JP2004329134A - アワビ等の育成施設 - Google Patents

アワビ等の育成施設 Download PDF

Info

Publication number
JP2004329134A
JP2004329134A JP2003131056A JP2003131056A JP2004329134A JP 2004329134 A JP2004329134 A JP 2004329134A JP 2003131056 A JP2003131056 A JP 2003131056A JP 2003131056 A JP2003131056 A JP 2003131056A JP 2004329134 A JP2004329134 A JP 2004329134A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
abalone
pier
seaweed bed
facility
seaweed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2003131056A
Other languages
English (en)
Inventor
Masanori Iwaki
正典 岩城
Yoshiyuki Katayama
義行 片山
Kanshiro Hoki
貫志郎 法貴
Shinichiro Oishi
新一郎 大石
Original Assignee
Toa Harbor Works Co Ltd
東亜建設工業株式会社
Eco Purekkusu:Kk
株式会社エコプレックス
Taiyo Kogyo Corp
太陽工業株式会社
Taiheiyo Cement Corp
太平洋セメント株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toa Harbor Works Co Ltd, 東亜建設工業株式会社, Eco Purekkusu:Kk, 株式会社エコプレックス, Taiyo Kogyo Corp, 太陽工業株式会社, Taiheiyo Cement Corp, 太平洋セメント株式会社 filed Critical Toa Harbor Works Co Ltd
Priority to JP2003131056A priority Critical patent/JP2004329134A/ja
Publication of JP2004329134A publication Critical patent/JP2004329134A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02ATECHNOLOGIES FOR ADAPTATION TO CLIMATE CHANGE
    • Y02A40/00Adaptation technologies in agriculture, forestry, livestock or agroalimentary production
    • Y02A40/80Adaptation technologies in agriculture, forestry, livestock or agroalimentary production in fisheries management
    • Y02A40/81Aquaculture, e.g. of fish

Abstract

【課題】桟橋等の人工構造物を用いてアワビ等の藻場層と魚礁とを組み合わせて設置し、既存桟橋のエコロジカル空間化をはかると共に、都市部の魚釣り桟橋の提供をはかり得るアワビ等の育成施設を提供する。
【解決手段】桟橋12の杭2に沿って、太陽光が照射する深度に設けた藻場層3と、それより深い下方に設けたアワビ等の魚礁6を設ける。
【選択図】 図1

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、主として桟橋等のように必ずしも清浄でない海域における人工構造物を用いてアワビ等の育生をはかるアワビ等の育成施設に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来、桟橋などの人工構造部の存在する海域は必ずしも清浄ではなく、アワビ等の魚貝類の生棲には不適であったので、かゝる桟橋などがある場所でアワビ等を育成するということは考えられず、勿論実施もされていない。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】
本発明は、一般に清浄でない海域にある桟橋等の人工構造物を用いて、アワビ等の藻場層と魚礁とを組み合わせて設置し、既存桟橋のエコロジカル空間化をはかると共に、都市部の魚釣り桟橋の提供をはかり得るアワビ等の育成施設を提供する。
【0004】
【課題を解決するための手段】
本発明は、桟橋の杭の間に位置し、かつ太陽光が照射する深度に、アワビ等の餌となる藻場層を設け、その藻場層の下方にアワビ等の棲家となる魚礁を取付けたアワビ等の育成施設からなり、またその桟橋の杭の側面に、周囲の波に乱れを与える突起物を設けたり、桟橋の杭の側面に、アワビ等が上下に移動可能なスロープを設けたり、またさらに、その藻場層に、多孔質の素材を用いるようにしたアワビ等の育成施設からなる。
【0005】
【発明の実施の形態】
以下図面を参照して本発明のアワビ等の育成施設の実施の形態につき説明する。
【0006】
図1はその一実施形態を示す概略側面図である。このアワビ等の育成施設は、桟橋12の床版1の下方の杭2に沿って、必ずしも清浄でない海域にあっては水深約5m以内の太陽光が照射する深度に水平方向に引き出し可能な受材4を設け、その上にアワビ等の餌となる海藻5、例えばカジメ等を根付けして藻場層3を形成し、藻場層3の位置より深くて、やや暗いところに、アワビ等の棲み家となる魚礁6を設ける。
【0007】
この魚礁6としては、杭2に対し水平方向に引き出し可能な受材8上に、古タイヤ7または古パイプに孔を設けたものや、さらにその下部の海底上には沢山の捨石9を載置したものを用い、アワビ等が外敵から身をかくすことが可能となるような空間とアワビ等の餌となる海藻片がたまりやすい空間を形成している。
【0008】
上記の藻場層3と魚礁6とはそれぞれパッケージ化し、それぞれ独立して据付や、撤去が可能な構造とし、藻場層3と魚礁6とは桟橋の杭2の延長方向に連続的にまたは部分的に設けられる。
【0009】
また、桟橋12の杭2には周囲の波に乱れを与える羽根状の棒状突起物10を設け、海藻がちぎれ易くすると共にエアレーション効果により藻場層3や魚礁6の生物に充分な空気を供給して水中の酸素を確保するようにしている。
【0010】
さらに、藻場層3の受材4は多孔質の素材として、海藻の付着を容易にすると共に、桟橋の杭2には、藻場層3と魚礁6との間をアワビ等が上下に移動可能とするためのスロープ11を設け、アワビ等がスロープ11に沿って藻場層3と魚礁6との間を移動することを容易にしている。
【0011】
以上のように、本発明は桟橋の空間を利用して、即ちアワビ等の餌となる藻場層と、居場所と餌場となる魚礁とを桟橋の垂直方向に設けた杭の間に設けることにより、アワビ等の育成施設を作り得る利点を有する。
【0012】
【発明の効果】
以上に説明した本発明のアワビ等の育成施設は、従来アワビ等の魚貝類と無縁であった桟橋の内部空間を活用して、アワビ等の藻場と魚礁とを組み合わせて設置することで、魚貝類を育成することが可能となり、エコロジカル空間を提供して釣り桟橋等の魅力を向上することが可能になる。
【0013】
また、本発明は既存桟橋のエコロジカル化や、都市部の魚釣り桟橋に有効に適用することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明のアワビ等の育成施設の一実施形態を示す概略側面図である。
【符号の説明】
1 床版
2 杭
3 藻場層
6 魚礁
10 突起物
11 スロープ
12 桟橋

Claims (4)

  1. 桟橋の杭の間に位置し、かつ太陽光が照射する深度に、アワビ等の餌となる藻場層を設け、その藻場層の下方にアワビ等の棲家となる魚礁を取付けたアワビ等の育成施設。
  2. 桟橋の杭の側面に、周囲の波に乱れを与える突起物を設けた請求項1記載のアワビ等の育成施設。
  3. 桟橋の杭の側面に、アワビ等が上下に移動可能なスロープを設けた請求項1または2記載のアワビ等の育成施設。
  4. 藻場層に、多孔質の素材を用いた請求項1、2または3記載のアワビ等の育成施設。
JP2003131056A 2003-05-09 2003-05-09 アワビ等の育成施設 Pending JP2004329134A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003131056A JP2004329134A (ja) 2003-05-09 2003-05-09 アワビ等の育成施設

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003131056A JP2004329134A (ja) 2003-05-09 2003-05-09 アワビ等の育成施設

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004329134A true JP2004329134A (ja) 2004-11-25

Family

ID=33506333

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003131056A Pending JP2004329134A (ja) 2003-05-09 2003-05-09 アワビ等の育成施設

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2004329134A (ja)

Cited By (27)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104996327A (zh) * 2015-05-22 2015-10-28 浙江海洋学院 钢架结构人工鱼礁
CN105010174A (zh) * 2015-05-22 2015-11-04 浙江海洋学院 一种利于聚集鱼类的组合礁
CN105028242A (zh) * 2015-05-22 2015-11-11 浙江海洋学院 沉降式人工鱼礁结构
CN105028171A (zh) * 2015-05-22 2015-11-11 浙江海洋学院 一种混凝土保护礁
CN105028246A (zh) * 2015-05-22 2015-11-11 浙江海洋学院 一种预悬浮海洋生物礁
CN105028243A (zh) * 2015-05-22 2015-11-11 浙江海洋学院 一种平稳型人工鱼礁结构
CN105028249A (zh) * 2015-05-22 2015-11-11 浙江海洋学院 适用于藻类培养的人工鱼礁
CN105028257A (zh) * 2015-05-22 2015-11-11 浙江海洋学院 一种海洋生物生长礁体
CN105028247A (zh) * 2015-05-22 2015-11-11 浙江海洋学院 方便捕食的人工鱼礁
CN105028253A (zh) * 2015-05-22 2015-11-11 浙江海洋学院 混凝土钢架组合鱼礁
CN105028256A (zh) * 2015-05-22 2015-11-11 浙江海洋学院 一种海生生物繁殖保护基体
CN105028241A (zh) * 2015-05-22 2015-11-11 浙江海洋学院 一种便于投放的组合礁
CN105075916A (zh) * 2015-05-22 2015-11-25 浙江海洋学院 一种可变形的鱼礁
CN105075931A (zh) * 2015-05-22 2015-11-25 浙江海洋学院 一种综合性保护礁基
CN105075914A (zh) * 2015-05-22 2015-11-25 浙江海洋学院 一种带养殖网箱的悬浮藻礁
CN105075928A (zh) * 2015-05-22 2015-11-25 浙江海洋学院 多形态人工鱼礁
CN105075922A (zh) * 2015-05-22 2015-11-25 浙江海洋学院 方便投放的人工鱼礁
CN105075933A (zh) * 2015-05-22 2015-11-25 浙江海洋学院 一种具有位置变化功能的礁体
CN105075917A (zh) * 2015-05-22 2015-11-25 浙江海洋学院 混凝土鱼礁结构
CN105075923A (zh) * 2015-05-22 2015-11-25 浙江海洋学院 浮沉式人工鱼礁
CN105075919A (zh) * 2015-05-22 2015-11-25 浙江海洋学院 潮汐动力自动定点分配饵料的人工鱼礁
CN105075927A (zh) * 2015-05-22 2015-11-25 浙江海洋学院 一种海生生物礁
CN105075844A (zh) * 2015-05-22 2015-11-25 浙江海洋学院 一种悬浮藻礁结构
CN105104240A (zh) * 2015-05-22 2015-12-02 浙江海洋学院 一种自沉式组合礁
CN105104243A (zh) * 2015-05-22 2015-12-02 浙江海洋学院 一种可离散的海洋增殖礁基
CN105104242A (zh) * 2015-05-22 2015-12-02 浙江海洋学院 树形人工鱼礁
CN105104162A (zh) * 2015-05-22 2015-12-02 浙江海洋学院 一种便于采集海藻的人工藻礁

Cited By (31)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104996327A (zh) * 2015-05-22 2015-10-28 浙江海洋学院 钢架结构人工鱼礁
CN105010174A (zh) * 2015-05-22 2015-11-04 浙江海洋学院 一种利于聚集鱼类的组合礁
CN105028242A (zh) * 2015-05-22 2015-11-11 浙江海洋学院 沉降式人工鱼礁结构
CN105028171A (zh) * 2015-05-22 2015-11-11 浙江海洋学院 一种混凝土保护礁
CN105028246A (zh) * 2015-05-22 2015-11-11 浙江海洋学院 一种预悬浮海洋生物礁
CN105028243A (zh) * 2015-05-22 2015-11-11 浙江海洋学院 一种平稳型人工鱼礁结构
CN105028249A (zh) * 2015-05-22 2015-11-11 浙江海洋学院 适用于藻类培养的人工鱼礁
CN105028257A (zh) * 2015-05-22 2015-11-11 浙江海洋学院 一种海洋生物生长礁体
CN105028247A (zh) * 2015-05-22 2015-11-11 浙江海洋学院 方便捕食的人工鱼礁
CN105028253A (zh) * 2015-05-22 2015-11-11 浙江海洋学院 混凝土钢架组合鱼礁
CN105028256A (zh) * 2015-05-22 2015-11-11 浙江海洋学院 一种海生生物繁殖保护基体
CN105028241A (zh) * 2015-05-22 2015-11-11 浙江海洋学院 一种便于投放的组合礁
CN105075916A (zh) * 2015-05-22 2015-11-25 浙江海洋学院 一种可变形的鱼礁
CN105075931A (zh) * 2015-05-22 2015-11-25 浙江海洋学院 一种综合性保护礁基
CN105075914A (zh) * 2015-05-22 2015-11-25 浙江海洋学院 一种带养殖网箱的悬浮藻礁
CN105075928A (zh) * 2015-05-22 2015-11-25 浙江海洋学院 多形态人工鱼礁
CN105075922A (zh) * 2015-05-22 2015-11-25 浙江海洋学院 方便投放的人工鱼礁
CN105075933A (zh) * 2015-05-22 2015-11-25 浙江海洋学院 一种具有位置变化功能的礁体
CN105075917A (zh) * 2015-05-22 2015-11-25 浙江海洋学院 混凝土鱼礁结构
CN105075923A (zh) * 2015-05-22 2015-11-25 浙江海洋学院 浮沉式人工鱼礁
CN105075919A (zh) * 2015-05-22 2015-11-25 浙江海洋学院 潮汐动力自动定点分配饵料的人工鱼礁
CN105075927A (zh) * 2015-05-22 2015-11-25 浙江海洋学院 一种海生生物礁
CN105075844A (zh) * 2015-05-22 2015-11-25 浙江海洋学院 一种悬浮藻礁结构
CN105104240A (zh) * 2015-05-22 2015-12-02 浙江海洋学院 一种自沉式组合礁
CN105104243A (zh) * 2015-05-22 2015-12-02 浙江海洋学院 一种可离散的海洋增殖礁基
CN105104242A (zh) * 2015-05-22 2015-12-02 浙江海洋学院 树形人工鱼礁
CN105104162A (zh) * 2015-05-22 2015-12-02 浙江海洋学院 一种便于采集海藻的人工藻礁
CN105028242B (zh) * 2015-05-22 2018-02-27 浙江海洋学院 沉降式人工鱼礁结构
CN105104162B (zh) * 2015-05-22 2018-02-27 浙江海洋学院 一种便于采集海藻的人工藻礁
CN105075844B (zh) * 2015-05-22 2018-02-27 浙江海洋学院 一种悬浮藻礁结构
CN104996327B (zh) * 2015-05-22 2018-06-08 浙江海洋学院 钢架结构人工鱼礁

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2004329134A (ja) アワビ等の育成施設
JP4351708B2 (ja) 水域環境保全容器、水域環境保全システム及び水域環境保全方法
JP2007209969A (ja) 水中設置型植物栽培容器体
US6464429B2 (en) Artificial reef module for coral reef remediation
JP5527653B2 (ja) サンゴ移植方法、サンゴ移植基盤、サンゴ移植ブロック、並びにサンゴ礁造成方法
JP4780622B2 (ja) 藻場礁
JP2000316414A (ja) 藻場型魚礁及びその設置方法
JP2001198593A (ja) 植生箱及び該植生箱を使用した水辺地の浄化方法
JP2004215632A (ja) 魚礁
JP3905807B2 (ja) 人工魚礁
JP2000350533A (ja) 藻場造成型魚礁
JP3531931B1 (ja) 環形動物飼育装置とその方法
JP2004329133A (ja) アワビ等の育成施設
JP3143776B2 (ja) 人工漁場及びその造成法
JP2001172941A (ja) 環境に配慮した水路用u形コンクリートブロック
JP4904791B2 (ja) 水棲動物着生・生育用又は養殖場底質浄化用の人工水底基盤
JP6634639B2 (ja) 匍匐性動物の放流施設
JP2004187519A (ja) アマモ播種用材料及びその製造方法
JP2003144000A (ja) 水中浮遊礁
KR101315257B1 (ko) 인공어초
JP2003261917A (ja) 人工干潟
JP2613869B2 (ja) 魚介類養殖用生け簀の水質汚染防止方法及びそれに使用する生け簀遮断用シート
JPH0638498U (ja) 湖における浮島と湖岸の構造
JP2000300109A (ja) 藻礁兼用貝礁
JP3748641B2 (ja) 小動物定着用間伐材横積型護岸構造

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060501

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070606

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070619

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070817

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070925

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20071119

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20081209