JP2000179113A - 竪樋支持具 - Google Patents

竪樋支持具

Info

Publication number
JP2000179113A
JP2000179113A JP10354583A JP35458398A JP2000179113A JP 2000179113 A JP2000179113 A JP 2000179113A JP 10354583 A JP10354583 A JP 10354583A JP 35458398 A JP35458398 A JP 35458398A JP 2000179113 A JP2000179113 A JP 2000179113A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
indoor side
elastic member
shaped arm
down pipe
fixing part
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP10354583A
Other languages
English (en)
Inventor
Shoichi Kimura
正一 木村
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sekisui Chemical Co Ltd
Original Assignee
Sekisui Chemical Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sekisui Chemical Co Ltd filed Critical Sekisui Chemical Co Ltd
Priority to JP10354583A priority Critical patent/JP2000179113A/ja
Publication of JP2000179113A publication Critical patent/JP2000179113A/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 表面が凹凸状になっている壁面であって
も、竪樋支持具の固定部がほぼ水平に取り付けられ、竪
樋支持具のコ字形アームの中心の芯ズレが発生せず、取
付が簡単な竪樋支持具を提供するものである。 【解決手段】 竪樋4を挟持できるコ字形アーム1と、
このコ字形アーム1の屋内側部のほぼ中央部に設けられ
た固定部2と、弾性部材3とからなる竪樋支持具Aにお
いて、固定部2の屋内側面に弾性部材3が取り付けられ
ているものである。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、建物の壁等に取着
固定されて竪樋を保持する竪樋支持具に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、竪樋を保持する竪樋支持具には種
々な構造のものがあるが、実開平3−41027号公報
に記載されている竪樋支持具が知られている。この竪樋
支持具は、竪樋の屋内側の外周面に当接するコ字形アー
ムと、このコ字形アームの屋内側部のほぼ中央部に設け
られた固定部とからなり、このコ字形アームの周方向に
外方へ突曲した補強溝が設けられ、コ字形アームのコー
ナー部に面取部が設けられているものである。この竪樋
支持具は、竪樋を挟持する保持力が強く、しかも、コ字
形アームのコーナー部に応力が集中し難いものである。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところが、近年、建物
の外壁には各種のデザインのものが使われ、デザインに
よっては、壁面が凹凸状になっているものがある。上記
の実開平3−41027号公報記載の竪樋支持具では、
コ字形アームの屋内側部に設けられた固定部はほぼ水平
に板状であるため、表面が凹凸状になっている壁面に竪
樋支持具を取り付けると、固定部が壁面に対してほぼ水
平にならず、傾斜して取り付けられ、竪樋支持具のコ字
形アームの中心の芯ズレが発生し、竪樋の取付が困難に
なるという問題があった。
【0004】そこで、本発明の目的は、上記問題に着目
してなされたもので、表面が凹凸状になっている壁面で
あっても、竪樋支持具の固定部がほぼ水平に取り付けら
れ、竪樋支持具のコ字形アームの中心の芯ズレが発生せ
ず、取付が簡単な竪樋支持具を提供するものである。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明は上記の目的を達
成するためになされたもので、竪樋を挟持できるコ字形
アームと、このコ字形アームの屋内側部のほぼ中央部に
設けられた固定部と、弾性部材とからなる竪樋支持具に
おいて、固定部の屋内側面に弾性部材が取り付けられて
いるものである。
【0006】本発明におけるコ字形アームの形状は、竪
樋を挟持できれば、適宜な形状のものでよく、例えば、
竪樋の外周面に合わせた帯状体にして、竪樋のほぼ全体
を挟持できるようなものでもよく、又、コ字形アームの
帯状体の両先端部に係止凸部を設け、両側壁面に係止溝
が設けられた竪樋を、この係止溝から屋内側の外周面を
挟持するようなものにしてもよい。
【0007】尚、係止凸部を設ける場合は、コ字形アー
ムの両先端部を内側に折り曲げて先端部を丸みをおびた
係止凸部にすると、簡単に、係止溝に嵌めることがで
き、係止凸部で係止溝に傷を付けることがないので、好
ましい。又、この帯状体は一体ものでもよく、帯状体で
右アーム、左アームの2つに分けて、連結部材で繋いだ
ものでもよい。
【0008】コ字形アームの材質は、金属、合成樹脂等
適宜なものでよく、例えば、金属にすると、頑丈で、耐
久性が増すので、好ましく、合成樹脂にすると、軽量で
あるので、好ましい。
【0009】本発明における固定部の形状は、固定部が
壁面に固定することができれば、適宜なものでよく、例
えば、ほぼ水平の横長の長方形の平板で、この平板に直
接コ字形アームの屋内側面が取り付けられていてもよ
く、又、ほぼ水平の平板の屋外側面のほぼ中央部から屋
外側方に向けて連結部材が取り付けられ、この連結部材
で固定部とコ字形アームとを繋いだものでもよい。連結
部材を用いると、出寸法を調節することができるので、
好ましい。
【0010】固定部の大きさは、両端部に取付孔を設
け、取付孔に釘、ビス等を差し込んで、釘、ビス等を打
ち込めることができれば、適宜の大きさでよく、例え
ば、横長の長方形の平板の横方向の長さをコ字形アーム
の横方向の長さより若干長くし、固定部の両端部でコ字
形アームの横方向の長さの外側に取付孔を設けておく
と、取付孔に釘、ビス等で竪樋支持具を取り付けると
き、釘、ビス等を打ち易いので、好ましい。又、縦方向
の長さはコ字形アームの縦方向の長さとほぼ同じにして
おくとよい。
【0011】本発明における弾性部材の材質は、弾性変
形領域内で変形するものであれば、適宜な材質でよく、
例えば、ポリエチレン等の合成樹脂を発泡成形して得ら
れる独立気泡発泡体にすると、変形し易く、表面が凹凸
状になっている壁材に馴染み易いので、好ましい。
【0012】本発明における弾性部材の形状は、固定部
の屋内側面に取り付けることはできれば、適宜な形状で
よく、例えば、弾性部材を直方体状で、固定部とほぼ同
じ大きさにしておくと、一方の面をほぼ水平な固定部に
取りつけ、他方の面を凹凸状の壁面に取り付けることが
できるので、好ましい。又、直方体状で、他方の面を凸
状にしたり、凹状にしたり、帯状の独立気泡発泡体を蛇
腹状にしてもよい。凸状、凹状にすると、一部分に凹凸
がある壁面に対応でき、蛇腹状にすると、独立気泡発泡
体の使用量を少なくすることができるので、好ましい。
【0013】弾性部材の固定部への取付方法は、弾性部
材を固定部の屋内側面に取り付けることができれば、適
宜な方法でよく、例えば、弾性部材の固定部の屋外側面
への当接面に接着剤を塗布し、弾性部材に固定部を接着
すると、簡単に取り付けることができるので、好まし
い。
【0014】(作用)本発明の竪樋支持具は、固定部の
屋内側面に弾性部材が取り付けられているから、弾性部
材を屋内側にして、凹凸状の壁面に取り付けると、固定
部に取り付けられ弾性部材が壁面の凹凸に対応して、弾
性変形領域内で変形されることによって、固定部をほぼ
水平に取り付けることができる。
【0015】
【発明の実施の形態】本発明の一実施例を図1及び図2
に基づいて説明する。図1は竪樋支持具の斜視説明図で
ある。図2は竪樋支持具が凹凸状の壁面に取り付けられ
た状態を示す説明図である。
【0016】図1に示すように、Aは竪樋支持具であ
り、この竪樋支持具Aは、竪樋4の屋内側の外周面に当
接するコ字形アーム1と、固定部2と、連結部材5と、
弾性部材3とからなっている。コ字形アーム1は、金属
製の帯状体で開口部が屋外側に向けられており、両屋外
側先端部は互いに内側に向けられた係止部11が設けら
れている。このコ字形アーム1で竪樋4を挟持できるよ
うになされている。連結部材5は、2枚の小板で、コ字
形アーム1の屋内側外周面のほぼ中央部からほぼ平行し
て屋内側に突設されている。この連結部材5の屋内側端
部が固定部2の屋外側面のほぼ中央部に取り付けられて
いる。
【0017】固定部2は、ほぼ水平の横長の長方形の平
板で、両端部の上部と下部に1個づつの取付孔21が設
けられている。この平板の横方向の長さはコ字形アーム
1の横方向の長さより若干長くされており、縦方向の長
さはコ字形アームの縦方向の長さとほぼ同じになされて
いる。
【0018】図2に示すように、弾性部材3は、ポリエ
チレン樹脂を発泡して得られる厚みがほぼ10mmの横
長の直方体状の独立気泡発泡体で、固定部2の大きさと
ほぼ同じ大きさになされている。この弾性部材3は、固
定部2の屋内側面に接着剤で接着されている。この弾性
部材3には、固定部2の取付孔21に対応して、取付孔
31が設けられている。固定部2の取付孔21と弾性部
材3の取付孔31とに釘6を差し込んで、壁面7に打ち
込んで、竪樋支持具Aを壁面7に取り付けられるように
なされている。
【0019】次に、一実施例の竪樋支持具Aの取付方法
を説明しながら、作用を説明する。先ず、固定部2の屋
内側面に弾性部材3を接着した竪樋支持具Aを用意す
る。次に、軒先の壁面7に竪樋支持具Aを取り付ける位
置を決める。次に、固定部2の4個の取付孔21と弾性
部材3の取付孔31とに順次釘6を差し込み、固定面7
に打ち込んで、竪樋支持具Aを壁面7に取り付ける。次
に、竪樋支持具Aのコ字形アーム1を拡げながら、竪樋
4をコ字形アーム1に嵌め込んで、竪樋4を竪樋支持具
Aに取り付ける。
【0020】このようにすると、固定部2の屋内側面に
弾性部材3が取り付けられているから、弾性部材3を屋
内側にして、凹凸状の壁面7に取り付けると、固定部2
に取り付けられ弾性部材3が壁面7の凹凸に対応して、
弾性変形領域内で変形されることによって、固定部をほ
ぼ水平に取り付けることができる。
【0021】次に、他の実施例を図3に基づいて説明す
る。図3は竪樋支持具の斜視説明図である。
【0022】他の実施例の構造を、図1の一実施例の構
造と比較すると、図3に示すように、弾性部材3aの形
状が異なるだけでその他はほとんど同様である。従っ
て、異なる点のみ説明する。
【0023】図3に示すように、Bは竪樋支持具であ
り、この竪樋支持具Bは、竪樋4の屋内側の外周面に当
接するコ字形アーム1と、固定部2と、連結部材5と、
弾性部材3aとからなっている。
【0024】弾性部材3aは、薄板状のステンレス板よ
りなる帯状体が蛇腹状にして固定部2の屋内側面に固着
されている。この蛇腹状の帯状体は、固定部2の大きさ
とほぼ同じ大きさになされている。この弾性部材3aに
は、固定部2の取付孔21に対応して、取付孔31aが
設けられている。固定部2の取付孔21と弾性部材3a
の取付孔31aとに釘6を差し込んで、壁面7に打ち込
んで、竪樋支持具Bを壁面7に取り付けられるようにな
されている。
【0025】他の実施例の取付方法と作用はほとんど同
じであるので、省略する。
【0026】以上、本発明実施例を図面に基づいて説明
してきたが、具体的な構成はこの実施例の限られるもの
ではなく本発明の要旨を逸脱しない範囲の設計変更等が
あっても本発明に含まれる。例えば、一実施例におい
て、弾性部材3が横長の直方体状の独立気泡発泡体であ
ったが、屋内側面が真っ直ぐになされておらず、凹状、
又は、凸状の円弧状になされていてもよい。
【0027】
【発明の効果】以上、説明してきたように、本発明の竪
樋支持具は、固定部の屋内側面に弾性部材が取り付けら
れているから、弾性部材を屋内側にして、凹凸状の壁面
に取り付けると、固定部に取り付けられ弾性部材が壁面
の凹凸に対応して、弾性変形領域内で変形されることに
よって、固定部をほぼ水平に取り付けることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例を示すもので、竪樋支持具の
斜視説明図である。
【図2】本発明の一実施例を示すもので、竪樋支持具が
凹凸状の壁面に取り付けられた状態を示す説明図であ
る。
【図3】本発明の他の実施例を示すもので、竪樋支持具
の斜視説明図である。
【符号の説明】
A、B 竪樋支持具 1 コ字形アーム 11 係止部 2 固定部 21 取付孔 3、3a 弾性部材 31、31a 取付孔 4 竪樋 5 連結部材 6 釘 7 壁面

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 竪樋を挟持できるコ字形アームと、この
    コ字形アームの屋内側部のほぼ中央部に設けられた固定
    部と、弾性部材とからなる竪樋支持具において、 前記固定部の屋内側面に弾性部材が取り付けられている
    ことを特徴とする竪樋支持具。
JP10354583A 1998-12-14 1998-12-14 竪樋支持具 Granted JP2000179113A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10354583A JP2000179113A (ja) 1998-12-14 1998-12-14 竪樋支持具

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10354583A JP2000179113A (ja) 1998-12-14 1998-12-14 竪樋支持具

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000179113A true JP2000179113A (ja) 2000-06-27

Family

ID=18438540

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10354583A Granted JP2000179113A (ja) 1998-12-14 1998-12-14 竪樋支持具

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000179113A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009030305A (ja) * 2007-07-26 2009-02-12 Panasonic Electric Works Co Ltd 雨樋保持具
CN103243874A (zh) * 2013-04-22 2013-08-14 河南天丰节能板材科技股份有限公司 光伏屋面转接夹具及使用该转接夹具的光伏屋面结构

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009030305A (ja) * 2007-07-26 2009-02-12 Panasonic Electric Works Co Ltd 雨樋保持具
CN103243874A (zh) * 2013-04-22 2013-08-14 河南天丰节能板材科技股份有限公司 光伏屋面转接夹具及使用该转接夹具的光伏屋面结构
CN103243874B (zh) * 2013-04-22 2015-11-11 河南天丰节能板材科技股份有限公司 光伏屋面转接夹具及使用该转接夹具的光伏屋面结构

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5904023A (en) Steel stud stabilizing clip
JP2000179113A (ja) 竪樋支持具
JP3542048B2 (ja) 建築物用内装材
JPH11190092A (ja) 天井野縁の連結具
CN215212068U (zh) 装饰板安装结构
CN211341540U (zh) 一种瓷砖连接架及其瓷砖结构
CN216522035U (zh) 一种连接结构及空调室内机
KR200242582Y1 (ko) 윈도우 프레임의 연결대
JP2565504Y2 (ja) 軒樋取付金具
JP3850592B2 (ja) 壁パネルの接合構造
JP3598393B2 (ja) 化粧パネルの取付金物及び取付け工法
JP3010302U (ja) ディスプレイ装置のパネルの取付具
JP2000274028A (ja) 竪樋支持具
JP2526367B2 (ja) 縦葺き屋根構造
JPH0650590Y2 (ja) エキスパンション下地構造
US20190003503A1 (en) Strip and slot bonded joint
JP2559492Y2 (ja) 軒樋の取付構造
JP3418249B2 (ja) 軒端部被覆材の連結部材
JP2000328742A (ja) 竪樋支持具
JP4834396B2 (ja) 外囲体及び外囲体構築工法及び支持金具
JP2545547Y2 (ja) 建築用板の敷設構造
KR0173838B1 (ko) 내하중 단열 벽체 및 내하중 지지핀
JPH0649744Y2 (ja) 目地棒の取付構造
JP3884662B2 (ja) 接続構造
JP2502398Y2 (ja) 壁パネルの取付構造

Legal Events

Date Code Title Description
A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20040512