WO2006080132A1 - 等速ジョイントのシャフト抜け防止構造 - Google Patents

等速ジョイントのシャフト抜け防止構造 Download PDF

Info

Publication number
WO2006080132A1
WO2006080132A1 PCT/JP2005/021354 JP2005021354W WO2006080132A1 WO 2006080132 A1 WO2006080132 A1 WO 2006080132A1 JP 2005021354 W JP2005021354 W JP 2005021354W WO 2006080132 A1 WO2006080132 A1 WO 2006080132A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
shaft
ring
retaining ring
contact
constant velocity
Prior art date
Application number
PCT/JP2005/021354
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
Minoru Ishijima
Original Assignee
Ntn Corporation
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2005021679A priority Critical patent/JP4964417B2/ja
Priority to JP2005-021679 priority
Application filed by Ntn Corporation filed Critical Ntn Corporation
Publication of WO2006080132A1 publication Critical patent/WO2006080132A1/ja

Links

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16DCOUPLINGS FOR TRANSMITTING ROTATION; CLUTCHES; BRAKES
    • F16D3/00Yielding couplings, i.e. with means permitting movement between the connected parts during the drive
    • F16D3/16Universal joints in which flexibility is produced by means of pivots or sliding or rolling connecting parts
    • F16D3/20Universal joints in which flexibility is produced by means of pivots or sliding or rolling connecting parts one coupling part entering a sleeve of the other coupling part and connected thereto by sliding or rolling members
    • F16D3/22Universal joints in which flexibility is produced by means of pivots or sliding or rolling connecting parts one coupling part entering a sleeve of the other coupling part and connected thereto by sliding or rolling members the rolling members being balls, rollers, or the like, guided in grooves or sockets in both coupling parts
    • F16D3/223Universal joints in which flexibility is produced by means of pivots or sliding or rolling connecting parts one coupling part entering a sleeve of the other coupling part and connected thereto by sliding or rolling members the rolling members being balls, rollers, or the like, guided in grooves or sockets in both coupling parts the rolling members being guided in grooves in both coupling parts
    • F16D3/224Universal joints in which flexibility is produced by means of pivots or sliding or rolling connecting parts one coupling part entering a sleeve of the other coupling part and connected thereto by sliding or rolling members the rolling members being balls, rollers, or the like, guided in grooves or sockets in both coupling parts the rolling members being guided in grooves in both coupling parts the groove centre-lines in each coupling part lying on a sphere
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16DCOUPLINGS FOR TRANSMITTING ROTATION; CLUTCHES; BRAKES
    • F16D1/00Couplings for rigidly connecting two coaxial shafts or other movable machine elements
    • F16D1/10Quick-acting couplings in which the parts are connected by simply bringing them together axially
    • F16D1/108Quick-acting couplings in which the parts are connected by simply bringing them together axially having retaining means rotating with the coupling and acting by interengaging parts, i.e. positive coupling
    • F16D1/116Quick-acting couplings in which the parts are connected by simply bringing them together axially having retaining means rotating with the coupling and acting by interengaging parts, i.e. positive coupling the interengaging parts including a continuous or interrupted circumferential groove in the surface of one of the coupling parts
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16DCOUPLINGS FOR TRANSMITTING ROTATION; CLUTCHES; BRAKES
    • F16D1/00Couplings for rigidly connecting two coaxial shafts or other movable machine elements
    • F16D1/10Quick-acting couplings in which the parts are connected by simply bringing them together axially
    • F16D2001/103Quick-acting couplings in which the parts are connected by simply bringing them together axially the torque is transmitted via splined connections
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16DCOUPLINGS FOR TRANSMITTING ROTATION; CLUTCHES; BRAKES
    • F16D3/00Yielding couplings, i.e. with means permitting movement between the connected parts during the drive
    • F16D3/16Universal joints in which flexibility is produced by means of pivots or sliding or rolling connecting parts
    • F16D3/20Universal joints in which flexibility is produced by means of pivots or sliding or rolling connecting parts one coupling part entering a sleeve of the other coupling part and connected thereto by sliding or rolling members
    • F16D3/22Universal joints in which flexibility is produced by means of pivots or sliding or rolling connecting parts one coupling part entering a sleeve of the other coupling part and connected thereto by sliding or rolling members the rolling members being balls, rollers, or the like, guided in grooves or sockets in both coupling parts
    • F16D3/223Universal joints in which flexibility is produced by means of pivots or sliding or rolling connecting parts one coupling part entering a sleeve of the other coupling part and connected thereto by sliding or rolling members the rolling members being balls, rollers, or the like, guided in grooves or sockets in both coupling parts the rolling members being guided in grooves in both coupling parts
    • F16D2003/22313Details of the inner part of the core or means for attachment of the core on the shaft

Abstract

 従来等速ジョイントでシャフトと内輪の安価な結合仕様では、分解を容易にするものとしないものとの仕様を選択ができなかった。  シャフトの止め輪溝のシャフト端面側の壁の角度をα、内輪に形成した当接部の角度をβとし、両角度の関係を0°<α≦βとし、要求仕様に合わせてシャフトと内輪を組み合わせて組み立てる。

Description

明 細 書
等速ジョイントのシャフト抜け防止構造
技術分野
[0001] 本発明は、例えば自動車の駆動系に組み込み、非直線上に存在する回転軸同士 の間で、等速に回転力の伝達を行う等速ジョイントに使用される、等速ジョイントのシ ャフト抜け防止構造に関するものである。
背景技術
[0002] 自動車の駆動系等に組み込む等速ジョイントにおいては、ブーツ交換等の整備工 数の簡素化を目的に、ジョイント内部部品とシャフトとを分解可能に嵌合させた抜け 止め構造が従来力 採用されている。その構造は、シャフトの端部に溝を形成し、こ の溝に止め輪を設けて、止め輪の弾性拡開によりジョイント内部部品に形成した当接 面と係合させる。そして、シャフトを引き抜く際に止め輪と干渉する当接面に角度を設 けて、止め輪との干渉力の分力により止め輪を縮径させて嵌合を外すという仕組みに して ヽる(特許文献 1、特許文献 2)。
特許文献 1:特開平 08— 68426号公報
特許文献 2:実公昭 64— 5124号公報
発明の開示
発明が解決しょうとする課題
[0003] 特許文献 1においては、止め輪装着位置をシャフトの非端面側とし、内輪の端面に 止め輪を縮径させるための工具係合溝を設けることにより、組み立ておよび分解が可 能な構造としているが、この場合、内輪の工具係合溝の加工に時間と費用を費やさ ねばならなかった。
[0004] また、特許文献 2においては、止め輪を縮径させてシャフトを抜けるようにすることが 開示されているが、抜ける仕様と抜けない仕様を成立させるための当接部の角度を どの様に管理する力示されて 、なかった。
[0005] 本発明は、上記課題に鑑みて、内輪の種類を増やすことなぐまた、部品の混入を 回避しやすい等速ジョイントのシャフト抜け防止構造を提供する。 課題を解決するための手段
[0006] 本発明の等速ジョイントのシャフト抜け防止構造は、シャフトの挿入孔を有した等速 ジョイントの内輪と、内輪の挿入孔内に位置するリング状の止め輪を有したシャフトと 、止め輪溝に設けられた止め輪と、シャフトに引き抜き方向の力が加わった時に、止 め輪に縮径方向の力を付与する内輪に形成された当接部と、止め輪に拡径方向の 力を付与するシャフトに形成された当接部とを備え、シャフトの当接部を前記止め輪 溝の壁として、各当接部の傾斜角度を、シャフトの引き抜き方向に対して直角な面を 基準にして、止め輪溝の壁の角度をひ、内輪の当接部の角度を j8とし、両角度 α , βの関係を 0° < α≤ βとしたものである。
[0007] 内輪の当接部を角度 13に固定し、シャフトと内輪を抜けにくくする場合は、 = 13と なるように近づけることにより、シャフトを引き抜こうとしても止め輪と当接部が干渉して 抜けなくなるものである。
[0008] 特に、シャフトと内輪が分解しにくい仕様にしたいときは、 0° ≤ ( |8— « )≤19° と することにより、止め輪を剪断せずに分解することが困難となる。
[0009] また、シャフトと内輪が分解しやすい仕様としたい場合は、両角度の関係を、 19° く(j8— α )とすることにより、シャフトを引き抜こうとすると止め輪を縮径させる方向に 分力が働き容易に引き抜くことができる。つまり、シャフトの当接部の角度 αの設定を 変更するだけで、分解しにくい仕様と、分解しやすい仕様とすることができる。
[0010] 当接部を内輪のスプライン端部に形成することもできるし、スプラインに形成すること ちでさる。
発明の効果
[0011] 本発明は、止め輪に拡径方向の力を付与するシャフトに形成された当接部と、止め 輪に縮径方向の力を付与する内輪に形成された当接部とを備え、シャフトの当接部 を前記止め輪溝の壁として、各当接部の傾斜角度を、シャフトの引き抜き方向に対し て直角な面を基準に、止め輪溝の壁の角度を α、内輪の当接部の角度を j8とし、両 角度 a , j8の関係を 0° < α≤ β とすることにより、シャフトと内輪を着脱できる場合 と、着脱できな 、場合に選択して組み立てることができる。
[0012] すなわち、 α = βに近づけることにより、シャフトを引き抜こうとしても止め輪が干渉 して抜けることがない。また、 α < j8とし、差を大きくすることにより、シャフトを引き抜こ うとすると止め輪を縮径する方向に分力が働き、止め輪溝内に止め輪が縮径され容 易に引き抜くことができる。
[0013] したがって、シャフトを内輪から抜けるようにする仕様と、抜けな!/、ようにする仕様の 複数の等速ジョイントを製造するときには、内輪側の角度 βを一定にしておいて、カロ ェがしゃすいシャフト側の角度 aを変更することにより、複数の組み合わせに対応が でき、内輪を共用化できるので部品単価の低減が図れる。また、一つの内輪に対し て複数のシャフトを管理すれば良ぐ内輪、シャフトともに異なった角度のものを製造 して、部品管理するのに比べ、部品管理の種類が減り、間違えて当接部の角度の違 うものを混入したり、内輪とシャフトの組み合わせを間違えないように管理する工数を 低減できる。
図面の簡単な説明
[0014] [図 1]本発明の第一の実施の形態を示す等速ジョイントの部分断面図
[図 2]図 1の A部拡大図
[図 3]図 2のシャフトと内輪の組み立て前状態を示す断面図
[図 4]図 2相当のシャフトの当接部の角度 を大きくした場合の断面図
[図 5]本発明の第二の実施の形態を表す図 2相当の断面図
[図 6]図 5のシャフトと内輪の組み立て前の状態を示す断面図
[図 7]図 4相当のシャフトの当接部の角度 を大きくした場合の断面図
符号の説明
[0015] 1 固定式等速ジョイント
2 外輪
3 内輪
6 シャフト
7, 8 案内溝
9 挿入孔
10, 11 スプライン
12 止め輪溝 13 止め輪
14 大きな径
16, 18 当接部
17 溝
発明を実施するための最良の形態
[0016] 以下本発明の第一の実施の形態を図 1〜図 3ならびに図 4を参考に説明するが、 第一の実施の形態は、内輪のスプライン端部に止め輪との当接部を設けた例を示す 。なお、説明の都合上、先端側といった場合は図中左側を、反先端側といった時は 図中右側を示すものとして説明をする。
[0017] 図 1において、固定式等速ジョイント 1は、外輪 2と、内輪 3と、トルク伝達用ボール 4 と、トルク伝達用ボール 4の保持器 5とから構成されている。そして、内輪 3にトルクを 伝達するシャフト 6を嵌合して取付けている。等速ジョイントは、固定式等速ジョイント 1に限定されることなく、摺動式等速ジョイントであっても良 、。
[0018] 外輪 2は、球面状の内径面に曲線状の案内溝 7を軸方向に多数形成している。内 輪 3は、球面状の外径面に曲線状の案内溝 8を軸方向に多数形成すると共に、シャ フト 6を嵌合するための挿入孔 9が軸方向に形成されている。挿入孔 9の内周面には 、軸方向にスプライン 10が形成されている。外輪 2の内面に内輪 3を設けて、両案内 溝 7, 8で協働して形成されるボールトラックにトルク伝達用ボール 4を保持器 5を介し て位置させて固定式等速ジョイントを形成して 、る。
[0019] シャフト 6の端部外周には、図 2,図 3に示すように、内輪 3の揷入孔 9に形成したス プライン 10と係合する軸方向に延びたスプライン 11を形成して結合させて 、る。
[0020] シャフト 6の先端側に位置するスプライン 11の外周には、内輪のスプライン 10と嵌 合した際に、止め輪が縮径して内輪のスプライン 10の小径内を通ることができるよう に、縮径した止め輪が干渉しない深さとなるリング状の止め輪溝 12が図 2,図 3に示 すように形成されている。止め輪 12の位置は、前記挿入溝 9の長さの範囲内にあれ ばよぐシャフト 6の先端でスプライン 11が終了した位置にあってもよい。
[0021] 止め輪溝 12内に、断面円形のリング状の止め輪 13が設けられている。止め輪 13 は、リング状ではあるが一部が切欠されており、止め輪溝 12の内面へ縮径して入り込 むようになっている。止め輪 13は、縮径の力が付与されない状態において、シャフト 6 の外径 (スプライン 11を含んだ外径)よりも外方へ一部が飛び出して!/ヽる。
[0022] 止め輪溝 12の先端側の壁は、シャフト 6に引き方向の力が加わった時に止め輪 13 が当接する当接部 12aで、溝の根元から開口端にかけて、シャフト 6の引き抜き方向 に対して直角の面を基準に角度 αとして傾斜している。当接部 12aは、溝の根元と開 口端の途中から傾斜させてもょ ヽ。
[0023] 挿入孔 9のシャフト 6の先端部側には、拡径加工を行って、挿入孔 9よりも大きな径 1 4をテーパ 15とともに形成している。この大きな径 14は、挿入孔 9に設けたスプライン 10の端部と連続して形成されて 、る。スプライン 10の端部は傾斜して形成されて ヽ る。
[0024] シャフト 6の内輪 3への取付は、止め輪 13を止め輪溝 12に配置して、止め輪 13を 縮径させた後に、シャフト 6を挿入孔 9に挿入する。この時、挿入孔 9のスプライン 10 の端面と止め輪 13とが当接しながらシャフト 6を挿入孔 9に挿入していく(図 3矢印 A 方向)。そして、内輪 3の挿入孔 9をシャフト 6の先端が抜ける位置になると、内輪 3の 挿入孔 9の反先端側の端部とシャフト 6が当接して挿入が阻止される。
[0025] シャフト 6の前記揷入孔 9への挿入が止まる箇所において、止め輪 13が大きな径 1 4に位置することになり、スプライン 10との当接がなくなるため、縮径されていた止め 輪 13が弾性により拡径する。止め輪 13が拡径すると、止め輪 13の外周面側が大き な径 14に弾性力で当接して保持される。止め輪 13は、この状態では完全に拡開し ておらず大きな径 14と当接して、シャフト 6の外径よりも止め輪 13の一部が突出する だけである。したがって、シャフト 6を図 2矢印 B方向に引き抜こうとすると、スプライン 1 0と大きな径 14との連続した面に止め輪 13との当接部 16が形成される。
[0026] 当接部 16は、スプライン 10の軸方向範囲外の先端側に位置する。図 2の矢印 B方 向へシャフト 6を移動させて、シャフト 6を抜こうとした時に当接する当接部 16は、シャ フト 6の引き抜き方向に対して直角な面を基準に角度 j8で傾斜して 、る。当接部 16 は、リング状の止め輪 13の外周側と当接するように傾斜している。この当接部 16は、 スプライン 10の端部の傾斜面と大きな径 14とで形成している。
[0027] そして、当接部 12a, 16の角度 α , は、次の関係にある。 0° < α≤ β
[0028] 角度 j8は、止め輪 13の外周面と当接して、止め輪 13を縮径させる分力を与える。
また、角度 αは、止め輪 13の内周面と当接して、止め輪 13を拡径させる分力与える
[0029] 例えば、 α j8の場合は、図 4で示すように、シャフト 6の引き抜き時に、止め輪 13 が当接する当接部 12a, 16がほぼ平行となり、止め輪 13に作用する力 Fl , F2が干 渉しあって止め輪 13を縮径させる分力が生じにくいため、止め輪 13を剪断しないと シャフト 6と内輪 3とを分解することができない。
[0030] 特に、出願人が実験したところ、 0° ≤ ( β - α )≤19° という条件では、止め輪 13 を剪断せずに分解することが困難であった。したがって、シャフト 6と内輪 3とを分解し にくい仕様を選択するときは、この範囲の a、 βを組み合わせればよい。
[0031] また、出願人の実験によれば、 19° < ( j8— α )という条件にすると、図 2矢印 Β方 向にシャフト 6を引き抜く時に、止め輪 13との当接部 12a, 16に働く力 F3, F4が平行 になることが無いので、止め輪 13に作用する力として、止め輪 13を縮径させる分力 が生じるため、容易にシャフト 6と内輪 3とを分解することができた。したがって、シャフ ト 6と内輪 3とを分解する仕様を選択するときは、この範囲の oc、 βを組み合わせれば よい。
[0032] すなわち、当接角度を |8に固定された内輪 3と、当接角度を αで形成した複数のシ ャフト 6を準備することにより、内輪 3とシャフト 6の組み合わせで、内輪 3とシャフト 6の 分解が容易にできるものとできないものとの仕様を選択できる。勿論これら角度の選 択で内輪 3とシャフト 6とが分解できる仕様とした場合においても、工具を使わないで 内輪とシャフトとを分解することはむずかし 、仕様にして 、る。
[0033] 特に等速ジョイントの内輪 3に異なった当接角度のものを多数準備して管理するの に比べて、管理工数が削減でき、全体で安価にできる。
[0034] 次に第二の実施の形態を図 5〜図 7を参考に説明するが、第一の実施の形態と同 一構成については同一の番号を付与してその詳細な説明を省略する。第二の実施 の形態は、内輪のスプラインに止め輪との当接部を設けた例を示す。なお、説明の 都合上、先端側といった場合は図中左側を、反先端側といった時は図中右側を示す ものとして説明をする。
[0035] 内輪 3に形成された挿入孔 9のスプライン 10の先端側の途中にはシャフト 6と直角 方向に延びたリング状の溝 17を形成している。溝 17の深さは、スプライン 10の高さよ りも若干深く形成されている。溝 17は、止め輪 13を受け入れることのできる大きさに 形成されており、シャフト 6が内輪 3の挿入孔 9に嵌合された状態で、前述の止め輪溝 12の開口と溝 17の開口が対向している。
[0036] 溝 17の反先端側の壁は根元側が先端側になるように傾斜して 、る。この傾斜した 壁は、シャフト 6の引き抜き方向の力が付与された時の止め輪 13との当接部 18となる 。この当接部 18の傾斜角度をシャフト 6の弓 Iき抜き方向に対して直角な面を基準に 角度 ι8とする。当接部 18は、止め輪 13の外周側に当接するように傾斜している。
[0037] シャフト 6の内輪 3への取付は、止め輪 13を止め輪溝 12に配置して、止め輪 13を 縮径させた後に、シャフト 6を挿入孔 9に挿入する。この時、挿入孔 9のスプライン 10 の端面と止め輪 13とが当接しながらシャフト 6を挿入孔 9に挿入していく(図 6矢印 A 方向)。そして、内輪 3の挿入孔 9をシャフト 6の先端が抜ける位置になると、挿入孔 9 の反先端側の端部がシャフト 6と当接して挿入が阻止される。
[0038] シャフト 6の前記揷入孔 9への挿入が止まる箇所にお!、て、スプライン 10の内径と の当接がなくなるため、縮径されていた止め輪 13が弾性により拡径する。止め輪 13 が拡径すると、止め輪 13の外周面側が溝 17に一部が突出するので、シャフト 6を図 5 矢印 B方向に引き抜こうとすると、当接部 18と止め輪 13が当接する。
[0039] そして、当接部 12a, 18の角度 oc , は、第一の実施の形態と同じ条件にすると、
0;^ |8、または、0° ≤ ( |8—ひ)≤19° という条件では、図 7で示すように、止め輪 1 3に作用する力 F5, F6 (図 7参照)が干渉しあって、止め輪 13を剪断しないとシャフト 6と内輪 3を分解することができない。
[0040] また、 19° く(j8— α )という条件においては、止め輪 13に作用する力 F7, F8 (図 5参照)として、止め輪 13を縮径方向(シャフトの中心軸方向)に移動させる分力が生 じるため、容易にシャフト 6と内輪 3を分解することができる。
[0041] すなわち、第一の実施の形態と同じ作用効果を得ることができる。

Claims

請求の範囲
[1] シャフトの挿入孔を有した等速ジョイントの内輪と、
内輪の挿入孔内に位置するリング状の止め輪溝を有したシャフトと、
止め輪溝に設けられた止め輪と、
シャフトに引き抜き方向の力が加わった時に、止め輪に縮径方向の力を付与する 内輪に形成された当接部と、止め輪に拡径方向の力を付与するシャフトに形成され た当接部とを備え、
シャフトの当接部を前記止め輪溝の壁として、各当接部の傾斜角度を、シャフトの 引き抜き方向に対して直角な面を基準にして、止め輪溝の壁の角度をひ、内輪の当 接部の角度を j8とし、両角度 α , βの関係を 0° < α≤ とした等速ジョイントのシャ フト抜け防止構造。
[2] シャフトと内輪が分解しにくい仕様とする場合は、前記両角度の関係を、 0° ≤( β
- α )≤19° とした請求項 1の等速ジョイントのシャフト抜け防止構造。
[3] シャフトと内輪が分解しやすい仕様とする場合は、前記両角度の関係を、 19° < ( β α )とした請求項 1の等速ジョイントのシャフト抜け防止構造。
[4] シャフトと内輪とはスプラインで結合されており、前記内輪の当接部を、スプラインの 軸方向範囲外に形成した請求項 1〜3のいずれかの等速ジョイントのシャフト抜け防 止構造。
[5] シャフトと内輪とはスプラインで結合されており、当接部が内輪のスプラインに溝とし て形成されている請求項 1〜3のいずれかの等速ジョイントのシャフト抜け防止構造。
PCT/JP2005/021354 2005-01-28 2005-11-21 等速ジョイントのシャフト抜け防止構造 WO2006080132A1 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005021679A JP4964417B2 (ja) 2005-01-28 2005-01-28 等速ジョイントのシャフト抜け防止構造
JP2005-021679 2005-01-28

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2006080132A1 true WO2006080132A1 (ja) 2006-08-03

Family

ID=36740166

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2005/021354 WO2006080132A1 (ja) 2005-01-28 2005-11-21 等速ジョイントのシャフト抜け防止構造

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP4964417B2 (ja)
WO (1) WO2006080132A1 (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP2053256A2 (de) 2007-10-27 2009-04-29 Ifa Technologies GmbH Sprengringsicherung an einer Wellen-Naben-Verbindung
EP2447559A3 (de) * 2010-10-30 2013-08-28 Volkswagen Aktiengesellschaft Axial gesicherte Welle-Nabe-Verbindung
DE102012022308A1 (de) * 2012-11-14 2014-05-15 Volkswagen Aktiengesellschaft Welle-Nabe-Verbindung mit lösbarer Axialsicherung
US10883545B2 (en) * 2016-06-30 2021-01-05 Hitachi Automotive Systems, Ltd. Power transmission shaft

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2010119723A1 (ja) 2009-04-16 2010-10-21 本田技研工業株式会社 トリポート型等速ジョイントと、その組立方法及びその装置
JP5312169B2 (ja) * 2009-04-16 2013-10-09 本田技研工業株式会社 トリポート型等速ジョイント

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3865499A (en) * 1972-04-05 1975-02-11 Metallurg De Saint Urban Atel Means for securing a circular part in the form of a disc in the interior of a cylindrical part
JPS5986709A (en) * 1982-10-04 1984-05-19 Shimuutetsuku Ltd Coupler between hole of fiest member and second member
JPS645124Y2 (ja) * 1984-12-04 1989-02-09
JPH08145065A (ja) * 1994-11-16 1996-06-04 Ntn Corp スプライン継手

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0522089B2 (ja) * 1985-06-03 1993-03-26 Honda Motor Co Ltd
JPH0214657Y2 (ja) * 1985-11-14 1990-04-20
JP4271301B2 (ja) * 1998-07-22 2009-06-03 Ntn株式会社 動力伝達機構
JP4193344B2 (ja) * 2000-08-22 2008-12-10 日本精工株式会社 車輪用駆動ユニット
DE502005005292D1 (de) * 2005-01-03 2008-10-16 Gkn Driveline Int Gmbh Wellen-naben-verbindung mit sicherungssystem

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3865499A (en) * 1972-04-05 1975-02-11 Metallurg De Saint Urban Atel Means for securing a circular part in the form of a disc in the interior of a cylindrical part
JPS5986709A (en) * 1982-10-04 1984-05-19 Shimuutetsuku Ltd Coupler between hole of fiest member and second member
JPS645124Y2 (ja) * 1984-12-04 1989-02-09
JPH08145065A (ja) * 1994-11-16 1996-06-04 Ntn Corp スプライン継手

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP2053256A2 (de) 2007-10-27 2009-04-29 Ifa Technologies GmbH Sprengringsicherung an einer Wellen-Naben-Verbindung
EP2053256A3 (de) * 2007-10-27 2010-11-24 Ifa Technologies GmbH Sprengringsicherung an einer Wellen-Naben-Verbindung
EP2447559A3 (de) * 2010-10-30 2013-08-28 Volkswagen Aktiengesellschaft Axial gesicherte Welle-Nabe-Verbindung
DE102012022308A1 (de) * 2012-11-14 2014-05-15 Volkswagen Aktiengesellschaft Welle-Nabe-Verbindung mit lösbarer Axialsicherung
US10883545B2 (en) * 2016-06-30 2021-01-05 Hitachi Automotive Systems, Ltd. Power transmission shaft

Also Published As

Publication number Publication date
JP2006207721A (ja) 2006-08-10
JP4964417B2 (ja) 2012-06-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1245849B1 (en) Self-aligning splined male shaft head and engagement method
EP1375943B1 (en) Rolling ball slip joint formed from two tubular members
US4813808A (en) Axial retaining member and method for interconnecting male and female splined members
EP2025473B1 (en) Impact wrench
JP2007093002A (ja) ワンウエイ・クラッチ
JP4875302B2 (ja) ドグクラッチ
JP2007093000A (ja) ワンウエイ・クラッチ
US5667330A (en) Quick-connect mechanism for releasably retaining a power take-off shaft within an output shaft hub
US9284990B2 (en) Direct pinion mount Rzeppa joint
US6390925B1 (en) Retainer assembly
US8425141B2 (en) Connecting arrangement and jointed shaft comprising the same
CN106460948B (zh) 等速万向节总成
US7153213B2 (en) Fixed type constant velocity joint and method of producing the same
DE102006010784A1 (de) Freilaufkupplung
US7614818B2 (en) Shaft/hub connection with securing system
US5807180A (en) Constant velocity universal joint shaft and inner race combination
JP5701448B2 (ja) ダブルオフセット型の等速ジョイント
CN100489323C (zh) 具有隔离圈固定装置的纵向插入单元
JP2003314207A (ja) ブレード付きロータおよびスペーサ
EP1190870A3 (en) Wheel bearing device
JP4454368B2 (ja) 回転部材の取付け構造
JP2582050B2 (ja) 2本のシャフトの接続用カップリング
US20060054448A1 (en) Clutch hub
US7198425B2 (en) Steering shaft coupling for automotive vehicle
JP2010529373A (ja) 伝動装置のジャーナルを駆動軸の駆動継手の継手本体に相対回動不能に結合するための装置

Legal Events

Date Code Title Description
121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application
122 Ep: pct application non-entry in european phase

Ref document number: 05809456

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1

WWW Wipo information: withdrawn in national office

Ref document number: 5809456

Country of ref document: EP