JP2000204790A - 制振建物 - Google Patents

制振建物

Info

Publication number
JP2000204790A
JP2000204790A JP11004693A JP469399A JP2000204790A JP 2000204790 A JP2000204790 A JP 2000204790A JP 11004693 A JP11004693 A JP 11004693A JP 469399 A JP469399 A JP 469399A JP 2000204790 A JP2000204790 A JP 2000204790A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
wall
layer
building
down direction
seismic
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP11004693A
Other languages
English (en)
Inventor
Kazuo Tamura
和夫 田村
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Shimizu Construction Co Ltd
Shimizu Corp
Original Assignee
Shimizu Construction Co Ltd
Shimizu Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Shimizu Construction Co Ltd, Shimizu Corp filed Critical Shimizu Construction Co Ltd
Priority to JP11004693A priority Critical patent/JP2000204790A/ja
Publication of JP2000204790A publication Critical patent/JP2000204790A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Buildings Adapted To Withstand Abnormal External Influences (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】 建物への地震入力を低減させかつ連層耐震壁
の転倒モーメントを低減させる。 【解決手段】 各層に設けた耐震壁を上下方向に連続せ
しめて連層耐震壁1となす。その連層耐震壁1を平面視
において互いに直交する複数の壁体1x、1yに分断
し、それら壁体1x、1y間に上下方向ダンパー2を介
装する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、特に高層ないし超
高層建物に適用して好適な構造の制振建物に関する。
【0002】
【従来の技術】周知のように、30階を越えるような高
層ないし超高層建物では地震時における曲げ変形が剪断
変形よりも卓越したものとなるので、曲げ変形を抑制す
るために高剛性化する必要があり、たとえば建物の外周
部の架構の剛性を高めるチューブ構造や、建物の内部に
上下方向に連続する一連の耐震壁すなわち連層耐震壁を
設ける構造が提案されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところで、上記のよう
な高剛性のチューブ架構や連層耐震壁を備えた構造形式
の建物では建物に作用する地震力が増大することになる
し、また連層耐震壁の脚部には大きな転倒モーメントが
作用するので基礎部はそのような転倒モーメントによる
引抜力に対処し得るものとしなければならない。
【0004】上記事情に鑑み、本発明は建物に作用する
地震力を低減させかつ連層耐震壁の転倒モーメントを低
減させ得る有効な構造の制振建物を提供することを目的
としている。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明は、各層に設けた
耐震壁を上下方向に連続せしめて連層耐震壁となし、か
つ該連層耐震壁を平面視において互いに直交する複数の
壁体に分断し、それら壁体間に上下方向ダンパーを介装
してなるものである。
【0006】
【発明の実施の形態】図1は本発明の制振建物の基本構
成を示すものである。(a)は建物内部に設けた連層耐
震壁1の平面図、(b)はその立面図である。図1に示
す連層耐震壁1は互いに直交する複数の壁体すなわちx
方向に沿う2枚の壁体1xとy方向に沿う2枚の壁体1
yとに分断されており、それらの壁体1x、1y間に上
下方向ダンパー2が介装された構造とされている。
【0007】このような構造の連層耐震壁1が地震時に
(b)に示すように曲げ変形すると、地震力の入力方向
に沿う方向の壁体(図示例では1x)は曲げ変形を生
じ、入力方向に直交する方向の壁体(同、1y)は上下
方向にそれほど大きく変形しないので、それらの壁体1
x、1y間には上下方向の相対変形が生じ、その際には
各上下方向ダンパー2が自ずと作動することになる。し
たがってそれら上下方向ダンパー2により建物全体の振
動が抑制されて速やかに減衰させられ、その結果、地震
入力が低減し、建物全体の変形が抑制され、連層耐震壁
1の脚部すなわち基礎部に作用する転倒モーメントも低
減し、そのため基礎部の簡略化を図ることができ、この
種の建物の一層の高層化を実現することができる。
【0008】図2(a)〜(c)は本発明の制振建物に
おける連層耐震壁1の他の例であり、いずれも互いに直
交する方向に分断((a)および(c)は5分割、
(b)は7分割)した複数の壁体1x、1yにより連層
耐震壁1を構成し、各壁体1x、1y間に上下方向ダン
パー2を介装することで同様の効果が得られる。
【0009】図3〜図7に本発明の具体的な実施形態を
示す。
【0010】図3および図4は上下方向ダンパー2とし
て極軟鋼を用いたものである。すなわち、極軟鋼からな
る板体3を上下のフランジ板4間に取り付けた構成の上
下方向ダンパー2を採用し、フランジ板4を双方の壁体
1x、1yに埋設してアンカー筋5により定着してい
る。この場合、連層耐震壁1全体が曲げ変形した際には
図4に示すように極軟鋼からなる板体3が塑性変形して
振動エネルギーを吸収し振動減衰効果が得られる。な
お、図3および図4における符号6は双方の壁体1x、
1y間に設けられる各層のスラブであり、このスラブ6
はアンカー筋7により双方の壁体1x、1yに対して定
着されているが、双方の壁体1x、1yが上下方向に相
対変位する際にはスラブ6も変形可能となるようにスラ
ブ6と壁体1x、1yとの接合部に目地8を形成してお
くと良い。
【0011】図5は上下方向ダンパー2として粘弾性体
を用いたものである。すなわち、双方の壁体1x、1y
より複数の鋼板9を突出せしめ、それら鋼板9間に粘弾
性体10を接着状態で挟み込んだ構成の上下方向ダンパ
ー2を採用している。鋼板9はガセットプレート11お
よびアンカー筋12により双方の壁体1x、1yに定着
され、壁体1x、1yが上下方向に相対変位した際には
粘弾性体10の粘弾性変形により振動エネルギーが吸収
されて振動減衰効果が得られる。
【0012】図6は上下方向ダンパー2としてアンボン
ドブレースダンパーを用いたものである。すなわち、
(a)に示すように双方の壁体1x、1yの各層から交
互に梁13を突出せしめ、それら梁13の間にアンボン
ドブレースダンパー14を配置している。アンボンドブ
レースダンパー14はたとえば(b)に示すように帯板
状の鋼材15とそれを被覆するコンクリートからなる高
強度の被覆体16との間に粘弾性体17を介在させたも
の、もしくは(c)に示すように十字形断面の鋼材15
を同じくコンクリートからなる高強度の被覆体16を非
付着状態で取り付けてなるものが好適に採用可能であ
り、いずれも鋼材15の両端をそれぞれガセットプレー
ト18により梁13に対して強固に定着することで、地
震時に双方の壁体1x、1yが上下方向に相対変位した
際には被覆体16により鋼材15の座屈を防止しつつ塑
性変形を許容し、もって鋼材15あるいは粘弾性体7に
より振動エネルギーを吸収して振動減衰効果を得る構成
のものである。
【0013】図7は同様のアンボンドブレースダンパー
14を双方の壁体1x、1yの間に傾斜状態で配置した
ものであり、同様の効果が得られる。
【0014】なお、本発明は以上で例示したような極軟
鋼ダンパーや粘弾性体ダンパー、アンボンドブレースダ
ンパーに代えて、オイルダンパー等の他の形式のダンパ
ーも同様に採用可能であることは言うまでもない。
【0015】
【発明の効果】本発明は、各層に設けた耐震壁を上下方
向に連続せしめて連層耐震壁となし、その連層耐震壁を
平面視において互いに直交する複数の壁体に分断して各
壁体間に上下方向ダンパーを介装した構造であるので、
地震時に連層耐震壁が曲げ変形した際には壁体間に上下
方向の相対変形が生じ、それにより上下方向ダンパーが
自ずと作動して建物全体の振動を抑制し速やかに減衰さ
せ、その結果、建物に対する地震入力が低減し、建物全
体の変形が抑制され、連層耐震壁の脚部すなわち基礎部
に作用する転倒モーメントも低減し、そのため基礎部の
簡略化を図ることができ、この種の建物の一層の高層化
を実現することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明の制振建物の基本構成を示すもので、
連層耐震壁の一例を示す概略図である。
【図2】 同、連層耐震壁の他の例を示す概略図であ
る。
【図3】 本発明の制振建物の具体的な実施形態を示す
図である。
【図4】 同、連層耐震壁が相対変位した状態を示す図
である。
【図5】 本発明の制振建物の他の実施形態を示す図で
ある。
【図6】 同、さらに他の実施形態を示す図である。
【図7】 同、さらに他の実施形態を示す図である。
【符号の説明】
1 連層耐震壁 1x、1y 壁体 2 上下方向ダンパー

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 各層に設けた耐震壁を上下方向に連続せ
    しめて連層耐震壁となし、かつ該連層耐震壁を平面視に
    おいて互いに直交する複数の壁体に分断し、それら壁体
    間に上下方向ダンパーを介装してなることを特徴とする
    制振建物。
JP11004693A 1999-01-11 1999-01-11 制振建物 Pending JP2000204790A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11004693A JP2000204790A (ja) 1999-01-11 1999-01-11 制振建物

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11004693A JP2000204790A (ja) 1999-01-11 1999-01-11 制振建物

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000204790A true JP2000204790A (ja) 2000-07-25

Family

ID=11590981

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11004693A Pending JP2000204790A (ja) 1999-01-11 1999-01-11 制振建物

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000204790A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002194917A (ja) * 2000-12-25 2002-07-10 Building Research Institute フレームの耐震構造
JP2006176967A (ja) * 2004-12-21 2006-07-06 Takenaka Komuten Co Ltd 連層耐震壁構造
JP2011214338A (ja) * 2010-04-01 2011-10-27 Kajima Corp 曲げ変形制御型制震構造物
JP7438154B2 (ja) 2021-02-05 2024-02-26 大成建設株式会社 制振建物

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002194917A (ja) * 2000-12-25 2002-07-10 Building Research Institute フレームの耐震構造
JP2006176967A (ja) * 2004-12-21 2006-07-06 Takenaka Komuten Co Ltd 連層耐震壁構造
JP2011214338A (ja) * 2010-04-01 2011-10-27 Kajima Corp 曲げ変形制御型制震構造物
JP7438154B2 (ja) 2021-02-05 2024-02-26 大成建設株式会社 制振建物

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2001193311A (ja) 免震建物
JP2000204790A (ja) 制振建物
JP3170535B2 (ja) 制振構造
JPH11223041A (ja) 中低層建物や構造物の制震構造
JP2000328810A (ja) 制振架構
JPH10280725A (ja) 制振躯体構造
JP3807065B2 (ja) 柔剛混合構造物
JP3671311B2 (ja) 既存建築物の制振補強構造
JP2009281074A (ja) 建物の連結制震構造
JP2000204787A (ja) 制振建物
JPH08277650A (ja) 曲げ変形制御型制震構造物
JPH10292845A (ja) 弾塑性ダンパー
JP3228180B2 (ja) 制震構造物
JP3156061B2 (ja) 高層建物の制振構造
JPH11350776A (ja) 制振建築物
JP2519949B2 (ja) 耐震壁
JP3677721B2 (ja) 制振架構方式
JPH0412219Y2 (ja)
JP2715710B2 (ja) 制振機能を持つ偏心ブレース構造
JP3213894B2 (ja) 構造部材と制振構造物
JP2002295050A (ja) 高層建物
JPS63293284A (ja) 制振建物
JP2002227450A (ja) メガフレーム架構の制震構造
JP3171092B2 (ja) 建物の制振構造
JP3116824B2 (ja) 梁ダンパ構造

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050224

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050419

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20050816