JP2004086728A - セルフチェックシステム - Google Patents

セルフチェックシステム Download PDF

Info

Publication number
JP2004086728A
JP2004086728A JP2002249149A JP2002249149A JP2004086728A JP 2004086728 A JP2004086728 A JP 2004086728A JP 2002249149 A JP2002249149 A JP 2002249149A JP 2002249149 A JP2002249149 A JP 2002249149A JP 2004086728 A JP2004086728 A JP 2004086728A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
self
error
clerk
register
checkout
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2002249149A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4134638B2 (ja
Inventor
Kazuhiro Mizuta
Takayuki Sannomiya
三宮 孝之
水田 和宏
Original Assignee
Teraoka Seiko Co Ltd
株式会社寺岡精工
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Teraoka Seiko Co Ltd, 株式会社寺岡精工 filed Critical Teraoka Seiko Co Ltd
Priority to JP2002249149A priority Critical patent/JP4134638B2/ja
Publication of JP2004086728A publication Critical patent/JP2004086728A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4134638B2 publication Critical patent/JP4134638B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】顧客のエラー操作を早めに発見して対応することでセルフチェックアウトをスムーズに行うことができるセルフチェックシステムを提供することを目的とする。
【解決手段】セルフチェックシステムにおいて、セルフレジ11〜13と、店員レジ10とは、通信可能に接続されている。このセルフレジ11〜13において何らかのエラー操作が行われた場合、セルフレジは、エラー情報を店員レジ10に送信するようになっている。セルフレジ11〜13からエラー情報を受信すると、店員レジ10は、当該エラー内容を表示し、店員に通知するようになっている。
【選択図】 図1

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、小売店などで使用され、チェックアウトの際に買い上げた商品を顧客自身で商品登録を行うセルフチェックシステムに関する。
【0002】
【従来の技術】
従来から、スーパーマーケットなどの小売店で買い上げた商品をチェックアウト場において、顧客自身がセルフレジを操作することにより、商品登録を行うチェックアウトシステムがある。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】
しかしながら、セルフチェックシステムでは、顧客自身でセルフレジを操作するので、誤った操作を行ってエラーになった場合には定員を呼ぶことになり、チェックアウトが止まってしまうことが度々ある。そのためこの顧客には不愉快な思いをさせてしまうばかりか、後続の顧客も待ち時間が長くなり店舗の印象を低下させてしまうというおそれがあった。
そこで、本発明は、上記事情に鑑みてなされたもので、顧客のエラー操作を早めに発見して対応することでセルフチェックアウトをスムーズに行うことができるセルフチェックシステムを提供することを目的とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】
請求項1記載の発明では、顧客自身が商品登録を行い、その合計額を算出する複数のセルフレジと、店員が操作する店員レジとが通信可能に接続されているセルフチェックシステムにおいて、前記セルフレジには、エラー操作が検出されると該レジ識別情報とエラー情報とを前記店員レジに送信する送信手段を備え、前記店員レジには、前記レジ識別情報とエラー情報とを受信すると、これらの情報に基づいて、前記複数のセルフレジのうち、どのセルフレジでどのようなエラーが生じたかを画面に表示するエラー表示手段を備えたことを特徴とする。
【0005】
請求項2記載の発明では、請求項1記載の発明において、前記エラー表示手段によってエラー内容が表示される店員レジのレジ識別情報を設定する設定手段をさらに備えたことを特徴とする。
請求項3記載の発明は、請求項1または請求項2記載の発明において、前記店員レジは、店内のサービスカウンタに設置されていることを特徴とする。
【0006】
【発明の実施の形態】
以下、本発明のセルフチェックシステムの好適な実施形態について図1ないし図7を参照して詳細に説明する。
図1は、本実施の形態に係るセルフチェックシステムを含む店内の配置を示した図である。
図示のように店内には、商品棚1が複数設けられている。また、店内の出入口の近傍には、チェックアウト場が設けられ、そこには複数のセルフレジ11〜13が配置されている。なお、セルフレジとは、店内で買い物を行った顧客自身が買上商品の登録を行い、買上金額の精算をセルフサービスで行うレジをいうものとする。
また、チェックアウト場の近傍には、サービスカウンタ2が設けられ、そこに店員操作用のレジ(以下、店員レジという)10が設けられ、贈答品(包装が必要な商品)や配送の受付を行っている。また、店員レジ10は、店員によって商品登録と清算ができるようにもなっている。
【0007】
セルフチェックシステムにおいて、セルフレジ11〜13と、店員レジ10とは、通信可能に接続されている。このセルフレジ11〜13において何らかのエラー操作が行われた場合、セルフレジは、エラー情報を店員レジ10に送信するようになっている。セルフレジ11〜13からエラー情報を受信すると、店員レジ10は、当該エラー内容を表示し、店員に通知するようになっている。
【0008】
図2は、セルフレジを管理するストアコントローラを含めたシステム構成を示した図である。店内の事務所(不図示)には、ストアコントローラが配置されており、セルフレジ11〜13および店員レジ10とはLAN(Local Area Netwok)により通信可能に接続されている。
【0009】
図3は、セルフレジの概略構成を示した図である。
セルフレジ11〜13は、同様の構成をしているので、ここでは、セルフレジ11を一例として説明する。
セルフレジ11は、CPU(中央処理装置)111、ROM(リード・オンリ・メモリ)112、RAM(ランダム・アクセス・メモリ)113、液晶タッチパネル114、通信部117、スキャナ部118、入出金部119、印字部120および計量部121を備えている。
ROM112は、エラー操作を検出するプログラム、エラー操作が検出されたレジ識別情報とエラー情報とを店員レジに送信するプログラムなどの各種プログラムを記憶する。
CPU111は、セフルレジの各部112〜121の制御を行う。
【0010】
RAM113は、フラグ、レジスタ、PLUファイルやプリッセットキューファイル、商品登録した合計金額を記憶している。
また、RAM113は、エラーコードテーブルを記憶している。このエラーコードテーブルは、図4(b)に示すように例えば、エラーコード1には「支払不足エラー」というように、エラーコード毎に表示データが対応付けられている。このエラーコードテーブルは、ストアコントローラにおいて設定されたものを受信することもできるし、または、操作部116からの設定モード入力によって設定することもできる。
【0011】
液晶タッチパネル114は、表示部115、操作部116を備えており、各種の表示や顧客操作によるモード切換や各モードの画面表示を行う。
通信部117は、LANなどのネットワークシステムにより店員レジ10やストアコントローラと通信を行う。
スキャナ部118は、商品のバーコードを読み取り、商品登録を行うものであり、セルフレジ11のカウンタ台の中央部に設けてある。
入出金部119は、顧客による買上代金の入金と、入金に対するつり銭の出金を自動的に行う。
【0012】
印字部120は、顧客によるセルフチェックアウトが無事に終了した場合、レシートの発行を行う。
計量部121は、スキャナ部118を挟んでカウンタ台の前部と後部にそれぞれ計量台が設けられており、登録前の商品が入ったカゴの重量、登録済みの商品が入ったカゴの重量をそれぞれ計量できるようになっている。
なお、店員レジ10は図示を省略するが、セルフレジ11より小型であり、カウンタ台、計量部121、入出金部119がなく、これらの代わりにドロアーが設けてある点がセルフレジ11と異なり、他は同様の構成をしている。
【0013】
次に、本実施の形態に係るセルフチェックシステムにおけるセルフレジおよび店員レジの動作について図5、図6および図7を参照しながら説明する。
なお、エラー表示は店員レジ10で行われるように、あらかじめ各セルフレジ11〜13に設定してあるものとする。
まず、セルフレジ11における動作手順について図5のフローを参照しながら説明する。
顧客は、店内に配置された商品の商品棚1から好みの商品を取り上げてカゴの中に入れる。好みの商品の選択が終了すると、顧客は、商品が入ったカゴをセルフチェックシステムのセルフレジ11の計量部121に載置し、操作部115により設定、登録などの操作入力を行う。
【0014】
CPU111は、操作入力が設定モードであるか否かを判断する(ステップ500)。ここで、設定モードであり(ステップS500で「Yes」)、さらにエラー表示を行うレジ番号の設定を行うものである場合(ステップS502で「Yes」)、CPU111は、当該レジ番号をRAM113の所定エリアに設定記憶し、ステップS500に戻る。一方、設定モードであるが(ステップS500で「Yes」)、レジ番号の設定を行うものではない場合(ステップS502で「No」)、他の設定処理(不図示)などを行い、ステップS500に戻る。
【0015】
また、CPU111は、設定モードではない場合(ステップS500で「No」)、登録モードであるか否かを判断する(ステップS506)。登録モードである場合(ステップS506で「Yes」)、顧客による登録操作が行われたか否かを判断する(ステップS508)。
登録モードであり(ステップS506で「Yes」)、登録操作が行われている場合(ステップS508で「Yes」)、商品登録を行い(ステップS510)、買上合計額に今回登録した商品の金額を加算し、ステップS500に戻る。一方、登録モードであるが(ステップS506で「Yes」)、登録操作が行われてない場合(ステップS508で「No」)、操作部116に設けられた確定キー(不図示)が顧客に操作されて、すべての商品の登録が終了した旨の操作がされたか否か、つまり登録終了操作が行われたかを判断する(ステップS514)。
【0016】
ここで、登録終了操作が行われたと判断した場合(ステップS514で「Yes」)、CPU111は、入出金部119に買上合計額分の代金が入金されたか否かを判断する(ステップS518)。入出金部119に買上合計額分の代金が入金されたと判断した場合(ステップ518で「Yes」)、CPU111は、代金の清算が済んだと判断し、印字部120によりレシートを発行して客の取引処理を終了し、ステップS500に戻る。
また、CPU111は、入出金部119に買上合計額分の代金が入金されていないと判断した場合(ステップ518で「No」)、ステップS514の登録終了操作から所定時間以内であるか否かを判断する(ステップS520)。
【0017】
ステップ514の登録終了操作から所定時間以内である場合(ステップS520で「Yes」)、「支払不足エラー」のエラー操作が行われたと判断し、RAM113のエラーコードテーブルから該当するコードを読み出す(ステップS522)。そして、CPU111は、自身のレジ番号(ここでは、セルフレジ11)と、ステップS522でのエラーコードと、RAM113の所定エリアに記憶しているエラーを表示するレジ番号(ここでは、店員レジ10)から図4(a)のようなエラーテキストを作成する。そして、CPU111は、エラーを表示するレジに当該エラーテキストを送信し(ステップS524)、ステップS500に戻る。なお、CPU111は、自身のレジ番号と、エラーを表示するレジ番号とが同じと判断した場合には、この送信は行わないものとする。
また、ステップ514の登録終了操作から所定時間以内でない場合(ステップS520で「No」)、ステップS500に戻る。
【0018】
一方、CPU111は、登録終了操作が行われていない場合(ステップS514で「No」)、計量部121における未登録商品用のカゴと、登録済商品用のカゴの重量チェックを行う(ステップS516)。
ここで、CPU111は、未登録商品用のカゴ重量が所定重量分減少してから、登録済商品用のカゴ重量がその分増加する間に、商品登録が行われていないことがあるかどうかを重量チェックにより判断する。CPU111が重量チェックにより、スキャン部118によるスキャンを行わずに登録済みカゴに入れられた商品があった、つまり不正があったものと判断した場合(ステップS516で「No」)、「スキャンエラー」のエラー操作が行われたと判断し、RAM113のエラーコードテーブルから該当するコードを読み出す(ステップS528)。そして、CPU111は、上述したようにエラーテキストを作成し、エラーを表示するレジに当該エラーテキストを送信し(ステップS530)、ステップS500に戻る。
【0019】
また、ステップ16の重量チェックで問題がない場合(ステップS516で「Yes」)、ステップS500に戻る。
なお、ステップS506で登録モードでない場合(ステップS506で「No」)、CPU111は、商品登録、設定など上記以外の他の処理(例えば、メンテナンスなど)を行って、ステップS500に戻る。
【0020】
次に、店員レジ10における動作手順について図6のフローを参照しながら説明する。なお、店員レジ10のCPUは、各セルフレジ11〜13からのエラーテキストの受信を待機しているものとする。
店員レジ10のCPUは、図5のフローのステップS524で送信されたエラーテキストを受信すると(ステップS600で「Yes」)、エラーテキストのエラーコードに基づいて、エラーコードテーブルから該当メッセージデータを読み出す。そして、CPUは、エラーテキストの自レジ番号から店員レジ10の表示画面に図7のようなエラーが発生したレジ識別情報と、エラー内容(ここでは、「支払不足エラー」)を表示する(ステップS602)。ここでは、店員レジ10の登録画面の一部にエラーのモニタ表示を行っているものとする。
【0021】
次に、CPUは、店員レジ10の店員によって、操作部に設けられたクリアキー(不図示)が操作されたか否かを判断する(ステップS604)。このクリアキーが操作された場合には、店員がエラー表示を確認したということになる。
ここで、CPUは、クリアキーが操作されたと判断すると(ステップS604)、エラー表示をクリアし(ステップS606)、ステップS600に戻る。
一方、CPUは、エラーテキストを受信しない場合(ステップS600で「No」)、設定モードであるか否かを判断する(ステップS608)。
【0022】
ここで、設定モードである場合(ステップS608で「Yes」)、CPUは、商品の設定、セルフレジの設定など設定データをRAMの所定エリアに設定記憶し、ステップS600に戻る。
一方、CPUは、設定モードではない場合(ステップS608で「No」)、登録モードであるか否かを判断する(ステップS614)。
ここで、登録モードである場合(ステップS614で「Yes」)、顧客による登録操作が行われたか否かを判断する(ステップS616)。登録モードであり(ステップS614で「Yes」)、登録操作が行われている場合(ステップS616で「Yes」)、CPUは、商品登録を行い、合計金額に商品の金額を加算する(ステップS615)。そして、ステップS600に戻る。
【0023】
また、登録モードであり(ステップS614で「Yes」)、登録操作が行われていない場合(ステップS616で「No」)、登録終了操作であるかどうかを判断する(ステップS617)。
ここで、登録終了操作である場合(ステップS617で「Yes」)、CPUは、取引の清算処理を行い(ステップS618)、ステップS600に戻る。また、終了操作でない場合(ステップS617で「No」)、ステップS600に戻り、一連の処理を繰り返す。
【0024】
一方、ステップS614で登録モードでない場合(ステップS614で「No」)、CPUは、商品登録、設定など上記以外の他の処理(例えば、メンテナンスなど)を行って、ステップS600に戻る。
なお、混み合ってきた場合に処理を早めるため、セルフレジに店員が入り、このセルフレジがエラーテキストを受信すると、エラー表示できるようにしてもよい。
店員レジでは、エラーテキストを受信すると、POPUP表示により、取引中であってもエラー表示を可能にしたが、これに限らず、店員レジの表示画面の一部にエラーテキスト受信によるエラー表示専用のエリアを設けてもよい。
【0025】
【発明の効果】
請求項1記載の発明によれば、店員が操作するレジでセルフレジのエラー内容を表示できるため、店員が早めに顧客のエラー操作を発見して対処でき、また、顧客はエラーの際に呼ぶことなく店員が来るため、安心感が生じる。しかも、店員が操作するレジでは、通常に使用することができる。
好ましくは、セルフレジと店員が操作するレジをともにチェックアウト区域、または、その近傍に設置すると、比較的近くの店員がエラーを知ることができ、早い対応が可能である。
請求項2記載の発明によれば、エラー表示手段でエラー表示するレジの識別情報を設定できるので、店員レジ増設などの柔軟性に優れる。
請求項3記載の発明では、エラー表示手段でエラー表示する店員レジがサービスカウンタに設置されているので、使用していない時間が多く、他のセルフレジのエラー内容を表示しても店員レジの使用に対する不都合を比較的少なくすることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本実施の形態に係るセルフチェックシステムを含む店内の配置を示した図である。
【図2】セルフレジを管理するストアコントローラを含めたシステム構成を示した図である。
【図3】セルフレジの概略構成を示した図である。
【図4】エラーテキストおよびエラーコードテーブルを示した図である。
【図5】セルフレジの動作を示したフローチャートである。
【図6】店員レジの動作を示したフローチャートである。
【図7】エラー表示の一例を示した図である。
【符号の説明】
10     店員レジ
11〜13  セルフレジ
111    CPU
112    ROM
113    RAM
114    液晶タッチパネル
117    通信部
118    スキャナ部
119    入出力部
120    印字部
121    計量部

Claims (3)

  1. 顧客自身が商品登録を行い、その合計額を算出する複数のセルフレジと、店員が操作する店員レジとが通信可能に接続されているセルフチェックシステムにおいて、
    前記セルフレジには、エラー操作が検出されると該レジ識別情報とエラー情報とを前記店員レジに送信する送信手段を備え、
    前記店員レジには、前記レジ識別情報とエラー情報とを受信すると、これらの情報に基づいて、前記複数のセルフレジのうち、どのセルフレジでどのようなエラーが生じたかを画面に表示するエラー表示手段
    を備えたことを特徴とするセルフチェックシステム。
  2. 前記エラー表示手段によってエラー内容が表示される店員レジのレジ識別情報を設定する設定手段をさらに備えたことを特徴とする請求項1記載のセルフチェックシステム。
  3. 前記店員レジは、店内のサービスカウンタに設置されていることを特徴とする請求項1または請求項2記載のセルフチェックシステム。
JP2002249149A 2002-08-28 2002-08-28 セルフチェックシステム Active JP4134638B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002249149A JP4134638B2 (ja) 2002-08-28 2002-08-28 セルフチェックシステム

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002249149A JP4134638B2 (ja) 2002-08-28 2002-08-28 セルフチェックシステム

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004086728A true JP2004086728A (ja) 2004-03-18
JP4134638B2 JP4134638B2 (ja) 2008-08-20

Family

ID=32056346

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002249149A Active JP4134638B2 (ja) 2002-08-28 2002-08-28 セルフチェックシステム

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4134638B2 (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007293764A (ja) * 2006-04-27 2007-11-08 Toshiba Tec Corp アテンダント端末
JP2009230208A (ja) * 2008-03-19 2009-10-08 Teraoka Seiko Co Ltd セルフレジスタ装置
JP2010182269A (ja) * 2009-02-09 2010-08-19 Ishida Co Ltd レジシステム
US8239268B2 (en) 2006-06-20 2012-08-07 Toshiba Tec Kabushiki Kaisha Self-checkout terminal
JP2014203091A (ja) * 2013-04-01 2014-10-27 富士通フロンテック株式会社 Posシステム、監視方法、監視プログラム、およびpos端末装置
JP2016136443A (ja) * 2016-04-28 2016-07-28 株式会社寺岡精工 Posシステム、商品登録装置およびプログラム
WO2017056432A1 (ja) * 2015-09-30 2017-04-06 日本電気株式会社 精算システム、精算装置、精算方法、及びプログラム

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007293764A (ja) * 2006-04-27 2007-11-08 Toshiba Tec Corp アテンダント端末
US8239268B2 (en) 2006-06-20 2012-08-07 Toshiba Tec Kabushiki Kaisha Self-checkout terminal
US8577729B2 (en) 2006-06-20 2013-11-05 Toshiba Tec Kabushiki Kaisha Self-checkout terminal
JP2009230208A (ja) * 2008-03-19 2009-10-08 Teraoka Seiko Co Ltd セルフレジスタ装置
JP2010182269A (ja) * 2009-02-09 2010-08-19 Ishida Co Ltd レジシステム
JP2014203091A (ja) * 2013-04-01 2014-10-27 富士通フロンテック株式会社 Posシステム、監視方法、監視プログラム、およびpos端末装置
WO2017056432A1 (ja) * 2015-09-30 2017-04-06 日本電気株式会社 精算システム、精算装置、精算方法、及びプログラム
JP2016136443A (ja) * 2016-04-28 2016-07-28 株式会社寺岡精工 Posシステム、商品登録装置およびプログラム

Also Published As

Publication number Publication date
JP4134638B2 (ja) 2008-08-20

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9741211B2 (en) Checkout station
JP6189761B2 (ja) 商品データ登録装置、チェックアウトシステムおよびプログラム
JP5547166B2 (ja) チェックアウト端末
JP2993830B2 (ja) セルフスキャン機能を有する購入商品収納運搬装置およびposシステム
US5967264A (en) Method of monitoring item shuffling in a post-scan area of a self-service checkout terminal
US5952642A (en) Method and apparatus for detecting item substitutions during entry of an item into a self-service checkout terminal
JP4115038B2 (ja) セルフサービス・チェックアウト・ターミナルにおけるセキュリティを確保する方法
US4964053A (en) Self-checkout of produce items
US6779722B1 (en) System and method for updating a database of weights at a self-checkout terminal
US6032128A (en) Method and apparatus for detecting item placement and item removal during operation of a self-service checkout terminal
US6354498B1 (en) Method for displaying the status of a self-service checkout terminal
US6105866A (en) Method and apparatus for reducing shrinkage during operation of a self-service checkout terminal
JP4644710B2 (ja) Rf店頭装置およびrf店頭装置の使用方法
EP0689173B1 (en) Self-scanning checkout apparatus having article passage detecting sensor
JP2993832B2 (ja) Posシステム
US6189790B1 (en) Method and apparatus for displaying instructional messages during operation of a self-service checkout terminal
US6382357B1 (en) Retail system for allowing a customer to perform a retail transaction and associated method
US9922483B2 (en) Monitoring occupancy of a space
EP0999510A2 (en) Methods and apparatus for automated item return processing
JP2004535030A (ja) 自動清算システム
JP4874166B2 (ja) チェックアウト端末
US7229015B2 (en) Self-checkout system
US6497362B2 (en) Method and apparatus for wireless assistance for self-service checkout
US20030018897A1 (en) Video identification verification system and method for a self-checkout system
US6598791B2 (en) Self-checkout system and method including item buffer for item security verification

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050715

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20071129

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20071211

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080208

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080507

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080520

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4134638

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110613

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110613

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110613

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120613

Year of fee payment: 4

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120613

Year of fee payment: 4

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130613

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130613

Year of fee payment: 5

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250