している。アンギュラピン6の先端はキャビスペーサA8の逃がし穴8aに入り、キャビスペーサB9の面に当接しており、後端は段付き穴5a内に後退して圧縮されたコイルバネ7により押されている。スライドコア11の斜面11aは固定側型板5のロッキング斜面5cにより金型の外側への移動が規制されている。以上の構成は中心線CLに対して対称に左側にも存在する。すなわち、スライドコア11もアンギュラピン6もそれぞれ左右に一対づつ配設されている。
次に、本発明の実施の形態である射出成形金型1の動作について説明する。まず、溶融樹脂を射出して一定時間圧力を保ちながら樹脂が冷却硬化した段階の図1に示す状態から、図2に示す型開き状態となる。図2において、13は成形品を示している。射出成形金型1は可動側金型3が下降し始めた状態である。スライドコア11の斜面11aが固定側金型2から離れると同時に、アンギュラピン6は固定側型板5からコイルバネ7の付勢力により押し出されるから、先端部はキャビスペーサB9の面から離れずに当接し続ける。そして、アンギュラピン6と傾斜穴11cとの係合位置が徐々に右側にずれるので、相互作用によりスライドコア11が金型の開閉方向とは垂直な方向の右側に移動する。スライドコア11の移動に伴い、キャビティ12が開く。
図3に示すように、更に型開きが進行して、固定側金型2と可動側金型3との係合が外れた状態となる。固定側金型2において、アンギュラピン6は段付き穴5aから一杯に突出した状態になる。スライドコア11は一杯に突出したアンギュラピン6の作用により、右側一杯に移動するのでキャビティ12が十分開いて、成形品13を取り出せる状態になる。この後、図示しないエジェクターピンが作動して成形品13を突き上げ離型させ、次の成形サイクルに備えて射出成形金型1は閉じられる。このとき、アンギュラピン6は先端がキャビスペーサB9に当接してから固定側型板5内に引っ込むから、スライドコア11の傾斜穴11cとアンギュラピン6との係合位置が左へずれて、スライドコア11を左側へ移動させることになり、最終的に図1の型閉じ状態となる。
次に、本実施の形態の効果について説明する。アンギュラピン6を、コイルバネ7によって固定側型板5から突出するように付勢させて固定側型板5内に摺動可能に配設したので、可動側受板10にはアンギュラピン6の逃がし穴を設ける必要がなくなり、そのスペースに温調を通すなど、他の目的のためにスペースを有効に使用できるので、金型サイズを小さくすることができる。金型を小型にできるので、小型の射出成形機に対応させることができ、また、金型の取り扱いがよくなる。
本発明の実施の形態である射出成形金型の要部断面図である。 図1の射出成形金型の動作を示す要部断面図である。 図1の射出成形金型の動作を示す要部断面図である。 従来の射出成形金型の要部断面図である。
符号の説明
1 射出成形金型
2 固定側金型
3 可動側金型
6 アンギュラピン
7 コイルバネ
11 スライドコア
11c 傾斜穴
12 キャビティ

Claims (1)

  1. 固定側金型と可動側金型とから成りアンダーカット付樹脂成形品を成形する射出成形金型であって、金型開閉方向と垂直な方向に摺動可能に前記可動側金型に配設された一対のスライドコアに、2分割されたキャビティの各々を形成してあり、型開閉時には前記固定側金型に配設され且つ前記スライドコアの傾斜穴を貫通する一対の傾斜ピンにより、前記スライドコアを移動させて前記キャビティを開閉するように構成した射出成形金型のスライドコア開閉構造において、前記傾斜ピンは後端部をコイルバネにより前記固定側金型から突出するように付勢されて前記固定側金型内に摺動可能に配設されていることを特徴とする射出成形金型のスライドコア開閉構造。
JP2005341466A 2005-11-28 2005-11-28 射出成形金型のスライドコア開閉構造 Pending JP2007144755A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005341466A JP2007144755A (ja) 2005-11-28 2005-11-28 射出成形金型のスライドコア開閉構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005341466A JP2007144755A (ja) 2005-11-28 2005-11-28 射出成形金型のスライドコア開閉構造

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2007144755A true JP2007144755A (ja) 2007-06-14

Family

ID=38206739

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005341466A Pending JP2007144755A (ja) 2005-11-28 2005-11-28 射出成形金型のスライドコア開閉構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2007144755A (ja)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101961900A (zh) * 2010-09-30 2011-02-02 凡嘉科技(无锡)有限公司 一种改进的前模斜顶结构
CN102363352A (zh) * 2011-10-31 2012-02-29 青岛海尔模具有限公司 一种注塑模具中的下坡斜顶加速抽芯机构组件
KR101156512B1 (ko) * 2011-09-30 2012-06-18 황태문 사출금형용 슬라이드 코어 장치 및 그를 사용한 리드 프레임 인서트 몰딩의 제조방법
KR101156196B1 (ko) * 2011-12-05 2012-06-18 (주)현태금형 사출 금형장치
CN102601941A (zh) * 2012-03-08 2012-07-25 浙江正立塑模有限公司 注塑模具小顶杆二次顶出机构
CN104029344A (zh) * 2014-07-08 2014-09-10 苏州天脉导热科技有限公司 一种注塑模具系统的前模弹块机构
JP2015139949A (ja) * 2014-01-29 2015-08-03 満行 根建 操作ノブの成形用金型
KR101679974B1 (ko) 2015-05-20 2016-11-25 김종현 자동차용 배터리팩 사출금형의 슬라이드 코어
CN111516220A (zh) * 2019-02-01 2020-08-11 苏州汉扬精密电子有限公司 滑块抽芯结构

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101961900A (zh) * 2010-09-30 2011-02-02 凡嘉科技(无锡)有限公司 一种改进的前模斜顶结构
KR101156512B1 (ko) * 2011-09-30 2012-06-18 황태문 사출금형용 슬라이드 코어 장치 및 그를 사용한 리드 프레임 인서트 몰딩의 제조방법
CN102363352A (zh) * 2011-10-31 2012-02-29 青岛海尔模具有限公司 一种注塑模具中的下坡斜顶加速抽芯机构组件
KR101156196B1 (ko) * 2011-12-05 2012-06-18 (주)현태금형 사출 금형장치
CN102601941A (zh) * 2012-03-08 2012-07-25 浙江正立塑模有限公司 注塑模具小顶杆二次顶出机构
JP2015139949A (ja) * 2014-01-29 2015-08-03 満行 根建 操作ノブの成形用金型
CN104029344A (zh) * 2014-07-08 2014-09-10 苏州天脉导热科技有限公司 一种注塑模具系统的前模弹块机构
KR101679974B1 (ko) 2015-05-20 2016-11-25 김종현 자동차용 배터리팩 사출금형의 슬라이드 코어
CN111516220A (zh) * 2019-02-01 2020-08-11 苏州汉扬精密电子有限公司 滑块抽芯结构

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2007144755A (ja) 射出成形金型のスライドコア開閉構造
US8142185B1 (en) Injection mold forming a product having a barbed structure
CN105291382A (zh) 一种内外多方向抽芯注射模具
JP2008155490A (ja) 射出成形金型のアンダーカット形状形成機構
JP2008162213A (ja) 射出成形金型
JP5562083B2 (ja) 成形用金型
JP2006326995A (ja) 射出成形金型の型開き制御機構
KR20160040964A (ko) 내, 외측으로 이동되는 언더컷성형링을 갖는 사출금형
JP2020026034A (ja) 射出成形用金型
JP4837652B2 (ja) インサート成形用射出金型
JP2006248055A (ja) 射出成形金型の2段突き出し機構
JP2000301578A (ja) インサート成形装置およびその使用方法
JP2002347085A (ja) 射出成形金型
JP2009292132A (ja) 樹脂成形品の成形方法並びに成形金型
KR101655987B1 (ko) 수축, 확장되는 다수의 언더컷성형코어를 갖는 사출금형
JP2006256285A (ja) 射出成形金型
KR20160094637A (ko) 사출금형의 보스부위 싱크마크 생성방지 장치
KR200445760Y1 (ko) 사출금형의 언더컷 취출장치
JP2007136823A (ja) アンダーカットコア可動金具、可動スライダ及び可動用治具並びにこれらを備えた二重成形金型
KR100823340B1 (ko) 금형조립체의 내측 언더컷 성형장치 및 그 방법
KR102187481B1 (ko) 상부 언더컷 및 하부 언더컷을 갖는 사출 제품(p)을 제조하기 위한 사출 금형 및 사출 금형 제어 방법
CN109016380A (zh) 少动力驱动多向侧抽芯机构的注塑模具
JP4871092B2 (ja) 射出成形用積み重ね金型
JP5610747B2 (ja) 成形品の製造方法、および射出成形用金型
JP2007203551A (ja) 射出成形用金型