JP2006304937A - Game machine - Google Patents

Game machine Download PDF

Info

Publication number
JP2006304937A
JP2006304937A JP2005129323A JP2005129323A JP2006304937A JP 2006304937 A JP2006304937 A JP 2006304937A JP 2005129323 A JP2005129323 A JP 2005129323A JP 2005129323 A JP2005129323 A JP 2005129323A JP 2006304937 A JP2006304937 A JP 2006304937A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sign
game
display
indication
effect
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2005129323A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Keita Kato
啓太 加藤
Original Assignee
Aruze Corp
アルゼ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Aruze Corp, アルゼ株式会社 filed Critical Aruze Corp
Priority to JP2005129323A priority Critical patent/JP2006304937A/en
Publication of JP2006304937A publication Critical patent/JP2006304937A/en
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To allow a player to constantly play game on a new note in a game machine changing a predictive performance in mid-course of continuing a game. <P>SOLUTION: This game machine is provided with a predictive table selecting means selecting either one predictive table among a predictive table group when a specific condition is satisfied, a predictive performance execution means executing the predictive performance indicating the extent of the provability of shifting to the big winning game state before the lottery result is derived based on a predictive performance pattern stored in the predictive table selected by the predictive table selecting means, a specific operation means operated by a player, and a table initialization means changing the predictive table under the selection by the predictive table selecting means based on the operation of the specific operation means into the initially set predictive table. <P>COPYRIGHT: (C)2007,JPO&INPIT

Description

本発明は、例えばパチンコ遊技機などの遊技機に関するものである。   The present invention relates to a gaming machine such as a pachinko gaming machine.
従来、遊技機の一つとして弾球遊技機があり、この弾球遊技機を代表するものとしてパチンコ遊技機が知られている。近年では、液晶表示装置などの表示手段を備え、この表示装置において所謂可変表示ゲームを実行し、そのゲーム結果が大当たりとなれば遊技者に有利な大当たり遊技状態に移行可能としたパチンコ遊技機が主流となっている。
前記可変表示ゲームとは、遊技盤上に発射された遊技球が可変表示始動領域を有する所謂始動口に入球すると、内部抽選を行って大当たりへの当選か否かを決定し、その抽選結果に基づいて、前記液晶表示装置上に「大当たり」や「はずれ」を識別する識別情報に対応させた複数種の装飾図柄を導出表示し、これを変動表示及び停止表示させるようにしている。
Conventionally, there is a ball game machine as one of the game machines, and a pachinko game machine is known as a representative of this ball game machine. In recent years, there has been a pachinko gaming machine equipped with display means such as a liquid crystal display device, which can execute a so-called variable display game on this display device, and can shift to a jackpot gaming state advantageous to the player if the game result is a jackpot. It has become mainstream.
The variable display game means that when a game ball fired on a game board enters a so-called start opening having a variable display start area, an internal lottery is performed to determine whether or not a big win is won, and the lottery result Based on the above, on the liquid crystal display device, a plurality of types of decorative symbols corresponding to identification information for identifying “big hit” or “out of place” are derived and displayed, and are displayed in a variable manner and stopped.
このとき、大当たりであれば前記装飾図柄が一列に3つ導出表示されるのが一般的であるが、前記装飾図柄が3つ揃う前に、あと1つ揃えば大当たりとなる態様、所謂リーチ状態になりやすいことや、大当たりになる可能性の高さを示唆する、所謂予兆表示を行って可変表示ゲームの興趣を高めるとともに、遊技全体を盛り上げるようにしている。   At this time, if it is a big hit, it is common that three of the decorative symbols are derived and displayed in a row, but before the three decorative symbols are arranged, if one more are arranged, a big win is obtained, so-called reach state. The so-called predictive display that suggests that the game is likely to become a big hit or a high probability of being a big hit is performed to enhance the interest of the variable display game and to excite the entire game.
かかる予兆表示は、出現度は高いものの実際にリーチ状態になったり、大当たりになったりする可能性は少ないもの、つまり信頼度の低いものもあれば、逆に出現度は低いものの、信頼度は極めて高いものなどがある。信頼度の高い予兆表示が行われると、遊技者の期待感は一気に高まり、可変表示ゲームの醍醐味が味わえることになる。   Although this indication is high in appearance, there is a low possibility that it will actually reach a reach or a big hit, that is, there is a low reliability, while conversely the appearance is low, the reliability is Some are extremely expensive. If a highly reliable predictive display is performed, the player's expectation will increase at a stretch, and the best part of the variable display game will be enjoyed.
しかし、前記信頼度についてみると、従来、予め設定された信頼度で固定されているため、遊技を重ねていくうちに、遊技者は予兆表示の信頼度を見切ってしまい、予兆表示がなされても、経験的に全く期待できないものと分かると、気分の高揚などはなく、逆に表示自体が邪魔にさえ思うようになることもあり、ひいては遊技意欲の低下を招くおそれがあった。
そこで、遊技機に当たり回数計数手段を設け、この当たり回数計数手段で計数された当たり回数が所定回数に達したことを条件に、予兆表示の信頼度を切り替えるようにしたものが提案された(例えば、特許文献1を参照。)。
However, with regard to the reliability, since it has been fixed at a preset reliability, the player has forgotten the reliability of the sign display as the game is repeated, and the sign display is made. However, if it is empirically understood that it can not be expected at all, there is no uplifting feeling, on the contrary, the display itself may even get in the way, which may lead to a decrease in game motivation.
In view of this, it has been proposed that the game machine is provided with a hit count counting means, and the reliability of the indication display is switched on condition that the hit count counted by the hit count counting means reaches a predetermined number (for example, , See Patent Document 1).
特開2003−10478号公報JP 2003-10478 A
しかし、上記特許文献1に記載の遊技機では、遊技者が入れ替わった場合、後の遊技者は前の遊技者の遊技していた状態を引き継いで、予兆表示の信頼度が前の遊技者の状態のままとなってしまい、新たな気持ちで遊技を行うことができず、信頼度が遊技途中で変化することを十分に楽しむことができない。
本発明は、上記課題を解決することのできる遊技機を提供することを目的としている。
However, in the gaming machine described in Patent Document 1, when a player is replaced, the subsequent player takes over the previous player's playing state, and the reliability of the indication of the indication of the previous player As a result, the game cannot be played with a new feeling, and the reliability cannot be fully enjoyed during the game.
An object of the present invention is to provide a gaming machine that can solve the above-described problems.
(1)そこで、請求項1記載の本発明では、所定の条件を満たしたことを条件に、遊技者に有利な大当たり遊技状態に移行させるか否かを抽選する抽選手段と、この抽選手段による抽選結果に応じて、前記大当たり遊技状態に移行させる遊技状態制御手段と、初期設定されたテーブルを含む複数の予兆テーブルからなり、各予兆テーブルには、それぞれ同一の演出構成要素を用いながらも演出態様を異ならせた複数の予兆演出パターンが格納され、前記大当たり遊技状態に移行する可能性を示す前記予兆演出パターンの信頼度が予兆テーブルごとに異なる予兆テーブル群と、特定条件が満たされた場合、前記予兆テーブル群の中からいずれか一の予兆テーブルを選択する予兆テーブル選択手段と、前記抽選結果が導出される前に、前記大当たり遊技状態に移行する可能性の高さを示す予兆演出を、前記予兆テーブル選択手段が選択した予兆テーブルに格納された予兆演出パターンに基づき実行する予兆演出実行手段と、遊技者が操作可能な特定操作手段と、を備え、前記特定操作手段が操作されたことに基づいて、前記予兆テーブル選択手段によって選択中の予兆テーブルを、前記初期設定された予兆テーブルに変更するテーブル初期化手段を備えたことを特徴とする遊技機とした。   (1) Therefore, in the present invention according to claim 1, lottery means for lottery whether or not to shift to the jackpot gaming state advantageous to the player on condition that a predetermined condition is satisfied, and the lottery means According to the lottery result, the game state control means for shifting to the jackpot game state and a plurality of sign tables including an initially set table, each sign table is produced using the same effect component. When a plurality of predictive effect patterns having different aspects are stored, and a sign table group in which the reliability of the predictive effect pattern indicating the possibility of shifting to the jackpot gaming state is different for each predictor table, and a specific condition is satisfied , A sign table selection means for selecting any one sign table from the sign table group, and the win before the lottery result is derived Predictive effect execution means for executing a predictive effect indicating the high possibility of transition to the gaming state based on the predictive effect pattern stored in the predictive table selected by the predictive table selection means, and a specification that can be operated by the player And a table initialization means for changing the sign table being selected by the sign table selection means to the initially set sign table based on the operation of the specific operation means. A gaming machine characterized by this.
(2)請求項2記載の本発明では、請求項1記載の遊技機において、単位遊技毎に複数の識別情報を変動表示する表示手段と、前記抽選手段による抽選結果を前記表示手段上に前記複数の識別情報にて導出表示する表示制御手段と、を備え、前記予兆演出実行手段は、前記抽選結果が導出表示される前に、前記大当たり遊技状態に移行する可能性の高さを示す予兆演出表示を、前記予兆テーブル選択手段が選択した予兆テーブルに格納された予兆演出パターンに基づき実行することを特徴とする。   (2) In the present invention according to claim 2, in the gaming machine according to claim 1, display means for variably displaying a plurality of identification information for each unit game, and a lottery result by the lottery means are displayed on the display means. Display control means for derivation and display with a plurality of identification information, the sign effect execution means indicates a sign indicating a high possibility of shifting to the jackpot gaming state before the lottery result is derived and displayed The effect display is executed based on the sign effect pattern stored in the sign table selected by the sign table selection means.
(3)請求項3記載の本発明では、請求項1又は2に記載の遊技機において、遊技球を遊技領域に発射する発射手段と、遊技球を入賞させる入賞手段と、を備え、前記予兆テーブル選択手段が予兆テーブルを選択する際の特定条件は、前記単位遊技の実行回数、遊技球の発射数、及び入賞数のうちいずれか又は全てが所定数に達することであることを特徴とする。   (3) In the present invention described in claim 3, in the gaming machine according to claim 1 or 2, the game machine includes launching means for launching a game ball into a game area, and winning means for winning the game ball. The specific condition when the table selection means selects the sign table is that any or all of the number of executions of the unit game, the number of game balls fired, and the number of winnings reaches a predetermined number. .
(4)請求項4記載の本発明では、請求項1〜3のいずれか1項に記載の遊技機において、前記複数の予兆テーブルに格納された予兆演出パターンの各演出態様は、同一の演出構成要素を用いながらも各々段階的に構成されていることを特徴とする。   (4) In the present invention according to claim 4, in the gaming machine according to any one of claims 1 to 3, each effect aspect of the sign effect pattern stored in the plurality of sign tables is the same effect. Each component is structured step by step while using components.
(5)請求項5記載の本発明では、請求項2〜4のいずれか1項に記載の遊技機において、前記複数の予兆テーブルに格納された予兆演出パターンの各演出態様は、同一の演出構成要素を用いながらも各々表示サイズが異なって構成されていることを特徴とする。   (5) In the present invention according to claim 5, in the gaming machine according to any one of claims 2 to 4, each effect mode of the sign effect pattern stored in the plurality of sign tables is the same effect. It is characterized in that each of the display sizes is different while using the constituent elements.
本発明によれば、特定操作手段が操作されたことに基づいて、予兆テーブルが初期設定のものに変更されるので、遊技者は遊技開始がいつのタイミングであっても、予兆表示が実行される遊技を新たな気持ちで楽しむことができる。   According to the present invention, since the sign table is changed to the initial setting based on the operation of the specific operation means, the sign display is executed regardless of when the player starts the game. You can enjoy the game with new feelings.
本発明に係る遊技機は、所定の条件を満たしたことを条件に、遊技者に有利な大当たり遊技状態に移行させるか否かを抽選する抽選手段と、この抽選手段による抽選結果に応じて、前記大当たり遊技状態に移行させる遊技状態制御手段と、初期設定されたテーブルを含む複数の予兆テーブルからなり、各予兆テーブルには、それぞれ同一の演出構成要素を用いながらも演出態様を異ならせた複数の予兆演出パターンが格納され、前記大当たり遊技状態に移行する可能性を示す前記予兆演出パターンの信頼度が予兆テーブルごとに異なる予兆テーブル群と、特定条件が満たされた場合、前記予兆テーブル群の中からいずれか一の予兆テーブルを選択する予兆テーブル選択手段と、前記抽選結果が導出される前に、前記大当たり遊技状態に移行する可能性の高さを示す予兆演出を、前記予兆テーブル選択手段が選択した予兆テーブルに格納された予兆演出パターンに基づき実行する予兆演出実行手段と、遊技者が操作可能な特定操作手段と、を備え、前記特定操作手段が操作されたことに基づいて、前記予兆テーブル選択手段によって選択中の予兆テーブルを、前記初期設定された予兆テーブルに変更するテーブル初期化手段を備えたものである。   The gaming machine according to the present invention, lottery means for lottery whether to shift to a jackpot gaming state advantageous to the player on the condition that a predetermined condition is satisfied, according to the lottery result by this lottery means, The game state control means for shifting to the jackpot gaming state and a plurality of indication tables including an initially set table, and each indication table has a plurality of different presentation modes while using the same effect components. Are stored, and the reliability of the predictive effect pattern indicating the possibility of shifting to the jackpot gaming state is different for each predictor table, and when the specific condition is satisfied, The sign table selection means for selecting any one sign table from among them, and before the lottery result is derived, transition to the jackpot gaming state Predictive effect execution means for executing a predictive effect indicating a high possibility based on the predictive effect pattern stored in the predictive table selected by the predictive table selection means; and a specific operation means operable by the player. And a table initializing means for changing the sign table being selected by the sign table selecting means to the sign table that has been initially set based on the operation of the specific operation means.
すなわち、本実施形態に係る遊技機では、遊技を進めていく中で、予兆演出実行手段により、大当たり遊技状態に移行する可能性の高さを示す予兆演出がしばしばなされる。予兆演出としては、音、光、画像などを用いた様々な態様が考えられ、これらを用いた演出パターンが、初期設定された予兆テーブルをはじめとする複数の予兆テーブルに格納されている。しかも、各予兆テーブルには、それぞれ同一の演出構成要素を用いながらも演出態様を異ならせた複数の予兆演出パターンが格納されている。   In other words, in the gaming machine according to the present embodiment, during advancement of the game, the indication effect indicating the high possibility of shifting to the big hit gaming state is often made by the indication effect execution means. As the indication effect, various modes using sound, light, images, and the like are conceivable, and the effect patterns using these are stored in a plurality of indication tables including an initially set indication table. In addition, each sign table stores a plurality of sign effect patterns that have different effect forms while using the same effect components.
例えば、音による予兆演出の場合、予兆演出として所定の楽曲を流す設定にしたとすると、同じメロディ(演出構成要素としての音階が同じ)であっても、テーブルごとに、リズムやテンポ、あるいは演奏する楽器が異なった(演出態様が異なる)楽曲が格納されているのである。
初期設定された予兆演出の曲が最もスタンダードなものとすると、特定条件が満たされる度に、前記予兆テーブルの一つが選択されてアレンジされた楽曲が流れるようになり、その違いによって、予兆演出の信頼度も異なるようになるのである。
For example, in the case of an indication effect by sound, if a predetermined music is set to flow as an indication effect, even if the same melody (the same scale as the effect component) is used, the rhythm, tempo, or performance for each table Musical instruments with different musical instruments to be played (differences in production style) are stored.
Assuming that the song with the initial indication effect is the most standard, each time a specific condition is satisfied, one of the indication tables will be selected and the arranged song will flow. The reliability is also different.
しかし、遊技者が特定操作手段を操作すると、選択中の予兆テーブルから初期設定された予兆テーブルに変更される。すなわち、スタンダードな楽曲が流れるようになり、信頼度も初期設定されたものに変更される。なお、特定操作手段としては、ボタン操作などのように遊技者が容易に操作できる構成とすることが好ましく、遊技機の一部に設けておくとよい。   However, when the player operates the specific operation means, the currently selected predictor table is changed to an initially set predictor table. In other words, standard music starts to flow, and the reliability is changed to the initial setting. Note that the specific operation means is preferably configured to be easily operated by the player, such as button operation, and may be provided in a part of the gaming machine.
したがって、他の遊技者が使用した後に遊技を開始しても、特定操作手段を操作すれば初期設定された演出パターンに戻ることになる。このように、遊技開始がいつのタイミングであっても、遊技者は、予兆表示が実行される遊技を新たな気持ちで楽しむことができる。   Therefore, even if the game is started after being used by another player, if the specific operation means is operated, it returns to the initially set effect pattern. In this way, regardless of when the game starts, the player can enjoy the game in which the sign display is executed with a new feeling.
また、初期設定されたテーブルを含む複数の予兆テーブルからなり、各予兆テーブルには、それぞれ同一の演出構成要素を用いながらも演出態様を異ならせた複数の予兆演出パターンが格納され、前記大当たり遊技状態に移行する可能性を示す前記予兆演出パターンの信頼度が予兆テーブルごとに異なる予兆テーブル群と、特定条件が満たされた場合、前記予兆テーブル群の中からいずれか一の予兆テーブルを選択する予兆テーブル選択手段とを備えていることから、特定条件を満たしたときや特定操作手段が操作された場合に予兆演出の態様を異ならせるとともに、信頼度を変化させることを、容易かつ確実に行うことができる。   In addition, the sign table includes a plurality of sign tables including an initially set table, and each sign table stores a plurality of sign effect patterns having different effect forms while using the same effect component. The indication table group in which the reliability of the indication production pattern indicating the possibility of transition to the state is different for each indication table, and when a specific condition is satisfied, any one indication table is selected from the indication table group Since the sign table selecting means is provided, it is possible to easily and surely change the degree of the sign effect and change the reliability when the specific condition is satisfied or the specific operation means is operated. be able to.
また、上記遊技機としては、単位遊技毎に複数の識別情報を変動表示する表示手段と、前記抽選手段による抽選結果を前記表示手段上に前記複数の識別情報にて導出表示する表示制御手段と、を備え、前記予兆演出実行手段は、前記抽選結果が導出表示される前に、前記大当たり遊技状態に移行する可能性の高さを示す予兆演出表示を、前記予兆テーブル選択手段が選択した予兆テーブルに格納された予兆演出パターンに基づき実行する構成とすることができる。   Further, as the gaming machine, display means for variably displaying a plurality of identification information for each unit game, and display control means for deriving and displaying a lottery result by the lottery means on the display means with the plurality of identification information; The sign effect execution means selects the sign effect display that indicates the likelihood of transition to the jackpot gaming state before the lottery result is derived and displayed. It can be set as the structure performed based on the indication effect pattern stored in the table.
すなわち、予兆演出を画像などによる予兆表示に特化させたもので、遊技者に視覚的に訴えることができるので、信頼度の変化なども極めて分かりやすく、また演出の面白みも実感しやすい。
かかる構成の場合、例えばいくつかの所定のキャラクタからなる演出構成要素が用いられた予兆演出パターンにしたがって表示されるが、特定条件を満たすと、同じキャラクタが登場しながらも演出態様が異なる他の予兆演出パターンが格納された予兆テーブルが選択され、予兆表示が変化する。
しかし、長時間遊技を継続していく間に、前記所定のキャラクタが登場する演出態様が予兆表示であることを遊技者は認識するようになり、予兆表示がなされると大当たりへの期待をもって遊技するようになる一方、経験的に、予兆表示に対して遊技者自身が信頼度を構築していくことになる。つまり、あるキャラクタが登場する予兆表示に対しては、全く期待感がもてなくなるといったことも起こりうる。
そのような中で、本実施形態によれば、前述したように、同一の演出構成要素を用いながらもその演出態様が変化することから、遊技者は、その変化に伴って予兆表示の信頼度も変化する可能性があることに期待感をもつようになる。
In other words, since the sign production is specialized in the sign display by an image or the like and can be appealed visually to the player, changes in reliability are very easy to understand, and it is easy to realize the fun of the production.
In the case of such a configuration, for example, it is displayed in accordance with a predictive effect pattern in which an effect component composed of some predetermined characters is used. The sign table storing the sign effect pattern is selected, and the sign display changes.
However, while continuing the game for a long time, the player will recognize that the effect mode in which the predetermined character appears is a sign display, and if the sign display is made, the game is expected with a big hit. On the other hand, empirically, the player himself will build the reliability for the indication of the sign. In other words, there is a possibility that there will be no expectation for a sign display in which a certain character appears.
In such a situation, according to the present embodiment, as described above, since the presentation mode changes while using the same presentation component, the player can change the reliability of the indication of signs in accordance with the change. Will also have an expectation that there is a possibility of change.
すなわち、遊技を長く継続していくと飽きが来やすくなるが、演出態様が変化することによって、これまで表示されていたある予兆表示の信頼度が低いものであっても、今後の表示においては、信頼度が高くなることが期待できるといった、新たな期待感を喚起できるのである。そして、演出態様が変化すると、遊技者は変化した予兆表示の信頼度がどの程度のものであるかを新たに探りながら遊技を継続することになる。
したがって、長時間遊技を継続しても、同一キャラクタによる予兆表示の演出態様が変化することで、新鮮な気持ちになって遊技に臨め、遊技意欲の向上が期待できるようになる。
In other words, if the game is continued for a long time, it becomes easy to get bored, but due to the change in the production mode, even if the reliability of a certain indication displayed so far is low, in the future display It can evoke new expectations, such as higher reliability. When the effect mode changes, the player continues the game while newly searching for the degree of reliability of the changed sign display.
Therefore, even if the game is continued for a long time, the display mode of the sign display by the same character changes, so that the player can feel fresh and face the game and expect to improve the game motivation.
このような遊技機にあって、前記特定操作手段が操作されると、選択中の予兆テーブルを、前記初期設定された予兆テーブルに変更するのである。
かかる特定操作手段を操作すれば、現在選択されている予兆テーブルから、初期状態の信頼度に関連付けられた予兆テーブルに切り替わり、この初期設定された予兆テーブル内に格納されている予兆演出パターンに基づいて予兆表示が行われるようになるのである。そして、その後特定条件が満たされる度に予兆テーブルが切り替わり、予兆表示としての演出態様と信頼度とが変化していくことになる。したがって、遊技者は遊技開始がいつのタイミングであっても、予兆表示が実行される遊技を新たな気持ちで楽しむことができる。
In such a gaming machine, when the specific operation means is operated, the currently selected sign table is changed to the initially set sign table.
By operating the specific operation means, the currently selected sign table is switched to the sign table associated with the reliability of the initial state, and based on the sign effect pattern stored in the initially set sign table. As a result, a sign is displayed. Then, each time the specific condition is satisfied, the sign table is switched, and the effect mode and the reliability as the sign display are changed. Therefore, the player can enjoy the game in which the sign display is executed with a new feeling at any time when the game starts.
ところで、上述した遊技機としては、パチンコ遊技機に代表される弾球遊技機とすることができる。
すなわち、遊技球を遊技領域に発射する発射手段と、遊技球を入賞させる入賞手段と、を備えており、このとき、前記予兆テーブル選択手段が予兆テーブルを選択する際の特定条件としては、前記単位遊技の実行回数、遊技球の発射数、及び入賞数のうちいずれか又は全てが所定数に達することとするとよい。
By the way, as the above-described gaming machine, a ball ball gaming machine represented by a pachinko gaming machine can be used.
That is, it comprises a launching means for launching the game ball into the game area, and a winning means for winning the game ball, and at this time, as the specific condition when the sign table selecting means selects the sign table, Any or all of the number of executions of the unit game, the number of game balls fired, and the number of winnings may reach a predetermined number.
すなわち、遊技を長時間継続していくと、どうしても飽きが生じる場合があるが、遊技時間の経過に伴って、前記単位遊技の実行回数、前記遊技球の発射数及び入賞数のうちいずれか又は全てが所定数に達した場合、前述した所定のキャラクタによる予兆表示の演出態様が変化するので、弾球遊技機を長時間遊技していても、その中途で信頼度に対する新たな期待が生じ、遊技意欲が向上して弾球遊技をいつまでも楽しませることが可能となる。   That is, if the game is continued for a long time, there is a case where tiredness may occur, but as the game time elapses, either the number of executions of the unit game, the number of shots of the game ball and the number of winnings or When all reach the predetermined number, the indication mode of the sign display by the predetermined character described above changes, so even if the ball game machine is played for a long time, new expectations for reliability arise in the middle, The willingness to play is improved and it becomes possible to entertain the ball game indefinitely.
ところで、前記複数の予兆テーブルに格納された予兆演出パターンの各演出態様は、同一の演出構成要素を用いながらも各々段階的に構成するとよい。
例えば、同一の演出構成要素として所定キャラクタが採用されている場合、そのキャラクタが一歩進んだ段階のキャラクタとして表示されるのである。例えばキャラクタが人物であれば、子供から少年、少年から青年、青年から成人へと段階的に成長するような変化が演出態様として表れるようにすることができる。あるいは、キャラクタの数が、段階的に増加するように表示されるのである。
かかる構成とすれば、信頼度が変化したことも実感し易く、信頼度に対する遊技者の期待感も向上し、遊技意欲の向上が図れる。
By the way, each effect mode of the sign effect pattern stored in the plurality of sign tables may be configured step by step while using the same effect component.
For example, when a predetermined character is adopted as the same effect component, the character is displayed as a character at a stage advanced one step. For example, if the character is a person, a change that gradually grows from a child to a boy, from a boy to an adolescent, and from an adolescent to an adult can appear as a production mode. Alternatively, the number of characters is displayed so as to increase stepwise.
With such a configuration, it is easy to realize that the reliability has changed, the player's expectation on the reliability can be improved, and the game motivation can be improved.
さらに、前記複数の予兆テーブルに格納された予兆演出パターンの各演出態様は、同一の演出構成要素を用いながらも各々表示サイズが異なって構成することもできる。
例えば、同一のキャラクタによる予兆表示であっても、そのキャラクタがそれまでとは異なるサイズで表示されるようにするのである。
かかる構成とすることによっても、信頼度が変化したことも実感し易く、信頼度に対する遊技者の期待感も向上し、遊技意欲の向上が図れることになる。なお、前述した段階的な変化のように、表示サイズが段階的に変化するものであってもよい。
そして、いずれの場合でも、遊技者は特定操作手段を操作することによって、選択中の予兆テーブルをいつでも初期設定された予兆テーブルに変更することができ、新たな気持ちで遊技に臨むことが可能である。
Furthermore, each effect mode of the sign effect patterns stored in the plurality of sign tables can be configured with different display sizes while using the same effect component.
For example, even if a sign is displayed by the same character, the character is displayed in a size different from the previous one.
Also with this configuration, it is easy to realize that the reliability has changed, the player's expectation on the reliability is improved, and the game motivation can be improved. Note that the display size may change stepwise as in the stepwise change described above.
In any case, the player can change the currently used predictor table to the initial predictor table at any time by operating the specific operation means, and can enter into the game with a new feeling. is there.
以下、本発明における実施形態を、図面に基づいてより具体的に説明する。なお、以下においては、遊技機をパチンコ遊技機として説明する。   Hereinafter, embodiments of the present invention will be described more specifically based on the drawings. In the following description, the gaming machine is described as a pachinko gaming machine.
(パチンコ遊技機の構成)
図1は本実施形態に係るパチンコ遊技機の斜視図、図2は同パチンコ遊技機の遊技盤の正面図、図3はパチンコ遊技機の電気的構成を示すブロック図である。
図1に示すように、本実施形態に係るパチンコ遊技機10は、遊技場に設けられる図示しない遊技機設置基台(遊技島)に当該パチンコ遊技機10を固定するための外枠11と、同外枠11内に配設された本体枠12と、同本体枠12に取付けられ、実際のパチンコ遊技が行われる遊技盤14やその他の図示しない各種部品と、前記本体枠12に一側が枢着されて開閉自在とした前枠16とを備えている。
前記本体枠12の上部にはスピーカ46R,46Lが取付けられるとともに、下部右側には発射ハンドル26が取付けられている。
(Configuration of pachinko machines)
FIG. 1 is a perspective view of a pachinko gaming machine according to the present embodiment, FIG. 2 is a front view of a gaming board of the pachinko gaming machine, and FIG. 3 is a block diagram showing an electrical configuration of the pachinko gaming machine.
As shown in FIG. 1, the pachinko gaming machine 10 according to the present embodiment includes an outer frame 11 for fixing the pachinko gaming machine 10 to a gaming machine installation base (game island) (not shown) provided in the game hall, A main body frame 12 disposed in the outer frame 11, a game board 14 attached to the main body frame 12 for performing actual pachinko games and other various parts (not shown), and one side pivoted on the main body frame 12. And a front frame 16 that can be freely opened and closed.
Speakers 46R and 46L are attached to the upper portion of the main body frame 12, and a firing handle 26 is attached to the lower right side.
また、発射ハンドル26の裏側には、ソレノイドなどからなる弾球装置を備える発射装置130(図3を参照)が設けられ、さらに、この発射ハンドル26の周縁部には、タッチセンサ(図示せず)が設けられており、このタッチセンサが触接されたときに、発射ハンドル26が遊技者により握持されたと検知される。そして、発射ハンドル26が遊技者によって握持され、かつ時計回り方向へ回動操作されたときには、その回動角度に応じて発射装置130に電力が供給されて前記回動角度に応じた発射強度で遊技球が遊技盤14に順次発射される。   Further, on the back side of the firing handle 26, a launching device 130 (see FIG. 3) having a bullet ball device made up of a solenoid or the like is provided. Further, a touch sensor (not shown) is provided on the periphery of the launching handle 26. ) Is provided, and when the touch sensor is touched, it is detected that the firing handle 26 is gripped by the player. When the firing handle 26 is gripped by the player and is rotated in the clockwise direction, power is supplied to the launching device 130 according to the rotational angle, and the firing intensity according to the rotational angle. Thus, game balls are sequentially fired onto the game board 14.
また、前記本体枠12の前面下部には受皿ユニット21が取付けられており、上皿20及び下皿22が形成され、前記前枠16の下側に位置するように配設されている。前記上皿20に貯留された遊技球が発射装置130に供給されるようになっており、上皿20の容量を越えた遊技球は下皿22に供給されるようになっている。   In addition, a tray unit 21 is attached to the lower part of the front surface of the main body frame 12, and an upper plate 20 and a lower plate 22 are formed and disposed so as to be positioned below the front frame 16. The game balls stored in the upper plate 20 are supplied to the launching device 130, and the game balls exceeding the capacity of the upper plate 20 are supplied to the lower plate 22.
前記前枠16の下部で、前記受皿ユニット21の上方位置には、球貸し操作パネル90が設けられている。このパネル90の球貸ボタン91の操作によって、所定数の遊技球が前記上皿20に供給される。   A ball lending operation panel 90 is provided below the front frame 16 and above the tray unit 21. By operating the ball lending button 91 on the panel 90, a predetermined number of game balls are supplied to the upper plate 20.
また、本実施形態においては、球貸し操作パネル90に演出操作ボタン92を設けており、このボタン操作により、後述する予兆表示の演出態様を初期化することが可能となっている。   Further, in the present embodiment, an effect operation button 92 is provided on the ball lending operation panel 90, and it is possible to initialize an effect mode of a sign display described later by operating this button.
遊技盤14は、図2に示すように、前記発射ハンドル26の操作により発射された遊技球をガイドする円弧状のガイドレール30a,30bを前面に備えており、このガイドレール30a,30bに囲まれた内側を遊技領域15とし、発射された遊技球はガイドレール30aにより案内されて前記遊技領域15内を流下する。   As shown in FIG. 2, the game board 14 has arcuate guide rails 30a and 30b for guiding game balls launched by operating the launch handle 26 on the front surface, and is surrounded by the guide rails 30a and 30b. The inside is designated as a game area 15, and the launched game ball is guided by the guide rail 30a and flows down in the game area 15.
また、この遊技盤14の略中央には液晶表示装置32が設けられており、この液晶表示装置32は、表示面を前方に向けて当該遊技盤14の背面側から前記本体枠12の裏側に着脱自在に取付けられている。
この液晶表示装置32の表示面上では所謂「可変表示ゲーム」が行われる。すなわち、後述する始動領域を遊技球が通過すると、抽選手段の機能を担う後述する制御部により内部抽選が行われ、抽選結果を前記液晶表示装置32上で表示するのである。本実施形態では、この可変表示ゲームが単位遊技となっている。
抽選結果を液晶表示装置32上に導出表示する際には、遊技盤14に設けられた特別図柄表示部93に識別情報としての特別図柄93aを変動表示させ、この特別図柄93aの変動表示に合わせて、3個の装飾図柄32aを液晶表示装置32の表示面上に導出表示して変動表示するようにしている。
そして、これらが、例えば同じ装飾図柄が3つとも揃うなどの特定の組合せで停止表示されると、遊技者に有利なラウンド遊技が実行される後述の大当たり遊技状態に移行させることができる。
In addition, a liquid crystal display device 32 is provided substantially in the center of the game board 14, and the liquid crystal display device 32 faces from the back side of the game board 14 to the back side of the main body frame 12 with the display surface facing forward. It is detachably attached.
A so-called “variable display game” is played on the display surface of the liquid crystal display device 32. That is, when a game ball passes through a starting area, which will be described later, an internal lottery is performed by a later-described control unit that functions as a lottery means, and a lottery result is displayed on the liquid crystal display device 32. In the present embodiment, this variable display game is a unit game.
When the lottery result is derived and displayed on the liquid crystal display device 32, a special symbol 93a as identification information is displayed in a variable manner on the special symbol display unit 93 provided on the game board 14, and the special symbol 93a is displayed in accordance with the variable display. Thus, the three decorative symbols 32a are derived and displayed on the display surface of the liquid crystal display device 32 so as to be variably displayed.
Then, when these are stopped and displayed in a specific combination, for example, when all three of the same decorative symbols are arranged, it is possible to shift to a jackpot gaming state described later in which a round game advantageous to the player is executed.
また、この液晶表示装置32の表示面上では、前記装飾図柄32aの変動表示及び停止表示のみならず、遊技の進行に応じた演出表示を行うことができる。
例えば、前記可変表示ゲーム実行中において、抽選結果を導出表示する過程で前記装飾図柄32aが3つ揃う前に、あと1つ揃えば大当たりとなる態様、所謂「リーチ」の状態となる場合がある。そのときには、適宜キャラクタ画像などの演出画像を用いて所謂リーチ演出を行うことにより、遊技の興趣を高めることができる。
In addition, on the display surface of the liquid crystal display device 32, not only the variable display and stop display of the decorative symbols 32a but also the effect display according to the progress of the game can be performed.
For example, during execution of the variable display game, there may be a so-called “reach” state in which, in the process of deriving and displaying the lottery result, before the three decorative symbols 32a are arranged, if one more are arranged, it is a big hit. . At that time, it is possible to enhance the interest of the game by appropriately performing a so-called reach effect using an effect image such as a character image.
さらに、本実施形態では、このリーチ状態になりやすいことや、大当たり遊技状態になる可能性の高さを示唆する、所謂「予兆表示」を所定のキャラクタを用いて実行するようにしており、可変表示ゲームの興趣をより高めるとともに、遊技全体を盛り上げるようにしている。本実施形態では、かかる予兆表示を実行する予兆演出実行手段としての機能を、後述する制御部が担っている。   Further, in the present embodiment, a so-called “predictive display” is performed using a predetermined character, which suggests that this reach state is likely to be reached and that there is a high possibility of becoming a jackpot gaming state, and is variable. In addition to enhancing the fun of the display game, the whole game is excited. In the present embodiment, the control unit described later has a function as a sign effect executing means for executing such sign display.
また、遊技盤14上には、図示しない複数の障害釘が打ち込まれており、遊技球が遊技領域15を上部から下部へ流下する際の流下方向を複雑に変化させるようにしている。なお、障害釘を打ち込むような構成とせず、遊技盤14に樹脂製又は金属製の棒状体を遊技盤14の前方向に突設する構成としてもよい。   Further, a plurality of obstacle nails (not shown) are driven on the game board 14 so that the flow direction when the game ball flows down the game area 15 from the upper part to the lower part is changed in a complicated manner. In addition, it is good also as a structure which does not set it as a structure which drives an obstruction nail, but protrudes the resin-made or metal rod-shaped body in the front direction of the game board 14 in the game board 14.
また、この遊技盤14(遊技領域15)の略中央位置には、前記液晶表示装置32を挟むように遊技球の流下方向を大きく変化させる第1遊技球誘導部材3及び第2遊技球誘導部材4が上下に対向状態に配設されている。   The first game ball guide member 3 and the second game ball guide member that greatly change the flow direction of the game ball so as to sandwich the liquid crystal display device 32 are positioned at a substantially central position of the game board 14 (game region 15). 4 is arranged in a vertically opposed state.
また、この第2遊技球誘導部材4の下方位置には、前記特別図柄表示部93と並べて普通図柄表示部94を設けており、後述する普通図柄ゲームにおいて、○×などの識別情報となる普通図柄94aを変動表示及び停止表示するようにしている。   Further, a normal symbol display portion 94 is provided below the second game ball guiding member 4 along with the special symbol display portion 93. In the normal symbol game described later, normal symbol information such as ◯ × is provided. The symbol 94a is displayed in a variable manner and a stop manner.
さらに、第2遊技球誘導部材4の直下中央位置には、前記可変表示ゲームが開始される契機となる始動領域としての始動口6を設けている。   Furthermore, a starting port 6 is provided at a central position immediately below the second game ball guiding member 4 as a starting area that triggers the start of the variable display game.
また、この始動口の左右側方部には、遊技球が入球すると入賞となる複数の一般入賞口5を設けるとともに、遊技盤14の下側部には、可変表示ゲームで当選した際に実行されるラウンド遊技において所定時間開放可能とした大入賞口8を設け、さらにこの大入賞口8の下方位置に、前記一般入賞口5、始動口6及び大入賞口8に入球しなかった遊技球が遊技領域外域へ排出されるアウト口7を配設している。   In addition, the left and right side portions of the starting port are provided with a plurality of general winning ports 5 which are awarded when a game ball enters, and the lower side of the game board 14 is selected when a variable display game is won. In the round game to be executed, a special winning opening 8 that can be opened for a predetermined time is provided, and further, the general winning opening 5, the starting opening 6 and the special winning opening 8 are not entered below the special winning opening 8. An out port 7 through which game balls are discharged outside the game area is provided.
前記大入賞口8には、開閉自在なシャッタ40が設けられており、前記ラウンド遊技においては、このシャッタ40が開放され遊技球を受け入れやすくなった開放状態と、シャッタ40が閉鎖して遊技球が入球されない状態とを所定回数繰り返す。また、この大入賞口8内には、Vカウントスイッチ102(図3参照)を有する、Vゾーンと呼ぶ特定領域(図示せず)と、カウントスイッチ104(図3参照)を有する一般領域(図示せず)とが設けられており、それらの領域を遊技球が所定個数(例えば9個)通過するか、又は所定時間(例えば29秒)が経過するまで前記シャッタ40が開放状態に駆動される。つまり、開放状態において大入賞口8への所定数の遊技球の入賞又は所定時間の経過のいずれかの条件が成立すると、大入賞口8を、遊技球を受け入れ難い閉鎖状態にする。続いて、開放状態から閉鎖状態となったシャッタ40は、開放状態において大入賞口8に受け入れられた遊技球がVカウントスイッチ102を通過したことを条件に、再度開放状態に駆動される。つまり、大入賞口8が開放状態のときに受け入れられた遊技球が、大入賞口8内に設けられたVゾーンを通過したことを条件に、閉鎖状態となった後に再度開放状態となり、ラウンド遊技が継続可能となる。そして、このラウンド遊技が実行されている状態を大当たり遊技状態と呼ぶ。   The big winning opening 8 is provided with a shutter 40 that can be freely opened and closed. In the round game, the open state in which the shutter 40 is opened and the game ball is easily received, and the shutter 40 is closed and the game ball is closed. The state where the ball is not entered is repeated a predetermined number of times. Further, in this special winning opening 8, there is a specific area (not shown) called a V zone having a V count switch 102 (see FIG. 3) and a general area (see FIG. 3) having a count switch 104 (see FIG. 3). The shutter 40 is driven to the open state until a predetermined number (for example, 9) of game balls pass through these areas or until a predetermined time (for example, 29 seconds) elapses. . In other words, when either of the conditions for winning a predetermined number of game balls at the grand prize winning opening 8 or elapse of a predetermined time is satisfied in the open state, the big winning opening 8 is put into a closed state in which it is difficult to accept the game balls. Subsequently, the shutter 40 which has been changed from the open state to the closed state is driven to the open state again on condition that the game ball received in the special winning opening 8 in the open state has passed through the V count switch 102. In other words, on the condition that the game ball received when the grand prize winning opening 8 is in the open state passes through the V zone provided in the big winning prize opening 8, it is again opened after being closed, and the round The game can be continued. And the state in which this round game is performed is called a jackpot game state.
大入賞口8の上方位置に設けた前記始動口6は、前述したように可変表示ゲーム開始の契機となるものであり、この始動口6に遊技球が入賞した場合、後述する制御部による内部抽選処理を行い、その抽選結果に応じて前記特別図柄表示部94において特別図柄が変動表示されて可変表示ゲームが開始され、前記液晶表示装置32では装飾図柄32aが変動表示される。前述したように、特別図柄及び装飾図柄32aの変動開始から変動停止までが可変表示ゲームの単位遊技(1ゲーム)であり、この可変表示ゲームにおける前記内部抽選処理で当選となった場合、変動している複数の特別図柄93a及び装飾図柄32aは同一図柄で揃って状態で停止表示され、前述した大当たり遊技状態に移行することになる。なお、本実施形態における可変表示ゲームに用いられる特別図柄93aは算用数字0〜9までとしており、前記液晶表示装置32の表示面32a中に横3列で表示可能としている。   The start opening 6 provided above the big winning opening 8 serves as a trigger for starting the variable display game as described above. When a game ball wins the start opening 6, an internal control unit described later is used. A lottery process is performed, and according to the lottery result, the special symbol display unit 94 variably displays the special symbol, a variable display game is started, and the liquid crystal display device 32 variably displays the decorative symbol 32a. As described above, the unit game (one game) of the variable display game is from the start of change to the stop of change of the special symbol and the decorative symbol 32a, and if the winning is performed in the internal lottery process in this variable display game, it will change. The plurality of special symbols 93a and the decorative symbols 32a that are in the same symbol are stopped and displayed together in a state, and the game proceeds to the aforementioned jackpot gaming state. The special symbols 93a used in the variable display game in the present embodiment are arithmetic numbers 0 to 9, and can be displayed in three horizontal rows on the display surface 32a of the liquid crystal display device 32.
また、遊技球が始動口6に入球したときに可変表示ゲームが実行中の場合、始動口6に定められた上限の保留数に達していないことを条件として、可変表示ゲームを保留しておくことができる。すなわち、可変表示ゲーム実行中に遊技球が始動口6へ入賞した場合、ゲーム終了まで当該始動口6への遊技球の入賞に基づく可変表示ゲームの開始が保留される。そして、実行中の可変表示ゲームが終了すると保留されている可変表示ゲームが開始されるのである。   Further, if the variable display game is being executed when the game ball enters the start opening 6, the variable display game is held on condition that the upper limit hold number set in the start opening 6 has not been reached. I can leave. That is, when a game ball wins the start opening 6 during execution of the variable display game, the start of the variable display game based on the winning of the game ball to the start opening 6 is suspended until the game ends. Then, when the variable display game being executed ends, the variable display game that has been put on hold is started.
ところで、前記一般入賞口5及び大入賞口8に入球した場合の入賞には、払出装置128(図3参照)によって例えば入球1個につき15球の遊技球が賞球として払い出され、前記始動口6に入球した場合の入賞には、入球1個につき例えば4球の遊技球が賞球として払い出されるようにしている。   By the way, for winning in the case of entering the general winning opening 5 and the big winning opening 8, for example, 15 game balls are paid out as winning balls by the payout device 128 (see FIG. 3). For example, four game balls are paid out as winning balls for each winning ball when winning at the starting port 6.
また、前記始動口6には、所謂チューリップと呼ばれる電動役物である一対の可動片58が開閉自在に付設されている。この可動片58は、初期状態は閉鎖状態であって、閉鎖状態において遊技球が始動口6へ入球するのは一対の可動片58,58の狭い間からのみであるが、開方向に駆動された場合は、可動片58がガイドとなって始動口6に遊技球が入りやすくなる。   In addition, a pair of movable pieces 58 which are so-called electric tulips called tulips are attached to the start opening 6 so as to be freely opened and closed. The movable piece 58 is initially closed, and in the closed state, the game ball enters the start port 6 only from a narrow space between the pair of movable pieces 58, 58, but is driven in the opening direction. In this case, the movable piece 58 serves as a guide so that the game ball can easily enter the start port 6.
また、液晶表示装置32の左右位置には、遊技球通過ゲート55,55が設けられており、この遊技球通過ゲート55に配設した通過ゲートスイッチ114(図3参照)が遊技球の通過を検出したときに内部抽選が行われ、その抽選結果として、前記普通図柄表示部94において普通図柄94aが変動表示されるとともに停止表示される。そして、例えば内部抽選に当選し、図示するような「○」などの所定の図柄で停止表示されると始動口ソレノイド118(図3を参照)により、前記始動口に付設した前記可動片58が所定の開閉パターンで駆動する。なお、当然ながら内部抽選に外れると可動片58は駆動することはない。このように普通図柄94aを変動表示及び停止表示させ、その結果によって可動片58が開閉駆動される(あるいは駆動しない状態が維持される)までを普通図柄ゲームと呼ぶ。
なお、普通図柄94aは、図示するように「○」や「×」を二箇所で表示(二桁表示)するようなものに限るものではなく、抽選結果を示すことができるものであればどのような表示形態でも構わない。
In addition, game ball passage gates 55 and 55 are provided at the left and right positions of the liquid crystal display device 32, and a passage gate switch 114 (see FIG. 3) disposed on the game ball passage gate 55 allows passage of the game ball. When it is detected, an internal lottery is performed, and as a result of the lottery, the normal symbol 94a is variably displayed and stopped in the normal symbol display unit 94. Then, for example, when an internal lottery is won and a stop symbol is displayed with a predetermined symbol such as “◯” as shown, the start piece solenoid 118 (see FIG. 3) causes the movable piece 58 attached to the start piece to move. It is driven with a predetermined opening / closing pattern. Needless to say, the movable piece 58 is not driven when it is out of the internal lottery. In this way, the normal symbol 94a is displayed in a variable manner and stopped, and the result until the movable piece 58 is driven to open and close (or the state where it is not driven) is called a normal symbol game.
Note that the normal symbol 94a is not limited to displaying “O” and “X” in two places (two-digit display) as shown in the figure, and any symbol can be used as long as it can indicate the lottery result. Such a display form may be used.
なお、図1中、19はガラスなどからなる透明保護板であり、前記前枠16の開口部に取付けられている。また、132は演出表示や報知などに用いられる各種LED・ランプである。   In FIG. 1, reference numeral 19 denotes a transparent protective plate made of glass or the like, and is attached to the opening of the front frame 16. Reference numeral 132 denotes various LEDs and lamps used for effect display and notification.
上記構成のパチンコ遊技機10において、本実施形態で特徴となるのは、所定の条件を満たしたことを条件に、遊技者に有利な大当たり遊技状態に移行させるか否かを抽選する抽選機能と、この抽選機能による抽選結果に応じて、前記大当たり遊技状態に移行させる遊技状態制御機能とを制御部にもたせるとともに、初期設定されたテーブルを含む複数の予兆テーブルからなり、各予兆テーブルには、それぞれ同一の演出構成要素を用いながらも演出態様を異ならせた複数の予兆演出パターンが格納され、前記大当たり遊技状態に移行する可能性を示す前記予兆演出パターンの信頼度が予兆テーブルごとに異なる予兆テーブル群を、前記制御部の記憶手段に記憶させ、さらに、特定条件が満たされた場合、前記予兆テーブル群の中からいずれか一の予兆テーブルを選択する予兆テーブル選択機能と、前記抽選結果が導出される前に、前記大当たり遊技状態に移行する可能性の高さを示す予兆演出を、前記予兆テーブル選択機能により選択した予兆テーブルに格納された予兆演出パターンに基づき実行する予兆演出実行機能とを前記制御部にもたせ、しかも、この制御部に、遊技者が操作可能な特定操作手段としての前記演出操作ボタン92が操作されたことに基づいて、前記予兆テーブル選択機能によって選択中の予兆テーブルを、前記初期設定された予兆テーブルに変更するテーブル初期化機能をもたせたことにある。   In the pachinko gaming machine 10 configured as described above, a feature of the present embodiment is that a lottery function for lottering whether to shift to a jackpot gaming state advantageous to the player on condition that a predetermined condition is satisfied, and In accordance with the lottery result by the lottery function, the game state control function for shifting to the jackpot gaming state is provided to the control unit, and includes a plurality of indication tables including an initially set table. A plurality of predictive effect patterns with different effect modes are stored while using the same effect component, and the reliability of the predictive effect pattern indicating the possibility of shifting to the jackpot gaming state is different for each predictor table The table group is stored in the storage means of the control unit, and when a specific condition is satisfied, any of the sign table groups is selected. A sign table selection function for selecting one sign table and a sign effect indicating a high possibility of transition to the jackpot gaming state before the lottery result is derived by the sign table selection function The control unit is provided with a predictive effect execution function to be executed based on the predictive effect pattern stored in the table, and the control operation unit 92 operates the effect operation button 92 as a specific operation means operable by the player. On the basis of this, a table initialization function is provided for changing the sign table being selected by the sign table selection function to the sign table that has been initially set.
すなわち、前記抽選手段による抽選結果が液晶表示装置32上に導出表示される前に、大当たり遊技状態に移行する可能性の高さを示す予兆表示を、所定の演出構成要素を用いて演出表示するとともに、特定条件が満たされた場合、同一の演出構成要素を用いながらも前記予兆表示の演出態様を変化させる一方、特定操作手段が操作されたことに基づいて現在選択中の予兆テーブルを初期設定された予兆テーブルに変更し、遊技者による遊技開始がいつのタイミングであっても、パチンコ遊技を新たな気持ちで楽しめるようにしている。   That is, before the lottery result by the lottery means is derived and displayed on the liquid crystal display device 32, the sign display indicating the high possibility of shifting to the jackpot gaming state is displayed using a predetermined effect component. At the same time, when the specific condition is satisfied, the indication mode of the indication display is changed while using the same effect component, while the indication table currently selected based on the operation of the specific operation means is initialized. The sign table has been changed so that the pachinko game can be enjoyed with a new feeling regardless of when the player starts the game.
以下、本実施形態の要部をなす制御部を含め、本実施形態に係るパチンコ遊技機10の電気的構成について説明する。 Hereinafter, the electrical configuration of the pachinko gaming machine 10 according to the present embodiment will be described, including a control unit that is a main part of the present embodiment.
(パチンコ遊技機の電気的構成)
図3に示すように、制御部は主制御回路60とこの主制御回路60に接続された副制御回路200とを備えている。前記主制御回路60は遊技の進行を制御し、副制御回路200は、前記予兆表示をはじめ、本実施形態の演出制御手段として主に機能するものであって、前記主制御回路60からのコマンドを受けて前記液晶表示装置32の表示制御をはじめ各種の演出などに関する制御を行うようにしている。POは主制御回路60のメインCPU66に接続したコマンド出力ポート、PIは副制御回路200のサブCPU206に接続されたコマンド入力ポートである。
(Electric configuration of pachinko machines)
As shown in FIG. 3, the control unit includes a main control circuit 60 and a sub control circuit 200 connected to the main control circuit 60. The main control circuit 60 controls the progress of the game, and the sub-control circuit 200 mainly functions as the effect control means of the present embodiment including the indication of the sign, and the command from the main control circuit 60 In response to this, the display control of the liquid crystal display device 32 and other controls related to various effects are performed. PO is a command output port connected to the main CPU 66 of the main control circuit 60, and PI is a command input port connected to the sub CPU 206 of the sub control circuit 200.
主制御回路60が備える前記メインCPU66には、電源投入時においてリセット信号を生成する初期リセット回路64、メインROM(読み出し専用メモリ)68、メインRAM(読み書き可能メモリ)70が接続されており、前記メインROM68に記憶された遊技プログラムに従って、各種の処理を実行する機能を有する。
遊技プログラムが記憶されているメインROM68には、メインCPU66によりパチンコ遊技機10の動作を制御するための各種サブプログラムと、前記可変表示ゲームにおける内部抽選処理を乱数抽選によって大当り判定をする際に参照される大当り判定テーブルや予兆表示を行うか否かの抽選を行う判定テーブル、さらには普通図柄ゲームにおける乱数抽選によって当たり判定をする際に参照される当たり判定テーブルなどの各種のテーブルが記憶されている。
The main CPU 66 included in the main control circuit 60 is connected to an initial reset circuit 64 that generates a reset signal when the power is turned on, a main ROM (read only memory) 68, and a main RAM (read / write memory) 70. According to the game program stored in the main ROM 68, it has a function of executing various processes.
The main ROM 68 in which the game program is stored is referred to when various subprograms for controlling the operation of the pachinko gaming machine 10 by the main CPU 66 and the internal lottery process in the variable display game are determined as a big hit by random lottery. Various tables are stored, such as a jackpot determination table to be played, a determination table for performing lottery to determine whether or not to display a sign, and a hit determination table to be referred to when making a hit determination by random number lottery in a normal symbol game Yes.
なお、本実施形態においては、プログラム、テーブル等を記憶する媒体としてメインROM68を用いるように構成したが、これに限らず、制御手段を備えたコンピュータにより読み取り可能な記憶媒体であれば別態様であってもよく、例えば、ハードディスク装置、CD−ROM及びDVD−ROM、ROMカートリッジなどの記憶媒体に記録されていてもよい。また、これらのプログラムは、予め記録されているものでなくとも、電源投入後にこれらのプログラムをダウンロードしてメインRAM70等に記録されるものでもよい。さらに、プログラムの各々が別々の記憶媒体に記録されていてもよい。また、本実施形態においてはメインCPU66、メインROM68及びメインRAM70を別々に設けたが、これらが一体となっているワンチップマイコンを使用してもよい。
メインRAM70は、メインCPU66の一時記憶領域として種々のフラグや変数の値を記憶する機能を有する。
In the present embodiment, the main ROM 68 is used as a medium for storing programs, tables, and the like. However, the present invention is not limited to this, and any other storage medium can be used as long as it is a computer-readable storage medium. For example, it may be recorded on a storage medium such as a hard disk device, a CD-ROM, a DVD-ROM, or a ROM cartridge. Further, these programs may not be recorded in advance, but may be downloaded and recorded in the main RAM 70 after the power is turned on. Furthermore, each program may be recorded on a separate storage medium. In this embodiment, the main CPU 66, the main ROM 68, and the main RAM 70 are provided separately. However, a one-chip microcomputer in which these are integrated may be used.
The main RAM 70 has a function of storing various flags and variable values as a temporary storage area of the main CPU 66.
また、この主制御回路60は、入出力インターフェース(I/O)63を介して各種の装置が接続されている。
図3において、Vカウントスイッチ102は前記大入賞口8におけるVゾーン内に設けられており、大入賞口8におけるVゾーンを遊技球が通過した場合に、所定の検知信号を主制御回路60に供給する。カウントスイッチ104は、前記Vゾーンとは異なる一般入球ゾーンに設けられており、大入賞口8における一般入球ゾーンを遊技球が通過した場合に、所定の検知信号を主制御回路60に供給する。
一般入賞球スイッチ106は前記一般入賞口5に設けられており、各一般入賞口5に遊技球が入賞した場合に、所定の検知信号を主制御回路60に供給する。
通過ゲートスイッチ114は、前記遊技球通過ゲート55にそれぞれ設けられており、遊技球通過ゲート55を遊技球が通過した場合に、所定の検知信号を主制御回路60に供給する。
The main control circuit 60 is connected to various devices via an input / output interface (I / O) 63.
In FIG. 3, the V count switch 102 is provided in the V zone in the special winning opening 8, and when a game ball passes through the V zone in the special winning opening 8, a predetermined detection signal is sent to the main control circuit 60. Supply. The count switch 104 is provided in a general entrance zone different from the V zone, and supplies a predetermined detection signal to the main control circuit 60 when a game ball passes through the general entrance zone in the big winning opening 8. To do.
The general winning ball switch 106 is provided in the general winning port 5, and supplies a predetermined detection signal to the main control circuit 60 when a game ball wins each general winning port 5.
The pass gate switch 114 is provided in each of the game ball pass gates 55 and supplies a predetermined detection signal to the main control circuit 60 when the game ball passes through the game ball pass gate 55.
始動入賞口スイッチ116は前記始動口6に設けられており、同始動口6に遊技球が入賞した場合に、所定の検知信号を主制御回路60に供給する。
始動口ソレノイド118は、前記始動口6に付設された可動片58に図示しないリンク部材を介して接続されており、メインCPU66から供給される駆動信号に応じて、可動片58を開放状態又は閉鎖状態とする。
The start winning opening switch 116 is provided in the start opening 6 and supplies a predetermined detection signal to the main control circuit 60 when a game ball wins the start opening 6.
The start port solenoid 118 is connected to the movable piece 58 attached to the start port 6 via a link member (not shown), and the movable piece 58 is opened or closed in accordance with a drive signal supplied from the main CPU 66. State.
大入賞口ソレノイド120は前記大入賞口8を開閉するシャッタ40に接続されており、メインCPU66から供給される駆動信号に応じて、シャッタ40を駆動させ、大入賞口8を開放状態又は閉鎖状態とする。
シーソーソレノイド122は前記シャッタ40の内側に設けられている図示しないシーソーに接続されており、メインCPU66から供給される駆動信号に応じて、シーソーを変位させ、そのシーソーの傾斜を変更する。このシーソーが傾斜された結果、遊技球が前記Vゾーンを通過しやすくなるように、又は前記一般入球ゾーンを通過しやすくなるように切り替えることができる。
バックアップクリアスイッチ124は電断時等におけるバックアップデータを遊技場の管理者の操作に応じてクリアする機能を有するものであり、パチンコ遊技機10に内蔵されている。
The special prize opening solenoid 120 is connected to a shutter 40 that opens and closes the special prize opening 8, and the shutter 40 is driven in accordance with a drive signal supplied from the main CPU 66 to open or close the special prize opening 8. And
The seesaw solenoid 122 is connected to a seesaw (not shown) provided inside the shutter 40, and in accordance with a drive signal supplied from the main CPU 66, the seesaw is displaced to change the inclination of the seesaw. As a result of the seesaw being tilted, the game ball can be switched so as to easily pass through the V zone or so as to easily pass through the general entrance zone.
The backup clear switch 124 has a function of clearing backup data in the event of a power interruption in accordance with the operation of the game hall manager, and is built in the pachinko gaming machine 10.
また、主制御回路60には、払出・発射制御回路126が接続されており、この払出・発射制御回路126には、賞球の払出を行う払出装置128、遊技球の発射を行う発射装置130、さらには所定のプリペイドカードを受け付けるカードユニット150が接続されている。
そして、このカードユニット150と前記球貸し操作パネル90とが接続し、さらに、この操作パネル90内に前記演出操作ボタン92が設けられ、副制御回路200と接続している。
The main control circuit 60 is also connected with a payout / firing control circuit 126. The payout / firing control circuit 126 is connected to a payout device 128 for paying out a prize ball and a launching device 130 for launching a game ball. Furthermore, a card unit 150 for receiving a predetermined prepaid card is connected.
The card unit 150 and the ball lending operation panel 90 are connected to each other, and the effect operation button 92 is provided in the operation panel 90 and connected to the sub-control circuit 200.
前記払出・発射制御回路126は、主制御回路60から供給される賞球制御コマンド、カードユニット150から供給される貸し球制御信号を受け取り、払出装置128に対して所定の信号を送信することにより、払出装置128に遊技球を払い出させる。また、払出・発射制御回路126は、発射装置130に対して発射信号を供給することにより、遊技球を発射させる制御を行う。   The payout / launch control circuit 126 receives a prize ball control command supplied from the main control circuit 60 and a lending ball control signal supplied from the card unit 150, and transmits a predetermined signal to the payout device 128. Then, the payout device 128 pays out the game ball. Further, the payout / launch control circuit 126 performs a control of launching a game ball by supplying a launch signal to the launch device 130.
さらに、主制御回路60には、各種カウンタ(図示せず)が設けられている。本実施形態では、前記V・カウントスイッチ102、カウントスイッチ104、一般入賞口スイッチ106、始動入賞口スイッチ116に入賞した遊技球数をそれぞれカウントするカウンタ、払出・発射制御回路126からの信号により、遊技球の発射数についてカウントするカウンタ、さらには、可変表示ゲームの実行回数をカウントするカウンタが設けられている。なお、この可変表示ゲームのカウントは、大当たり遊技状態になるとリセットされてその後は再度1からカウントされるようになっている。   Further, the main control circuit 60 is provided with various counters (not shown). In the present embodiment, the V / count switch 102, the count switch 104, the general winning port switch 106, the starting winning port switch 116, a counter that counts the number of game balls won, and a signal from the payout / launch control circuit 126, A counter that counts the number of game balls fired, and a counter that counts the number of executions of the variable display game are provided. Note that the count of the variable display game is reset when the jackpot gaming state is reached, and thereafter is counted again from 1.
一方、副制御回路200は、主制御回路60から供給される各種のコマンドに応じて、液晶表示装置32における表示制御、スピーカ46L,46Rから発生させる音声に関する制御、各種LED・ランプ132の制御等を行うものであり、主に演出表示などの制御を行う演出制御手段として機能する。
なお、本実施形態においては、主制御回路60から副制御回路200に対してコマンドを供給すると共に、副制御回路200から主制御回路60に対して信号を供給できないように構成したが、これに限らず、副制御回路200から主制御回路60に対して信号を送信できるように構成してもよい。
On the other hand, the sub-control circuit 200 controls display on the liquid crystal display device 32, control on sound generated from the speakers 46L and 46R, control of various LEDs / lamps 132, etc., according to various commands supplied from the main control circuit 60. It mainly functions as an effect control means for controlling effect display and the like.
In the present embodiment, the main control circuit 60 is configured not to supply commands to the sub control circuit 200 and not to supply signals from the sub control circuit 200 to the main control circuit 60. Not limited to this, the sub control circuit 200 may be configured to transmit a signal to the main control circuit 60.
副制御回路200は、サブCPU206とこのサブCPUに接続されたプログラムROM208、ワークRAM210、液晶表示装置(LCD)32における画像表示制御を行うための画像制御回路250、スピーカ46R,46Lから発生させる音声に関する制御を行う音声制御回路230、各種LED・ランプ132の制御を行うランプ制御回路240を備えており、主制御回路60からのコマンドに応じて遊技の進行に応じた演出を実行する。   The sub-control circuit 200 is a sub-CPU 206, a program ROM 208 connected to the sub-CPU, a work RAM 210, an image control circuit 250 for performing image display control in the liquid crystal display (LCD) 32, and sound generated from the speakers 46R and 46L. And a lamp control circuit 240 for controlling various LEDs / lamps 132, and executes an effect according to the progress of the game in accordance with a command from the main control circuit 60.
特に、前記画像制御回路250は、いわゆるスプライト回路、スクリーン回路、及びパレット回路等の回路を含み、液晶表示装置32に画像を表示させるための種々の処理を行うことができる図示しない画像データプロセッサを備えており、この画像データプロセッサは、やはり図示しないが各種の演出パターンに基づく演出用画像データを含む各種画像データを記憶する画像データROM、画像データを画像信号として変換するD/Aコンバータ、電源投入時においてリセット信号を生成する初期リセット回路と接続している。
また、画像制御回路250には液晶表示装置32に画像を表示するためのバッファとしての記憶媒体(例えば、ビデオRAM)が設けられ、この記憶媒体の所定の記憶領域に画像データを記憶することによって、所定のタイミングで液晶表示装置32の表示面に予兆表示を含む各種の演出画像を表示することができる。
In particular, the image control circuit 250 includes circuits such as a so-called sprite circuit, a screen circuit, and a palette circuit, and includes an image data processor (not shown) that can perform various processes for displaying an image on the liquid crystal display device 32. The image data processor includes an image data ROM that stores various image data including image data for rendering based on various rendering patterns, a D / A converter that converts the image data as an image signal, and a power source. It is connected to an initial reset circuit that generates a reset signal when it is turned on.
The image control circuit 250 is provided with a storage medium (for example, a video RAM) as a buffer for displaying an image on the liquid crystal display device 32, and by storing image data in a predetermined storage area of the storage medium. Various effect images including a sign display can be displayed on the display surface of the liquid crystal display device 32 at a predetermined timing.
ところで、前記画像制御回路250の画像データプロセッサに接続された前記画像データROMには、各種演出パターンに応じた演出画像データのほか、特別図柄93aを示す特別図柄画像データ、背景画像データ、普通図柄94aを示す普通図柄画像データなどの各種の画像データが別個に記憶されている。
また、前記プログラムROM208には、可変表示ゲームにおける特別図柄93aの変動表示制御及び停止表示制御を実行するプログラム、可変表示ゲームの回数に応じて予兆表示の演出態様を変化させる制御を含む各種制御を実行するためのプログラムが記憶されている。
By the way, in the image data ROM connected to the image data processor of the image control circuit 250, in addition to effect image data corresponding to various effect patterns, special symbol image data indicating the special symbol 93a, background image data, normal symbol Various image data such as normal symbol image data indicating 94a is separately stored.
Further, the program ROM 208 has various controls including a program for executing the variable display control and stop display control of the special symbol 93a in the variable display game, and a control for changing the effect mode of the sign display according to the number of the variable display game. A program to be executed is stored.
また、このプログラムROM208には、可変表示ゲームにおいて主制御回路60で実行される内部抽選結果(当選/ハズレ)に基づいて主制御回路60から出力されるコマンドに応じて選択実行される特別図柄93aの変動パターンと、この変動パターンごとにそれぞれ設定されたリーチ演出パターンを格納したテーブルと、その他複数種類の演出パターンが格納されたテーブルなどが記憶されている。   Also, in the program ROM 208, a special symbol 93a selected and executed in accordance with a command output from the main control circuit 60 based on the internal lottery result (winning / losing) executed by the main control circuit 60 in the variable display game. Are stored, a table storing reach effect patterns set for each of the change patterns, a table storing other types of effect patterns, and the like.
特に、本実施形態では、図4に示すように、予兆表示に用いられる予兆テーブル群が記憶されている。この予兆テーブル群は、信頼度の高さごとに区分された3つの予兆テーブルから構成されている。
すなわち、信頼度の高い順に、第1予兆テーブル(図4(a))、第2予兆テーブル(図4(b))、第3予兆テーブル(図4(c))としている。
In particular, in the present embodiment, as shown in FIG. 4, a sign table group used for sign display is stored. This sign table group is composed of three sign tables divided according to the degree of reliability.
That is, the first predictor table (FIG. 4A), the second predictor table (FIG. 4B), and the third predictor table (FIG. 4C) are arranged in descending order of reliability.
また、前記予兆テーブル群の中の一つは初期設定されており、本実施形態では、第3予兆テーブルが初期設定されており、パチンコ遊技機10が電源投入された場合、可変表示ゲームにおいて予兆表示がなされる場合は第3予兆テーブルが選択されることになる。   In addition, one of the sign table groups is initialized, and in the present embodiment, the third sign table is initialized, and when the pachinko gaming machine 10 is turned on, the sign is displayed in the variable display game. When the display is made, the third predictor table is selected.
上記初期設定された第3予兆テーブルを含め、各予兆テーブルには、同一の演出構成要素を用いながらも演出態様を異ならせることにより信頼度をそれぞれ異ならせた演出パターンが格納されている。ここでは、予兆表示に用いる演出パターンとして、各予兆テーブルに、「予告無しパターン」、「ねずみ花火パターン」、「ロケット花火パターン」、「打ち上げ花火パターン」、「線香花火パターン」、「三連花火パターン」、「流星群パターン」、「ドンちゃん群パターン」、「葉月ちゃん群パターン」が設定されている。   In each of the sign tables including the initially set third sign table, effect patterns having different degrees of reliability are stored by using different effect modes while using the same effect component. Here, as an effect pattern used for the indication of the indication, each indication table includes “no notice pattern”, “mouse fireworks pattern”, “rocket fireworks pattern”, “launch fireworks pattern”, “sparkler pattern”, “triple fireworks pattern”. ”,“ Meteor group pattern ”,“ Don-chan group pattern ”, and“ Hazuki-chan group pattern ”are set.
そして、これら各演出パターンは、予兆テーブルごとに、「大当たり時」と「ハズレ時」とに対応する乱数値に関連付けられており、この乱数値の設定範囲によって信頼度が異なるようにしている。なお、乱数値範囲は0〜72としている。   Each effect pattern is associated with a random value corresponding to “big hit” and “lost” for each sign table, and the reliability varies depending on the setting range of the random value. The random value range is 0 to 72.
例えば、「ドンちゃん群パターン」と「葉月ちゃん群パターン」とを例にとると、信頼度が最も高い第1予兆テーブルにおいては、「ドンちゃん群パターン」が大当たり時に関連付けられた乱数値は31〜50であり、「葉月ちゃん群パターン」が大当たり時に関連付けられた乱数値は51〜72である。すなわち、これら2つのパターンは大当たり時には比較的頻繁に予兆として表示されることが分かる。一方、同じ第1予兆テーブルにおいて、ハズレ時には、「ドンちゃん群パターン」が関連付けられた乱数値は72のみであり、「葉月ちゃん群パターン」にいたっては関連付けられた乱数値は無い。すなわち、第1予兆テーブルが選択されている場合、内部抽選でハズレとなった場合に「葉月ちゃん群パターン」が予兆表示となることは全くなく、「ドンちゃん群パターン」が予兆表示される確率も極めて低いことが分かる。   For example, taking “Don-chan group pattern” and “Hazuki-chan group pattern” as an example, in the first predictive table with the highest reliability, the random value associated with “Don-chan group pattern” at the time of jackpot is 31. The random number values associated with “Hazuki-chan group pattern” at the time of jackpot are 51 to 72. That is, it can be seen that these two patterns are displayed as a sign relatively frequently at the time of the big hit. On the other hand, in the same first predictive table, at the time of losing, the random number value associated with the “Don-chan group pattern” is only 72, and the “Hazuki-chan group pattern” has no associated random value. That is, when the first predictor table is selected, the “Hazuki-chan group pattern” is never displayed as a sign when the internal lottery is lost, and the probability that the “Don-chan group pattern” is displayed as a sign It can be seen that it is extremely low.
つまり、遊技者からすると、「ドンちゃん群パターン」と「葉月ちゃん群パターン」とは信頼度が高い予兆表示となる。したがって、遊技中に「ドンちゃん群パターン」と「葉月ちゃん群パターン」が液晶表示装置32に表示されると、大当たりに至る可能性が高いことが分かる。   That is, from the player's perspective, the “Don-chan group pattern” and the “Hazuki-chan group pattern” are predictive displays with high reliability. Therefore, when the “Don-chan group pattern” and the “Hazuki-chan group pattern” are displayed on the liquid crystal display device 32 during the game, it is understood that there is a high possibility of winning a big hit.
また、例えば「ねずみ花火パターン」を例にとると、大当たり時に関連付けられた乱数値は1〜2であり、ハズレ時に関連づけられた乱数値は16〜35である。すなわち、この「ねずみ花火パターン」による予兆表示は、大当たり時に表示される確率は極めて低く、ハズレ時に表示される確率は極めて高い。つまり、「ねずみ花火パターン」が表示された場合は、殆ど大当たりを期待できないことが分かる。   For example, taking the “mouse fireworks pattern” as an example, the random value associated with the jackpot is 1 to 2, and the random value associated with the loss is 16 to 35. In other words, the sign display by the “mouse fireworks pattern” has a very low probability of being displayed at the time of a big hit, and the probability of being displayed at the time of a loss is very high. That is, when the “mouse fireworks pattern” is displayed, it can be seen that almost no jackpot can be expected.
このように、第1予兆テーブルが選択されている場合は、大当たりが期待できる予兆表示は実際に期待でき、大当たりが期待できない予兆表示は実際に期待できないというように、演出パターンによる期待度の違いが比較的明確になっている。   In this way, when the first predictor table is selected, a sign display that can be expected to be a jackpot can be actually expected, and a sign display that cannot be expected to be a jackpot is not actually expected. Is relatively clear.
一方、信頼度が最も低い第3予兆テーブルにおいて、「ドンちゃん群パターン」が当たり時に関連付けられた乱数値は54〜64、ハズレ時に関連付けられた乱数値は60〜66であり、「葉月ちゃん群パターン」が当たり時に関連付けられた乱数値は65〜72、ハズレ時に関連付けられた乱数値は67〜72となっている。すなわち、これら2つのパターンは大当たり時でもハズレ時でも大差なく表示されることが分かる。
各演出パターンをみても、大当たり時とハズレ時とで、表示される確率に大差がなく、所謂ガセ表示が多いことが分かる。つまり、この第3予兆テーブルが選択されている場合の予兆表示は信頼度が低いのである。
On the other hand, in the third predictive table having the lowest reliability, the random number value associated with the “Don-chan group pattern” is 54 to 64, and the random value associated with the loss is 60 to 66. Random values associated with “Pattern” are 65 to 72, and random numbers associated with lose are 67 to 72. In other words, it can be seen that these two patterns are displayed without much difference even when a big hit or a loss occurs.
Looking at each production pattern, it can be seen that there is no great difference in the probability of display between the big hit and the lost, and there are many so-called gusset displays. That is, the indication of the indication when the third indication table is selected has low reliability.
また、本実施形態において、第1予兆テーブル、第2予兆テーブル及び第3予兆テーブルに格納された各演出パターンは、同一の演出構成要素を用いながらも演出態様が異なるものとなっている。   In the present embodiment, the production patterns stored in the first indication table, the second indication table, and the third indication table have different production aspects while using the same production component.
すなわち、例えば、予兆演出パターンが前記「打ち上げ花火パターン」の場合、ドンちゃんと呼ばれるキャラクタが共通の演出構成要素の一つであるが、図5に示すように、第3予兆テーブルには、子供のドンちゃんが描かれた予兆演出パターン(図5(c))が格納されており、第2予兆テーブルに格納された予兆演出パターン(図5(b))には、同じドンちゃんでも少年のドンちゃんが描かれ、第1予兆テーブルに格納された予兆演出パターン(図5(a))には青年のドンちゃんが描かれている(図5(a))のである。しかも、キャラクタの表示サイズも第3予兆テーブルでは小さく、第2予兆テーブル、第1予兆テーブルと漸次表示サイズを大きくしている。   That is, for example, when the predictive effect pattern is the “fireworks pattern”, a character called Don-chan is one of the common effect components, but as shown in FIG. The sign effect pattern (FIG. 5 (c)) in which the chan is drawn is stored, and the sign effect pattern (FIG. 5 (b)) stored in the second sign table includes the same don-chan and the boy don-chan. Is drawn, and the young man Don-chan is drawn (FIG. 5A) in the indication effect pattern (FIG. 5A) stored in the first indication table. In addition, the display size of the character is also small in the third sign table, and the second sign table, the first sign table, and the progressive display size are gradually increased.
また、図6に示すように、予兆演出パターンが前記「ドンちゃん群パターン」の場合、これもドンちゃんと呼ばれるキャラクタが共通の演出構成要素の一つであるが、第3予兆テーブルには、ドンちゃんの数が少なく、かつ表示サイズも小さいドンちゃん群が描かれた予兆演出パターン(図6(c))が格納されており、第2予兆テーブルには、ドンちゃん群の数が第3予兆テーブルのものよりは大きく、かつ表示サイズも第3予兆テーブルのものよりは大きなドンちゃん群が描かれた予兆演出パターン(図6(b))が格納されており、第1予兆テーブルには、ドンちゃん群の数が第2予兆テーブルのものよりさらに大きく、かつ表示サイズも第2予兆テーブルのものよりさらに大きなドンちゃん群が描かれた予兆演出パターン(図6(a))が格納されているのである。   Also, as shown in FIG. 6, when the predictive effect pattern is the “Don-chan group pattern”, a character called “Don-chan” is also one of the common effect components. A predictive effect pattern (FIG. 6C) in which a don-chan group with a small number of chans and a small display size is stored is stored, and the number of don-chan groups is the third predictor in the second sign table. An indication effect pattern (FIG. 6B) in which a group of Don-chan is drawn which is larger than that of the table and whose display size is larger than that of the third indication table is stored. Predictive effect pattern in which the number of don-chan groups is larger than that of the second predictor table and the display size is larger than that of the second predictor table (FIG. 6 (a)). ) Is the is stored.
そして、本実施形態では、予兆演出実行手段及び予兆テーブル選択手段の機能を担う制御部によって、前記カウンタがカウントした可変表示ゲームの回数が所定回数に達した場合に、選択される予兆テーブルを変えるようにしている。したがって、同じキャラクタが登場する予兆表示であっても演出態様を異なるようになるとともに、信頼度が変化することになる。   In this embodiment, when the number of variable display games counted by the counter reaches a predetermined number, the selected sign table is changed by the control unit that functions as the sign effect executing means and the sign table selecting means. I am doing so. Therefore, even if it is a sign display in which the same character appears, the production mode is different and the reliability is changed.
つまり、第3予兆テーブルにおいては、ドンちゃん群パターンによる予兆表示がなされても信頼できないが、可変表示ゲームの回数が増加していけば、いずれ第1予兆テーブルに格納されたドンちゃん群パターンによる予兆表示がなされることになり、その場合、遊技者も信頼度が高くなることを期待するようになり、長時間遊技を継続しても、新鮮な気持ちになって遊技に臨めるようになる。   That is, in the third predictor table, it is not reliable even if the predictor display by the Don Chan group pattern is made, but if the number of variable display games increases, it will eventually depend on the Don Chan group pattern stored in the first predictor table. A sign is displayed, and in that case, the player also expects the reliability to increase, and even if the game is continued for a long time, the player feels fresh and can start playing.
予兆テーブルを切り替える場合、抽選などによってランダムに切り替えるようにしてもよいが、本実施形態では、可変表示ゲームの実行回数が増加するにしたがい、第3予兆テーブル(信頼度:低)→第2予兆テーブル(信頼度:中)→第1予兆テーブル(信頼度:高)と順番に切り替るようにしている。
すなわち、詳しくは後述するが、可変表示ゲームの回数が200回に達すると、それまでの第3予兆テーブルが選択されて実行されていた予兆表示が第2予兆テーブルに変更され、さらに、可変表示ゲームが実行された回数が500回に達すると、今度はそれまで選択されていた第2予兆テーブルから第3予兆テーブルに変更されるようにしている。
When the sign table is switched, it may be switched randomly by lottery or the like, but in the present embodiment, as the number of executions of the variable display game increases, the third sign table (reliability: low) → second sign Table (reliability: medium) → first predictor table (reliability: high).
That is, as will be described in detail later, when the number of variable display games reaches 200, the previous indication display selected and executed from the third indication table is changed to the second indication table, and further variable display is performed. When the number of times that the game has been executed reaches 500 times, this time, the second predictor table that has been selected so far is changed to the third predictor table.
大当たり遊技状態になることなくいたずらに可変表示ゲームの回数が多くなっていくと、遊技者はイライラ感が募ってくるものであるが、そのような中でガセの予兆表示が頻発すると遊技者のイライラは怒りにも似たものとなるおそれがある。しかし、本実施形態のように、可変表示ゲームの回数が増加すると演出態様が変更され、同時にその信頼度も高くなるとなれば、ガセの予兆表示が殆どなくなることになって、遊技者の不満もある程度収まり、新たに遊技意欲が向上することも期待できる。   If the number of variable display games is increased without a big hit game state, the player will be irritated. Frustration can be similar to anger. However, as in this embodiment, when the number of variable display games increases, the presentation mode is changed, and at the same time, if the reliability increases, the sign display of the gaze will be almost eliminated, and the player will be dissatisfied. It can be expected that it will fit to a certain extent and will increase the willingness to play.
なお、本実施形態に係る副制御回路200において、各種プログラム、テーブル等を記憶する記憶手段としてプログラムROM208を用いるように構成したが、これに限らず、制御手段を備えたコンピュータにより読み取り可能な記憶媒体であれば別態様であってもよく、例えば、ハードディスク装置、CD−ROM及びDVD−ROM、ROMカートリッジ等の記憶媒体に記録されていてもよい。もちろん、記憶手段としてメインROM68を用いてもよい。また、これらのプログラムは、予め記録されているものでなくとも、電源投入後にこれらのプログラムをダウンロードし、ワークRAM210などに記録されるものでもよい。さらにまた、プログラムの各々が別々の記憶媒体に記録されていてもよい。   In the sub-control circuit 200 according to the present embodiment, the program ROM 208 is used as a storage unit that stores various programs, tables, and the like. However, the present invention is not limited to this, and a storage that can be read by a computer including the control unit. As long as it is a medium, another aspect may be sufficient, for example, you may record on storage media, such as a hard disk drive, CD-ROM and DVD-ROM, and a ROM cartridge. Of course, the main ROM 68 may be used as the storage means. These programs may not be recorded in advance, but may be downloaded after the power is turned on and recorded in the work RAM 210 or the like. Furthermore, each program may be recorded on a separate storage medium.
またさらに、本実施形態において、メインCPU66及びメインROM68を含む主制御回路60と、サブCPU206及びプログラムROM208を含む副制御回路200とを別々に構成したが、メインCPU66及びメインROM68を含む主制御回路60のみで構成してもよく、この場合には、上述したプログラムROM208に記憶されているプログラムをメインROM68に記憶させ、メインCPU66により実行されるように構成してもよい。もちろん、サブCPU206及びプログラムROM208を含む副制御回路200のみで構成するようにしてもよく、この場合には、上述したメインROM68に記憶されているプログラムをプログラムROM208に記憶させ、サブCPU206により実行されるように構成してもよい。   Furthermore, in the present embodiment, the main control circuit 60 including the main CPU 66 and the main ROM 68 and the sub control circuit 200 including the sub CPU 206 and the program ROM 208 are separately configured. However, the main control circuit including the main CPU 66 and the main ROM 68 is provided. In this case, the program stored in the program ROM 208 may be stored in the main ROM 68 and executed by the main CPU 66. Of course, it may be configured only by the sub control circuit 200 including the sub CPU 206 and the program ROM 208. In this case, the program stored in the main ROM 68 is stored in the program ROM 208 and executed by the sub CPU 206. You may comprise.
ワークRAM210は、サブCPU206の一時記憶領域として種々のフラグや変数の値を記憶する機能を有する。例えば、演出パターンを選択するための演出表示選択用乱数カウンタ等、各種の変数等が位置付けられている。なお、本実施形態においては、サブCPU206の一時記憶領域としてワークRAM210を用いているが、これに限らず、読み書き可能な記憶媒体であればよい。   The work RAM 210 has a function of storing various flags and variable values as a temporary storage area of the sub CPU 206. For example, various variables and the like such as an effect display selection random number counter for selecting an effect pattern are positioned. In the present embodiment, the work RAM 210 is used as a temporary storage area of the sub CPU 206. However, the present invention is not limited to this, and any readable / writable storage medium may be used.
また、音声制御回路230は、図示しないが音声に関する制御を行う音源ICや各種の音声データを記憶する音声データROM、音声信号を増幅するための増幅器から構成されている。   The audio control circuit 230 includes a sound source IC that controls audio, an audio data ROM that stores various types of audio data, and an amplifier that amplifies audio signals, although not shown.
サブCPU206は、演出パターンを選択し、音声データROMに記憶されている複数の音声データから一つの音声データを選択し、選択された音声データを音声データROMから読み出して音源ICに供給する。音声データを受け取った音源ICは、その音声データを所定の音声信号に変換し、その音声信号を増幅器に供給し、スピーカ46R,46Lから音声を発生させるようにしている。   The sub CPU 206 selects an effect pattern, selects one audio data from a plurality of audio data stored in the audio data ROM, reads the selected audio data from the audio data ROM, and supplies it to the sound source IC. The sound source IC that has received the sound data converts the sound data into a predetermined sound signal, supplies the sound signal to an amplifier, and generates sound from the speakers 46R and 46L.
ランプ制御回路240は、図示しないランプ制御信号を供給するためのドライブ回路や複数種類のランプ装飾パターン等が記憶されている装飾データROMから構成され、サブCPU206が選択した光による演出を可能とするランプ装飾パターンに基づいて多用な光による演出が可能となっている。   The lamp control circuit 240 is composed of a drive circuit for supplying a lamp control signal (not shown) and a decoration data ROM in which a plurality of types of lamp decoration patterns are stored. Based on the lamp decoration pattern, it is possible to produce various light effects.
ここで、本実施形態に係るパチンコ遊技機10の制御部が実行する処理について説明する。図7は主制御回路60におけるメイン処理を示すフローチャート、図8はコマンド受信割込処理を示すフローチャート、図9は特別図柄制御処理を示すフローチャート、図10は可変表示ゲームの制御処理の状態遷移を示すフローチャート、図11は特別図柄記憶チェック処理を示すフローチャートである。   Here, processing executed by the control unit of the pachinko gaming machine 10 according to the present embodiment will be described. 7 is a flowchart showing the main process in the main control circuit 60, FIG. 8 is a flowchart showing the command reception interrupt process, FIG. 9 is a flowchart showing the special symbol control process, and FIG. 10 is a state transition of the control process of the variable display game. FIG. 11 is a flowchart showing a special symbol memory check process.
(メイン処理)
先ず、図7に示すように、RAMアクセス許可、バックアップ復帰処理、作業領域を初期化するなどの初期化処理を行う(ステップS11)。すなわち、メインCPU66は、電源が投入されたことに基づいて、遊技を正常に行わせるための所定の初期設定を行うこととなる。
そして、詳しくは図9を用いて後述するが、可変表示ゲームを実行する上で主な制御となる特別図柄の制御処理を実行する(ステップS12)。このように、メイン処理においては、ステップS11の初期設定処理が終了した後、ステップS12の処理を繰り返し実行することとなる。
(Main process)
First, as shown in FIG. 7, initialization processing such as RAM access permission, backup recovery processing, and work area initialization is performed (step S11). That is, the main CPU 66 performs a predetermined initial setting for normally playing the game based on the power being turned on.
Then, as will be described in detail later with reference to FIG. 9, a special symbol control process, which is the main control in executing the variable display game, is executed (step S12). As described above, in the main process, after the initial setting process in step S11 is completed, the process in step S12 is repeatedly executed.
(システムタイマ割込処理)
また、メインCPU66は、メイン処理を実行している状態であっても、メイン処理を中断させ、システムタイマ割込処理を実行する場合がある。リセット用クロックパルス発生回路62から所定の周期(例えば2ミリ秒)毎に発生されるクロックパルスに応じて、以下のシステムタイマ割込処理を実行する。このシステムタイマ割込処理について図8を用いて説明する。
(System timer interrupt processing)
Further, the main CPU 66 may interrupt the main process and execute the system timer interrupt process even when the main process is being executed. The following system timer interrupt process is executed in response to a clock pulse generated from the reset clock pulse generation circuit 62 every predetermined period (for example, 2 milliseconds). This system timer interrupt process will be described with reference to FIG.
図8に示すように、最初に、メインCPU66は、大当り判定用乱数カウンタ、大当り図柄決定用乱数カウンタ等の各カウント値を“1”増加するように乱数更新処理を実行する(ステップS41)。そして、詳しい説明は省略するが、メインCPU66は、始動口5などへの遊技球の入賞又は通過を検知する入力検出処理を実行する(ステップS42)。この処理においては、メインCPU66は、各種の入賞口に遊技球が入賞したことを条件として、遊技球を払出す(賞球する)旨のデータをメインRAM70の所定領域に記憶する。そして、主制御回路60と副制御回路200との同期をとるための待ち時間タイマ、大当りが発生した際に開放する大入賞口8の開放時間を計測するための大入賞口開放時間タイマ等、各種のタイマの更新処理を実行する(ステップS43)。そして、各種の変数に基づいて駆動制御するための信号をソレノイド、モータ等に供給するために、出力処理を実行する(ステップS44)。この処理が終了した場合には、ステップS45に処理を移す。
ステップS45においては、コマンド出力処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、各種のコマンドを副制御回路200に供給する。これらの各種のコマンドとしては、具体的には、デモ表示コマンド、導出表示される識別情報の種類を示す装飾図柄指定コマンド、装飾図柄32aの変動表示パターンを示す変動パターン指定コマンド等が含まれる。この処理が終了した場合には、ステップS46に処理を移す。
そして、ステップS46の処理において、メインCPU66は、払出装置128に賞球を行わせるための賞球制御コマンドを払出・発射制御回路126へ送信する等の払出処理を実行する。具体的には、メインCPU66は、各種の入賞口に遊技球が入賞することで予め設定された所定数の賞球払出を行うための賞球制御コマンドを発射・払出制御回路126へ供給する。この処理が終了した場合には、本サブルーチンを終了し、割込発生前のアドレスへ復帰し、メイン処理を実行させる。
As shown in FIG. 8, first, the main CPU 66 executes a random number update process so as to increase the count values of the big hit determination random number counter, the big hit symbol determination random number counter, etc. by “1” (step S41). Although not described in detail, the main CPU 66 executes an input detection process for detecting the winning or passing of the game ball to the starting port 5 or the like (step S42). In this processing, the main CPU 66 stores in the predetermined area of the main RAM 70 data for paying out (winning) a game ball on the condition that the game ball has won at various winning ports. A waiting time timer for synchronizing the main control circuit 60 and the sub control circuit 200, a big prize opening time timer for measuring the opening time of the big prize opening 8 that is opened when a big hit occurs, Various timer update processes are executed (step S43). Then, an output process is executed in order to supply a signal for drive control based on various variables to a solenoid, a motor, or the like (step S44). If this process ends, the process moves to a step S45.
In step S45, command output processing is executed. In this process, the main CPU 66 supplies various commands to the sub control circuit 200. Specifically, these various commands include a demo display command, a decoration designating command indicating the type of identification information to be derived and displayed, a variation pattern designating command indicating a variation display pattern of the decoration design 32a, and the like. If this process ends, the process moves to a step S46.
In step S46, the main CPU 66 executes a payout process such as transmitting a prize ball control command for causing the payout device 128 to perform a prize ball to the payout / firing control circuit 126. Specifically, the main CPU 66 supplies to the launch / payout control circuit 126 a prize ball control command for paying out a predetermined number of prize balls as a result of the game balls winning in various winning ports. When this process is finished, this subroutine is finished, the address is returned to the address before the occurrence of the interrupt, and the main process is executed.
(特別図柄制御処理)
図7のステップS12において実行されるサブルーチンについて図9を用いて説明する。なお、図9において、ステップS72からステップS81の側方に描いた数値は、それらのステップに対応する制御状態フラグを示し、その制御状態フラグの数値に応じて、その数値に対応する一つのステップが実行されて特別図柄ゲーム(可変表示ゲーム)が進行する。
(Special symbol control processing)
The subroutine executed in step S12 in FIG. 7 will be described with reference to FIG. In FIG. 9, the numerical values drawn on the sides of step S72 to step S81 indicate the control state flags corresponding to those steps, and one step corresponding to the numerical value according to the numerical value of the control state flag. Is executed and the special symbol game (variable display game) proceeds.
先ず、図9に示すように、制御状態フラグをロードする処理を実行する(ステップS71)。この処理において、メインCPU66は、制御状態フラグを読み出す。この処理が終了した場合には、ステップS72に処理を移す。
なお、後述するステップS72からステップS80において、メインCPU66は、制御状態フラグの値に基づいて、各ステップにおける各種の処理を実行するか否かを判断することとなる。また、メインCPU66は、各ステップに対して設定された待ち時間タイマなどに応じて決定される所定のタイミングで各ステップにおける処理を実行する。なお、この所定のタイミングに至る前においては、各ステップにおける処理を実行することなく終了することとなり、他のサブルーチンを実行することとなる。もちろん、所定の周期でシステムタイマ割込処理も実行する。
First, as shown in FIG. 9, a process for loading a control state flag is executed (step S71). In this process, the main CPU 66 reads the control state flag. If this process ends, the process moves to a step S72.
In step S72 to step S80 described later, the main CPU 66 determines whether or not to execute various processes in each step based on the value of the control state flag. Further, the main CPU 66 executes processing in each step at a predetermined timing determined according to a waiting time timer set for each step. Before reaching this predetermined timing, the process ends without executing the process in each step, and another subroutine is executed. Of course, the system timer interrupt process is also executed at a predetermined cycle.
ステップS72においては、特別図柄記憶チェック処理を実行する。詳しくは図11を
用いて後述するが、メインCPU66は、制御状態フラグが特別図柄記憶チェックを示す値(00)である場合に、保留個数のチェックを行い、保留個数がある場合に、大当り判定、導出識別情報、識別情報の変動パターン等の決定を行う。また、メインCPU66は、特別図柄変動時間管理を示す値(01)を制御状態フラグにセットし、今回の処理で決定された変動パターンに対応する変動時間を待ち時間タイマにセットする。つまり、今回決定された変動パターンに対応する変動時間を経過した後、ステップS73の処理を実行するように設定するのである。一方、保留個数がない場合には、デモ画面が表示される。この処理が終了した場合には、ステップS73に処理を移す。
In step S72, a special symbol memory check process is executed. As will be described in detail later with reference to FIG. 11, the main CPU 66 checks the number of holdings when the control state flag is a value (00) indicating a special symbol storage check, and determines the big hit if there is a holding number. The derivation identification information, the variation pattern of the identification information, etc. are determined. Further, the main CPU 66 sets a value (01) indicating special symbol variation time management in the control state flag, and sets the variation time corresponding to the variation pattern determined in the current process in the waiting time timer. That is, it is set so that the process of step S73 is executed after the fluctuation time corresponding to the fluctuation pattern determined this time has elapsed. On the other hand, when there is no pending number, a demonstration screen is displayed. If this process ends, the process moves to a step S73.
ステップS73においては、特別図柄変動時間管理処理を実行する。この処理においては、メインCPU66は、制御状態フラグが特別図柄変動時間管理を示す値(01)であり、変動時間が経過した場合に、特別図柄表示時間管理を示す値(02)を制御状態フラグにセットし、確定後待ち時間(例えば1秒)を待ち時間タイマにセットする。つまり、確定後待ち時間が経過した後、ステップS74の処理を実行するように設定するのである。この処理が終了した場合には、ステップS74に処理を移す。   In step S73, a special symbol variation time management process is executed. In this process, the main CPU 66 sets the control state flag to a value (01) indicating special symbol change time management, and when the change time has elapsed, sets the value (02) indicating special symbol display time management to the control state flag. And a waiting time after confirmation (for example, 1 second) is set in the waiting time timer. That is, it is set so that the process of step S74 is executed after the waiting time after determination has elapsed. If this process ends, the process moves to a step S74.
ステップS74においては、特別図柄表示時間管理処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、制御状態フラグが特別図柄表示時間管理を示す値(02)であり、確定後待ち時間が経過した場合に、大当りか否かを判断する。メインCPU66は、大当りである場合に、大当り開始インターバル管理を示す値(03)を制御状態フラグにセットし、大当り開始インターバルに対応する時間(例えば10秒)を待ち時間タイマにセットする。つまり、大当り開始インターバルに対応する時間が経過した後、ステップS75の処理を実行するように設定するのである。つまり、大当りとなる場合には、識別情報の可変表示の結果が特定の表示態様に制御されるため、ステップS74を実行するメインCPU66は、識別情報の可変表示の結果が特定の表示態様となった場合には(所定の遊技状態移行条件が成立すると)、遊技者に相対的に有利な大当り遊技状態に移行させる制御を行うこととなる。なお、ステップS74を実行するメインCPU66は、遊技状態制御手段の一例である。一方、メインCPU66は、大当りではない場合に、特別図柄ゲーム終了を示す値(08)をセットする。つまり、ステップS80の処理を実行するように設定するのである。この処理が終了した場合には、ステップS75に処理を移す。   In step S74, a special symbol display time management process is executed. In this process, the main CPU 66 determines whether or not it is a big hit when the control state flag is a value (02) indicating special symbol display time management and the waiting time after determination has elapsed. In the case of a big hit, the main CPU 66 sets a value (03) indicating the big hit start interval management in the control state flag, and sets a time (for example, 10 seconds) corresponding to the big hit start interval in the waiting time timer. That is, after the time corresponding to the big hit start interval elapses, the setting of step S75 is performed. That is, in the case of a big hit, the result of the variable display of the identification information is controlled to a specific display mode. Therefore, the main CPU 66 executing step S74 has the result of the variable display of the identification information as the specific display mode. In the event that the game state transition condition is satisfied, control is performed to shift to a big hit gaming state that is relatively advantageous to the player. The main CPU 66 executing step S74 is an example of a gaming state control unit. On the other hand, the main CPU 66 sets a value (08) indicating the end of the special symbol game when it is not a big hit. That is, it is set to execute the process of step S80. If this process ends, the process moves to a step S75.
ステップS75においては、大当り開始インターバル管理処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、制御状態フラグが大当り開始インターバル管理を示す値(03)であり、その大当り開始インターバルに対応する時間が経過した場合に、大入賞口8を開放させるために、メインROM68から読み出されたデータに基づいて、メインRAM70に位置付けられた変数を更新する。メインCPU66は、大入賞口開放中を示す値(04)を制御状態フラグにセットするとともに、開放上限時間(例えば30秒)を大入賞口開放時間タイマにセットする。つまり、ステップS77の処理を実行するように設定するのである。そして、メインCPU66は、ラウンド数を示すデータを含み、大入賞口8が開放中である旨の大入賞口開放中コマンドを示すデータを、メインRAM70の所定領域にセットする。これによって、大入賞口開放中コマンドを示すデータは、図8のステップS45の処理により、主制御回路60のメインCPU66から副制御回路200のサブCPU206に大入賞口開放中コマンドとして供給される。これによって、副制御回路200においても、ラウンド数や、大入賞口8の状態が認識可能となる。この処理が終了した場合には、ステップS76に処理を移す。   In step S75, a big hit start interval management process is executed. In this process, the main CPU 66 sets the main status in order to open the big winning opening 8 when the control state flag is a value (03) indicating the big hit start interval management and the time corresponding to the big hit start interval has elapsed. Based on the data read from the ROM 68, the variables positioned in the main RAM 70 are updated. The main CPU 66 sets a value (04) indicating that the big prize opening is being opened to the control state flag, and sets the upper opening limit time (for example, 30 seconds) to the big prize opening time timer. That is, it is set to execute the process of step S77. Then, the main CPU 66 sets data indicating a special winning opening opening command indicating that the special winning opening 8 is open in a predetermined area of the main RAM 70, including data indicating the number of rounds. As a result, the data indicating the special winning opening open command is supplied as the special winning opening open command from the main CPU 66 of the main control circuit 60 to the sub CPU 206 of the sub control circuit 200 by the process of step S45 of FIG. As a result, even in the sub-control circuit 200, the number of rounds and the state of the special winning opening 8 can be recognized. If this process ends, the process moves to a step S76.
ステップS76においては、大入賞口再開放前待ち時間管理処理を実行する。詳しい説明は省略するが、メインCPU66は、制御状態フラグが大入賞口再開放待ち時間管理を示す値(06)であり、ラウンド間インターバルに対応する時間が経過した場合に、大入賞口開放回数カウンタを“1”増加するように記憶更新する。メインCPU66は、大入賞口開放中を示す値(04)を制御状態フラグにセットする。メインCPU66は、開放上限時間(例えば30秒)を大入賞口開放時間タイマにセットする。つまり、ステップS77の処理を実行するように設定するのである。そして、メインCPU66は、ラウンド数を示すデータを含み、大入賞口8が開放中である旨の大入賞口開放中コマンドを示すデータを、メインRAM70の所定領域にセットする。これによって、大入賞口開放中コマンドを示すデータは、図8のステップS45の処理により、主制御回路60のメインCPU66から副制御回路200のサブCPU206に大入賞口開放中コマンドとして供給される。これによって、副制御回路200においても、ラウンド数や、大入賞口8の状態が認識可能となる。この処理が終了した場合には、ステップS77に処理を移す。   In step S76, a waiting time management process before reopening the big winning opening is executed. Although a detailed description is omitted, the main CPU 66 determines that the control status flag is a value (06) indicating the management of waiting time for reopening the big winning opening, and the number of opening of the big winning opening when the time corresponding to the interval between rounds has elapsed. The counter is updated so that the counter is incremented by “1”. The main CPU 66 sets a value (04) indicating that the special winning opening is open in the control state flag. The main CPU 66 sets an opening upper limit time (for example, 30 seconds) in the big prize opening time timer. That is, it is set to execute the process of step S77. Then, the main CPU 66 sets data indicating a special winning opening opening command indicating that the special winning opening 8 is open in a predetermined area of the main RAM 70, including data indicating the number of rounds. As a result, the data indicating the special winning opening open command is supplied as the special winning opening open command from the main CPU 66 of the main control circuit 60 to the sub CPU 206 of the sub control circuit 200 by the process of step S45 of FIG. As a result, even in the sub-control circuit 200, the number of rounds and the state of the special winning opening 8 can be recognized. If this process ends, the process moves to a step S77.
ステップS77においては、大入賞口開放中処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、制御状態フラグが大入賞口開放中を示す値(04)である場合に、大入賞口入賞カウンタが“10”以上であるという条件、開放上限時間を経過した(大入賞口開放時間タイマが“0”である)という条件のいずれかを満たす(所定の閉鎖条件が成立した)か否かを判断する。メインCPU66は、いずれかの条件を満たした場合に、大入賞口8を閉鎖させるために、メインRAM70に位置付けられた変数を更新する。メインCPU66は、大入賞口内残留球監視を示す値(05)を制御状態フラグにセットする。メインCPU66は、大入賞口内残留球監視時間(例えば1秒)を待ち時間タイマにセットする。つまり、大入賞口内残留球監視時間が経過した後、ステップS78の処理を実行するように設定するのである。なお、メインCPU66は、いずれの条件も満たさない場合には、上述した処理を実行しない。この処理が終了した場合には、ステップS78に処理を移す。   In step S77, a special winning opening opening process is executed. In this process, when the control status flag is a value (04) indicating that the big prize opening is being opened, the main CPU 66 has passed the condition that the big prize opening prize counter is “10” or more, and the opening upper limit time ( It is determined whether or not any of the conditions that the big prize opening time timer is “0” is satisfied (a predetermined closing condition is satisfied). The main CPU 66 updates a variable positioned in the main RAM 70 in order to close the special winning opening 8 when any of the conditions is satisfied. The main CPU 66 sets a value (05) indicating monitoring of the winning ball remaining ball in the control state flag. The main CPU 66 sets the special ball remaining ball monitoring time (for example, 1 second) in the waiting time timer. That is, it is set so that the process of step S78 is executed after the winning ball residual ball monitoring time has elapsed. Note that the main CPU 66 does not execute the above-described processing when none of the conditions is satisfied. If this process ends, the process moves to a step S78.
ステップS78においては、大入賞口内残留球監視処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、制御状態フラグが大入賞口内残留球監視を示す値(05)であり、大入賞口内残留球監視時間が経過した場合に、大入賞口8における特定領域を遊技球が通過しなかったという条件、大入賞口開放回数カウンタが大入賞口開放回数最大値以上である(最終ラウンドである)という条件のいずれかを満たすか否かを判断する。メインCPU66は、いずれかの条件を満たした場合に、大当り終了インターバルを示す値(07)を制御状態フラグにセットし、大当り終了インターバルに対応する時間を待ち時間タイマにセットする。つまり、大当り終了インターバルに対応する時間が経過した後、ステップS79の処理を実行するように設定するのである。一方、メインCPU66は、いずれの条件も満たさない場合に、大入賞口再開放待ち時間管理を示す値(06)を制御状態フラグにセットする。また、メインCPU66は、ラウンド間インターバルに対応する時間を待ち時間タイマにセットする。つまり、ラウンド間インターバルに対応する時間が経過した後、ステップS76の処理を実行するように設定するのである。この処理が終了した場合には、ステップS79に処理を移す。   In step S78, a special winning opening residual ball monitoring process is executed. In this process, the main CPU 66 has a value (05) indicating that the control state flag indicates the monitoring of the winning ball remaining in the winning mouth, and when the monitoring time of the winning ball remaining in the winning mouth has elapsed, It is determined whether or not the condition that the winning prize opening number counter is equal to or greater than the maximum value of the winning opening number (the final round) is satisfied. When any of the conditions is satisfied, the main CPU 66 sets a value (07) indicating the jackpot end interval in the control state flag, and sets a time corresponding to the jackpot end interval in the waiting time timer. In other words, after the time corresponding to the big hit end interval has elapsed, the setting of step S79 is executed. On the other hand, when neither of the conditions is satisfied, the main CPU 66 sets a value (06) indicating management of the special winning opening reopening waiting time in the control state flag. Further, the main CPU 66 sets a time corresponding to the interval between rounds in the waiting time timer. In other words, after the time corresponding to the interval between rounds has elapsed, the setting of step S76 is executed. If this process ends, the process moves to a step S79.
ステップS79においては、大当り終了インターバル処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、制御状態フラグが大当り終了インターバルを示す値(07)であり、大当り終了インターバルに対応する時間が経過した場合に、特別図柄ゲーム終了を示す値(08)を制御状態フラグにセットする。つまり、ステップS80の処理を実行するように設定するのである。そして、メインCPU66は、大当り図柄が確変図柄である場合には、確変状態に移行させる制御を行う。この処理が終了した場合には、ステップS80に処理を移す。   In step S79, a big hit end interval process is executed. In this process, the main CPU 66 sets the value (08) indicating the end of the special symbol game to the control state when the control state flag is a value (07) indicating the jackpot end interval and the time corresponding to the jackpot end interval has elapsed. Set to flag. That is, it is set to execute the process of step S80. Then, when the big hit symbol is a probability variation symbol, the main CPU 66 performs control to shift to the probability variation state. If this process ends, the process moves to a step S80.
ステップS80においては、特別図柄ゲーム終了処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、制御状態フラグが特別図柄ゲーム終了を示す値(08)である場合に、保留個数を示すデータ(始動記憶情報)を“1”減少するように記憶更新する。また、メインCPU66は、始動記憶情報が“1”減少する旨の始動記憶数指定コマンドを示すデータを、メインRAM70における所定の記憶領域にセットする。そして、特別図柄ゲーム終了処理に対応する時間が経過した場合に、変動の終了コマンドセットを示す値(09)を制御フラグにセットする。つまり、ステップS81の処理を実行するように設定するのである。この処理が終了した場合には、ステップS81に処理を移す。   In step S80, a special symbol game end process is executed. In this process, when the control state flag is a value (08) indicating the end of the special symbol game, the main CPU 66 stores and updates the data indicating the number of holdings (starting storage information) to be decreased by “1”. Further, the main CPU 66 sets data indicating a start memory number designation command indicating that the start memory information is decreased by “1” in a predetermined storage area in the main RAM 70. Then, when the time corresponding to the special symbol game end process has elapsed, a value (09) indicating a change end command set is set in the control flag. That is, it is set to execute the process of step S81. If this process ends, the process moves to a step S81.
ステップS81においては、変動の終了コマンドセットを実行する。この処理において、メインCPU66は、制御状態フラグが変動の終了コマンドセット示す値(09)であり、ステップS80の処理における始動記憶数指定コマンドを示すデータが、図8のステップS45の処理により、主制御回路60のメインCPU66から副制御回路200のサブCPU206に始動記憶数指定コマンドとして供給される。これによって、副制御回路200においても、始動記憶情報が“1”減少した旨が認識可能となる。そして、メインCPU66は、次回の変動表示を行うために、特別図柄記憶領域の更新を行う。メインCPU66は、特別図柄記憶チェックを示す値(00)をセットする。つまり、ステップS72の処理を実行するように設定するのである。この処理が終了した場合には、本サブルーチンを終了する。   In step S81, a change end command set is executed. In this process, the main CPU 66 indicates that the control state flag is the value (09) indicated by the change end command set, and the data indicating the start memory number designation command in the process of step S80 is the main CPU 66 by the process of step S45 of FIG. It is supplied from the main CPU 66 of the control circuit 60 to the sub CPU 206 of the sub control circuit 200 as a start memory number designation command. As a result, the sub-control circuit 200 can recognize that the start memory information has decreased by “1”. Then, the main CPU 66 updates the special symbol storage area in order to perform the next fluctuation display. The main CPU 66 sets a value (00) indicating a special symbol storage check. That is, it is set to execute the process of step S72. When this process is finished, this subroutine is finished.
上述したように、制御状態フラグをセットすることにより、特別図柄ゲームが実行されることとなる。具体的には、メインCPU66は、図10に示すように、大当り遊技状態ではない場合において、大当り判定の結果がハズレであるときには、制御状態フラグを“00”、“01”、“02”、“08”、“09”と順にセットすることにより、図9に示すステップS72、ステップS73、ステップS74、ステップS80、ステップS81の処理を所定のタイミングで実行することとなる。また、メインCPU66は、大当り遊技状態ではない場合において、大当り判定の結果が大当りであるときには、制御状態フラグを“00”、“01”、“02”、“03”と順にセットすることにより、図9に示すステップS72、ステップS73、ステップS74、ステップS75の処理を所定のタイミングで実行し、大当り遊技状態への制御を実行することとなる。さらには、メインCPU66は、大当り遊技状態への制御が実行された場合には、制御状態フラグを“04”、“05”、“06”と順にセットすることにより、図9に示すステップS77、ステップS78、ステップS76の処理を所定のタイミングで実行し、特定遊技を実行することとなる。なお、特定遊技が実行されている場合において、大当り遊技状態の終了条件(特定遊技終了条件)が成立した場合には、“04”、“05”、“07”、“08”、“09”と順にセットすることにより、図9に示すステップS77からステップS81の処理を所定のタイミングで実行し、大当り遊技状態を終了することとなる。なお、この特定遊技終了条件には、所定の時間が経過するまでに特定領域への遊技球の通過がなかったこと(所謂「パンク」)、又は、大当りラウンド最大継続数(上限ラウンド数、例えば、本実施形態においては15ラウンドとする)が終了したことを条件として大当り遊技状態を終了することとなる。   As described above, the special symbol game is executed by setting the control state flag. Specifically, as shown in FIG. 10, the main CPU 66 sets the control status flag to “00”, “01”, “02”, when the big hit determination result is lost in the case where the big hit gaming state is not set. By setting “08” and “09” in this order, the processing of step S72, step S73, step S74, step S80, and step S81 shown in FIG. 9 is executed at a predetermined timing. Further, when the main CPU 66 is not in the big hit gaming state and the result of the big hit determination is a big hit, the main CPU 66 sets the control state flags in order of “00”, “01”, “02”, “03”, The processing of step S72, step S73, step S74, and step S75 shown in FIG. 9 is executed at a predetermined timing, and control to the big hit gaming state is executed. Furthermore, when the control to the big hit gaming state is executed, the main CPU 66 sets the control state flag in order of “04”, “05”, “06”, thereby performing step S77 shown in FIG. The processing of step S78 and step S76 is executed at a predetermined timing, and the specific game is executed. In the case where a specific game is being executed, if the end condition (specific game end condition) for the big hit gaming state is satisfied, “04”, “05”, “07”, “08”, “09” In this order, the processing from step S77 to step S81 shown in FIG. 9 is executed at a predetermined timing, and the big hit gaming state is terminated. It should be noted that the specific game end condition is that the game ball has not passed through the specific area until the predetermined time has elapsed (so-called “puncture”), or the maximum hit round maximum continuation number (the upper limit round number, for example, In this embodiment, 15 rounds are completed), and the big hit gaming state is terminated.
このように、ステップS75からステップS77を実行するメインCPU66は、制御状態フラグを制御することによって、大当り遊技状態中において、大入賞口8、シャッタ40を開放状態とし、所定の閉鎖条件の成立により閉鎖状態にするラウンド制御を、所定のラウンド数を上限として繰り返し行うこととなる。   As described above, the main CPU 66 that executes Step S75 to Step S77 controls the control state flag to open the grand prize winning port 8 and the shutter 40 in the big hit gaming state, and when a predetermined closing condition is satisfied. The round control in the closed state is repeatedly performed with the predetermined number of rounds as an upper limit.
(特別図柄記憶チェック処理)
図9のステップS72において実行されるサブルーチンについて図11を用いて説明する。
先ず、制御状態フラグが特別図柄記憶チェックを示す値(00)であるか否かの判断を行い(ステップS101)、制御状態フラグが特別図柄記憶チェックを示す値であると判別した場合には、ステップS102に処理を移し、制御状態フラグが特別図柄記憶チェックを示す値であるとは判別しなかった場合には、本サブルーチンを終了する。そして、ステップS102においては、保留個数が“0”であるか否かの判断を行い、保留個数を示すデータが“0”であると判別した場合には、ステップS103に処理を移し、保留個数を示すデータが“0”であるとは判別しなかった場合には、ステップS104に処理を移す。つまり、ステップS102においては、識別情報の可変表示の結果が導出表示された場合には、始動記憶情報が記憶されているか否かを判定することとなる。
(Special symbol memory check process)
The subroutine executed in step S72 in FIG. 9 will be described with reference to FIG.
First, it is determined whether or not the control state flag is a value (00) indicating a special symbol storage check (step S101), and when it is determined that the control state flag is a value indicating a special symbol storage check, If the process proceeds to step S102 and it is not determined that the control state flag is a value indicating the special symbol storage check, this subroutine is terminated. In step S102, it is determined whether or not the reserved number is “0”. If it is determined that the data indicating the reserved number is “0”, the process proceeds to step S103, and the reserved number is stored. If it is not determined that the data indicating “0” is “0”, the process proceeds to step S104. That is, in step S102, when the result of variable display of the identification information is derived and displayed, it is determined whether or not the startup storage information is stored.
ステップS103においては、デモ表示処理を実行する。詳しい説明は省略するが、メインCPU66は、デモ表示を行わせるために副制御回路200にデモ表示コマンドを供給するための変数をメインRAM70に記憶する。これによって、副制御回路200において、客待ち状態(所定の待機状態)となったことを認識することができる。この処理が終了した場合には、本サブルーチンを終了する。   In step S103, a demonstration display process is executed. Although not described in detail, the main CPU 66 stores a variable for supplying a demonstration display command to the sub-control circuit 200 in the main RAM 70 in order to perform a demonstration display. As a result, the sub-control circuit 200 can recognize that the customer waiting state (predetermined waiting state) has been reached. When this process is finished, this subroutine is finished.
ステップS104においては、制御状態フラグとして特別図柄変動時間管理を示す値(01)をセットする処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、特別図柄変動時間管理を示す値を制御状態フラグに記憶する。この処理が終了した場合には、ステップS105に処理を移す。   In step S104, a process of setting a value (01) indicating special symbol variation time management as a control state flag is executed. In this process, the main CPU 66 stores a value indicating special symbol variation time management in the control state flag. If this process ends, the process moves to a step S105.
ステップS105においては、大当り判定処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、高確率フラグを読み出し、読み出した高確率フラグに基づいて、大当りの判定値(大当り判定値)の数が異なる複数の大当り判定テーブルから1つの大当り判定テーブルを選択する。例えば、通常時における大当り判定テーブルでは、2個の大当り判定値が設定されているが、高確率時における大当り判定テーブルでは、10個の大当り判定値が設定されており、高確率フラグに基づいて大当り判定テーブルを選択することによって、特定遊技状態に移行する確率が異なることとなる。このように、高確率フラグが所定の値(例えば“77”)である場合、つまり遊技状態が確変状態である場合には、特定遊技状態に移行する確率(識別情報の可変表示の結果を特定の表示態様とする確率)は、通常時よりも向上することとなる。そして、メインCPU66は、始動入賞時に抽出された大当り判定用乱数値と、選択された大当り判定テーブルとを参照する。つまり、メインCPU66は、遊技者に有利な特定遊技状態とするか否かの判定を行うこととなる。言い換えると、メインCPU66は、所定の大当り移行条件が成立したか否かを判定することとなる。この処理が終了した場合には、ステップS106に処理を移す。   In step S105, a big hit determination process is executed. In this process, the main CPU 66 reads the high probability flag, and selects one jackpot determination table from a plurality of jackpot determination tables having different numbers of jackpot determination values (big hit determination values) based on the read high probability flag. . For example, in the jackpot determination table at normal time, two jackpot determination values are set, but in the jackpot determination table at high probability, ten jackpot determination values are set, and based on the high probability flag By selecting the jackpot determination table, the probability of shifting to the specific gaming state is different. As described above, when the high probability flag is a predetermined value (for example, “77”), that is, when the gaming state is the probability variation state, the probability of transition to the specific gaming state (identification information variable display result is specified). The probability of the display mode is improved as compared with the normal time. Then, the main CPU 66 refers to the jackpot determination random number value extracted at the time of starting winning and the selected jackpot determination table. That is, the main CPU 66 determines whether or not to enter a specific gaming state that is advantageous to the player. In other words, the main CPU 66 determines whether or not a predetermined jackpot transition condition is satisfied. If this process ends, the process moves to a step S106.
ステップS106においては、大当りであるか否かの判断を行う。この処理において、メインCPU66は、ステップS105の参照の結果に基づいて、大当りであるか否かを判断することとなる。メインCPU66は、大当りであると判別した場合には、ステップS107に処理を移し、大当りであるとは判別しなかった場合には、ステップS108に処理を移す。   In step S106, it is determined whether or not it is a big hit. In this process, the main CPU 66 determines whether or not it is a big hit based on the result of the reference in step S105. If the main CPU 66 determines that it is a big hit, it moves the process to step S107, and if it does not determine that it is a big hit, moves the process to step S108.
ステップS107においては、大当り図柄の決定処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、始動口6への入賞時に抽出された大当り図柄用乱数値を抽出し、その大当り図柄用乱数値に基づいて、識別情報としての特別図柄93aを決定し、その識別情報を示すデータをメインRAM70の所定領域に記憶する。特に、メインCPU66は、識別情報を特別の表示態様(大当り図柄が確変図柄となる表示態様)として決定する場合には、上述したステップS79(図9)において確変状態に移行させる制御を行うこととなる。このように記憶された識別情報を示すデータは、特別図柄表示部93に供給される。これによって、識別情報としての特別図柄93aが特別図柄表示部93に導出表示されることとなる。また、このように記憶された識別情報を示すデータは、図8のステップS45の処理により、主制御回路60のメインCPU66から副制御回路200のサブCPU206に装飾図柄指定コマンドとして供給される。これによって、副制御回路200において、特別図柄93aに対応する装飾図柄32aが液晶表示装置32に導出表示されることとなる。この処理が終了した場合には、ステップS109に処理を移す。   In step S107, a jackpot symbol determination process is executed. In this process, the main CPU 66 extracts the jackpot symbol random number extracted at the time of winning the start opening 6, determines the special symbol 93a as the identification information based on the jackpot symbol random value, and identifies it. Data indicating information is stored in a predetermined area of the main RAM 70. In particular, when determining the identification information as a special display mode (a display mode in which the jackpot symbol becomes a probable variation symbol), the main CPU 66 performs a control for shifting to the probable variation state in step S79 (FIG. 9) described above. Become. Data indicating the identification information stored in this way is supplied to the special symbol display unit 93. As a result, the special symbol 93a as the identification information is derived and displayed on the special symbol display unit 93. Further, the data indicating the identification information stored in this way is supplied as a decorative design designation command from the main CPU 66 of the main control circuit 60 to the sub CPU 206 of the sub control circuit 200 by the process of step S45 of FIG. As a result, in the sub control circuit 200, the decorative symbol 32a corresponding to the special symbol 93a is derived and displayed on the liquid crystal display device 32. If this process ends, the process moves to a step S109.
ステップS108においては、はずれ図柄の決定処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、はずれ図柄を、特別図柄としての識別情報に決定し、その識別情報を示すデータをメインRAM70の所定領域に記憶する。このように記憶された識別情報を示すデータは、特別図柄表示部93に供給される。これによって、特別図柄表示部93に、特別図柄としての識別情報が導出表示されることとなる。また、このように記憶された識別情報を示すデータは、図8のステップS45の処理により、主制御回路60のメインCPU66から副制御回路200のサブCPU206に装飾図柄指定コマンドとして供給される。これによって、副制御回路200において、特別図柄93aに対応する装飾図柄32aが液晶表示装置32に導出表示されることとなる。この処理が終了した場合にはステップS109に処理を移す。   In step S108, a missing symbol determination process is executed. In this process, the main CPU 66 determines the outlier symbol as identification information as a special symbol, and stores data indicating the identification information in a predetermined area of the main RAM 70. Data indicating the identification information stored in this way is supplied to the special symbol display unit 93. As a result, identification information as a special symbol is derived and displayed on the special symbol display unit 93. Further, the data indicating the identification information stored in this way is supplied as a decorative design designation command from the main CPU 66 of the main control circuit 60 to the sub CPU 206 of the sub control circuit 200 by the process of step S45 of FIG. As a result, in the sub control circuit 200, the decorative symbol 32a corresponding to the special symbol 93a is derived and displayed on the liquid crystal display device 32. If this process ends, the process moves to a step S109.
ステップS109においては、変動パターン決定処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、演出条件選択用乱数値を抽出する。メインCPU66は、ステップS107及びステップS108により決定された識別情報に基づいて、変動パターンを決定するための変動パターンテーブルを選択する。そして、メインCPU66は、変動パターン(演出条件)選択用乱数カウンタから抽出した変動パターン選択用乱数値と選択した変動パターンテーブル(図示せず)とに基づいて、変動パターンを決定し、メインRAM70の所定領域に記憶する。メインCPU66は、このような変動パターンを示すデータに基づいて、特別図柄の変動表示態様(特に、変動表示時間)を決定することとなる。このように記憶された変動パターンを示すデータは、特別図柄表示部93に供給される。これによって、特別図柄表示部93に、特別図柄93aとしての識別情報が、決定した変動パターンで、変動表示することとなる。また、このように記憶された変動パターンを示すデータは、図8のステップS45の処理により、主制御回路60のメインCPU66から副制御回路200のサブCPU206に変動パターン指定コマンドとして供給される。副制御回路200のサブCPU206は、受信した変動パターン指定コマンドに応じた演出表示を実行することとなる。この処理が終了した場合には、ステップS110に処理を移す。   In step S109, a variation pattern determination process is executed. In this processing, the main CPU 66 extracts a rendering condition selection random value. The main CPU 66 selects a variation pattern table for determining a variation pattern based on the identification information determined in steps S107 and S108. Then, the main CPU 66 determines the variation pattern based on the variation pattern selection random number extracted from the variation pattern (effect condition) selection random number counter and the selected variation pattern table (not shown). Store in a predetermined area. The main CPU 66 determines the variation display mode (in particular, the variation display time) of the special symbol based on the data indicating such a variation pattern. The data indicating the variation pattern stored in this way is supplied to the special symbol display unit 93. As a result, the identification information as the special symbol 93a is variably displayed on the special symbol display unit 93 with the determined variation pattern. Further, the data indicating the variation pattern stored in this manner is supplied as a variation pattern designation command from the main CPU 66 of the main control circuit 60 to the sub CPU 206 of the sub control circuit 200 by the process of step S45 of FIG. The sub CPU 206 of the sub control circuit 200 executes an effect display according to the received variation pattern designation command. If this process ends, the process moves to a step S110.
ステップS110においては、決定した変動パターンに対応する変動時間を待ち時間タイマにセットする処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、ステップS109の処理により決定された変動パターンと、その変動パターンの変動時間を示す変動時間テーブルとに基づいて変動時間を算出し、その変動時間を示す値を待ち時間タイマに記憶する。そして、ステップS111において、今回の変動表示に用いられた記憶領域をクリアする処理を実行し、この処理が終了した場合には、本サブルーチンを終了する。   In step S110, a process of setting a variation time corresponding to the determined variation pattern in the waiting time timer is executed. In this processing, the main CPU 66 calculates the variation time based on the variation pattern determined by the process of step S109 and the variation time table indicating the variation time of the variation pattern, and uses the value indicating the variation time as the waiting time. Store in timer. In step S111, a process of clearing the storage area used for the current variation display is executed. When this process is completed, this subroutine is terminated.
(副制御回路メイン処理)
一方、副制御回路200は、副制御回路メイン処理を実行することとなる。この副制御回路メイン処理について図12を用いて説明する。なお、この副制御回路メイン処理は、電源が投入されたときに開始される処理である。言い換えると、この副制御回路メイン処理は、電源が意図して遮断されたか、意図せず遮断されたかに関わらず(後述する初期設定を行う状態か、所定の復帰条件が成立してバックアップ復帰を行う状態かを問わず)、電源が投入された場合に開始される処理である。
(Sub control circuit main processing)
On the other hand, the sub-control circuit 200 executes the sub-control circuit main process. The sub control circuit main process will be described with reference to FIG. The sub control circuit main process is a process that is started when the power is turned on. In other words, the sub-control circuit main process is performed regardless of whether the power supply is intentionally shut off or unintentionally shut off (the state in which initial setting described later is performed or a predetermined return condition is satisfied and backup recovery is performed. This is a process that is started when the power is turned on, regardless of whether or not it is to be performed.
図12に示すように、ステップS200において、サブCPU206は、RAMアクセス許可、作業領域を初期化等の初期設定処理を実行する。つまり、サブCPU206は、電源が投入されたことに基づいて、遊技を正常に行わせるための所定の初期化処理を行うこととなる。この処理が終了した場合には、ステップS210に処理を移す。   As shown in FIG. 12, in step S200, the sub CPU 206 executes an initial setting process such as RAM access permission and work area initialization. That is, the sub CPU 206 performs a predetermined initialization process for normally playing a game based on the power being turned on. If this process ends, the process moves to a step S210.
ステップS210において、サブCPU206は、乱数更新処理を実行する。この処理において、サブCPU206は、ワークRAM210の所定領域に位置付けられた各種の乱数カウンタの乱数値を更新する。前述した予兆表示に関連付けられた乱数値の更新もこの処理によって実行される。この処理が終了した場合には、ステップS220に処理を移す。   In step S210, the sub CPU 206 executes random number update processing. In this process, the sub CPU 206 updates random number values of various random number counters positioned in a predetermined area of the work RAM 210. The update of the random number value associated with the aforementioned indication of sign is also executed by this process. If this process ends, the process moves to a step S220.
ステップS220において、サブCPU206は、コマンド解析処理を実行する。詳しい説明は後述するが、主制御回路60から受信したコマンドを解析し、その解析したコマンドに応じた処理を実行することとなる。予兆表示のコマンドが受信されると予兆表示の決定処理を行うことになる。この処理が終了した場合には、ステップS230に処理を移す。   In step S220, the sub CPU 206 executes command analysis processing. Although detailed description will be given later, a command received from the main control circuit 60 is analyzed, and processing corresponding to the analyzed command is executed. When a sign display command is received, the sign display determination process is performed. If this process ends, the process moves to a step S230.
ステップS230において、サブCPU206は、表示制御処理を実行する。詳しい説明は省略するが、サブCPU206は、液晶表示装置32における画像の表示制御を行う。   In step S230, the sub CPU 206 executes display control processing. Although not described in detail, the sub CPU 206 performs image display control in the liquid crystal display device 32.
そして、ステップS240において、サブCPU206は、スピーカ46L,46Rから発生させる音の制御を行う音声制御処理を実行し、続いてステップS250において、各種のランプ132の発光制御を行うランプ制御処理を実行する。
なお、本実施形態では、このステップS250において、先のステップS220のコマンド解析処理の結果、予兆表示の際に用いる予兆演出パターンの切換えコマンドがセットされていれば、ランプ132をフラッシュさせて予兆表示の信頼度が変わったことを知らせるようにしている。この処理が終了した場合には、再度、ステップS210に処理を移す。
このように、副制御回路メイン処理においては、ステップS210の初期化処理が終了した後、ステップS210からステップS250の処理を繰り返し実行することとなる。
In step S240, the sub CPU 206 executes sound control processing for controlling sounds generated from the speakers 46L and 46R, and subsequently executes lamp control processing for controlling light emission of various lamps 132 in step S250. .
In the present embodiment, in step S250, if a command effect pattern switching command used at the time of the indication display is set as a result of the command analysis processing in the previous step S220, the lamp 132 is flashed and the indication is displayed. I'm trying to let you know when the reliability of has changed. If this process ends, the process moves again to step S210.
Thus, in the sub control circuit main process, after the initialization process in step S210 is completed, the processes from step S210 to step S250 are repeatedly executed.
(コマンド受信割込処理)
副制御回路200は、上述のメイン処理を実行している間でも、クロックパルスに基づいて、所定間隔で定期的にコマンド受信割込処理を実行している。図13に副制御回路200によるコマンド受信割込処理のフローチャートを示す。
本パチンコ遊技機10が予兆表示を実行する場合、主制御回路60からのコマンドに基づいて副制御回路200により実行されることになる。
(Command reception interrupt processing)
The sub-control circuit 200 periodically executes command reception interrupt processing at predetermined intervals based on the clock pulse even while the above-described main processing is being executed. FIG. 13 shows a flowchart of command reception interrupt processing by the sub-control circuit 200.
When the pachinko gaming machine 10 executes the indication display, it is executed by the sub control circuit 200 based on a command from the main control circuit 60.
図13に示すように、サブCPU206は、先ずレジスタの退避処理を行い(ステップS300)、入力されたコマンドをワークRAM210の受信バッファへ格納する(ステップS310)。
その後、退避させたレジスタの復帰を行い(ステップS320)、このコマンド受信割込処理を終了する。
As shown in FIG. 13, the sub CPU 206 first performs a register saving process (step S300), and stores the input command in the reception buffer of the work RAM 210 (step S310).
Thereafter, the saved register is restored (step S320), and the command reception interrupt process is terminated.
ここで、前述した副制御回路メイン処理におけるステップS220におけるコマンド解析処理について説明する。図14にコマンド解析処理のフローチャートを示す。
最初にサブCPU206は、受信バッファにコマンドが記憶されているか否かを判定する(ステップS410)。これは、先のコマンド受信割込処理におけるステップS310により、コマンドが受信バッファに格納する処理に対応しており、記憶されていない場合はこのサブルーチンを終了する。
Here, the command analysis process in step S220 in the sub-control circuit main process described above will be described. FIG. 14 shows a flowchart of command analysis processing.
First, the sub CPU 206 determines whether or not a command is stored in the reception buffer (step S410). This corresponds to the process in which the command is stored in the reception buffer in step S310 in the previous command reception interrupt process. If the command is not stored, this subroutine is terminated.
ステップS410でコマンドが記憶されている場合は、サブCPU206はコマンドの読み出しを実行する(ステップS420)。そして、読み出したコマンドが、変動表示パターン指示コマンドであるか否かを判定し(ステップS430)、読み出したコマンドが変動表示パターン指定コマンドであり、なおかつ予兆表示を実行するフラグが立っている場合は処理をステップS440に移し、それ以外の指定コマンドの場合は処理をステップS450に移す。   If a command is stored in step S410, the sub CPU 206 executes reading of the command (step S420). Then, it is determined whether or not the read command is a change display pattern instruction command (step S430). If the read command is a change display pattern designation command and a flag for executing the sign display is set The process moves to step S440, and for other specified commands, the process moves to step S450.
ステップS440では、サブCPU206は予兆演出決定処理を実行し、その後、本サブルーチンを終了する。なお、この予兆演出決定処理については後に詳述する。
ステップS450では、サブCPU206は図柄確定コマンドを受信したか否かを判定する。
図柄確定コマンドを受信している場合、サブCPU206は変動回数加算記憶処理を実行する(ステップS460)。すなわち、可変表示ゲームの実行回数が累積的にカウントされることになる。なお、このとき、詳しい説明は省略するが、予兆表示を伴わない通常の演出表示処理も実行される。この処理を終了した後、サブCPU206は本サブルーチンを終了する。
In step S440, the sub CPU 206 executes an indication effect determination process, and then ends this subroutine. This indication effect determination process will be described in detail later.
In step S450, the sub CPU 206 determines whether or not a symbol confirmation command has been received.
If the symbol determination command has been received, the sub CPU 206 executes a variation number addition storage process (step S460). That is, the number of executions of the variable display game is cumulatively counted. In addition, although detailed description is abbreviate | omitted at this time, the normal production | presentation display process which does not accompany an indication display is also performed. After completing this process, the sub CPU 206 ends this subroutine.
一方、ステップS450で図柄確定コマンドを受信していないと判定した場合、サブCPU206は、例えば、遊技球の入賞数記憶指定コマンド、遊技球の発射数記憶コマンドなどのその他のコマンドに対応する処理を実行し(ステップS470)、本サブルーチンを終了する。なお、遊技球の入賞数記憶指定コマンドに対応した処理では、遊技球の入賞数が累積的にカウントされることになる。また、遊技球の発射数記憶コマンドに対応した処理では、遊技球の発射数が累積的にカウントされることになる。   On the other hand, if it is determined in step S450 that the symbol confirmation command has not been received, the sub CPU 206 performs processing corresponding to other commands such as a game ball winning number storage designation command and a game ball firing number storage command, for example. This is executed (step S470), and this subroutine is terminated. In the process corresponding to the game ball winning number storage designation command, the number of winning game balls is cumulatively counted. In the process corresponding to the game ball firing number storage command, the number of game ball fires is cumulatively counted.
(予兆演出決定処理)
ここで、先のコマンド解析処理におけるステップS440で実行される予兆演出決定処理について説明する。図15は予兆演出決定処理の流れを示すフローチャートである。なお、本実施形態では予兆演出として、液晶表示装置32において、前述した各予兆テーブルに格納された予兆演出パターンに基づいて画像表示される。
(Predictive effect decision processing)
Here, the indication effect determination process executed in step S440 in the previous command analysis process will be described. FIG. 15 is a flowchart showing the flow of the indication effect determination process. In the present embodiment, as the indication effect, the liquid crystal display device 32 displays an image based on the indication effect pattern stored in each indication table described above.
図15に示すように、サブCPU206は、先ず、予兆表示を実行するフラグの立った特定の変動パターンを受信したか否かを判定する(ステップS510)。
受信していない場合は本サブルーチンを終了し、受信している場合は、変動回数α、すなわち可変表示ゲームの実行回数の確認を行う(ステップS520)。
As shown in FIG. 15, first, the sub CPU 206 determines whether or not a specific variation pattern with a flag for executing a predictive display is received (step S510).
If it has not been received, this subroutine is terminated, and if it has been received, the variation number α, that is, the execution number of the variable display game is confirmed (step S520).
次いで、サブCPU206は、0<変動回数α≦200であるか否かを判定し(ステップS530)、0<変動回数α≦200の場合は予兆テーブル群の中から最も信頼度の低い第3予兆テーブル(図4(c)参照)を選択する(ステップS550)。   Next, the sub CPU 206 determines whether or not 0 <the number of fluctuations α ≦ 200 (step S530). If 0 <the number of fluctuations α ≦ 200, the third predictor having the lowest reliability among the sign table groups. A table (see FIG. 4C) is selected (step S550).
一方、ステップS530で変動回数αが200回若しくはそれ以上であると判定した場合は、処理をステップS540に移し、201<変動回数α≦500であるか否かを判定する。
201<変動回数α≦500を満たす場合、サブCPU206は、予兆テーブル群の中から中程度の信頼度である第2予兆テーブル(図4(b)参照)を選択する(ステップS560)。
On the other hand, if it is determined in step S530 that the number of changes α is 200 or more, the process proceeds to step S540, and it is determined whether 201 <number of changes α ≦ 500.
If 201 <number of fluctuations α ≦ 500 is satisfied, the sub CPU 206 selects a second predictive table (see FIG. 4B) having a medium reliability from the predictive table group (step S560).
一方、ステップS540で変動回数αが500回若しくはそれ以上であると判定した場合は、予兆テーブル群の中から最も信頼度の高い第1予兆テーブル(図4(a)参照)を選択する(ステップS570)。
ステップS550、ステップS560、ステップS570のいずれかの処理を終えると、サブCPU206は、選択した予兆テーブルが前回と同じか否かを判定し、同じである場合は処理をステップS600に移して、ステップS550、ステップS560、ステップS570のいずれかで選択した予兆演出パターンに基づく予兆表示を実行し、本サブルーチンを終了する。
On the other hand, when it is determined in step S540 that the number of fluctuations α is 500 or more, the first predictive table (see FIG. 4A) having the highest reliability is selected from the predictive table group (see FIG. 4A). S570).
When the processing of any one of step S550, step S560, and step S570 is completed, the sub CPU 206 determines whether or not the selected sign table is the same as the previous time, and if it is the same, the processing moves to step S600, and the step The sign display based on the sign effect pattern selected in any of S550, step S560, and step S570 is executed, and this subroutine is terminated.
他方、ステップS580で選択した予兆テーブルが前回と同じでないと判定した場合、予兆テーブルが変更されて信頼度が変わったことを報知する報知コマンドをセットし(ステップS590)、その後、ステップS550、ステップS560、ステップS570のいずれかで選択した予兆演出パターンに基づく予兆表示を実行し(ステップS600)、本サブルーチンを終了する。   On the other hand, if it is determined that the predictor table selected in step S580 is not the same as the previous one, a notification command for notifying that the predictor table has been changed and the reliability has been changed is set (step S590), and thereafter, step S550, step The sign display based on the sign effect pattern selected in either S560 or step S570 is executed (step S600), and this subroutine is terminated.
上述してきた本実施形態に係るパチンコ機10によれば、可変表示ゲームを主とするパチンコ遊技をしている際に、遊技球が始動口6に入賞し、この入賞に基づいて大当たり判定のための抽選が行われた結果、大当たり遊技状態(特別遊技状態)に移行することが決定された場合、メインCPU66は副制御回路200のサブCPU206に変動パターン指定コマンドを供給して演出表示を実行させる。そして、副制御回路200は、予兆テーブル(図4)を参照して予兆演出パターンに基づいて予兆表示を実行する。   According to the pachinko machine 10 according to the present embodiment described above, when playing a pachinko game mainly consisting of a variable display game, the game ball wins the start opening 6 and the jackpot determination is made based on the win. As a result of the lottery, the main CPU 66 supplies the variation pattern designation command to the sub CPU 206 of the sub control circuit 200 to execute the effect display when it is determined to shift to the jackpot gaming state (special gaming state). . Then, the sub control circuit 200 executes the indication display based on the indication effect pattern with reference to the indication table (FIG. 4).
このときに、主制御回路60のカウンタにより計数した可変表示ゲームの実行回数によって、予兆テーブルを変更して、同一の演出構成要素を用いながらも演出態様の異なる予兆演出パターン(図5参照)に基づいて信頼度の異なる予兆表示を実行することになる。
すなわち、予兆演出パターンが同じ「打ち上げ花火パターン」により予兆表示されるにしても、可変表示ゲームの回数が200回未満であれば、子供のドンちゃんによって打ち上げ花火がなされる態様であり、可変表示ゲームの回数が200回以上、500回未満であれば少年のドンちゃんによって打ち上げ花火がなされる態様となり、さらに、可変表示ゲームの回数が500回以上であれば、青年のドンちゃんによって打ち上げ花火がなされる態様となるのである。そして、このドンちゃんの成長のように演出態様の変化が段階的に構成することにより、遊技者は信頼度が変化したことを実感し易く、信頼度に対する遊技者の期待感も向上し、遊技意欲の向上が図れる。
At this time, depending on the number of executions of the variable display game counted by the counter of the main control circuit 60, the sign table is changed to a sign effect pattern (see FIG. 5) having different effect forms while using the same effect component. Based on this, indications with different degrees of reliability are executed.
That is, even if the indication effect pattern is displayed as an indication by the same “fireworks pattern”, if the number of variable display games is less than 200, fireworks are made by a child Don-chan. If the number of times is 200 times or more and less than 500 times, the fireworks will be made by the boy Don-chan, and if the number of variable display games is 500 times or more, the fireworks will be made by the young man Don-chan. It becomes. And, as the change of the presentation mode is structured in stages like this Don-chan's growth, it is easy for the player to realize that the reliability has changed, and the player's expectation on the reliability is also improved, Improve motivation.
また、予兆演出パターンが同じ「ドンちゃん群パターン」により予兆表示されるにしても、可変表示ゲームの回数が200回未満であれば、ドンちゃんの数も少なく表示サイズも小さい態様であり、可変表示ゲームの回数が200回以上、500回未満であればドンちゃんの数が若干数増えるとともに表示サイズも大きくなり、さらに、可変表示ゲームの回数が500回以上であれば、ドンちゃんの数も最大となり、表示サイズも最大となるように、演出態様を変化させることによっても、遊技者は信頼度が変化したことを実感し易く、やはり信頼度に対する遊技者の期待感も向上し、遊技意欲の向上が図れる。
したがって、遊技者は、パチンコ遊技を長時間していても、その中途で予兆表示の演出態様が変化し、その変化によって信頼度に対する新たな期待が生じ、遊技意欲が向上して弾球遊技をいつまでも楽しませることが可能となる。
In addition, even if the indication effect pattern is the indication of the same “Don-chan group pattern”, if the number of variable display games is less than 200, the number of Don-chan is small and the display size is small. If the number of display games is 200 times or more and less than 500 times, the number of don-chans increases slightly and the display size increases, and if the number of variable display games is 500 times or more, the number of don-chans also increases. By changing the production mode so that the display size is maximized and the display size is also maximized, it is easy for the player to realize that the reliability has changed, and the player's expectation on the reliability is also improved. Can be improved.
Therefore, even if a player has been playing a pachinko game for a long time, the presentation mode of the sign display changes midway, and this change creates new expectations for the reliability, and the game motivation is improved and the ball game is played. It will be possible to entertain forever.
また、可変表示ゲームの回数がいたずらに増加していくばかりでは、遊技者のいらいら感も増大するが、そのような中で、本実施形態では、可変表示ゲームの実行回数が増加するにしたがい、信頼度が「低い」→「中」→「高い」と順番に切り替るようにしたので、予兆表示の信頼度に対して新たな期待が生じ、遊技意欲が減退することを防止できる。   In addition, as the number of variable display games increases unnecessarily, the player's frustration also increases, but in such an embodiment, in the present embodiment, as the number of executions of the variable display game increases, Since the reliability is switched in the order of “low” → “medium” → “high”, it is possible to prevent a new expectation from being generated for the reliability of the indication of signs and a decrease in game motivation.
特に、本実施形態においては、球貸し操作パネル90に設けた演出操作ボタン92(図1及び図3を参照)に予兆テーブルの初期化機能を付与し、演出操作ボタン92が操作されたことに基づいて、主制御回路60によって選択中の予兆テーブルを、前記初期設定された予兆テーブル(第3予兆テーブル)に変更するようにしている。
したがって、遊技者が入れ替わった場合など、後の遊技者は前の遊技者の遊技していた状態を引き継いで、予兆表示の信頼度が前の遊技者の状態のままとなってしまうが、前記演出操作ボタン92を操作することで、予兆テーブルが初期設定された第3予兆テーブルに戻るのである。したがって、遊技者は、どのようなタイミングで本パチンコ遊技機10で遊技しようとも、演出操作ボタン92の操作によって、新たな気持ちで遊技を行うことができ、演出態様及び信頼度が遊技途中で変化することを楽しむことができる。
In particular, in the present embodiment, the indication operation button 92 provided on the ball lending operation panel 90 (see FIGS. 1 and 3) is provided with an indication table initialization function, and the operation operation button 92 is operated. Based on this, the sign table currently selected by the main control circuit 60 is changed to the sign table (the third sign table) that has been initially set.
Therefore, when the player is replaced, the subsequent player takes over the previous player's playing state, and the reliability of the indication of the sign remains in the state of the previous player. By operating the effect operation button 92, the sign table is returned to the initially set third sign table. Accordingly, the player can play the game with a new feeling by operating the effect operation button 92 regardless of the timing of the play with the pachinko gaming machine 10, and the effect mode and the reliability change during the game. Can enjoy to do.
ここで、上述した遊技者による演出操作ボタン92の操作に応じて予兆テーブルが初期化されるテーブル初期化処理について、図16を参照しながら説明する。
先ず、サブCPU206は、演出操作ボタン92が操作されたか否かを判定する(ステプS610)。操作されていない場合はこのサブルーチンを終了する。
操作されたと判定すると、サブCPU206は、現在の予兆テーブルを読み出し(ステップS620)、次いで、予め初期設定されている予兆テーブル(本実施形態では第3予兆テーブル)に切り替える初期設定テーブル選択処理を実行する(ステップS630)。そして、このステップS630の処理を終了後、サブCPU206は本サブルーチンを終了する。
Here, the table initialization process in which the sign table is initialized in accordance with the operation of the effect operation button 92 by the player described above will be described with reference to FIG.
First, the sub CPU 206 determines whether or not the effect operation button 92 has been operated (step S610). If not operated, this subroutine is terminated.
If it is determined that the sub-CPU 206 has been operated, the sub CPU 206 reads the current sign table (step S620), and then executes an initial setting table selection process for switching to a pre-set sign table (a third sign table in the present embodiment). (Step S630). Then, after completing the process of step S630, the sub CPU 206 ends the present subroutine.
ところで、本実施形態においては、予兆演出として、視覚的に遊技者が演出態様の変化などを実感しやすいように、画像による(図5を参照)予兆表示を実行するものとして説明したが、予兆テーブルに格納され予兆演出パターンは、必ずしも画像などに限定されるものではない。   By the way, in this embodiment, although demonstrated as an indication production | presentation, as an indication production | presentation, the player displays the indication by an image (refer FIG. 5) so that it may be easy to actually realize the change of production | presentation aspect etc., The indication effect pattern stored in the table is not necessarily limited to an image or the like.
例えば、音、光などを用いた予兆演出であってもよく、音による予兆演出の場合、演出構成要素として同じ音階からなるメロディであっても、演出態様を異ならせるために、テーブルごとにリズムやテンポ、あるいは演奏する楽器を異ならせた予兆演出パターンが格納されていればよい。
また、光による予兆演出であれば、演出構成要素として、例えば同じLEDで発光させるようにしていても、演出態様を異ならせるために、テーブルごとに発光周期や発光色をを異ならせた予兆演出パターンが格納されていればよい。
For example, a sign effect using sound, light, etc. may be used. In the case of a sign effect by sound, even if a melody is composed of the same scale as the effect component, a rhythm is provided for each table in order to vary the effect mode. It is only necessary to store a sign production pattern in which the tempo or the musical instrument to be played is different.
In addition, in the case of a sign effect by light, for example, even if the same LED is used as the effect component, for example, a sign effect in which the light emission cycle and the light emission color are different for each table in order to vary the effect mode. It only has to store the pattern.
また、本発明に係る遊技機は、本実施形態で説明してきたように、遊技場などに設置されたパチンコ遊技機10である必要はなく、他の実施形態として、家庭用ゲーム機などのような遊技機に適用することもできる。   Further, as described in the present embodiment, the gaming machine according to the present invention does not need to be the pachinko gaming machine 10 installed in the game hall or the like. It can also be applied to various gaming machines.
この場合、所定の条件を満たしたことを条件に、遊技者に有利な大当たり遊技状態に移行させるか否かを抽選する抽選機能と、この抽選機能による抽選結果に応じて、前記大当たり遊技状態に移行させる遊技状態制御機能と、初期設定されたテーブルを含む複数の予兆テーブルからなり、各予兆テーブルには、それぞれ同一の演出構成要素を用いながらも演出態様を異ならせた複数の予兆演出パターンが格納され、前記大当たり遊技状態に移行する可能性を示す前記予兆演出パターンの信頼度が予兆テーブルごとに異なる予兆テーブル群の中からいずれか一の予兆テーブルを特定条件が満たされた場合に選択する予兆テーブル選択機能と、前記抽選結果が導出される前に、前記大当たり遊技状態に移行する可能性の高さを示す予兆演出を、前記予兆テーブル選択機能により選択した予兆テーブルに格納された予兆演出パターンに基づき実行する予兆演出実行機能と、遊技者が操作可能な特定操作手段が操作されたことに基づいて、前記予兆テーブル選択機能によって選択中の予兆テーブルを、前記初期設定された予兆テーブルに変更するテーブル初期化機能とを、コンピュータに実現させる遊技シミュレーションプログラムをロードして実行させるとよい。   In this case, on condition that the predetermined condition is satisfied, a lottery function for lottery whether or not to shift to the jackpot gaming state advantageous to the player, and depending on the lottery result by the lottery function, the jackpot gaming state is set. It consists of a plurality of indication tables including a game state control function to be transferred and an initially set table, and each indication table has a plurality of indication effect patterns with different effect forms while using the same effect components. One of the predictor tables stored in the predictor effect pattern indicating the possibility of shifting to the jackpot gaming state is selected for each predictor table when a specific condition is satisfied. Before the sign table selection function and the lottery result is derived, the sign effect indicating the high possibility of shifting to the jackpot gaming state, Based on the indication effect execution function executed based on the indication effect pattern stored in the indication table selected by the indication table selection function and the specific operation means operable by the player, the indication table selection function It is preferable to load and execute a game simulation program that causes a computer to implement a table initialization function for changing the currently selected sign table to the initially set sign table.
このプログラムは、インターネットなどからダウンロードすることもできるし、CDなどの記録媒体に記録されているものを、遊技機内に読み込むようにしてもよい。   This program can be downloaded from the Internet or the like, or a program recorded on a recording medium such as a CD may be read into the gaming machine.
ゲーム機には、液晶パネルなどからなる表示部と、スピーカと、遊技球発射ボタンとを備え、さらに、前述した演出操作ボタン92と同等の機能を有する操作ボタンを備えたものとする。   It is assumed that the game machine includes a display unit including a liquid crystal panel, a speaker, and a game ball launch button, and further includes an operation button having a function equivalent to the effect operation button 92 described above.
以上の実施形態から、以下の遊技機が実現される。
所定の条件を満たしたこと(例えば、始動口6への遊技球の入賞)を条件に、遊技者に有利な大当たり遊技状態に移行させるか否かを抽選する抽選手段(主制御回路60のメインCPU66、図11のステップS105)と、この抽選手段による抽選結果に応じて、前記大当たり遊技状態に移行させる遊技状態制御手段(主制御回路60)と、初期設定されたテーブルを含む複数の予兆テーブル(例えば、図4に示す予兆テーブル)からなり、各予兆テーブルには、それぞれ同一の演出構成要素(例えば、図5におけるドンちゃん)を用いながらも演出態様を異ならせた複数の予兆演出パターン(例えば、図4及び図5に示す予兆演出パターン)が格納され、前記大当たり遊技状態に移行する可能性を示す前記予兆演出パターンの信頼度が予兆テーブルごとに異なる予兆テーブル群と、特定条件が満たされた場合、前記予兆テーブル群の中からいずれか一の予兆テーブルを選択する予兆テーブル選択手段(主制御回路60)と、前記抽選結果が導出される前に、前記大当たり遊技状態に移行する可能性の高さを示す予兆演出を、前記予兆テーブル選択手段が選択した予兆テーブルに格納された予兆演出パターンに基づき実行する予兆演出実行手段(副制御回路200、及び例えば、図15に示す予兆演出決定処理、図4に示す予兆テーブル)と、遊技者が操作可能な特定操作手段(例えば、演出操作ボタン92)と、を備え、前記特定操作手段が操作されたことに基づいて、前記予兆テーブル選択手段によって選択中の予兆テーブルを、前記初期設定された予兆テーブルに変更するテーブル初期化手段(副制御回路200)を備えた遊技機。
From the above embodiments, the following gaming machines are realized.
A lottery means (the main control circuit 60 main) for lottery whether or not to shift to the jackpot gaming state advantageous to the player on condition that a predetermined condition is satisfied (for example, winning a game ball to the start port 6) The CPU 66, step S105 in FIG. 11), a game state control means (main control circuit 60) for shifting to the jackpot gaming state according to the lottery result by the lottery means, and a plurality of indication tables including an initially set table (For example, the sign table shown in FIG. 4), and each sign table includes a plurality of sign effect patterns (in which the effect modes are different while using the same effect component (for example, Don-chan in FIG. 5)). For example, the indication effect pattern shown in FIGS. 4 and 5 is stored, and the reliability of the indication effect pattern indicating the possibility of shifting to the jackpot gaming state is predicted. Different sign table groups for each table, and when a specific condition is satisfied, sign table selection means (main control circuit 60) for selecting any one sign table from the sign table group, and the lottery result is derived The sign effect execution means (secondary effect) is executed to execute a sign effect indicating a high possibility of shifting to the jackpot gaming state based on the sign effect pattern stored in the sign table selected by the sign table selection means. The control circuit 200, and for example, the indication effect determination process shown in FIG. 15 and the indication table shown in FIG. 4 and a specific operation means (for example, an effect operation button 92) that can be operated by the player, the specific operation Based on the operation of the means, the sign table currently selected by the sign table selecting means is changed to the sign table that is initially set. Buru gaming machine having an initializing means (sub-control circuit 200).
上記遊技機において、単位遊技(例えば、可変表示ゲーム)毎に複数の識別情報(例えば、特別図柄93aや装飾図柄32a)を変動表示する表示手段(例えば、特別図柄表示部93や液晶表示装置32)と、前記抽選手段による抽選結果を前記表示手段上に前記複数の識別情報にて導出表示する表示制御手段(副制御回路200)と、を備え、前記予兆演出実行手段は、前記抽選結果が導出表示される前に、前記大当たり遊技状態に移行する可能性の高さを示す予兆演出表示を、前記予兆テーブル選択手段が選択した予兆テーブル(例えば、図4に示した予兆テーブル)に格納された予兆演出パターン(例えば、図4及び図5に示した予兆演出パターン)に基づき実行する遊技機。   In the above gaming machine, display means (for example, the special symbol display unit 93 and the liquid crystal display device 32) that variably displays a plurality of pieces of identification information (for example, the special symbol 93a and the decorative symbol 32a) for each unit game (for example, a variable display game). ) And display control means (sub-control circuit 200) for deriving and displaying the lottery result by the lottery means on the display means with the plurality of identification information, and the sign production execution means Before the derivation display, the indication effect display indicating the high possibility of shifting to the jackpot gaming state is stored in the indication table selected by the indication table selection means (for example, the indication table shown in FIG. 4). A gaming machine that is executed based on the indication effect pattern (for example, the indication effect pattern shown in FIGS. 4 and 5).
上記遊技機において、遊技球を遊技領域に発射する発射手段(例えば、発射装置130)と、遊技球を入賞させる入賞手段(例えば、一般入賞口5、始動口6及び大入賞口8)と、を備え、前記予兆テーブル選択手段が予兆テーブルを選択する際の特定条件は、前記単位遊技の実行回数、遊技球の発射数、及び入賞数のうちいずれか又は全てが所定数に達することとした遊技機。   In the above gaming machine, a launching means for launching a game ball into the game area (for example, the launching device 130), a winning means for winning the game ball (for example, the general winning port 5, the starting port 6, and the big winning port 8), And the specific condition when the sign table selecting means selects the sign table is that any or all of the number of executions of the unit game, the number of game balls fired, and the number of winnings reaches a predetermined number Gaming machine.
上記遊技機において、前記複数の予兆テーブルに格納された予兆演出パターンの各演出態様は、同一の演出構成要素(例えば、図5に示すドンちゃんというキャラクタ)を用いながらも各々段階的に構成されている(例えば、図5に示す子供、少年、青年のドンちゃん)遊技機。   In the above gaming machine, each effect mode of the sign effect pattern stored in the plurality of sign tables is configured step by step while using the same effect component (for example, the character Don-chan shown in FIG. 5). (For example, a child, a boy, or a young man Don-chan shown in FIG. 5).
上記遊技機において、前記複数の予兆テーブルに格納された予兆演出パターンの各演出態様は、同一の演出構成要素(例えば、図5に示すドンちゃんというキャラクタ)を用いながらも各々表示サイズが異なって構成されている(例えば、図6に示すドンちゃん群パターン)遊技機。   In the above gaming machine, the display modes of the indication effect patterns stored in the plurality of indication tables have different display sizes while using the same effect component (for example, a character named Don-chan shown in FIG. 5). A gaming machine configured (for example, Don-chan group pattern shown in FIG. 6).
以上、本発明を、上述してきた実施形態を通して説明したが、ここでは具体例を例示したに過ぎず、特に本発明を限定するものではない。
また、本発明の実施形態に記載された効果は、本発明から生じる最も好適な効果を列挙したに過ぎず、本発明による効果は、本発明の実施形態に記載されたものに限定されるものでもない。
As mentioned above, although this invention was demonstrated through embodiment mentioned above, it has only illustrated the specific example here and does not limit this invention in particular.
The effects described in the embodiments of the present invention are only the most preferable effects resulting from the present invention, and the effects of the present invention are limited to those described in the embodiments of the present invention. not.
本発明の実施形態に係るパチンコ遊技機の斜視図である。1 is a perspective view of a pachinko gaming machine according to an embodiment of the present invention. 同パチンコ遊技機の遊技盤の説明図である。It is explanatory drawing of the game board of the same pachinko gaming machine. 同パチンコ遊技機の電気的構成を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the electric constitution of the pachinko gaming machine. 予兆テーブルを示す説明図である。It is explanatory drawing which shows a precursor table. 予兆演出パターンの説明図である。It is explanatory drawing of an indication effect pattern. 予兆演出パターンの説明図である。It is explanatory drawing of an indication effect pattern. 主制御回路におけるメイン処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the main process in a main control circuit. コマンド受信割込処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a command reception interruption process. 特別図柄制御処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a special symbol control process. 可変表示ゲームの制御処理の状態遷移を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the state transition of the control processing of a variable display game. 特別図柄記憶チェック処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a special symbol memory | storage check process. 副制御回路メイン処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a sub control circuit main process. 副制御回路のコマンド受信割込処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the command reception interruption process of a subcontrol circuit. 副制御回路のコマンド解析処理のフローチャートを示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the flowchart of the command analysis process of a sub control circuit. 予兆演出決定処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows an indication effect determination process. テーブル初期化処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a table initialization process.
符号の説明Explanation of symbols
10 パチンコ遊技機(遊技機)
14 遊技盤
32 液晶表示装置
60 主制御回路
66 メインCPU
92 演出操作ボタン
200 副制御回路
206 サブCPU
10 Pachinko machines (game machines)
14 game board 32 liquid crystal display device 60 main control circuit 66 main CPU
92 Production operation buttons 200 Sub control circuit 206 Sub CPU

Claims (5)

  1. 所定の条件を満たしたことを条件に、遊技者に有利な大当たり遊技状態に移行させるか否かを抽選する抽選手段と、
    この抽選手段による抽選結果に応じて、前記大当たり遊技状態に移行させる遊技状態制御手段と、
    初期設定されたテーブルを含む複数の予兆テーブルからなり、各予兆テーブルには、それぞれ同一の演出構成要素を用いながらも演出態様を異ならせた複数の予兆演出パターンが格納され、前記大当たり遊技状態に移行する可能性を示す前記予兆演出パターンの信頼度が予兆テーブルごとに異なる予兆テーブル群と、
    特定条件が満たされた場合、前記予兆テーブル群の中からいずれか一の予兆テーブルを選択する予兆テーブル選択手段と、
    前記抽選結果が導出される前に、前記大当たり遊技状態に移行する可能性の高さを示す予兆演出を、前記予兆テーブル選択手段が選択した予兆テーブルに格納された予兆演出パターンに基づき実行する予兆演出実行手段と、
    遊技者が操作可能な特定操作手段と、
    を備え、
    前記特定操作手段が操作されたことに基づいて、前記予兆テーブル選択手段によって選択中の予兆テーブルを、前記初期設定された予兆テーブルに変更するテーブル初期化手段を備えたことを特徴とする遊技機。
    Lottery means for lottery whether or not to shift to a jackpot gaming state advantageous to the player on condition that a predetermined condition is satisfied;
    In accordance with the lottery result by the lottery means, the gaming state control means for shifting to the jackpot gaming state,
    It consists of a plurality of indication tables including an initially set table, and each indication table stores a plurality of indication effect patterns with different effect forms while using the same effect components, and in the jackpot gaming state A predictor table group in which the reliability of the predictive effect pattern indicating the possibility of transition differs for each predictor table;
    When a specific condition is satisfied, a sign table selection unit that selects any one sign table from the sign table group;
    A sign for executing the sign effect indicating the high possibility of transition to the jackpot gaming state based on the sign effect pattern stored in the sign table selected by the sign table selection means before the lottery result is derived Production execution means;
    Specific operating means that can be operated by the player;
    With
    A gaming machine comprising table initialization means for changing a sign table being selected by the sign table selection means to the initially set sign table based on the operation of the specific operation means. .
  2. 単位遊技毎に複数の識別情報を変動表示する表示手段と、
    前記抽選手段による抽選結果を前記表示手段上に前記複数の識別情報にて導出表示する表示制御手段と、
    を備え、
    前記予兆演出実行手段は、前記抽選結果が導出表示される前に、前記大当たり遊技状態に移行する可能性の高さを示す予兆演出表示を、前記予兆テーブル選択手段が選択した予兆テーブルに格納された予兆演出パターンに基づき実行することを特徴とする請求項1記載の遊技機。
    Display means for variably displaying a plurality of identification information for each unit game;
    Display control means for deriving and displaying the lottery result by the lottery means on the display means with the plurality of identification information;
    With
    The sign effect execution means stores the sign effect display indicating the likelihood of transition to the jackpot gaming state in the sign table selected by the sign table selection means before the lottery result is derived and displayed. 2. The gaming machine according to claim 1, wherein the game machine is executed based on a predictive effect pattern.
  3. 遊技球を遊技領域に発射する発射手段と、
    遊技球を入賞させる入賞手段と、
    を備え、
    前記予兆テーブル選択手段が予兆テーブルを選択する際の特定条件は、前記単位遊技の実行回数、遊技球の発射数、及び入賞数のうちいずれか又は全てが所定数に達することであることを特徴とする請求項1又は2に記載の遊技機。
    Launching means for launching a game ball into the game area;
    A winning means for winning a game ball,
    With
    The specific condition when the sign table selection means selects the sign table is that any or all of the number of executions of the unit game, the number of shots of the game ball, and the number of winnings reach a predetermined number. The gaming machine according to claim 1 or 2.
  4. 前記複数の予兆テーブルに格納された予兆演出パターンの各演出態様は、同一の演出構成要素を用いながらも各々段階的に構成されていることを特徴とする請求項1〜3のいずれか1項に記載の遊技機。   4. Each production mode of the indication production pattern stored in the plurality of indication tables is configured in stages while using the same production component. The gaming machine described in 1.
  5. 前記複数の予兆テーブルに格納された予兆演出パターンの各演出態様は、同一の演出構成要素を用いながらも各々表示サイズが異なって構成されていることを特徴とする請求項2〜4のいずれか1項に記載の遊技機。


    5. Each of the presentation modes of the indication production pattern stored in the plurality of indication tables is configured to have a different display size while using the same production component. The gaming machine according to item 1.


JP2005129323A 2005-04-27 2005-04-27 Game machine Withdrawn JP2006304937A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005129323A JP2006304937A (en) 2005-04-27 2005-04-27 Game machine

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005129323A JP2006304937A (en) 2005-04-27 2005-04-27 Game machine

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2006304937A true JP2006304937A (en) 2006-11-09

Family

ID=37472525

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005129323A Withdrawn JP2006304937A (en) 2005-04-27 2005-04-27 Game machine

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2006304937A (en)

Cited By (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008132130A (en) * 2006-11-28 2008-06-12 Fujishoji Co Ltd Pinball game machine
JP2008136529A (en) * 2006-11-30 2008-06-19 Daiichi Shokai Co Ltd Game machine
JP2008212236A (en) * 2007-02-28 2008-09-18 Samii Kk Slot machine
JP2010162220A (en) * 2009-01-16 2010-07-29 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2010162225A (en) * 2009-01-16 2010-07-29 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2010162222A (en) * 2009-01-16 2010-07-29 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2010162223A (en) * 2009-01-16 2010-07-29 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2011143204A (en) * 2010-01-18 2011-07-28 Newgin Co Ltd Game machine
JP2012135549A (en) * 2010-12-27 2012-07-19 Kyoraku Sangyo Kk Game machine
JP2013150898A (en) * 2013-05-15 2013-08-08 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2013150899A (en) * 2013-05-15 2013-08-08 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2014150833A (en) * 2013-02-05 2014-08-25 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2014150834A (en) * 2013-02-05 2014-08-25 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2014150835A (en) * 2013-02-05 2014-08-25 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2018019733A (en) * 2016-07-13 2018-02-08 京楽産業.株式会社 Game machine

Cited By (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008132130A (en) * 2006-11-28 2008-06-12 Fujishoji Co Ltd Pinball game machine
JP2008136529A (en) * 2006-11-30 2008-06-19 Daiichi Shokai Co Ltd Game machine
JP2008212236A (en) * 2007-02-28 2008-09-18 Samii Kk Slot machine
JP2010162220A (en) * 2009-01-16 2010-07-29 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2010162225A (en) * 2009-01-16 2010-07-29 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2010162222A (en) * 2009-01-16 2010-07-29 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2010162223A (en) * 2009-01-16 2010-07-29 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2011143204A (en) * 2010-01-18 2011-07-28 Newgin Co Ltd Game machine
JP2012135549A (en) * 2010-12-27 2012-07-19 Kyoraku Sangyo Kk Game machine
JP2014150833A (en) * 2013-02-05 2014-08-25 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2014150834A (en) * 2013-02-05 2014-08-25 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2014150835A (en) * 2013-02-05 2014-08-25 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2013150898A (en) * 2013-05-15 2013-08-08 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2013150899A (en) * 2013-05-15 2013-08-08 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2018019733A (en) * 2016-07-13 2018-02-08 京楽産業.株式会社 Game machine

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5163980B2 (en) Game machine
JP4208702B2 (en) Bullet ball machine
JP4909728B2 (en) Amusement stand
JP4643613B2 (en) Game machine
JP6669687B2 (en) Gaming machine
JP4822419B2 (en) Game machine
JP2003275420A (en) Game machine
JP2007252718A (en) Game machine
JP5122158B2 (en) Game machine
JP2007044380A (en) Game machine
JP2014140425A (en) Game machine
JP2005211593A (en) Game machine and simulation program
JP2007260033A (en) Game machine
JP2008206852A (en) Game machine
JP2008113885A (en) Game machine
JP2014100238A (en) Game machine
JP2005160820A (en) Game machine
JP5311967B2 (en) Game machine
JP2008012020A (en) Game machine
JP2009000360A (en) Game machine
JP2007117500A (en) Game machine
JP2007097899A (en) Pinball game machine
JP2007307162A (en) Game machine
JP2019134749A (en) Game machine
JP2008183193A (en) Game machine

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20071109

A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20100128