JP2001329699A - コンクリート壁の補強構造 - Google Patents

コンクリート壁の補強構造

Info

Publication number
JP2001329699A
JP2001329699A JP2000153920A JP2000153920A JP2001329699A JP 2001329699 A JP2001329699 A JP 2001329699A JP 2000153920 A JP2000153920 A JP 2000153920A JP 2000153920 A JP2000153920 A JP 2000153920A JP 2001329699 A JP2001329699 A JP 2001329699A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
concrete wall
reinforcing
steel plate
reinforcing steel
fixed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2000153920A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3770772B2 (ja
Inventor
Yasutoshi Yamamoto
泰稔 山本
Mitsuharu Kato
三晴 加藤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Yahagi Construction Co Ltd
Original Assignee
Yahagi Construction Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Yahagi Construction Co Ltd filed Critical Yahagi Construction Co Ltd
Priority to JP2000153920A priority Critical patent/JP3770772B2/ja
Publication of JP2001329699A publication Critical patent/JP2001329699A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3770772B2 publication Critical patent/JP3770772B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 (修正有) 【課題】単なる鉄板による補強ではなく、リブを設けて
座屈に対する耐力を有する鉄板によるコンクリート壁の
補強構造を提供する。 【解決手段】コンクリート壁Wに打ち込まれた水平アン
カー2,2aと、コンクリート壁の表面に隙間を設けて
水平アンカーに取り固定された補強鋼板3と、コンクリ
ート壁と補強鋼板との間にモルタル等の流動性を有する
充填材よりなる充填層4と、補強鋼板の外側に仕上げ材
を塗布して形成された外装層5により構成されたコンク
リート壁の補強構造であって、補強鋼板は基板6の外周
部に板状の固定リブ8,9を基板に対し垂直に立設し、
中間に固定リブより低い補数の補強リブ10、10a、
…を所定間隔をもって並設してある。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、鉄筋コンクリート
造、鉄骨鉄筋コンクリート造の建物の壁の補強構造に関
する。
【0002】
【従来の技術】従来のコンクリート壁の補強工法にあっ
ては、既存の鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリー
ト造の建物の壁にアンカーを打ち込み、コンクリート壁
の表面に隙間を設けて鉄板を上記アンカーでボルト止め
し、壁と鉄板の間にモルタルを充填することで、地震入
力を受けたときの繰返し変形による強度剛性の劣化を防
止し、即ち鉄板によってコンクリート壁の復元力の安定
と粘りを確保出来る様にしたものであった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、上記工法で使
用される補強材は単なる鉄板であるために座屈降伏し易
く、そうなると鉄板自体の耐力が失われてしまうため、
補強効果が無くなって補強構造が無力化してしまう等解
決せねばならない課題があった。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明は、上記従来技術
に基づく、単なる鉄板では座屈降伏し易い課題に鑑み、
補強鋼板の表面に補強リブを形成したことによって、リ
ブで補強鋼板を補強することで該補強鋼板の座屈降伏を
防止する様にして、上記課題を解決する。更に、補強鋼
板の表面側に、モルタルの様な外装材を塗布したり、吹
き付けたり、型枠を組んで補強鋼板と型枠間に外装材を
打ち込んで外装層を形成すれば,補強鋼板がコンクリー
ト壁側に押圧されて、補強鋼板の座屈降伏機能が更に向
上する。
【0005】
【発明の実施の形態】以下本発明の一実施例を図面に基
づいて説明する。図1は補強されたコンクリート壁の正
面図、図2は図1の水平断面の要部拡大図、図3は図1
の垂直断面の要部拡大図、図4は図3の要部拡大図、図
5は図3の要部拡大図、図6は補強された、梁及び柱が
突出した壁の正面図、図7は図6の水平断面の要部拡大
図、図8は図6の垂直断面の要部拡大図である。
【0006】図1〜図8に示す様に、既設のコンクリー
ト壁Wの補強構造1にあっては、コンクリート壁Wに打
ち込まれた水平アンカー2、2a…と、コンクリート壁W
の表面に対し隙間を設けて水平アンカー2、2a…に固定
された補強鋼板3、3a…と、コンクリート壁Wと補強鋼
板3、3a…の間にモルタル等の流動性を有した充填材に
より形成された充填層4と、補強鋼板3、3a…の外側に
モルタル等の仕上げ材を塗布して形成された外装層5に
より構成されている。
【0007】補強鋼板3、3a…にあっては、矩形状の基
板6に水平アンカー2、2a…の挿通孔7、7a…を形成
し、基板6の外周部に板状の固定リブ8、8a、9、9a
を、基板6に対し垂直に設けると共に、基板6の表面の
縦横方向に、固定リブ8、8a、9、9aより低い複数の補
強リブ10、10a …を所定間隔毎に並設している。そし
て、挿通孔7、7a…を貫通して突出した水平アンカー
2、2a…にナット11、11a …を螺嵌することで、コンク
リート壁Wに対し補強鋼板3、3a…を固定する様にして
いる。上下方の固定リブ8、8aに挿通孔12、12a …が形
成されており、該挿通孔12、12a …を貫通して突出し
た、躯体側、具体的には床スラブSに打ち込まれた垂直
アンカー13、13a …にナット14a 、14a …を螺嵌するこ
とで、床スラブSに対しても補強鋼板3、3a…を固定す
る様にしている。尚、2階以上のコンクリート壁Wに固
定された補強鋼板3、3a…にあっては、床スラブSを貫
通する様に打ち込まれた垂直アンカー13、13a …の上下
端部に、隣接する上下階の補強鋼板3、3a…の固定リブ
8、8aを固定しても良い。両側方の固定リブ9、9aに挿
通孔15、15a …が形成されており、隣接する補強鋼板
3、3a…における両側部の固定リブ9、9aの合致した挿
通孔15、15a …にボルト16、16a …を挿通すると共に、
該ボルト16、16a …にナット17、17a …を螺嵌すること
で、隣接する補強鋼板3、3a…同志を固定する様にして
いる。
【0008】充填層4及び外装層5にあっては、例えば
モルタルの様な流動性を有すると共に経時固化し、且つ
固化後にある程度の強度を有する材料により形成されて
いる。後者の外装層5にあっては、補強リブ10、10a …
に溶接固定された、配筋された鉄筋、金網等の補強材20
を埋設する様に形成するのが望ましい。
【0009】又、図6〜8に示す様な、梁B及び柱Pが
突出したコンクリート壁Wにあっては、梁Bの突出部の
上下面にも垂直アンカー13、13a …を、柱Pの突出部の
側面にも水平アンカー2、2a…を夫々打ち込んで、該垂
直アンカー13、13a …及び水平アンカー2、2a…に、対
応する上下方及び両側方の固定リブ8、8a、9、9aを固
定する様にしている。
【0010】尚、図面上、補強対象のコンクリート壁に
あっては、外側に廊下の様な床スラブが突出した状態の
壁であるが、面一状の単なる外壁面であっても良く、又
コンクリート壁に開口部が形成されているが、当然のこ
ととして開口部の無いコンクリート壁も補強可能にして
いる。
【0011】次に本発明に係るコンクリート壁の補強工
法について説明する。 (1)コンクリート壁Wに水平アンカー2、2a…を打ち
込む。 (2)挿通孔7、7a…に水平アンカー2、2a…を通して
補強鋼板3、3a…を、コンクリート壁Wとの間に隙間を
空けて設置すると共に、水平アンカー2、2a…の突端部
にナット11、11a …を螺嵌する。 (3)コンクリート壁Wと補強鋼板3、3a…の隙間に充
填材を充填する。 (4)充填材の養生固化後、ナット11、11a …を締め
る。 (5)補強リブ10、10a …に、配筋された鉄筋、金網等
の補強材20を溶接固定した後、補強鋼板3、3a…の外側
にモルタル等の仕上げ材を塗布したり、吹き付けたり、
型枠を組んで補強鋼板と型枠間に外装材を打ち込んで外
装層5を形成する。
【0012】
【発明の効果】要するに本発明は、補強鋼板3、3a…の
表面に補強リブ10、10a …を形成したので、補強鋼板
3、3a…の強度の向上を図ることが出来るため、地震力
による補強鋼板3、3a…の座屈降伏を防止することが出
来、よって補強された建物の崩壊を防止することが出来
る。又、補強鋼板3、3a…の表面が凹凸状になって外装
層5が馴染み易くなる、即ち補強鋼板3、3a…に対する
外装層5の一体性が向上するため、外装層5の剥落を防
止することが出来る。
【0013】又、金属である補強鋼板3、3a…が露出状
態では見栄えが悪く、違和感を感じてしまうが、補強鋼
板3、3a…の表面に外装層5を形成したので、見た目
上、コンクリート壁Wと差異がなくなるため、違和感を
無くすことが出来る。同時に、水平アンカー2、2a…に
ナット11、11a …を螺嵌することで、水平アンカー2、
2a…に補強鋼板3、3a…を固定する場合、ナット11、11
a …が補強鋼板3、3a…に対し一体化することで、補強
鋼板3、3a…とコンクリート壁Wの一体性が向上するた
め、地震力が作用してもナット11、11a …が補強鋼板
3、3a…から離間せず、補強機能を常時作用させること
が出来、よって完全な地震対策を講じることが出来る。
【0014】又、補強鋼板3、3a…の上下左右側の一方
又は両方に設けた固定リブ8、8aを、躯体側に打ち込ま
れた垂直アンカー13、13a …に固定したので、補強鋼板
3、3a…の上下側及び左右側の少なくともどちらか一方
を躯体側に固定することで、コンクリート躯体に補強鋼
板3、3a…を一体化することか出来るため、更に補強効
果を向上させることが出来る。更に、垂直アンカー13、
13a …を躯体側の床スラブSを貫通させる様に打ち込ん
で、その上下端部に上下方の固定リブ8、8aを固定した
ので、上記効果の他に上下方向に隣接する階同志の補強
鋼板3、3a…を直接連結することが出来るため、上下階
の補強構造1を一体化出来、延いては建物全体としての
補強機能の向上を図ることが出来、よって更に完全な地
震対策を講じることが出来る。
【0015】又、外装層5に、補強鋼板3、3a…の補強
リブ10、10a …に固定された補強材20を埋設したので、
外装層5自体の強度を向上させることが出来る、よって
地震力の作用による外装層5のひび割れ、延いては外装
層5の崩落を防止することが出来る等その実用的効果甚
だ大である。
【図面の簡単な説明】
【図1】補強されたコンクリート壁の一部断面正面図で
ある。
【図2】図1の水平断面の要部拡大図である。
【図3】図1の垂直断面の要部拡大図である。
【図4】図3の要部拡大図である。
【図5】図3の要部拡大図である。
【図6】補強された、梁及び柱が突出した壁の一部断面
正面図である。
【図7】図6の水平断面の要部拡大図である。
【図8】図6の垂直断面の要部拡大図である。
【図9】隣接する補強鋼板同志の連結状態を示す要部拡
大断面図である。
【符号の説明】
1 補強構造 2、2a… 水平アンカー 3、3a… 補強鋼板 4 充填層 5 外装層 8、8a 固定リブ 10、10a … 補強リブ 13、13a … 垂直アンカー 20 補強材 S 床スラブ W コンクリート壁
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) E04B 1/60 510 Fターム(参考) 2E002 EA01 EA02 FA04 FB02 FB03 FB08 GA00 GA01 HA02 HA03 HB01 JA01 JA02 JB01 JC02 JC03 JD01 KA01 KA07 MA12 2E125 AA03 AA13 AA53 AB12 AC01 AE01 AE13 BA12 BB08 BD01 BE07 BE08 CA04 CA05 CA14 CA16 CA19 CA76 EA00 2E176 AA02 BB29

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 コンクリート壁に打ち込まれた水平アン
    カーと、コンクリート壁に対し隙間を設けて水平アンカ
    ーに固定された補強鋼板と、コンクリート壁と補強鋼板
    の隙間に充填形成された充填層とにより構成された補強
    構造において、 補強鋼板の表面に補強リブを形成したことを特徴とする
    コンクリート壁の補強構造。
  2. 【請求項2】 補強鋼板の表面側に外装層を形成したこ
    とを特徴とする請求項1記載のコンクリート壁の補強構
    造。
  3. 【請求項3】 外装層に補強材を埋設したことを特徴と
    する請求項2記載のコンクリート壁の補強構造。
  4. 【請求項4】 補強鋼板の上下左右側の一方又は両方に
    設けた固定リブを、躯体側に打ち込まれたアンカーに固
    定したことを特徴とする請求項1、2又は3記載のコン
    クリート壁の補強構造。
  5. 【請求項5】 垂直アンカーを躯体側の床スラブを貫通
    させる様に打ち込んで、その上下端部に上下方の固定リ
    ブを固定したことを特徴とする請求項4記載のコンクリ
    ート壁の補強構造。
JP2000153920A 2000-05-25 2000-05-25 コンクリート壁の補強構造 Expired - Lifetime JP3770772B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000153920A JP3770772B2 (ja) 2000-05-25 2000-05-25 コンクリート壁の補強構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000153920A JP3770772B2 (ja) 2000-05-25 2000-05-25 コンクリート壁の補強構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2001329699A true JP2001329699A (ja) 2001-11-30
JP3770772B2 JP3770772B2 (ja) 2006-04-26

Family

ID=18659093

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000153920A Expired - Lifetime JP3770772B2 (ja) 2000-05-25 2000-05-25 コンクリート壁の補強構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3770772B2 (ja)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007162237A (ja) * 2005-12-09 2007-06-28 Shimizu Corp 躯体補強構造
CN100404774C (zh) * 2003-11-04 2008-07-23 M&S工业株式会社 异形钢丝线与弹簧钢丝线组合的混凝土建筑加固材料及工艺
JP2013189782A (ja) * 2012-03-13 2013-09-26 Okabe Co Ltd コンクリート建造物の耐震補強構造
CN103883035A (zh) * 2014-03-21 2014-06-25 北京工业大学 边框与内藏多块h形钢板墙间嵌耗能条带剪力墙及作法
CN105064716A (zh) * 2015-08-28 2015-11-18 东南大学 一种冷弯薄壁型钢损伤墙体的免拆除快速加固修复方法
CN105239699A (zh) * 2015-08-28 2016-01-13 东南大学 一种带钢蒙皮的冷弯薄壁型钢龙骨复合剪力墙
JP2016008465A (ja) * 2014-06-26 2016-01-18 山本 泰稔 既設梁体の耐震補強構造
JP2017106273A (ja) * 2015-12-11 2017-06-15 大成建設株式会社 鉄筋コンクリート製の既存筒状壁の補強方法
KR102056663B1 (ko) * 2019-04-24 2019-12-17 윤준서 Cft 기둥을 활용한 기존 건축물의 내진보강 구조 및 공법

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104746890B (zh) * 2015-01-29 2017-04-12 天津市房屋质量安全鉴定检测中心 密肋空心砖楼板加固方法

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN100404774C (zh) * 2003-11-04 2008-07-23 M&S工业株式会社 异形钢丝线与弹簧钢丝线组合的混凝土建筑加固材料及工艺
JP2007162237A (ja) * 2005-12-09 2007-06-28 Shimizu Corp 躯体補強構造
JP2013189782A (ja) * 2012-03-13 2013-09-26 Okabe Co Ltd コンクリート建造物の耐震補強構造
CN103883035A (zh) * 2014-03-21 2014-06-25 北京工业大学 边框与内藏多块h形钢板墙间嵌耗能条带剪力墙及作法
JP2016008465A (ja) * 2014-06-26 2016-01-18 山本 泰稔 既設梁体の耐震補強構造
CN105064716A (zh) * 2015-08-28 2015-11-18 东南大学 一种冷弯薄壁型钢损伤墙体的免拆除快速加固修复方法
CN105239699A (zh) * 2015-08-28 2016-01-13 东南大学 一种带钢蒙皮的冷弯薄壁型钢龙骨复合剪力墙
JP2017106273A (ja) * 2015-12-11 2017-06-15 大成建設株式会社 鉄筋コンクリート製の既存筒状壁の補強方法
KR102056663B1 (ko) * 2019-04-24 2019-12-17 윤준서 Cft 기둥을 활용한 기존 건축물의 내진보강 구조 및 공법

Also Published As

Publication number Publication date
JP3770772B2 (ja) 2006-04-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20010003234A1 (en) Cast-in-place hybrid building system
KR101397800B1 (ko) 단면증설 및 지중보에 의한 기존 철근콘크리트 모멘트골조 건축물의 내진보강방법
JP2001329699A (ja) コンクリート壁の補強構造
US4546583A (en) Modular building construction system
JP2004250904A (ja) 既存建物の耐震補強方法
JP3992401B2 (ja) Rc耐震壁による既存建物の耐震補強方法
JP4502484B2 (ja) 耐震補強壁
JP3682588B2 (ja) H形鋼連続基礎梁の建築部材取合構造
JP2958880B1 (ja) 耐震補強構法
JP3513731B2 (ja) 既設建物の補強構造
JPH11270146A (ja) 既設梁体の補強工法
GB2071725A (en) System of construction or composite structural members with various captive infilling materials
JP3208530B2 (ja) プレキャストコンクリート型枠及びこれを用いた構造体
JP3004242B2 (ja) 制震用建築材料、制震構造及びその構築方法
JP2692751B2 (ja) 建築物の補強構造
JP3235716B2 (ja) 既存建物の耐震改修工法
JP3014987U (ja) 既存建築物の補強装置
KR102398605B1 (ko) Pc 보강패널을 이용한 내진 보강 시스템의 시공 방법
JPH07238610A (ja) プレキャストコンクリート部材の接合方法
JP6684088B2 (ja) 既存建物の耐震補強構造及び耐震補強方法
JP3830062B2 (ja) 鉄筋コンクリート造建物の耐震補強工法
JP2960715B1 (ja) 構造物の補強構造
JP3229231B2 (ja) 建物の耐震補強構造
JP6326225B2 (ja) 既存架構の耐震補強工法
JP2021107632A (ja) 床の施工方法

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050530

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050607

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050804

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20060117

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20060207

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 3770772

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100217

Year of fee payment: 4

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110217

Year of fee payment: 5

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120217

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130217

Year of fee payment: 7

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140217

Year of fee payment: 8

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313117

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term