JPS63308146A - 折たたみ鎧戸 - Google Patents

折たたみ鎧戸

Info

Publication number
JPS63308146A
JPS63308146A JP14442087A JP14442087A JPS63308146A JP S63308146 A JPS63308146 A JP S63308146A JP 14442087 A JP14442087 A JP 14442087A JP 14442087 A JP14442087 A JP 14442087A JP S63308146 A JPS63308146 A JP S63308146A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
shutters
shutter
frame
weight
attached
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP14442087A
Other languages
English (en)
Inventor
孝 西田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
KENKOSHA KK
KENKOUSHIYA KK
NIPPON ENGINEER MATES CORP
NIPPON ENJINIA MEITSU KK
Original Assignee
KENKOSHA KK
KENKOUSHIYA KK
NIPPON ENGINEER MATES CORP
NIPPON ENJINIA MEITSU KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by KENKOSHA KK, KENKOUSHIYA KK, NIPPON ENGINEER MATES CORP, NIPPON ENJINIA MEITSU KK filed Critical KENKOSHA KK
Priority to JP14442087A priority Critical patent/JPS63308146A/ja
Publication of JPS63308146A publication Critical patent/JPS63308146A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Extensible Doors And Revolving Doors (AREA)
  • Support Devices For Sliding Doors (AREA)
  • Specific Sealing Or Ventilating Devices For Doors And Windows (AREA)
  • Building Awnings And Sunshades (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 〈産業上の利用分野〉 本発明は、建物の窓等における日よけや、目隠しに関す
るものである。
〈従来の技術〉 従来、建物の窓には、日よけのため庇(ヒサシ)を設け
たり、更に室内にはブラインドを設けたりしている。
しかし、木造家屋以外の建物においては、ビル等に見ら
れるように、庇(ヒサシ)を設けることは皆無であり、
日よけは専らブラインドやカーテンにより行われている
〈発明が解決しようとする問題点〉 従って、日ざしを避けるためには、ブラインドを下ろす
か、カーテンを閉める外なく、このため窓から外の景観
を眺めることも出来ず、室内は何となく閉ざされた暗い
感じであった。
このため、ブラインドが必要に応じて庇(七プシ)とし
て鹸用出来るようになれば、窓から外が見え、室内も明
るい感じにする事ができる。
く問題を解決するための手段〉 このため本発明は、2組の上部鎧戸(1a)、下部鎧戸
(Ib)を上下に並べて蝶番(2&)にて結合したもの
を、更にガラス戸の外に設けた枠(3)に、同じく蝶番
(2b)にて、吊り下げるようにしたものである。
そして下部鎧戸(1b)の下部両端にローラー(4)を
取付け、一方縦枠(3a)内側にガイド(5)を設けて
、ローラー(4)がガイド(5)に沿って滑動するよう
にした。
〈作 用〉 従ってこれを使用する際は、下部鎧戸の下端を持ち上げ
ると、2組の鎧戸はくの字に屈折し、更に上げることに
より略庇(ヒサシ)の状態にすることができる。
このため、太陽が高い時は鎧戸を上げて庇(ヒサシ)と
して使用すれば、強い日ざしも遮断され、窓を開けるこ
とができ、室内を明るい感じにすることが出来る。
そして、太陽が低くなり、日がさし込むようになれば、
鎧戸を下ろして使用すればよい。
又、外から見えないように目隠しを必要とする時は、鎧
戸を下ろし、必要ない時は上げる使用法もできる。
更にこの際、鎧戸を上げる時重いので、軽く上げるため
の装置として、上げる時鎧戸のローラー(4)部分にか
かる重量と、同じ重さの錘(9)を用意し、つるべ式に
して両者を吊り下げるようにすれば、鎧戸を軽く上げる
ことができる。
また、鎧戸の端を持って上げれば、鎧戸が傾いて、こね
て上がらないことがある。従って鎧戸のどこを持っても
平行に上がるようにするために、上梓(3b)に、両端
にスプロケット(6a)を有する軸(7)を設け、更に
縦枠(3a)下部にもスプロケット(6b)を設けて両
者をチェン(8)で結び、前記ローラー(4)と錘(9
)を振り分けて装着する。このようにすることにより、
鎧戸を上げる力は、錘(9)とバランスがとれているた
め、軽く上げることも、下げることもでき、更に、鎧戸
の、例えば左端を持って上げた場合、上げる力は右端に
も同等にかかるため、鎧戸は傾いてこねることなく、何
時も平行に上下することができる。
次に鎧戸の羽根(10)の傾斜角度を調節できるように
すれば、使用面においてなお一層便利になる。
〈実施例〉 本発明の実施例を図面により説明すると、第1図はガラ
ス戸の外に設けた枠(3)の中に、上部鎧戸(11)と
下部鎧戸(1b)を屈折できろよう蝶番(2龜)にて結
合させたものを、更に蝶番(2b)にて懸垂させたもの
である。
次に第3図、第4図に示すごとく、縦枠(3a)内側に
ガイド(5)を設け、下部鎧戸(1b)の下部両端にロ
ーラー(4)を設けて、ローラー(4)がガイド(5)
に沿って滑動するようにする。
以上により、下部鎧戸(1b)の下端を上げると、上部
鎧戸(1&)と下部鎧戸(1b)は、くの字に折れ曲が
り、第2図に示すごとく庇(ヒサシ)のようにすること
ができる。
更に、鎧戸を上げろ時、ローラー(4)部分にかかる重
量と、同じ重さの錘(9)を用意する。
モして上枠(3b)内に設けた軸(7)の両端に取付け
たスプロケット(6a)と、縦枠(3a)下部に設けた
スプロケット(6b)をチェン(幻で結び、チェン(8
)に錘(9)とローラー(4)を振り分けて取付ける。
このようにすることにより、鎧戸は錘(9)と重量バラ
ンスをとっているため極めて軽く、また軸(7)、スプ
ロケット(6a) 、 (6b)、チェン(8)を連結
させることにより、両端が連動するため、鎧戸が傾いて
こねることなく、円滑に上げることも下げることもでき
、また任意の位置で止めることも出来る。
次に他の実施例として、第5図に示すごとく上部鎧戸(
1m)、下部鎧戸(1b)に取付けられている羽根(l
O)の傾斜角度が自由に変えられるようにすれば、使用
法が一層拡まる。
即ち、上部鎧戸(11)、下部鎧戸(1b)に固定して
取付けられている各羽根を、羽根(10)の両端部に羽
根軸(11)を設けて回動自在にし、各羽根(lO)の
適当なる同一箇所を、ロンド(12)で同じく回動自在
に連結する。
従って、ロッド(12)を上下に操作すれば、羽根(1
0)の傾斜角度が一勢に変わる。
この使用法としては、鎧戸を下げた場合、日ざしによっ
て羽根(10)の傾斜角度を適当に変えることができ、
又完全に倒すことにより、第6図に示すごとく外界と全
く遮断することも可能である。
更に完全に倒した状態で庇(ヒサシ)として使用すれば
、第7図に示すごとく羽根(10)が順次傾斜している
ため、雨がもらない利点が生じる。
く光間の効果〉 従来、ブラインドやカーテンによってのみ日よけを行っ
ていた窓が、本発明の折りたたみ鎧戸を使用することに
より、従来の鎧戸や、ブラインドとしての機能の他に、
簡単に庇(ヒサシ)にすることができるので、庇(ヒサ
シ)として日ざしや雨を避け、かつ窓を解放的に拡げる
ことができる効果を有する。
【図面の簡単な説明】
第1図、第2図は、本発明の実施例を示し、夫々鎧戸を
下げた状態、同じく上げた状態を示す斜視図である。 第3図、第4図は、第1図、第2図における内部構造を
示した、夫々正面図と側面図である。 第5図は本発明の他の実施例の鎧戸を示した斜視図、第
6図、第7図は、第5図の使用例を示した各側面図で、
第6図は下ろした時、第7図は庇(ヒサシ)として使用
した時を示す。 符号 11・・上部鎧戸       1b・・下部鎧戸2m
、 2b・蝶番 3 ・枠   31・・・縦枠3b・
上枠   4 ローラー 5・ガイド6m、 6b・・
スプロケット    7 軸8・・・チェン     
   9 錘10・・・羽根  11・・・羽根軸 1
2・ロッド特許出願人  株式会社 建網社 代表者  青水 正量 く他 1名) 図  面 第1図 第2図 第3図 第4図 第5図 第6図 第7図

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 [1]枠(3)内に、2枚の鎧戸(1a)(1b)を上
    下に並べて、蝶番(21)、(2b)により懸垂し、下
    部鎧戸(1b)の下部両端にローラー(4)を設けて、
    枠(3)の縦枠(3a)内側に設けたガイド(5)に沿
    って滑動させる。 更に、枠(3)の上枠(3b)に設けた軸(7)の両端
    に取り付けたスプロケット(6a)と、縦枠(3a)下
    部に設けたスプロケット(6b)の両者をチェン(8)
    で結び、そのチェン(8)に上記ローラー(4)と錘(
    9)を振り分けて装着させたことを特徴とする折たたみ
    鎧戸。 [2]鎧戸(1a)、(1b)の羽根(10)の傾斜角
    度が可変式である特許請求の範囲第1項に記載の折たた
    み鎧戸。
JP14442087A 1987-06-09 1987-06-09 折たたみ鎧戸 Pending JPS63308146A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14442087A JPS63308146A (ja) 1987-06-09 1987-06-09 折たたみ鎧戸

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14442087A JPS63308146A (ja) 1987-06-09 1987-06-09 折たたみ鎧戸

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS63308146A true JPS63308146A (ja) 1988-12-15

Family

ID=15361762

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14442087A Pending JPS63308146A (ja) 1987-06-09 1987-06-09 折たたみ鎧戸

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS63308146A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01122182U (ja) * 1988-02-13 1989-08-18
JP2010090658A (ja) * 2008-10-10 2010-04-22 Murakami Kogyo Kk 開閉体構造
JP2014051841A (ja) * 2012-09-07 2014-03-20 Ykk Ap株式会社 折り畳み式パネルユニット

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5354443U (ja) * 1976-10-12 1978-05-10

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5354443U (ja) * 1976-10-12 1978-05-10

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01122182U (ja) * 1988-02-13 1989-08-18
JP2010090658A (ja) * 2008-10-10 2010-04-22 Murakami Kogyo Kk 開閉体構造
JP2014051841A (ja) * 2012-09-07 2014-03-20 Ykk Ap株式会社 折り畳み式パネルユニット

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5351737A (en) Pleated screen device based on wire tension system
EP1557525A3 (en) Cordless, balanced window covering
EP2141321A2 (en) Roll-up shutter with tiltable slots
US5839492A (en) Window apparatus with built in shading device
AU2008337029A1 (en) Window blinds that let in air but block out light
EP1219776B1 (en) Ladder operated covering with fixed vanes for architectural openings
JPS63308146A (ja) 折たたみ鎧戸
KR910000329B1 (ko) 접는 블라인드
JPH0115678B2 (ja)
JPS63261087A (ja) 折たたみブラインド
JP2534981Y2 (ja) シヤツター装置
US5927365A (en) Multi-directional window covering apparatus
JP2002194966A (ja) 緊急脱出用昇降式面格子
JPS6397792A (ja) 折りたたみ鎧戸
KR200249676Y1 (ko) 건물 창문용 스크린 장치
JPH069586U (ja) カーテン装置
US3881539A (en) Combined window structure
JPH031987Y2 (ja)
EP0513468A1 (en) Window covering apparatus
JPH025033Y2 (ja)
JP2003027858A (ja) 防水を兼ねた耐風ブラインド並びに該ブラインドを取り付けたブラインド取り付け装置及びブラインド雨戸。
CN211819139U (zh) 一种多功能活动式外遮阳窗
JPH0882175A (ja) 異方向性ブラインド
JP2672249B2 (ja) クランク・ワイヤー・システムによるプリーツ状スクリーン装置
CN2161707Y (zh) 室外百叶窗帘