JPS61131836A - 2工程加工装置 - Google Patents

2工程加工装置

Info

Publication number
JPS61131836A
JPS61131836A JP25054584A JP25054584A JPS61131836A JP S61131836 A JPS61131836 A JP S61131836A JP 25054584 A JP25054584 A JP 25054584A JP 25054584 A JP25054584 A JP 25054584A JP S61131836 A JPS61131836 A JP S61131836A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
workpiece
holding position
burnishing
tool
rod
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP25054584A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0525622B2 (ja
Inventor
Takehiko Hayashi
武彦 林
Fumio Sakamoto
坂本 文夫
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Toyoda Koki KK
Original Assignee
Toyoda Koki KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toyoda Koki KK filed Critical Toyoda Koki KK
Priority to JP25054584A priority Critical patent/JPS61131836A/ja
Publication of JPS61131836A publication Critical patent/JPS61131836A/ja
Publication of JPH0525622B2 publication Critical patent/JPH0525622B2/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Drilling And Boring (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 〈産業上の利用分野〉 本発明f工、工作物の1つの加工部Pfr乞2工程で加
工する装置に関するものである。
〈従来の技術〉 工作物の貫通穴を中ぐり加工とバニシング加工との2工
程の加工を同一スチージョンで行う場合、中ぐり加工で
もバニシング加工でも工作物を同一位置にクランプ保持
し、この工作物χはさんで両側に一対の加工ユニツ)Y
進退可能に配置させ、一方の加工ユニットにはポーリン
グ工具t1また他方の加工ユニットに1エバニシング工
具χ備え、ポーリング工具を備えた加工ユニットの前進
による中ぐり加工時にはバニシング工具を備えた加工ユ
ニットは後退端に位置し、バニシング工具を備えた加工
ユニットの前進によるバニシング加工時にはポーリング
工具を備えた加工ユニットは後退端に位置する動作で2
工程加工を行っていた。
〈発明が解決しようとする問題点〉 上記従来の加工装置では、工作物tにさんで両側に配置
された一対の加工ユニットがそれぞれ工作物に対して進
退作動して加エフ行うものであるため、フロアスペース
が犬となっているばかりでな(、工作物は完全に固定し
、この工作物に向って工具を前進させているため、必ず
しも正確に同心配置されていない2つの工JAt工、バ
ニシング加工がその前加工で加工され短穴Z基準として
行われず、バニシングが不均一となることがあった。
不発明は、フロアスペースの縮減化と、前加工で加工さ
れた穴を罹災に基準にしてバニシング加工を行い、均一
なバニシングが得られるようにした2工程加工装置を提
供するものである。
〈問題点χ解決するための手段〉 本発明は、加工ユニットと、工作物の支持装置とからな
り、前記加工ユニットは、前記支持装置に対し進退移動
可能であり、かつ第1加工工具と第2加工工具とχ上下
位置に平行な軸線で備え、前記支持装置は、工作物を前
記第1加工工具と対応して基準面に押圧クランプする第
1保持位置と、工作物l第2加工工具と対応してフロー
チング可能に支持する第2保持位置と?備え、前記第1
及び第2保持位置に工作物ン位置決め移動するクランプ
装置を設けたものである。
〈作 用〉 上記本発明は、トランスファ装置によって支持装置の第
2保持位置に搬入された工作物Z、クランプ装置によっ
て第1保持位置に上昇移動して基準面に押圧クランプし
、加工ユニットの前進により第1加工工具で工作物を中
ぐり加工し、加工ユニットを後退させて工作物tフロー
チング可能な第2保持位置に下降して再び加工ユニット
を前進させ、第2加工工具によって前工程で中ぐり加工
した穴tバニシング加工し、加工ユニットの後退でトラ
ンスファ装置により第2保持位置の加工済の工作物乞搬
出するものである。
〈実施例〉 以下本発明の実施例を図面に基づいて説明する。第1図
において、1はペッド、2は前記ペッドl上に固設され
ているペースである。このペース2上に送り台3を介し
て加工ユニット4が第1図において左右方向に進退移動
可能に設けられている。そして、前記加工ユニット4に
は第1加工工具であるポーリング工具5が上段に、また
第2加工工具であるバニシング工具6が下段に平行な軸
線で設げられている。
上記加工ユニット4の前方のペッド1上には、前記加工
ユニット4に工って2工程で加工される工作物の叉待装
R7が設置されている。この支持装置7の具体的な構成
Z第2図以下第5図によって説明する。
第2図及び第3図において、30は支持装置本体である
。この支持装置本体間の上部に、工作物Wy、−前記ポ
ーリング工具5と対もしく抑圧位置決めする基準面Z備
えた支持金8が固着されている第1保持位置9乞有して
いる。さらに、この第1保持装置9の直下に、トランス
ファ装置によって搬送される工作物Wの搬送レール10
上乞第2保持位置11とし、この第2保持位置11は前
記バニシング工具6と対応し、かつ工作物W7フローチ
ング可能に保持する。12はトランスファバー、13(
工係合爪を示すっ 前記第1保持位置9及び第2保持位置11に工作物Wt
位置決め移動するクランプ装置が設けられている。その
構造は、支持装置本体(至)に鉛直軸線方向に設げられ
た案内バー15に昇降体14tクランパ作動用シリンダ
16によって昇降動自在に案内し、この昇降体14の下
部に鉛直軸線方向のクラ/プロット24’Y備えπクラ
ンパnが設けられている。このクランプロッド24ハ、
第2保持位置11に搬入された工作物W、−昇降体14
の上昇端によって待ち上げて支持金8の基準面に押圧し
て第1保持位置9Vr−てクランプすると共に、昇降体
14の下降端において工作物Wi搬送レール10上の第
2保持位置11に位置するものである。従って、第1保
持位置9にてクランプした状態で工作物Wの穴H−Y加
工するポーリング工具50貫通χ許容させろために、ク
ランプロッド冴には挿通穴5が開設されている。
前記クラツパ23は、クランプロッド冴により工作物W
χクランプするにおいて、後述する位置決めピン部によ
って位置決めする途中停止位置で仮゛じめし、上昇端で
本じめを行う機構を備えている。その機構は第2図で示
すように、クランパ3の本体お内に、クランプロッド属
と一体の筒体34”a−昇降動のみ許容して嵌挿し、こ
の筒体翼内に位置し、クランパ器の本体あの下部乞外部
に貫通するロッド31’設け、このロッドあの下端にク
ランパnの本体あの下面に当接するストッパ36a−固
設し、ロッドあと前記筒体具との間にバネ力の弱いスプ
リング38ヲ介在させ、またクランパ器の本体おとロッ
ドあとの間にはバネ力の強いスプリング37Y介在した
構造である。
前記位置決めピン26は、第1保持位置9の工作物Wの
穴Hvc嵌挿する工う支持装置本体(9)に水平軸線方
向、に進退移動可能に設けられ、支持装置本体力上に設
置した位置決めピン進退用シリンダnと連結されている
20&X工作物Wのガイドである。このガイド加は第1
保持位置9と第2保持位置11とにガイド昇降用シリン
ダ17に裏って位置される。前記ガイド昇降用シリンダ
17ハ、支持装置本体力上に固設したブロック39に鉛
直軸線方向に設けられ、そのピストンロッド18の上端
に連結板19乞固設し、この連結板19に固着した鉛直
軸線方向の一対の支持ロッド21の下端に前記円筒状の
ガイド加が固設されている。
このガイド20ハ、上昇端に位置しているときにはクラ
ンプロッド寓によって第1保持位置9に上昇する工作物
W−g案内し、下降端に位置したときには第2保持位置
11で加工される工作物Wgフローチング可能な状態で
保護するものである。従って、ガイド加には、上昇端位
置でポーリング工具5χ貫通させるための穴nが両側に
開設されている。
28tX抜出しロッドである。この抜出しロッド28は
、第1保持位ff1t9の支持金8の基準面に圧着され
ている工作物Wt押し下げて抜き出丁ものであり、ブロ
ック器に昇降動可能に設けられている。この抜出しロッ
ドあの下降動は、ガイド艶の昇降動機構の一部である連
結板19が抜出しロッド公の上端面に当接してガイド加
の下降動と連動して行い、上昇動は、抜出しロッド田の
上端部に抜出しロッド四の軸線と交差して固定した横杆
31に、昇降体14の上端部に前記横杆31ヲ摺動可能
に貫通して鉛直軸線方向に固設した係止ロッド32の下
端の当接部3かが昇降体14の上昇で当接して行5よ5
にされている。尚、前記係止ロッド32の上端には大径
部巖が形成されており、抜出しロッド田の下降位置で横
杆31が上昇しようとしても前記大径部3かに当接して
上昇?規制する。また、抜出しロッドあの下端部は2股
四に形成され、第2保持位置11で工作物Wtバニシン
グ工具6により加工てるときに、同時に前進する上段の
ポーリング工具5が第1保持位置91C下降している抜
出しロッドあの下端部との干渉Z避けるようポーリング
工具5の貫通部Z宵している。
次に上記構成による本発明の動作について説明する。ク
ランプロッド冴の原位置は昇降体14が下降端に在って
、クランプロッド冴の上端は第2保持位置11の搬送レ
ール10の下部に位置している。この状態で工作物Wが
トランスファ装置に裏って搬送レール10上?走行して
第2保持位置11に搬入される。しかる後に、クランパ
作動用シリンダ16が作動され昇降体14ヲ途中停止位
置まで上昇動する。この昇降体14の上昇動によってク
ランプロッド討が上昇し、搬送レール10上の工作物W
ya/抜出しロッドあの間で挾持しながら持ち上げて第
1保持位置9にシフトする。
第1保持位置9にシフトされた工作物Wはガイド加に案
内されて姿勢を正しく維持し支持金8の基準面に当接す
る。この途中停止位置にあるとき、ロッドあの上端は筒
体具の内孔端部に当接しておらず、クランパ23ハバネ
カの弱いスプリングあの押し付ゆで仮じめ状態となり、
しかる状態において位置決めピン進退用シリンダnが作
動して位置決めピン26暑前進させ工作物Wの穴HiC
嵌合し、工作物Wを位置決めてる。しかる後さらに昇降
体14が上昇端まで上昇されるため、ロッドあの上端が
筒体あの内孔端部に当接し、これ[、Cつてクランパ乙
のバネ力の強いスプリング37の押し付けとなって本じ
めt行い、しかる状態において位置決めビン27を後退
して工作物W0)Hより抜き出て。
次ぎに、加工ユニット4が前進し、第1保持位置9の工
作物Wに対するポーリング工具5に裏って工作物Wの穴
tポーリング加工して加工ユニット4は後退する。
この第1工程が完了すると、昇降体14の下降動、ガイ
ド加の下降動が開始し、これと同時に連結板19が抜出
しロッド四の上端に当接するため、抜出しロッド四の下
降動が同時に行われる。
これにより、第1保持位fileで支持金8に圧着して
いた工作物W &X抜出しロッド四で強制的に抜出され
、下降するクランプロッド冴に支持されている工作物W
はガイドWで保護されながら第2保持位[11の搬送レ
ー/l/ 10上にシフトされる。この第2保持位fu
llの工作物W+z、前記搬送レール10上に支持され
、周囲はガイド加と隙・間?有しフローランプ可能な状
態で位置されている。
前記第2保持位置11に工作物Wがシフトされた後に加
工ユニット4が再び前進し、下段のバニシング工具6に
よって工作物Wの穴H″4に:バニシング加工を行う。
このとき工作物Wはフローランプ可能であるため、第1
工程で加工された穴H′%:基準にしてバニシング加工
が行われる。
加工ユニット4が後退した第2工程の完了後にガイド2
0は原位置に上昇する。このガイド昇降用シリンダ17
によってガイド加が上昇されるとき工作物Wがガイド加
にくいつき、−緒に上昇し工5とする。しかるに抜出し
ロッド28は、横杆31が係止杆部の大径部32bに当
接することに工って上昇が規制されるため工作物Wはこ
の抜出しロッド3と当接してガイド20より抜出され、
搬送レール10上に残される。その後加工済の工作物W
tX)ランスファ装置によって搬出されるのである。
〈発明の効果〉 上記本発明によると、工作物を加工ユニットに設けた上
下2段の異なる工具と対応して上下にシフト位置させて
2工程加工を行5ものであるカラ、フロアスペース?縮
少することができ、また、第1保持位置では強固なりラ
ンプ状態にして精度のよい穴加工を行い、第2保持位置
でのバニシ/グ加工でを工工作物をフローランプ可能な
状態とし′に!基準にして行うものであるため、均一な
バニシングが得られ、加工ユニットも単体構成となるの
で安価に提供できる等の顕著な効果を有しているっ
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明装置の正面図、第2因は支持装置の正面
部分断面歯、第3図は第2図■矢視部分断面図、第4図
は第2図■矢視図、第、5図は第2図v−V線断面図で
ある。 1・・・ペラ)”、2111111ベース、3・・・送
り台、4・・・加工ユニット、5・・・ポーリング工具
、6・・嗜バニシング工具、7・Q・支持装置、8・@
Φ支持金、9・ΦΦ第1保持位置、10・脅・搬送レー
ル、11・・・第2保持位置、14・・・昇降体、16
・・・クランパ作動用シリンダ、17・・eガイド昇降
用シリンダ、19・・・連結板、加−・・ガイド、羽・
・・クランパ、ス・・争クランプロッド、あ・・・位置
決めビン、I・・−位置決めビン進退用シリンダ、3・
・曝抜出しロッド。 特許出願人  豊田工機株式会社 代 理 人   平  井  二  部第1図

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 加工ユニットと、工作物の支持装置とからなり、前記加
    工ユニットは、前記支持装置に対し進退移動可能であり
    、かつ第1加工工具と第2加工工具とを上下位置に平行
    な軸線で備え、前記支持装置は、工作物を前記第1加工
    工具と対応して基準面に押圧クランプする第1保持位置
    と、工作物を第2加工工具と対応してフローチング可能
    に支持する第2保持位置とを備え、前記第1及び第2保
    持位置に工作物を位置決め移動するクランプ装置を設け
    ていることを特徴とする2工程加工装置。
JP25054584A 1984-11-29 1984-11-29 2工程加工装置 Granted JPS61131836A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25054584A JPS61131836A (ja) 1984-11-29 1984-11-29 2工程加工装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25054584A JPS61131836A (ja) 1984-11-29 1984-11-29 2工程加工装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS61131836A true JPS61131836A (ja) 1986-06-19
JPH0525622B2 JPH0525622B2 (ja) 1993-04-13

Family

ID=17209500

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP25054584A Granted JPS61131836A (ja) 1984-11-29 1984-11-29 2工程加工装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS61131836A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4944542A (en) * 1987-10-07 1990-07-31 Tel Yamanashi Limited Support device
JPH03270837A (ja) * 1990-03-16 1991-12-03 Yasunaga:Kk 多軸加工装置
JP2009297875A (ja) * 2008-06-17 2009-12-24 Kayaba Ind Co Ltd 中繰切削チップ
CN103072007A (zh) * 2013-02-05 2013-05-01 济南德高机器有限公司 一种铝门窗框料组合钻冲生产线

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4944542A (en) * 1987-10-07 1990-07-31 Tel Yamanashi Limited Support device
JPH03270837A (ja) * 1990-03-16 1991-12-03 Yasunaga:Kk 多軸加工装置
JP2009297875A (ja) * 2008-06-17 2009-12-24 Kayaba Ind Co Ltd 中繰切削チップ
CN103072007A (zh) * 2013-02-05 2013-05-01 济南德高机器有限公司 一种铝门窗框料组合钻冲生产线

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0525622B2 (ja) 1993-04-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0978333A2 (en) Punch holder apparatus
JPS5851009A (ja) パレツト交換装置を備えた工作機械
US4485911A (en) Transfer machine
US6941645B2 (en) Automatic piston inserting equipment using a vision system
CN112338580B (zh) 一种可变直径的三点定心装置
JP2014184470A (ja) バーリング加工後に両端部を潰したパイプの端部折曲装置
JPS61131836A (ja) 2工程加工装置
JP3075456B2 (ja) プレス加工におけるプレートの送り方法及びその機構
US3571872A (en) Pallet locating and clamping apparatus
KR100449955B1 (ko) 자동차용 시트레일 조립기의 소재 이송방법 및 장치
CN212502661U (zh) 一种山形搬送装置的整理对齐机构
US2364239A (en) Clamping device
US3059509A (en) Billet center punching apparatus
JPH0415427Y2 (ja)
KR200283443Y1 (ko) 동력조향장치용 랙 바아의 피스톤코킹 및 클립조립장치
JP2599616B2 (ja) ピストンピンクリップの嵌込装置
KR0135072Y1 (ko) 트랜스밋션 하우징 가공용 픽스쳐
JPH0764418B2 (ja) ワークの移載装置
JPS5924434Y2 (ja) 2段クランプ装置
JPS6036899B2 (ja) ワ−クの自動供給搬出装置
JPS59110528A (ja) クランプ治具
JP2775294B2 (ja) 旋盤用ワーク脱着装置
CN114029392A (zh) 摩托车零件冲压设备
JPS6142768Y2 (ja)
JP3616142B2 (ja) リバウンドシート加締装置