JP2002097819A - 送電鉄塔の組立て方法および送電鉄塔組立て装置 - Google Patents

送電鉄塔の組立て方法および送電鉄塔組立て装置

Info

Publication number
JP2002097819A
JP2002097819A JP2000290606A JP2000290606A JP2002097819A JP 2002097819 A JP2002097819 A JP 2002097819A JP 2000290606 A JP2000290606 A JP 2000290606A JP 2000290606 A JP2000290606 A JP 2000290606A JP 2002097819 A JP2002097819 A JP 2002097819A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tower
existing
tower member
transmission tower
power transmission
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2000290606A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3859442B2 (ja
Inventor
Shigenobu Kakinuma
重信 柿沼
Yoshimasa Origasa
善正 折笠
Shiro Suzuki
志郎 鈴木
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
YAMAKA ELECTRIC CONSTRUCTION C
YAMAKA ELECTRIC CONSTRUCTION CO Ltd
Tohoku Electric Power Co Inc
Toyo Kikai Co Ltd
Original Assignee
YAMAKA ELECTRIC CONSTRUCTION C
YAMAKA ELECTRIC CONSTRUCTION CO Ltd
Tohoku Electric Power Co Inc
Toyo Kikai Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by YAMAKA ELECTRIC CONSTRUCTION C, YAMAKA ELECTRIC CONSTRUCTION CO Ltd, Tohoku Electric Power Co Inc, Toyo Kikai Co Ltd filed Critical YAMAKA ELECTRIC CONSTRUCTION C
Priority to JP2000290606A priority Critical patent/JP3859442B2/ja
Publication of JP2002097819A publication Critical patent/JP2002097819A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3859442B2 publication Critical patent/JP3859442B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Electric Cable Installation (AREA)
  • Conveying And Assembling Of Building Elements In Situ (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】既設送電鉄塔内用地内でしかも既設鉄塔に荷重
を掛けず、活線状態のまま高い鉄塔を簡易かつ安全に構
築することができる市街地における元位置鉄塔建替えに
好適な鉄塔組立て方法と組立て装置を提供する。 【解決手段】既設送電鉄塔Aの所要側面を開放し、既設
送電鉄塔内に構築した塔体基礎1の周りにせり上げ装置
を据付け、既設送電鉄塔Aの外部に準備した鋼管を単位
長さに分割した鉄塔部材6a〜6iの最上位の鉄塔部材
6aを既設送電鉄塔Aの開放側面bから搬入し、これを
せり上げ装置により既設送電鉄塔内で所要高までせり上
げ、該鉄塔部材6aに次位の鉄塔部材6bを接続し既設
鉄塔内で上位側の鉄塔部材6aの振れを防止しながら全
体をせり上げ、次位の鉄塔部材6bに開放側面から搬入
した下位の鉄塔部材6cを接続してせり上げる。かかる
工程を既設送電鉄塔Aから上位側の鉄塔部材が所要長さ
突出するまで繰り返し、最下位の鉄塔部材6iを塔体基
礎1に連結することにより鋼管単体鉄塔Tを構築する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は鉄塔建替えに好適な
送電鉄塔の組立て方法および鉄塔組立て装置に関する。
【0002】
【従来の技術】送電鉄塔は一般に基礎上に形鋼材からな
る支柱を組み付け連結し、支柱間にブレース類を連結し
て構成されている。かかる送電鉄塔は、建設されてから
長年月を経ると、周辺に高架構造物や高層建造物が出現
することなどにより電線地上高の不足が生ずる。この対
策としては、既設の送電鉄塔を解体しその敷地に新たな
送電鉄塔を建設することが考えられる。しかし、送電鉄
塔の周辺は年月の経過とともに開発が進んで人家が密集
していることが多く、この場合、スペースの狭い用地で
新たに鉄鋼材を組み付け、しかもそれを活線条件下で実
施することは不可能に近く、多大の時間と費用さらには
周辺住民の活動の制限が不可避的である。このため、鉄
塔建替えが必要とされながらその実施が遅れていたもの
である。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】本発明は前記問題点を
解決するためになされたもので、その目的とするところ
は、既設送電鉄塔内用地内でしかも既設鉄塔に荷重を掛
けず、活線状態のまま高い鉄塔を簡易かつ安全に構築す
ることができる市街地における元位置鉄塔建替えに好適
な鉄塔組立て方法を提供することにある。また、本発明
の他の目的は、前記方法の実施に好適な鉄塔組立て装置
を提供することにある。
【0004】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するた
め、第1発明は、既設送電鉄塔の所要側面を開放すると
ともに頂部を切除し、既設送電鉄塔内に塔体基礎を構築
するとともにこの周りにせり上げ装置を据付け、既設送
電鉄塔の外部には鋼管を単位長さに分割した鉄塔部材を
準備し、既設送電鉄塔の開放側面から最上位の鉄塔部材
を搬入し、これをせり上げ装置により既設送電鉄塔内で
所要高までせり上げ、該最上位の鉄塔部材に次位の鉄塔
部材を接続し既設鉄塔内で上位側の鉄塔部材の振れを防
止しながら全体をせり上げ、次位の鉄塔部材に開放側面
から搬入した下位の鉄塔部材を接続してせり上げ、かか
る工程を既設送電鉄塔から上位側の鉄塔部材が所要長さ
突出するまで繰り返し、最下位の鉄塔部材を塔体基礎に
連結して鋼管単体鉄塔を構築することを特徴としてい
る。
【0005】第2発明は、既設送電鉄塔内の基礎上に据
え付けられ、内側複数箇所にガイドレールを縦設した枠
状の架台と、前記架台内に配され、前記ガイドレールに
沿って移動する転輪を外側に有し、内側には各鉄塔部材
の円周上数か所に対する複数の吊りアームを有する昇降
自在なせり上げ用搬器と、前記架台の頂部に設けられ、
せり上げた鉄塔部材に接続した下位の鉄塔部材をせり上
げ用搬器の吊りアームと連結して吊り上げるべくせり上
げ用搬器が降下している間、上位側の鉄塔部材を一時的
に支える支持手段と、前記支持手段よりも上方に設けら
れ、鉄塔部材のせり上げ時に上位側の鉄塔部材が垂直状
に保たれつつ上昇されるように半径方向から保持するガ
イドサポート手段とを備えていることを特徴としてい
る。
【0006】好適には、前記架台は、高さ方向で複数に
分割され連結されることにより所定高さが得られるよう
になっており、しかも最下位の架台部分が既設送電鉄塔
内の基礎に設けたリブに連結されるリブを有している。
また、前記ガイドサポート手段は、支持手段のフレーム
上に立設された複数本のガイドレールと、それらガイド
レールに沿って移動可能な台車と、台車に装備され鉄塔
部材の径の変化に対応可能な可変長の連結要素とを備え
ている。さらに、支持手段は、複数の油圧シリンダと、
先端に鉄塔部材の外周に対するクランプ部材を有し前記
油圧シリンダによって水平面内で傾動可能な複数のアー
ムとを備えている。
【0007】
【発明の実施の形態】以下本考案の実施例を添付図面を
参照して説明する。図1ないし図16は本発明による送
電鉄塔の組立て方法の一例を示している。本発明は、ま
ず、既設送電鉄塔内での作業スペースの確保と新設鉄塔
用の鉄塔部材の搬入およびせり上げのために前作業を実
施する。すなわち、第1ステップとして、図1のよう
に、上方への新設鉄塔の突出を可能にするために、既設
送電鉄塔(以下既設鉄塔と称す)Aの頂部aを切断す
る。そして、既設鉄塔Aに設備されている地線を移線
し、さらに、既設鉄塔Aの下半部領域の側面に開口部b
を形成する。しかし、既設鉄塔Aの腕金はそのままにし
ており、送電線は活線状態にされる。
【0008】次に、第2ステップとして、既設鉄塔Aの
敷地内に基礎工事を行い、新規鉄塔の基礎を構築する。
この方法は任意であり、たとえば、既設鉄塔の敷地内を
掘削し、基礎体Cを前記開口部bから搬入して掘削孔に
挿入し、鉄筋組をしてコンクリートを打設することで行
われる。そして、このときに基礎から多数本の据付け用
ボルトdを突設させておく。
【0009】第3ステップとして、新設鉄塔用の基礎天
端部(脚部材)1を設けるとともに、その基礎天端部1
を取り囲むようにせり上げ装置の架台2を据え付ける。
前記基礎天端部1は、周囲に据付け用ボルトdを挿通す
るためのフランジ100を有し、据付け用ボルトdの頂
部にナットを螺合することにより強固に基礎と一体化さ
れる。基礎天端部1は頂部に連結用フランジ101を有
し、胴部にはたとえば90度間隔で半径方向に張り出す
リブ102が設けられている。
【0010】せりあげ用の架台2は、既設鉄塔Aへの搬
入搬出と組立てを容易にし、また、既設鉄塔Aの開口部
bの大きさを鉄塔の強度に不安を生じさせずに済む必要
最少限の大きさにするために、ベース部2A、中間架台
部2B,頂部架台部2Cなど複数の部分に分割されてい
る。
【0011】ベース部2Aは、図4と図5のように、基
礎天端部1の周りのコンクリート面に接地する4本の脚
部200とそれらを相互につなぐ横梁部201を有し、
さらに横梁部201の内側には前記リブ102に対応す
るリブ202が突設されている。それらリブ102,2
02は連結ボルトにより締結され、それによりベース部
2Aと基礎天端部1とが一体化されるので、せりあげ用
の架台2は安定した据付け状態とされる。ベース部2A
の側方にはクライミングウインチEが据え付けられる。
【0012】続いて、図6と図7のように、既設鉄塔A
の開口部bから中間架台部2Bおよび頂部架台部2Cが
クレーンGで順次搬入され、前記ベース部2Aに据付け
連結されることにより、図8と図9に示すように、所要
高さのせりあげ用の架台2が組み立てられる。
【0013】この架台2内にはせり上げ用搬器3が配さ
れ、また、架台2の上部には新設用の鉄塔部材のせり上
げ時に、上位側の鉄塔部材を半径方向から一時的に支え
る支持手段4が据付けられ、その支持手段4の上に、鉄
塔部材のせり上げ時に上位側の鉄塔部材が傾斜せず垂直
状に保たれるように半径方向から支持・ガイドするガイ
ドサポート手段5が据付け固定される。そして、せり上
げ用搬器3は多連シーブを介して前記クライミングウイ
ンチEに接続される。中間または頂部架台部2B,2C
は適宜控え用のワイヤロープによって既設鉄塔Aの基部
と連結される。以上で準備が完了する。
【0014】新設鉄塔部材は、建設すべき塔高を分割し
た複数本の単位鋼管からなっている。すなわち、図10
や図14に示すように、直径がたとえば400〜140
0mmの範囲で順次変化した所要の単位長さ(たとえば
2〜6mの範囲)の鋼管が使用される。図14では、一
例として9本の鉄塔部材6a〜6iが示されており、図
10は最上位から3番目までの鉄塔部材6a,6b,6
cを代表的に示している。各鉄塔部材は、上下端部に接
続用のフランジ60,61が設けられ、かつ、少なくと
も下端付近の周面に穴付きブラケット62がたとえば9
0度間隔で設けられる。また、好適には、前記ガイドサ
ポート手段5との連結のためのブラケット類が配設され
る。なお、既設鉄塔Aの頂部aから突出しあるいは頂部
付近に位置することになる鉄塔部材は、その径に応じて
現場溶接にて接続されるので、その場合にはフランジは
設けられないくてもよい。
【0015】ここで、本発明で特徴するせり上げ装置の
詳細を説明しておく。図17ないし図20はその一実施
例を示している。せりあげ用の架台2の中間架台部2B
と頂部架台部2Cは、図17と図19のように、4隅の
柱フレーム20とこれらを結ぶ横梁材21を備え、全体
として平面が矩形枠を呈するように構成されており、既
設鉄塔の開口部bと同じ側面には鉄塔部材6a〜6iの
搬入に適する開口22bが設けられている。また、中間
架台部2Bと頂部架台部2Cの4隅の柱フレーム20に
は、それぞれ溝形鋼などからなるガイドレール23が縦
設されている。
【0016】せり上げ用搬器3は矩形枠状のフレーム3
0を有し、フレーム30の対向する2面に前記クライミ
ングウインチEからのせり上げ用ロープeの端末がシー
ブを介して連結されており、また、フレーム30の各隅
の上下端部には前記架台2のガイドレール23に接する
転輪31,31が取り付けられている。また、せり上げ
用搬器3のフレーム30内側には、鉄塔部材6a〜6h
と半径方向から連結してせり上げ力を伝達するための複
数組の吊りアーム32が設けられている。
【0017】各組の吊りアーム32は、鉄塔部材6a〜
6hの前記穴付きブラケットとピンないしボルト連結さ
れるヨーク状の連結部を先端に有しているが、鉄塔部材
6a〜6hは前述したように直径が400〜1200m
mの範囲で変化している。そのため、各組の吊りアーム
32は、図17のように、基端がフレーム30にピボッ
ト軸320にて角度可変に枢支される。さらに、吊り角
度ができるだけ変化しないようにするため、各吊りアー
ム32は少なくとも、大径対応用の第1段部32aと小
径対応用の第2段部32bとを軸によって連結・分離可
能につないでいる。
【0018】支持手段4は、上位の鉄塔部材と吊りアー
ム32との連結が解かれ、せり上げ用搬器3が下降して
下位の鉄塔部材を吊りアーム32と連結するまでの間、
1本以上の上位側の鉄塔部材を半径方向からクランプし
て垂直を保つように支えるためのものであるが、もちろ
ん、垂直荷重を一時的に支える機能も有している。この
支持手段4は、頂部架台部2Cに据え付けられ内側に鉄
塔部材が貫通される空間を形成した矩形状の台枠フレー
ム40と、この台枠フレーム40内の対偶位置に横置さ
れた1対の手動操作型の油圧シリンダたとえばジャッキ
シリンダ41,41と、基端が台フレーム40に枢支さ
れ、自由端側に鉄塔部材と接するクランプ部材43を首
振り可能に連結した1組の水平アーム42,42とを備
えている。
【0019】油圧シリンダ41,41のピストンロッド
は水平アーム42,42の中間部位に連結されている。
クランプ部材43は鉄塔部材との接触面にゴムなどの弾
性部材430が取り付けられている。支持手段4は半径
方向すなわち既設鉄塔との間にスペースがある場合に
は、鉄塔部材の軸線と直角状に油圧シリンダを配置し、
油圧シリンダのピストンロッド先端にクランプ部材を連
結する構成としてもよい。しかし、この構成では大型化
を避けられず、既設鉄塔A内への搬出入に難点がある。
前記のような構成にした場合には、コンパクトでしかも
鉄塔部材の径の変化に自在に対応することができる利点
がある。
【0020】ガイドサポート手段5は、前記支持手段4
の台枠フレーム40上に45度角度をずらせるように設
けた支持座45に下部が固定された複数基のガイドレー
ル50と、各ガイドレール50に沿って昇降可能な複数
の台車51と、それぞれの台車51に装備され鉄塔部材
の径の変化に対応可能なように繰出し繰込可能(可変
長)な連結要素52とを備えている。
【0021】ガイドレール50は形鋼たとえばH形鋼か
らなっていて、少なくとも90度間隔で4本配置され
る。その間隔は架台2を突出する鉄塔部材の最大径のも
のが適度のゆとりをもって移動しうる大きさとする。ガ
イドレール50の高さは適宜設定されるが、好ましく
は、既設鉄塔Aの切断された頂部aに達するかまたはそ
の近傍に達する寸法を有している。したがって、ガイド
レール50は所定長さに分割されたものを、継手によっ
て連結することにより構成される。
【0022】各ガイドレール50は相互に横連結材50
0によって連結されており、各台車51はガイドレール
50に外れないように接する複数組のコロ510を有し
ている。可変長の連結要素52は、手動ジャッキや入子
式のロッドなどでもよいが、この例では台車51に取り
付けられたレバーブロックやチェーンブロックからなっ
ており、繰出し巻き込みされるチェーン520が先端の
フックで鉄塔部材のブラケットに連結され、あるいは鉄
塔部材の外周に巻回される。なお、架台2の中間等適所
には図17のように作業用デッキ9が設置される。
【0023】次いで、本発明による鉄塔建設の主工程を
説明する。本発明は、基本的には、図14のように、細
径の鉄塔部材(鉄塔最上位となるべき部分)6から相対
的に太径の鉄塔部材6b,6c…6hを既設鉄塔A内に
順次搬入し、上位の鉄塔部材と下位の鉄塔部材とを接続
し、せり上げる操作を必要な塔高さになるまで反復し、
最下位の太径の鉄塔部材6iをそれより上方の一連の頭
部体と接続するとともに、前記基礎天端部1と剛結し、
図16に示すような鋼管単体鉄塔Tを得るのである。
【0024】この工程は図11ないし図14に示されて
いる。詳しく説明すると、基礎天端部1の天頂には側方
から内部に手を挿入してボルト締結操作が可能な組立て
ベース7を固定しておく。まず、外部クレーンにより最
上用の細径の第1鉄塔部材6aを吊り上げ、既設鉄塔A
の開口部bから既設鉄塔内に搬入し、せりあげ用の架台
2の開口部22bを通して内部に取り込み、組立てベー
ス7上に受支させる。
【0025】せり上げ用搬器3はこのときには架台2の
最上レベルに移動されている。次いでせり上げ用搬器3
の下降により第1鉄塔部材6aはせり上げ用搬器3に遊
嵌される形となり、せり上げ用搬器3が下限位置で停止
されたときに90度間隔に位置する各吊りアーム32,
32を第1鉄塔部材6aの穴付きブラケット62とそれ
ぞれ係合させ、ボルトなどで連結する。この状態が図1
1(a)である。
【0026】そして、せり上げ中に鉄塔部材が傾斜して
既設鉄塔Aに接触しあるいは倒れる危険を防止するた
め、鉛直度の監視制御手段を装備させる。具体的には、
図12のように、第1鉄塔部材6aの下端フランジ部6
1にXおよびYの両方向の傾斜角度を検出可能な傾斜角
度検出器8を取り付け、該傾斜角度検出器8の出力部と
接続したケーブル80を架台基部に導き、傾斜表示器8
1に接続する。この傾斜表示器81を常時監視し、せり
上げ中に万一所定の傾きが発生したときには、警報を発
するとともにクライミングウインチE等の作動を停止さ
せ、傾斜を修復する。傾斜表示器81は場合よってはC
PUを含むコントローラと接続され、警報とクライミン
グウインチE等の作動系とを自動的に制御するようにし
てもよい。
【0027】ついで、クライミングウインチEを作動さ
せ、せり上げ用搬器3を上昇させる。 せり上げ中、せ
り上げ用搬器3は各隅に設けられている転輪31がそれ
ぞれ架台2のガイドレール23にはまった状態で移動し
てゆくため、せり上げ用搬器3は安定性よく移動する。
また、第1鉄塔部材6aは90度ごとに吊りアーム3
2,32に連結固定されているので、せり上げ用搬器3
内で横ぶれせず、安定した垂直状態に支持されつつ、せ
り上げ用搬器3とともに移動され、第1鉄塔部材6aの
上半部は支持手段4のレベルよりも上位に突出する。
【0028】この間、相対的に径の太い第2鉄塔部材6
bは図11(a)のようにクレーンGにより吊られて待
機している。所定揚程までせり上げられた第1鉄塔部材
6aがその位置に保持されると、前記第2鉄塔部材6b
が架台内に搬入され、下端のフランジ61をもって第1
鉄塔部材6aの直下の組立てベース7上に受支される。
フランジ61は必要に応じて組立てベース7に仮止めさ
れる。この状態でせり上げ用搬器3は少し下降され、第
2鉄塔部材6bの上端のフランジ60と第1鉄塔部材6
aの下端のフランジ61とが接続される。この接続作業
は、第2鉄塔部材6bが中空上に吊られた状態ではな
く、組立てベース7上に立てられた状態であるため容易
である。接続は、通常の場合、フランジ60,61同士
をボルト締結することで行われるが、既設鉄塔Aの切断
されている頂部の開口寸法と鉄塔部材の径によっては、
ボルト結合でなしに現場溶接で接続する。
【0029】このように第1と第2の鉄塔部材6a,6
bの接続が終わると、支持手段4を作動させて第1鉄塔
部材6aを半径方向からクランプする。すなわち、油圧
シリンダ41,41を作動すれば、ピストンロッドの伸
長によって1組の水平アーム42,42が水平面上で内
方へ傾動し、先端のクランプ部材43,43が第1鉄塔
部材6aの約180度対称位置をしっかりと把持する。
【0030】そして、第1鉄塔部材6aの円周上で4方
向(これは吊りアーム32,32との連結位置と45度
程度変位している)にあるガイドサポート手段5の可変
長の連結要素52,52を連結する。これは台車51に
装備されているレバーブロックなどを操作して条体を繰
出し、条体の先端を鉄塔部材6aの金具に連結し、ある
いは鉄塔部材外周に巻止めすることで行われる。これが
図11(b)の状態である。
【0031】これを確認した後、せり上げ用搬器3の各
組の吊りアーム32,32と第1鉄塔部材6aの穴付き
フランジとの連結を解除し、クライミングウインチEを
作動させてせり上げ用搬器3を第2鉄塔部材6bの周り
で下降させる。これにより最第1と第2の鉄塔部材6
a,6bは一時的に支持手段4によって半径方向から支
持され、せり上げ用搬器3の降下中の周方向の位置ず
れ、傾きの発生が防止される。
【0032】せり上げ用搬器3が下降限に達したなら
ば、吊りアーム32,32を第2鉄塔部材6bの穴付き
フランジ62と連結する。これを確認したならば、支持
手段4を開放側に作動させて第1鉄塔部材6aの保持を
解除するとともに、クライミングウインチEを作動して
せり上げ用搬器3を上昇させる。図11(c)はこの状
態であり、これにより、第2鉄塔部材6bおよびこれと
接続一体化されている第1鉄塔部材6aはせり上げられ
る。
【0033】このときに、第1鉄塔部材6aは架台2の
上方において円周上の複数個所でガイドサポート手段5
の連結要素52,52に連結されており、連結要素5
2,52の基部の台車51,51は垂直上の各ガイドレ
ール50,50にコロ510,510によって係合して
いる。このため、鉄塔部材6aのせり上がりに伴って連
結要素52,52を搭載している台車51,51はガイ
ドレール50,50に沿って同期移動し、連結要素5
2,52により半径方向から牽引されている第1鉄塔部
材6aは、横ぶれすることなく、垂直を保ってスムーズ
に上昇してゆく。第1鉄塔部材6aが垂直状にせり上げ
られるため、第1鉄塔部材6aと接続されている第2鉄
塔部材6bは、せり上げ用搬器3の吊りアーム32,3
2に引っ張られて円滑に上昇する。
【0034】かくしてせり上げ用搬器3が上昇限に到
り、第2鉄塔部材6bが頂部架台部分2Cから上方に突
出すると、既設鉄塔Aの外部に待機していた第3鉄塔部
材6cが架台2内に搬入され、組立てベース7上に立て
られる。そして、第2位鉄塔部材6bの下端フランジと
前述したような方法で接続される。そして、この接続が
完了すると、支持手段4が作動され、第2鉄塔部材6b
を軸線と直角方向から一時的に把持固定する。そして、
せり上げ用搬器3の吊りアーム32,32の第2鉄塔部
材6bとの連結が解除され、せり上げ用搬器3が第3鉄
塔部材6cの下方まで下降され、前回と同じように吊り
アーム32,32を第3鉄塔部材6cの穴付きフランジ
62,62と連結する。吊りアーム32,32は基端が
フレームに枢支されかつ複数の節によって角度可変であ
り、かつ節が取外し可能となっているため、鉄塔部材の
外径の変化に自在に追従することができる。
【0035】吊りアーム32,32との連結を確認した
ならば、支持手段4を開放側に作動させて第2鉄塔部材
6bの保持を解除するとともに、クライミングウインチ
Eを作動してせり上げ用搬器3を上昇させる。これによ
って第1ないし第3鉄塔部材6a,6b,6cは一体一
連の状態でせり上げられ、その時に、架台2の上方で
は、第1鉄塔部材6aを半径方向から支えているガイド
サポート手段5の台車51,51がガイドレール50,
50に沿って上方へと同期移動する。したがって、第1
鉄塔部材6aの高さレベルは第3鉄塔部材6cの長さ分
だけ増すが、連結要素52,52により半径方向から牽
引されているため、横ぶれすることなく、垂直を保って
スムーズに上昇することができる。このせり上げ中の鉄
塔部材の垂直度は常時傾斜角度検出器8によって検出さ
れるので安全である。
【0036】以下、前述した工程にしたがって、第4以
下の漸次太径の鉄塔部材6d・・・が上位の鉄塔部材と
順次接続され、支持手段4による支持、せり上げ用搬器
3の吊りアーム32,32と鉄塔部材との連結解除、せ
り上げ用搬器3の下降、せり上げ用搬器3の吊りアーム
32,32の鉄塔部材との接続、支持手段4による支持
解除、せり上げ用搬器3の上昇という作業が繰り返され
ることにより、図14(c)〜(h)のように鉄塔が組
み立てられつつせりあげられてゆく。
【0037】この間、架台2の上方では、第1鉄塔部材
6aを半径方向から支えているガイドサポート手段4の
台車51,51がガイドレール50,50に沿って上方
へと移動して連結要素52,52により横ぶれが防止さ
れる。ガイドサポート手段5の台車51,51がガイド
レール50,50の最上位に達すると、連結要素52,
52は鉄塔部材との連結が解除され、台車51,51を
ガイドレール50,50に沿って下降させられる。
【0038】その下降位置において、連結要素52,5
2は求心方向に繰り出され、第1鉄塔部材6a位より下
位の鉄塔部材と連結しなおされる。連結要素52,52
は可変長であるから、鉄塔部材の径の変化に簡単に追従
することができ、これにより、鉄塔部材(塔体)は高さ
が増しても傾かずに安定してせりあげられる。かかるガ
イドサポート手段5の鉄塔部材に対する付替えは、各回
のせり上げごとに行われてもよいし、数回のせり上げご
とに1回行われてもよい。
【0039】最後に基端用の最も太径の鉄塔部材(この
例では第9鉄塔部材6i)が架台2内に搬入され、組立
てベース7を撤去した基礎天端部1に強固に接続され
る。そして、この第9鉄塔部材6iは、すでに相互に接
続されてせり上げられている鉄塔部分T’の最下位の第
8鉄塔部材6hと接続される。これで図14(h)のよ
うに既設鉄塔内に新規な鋼管鉄塔Tが建設されたことに
なる。
【0040】あとは、図15のように、せりあげ用の架
台2、支持手段4、ガイドサポート手段5を既設鉄塔A
内から撤去し、ラフタークレーンFなどにより鋼管鉄塔
Tの上部に腕金tを取り付け、それら腕金tに送電線を
架線する。そして、既設鉄塔Aを解体し、撤去する。こ
れで図16に示す新設単体鉄塔が完了する。本発明にお
いては、既設鉄塔の送電線を活線状態にしたままで鋼管
鉄塔Tを完成させるので、停電時間を最少限とすること
ができる大きなメリットがある。
【0041】
【発明の効果】以上説明した本発明の請求項1によると
きには、既設鉄塔Aを有効に活用してその敷地内でしか
も既設鉄塔Aに荷重をかけずかつまた送電線を活線状態
のまま容易に鉄塔を新設することができ、せり上げ時に
既設鉄塔内で上位鉄塔部分の振れを防止しながら行なう
ので、新設塔体が高くても安全かつスムーズにせり上げ
を行なうことができ、人家が密集し用地スペースが十分
にとれない場所においても短期間で円滑に元位置鉄塔建
替えを行なえるというすぐれた効果が得られる。
【0042】請求項2によれば、既設鉄塔Aに何ら荷重
をかけることなく新設鉄塔を組み立てることができ、し
かも、架台2のガイドレール23,23に沿ってせり上
げ用搬器3が上昇し、このときに架台の上方では漸次高
さが増す新設鉄塔の上部をガイドサポート手段5で半径
方向から支えるので、次第に高さが増す鉄塔部材がせり
上げ中に横振れすることが無く、また、ガイドサポート
手段5より下方で支持手段4がせり上げ用搬器3の下降
し次のせり上げを開始する間、鉄塔部材を半径方向から
しっかりと支えるので、鉄塔部材の確実な安定性と垂直
性が確保され、安全かつスムーズに新規鉄塔建設を行な
えるというすぐれた効果が得られる。
【0043】請求項3によれば、架台2が高さ方向で複
数に分割されており、最下位の架台部分2Aが既設送電
鉄塔内の基礎に設けたリブ102に連結されるようにな
つているので、架台2が新設鉄塔基礎と一体化され、強
固に据え付けられ、したがって、せり上げ中に架台2が
ぐらついたりせず、安全かつスムーズに新規鉄塔のせり
上げを行なえるというすぐれた効果が得られる。
【0044】請求項4によれば、ガイドサポート手段5
は、支持手段4のフレーム上に立設された複数本のガイ
ドレール50,50と、それらガイドレール50,50
に沿って昇降可能な台車51,51と、台車51,51
に装備され鉄塔部材の径の変化に対応して可変長の連結
要素52,52とを備えているので、径が漸次変化する
鉄塔部分の上部が常に半径方向から支えられながらスム
ーズにせり上げられることになり、倒れによる既設鉄塔
への荷重付加あるいは活線状態にある送電線の切断とい
ったトラブルの発生を回避することができるというすぐ
れた効果が得られる。
【0045】請求項5によれば、支持手段4が先端に鉄
塔部材の外周に対するクランプ部材43を有しかつ油圧
シリンダ41によって水平面内で傾動可能なアーム42
を複数備えているので、鉄塔部材の径の変化に自在に追
従することができ、しかも油圧シリンダ41が外部へ突
出しないコンパクトな構造とすることができ、既設鉄塔
への搬出入や据付けが容易となるというすぐれた効果が
得られる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明による送電鉄塔の組立て方法の前作業の
第1ステップを示す正面図である。
【図2】第2ステップの説明図である。
【図3】第3ステップの斜視図である。
【図4】第4ステップの斜視図である。
【図5】第4ステップの完了状態を示す横断面図であ
る。
【図6】架台組立て状態を示す斜視図である。
【図7】架台組立て状態を示す斜視図である。
【図8】架台組立て完了状態を示す斜視図である。
【図9】架台組立て完了状態を示す正面図である。
【図10】(a)(b)(c)は本発明で使用する鉄塔
部材の第1から第3の鉄塔部材の例を示す側面図であ
る。
【図11】(a)(b)(c)は第1と第2の鉄塔部材
のせり上げ工程の説明図である。
【図12】第1鉄塔部材のせり上げ開始時の状態を示す
説明図である。
【図13】鉄塔部材せり上げ中の搬器との取り合いを示
す斜視図である。
【図14】(a)〜(h)はせり上げ開始から鉄塔組立
て完了までの状態を段階的に示す側面図である。
【図15】新設鉄塔に対する腕金取り付け段階を示す側
面図である。
【図16】新設鉄塔完成状態を示す側面図である。
【図17】本発明による送電鉄塔組立て装置の一例を示
す側面図である。
【図18】図17のX−X線に沿う断面図である。
【図19】図17のY−Y線に沿う断面図である。
【図20】図17のZ−Z線に沿う断面図である。
【符号の説明】
A 既設送電鉄塔 b 開口部 1 基礎天端部(脚部材) 2 架台 2A ベース部分 3 せり上げ用搬器 4 支持手段 5 ガイドサポート手段 6a〜6i 鉄塔部材 23 ガイドレール 31 転輪31 32 吊りアーム 41 油圧シリンダ 42 アーム 43 クランプ部材 50 ガイドレール 51 台車 52 可変長の連結要素 102 リブ 202 リブ
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 柿沼 重信 宮城県仙台市宮城野区小田原金剛院丁5− 1 山加電業株式会社仙台支社内 (72)発明者 折笠 善正 福島県須賀川市大字塩田字池渋沢121 東 北電力株式会社須賀川技術センター内 (72)発明者 鈴木 志郎 東京都大田区本羽田2−12−1 東洋マシ ナリー株式会社内

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】既設送電鉄塔Aの所要側面を開放するとと
    もに頂部を切除し、既設送電鉄塔内に塔体基礎1を構築
    するとともにこの周りにせり上げ装置を据付け、既設送
    電鉄塔Aの外部には鋼管を単位長さに分割した鉄塔部材
    6a〜6iを準備し、既設送電鉄塔Aの開放側面bから
    最上位の鉄塔部材6aを搬入し、これをせり上げ装置に
    より既設送電鉄塔内で所要高までせり上げ、該鉄塔部材
    6aに次位の鉄塔部材6bを接続し既設鉄塔内で上位側
    の鉄塔部材6aの振れを防止しながら全体をせり上げ、
    次位の鉄塔部材6bに開放側面から搬入した下位の鉄塔
    部材6cを接続してせり上げ、かかる工程を既設送電鉄
    塔Aから上位側の鉄塔部材が所要長さ突出するまで繰り
    返し、最下位の鉄塔部材6iを塔体基礎1に連結して鋼
    管単体鉄塔Tを構築することを特徴とする送電鉄塔の組
    立て方法。
  2. 【請求項2】既設送電鉄塔A内の基礎上に据え付けら
    れ、内側複数箇所にガイドレール23を縦設した枠状の
    架台2と、 前記架台2内に配され、前記ガイドレール23に沿って
    移動する転輪31を外側に有し、内側には各鉄塔部材の
    円周上数か所に対する複数の吊りアーム32,32を有
    する昇降自在なせり上げ用搬器3と、 前記架台2の頂部に設けられ、せり上げた鉄塔部材に接
    続した下位の鉄塔部材をせり上げ用搬器3の吊りアーム
    32,32と連結して吊り上げるべくせり上げ用搬器3
    が降下している間、上位側の鉄塔部材を一時的に支える
    支持手段4と、 前記支持手段4よりも上方に設けられ、鉄塔部材のせり
    上げ時に上位側の鉄塔部材が垂直状に保たれつつ上昇さ
    れるように半径方向から保持するガイドサポート手段5
    とを備えていることを特徴とする送電鉄塔組立て装置。
  3. 【請求項3】架台2が高さ方向で複数に分割され連結さ
    れることにより所定高さが得られるようになっており、
    最下位の架台部分2Aが既設送電鉄塔内の基礎に設けた
    リブ102に連結されるリブ202を有している請求項
    2に記載の送電鉄塔組立て装置。
  4. 【請求項4】ガイドサポート手段5は、支持手段4のフ
    レーム上に立設された複数本のガイドレール50,50
    と、それらガイドレール50,50に沿って移動可能な
    台車51,51と、台車51,51に装備され鉄塔部材
    の径の変化に対応可能な可変長の連結要素52とを備え
    ている請求項2に記載の送電鉄塔組立て装置。
  5. 【請求項5】支持手段4は、複数の油圧シリンダ41,
    41と、先端に鉄塔部材の外周に対するクランプ部材4
    3を有し前記油圧シリンダ41によって水平面内で傾動
    可能な複数のアーム42,42とを備えている請求項2
    に記載の送電鉄塔組立て装置。
JP2000290606A 2000-09-25 2000-09-25 送電鉄塔の建替え方法および装置 Expired - Lifetime JP3859442B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000290606A JP3859442B2 (ja) 2000-09-25 2000-09-25 送電鉄塔の建替え方法および装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000290606A JP3859442B2 (ja) 2000-09-25 2000-09-25 送電鉄塔の建替え方法および装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002097819A true JP2002097819A (ja) 2002-04-05
JP3859442B2 JP3859442B2 (ja) 2006-12-20

Family

ID=18773812

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000290606A Expired - Lifetime JP3859442B2 (ja) 2000-09-25 2000-09-25 送電鉄塔の建替え方法および装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3859442B2 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009035884A (ja) * 2007-07-31 2009-02-19 Tokyo Electric Power Co Inc:The 鉄塔のリフトアップ工法
JP2009215815A (ja) * 2008-03-12 2009-09-24 Tokyo Electric Power Co Inc:The 送電用鋼管柱鉄塔の基礎構造
JP2012012892A (ja) * 2010-07-02 2012-01-19 Tokyo Electric Power Co Inc:The 既設鉄塔の建て替え工法
JP2012087616A (ja) * 2011-12-26 2012-05-10 Tokyo Electric Power Co Inc:The 鉄塔のリフトアップ工法
CN112476265A (zh) * 2020-10-30 2021-03-12 汤鸣业 一种钢管塔塔身组装平台
CN114016798A (zh) * 2021-11-23 2022-02-08 中国铁塔股份有限公司盐城市分公司 一种通信楼面拉线塔的塔基钢槽的快捷更换方法

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DK2511424T3 (en) * 2011-04-15 2017-10-02 Siemens Ag Jacket-guiding assembly
KR102433212B1 (ko) * 2017-08-14 2022-08-18 한국전력공사 송전철탑 교체용 지지물 및 그 설치방법

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009035884A (ja) * 2007-07-31 2009-02-19 Tokyo Electric Power Co Inc:The 鉄塔のリフトアップ工法
JP2009215815A (ja) * 2008-03-12 2009-09-24 Tokyo Electric Power Co Inc:The 送電用鋼管柱鉄塔の基礎構造
JP2012012892A (ja) * 2010-07-02 2012-01-19 Tokyo Electric Power Co Inc:The 既設鉄塔の建て替え工法
JP2012087616A (ja) * 2011-12-26 2012-05-10 Tokyo Electric Power Co Inc:The 鉄塔のリフトアップ工法
CN112476265A (zh) * 2020-10-30 2021-03-12 汤鸣业 一种钢管塔塔身组装平台
CN112476265B (zh) * 2020-10-30 2022-11-25 国网浙江省电力有限公司杭州市临安区供电公司 一种钢管塔塔身组装平台
CN114016798A (zh) * 2021-11-23 2022-02-08 中国铁塔股份有限公司盐城市分公司 一种通信楼面拉线塔的塔基钢槽的快捷更换方法
CN114016798B (zh) * 2021-11-23 2022-12-23 中国铁塔股份有限公司盐城市分公司 一种通信楼面拉线塔的塔基钢槽的快捷更换方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP3859442B2 (ja) 2006-12-20

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN114873497B (zh) 一种变径非平衡载荷类设备垂直提升安装装置及方法
CN110965478A (zh) 一种提梁及移梁一体化支架机构
JP2002097819A (ja) 送電鉄塔の組立て方法および送電鉄塔組立て装置
CN112554577B (zh) 一种大直径厚壁连续y形钢管柱的施工方法
CN111852074B (zh) 一种可调节升降式支撑装置
CN107816209A (zh) 跨外两侧抬吊安装大型钢桁架屋盖施工工艺
CN109879179B (zh) 一种装配式钢结构塔吊平台
CN109057309B (zh) 一种悬挂式操作平台及其装拆方法
CN113651225B (zh) 一种大型管道高空安装用焊接吊架及使用方法
JP5435569B2 (ja) 鉄塔支持型構造物の解体設備及びその解体方法
CN214696959U (zh) 高空大口径管道滑移装置
JP3905103B2 (ja) 塔状建造物の架設方法および架設装置
CN212532065U (zh) 一种可不同高差场地使用的门式起重机
JP2579715B2 (ja) 外部式鉄塔組立クレーン
JP3822084B2 (ja) 高層建物の建設揚重システム
JP3242775B2 (ja) 竪型容器の据付方法
JP3220397B2 (ja) 昇降式足場
JPH09144303A (ja) タンクの内面点検、補修装置
CN218508245U (zh) 一种用于铁路箱梁支座安装的辅助装置
CN117963677B (zh) 一种超高层施工电梯空中原位托换平台结构及其施工方法
CN217126856U (zh) 一种装配式拱形钢结构拼装设备
JP3532161B2 (ja) 鉄塔構築機および鉄塔構築方法
CN220285354U (zh) 一种用于双稳态钢结构安装的靠板装置
CN212269274U (zh) 既有建筑物改造用塔吊支撑系统
CN216787786U (zh) 钢管混凝土柱的施工装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20041018

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20060413

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060425

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060623

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20060829

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20060919

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Ref document number: 3859442

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090929

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100929

Year of fee payment: 4

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100929

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110929

Year of fee payment: 5

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120929

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120929

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130929

Year of fee payment: 7

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R370 Written measure of declining of transfer procedure

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R370

R371 Transfer withdrawn

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R371

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250